トヨタ・シエンタご入庫致しました!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ・シエンタのボディコーティングです。

DSCN1884

お写真でもお綺麗なのが伝わって来ると思いますが、それもそのはず納車後すぐにご入庫いただいた

ホヤホヤの新車でございます!

触ると熱い位のホヤホヤ加減でした! ←ごめんなさいm(__)mウソです。 熱くはありませんでしたが

納車ホヤホヤは本当ですよ~!

ではボディをチェックしていきましょう。

DSCN1887

一瞬キズかと思いましたけど・・・保護シートの糊の残りでしょうか?キズではないですね。

DSCN1897

ルーフにも2か所ほど付いておりました。

DSCN1921

それとボンネットの一部ですが、雨シミがついてます。  ホントにここだけなんですよ~(^-^;

写真ですとわからないんですけど、そのシミを落とそうとしたんでしょうね?何かで擦ったような細かな

キズがモヤモヤっと付いてました。 新車にはよくあるパターンです(汗)

それ以外は特に気になる所はありませんでした。

では作業です!

いつものように洗車からの鉄粉確認です。新車でも鉄粉が盛大に?付いている場合もございます。

ですので新車でも鉄粉確認いたしますよ~。

DSCN1909

専用クリーナーを吹きかけますと鉄粉が紫色に反応するんですが・・・

DSCN1917

まぁボディが黒なんで分かりにくいんですけど(*´з`)

でも安心してください。とても少なかったですよ!!

その後にマスキングいたします。

DSCN1927

そして磨きです。今回は新車ですのでごくごく軽く磨いて塗装表面を整えてあげます。ボンネットの

シミは優し~く磨いてシミを取り除きました。

磨いた後は脱脂です。

DSCN1937

塗装面に付着したコンパウンドに含まれている油分を取り除きます。↑の写真は脱脂前の状態です。

油分によって水を弾いているのがよくわかりますね~!

DSCN1948

↑脱脂後です。水の弾き具合が脱脂前と違うのが、これまたよくわかりますね(^.^)/

DSCN1973

そして今回使用致しましたコーティング剤は極上の光沢と優れた防汚性能、耐擦り傷性を実現しました

低撥水タイプのPCX-S7でございます。

PCX-S7の詳しい内容はこちら

DSCN1961

ボンネットのシミは綺麗になりました!

DSCN2033

ルーフも

DSCN2037

給油口の上にあった汚れはもちろんないですよ!!

そしてシエンタ完成いたしました。

DSCN1983

いかがでございましょう?

納車当日のご入庫ですので↑の写真ですと正直違いがわかりにくいですね(^_^;)

 

今回のシエンタはキズもシミも少なかったのですが、中には酷い物もあります。

新車なのになぜキズやシミが付くのか不思議ですよね? それはですね・・・お車はもちろん工場で

作られます。その後にお客様のご自宅に直接届く訳ではありません。

工場を出たお車はモータープールと言われる一時保管場所に置かれます。そこは屋内ではなく屋外です。

屋外と言う事は雨風にさらされ、時期や場所によっては雪が降る事もあるでしょう。花粉やら黄砂、

現在ではPM2.5などの外的要因に晒されます(汗)  人気車ならまだいいのですが、不人気車や

不人気グレードなどは長期間置かれてしまうこともあります(-“-)

この段階で雨ジミなどが出来てしまう事があります。更に搬送中に付いてしまったキズや整備中に

付いてしまったキズ・・・キズやシミが付く要因はその他にも沢山あります。

また塗装がボケている場合も意外と多いんです。

ですので新車でも磨きを入れて塗装面を整えてあげることが重要なんです!もちろん新車ですので

必要以上に磨きませんよ~!!

 

人気のシエンタですが、こちらのお車も納車4ヶ月待ちだったそうです(^^;)すごいです。

4ヶ月待った分思いっきりシエンタ生活を楽しんで下さいね~!!

 

DSCN1998

DSCN2006

DSCN1984  DSCN2004  DSCN2014

DSCN2023

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です