VW ザ・ビートルのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはザ・ビートルのコーティングメンテナンスです!

DSCN2971

こちらは昨年の4月に当店でボディコーティングを施工させて頂いたお車です。 施工から約1年の

状態ですけど・・・

DSCN2973

汚れてます(^^;) 花粉の季節ですからなおさらですね~。

DSCN2986

1~2週間前に洗ったそうですけど、この季節1日外に置いておくだけで花粉だらけになってしまいます。

そこにポツポツの雨なんて降ったら最悪ですよね~。           ち・な・み・に・・・♡

花粉はすぐに洗車すれば簡単に落ちるんですけど時間が経ってしまうと(気温も関係します。気温が

高いほど)通常の洗車程度では落とせなくなってしまいます。なぜ花粉が塗装に良くないのか?

それはスギ花粉にはペクチンという物質が含まれていて花粉が水に濡れると殻が割れて中からペクチン

が出てきて塗装へ吸着します。それが乾燥する時に収縮し、その収縮時に塗装も一緒に収縮してしまい

塗装を痛めます。ですので花粉は要注意です!

ペクチン。ちょっとピクミンっぽい?名前は可愛いんですけど奴らは侮れませんよ!

DSCN2977

リアフェンダーも汚れてます。 と言うよりも全体的にこの様な感じです!

DSCN2982

ホイールは意外と?汚れが少ないです。

こちらのビートルに限った事ではないんですけど、やはり濃色系のお車で野外駐車ですと塗装面の

状態は厳しくなりがちです。

 

そしていきなりメンテナンス後です。

今回のメンテナンス作業の内容を簡単にご説明いたしますと、洗車・鉄粉除去・溶剤によるシミ取り・

メンテナンスクリーナー塗布となります。

DSCN3048

艶も出て透明感のあるブラックに戻りましたね!

DSCN3052

でも近くで見るとシミがだいぶ残ってます。溶剤である程度は落ちるんですけど限界がございます。

これ以上シミを落とすとなると磨き作業が必要になってきます。

DSCN3057

リアフェンダーはいい感じですね!

DSCN3070

ホイールも艶々です。

そしてザ・ビートルのメンテナンス完成です。

DSCN3002

写真ですとメンテナンス前後の違いがどうしても分かり難いんですが、実際に見て頂くとメンテナンス

後のお車の艶と色の深さは一段上なんです(^o^)/  いゃ一段どころではないかも!?

メンテナンスを致しますと艶と色の深みが出て更に撥水性も取り戻してあげます!

 

引き取りに来られたオーナー様も綺麗になった~!とお喜びでございました。 ただちょっとシミが

多くて・・・と報告致しましたら「黒だからしょうがないですよ。黒の宿命ですからね~」と。(笑)

ブラックやネイビーブルーなどの濃色系は正直に言って確かにお手入れが大変です(^^;)でも艶感や

迫力感などはやっぱり淡色系には無い濃色系の大きな魅力ですよね!

ブラックカラーはお手入れ大変ですが張切って行きましょう~  (^O^)/

DSCN3017

DSCN3013

DSCN3021

DSCN3032

DSCN3046

 

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

今月はキャンペーン開催しております!2台同時ご予約で20%OFF!!

ご家族のお車はもちろん、ご親族やご友人などなど…組み合わせは自由です。

2台同時ご予約で2台共20%OFFです!お得なこの機会に是非どうぞ!!

お問い合わせはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です