スズキラパンSSのボディコーテイングです。

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ・ラパンのボディコーティングです。

DSCN5131

こちらのお車は最近ご購入されたそうです。ラパンのこのSSってミッションがATとMTがあるそう

なんです。私、知らなかったです(汗)ラパンはみんなATかと思ってました。

オーナー様はMT車をず~っと探していてやっと見つかったそうです。

そんなこだわりのラパンSSの状態を確認していきましょう!

DSCN5135

ボンネットはくすんでいますね~。

DSCN5138

ルーフもくすみが進んでいて艶もありません。

DSCN5160

ボディのあちこちに↑のようなキズが多く付いてました。

全体的に見ますと年式相応の塗装の痛み具合ではないかと思います。

ではさっそく作業を進めていきましょう!

まずは洗車後の鉄粉除去です。専用のクリーナーを吹き掛けて鉄粉を確認いたします。

クリーナーに鉄粉が反応して紫色になっています。 それが鉄粉です!

DSCN5163

クリーナーだけですと鉄粉は除去できませんのでネンド掛けして除去していきます。

DSCN5169

ボンネットをネンド掛けするとこれだけ除去できました。結構付いてました~(^▽^;)

これをボディ全体に行います。 そして・・・

DSCN5173

除去後です!いい感じになりました。  その後にマスキング致します。

DSCN5177

マスキング完了! そして磨いていきます!磨きを行う事で塗装表面に付いたシミやキズを除去し

塗装表面を平滑化して塗装本来の光沢に復元致します。

光沢が復元しましたボディには今回はこちらの・・・

DSCN5230

水が幕状に流れ落ちるため防汚効果に優れ、雨シミなどのトラブルが最も少ない親水タイプの

PROMAX・PX-V300を使用致しました!

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう。 まずはボンネットからどうぞ~!

DSCN5215

くすみが取れてクリヤーな塗装肌になりました。

DSCN5224

ルーフもくすみが無くなってスッキリしてます!

DSCN5303

あちこちにあったキズですがキズが消せた所と消せなかった所があります。キズが残ってる所も

キズが薄くなってますので普段は気にならない程度だと思います。

そして完成です!とはなりませんで今回はウインドウのフィルムのご依頼もいただきました。

フィルムはいつも色々とお世話になってる秦野市にあるカービューティープロ、エポックジャパンの

越光プロに依頼してフィルムを張ってもらいます。

DSCN5128

さすが職人!手際よくサクサクと、それでいて丁寧に作業は進んでいきます。

DSCN5292

リア全面のフィルムを張り終え、今度こそラパンSSの完成です!

DSCN5232

アズールグレーパールメタリックと言うやや青味がかったグレーなんですけど、磨いて汚れや

くすみが取れた事で磨き前に比べますと、やや青味が強くなったような感じがします。

これが本来のアズールグレーパールメタリックなんですね!こちらの色は光の加減により、青味が

強く出たり、グレーが強く出たりと色々な表情を見せてくれる魅力ある色です。しかもグレーは

キズも汚れも目立ちにくい色なんです(^_^)/  お手入れも比較的楽です(笑)

 

先ほども少しお話し致しましたが当店でもウインドウフィルムの施工も受付しております。作業は

秦野市にあるカービューティープロ、エポックジャパンさんに依頼して当店で施工する形になります

がコーテイングとご一緒にフィルムの施工も承っております。もちろんフィルムだけのご依頼も

承っておりますので、お気軽にお申し付けください!

 

DSCN5250

DSCN5243   DSCN5269

DSCN5241

DSCN5278

DSCN5288

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です