ミニクーパーSボディコーティング編です!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日は前回に続きましてミニクーパーSです。2回目の今回はボディコーティング編になります!

ルームクリーニング、エンジンルームクリーニングはこちらになります。

DSCN5882

遠目から見ますと綺麗ですが近くで観察いたしますと・・・

DSCN5885

ボンネットです。洗車前ですので汚れてます(汗)この状態ですとシミの付き具合ががわかりま

せんが洗車後に確認したところ、ボディが黒ですのでそれなりにシミが付いてましたが比較的

少ない状態でした。

DSCN5890

雨水が溜まる所は汚れがどうしても溜まってしまいます。

DSCN5894

ルーフも水アカが気になります。

DSCN5888

ホイールも白なので汚れが目立ちやすいのですが・・・綺麗ですね(笑) でも表面が綺麗なんで

余計に内側の汚れが気になります。

全体的に見ますと年式を考えますと、よくお手入れがされていてお綺麗な状態ではないかと

思います。

では作業を開始して行きましょう!!

まずは洗車です。その後に鉄粉を確認していきましょう。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応致します。

DSCN5961

ルーフです。結構多いですね。ボンネットもやや多めでしたが黒いボディに紫はわかり難いので(笑)

DSCN5968

↑はボンネットのネンド掛け後のネンドです。茶色っぽくなってるのがネンド掛けで取れた鉄粉

(その他の汚れも有り)です!

DSCN5969

ルーフの鉄粉除去後です。綺麗になりましたね!

DSCN5978

そしてマスキングです。ミニに限らず最近の車は未塗装の樹脂パーツが多いのでしっかりと

保護致します。その後に磨いてキズやシミを除去し塗装面を平滑化して下地を整えます。

整った塗装面には今回はこちらの・・・

DSCN5983

「優れた光沢」「際立つ撥水」「長期間の効果持続」コーティングに求められた 性能が集結しま

したプロマックス・エグゼでございます!

DSCN6060

エグゼは高撥水タイプです。 プロマックス・エグゼの詳しいことはこちらからどうぞ~。

では各部の仕上がりを見ていきましょう。  まずはボンネットです!

DSCN6045

スッキリしてます(^_^)/

DSCN6035

サッパリしてます(笑)

DSCN6053

もちろん水アカなんてありません!

DSCN5986

ホイールの内も綺麗になったんですけど・・・見えにくいですね(^^;)

そしてミニのボディコーティングが完成いたしました!

DSCN6004

黒いボディは磨いただけでもハッキリと違いが出るんですが、そこに優れた光沢のコーティング剤

プロマックス・エグゼを使うと、より一層艶が際立つと思います。

特に黒など濃色系のお車にプロマックス・エグゼを使うと深みと艶を引き出してくれます!

きっと愛車に惚れ直すこと間違いなしでしょう(*´▽`*)

 

コーティング剤ですがよく白やシルバーなどの色の薄い淡色系のお車には撥水タイプ、黒や紺など

色の濃い濃色系のボディカラーには低撥水や親水タイプのコーティング剤が一般的にはいいと言わ

れてますが基本的にはそうだと思ってます。でも基本はあくまでも基本であって絶対ではない

と私は思っています。

お車の使用状況や保管状況、お手入れ頻度などによって必ずしもそれがいいとは限りません。

もちろんオーナー様のお好みやご希望もございますので、その辺りはお客様とご相談の上に

コーティング剤を決めておりますのでご安心下さい(^^)/

DSCN6018 DSCN6012

DSCN6016

DSCN6007  DSCN6023

DSCN6025

DSCN6029

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です