メルセデスベンツGLKのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスベンツGLKのボディコーティングです。

DSCN8472

カチッとしたスタイルが頼もしさを感じさせてくれます! オンロードからオフロードまでこなしてくれるまさに

頼れる相棒ですね(^^)/

そんな良き相棒の現状確認をしていきましょう。 まずはホイールからです。

DSCN8473

DSCN8475

ブレーキダストによる汚れです。 外車オーナー様共通の悩みの種ですね(^_^;)

DSCN8508

ボンネットです。

DSCN8512

ルーフも目立ちます。 でもまだまだですよ~!?

DSCN8519

おっ!!(゜.゜)

DSCN8514

おおっ!(”Д”)

DSCN8515

おおおっ~!!(;”∀”)   自宅の駐車場でご家族の方が自転車を出し入れするときに擦ってしまうそうです(涙)

深いキズはタッチアップしているようですがこの手のキズは逆にタッチアップの跡が目立ってしまいます。

限界はありますが今回はどこまで目立たなく出来るかがポイントですね!

ちょっとお疲れ気味の相棒ですが元気を取り戻すべく作業開始~!

 

今回ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでまずはそちらから。

DSCN8499

洗浄→ネンド掛け→磨きでガラス表面を整えていきます!

IMGP661513

その後にウインドウ専用撥水コーティング剤PGS-33で・・・

DSCN8539

撥水コーティングいたしました! 続いてはボディです。

洗車後に鉄粉チェックをした後ネンド掛けをしていきます。  鉄粉はそれ程多くはなかったんですが・・・

DSCN8501

ネンド掛け前のネンド↑

DSCN8505

ネンド掛け後のネンドです↑ 写真ですとわかりませんが塗装ミストの付着が多くてミスト落としに時間が

掛ってしまいました(^▽^;)

その後にマスキング致します。

DSCN8529

磨き作業の準備が完了しました。先ほどもお話し致しましたが擦りキズを目立たなくさせるかがポイントに

なってきますが今回はフル磨きのコースではありませんので結構キビシイところもございます。でも出来る範囲で

消せるキズは消して、目立たなく出来るキズは目立たなくしていきました。

その仕上がりがこちらです!(写真はコーティング済みの画像です)

DSCN8615

ボンネットも・・・

DSCN8618

ルーフもサッパリしましたが深いキズは残ってます。でもキズが見やすいようにライトを当てていますので

実際は見て頂くと気にならないと思ます。 そしてボディサイドは・・・

DSCN8681

どうでしょう?

DSCN8673

だいぶ目立たなく・・・

DSCN8651

なってますよ・・・ね?  リアランプ前や給油口のキズなどは先ほどのボンネットやルーフのキズと違い

ライトを当てなくてもキズは確認出来てしまいますがスッキリとしたのではないでしょうか。

 

使用致しましたコーティング剤はオーナ様と悩んだ末にPCX-S8を使用することに致しました。

DSCN8545

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴になっております!

詳しい事はこちらからどうぞ → PCX-S8

それとホイールもコーティングして・・・

DSCN8693

DSCN8696

メルセデスベンツGLKの完成です!

DSCN8555

いかがでございましょうか。元気になりました!って感じではないでしょうか(笑)

輝きを取り戻したボディは張りと質感を与えシャキッとシャープでありながら、フォーマルで気品すら感じさせて

くれます。やはり艶やかな黒は魅力的ですね!

 

今回のように自転車 (に限らず)などで擦れてできた浅いキズなどは磨きで消せることも多いです。もちろん深い

キズは消えませんが目立たなくなる場合もございます。

タッチアップでの補修は私もやった事がありますが結構難しいんですよね~(^▽^;)キズによってはタッチアップ

すると補修跡が逆に目立ってしまう事もあります。 ですのでまずはタッチアップで補修する前に一度お近くの

磨き屋さんにご相談ください!        カービューティープロ・カラーズ  ←  磨き屋です ( ̄▽ ̄)/

 

 

DSCN8574

DSCN8565

DSCN8569

DSCN8580

DSCN8593

DSCN8597

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です