クラウンアスリートのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはクラウンアスリートのボディコーティングメンテナンスです。

DSCN9486

こちらのクラウンはボディコーティング施工から半年のタイミングでのご入庫です。 綺麗です!

当店にメンテナンスで来られるお車はとても綺麗にされているお車が多くてブログでご紹介致しますと

メンテナンス前後の違いがわかり難くて私泣かせです(笑)

と言う事でお綺麗なクラウンの現状を確認していきましょう!

DSCN9488

ボンネットです。シミがありますがごく軽めなシミです。

DSCN9496

汚れと言えるようなのはサイドステップに筋が何本かあるくらいです(汗)

DSCN9494

ホイールはピカピカでよくわかりませんが綺麗です!  よ~く見るとうっすらと・・・程度です(^▽^;)

と、こんな感じで大方の予想通りご紹介出来るほどの汚れがございません(笑) この綺麗さですと施工前後の違い

がブログで伝わり難くて困っちゃうパターンです^_^;

でも困っててもしょうがありませんのでメンテナンス開始していきましょう!!

まずは洗車します。

DSCN9508

↑は洗車前に水を掛けて撥水チェックしてみました。撥水力が弱っている感じですが・・・

DSCN9516

キッチリと洗車すると撥水も回復致します。(↑は洗車しただけでメンテナンス剤はまだ塗ってません)

DSCN9525

ボディサイドはまだまだピンピンに弾いてます!  どうしてもコーティングは紫外線や雨の当たりやすい

(日に当たる)面、ボンネットやルーフトランクから傷んできます。

洗車後に今度は鉄粉を確認していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

DSCN9532

ボンネットです。意外と多めです!

DSCN9535

トランクはもっと多めです!!

DSCN9544

こちらは鉄粉除去後のボンネットです。  スッキリしました。

DSCN9552

トランクもいい感じではないでしょうか(^_^)/

その後にメンテナンス剤を塗っていきます。 メンテナンス方法や使うケミカルなどは毎回同じではなく、お車の

状態に合った方法をその都度、考え工夫しながら作業しております。

そしてメンテナンス後の確認です。まずはボンネットからです!

DSCN9663

シミもスッキリ・サッパリしました(^_^)v

DSCN9641

唯一の汚れらしい汚れもピカピカ!  まぁコーテイングが効いているので洗車時にスポンジでサッサッと

簡単に落ちましたけど(笑)

DSCN9634

ピカピカのホイールも更にピカピカです。もうピカピカ過ぎてよくわかりません(笑)

それと半年前にホイールもコーティングしてありましたので・・・

DSCN9504

ホイールもピンピンに撥水してました!

そしてクラウンアスリートのコーティングメンテナンス完了です。

DSCN9564

いかがでございましょうか?! ご入庫時もお綺麗でしたけど更に綺麗になってるんですが写真ですと違いが

わかりにくいですね~(笑)  施工前の写真と見比べていただくと艶の違いがわかっていただけると思います。

でも現車見て頂ければツヤ感の違いやスッキリ感の違いなどハッキリとわかっていただけます!!

コーテイングしてあっても車は徐々に汚れてきますし、艶も引けてきます。コーティング被膜表面の水アカ汚れや

油分など除去しケアしてあげることで軽微なシミを落とし撥水性と艶を取り戻してあげます。

もちろんメンテナンスでは洗車キズやしつこいシミなどは落とせませんが早め早めにケアしてあげると綺麗な

状態を維持しやすくなります!

 

お店のある神奈川県も梅雨入りで曇りや雨の日が多くなってます。雨の日に綺麗な車って素敵だなって思いま

せんか? 更に言ってしまうと悔しいっと思うのは私だけでしょうか?(笑)  逆に自分の車が雨の中でも綺麗だと

“フフッ! 俺の車はちょっと違うぜ~”  と自己満足に浸れるんですよね~^_^;

よくお手入れがされているお車は雨の中で見ても綺麗なんです。バッチリと雨を弾き、艶もある!

そうなるように自分の車もメンテナンスしないとな~(*´з`)

 

DSCN9573

DSCN9583

DSCN9576

DSCN9585

DSCN9603

DSCN9616

 

 

いつも当店をご利用いただき誠にありがとうございます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です