BODY

ポリッシング

ボディコーティングで重要な事,それは下地作りです。どんなに良いコーティング剤を使用しても下地が悪ければ
100%そのコーティング剤の性能を出すことは不可能なのです。
下地作りとはボディへ付着した汚染物質を専用液剤で除去した後、劣化した塗装表面を数ミクロン単位で研磨し、
塗装本来の輝きを再生させる事です。
それには施工環境も大切です。カーディーラーなどのPITやショップの店先などで出張施工しているのをたまに見かけますが、風の影響や温度・湿度などコントロールできない場所での施工は、仕上がりにも影響が出てしまいます。更に照明もポイントになります。適切なライティングをすることでキズの状態がより把握しやすくなるのです。もちろん当店では室内での施工になりますのでご安心ください。
このような下地作り、施工環境でコーティング剤を塗ることで、そのコーティング剤の性能をフルに発揮する事が出来ようになるのです!



コーティング


車は走行することで、大気中の汚染物質の付着による光沢減少や塗装表面の劣化が生じます。この付着物を除去する
ために行う洗車ですが、間違った知識を持ったままで行うとボディへのダメージは広がる恐れがあります。
塗装表面を長期的に保護する為に、カービューティープロ専用のコーティング剤を塗布します。コーティング後は
新車時の輝きが再生され、日頃のメンテナンスは洗車のみで汚れを除去することが可能になり、美しい輝きを長期に
わたり維持することができるのです。