ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

アバルト595コンペティツィオーネのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアバルト595コンペティツィオーネのボディコーティングです!

勇ましい音を轟かせてご来店くださいましたこちらのアバルト595コンペティツィオーネは

納車後、そのまま当店にご入庫されました。  ありがとうございます。

可愛いフィアット500がアバルトの手にかかると一気にスポーティーなやる気満々の

スタイリングに変貌しますね! インテリアもセンス良く仕立てられていてカッコいいんです(*’▽’)

そんなカッコ可愛いアバルト595コンペティツィオーネの現状を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

若干ぼやけて(曇って)いますがお綺麗ですね!それと写真だとよくわかりませんが結構線キズも付いてました。

こちらのアバルトはディーラーの試乗車だったそうですので少し洗車傷の類が多いです。

ルーフは・・・

曇りも少なくお綺麗です!

ボディサイドは・・・

こちらも若干ぼやけていますね。

気になるのはエンブレムの淵など・・・

結構水アカ多めで付いてます。(^^;)  その他にもモール類の淵や隙間などにも汚れが溜まっていました。

それと今回はホイールコーティングもご依頼いただいております。

まだお綺麗です(笑) この状態を維持するにもホイールコーティングは必須アイテムです(^o^)丿

 

ご覧いただきました様に基本的にお綺麗です。しかしよ~く観察いたしますと登録から少し経っている

お車ですので若干の汚れの付着と塗装面のダメージがございます。

それらをスカッ!と綺麗にしていきたいと思います!

では作業開始(^o^)丿

 

まずはウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウからご紹介していきます。

↓は現状です。

何か塗っているのでしょうか??なんとな~く撥水していますね。ゆる~い感じで(笑)

そのゆる~い感じの撥水やら油膜やらを除去していきます。

綺麗になりましたら水を掛けて残りがないか確認します。

↑バッチリですね!

その後ウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをいたします。

ゆる~い撥水とはおさらばです(笑)撥水力と気持ち良さが違います(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉の付着確認を行ってまいります。専用のクリーナーをシュッシュっと吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

結構反応しちゃってます(^^;) やや多めですね。

リアも少し多めでした。

そして鉄粉除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックいたします。 シュッシュ!

いい感じに・・・

鉄粉が除去出来ました!!

その後作業はマスキングへと進み・・・

ポリッシングの準備が出来ました。

ここまでがポリッシングするための下準備になります。

そして磨いていきました。今回はやや洗車キズが多いので少し強めの磨きでスッキリと仕上げていきました。

その磨き上がりましたボディにはこちらの・・・

PCX-S8でコーティング!!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

スッキリとクリヤーになりましたね~(*´▽`*)

ルーフも・・・

クリヤーです!

ボディサイドも曇りが無くなりライトの映り込みもシャープでクリヤーです。

エンブレム回りも・・・

綺麗になりました。

そしてホイールもコーティングをして・・・

更に綺麗になりました。スポーツモデルや特に輸入車はブレーキダストが大量に出て

あっという間にホイールがダストで真っ黒けっけになってしまいます。そしてダストが焼き付いて

取れなくなってしまいます。ホイールコーティングはダストのこびり付きや焼き付きを抑制する効果が

ございます。 全くこびり付かない訳ではございませんがコーティングしているのとしていないのとでは

お手入れのしやすさが違います。  ですのでホイールコーティングはダストの多いお車には

特におすすめいたします!

そしてアバルト595のボディコーティング完成いたしました!!

いかがでしょうか。

ホワイトでも光沢感を感じて頂けると思います(^o^)丿

オーナー様も『うわぁ ピカピカだぁ~!』と、とてもお喜びなられておりました!

そして更に嬉しいお言葉も頂きました。 それは・・・

『代車が綺麗で気持ちよかったよ!たまにあるじゃん?よごれててハンドル握りたくないやつ』

そう言って頂けると本当に嬉しいです。

私も以前にあるんです。そういう代車を借りた事が(^_^;) 私もディーラーなどから

たまに代車を借りる事があるんですけど結構汚れている車が多くて、特に嫌だったのは

シートが動物の毛だらけだった時は本当にまいりました(^^;

その他にも何だか汚れていてハンドル握りたくない車やシートが汚くて座りたくない車など

結構ありました。 そういう経験もあって当店の代車はなるべく綺麗な状態で

お貸しできるよう注意しております。

たまに時間の関係で(タイミング的に)洗車できずボディが汚れている場合もありますが(^▽^;)

室内、特に手の触れる所は常に綺麗にするように心がけています!

やっぱり車は綺麗が気持ちイイですねヽ(^o^)丿

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ ウェイクとTOKYO AUTO SALON 2018の様子を少々!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ ウェイクのウインドウコーティングです!

こちらのウェイクは以前に当店でウインドウコーティングを施工させていただきましたお車です。

今回はウインドウコーティングの再施工のご依頼を頂きました。 ありがとうございます。

 

前回のウインドウコーティングから2年半以上経過してますので現在の状態は何となくは

想像できますが(笑)早速ご紹介していきましょう(^_^)/

まずはフロントウインドウの現状です↓

おゃ?? 意外と撥水しております!  ワイパーを撥水ワイパーに交換しているのでしょうか??

はたまたご自分で撥水剤を塗られたのでしょうか??

すっかりオーナー様に確認するのを忘れてしまいました(^▽^;)

ウインドウコーティングして更にワイパーのゴムを撥水ワイパーに交換して頂くと

2年以上↑の写真位の撥水効果が続く場合もございます。

サイドウインドウは・・・

だいぶ撥水が落ちています(^^;)

リアも・・・

もはや撥水ではございません(^^;

 

2年半以上経過していますので、撥水力が無くなっていました。ただ先ほどお話しいたしましたように

フロントウインドウは撥水力が残っていました。

ホントにオーナー様に聞き忘れたのが悔やまれます(^_^;) はたしてどっちだったんでしょう??

そして作業です。

弱まった撥水剤&油膜を除去していきます。

そして水を掛けて油膜&撥水残りを確認します↓

綺麗になりましたね! この時点で油膜や撥水剤が残っていると水を弾いてしまいます。

そしてウインドウ専用コーティングでコーティングして最後に撥水チェックをしていきます。

フロントです。水玉の丸さが違います! ウェイクのようにウインドウが立っているお車は

写真撮るの大変なんです。 水掛けて直ぐ写真撮らないと水玉が転がり落ちてしまうんです(笑)

サイドウインドウも・・・

コロコロです。そして同じく写真撮るの難しいです(笑)

リアも気持ち良く弾いて完成です!

 

ウィンドコーティングはガラスに付着した油膜や汚染物質を除去して一度ガラスをリフレッシュします。

これが非常に重要で仕上がりを左右します!ボディコーティングと同じで荒れた面にいくら高性能な

コーティング剤を塗っても100%の性能を発揮しません。ウィンドコーティングもボディコーティング同様

下地作りが重要です!

ガンコな窓ガラスの汚れや油膜は視界の妨げとなり、雨天の際の運転は危険がいっぱいです。

ウィンドコーティングすることにより、油分や汚れの再付着を防ぎます。視界の妨げになるガラスのギラギラから

解放され雨の日の運転も安心です。ウインドウコーティングは雨だけではなく雪や霜にも有効ですので

今の季節にもおすすめのメニューです(^_^)/

それと初めに少しお話しいたしましたようにワイパーのゴムを撥水ワイパーに交換する事もお薦めしております。

撥水コーティングの寿命が大幅に伸びますのでお試しください!!

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

話は変わりますが1月12日より幕張メッセで開催されました「TOKYO AUTO SALON 2018」の出展車両の

施工に行ってきました! その時の様子を少しだけご紹介致します。

何故少しかって?? それは・・・少ししか写真を撮れなかったからです(^▽^;)

今回は日野自動車様とダイハツ工業様のお仕事です!

まずは日野自動車様の『プロフィア』です!

やはり大きいです(´▽`*)

他のプロの方々数名と作業しました。私は主にキャビンの中をクリーニングです。

それともう一台の方の『レンジャー』です!

I AM THE PRO いい響きです! こちらは他のPROの方々が作業を行いました!!

日野自動車様が終わりましたら今度はダイハツ工業様の番です。

ダイハツ様での私の担当はこちらの・・・

BOON SPORTO Packageでした!

カワイイBOONが一気にスポーティーに見えます。

あの懐かしの「シャレード デ・トマソ ターボ」を彷彿させるスタイリングです(*’▽’)

そしてそのシャレード デ・トマソ ターボも少しお手伝いさせていただきました!

こうやって奥に見えるブーンと手前のシャレードを見比べますと如何にシャレード デ・トマソ ターボ

意識してブーンを仕立てたのかが良くわかりますね!

しかしシャレード デ・トマソ ターボを見るのは何年振りでしょう??いゃ何十年ぶりでしょうね(笑)

こういう懐かしい車や珍しい車を見れるのが東京オートサロンの楽しいところですね!

東京モーターショーとは一味違う東京オートサロン、まだ一度も行った事のない方は

来年、是非足を運んでみてください!  楽しいですよ~!!

 

 

 

アルファードのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ アルファードのボディコーティングメンテナンスです!

こちらのアルファードは昨年の3月にボディコーティングを施工させていただきましたお車です!

ボディコーティング施工後9か月のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

ありがとうございます。

お手入れの大変なソリッドブラックという事でお車の状態はやや心配ですが・・・(^^;)

その辺りもご紹介しつつ、今回はビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

ではどうぞ~。

 

まずはボンネットのビフォーです↓

艶はあって少し離れて見ればお綺麗なんですが(笑)近くで見ますと雨ジミで汚れてますね。

よく見るとスクラッチも結構付いてます。

アフターです↓

スクラッチは残ってしまいますが雨染みは比較的軽いものが多かったのでだいぶ取れて

スッキリとしました。

ルーフは・・・

やはりボンネット同様かそれより少し厳しい感じです(汗)

水平面は雨が残りやすくて陽射しの影響も受けやすいのでミニバンのルーフ、それも特に黒いお車は

どうしてもシミが付きやすいんです。

そしてアフターです↓

ルーフもだいぶサッパリしましたがシミはやはりボンネットより残ってしまいます。

ボディサイドは・・・

軽い汚れは付いていますがボンネットやルーフに比べますと深いシミも無くいい状態です(*^^*)

アフターです↓

メンテナンスですとスクラッチは落とせないので残ってしまいますが深みのある黒に仕上がります!

ボディ下部も・・・

雨で汚れておりますが・・・

綺麗になりました(^_^)/

ホイールは、と言うよりお車全体基本的にマメにお手入れされていてお綺麗です。

アフターです↓

ホイールとタイヤも綺麗にお掃除して艶出しを行なっております。

そしてトヨタ アルファードのボディコーティングメンテナンス完成です!!

色の深みと艶・光沢も向上しソリッドブラックらしい迫力と品格を備えたアルファードに仕上がりました!

やはり艶やかなソリッドブラックは魅力的ですね(´▽`)

鏡の様な映り込みはソリッドブラックならではの特権です! これだからブラックはやめられませんね(*^^*)

 

コーティングしていてもお車は徐々に汚れてきますし艶も引けて撥水性能も落ちてきます。メンテナンスでは

弱ったコーティング表面をケアしてあげることで撥水性と艶を取り戻してあげます。

もちろんメンテナンスでは洗車キズやしつこいシミなどは落とせませんが早め早めにケアしてあげると

綺麗な状態を維持しやすくなりますしコーティングも長持ち致します。と言いますのも汚れや雨ジミなどが

固着してしまう前に洗車を行なえば固着を低減できます。逆に汚れが固着してしまうと洗車や

メンテナンスでも落ちなくなってきます。そうなる前、汚れが固着する前に洗車やメンテナンスを行ない、

落ちる汚れは早めに落としていくのが長期に渡り美観を維持するポイントです!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ミネラルグレーメタリックのイグニスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはスズキ イグニスのボディコーティングです!

納車間もない新車のイグニスです!  こちらのミネラルグレーメタリックと言うカラーは

イグニスのFリミテッド専用のカラーだそうです。 オーナー様はフレイムオレンジパールメタリックと

悩みに悩んだ末、こちらのミネラルグレーメタリックに決められたそうです。 

今回はボディコーティングの他にもウインドウコーティングや樹脂コーティングと沢山のご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

ちなみに普通のイグニスとこのFリミテッドの違いですがフェンダーモールとサイドアンダーモールが

追加されているそうです。余りにも自然に馴染んでいて逆に普通のは付いてないの??って感じがします。

むしろ付いてる方が自然でよく似あっていると思います(笑)

 

では新車イグニスの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

新車という事もあってお綺麗ですね。ただ若干曇り気味です。

ルーフは保護シートの糊残りが所々に残ってました。

左リアドアはポリッシングされた痕跡があり、光の当たり方によってモヤモヤっと見えますね(^^;)

キッチリと磨かないで中途半端に磨くとこの様にモヤモヤっとしちゃいます。

 

それとある意味今回のメインイベント・・・それはメッシュ部の樹脂コーティング!!

メッシュと言っても複雑な形状ではないので作業は少しやりやすそうですがメッシュ部が

イトの下や横まで・・・

回り込んでます(^▽^;)

そしてアンダーグリルも・・・

同じく(笑)  完全に穴が開いていると作業しやすいんですが穴空いていない所が多いんです(汗)

そして・・・

溝もあります(;´∀`)  頑張ります!!

ホイールもお綺麗ですね。

ご覧いただきました様に納車からまだ間のない新車ですので基本的にお綺麗な状態でご入庫くださいました。

塗装面は若干新車によく見られます”雲り”が確認できますのでポリッシングでスッキリとしていきたいと

思います!

それでは作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介致します。

↓は現状です。

水が掛かっている状態です。油膜の付着も無く綺麗な親水状態になってますね!  素晴らしい(´▽`*)

もちろんそれでも下地から整えていきます。

そしてウインドウ専用コーティング剤で撥水処理を行い最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車をして、その後に鉄粉の付着確認を行ってまいります。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

写真だとよく見えませんね(汗) 新車でも鉄粉が多く付着しているお車もございますが、こちらのお車は

少なかったです(^^ゞ

軽めの鉄粉除去が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます!今回のお車はお綺麗でしたので軽い磨きで曇りを取っていきスッキリとした

塗装肌にしていきました。

そのスッキリとした塗装肌にはこちらの・・・

PCX-S8でコーティング!!

こちらのコーティング剤は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴になります

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

そして樹脂コーティングです。こちらも専用のコーティングでコーティングしていきます!

黒くそして艶々に仕上がります(^^)/

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りが取れてスッキリとしましたよ~。

ルーフの糊残りも無くライトもクッキリと映り込むようになりました。

モヤモヤしていた磨き跡もなくなって、こちらもサッパリとしましたね(^_-)-☆

そしてメインの??メッシュコーティングです(笑)

綺麗ですね!

もちろんライトの横も・・・

アンダーグリルも・・・

フォグランプ下まで隅々と(笑)   そしてもちろん・・・

溝も頑張りました(*^^)v

ホイールも艶々&タイヤは黒々です。

そしてスズキ イグニスFリミテッドのボディコーティングや、あれやこれやの完成です!!(笑)

いかがでしょうか。新車も磨いてコーティングすると新車以上に仕上がるんです(´▽`*)

特にフェンダーアーチやサイドアンダーモールが樹脂コーティングでより黒くなり(メッシュ部もね)

お車をよりいっそう引き締めてくれてます! こんなに引き締め効果があるのなら私のおなか周りに塗って

試したいところですが・・・残念ながらウエストは引き締まっては見えません(^▽^;)  ホント残念です。

でも安心してください。車には見ての通り効果がございますので!!

オーナー様も『いゃ~やっぱり違うね~』と、とてもお喜びでございました。 ありがとうございます。

 

こちらのイグニスですが実は・・・このブログでよくご登場いただいておりますれれれのジムニーの

オーナー様のお車なんです。 ジムニーからお乗り換えです!  もう私ビックリでした(汗)

ジムニーはかなり弄りが進行していましてご来店下さる度にかっこよく進化して、オーナー様も

長く乗るおつもりと聞いていただけに尚更ビックリでした(^^;)

残念ながられれれのおじさんとはサヨナラになってしまいましたが、れれれのおじさんが最後に

I’ll be back』と言っていたかどうかは不明です(笑)

ところでなんでお乗り換えになられたのかと聞きましたら、オーナー様曰く・・・

『長距離が疲れる』

だそうです(笑)  あ~なるほど・・・と妙に納得する私(笑)  オーナー様は結構長距離を走る方で

度々『疲れるんだよね~』とお聞きしておりましたので(*^^*)

そんなこんなでこれからはイグニス君とのお付き合いをさせていただきますが、きっとこのノーマルな姿を

見るのはこれが最初で最後の様な気がいたします。と言うか既に交換されているパーツがありましたが(笑)

またジムニー同様ご来店下さる度にカッコ良くなってるんだろうな~と今から楽しみにしております(^.^)/

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

トヨタ86・14Rのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ86・14Rのボディコーティングです!

86は86でもこちらはTRDのコンプリートカーの14Rです!

専用のエアロで武装された14Rはノーマルの86より見るからに走りを予感させる佇まいです!

特にリアのディフューザーは本格的なデザインでカッコイイです(^_-)-☆

そんな14Rさんですがオーナー様がシミが気になるとの事で今回当店にご相談に来られました。

確かに見てみるとシミが・・・(汗)

という事で14Rの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

写真ですとそれ程でもないように見えますが実はシミが凄いです。

それに伴ってくすみも進んでいます。

ルーフも・・・

シミだらけです。

同じくトランクもシミシミなんですが・・・

写真だとシミシミ具合が伝わりませんね(^▽^;)

ボディサイドは・・・

水平面ほどシミは付いてませんでした! ただクリヤー感はあまりないですね(汗)

ホイールは・・・

お綺麗ですね!

 

写真ですとシミの凄さがイマイチ伝わりませんね(;´∀`) 実際見て頂くと結構シミシミです。

ご購入から2年程のお車だそうですが、シミが酷く、くすみも進んでいて透明感が無く、艶も引けている

状態です。納車間もない頃からシミが気になっていられたそうですが、オーナー様とお話していてシミの

原因が何となく分かってきました。それは・・・

後ほど! ( ̄▽ ̄)

では早速86・14Rのシミ抜きを始めていきましょう(笑)

 

まずはいつもの様に洗車!その後に鉄粉の付着確認を行ってまいります。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応します。

オーナー様がマメにお手入れされている事もあって鉄粉は少ないですね(^_^)/

トランクもポツポツと確認できますが少ないと思います。

そして鉄粉除去が済みましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックいたします↓

更に少なくなってより綺麗に!!

トランクもスッキリ~(´▽`*)

鉄粉が取れてサッパリとしましたら今度はマスキングへと作業は進み・・・

ポリッシングの準備が整いました。ここまでが磨く為の下準備です!

その綺麗になった塗装面にはこちらの・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のPCX-S8でコーティングです!

PCX-S8は水玉コロコロの撥水タイプのコーティング剤になります。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです!!

シミもだいぶスッキリとしました。クリヤー感も違います!

ルーフも・・・

深いシミの輪郭などは残っていますが艶々に仕上がりました。

トランクも”潤い“を感じますね(*’▽’)

ボディサイドもスッキリとライトが映り込むようになりました。

ホイールはオーナー様もおっしゃっておりましたが・・・意外と隙間が多くて意外と洗いづらかったです(笑)

そしてタイヤの艶出しも行いましたらトヨタ86・14Rのボディコーティング完成です!!

艶々に仕上がりました(^o^)丿

もちろん全てのシミやキズが除去出来るわけではございませんが艶感とクリヤー感は

新車時と遜色ございません!

全体的な印象も黒い樹脂部パーツ類とメリハリが出て更にシャープでスポーティーな雰囲気に

なったと思います(^_^)/

 

ところでシミの原因ですがオーナー様のお話によりますと新車時より洗車を結構マメに

行っていたそうです。それでこのシミとくすみという事は何か原因があるはずです。

更にお話を伺ってみますと洗車時に使っているカーシャンプーが撥水シャンプーとの事でした。

という事で原因はおそらく撥水シャンプーで間違いないと思います。

便利で簡単で艶々になる撥水シャンプーですがこれを頻繁に使うとシミやくすみが凄~く付きます(;’∀’)

同じくガソリンスタンドの洗車機によくある撥水洗車コースなども頻繁に使用致しますとシミが凄いです(汗)

カー用品店に行くとシャンプー以外でも今、色々と簡単撥水のケミカルが沢山売られていますね。

沢山種類がございますが基本的に撥水系のケミカルの成分は同じような感じです。

と、言うことは撥水系のケミカルはどれを使っても”頻繁に使うと”シミやくすみが付きやすいので

使用には注意が必要です(^^;)  ケミカル類の使い過ぎは塗装やコーティングを痛めますので

お気をつけください。

ですので私は基本的にはシャンプーは撥水など機能性があるものより何でもない普通のシャンプーの

使用をお薦めしております。

もちろんコーティングしたお車にはコーティング車用シャンプーを使用してくだい。

これ結構大切です(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。