ミニクーパーDのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはミニクーパーDのボディコーティングです。

ミニ生誕60周年を記念し昨年発売されました特別仕様車の

MINIクーパー D 5ドア 60 YEARS EDITIONです!

ミッドナイトブラックメタリックとペッパーホワイトのツートンカラーのお洒落さんです!

カッコイイのに可愛いですし可愛いにカッコイイです(*‘∀‘)

昨年12月登録のお車で走行距離もとても少なくお綺麗なお車です。

とは言え登録から9ヶ月くらいは経っているので、もう少し痛みが進んでいてもおかしくないのですが・・・

と思ったら、納車前にディーラーさんで磨いたんだそうです。

納得です(笑) 艶々な訳ですね(^.^)

では早速ですがお車の状態を確認して参りましょう。

まずはボンネットからです。

クスミもなくクリヤーですね! ただよ~く見ると細かな磨きキズも残っていますし

洗車キズのようなスクラッチも確認できます。

ルーフも・・・

クリヤーでお綺麗です(*‘∀‘)

ボディサイドは・・・

こちらもスクラッチは確認できますがクスミもなくお綺麗でした。

リアは・・・

若干スクラッチが付いております。

ただライトを当てているので見えますけど屋外で見ますとあまり気にならないかも知れません(^^;

その程度の軽いスクラッチです。

ホイールも・・・

お綺麗でございました。

 

納車前に磨いたという事で基本的にクスミもなくクリヤーでお綺麗でした。ただ磨き切れていないのか

磨きキズのような細かなキズも確認できます。 この細かい磨きキズをなくすには、更にもう一工程を

入れれば無くなると思いますが・・・ディーラーさんに限らず専門店でもそうですが、この辺りの

最終的な仕上がり具合は施工料金と仕上がり具合のバランスになって来るかと思います。

更に磨きの工程が増えれば料金も上がります。逆に言いますと“このお値段で、ここまで綺麗になります!”

という事でもございます。

と言いましても今回のミニはオーロラマークと言われる変な磨きキズもなく十分お綺麗でした(^.^)

話がそれましたが作業を進めてまいりましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが、いつものように黒いお車は・・・

写真ですと反応がよくわかりません。ただ磨いたばかりという事もあって少なかったです。

ルーフだと・・・

白いので確認が容易です(笑)

よく見れば全体的にポツポツと確認はできましたが少なめでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

黒い所はわかりません(^^;

でも白いルーフは・・・

確認が容易です(笑) 鉄粉もスッキリしました!

鉄粉の処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は基本的にお綺麗ですので軽い磨きのベーシックプランになります。

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

そして今回使用いたしましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

軽めの磨きですが残っていた磨きキズやスクラッチを除去すると、よりクリヤーで深みのある黒に

仕上がります!

ルーフは・・・

白いのであまり違いが伝わりませんね(^▽^;)

でも黒い所のように細かな磨きキズが無くなって、より艶々になっているんです!

ボディサイドも・・・

スクラッチも綺麗になりました。

リアも・・・

スッキリしましたね(^_^)/

最後にホイールは・・・

元々お綺麗でしたけど・・・艶出しをしておりますので更に艶々です!

そしてミッドナイトブラックメタリックとペッパーホワイトのMINIクーパー D 5ドア 60 YEARS EDITION

ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました!

元々お綺麗でしたが、そこから更に磨くことで残っていたスクラッチや磨きキズが無くなり(減り)

更に深みのある黒に仕上がります。

オーナー様も『綺麗になったなぁ~』と施工前後の違いを実感していただけたご様子でした。

カッコイイのに可愛い、ミニクーパーDのご紹介でした!

 

ブラックはどうしてもホワイトなどのライトカラーのお車に比べてお手入れが大変です(汗)

シミやスクラッチが付きやすくて目立ちやすいです(^_^;)

特に屋根なしの駐車場であまりお手入れしないで放っておくとアッと言う間に大変なことになります。

黒を黒く保つにはどうしてもマメなお手入れが必要になってきますが、その苦労と引き換えに

ライトカラーのお車では味わえない独特の艶感と鏡のような景色の映り込みが味わえます(*”▽”)

これがやはりブラックの魅力なんですよね!

いゃ~やっぱりツヤピカの黒はかっこいいです(^_-)-☆

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

日産フィガロのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産フィガロのボディコーティングです。

H3年式の日産フィガロです!

H3年ですので、かれこれ30年近く前のお車になります(*’▽’)

いゃ~いいですね! オーナー様は以前からフィガロが欲しかったそうで程度の良い個体のフィガロに

出会え、ご購入に至ったそうです。

いゃ~私も欲しいです(*´▽`*)  控えめに言っても凄く欲しいです(笑)

30年前のお車ですので若い方は知らないかも知れませんがフィガロは1991年から1992年に

製造された日産パイクカーシリーズの第3弾として発売された車です。

当初は8000台限定の予定だったそうですが申し込みが殺到して急遽2万台の生産に変更された程の

人気車でした!  当時も私、欲しかったっス(;´∀`)

フィガロは4色のカラーバリエーションがあり、今回はその中のペールアクアと言う少し

緑がかった水色のボディカラーのお車です。

前置きが長くなりましたが約30年経過いたしました日産フィガロの現状を確認して参りましょう!

まずはボンネットからです。

お綺麗ですね! スクラッチやクスミはありますが30年前のお車と考えますと

程度は良好だと思います(*”▽”)

ルーフも・・・

スクラッチやシミはございますが、この程度です。

新車から2年くらいのお車でも、もっと酷い状態の車も沢山あります(笑)

トランクも・・・

同じような状態です。

それより汚れの方が気になりますね(^^;

ボディサイドも・・・

それなりの痛みは確認できますが・・・悪くはないです!

ホイールも・・・

汚れは付いていますけど塗装自体はまだまだしっかりとしていました。

もしかしたら再塗装しているのかな??

 

ご覧頂きましたように全体的にスクラッチとクスミが進んでいて透明感が損なわれています。

しかしシミはとっても少ないんです。

30年経っているので、それ相応の痛みが・・・ではなく年式相応以下の痛み具合でした(^_^)/

確かにこの個体を見てしまったら買わずにはいられません。間違いなく買いです(笑)

そんなお綺麗で“買い”のフィガロ君ですが30年前のお車には違いがありません。

見た感じ塗装が綺麗でも塗装自体が劣化している事もありますしゴム類や樹脂パーツも

痛みが確認できますので通常の作業方法とは少し違ったやり方で作業を進めていきます。

いつもは鉄粉付着状況をお知らせしておりますが、今回は専用のクリーナーは使わずに

鉄粉を処理しています。 たぶんクリーナーを使っても問題ないかとは思いますが、何がどう反応して

しまうのか分かりませんので安全優先です(^_^)/

その後にマスキングもしますが・・・

とりあえずは最低限のマスキングです。 ノーマスキングに近いですね(笑)

他のマスキングが必要な場所は、磨く直前にマスキングをしていく方法で磨いていきます。

またその磨きですが、今回は塗装の状態を見ながらの磨きという事でオーナー様に

ご承諾を頂いております。 無理にスクラッチやシミは除去しないで透明感を出す方向の

磨きで仕上げていきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S7です!こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の

低撥水タイプのコーティング剤になります。

PCX-S7は傷んだ塗装や古くなった塗装に使用してもトラブルが出る事の少ない

コーティング剤なんです! 今回は迷わずPCX-S7をご提案いたしました。

トラブルと聞くと少し驚くかも知れませんが再塗装車や比較的新しい塗装のお車でも

塗装とコーティング剤との相性があってムラ等のトラブルが出る事もあるんです。

今回は問題なくコーティング出来ましたヽ(^o^)丿  よかった!よかった!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

クスミが取れてスッキリクリヤーになりました!

塗装の状態も想像していた以上に良好でしたので、当初考えていたよりも磨けました。

とは言え無理にキズやシミの除去は行っていません。

ルーフも・・・

透明感が復活しましたね!

トランクも・・・

スッキリ~。

ボディサイドも・・・

クッキリ~。 とライトが映り込んでいます!

ホイールも・・・

綺麗になりました。

そしてペールアクアの日産フィガロ、ボディコーティングが完成いたしました!

いい! とってもいいです(笑)

スクラッチやシミも減りクスミも取れてスッキリとクリヤーで艶々です(*^_^*)

30年前のお車には見えないと思います!!

オーナー様も『随分と綺麗になったね~!』と、とてもお喜びになられておりました。

そのオーナー様ですが、これがまたフィガロがよくお似合いなんですよ!

控えめに言っても“メチャかっこいい”です(*”▽”) 似合っています!!

私が乗ったら・・・

違うんだろうなぁ~。こうはいかないんだろうな~。と思う寺尾太美51歳、2020年秋の出来事でした(笑)

何時までも大切にお乗りください!!

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

オフブルー /ホワイトルーフのスペーシアです!。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ スペーシアのボディコーティングです。

オフブルーメタリック /ホワイトルーフのツートンカラーのスズキ スペーシアです!

こちらのスペーシアは初期登録から約3ヶ月ほどの新古車になります。

スペーシアはノーマルとカスタムが先に発売され、その1年後は“ギア”を追加し現在は3つの

タイプのスペーシアが揃っております。

この3つの中でも現在は最後発の“ギア”が一番売れているそうです!

現在のアウトドアブームを上手く捉えたようですね(笑)

ギアだけではなくスペーシアシリーズ全体の販売も好調なようで最近の販売状況は

N-BOXに次ぐ売れ行きの様です!

少しお話がそれてしまいましたが、そんな人気物スペーシア君の現状を確認して参りましょう!

まずはボンネットからです。

少し曇ってますね(;”∀”)

ボディが汚少し汚れているのもありますが、それとは別に塗装表面自体が曇っているんです。

おそらく新車時からある曇り(白ボケ)だと思います。

それとボンネットの先端の方には・・・

ここだけシミのような跡がありました。

油が垂れたような感じもしますが・・・よくわかりません(^▽^;)

ちなみにこれは洗車でも落ちませんでした。

ルーフは・・・

こちらも曇り気味ですね(^^;

ボディサイドも・・・

シミやスクラッチ等は少なくお綺麗なんですがモヤけているのでライトがスカッ!とは

映り込んでません。

リアも・・・

結構モヤモヤですね(^^;

ホイールは・・・

酷くはありませんが、まぁまぁ汚れております(笑)

 

ご覧いただきましたようにボディ全体が曇り気味でスッキリとしません。

その曇りもあって透明感もあまり感じられません。

またこのオフブルーメタリックは元々メタリック感が抑えられたカラーではあるんですが・・・

近くで見てもメタリック感が少し損なわれている感じです(^^;

スッキリとした透明感あるオフブルーメタリックの輝きを目指して早速作業を始めてまいりましょう!!

作業開始!!

 

ボディの前にまずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

若干油膜で水を弾いているっぽい感じもしますね(^^;

全面同じような感じでしたが・・・

全面施工ですので全てのガラスをリセットいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤・・・

PGS-33でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

気持ちいいウインドウコーティングの完成ですヽ(^o^)丿

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

所々に反応は見られますが少ないですね!

リアも・・・

少なかったです(*”▽”)

新古車や展示車は鉄粉が多く付いている事が多いのですが、今回のスペーシアは全体的に

少なかったです。

鉄粉少ないので軽めの除去方法で鉄粉を処理し再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗ですね!

リアも・・・

スッキリとしました。

その後に今度はボディにマスキングを行い・・・

磨いていきます。

今回は初期登録から3ヶ月、塗装面のダメージも少ないので軽い磨きのベーシックプランでの

磨きになります!ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

そして今回使用いたしましたコーティング剤は・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

当店でも人気のコーティング剤でございます。

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。 「EXE-evo1」は気持ちのいい水玉撥水の

コーティング剤になります。 従来の水玉撥水のコーティング剤よりもシミが付きにくいのが

特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってクリヤーでスベスベに仕上がりました(^_-)-☆

もちろん何だかよくわからないシミのような痕跡も・・・

問題なく除去できております!

ルーフも・・・

サッパリとしました。

ボディサイドは・・・

おぉ! 綺麗だぁ! 透明感が違います!!

やっぱりこれくらい綺麗にスカッ!と映り込んでほしいものです(笑)

リアも・・・

曇りが無くなってスッキリとクリヤーですね(^_^)/

最後にホイールも・・・

艶出しで仕上げましたら・・・

オフブルーメタリック /ホワイトルーフのスズキ スペーシア、ボディコーティングが

完成いたしました!!

曇りも取れてスッキリとクリヤーな艶々ボディに仕上がりましたヽ(^o^)丿

このクリヤーな感じはやはりボディを磨かないと出ないんです!

今回のスペーシアは初期登録からそれほど時間が経っていなかった事もあってか、新車時からと

思われる曇りはありましたが(^^; シミや痛みも少なく状態は悪くありませんでした。

でも今回見て頂いたように実はパッと見は綺麗に見えても結構曇っているんです。

この曇りは新古車だから曇っていたわけではなく新車時からある曇りなんです。

しかし車の販売店でおこなうコーティングは新車や新古車など綺麗な感じの車は磨かないで洗車して

コーティング剤を塗るだけのお店が多いのもまた事実です。(磨いている販売店もございます!)

という事は磨かないでコーティング剤を塗るだけですと、もちろん曇ったままですので

コーティング後も曇ったままのスッキリしない仕上がりです(;´∀`)

また曇りだけではなくシミやスクラッチも残ったままです。

新古車や屋外展示車両など、あまり使用されていないお車でも車は屋外に置いておくだけで

シミが付いたり紫外線による塗装面の劣化などが進んでいきます。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ですので経年車はもちろん、新車や新古車等のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ

是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ タントカスタムのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ タントカスタムのボディコーティングです。

H26年式ナイトシャドーパープルクリスタルメタリックのタントカスタムです!

なにやら難しい名前のカラー名ですが紫色のタントと言えば頭に思い浮かぶ方も多いのではないのでしょうか。

それくらい見かける事も多い人気のカラーです(*”▽”)

明るいところで見ると鮮やかなパープルですが暗い所で見ると黒に見えるくらい陰影の違いが

ハッキリするボディカラーです!

そんな本来は鮮やかなパープルのタントもご購入から6年が経ちクスミや痛みが進んできたご様子です。

ボンネットを見てみると・・・

シミも多くスクラッチも目立ちます。

ルーフは・・・

ボンネットより一段とクスミが進んでいます(;´∀`)

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフの水平面に比べますとクスミもシミも少ないですね。

リアも・・・

スクラッチは付いていますけどシミは少ないです。

ホイールは・・・

ちょこっと汚れ気味でした(^^;

 

ご購入から6年という事もあって、それ相応の痛み具合ではないかと思います。

ルーフが一番痛みが進んでいるようですが、軽のハイト系ワゴンやミニバンなどの

水平で長いルーフはどうしても痛みがちです。

しかも普段は見えないので“まっ いいかな!”になってしまいがちでもあります(^▽^;)

そして久々にルーフを見ると・・・見なかった事にしようとしまいがちです(笑)

でも もう見てしまったのです。 現実を!!(笑)

しかし例えルーフが痛んでいたからと言っても諦める事はございません。磨けば光るんです!

そう!今回のタントのように!( ̄∀ ̄)ニヤリ

どれくらい光ったかは後ほど(笑)

何だか自分でハードルを上げてしまった感じもしないではないですが(汗)頑張って参りましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが、そもそもボディが

紫色ですので・・・

わかりにくいです(^▽^;)  紫色と言うより黒っぽい反応をするんですが

それでもわかりにくいですね(汗)

リアも・・・

わかりませんね(;´∀`)

でもボディから滴り落ちてくるクリーナー液は・・・

結構紫色になっています。

実際に塗装面を撫でてみてもザラザラで多く付いていました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

でもやっぱりわかりません(^▽^;)

リアも・・・

写真だと変化ないです(汗)

しかし滴り落ちてくるクリーナー液は・・・

もう紫色ではありません!!

鉄粉が終わりましたら今度はボディにマスキングを施し・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回はへッドライトの曇りの除去も行っています。

ビフォーです↓

結構白濁が進んでいます。

近くで見ると・・・

白いです(^▽^;)

反対側も・・・

全体的に白いです。

ヘッドライトの内部もよく見えませんね(^^;

アフターです↓

おっ!

おおぉ!!  クッキリとクリヤーです!

反対側も・・・

白濁も無くなって・・・

見える!見えるぞぉ!!  ヘッドライトの内部まで見えるぞぉ!!

と言いたくなるくらいスッキリとクリヤーに仕上がりました(^.^)

よかった! よかったぞぉ!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチも綺麗になってサッパリです!

クスミが進んでいましたルーフも・・・

クリヤーで艶々です(*”▽”)

メタリック感も取り戻しました。

ボディサイドも・・・

綺麗になりました。

リアは・・・

深めのスクラッチは残っていますがサッパリとしましたね!

最後にホイールも・・・

綺麗にしましたら・・・

ナイトシャドーパープルクリスタルメタリックのダイハツ タントカスタム、ボディコーティングが

完成いたしました!

ナイトシャドーパープルクリスタルメタリック本来の輝きに復活いたしました!

引けていた艶と透明感そしてメタリック感を取り戻し艶々に仕上がっております(^_^)/

またヘッドライトがクリヤーになったのも大きなポイントです。 ↑の写真だとわかりませんが(^▽^;)

ヘッドライトが白濁や黄ばんでいると、それだけで車が古臭く見えてしまいます。

これがクリヤーになると全然違うんです。車がいっきに若返ります(笑)

お引き取りに来られたオーナー様も“おぉ!きれいになったなぁ~”とお喜びになられている

ご様子でした!  ありがとうございます。

屋内保管でほぼ乗らない方は別として通常、車は月日が流れれば流れるほどクスミも進みますし

スクラッチも多くなってきます。でも諦めることはございません!

磨けば光ります!

そう!今回のタントのように!(笑)

皆様のご来店お待ちしております! ( ̄∀ ̄)ニヤリ         宣伝でした(笑)

 

ブラックなどのダークカラーのお車はホワイトやシルバーなどのライトカラーのお車に比べますと

塗装の痛みも早くスクラッチも付きやすく目立ちやすいです。

洗車でも簡単にキズが付いてしまいますので注意が必要です。

スポンジで擦ったりクロスで拭き上げたりと知らず知らずのうちに細かなスクラッチを

つけてしまっています。

少しでもその洗車キズを減らすための正しい洗車方法で洗車することをおすすめいたします。

そこで度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPに洗車方法の動画がございますので

ご参考までにどうぞ!! → 洗車方法

また使用しているスポンジや拭き取りのクロスなどは定期的に新品に交換することもお薦めです(^^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ アルファードのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ アルファードのボディコーティングです。

新車のトヨタ アルファードです!  ディーラーさんから直行です(笑)

ご覧の通り雨の中でのご入庫でしたので濡れております(^^;

という事は各部の現状確認の写真も・・・

濡れているのでよくわかりません(^^;

これではご紹介が出来ませんので洗車後に撮ったのがこちらです↓

これはボンネットです。 何やら擦れたような痕跡が残っていました。

今回のアルファードに限らずですが黒いお車は何かしらあるものです(^_^;)

ルーフには・・・

シミが確認できます。

それと・・・

鳥糞の跡らしき物も確認できます。

実はこのシミや鳥糞の跡はディーラーさんからオーナー様へご報告済みでございます。

ボディサイドは・・・

軽い洗車キズでしょうね。ソリッドブラックは触ればキズが付いてしまうと言われるほど、

とってもデリケートな塗装なんです。

リアも・・・

拭きキズのようなスクラッチが確認できました。

キズがよく見えるようにライトを当てているので目立ちますが屋外だと気が付かないかと

思います。

 

ソリッドブラックはやはりデリケートで納車直後でも色々とあるのが普通・・・っと言っては

アレですが(^^; 正直、ほぼほぼ何かしらあるものです(汗) これはソリッドブラックのお車に

限らずブラック系のお車全般に言える事です。  更に言ってしまえばホワイト系の新車にも

スクラッチやシミ等が付いているお車も全然珍しくありません。 目立たない&気が付かないだけ

なんです。 また塗装面が曇っている新車も多いです。

ですので新車でも塗装面を磨き下地を整える必要がございます。

では早速ですが下地を整えてコーティングを掛けていきたいと思います!

作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介して参りましょう!

↓は現状です。

雨の中お越しくださいましたので↑がリアルな現状になります。

若干、油分等が付いているようで何となく水を弾いている状態でした。

ウインドウに付いている油分等を除去しガラス表面を綺麗にします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です(^_^)/

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが、いつも通り黒いお車だと・・・

確認困難です(^^;

リアも・・・

確認困難です(汗)

新車でも鉄粉は多かれ少なかれ付いているものですが今回のアルファードは少なかったです。

少ないので鉄粉除去も軽めに行います。その後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

黒いお車は確認困難です(^^;

リアも・・・

確認困難です(^▽^;)

 

その後にこんどはマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランになります。基本的に軽い磨きですが所々にシミや

スクラッチが目立ちますので、そこはプラスαで少し強めの磨きをしています。

 

そして今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

擦れたような痕跡もスッキリと綺麗になりました!

ルーフのシミは・・・

意外なほど深く付いており完全除去には至りませんでしたが、屋外で見ればほぼ気にならない

程度までにはなったと思います。

鳥糞の痕跡も・・・

ライトを当てればポツポツと残っていますが探さないとわからないレベルです。

ボディサイドは・・・

スクラッチもスッキリ取れて綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗になりました!

そしてソリッドブラックのトヨタ アルファード、新車コーティングが完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

元々新車なんでツヤツヤでお綺麗なんですけど(^^; 磨いてコーティングをしますと更にクリヤー感と

艶が増しツヤツヤでしたボディがツヤッツヤになります(笑)

ツヤッツヤの黒いボディは迫力が増します。しかしそれでいて気品も感じるところが

アルファードの人気のポイントでもあると思います。

そんな迫力と気品を兼ね備えましたトヨタ アルファードの新車コーティングのご紹介でした!

 

先ほどもお話いたしましたが新車でも納車前にスクラッチが付いたり、シミが付いていたり、

そして曇っていたりと新車でも残念ながら何かしら不具合がある事が非常に多いのが実情です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

洗車してコーティング剤を塗るだけのコーティングではキズやシミ・曇りを閉じ込めてしまいます。

という事は仕上がり具合も・・・(汗)

新車を新車以上に輝かせるにはやはり下地作りが重要になってきます!

ですので新車のコーティングも下地作りを行っています専門店のカービューティープロ カラーズへ

是非どうぞ~(^_^)/

 

宣伝でした~~(笑)

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

メルセデスベンツA180のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはメルセデスベンツA180のボディコーティングです。

H29年式コスモスブラックのメルセデスベンツA180です!

ご購入から3年が経ちシミが酷くてとご相談に来られました。

シミが酷いとの事で、どれどれと確認しましたら・・・確かに酷いです(;”∀”)

予想の上の更に上でした(汗)

屋外で確認した時も凄いなぁ~とは思いましたが室内で見るとより凄いんです。

では早速ご購入から3年経過いたしましたメルセデスベンツA180の現状確認を行なっていきましょう!

まずはボンネットからです。

写真に撮ってしまうとそれほど酷くなさそうですね(笑)

それでも十分にシミシミです。

そしてルーフは・・・

こんな感じなんです(;”∀”) 写真に撮って見ても重傷です。

なんでしょうか?? シミと言うよりもウロコとでも言いましょうか??

厚みさえ感じることが出来ます(大汗)

今回ルーフが一番重傷でした。

別ショットでもう一枚↓

びっしりです(^▽^;)

ルーフが一番重傷とは言いましたがボディサイドも・・・

結構重症なんです。

それに比べますとリアは・・・

軽症でした(^^;

もちろんボディにこれだけ付いているという事はウインドウにも・・・

付いていない訳がございません(;´∀`)

ホイールは・・・

汚れておりました。ベンツはしょうがないですね(^^;

 

ご覧頂きましたようにシミが酷いんです。特にルーフは重症で私が見てきた中でもTOPクラスでは

ないかと思います。

なんでこんなになってしまったのかオーナー様にお話を伺ったのですが・・・原因は一つでは

なさそうです。付着した花粉の処置方法や使用していた洗剤、もしかしたら使用していた水の

影響もあったのかも知れません。色々な要因が重なってこの様なシミが出来たのではないかと思います。

今回、特にルーフが重症ですのでどこまで除去できるか未知数ですけど(^^;張り切っていきましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますがボディが黒ですので・・・

全然わかりません(^^;

シミの影響もあって優しく撫でてみてもザラザラでした。

リアは・・・

写真だと全然わかりませんが結構多く付いているんです。

垂れ流れてくる専用のクリーナーも・・・

こんな感じでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

見た目変わらないかも知れません(^▽^;)

リアも・・・

わかりませんね(汗) すいません。

鉄粉を処理しましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は状態がアレですので(^▽^;)プレシャスプランでのご依頼になります。

プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングの

コースです。 (深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の

汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、

ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を

削らないよう、むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

いゃ~サッパリとしましたね~(*´▽`*)

メタリックも顔をだしました!     メッ、メタリックだったんですね(^▽^;)

(白っぽい無数の点々がメタリックの粒子です)

そして重症でしたルーフは・・・

この辺りが限界でした。

だいぶスッキリと綺麗になりましたが深いシミの輪郭が残ってしまいました。

別ショットだと・・・

このような感じでシミの輪郭が残っている所がございますが屋外で見ればそれほどは気には

ならないと思います。

しかしルーフだけでも何時間磨いたのだろう(笑) なかなかハードな戦いでした(^_^;)

ボディサイドも・・・

いい感じに仕上がっております!

リアも・・・

深い小キズは取り切れませんでしたが綺麗になりましたね!

ウインドウのシミも・・・

スッキリと綺麗になりました。

ホイールも・・・

艶々に復活です!

そしてコスモスブラックのメルセデスベンツA180、ボディコーティングが完成いたしました!

ブラックカラーらしい艶感と綺麗な映り込みの艶々ボディに仕上がっております!

痛みが激しかったのでルーフ等にシミの輪郭が残っている所もございますが

艶感は新車にも負けていないと思います(^_^)/

シミが酷くなりますとボディから艶も引けてきますし美観も損なわれてしまいます。

特にブラックはシミが付きやすく目立ちやすいので普段の維持と管理が重要になってきます。

またその普段の維持管理の仕方によっても痛みの進行が大きく左右されてしまいます。

ちなみに普段洗車に使いますシャンプーは車用を使ってください。

食器洗いの洗剤やマルチクリーナーのような何にでも使える洗剤を使う方も意外と多いのですが

車には車専用をお使いください(^_^)/  中に入っている成分が違うんです!

また度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法の動画が

ございますので、ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

新型ハリアーHVのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ハリアーHVのボディコーティングです。

ホワイトパールクリスタルシャインの納車間もない新車のハリアーHVです!

新型のハリアーは当店初入庫となります(^.^)

いゃ~新型のハリアーもかっこいいですね!

今年の6月に発売され瞬く間に大人気・・・と言うよりも発売前から既に大人気で発売前の先行予約の

段階で1万台を突破していたとか・・・(;”∀”) 凄いです!

もちろんそんな感じですので発売後に契約された方は納車はだいぶ先の様です(^^;

そんな大人気の新型ハリアーの現状を早速確認して参りましょう!

まずはボンネットからです。

お綺麗ですね! しかし写真だとわからないかも知れませんが若干曇っているんです。

ルーフも・・・

こちらの方が少し曇っているのがわかりやすかも??

でも屋外で見たらほぼ気にならないと思います。その程度の軽い曇りです。

ボディサイドも・・・

基本的にお綺麗なんですが・・・いまいちスッキリとしていませんね(^^;

リアも・・・

スッキリとしません。

しかし、しつこいようですが屋外で見るとわからないと思います。 その程度です(笑)

ホイールは・・・

ちょこっとだけ汚れていました。

 

全体的に軽~く曇りが確認できます。この曇りは新車時からある白ボケと言われるものです。

この曇り(白ボケ)があると塗装の透明感が損なわれ風景の映り込みもモヤけてしまいます(^^;

トヨタ車はこの白ボケが少なくクリヤーな塗装の車が多い印象なんですが、それでもロットによる

違いなのでしょうか? たまに白ボケ気味の個体を見かけます。

とは言え言われなければ、ほぼ気が付かない程度の軽い曇りです。しかし軽いとは言え曇っているのも

また事実です。 この曇りがなければもっとスッキリとクリヤーなお車になります。

そのスッキリとクリヤーな新車を目指して作業を始めていきましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車して、その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

少ないですね!

リアは・・・

多かった(;´∀`)  フロントに比べるとリアは多めに付いていました。

鉄粉処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

スッキリと仕上がりました。

そしてマスキングをして・・・

磨きの準備が出来ました。

当店では新車でもここまでしてから磨いています。

今回は新車ですので新車プランでのご依頼となります。  新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしております。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティングです。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

元々ボンネットは曇りも少なめでお綺麗でしたが、それでも磨いてコーティングをすれば

よりスッキリとクリヤーで綺麗になります(^_^)/

ルーフも・・・

曇りも取れてスッキリしましたね!

ボディサイドも・・・

スッキリと綺麗になりました。

元々お綺麗でしたがビフォー&アフターで見比べるとやっぱり違います(笑)

リアも・・・

曇りが取れてサッパリとしました(^_^)/

ホイールは・・・

今回ホイールコーティングのご依頼を頂いておりますのでホイールコーティングを施工いたしました!

ホイールコーティングは新車時がおすすめです。

ちなみにですがホイールコーティングはボディコーティングと同時施工いたしますと

ホイールコーティングのお値段が20%OFFになりますのでボディコーティングとの同時施工が

とってもお得です!

 

そしてホワイトパールクリスタルシャインの新型ハリアーHV、新車コーティングが完成いたしました!

スッキリとクリヤーな新車以上の輝きに仕上がりました!!

っと言いましても新車のパールホワイトですので写真だと、施工前後に違いがあまり

わからないかもしれませんが(^▽^;) それでも各部の仕上がりの写真で見て頂いたように曇りが

無くなり透明感の向上と映り込みの違いを感じて頂けると思います!

今回のハリアーは若干の曇りはございましたが全体的にはお綺麗な状態の新車でした。

しかしやはり新車の状態がけっして一番ベストな状態とは限りません!

むしろ新車時がベストな状態のお車は稀です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地を整えないと言う事はそのままコーティング剤を塗るという事ですので

不具合箇所はそのままコーティング剤で閉じ込めてしまいます(;´∀`)

ですので新車を新車以上に輝かせるにも下地作りが重要です!

新車コーティングも下地を整えているカーコーティングの専門店『カービューティープロ カラーズ』へ

是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

BMW320dツーリングのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはBMW3ツーリングのボディコーティングです。

こちらのBMW3ツーリングはご購入から6年経過いたしましたお車になります。

若干汚れてはいますけど艶も感じられて綺麗ですね! 私も店内で見るまではそう思っておりました(;”∀”)

いゃ店内で見ましてもお綺麗なんですけど・・・スクラッチが思いのほか多くて・・・(汗)

ではご購入から6年経過いたしましたBMW3ツーリングの現状を確認して参りましょう!

まずはボンネットからです。

ボディが白い事もあって写真ですとあまりスクラッチの多さが伝わりませんが

結構凄いんです(^^;

ルーフも・・・

あまりわかりませんがスクラッチが多いんです(^^;

ボディサイドも・・・

グルングルンにスクラッチ付いています。

わかりにくくてすいませんm(__)m よ~く目を凝らしてみてください。

グルングルンのスクラッチが見えて・・・きました??

見えないと思いますので(汗)他の場所で見てみますと・・・

こんな感じでグリングリンにスクラッチが付いているんです。

ボンネットやルーフも同じような感じです。

いゃ~黒いとわかりやすいです(笑)

リアも・・・

結構凄いんですけど白いボディカラーは目立ちません!

いゃ~白いとわかりにくくていいですね(笑)

それと今回はメタルのウインドウモールの・・・

白濁除去のご依頼を頂いております。

輸入車の定番でもございますメタルモールの腐食です。シミというより錆と言った方が

わかりやすいかと思います。 錆ですので落とすのも大変なんです(^▽^;)

 

全体的にスクラッチが多く痛み気味です。ただオーナー様はマメにお手入れされているようで

6年経っているようには感じません。 メタルモールの腐食も6年でこれくらいでしたら

お綺麗な方ではないかと思います。

ただやはり照明を当てて見てみますとスクラッチが結構凄いんです(^^;

このスクラッチはもしや??と思いオーナー様にお聞きしましたら・・・ピンポ~ン!

大正解!!  GSの洗車機を使用しているとの事でした(^^;

やはり洗車機の使用は注意が必要です(汗)使えば使うほど洗車キズが入ってしまいます。

それも意外と深めのキズが入ってしまいます。  お気を付けください。

付いてしまったものはしょうがないので磨いてリフレッシュしていきたいと思います!

作業開始!!

 

まずはウインドウコーティンからご紹介してまいりましょう。

↓は現状です。

以前に何か撥水剤を使われていたのでしょうか??

なんとなく弱~く撥水しているようにも感じますが油膜かな??

とにかく綺麗にしていきます(笑)

ガラス表面が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

これまた結構多めでした(^^;

リアも・・・

やや多めです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

鉄粉もスッキリと綺麗になりました!

リアも・・・

サッパリとしました。

鉄粉除去が済みましたら今度はボディにマスキングをしていきます。

マスキングが終わり磨きの準備が出来ました(^_^)/

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

キズキズでしたボンネットもスッキリと綺麗になりました。

ルーフも・・・

綺麗になりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

ライトがしっかりとそしてクッキリと映り込むようになっています!

グリングリンにスクラッチの確認が容易でしたセンタ-ピラーだって・・・

綺麗になっています(^.^)

リアも・・・

綺麗になっています!

そしてメタルモールの腐食も・・・

綺麗になっております。

メタルの輝き復活です!

そしてBMW3ツーリングボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりましたよ~(^_^)/  透明感が違います!

スクラッチやシミそしてクスミが進んだ塗装面は艶も引け、透明感も無くなってきます。

その傷んだ塗装面を磨いて平滑に整え、そして仕上げにコーティングする事で

新車にも負けない程の艶と光沢、そして透明感に仕上がります!

6年経過しているお車には見えないと思います。

それとメタルのモールが輝きを取り戻したことで見た目の印象が全然違います。

ボディが綺麗でもモールが白く白濁していると車が古く感じてしまうんです(^^;

輸入車の定番中の定番トラブルでもあるメタルモール(アルミモール)の白濁(白サビ)

この白サビは時間が経過すればするほど酷くなっていきます(^^;

中には真っ白になってしまっているお車もございます。

これのサビ落としやった事がある方はわかると思いますが、ま~ぁ落ちないんです(笑)

今回オーナー様もご自分で試されたそうですが全然落ちないと言われていました。

と言うかやった事のある方は皆様全然落ちないと言われます(^_^;)

酷くなればなるほど除去するのが大変ですので、とにかく早め早めに処理をした方がいいと思います。

メタルモールでお悩みでしたら『カービューティープロ カラーズ』にお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スズキ アルトにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ アルトのボディコーティングです。

シルキーシルバーメタリックのスズキ アルトです!

昨年の11月登録の試乗車?に使われていたお車をご購入されたとの事で今回、当店に

ボディコーティングのご依頼を頂きました。 ありがとうございます。

それでは早速ですが登録から10ヶ月ほど経過いたしましたスズキ アルトの現状を確認してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

結構曇ってますね(;”∀”)

これはボディが汚れていて曇っているように見えている訳ではなく塗装表面自体が曇っているんです。

おそらく新車時からある曇りだと思います。

ルーフも・・・

曇っております(^^; よく見ると洗車時に付いたと思われるスクラッチ(洗車キズ)も

多いです。

ボディサイドも・・・

曇っております。

ライトの輪郭もハッキリとしませんね。

リアは・・・

同じく!(^^;

ホイールは・・・

お綺麗でした(^_^)/

 

ご覧いただきましたようにボディ全体が曇り気味でライトの映り込みもスッキリとしません。

写真ではライトですけど、これが屋外でしたら周りの景色の映り込み具合もモヤけて綺麗に

映り込みません(^_^;) そればかりか透明感も感じられず、これではせっかくのシルキーな

シルバーがもったいないです(笑)

でも磨けば大丈夫です!

本来のシルキーなシルバーなメタリック目指して作業を始めてまいりましょう!!

作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングもご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう。

↓は現状です。

フロントウインドウは油膜の付着も少ないのですがサイドウインドウは・・・

ウロコが結構凄いです(;´∀`)

今回は全面のご依頼ですので・・・

全面綺麗に下地を整えていきます。

ウロコの除去方法も何通りかあるのですが、状態により作業方法を変えて行っています。

そして最終的にいつもの↑の状態になります(笑)

ウインドウが綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水確認を行ないましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

サイドウインドウのウロコも・・・

綺麗になりました(^_^)/

ウロコは酷くなればなるほど除去するのが困難になってきます。ですのでウロコは酷くなる前に

早め早めに処置していった方がいいと思います!

ウロコが落ちなくてお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

ちょこっと多めですね(^^;

展示車や試乗車などは鉄粉が多めに付いている傾向です。

リアは・・・

少なめなんです! これも展示車によくみられる傾向です。

鉄粉処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

鉄粉もスッキリと綺麗になりました!

リアも・・・

より綺麗に!!

 

その後に今度はボディにマスキングを行い・・・

磨いていきます。

今回は初期登録から10ヶ月、塗装面のダメージも少ないので軽い磨きのベーシックプランでの

磨きになります!ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたのはこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

当店でも人気急上昇中のEXE evo1のコーティング剤でございます(^_^)/

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

EXE evo1は水玉撥水になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤より、よりシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってスッキリとしスベスベに仕上がりましたヽ(^o^)丿

ルーフも・・・

サッパリとしましたね!

ボディサイドも・・・

曇りが取れてライトの輪郭もハッキリしました。

リアも・・・

綺麗にライトが映り込むようになりました!

最後にホイールは・・・

艶々です!

実はアルミホイールをご購入されたそうで、そちらは別日程ホイールコーティングを施工する

ご予定になっております(^.^)

そしてシルキーシルバーメタリックのスズキ アルト、ボディコーティングが完成いたしました!

シルキーなシルバーメタリックに仕上がりましたヽ(^o^)丿

クリヤーで艶々です!!

どうしても塗装が曇っているとクリヤー感がなくてお車の印象がボヤッとしてしまいます。

その曇りを取り除きコーティングをする事でクリヤーでスッキリとした艶々のボディが

完成いたします(^_-)-☆

艶々に仕上がりました新たな愛車との新しいカーライフをお楽しみください(^_^)/~

 

今回のアルトは初期登録から10ヶ月ほど経っているお車でした。ぱっと見ではお綺麗でしたが・・・

よく見ますと曇りが酷かったです(^^; 先ほどもお話しましたが、これはおそらく新車時から

付いている曇り(白ボケ)だと思います。

新車でも新車特有の曇りが(白ボケ)酷いお車やシミやキズが入っているお車も多く、また鉄粉が

多く付いているお車もあるのが実情です(汗) 特に展示車は鉄粉が多い傾向です。

試乗車や新古車等、あまり使用されていないお車でも、車は置いておくだけでも痛みが進んでいきます。

当店は新車でもそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ですので経年車はもちろん、新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ

是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

BMW5ツーリングの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはBMW5ツーリングのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのBMW5ツーリングは昨年の5月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

何時も早めのタイミングでメンテナンスにお越しくださっており、今回は通算4度目の

メンテナンスのご依頼になります。(*^_^*)

そして毎回の事ですが、いつもお綺麗なんです・・・が最近洗車ができなかったそうで、

珍しくちょこっと汚れていました。

なんでも駐車場の近くで大規模な解体工事が行われているようで、色々な埃り等が

付いてしまうようです(^_^;)

結構あるあるの話なので皆様もお気を付けください。  ちょっと離れていても意外なほど

風に吹かれて飛んでくるものです。

話は逸れましたがBMW5ツーリングの4回目のメンテナンスの様子をビフォー&アフターで

ご紹介してまいりましょう!

 

まずはボンネットからです。

スクラッチは少ないんですけど、少しシミが・・・と言いましてもこの程度です(笑)

アフターです↓

コーティング施工から1年半近く経ちますが、まだまだお綺麗で良好な状態をキープしています!

ルーフも・・・

ボンネット同様に少しシミが付いています。 このシミは塗装を侵食しているような、

いわゆるウォータースポットのようなシミではなく塗装表面(コーティング被膜)に付いている

軽いシミです。

このシミは意外と頑固なのでシャンプー洗車では落ちないのですが・・・

特殊なケミカルを使うと綺麗に除去できます(^_^)/

リアは・・・

珍しく汚れております(笑)

アフターです↓

まぁ単なる汚れですので水で洗い落とせます(笑) しかしこの手の汚れも洗車の仕方に

よっては塗装面にダメージを与えてしまいますのでお気を付けてください。

いきなりスポンジで擦らずに、まずは水圧で落とせるだけ落としてください。

 

珍しついでにモールの淵にも・・・

コケでしょうか?よく見ると緑色なのでコケだと思います(^^;

いつも汚れてはいるんですけどコケは初めてのような気がします(笑)

今年は梅雨が長かったからでしょうか??

アフターです↓

サッパリとしましたよ~。 艶々で気持ちいいですね!

ボディサイドも・・・

白くてわかりませんが、よ~く見ると少し汚れています。

とは言えやはりこの程度の汚れです。

アフターです↓

白くてわかりませんが、よ~く見ると綺麗になっています(^▽^;)

それと先ほどもお話しましたが駐車場の近くで解体工事が行われているとの事で鉄粉が

多く付いているかも?とご心配されていました。

確かに近くで解体工事等行われていると鉄粉が舞って付着したり、またペンキを塗っていると

ペンキのミストが風に流され車に付着してしまったりすることが結構あるんです(^^;

お気を付けください。

話がまたまた逸れましたが鉄粉です。私も少し心配でしたが・・・

全然少なかった~(^▽^;)

黒っぽくポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉になります。

全然少ないです。逆に今までよりもより少ない気がします(笑)

リアも・・・

すくなっ!

先ほどの私の“解体工事等行われていると鉄粉が舞って・・・”のウンチクの信ぴょう性が

ガラガラと音を立てて崩れ落ちてしまいそうなくらい鉄粉が少なかったんですけど(^^;

工事現場近くではホントによくある事ですので工事期間が長い時は、こまめにボディをチェックした方が

いいです。

お綺麗ですが一応↓がアフターです(笑)

あまり違いがないですけれど・・・(^^;

リアも・・・

ビフォー&アフターを見比べてくださいね(笑)

ホイールも・・・

もちろんお綺麗です!

アフターです↓

もっと綺麗になっています! ホント~です(^^;

それと今回はフロントウインドウのコーティング再施工のご依頼も頂いております。

↓は現状です。

昨年10月のメンテナンス時にウインドウコーティングを再施工したのですが、まだまだ撥水して

おりました。

磨いて古いコーティングを落とします。古いコーティングの上に上塗りは致しません!

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33で再コーティングします。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングも完成いたしました!

ウインドウコーティングは安全運転につながりますので撥水が落ちてから再施工ではなく

落ちる前に再施工がおすすめです。 常にコロコロ撥水の状態を維持したいです(*^_^*)

そしてBMW5ツーリングのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

いかがでございますでしょうか。 と言いましても、いつものようにホワイトの綺麗なお車は

写真でもビフォー&アフターの違いがわからないと思いますが各部の写真で見て頂きましたように

細かく見ると違いがわかっていただけるかと思います(笑)

実車を見て頂ければ艶もクリヤー感も更に上がっており違いを実感していただけます(^_^)/

オーナー様も『やっぱり違いますよ!』とお喜びになられておりました!

ありがとうございました。

前回のメンテナンスの時にも書いたんですが、こちらのBMW5ツーリングはカービューティープロの

最上級コーティング剤“EXE evo1″でコーティングを施工しています。

屋外屋根なし駐車で1年半近く経過しますがシミが少ない傾向です。

こちらのBMW5ツーリング以外にも“EXE evo1″施工車の経過を観察していますが、どのお車も

もちろん全くシミが付かない訳ではないのですが、従来のコーティング剤に比べますとシミが

付きにくい傾向だと思います。

シミ(ウォータースポット)が気になる方は“EXE evo1”是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。