チリレッドのミニクーパーSです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはミニクーパーSのボディコーティングです。

H22年式チリレッド&ブラックルーフのミニクーパーSです!

BMW製ミニとしては2代目になるモデルです。

こちらのオーナー様はこのモデルのミニクーパーSを探していたそうですが

やっと程度の良いミニに巡り合い、ご購入に至ったそうです。

ただ塗装の方はシミが多いようでお困りでございました。

確かに確認していきますと・・・

所々にシミが酷いんです。

どうやら花粉ジミの様です。

販売店も花粉のシミと言っていたそうなので間違いないでしょう(^▽^;)

ルーフは・・・

クスミは少ないですね!

シミも少なめなのは展示前に磨いている??のではないかと思います。

ボディサイドも・・・

磨きキズが付いているので間違いないです(笑)

リアも・・・

クスミは少ないのですが磨きキズと洗車キズでしょうか?

スクラッチが付いていました。

ホイールは・・・

軽く汚れておりました。

 

見て頂いたように花粉のシミが多いんです。

実は夏前にシミのご相談を頂いていたのですが夏の日差しで花粉シミが消える事も多いので

夏の間様子を見て頂いていました。

しかし今年の連日の猛暑でも花粉ジミは消える事はなかったようです(^^;

もしかしたら今年の花粉シーズンで付いたシミではなく、それよりも前にできた花粉シミなのかも知れません。

磨いた痕跡がありますので、シミを消す為に磨いたのか?はたまた磨いた後にシミが出来たのか

今となっては判断が出来ませんがスッキリとした塗装肌を目指して作業を進めて参りましょう!

 

まずは洗車後に鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

鉄粉の反応も少ないですね!

リアも・・・

とっても少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて確認します。

前も後ろも・・・

写真で見ると、ほぼ変わり映え無しです(^▽^;)

 

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

マスキングは隙間にコンパウンドの粉が入らないようにしたり、

塗装の薄い所や樹脂パーツの保護などの為に貼ります。

そして磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランで磨きました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

赤い部位には水玉撥水のPCX-S8!

黒いルーフにはPCX-S9を施工いたしました!

 

PCX-S8の詳しい事はこちらを → PCX-S8

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

花粉ジミもだいぶスッキリと除去出来ました。

ただ全ての花粉ジミが除去は出来ず、残ってしまったシミもございます。

ルーフは・・・

こちらもスッキリと綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

磨きキズもシミもスッキリと除去出来ました(^_^)/

リアも・・・

ライトの映り込みもクッキリとクリヤーでございます。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げております。

 

そしてチリレッド&ブラックルーフのミニクーパーSのボディコーティングが完成いたしました。

いかがでございましょうか。

元々13年前のお車には見えないほどの艶感を感じる綺麗なお車でした。

それだけに逆に花粉ジミが目立ってしまっていました。

今回は完全に花粉ジミを消すことは出来ませんでしたが艶も向上して、

新車にも負けない透明感と光沢感あるツヤピカボディに

仕上がったと思います。

お引き取りに来られましたオーナー様も、お喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

花粉のシーズンは過ぎましたが今年は本当に花粉が多く、花粉によるダメージも大きいお車が多いと

感じました。先ほどもお話いたしましたが花粉は塗装にダメージを与えます。

花粉が乗っかっているだけならまだいいですが、雨に濡れた花粉を放置してしまうと

シミシミになってしまいます。

更に悪化してしまうと今回のお車の様に塗装を陥没させてしまいます。

真夏の時期になると暑さ(熱)でシミが自然と消える事も多いのですがダメージが

大きいシミは消えません。 更に深刻な場合は磨いても除去出来ない物もあります。

ですので花粉の多い時期は雨に降られましたら出来るだけ早めに洗車してください。 ← 来シーズンの話(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ブラックマイカのヤリスクロスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ヤリスクロスのボディコーティングです。

ブラックマイカのトヨタ ヤリスクロスです!

こちらは納車間もない新車でございます。

ホイールも既に交換済みでブラックでコーディネートされ迫力アップしております(^_^)/

ヤリスクロスはオフロードスタイルのカスタムも似合いますしオンロードスタイルのカスタムも

これまた、とても似合ってカッコイイんです!

元のスタイルが良いのでどちらも行けちゃうんでしょうね~(*’▽’)

そんなカッコイイ、ヤリスクロスの現状を早速確認して行きましょう!

少し汚れもございますが、それとは別に塗装面が軽く曇っているようです。

ルーフは・・・

少しシミが付き始めているようです(^^;

ボディサイドは・・・

曇りは僅かでクリヤーですね!

ただリアのドアには・・・

何か擦れたような浅めのキズが確認できました。

リアは・・・

こちらも僅かに曇りがあるのですがパールがキラキラしている事もあってわかりにくいです。

しかし僅かですので、言われなければ気にならないレベルです(^.^)

ホイールは・・・

汚れも少なくお綺麗でございます!

 

それと今回はフロントウインドウのコーティングのご依頼を頂いておりますので

フロントウインドウの確認&作業をご紹介していきましょう!

↓は現状です。

納車仕上げ時の撥水シャンプー又は何かしらの撥水剤が掛かっていたようで

撥水しておりました。

ただ撥水力が落ちてきているようです(^▽^;)

納車仕上げ時の撥水は簡易的な物ですので直ぐに落ちてしまいます。

その簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットをしてから、

ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをして完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

色的にわかりにくいのですが少ないです。

全然付いていない訳ではないのですが、少なかったです。

リアも・・・

少なかったです!

写真だと全然わかりませんけど(汗)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

前も後ろも・・・

ほぼ違いがわかりませんが(汗)鉄粉処理が済んでおります!

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

PCX-S9です。

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回は・・・

樹脂コーティングも行っております!

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

スッキリとクリヤーで気持ちいいですね(^_^)/

ルーフも・・・

シミが取れてスッキリと綺麗になりました!

ボディサイドは・・・

元々クリヤーでお綺麗でしたので写真で見比べると、あまりビフォー&アフター感が

ないかも知れませんが(^▽^;)更にクリヤーで艶々に仕上がっております。

それとリアドアのキズも・・・

幸い浅いキズでしたので問題なく処理出来ました。

リアも・・・

僅かな曇りでしたが僅かな曇りでも、曇りが無くなると透明度が向上して

ライトの映り込みもキリッとします。

ホイールは・・・

艶々です!

そしてブラックマイカのトヨタ ヤリスクロス、新車コーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

正直、元々がお綺麗な新車なのですが各部の写真で見て頂きましたように、

近くで塗装面を観察しますと色々と見えてきます。

その色々と気になる塗装面を磨いて塗装の肌を整えますと更にクリヤー感も

向上してスッキリとシャープに景色が映り込む艶々ボディに仕上がります。

やっぱり新車も磨きが大切なんです。(しみじみ)

オーナー様も『綺麗ですね~。見違えるようですね~~』と、その違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

樹脂コーティングですけど、未塗装の樹脂パーツ類は時間の経過と共にあっと言う間に

白っぽく汚れ、そして退色(白化)してしまいます。

その予防にも樹脂コーティングは有効です。

また既に白っぽく退色してしまったお車でも黒さと艶を復活する事が出来ます。

樹脂コーティングの効果期間は1~2年が目安でしょうか。

お車の保管状況や劣化の激しい樹脂や樹脂の素材等により効果を発揮しなかったり、

短期間に効果が落ちてしまう場合もございます。

未塗装樹脂の保護や退色復元の為にも樹脂コーティング、おすすめです!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BMW M240iのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはBMW M240iのボディコーティングです。

H28年式エストリルブルーのM240iです!

爽やかで綺麗なブルーですね~(*”▽”)

その爽やかさは私の笑顔と、いい勝負でしょうか( ̄▽ ̄)

さわやかと言えば皆様は“さわやかハンバーグ”を食べたことございますか??

今では静岡県のソウルフードとまで言われるようになった“さわやかハンバーグ”、

私はまだ一度も試したことがないのですが、テーマパーク並みの待ち時間などの噂を聞くと

躊躇してしまいます(汗)  話がどんどんと逸れていく前に話を戻しますが(笑)

私、正直あまりM240iの事はよく知りませんでした。なんでもこのコンパクトなボディに

3.0ℓ直列6気筒のターボエンジンが載っているそうで、その出力はなんと340馬力!!

速くない訳がありません(*”▽”) 実際オーナー様曰く、“速い”そうです。

これなら静岡の“さわやかハンバーグ”までアッと言う間に着きそうです\(◎o◎)/

またしても話が逸れそうですので現状確認を始めて参りましょう。

まずはボンネットです。

こちらのM240iは初期登録から7年程経過した中古車をご購入されたそうです。

シミやスクラッチも確認できますが逆に言いますとシミもスクラッチも7年経過を感じない少なさです。

ルーフも・・・

もちろんシミも付いていますけどクスミも少なく状態は悪くない方です。

トランクも・・・

シミやスクラッチがありますがクスミが少なくクリヤーです。

ボディサイドも・・・

7年経過を感じませんでした。

ホイールは・・・

ブレーキダストで汚れ気味でした。

 

それとウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので現状確認&作業を見ていきましょう。

まずは現状です↓

撥水剤を塗られているそうですので綺麗に弾いていました。

綺麗に弾いているのですが・・・

よく見るとウロコが結構凄くてオーナー様も軽く磨いてみたそうですが落ちなかったと。

そうなんです。ウロコはしつこくて簡単に落ちない事が多いんです。

無理に擦るとガラスにキズが付くのでご注意ください。

ピラーもスクラッチが凄いです(汗)

ウロコの除去方法も幾つかありますのでウロコの状態によって作業方法を変えております。

また当店のウインドウコーティングの料金には基本的な下地処理代も含まれておりますが

ウロコの程度によって追加料金がかかる場合がございます。

詳しくはお問い合わせください。

ウロコ除去後です↑  綺麗になりました(^.^)

ピラーのスクラッチもスッキリです!

もちろん最終的にウインドウコーティング剤で仕上げておりますので・・・

気持ちよく弾いております!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉の除去を行います。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

意外と多めでした(^^;

リアも・・・

多いです(涙)

中古車等の屋外展示されているお車は鉄粉が多く付く傾向です。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしていきます。

スッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗になりました!

 

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランで磨きました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回は・・・

ヘッドライトを軽~く磨いてクスミを取り、コーティングを施工をしております。

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとクリヤーになりました。

ルーフも・・・

サッパリとしました。

トランクも・・・

シミもスクラッチもスッキリとして気持ちいいですね!

ボディサイドも・・・

色的にわかりくにくいのですがスクラッチも取れてスッキリとしました。

最後にホイールです。

艶々です。

 

そしてエストリルブルーのBMW M240i、ボディコーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

塗装面のクリヤー感、そして艶感は新車にも負けていないと思います!

元々7年経過を感じない艶と光沢感でしたが、それでも塗装面を磨いてスッキリと

リフレッシュいたしますと艶と透明感が違ってきます。

その綺麗に整った塗装面にコーティング剤を塗ると艶が更にアップして

エストリルブルー本来の爽やかな輝きが取り戻せたと思います(^_^)/

その爽やかさは私の笑顔と、いい勝負でしょうか( ̄▽ ̄)  ← くどい

オーナー様にもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

中古車ご購入時はボディと気持ちのリフレッシュを兼ねてボディコーティングがおすすめです!

ただ単にコーティング剤を塗るだけではリフレッシュにはなりませんので磨きが必要です(笑)

傷んだ塗装表面を研磨しシミやキズ、そしてクスミを除去し塗装の肌を整えます。

これをしないでコーティング剤だけを塗ってしまうとシミやキズ、クスミを閉じ込めてしまいます。

それでは全然綺麗にならずリフレッシュにはなりません(^▽^;)

また中古車は前オーナー様のお手入れ状況がわからない事も多いです。また展示期間が長ければ

長いほど痛みも進んでしまう傾向です。

ですので中古車ご購入時は気持ちのリフレッシュと塗装面のリフレッシュを兼ねて

コーティングがおすすめです!!

新車も中古車もカ-ビュ-ティ-プロカラ-ズへ是非どうぞ~~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ガーデングリーンのN-ONEです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ N-ONEのボディコーティングです。

ガーデングリーンメタリックのホンダ N-ONEです!

こちらは“STYLE+ URBAN”という特別仕様車になります。

これがまたお洒落で可愛いんです(*”▽”)

このガーデングリーンメタリックはノーマルのN-ONEにはなく、

“STYLE+ URBAN”にだけ設定されているカラーの様です。

めちゃくちゃN-ONEにあっていると思いませんか??  今回も一目惚れです(笑)

そんな可愛いN-ONEの現状を確認していきますと・・・

荒れ模様です(^▽^;)

ちなみに写真は洗車後の撮影です。

シミとスクラッチ、そして塗装の曇りが確認できます。

ルーフも・・・

まだ新しい車両なのですが・・・痛みが進んでいるようです(^^;

ボディサイドは・・・

シミやスクラッチはあまりないのですが塗装の曇りが、なかなかの様です。

リアも・・・

モヤッと曇っていました。

ホイールは・・・

メッキリングがキラキラで写真だとよくわかりませんが、少し汚れておりました。

 

こちらのN-ONEは元々は昨年の12月登録の試乗車??に使われていた車両なのだそうです。

それを聞いてボンネットのキズクラッチの多さも納得です(^^;)

試乗車や展示車などは頻繁に濡れたクロスや乾いたクロスなどで拭かれる事が多く、

洗車キズが多めの傾向です。

また塗装の曇りは新車時からある曇りなのだと思います。

ホンダの軽は曇り多めですので(^▽^;)

その辺りをしっかりと処理してコーティングを掛けていきましょう!

 

その前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

見ていきましょう。

↓は現状です。

撥水力が弱~い感じですけど撥水していました(^.^)

油膜と言うより撥水剤(力)が落ちたような感じです。

その弱まったウインドウコーティングを一度除去してガラス表面を整えてから

ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます!

コーティングが乾きましたら撥水チェックをして・・・

ウインドウコーティングは完成です。

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉を除去していきます。

その後に専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

多いです(^▽^;)

屋外に展示されてた車両や試乗車は鉄粉も多く付いている傾向です。

リアは・・・

水平面に比べるとかなり少ないです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ除去できましたね!

リアも・・・

綺麗になりました!!

その後にマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はシミやスクラッチが思いのほかゴイスーでしたので(^^;)

ほぼ内容的にはミディアムポリッシングの磨きになりました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランでございます。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

スベスベになりました~(^_-)-☆キュピーン!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗です!

ボディサイドも・・

曇りも無くなってスッキリとクリヤーです。

リアも・・・

モヤッとした曇りがなくなりサッパリとしました。

ホイールは・・・

メッキのリングもキラッキラです!

そしてガーデングリーンメタリックのホンダ N-ONE、ボディコーティングが完成しました。

クリヤーで艶々に仕上がりました!!

(最初の写真と写真の色合いが違ってしまって、すいませんm(__)m)

どうしても塗装が痛んでいるとクリヤー感が低下し、お車の印象がボヤッとてしまいます。

その痛みを取り除き塗装面を一度リセットした後にコーティングをする事で

クリヤーでスッキリとした艶々のボディが完成いたします(^_-)-☆

オーナー様もその違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

今回のN-ONEは初期登録から8ヶ月ほど経っているお車でした。

パッと見ではお綺麗でしたが・・・店内でライトを当てて確認しますとシミやスクラッチ、

そして曇りが進んでいました(汗) その曇りは、おそらく新車時から付いている

曇り(白ボケ)だと思います。

新車でも新車特有の曇り(白ボケ)が酷いお車やシミやキズが入っているお車も多く、

また鉄粉が多く付いているお車もあるのが実情です(汗)

特に屋外展示車は鉄粉が多い傾向です。

試乗車や新古車等、あまり使用されていないお車でも、車は置いておくだけでも

痛みが進んでいきます。

当店は比較的新しい展示車両や試乗車でもそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して

下地を整えてからコーティングをしています。

ですので新車はもちろん、展示車両や試乗車に使われていたお車もカーコーティング専門店の

カービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

セージグリーンのミニクロスオーバーです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはミニクロスオーバーのボディコーティングです。

セージグリーンのミニ クロスオーバーです!

こちらは納車間もない新車でございます。

セージグリーンと言う名のボディカラーですが、これがまたとってもいい色なんです(*”▽”)

なかなか写真だと(私の使っているカメラ)上手く色が再現できないのですが(汗)

光の加減で薄いブルーのように見えたりグリーンに見えたり・・・

上の写真の様に青味のあるグリーンのような緑味のあるブルーのような、しかし強い光が当たると

イエローが顔を出します!

とても複雑なカラーで色々なシチュエーションで違った色味を楽しむことが出来ます。

私、一目惚れです(笑)

そんな私を魅了するセージグリーンのミニクロスオーバーの現状を確認していきますと・・・

汚れは別として所々にシミが確認できます。

ボンネットはまだいいのですがルーフは・・・

なかなか凄い事になっています(^^;

ボディサイドは・・・

シミはあまりないです。ただ若干塗装が曇っているようです。

リアも・・・

少しばかり曇りがあるようです。

ホイールは・・・

ブレーキダストで覆われていました(^^;

今回はホイールコーティングのご依頼を頂いておりますので後ほどご紹介いたします。

 

納車からそれ程長い時間が経った訳ではないのですが・・・シミが凄いです。

特にルーフが凄いです(;”∀”)

見た感じからして普通の雨ジミではなさそうです。おそらく油系のシミかと思います。

シミの原因ですけどお引渡しにオーナーにお話を伺ったところ、

そのシミの原因に行き当たった・・・気がします(笑)

たぶん間違いないです。

そのお話は後ほどにしまして、まずは作業を見ていきましょう!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

これがまた多いんです(^▽^;)

細かな反応が沢山です(汗)

リアも・・・

少し反応が流れてしまっていますけど鉄粉多めでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリと綺麗になりました!

リアも・・・

サッパリとしました。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをします。

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回はシミが多いので通常の新車磨きよりも、少し強めの磨きをしています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗になりました!

シミシミでしたルーフも・・・

スッキリと綺麗になりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

曇りが取れてクリヤーになっています。

リアも・・・

ライトの映り込みがキリッとしました!

ホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティングです。

艶々になりました!

グロスブラックだったんですね(^^;

正直ココだけの話ですけど、ホイールを洗い始めるまでマットブラックの

ホイールだと思っていたのは内緒です(笑)

 

そしてセージグリーンのミニ クロスオーバー、新車コーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

でも最初の写真と全然写真の色味が違ってしまって、すみませんm(__)m

写真の色味が全然違うので単純に比較はできませんけど、ボンネットやルーフに付いていたシミや

曇りを磨きでしっかりと処理をした事で各部の仕上がり写真で見て頂いたように

スッキリとクリヤーな新車に仕上がっております!

オーナー様も『ピカピカ!』と、その違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

先ほどのシミの原因のお話ですが、シミにも色々と種類があるのですが今回のシミは

油系のシミの様に感じました。

その事をオーナー様にお伝えして原因を探った結果・・・

どうやら、お車のすぐ横に換気扇があるようです(^^;)

おそらく原因はそれだと思います。

これは見落としがちなのですがお話を聞くと意外と多く、あるあるの話です。

しかも、駐車場から少し離れた位置に焼肉屋さんもあるそうです(^^;

それの影響もあると思います。

換気扇でそんなにシミだらけになる??と思われるかも知れませんが換気扇を侮ってはいけません!

その換気扇がキッチンから繋がっている場合はヤバいです(汗)

脂の乗った魚や唐揚げ、天ぷらや焼肉・・・等々 美味しい食べものは油分が沢山です(笑)

その煙りが換気扇から出てきて車に付いてしまいます。風の方向や強さにもよりますが、

数メートル~数十メートル程度は余裕で飛んできます。そしてボディに付きシミになります(^^;)

今回のシミはおそらく換気扇で間違いないと思いますが、シミが付く要因は様々です。

通常の雨ジミとは違うシミが沢山付いている場合は必ず要因がございます。

洗車に使っている水の可能性もありますし(井戸水)ご利用しているシャンプー等の

ケミカルの場合もございます。 またガスの給湯器の近くもヤバいです。

アレ??シミが凄いな?!っと感じましたら車の駐車場や使用している洗車用具等を

一度見直してみるといいかと思います。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル フォレスターSTI Sportです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル フォレスターのボディコーティングです。

クリスタルホワイトパールのスバル フォレスターSTI Sportです!

こちらは納車間もない新車でございます。

フォレスターのターボモデルである“ Sport”をスバルのモータースポーツ部門の

スバルテクニカインターナショナル(STI)が走りと質感に磨きをかけたグレードです。

STIが足回りをチューニングしたと聞くとガチガチの乗り心地になりそうなイメージですけど

実際はしっとりとしなやかで快適に仕上がっているそうです(*”▽”)

インテリアもブラックとボルドーのツートン仕上げとなっており、

他のグレードとは違う雰囲気を醸し出しております!

そんな走りと質感に磨きを掛けましたフォレスターSTI Sportの現状を確認していきますと・・・

若干汚れの影響もあってモヤっとしたライトの映り込みになっていますけど

塗装自体は曇りも少ないです。

ルーフも・・・

汚れは別としてボンネットよりも多少曇りがあるようです。

ボディサイドは・・

曇りがあるようでライトの映り込みがスッキリとしません(^^;

リアも・・・

これだけ見れば十分にクリヤーですけど磨くと更にクリヤーになります!

ホイールは・・・

少し汚れ気味でした。

今回はホイールコーティングのご依頼を頂いておりますので後ほどご紹介いたします。

その前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウの

現状を確認していきますと・・・

納車前洗車時の撥水シャンプーでしょうか?? でしょうね(笑)

水を弾いていました。

その撥水も簡易的な物ですので直ぐに落ちてしまいます(^^;

その簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをして完成です!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

納車から間もないのですが鉄粉が少し多めでした。

リアは・・・

少ないです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

スッキリと処理出来ております。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをします。

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしております。

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

サッパリとしました!

ルーフも・・・

スッキリと綺麗になりました(^_^)/

少々曇り気味でしたボディサイドも・・・

モヤッとした曇りが取れてライトが綺麗に映り込むようになりました。

リアも・・・

元々クリヤーな肌でしたけど磨くと更に透明度が増します!

ホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティングです。

艶々です。

 

そしてクリスタルホワイトパールのスバル フォレスターSTI Sport、

新車コーティングが完成いたしました。

綺麗に仕上がりました!

正直、新車のパールホワイトですので↑の引きの写真ですと違いがわからないかも知れません(^▽^;)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにモヤッとした曇りが無くなり、

キリッとシャープに景色が映り込むクリヤーで艶々ボディに仕上がっています!

この新車以上のクリヤー感や艶感向上には“磨き”が必要です。

磨きで塗装表面を整えてからコーティング剤を塗るのが大切なポイントです。

そして仕上げにコーティングです!

そのコーティング剤ですが最近、低撥水系のPCX-S9のご用命&使用率がとても高いです。

PCX-S9は発売から約2年程の比較的新しいコーティング剤です。

以前にPCX-S9を施工いたしました車両の経過を観察していますが、

やはり水玉撥水系のコーティング剤よりも全体的にシミが少ない印象です。

ただ水玉撥水系よりも撥水力の耐久性は少し落ちる感じです。

(撥水力が無くなったからと言ってコーティング被膜が落ちた訳ではございません)

水玉撥水は“弾いてる”感が気持ち良いのですが、シミが付きやすいのが難点です(^^;

ひと昔前はコーティングと言うと水玉撥水が圧倒的な人気だったイメージですが、

シミの事もあって最近は低撥水系のコーティング剤が人気です。

水玉撥水の気持ち良さよりもシミ付着低減を重視されるお客様におすすめでございます!

シミが気になる方は是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル インプレッサWRXのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル インプレッサWRXのボディコーティングです。

H19年式スバル インプレッサWRX STI spec-Cでございます!

2代目となるこちらのGD/GG系インプレッサは2回ほどマイナーチェンジで

フェイスリフトが行われています。 初期型は丸目、最初のマイナーチェンジで“涙目”になり、

2回目のマイナーチェンジで“鷹目”と言われる3つの顔がございます。

今回のお車は最終型の“鷹目”のWRXになります!

私、個人的にGD/GG系インプレッサはこの“鷹目”が一番好みです(^.^)

こちらのWRX STI spec-Cはイエローに全塗装(オールペン)されたそうです。

純正カラーの黄色はややクリーム色っぽい薄めの黄色なのですが、もう少し“濃い”黄色に

したかったそうでトヨタ車に使われている黄色にオールペンされたそうです!

とっても綺麗なイエローでWRX STI spec-Cにとても似合っていてカッコイイです!

そんな綺麗なイエローにオールペンされましたWRX STI の状態を見ていきますと・・・

オールペンされたばかりですのでシミも無くクリヤーでございます。

ただ、色的な事もあり写真だとわかりませんが塗装後の磨きで付いた磨きキズが

結構付いているんです。

ルーフは・・・

こちらの方が磨きキズがわかりやすいかな??

リアも・・・

クリヤーでお綺麗です!

ボディサイドも・・・

シミも無くクリヤーです。

でも実はオーロラマークと言われる磨きキズが付いていて、光の具合でモヤモヤと白っぽく

キズが見えてきます。

それと所々に・・・

コンパウンドが焼き付いています(^▽^;)

これが意外と落ちないんです(汗)

ホイールは・・・

若干汚れ気味でした。

 

オールペンに限らずですけど再塗装した場合は磨きキズや光が当るとオーロラの

ようにモヤモヤ~とキズが見える通称オーロラマークが確認できることが多いです。

コーティング屋さんと板金屋さんとは“磨き”の意味合いが違うようなので、

ある意味しょうがない事なのかも知れません。

ではその磨きキズを除去してモヤモヤのないスッキリとした塗装肌にしていきたいと思います!

 

作業の方ですが、いつもでしたら鉄粉の付着状況をお伝えしていますけど

今回は専用の鉄粉クリーナーは使っていません。

今回の黄色には使っても問題はないのですが念には念を入れ使用しません。

全ての黄色に鉄粉クリーナーが使えない訳ではないですが、黄色い車に鉄粉クリーナーを

使用する時は気を付けてください。 大変な事になってしまう場合がございます(;”∀”)

また黄色以外でも使ってはいけない塗装もございますので鉄粉クリーナーを使われる方は

ご注意ください!

という事で今回は違う方法で鉄粉を処理しています。

ちなみに鉄粉量は少なかったです。

 

その後に今度はマスキングをします。

黄色いボディに黄色いマスキングテープは違和感なくマッチしています(笑)

そして磨いていきます。

今回はベーシックプランになります。

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”や

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また”塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

元々がクリヤーでお綺麗な状態でしたので写真だと違いが無いように見えますけど(汗)

磨きキズも無くなってスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

サッパリとして綺麗になりました。

トランクも・・・

スッキリと綺麗です!

ボディサイドも・・・

ビフォー&アフター感が伝わりませんが(^▽^;)オーロラマークも無くなって

スッキリとした塗装肌になっております。

一番ビフォー&アフター感がわかりやすいのが・・・

コンパウンドの焼き付きです(笑)

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げています。

そしてスバル インプレッサ WRX STI spec-Cのボディコーティングが完成いたしました。

艶々です!

オールペン後でしたので施工前でも艶も透明感もあってお綺麗でした。

それでも先ほどもお話いたしました磨きキズ(オーロラマーク)を除去した事で

透明感と光沢感が向上して艶々のボディに仕上がりました(^_-)-☆

GD/GG系インプレッサも登場から20年以上が経過し段々と見かける機会も

少なくなってきた感じもします。 今後は電動車が主流になりそうな流れですので

純粋なエンジン車を楽しめるのも今のうちです。

純エンジン車のWRX STI spec-Cを何時までも大切にお乗りください!!

 

車の塗装は新車と同じでオールペンした直後の状態が一番綺麗だとは限りません。

実際には塗装が曇っている事もございますし、磨きキズが残っている事が非常に多いんです(;´∀`)

そこから、もうひと手間、ふた手間かけコーティングを掛けますと更に透明感が向上して

色に深みが出て輝きも増しますのでオールペンしたお車も是非、当店にお任せください!

お待ちしております(^_^)/~

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

プラチナホワイトパールマイカのヤリス クロスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ヤリスクロスのボディコーティングです。

プラチナホワイトパールマイカのヤリスクロスハイブリッドです!

こちらは納車間もない新車でございます。

最近になってヤリスクロスのお問い合わせ&ご入庫が増えてきました。

発売以来の大人気車種であり一時期の半導体不足も重なり、納車待ちが長い車種でしたが

トヨタ車全体で生産が復調傾向で納期が短縮されているようです。

それでも以前に比べれば、まだまだ納車待ち長いですから一刻も早く、

納車遅延が解消してほしいですね!

 

話がそれましたが新車ヤリスクロスハイブリッドの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

若干曇りがあるようでライトの映り込みがモヤっとしております。

ルーフも・・・

若干汚れているという事もあるのですが塗装に曇りがあるようで、

もう少しスッキリとしたいところです。

ボディサイドも・・・

ボンネットとルーフ程ではないのですが少し曇っているようです。 とは言え↑程度ですけど(^▽^;)

リアは・・・

曇りの影響でライトの映り込みがモヤモヤとしています(^^;)

ホイールは・・・

汚れも少なくお綺麗でした!

ホイールのコーティングのご依頼を頂いておりますので後ほどご紹介いたします。

 

全体的に見ますと塗装面が少しばかり曇り気味です。(少しです)

この新車時の曇りは“白ボケ”と言われるものです。

多くの方が新車時(納車時)が一番綺麗な状態だと思われているのですが、

実は新車の時点で塗装が曇っていたりシミやキズが付いていたりする事がとても多いのです。

この曇りがあると写真で見て頂いたように景色の映り込みが綺麗に映り込みません。

トヨタ車は比較的、曇りが少なくクリヤーな塗装肌に仕上がっている事が多いのですが

同じ車種の同じ色でも生産ロットによってバラツキがあります。

ちなみにそのバラツキは他メーカーでもある事です。

当店ではその曇り等の不具合箇所を処理してからコーティングを施工しています!

それでは新車ヤリスクロスを新車以上のクリヤーな塗装肌に仕上げていきたいと思います。

作業開始~!!

 

まずは洗車後にボディに付着している鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

ポツポツ見えるのがクリーナーに反応している鉄粉です。

新車でも↑くらいは付いているものです。

リアは・・・

こちらは少なかったです(^_^)/

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

元々が少なかったのですが(^▽^;)更にスッキリと綺麗になっております。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをします。

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも無くなりサッパリと綺麗になりました。

ルーフも・・・

スッキリとしました!

ボディサイドも・・・

曇りが無くなりライトの映り込みがスッキリとシャープになりました。

リアも・・・

ライトがキリッと映り込んでおります!

そしてホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

艶々です!

 

プラチナホワイトパールマイカのヤリスクロスハイブリッド、

新車コーティングが完成いたしました。

いかがでございましょうか。 艶々に仕上がりました!

パールホワイトの新車ですので、引きの写真だと違いがわからないかも知れませんが、

各部の仕上がり写真で見て頂いたように曇りも取れ透明感・艶、共に向上しております。

不思議と塗装の曇りが無くなるとお車全体の印象もスッキリとクリヤーでキリッとした

佇まいになります(^_-)-☆

皆様の新車は大丈夫ですか?? 新車なのになんかスッキリとしないなぁ、と感じましたらそれは

もしかしたら塗装面が曇っているのかもしれません。

でも大丈夫です。磨けばスッキリとクリヤーになります。

新車のコーティングも新車磨きを行っているカービューティープロ カラーズにお任せください。

皆様のご来店、お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

スバル レヴォーグSTI Sport♯のご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル レヴォーグのボディコーティングです。

オフショアブルー・メタリックのレヴォーグSTI Sport♯です!

こちらは納車間もない新車でございます!

レヴォーグSTI Sport♯はレヴォーグSTI Sport R EXをベースとした500台限定の

特別仕様車で今年の東京オートサロン2023会場で公開され1月26日~5月12日の期間、

注文を受け付ける予定だったそうですが1月26日に即完売となった人気車種です!

もの凄い倍率だったそうです(^▽^;)

その、もの凄い倍率を勝ち抜いたオーナー様も、これまた凄いです!

そんなレアな人気車種でありますレヴォーグSTI Sport♯の現状を確認していきますと・・・

シミが多いんです(^▽^;)

ルーフも・・・

シミが多めです(汗)

ボディサイドは・・・

シミは少ないのですが、よく見ると洗車キズと思われるスクラッチが多いんです(^^;

リアも・・・

シミが多めです。

ホイールは・・・

純正のホイールではなく以前のお車に使用していたホイールに付け替えています。

と言いますのも今回は純正ホイールの裏側もコーティングをしたいとの事で

純正ホイールを外してお越しくださいました。

ありがとうございますm(__)m

そちらのホイールは後ほど!

 

その前にボディコーティングの作業を見ていきましょう。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

よく見ますと細かな反応も見えますが全体的にとても少なかったです。

リアも・・・

少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。  元々少ないんですけど(^^;

リアも・・・

スッキリと処理出来ております。  もちろん元々ですけど(笑)

 

鉄粉処理が済みましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回はシミが多いので新車にしては強めの磨きをしています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしております。

そして先ほどお話しました純正ホイールも・・・

表も裏側もホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティングをしました!

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも無くなってスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗に仕上がりました!

ボディサイドは・・・

洗車キズ系のスクラッチも除去出来ております。

リアも・・・

シミも無くなってライトがキリッと映り込むようになりました!

最後にホイールです。

こちらのホイールとタイヤは艶出しで仕上げています。

 

そしてオフショアブルー・メタリックのレヴォーグSTI Sport♯、

新車コーティングが完成いたしました。

いい艶に仕上がりました!

今回のお車は新車なのですが何故か既にシミと洗車キズが多く付いていました(汗)

そのシミと洗車キズを磨きで処理したことで塗装面のクリヤー感や艶感が向上して

スッキリとシャープに景色が映り込む艶々ボディに仕上がっています。

オーナー様も『艶が違いますね。』と、その違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

レヴォーグSTI Sport♯カッコイイですね~(*’▽’)

今回のオフショアブルー・メタリックは新型のクロストレックで登場したニューカラーです。

レヴォーグではSTI Sport♯にだけ設定された特別塗装色になります。

クロストレックでも人気カラーの様ですがレヴォーグにも、とても似合っています。

特にグリルやスポイラー類のブラックと相まってスポーティでカッコイイです!

カッコだけではなく走りの方も更に磨き上げられているそうで、

オーナー様曰く・・・コーナーリングが“普通じゃない!” そうです(笑)

そんなカッコよくて“普通じゃない”レヴォーグSTI Sport♯を何時までも大切にお乗りください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ソニッククロムのIS300 F SPORTです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスIS300のボディコーティングです。

ソニッククロムのIS300 F SPORT Mode Black Ⅲです!

納車から間もない新車のお車になります。

こちらは人気の特別仕様車“Mode Black Ⅲ”でございます。

当店には現行型のISは何台かご入庫されていますけど全て“Mode Black ”だった・・・

ような気がします(^.^)

それだけ人気がある証拠ですね!

各パーツ類がブラックにコーディネートされていて精悍でカッコイイです(*‘∀‘)

そんなカッコイイIS300“Mode Black Ⅲ”の現状を確認していきますと・・・

レクサスらしく曇りも無い綺麗な塗装肌でございます!

ルーフは・・・

若干、曇りを感じますけど・・・若干です(笑)

トランクは・・・

クリヤーでございます。

ただボディサイドは・・・

やや曇り気味です。 と言いましても↑程度の軽い曇りです。

普通に見ると全然気にならないと思います(笑)

ホイールは・・・

汚れも少なくお綺麗でございます。

ご入庫前に洗って下さったそうです。 ありがとうございます(^.^)

今回はホイールコーティングのご依頼を頂いておりますので後ほどご紹介いたします。

 

その前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウの

現状を確認していきますと・・・

納車前に撥水シャンプーで洗ってあるのでしょうか??

たぶん撥水剤による水弾きかと思うのですが、撥水力が落ちていて逆に視界不良となっております。

そこで・・・

ガラスを磨いてガラス表面を一旦リセットします。

運転席と助手席は撥水ガラスになっていますので、それ以外のガラスを磨いています!

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

上の写真ですと反応がわかりませんが、実は結構多めに付いていました(汗)

リアも・・・

確認しにくいのですが、ボンネットと同じで結構多めでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

反応がわかりにくいのですが前も後ろも・・・

スッキリと綺麗になりました!

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

元々お綺麗な塗装肌でしたが更にスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗でございます!

トランクも・・・

クリヤーで綺麗です(^_^)/

ボディサイドも・・・

曇りも無くなってライトがスッキリと綺麗に映り込むようになりました。

ホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティングです。

マッドブラックのホイールはコーティングをしますと若干艶が出てしまいますが、

それほど大きく印象が異なってしまう事もないかと思います。

艶が出ると言うよりも黒が“濃く”なるといった方が近いかな??

マットブラックのホイールはブレーキダストが付きやすく、目立ちやすいんです。

そして掃除をしてもブレーキダストが取れにくいんです(^_^;)

ホイールコーティングはダストのこびり付きや焼き付きを抑制する効果がございます。

全くこびり付かない訳ではございませんがコーティングしているのと、していないのとでは、

お手入れのしやすさが違ってきますのでダストの多いお車にはおススメのオプションメニューになります!

 

そしてソニッククロムのIS300 F SPORT Mode Black III、 新車コーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

正直、元々がお綺麗な新車なのですが各部の写真で見て頂きましたように、

近くで塗装面を観察しますと軽めの曇り等確認できました。

その曇りのある塗装面を磨いて塗装の肌を整えますと更に透明感も増して、

スッキリとシャープに景色が映り込む艶々ボディに仕上がります。

オーナー様も『ボディのヌメリ感が、より強調されたね!』と、

その違いを感じてい頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

よく車は納車直後の新車が一番綺麗だと思わている方が多いかと思います。

でも実は残念ながらそうでもないんです(^^;

今回のIS300は曇りも僅かでクリヤーな綺麗な塗装肌でしたが、

塗装面が曇っている新車は実は非常に多いんです。

また曇っているだけではなくシミやスクラッチも付いているものなんです。

という事は磨かないでコーティング剤を塗るだけですと、もちろん曇ったままですので

コーティング後も曇ったままのスッキリしない仕上がりです(;´∀`)

もちろん曇りだけではなくシミやスクラッチも残ったままです。

当店は新車でも磨きなどで不具合箇所を修正し、下地を整えてからコーティングをしています。

ですので経年車はもちろん、新車や新古車等のコーティングもカーコーティング専門店の

カービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。