インディゴブルーメタリック2のフレアワゴンです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ フレアワゴンのボディコーティングです。

インディゴブルーメタリック2の新車フレアワゴン カスタムスタイルです。

正直、あまりお見掛けしないボディカラーだなぁ~。なんて思って調べて見ましたら

2021年に発売されたスズキのワゴンRスマイルで初めて登場したボディカラーの様です。

フレアワゴン&スペーシアには約1年前に新たに追加設定されたカラーです!

深みのある高級感漂う大人のカラーで、とってもお洒落ですね(*’▽’)

そんなお洒落なインディゴブルーメタリック2の新車フレアワゴン カスタムスタイルですが

ボンネットを確認していきますと・・・

あれっ!? スクラッチが多いぞ(^^;

塗装面の曇りも気になります(汗)

ルーフも・・・

洗車キズと思われるスクラッチがとっても多いんです(>_<)

白っぽい線状の筋が沢山見えると思います。

これです↓

この様なスクラッチがルーフ全体に付いていました。

ボディサイドは・・・

こちらもスクラッチが付いていますけど、それよりも塗装面の曇りの方が気になりますね(^▽^;)

リアも・・・

ライトがボヤっとモヤけています。

ホイールは・・・

軽い汚れでした。

 

全体的に塗装面が若干モヤッと曇りが確認できました。

それよりもボンネットとルーフに洗車キズと思われるスクラッチが結構多く付いていて

そちらの方が少し気になりました(^^;)

ただそのスクラッチも比較的浅いキズが大半の様なので磨きで処理出来そうな感じでした。

オーナー様に伺った所、納車してからまだ一度も洗車をしていないとの事ですので

納車前洗車時に付いたのでしょう(^▽^;)

ブログで度々書いていますけど新車でもオーナー様に納車されるまでに多くの工程があり、

多くの作業者が車に触れます。 その間にキズが付いたりシミが付いたりする事は残念ながら

全然珍しい事ではなく、よくある事なんです。

あまりに深く入ってしまっている洗車キズは磨いても完全に除去することは出来ませんが、

新車以上の艶と光沢を目指して作業を始めていきたいと思います。

では作業開始~~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

↓は現状です。

油分の付着も少ないようです。 少ないだけで少しは付いてはおります(^▽^;)

今回は全面施工ですので全面磨きを入れてガラス表面を綺麗にします。

納車間もない新車でもガラス表面に油分等が付いている事がほとんどですので、

新車でも下地処理が必須になります。

ガラス表面を綺麗にしましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをします。

その後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤になります!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にいつものように鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応しますが・・・

よ~く見るとポツリポツリと確認できるのですが新車という事もあって、

とても少なかったです!

リアも・・・

全然付いていない訳ではないですが鉄粉の付着は少なかったです。

 

↓は鉄粉除去後の再チェックです。

元々少ないので写真で見ても全然変り映えしませんが、ボディ全体の・・・

鉄粉処理が済んでいます。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的にやや曇り気味の塗装肌&洗車キズが気になりますので、

新車にしては少し強めの磨きで曇りとキズを除去して仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S9  

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチも無くなり新車らしいスッキリとした塗装肌になりました(*^_^*)

スクラッチの多かったルーフは・・・

深い線キズは残っていますけどサッパリと綺麗になっております(^_^)/

モヤけていたボディサイドも・・・

曇りが無くなりクリヤーになりました。

同じくリアも・・・

スッキリとしました!

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げております。

 

そしてインディゴブルーメタリック2の新車フレアワゴン カスタムスタイル、

新車コーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

正直、元々がお綺麗な新車ですので↑の引きの写真ですと違いがわからないかも知れませんが、

各部の仕上がりの写真で見て頂いたように細かな線キズや塗装面の曇りが無くなりクリヤー感も

向上してスッキリとシャープに景色が映り込む艶々ボディに仕上がっています。

その細かな線キズですが実は新車でも今回のフレアワゴンの様に沢山入っているお車も多く、

中にはシミや曇りの酷い新車も御座います。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ひとえにボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

洗車してコーティング剤塗っておしまい!もコーティングですし、磨きを入れて下地作りを

行ってからコーティングするのもまたコーティングです。 でも仕上がり具合は全然違います!

ですので新車コーティングも”専門店“のカービューティープロ・カラーズへお任せください!

お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

トヨタ アルファードのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ アルファードのボディコーティングです。

R2年式ソリッドブラックのトヨタ アルファードです!

ご購入から間もなく3年を迎えるお車になります。

アルファードと言えば日本では以前より大人気車種ではありますが、ここ数年は海外でも

人気が高まりアジア圏だけではなくヨーロッパでも人気があるそうです。

最近では中国系のメーカーからアルファードにそっくりな車も沢山販売されています(^▽^;)

話がそれましたがオーナー様が最近ボディのキズが気になるとの事で当店にお越しくださいました。

確認していきますと・・・

だいぶ汚れ気味です(^^;

この状態ですとわかりにくいので洗車後に撮影しましたのが↓です。

スクラッチは少なめですがシミが多いですね(汗)

ルーフも洗車後の写真です↓

こちらはボンネットに比べるとシミは少ないです。

その分、余計にスクラッチが目立ちます(^^;

ボディサイドも・・・

クスミは少なくクリヤーではありますが洗車キズと思われるスクラッチが確認できます。

ただ初期登録から3年のソリッドブラックと考えますと比較的少ない方ではないでしょうか。

リアも・・・

まぁ、それなりに(^▽^;)

ホイールは・・・

やや汚れ気味でした。

 

オーナー様はキズが酷くて気になっているとご相談に来られたのですが、

初期登録から約3年、スクラッチが付きやすく目立ちやすいソリッドブラックと考えますと

洗車キズ系のスクラッチは少ない方ではないかと思います。

とは言えソリッドブラックのボディの洗車キズは目立ちますし気になります。

その辺りをしっかりと磨いて綺麗にしていきたいと思います。

では作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

毎度の事ですがボディが黒いと反応が見えません(^^;

リアも・・・

写真だと鉄粉が付いているんだか付いていないんだか全然わかりませんが、

新車から3年ですので、それ相応の鉄粉量でした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、もちろん・・・

写真で見ると違いがわかりませんが・・・

鉄粉処理が終わっております!

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスッキリとして綺麗になりました!

ルーフも・・・

深いキズは除去出来ませんでしたがサッパリ綺麗になりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

クリヤーで気持ちイイですね!

リアも・・・

深い線キズは残っていますけどライトもクッキリと映り込む様になっています。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げております。

そしてソリッドブラックのトヨタ アルファード、ボディコーティングが完成いたしました。

いい艶に仕上がりました!  ヽ(^o^)丿

今回のアルファードは年式を考えると、ボンネットのシミは気になりましたが、

比較的良好な塗装面の状態だったと思います。(ご入庫時の汚れは別として(笑))

ただ良好とは言いましても塗装表面に付いているスクラッチやシミそしてクスミ等がボディの

艶や透明感を低下させます。

またスクラッチが多いと黒ではなくグレーっぽく見えてきてしまうんです。

それらの不具合を丹念に磨き可能な限り取り除いていくことで新車にも負けない艶と透明感を取り戻します!

同じ“磨き”でも軽く磨くのと丹念に磨くのとでは仕上がりは全然違います。

もちろん丹念に磨いても全ての痛みをリセット出来る訳ではないのですが

艶と光沢感が違ってきます。

あまりに痛みが進んでしまってからですと磨いても処理し切れない痛みも多くなってきますので

早め早めのリセットがおすすめです。

ダーク系カラーのお車、特にソリッドブラックは維持・管理がとても難しいデリケートな

カラーで、塗装自体の痛みも早くホワイトやシルバーなどのライトカラーのお車に比べますと

数倍の速さで痛みが進んでしまう傾向です。

また洗車時にも傷が付きやすく目立ちやすいので注意が必要です。

洗車する時はまず初めに水で(できれば高圧)でよ~く砂や埃などを落として、その後たっぷりの

シャンプーの泡を使って優し~く力を入れないで洗ってください。 水を拭き取るときも優し~くです。

ポイントはタップリの水とタップリの泡、そして愛情タップリの優しさです(^.^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

レクサスGS300 F SPORTのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスGS300 F SPORTのボディコーティングです。

H30年式グラファイトブラックガラスフレークのレクサスGS300 F SPORTです!

こちらのオーナー様は3代目GS(190系)から4代目GSへお乗り替えです!

以前のGSも当店でコーティングを施工させていただいたのですが今回も当店に

お越しくださいました。  ありがとうございます。

普段あまりブログには書いていないのですが当店は、お乗り換えや増車でリピートで

お越しくださるお客様がとても多いんです。   この場をお借りて・・・

皆様いつもありがとうございます。m(__)m

こちらのオーナー様はディーラーさんに立ち寄ったら・・・

“とても程度の良いGSが入りましたよ~。 しかもまだ展示する前の車両です!” と話をされたので

現車を見てみると・・・

“カッコイイ~” っと一目惚れ♥ そのまま即決だったそうです(*‘∀‘)  凄いッス!!

そんな思わず一目惚れしてしまうほどカッコイイ、レクサスGS300 F SPORTの現状確認より

始めて参りましょう。

↓はボンネットです。

クスミとシミは少なく年式を考えますと比較的良好な状態ではないかと思います。

ルーフは・・・

ボンネットよりもスクラッチが多いですね(^^;

シミもボンネットよりも多かったです。

トランクは・・・

これまたクスミは少ないのですが洗車キズと思われるスクラッチが気になります。

ボディサイドは・・・

少しわかりにくいのですがスクラッチが多く確認できました。

ホイールは・・・

軽めの汚れでした。

 

それと今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ボディの前にウインドウコーティングをご紹介してまいります。

↓は現状です。

前のオーナー様がウインドウコーティングもされていたようですが撥水力が少し落ちているようです。

その弱った撥水剤を除去してガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です。

ウインドウコーティングは雨だけではなく雪にも有効な、とても実用的な当店の

人気オプションメニューでございます!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

毎度の事ですが黒い車ですと確認困難ですけど、実は結構多いんです(^^;

リアも・・・

反応がわかりませんが、これまた結構多かったんです(汗)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

相変わら確認困難ですけど綺麗になっています!

リアも・・・

スッキリと鉄粉の処理が済んでおります!

写真だとわかりませんけど(^▽^;)

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回は・・・

ヘッドライトを軽~く磨いてからヘッドライトコーティングを施工いたしております!

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもサッパリとして綺麗になりました。

ルーフも・・・

深い線キズは残っていますけど、だいぶスッキリ綺麗に仕上がりました!

トランクも・・・

深いキズは残りましたが綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

洗車キズも無くなりスッキリとしました。

そしてホイールには・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

ホイールコーティングは艶々になるだけではなくブレーキダストのこびり付きが低減して、

お掃除が楽になります。

 

そしてグラファイトブラックガラスフレークのレクサスGS300 F SPORT、ボディコーティングが

完成いたしました。

そして艶々になりました!  凄みが増しましたね(^_^)v

元々艶を感じるボディでしたが、それでもシミやスクラッチそしてクスミを

磨いて除去しますと更に透明感と色に深みが出て新車のような艶になります。

その艶の出たボディにコーティングをしますと更に艶々なボディに仕上がります!

その艶と光沢は新車にも負けません!

オーナー様にも『おおっ!ピカピカですね~!!』と、とてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

中古車は前オーナー様のお手入れ状況がわからない場合が多く、

また、お車の展示期間が長ければ長いほど痛みも進んでしまう傾向ですので

お使いになられる前に一度お車をリフレッシュするとボディもサッパリ!気持ちもスッキリとして

新しい愛車に気持ち良~くお乗りいただけると思います(^_-)-☆

皆様も中古車ご購入時はカーコーティング専門店『カービューティープロ カラーズ』へ是非どうぞ~!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

クリスタルブラックシリカのGR86のご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ GR86のボディコーティングです。

納車間もないクリスタルブラックシリカのトヨタGR86です!

今では世界的にも希少なFRスポーツカーのGR86ですが、日本だけではなく世界でも

大人気の車種でもございます!

もちろん私の欲しい車リストのベスト3の常連さんでもございます(笑)

現在では受注受付停止中との事ですが、近々再開するとの噂もございますので

欲しい方は、とにかくマメに情報をチェックするように注意してください。

本当に買えなくなってしまいます!

そんな大人気者でもあるクリスタルブラックシリカの新車GR86の現状確認より始めて参りましょう。

↓はボンネットです。

塗装面の曇りは少ないのですが納車前洗車時の拭きキズでしょうか??

所々に確認できました。

↓もボンネットです。

こんな感じです(^^;

ルーフも・・・

スクラッチかと思ったのですが、これは汚れでした。

よかったよかった(*^_^*)

トランクは・・・

若干の曇りはございますが綺麗です!

ボディサイドは・・・

こちらもクリヤーですね(´▽`)

しかしサイドステップには・・・

保護シートを剥がした跡と、その糊残りを拭いた時に付いたスクラッチかな??

白い跡と拭きキズと思われるスクラッチが付いておりました。

ホイールは・・・

若干汚れ気味でございました。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので後ほどコーティングをしていきます!

 

それと今回はフロントウインドウのコーティングのご依頼を頂いておりますので

フロントウインドウの確認&作業から先にご紹介していきましょう!

↓は現状です。

納車仕上げ時の撥水シャンプー又は何かしらの撥水剤が掛かっていたようでした。

だいぶ撥水力が落ちていますけど(^▽^;)

納車仕上げ時の撥水は簡易的な物ですので直ぐに落ちてしまいます(^^;

その弱っている簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをして完成です!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますけど・・・

そう!そうです! その通り!!! 毎度の事ですが・・・

黒い車は写真で見ると何が何だかわかりません(^^;

リアも・・・

写真だと全然わかりません(^▽^;)

今回は新車でしたので比較的鉄粉等の異物は少なかったんですけど、

新車でも全く付いていない訳ではございませんので一通り異物除去の作業を行っております。

 

処理後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

そう!その通り!!

前も後ろも・・・

やっぱり写真だと全然違いが伝わりません(^^;

写真だと違いがわかりませんが鉄粉処理が済んでおります。

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

ポリッシングが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

当店は新車でもここまでしてからコーティングを掛けます(^_^)/

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

拭きキズもスッキリと処理出来ております!

↓もボンネットです

浅いスクラッチでしたので問題なく除去出来ています!

ルーフも・・・

綺麗に仕上がっています。

トランクも・・・

僅かな曇りが、有るのと無いのとではやっぱりスッキリ加減が違います。

それはボディサイドも同じで・・・

綺麗に感じたサイド面も磨くとスッキリ感と言うかサッパリ感が違うと言いますか、

とにかくライトの映り込み具合が違います(^_^)/

それとサイドステップのスクラッチと糊跡も・・・

バッチリと綺麗になっています。

そしてホイールには・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

マッドブラックのホイールはコーティングをしますと若干艶が出てしまいますが、

それほど大きく印象が異なってしまう事もないかと思います。

マットブラックのホイールはブレーキダストが付きやすく、

目立ちやすいんです。そして掃除をしてもダストが取れにくいんです(^_^;)

ホイールコーティングはダストのこびり付きや焼き付きを抑制する効果がございます。

全くこびり付かない訳ではございませんがコーティングしているのと、していないのとでは、

お手入れのしやすさが違ってきますのでダストの多いお車にはおススメのオプションメニューになります!

 

そしてクリスタルブラックシリカのトヨタGR86、新車コーティングが完成いたしました。

いかがでございましょうか。  納車時より光っていると思います(笑)

僅かな曇りが無くなった事で、よりキラキラとしたシリカ感を感じて頂ける仕上がりになっております!

元々新車ですのでお綺麗ではあるんですけど更にそこに、ひと手間ふた手間かけてから

コーティングをしますと新車以上の艶感そしてクリヤー感ある新車に仕上がります!

オーナー様も『いゃ~ピカピカですね!』と、その違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

車のボディカラーの名称を見ているとメタリックやパール、マイカ等々色々な名称を見かけると思います。

これは塗装に入っている “光輝材” の事です。

昔はメタリックくらいしか聞きませんでしたが今では色々な種類の光輝材があるようです。

今回のクリスタルブラックシリカのシリカもそうです。

シリカはガラス粉(二酸化ケイ素)で特に光が当たるとキラキラに輝いてとても綺麗です!

しかし塗装面が曇っていたり痛んでいたりしたら光輝材本来の輝きが失われてしまうんです。

そこで磨きです!

新車も雲りがございます。その曇りを磨く事でスッキリとクリヤーで光輝材本来の

キラキラ感を楽しめる事が出来ます(^_-)-☆

新車も新車磨きを行っているカーコーティング専門店『カービューティープロ カラーズ』へ是非どうぞ!

以上、宣伝でした(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ピュアホワイトパールのマツダ フレアワゴンです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ フレアワゴンのボディコーティングです。

ピュアホワイトパールの新車フレアワゴン カスタムスタイルです。

フレアワゴンは当店初入庫になります(^_^)/

マツダのフレアワゴンはスズキ スペーシアのマツダ版になります!

フレアワゴンの歴史は意外と長くて、この現行型で3代目になるようです。

初代は2012年発売だったそうなので10年以上の歴史があるんですね! 私、知りませんでした(^▽^;)

しかも初代は10ヶ月しか生産されなかったようで、今では大変なレアモデルです(笑)

その後2代目にバトンタッチ。2代目は約5年程生産され現行型にモデルチェンジしました。

現行型は2018年2月発売だったようなので、間もなく登場から5年になります。

ちなみに現行型のスペーシアとの違いですが・・・ほぼありません(笑)

エンブレムとカラーバリエーションぐらいの様ですね!

話がそれましたが新車フレアワゴン カスタムスタイルの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

確認していきますと塗装面が曇っているようです(^^;

ルーフは・・・

モヤけております(^^;

とは言え新車でもこれ位の曇り具合は全然珍しい事ではありません(汗)

ボディサイドも・・・

なかなかの曇りっぷりです。

その曇りで少しばかり透明感が損なわれているようです。

リアは・・・

他のパネルと比べると曇りも少なく比較的クリヤーでした。

しかし・・・

キズ等を修正した痕跡が残っていました。(磨きキズ)

同じような磨きキズが3ヶ所ほど確認できました。

ホイールは・・・

軽い汚れです。

 

全体的に塗装の曇りが少し“濃い”感じでした(^^;それと見て頂いたようにリアには

何かを修正した痕跡が残っておりました。

なぜ新車、それも納車前にこんなに痕跡が?と思われる方も多いと思います。 それは・・・

原因は色々と考えられます。まず工場内での加修です。塗装後の検査で異物混入などの

不具合箇所を手直ししています。その手直しをした跡です。 この場合でも作業者の

スキルによって仕上がりが左右されると思います。

そして工場を出た後に付いたキズの手直しです。工場を出てお客様に届くまでに

何人もの人の手に触れます。そしていつの間にやら細かなキズが~(;”∀”)

その手直しで磨きが入ります。手直し自体はある意味仕方がない事なんですが

問題はその手直しの仕上がり具合なんです。

上手な作業者が手直し(磨き)をすれば手直しの跡もわからなく仕上げますが、

そうでない作業者だと・・・今回のように磨き跡がバッチリと出来ちゃいます(^_^;)

実はその手直し自体はとてもよくある事で全然珍しい事でもないんです。

ですので新車でもキッチリとした下地処理(磨き)が必要なんです。

では手直しの痕跡をスッキリと除去してコーティングしていきましょう!!

作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

少なっ!

全然付いていない訳ではありませんが、探さないと見つけられないレベルです(笑)

リアも・・・

こちらも少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしていきますが・・・

元々が探さないとわからないレベルでしたので違いがわからないと思います(^▽^;)

リアも・・・

間違い探しレベルです(笑)

 

その後に今度はボディにマスキングを行い・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に少し曇り気味&磨きキズが気になりますので、

やや強めの磨きで曇りとキズを除去し塗装表面をクリヤーに仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りが無くなったのでスッキリとクリヤーにライトが映り込むようになっております!!

いゃ~気持ちイイ(*’▽’)

ルーフも・・・

スッキリとしました。

なかなかの曇り具合でしたボディサイドも・・・

ライトがシャキッと映り込むようになりました(^_^)/

リアも・・・

クッキリと綺麗になっています。

もちろん磨きキズも・・・

バッチリと綺麗に処理出来ております!

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

そしてピュアホワイトパールのフレアワゴン カスタムスタイル、新車コーティングが完成いたしました。

いかがでございましょうか。

と言いましても施工前後の写真の色味が違ってしまっていますので

比較できないかもしれません(汗)  すみませんm(__)m

ただ各部の仕上がり写真で見て頂いたように磨きキズや曇りも取れ透明感と艶がアップし、

景色の映り込みもスッキリとシャープになり新車以上の新車に仕上がりました。

不思議と塗装の曇りが無くなるとお車全体の印象もスッキリとクリヤーでキリッとした

佇まいになります(^_-)-☆

皆様の新車は大丈夫ですか?? 新車なのになんかスッキリとしないなぁ、と感じましたらそれは

もしかしたら塗装面が曇っているのかもしれません。

でも大丈夫です。磨けばスッキリとクリヤーになります。

新車のコーティングも新車磨きを行っているカービューティープロ カラーズにお任せください。

皆様のご来店、お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

日産サファリのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産サファリのボディコーティングです。

H17年式ホワイトパールの日産サファリです!

ひと月前にルーフの塗装が痛んできたのでルーフのみ再塗装を行ったとの事です。

こちらのサファリは以前にも2度ほど当店でコーティングを施工させていただいており、

今回は約5年ぶり通算3度目のコーティングのご依頼になります。

いつもありがとうございますm(__)m

5年ぶりですので痛みも進んでいるような気がしますが現状を確認していきますと・・・

やっぱり痛みが進んでいました(^▽^;)

以前よりこちらのオーナー様は駐車場の関係で基本的に洗車は水洗いはしないで、

濡らしたタオルで拭き上げる“拭き上げ洗車”をされていたので塗装面の状態はある意味、

想像通りでした(笑)

それと再塗装をしたルーフですが・・・

だいぶ荒れています(^▽^;)

再塗装時に最終的にポリッシャーで磨いて仕上げるので、ポリッシャーで磨いた磨きキズが

付いている事は、とても良くある事なのですが、これはポリッシャーでの磨きキズとは違う感じです。

ポリッシャーと言うよりもオービタルサンダーで磨いたような磨きキズです(汗)

あまり塗装面では見かけない磨きキズです。 しかも深そうです(>_<)

そんなキズがルーフ全体に付いています。

ボディサイドは・・・

少しわかりにくいのですがボディサイドも拭き上げ洗車によるスクラッチが盛大なんです(^^;

リアも・・・

クスミは少ないのですが洗車キズの影響でライトがスッキリと映り込みません。

それと背面のタイヤを外した所は・・・

汚れています。 ここはしょうがないですね(^^;

 

拭き上げ洗車をされていますのでスクラッチが多いのは覚悟はしていましたが、

ルーフの謎の磨きキズは想定外でした。ポリッシャーによる磨きキズは覚悟はできていたのですが

最初に確認した時、頭の中は“??” でした(笑)

しかもルーフ全体だなんて!  完全に想定外です(^_^;)

なかなか深そうなスクラッチですがはたして!?

では作業を進めて参りましょう。

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

結構細かな反応が多かったのですが前回のコーティングから5年経過ですので

特別多い訳ではございません。

リアは・・・

背面タイヤが付いていた為なのかビックリするほど少なかったです!

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとして気持ちいいですね!

リアは・・・

元々少ないのであまり変わり映えしません(^▽^;)

 

鉄粉処理が済みましたらボディにマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

洗車キズもだいぶスッキリと綺麗に除去出来ました!

ルーフは・・・

謎の磨きキズと思われる痕跡は完全に除去することは出来ませんでしたが

それでもスッキリと綺麗になったと思います。

ボディサイドも・・・

サッパリとしました。

リアも・・・

洗車キズが無くなったのでライトも綺麗に映り込むようになっています。

背面タイヤの所も・・・

綺麗になっております。

そしてホワイトパールの日産サファリのボディコーティングが完成いたしました。

クリヤーで艶々に仕上がりました!

でも最初の写真と写真の色味が違ってしまっていますので比較できないかも知れませんが(^▽^;)  すみません。

ただ各部の写真で見て頂いたように洗車キズを処理しましたので塗装の透明感と艶感が復活しました!

洗車キズやシミが多くなっていきますと、その影響で艶が引け色の奥行きが無くなります。

私がブログでよく洗車キズと言っておりますが洗車キズとは洗車時に付いてしまう細かな線キズの事を言います。

よく間違われるのがガソリンスタンド等の洗車機で洗って付くのが洗車キズと思われる方も多いのですが

洗車キズは手洗い洗車でも付きます。

スポンジで洗ったりクロスで拭き上げた時にどうしても付いてしまいます。

どんなに気をつけて手洗い洗車をしていても残念ながら多かれ少なかれ付いてしまいます。

という事は基本的に洗車回数が多ければ多いほど洗車キズは多くなります。

でも洗車回数が多いほどシミなどは少ない傾向になります。 逆に洗車回数が少ないと洗車キズは

少ない傾向ですがシミが多くなります。  なかなかバランスが難しいところですね(^▽^;)

もちろん洗車の仕方によっても違いが出ますし、車の塗装の“質”によってもキズの付きやすさが違います。

そして塗装に厳しい洗車方法は・・・濡れたタオルで拭くだけのいわゆる“拭き上げ洗車”です。

拭き上げ洗車は基本的に、もの凄くキズが入ります。それも深くダメージが及びます。

磨きではリカバリーできない程キズが深く入りますのでくれぐれもお気を付けください!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ミディアムグレーのジムニーにコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ジムニーのボディコーティングです。

こちらのミディアムグレーの新型ジムニーは初期登録から1年4ヶ月ほど経過しましたお車になります。

こちらのオーナー様はジムニーJB64の3型以前のお車を探していて、やっと探し当てたのが新古車の

こちらの車両なのだそうです。

Webを駆使し遠方より取り寄せたそうです!  凄いです(*^_^*)

ただ遠方という事もあり現車確認は出来ず購入されたので車両が送られてくるまでは

実際の状態はわからないまま・・・。

新古車なので問題ないかと思っていたそうですが実際に到着した車両を確認していくと・・・

スクラッチも多く結構荒れているんです(^^;

ただ、それよりもオーナー様が気になっていたのが・・・

何やら模様が付いています(汗)

↓もボンネットですが・・・

結構凄いんです。

オーナー様も拭いたりしてみたそうですが全然落ちないと(^^;

この模様がボンネットとルーフ全体に付いています。

そのルーフですが・・・

同じく何か付いています。

拭きキズと思われるスクラッチも多いんです。

更にオーナー様が気になったのがルーフの塗装の一部がおかしいと・・・

確認してみますと、

どうやら鳥糞による塗装のクラックの様です。

観察した感じでは正直、磨きでは処理できないような感じがします。

ボディサイドは・・・

こちらも拭きキズ系のスクラッチが多かったです。

リアも・・・

磨きキズでしょうか??

この付近だけ盛大に付いていました。

ホイールは・・・

やや汚れ気味です。

 

ご覧いただきましたようにボンネットとルーフの謎の模様。これはおそらく保護シートの

糊跡ではないかと思います。

通常の糊残りであればケミカル剤で除去可能なのですが、今回ケミカル剤で試してみても

全然落ちませんでした(;一_一)

なので糊残りと言うよりシミになっている感じです。

そのシミを磨きでスッキリと処理していきたいと思います!

では作業を始めて参りましょう!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

結構多いです(汗)

中古車等の屋外展示されているお車は鉄粉が多く付く傾向です。

と言いますのも中古車屋さんは大きな道路沿い等の車通りの多い場所に

展示にされる事が多いので、走行している車から出る鉄粉(ブレーキダスト)で

多く付いてしまう傾向です。

リアは・・・

少なかったです。

走行している車は垂直面にも鉄粉が多く付きますが、展示車両等はボンネットやルーフの

水平面に多く付き、垂直面は少ない傾向です。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗になりました!

 

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

磨いていきます。

今回は比較的新しいお車ですが塗装面の痛みが気になりますのでミディアムポリッシングの

エクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗になりました!

そして例の糊跡も・・・

綺麗に除去出来ています!

ルーフも・・・

スッキリとクリヤーになりました(^_^)/

しかし鳥糞と思われる痕は・・・

やはり塗装が割れていて磨きでは処理できませんでした。

ここまで塗装が割れてしまうと直すには再塗装になってしまいます。

ボディサイドは・・・

スクラッチもスッキリとしてライトの映り込みも綺麗になりました。

リアは・・・

グリングリンに付いていた磨きキズ??も綺麗に処理出来ております。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げております。

そしてミディアムグレーの新型ジムニー、ボディコーティングが完成いたしました。

クリヤーで艶々に仕上がりました!

塗装面に付いていた糊残り?の影響で透明感が損なわれていましたが、

その糊残りを処理しましたので透明感が向上して艶々になっております!

ただ今回は残念ですがルーフに付いていた鳥糞の痕跡をなくすことは出来ませんでした。

鳥の糞は実は想像以上に塗装を痛めます。特に夏場などボディが高温の時は痛みの進行が早くて

ほんの数時間で浸食してしまう事もあるようです。もちろん全ての鳥(鳥糞)がそうではないのですが

鳥糞は塗装には良くはありませんので(見た目にも)鳥糞に気が付きましたら早めに除去してあげてください。

腐食が進んでしまいますと塗装が割れてしまい磨きでは対処できなくなってきます。

そうなりますと再塗装するしかなくなってしまいますのでご注意ください。

鳥糞の除去方法ですが水で流せるようでしたら水で流すのがいいと思いますが、カッチカチに固まってしまった

鳥糞は簡単には落ちません。また出先ではそうもいきませんし(汗)

その様な時は濡らしたティシュを鳥糞の上にのせて数分放置してください。数分して鳥糞が柔らかく

なりましたら優しく摘み上げるように拭き取ってください。横にサッと拭いたらダメですよ~(^o^)丿

横に拭くと鳥糞の中に入っている”色々な物“でキズが付いてしまう事もありますのでご注意ください。

同じく虫のこびり付きや糞も塗装に良くないので同じ要領で早めに取り除いてあげましょう!

鳥糞は本当にヤバいです(;´∀`)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバルBRZのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバルBRZのボディコーティングです。

こちらのサファイアブルーパールのBRZは納車間もない新車でございます!

BRZの兄弟車である86は先代を含めて、ある程度の間隔でご入庫があるのですが

今までBRZのご入庫は一台もなかったんです(涙)

という事で今回のBRZは当店初入庫でございます(*’▽’)

おめでとうございます!

記念に溢れんばかりの私の笑顔をお送りさせてもらいました(笑)

冗談はさて置き、こちらのサファイアブルーパールがとっても綺麗なカラーなんです!

個人的にスバルのブルーはラピスブルーパールが凄く好きなのですが、そのラピスブルーパールに

負けず劣らずの綺麗なブルーで一目惚れです(*”▽”)

考えてみますとBRZも初入庫ですがサファイアブルーパールも初入庫ですね(笑)

おめでとうございます!

記念に溢れんばかりの私の笑顔をお送りさせてもらいます(笑)  (*^_^*)

そんな綺麗なサファイアブルーパールのBRZですが・・・

ご入庫時はやや汚れ気味でした。

このままですと現状をお伝え出来ませんので洗車後に撮影しましたのが・・・

こちらです。

若干塗装に曇りがあるようでライトがモヤっと映り込んでいます。

ルーフも・・・

同じく少し曇り気味でした。

トランクも・・・

映り込みがスッキリとしません。

ボディサイドは・・・

こちらはボンネットやルーフ、トランクに比べると曇りが少なかったです!

ただサイドステップには・・・

保護シートを剥がした跡と、その糊残りを拭いた跡でしょうか??

拭きキズと思われるスクラッチが付いておりました。

ホイールは・・・

やや汚れ気味でした。

それと合わせてウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでボディのご紹介の前に

ウインドウコーティングより見ていきましょう!

↓は現状です。

若干、油分の付着があるようです。

とは言え少なからず油分等の付着物は付いているものですので・・・

ガラス表面を一度綺麗にリセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤でございます(^_^)/

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

反応も少なかったです。

リアも反応も・・・

少ないです!

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少ないので違いがわかりません(^^;)

リアも・・・

写真だと違いがわかりませんが鉄粉処理が済んでおります。

 

鉄粉処理が済みましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

曇りが無くなりクリヤーになりました!

トランクも・・・

スッキリとクリヤーで気持ちいいです!

ボディサイドは・・・

元々曇りもあまり感じませんでしたが、磨くとよりクリヤーになります!

そしてサイドステップの拭きキズも・・・

綺麗に除去出来ました(^_^)/

ホイールも・・・

艶出しで仕上げております!

そしてサファイアブルーパールのBRZ、新車コーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

最初の写真と写真の色味が変ってしまい、すみませんm(__)m

 

今回のBRZは比較的曇りの少ない塗装肌の新車でした。しかしその少ない曇りも磨いてクリヤー

な塗装肌に整えてからコーティングをしますと更にクリヤー感と光沢感の向上を

感じて頂ける仕上がりになります!  いゃ、なっております!

オーナー様もお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

今年のブログはこれで以上となります。

今年も沢山のお客様にお越し頂きまして誠にありがとうございました。

また、いつもブログをご覧いただいております皆様も一年間お付き合い頂きまして

ありがとうございました。

感謝の気持ちを込めて、溢れんばかりの私の笑顔をお送りさせてもらます(笑)  (*^_^*)

 

そして毎年恒例、ブログ遅延報告です!

昨年は頑張ってなんとか約2週間遅れでしたが今年は1週間ほど増えて

最終的に21日遅れで今年は〆となりました!

2週間以内に挽回したかったんですけど・・・ダメでした(^▽^;)

さて来年や如何に!!

来年もブログの方も頑張っていきたいと思いますので引き続き

お付き合いいただければ幸いです。(*^▽^*)

年明けの営業は1月4日10時より通常営業となります。

今年も1年間本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

それでは皆様少しだけ早いですが、良いお年を!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ルーミーのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ルーミーのボディコーティングです。

こちらのパールホワイトⅢのトヨタ ルーミーは納車間もない新車のお車になります!

人気のルーミーですが、その人気の理由の一つが大きすぎず、小さ過ぎないサイズ感の様です。

軽自動車では小さい、でもノア・ヴォクシーほど大きい車は必要ないという方は多く、

その中間のサイズという事でスズキのソリオと共に絶大な支持を受けているようです!

室内も広くて便利なので人気なのも納得でございます(^_^)/

では早速でございますが新車ルーミーの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

若干ですが曇りを感じます。 若干です(笑)

ルーフも・・・

曇りは少ないのですが、それでも曇りの影響で映り込んでいるライトの輪郭が

スッキリとしません(^^;)

ボディサイドは・・・

こちらも比較的お綺麗な塗装肌ですけど、ボンネットよりも少し曇りが“濃い”気がします。

リアも・・・

もう少しスッキリとクリヤーにしたいところです(^^;)

ホイールは・・・

汚れ気味でした(^▽^;)

 

ダイハツ生産の車は(ルーミーはダイハツ製)曇りが少なくクリヤーな車が多い印象なのですが(私見です)

今回のルーミーは少しだけ曇りが気になりました。 とは言えこの程度の軽い曇りですけど(笑)

おそらく言われなければ気が付かないレベルの僅かな曇りでしたが、

その僅かな曇りを取り除いてクリヤーで艶々なボディに仕上げていきたい思います!

その前に、ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、

まずはウインドウコーティングの作業からご紹介して参りましょう!

↓は現状です。

油分の付着が少しあるようです。

ただ不思議な事に新車でも油膜が盛大に付いている車もあるんです(^^;

いや~不思議です(笑)

油分の付着の少ない新車のガラスでもしっかりと下地を整えます。 (油以外の汚れや付着物もありますので)

その後にウインドウコーティング剤PGS-33でコーティングをして・・・

最後に撥水チェックをしましたらウインドウコーティングが完成です!

 

続いてボディの方の作業を見ていきましょう。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

新車という事もあって、とっても少なかったです(*‘∀‘)

リアも・・・

ポツポツと反応が見えますが少ないです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと除去出来ました。

リアも・・・

綺麗になっております。

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

全体的に軽めの曇りでしたので軽めの磨きを入れて曇りを除去し塗装表面をクリヤーに

仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティングです。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

水玉撥水が気持ちいいPCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

スッキリと艶々になっております!

ルーフも・・・

曇りが無くなってライトの輪郭もスッキリとシャープに映り込むようになりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

サッパリとしましたね!

クリヤー感が向上しております(^_^)/

ホイールは・・・

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

 

そしてパールホワイトⅢのトヨタ ルーミー、新車コーティングが完成いたしました。

綺麗に仕上がりました!

正直、新車のパールホワイトですので↑の引きの写真ですと違いがわからないかも知れません(^▽^;)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにモヤッとした曇りが無くなり、

キリッとシャープに景色が映り込むクリヤーで艶々ボディに仕上がっています!

この新車を新車以上の輝きに仕上げるには新車でも下地作りが重要になってくるんです。

下地を整えない(曇りやシミ・スクラッチを処理しない)でコーティング剤を塗ってしまえば

もちろん曇ったままなんです(汗)

でも正直そのままコーティングをしてしまう業者さんやディーラーさんが多いのが実情です。

もちろん中にはしっかり磨いている所もございます!

特にディーラーさんやGS系でコーティングを考えている方は事前にコーティング前に

磨きをしているのか確認した方が良いかと思います。

同じコーティングでも下地を整えないのもコーティングですし、整えるのもコーティングです。

しかし同じコーティングでも仕上がりが違ってきますのでご注意下さい!!

もちろん当店は新車も磨いております(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

トヨタ ヴァンガードのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ヴァンガードのボディコーティングです。

H24年式ダークスティールマイカのトヨタ ヴァンガードです!

光の加減で紺色にも見えますしグレーに見えたり、そして夜に見ると黒に見えたりと

色々な表情を見せてくれるボディカラーです(*‘∀‘)

こちらは最近ご購入されたそうなのですがキズが気になるとの事で当店に

ご相談にお越しくださいました。

確認していきますと・・・

なかなかの痛み具合です(^▽^;)

しかしボンネットは商品化の為に(中古車として展示できるように)磨かれたようで

クスミは軽めです。 軽めなのですがシミが凄いです(汗)

それと↑の角度からの写真ではわかりにくいのですが違う角度から見て見ますと・・・

少しわかりにくいかもしれませんが白くモヤモヤっとした光の乱反射が確認できます。

これはオーロラマークと言ってポリッシャーで磨いた時に入る微細なキズです。

光を当てる、まるでオーロラのように光の揺らぎが見えるので、その名もオーロラマークです(笑)

ボンネット全体に確認できました。

キッチリと磨き切れていればオーロラマークは出ないんですけど・・・

キッチリと磨けていない証拠です(;´∀`)

これがオーナー様が気になっていたキズの正体です。

ルーフは・・・

こちらは磨きをしていない様でボンネットよりも確実にクスミが凄いです(^^;

ただ磨かれていないのでオーロラマークは付いていないです(笑)

ボディサイドは・・・

磨かれているようでクスミは無いのですが全体的に磨きキズが確認できました(汗)

リアも・・・

オーロラマークではないのですが磨きキズが残っております。

ホイールは・・・

ボチボチの汚れ具合でした。

 

初期登録から10年のお車ですので痛みが進んでいるのは普通の事なのですが

その車を中古車として販売する為に塗装面を磨いて商品化しますが、

その磨きが粗い事が凄く多いんです。

“とりあえずクスミを取って艶を出そう”程度の粗い磨きの場合が多いです。

そうすると磨きキズやオーロラマークが付いてしまいます。

これが白い車ですと目立ちませんが、今回のお車の様にダーク系のボディカラーですと

目立ちます(>_<)

その磨きキズをスッキリと処理してコーティング掛けていきたいと思います!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

結構反応しているんですけどボディカラー的な事もあって

全然わかりません。

リアも・・・

反応多めなのですが・・・(^^;)

色的に全然わかりませんのでネンドを使ってみます(笑)

↑は作業前のネンドです。

↓は作業後のネンドです。

茶色いのが除去出来た鉄粉です。

ボンネット半分でこんな感じでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリしました。写真だとわかりませんが(汗)

リアも・・・

もちろん綺麗になっております。 代り映えしませんが(^▽^;)

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗になりました!

モヤモヤとボンネット全体に付いていたオーロラマークも・・・

キッチリと磨き切って除去出来ております(^_^)/

クスミの酷かったルーフも・・

スッキリとクリヤーになりました。

ボディサイドも・・・

磨きキズも無くなってサッパリとしました!

リアも・・・

綺麗になっております。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げております。

 

そしてダークスティールマイカのトヨタ ヴァンガード、ボディコーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

シミやキズ、そしてクスミの影響で艶が引けておりましたが、

その塗装面の痛みを磨いて処理をしてからコーティングを掛けますと、

色の深みと艶を取り戻します(^_-)-☆

ご入庫時よりも色が濃くそして深くなったと思います!

オーナー様も『艶々ですね!』と、その違いをご実感されたご様子でした。

ありがとうございました。

 

中古車は前オーナー様のお手入れ状況がわからない場合が多く、

また、お車の展示期間が長ければ長いほど痛みも進んでしまう傾向ですので

お使いになられる前に一度お車をリフレッシュするとボディもサッパリ!気持ちもスッキリとして

新しい愛車に気持ち良~くお乗りいただけると思います(^_-)-☆

皆様も中古車ご購入時は当店へ是非どうぞ~!

お待ちしております。!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。