トヨタ クラウンのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ クラウンのボディコーティングです。

H30年式ソリッドブラックのトヨタ クラウンでございます!

先代のクラウンは当店のご入庫率が意外と高かったのですが現行型は当店初入庫になります。

初めましてです(笑)  待ち焦がれておりました(*^^*)

現行の220系クラウンはクラウンとしては初のシックスライトウインドウのスタイリングを

採用したスポーティーなクーペルックに変身しました!

また走りの方も鍛え上げられている様で現行型が発表される前には、あのスポーツカーの聖地と言われる

ニュルブルクリンクサーキットでプロトタイプが目撃され話題にもなりました(*’▽’)

そんなスタイリングも走りも一新いたしました新型クラウンの現状確認から

始めて参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

初期登録から間もなく3年経ちますがシミもスクラッチも少なめではないかと

思います。

ルーフも・・・

ソリッドブラックですので、どうしてもスクラッチが付きやすく目立ちやすいです(^^;

それでもやはり少ない方ではないかと思います。

トランクも・・・

所々に目立つ大きなシミは確認できますが塗装を侵食してしまっているような

クレーター状の深いシミは意外と少ないです。

比較的ダメージの少ない軽めのシミが大多数です(^▽^;)

それとボディは・・・

こちらは運転席になります。

ここ辺りは通常の洗車キズによるスクラッチが付いていますけど、年式を考えますと

特に多い感じではなく寧ろ少なめな感じなのですが、リアドアからリアフェンダーに

かけては・・・

磨きキズが盛大に付いておりました(^▽^;)

日陰や曇りの日などに見るとわからないのですが夕方の西日や↑のように

強いライトの光を当ててみるとギランギランに姿を現します(;´∀`)

ここだけ異空間の様です(笑)

ホイールは・・・

こちらは軽い汚れ程度でお綺麗でした。

 

普段はあまり雨風当たらない場所に保管されているそうですのでクレーター状の深いシミは

少なかったです。 しかし軽めのシミが多くオーナー様も気になっていたそうで当店に

お越しくださいました。スクラッチや深いシミは少ないのですがリアドアから

リアフェンダーにかけての磨きキズがなかなかのもので・・・(汗)

以前にリアフェンダーをぶつけられてしまって修理されたそうです。その板金修理時に

付いた磨きキズになります。 ぶつけられたのはリアフェンダーですが大抵は修理部位の

隣のパネルも磨かれる事が多く、この様になっている事が非常に多いのが実情です(^▽^;)

今回、ぶつけられたリアフェンダーよりリアドアの方が磨きキズが凄かったです。

今回はその磨きキズを消し全体的に統一感ある塗装肌に仕上げていきたいと思います。

では作業を始めていきましょう! 作業開始!!

 

ボディの前にウインドウコーティングからご紹介してまいりましょう!

↓は現状です。

何か撥水剤が塗られていたようですが撥水力が落ちています。

運転席と助手席のウインドウは元々撥水ウインドウになっていますので

それ以外のウインドウを磨いて下地処理いたします。

ちなみにですが撥水ウインドウも経年劣化で撥水力が落ちてきたり、またウロコが

酷くなってきましたら再施工が必要になってきます。

今回はまだまだ撥水力もありウロコも気にならないので施工は見送りました。

話がそれましたが下地を整えた後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングしますと・・・

 

コロコロの水玉撥水の出来上がりです!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

既にお約束のようになっていますけど(^^; 黒い車ですと 写真だと何が何だかわかりません!

リアも・・・

わかりません!

実際のところは初期登録から3年ですので触ってみるとそれなりにザラザラとしていましたけど

でもやはり少なめではないかと思います。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

やはり何が何だかわかりません(^▽^;)

リアも・・・

写真だとわかりませんがスベスベになりました。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

ちなみに↓はコーティング屋のブログによくある “半分だけ磨いてみた!” 的な事を真似して

運転席を半分だけ磨いてみました(笑)

どれだけスクラッチが除去出来たのか、わかりやすいですね(^_-)-☆

黒い車はわかりやすいので、これからも時々やってみよっと!(笑)

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

PCX-V110とEXE evo1のコラボレーションです!

シミ対策としましてボンネットやルーフの水平面にEXE evo1を使用して、

その他の部位をPCX-V110でコーティングいたしました(^_^)/

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチ、シミ共にスッキリしてスベスベになりました。

ルーフも・・・

綺麗に仕上がりました。

トランクも・・・

ソリッドブラックらしい“黒”になりました!

ボディサイドも・・・

サッパリとしました。

そして今回のある意味メインイベントでもございますリアドア&フェンダーも・・・

しっかりと磨き上げツルンツルンに、いゃトゥルントゥルンになりました~(笑)

ライトを当てていっても、もうここだけギランギランにはなることはございません!

他のパネルと統一感ある仕上がりになっております(^_-)-☆

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出ししています。

そしてソリッドブラックのトヨタ クラウン、ボディコーティングが完成いたしました!

ソリッドブラックの名に相応しい深みのある漆黒に仕上がりました!

ソリッドブラックはシミやスクラッチが増えてきますと、どうしても白っぽさが

出てきます。またクスミの影響で透明感も無くなってきます。

それらを磨きで処理してからコーティングしますと新車にも負けない色艶に復活いたします(^_^)/

もしかしたら艶は新車より上かもしれません!!

オーナー様も『凄い綺麗! 買った時より綺麗かも!?』とその仕上がり具合に

驚かれているご様子でした(*^^*)  ありがとうございました。

 

板金修理から戻ってくると今回のように磨きキズが凄いって事は本当に良くある事で

全然珍しい事ではないんです。  逆に綺麗に磨かれている事の方が珍しいです(;´∀`)

ただ意外と気が付かないんです。日陰だと見えませんし曇り空でもわかりません。

強い光が当たった時に顔を出します。 また白やシルバー等のライトカラー系の色も

目立たないです。  しかし目立たないだけで本当はギランギランなんです(汗)

原因は色々と考えられますが簡単に言ってしまえば、“ちゃんと磨かれていない”からです。

特にソリッドブラックの磨きは難しくて大変なんです(;´∀`)

もし修理から戻ってきて板金箇所に違和感を感じましたら当店にお気軽にご相談ください。

お待ちしております。

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BMW135iクーぺのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはBMW135iクーペのボディコーティングです。

H24年式のBMW135iクーペです!

コンパクトなボディに3.0L直列6気筒ターボエンジンを搭載!しかもFRなんで面白くない訳が

ございません!! しかも今回のこちらの135iはMTです。 これはもうオーナー様は

マニアに違いありません(*^^*)   私も欲しいっス(笑)

オーナー様は元々1シリーズに乗られていたそうですがMTの135iが欲しくて

探していたところに今回のこちらの135iに巡り会い、お乗り換えになられたそうですので、

やはりマニアではないかと思います(笑)

では早速ですがH24年式BMW135iクーペの現状確認から始めて参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

年式を考えますとお綺麗ではないでしょうか。シミもスクラッチ少なめではないかと思います。

ルーフは・・・

シミ・スクラッチ共にそれなりに付いてガサガサです(^^;

でも まぁ初期登録から9年の黒い車と考えますと、それ程酷い訳ではないです。

寧ろ綺麗な方ではないでしょうか。

トランクも・・・

やはりシミやスクラッチで傷んでおります。

メタリックなんですけどクスんでいるのでメタリック感をあまり感じませんね(^^;

ボディサイドは・・・

こちらはボンネット等の水平面に比べるととってもシミは少ないです!

ただよく見て頂くと洗車キズと思われるスクラッチが結構多いんです。

ホイールは・・・

ブレーキダストで汚れやすいのですが、とてもお綺麗でした!

オーナー様のお手入れの良さが伝わってまいります!!

 

初期登録から9年経過と考えますと全体的に塗装面の痛みは少ない方だと思います。

黒い車で9年も経過すると、それはそれは痛みが進んで大変な事になっている事が

とても多いのですが(^^;こちらのお車は傷みの度合いも少ないので前オーナー様の

維持管理が良かったのではないかと私は勝手に推測いたします(笑)

違ったらすいません(^▽^;)

ただそれでも痛みは進んでいて水平面のシミ、そしてクスミもあってメタリックが

隠れてしまっております。 本当はもっとキラキラと輝くブラックボディなはずです。

そのキラッキラ感の復活を目指して作業を進めて参りましょう!

では作業開始~~(^_^)/

 

まずは洗車です。その後にボディ付いている鉄粉等の異物を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

もう薄々と感じていると思いますけど黒い車にクリーナーを吹き掛けても・・・

写真だと何が何だかわからないんです(^▽^;)

ただ実際に撫でてみますと結構ザラザラです。年式を考えますと相応の鉄粉量ではないかと

思います。

リモも・・・

写真だとわかりませんが結構多く付いていました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、やはり・・・

写真だと違いがわかりません(^▽^;)

リアも・・・

違いがわかりませんが実際に撫でると全然違います(笑)

スベスベになりましたよ(^_-)-☆

 

その後に今度はボディにマスキングを貼っていきます↓

そしていよいよ磨きが始まります!

今回はプレシャスプランでのご依頼になります。プレシャスプランは強い磨きで

可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。

(深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の

汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも

行いますので、ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に

塗装を削らないよう、むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ボンネットもスッキリ綺麗になりました(^_^)/

もちろん全てのキズやシミが除去できる訳ではありません。

深いシミやキズは残っていますけど、だいぶスッキリしました!

ルーフも・・

サッパリと綺麗になりました!

気持ちいいですね~(*´▽`*)

トランクも・・・

スベスベです。 メタリックが顔を出しキラキラ感も向上しております!

ボディサイドも・・・

スクラッチとクスミが取れて綺麗にライトが映り込んでおります(^_-)-☆

最後にホイールです。

今回ホイールの一部に塗装の劣化が確認できましたので全体的に軽めのクリーニングに

留めておきました。ホイールの塗装は熱の影響を大きく受けますので塗装の劣化も早い事が

多いです。劣化している塗装のホイールを洗う時はご注意ください。

そしてBMW135iクーペのボディコーティングが完成いたしました!

クスミも取れてスッキリとクリヤーボディに復活いたしました!

クスミが無くなったのでメタリックが輝きを取り戻し光が当たると本来のキラキラ感が

味わえます(^_^)/

オーナー様も『おぉ!綺麗だなぁ!! 一皮剥けた感じだね!!』と、その違いを

感じて頂けたご様子でした。 まさにオーナー様の言う通りで一皮剥いたと言っても

過言ではございません。

そのクスミの皮を剥いてあげればツヤピカのボディに復活いたします!

特に中古車でご購入された場合はクスミや痛みで今見えている愛車の色は

本来の色ではないかも知れません。

愛車の本当の色艶を見たくないですか?? もし見たくなったら・・・

カービューティープロ カラーズへどうぞ~!

 

最後は宣伝でした( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ソウルレッドクリスタルメタリックのCX-5です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ CX-5のボディコーティングです。

ソウルレッドクリスタルメタリックの新車CX-5です!

ソウルレッドクリスタルメタリックのCX-5は当店初入庫になります(^^)

以前のソウルレッドプレミアムメタリックより彩度を2割、深みを5割増しなんだそうです。

光の当たり方で明と暗のコントラストがはっきりと現れるカラーになっています。

光が当たるとキャンディーレッドの様な透き通ったような綺麗な赤に見え、光の当たらない面は

深~く暗い赤に見えるとても表情豊かな色になっています。

そんなソウルレッドクリスタルメタリックの新車CX-5の現状確認より

始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

軽~く曇っております。

ルーフも・・・

汚れもあるのですが、それとは別に軽~く曇り気味です。

ボディサイドは・・・

曇りも少なくクリヤーですね(^_^)/

リアも・・・

今回ここが一番曇っていました(^^;

ホイールは・・・

少し汚れ気味でした。

 

全体的に塗装面自体は曇りも少なくて悪くない状態でした。

毎回マツダの新車時に言っている気がいたしますが??私的に以前のマツダ車は塗装の曇りが

やや酷い傾向でした。しかし最近のマツダは品質が安定したのかわかりませんが以前ほど

曇りの酷い車両には遭遇しません(^^) 今回のCX-5も以前のマツダ車に比べれば

と~っても綺麗だと思います(笑)

でも少し曇っている事には違いありませんのでしっかりと磨いてからコーティングして

いきたいと思います(^_^)/

では作業を始めてまいりましょう!作業開始!!

 

今回ウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

油分の付着も少なくお綺麗ですね。

中には新車でも油膜の付着が酷いお車もあるんです(^^;

油分の付着が少なくても、しっかりとガラス表面を整えます。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です(^_^)/

ウインドウコーティングは雨天時の視界確保に有効なアイテムですので

まだ施工したことのない方は是非一度お試しください!

 

続きましてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

反応少ないです!

これまた以前のマツダの新車は鉄粉が多く付いている印象だったのですが、

その時よりも少なくなった印象です(^.^)

リアも・・・

リアも少なかったです。

ちなみにですが専用のクリーナーは鉄粉にだけ反応いたします。

その他の樹液やピッチ・タール、塗装のミスト等には反応いたしません。

ですの反応が無くてもボディを撫でるとザラザラとしている事もございます。

ボディに付着するのは鉄粉だけとは限りません(^^; 怖いですね~。

話がそれましたが鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

今回は鉄粉も少なかったので軽めの作業方法で行っております!

写真だとほぼ変化ないですね(^▽^;)

リアも・・・

変わりありませんね(汗)

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをいたします。

そして磨いていきます。

その磨きですが今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて

ポリッシングしています。

 

ポリッシングが終わりましたら今度はコーティングの出番です。

当店は新車でもここまでしてからコーティングをします!

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-V110です!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなりクリヤーになりました!

ルーフも・・・

スッキリと綺麗です。

ボディサイドは・・・

元々曇りも少なかったのですが磨くと更にスッキリとシャープにライトが

映り込むようになりました!  見比べてくださいね(^_^)/

リアは・・・

今回一番の曇りポイントでしたが、こちらも雲りが取れてクッキリと

ライトが映り込むようになりました!

最後にホイールも・・・

艶々です!

そしてソウルレッドクリスタルメタリックのCX-5、新車コーティングが完成いたしました!

いかがでしょうか。 艶々に仕上がりましたよ~(^_-)-☆

元々新車ですので艶もあったんですけど、それでも磨いてからコーティングをしますと

透明感がまして更に艶々になるんです!

オーナー様も『おぉ!すげ~綺麗。もう見た感じが違う!!』とその違いを

ご実感されているご様子でした。  違いがわかって頂けるとホッとします(笑)

基本的に新車はお綺麗なんで正直、施工前後の違いってわかりにくいんです。

特に新車のパールホワイトなんて違いがわかりにくいです(^▽^;)

それでも塗装面の曇りをしっかりと磨いて除去してからコーティングしますと

クリヤーで艶々に仕上がります。 その違いを感じて頂けるとホントに嬉しく思います(^.^)

そしてホッとします(笑)

これからも新車でも施工前後の違いをしっかりと感じて頂けるよう精進いたします!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

トヨタ ライズのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ライズのボディコーティングです。

ブライトシルバーメタリックのトヨタ ライズの新車でございます!

トヨタ ライズ大人気ですね。  老若男女を問わず大人気のようです。ヽ(^o^)丿

お手頃なサイズ、それでいて室内もラゲッジスペースだって広いですし走りだって

1リッターのターボエンジンで意外なほど速いそうです。 もちろん最近の車らしく燃費だって

悪くない様です。大人気になるのも納得ですね!

そんな大人気の新車トヨタ ライズの現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

汚れも若干ありますが、それを差し引いて見ても少し塗装が曇っているようです。

ルーフも・・

少し曇っていてるようです(^^;

ボディサイドは・・・

写真に撮ってしまうとそれ程でもないように見えますがボンネットやルーフより

曇っていました。

ピラーの方がわかりやすいかもです↓

ライトの淵がボヤボヤとしているのがわかると思います。

ボディサイドからピラー辺りにかけて曇りがやや酷かったです。

リアは・・・

こちらも凄~く曇っている訳ではないのですが曇っていますね(^▽^;)

ホイールは・・・

若干汚れ気味でございました。

 

ボンネットやルーフの曇に比べますとボディサイドの曇りがやや目立ちます。

新車コーティングの時は毎回のように書いているのですが(^^;これは新車時(工場出荷時)から

曇っていて全然珍しい事ではありません。今回のライズはそれ程酷い曇りではありませんでしたが、

この曇りが酷いとボディへの景色の映り込みが綺麗に映り込まずにボヤけてしまいます。

また車の透明感も違ってきます。

特にシルバーのお車は透明感の差が見た目の印象に影響を与えます(^^;

曇りが酷いとメタリックが感じにくくて“ベタッ”とした塗装に見えます。

その曇りを取ってメタリックがより輝くように仕上げていきたいと思います

では作業を始めていきましょう。作業開始~(^_^)/

 

まずは洗車後に鉄粉等の付着物を処理していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします↓

ポツポツと確認できました。

新車でも鉄粉は付いているものなんですけど↑くらいでしたら少ない方です。

リアも・・・

反応は少なめでした(*^^*)

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアは・・・

 

 

写真撮り忘れたようです(T_T)  ごめんなさい。

 

気を取り直してボディにマスキングをしていきましょう!

マスキング姿は撮り忘れていませんでした(笑)

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。 新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら今度はコーティングの出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-V110です!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

モヤッとした曇りが取れて綺麗になりました(^_^)/

ルーフも・・・

スッキリとクリヤーになりました。

ボディサイドも・・・

ライトがクッキリとシャープに映り込んでおります(^_^)/

ピラーの曇りも無くなって・・・

こちらもキリッとライトが映り込んでおります。

リアも・・・

サッパリとしました。

最後にホイールです↓

艶々です。

そしてブライトシルバーメタリックのトヨタ ライズ、新車コーティングの完成です!

いかがでしょうか。

正直、元々お綺麗な新車ですので引きの写真ですと違いがわかりにくいかも知れませんが

各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにボヤボヤとした曇りが無くなり

キリッとシャープに景色が映り込むようになりました。 

お車全体が明るくなったように感じます(*^^*)

もちろん曇りが無くなった事でメタリック感がよりUPして光沢も向上いたしました

よく新車は綺麗だから磨く必要はあるの??と、思われる方が多いと思います。

実際ディーラーの新車コーティングはボディを磨かずにコーティング剤を塗っておしまい!って

所が多いです。でも実は今回見て頂きましたように新車特有の曇りが確認できるお車が多いです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地作りをしないでコーティングするのと下地を整えてコーティングするのとでは

仕上がり具合がもちろん違ってきます!  ですので当店では新車も磨いてます!

経年車はもちろん新車もコーティング専門店のカービューティープロ カラーズへどうぞ~(^.^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

スズキ ハスラーJスタイルのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ハスラーのボディコーティングです。

フェニックスレッドパール&ホワイトルーフのスズキ ハスラーJスタイルです!

納車間もない新車のハスラーです。

ハスラーJスタイルは昨年追加された特別仕様車になります。先代のハスラーにも設定されていた

人気のグレードですね(^_^)/ ノーマルのハスラーと同じようで実は結構違いがあって

グリルがメッキになりボンネットの先端にHUSTLERのエンブレムが付きます。

これだけでもノーマルのハスラーと比べると雰囲気が違って見えます。

またこちらのフェニックスレッドパール&ホワイトルーフのツートンカラーも

Jスタイルのみの設定カラーの様です。

そんなノーマルとは一味違うハスラーJスタイルの現状確認から初めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

納車間もない新車なのですが見れば見るほど洗車キズと思われるスクラッチが

多いんです(^^;  少しわかりにくいのですがボンネット全体に付いています。

↓もボンネットです。

こちらの写真の方がわかりやすいかな?? ライトの周りに白い線キズが見えると思います。

ルーフは・・・

盛大に曇っておりました(^▽^;)

これは汚れで曇っているように見えるのではなく塗装が曇っているんです。

↓の写真は洗車や鉄粉処理等あれこれとやった後に撮ったのですが・・・

やっぱり曇っているんです(^▽^;)  なかなかの曇りっぷりでした(笑)

ボディサイドも・・・

ルーフ程ではないのですが曇っております。

それと・・・

磨きキズが付いています。 おそらく真ん中辺りに見える3本のシミのような線を消そうと

コンパウンドで磨いてみた結果・・・シミは消えないは磨きキズは付くはって感じでしょうか??

たぶんそんな感じだと思います(^_^;)

リアも・・・

少し曇っているようでスッキリ感が足りません。

ホイールは・・・

少し汚れもありますが艶々のピカピカですね!

 

全体的にご覧頂きましたように新車にしては少しスクラッチが多めでした。

また曇りもちょっと“濃い”感じですね(^▽^;)

スズキのツートンカラーのホワイトルーフのお車は何台か見ていますが、どの車も曇りが

“濃い”印象です。 この曇りが濃ければ濃いほどクリヤー感が損なわれてしまいお車を見た

時もどこかスッキリとしない印象になるんです。

新車は磨かずにコーティングを掛ける所も多いのですがその場合、もちろん塗装面が

曇ったままコーティングしますので仕上がりも曇ったままです。

でもご安心ください。 当店は新車も磨いてからコーティングしておりますので(^_^)/

では早速コーティング前の下地作りから始めて行きたいと思います。

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

全然付いていない訳ではないのですが、新車という事もあってとても少ないですね!

リアは・・・

こちらの方が反応が見やすいですね。ポツポツと確認できます。でも少ないです(*^^*)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

違いがわかりません(^^;

リアは・・・

違いがわかりやすいです(笑) サッパリとしました。

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。 今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーや

バフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

今回は全体的に少し?曇り気味ですので、新車にしてはやや強めの磨きをして曇りを除去しました。

 

そして使用いたしましたコーティング剤は・・・

PCX-S8と・・・

EXE evo1のコラボレーションです!

写真撮り忘れたので別撮りです(笑) 少し下のアングルから撮るだけで何だか神々しく感じるのは

私だけでしょうか??(笑)

↑はEXE evo1の撥水状況です。

今回ボンネットとルーフはEXE evo1でコーティングして、その他の部位はPCX-S8で

コーティングしております。 PCX-S8、EXE evo1共に水玉撥水となります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリとして綺麗になりました。

別角度の写真でも・・・

スクラッチもスッキリとして綺麗になりました(^_^)/

そしてルーフも・・・

曇りもサッパリと除去出来て綺麗にライトが映り込むようになりました(^_-)-☆

ボディサイドも・・・

クリヤーになりました。

それと・・・

シミと磨きキズも綺麗に除去出来ておりますヽ(^o^)丿

リアも・・・

サッパリですね!

ホイールは・・・

汚れが落ちてより一層艶々のピカピカです。

そしてフェニックスレッドパール&ホワイトルーフのスズキ ハスラーJスタイル、新車コーティングが

完成いたしました。

クリヤー感と光沢感共に向上しスッキリと艶々のボディに仕上がりました!

もちろん新車ですので艶々でお綺麗でしたが磨いてからコーティングしますと

やっぱり違うんです。 新車以上の新車になるんです(*^_^*)

その新車ですが新車と言いましてもお客様に納車された時の状態は様々で

よくよく観察すると色々とあるんです。

車は工場からすぐにお客様に届く訳ではなく在庫として暫く置かれている事も多く

その間にシミが付いたりします。

また納車前までに搬送や整備・洗車等の行われる合間に知らず知らずのうちにキズが

付いてしまったりする事もとても多いんです(^^;

また今回のハスラーのように塗装が曇っている事も多いんです。逆にノーダメージの

新車の方が珍しいです。 ほぼ出会ったことありません(^^;

ですので新車もしっかりとした下地作りが大切です。

新車コーティングも下地を整えているカービューティープロ カラーズにお任せください!

お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ C-HRのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ C-HRのボディコーティングです。

H29年式ホワイトパールクリスタルシャインのトヨタC-HRです!

ボディコーティング自体はご購入時にトヨタのディーラーコーティングが施されていたそうですが

その後のメンテナンスは当店にお越しくださっており当ブログにも以前に登場頂いております!

今回は通算3度目のご登場です(^_^)/

登録から3年以上が経過し今回はコーティング再施工のご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

では早速ですが登録から3年以上経過いたしましたC-HRの現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

パールホワイトですのでスクラッチは目立ちませんが目立たないだけで、よ~く見ると

細かな線キズが確認できると思います。

ルーフも・・・

よく見ますとスクラッチやシミそしてクスミも進んでいるようで透明感が

少し損なわれております(^^;

ボディサイドは・・・

こちらはスクラッチやシミもとっても少ないです。

ただやはり少しクスミ気味ですね。

リアは・・・

汚れは別として(笑)とってもクスんでいました(^^;

これはおそらく新車時からなのではないかと思います。

ホイールは・・・

汚れ気味でした。

 

初期登録から3年以上経過されておりますので洗車キズ等のスクラッチも付いていますけど

マメにお手入れされている事もあってクレーター状の深いシミは少なめでした(*^^*)

ただそれ程酷くはないのですがクスミも進んでいて全体的にやや透明感が引けています。

前回のコーティング施工から3年以上経っていますのでリフレッシュするには、

いいタイミングではないかと思います。

今後も気持ちよくお乗りいただけるようにスッキリとリフレッシュしてまいりましょう!

では作業開始!!

 

今回ウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますので、ウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

こちらのC-HRは2年半くらい前にウインドウコーティングをしましたので・・・

もう撥水力が落ちておりました。さすがに2年半はキビシイです(^^;

その弱まったウインドウコーティングを一度除去してガラス表面を整えます。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

コロコロの水玉撥水の完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーをシュッシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

そんなに反応しなくてもいいんじゃないですか??と思うくらい沢山でした(^▽^;)

リアも・・・

多かったです(^▽^;)

お車ご購入時と1年くらい前にメンテナンスでお越しくださった時の2度ほど今までに

鉄粉処理しているのですが・・・(汗)

オーナー様に伺いましたらお車を止めている場所が線路のすぐ脇なんだそうです。

納得の鉄粉量です(笑)

線路の近くは鉄粉が多く舞っているので、ある意味しょうがないです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

今度は綺麗ですよ~(笑)

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました!

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリとして綺麗になりました。

ルーフも・・・

シミやスクラッチそして曇りが無くなりライトが綺麗に映り込んでいます(*^^*)

ボディサイドも・・・

クスミもサッパリ!映り込みもシャッキリです(^_-)-☆

そしてボヤボヤにクスんでいましたリアも・・・

透明感が出て艶々です!

ホイールも・・・

黒々としてカッコイイです。

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタC-HR、ボディコーティングが

完成いたしました!

スッキリと綺麗にリフレッシュできました(^_-)-☆

元々とてもマメにお手入れされていてお綺麗なんですが、それでもどうしても月日が

流れれば塗装面の痛みが進んできてしまいます。

その傷んだ塗装面を磨いて整えますとスッキリとクリヤーで透明感を感じられる

ツヤピカボディにリフレッシュできるんです!

これでまた愛車に気持ちよくお乗りいただけること間違いなしです(笑)

これからも大切にお乗りください(^_^)/

 

コーティングの再施工のタイミングはお車によって様々なんです。

パールホワイトのお車はシミやスクラッチがあまり目立ちません。逆にシミやスクラッチが

目立たない分、再施工のタイミングの判断も少し難しいかと思います。

これが黒い車ですと痛みがよ~く分かりますので判断しやすいです(^▽^;)

再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に各車バラバラなんですが

一つの目安は3年でしょうか。 黒いお車でしたらもう少し早めかと思います。

とは言えあくまでも目安です(^^; 本当に各車バラバラです。

再施工の時期の判断でお悩みでしたら当店にお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

日産NV100クリッパーのコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産NV100クリッパーのボディコーティングです。

シルキーシルバーの新車NV100クリッパーです!

こちらのNV100クリッパーはオーナー様の通勤の相棒、そしてもう一台の愛車のタイヤ運搬用?に

ご購入されたそうです。 タイヤが一度に8本詰めるので便利なんだそうです(*^^*)

そして更に拘ったのが4WDでターボという事です。

何故かと言うと、もう一台の愛車が4WDターボのスポーツカーなので、

そちらとお揃いにされたそうです(*”▽”)   いいですね~♥  羨ましいっス!

そんな拘りのNV100クリッパーの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少し曇り気味です(^^;

それに比べますとルーフは・・・

比較的軽めの曇り具合でした。

しかしボディサイドは・・・

なかなかの曇り具合です(^▽^;) ライトがボヤけています。

リアは・・・

もっと曇っておりました(汗)

今回一番の曇りポイントでした。

ホイールはとってもお綺麗でした!

 

全体的に曇り気味です。特にボディサイドとリアはなかなかのものです(^▽^;)

もちろん新車ですので艶もあって綺麗は綺麗なんです。またこの状態がある意味“普通”でもあるんです。

しかし新車ですけど磨けばもっと綺麗な新車になります!

この白く曇った塗装肌を磨いて除去しますと透明感が増し光沢感も向上いたします。

ホント~なんです!

納車直後が一番きれいな状態と思われがちなんですが実情はこのように“曇っている”事が

非常に多いです。 ですので新車もコーティング前に磨きが必要です。

では新車以上の新車の輝きを求めて作業を進めて参りましょう。

作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからです。 ウインドウコーティングはボディコーティングと

同時にご依頼を頂く事の多い当店の人気オプションメニューになります!

↓は現状です。

若干油分の付着があるようで少し水を弾いていました。

今回は全面のご依頼ですので全面下地を整えていきます。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です。  ウインドウコーティングは雨の日の視界確保にとても有効で

実用的なアイテムです(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後に今度はボディに付着している鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

新車という事もあってとても少ないですね!

リアも・・・

とっても少なかったです。

全体的に少ないので今回は軽めの作業方法で鉄粉を処理していきました。

その後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗!

リアも・・・

とっても綺麗(*´▽`*)  元々ですけど(笑)

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキング作業に進みます。

進みました。

そして磨いていきます。 今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーや

バフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

今回は全体的に少し曇り気味で特にボディサイドとリアはアレなので・・・(^▽^;)

やや強めの磨きをして曇りを除去しました。

そして今回オーナー様がお選びになられたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

今回はボンネットとルーフは通常より更にひと手間掛けた施工になっております。( ̄▽ ̄)ニヤリ

それと樹脂コーティングのご依頼も頂いております↓

↑はビフォーです。

そして↓がアフターです。

写真だとあまり違いが伝わりませんね(^▽^;)

でも塗るとこれくらい違うんです↓

結構違います!

とは言え↑は塗りたての状態ですの艶々ですが乾燥しますともう少し色艶が落ち着きます。

 

ではその他の仕上がり具合のチェックをしていきましょう。

まずはボンネットからです↓

曇りも無くなってサッパリとしました。

ルーフも・・・

スッキリとしましたね!

ボヤボヤでしたボディサイドも・・・

ライトの輪郭もクッキリとシャープに映り込んでおります(^_^)/

リアも・・・

クリヤーで気持ちいいです!

ホイールは・・・

元々お綺麗でしたので・・・違いがわからないな~(^^;

そしてシルキーシルバーの日産NV100クリッパーの新車コーティングが完成いたしました!

艶々に仕上がりました~ヽ(^o^)丿   写真だと違いがわかりませんけど(汗)

曇りも取れたので周りの景色の映り込みがクッキリとシャープで綺麗に

映り込むようになっております!    引きの写真だと違いがわかりませんけど(汗)

実際に現車を見ていた頂くと結構お車の印象が違うと思います。

お引き取りに来られたオーナー様も『あれ?色が変わった??すげ~綺麗!!一皮剥けたようだぁ!』と

その違いを感じて頂けたご様子でした!

確かに一皮剥いた感じです(笑) 今回結構曇りが酷かったので曇りを取り除いてあげると

本来の“色”になります。

その本来の色に戻すためにも新車でも下地作りが大切です。

ですので新車コーティングも下地作りをしているコーティング専門店がおすすめです。

例えばですよ。例えばカービューティープロ カラーズは新車もちゃんと磨いているって噂ですよ。

秘密ですけど(笑)

そんなカービューティープロ カラーズで皆様のお越しをお待ちしております( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

アストンマーチンDBS ヴォランテのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアストンマーチンDBS ヴォランテのボディコーティングです。

アストンマーチンDBSのオープンボディモデルのヴォランテになります!

ず~~っと欲しかったアストンマーチンだったそうですが、いい個体に巡り合えたそうで

衝動買いに近い感じでご購入されたそうです。

そういう運命的な出会いってありますよね~(*´▽`*)

そんな憧れのアストンマーチンをご購入され綺麗にリフレッシュしたいとの事で

大切な愛車のボディコーティングを当店にお任せくださいました。 ありがとうございます。

では早速ですがアストンマーチンDBSヴォランテの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

シミは確認できますが塗装を侵食してしまっているようなクレーター状の深いシミは少ないです。

スクラッチも付いておりますが年式を考えますと少ないですね!

それよりも塗装面を見ていて気が付いたのが・・・あれっ?この網目模様はもしやカーボン製!?

見れば見るほどアッチもコッチもカーボン製ではないですか(;”∀”)  すげ~!

お引渡し時にオーナー様にお聞きしましたら“ボディはカーボンとアルミ製”なんだそうです!  すげ~!!

 

ルーフは・・・

もちろんソフトトップですのでカーボンではありません(*^^*)

所々、広範囲にシミが確認できました。

トランクは・・・

こちらもボンネットと同じように軽めのシミは多いのですが深いシミは少なかったです。

ボディサイド・・・

シミが少ない分スクラッチが気になります(^^;

特にオーナー様が気にされていましたのが・・・

この3本の線キズです。

これは少し深い気がしますけど・・・結果は後ほど!

ホイールは・・・

ガリキズなどは付いていますけど塗装自体はまだまだしっかりとしていてお綺麗でした。

 

初期登録から15年くらいのお車なんですが15年の時間の流れを感じない状態だと思います。

もちろん見て頂いたように軽めのシミやスクラッチ、線キズ等は確認できますけど

塗装そのものはまだまだしっかりとしております。

そして見れば見るほど塗装の“塗り”が綺麗です。塗装の厚み感や平滑さなどが違います(*”▽”)

とは言え現状はそれなりに痛みも進んでおりますのでしっかりと磨いてリセットしていきたいと

思います。 では作業開始~~!!

 

まずは洗車後に鉄粉を処理していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

少ないですね~(*^^*)

よ~く見ればポツポツと付いてはいますけど、とっても少ないです!

リアも・・・

探せば確認できますけどパッと見ではわからないくらい少ないです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

元々が少ないので違いがあまりわかりません(汗)

でも綺麗になっているんですよ(笑)

リアも・・・

よ~く見れば違いはわかるんですけど。よ~く見ないとわかりません(^▽^;)

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤は・・・

PCX-V110をチョイスいたしました!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた

滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回はソフトトップのコーティングも施工していきます。

ソフトトップ専用のクリーナーで洗った後にまたまたマスキングしていきます↓

専用のコーティング剤が他の部分に付かないようにソフトトップ以外、全てマスキングです↓

丸ごとです(笑)

その後にコーティング剤を吹き付けてコーティングしていきました(^_^)/

それと今回はヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いております。

↓はビフォーです。

写真ですと全然伝わりませんが若干白濁が進んできています。 逆に言いますと写真では

上手く撮れない位の軽めの白濁なんです。

アフターです↓

ヘッドライト外側の白濁は除去できクリヤーになったのですが、ヘッドライト内側の曇りが

少し気になるかも知れません。 しかし↑の写真のように写真で撮るとその曇りが

上手く伝わりません(汗)

ヘッドライト内側の曇りを処理するにはヘッドライトの分解が必要になってきます。

反対側も・・・

軽~く曇り気味なんですけどわかりませんね(;´∀`) すいません。

アフターです↓

こちらも表面の曇りが無くなってクリヤー感が上がったのですが

内側の曇りは残っております。

 

ではその他の仕上がり具合も確認していきましょう。

シミもスクラッチもスッキリとしました!

カーボンの網目がよく見えるようになったと思います(^_^)/   わかります??

ルーフのシミは・・・

完全には落ちませんでしたが、だいぶ目立たなくなりました。

また黒さも増しました。

トランクも・・・

シミが取れてスッキリですね!

ボディサイドは・・・

スクラッチも無くなりクスミも取れてライトもしっかりと映り込んでおります。

そしてオーナー様が気にされていた3本の線キズも・・・

深いからどうかな~?と思ったんですけど綺麗に除去できました。

目が行く場所でしたので除去出来て良かったです(*^_^*)

最後にホイールです。

タイヤもホイールもしっかりと洗った後に艶出ししております。

そしてアストンマーチンDBS ヴォランテのボディコーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました~!(^^)!

色に深みが出て艶やかさと光沢感の向上を感じていただける仕上がりになったと思います!

特にアストンマーチンのような曲面の綺麗なお車にガラスコーティングをするとボディラインが

より強調されて綺麗なんです(*^_^*)  もちろん日中の太陽の下で見ても綺麗なんですが、

夜の街灯の下で見ますとこれがまたいいんですよ~。

街灯に照らされた愛車はいつもの2.5倍はカッコよく見えるものです!  本当ですよ(笑)

なかなかマニアな視点になりますが街灯に照らされた愛車を眺めたり、写真を撮るのも

また違った車の楽しみ方でもあります!

皆様も是非お試しを(^_^)/

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル 新型レヴォーグです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル レヴォーグのボディコーティングです。

クリスタルホワイトパールの新型レヴォーグSTI Sport です。

納車間もない新車になります!

昨年末に発表された『日本カー・オブ・ザ・イヤー2020-2021』で新型のレヴォーグが

日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。 何でも2位に100点以上の大差をつけての

圧勝だったそうです。

実際発表と共にスタイルはもちろん欧州プレミアムブランドに負けない乗り味の良さや

アイサイトXの安全性と快適性、そして11.6インチの縦型インフォメーションディスプレイなど

評判はうなぎ上りで販売も絶好調の様です(*^^*)

そんな人気物の新型レヴォーグの現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

と言いましてもご覧のようにご入庫は雨でしたので濡れております(^^;

この状態でも何となく塗装面の曇りも確認できるのですが洗車後に撮影しましたのが↓です。

それ程酷い曇りではないのですがライトの輪郭がモヤモヤとしています。

ルーフも・・・

ライトの輪郭がシャキッとしません。

ボディサイドは・・・

こちらも少し曇り気味でした(^^;

ここまではやや曇り気味なんですけどリアゲートは・・・

『気味』をすこし通り越しています(^▽^;)

結構ボヤボヤです。

ホイールは・・・

こちらは洗車前の写真ですので濡れております。

ただ汚れ自体は少ないようでお綺麗でした!

 

ご覧頂きましたように一部『気味』を通り越している場所もありましたけど(^▽^;)全体的に

やや曇り気味でした。いわゆる新車時からある『白ボケ』と言われるものです。

新車のお車の時に何度も書いていますが同じ車の同じ色でも製造ロットによって

白ボケが酷かったり軽かったりします。 そして今回のお車のように1台の車の中でも

前の方は軽いけど後ろの方が酷かったり、ボディサイドだけ酷かったりと部位によって

違う事も実は珍しい事ではなく、よくある事なんです。

極端な話各部のクリヤー感に差があるという事です。

そのあたりを磨きで除去して統一感あるスッキリボディに仕上げていきたいと

思います! では作業を進めて参りましょう。

作業開始!!

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

少ないですね~(^_^)/

リアも・・・

紫色の反応が少し『流れ』てしまっているので少しわかりにくいんですけどボンネットよりは

ちょろっと多いかな?って感じでした。 簡単に言いますと少ないです(笑)

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗ですね!  元々ですけど(^▽^;)

リアも・・・

綺麗になりました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをします。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回は全体的に少し曇りが気になりますので少し強めの

磨きをして曇りを除去しました。 特にリアゲートは強めの磨きでした。

 

そしてコーティングです。 当店では新車でもここまでしてからコーティング剤を塗っていきます。

今回使用いたしましたコーティング剤は・・・

PCX-V110をチョイスいたしました!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

モヤモヤが取れてライトの輪郭がはっきりとしました(^_^)/

ルーフも・・・

曇りも取れてサッパリと綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

スッキリです。

そして曇りの凄かったリアゲートも・・・

ライトが綺麗に映り込むようになりました(^_-)-☆

最後にホイールです。

こちらは元々お綺麗でしたので変り映え無いように見えますね(^▽^;)

でも洗って艶出しで仕上げております!

そしてクリスタルホワイトパールのスバル レヴォーグSTI Sport、新車コーティングが

完成いたしました。

施工前の写真と施工後の写真の色味が違ってしまっておりますが(すいません)施工後のボディの

艶感やスッキリとした透明感、ボディのメリハリの違いなど感じて頂けたら幸いです(*^_^*)

特に各部の写真で見て頂いた様に曇りも取れてスッキリとクリヤーなボディに仕上がっております。

オーナー様も『おぁ!ピカピカだぁ!』と、その違いを実感されているご様子でした!

ありがとうございました。

 

新車でも実は色々とあるのが新車なんです(^^; 白ボケしていたりスクラッチが盛大に入っていたり、

はたまた保護シートの糊が残っていたり加修の痕跡が残っていたりと様々です。これらの症状は

全然珍しい事ではありません。 なので新車をコーティングするには新車も下地作りが重要です!

どんなに良いコーティング剤を使っても下地が曇ったり傷んだりしている塗装面にコーティング剤を

塗っても綺麗には仕上がりません! 新車も経年車もお車を綺麗にするには磨きが重要なんです。

新車なのに磨きが必要??ではなく新車でも磨きが必要なんです。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ステップワゴンスパーダのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ ステップワゴンスパーダのボディコーティングです。

H28年式のステップワゴンスパーダです!

ご購入時に他店でボディコーティングを施工したそうですが、その後のメンテナンスは当店を

ご利用頂いておりました。 定期的にメンテナンスにお越しくださっており、

まだまだ艶を感じられてお綺麗なんですがコーティングから5年経過しボディのシミも

少し気になってきたそうで今回はコーティング再施工のご依頼を頂きました。ありがとうございます。

では早速ですがボディコーティングから5年経過いたしましたステップワゴンスパーダの

現状を確認して参りましょう。

まずはボンネットです↓

まだ艶も感じられてお綺麗ではあるんですけど流石に5年経っておりますのでライトを

当てて確認いたしますとシミもスクラッチも目立ちます(^_^;)

ルーフは・・・

こちらもスクラッチが多く付いていますがパールホワイトですのでわかりにくいです。

ただわかりにくいだけで実際はそれ相応の多さなんです(^^;

ボディサイドは・・・

こちらはシミやスクラッチは少ないのですがご覧のようにボディに映り込んでいる

ライトがボヤッとボヤけております。

リアの方は更に酷くて・・・

ボヤボヤでした(汗)

ホイールは・・・

前日に車検だったそうで、その時の洗車サービスで綺麗になっておりました(笑)

 

前日に洗車されたばかりなのでお綺麗ではあるのですが各部のアップの写真で

見て頂いたように塗装の肌を見ていくと5年分の痛みを感じてしまいます。

それと少し気になったのがボディのクスミです。 もちろん前回のコーティングから

5年経っていますのでクスんでいて当たり前ではあるのですが特にリアのクスミが

酷いです。 これは私の勝手な想像ですが新車時のコーティングの際に塗装の曇りを

処理しないでコーティング剤を塗ったのではないのかな??

と想像しております。 違ったらすいませんm(__)m

とにかく磨いてリフレッシュしていきましょう(笑)

では作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングです。↓は現状です。

フロントウインドウはメンテナンス毎に再施工しておりました。前回は1年前のメンテナンス時に

ウインドウコーティングを再施工しました。1年経ちますので多少撥水力が落ちているように

感じますが、まだギリギリ“撥水”していると言ってもいい状態ではないでしょうか??

ギリギリです(笑)        いゃダメかな??水玉撥水ではないですね(;´∀`)

とにかくギリギリですので・・・

古いコーティング被膜を除去してガラス表面をリセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングし最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です。

やっぱり↑の状態が“水玉撥水”と言える状態ですね(^_^)/~

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付着しています鉄粉を処理していきます。 専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします↓

結構多かった~(;´∀`)

リアも・・・

フロントに比べますと少ないですね。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗になりましたよ~(^_^)/

リアも・・・

綺麗になりました!

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

ポリッシングの準備が整いました。

今回はエクストラプランになります。エクストラプランは経年車や中古車などに

多く見られる小キズやシミなどを除去するミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・そして気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミが無くなってスッキリとクリヤーなりました!

ルーフも・・・

スクラッチもスッキリと綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

曇りが取れてライトの映り込みもクッキリとしました(^_-)-☆

リアも・・・

モヤけていたライトもクッキリと映り込むようになりましたね(*‘∀‘)

ホイールとタイヤも・・・

艶出しで仕上げております。

そしてステップワゴンスパーダのボディコーティングが完成いたしました!

いかがでございましょうか。5年間に付いたシミやスクラッチ、そしてクスミ等を

除去すると艶・光沢・クリヤー感が上がり、新車にも負けないツルピカボディに

仕上がったと思います(^_^)/

どうしても車は使用しているうちにシミが付いたりキズが付いたりと少しづつ痛みが

進んできます。その痛みが積み重なって愛車から艶と透明感を奪っていきます(^^; 怖いですね~。

でも磨けばご覧のように艶も透明感も復活いたします!

特に1台のお車を長~く乗られる派の方は定期的にコーティング再施工がおすすめです。

何時までも綺麗な愛車にお乗りいただけますよ(^_^)/~

愛車の綺麗維持、そして愛着アップの為にも定期的な再コーティングを是非どうぞ~!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。