ノートe-POWER NISMO Sの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産ノートe-POWER NISMO Sのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのブリリアントホワイトパールのノートe-POWER NISMO Sはボディコーティング施工から

2年ほど経過いたしましたお車になります。

半年毎にメンテナンスにお越しくださっており、今回は通算4回目のメンテナンスの

ご依頼になります!  花粉の季節&洗車の頻度は少なめ、だそうですので何となく状態が

想像できますが(^^;早速ノートe-POWER NISMO Sのメンテナンスの様子を今回も

ビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

花粉による汚れやシミが付いています。 ただ想像していたよりも汚れも痛みも

少ないようです(^.^)

アフターです↓

よく見れば洗車キズ等のスクラッチもあるのですが塗装を侵食してしまっているような

クレーター状の深いシミは少なく良好な状態を維持されておりました。

ルーフも・・・

花粉&雨によってシミシミですが・・・

花粉ジミも初期の軽い状態の物ですので問題ございませんでした。

これが放置期間が長かったりすると花粉が塗装に入り込み塗装を収縮させてしまいます。(シミになる)

その場合は熱処理が必要になってきますが、あまり酷いと熱処理しても戻らなくなりますので

花粉が少ない、多いに関わらず、花粉の季節はマメに洗車をした方が安心です。

 

リアは・・・

エンブレムの淵が汚れているとエンブレムがボヤけて見えてしまいます(^^;

その汚れを落とすだけでも・・・

キリッとします!

これだけでもメリハリが出て気持ちいいです(*^_^*)

それと同じく・・・

隙間や段差の汚れも美観の低下に繋がります。

スッキリとしました。

ボディサイドも・・・

e-POWERから雨筋が流れ出ていて美観が損なわれてしまっております(^_^;)

これもスッキリと綺麗にしますと・・・

清潔感が違いますね!

 

そしていつもの鉄粉の付着状況です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

反応が少ないですね(*‘∀‘)

半年毎に鉄粉を処理しているという事もあるかと思いますが、半年でこれ位の量は

とても少ないと思います。

リアも・・・

付いてはいますけど少ないと思います。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

スッキリとしました!

そして最後にホイールです。

毎回、毎回言っている気もしますがニスモのホイールは見た感じは比較的シンプルな

デザインなんですけど意外なほど洗うのが大変なんです(笑)

アフターです↓

艶々です! こちらのホイールはホイールコーティングをされているのですが

洗いにくいホイールにこそホイールコーティングがおすすめです!

汚れが落ちやすくなりますので洗うのが楽になります。

洗いにくいホイールで汚れが落ちにくいと洗うの大変ですので(笑)

 

そしてブリリアントホワイトパールのノートe-POWER NISMO S、

ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶も光沢もUPしてオーナー様もとてもお喜びになられておりました。

汚れが蓄積してきますと艶が引けて光沢感も感じられなくなってきます。

そこでメンテナンスです!

メンテナンスでは通常のシャンプー洗車では落ちない汚れを特殊なケミカル剤等で

落とします。それだけでも艶と光沢が上がるのですが最終的にメンテナンス剤で

仕上げますのでより一層の艶と光沢感が向上いたします(^_-)-☆

洗車しても艶や光沢感が今一つと感じましたら一度メンテナンスをご検討ください!

お待ちしております(^_^)/

 

花粉が積もっている時に雨が降ったら、それはそれは大変な事になります(笑)

大雨ならまだいいのですが小雨だと最悪です(^▽^;)

見た目が大変なだけではなく花粉は塗装面に侵食しシミが付くなど塗装に悪影響を及ぼします。

先ほどもお話しましたが酷くなってくるとリカバリーが出来ません。

ですのでこの時期は洗車の頻度を上げて花粉が付いている時間を減らしてください。

そこで度々ご紹介しておりますのがカービューティープロ本部のHPに

おススメの洗車方法の動画がございますので、ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

日産NV100クリッパーのコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産NV100クリッパーのボディコーティングです。

シルキーシルバーの新車NV100クリッパーです!

こちらのNV100クリッパーはオーナー様の通勤の相棒、そしてもう一台の愛車のタイヤ運搬用?に

ご購入されたそうです。 タイヤが一度に8本詰めるので便利なんだそうです(*^^*)

そして更に拘ったのが4WDでターボという事です。

何故かと言うと、もう一台の愛車が4WDターボのスポーツカーなので、

そちらとお揃いにされたそうです(*”▽”)   いいですね~♥  羨ましいっス!

そんな拘りのNV100クリッパーの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少し曇り気味です(^^;

それに比べますとルーフは・・・

比較的軽めの曇り具合でした。

しかしボディサイドは・・・

なかなかの曇り具合です(^▽^;) ライトがボヤけています。

リアは・・・

もっと曇っておりました(汗)

今回一番の曇りポイントでした。

ホイールはとってもお綺麗でした!

 

全体的に曇り気味です。特にボディサイドとリアはなかなかのものです(^▽^;)

もちろん新車ですので艶もあって綺麗は綺麗なんです。またこの状態がある意味“普通”でもあるんです。

しかし新車ですけど磨けばもっと綺麗な新車になります!

この白く曇った塗装肌を磨いて除去しますと透明感が増し光沢感も向上いたします。

ホント~なんです!

納車直後が一番きれいな状態と思われがちなんですが実情はこのように“曇っている”事が

非常に多いです。 ですので新車もコーティング前に磨きが必要です。

では新車以上の新車の輝きを求めて作業を進めて参りましょう。

作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからです。 ウインドウコーティングはボディコーティングと

同時にご依頼を頂く事の多い当店の人気オプションメニューになります!

↓は現状です。

若干油分の付着があるようで少し水を弾いていました。

今回は全面のご依頼ですので全面下地を整えていきます。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です。  ウインドウコーティングは雨の日の視界確保にとても有効で

実用的なアイテムです(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後に今度はボディに付着している鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

新車という事もあってとても少ないですね!

リアも・・・

とっても少なかったです。

全体的に少ないので今回は軽めの作業方法で鉄粉を処理していきました。

その後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗!

リアも・・・

とっても綺麗(*´▽`*)  元々ですけど(笑)

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキング作業に進みます。

進みました。

そして磨いていきます。 今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーや

バフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

今回は全体的に少し曇り気味で特にボディサイドとリアはアレなので・・・(^▽^;)

やや強めの磨きをして曇りを除去しました。

そして今回オーナー様がお選びになられたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

今回はボンネットとルーフは通常より更にひと手間掛けた施工になっております。( ̄▽ ̄)ニヤリ

それと樹脂コーティングのご依頼も頂いております↓

↑はビフォーです。

そして↓がアフターです。

写真だとあまり違いが伝わりませんね(^▽^;)

でも塗るとこれくらい違うんです↓

結構違います!

とは言え↑は塗りたての状態ですの艶々ですが乾燥しますともう少し色艶が落ち着きます。

 

ではその他の仕上がり具合のチェックをしていきましょう。

まずはボンネットからです↓

曇りも無くなってサッパリとしました。

ルーフも・・・

スッキリとしましたね!

ボヤボヤでしたボディサイドも・・・

ライトの輪郭もクッキリとシャープに映り込んでおります(^_^)/

リアも・・・

クリヤーで気持ちいいです!

ホイールは・・・

元々お綺麗でしたので・・・違いがわからないな~(^^;

そしてシルキーシルバーの日産NV100クリッパーの新車コーティングが完成いたしました!

艶々に仕上がりました~ヽ(^o^)丿   写真だと違いがわかりませんけど(汗)

曇りも取れたので周りの景色の映り込みがクッキリとシャープで綺麗に

映り込むようになっております!    引きの写真だと違いがわかりませんけど(汗)

実際に現車を見ていた頂くと結構お車の印象が違うと思います。

お引き取りに来られたオーナー様も『あれ?色が変わった??すげ~綺麗!!一皮剥けたようだぁ!』と

その違いを感じて頂けたご様子でした!

確かに一皮剥いた感じです(笑) 今回結構曇りが酷かったので曇りを取り除いてあげると

本来の“色”になります。

その本来の色に戻すためにも新車でも下地作りが大切です。

ですので新車コーティングも下地作りをしているコーティング専門店がおすすめです。

例えばですよ。例えばカービューティープロ カラーズは新車もちゃんと磨いているって噂ですよ。

秘密ですけど(笑)

そんなカービューティープロ カラーズで皆様のお越しをお待ちしております( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

日産フーガの定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産フーガのボディコーティングメンテナンスです。

こちらの日産フーガはコーティング施工から5年経過いたしましたお車です。

定期的にメンテナンスにお越しくださっており、今回で通算6回目のメンテナンスのご依頼になります。

前回のメンテナンスから1年半以上経過されておりますが、その間にもマメにお手入れされておりますので

まだまだ艶も感じられます!

では早速ですがボディコーティングから5年経過いたしました日産フーガのメンテナンスのご様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットのビフォーです↓

まだまだ艶も感じるのですが・・・ご入庫時は実は少し汚れ気味なんです。

あまりクスミは感じないのですが、やはり5年も経ちますとシミが多くなってきました(^^;

アフターです↓

やはりシミがね~(汗) 屋外屋根なし駐車ですのでシミは避けられませんが、

逆にシミ以外の痛みはとても少なく丁寧に洗車されているのが伝わって参ります。

ルーフも・・・

こちらも少し汚れ気味ですが、この状態でもシミが確認できると思います。

アフターです↓

やはりメンテナンスでは落ちないシミが残っております。

ただシミ自体は塗装を深く侵食している感じのシミではなく比較的表面の“浅い”シミです。

メンテナンスplusだともう少しシミが落ちるかも知れませんが、色々な事をトータルで考えて

今回はスタンダードメンテナンスで行いました。

 

トランクは・・・

↑の写真はトランクの隅の方なんですけど、この辺りは比較的シミが少なめです(*”▽”)

でもトランクも中央辺りはシミ多めでした(;”∀”)

トランクの形状で雨が滞留しやすい場所と雨が流れ落ちやすい場所の違いだと思います。

アフターです↓

少なめでしょ(笑)

ボディサイドは・・・

ボディサイドに限らずですがマメにお手入れされていますので基本的にお綺麗なんです(^_^)/

アフターです↓

ボディサイドはシミもとっても少なくて5年経過とは思えない程、良好な状態を

維持しております!

 

ただオーナー様も気が付いていられたのですが鉄粉が多いんです。

鉄粉取りシャンプーで洗ったらポツポツポツポツポツポツ・・・といっぱい反応していたとの事です(^^;

との事ですので私も専用のクリーナーを吹き掛けてみたところ・・・・

ポツポツポツポツ・・・と確かに多めでした。 多めではありますが前回のメンテナンスから

1年半以上と考えますと特別に多いなぁ~と言う感じでもないです。 でも まぁ 付いていますね(^^;

リアも・・・

トランクの方が多い感じですね~。

これくらい付いていると洗車時にスポンジで洗った時やマイクロファイバークロスで拭き上げる時に

引っ掛かりを感じると思います。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリと除去できました!

トランクも・・・

綺麗になりました。

ホイールも・・・

お綺麗にされておりました。

アフターです↓

ホイールもタイヤも艶出しを行っています!

それと今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングも

ご紹介してまいります。

↓は現状です

3年以上前のメンテナンス時にウインドウコーティングを再施工したのですが・・・

流石に撥水力は落ちてはいますけど、まだ撥水しておりました(;”∀”) 3年前ですよ! ビックリです(笑)

フロントウインドウでこれ↑ですから、サイドウインドウは結構な撥水力が残っていました。

今回は全面のご依頼ですので・・・

全面磨いてリセットいたします。 その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングも完成いたしました!

やはりこれくらい弾いていると気持ちいいです(笑)

それと今回はもう一つご依頼がございます。それは・・・

ピラー磨きです。 鳥糞が付いていてシミになってしまったので消えるかな?と思い擦ったら

キズが沢山付いてしまったとの事でした。

とは言え普段からドアの開閉時ピラーを触らない様にしているとの事で・・・

Bピラーのキズも少ないです!  愛情を感じます(*´▽`*)

アフターです↓

深く入ってしまったキズは残ってしまいましたがシミは除去できました。

Bピラーも・・・

綺麗になりました!

そして日産フーガのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

ご入庫時は少し汚れてはおりましたが元々艶も有り、お綺麗なお車ですので

メンテナンス前後の違いが写真ですと伝わらないと思います・・・(^▽^;)

各部の写真で見て頂きましたようにメンテナンスでは落ちないシミも多くなってきたのも

事実なんですけど、それでも実車を見て頂けると艶と光沢の向上、それに伴ってお車全体の

質感の向上を感じて頂けると思います!

オーナー様も『やっぱり違うわ~。きれいだなぁ~』とお喜びになられていました(*^^*)

ありがとうございました。

 

塗装面の状態や施工時期を考えますと正直、次回あたりがコーティング再施工の時期かと思います。

普段シミが気にならないようでしたら、まだまだメンテナンスでいいかと思います(^.^)

またボンネット等、気になる所だけの再施工なども可能ですので、コーティング再施工かメンテナンス、

はたまた部分再施工かでお悩みでしたらお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

パープル×フローズンバニラの日産ルークスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産ルークスのボディコーティングです。

アメジストパープルとフローズンバニラパールのツートンボディの新型日産ルークス ハイウェイスターです!

こちらのルークスは納車間もない新車になります(*^_^*)

アメジストパープルとフローズンバニラパールはハイウェイスターのイメージカラーになっている

カラーですね。ルーフが白っぽいんですけど白じゃないんです。フローズンバニラパールなんです(笑)

真っ白ではなく少しブラウンぽさを感じるような・・・温かみのあるホワイトと言いますか・・・

なかなか説明が難しいんですけど強いて言うならば・・・フローズンバニラのような色ですね( ̄▽ ̄)

上手くご説明できませんが、とにかく高級感を感じさせるいい色なんです!

話がそれましたがアメジストパープルとフローズンバニラパールの新車ルークスハイウェイスターの

現状確認を初めて参りましょう!

まずはボンネットからです。

少し汚れは付いていますが塗装自体は曇りもなくお綺麗でした。

ルーフも・・・

ちょろっと汚れていますがこちらも曇りも少なくお綺麗です!

ボディサイドは・・・

ボンネットに比べますと若干ですが曇りも感じます。

リアは・・・

こちらも少し曇り気味ですね(^^;

ホイールは・・・

こちらも少しだけ汚れておりました。

 

ボンネットとルーフの垂直面は塗装の曇りもなくお綺麗でしたが、ボディサイドの垂直面は

若干ですが曇りが確認できました。 その為に水平面と垂直面で塗装の透明感に“差”があります。

その“差”を無く為に磨きを入れてボディの透明感が均一になるよう作業を進めていきたいと

思います(^_^)/  では作業を始めていきましょう!作業開始~!! ピピィ~  ← 笛の音

 

その前にウインドウコーティングからご紹介です。

当初はボディコーティングのみのご依頼だったのですが、当店ご入庫時の道中に雨に遭遇し、

油膜も付いていたこともあって視界が悪く運転しずらかったそうで急遽ウインドウコーティングの

ご依頼も頂きました。 ありがとうございます。

ではその視界が悪かったフロントウインドウの現状を確認してみましょう! ↓が現状です。

ワイパーの払拭範囲内は油膜の付着も少ないんですけど範囲外は少し油膜が付いているようです。

ウインドウコーティングしている車に慣れていると例え油膜が付いていなくても撥水が

効いていないと見ずらいんですよね(^^;

今回は全面のご依頼ですので全てのウインドウの下地を整えてまいります。

その後にウインドウ専用コーティングPGS-33でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成しました。

一度雨の日にウインドウコーティングをした車に乗ってしまうと、ウインドウコーティングをしていない車には

戻れません(笑)   安全運転の為にも、是非一度お試し下さい(^_^)/

 

続いてはボディです。

洗車後のボディに付いています鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

色的に少しわかりにくいんですけど、よ~く見ればポツポツと確認できるのですが少ないです(*‘∀‘)

色的にわかりやすいルーフで見てみますと・・・

ね! ポツンと見えますが少ないでしょう(笑)

新車でも鉄粉は付いているものなんですけど、こちらのルークスは全体的に鉄粉の付着量が

少なめでした!  という事で今回も鉄粉の除去はケミカルを使った軽めの除去方法で

鉄粉を処理していきました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

あまり変わり映えしないかも知れませんが(^^;

ルーフも・・・

変わり映えしませんがポツンが無くなりました(笑)

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

 

磨きが済みましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

水玉撥水がお楽しみいただける・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと気持ちいいですね(^_^)/

ルーフも・・・

綺麗ですよ~!

ボディサイドは・・・

曇りも無くなってスッキリとしましたよ(^_^)/

施工前と見比べてくださいね(笑)

リアも・・・

曇りも無くなってスッキリとクリヤーに仕上がりました!

ホイールは・・・

タイヤもホイールも艶出しで仕上げましたら・・・

アメジストパープルとフローズンバニラパールのツートンボディの新型日産ルークス ハイウェイスター、

新車コーティングが完成いたしました!

元々お綺麗なルークスでしたがコーティング後は一段とツヤピカなボディに仕上がっております!

ボディサイドの曇りも無くなって透明感も均一になっております(^_-)-☆

オーナー様もとてもお喜びになられているご様子でした! ありがとうございます。

最近、普通車も含めてツートンカラーのお車が多くなってきました。特に軽はボディカラーが豊富です。

今回のルークスなんて全部で17種類のボディカラーが用意されております(*”▽”)  スゴイデス!

ちなみに日本で一番売れているボディカラーは・・・大体想像が付くかと思いますが、“白”です。

その次が“黒”で3番目にシルバーだそうです。 この3色だけで全体の6割以上を占めているようです。

確かに街中で見かける割合もそんなような感じがします。 いゃそれ以上に白い車が多いようにも

感じます(^▽^;) それはそれで少し寂しいと個人的に感じています(汗)

でもここ数年、カラフルな色のラインナップも増えきました。また街中でツートンカラーの車を

見かける事も多くなってきましたね!

明るくカラフルな色は車に限らず見ているだけで元気が出るじゃないですか!? 出ますよね??

出ません??  えっ、僕だけ??    いゃ、出しちゃってください(笑)

しかし17種類もあるとホントに迷います。それがまた楽しさでもあるんですけど悩みますよね(笑)

今回も私の車でもないのにルークスのWEBページを見ながら悩んでいる私でした(^▽^;)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

日産モコのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産モコのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのカシミールブルーパールメタリックの日産モコは昨年の12月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車です!

間もなく1年経過いたしますタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

この“カシミールブルーパールメタリック”ですが姉妹車であるスズキのMRワゴンですと同じ色でも

カラー名が “パールメタリックカシミールブルー”となるんです。

カシミールブルーの順番を入れ替えたのが日産のこだわり・・・

なのでしょうか?? なのでしょう(^.^)

名前はどうであれ光沢感の高いとっても綺麗なブルーですね!

そんなカシミールブルーが鮮やかな日産モコのメンテナンスの様子をビフォー&アフターで

ご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットのビフォーです↓

シミもスクラッチも1年近く経ちますので・・・それなりに痛みは進んでいました(^^;

でも艶感は悪くありませんね!

アフターです↓

基本的に当店のメンテナンスではポリッシングはしませんので、塗装を侵食してしまっているような

深いシミや線傷は残ってしまいますが、それでもメンテナンス前に比べますとサッパリと

綺麗になっております!

シミや線傷等気になるようでしたらポリッシングありのメンテナンスも承っておりますので

お気軽にご相談ください。

ルーフは・・・

こちらもボンネット同様シミやスクラッチもあるんですが・・・このカシミールブルーは

光沢感が高い事もあってか、あまり目立ちません(*^_^*)

アフターです↓

ルーフもサッパリとしましたね!

リアは・・・

よく見ますと雨が流れた黒い筋が付いているんですけど・・・これまた目立ちませんね!

なんていい色なんでしょう(笑)

ブルー系の色は全般的にシミやスクラッチそして汚れも目立たない色だと個人的に感じています(^.^)

ブルー系は結構おすすめなカラーです!

アフターです↓

よ~く見比べて頂くと雨の流れた黒い跡もサッパリ綺麗になっています!

よく見ないとわからないかも??です。  それくらい水アカも目立たない色です(笑)

でもボディサイドは・・・

さすがに汚れが見えますね(^^;  でも汚れが目立つ・・・って程ではないと思いませんか??

思いますよね??

もちろん↓のアフターを見てしまえば・・・

違いは一目瞭然なんですけど(^_^;)

一目瞭然と言いますと、普段はお車を見ただけではあまり気になりませんボディに

付着している鉄粉も・・・

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が見えて参ります。 黒く見えているのが専用のクリーナーに

反応している鉄粉です。 結構多かったんです(;´∀`)

リアも・・・

リアも多めだったんですけど細かな物が多くちょっと写真だとわかりませんね(汗) すいません。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になったのも一目瞭然です(笑)

リアは・・・

一目瞭然・・・ではないですね(^▽^;)  すいません。

最後に

ホイールです。

凄く汚れている訳でもなく、だからと言って凄く綺麗でもない、いい塩梅の汚れ具合でした(笑)

アフターです↓

いい感じです(*^_^*)

そしてカシミールブルーパールメタリックの日産モコ、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

いゃ~いい色ですね(^_^)/

元々光沢感の高いブルーですがメンテナンスで更にツヤツヤのピカピカに仕上がっております。

オーナー様も『ピカピカだぁ!』とお喜びになられておりました!

ありがとうございました。

今回のモコのカシミールブルーは光沢感の高い色ですので、ご入庫時もピカピカでお綺麗でした。

雨風当たらない屋内保管でしたら話は別ですけど、どんな色のお車でも基本的に時間の経過と共に

少しづつ透明感や光沢感は引けてきます。また毎日見ているのでそれに気が付きにくいです(^^;

そこでコーティングメンテナンスなんです!

定期的にメンテナンスをして傷んだコーティング表面をケアしてあげると艶も透明感も

向上いたします!

先ほどもお話いたしましたが当店の通常のメンテナンスは研磨はしておりません。数種類のケミカルを

使用し汚れを落としていき最後にメンテナンス剤で仕上げていきます。使用いたしますケミカルや

メンテナンス剤もお車の状態に合わせて使い分けています。

ポリッシングは致しませんので深いシミやスクラッチなどは残ってしまいますが特殊なケミカルを

使用する事でコーティング被膜に付着している酸化被膜や鉄粉等などを除去しクリヤー感を取り戻します。

また撥水力も上がります。(撥水基が痛んでいる場合は撥水は戻りません)

もちろんそれにも限界がありポリッシングした時ほどはクリアーにはなりませんので

痛みが進んでいるお車にはポリッシング有りのメンテナンスもご用意しておりますので

お気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホワイトパールの新型日産ルークスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産ルークスのボディコーティングです。

ホワイトパールの納車間もない新車の日産ルークスです!

新型のルークスは当店初入庫になります(^_^)/

ルークスは昨年のモデルチェンジして3代目のモデルになりました。 初代のモデル名は“ルークス”ですが

2代目で“デイズ ルークス”に改名されデイズシリーズの一員となりました。

そして新型となる3代目は再び“ルークス”として独立した名前に原点回帰し単独車種として

ライバルの多いカテゴリーの中で頑張っています(^_^)/

そんな頑張り屋の新型ルークスの現状確認を行なって参りましょう!

まずはボンネットからです。

ボンネットは新車特有の曇り(白ボケ)も気にならない程、クリヤーでお綺麗でした(*‘∀‘)

ルーフは・・・

こちらもクリヤーでお綺麗です!

ボディサイドは・・・

若干曇りがあり透明感が損なわれているようです。

リアは・・・

こちらも若干曇りがあるんですが、ほぼ気にならない程度の軽い曇りです。

ホイールは・・・

ちょろっと汚れていました(^^;

 

全体的に新車特有の曇り(白ボケ)が少なくお綺麗なお車でした! ただボンネットとルーフの水平面に

比べるとボディサイドは少しだけ曇り気味です。 不思議とボンネット等の水平面がクリヤーで

ボディサイド等の垂直面が曇り気味というお車が多い気が個人的にしています。 不思議です(笑)

車のメーカーにもよりますが、なかなかボディ全体が曇りなくスッキリとクリヤーな車って

少ないんです(^^;

しかし今回のルークスは曇りのとっても少ない綺麗な塗装肌だったと思います!

と言いましてもボディサイドが少~し曇っていますので磨いて、よりクリヤーに仕上げて参りましょう。

作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介していきます。

↓は現状です。

綺麗に撥水していました(笑)

ボディもコロコロに撥水していましたので撥水シャンプーか撥水系の簡易コーティング剤のような物で

納車仕上げをしているのでしょう。

何で撥水しているのかはわかりませんが、とにかく一度ガラスを磨いてガラス表面に付いている

ケミカル剤を除去します。

その後にカービューティープロのウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました!

撥水力はあまり変わらない気もしますが(^^;耐久性が違うんです。

簡易タイプはあくまでも簡易タイプなので耐久性が短いんです。  ご注意下さい!

 

続いてはボディです。

洗車後のボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

少し流れていますけど黒っぽく見えているのがクリーナーに反応している鉄粉です。

新車とは言えこれくらいの鉄粉は付いているものです(^_^;)

リアは・・・

少ないです。

だいたい新車は水平面に鉄粉が付いていて垂直面は少ないパターンです(笑)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

リアは・・・

元々スッキリでした(笑)

鉄粉除去が済みましたら今度はボディにマスキングを施し・・・

ポリッシングの準備が整いました。

今回は新車ですので新車プランの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

今回は水平面はごく軽く磨き、ボディサイドは少しだけ強めに磨いて曇りを除去しています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回は樹脂コーティングのご依頼を頂いております。

フロントバンパー部です。 ↓はビフォーになります。

そしてアフターです↓

艶が上がっていますよ!

フロントのカウルトップもコーティングをしています↓

艶々です(*”▽”)

 

では各部の仕上がりを確認して参りましょう。

まずはボンネットからです。

元々お綺麗でしたので写真だと変化ないような・・・(;´∀`)

いゃホントは変化あるんですよ!   でもこうやって見ちゃうと・・・厳しいですね~(笑)

ルーフは・・・

厳しいですね~(笑)

もちろん艶も上がり施工前よりも、より綺麗になっているんですけど(汗)

ボディサイドは・・・

ボディサイドの写真が一番違いがわかって頂けるかと思うのですが・・・どうでしょう??

曇りが無くなってライトの映り込みもサッパリしていると思います。

いゃ しています! しているんです!!(笑)

リアも・・・

元々曇りもとても少なくクリヤーでしたが更にクリヤーになっているんです!

ホント~なんです(;´∀`)    綺麗なパールホワイトの車は紹介が難しいっス(汗)

最後にホイールです。

ホイールは少し汚れていたので違いがわかりやすいです(笑)   いゃ~助かります(^▽^;)

そしてホワイトパールの日産ルークス、新車コーティングが完成いたしました!

前回ご紹介いたしました新車アルファード同様・・・新車のパールホワイト、しかも元々お綺麗な

お車でしたので写真だと、あまり違いが・・・わからないかもしれません(大汗)

しかしボディ全体を磨いたことでスッキリとしたボディに仕上がっています!

更に透明感が増し艶も向上しております!

オーナー様もお喜びになられているご様子でしたので、たぶん間違いありません!!(笑)

ありがとうございました。

 

現在の軽自動車の売れ筋は今回のルークスのような背の高いスーパーハイト系のワゴンです。

現在、各社ある意味一番力を入れているカテゴリーでもあります。ライバルが多いという事は

競争が激しいという事でもあり、どの車もよく出来ています! 本当によくできていてビックリします(笑)

ひと昔前の軽自動車とは比べ物にならない程の出来の良さです。

ライバルの中でも後発となるルークスですが後発だけあってライバル車を研究しつくしたようで

まぁ~よく出来ています(*’▽’) 外装の仕上がりも内装の作りも軽自動車の品質ではないです。

そして安全装備もデイズは高性能なんです。 と言うより日本車トップクラスの自動ブレーキの

性能だそうですヽ(^o^)丿  凄いぞルークス!!

しかしそれにしても最近の軽自動車の進化はスーパーハイト系に限らず本当に凄まじいものがあります!

そして軽自動車は魅力的な車が多いので車選びも悩ましいですね!  ボディカラーも豊富ですしね(^.^)

でもその悩んでいる時間が楽しさでもあるんですけど(笑)

軽自動車のご購入をご検討の貴方! そう、そこの貴方!!  たくさん悩んで楽しんで下さい(^_^)/~

そしてコーティングするお店に迷った時には・・・

カービューティープロ カラーズと言うコーティング専門店があるようですYO。  ( ̄▽ ̄) フフッ

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

日産フィガロのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産フィガロのボディコーティングです。

H3年式の日産フィガロです!

H3年ですので、かれこれ30年近く前のお車になります(*’▽’)

いゃ~いいですね! オーナー様は以前からフィガロが欲しかったそうで程度の良い個体のフィガロに

出会え、ご購入に至ったそうです。

いゃ~私も欲しいです(*´▽`*)  控えめに言っても凄く欲しいです(笑)

30年前のお車ですので若い方は知らないかも知れませんがフィガロは1991年から1992年に

製造された日産パイクカーシリーズの第3弾として発売された車です。

当初は8000台限定の予定だったそうですが申し込みが殺到して急遽2万台の生産に変更された程の

人気車でした!  当時も私、欲しかったっス(;´∀`)

フィガロは4色のカラーバリエーションがあり、今回はその中のペールアクアと言う少し

緑がかった水色のボディカラーのお車です。

前置きが長くなりましたが約30年経過いたしました日産フィガロの現状を確認して参りましょう!

まずはボンネットからです。

お綺麗ですね! スクラッチやクスミはありますが30年前のお車と考えますと

程度は良好だと思います(*”▽”)

ルーフも・・・

スクラッチやシミはございますが、この程度です。

新車から2年くらいのお車でも、もっと酷い状態の車も沢山あります(笑)

トランクも・・・

同じような状態です。

それより汚れの方が気になりますね(^^;

ボディサイドも・・・

それなりの痛みは確認できますが・・・悪くはないです!

ホイールも・・・

汚れは付いていますけど塗装自体はまだまだしっかりとしていました。

もしかしたら再塗装しているのかな??

 

ご覧頂きましたように全体的にスクラッチとクスミが進んでいて透明感が損なわれています。

しかしシミはとっても少ないんです。

30年経っているので、それ相応の痛みが・・・ではなく年式相応以下の痛み具合でした(^_^)/

確かにこの個体を見てしまったら買わずにはいられません。間違いなく買いです(笑)

そんなお綺麗で“買い”のフィガロ君ですが30年前のお車には違いがありません。

見た感じ塗装が綺麗でも塗装自体が劣化している事もありますしゴム類や樹脂パーツも

痛みが確認できますので通常の作業方法とは少し違ったやり方で作業を進めていきます。

いつもは鉄粉付着状況をお知らせしておりますが、今回は専用のクリーナーは使わずに

鉄粉を処理しています。 たぶんクリーナーを使っても問題ないかとは思いますが、何がどう反応して

しまうのか分かりませんので安全優先です(^_^)/

その後にマスキングもしますが・・・

とりあえずは最低限のマスキングです。 ノーマスキングに近いですね(笑)

他のマスキングが必要な場所は、磨く直前にマスキングをしていく方法で磨いていきます。

またその磨きですが、今回は塗装の状態を見ながらの磨きという事でオーナー様に

ご承諾を頂いております。 無理にスクラッチやシミは除去しないで透明感を出す方向の

磨きで仕上げていきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S7です!こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の

低撥水タイプのコーティング剤になります。

PCX-S7は傷んだ塗装や古くなった塗装に使用してもトラブルが出る事の少ない

コーティング剤なんです! 今回は迷わずPCX-S7をご提案いたしました。

トラブルと聞くと少し驚くかも知れませんが再塗装車や比較的新しい塗装のお車でも

塗装とコーティング剤との相性があってムラ等のトラブルが出る事もあるんです。

今回は問題なくコーティング出来ましたヽ(^o^)丿  よかった!よかった!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

クスミが取れてスッキリクリヤーになりました!

塗装の状態も想像していた以上に良好でしたので、当初考えていたよりも磨けました。

とは言え無理にキズやシミの除去は行っていません。

ルーフも・・・

透明感が復活しましたね!

トランクも・・・

スッキリ~。

ボディサイドも・・・

クッキリ~。 とライトが映り込んでいます!

ホイールも・・・

綺麗になりました。

そしてペールアクアの日産フィガロ、ボディコーティングが完成いたしました!

いい! とってもいいです(笑)

スクラッチやシミも減りクスミも取れてスッキリとクリヤーで艶々です(*^_^*)

30年前のお車には見えないと思います!!

オーナー様も『随分と綺麗になったね~!』と、とてもお喜びになられておりました。

そのオーナー様ですが、これがまたフィガロがよくお似合いなんですよ!

控えめに言っても“メチャかっこいい”です(*”▽”) 似合っています!!

私が乗ったら・・・

違うんだろうなぁ~。こうはいかないんだろうな~。と思う寺尾太美51歳、2020年秋の出来事でした(笑)

何時までも大切にお乗りください!!

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スーパーブラックのノートニスモです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産ノート e-POWER NISMOのボディコーティングです。

H29年式の日産ノート e-POWER NISMOです!

スーパーブラックと言う名のソリッドブラックの車両になります。

当店も何台かノートニスモは施工させていただいておりますがスーパーブラックのノートニスモは

お初になります(*^_^*)

スーパーブラックですので“超~黒い!”はずなんですけど・・・ご購入から3年経つ事もあって

やや黒さが薄れています(^▽^;) 光の当たり方によっては白っぽいと言いますかグレーっぽいと

言いますか??  その原因の多くはクスミとスクラッチなんです。

↑の写真だとわかりませんが近くで見ますと・・・

スクラッチが凄いんです。 凄いんですけど写真だとそれほど凄く感じませんね。困った困った(^^;

実際見ると2~3倍の凄さだと思います。

ルーフも・・・

まだこちらの方が凄さが伝わりますかね??

これでも実際見ると1.5~2倍は凄いです(笑)

ボディサイドは・・・

これですよ!これを見て頂きたかったんですよ!

ボンネットやルーフもこれくらいキズキズなんです(;´∀`)

暗い所では車が黒く見えるんですけど太陽の光が当たったり街灯の下だと、光がスクラッチ(キズ)で

乱反射してしまい↑の様にキズがギランギランに見えてきます。 これが黒い車が白っぽく

見えてしまう原因の一つです!  ボディ全体がグリングリンのギランギランです(^_^;)

リアも・・・

ギランギランなんです。

ホイールは・・・

ボチボチいい感じの汚れ具合でした(^^;

 

初期登録から3年、スクラッチが付きやすく目立ちやすいソリッドブラックではありますが

それにしても、ちょっと多いかな(^^; と言うのが正直な感想です。

オーナー様もキズが酷く気になっているとご相談に来られたのですが、その原因は・・・

ガソリンスタンドの洗車機の様です。 なかなかお仕事も忙しく、また洗車する場所の

問題もあって手洗いが出来ず洗車機を使用しているそうです。

洗車機は以前に比べますとスクラッチ(キズ)が付きにくいとは言いますが、

ご覧いただきましたようにやっぱりキズが付きやすいんです(汗)

しかも意外とキズが深いんです(;´∀`)

また撥水洗車を使用していたのでしょうか? 隅々までシミも付いていました(泣)

シミもキズも付いてしまったものはしょうがないです(笑) 頑張って綺麗にしていきたいと

思います! 久々にボス戦級の戦いになりそうな予感がいたしますが張り切っていきましょう!

作業開始!!

 

まずはともあれ洗車です。 その後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。 と毎回書いて

いますけど洗車と鉄粉除去の間にも実は色々な事をしているんです(*^_^*) あんな事やこんな事が

終わりましたら鉄粉処理に進みます。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応するんですけど・・・

毎回の事ながら黒いボディは写真で見ると何がなんだかわかりません(;´∀`)

リアも・・・

何がなんだか・・・(汗)

写真だと何がなんだかわかりませんけど、手で軽く撫でてみると結構ザラザラ&クリーナーも

紫色に反応しておりました。 そこそこ多かったと思います。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

わかりません!

リアも・・・

わからぬ! わからぬのだぁ!  でも綺麗に除去しております(^_^)/

鉄粉が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨きの準備が出来ました。

そしてその磨きですが今回はミディアムポリッシングのエクストラプランになります。

スクラッチが多いのでエクストラプランの上のプレシャスプランの方が、より深いスクラッチや

シミが除去できるのですが仕上がり感とお値段のバランスを考えて今回はミディアムポリッシングの

エクストラプランをおすすめさせていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

いかがでしょうか。ミドルポリッシュでもだいぶ綺麗になりましたね(^_^)/

ルーフも・・・

深いスクラッチは残っているんですけどギランギランに見えていたスクラッチが

かなり綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

グリングリンのギランギランに見えていたスクラッチもサッパ綺麗になりましたね!

乱反射も無くなり黒さが復活しました。 気持ちいいっス(^.^)

リアも・・・

残っているスクラッチがございますがサッパリと綺麗になりました。

最後にホイールです↓

こちらも艶々になりました。

そしてスーパーブラックの日産ノート e-POWER NISMO、ボディコーティングが完成いたしました!

いかがでございますでしょうか。スーパーブラックの名に恥じない“超~黒い!”黒に

仕上がっております!  超~黒いと言うよりも、“超艶々”と言ったほうがいいかも知れません(笑)

という事は・・・スーパーグロスブラックですね!

そう、今日からこちらのノートニスモのカラー名はスーパーグロスブラックに改名いたしましょう。

それがいい。そうしよう!(笑)

オーナー様も『うわぁぁぁぁ すげ~なぁ! いゃすげ~なぁ。新車みたい。店から出したくないな』

と、スーパーグロスブラックに仕上がりました愛車とご対面し、お喜びになられておりました!

ありがとうございました。

 

ダーク系カラーのお車、特にソリッドブラックは維持・管理がとても難しくデリケートなカラーです。

洗車時にも傷が付きやすく目立ちやすいので注意が必要です。

洗車する時はまず初めに水で(できれば高圧)でよ~く砂や埃など落として、その後たっぷりの

シャンプーの泡を使って優し~く力を入れないで洗ってください。 水を拭き取るときも優し~くです。

ポイントはタップリの水とタップリの泡と愛情タップリの優しさです(^.^)/

お手入れは大変ですけどソリッドブラック特有の輝きは最高です!

この輝きを知ってしまうと。もう他のカラーには戻れませんね(笑)

お手入れ大変ですが、張り切って参りましょう!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

日産スカイライン400Rのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産スカイライン400Rのボディコーティングです。

スーパーブラックの日産スカイライン400Rです!

このスカイライン400Rにはパールのブラックとソリッドのブラックの2つのブラックが

用意されているようですが、今回ご入庫されたのはソリッドのスーパーブラックです。

こちらの車両は昨年の9月に初期登録されているお車で試乗車?に使われていたお車を

ご購入されたそうです。 初期登録から約1年なんですけど当店にご入庫された時は

結構アレでして・・・(^^;

そんな結構アレな状態の(^^;スカイライン400Rの現状を確認して参りましょう!

まずはボンネットからです。

写真だとあまり感じませんが汚れているんです(^▽^;)

これですと塗装面の状態がわかりませんので洗車後に撮影したのが↓です。

これまたそれほど酷くないように見えますが、実は洗車後というよりはケミカルなどを使用して

落とせる汚れやシミを落とした状態なんです。

ですのでご入庫時よりもだいぶ綺麗になっているんです。

↓はルーフですが・・・

ボンネットもこのような状態でした(^_^;)

シミシミです(汗)

それとスクラッチも多かったです。

トランクも・・・

こちらもある程度シミが取れた後の撮影です。 線傷も多かったです。

ボディサイドは・・・

写真だとわかりませんがシミも線傷も多いんです(汗)  (ボディサイドは洗車前の写真です)

ホイールは・・・

あまり汚れていませんでした。 ホイールも洗車前の写真です。

 

初期登録から1年なんですけどシミが酷かったです。このシミはおそらく撥水剤等の

ケミカルを頻繁に使用したために付いたケミカルジミかと思います。

それと洗車キズ(線傷)が多いのも気になります。写真だとわかりませんが線傷が多いんです(^_^;)

これは洗車機による洗車キズかと思われます。

それらを総合的に考えると、私の推測は“洗車機による撥水シャンプー洗車を頻繁にされていたお車”

ではないかと思います。  推測ですけど(笑)

撥水系のケミカルは頻繁に使用しますとシミだらけになる事もございますので注意が必要です。

初期登録からまだ1年のお車ですがお車のリフレッシュと気持ちのリフレッシュを兼ねて

ボディコーティングで綺麗にしてまいりましょう!

作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからです。

ボディもシミシミの状態でしたがウインドウも・・・

シミシミなんです(^▽^;)

リアウインドウも・・・

結構凄いんです。しかし水弾きはピンピンでしたので、やはり何か撥水剤が

使われているようです。

ウインドウも磨いてリフレッシュ!!

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

シミも・・・

スッキリと・・・

綺麗になりました(^_^)/

尚、ウインドウのシミ(ウロコ)は軽いウロコ除去でしたら通常のウインドウコーティング時に

行う下地作りで除去できますので料金はかかりませんが、酷いウロコの除去がご希望でしたら

別途ウロコ除去代がかかります。詳しくはお問い合わせください。

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが、いつも通り黒い車だと・・・

何が何だかわかりません(^_^;)

作業した感じでは結構ザラザラとした感触でそれなりの量の鉄粉が付いていたと思います。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、やはり・・・

何が何だかわかりませんね(^▽^;)

鉄粉の処理が終わりましたら今度はボディにマスキングを貼っていきます。

いつも黒い車に黄色いマスキングをすると“これはこれでいいなぁ~と”思うのは

私だけでしょうか??(笑)

話が逸れましたがここまでが磨きの為の準備になります!

その磨きですが今回はエクストラプランでのご依頼となります。エクストラプランは経年車や

中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去するミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

 

そして今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

今回はミディアムポリッシングのプランですので深めの線傷は残っていますけど

屋外で見たら気にならないと思います。

ルーフも・・・

深めのシミは残っていますけどシミもスッキリと綺麗になりました(^_^)/

トランクも・・・

サッパリとしましたよ~!

シミも線傷もスッキリとしてクリヤーになりました。

ホイールもタイヤも艶出しをして綺麗にしましたら・・・

スーパーブラックの日産スカイライン400R、ボディコーティングが完成いたしました!

ソリッドブラックらしい艶々ボディに仕上がりました(^_^)/

やっぱり艶々のソリッドブラックは“凄み”が違います。迫力が増したといいましょうか?

ただならぬオーラに包まれております。見るからに速そうです!

リフレッシも済みこれで気持ちよ~くスカイラインにお乗りいただけると思います。

何時までも大切にお乗りください!

 

昨年のマイナーチェンジ時に追加されました400Rですが名前の通りと言いますか名前の由来にも

なっていますが3リッターV6ツインターボで400PSオーバーだそうです(*”▽”)

凄いですね(驚) しかも400馬力をFRだなんて、なんて素敵なんでしょう!

私も若いころにスカイライン(R32)に乗っていました。もちろんGT-Rではない

普通のタイプMです(笑) 確か215馬力だったと思います。

それが今では倍ではないですけど倍に近い405馬力ですよ(;”∀”) 速くない訳がないです。

昔のスカイラインと今のスカイラインとでは立ち位置が違い全然違う車だとは思いますが

久々にワクワクする走りのスカイラインが登場して嬉しく思っているのは私だけではないはずです(笑)

そしてそう思っている方は私と同じ世代なはずです(笑)

昔を懐かしんでまたスカイラインに乗りたいとは思うのですが、こちらの400R新車価格は・・・

ゴヒャクロクジュウマンエン、だそうです。 乗り出しで6.000.000円以上ですか(^_^;)

私のR32スカイラインが確か3.200.000円でしたので馬力だけではなく価格も倍でした(汗)

馬力が倍ですので価格も倍と考えると納得のお値段ですね!

装備も全然違いますし! そう考えるとけっして高くはないような気もしてきました(笑)

だんだん欲しくなってきたぞぉ! よ~し買うぞ!!

宝クジ売り場へレッツラGO!! (;´∀`)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

日産ノートe-POWER NISMO Sの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産ノートe-POWER NISMO Sのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのブリリアントホワイトパールのノートe-POWER NISMO Sはボディコーティング施工から

1年半ほど経過いたしましたお車になります。

定期的にメンテナンスにお越しくださっており、今回は3回目のメンテナンスのご依頼になります!

↑の写真くらい離れてみますと綺麗に見えますが・・・今年の長かった梅雨の後という事もあってか

近くで見ますと結構アレなんです(^▽^;)

では今回のメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

↓はボンネットです。

水アカで縞模様状態なんです(^^;

ただ汚れてはいますけど塗装を侵食してしまっているような深いシミは少ないようです。

アフターです↓

水アカ汚れさえ落としてしまえばスクラッチやシミが少なく良好な状態を維持しております!

屋外屋根なし駐車なんですが、それを感じさせない状態です(^_^)/

ルーフも・・・

縞模様と言いますか、まだら模様と言いますか? とにかく水アカで汚れておりました。

アフターです↓

ボンネット同様、とてもいい状態をキープしております!

コーティングも効いていますので水アカのこびり付きもなく、軽い洗車でも簡単に

落とせます!

リアも・・・

なかなかの縦じま模様具合です(笑)

コーティングが掛かっていないで、この縦じま模様のまま少し放置してしまうと水アカが

こびり付いてしまいシャンプー洗車程度では落ちなくなってしまいます。

雨が降ると水アカ自体はコーティングをしていても付いてしまいますが、水アカがこびり付く事もなく

洗車で簡単に落とすことが出来ます。 この普段のお手入れの簡単さもコーティング効果の

一つでもございます!

アフターです↓

簡単に落ちるんです! 水アカは簡単に落ちましたが今回はメンテナンスですので洗車以上の事も

行っております。

ボディサイドも・・・

なかなかいい感じの汚れっぷりです(^^;

アフターです↓

ビフォーとアフターの違いがわかりやすくて助かります(笑)

 

それと鉄粉の付着状況のご報告です。

↓の黒っぽくポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

鉄粉も少ないですね!

リアは・・・

ボンネットに比べますと多めではありますが、それでも少ない方だと思います(^_^)/

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました!

リアも・・・

だいぶサッパリとしましたね!

鉄粉が増えてきますと洗車時にスポンジやクロスが引っ掛かるようになります。

逆に洗車時に引っ掛かりを感じるようでしたら、鉄粉が多く付着しているサインです。

お早目の処置を!!

最後にホイールです。

毎回言っているような気もしますが、このNISMOのホイールは意外と洗うのが大変なんです(^▽^;)

アフターです↓

ホイールもコーティングしておりますので、洗えばピカピカです!

そしてブリリアントホワイトパールのノートe-POWER NISMO Sのボディコーティングが

完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

水アカもスッキリとして、また艶々ボディに復活しております(^_^)/~

先ほども少しお話いたしましたが汚れてはいましたが、汚れを落としてしまえば

シミやスクラッチはとても少なく塗装面は良好な状態をキープしておりました。

これも定期的にメンテナンスにお越しくださっている成果でもあると思います!

メンテナンスは大切です!皆様もメンテナンスは定期的にどうぞ~(^_^)/

 

現行のノート(E12型)の発売が2012年の9月ですので発売からちょうど8年になります。

噂では今年の秋に新型が登場するようですね! 少し前の噂話では新型はスライドドアを採用するとか

言われていましたが最新のスクープ写真を見ると通常のスイングドアのように見えます(^.^)

実際はどうなのか新型が発表されるまでのお楽しみです(笑)

ノートNISMOも人気グレードなので新型にも設定されるとは思うのですが今のところは何も

噂話は聞こえてきません(^^; でも人気グレードですので初めに設定は無くても

追加は間違いないと思うのですが・・・これも新型発表時のお楽しみという事で

首を長~くして待ちましょう(笑)

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。