ブラック&レッドのホンダN-BOXカスタムです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダN-BOXカスタムのボディコーティングです!

こちらのクリスタルブラック パール&レッドのN-BOXカスタムは2018年3月に

新車コーティングを施工させていただきましたお車になります。

新車から3年半以上が経過してキズも多くなってきましたのでコーティング再施工の

ご依頼を頂きました。

↑の写真で見ますと艶も感じられ、まだまだお綺麗に見えますが・・・

ではコーティング施工から3年半が過ぎましたN-BOXカスタムの現状確認より

始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

シミもスクラッチも多く、塗装面がガサガサで痛みが進んでいました。

ルーフも・・・

痛みが進んでいるのですがルーフは赤いので黒い部位ほど痛みが目立ちません(笑)

しかし目立たないだけで実際は痛みが進んでいます(^^;

ボディサイドも・・・

洗車キズでしょうか?たぶんそうです(笑) スクラッチが凄いです(^▽^;)

リアゲートも・・・

ライトを当てるとギランギランです。

ホイールは・・・

ボチボチの汚れっぷりでございました(笑)

 

全体的に3年半以上経過と言うこともあってシミとスクラッチが多かったです。

特にスクラッチは結果凄いです(^▽^;)

黒いお車の場合はどうしてもスクラッチが付きやすく目立ちやすいので

仕方のない事ではあります。ただ特にホンダの軽自動車は塗装自体が

柔らかいので、よりスクラッチが付きやすいんです。

そのまま放置してしまうと痛みは進む一方ですので、どこかのタイミングで塗装面の

リフレッシュが必要になってきます。

逆にリフレッシュすれば、まだまだお綺麗になるんです!

そう、今回のN-BOXカスタムのように( ̄▽ ̄)

では早速ですがN-BOXカスタムをリフレッシュして参りましょう。

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理してまいります・・・が

既にお気づきではあると思いますが黒い車の場合は専用のクリーナーを吹き掛けましても・・・

反応が全然見えません。

リアも・・・

写真だと確認困難です(汗)

コーティング施工から3年半以上経過はしていますが1年程前にもメンテナンスで

鉄粉を処理していますので、それほど多くは付いておりませんでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

もちろん全然わかりません(^^;

リアも・・・

“画”的に変わり映えはしませんが処理が済んでおります。

 

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

磨きの準備が整いました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9とPCX-S8を使用しました!!

実は新車時にもそうだったのですが黒い部位には低撥水系、赤いルーフには水玉撥水の

オーナー様こだわりのチョイスです!。

ただ一つ残念なのは私がPCX-S8の写真を撮り忘れた事でしょうか。 すみませんm(__)m

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

そしてPCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤になります。

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスクラッチもスッキリとしてスベスベになりました(^_-)-☆

ルーフも・・・

綺麗になりました。

スクラッチが盛大に付いていましたボディサイドも・・・

サッパリとしました(^_^)/

同じくリアゲートも・・・

ギランギランに見えていたスクラッチもスッキリとしております!

最後にホイールです。

ホイールが黒いとお車が引き締まって見えます。

そしてクリスタルブラック パール&レッドのN-BOXカスタム、ボディコーティングが

完成いたしました。

艶々にリフレッシュできました~ヽ(^o^)丿

黒い車はスクラッチやシミ、そしてクスミが進んできますと黒さが引けて白っぽく見えてきます(^^;

そこでリフレッシュです!ボディに付いているシミやスクラッチ、クスミを磨いて除去し、

コーティングを掛けますと、黒に深みが出て艶やかさと光沢感が向上します。

その艶感は新車にも負けません!

お引き取りに来られたオーナー様も“わぁ~新車みたい!嬉しい~”と、とてもお喜びになられておりました!

ありがとうございます。

お車ご購入から年月が経過しますと知らず知らずのうちに痛みが進んでいるものです。

ただ普段から見ていると意外と気が付かないんですよね(笑)

でもある時にフッと気が付くんです。あれっ随分とキズが付いているなぁ~。っと。

ボディにキズが付いていると艶も無くお疲れな雰囲気を醸し出してしまいます(^^;

でも諦める事はございません。  磨けばまだまだ輝きます!!

そう。今回のN-BOXカスタムのように!!

皆様の愛車もリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

気持ちよくお乗りいただけますよ(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

トヨタ カムリ、通算7回目のメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ カムリのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプラチナホワイトパールマイカのトヨタ カムリはボディコーティング施工から

3年半ほど経過いたしましたお車になります。

半年毎にメンテナンスにお越しくださっており今回は通算7回目のメンテナンスの

ご依頼になります!

いつもありがとうございます。

では早速ではございますがコーティング施工から3年半経過いたしましたトヨタ カムリの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットです↓

前日の雨の名残で雨粒が残っている所もございまして、

まだ水玉撥水を維持されている様子が伺えます(笑)

アフターです↓

コーティング施工から3年半を感じさせないほど良い状態をキープされております。

ただ若干メンテナンスでは落ちないクスミも進んで来た感じも正直いたします。

でもおそらく言われないとわからない程度の軽いクスミです(^.^)

ルーフも・・・

相変わらずシミやスクラッチが少なく、とてもとても3年半経ってる様には見えません

アフターです↓

こちらもボンネット同様にクスミも感じるようになってはきましたが、

まだまだ全然お綺麗です!

それにしてもホントにシミ、スクラッチが少ないですね(*’▽’)  素晴らしい!!

トランクも・・・

ボンネットやルーフと同じ状態です。

アフターです↓

メンテナンス後に見てもボンネットやルーフと同じ状態です(笑)

屋外屋根なし駐車とは思えない程お綺麗です。

ただバンパーの上面などは・・・

雨が降れば汚れてしまいますけど、これも汚れが付いているだけですので・・・

こびり付くことも無く洗車程度でも綺麗に落とせます。

洗車しても水アカ汚れが落ちなくなってきたらコーティング効果が落ちてきている証拠でも

ございますので、そろそろ再施工の時期なのですが今回のお車は施工から3年半が経っていても

コーティング効果がまだまだ持続しているようで、洗車でも十分綺麗になりました。

今回はメンテナンスですので洗車以上に綺麗です(笑)

ボディサイドも・・・

雨天走行時の汚れはございますが、それさえ落としてしまえば・・・

目立つような痛みはございません(^_^)/

 

それと何時ものように鉄粉の付着状況を確認していきましょう。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

過去6回のメンテナンスで今回が一番鉄粉が少ないような気がします(笑)

とっても少なかったです。

リアは・・・

ボンネットに比べると多いですけど、やはり過去一番の少なさ・・・のような気がします。

たぶんそうです(^▽^;)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリと綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリとしましたね!

そして最後にホイールです。

2ヶ月ほど前に交換されております。その際に当店にてホイールコーティングを

施工させていただいております!

そんな事もあって、まだまだピカピカですヽ(^o^)丿

アフターです↓

ゲッ(;”∀”) 写真だと違いがわからない(汗)

それだけ元々がピカピカだったという事で(^▽^;)

 

そしてプラチナホワイトパールマイカのトヨタ カムリ通算7回目のボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

サッパリとしました!

何度も言っているような気もしますが(汗)コーティング施工から3年半が経っているとは思えない程、

塗装面(コーティング被膜)の状態が良かったです(^_^)/

洗車の頻度は多くないそうですが、もしかしたら逆にそれがいいのかも知れません。

洗いたい気持ちをグッとこらえて必要以上に洗車をしないようにしているそうです(^.^)

なので必要以上に洗車キズも付かなくて状態が良いのだと思います。

もちろん洗車にも気を使われているそうで拭き上げにもブロアーを使われているとの事です。

流石です!!

よく車の洗車の頻度を質問されるのですが、お車の使用方法や保管状況で洗車の頻度は違ってきます。

目安として月に2回程度が私はお薦めです。汚れが酷く無ければ月1回でもいいかと思いますし

場合によっては、もっと少なくてもいいかなとも思います。

逆に花粉の季節などは洗車の頻度を上げた方がいいと思います。

また洗車方法によってもコーティング被膜の痛み具合も大きく変わって来ます。

ゴシゴシと力を入れすぎると塗装もコーティング被膜も傷みます(;´∀`) お気を付けください。

洗車をしないのも良くないのですが、洗車のし過ぎもあまりよいものでないと思いますので

何事も程々がおすすめです(笑)

まだまだ寒い日が続きますが洗車も頑張ってまいりましょ~ ヽ(^o^)丿

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスIS Fスポーツのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスIS Fスポーツのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”は昨年の7月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

施工から5ヶ月、早めのタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

コーティング施工から5ヶ月の早めのメンテナンスですが、これには訳がございまして・・・

それは後ほど明らかになりますが(笑)まずはボンネットのビフォーとアフターより

ご紹介を始めてまりましょう!

↓は現状です。

ご入庫時の雨で濡れております。

という事で施工から5ヶ月、屋外屋根なし駐車のリアルな水弾き状況が確認できます。

塗装の表面が少し汚れているので水玉がやや潰れ気味ではございますが水玉撥水を

維持しております。

アフターです↓

洗車だけでも塗装の表面が綺麗になって撥水力が上がるのですが、今回はメンテナンスですので

通常の洗車では落ちない頑固な汚れの被膜を除去しております。

ですので撥水力はコーティング直後と変わらない程まで回復しています!

しか~し!!!  その水を弾いている所の写真を撮っていないというね(^▽^;)  すみません。

写真を撮っている時に気が付けばいいんですけど、これが大抵ブログ書いてる時に気が付くんですよ(汗)

そんなブチブチと言い訳していないで次に行きましょう!

次はルーフです↓

こちらも濡れていますけど状態は良さそうです。

アフターです↓

やっぱり良かったです(^_^)/

シミやスクラッチもとっても少なく、とても良好な状態を維持されておりました!!

トランクも・・・

まだまだ綺麗に水も弾いています。

目立つ汚れもありませんでした。

アフターです↓

ホントにお綺麗なんです!

素晴らしいです(^_^)/

ボディサイドも・・・

雨天走行による汚れはございますが気になる傷み、汚れはございません。

アフターです↓

白過ぎてよくわかりませんね(^▽^;)

とにかく良い状態をキープされているという事です(笑)

 

ここまでは何も問題なくお車の状態が申し分ないのに何故早めのメンテナンス??と思うかも知れませんが、

実はこちらのISは鉄粉が多いんです。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

こんな感じです(;”∀”)

リアも・・・

こんな感じなんです(汗)

ボンネットよりリアの方が多い感じです。

コーティングから5ヶ月で↑くらいの量と言いたい所なんですが、実は昨年の9月に別件でご入庫された時に

一度鉄粉を処理しているんです。 という事は3ヶ月ほどでこんなに鉄粉が付いてしまったという事です。

原因は既に判明していまして、新車施工時のブログでも書いていますが駐車場が線路のすぐ近くなんだそうです。

その為に鉄粉が多く舞っているようで鉄粉が付いてしまうようです。

鉄粉が多く付いていると撥水の妨げにもなりますし、とくに白い車だとプツプツと見えてしまい、

美観を損ないます。 また洗車時のスポンジやクロスの滑りが悪く引っ掛かります。

↓は以前作業しました別のお車です。

鉄粉からサビが出て目立ちます。

更に放置しますと錆のシミが広がってしまう事もございます。

なかには500年玉ほどの大きさまで成長してしまう事もあるようです。 コワいですね~(;´∀`)

ですので鉄粉の処理は大切なんです!!

↓はアフターです↓

だいぶ除去出来ました。

リアも・・・

サッパリとしました!!

鉄粉が付いてしまうのはある意味しょうがない事です。

ただ放置してしまうと大変な事になってしまいますので鉄粉が多く付くお車の

鉄粉処理は早めがいいと思います。

 

ホイールも・・・

お綺麗でした! 雨の中来られたとは思えない程です。

きっとこれも新車時にホイールコーティングをした効果ではないでしょうか??

たぶんそうです(笑)

アフターです↓

更に艶々です。

 

それと今回はウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

施工からまだ5ヶ月ですので、まだ早いかな??とも思いましたが・・・

確認してみますとフロントはやや撥水力が落ち気味でした。

リアは・・・

こちらの方が撥水力が落ちております。

ガラスもボディと同じで“黒い”方が痛みが早い傾向です。

弱ったコーティング被膜を一度除去して再度ウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングの完成です。

リアも・・・

コロコロの水玉撥水に仕上がりました。

ウインドウコーティングの耐久性はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって

大きく変わってきます。目安は半年~1年位ですがフロントウインドウはワイパーの

ゴムを撥水ワイパーに交換して頂くとコーティングの寿命が延びますので

ウインドウコーティングしましたお車には撥水ワイパーの交換をお薦めいたします!

 

そしてホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”のボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

元々お綺麗なお車でございましたが艶感を感じにくいホワイトなどのライトカラーも

キッチリとメンテナンスしますとしっかりと艶を感じる仕上がりになります!

また例のボンネットルーフ等に黒くポツポツと見えていた鉄粉も無くなり

美観の向上も無事果たしております(^_^)/

オーナー様もとてもお喜び頂けたご様子でした! ありがとうございました。

 

話は変わりますが先日、幕張メッセで行われましたTOKYO AUTO SALON 2022の

展示車施工に行ってまいりました!

昨年はコロナの為にオンライン開催のみでしたので施工は2年ぶりになります!

今年もオミクロンが増え開催できるのか心配でしたが感染拡大防止対策を行い開催されました。

私達業者さんも施工日の1週間前より健康チェックや行動記録をつけ、当日は入場時に

検査等も行いのやっと入場できるほどの厳戒態勢でした。

その施工車両ですが毎年どんどんと“大人の事情”が厳しくなり写真の掲載はもちろん、何処のメーカーの

何の車種を担当したかもシークレット!!

ですので限界体制の中やっとの事で無事に入場できましたが今回は残念ながらご紹介は無しです(T_T)

唯一撮った写真が・・・

 

私の検査結果です(笑)   もちろん陰性です(^_-)-☆  良かった~~

という事で今年のTOKYO AUTO SALON のご報告は私は陰性だったという事のみの

ご報告となりました( ̄▽ ̄)    なんだか残念!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ピクシス メガのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ピクシス メガのボディコーティングです。

ブラックマイカメタリックのトヨタ ピクシス メガです!

こちらは納車間もない新車でございます。

正直ピクシス メガとあまり聞きなれない車名なので名前を聞いてピンとくる方は

なかなかのマニアな方かオーナー様かと思います(笑)

ピクシスはトヨタが販売している軽自動車シリーズの名称です。

現在は5車種ほど販売しているようです。

そのうちの1台であるメガはダイハツのウェイクのOEM車種です。

ピクシスシリーズは意外と、と言いますと失礼ですが(言っちゃってますけど)売れているようで

街中でも結構遭遇します。

ただエンブレムを見ないとわからないのですがミライースかと思いきやピクシス エポックだったり

ウェイクかと思えばメガだったりと気にしないとわからないだけで実際は結構売れているそうです。

私もご入庫後にオーナー様に伺うまでウェイクかと思っていました(^▽^;)

話がそれましたが新車ピクシス メガの現状確認より始めて参りましょう!

↓はボンネットです。

ほんの少しだけ曇りを感じますが、とってもお綺麗です(^_^)/

ルーフも・・・

ちょこっとだけ曇りもありますが、言われなければ気が付かないレベルです。

言われてもわからないかも知れません(笑)

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフに比べると曇っているのですが、それでも↑程度の軽い曇りです。

曇ってる??と感じるかも知れませんが、よ~く見ると映り込んでいるライトの輪郭が

ボヤッとしていると思います。

リアも・・・

十分にお綺麗ですが更に“その先”の綺麗がある・・・はず(笑)

ホイールは・・・

ちょろっと汚れていますけど新車ですのでお綺麗です!

 

全体的に塗装の曇りも僅かでお綺麗な塗装肌でございました。

ただよくよく見ると若干の曇りもございますが、先ほどもお話しましたように

ほぼほぼ言われなければわからない程度のごく軽~い曇りです。

業者さんじゃないとわからないかもです(笑)

ただ、ごく軽~い曇りでも曇っている事には違いはございません。その僅かな曇りが

あるか?ないか??で塗装の透明感が変わって来ますので、曇りは無いに越したことはございません。

と言うか無い方がいいです(笑)

では新車より更に透明感ある新車に仕上げていきたいと思います!

作業開始~~!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

毎度毎度の事ですけどボディが黒いと反応が見えません(^^;

リアも・・・

もちろんわかりません(汗)

今回は新車という事もあって鉄粉は少なかったです。

新車でも鉄粉が多い車もございます。中にはビックリするほど付いている場合もあるんです(^▽^;)

新車だからと言って油断してはいけません。  ←(主に私ですけどね)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

でもやっぱりわかりません(T_T)

リアも・・・

写真だと全然わかりませんが鉄粉処理が済んでおります!

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に曇りの少ない綺麗な塗装肌でしたので軽い磨きで曇りを除去して

塗装表面を整えていきました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

ボンネットは元々お綺麗でしたので写真だとあまり違いが無いかも・・・(大汗)

でも曇りも取れてよりスッキリと仕上がっております!

ルーフも・・・

ボンネットよりも違いがわかりやすいかもです。

曇りが無くなった事で施工前よりライトが綺麗に映り込んでいます。

ボディサイドも・・・

施工前と比べるとライトの映り込みがスッキリとしております。

リアも・・・

更に綺麗になりました!

 

それと今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので・・・

ホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティングをしました。

艶々です!

ホイールコーティングは新車時、またはホイール新品時がおすすめです(^_^)/

そしてブラックマイカメタリックのトヨタ ピクシス メガ、新車コーティングが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

と言いましても元々とってもお綺麗でしたので写真だと施工前後の違いが

伝わらないかも知れませんが(^▽^;)

しかし各部の仕上がりで見て頂いたように曇りが取れてよりクリヤーになり

周りの景色もより綺麗に映り込むようになっております。

今回のピクシス メガの塗装面の曇りはごく僅かでしたが、そのごく僅かな曇りでも

塗装の透明感や光沢感に影響を及ぼします。

鉄粉の所でお話しましたが新車でも鉄粉がビックリするほど多く付いている車両もございますし、

塗装がビックリするくらい曇ってる車両もございます(^▽^;)  ホント~なんです(汗)

当店では新車でもそれらの不具合箇所を修正してからコーティングを行っております。

経年車はもちろん、新車も下地が大切です!

新車ご購入時は新車も下地作りから行っておりますカーコーティング専門店、

『カービューティープロ カラーズ』へお任せください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

アウディS8のメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアウディS8のボディコーティングメンテナンスです。

H20年式ファントムブラックパールエフェクトのアウディS8です!

こちらは2020年の6月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります

コーティング施工から1年半が経ち、今回はメンテナンスにお越しくださいました。

ブラックで屋外駐車、そしてコーティング施工から1年半との事ですのでシミが

多く付いている予感がいたしますが(^^; はたして!?

ではメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

やはりシミが多く付いていました(^^;

それと洗車キズと思われるスクラッチも多めでした。

アフターです↓

今回はスタンダードメンテナンスですのでスクラッチとシミがだいぶ残ってしまいました。

ただクスミもだいぶ取れて塗装表面がスッキリとして黒さが増したと思います!

ルーフも・・・

スクラッチが多いですね~(^▽^;)

スクラッチは色的にどうしても付きやすく目立ちやすいです。

アフターです↓

ルーフも塗装の表面はスッキリとしたのですがスクラッチが・・・(^^;

次回のメンテナンスはメンテナンスplus、またはボンネットやルーフの水平面は

磨き直しをおすすめいたします。

トランクは・・・

こちらもボンネットやルーフ同様でした(^^;

アフターです↓

シミやスクラッチはございますが塗装面がサッパリとしましたね!

実際に見て頂けると写真で見るよりもビフォーとアフターの違いを

感じて頂けます。

ボディサイドは・・・

雨筋が付いていました。

雨筋って不思議で、白い車の場合は雨筋が黒っぽく見えるのに、

黒い車だと雨筋が白っぽく見えるんですよね~。 何故なんでしょう??不思議です(笑)

そしてアフターです↓

雨筋も無くなり綺麗になりました。

ボディサイドは水平面ほど痛みの進行は無くお綺麗でした!!

 

それともちろん今回も鉄粉の除去をしています。

とは言え、黒いボディカラーですので・・・

何が何だかわかりません。

専用のクリーナーを吹き掛けると鉄粉が紫色に反応するんですけど、

写真ですと全然わかりません(^▽^;)

リアも・・・

全然わかりません(汗)

実際のところはコーティング施工から1年半という事もあって結構付いていました。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

綺麗になっていても写真だと全然わかりません(汗)

リアも・・・

もちろんわかりませんが、鉄粉処理が済んでおります!

そして最後にホイールです。

汚れてはいますけどブレーキダストで汚れやすい輸入車と考えますと

お綺麗な方ではないでしょうか??

アフターです↓

でも洗うと全然違います(笑)

そしてファントムブラックパールエフェクトのアウディS8、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

最初の写真と“写真の色味”が変わっていますので(すみません)単純に見比べられませんが、

艶が復活して深みのあるファントムブラックパールエフェクトに復活いたしました!

ボンネットやルーフの水平面は近くで見ますとシミやスクラッチが残っていますけど

クスミも取れ、スッキリとした透明感を感じる艶々ボディに復活しました。

やっぱり黒いお車は引き締まってカッコイイですね!全然10年以上前のお車には見えません!!

まだまだこれからも5.2リッターV10エンジン、現役バリバリで楽しんでください(^_^)/

 

今回、正直思っていた以上にスクラッチとシミが多く付いてしまった印象でした。

当店のメンテナンスは基本的に磨きをいたしません。数種類のケミカルを使い汚れやシミを

落としていきます。ですので深いシミやスクラッチは残ってしまいます。

シミ等は残ってしまいますがクスミや軽めのシリカスケール(シミ)が取れますので

塗装面がスッキリと綺麗になります。 これだけでもお車の印象は全然違います(^_^)/

ただそのシミやスクラッチが気になるようでしたらメンテナンスplus、または気になるパネルのみ

磨き直す事も出来ます。メンテナンス方法はお車の状態によって色々とカスタマイズも出来ますので

気になるようでしたらお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

スズキ ジムニーにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ジムニーのボディコーティングです。

人気色のミディアムグレーのジムニーです!

こちらのミディアムグレーの新型ジムニーは新車でご購入されてから1年4ヶ月ほど

経過いたしましたお車になります。

では早速ではございますがご購入から1年4ヶ月経過しましたミディアムグレーの

新型ジムニーの現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

洗車キズでしょうか。結構スクラッチが多いです(^▽^;)

ルーフも・・・

スクラッチが目立ちにくい色なんですけど、目立たないだけで実際は結構凄いんです(^^;

ボディサイドも・・・

全体に洗車キズと思われるスクラッチが多く付いていました。

リアも・・・

シミは少ないのですが、やはりスクラッチが気になります(汗)

 

ご購入から1年4ヶ月ほどですがボディ全体にスクラッチが多めに付いておりました(^^;

シミもそこそこ付いていますけど比較的ダメージが少ない物がメインなので問題ないのですが、

やはりスクラッチが気になります。

塗装も同じように見えて実は硬い塗装と柔らかい塗装がございまして、現在の軽自動車の塗装は

ほぼほぼ柔らかい塗装です。 更に言ってしまえば軽自動車に限らず同じ色の同じ車でも

製造ロットによって塗装の硬さが違ってきます。

塗装が柔らかいとキズも付きやすいです(^^;

ただ逆に考えますと塗装が柔らかいのでキズが取りやすいです!

ハードに磨かなくても比較的深めのシミやスクラッチも除去出来てしまいます(*”▽”)

どのくらい除去出来たかは後ほど(笑)

では作業を始めて参りましょう! 作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付着している鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

反応が少し“流れて”しまっていますけど黒っぽく見えるのがクリーナーに反応している鉄粉です。

ご覧の様に結構多めでした(^▽^;)

リアは・・・

水平面に比べるとだいぶ少ないです。

これはおそらく、お車のご利用場所または保管場所に鉄粉が舞っているだと思います。

鉄粉の付着量は周りの環境の影響が大きく関係してきます。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

バッチグ~です。 ←  古っ(笑)

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをします。

そして磨いていきます。

今回は比較的新しいお車ですがスクラッチがやや多めですのでミディアムポリッシングの

エクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

最近PCX-S9のご用命が増えて参りました!ありがとうございます。

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

洗車キズもスッキリと綺麗になりました(^_-)-☆

ルーフも・・・

トゥルントゥルンに潤いました(笑)

ボディサイドも・・・

洗車キズもスッキリとして綺麗になりました~(^_^)/

気持ちいいですね~!

リアも・・・

クリヤーになりライトも綺麗に映り込んでおります。

そしてミディアムグレーの新型ジムニー、ボディコーティングが完成いたしました。

艶々になりました!

元々、比較的新しいお車でしたので艶を感じるボディでしたが、多めに付いていましたスクラッチや

シミを磨いて除去しますと更に透明感と色に深みが出て新車のような艶感になります。

ボディが綺麗になったところにコーティングをして更に艶々なボディに仕上がり、

オーナー様にもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

洗車キズとは言葉どおり洗車時に付いてしまうキズの事です。

洗車は多かれ少なかれ残念ながら微細なキズを付けてしまう行為です。と言う事で洗車頻度の

多い方はどうしても洗車キズが多い傾向です。逆にシミは少ないです。

洗車をあまりしない方はシミは多いんですけど洗車キズはやはり少ない傾向です。

なかなかバランスが難しいですね(^^;)

洗車キズ低減の為になるべく多くの泡を使って優しく洗うのがポイントです。

また使用しているスポンジやクロス類も定期的な交換が必要です。見た目が綺麗でも奥の方に

細かな砂埃等が付いていて知らず知らずのうちにキズをつけてしまっているものです(^^;

また定期的にご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにお薦めの洗車方法の

動画がございますので、ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ジェットブラックのCX-30にメンテナンスのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ CX-30のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのジェットブラックマイカのマツダ CX-30は2020年の11月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車です。

コーティング施工から1年少々のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

1年経過していますが艶もあってお綺麗です!

では早速ではございますがボディコーティング施工から1年経過いたしましたマツダ CX-30の

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

やや汚れ気味ではございますが塗装面(コーティング被膜)自体の痛みは少なそうです。

アフターです↓

少ないどころか、とってもお綺麗でした(^_^)/

いやいや素晴らしいです!! 維持管理の大変な黒で1年経過でこれだけお綺麗なのは

普段のお手入れや保管に気を付けられている証拠ではないでしょうか!

ルーフも・・・

やや汚れてはいますが・・・

まだまだお綺麗です! ボンネットに比べますとメンテナンスでは落ちないシミが

多めですが、それでもとっても少ないです。

また洗車キズ系のスクラッチも少なく良好な状態を維持されておりました。

リアも・・・

目立つのは汚れぐらいで・・・

塗装面自体はとってもお綺麗です(^_^)/

ボディサイドは・・・

サイドステップの形状的に上面に汚れが乗るようです(^▽^;)

それ以外目立つような痛みも無く、これまたとっても良い状態でございました。

また新車時に樹脂コーティングも行っているのですが、こちらもまだまだ黒さと艶を維持していて

まだまだ綺麗でした!

それとボディに付いています鉄粉の付着状況のご報告ですけど・・・

今回も色的な事もあって鉄粉の反応が確認しにくいです(^^;

実際のところの鉄粉量は、とっても少なかったです。

リアも・・・

少なかったです。 ↑全然わかりませんけど(^▽^;)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、もちろん・・・

鉄粉除去できていますけど、やっぱり違いがわかりません(汗)

リアも・・・

違いがわかりませんが、よりサッパリとなっております。

最後にホイールです。

ホイールも軽~く汚れていましたが全然目立ちませんね!

アフターです↓

よ~く見れば汚れが無くなっているのが確認できると思います!

その他にもよ~く見るとタイヤも黒くなっています(笑)

そしてジェットブラックマイカのマツダ CX-30、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

いい艶に仕上がっております!

ご入庫時は少し汚れてはいましたけど艶もあり、お綺麗でしたがメンテナンスをすると、

更に綺麗で艶々になるんです(^_-)-☆

元がお綺麗ですのでより綺麗になりますね!

1年経過でこの痛みの少なさはオーナー様の普段のお手入れの良さだと思います。

これは出来そうで、なかなか出来る事ではございません!

これからも大切にお乗りください(^_^)/

 

今回のお車は本当にお綺麗でオーナー様が大切に、そして丁寧にお手入れされているのが

伝わって参りました(*^_^*) 黒い車を綺麗に維持するのは本当に大変なんです!

ひと昔前は “コーティングすればお手入れいらず!” “洗車しなくてOK!”  などと

誰が言ったのかわかりませんが間違えた情報を今でも観たり聴いたりする事も

多いです それは全然間違えた情報ですのでお気を付けてください。

コーティングは万能ではございません。コーティングも時間が経てば痛みも進みますし

汚れも落ちなくなってきます。

その美観の維持、そしてコーティング効果を維持する為にも普段のお手入れや

定期的なメンテナンスが必要になってきます。

綺麗を維持する為にも皆様もメンテナンスを是非どうぞ~(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

日産エクストレイルの定期メンテナンスです。

 

新年明けましておめでとうございます。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

ご挨拶が少し遅くなりましたが、今年もカービューティープロ カラーズを宜しくお願い致します。

毎度の事ですが昨年末は16日遅れでブログが終了しましたが、お正月に休んでいる間にも

時間は流れていくものです・・・

という事で新年スタート時には早くも23日遅れからのスタートです(T_T)/

今年も引き続きブログにお付き合い頂けると幸いです。

では2022年カラーズブログを始めていきましょう!

 

2022年最初にご紹介いたしますのは日産エクストレイルのボディコーティングメンテナンスです。

既に23日前の話ですけど(^▽^;)

こちらのダイヤモンドブラックのエクストレイル エクストリーマーXは2019年の4月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から間もなく3年経過いたします。その間に1度メンテナンスに

お越しくださっておりますので今回は通算2度目のメンテナンスのご依頼です!

前回のメンテナンスから1年半経過しておりますので痛みがだいぶ進んでしまっているようです(^^;

ではコーティング施工から3年近く経過しましたエクストレイル エクストリーマーXの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターで見ていきましょう!

まずはボンネットからです↓

シミとクスミが凄いんです。

この1年半の間にかなり痛みが進行してしまったようです。

アフターです↓

シミとクスミが凄かったので今回はボンネットとルーフは磨き直しをしています。

ただ磨き直しとは言え今後の事を考えあまりハードな磨きはしていません。

(メンテナンス毎にハードに磨いていると塗装がなくなってしまいますので)

ですので深いスクラッチやシミなどは残っていますがスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

シミとクスミが凄いです(^^;

こちらも磨き直しまして・・・

だいぶスッキリと綺麗になりました!

リアは・・・

汚れがメインでボンネットやルーフのような酷いシミやクスミは少なかったです。

アフターです↓

まだまだ艶々です(^_^)/

ボディサイドも・・・

汚れてはいましたけど目立つような酷い痛みは少なく・・・

メンテナンスをすればピカピカです!

ちなみに今回はボンネットとルーフは磨き直しで、その他の部位はメンテナンスplusの

内容でメンテナンスを行いました。

 

それと鉄粉の付着報告ですがボデイが黒いので写真で見てもわからないのですが、

せっかく撮影しましたので・・・

載せましたがやっぱり何が何だかわかりません。

もちろんリアも・・・

わかりません(^▽^;)

実際のところですが鉄粉もそれなりの量が付いていましたが(^^;それとは別に蜂の糞が沢山付いていました。

駐車場が蜂の通り道の様で時期によっては結構な量の蜂糞が付いてしまうようです。

鉄粉と蜂糞を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

もちろん全然わかりません(汗)

でも綺麗になっています!

リアも・・・

処理が済んでおります。

最後にホイールです。

毎回言っていますけどエクストレイルのこのホイールは見た目以上に

洗うのが大変なんです(笑)

アフターです↓

タイヤもホイールも黒さが復活しました!

そしてダイヤモンドブラックのエクストレイル エクストリーマーX、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

ある意味一番目に入るボンネットを磨き直しましたので実車を見た時の印象も

だいぶ違うと思います。もちろん印象だけではなく実際に綺麗になっています(^_^)/

また各部のアフター写真で見た頂きましたように深いシミや線キズ等も残っていますが

屋外で見る分には気にならないと思います。

オーナー様もシミが綺麗になったとお喜びになられておりました!

ありがとうございました。

 

今回はボンネットとルーフの痛みが進んでいましたので磨き直して再コーティングしました。

その他の部位はメンテナンスplusで仕上げました。

ボンネットやルーフの水平面はどうしても痛みの進行が早いです。ですのでボディサイドは

痛みが酷くなければボディサイドはメンテナンスplusでも十分綺麗になります。

しかしボディサイドも含めて全体の痛みが進んでいる様でしたら、やはりボディ全体の

再施工がおすすめです。

メンテナンスか再施工か?? お悩みでしたらお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ レジェンドのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ レジェンドのボディコーティングです。

H28年式クリスタルブラックパールのホンダ レジェンドです!

レジェンドは当店初入庫になります。

オーナー様は最近こちらのレジェンドをご購入されたのですが納車後にボディのキズが凄いと

当店にご相談にお越しくださいました。

確かにボディ全体にスクラッチが多く付いて、またクスミも進行しているようで

ボディの艶感が引けていました(^^;

では初期登録から5年経過しておりますレジェンドの現状確認より始めてまりましょう。

まずはボンネットからです↓

ボンネット全体にスクラッチが付いております。実際に見ると結構酷いのですが↑の写真だと

それ程酷くないなぁ~(^▽^;)

ルーフも・・・

写真で見るとスクラッチの凄さが伝わらないなぁ~。

これはアレですかね?? 写真の撮り方が悪いってことですかね??  きっとそうですね(大汗)

トランクは・・・

何となく凄くなってきましたね~(笑) キズも深そうな感じがしませんか??

実際結構深めなんです(;”∀”)

ボディサイドも・・・

全体的にスクラッチが盛大に入っているのですが・・・

全然盛大に見えませんね(汗)

別ショットだと・・・

どうでしょう??

白っぽく見えているのがそれです。   いゃ、そっちは私の作業ズボンです。

そっちではなく白くモヤモヤと見えている方です。 光を当てるとキズによって光が乱反射して

モヤモヤと白く見えます。(オーロラマークと言います)  (ズボンは除く)

 

ボディ全体にスクラッチが付いていてグリングリンの状態でした。

所々に??磨きが入っているようなのですが、その磨きが中途半端な為に細かな磨きキズや

強い光を当てると見えるオーロラマークと言われる白いモヤモヤも確認できました。

黒い車で5年経過ですので仕方がないと言えば仕方のない事ですけど、痛みはだいぶ進んでいます。

しかしだからと言って諦める事はございません!磨けば光ります!!

どれくらい光ったかは後ほど(笑)

では光らせていきたいと思います。作業開始~~!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ウインドウコーティングからご紹介していきます。

↓は現状です。

撥水していました(笑)  少し撥水力が弱い感じですけど綺麗に弾いています。

納車前に撥水シャンプーか撥水系の簡易コーティング剤のような物で納車仕上げをしているのでしょう。

撥水力はあるのですが・・・

リアウインドウはウロコだらけでした。

でも水弾きはバッチりでした(笑)

ガラスを磨いてガラス表面に付いている撥水剤とウロコを除去していきます。

その後にカービューティープロのウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

気持ちの良いコロコロ撥水の出来上がりです。

もちろんリアウインドウのウロコも・・・

綺麗になりました(^_^)/

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

ボディが黒いと反応が見えません(^^;

見えませんが実際のところは鉄粉付着がとっても多かったです(汗)

リアも・・・

写真だとわかりませんが、とっても多かったです(^^;

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

アフターの写真もわかりませんがバッチリと処理済みです!

リアも・・・

見た目に変化ありませんが鉄粉処理出来ております。

 

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

マスキングは隙間にコンパウンドの粉が入らないようにしたり、塗装の薄い所や樹脂パーツの

保護などの為に貼ります。

そして磨いていきます。今回は塗装面の状態がなかなかのモノでしたので(^^;

磨きの強いプレシャスプランでのご依頼になります。プレシャスプランは強い磨きで可能な限り

深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。(深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)

また、ドアの内側のヒンジ部の汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の

汚れ落としも行いますので、ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に

塗装を削らないよう、むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

 

スクラッチもスッキリとして綺麗になりました!

ルーフも・・・

サッパリとしましたね~(^_^)/

トランクも・・・

スクラッチが無くなりスベスベです!

パールの粒子もよく見えるようになりました。

ボディサイドも・・・

パールがキラキラと輝いています。

別ショットで見ても・・・

モヤモヤと白く見えていたオーロラマークも無くなりスッキリとしました(^_-)-☆

そしてクリスタルブラックパールのホンダ レジェンド、ボディコーティングが完成いたしました。

光った!! 光りました!! そして艶も出ましたヽ(^o^)丿

引けていた艶と透明感そしてパール感を取り戻し新車にも負けない色艶に仕上がっております。

お引き取りに来られたオーナー様も“うわぁ!すげ~ メタリックだったんだ!!

ただの黒かと思ってた”と、キラキラと輝くメタリック(パール)を見て、

とてもお喜びになられておりました。

笑顔で喜んでいただくと作業中の苦労も吹き飛ぶというのものです(*^_^*)

本当に嬉しく思います。 いつも皆様の笑顔ありがとうございます!!

来年も皆様の笑顔が見れますように日々精進してまいります(^_^)/

 

今年のブログはこれでお終いになります!

今年も沢山のお客様にお越し頂きまして誠にありがとうございました。

また、いつもブログをご覧いただいております皆様も今年一年間ありがとうございました。

そして毎年恒例、ブログ遅延報告です(汗)

昨年最後のブログでは奇跡の9日遅れでしたが今年は・・・

16日遅れでした~~。  切りよくポジティブに言ってしまえば2週間遅れですね(笑)

これが3日遅れぐらいでしたら“頑張ったぜぇオレ!”となりますし、逆に1ヶ月遅れぐらいでしたら

“やっちまったぜぇオレ! テヘペロ~”になるのですが可もなく不可もなく、いつも通りの2週間遅れです(汗)

なんの面白味のない2021年の幕切れとなりました(;´∀`)  残念なヤツだぜぇ オレ!

来年の今頃はどうなっているのでしょう?? 1年間楽しみにお待ちください。

目標は2週間以上遅れない事です(^▽^;)

 

年明けの営業は1月4日10時より通常営業となります。

今年も1年間本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

それでは皆様少しだけ早いですが、よいお年を!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

三菱アウトランダーPHEVの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは三菱アウトランダーPHEVのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトパールのアウトランダーPHEVは2018年の12月にボディコーティングを

施工いたしましたお車です。 コーティング施工から3年が経過いたしました。

1年毎にメンテナンスでご入庫されておりますので今回は1年ぶり通算3度目の

メンテナンスのご依頼になります!

いつもありがとうございます。

それにしても月日が流れるのは早いですね(汗)こちらのアウトランダーはもう3年経ちますか(^^;

驚きの時間の早さです(笑)   気持ち的に先月作業したような気分です。 ←  少し盛り過ぎです(^▽^;)

ではコーディング施工から早3年経ちましたアウトランダーPHEVのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

珍しく汚れ気味です。それはそうと深いクレーター状のシミは少ないのですが、

やや気になるスクラッチがございましたので、今回はボンネットを軽く磨き直して

スクラッチを除去しています。

アフターです↓

ですのでとっても綺麗です(笑)

いゃ~スッキリとしました!!

ルーフも・・・

汚れ気味でした(^^;

ただ汚れているだけですので・・・

塗装面(コーティング被膜)事態の痛みはとても少なく、まだまだ良好な状態を

維持されております!

リアも・・・

汚れ気味です。

アフターです↓

こちらも目立つような痛みも無く、まだまだお綺麗でございます!

それとエンブレムにも汚れが付いていました↓

これぐらいの汚れでしたら簡単に落とせますが、このまま放置して月日が流れていくと

汚れが固着してしまい洗車程度では落ちない頑固な汚れになってしまいます。

そうなる前に・・・

綺麗にしておきましょう! 汚れは簡単に落とせるうちに落とすのがポイントです(^_^)/

ボディサイドも・・・

少々汚れ気味でした(^^;

アフターです↓

ボディサイドはまだまだ撥水力も残っていて、とても3年が経ったとは思えないほど良好な状態でございます!

 

それと鉄粉の処理のご報告です。

↓の黒くポツポツと見えますのが・・・

専用のクリーナーに反応している鉄粉です。少ないですね~!

前回のメンテナンスから1年経っているのに、この少なさです!  ビックリです(*’▽’)

リアも・・・

少ないです!! あまり乗らずに車庫に保管されているなら納得ですが、

こちらのアウトランダーは毎日使われていて年間の距離も結構走られている様なのに

この少なさです。ビックリです!!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

リアも・・・

より綺麗になっております。

最後にホイールです。

黒いホイールですので軽い汚れでも汚れが目立ちやすいです(^^;

アフターです↓

艶々です!

そしてホワイトパールのアウトランダーPHEV、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

いかがでございましょうか。 と言いましても施工前の写真と色合いが違っていますので

メンテナンス前後の違いが伝わらないと思います・・・(^▽^;)  いつもすみません(大汗)

でも実車を見て頂けると艶と光沢の向上、それに伴ってお車全体の質感の向上そして

白さが違ってきます! メンテナンスでは、もちろん限界はございますが通常のシャンプー洗車では

落ちない汚れやクスミを除去しますのでメンテナンス前よりスッキリとクリヤー、そして艶々に

仕上がります! ですのでお車の綺麗を維持するにはメンテナンスはとても大切なんです。

皆様もメンテナンスは定期にどうぞ~(^_^)/

 

 

コーティング施工から3年と言えば屋外屋根なし駐車のお車ですとそろそろコーティング再施工の

一つのタイミングかと思います。  もちろん車は保管状況やお手入れ状況、またボディカラー等によって

3年経ったからすべて再施工!と言う訳ではございません。 あくまでも一つの目安です。

今回のアウトランダーPHEVのようにコーティング施工から3年とは思えない程状態が良いお車もございます。

ボディサイドの痛みが進んでいないようでしたら今回のように痛みが気になるパネルだけ

部分的に再施工を行っていくのも一つの手だと思います(^.^)

再施工か部分再施工か?なかなか判断が難しいと思いますのでお悩みでしたらお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。