施工事例・ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

レクサスIS300 “F SPORT”のご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスIS300“F SPORT”のボディコーティングです。

こちらのホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”は

納車から間もない新車のお車になります!

ホワイトノーヴァガラスフレークは“F SPORT”にだけ設定されている専用色です。

これが綺麗なホワイトなんです(*‘∀‘)

パールホワイトと比べますとパール特有の少し黄色味がかった感じはなく

ホワイトノーヴァガラスフレークはガラスフレークのキラキラ感と透明感の高い

スッカッ!っと、とっても綺麗なホワイトなんです!

そんな綺麗なホワイトノーヴァガラスフレークの新車IS“F SPORT”の現状確認から

初めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少し汚れてはいますけど塗装面自体は曇りもなくお綺麗なんです!

ルーフも・・・

汚れに目が行ってしまいますけど塗装自体はお綺麗です(^_^)/

トランクも・・・

汚れはありますけど申し分ございません。

ただ汚れていると言っても白いボディカラーですと、どれくらいの汚れ具合か

わかりにくいと思います。

そこで黒いリアスポイラーを見ますと・・・

汚れ具合がよくわかります(笑)

全体的にこの様な汚れ具合でした。

ボディサイドは・・・

こちらも曇りも感じられず、とてもお綺麗です!

ホイールは・・・

納車から少し距離を走られていますので汚れておりました。

それはそうと、オレンジ色のキャリパーがカッコイイですね(*’▽’)

 

全体的に塗装面の曇りも無くとっても綺麗でした!

この辺りは流石レクサスと思わせる塗装のクオリティでございます(^_^)/

とは言え納車から当店ご入庫までの数日間に雨にも降られておりますし

虫や鉄粉等の異物などの付着もございます。これらの汚れはシャンプー洗車程度では

落ちません。ですのでいくら綺麗な塗装でも下地作りから行っていきます。

当店は例え綺麗な新車でも洗車してコーティングを塗布するだけの

お手軽コーティングはいたしません(^^)/

それは後ほどわかって頂けるかと思います・・・     意味ありげ(ー_ー)

では作業を始めて参りましょう!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

納車前に何か撥水剤でも掛けたのでしょうか??

それとも油分による水弾きでしょうか??

たぶん撥水剤による水弾きかと思うのですが、いずれにしても中途半端な水弾きです(^^;

運転席と助手席は撥水ガラスになっていますので、それ以外のガラスを磨いて

綺麗にリセットいたします。 サンルーフもね!

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

やっぱり撥水と言うからにはこれ位は弾いてほしいです(笑)

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

あれ~~~

リアも・・・

あら~~(^_^;)

鉄粉が沢山でした。

納車から日が浅いんですけど、なかなか盛大に鉄粉が付いております。

こちらのお車は普段は線路の近くに止めているそうですので納車から数日で

こんなに鉄粉が付いてしまうようです。

なので綺麗な塗装に見える新車でもしっかりとした下地作りが必要なんです。

この上からコーティングを塗ってしまえば、この鉄粉を閉じ込める訳ですから(T_T)

鉄粉処理は重要です。

そして↓は鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです。

綺麗になりました!

リアも・・・

サッパリとしました。

 

サッパリしましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に少しばかり曇り気味でしたので、新車にしてはやや強めの磨きを

掛けて仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

当店は綺麗な新車でもここまでしてからコーティングになります!

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々とっても綺麗な塗装肌でしたので写真だと違いがわからないかも知れません。

ただ汚れが落ちたのだけは伝わるかと(^▽^;)

ルーフも・・・

艶々です!

トランクも・・・

潤いを感じますね!

リアスポイラーも・・・

綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

写真だとあまり違いが伝わりませんね(汗)

ホイールは今回ホイールコーティングのご依頼を頂きましたので・・・

PCW-880でホイールコーティングをいたしました!

ダークメタリック感が向上して艶々なりました。

それとヘッドライトコーティングなども行っております。

 

そしてホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORTの

新車コーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

と言っても元々がお綺麗ですので↑の写真ですと違いがあまり伝わらないかもです(^▽^;)

しかし実車の方を見て頂ければ施工前後の違いを感じて頂けると思います。

オーナー様も『新車より綺麗!』と、その違いを実感されているご様子でしたので

間違いありません(笑)

車綺麗になると嬉しいな~と笑顔でお帰りになられました。

ありがとうございました。

 

当店の人気コーティング剤でもございます「EXE-evo1」はベ-スコート+トップコートの

2層コーティングとなります。2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事に

なりますので、その分作業に時間が掛かってしまう為にお値段も高めの設定となりますが、

“極上の深い艶と抜群の保護機能“を実感して頂けると思います!

また今回のお車の様なホワイトメタリックやパールホワイト等の艶や光沢感の違いが

わかりにくいライトカラー系のお車でも艶感・光沢感の向上を実感していただけると思います。

最近「EXE-evo1」のご指名がとっても増えております!

是非、皆様も「EXE-evo1」お試しください(^^)/

おすすめです!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

クールカーキパールのハスラーJスタイルです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ハスラーのボディコーティングです。

クールカーキパールメタリック&ホワイトルーフのツートンカラーです!

このツートンカラーはJスタイルのみに設定されているカラーになります。

ちなみにJスタイルはフロントグリルがメッキになりルーフレールが装着され、

そしてボンネット先端に「HUSTLER」エンブレムが装着されたりと

お洒落度が更にアップしましたハスラーの人気の特別仕様車です!

そんなお洒落さんのハスラーJスタイルの現状確認より初めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

モヤッと曇り気味ですね(^^;

ルーフは更に・・・

曇っておりました。これは汚れではないですよ。塗装面が曇っているんです(^▽^;)

ボディサイドも・・・

映り込んでいるライトがモヤモヤとしております。

リアは・・・

ボディサイドよりは曇りが少ないようですが・・・雲っています(^^;

ホイールは・・・

軽めの汚れでした。

 

こちらのハスラーは納車から間もない新車です。ですので基本的にはシミやスクラッチも

少なくお綺麗ではあるのですが・・・曇っています(^^;

少し前に赤いハスラーのJスタイルもご紹介しました。その時のブログでも

書いたのですがスズキのツートンカラーのホワイトルーフのお車はどの車種も曇りが

“酷い”印象です。 このルーフのホワイトはソリッドのホワイトでクリヤー無しの

塗装になりますので痛みの進行も早めかも知れません。

ですので尚更コーティングで塗装の保護が重要になってきます。

塗装の保護も重要ですけど、それ以前にまず曇りが酷いので(^▽^;)スッキリとクリヤーに

してからコーティングを掛けていきたいと思います。

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

油分の付着が若干あるようで所々で少し水を弾いていました。

ガラスを磨いて油分等を除去していきます。 今回は全面のご依頼ですので

全面磨いていきます。 磨きが終わりましたら、よ~く乾燥させた後に

ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングします。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをしましたら・・・

気持ちいい水玉コロコロの撥水コーティングの完成ですヽ(^o^)丿

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

ボディカラー的に反応が見えにくいのですが鉄粉は少なかったです。

鉄粉の反応がわかりやすい白いルーフで見てみましょう↓

ね!少ないでしょ(笑)

よく見ればポツポツと確認は出来ると思いますけど全体的に鉄粉は少なかったです。

 

鉄粉を処理し再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

違いがわからないと思いますけど、より綺麗になっています。

ルーフも・・・

よ~く見れば黒いポツポツが無くなっています。 よ~く見てください(笑)

 

その後に今度はボディにマスキングを行います。

ハスラーは意外とマスキング大変なんです(^^;

特にノーマルハスラーには付いていないんですけどハスラーJスタイルは

ボンネット先端にHUSTLERのエンブレムが付いているんですけどそれが

一文字づつと言うね・・・(^^;     なかなか大変です(笑)

 

マスキングが終わりましたらボディを磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に少しばかり曇り気味でしたので、その曇りを磨いて除去し塗装面を

クリヤーに仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

クリヤーになりました!

モヤけていましたルーフも・・・

曇りも無くなってスッキリとクリヤーな塗装肌に仕上がりましたヽ(^o^)丿

いゃ~気持ちいいですね!!

ボディサイドも・・・

ライトがスッキリと映り込むようになっております。

リアも・・・

クリヤーですね!

最後にホイールです。

こちらも艶出しをしていますので艶々です。

そしてクールカーキパールメタリック&ホワイトルーフのハスラーJスタイル、

新車コーティングが完成いたしました!

スッキリとクリヤーで艶々なボディに仕上がりました!

曇りの影響は意外と大きくて酷ければ酷いほど艶や光沢感が失われます。

そこを修正してからコーティングを掛けますと新車以上のコンディションに

仕上がります!

よく車は納車直後の新車が一番綺麗だと思わている方が多いかと思います。

でも実は残念ながらそうでもないんです(^^;

今回のハスラーJスタイルを見て頂いたように塗装面が曇っている新車は非常に多いんです。

また曇っているだけではなくシミやスクラッチも付いているものなんです。

という事は磨かないでコーティング剤を塗るだけですと、もちろん曇ったままですので

コーティング後も曇ったままのスッキリしない仕上がりです(;´∀`)

もちろん曇りだけではなくシミやスクラッチも残ったままです。

当店は新車でも磨きなどで不具合箇所を修正し、下地を整えてからコーティングをしています。

ですので経年車はもちろん、新車や新古車等のコーティングもカーコーティング専門店の

カービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ホンダ ヴェゼルの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ ヴェゼルのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのモルフォブルーパールのホンダ ヴェゼルは2018年の12月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から約2年半経ちますが、その間に定期的にメンテナンスに

お越しくださっており今回は通算3度目のメンテナンスのご依頼になります。

では早速でございますがコーティング施工から2年半経過いたしました

ホンダ ヴェゼルのメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

2年半経ちますので痛みも進んで来たようです。

色的にも痛みが目立ちやすいです(^^;

アフターです↓

今回は痛みが進んでいますのでメンテナンスplusコースでのご依頼になります。

メンテナンスplusではスクラッチやシミを目立たなくする処置をします。

もちろん深いキズやシミは残ってしまいますがアフターの写真のように

シミやスクラッチが目立たなくなります。

ルーフも・・・

痛みが進んでいます。

痛みの進行具合はお車の保管場所やお手入れの頻度そして方法によって

大きく左右されます。 また塗装の“硬度”にも左右されます。

塗装が柔らかい車は痛みも早いです(^^;

アフターです↓

シミ・スクラッチ共に残っているのもありますが、だいぶサッパリと綺麗に

なりましたね!

これ以上シミやスクラッチを除去するには磨き直しが必要になってきます。

リアは・・・

比較的コーティング(塗装)の痛みは少ないようですので

隙間や段差の汚れに目がいってしまいます(笑)

アフターです↓

スッキリとしました!

 

それとボディサイドには・・・

矢印のような長めの線キズが数ヶ所付いておりました(^▽^;)

これも・・・

なんとか消せました!

今回は浅めのキズでしたのでメンテナンスPlusでも消えましたけど

深い線キズは消せない事もございます(^^;

そうなると本格的なポリッシングが必要になってきます。

それと・・・

こ これもキズか?? とビビりましたが・・・

汚れでした(笑)  よかったよかったヽ(^o^)丿

 

それとボディに付いています鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

紫色の反応が少し“流れて”いますけど黒っぽく筋状に確認できます。

前回のメンテナンスから1年以上経っていますけど鉄粉は少ないのではないでしょうか。

リアは・・・

わかりにくいんですけど(^^;少なかったです。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

鉄粉も無くなってスベスベになっております!

リアも・・・

綺麗になりました! わかりにくいんですけど(汗)

そして最後にホイールです。

ホイールも汚れは少なめですね!

アフターです↓

それでも洗って艶出しをしますとピカピカになります。

そしてモルフォブルーパールのホンダ ヴェゼル、3回目のメンテナンスが

完成いたしました!

艶、光沢、そしてクリヤー感が向上しツヤピカのボディに仕上がりました。

各部のアフターで見て頂きましたように細かなシミやスクラッチは残っておりますが

艶感などはコーティングから約2年半経ったとは思えない程です!!

これも定期的なメンテナンスの賜物ではないでしょうか(*’▽’)

先ほどもお話しましたが今回のメンテナンスはメンテナンスplusプランで

行っております。メンテナンスplusではスクラッチやシミを目立たなくする

処置を追加します。それにより通常のメンテナンスよりスクラッチに

よるギラ付き感が抑えられ艶感も上がります(^_^)/

もちろんパールホワイトなどのライトカラーでも艶々になりますが

ブラックなどのダークカラーには特におすすめのメンテナンスプランになりますので、

ボディの洗車キズ等が気になる方は是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ホンダ シャトルのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ シャトルのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホンダシャトルは昨年の12月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から7ヶ月のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

ご入庫の時はまだ梅雨が明ける前でしたので雨で濡れております(^^;

濡れておりますのでビフォーとアフターの違いが伝わりにくいかと思いますが

元気を出してご紹介してまいりましょう(^_^)/

 

まずはボンネットからです↓

思いっ切り濡れていますので(^^;スクラッチやシミが水で隠れてしまいます。

でもよ~く見ると、やや深めの線キズやシミが見えてきます。

アフターです↓

もちろん深い線キズは残っていますけど、まだまだ良好な状態を維持されておりました!

ルーフも・・・

もちろん濡れています。でも↑がコーティング施工から7ヶ月経ったリアルな

撥水状況です。 見た感じではまだ撥水性はあるようですが綺麗にはじいていない感じです。

おそらくコーティング被膜の上にシャンプー洗車では落ちないような

頑固な汚れが付いていると思われます。

アフターです↓

特殊なケミカルでコーティング被膜上の頑固な汚れを落としました。それによって

撥水性も向上して綺麗に水が流れるようになっています。

ただルーフはボンネットに比べるとメンテナンスでは落ちない深めの線キズやシミが

少し多めでございました。 でも屋外で見ましたら気にならない程度だと思います(^.^)

リアは・・・

こちらは目立った汚れや痛みもないようです。

アフターです↓

やっぱりないようです(笑)

汚れていたり濡れていると痛み具合がわからないものです。

特に中古車を探している場合は雨の日に車を見るとスクラッチやシミが雨で

隠れてしまい本当の姿以上に綺麗に見えてしまうのでお気を付けください。

なので中古車は晴れの日に見に行きましょう!

そう言っている私は以前、雨の日に見に行きましたけど(^▽^;)

 

話を戻しまして↓はボディサイドです。

雨が続けば雨筋が付いてしますのは避けようのない事です。

アフターです↓

サッパリとしました。

やっぱり気持ちいいですね!!

それと何時もの様に鉄粉の処理も行っています。ボディカラー的に

全然違いが伝わらないと思いますけどせっかく写真撮りましたので

ご紹介していきましょう(笑)

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますけど・・・

前フリどおり全然変わりません!

リアも・・・

わかりませ~ん!

実際作業してみても見た目にも感触的にも鉄粉自体は少なかった感じです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

前フリどおり全然変わりませ~ん!

でもちゃんと除去できているんです(^.^)

リアも・・・

違い感ございませんが処理しております。

そして最後にホイールです。

こちらも雨天走行で汚れております(^^;

アフターです↓

黒光りしました!

そしてホンダシャトルのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

本来の深みあるダークブルーになっております(^_^)/

もちろん艶だけではなく撥水性も向上しています。

オーナー様にも『おぁ!また綺麗になった~』と、とてもお喜び頂けました!

ありがとうございました。

 

コーティングは美観向上だけでなく塗装の保護の役割もございます。

しかし気をつけて頂きたいのは決してコーティングは万能ではございません。

コーティングしていても鳥糞や木の実などに含まれている強い酸を防ぐほどの

防御力はございませんし、鉄粉を弾き返す力もございません。

また花粉の影響等で撥水性も落ちてしまいます。

それらの攻撃で傷んだコーティング被膜をケアするのがメンテナンスです。

お車の美観維持と撥水維持の為にも皆様もメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

トヨタ ルーミーのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ルーミーのボディコーティングです。

こちらのブラックマイカメタリックのトヨタルーミーは納車から間もない新車でございます!

2016年の発売以来大人気となりましたトヨタ ルーミーです。昨年の秋にマイナーチェンジを

行いグリルが大きくなってより存在感あるスタイルにリニューアルいたしました。

これがまた好評で人気に拍車がかかった感じです(^.^)

スタイルだけではなく大き過ぎず小さ過ぎないサイズ感、それでいて室内は広く使い勝手と

取り回しの良さなども好評の様です。

ちなみにルーミーの姉妹車として同時に発売されましたタンクの方はマイナーチェンジの

タイミングで廃止となってしまいました(;´∀`)

話がそれましたが新車ルーミーの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

と言いましてもご覧の様にご入庫時は雨でしたので濡れております(^^;

ですので現状がわかりにくいので洗車後に撮影しましたのが↓です。

曇りも感じずお綺麗です!

ルーフも・・・

とってもお綺麗ですね!

ボディサイドは・・・

少し曇っていますけど、ほぼ気にならない程度です。

リアも・・・

こちらも少し曇りを感じますけど言われないとわからない程度の軽い曇りです。

特に写真に撮ってしまうとよりわかりません(^▽^;)

ホイールは・・・

軽~く汚れておりました。

 

全体的に塗装の曇りもとっても少なくてお綺麗です。またよくよく見ますとスクラッチも

なくはないのですが黒い車は新車でもこれ位は付いているものです。逆にスクラッチも

少ない方ではないかと思います。

今回のルーミーやこれまた大人気のライズ等ダイハツ生産の車は軽自動車を含めて

塗装面の曇りがとっても少なく私的に大好きです(笑)

この辺の塗装のクオリティはトヨタがコントロールしているのでしょうか??

それとも単独でこのクオリティなのでしょうか??

いずれにしろダイハツの生産車は塗装面が綺麗で好きです(*^_^*)

とは言えボディサイド等に若干の曇りもございますので曇りを除去してから

コーティングを掛けていきたいと思います!

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますけど・・・

言わずもがなだですけど(笑)黒い車だと何が何だかわかりません(^▽^;)

もちろんリアだって・・・

まるっきりわかりません!!!

実際のところは肉眼で確認しますと、なんとか確認は出来るのですが写真だとね~(^^;

新車ですので多くは付いておりませんでしたが、それなりにポツポツとは付いていましたので

優し~く処理いたしました。

その後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますけど・・・

もちろん全然違いがわかりません!

自分でもビフォーとアフター写真を取り違えていないか不安になります(笑)

リアの写真も間違えてはいませんけど違いは分かりません(汗)

鉄粉の処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

今回は全体的に比較的曇りの少ない綺麗な塗装肌でしたので軽めのポリッシングで

塗装表面を整えました。

 

そして今回オーナー様がお選びになられたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-V110です!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に

優れた滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプの

コーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗でしたが、よりスッキリとクリヤーになりました。

ルーフも・・・

スッキリと気持ちいいです!

ボディサイドも・・・

ごく軽めの曇りでしたが、それでも曇りが無くなると色に深みがでます!

リアも・・・

気持ちいいですね(*‘∀‘)

最後にホイールです。

ホイールも黒い方がかっこいいです(笑)

そしてブラックマイカメタリックのトヨタルーミー、新車コーティングが完成いたしました!

艶々に仕上がりました(^_^)/~

元々、曇りも少ないお綺麗な塗装肌のお車でしたが、それでも磨いてコーティングを

掛けますと更に黒々と艶と透明感あるツヤピカのボディに仕上がります!

また曇りも無くなり黒に深みが増しました。

新車を新車以上に輝かせる当店のコーティングを皆様も是非一度お試しください!

 

しかしそれにしても暑いですね。 梅雨明けしたとたんにこの暑さです(汗)

そしていよいよ夏到来と言う感じになりました!

やはり夏と言えば洗車! そう洗車です!! (笑)

梅雨時期に洗車出来ずにウズウズしている方も多い事でしょう(^o^)丿

しかしこの時期の洗車はお気を付けください。暑すぎます。

特に黒などのダークカラー系のお車は洗車している間に乾いてきてしまいます。

水やシャンプーが焼き付いてシミになってしまう恐れもございますので、

お日様カンカン照りの日中の洗車は注意が必要です。

また熱中症にもお気を付けください。

この時期は少しでも涼しい朝晩の洗車がおススメです!

また曇りの日もおススメです(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。