施工事例・ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

トヨタ マークXの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ マークXのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ マークXはボディコーティング施工から

2年経過いたしましたお車です。

定期的にメンテナンスにお越しくださっており今回は通算4度目のメンテナンスの

ご依頼になります!

しかし時が過ぎるのは早いものですね(^^; こちらのマークXもコーティング施工から

もう2年も経つんですね。私の中では先月に施工したような感覚です。   (盛り過ぎ( ̄▽ ̄))

時間だけではなく、お車のコンデションも2年経ったとは思えない程お綺麗なんです。(盛ってません!)

過去3度のメンテナンスの様子を見て頂くと納得していただけると思います!

もちろん今回もお綺麗なんです!

そのお綺麗なマークX4回目のメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターで

ご紹介して参りましょう!

まずはボンネットからです。

ご入庫時は雨でしたので濡れております。

ですのでスクラッチやシミも確認は困難ですがリアルな撥水状況がご紹介できます(^.^)

これがまたコーティング施工から2年も経っているとは思えない程、撥水力が残っております!

特に撥水剤も使用していないとの事でした。

アフターです↓

いかがでございましょうか。 シミもスクラッチもとっても少ないんです!

もちろんよく見れば細かなシミはございますが屋外屋根なしの駐車場でこのコンデションでしたら

何もいう事はございません(*’▽’)  バッチグ~です(笑)

ルーフも・・・

施工直後に比べると撥水力は落ちていますが、まだ水玉状に弾いております。

洗車して表面の汚れを落とすだけでも、撥水力が上がると思います。

アフターです↓

綺麗ですね~(^_^)/~

もちろんメンテナンスしておりますので撥水力がも~っと上がっています。

さっきから撥水力、撥水力と言っていますけど撥水力が上がると何が違うかと言いますと

こちらの場合は水玉が丸くなるんです。 水玉撥水のコーティング剤は時間の経過と共に

その水玉が潰れてくるんです。その潰れた水玉が元に戻るという事です。

 

トランクは・・・

これまた濡れていますのでアレですが(^▽^;)

アフターで見ますと・・・

まだまだお綺麗なんです。  屋外で2年ですよ!  凄いです(*‘∀‘)

ボディサイドも・・・

まだまだ撥水が残っていますね!

アフターです↓

ビフォーが濡れていましたので比較できませんが(^^;綺麗です(笑)

それといつもの鉄粉の付着状況です。

黒っぽく点々と見えますのが・・・

専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

鉄粉も少ないですね。

リアは・・・

何故か後ろの方が多めでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリと処理できましたね!

ホイールは・・・

相変わらずキラッキラです(笑) キラッキラなので汚れも目立ちませんが、よ~く見ると少しだけ

汚れている感じです。 でもキラッキラです。

そしてアフターも・・・

相変わらずキラッキラです(笑) キラッキラでわかりませんがよ~く見ると

汚れが落ちているのがわかるかと思います。

それと今回はフロントウインドウのコーティング再施工のご依頼も頂いております。

↓は現状です。

一年前のメンテナンス時に一度再施工しております。その為でしょうか?まだまだ撥水しておりました。

しかし今回は再施工のご依頼ですので・・・

ガラス表面を一度リセットし、再度ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でレッツコーティング!

その後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングも完成しました!

こうやって見比べますとやっぱり水玉の丸さが違うと思います。

これが撥水力が上がったってやつです(笑)

そしてトヨタ マークXのボディコーティングメンテナンス&ウインドウコーティングが

完成いたしました!

コーティング施工から2年経過しているとは思えない程の艶とクリヤー感です(^_^)/

いゃ~ いいっすね!

なんでこんなにシミが少ないのか不思議なのでオーナー様にお聞きしたのですが・・・

特に何もしていないとの事です(^^; 洗車も月に2回程度だそうです。

ただ屋外屋根なしの駐車場なんですが日中はほぼ日が当たらないんだそうです!

そ、それだ~!!  このシミの少なさは日が当たらないからなんだと思います(^_^)/

意外かも知れませんが降り続いていた雨がボディに残っていても、それほど悪さをしないんです。

もちろんノーダメージではありませんけど(^^;  花粉が付いている所に雨が降ると最悪です(汗)

それと降り出し直後の雨も塗装にはよくありません。

そして一番厄介なのが太陽のサンサンとした日差しです。

日差しによる塗装面の温度上昇と紫外線による攻撃がダメージを大きく致します。

屋外屋根なしの駐車場の場合、可能でしたら日陰になる場所を選べるといいと思います。

だからと言って特に夏場は木の下に駐車する方も多いのですが・・・これも別の意味で危険ですので

ご注意ください(^^; 色々な物が木から落ちてきて塗装を痛めます。

同じ車でも駐車場所が違うだけで痛みの進行が大きく異なりますので駐車場選びも

難しいですね(^▽^;)

私も理想は屋内保管なんですけど現実は・・・なかなかね~(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ミニクーパーDのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはミニクーパーDのボディコーティングです。

ミニ生誕60周年を記念し昨年発売されました特別仕様車の

MINIクーパー D 5ドア 60 YEARS EDITIONです!

ミッドナイトブラックメタリックとペッパーホワイトのツートンカラーのお洒落さんです!

カッコイイのに可愛いですし可愛いにカッコイイです(*‘∀‘)

昨年12月登録のお車で走行距離もとても少なくお綺麗なお車です。

とは言え登録から9ヶ月くらいは経っているので、もう少し痛みが進んでいてもおかしくないのですが・・・

と思ったら、納車前にディーラーさんで磨いたんだそうです。

納得です(笑) 艶々な訳ですね(^.^)

では早速ですがお車の状態を確認して参りましょう。

まずはボンネットからです。

クスミもなくクリヤーですね! ただよ~く見ると細かな磨きキズも残っていますし

洗車キズのようなスクラッチも確認できます。

ルーフも・・・

クリヤーでお綺麗です(*‘∀‘)

ボディサイドは・・・

こちらもスクラッチは確認できますがクスミもなくお綺麗でした。

リアは・・・

若干スクラッチが付いております。

ただライトを当てているので見えますけど屋外で見ますとあまり気にならないかも知れません(^^;

その程度の軽いスクラッチです。

ホイールも・・・

お綺麗でございました。

 

納車前に磨いたという事で基本的にクスミもなくクリヤーでお綺麗でした。ただ磨き切れていないのか

磨きキズのような細かなキズも確認できます。 この細かい磨きキズをなくすには、更にもう一工程を

入れれば無くなると思いますが・・・ディーラーさんに限らず専門店でもそうですが、この辺りの

最終的な仕上がり具合は施工料金と仕上がり具合のバランスになって来るかと思います。

更に磨きの工程が増えれば料金も上がります。逆に言いますと“このお値段で、ここまで綺麗になります!”

という事でもございます。

と言いましても今回のミニはオーロラマークと言われる変な磨きキズもなく十分お綺麗でした(^.^)

話がそれましたが作業を進めてまいりましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが、いつものように黒いお車は・・・

写真ですと反応がよくわかりません。ただ磨いたばかりという事もあって少なかったです。

ルーフだと・・・

白いので確認が容易です(笑)

よく見れば全体的にポツポツと確認はできましたが少なめでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

黒い所はわかりません(^^;

でも白いルーフは・・・

確認が容易です(笑) 鉄粉もスッキリしました!

鉄粉の処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は基本的にお綺麗ですので軽い磨きのベーシックプランになります。

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

そして今回使用いたしましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

軽めの磨きですが残っていた磨きキズやスクラッチを除去すると、よりクリヤーで深みのある黒に

仕上がります!

ルーフは・・・

白いのであまり違いが伝わりませんね(^▽^;)

でも黒い所のように細かな磨きキズが無くなって、より艶々になっているんです!

ボディサイドも・・・

スクラッチも綺麗になりました。

リアも・・・

スッキリしましたね(^_^)/

最後にホイールは・・・

元々お綺麗でしたけど・・・艶出しをしておりますので更に艶々です!

そしてミッドナイトブラックメタリックとペッパーホワイトのMINIクーパー D 5ドア 60 YEARS EDITION

ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました!

元々お綺麗でしたが、そこから更に磨くことで残っていたスクラッチや磨きキズが無くなり(減り)

更に深みのある黒に仕上がります。

オーナー様も『綺麗になったなぁ~』と施工前後の違いを実感していただけたご様子でした。

カッコイイのに可愛い、ミニクーパーDのご紹介でした!

 

ブラックはどうしてもホワイトなどのライトカラーのお車に比べてお手入れが大変です(汗)

シミやスクラッチが付きやすくて目立ちやすいです(^_^;)

特に屋根なしの駐車場であまりお手入れしないで放っておくとアッと言う間に大変なことになります。

黒を黒く保つにはどうしてもマメなお手入れが必要になってきますが、その苦労と引き換えに

ライトカラーのお車では味わえない独特の艶感と鏡のような景色の映り込みが味わえます(*”▽”)

これがやはりブラックの魅力なんですよね!

いゃ~やっぱりツヤピカの黒はかっこいいです(^_-)-☆

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

日産フィガロのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産フィガロのボディコーティングです。

H3年式の日産フィガロです!

H3年ですので、かれこれ30年近く前のお車になります(*’▽’)

いゃ~いいですね! オーナー様は以前からフィガロが欲しかったそうで程度の良い個体のフィガロに

出会え、ご購入に至ったそうです。

いゃ~私も欲しいです(*´▽`*)  控えめに言っても凄く欲しいです(笑)

30年前のお車ですので若い方は知らないかも知れませんがフィガロは1991年から1992年に

製造された日産パイクカーシリーズの第3弾として発売された車です。

当初は8000台限定の予定だったそうですが申し込みが殺到して急遽2万台の生産に変更された程の

人気車でした!  当時も私、欲しかったっス(;´∀`)

フィガロは4色のカラーバリエーションがあり、今回はその中のペールアクアと言う少し

緑がかった水色のボディカラーのお車です。

前置きが長くなりましたが約30年経過いたしました日産フィガロの現状を確認して参りましょう!

まずはボンネットからです。

お綺麗ですね! スクラッチやクスミはありますが30年前のお車と考えますと

程度は良好だと思います(*”▽”)

ルーフも・・・

スクラッチやシミはございますが、この程度です。

新車から2年くらいのお車でも、もっと酷い状態の車も沢山あります(笑)

トランクも・・・

同じような状態です。

それより汚れの方が気になりますね(^^;

ボディサイドも・・・

それなりの痛みは確認できますが・・・悪くはないです!

ホイールも・・・

汚れは付いていますけど塗装自体はまだまだしっかりとしていました。

もしかしたら再塗装しているのかな??

 

ご覧頂きましたように全体的にスクラッチとクスミが進んでいて透明感が損なわれています。

しかしシミはとっても少ないんです。

30年経っているので、それ相応の痛みが・・・ではなく年式相応以下の痛み具合でした(^_^)/

確かにこの個体を見てしまったら買わずにはいられません。間違いなく買いです(笑)

そんなお綺麗で“買い”のフィガロ君ですが30年前のお車には違いがありません。

見た感じ塗装が綺麗でも塗装自体が劣化している事もありますしゴム類や樹脂パーツも

痛みが確認できますので通常の作業方法とは少し違ったやり方で作業を進めていきます。

いつもは鉄粉付着状況をお知らせしておりますが、今回は専用のクリーナーは使わずに

鉄粉を処理しています。 たぶんクリーナーを使っても問題ないかとは思いますが、何がどう反応して

しまうのか分かりませんので安全優先です(^_^)/

その後にマスキングもしますが・・・

とりあえずは最低限のマスキングです。 ノーマスキングに近いですね(笑)

他のマスキングが必要な場所は、磨く直前にマスキングをしていく方法で磨いていきます。

またその磨きですが、今回は塗装の状態を見ながらの磨きという事でオーナー様に

ご承諾を頂いております。 無理にスクラッチやシミは除去しないで透明感を出す方向の

磨きで仕上げていきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S7です!こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の

低撥水タイプのコーティング剤になります。

PCX-S7は傷んだ塗装や古くなった塗装に使用してもトラブルが出る事の少ない

コーティング剤なんです! 今回は迷わずPCX-S7をご提案いたしました。

トラブルと聞くと少し驚くかも知れませんが再塗装車や比較的新しい塗装のお車でも

塗装とコーティング剤との相性があってムラ等のトラブルが出る事もあるんです。

今回は問題なくコーティング出来ましたヽ(^o^)丿  よかった!よかった!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

クスミが取れてスッキリクリヤーになりました!

塗装の状態も想像していた以上に良好でしたので、当初考えていたよりも磨けました。

とは言え無理にキズやシミの除去は行っていません。

ルーフも・・・

透明感が復活しましたね!

トランクも・・・

スッキリ~。

ボディサイドも・・・

クッキリ~。 とライトが映り込んでいます!

ホイールも・・・

綺麗になりました。

そしてペールアクアの日産フィガロ、ボディコーティングが完成いたしました!

いい! とってもいいです(笑)

スクラッチやシミも減りクスミも取れてスッキリとクリヤーで艶々です(*^_^*)

30年前のお車には見えないと思います!!

オーナー様も『随分と綺麗になったね~!』と、とてもお喜びになられておりました。

そのオーナー様ですが、これがまたフィガロがよくお似合いなんですよ!

控えめに言っても“メチャかっこいい”です(*”▽”) 似合っています!!

私が乗ったら・・・

違うんだろうなぁ~。こうはいかないんだろうな~。と思う寺尾太美51歳、2020年秋の出来事でした(笑)

何時までも大切にお乗りください!!

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

オフブルー /ホワイトルーフのスペーシアです!。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ スペーシアのボディコーティングです。

オフブルーメタリック /ホワイトルーフのツートンカラーのスズキ スペーシアです!

こちらのスペーシアは初期登録から約3ヶ月ほどの新古車になります。

スペーシアはノーマルとカスタムが先に発売され、その1年後は“ギア”を追加し現在は3つの

タイプのスペーシアが揃っております。

この3つの中でも現在は最後発の“ギア”が一番売れているそうです!

現在のアウトドアブームを上手く捉えたようですね(笑)

ギアだけではなくスペーシアシリーズ全体の販売も好調なようで最近の販売状況は

N-BOXに次ぐ売れ行きの様です!

少しお話がそれてしまいましたが、そんな人気物スペーシア君の現状を確認して参りましょう!

まずはボンネットからです。

少し曇ってますね(;”∀”)

ボディが汚少し汚れているのもありますが、それとは別に塗装表面自体が曇っているんです。

おそらく新車時からある曇り(白ボケ)だと思います。

それとボンネットの先端の方には・・・

ここだけシミのような跡がありました。

油が垂れたような感じもしますが・・・よくわかりません(^▽^;)

ちなみにこれは洗車でも落ちませんでした。

ルーフは・・・

こちらも曇り気味ですね(^^;

ボディサイドも・・・

シミやスクラッチ等は少なくお綺麗なんですがモヤけているのでライトがスカッ!とは

映り込んでません。

リアも・・・

結構モヤモヤですね(^^;

ホイールは・・・

酷くはありませんが、まぁまぁ汚れております(笑)

 

ご覧いただきましたようにボディ全体が曇り気味でスッキリとしません。

その曇りもあって透明感もあまり感じられません。

またこのオフブルーメタリックは元々メタリック感が抑えられたカラーではあるんですが・・・

近くで見てもメタリック感が少し損なわれている感じです(^^;

スッキリとした透明感あるオフブルーメタリックの輝きを目指して早速作業を始めてまいりましょう!!

作業開始!!

 

ボディの前にまずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

若干油膜で水を弾いているっぽい感じもしますね(^^;

全面同じような感じでしたが・・・

全面施工ですので全てのガラスをリセットいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤・・・

PGS-33でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

気持ちいいウインドウコーティングの完成ですヽ(^o^)丿

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

所々に反応は見られますが少ないですね!

リアも・・・

少なかったです(*”▽”)

新古車や展示車は鉄粉が多く付いている事が多いのですが、今回のスペーシアは全体的に

少なかったです。

鉄粉少ないので軽めの除去方法で鉄粉を処理し再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗ですね!

リアも・・・

スッキリとしました。

その後に今度はボディにマスキングを行い・・・

磨いていきます。

今回は初期登録から3ヶ月、塗装面のダメージも少ないので軽い磨きのベーシックプランでの

磨きになります!ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

そして今回使用いたしましたコーティング剤は・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

当店でも人気のコーティング剤でございます。

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。 「EXE-evo1」は気持ちのいい水玉撥水の

コーティング剤になります。 従来の水玉撥水のコーティング剤よりもシミが付きにくいのが

特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってクリヤーでスベスベに仕上がりました(^_-)-☆

もちろん何だかよくわからないシミのような痕跡も・・・

問題なく除去できております!

ルーフも・・・

サッパリとしました。

ボディサイドは・・・

おぉ! 綺麗だぁ! 透明感が違います!!

やっぱりこれくらい綺麗にスカッ!と映り込んでほしいものです(笑)

リアも・・・

曇りが無くなってスッキリとクリヤーですね(^_^)/

最後にホイールも・・・

艶出しで仕上げましたら・・・

オフブルーメタリック /ホワイトルーフのスズキ スペーシア、ボディコーティングが

完成いたしました!!

曇りも取れてスッキリとクリヤーな艶々ボディに仕上がりましたヽ(^o^)丿

このクリヤーな感じはやはりボディを磨かないと出ないんです!

今回のスペーシアは初期登録からそれほど時間が経っていなかった事もあってか、新車時からと

思われる曇りはありましたが(^^; シミや痛みも少なく状態は悪くありませんでした。

でも今回見て頂いたように実はパッと見は綺麗に見えても結構曇っているんです。

この曇りは新古車だから曇っていたわけではなく新車時からある曇りなんです。

しかし車の販売店でおこなうコーティングは新車や新古車など綺麗な感じの車は磨かないで洗車して

コーティング剤を塗るだけのお店が多いのもまた事実です。(磨いている販売店もございます!)

という事は磨かないでコーティング剤を塗るだけですと、もちろん曇ったままですので

コーティング後も曇ったままのスッキリしない仕上がりです(;´∀`)

また曇りだけではなくシミやスクラッチも残ったままです。

新古車や屋外展示車両など、あまり使用されていないお車でも車は屋外に置いておくだけで

シミが付いたり紫外線による塗装面の劣化などが進んでいきます。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ですので経年車はもちろん、新車や新古車等のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ

是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ タントカスタムのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ タントカスタムのボディコーティングです。

H26年式ナイトシャドーパープルクリスタルメタリックのタントカスタムです!

なにやら難しい名前のカラー名ですが紫色のタントと言えば頭に思い浮かぶ方も多いのではないのでしょうか。

それくらい見かける事も多い人気のカラーです(*”▽”)

明るいところで見ると鮮やかなパープルですが暗い所で見ると黒に見えるくらい陰影の違いが

ハッキリするボディカラーです!

そんな本来は鮮やかなパープルのタントもご購入から6年が経ちクスミや痛みが進んできたご様子です。

ボンネットを見てみると・・・

シミも多くスクラッチも目立ちます。

ルーフは・・・

ボンネットより一段とクスミが進んでいます(;´∀`)

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフの水平面に比べますとクスミもシミも少ないですね。

リアも・・・

スクラッチは付いていますけどシミは少ないです。

ホイールは・・・

ちょこっと汚れ気味でした(^^;

 

ご購入から6年という事もあって、それ相応の痛み具合ではないかと思います。

ルーフが一番痛みが進んでいるようですが、軽のハイト系ワゴンやミニバンなどの

水平で長いルーフはどうしても痛みがちです。

しかも普段は見えないので“まっ いいかな!”になってしまいがちでもあります(^▽^;)

そして久々にルーフを見ると・・・見なかった事にしようとしまいがちです(笑)

でも もう見てしまったのです。 現実を!!(笑)

しかし例えルーフが痛んでいたからと言っても諦める事はございません。磨けば光るんです!

そう!今回のタントのように!( ̄∀ ̄)ニヤリ

どれくらい光ったかは後ほど(笑)

何だか自分でハードルを上げてしまった感じもしないではないですが(汗)頑張って参りましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが、そもそもボディが

紫色ですので・・・

わかりにくいです(^▽^;)  紫色と言うより黒っぽい反応をするんですが

それでもわかりにくいですね(汗)

リアも・・・

わかりませんね(;´∀`)

でもボディから滴り落ちてくるクリーナー液は・・・

結構紫色になっています。

実際に塗装面を撫でてみてもザラザラで多く付いていました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

でもやっぱりわかりません(^▽^;)

リアも・・・

写真だと変化ないです(汗)

しかし滴り落ちてくるクリーナー液は・・・

もう紫色ではありません!!

鉄粉が終わりましたら今度はボディにマスキングを施し・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回はへッドライトの曇りの除去も行っています。

ビフォーです↓

結構白濁が進んでいます。

近くで見ると・・・

白いです(^▽^;)

反対側も・・・

全体的に白いです。

ヘッドライトの内部もよく見えませんね(^^;

アフターです↓

おっ!

おおぉ!!  クッキリとクリヤーです!

反対側も・・・

白濁も無くなって・・・

見える!見えるぞぉ!!  ヘッドライトの内部まで見えるぞぉ!!

と言いたくなるくらいスッキリとクリヤーに仕上がりました(^.^)

よかった! よかったぞぉ!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチも綺麗になってサッパリです!

クスミが進んでいましたルーフも・・・

クリヤーで艶々です(*”▽”)

メタリック感も取り戻しました。

ボディサイドも・・・

綺麗になりました。

リアは・・・

深めのスクラッチは残っていますがサッパリとしましたね!

最後にホイールも・・・

綺麗にしましたら・・・

ナイトシャドーパープルクリスタルメタリックのダイハツ タントカスタム、ボディコーティングが

完成いたしました!

ナイトシャドーパープルクリスタルメタリック本来の輝きに復活いたしました!

引けていた艶と透明感そしてメタリック感を取り戻し艶々に仕上がっております(^_^)/

またヘッドライトがクリヤーになったのも大きなポイントです。 ↑の写真だとわかりませんが(^▽^;)

ヘッドライトが白濁や黄ばんでいると、それだけで車が古臭く見えてしまいます。

これがクリヤーになると全然違うんです。車がいっきに若返ります(笑)

お引き取りに来られたオーナー様も“おぉ!きれいになったなぁ~”とお喜びになられている

ご様子でした!  ありがとうございます。

屋内保管でほぼ乗らない方は別として通常、車は月日が流れれば流れるほどクスミも進みますし

スクラッチも多くなってきます。でも諦めることはございません!

磨けば光ります!

そう!今回のタントのように!(笑)

皆様のご来店お待ちしております! ( ̄∀ ̄)ニヤリ         宣伝でした(笑)

 

ブラックなどのダークカラーのお車はホワイトやシルバーなどのライトカラーのお車に比べますと

塗装の痛みも早くスクラッチも付きやすく目立ちやすいです。

洗車でも簡単にキズが付いてしまいますので注意が必要です。

スポンジで擦ったりクロスで拭き上げたりと知らず知らずのうちに細かなスクラッチを

つけてしまっています。

少しでもその洗車キズを減らすための正しい洗車方法で洗車することをおすすめいたします。

そこで度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPに洗車方法の動画がございますので

ご参考までにどうぞ!! → 洗車方法

また使用しているスポンジや拭き取りのクロスなどは定期的に新品に交換することもお薦めです(^^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。