レクサスRX300 F SPORTのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスRX300 F SPORTのボディコーティングです。

H30年グラファイトブラックガラスフレークのレクサスRX300 F SPORTです!

こちらのグラファイトブラックガラスフレークと言う名の黒は、いわゆるソリッドブラックと

言われる漆黒の“黒”ではなく“ダイヤモンドの結晶をイメージした漆黒と金属の質感”を

目指し作られた“黒”なんだそうです! 光が当たると黒の中にもキラキラとガラスフレークが

輝いて見えるとっても綺麗なカラーです(^_^)/

それではご購入から約2年半ほど経過いたしましたグラファイトブラックガラスフレークの

レクサスRX300 F SPORTの現状確認を行なって参りましょう!

まずはボンネットからです。

やはりシミや洗車キズと思われるスクラッチが付いています。

またクスんでいて透明感が損なわれている状態です。

ルーフは・・・

こちらもシミやスクラッチ、そしてクスミが進行していました(^▽^;)

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフに比べますとシミもスクラッチも少なくて、

悪くないと思います。  でもクスんでいますね(^▽^;)

リアも・・・

シミは少ないのですがスクラッチとクスミでガラスフレークのキラキラ感が

影を潜めてしまっています(^^;

本当はもっとキラキラです! いゃ、キラッキラです!

ホイールは・・・

ブレーキダストの汚れも少なくお綺麗でした。

 

全体的にやはりシミやスクラッチ、そしてクスミが進んでいてお疲れ気味の状態です。

ただ屋外駐車で2年半と考えますと、それ程悪くない状態かな。と言うのが私の印象でした。

と言いますのもシミは多く付いているんですが、そのシミは比較的浅めのシミが多く

塗装を“深く”侵食してしまっているようなシミは意外と少ないんです(^_^)/

また今回のグラファイトブラックガラスフレークがキラキラとしたカラーで、黒だけど黒にしては

シミやスクラッチが目立ちにくい黒なんです。 そんな事もあって各部をアップの写真で見てしまうと

アレですが(^▽^;)全体の印象としましては、悪くない状態だと思いました。

とは言え、それ相応のクスミが進んでいますのでグラファイトブラックガラスフレーク本来の

キラッキラ感が薄れてしまっております。そのキラッキラを取り戻すべく作業を進めて参りましょう!

作業開始!!

 

ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

フロントウインドウは油膜の付着も少なくお綺麗ですね!

しかしサイドウインドウは・・・

結構ウロコに覆われておりました(^▽^;)

今回は全面施工していきます↓

↑の状態に行くまでに実はいくつもの工程を経ています!

そして最終的にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングし、最後に撥水チェックを

しましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です。

サイドウインドウのウロコも・・・

綺麗になりました(^_^)/~

 

続いてはボディです。

まずは洗車をして、その後にボディに付着しています鉄粉等の異物を除去してまいります。

専用のクリーナーをシュシュと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

ボディが黒いのでよく見えませんが結構多いんです。

トランクの方がわかりやすいかもです↓

よ~く見ますと所々が黒っぽく点々としているのがわかります。

これです↓

赤丸の中に黒い点が見えると思います。これが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

赤丸は2つしか付けていませんが、よく見ると無数にあります(^▽^;)

全体的に結構多かったッス(汗)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

違いがわかりにくいんですけど・・・

ボディ全体、サッパリと綺麗になっております!

鉄粉の処理が終わりましたらボディにマスキングをしていき・・・

磨いていきます。 今回はプレシャスプランでのご依頼になります。

プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングの

コースです。 (深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の

汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、

ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を

削らないよう、むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも無くなってスッキリと仕上がりました!

ルーフも・・・

クリヤーになって気持ちいいですね(*‘∀‘)

ボディサイドも・・・

クスミもなくなってライトが綺麗に映り込んでいます。

リアも・・・

ガラスフレークのキラッキラ感が戻ってきましたねヽ(^o^)丿

ホイールも・・・

艶々に仕上がりましたら・・・

グラファイトブラックガラスフレークのレクサスRX300 F SPORT、ボディコーティングが完成いたしました!

施工前の写真と写真の色味が違ってしまっているので(すいません)単純に比較できませんが

各部の仕上がりで見て頂きましたようにシミやスクラッチ、そしてクスミが取れてスッキリと

透明感を感じて頂ける仕上がりになっております!

またガラスフレークのキラッキラ感も復活しましたのでグラファイトブラックガラスフレーク本来の

イメージである“ダイヤモンドの結晶をイメージした漆黒と金属の質感”を取り戻しております(^_-)-☆

オーナー様も『おぉ!綺麗になった!』とお喜びになられているご様子でした。

ありがとうございました。

 

黒などのダーク系のカラーはスクラッチやシミそしてクスミが進んできますと塗装の

透明感(クリヤー感)が無くなってきます。

またボディ全体が白っぽく見えてきてしまい色の深みが感じられなくなってしまいます。

黒いお車で屋外駐車でしたら2~3年くらいが一つの目安かなと思います。

お車は保管場所やご利用状況によって傷み方は様々ですので(^^; あくまでも目安です。

そうなってきますとそろそろ再施工のタイミングでもございます。しかし再施工時期の判断は

なかなか難しいと思いますので再施工のタイミングでお悩みでしたら当店にお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

テレーンカーキマイカメタリックのレクサスNXです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスNXのボディコーティングです。

テレーンカーキマイカメタリックのレクサスNX300hです!

納車間もないピカピカの新車になります(^_^)/

こちらのテレーンカーキマイカメタリックですが、光の具合で色合いが緑色に見えたり

茶色っぽく見えたりと色々な表情の変化を楽しめるカラーになっております!

開発者の方もエレガントで、なおかつ日本らしいわびさびを感じさせる、

そんな色合いを意識して開発したカラーなんだそうです!

いゃ~とってもいい色です! オーナー様もとてもお気に入りのカラーなんだそうです(*^_^*)

そんなエレガントを感じさせるテレーンカーキマイカメタリックのレクサスNXの現状確認を

行ってまいりましょう。

↓はボンネットです

レクサスらしく曇りもない、とてもお綺麗な塗装肌でした!

しかしよ~く見ますと拭きキズでしょうか?? 何かモヤモヤとした光の反射が見られました。

すこしわかりにくいので・・・

赤丸してみました(笑) 写真ですと赤丸の中に光に筋のように見えると思いますが

実際はもう少し広範囲に光がモヤモヤと見えていました。

おそらく納車仕上げ時に付いたのではないでしょうか??

とは言えほぼ気が付かない程度の軽いものでした(^^;

ルーフも・・・

とってもお綺麗です!

ボディサイドも・・・

問題ございません(^_^)/ お綺麗です。

リアも・・・

お綺麗でした。

唯一、ホイールが・・・

若干汚れている程度です。

 

ボンネットに微かに拭きキズと思われますスクラッチが付いてはいましたが、

全体的にとってもお綺麗で特に気になるような所もございませんでした。

今回のNXを見てやっぱりレクサスの塗装は綺麗だなと感じた次第です(*‘∀‘)

だからと言って洗車してコーティング剤を塗るだけのような事はいたしません。

シャンプー等のケミカル剤だけでは落ちないしつこい汚れが付いているんですよ(^^;

その汚れを除去しないでコーティング剤を塗るとコーティング座の定着具合も変わってきますので(汗)

綺麗な新車でも下地作りは大切です!

ではその大切な下地作りから初めて参りましょう。

作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉の除去を行います。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

よ~く見るとポツポツと確認できると思います。

でもとっても少ないですね(^_^)/

リアも・・・

少ないですね!

全体的に鉄粉の付着も少ないので軽めの鉄粉処理方法で処理しました。

処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

変わり映えしないかも知れませんが綺麗になっています(笑)

リアも・・・

より綺麗になりました!

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。 とってもお綺麗な塗装肌でしたが磨くためにここまでの工程を

行っております!

今回は新車ですので新車プランの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

今回はボンネットのスクラッチを消し、それ以外は研磨というより塗装面に付いている

頑固な汚れを落とし塗装表面を整えるような軽い磨きです。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。 「EXE-evo1」は気持ちのいい水玉撥水の

コーティング剤になります。 従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが

特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

スクラッチも綺麗に除去できました!

ルーフも・・・

綺麗ですね~(*’▽’)

ボディサイドだって・・・

より綺麗に仕上がっています。

リアも・・・

お綺麗です!

唯一の汚れらしい汚れが付いていたホイールも・・・

艶々になりましたよ(笑)

そしてテレーンカーキマイカメタリックのレクサスNX300h、新車コーティングが完成いたしました!

元々とってもお綺麗でしたので写真だと施工前後の違いが伝わらないかも知れませんが

EXE evo1による深い艶とキラッとした光沢感を感じて頂けるテレーンカーキマイカメタリックに

仕上がったと思います。

そのテレーンカーキマイカメタリックは写真だと、どうしても本当のこの色の魅力が伝わらないと

思いますので是非とも実車で見て頂きたいカラーです!

オーナー様も言われていましたが正直、あまりお目にかかれない色でもあるんですけど(^^;

そこがまたいいんです!所有者の満足感も更に上がります(笑)

朝と昼、そして夜。またお日様の下で見るのと夜の街灯のしたで見るのとでは雰囲気も違い

所有していて飽きない色でもあると思います!

末永くテレーンカーキマイカメタリックのレクサスNXをお楽しみ下さい(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

レクサスSC430の定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスSC430のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのコスモシルバーのSC430はボディコーティング施工から2年半ほど経過いたしました

お車になります。定期的にメンテナンスにお越しくださっており今回は4回目のメンテナンスの

ご依頼です!

こちらのレクサスSCも、あの長かった梅雨明け後のご入庫でしたので珍しく汚れ気味です(^^;

いつもお綺麗にされているんですが今回は洗車できる日(晴れの日)がなかったので

少し汚れてはいますけど↑の写真を見て頂いても色的な事もあって目立ちません(笑)

では珍しく少し汚れ気味のレクサスSCのメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターで

ご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

よく見ると水アカで斑模様になっていますけど目立ちませんね(笑)

アフターです↓

水アカもスッキリとして綺麗になりました!

ルーフも・・・

目立ちませんが汚れているんです。

アフターです↓

こちらもスッキリとしました! ただメンテナンスでは落ちないクスミも少し出てきたようですが

艶もあって悪くない状態だと思います。

トランクは・・・

トランクはシミが多くなってきました。 もちろんボンネットやルーフにもシミは

付いていますが何故かトランクが多いです。

アフターです↓

こちらも、メンテナンス後でもややクスミが気になります。

シミも少し気になりますので次回あたりは磨きありのメンテナンスがいいかも知れません。

お気軽にご相談ください(^_^)/

ボディサイドは・・・

雨筋が何本もダラ~っと付いていました(^^;

雨が多いとどうしても付いてしまいます。

アフターです↓

サッパリとしました!  気持ちいい~(*´▽`*)

 

それといつもの鉄粉です↓

黒っぽくポツポツとたくさん確認できるが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

多いです(^^;

定期的にメンテナンスにお越しくださっているんですけど過去3度のメンテナンスでは

鉄粉が少なかった気がするんですけど・・・??

と思い過去3回を見てみたら・・・多かったり少なかったりとバラバラでした(笑)

でも今回が一番多いと思います。

リアも・・・

もちろん多いです(^▽^;)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりましたよ~!

リアも・・・

スッキリとしました!

鉄粉はお車も止めている場所や使用場所によって付着量が大きく変わってきます。

駐車場が同じでも周りで大きな工事をしていたりすると鉄粉が多く舞い付着量が多くなる事も

あります(^_^;) いままで少なかったのに急に多くなった時は必ず何かしら変化があったと

思います。

 

ホイールは・・・

こちらも少し汚れ気味です。

アフターです↓

ツヤピカに仕上がっております。

それと毎回メンテナンスと同時に本革シートのメンテナンスもご依頼いただいております。

ビフォーです↑

黒いので汚れは目立ちませんが本革のクリーナーで拭きますと・・・

運転席の座面だけどこれくらいは汚れています。

クリーナーで汚れを落とした後に本革シート用のメンテナンス剤を塗り・・・

完成です!  写真で見るとあまり変化ないですね(^^;

本革シートは丈夫で長持ちだと思われている方が多いんですけど、実は何もメンテナンスをしないと

意外なほど早く劣化してきます。 数年でひび割れてきたり最悪の場合は破れてきたりします。

本革シートを長持ちさせるにはボディと同じで定期的にメンテナンスが必要になります。

本革シートのメンテナンスは大切です!

そしてコスモシルバーのレクサスSC430、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

綺麗になりました!

近くで見るとメンテナンスでは落ちないシミも多くなってきたのも事実ですが、それでも実車を

見て頂けると艶と光沢の向上、それに伴ってお車全体の質感の向上を感じて頂けると思います!

オーナー様もとてもお喜びになられておりました!

ありがとうございます。

 

コーティング施工から2年半が経ちスクラッチは少ないのですがシミやクスミが少し増えてきました。

ただ、まだまだ艶もございますし再施工するにはもったいない気もします(笑)

特に屋外で見れば気にならないレベルではありますが、それでも気になってしまうようでしたら

次回は磨き有のメンテナンス、またはボンネット等の水平面のみコーティング再施工なども

いいかと思います!

メンテナンス方法も塗装面(コーティング被膜)の傷み具合によって色々なご提案もできますので

お気軽にご相談ください(^_^)/~

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスRX200tのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスRX200tのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのグラファイトブラックガラスフレークのレクサスRXは昨年の12月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

約6ヶ月のタイミングでメンテナンスにお越し下さいました。

今年の梅雨は例年以上の長さで、こちらのRXご入庫時も生憎の雨でございました(^▽^;)

ですので今回はリアルな雨での撥水状況をご紹介できると前向きに考えている私でした(笑)

ではそんなリアルな撥水状況も含めて今回もメンテナンスの様子をビフォー&アフターで

ご紹介してまいりましょう!

 

まずはボンネットです↓

ちょっと雨が乾いてしまっていますが雨天の中お越しくださった状態がこの様な感じです。

あまり“撥水”と言う感じではないですね(^^;

アフターです↓

マメにお手入れされているとの事でしたのでシミも少なくお綺麗です!

ルーフも・・・

完全に撥水が落ちてしまっているようです(^^;

アフターです↓

ルーフもシミやスクラッチも少なく良好な状態をキープしております!

リアは・・・

だいたい、どのお車もそうなんですけどボンネットやルーフの水平面より

ボディサイドなどの垂直面の方がシミも少なく撥水が長持ちいたします。

それだけ水平面は痛みが早いという事です。

アフターです↓

ツヤッツヤです。店内の床のクラックもしっかりと映り込んでいます(^▽^;)

丸見えですね(笑)

ボディサイドも・・・

リアルな撥水状況とか言いながら雨がすっかり乾いてしまいました(汗)  あれ~??

という事でリアルな雨が乾いた後の汚れ具合をお楽しみください(^^;

そして↓はメンテナンス後です。

メンテナンス後の画像をお楽しみ下さい(笑)

 

画像をお楽しみいただきました後は、いつのも鉄粉の付着報告です

今回も黒いお車ですので、ご紹介しても写真だと何だかわからないかと思いますが・・・

黒くポツポツと見えるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

黒くポツポツとは見えないと思いますけど(大汗)

リアも・・・

見えません(;´∀`)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますけど・・・

わかりません!

リアも・・・

見えません!!

何が何だかわからなくてすいません。 黒は写真だと難しいっス(^▽^;)

 

ところでメンテナンスの紹介の時に度々ブログに書いていますけど、撥水が無くなると

コーティング被膜も無くなった(コーティングが落ちた)と思われるオーナー様が多いのですが

実は違うんです。頑固な汚れに覆われているだけなんです。

コーティングの撥水はコーティング表面に付いている“汚れの膜”を落とすだけでも、

撥水力が戻ります。 撥水がなくなった=コーティング被膜が無くなった訳ではございません。

メンテナンスではその“汚れの膜”を特殊なケミカルを使って落としています。

↓はご入庫時に水をかけた時の水弾きの状況です。

塗装面が汚れていますので綺麗に水を弾きません。

これをシャンプー洗車し汚れを落とすだけでも・・・

これくらい撥水力が戻りました。  しかし本当はこちらのRXは低撥水系のコーティング剤で

コーティングしていますので水を掛けたら流れ落ちないといけないのですが

水がボンネットに留まってしまっています。

今回のRXはお手入れ方法が良いのでシャンプー洗車だけでも結構撥水力が戻りましたが

シャンプー洗車程度では落ちない汚れが付いていたり、コーティング被膜そのものの痛みが

進んでますと撥水力が戻らない事も多いです。

そして更に強力な専用のケミカルを使い頑固な汚れを落とすと・・・

コーティング表面が綺麗になって低撥水らしく綺麗に水が引いていくようになりました!

(コーティング被膜の痛みが進んでいる場合は撥水力は戻りません。)

最終的にはメンテナンス剤で仕上げますので、もっと撥水力が上がり綺麗に流れるように

なっております!

話が長くなりましたが最後はホイールです。

ビフォーです↑ 汚れで白っぽいですね(^▽^;)

アフターです↓

本当は黒いんです(^.^)

そしてグラファイトブラックガラスフレークのレクサスRX200tのボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶々に仕上がりましたよ~ヽ(^o^)丿

今年は梅雨が長く毎日のように雨模様でした。そんな事もあって皆様、洗車が出来ずに

悶々とした日々が続いたのではないかと思います。こちらのRXのオーナー様も

普段はマメに洗車されているそうですが、梅雨時期は雨が続いて洗車ができてないと言われて

おりました。愛車が汚れていく姿は見たくないですよね(;´∀`)

しかし今回はメンテナンスで綺麗サッパリ!そして艶々です!

オーナー様も綺麗になったRXを見てとてもお喜びになられておりました!

ありがとうございます!!

そして綺麗になりましたRXで雨の中お帰りになりました(;´∀`)  雨やみませんでした(涙)

でも雨が降っているのに綺麗で、しっかりと撥水が効いている車ってカッコイイですし

“あの人ヤルなぁ!!”と思うのは私だけではないはず(笑)

見る人が見れば羨ましがること間違いなしです!!

そう考えると雨の日もポジティブに考えられるのではないでしょうか?? ・・・ダメですかね??

皆様もそんなマニアを目指してみてはいかがでしょうか(^_^)/~

こちら側の世界でお待ちしております(笑)

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

こちら側じゃないです。コチラです(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

レクサスLS、ヘッドライトのクラック除去です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日はヘッドライトに入ってしまったクラック除去のご紹介です。

基本的に当ブログでは現在ボディコーティング(リフレッシュコートは除く)と

コーティングメンテナンス、ルームクリーニングのみブログでご紹介させていただいております。

それ以外のウインドウコーティングやホイールコーティング、ヘッドライトクリーニング等の

単品での作業はご紹介しておりません。

でも、こんな作業も承っておりますよ~。 と、たまには宣伝しないと忘れ去られてしまいますので

今回はヘッドライトクリーニングをご紹介されていただきます!  忘れないでね~(^^)/

本日はこちらの・・・

レクサスLSです!

ご覧のようにそれほど酷く黄ばみが進んでいる訳ではありません。寧ろ、このモデルの

LSでしたらお綺麗ではないかと思います。

と、思ったらホントはもっと黄ばんでいたので少し前に某所にてヘッドライトクリーニングを

お願いしたそうです。それでそれなりに綺麗にはなったのですが見る角度によっては黄ばんで

見えるしヘッドライトの表面のクラックも気になるとの事で当店にご相談に来られました。

近くで観察してみると・・・

写真だとわかりにくいんですけど、少し黄ばみが残っています。

クラックもあるんですけどわかりませんね(^^;

横から見てみると・・・

黄ばみとクラックわかります??

ライトを点灯すると・・・

クラックが浮かび上がってきます。

確かにクラックが気になりますね(^_^;)

 

反対側も・・・

少し離れてみると綺麗ですけど・・・

近くで見るとクラックもあり透明感も損なわれています。

ライト内部のリフレクターが綺麗に見えません。

ライトを点灯すれば・・・

クラックが浮かび上がってきます(^▽^;)

某所ではこれ以上は無理です。限界です。と言われたそうですが・・・

確かにクラック除去の完全除去は難しいかもしれませんがもっと綺麗にはなると思います。

今回は通常のヘッドライトクリーニングではなくその先のクラック除去のご依頼になります。

通常のヘッドライトクリーニングではクラック除去までは行っていません。黄ばみや白濁を

除去してクリヤーにはなりますがクラックは残ってしまいます。

逆にクラックが入っていないヘッドライトでしたらクリーニングで全然問題ありません。

クラック除去はクリーニングより更にハードな磨きになりますので料金もクリーニングより

上がってしまいますが仕上がり具合はよりクリヤーで綺麗になります!

もちろん状態によっては全てのクラックを除去することはできませんが、それでも仕上がりは

全然違ってきます。

 

作業の方はまずヘッドライトをクリーニングした後にマスキングをして・・・

磨いていきます。

磨くと言っても最初は荒削りですので磨くと言うより削るといった方がいいかもです(笑)

荒削り後です↑

荒削りですので真っ白になります(^▽^;) ここからどんどんと磨いて磨いて更に磨いていきます!

そして・・・

最終的にここまでクリヤーに仕上がります!

横から見ても・・・

綺麗になりましたね!

ライトを点灯してみても・・・

スッキリとクリヤーになりました!

よく見ると取り切れなかったクラックが残ってしまいましたが

あまり気にならないかと思います。

反対側も・・・

クリヤーですね(*’▽’)

近くで見ても・・・

ヘッドライトの内部もよく見えます!

ライトを点灯してみても・・・

いい感じに仕上がりました!

そしてレクサスLS、ヘッドライトのクラック除去の完成です!!

う~ん、引きの写真だと違いがわからないな~~(^▽^;)

でもアップの写真で見て頂きましたように左右ともクラックもスッキリとして

クリヤーになりなりました!

実写を見て頂ければ結構お車の印象が変わったと思います(^_^)/

オーナー様も『おぉ!綺麗!!初めからこっちのお店に持って来ればよかった』と

とてもお喜びになられておりました!  実はヘッドライトクリーニングでお越しくださる

お客様、『初めからこっちのお店に持って来ればよかった』と言われる方が多いんです(笑)

某所でクリーニングしたけど限界と言われその後に当店にご相談に来られるオーナー様が

意外に多いんです。

そうなると料金も単純に倍になってしまいますので、まずは・・・

ここ大切です。(笑)      はい!ここテストに出るぞぉ~! (謎)

まずは当店にご相談ください(^_^)/~     テストに出るので赤字で書いておきます(謎)

また、ブログではご紹介はしておりませんがヘッドライトクリーニング以外にも

ウインドウコーティングやホイールコーティング等のご依頼も承っておりますので

お気軽にお問い合わせください。

以上、宣伝でした!!( ̄▽ ̄)

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

レクサスES300hのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスES300hのボディコーティングです!

こちらは納車の翌日にお越しくださいました新車のレクサスESです!

レクサスESのブラックはメタリックとソリッドの2種類用意されていますが今回ご入庫くださったのは

ソリッドのブラックになります。

メタリックとソリッド、同じブラックでも雰囲気は全然違って見えるから不思議ですね(*^^*)

そんな新車のレクサスESの現状を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

前日に納車されたばかりですが・・・すこし汚れています(^^;

特に今の時期は花粉も飛んでいるのでアッと言う間に汚れがのっかってしまうのはしょうがないんですけど

それよりも洗車の拭き跡が残ってしまっているので、より汚れた感じになっています。

それと実は洗車キズも既に結構付いていました(^^;

ルーフも・・・

樹液でしょうか?? 何やら沢山付いています(^^;

トランクも・・・

なんでしょう?? ポツポツと沢山ついています。

納車前から付いていたのか納車後に付いていたのかは今となってはわかりませんが

ご入庫時はこのような感じでした。

ボディサイドは・・・

クリヤーで塗装自体はとても綺麗なんですが、やはり洗車キズと思われるスクラッチと汚れが

気になります。

それと納車当日にちょっとしたアクシデントがあったそうで・・・

ドアミラーにキズが付いています(^▽^;)

赤い矢印の方は塗装の下までキズが入っているので厳しいですが緑の矢印のキズは磨きで

何とかなりそうな感じです。

ホイールは・・・

お綺麗ですね!

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますのでホイールコーティングをしてまいります!

余談ですがこのホイールはノイズリダクションアルミホイールと言ってロードノイズを大幅に低減する

ホイールなんだそうです。最近のレクサス車に多く採用されているみたいです。

ノイズリダクションアルミホイールと聞いただけで何だかワクワク&興味深々なのは私だけではないはずです(笑)

 

前日納車の新車なんですがソリッドブラックという事もあって洗車キズが散見されます(^^;

また全体的に洗車時の拭き上げの跡が残ってしまっている状態でした。

その為にソリッドブラックらしい真っ黒さが少し損なわれている感じです。

そしてトランクの写真で見ていただいた謎の付着物(^^; なんでしょう??

何かはわかりませんが見たところ塗装にダメージを及ぼすような物でもなさそうですので

安心して下さい(笑)

納車翌日ですが現状新車にしては少しアレですので(^^;)ここはひとつビシッ!と新車以上に

仕上げてまいりましょう!

では作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいりましょう。

ここはひとつビシッ!と言いながらアレですが現状の写真を撮るのを忘れていたようです(^▽^;)

すいません。

現状は油分の付着も少なかったです。

運転席と助手席は元々撥水ガラスですのでそれ以外のウインドウをコーティングしていきます。

今回はサンルーフも付いていますのでサンルーフもコーティングしていきます。

コーティングができましたら最後に撥水チェックして・・・

完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車をしてその後に鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

毎度の事ですけど黒い車は写真ですと全然わかりません(;´∀`)

全体的に鉄粉も少なくて今回は軽めにおこないました。

そしてマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回は少しスクラッチ等が気になりましたので少し多めに磨いています(*^^*)

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!

ここまでがコーティングをする為の下準備になります。当店では新車でもこれ位してからコーティングを

していきます(^_^)/

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

最近ご指名が増えてきましたカービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″です

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

それと今回はヘッドライトコーティングも行なっています!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

綺麗になりましたね! ↑の写真だとライトが少しモヤけているように映っていますけど

実際はビシッ!と綺麗にライトが映り込でいます。

ルーフも・・・

綺麗になりましたよ~。 黒い車は綺麗にすると光っちゃって写真が難しいっス(^^;

そしてトランクの例のアレですが・・・

スッキリと綺麗に仕上がっています。

ボディサイドも・・・

スッキリと綺麗になっています!

そしてアクシデントに見舞われた不運のドアミラ-は・・・

赤い矢印の縦方向のキズは深いので完全には除去できませんでした。

緑色の矢印の横方向のキズは幸い浅かったので綺麗に除去できています。

↑の写真だと少し目立ちますが実際はここまで目立たないです。

オーナー様に確認してもらったところ“だいぶ目立たなくなりましたね!これならいいかも!”と

お喜びになられておりましたヽ(^o^)丿

そして最後にホイールです。 いゃ、ノイズリダクションアルミホイールです(笑)

ホイールコーティングでピカピカです!

それにしてもノイズリダクションアルミホイールの効果を検証してみたいですね~(笑)

そしてブラックのレクサスES300h、新車コーティングが完成いたしました!

ビシッ!っと新車以上の新車に仕上がっております!

黒に深みが出て更にツヤツヤです(^_-)-☆

オーナー様も『いゃ~やっぱり違いますね~!』と、とてもお喜びになられておりました!

納車時も綺麗は綺麗だったんだけど、よく見るとなんか少し・・・という状態だったそうです。

という事はやはりトランク等に付いていた例のアレは納車前から付いていたのかもしれませんね(^^;

ですので新車でも下地作りがとても大切なんです!

新車=綺麗だと思ってはいけません! 実は色々ある新車が多いのが実情ですので新車も専門店の

カービューティープロ カラーズにお任せください(^_^)/     宣伝でした~(笑)

 

最後にお知らせです。

コロナウイルスの感染拡大が続いていますね(涙)当店でも少しでもお客様に安心していただけますよう

お客様対応時にはマスクを着用して応対させていただいております。

また代車も安心してご利用いただけますよう、その都度アルコール消毒をして対応しております。

店内のイスやテーブルもその都度拭いて回っています(笑)

コロナウイルス自体まだまだ謎が多く情報も錯乱気味です(T_T)

トイレットペーパーも無いですし・・・(汗)

収束の気配はまだまだ感じる事は出来ませんが収束するまで上記の対策は続けていきますので

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

レクサスRX200tのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはレクサスRX200tのボディコーティングです!

H28年式のレクサスRX200tです!

グラファイトブラックガラスフレークと言う名のブラックです。 ガラスフレークと言う事で光が

当るとキラッキラに輝くブラックなんです(^^)

黒にしてはシミやスクラッチが目立たなく、ソリッドブラックほど神経質な黒でもない、比較的お手入れが

楽なブラックカラーです!

とは言え光の加減ではやはりスクラッチが気になってしまうのも事実で、オーナー様も細かなスクラッチや

シミが気になるとの事で当店にご入庫くださいました。

では早速ですが3年経過のレクサスRXの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

こちらの写真だとそれ程酷くない感じに見えますが、スクラッチがやや多めに付いていました。

ルーフは・・・

ライトを当てるとガラスフレークがキラキラとして写真だと上手く写らないんです(^^;)

でも3年程経過しているブラックカラーと思うと状態は悪くない方だと思います!

ボディサイドは・・・

これまたライトを当てるとキラッキラなんであれですが(^^;)実は細かなスクラッチが意外と多いんです。

でもクスミも少なくてクリヤー感はそれ程損なわれていない感じですね!

リアは・・・

↑の写真が一番スクラッチが見やすいと思います。(赤枠) この様な細かなスクラッチがボディ全体に

入っていました。

それとリアバンパーには・・・

傷付き防止のプロテクションフィルムを剥がした跡が残っておりました。

ボディが黒いので尚更目立ってしまいますね(^^;)

ホイールも少し汚れ気味でした。

 

全体的に細かなスクラッチが付いておりますが3年経過のブラックカラーと考えますと

お綺麗ではないかと思います。

今年の夏ごろにご購入されたそうですが、その時に販売店がサービスでコーティングをしてくれたそうです。

オーナー様も言われていましたがコーティング剤を塗っただけじゃないのかな??と。

確かにコーティングからまだ数ヶ月でこのスクラッチの多さを考えると・・・

おそらく軽くは磨いているような気がします(笑) クスミも無いので。ですので塗装表面の

汚れを落とす程度のかる~い磨きをしてコーティングしたのではないでしょうか?? たぶん(笑)

または比較的状態がいい車両でしたので、オーナー様の推理どおりコーティング剤塗っただけかも知れません。

いずれにしろ車を綺麗にするのはコーティングではなく下地となる塗装表面を如何に綺麗にするかです。

もちろんコーティング剤を塗ればコーティング剤による艶は出ます。

しかし、いい艶が出る高価なコーティング剤を傷んだ(汚れた)塗装面に塗っても・・・勿体ないだけです(^^;)

綺麗な塗装面に塗ってこそコーティング剤が効果を発揮するというものです!

という事で早速、塗装面を綺麗にしてコーティングしていきましょう。作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉などの異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

黒いボディカラーですとわかりません(^^;)

リアも・・・

付いているんだかついていないんだか??  実は付いているんです(笑)

写真だとわかりませんが実際に見て頂くと反応しているのが確認できますよ(^_-)-☆

鉄粉処置をしましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、もちろん・・・

ボンネットもリアも・・・

違いがわかりませんね(^▽^;)  すいません。

その後にマスキングをして・・・

磨きの準備が出来ました。

今回はプレシャスプランでのご依頼になります。

プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。

(深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の汚れ落としや、

エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、ワンランク上の仕上がりを

体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を削らないよう、

むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-V110ですが、ボンネットとルーフにはPCX-V110とは違うコーティング剤を使用しています。

当店で低撥水と言いますとPCX-S7やPCX-V110がスタンダードですが今回ボンネットとルーフに使用した

コーティング剤はそれとはまた違う低撥水性のコーティング剤となります。

撥水ではないので水玉コロコロにはなりませんがシミの付着低減にはとても良好だと思います(^^)/

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗になりました。

ルーフも・・・

クリヤーで艶々です!

ボディサイドは・・・

より一層ガラスフレーク感を味わえると思います!

リアも・・・

スクラッチも無くなって綺麗です。塗装面の滑らかさも違います(^_^)/

リアバンパーの剥がし跡も・・・

綺麗になりましたね!

最後にホイールも・・・

綺麗にしましたら・・・

グラファイトブラックガラスフレークのレクサスRX200t、ボディコーティング完成いたしました!

艶々に仕上がりました!! 同じコーティングでも下地を綺麗にしてからコーティングすると

輝きが違うんです(^_^)/ 特にブラックカラーはスクラッチが多いと光が乱反射してしまい

白と言うかグレーっぽく車が見えてきてしまいます。

そのままコーティングしても何だか艶を感じるグレーっぽい黒に仕上がるだけです(笑)

ですのでコーティング前の下地が大切です。スクラッチを除去すると透明感のある深い黒に仕上がる事が

出来るんです。

オーナー様も『色が変わったみたい。黒が違う!大満足です。』と、その違いを実感して頂けたご様子でした!

そうなんです黒が違うんです。よりガラスフレークがキラキラと輝き華やかな黒になったと思いますヽ(^。^)ノ

実はオーナー様の息子さんも同じレクサスRXの色違いに乗られているそうです。ほぼ同じ時期にご購入された

そうですが息子さんのRXの方が綺麗で、ちょっと悔しい思いをされていたようです。

でももう大丈夫です!!

輝きを増したグラファイトブラックガラスフレークのRXを息子さんに自慢しちゃってください(^o^)丿

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスSC430のボディコーティングメンテナンスです!

 

本日ご紹介致しますのはレクサスSC430のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのレクサスSC430は昨年の2月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

コーティング施工から1年9ヶ月程経過しておりますがその間にも定期的にメンテナンスに

お越しくださっており今回は3回目のメンテナンスのご依頼になります。

こちらのSCをご紹介する度に言っていますけど、いつもお綺麗なのでご紹介する所が無いんです。

今回もそうなりそうな予感がいたしますが(汗)早速メンテナンスの様子をビフォー&アフターで

ご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

若干汚れは付いていますが十分お綺麗です!

アフターです↓

さすがにコーティング施工から1年9ヶ月程経過していますので通常のメンテナンスでは

落ちないシミなども増えてきました。しかし色的な事もあって普段はそのシミもあまり気にならないと

思います。 艶はまだまだ健在です(^_^)/

ルーフも・・・

少し汚れています。

アフターです↓

こちらもボンネットと同じで通常のメンテナンスでは落ちないシミが増えてきましたが

屋外屋根なし駐車で1年9ヶ月経過していると考えますと状態は悪くないと思います!

↓はトランクです。ボンネットとルーフと同じ水平面ですので当然・・・

同じ様な汚れ方です(^^;)

そして当然メンテナンス後の状態も・・・

同じ様に屋外屋根なし駐車で1年9ヶ月経過しているとは思えない程お綺麗ですね!

まだまだクスミも感じさせず透明感あります!!

ボディサイドは・・・

クモが一生懸命にクモの巣作りに勤しんでおりました(笑) これがまた見てると凄いんですよ。

上下左右に動き回りせっせと巣を作っていきますが問答無用で私が崩壊しておきました(^▽^;)  可哀想に。

いゃ~でもあの身軽さは羨ましい限りです(笑)

そんな話よりボディサイドのビフォーです↓

下の方は雨天時の走行時の跳ね上げで汚れてはいますが、全然目立ちません(^^) いい色ですね~(笑)

色的にはシルバー系のカラーですがシルバーは汚れやスクラッチ・シミが目立たなくてお車の維持管理が

楽なので、そこを重視しての色選びでしたらシルバー系はお薦めです。

目を凝らしてよ~く見れば綺麗になっているのがわかって頂けるかと思います。

よ~く見比べて下さいね! よ~く見比べないとわからないと思いますので(汗)

それとパッと見で綺麗でも鉄粉は意外と多く付いているものですので鉄粉チェックして

いきましょう。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

所々に黒っぽくポツポツと確認できますね。 しかし鉄粉も少なめでした。

トランクは・・・

こちらの方が少し多めに反応しているようにも感じますが、いずれにしろそれ程多くはなかったです!

鉄粉処置後に再チェックします↓

ボンネットも・・・

トランクもスッキリとしました。もちろんボディ全体の鉄粉処置を行っております。

更に細部の洗浄なども行っております!

そしてホイールです↓

ホイールもお綺麗ですね(^^)

アフターです↓

ホイールも汚れの状態によっては数種類のケミカルを使って洗浄しています。

ですので更に綺麗に仕上がります(^_^)/

そして最後はシートクリーニングです。こちらのオーナー様は毎回メンテナンスと同時に

シートクリーニングのご依頼を頂いております。

シートクリーニングと言うより本革シートのメンテナンスと言った方が正解かも知れません。

本革シートは多くの方が丈夫で長持ちだと思われている方が多いんですけど、それは正解でもあり

間違いでもあります。 正確には定期的に手入れをすれば長持ちしますが、何もしないとすぐに劣化してきます。

数年でひび割れてきたり最悪の場合は破れてきたりします。本革シートを長持ちさせるにはボディと同じで

定期的にメンテナンスが必要になります。 と言う事でシートクリーニングと言う名のメンテナンスです↓

シートが黒ですので汚れがわかりませんが・・・

クリーナーで拭くとこれ位は汚れが取れます。

その後に本革シート用のメンテナンス剤を塗って・・・

完成です!  と言っても見た目があまりかわらないと言う・・・(;´∀`)

でも保護剤によって適度な保湿をされています! 本革シートはメンテナンスが肝心なんです(^_^)/

そしてレクサスSC430のボディコーティングメンテナンス完成いたしました!

いかがでしょうか。艶々ですヽ(^o^)丿

さすがにコーティング施工から1年9ヶ月程経過していますので撥水はだいぶ落ちていましたが

艶感や光沢、そして塗装表面の痛み具合など見ましてもオーナー様の日頃のお手入れの良さと

愛情が伝わって参ります!本革シートにまでお気を使っているなんて流石です!

本革シートのメンテナンスの重要さを知っている方は意外と少ないので私も今後は本革シートの

メンテナンスの大切さをもっとアピールしていきたいと思います!!

 

コーティングが効いていればシャンプー洗車だけでも綺麗になりますが、メンテナンスを致しますと

シャンプー洗車では落ちない汚れも落とせますので通常の洗車より更に綺麗で艶々に仕上がります(^_^)/

コーティング効果維持の為にも皆様も定期的なメンテナンスを是非!!

 

 

本革シートはメンテナンスが大切だぁ!!        ← アピール

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスCT200hにボディコーティングのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはレクサスCT200hのボディコーティングです。

ソニッククォーツの新車レクサスCT200hです!

このソニッククォーツと言うカラーですが一言で言ってしまえばホワイトですけど、とても硬質感のある

カチッとクリヤーで透明感と陰影感を楽しめるとても綺麗なホワイトです!

レクサスの中でも人気のカラーの様です。 納得です(*^_^*)

では早速レクサスCT200hの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

レクサスらしく曇りの無いとても綺麗な塗装です(*‘∀‘)

ルーフも・・・

クリヤーでお綺麗です!!ボディサイドも・・・

申し分ございません。

しかし・・・

リアゲートの上面は少しだけ曇りが確認できますが、写真ですとあまり伝わらないレベルです(^^;)

ホイールも・・・

少し走られていますので汚れも確認できますが、基本的にお綺麗でございました。

 

レクサスの塗装はとてもお綺麗で、しかも施工前後の違いが伝わりにくいホワイトと言う事もあって

今回はもう既に書く事も無くなってきました(^▽^;)

もう磨かなくてこのままコーティングしてもいいんじゃないか?って思ってしまいますが、そうもいきません(笑)

いくら綺麗に見えても塗装面には色々な不純物が付いているものなんです。

綺麗な新車でも油断は出来ません! しっかりと下地を整えてからコーティングしていきますよ~。

では作業開始~!!

 

まずは洗車後に鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

鉄粉も非常に少なかったです。

全く付いていない訳ではないんですけどボンネットはとても少なかったです。

ただリアゲートの上面には・・・

それなりの量の鉄粉が付いていました。 (黒っぽく点々と見えるのがクリーナーに反応している鉄粉です。)

ルーフも少なかったんですけど、ココだけ少し付いていました(^^;)

 

ボンネットはほぼ違いがわからないと思いますが(^^;)アフターです↓

綺麗です! 元々(笑)

リアは・・・

鉄粉も無くなってスッキリとしました。

そしてマスキングもして磨いていきます。

磨いていきました。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回はとてもお綺麗でしたので塗装表面の汚れを落とし

平滑化する程度の軽い磨きです。

そして磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

 

ルーフも・・・

綺麗です!

ボディサイドも・・・

いい感じです(*‘∀‘)

そして若干の曇りも見えましたリアゲートは・・・

曇りも無くなってよりクリヤーで艶々です!

最後にホイールも・・・

綺麗に仕上げましたら・・・

ソニッククォーツのレクサスCT200h、新車コーティング完成いたしました!

いかがでございましょうか。新車も磨けば新車以上に輝きます!!

と言いましても今回は元々お綺麗な塗装肌でしたので写真だと違いが出ませんね(^^;)

しかし艶と光沢感は更に上がって艶々のレクサスCT200hに仕上がっております!!

CT200hは発売から8年ほど経ちました。まだまだ先の様ですけど時期型ではEVになるとの噂話も

聞こえますが、どうなるのでしょう?? しかし発売から8年とはいえ現行型もまだまだ魅力的で人気です。

私も実は、特にCT200hのインテリアデザインが好きでセンターコンソールのあたりがお気に入りです(笑)

なんかいいんですよ~(笑) スイッチやダイヤルがいっぱいあるだけで何だかワクワクしてきます(*^^*)

そんなワクワクのレクサスCT200hのご紹介でした!!

 

今回のCT200hはとてもお綺麗な塗装でしたが、新車を新車以上に輝かせるにはキチンとした

下地作りが必要です。新車でも新車特有の曇り(白ボケ)が酷い車やシミやキズが入っている車、

また鉄粉が多く付いている車も実は多いです。ただ単にコーティング剤を塗るだけでは塗装本来の

輝きは出ませんしコーティング剤の効果も十分に発揮いたしません。

ですので新車のコーティングも下地作りをちゃんとおこなっているお店がお薦めです。

新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへお任せください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

レクサスGSのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはレクサスGSのボディコーティングです。

H18年式のレクサスGS350です!

こちらのGSは4年程前に一度ボディコーティングを施工させて頂きましたお車で今回は再施工の

ご依頼です。 初期登録から13年経過していますがオーナー様のお手入れが行き届いておりますので

とってもお綺麗です(^_^)/

では13年経過致しましたレクサスGSの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

さすがに前回のコーティングから4年程経っていますのでよくよく観察するとシミや洗車キズなど

確認できますがパールホワイトと言う事もあって目立ちません(笑)

ルーフは・・・

こちらもよ~く見ると細かなシミなどございますがクスミも少なくかったです。

トランクも・・・

洗車キズ等確認できますが、まだまだクリヤーな塗装肌ですね!

ボディサイドは・・・

スクラッチが少ないです!

しかし・・・

ピラーはシミやクスミがかなり進行していました(^^;)

 

ご覧いただいたように、それ相応の痛みは確認できますが初期登録から13年、前回のコーティングから

4年経過と考えますと、とてもお綺麗だと思います。

ご自宅は車庫保管なので雨風や紫外線の影響を受けないそうですが日中はお仕事の関係で

屋外に置きっぱなしだそうです。 という事でほぼ屋外駐車状態だそうですがそう考えますと

尚更痛みは少ない方ではないかと思います(^^)

オーナー様がご入庫時に”いゃ~洗車してないから汚いよ~”と言われていましたが・・・全然綺麗です(笑)

そんなとてもお綺麗なレクサスGSをもっと綺麗にリフレッシュしていきたいと思います!

ややプレッシャーも感じますが張り切って作業開始~(^▽^;)

 

まずは洗車後に鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

少し見にくいかもしれませんが(汗)沢山反応しています(^^;)

↓はトランクですが、こちらの方がわかりやすいです。

いっぱいです(汗)ボンネットも同じ感じです。 いゃ、ボンネットもルーフも同じ感じです(;´∀`)

ボディサイドなどの垂直面はここまで多くはありませんが、ボンネット等の水平面は鉄粉が多く付いていました。

鉄粉除去後に再度専用のクリーナーを吹き掛け再チェックします↓

だいぶ綺麗に除去できました。

リアも・・・

サッパリとしました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回の磨きですが今回も当店の一番人気のプラン、エクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

水玉撥水が気持ちイイ・・・

PCX-S8です!

こちらは『美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水』が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスッキリとしてツルンっとした塗装肌になりました!

ルーフも・・・

サッパリとしました(^_^)/

トランクは・・・

洗車キズも綺麗になってよりクリヤーで潤っています(*^。^*)

ボディサイドは・・・

元々お綺麗でしたので違いが分かりにくいかと思いますが、それでも比べて見比べれば違いが

わかって頂けると思います! ライトの映り込みのクッキリさが違います!!

それと痛みが進んでいたピラーですが・・・

深いキズやプツプツとした細かな窪みは取れませんが、シミやクスミが取れて綺麗になりました。

そしてレクサスGS350のボディコーティング完成いたしました!

気持ち良くリフレッシュできました!

艶感、クリヤー感など13年経過しているお車には見えないと思います(^_-)-☆

1~2年でかなり傷んでしまう車もございますし、今回のGSのように13年経ったとは思えない程

綺麗な車もございます。何が違うかと言えばやはりお手入れだと思います。もちろん理想は室内保管が

理想ですが、室内保管だからと言ってお手入れしなければやっぱり汚れてきますし傷んでも来ます。

こちらのGSも普段、日中は屋外駐車ですがマメなお手入れと定期的なコーティングで綺麗な状態を

維持しております!素晴らしいヽ(^。^)ノ

それともう一つ大事なポイントがございます。 それは・・・

ですね(*^。^*)

愛車を愛する心が深ければ深い程何時までも大切に、そして綺麗に維持したくなると思います!

ちなみにこちらのオーナー様はGSの前にお乗りになっていたお車はなんと・・・・

35年以上お乗りになっていたそうです。素晴らしい!!

GSも何時までもお綺麗に、そして末永くお乗りください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。