レクサスGS300 F SPORTのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスGS300 F SPORTのボディコーティングです。

H30年式グラファイトブラックガラスフレークのレクサスGS300 F SPORTです!

こちらのオーナー様は3代目GS(190系)から4代目GSへお乗り替えです!

以前のGSも当店でコーティングを施工させていただいたのですが今回も当店に

お越しくださいました。  ありがとうございます。

普段あまりブログには書いていないのですが当店は、お乗り換えや増車でリピートで

お越しくださるお客様がとても多いんです。   この場をお借りて・・・

皆様いつもありがとうございます。m(__)m

こちらのオーナー様はディーラーさんに立ち寄ったら・・・

“とても程度の良いGSが入りましたよ~。 しかもまだ展示する前の車両です!” と話をされたので

現車を見てみると・・・

“カッコイイ~” っと一目惚れ♥ そのまま即決だったそうです(*‘∀‘)  凄いッス!!

そんな思わず一目惚れしてしまうほどカッコイイ、レクサスGS300 F SPORTの現状確認より

始めて参りましょう。

↓はボンネットです。

クスミとシミは少なく年式を考えますと比較的良好な状態ではないかと思います。

ルーフは・・・

ボンネットよりもスクラッチが多いですね(^^;

シミもボンネットよりも多かったです。

トランクは・・・

これまたクスミは少ないのですが洗車キズと思われるスクラッチが気になります。

ボディサイドは・・・

少しわかりにくいのですがスクラッチが多く確認できました。

ホイールは・・・

軽めの汚れでした。

 

それと今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ボディの前にウインドウコーティングをご紹介してまいります。

↓は現状です。

前のオーナー様がウインドウコーティングもされていたようですが撥水力が少し落ちているようです。

その弱った撥水剤を除去してガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です。

ウインドウコーティングは雨だけではなく雪にも有効な、とても実用的な当店の

人気オプションメニューでございます!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

毎度の事ですが黒い車ですと確認困難ですけど、実は結構多いんです(^^;

リアも・・・

反応がわかりませんが、これまた結構多かったんです(汗)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

相変わら確認困難ですけど綺麗になっています!

リアも・・・

スッキリと鉄粉の処理が済んでおります!

写真だとわかりませんけど(^▽^;)

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回は・・・

ヘッドライトを軽~く磨いてからヘッドライトコーティングを施工いたしております!

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもサッパリとして綺麗になりました。

ルーフも・・・

深い線キズは残っていますけど、だいぶスッキリ綺麗に仕上がりました!

トランクも・・・

深いキズは残りましたが綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

洗車キズも無くなりスッキリとしました。

そしてホイールには・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

ホイールコーティングは艶々になるだけではなくブレーキダストのこびり付きが低減して、

お掃除が楽になります。

 

そしてグラファイトブラックガラスフレークのレクサスGS300 F SPORT、ボディコーティングが

完成いたしました。

そして艶々になりました!  凄みが増しましたね(^_^)v

元々艶を感じるボディでしたが、それでもシミやスクラッチそしてクスミを

磨いて除去しますと更に透明感と色に深みが出て新車のような艶になります。

その艶の出たボディにコーティングをしますと更に艶々なボディに仕上がります!

その艶と光沢は新車にも負けません!

オーナー様にも『おおっ!ピカピカですね~!!』と、とてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

中古車は前オーナー様のお手入れ状況がわからない場合が多く、

また、お車の展示期間が長ければ長いほど痛みも進んでしまう傾向ですので

お使いになられる前に一度お車をリフレッシュするとボディもサッパリ!気持ちもスッキリとして

新しい愛車に気持ち良~くお乗りいただけると思います(^_-)-☆

皆様も中古車ご購入時はカーコーティング専門店『カービューティープロ カラーズ』へ是非どうぞ~!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

レクサスGS350のコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスGS350のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのレクサスGS350は昨年の6月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年少々のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

実はその1年少々の間にウインドウコーティングやヘッドライトクリーニング等で

ご入庫頂いておりました。

では早速ですがコーティング施工から1年少々経過しましたレクサスGS350のメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

まずはボンネットからです↓

全体的に水アカ汚れで黒っぽく汚れていました。

アフターです↓

ただコーティングがまだまだ効果を発揮しておりますので水アカの固着も無いどころか、

シミもスクラッチもビックリするほど少なく、とても良い状態を維持されておりました(*’▽’)

ルーフも・・・

ルーフもよく見ると汚れていますけど・・・

塗装面自体は驚きの綺麗さでした!

屋外の屋根なし駐車で1年経過していますので、もちろん全然痛みが無いわけではないのですが、

1年経過を感じない良好な状態でございました。

トランクも・・・

軽い汚れ程度で目立ような痛みはございませんでした。

アフターです↓

申し分ございません(^_^)/~

ボディサイドは一部、板金修理されたとの事で・・・

磨いてから再コーティングをしていきます。

パールホワイトなので目立たなかったのですが、やはりよく見ると板金修理時の

磨きキズが結構凄かったです(^^;

磨きキズを除去してからコーティングを掛けなおしております!

艶々ですね(^_^)/

その他の部位ももちろん鉄粉を処理しています。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

ポツポツと反応が確認できます。

1年経過でこの程度の鉄粉量ですので少ないです。

リアは・・・

フロントに比べると少し多めでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも・・・

綺麗になりました。

最後にホイールです。

ブレーキパットが社外品に“変えられてしまった”そうでブレーキダストが凄いんだそうです。

っと言うか凄いです(笑)

ちょっと走っただけですぐに黒く汚れてしまうそうです。

アフターです↓

もちろん綺麗になったんですけどパットはそのままですので、

少し走ればまた汚れてしまう・・・(;一_一)

そしてレクサスGS350のボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

全体的にシミやスクラッチがtとっても少なくコーティング施工から1年少々とは思えない程、

とても良好な状態を維持されておりました!  素晴らしいっス(^_^)/

洗車の頻度もそれ程多くはないようです。逆にそれが洗車キズの低減につながっているのかも知れません。

洗車キズとは言葉どおり洗車時に付いてしまうキズの事です。

洗車は多かれ少なかれ残念ながら微細なキズを付けてしまう行為です。と言う事で洗車頻度の

多い方はどうしても洗車キズが多い傾向です。逆にシミは少ないです。

洗車をあまりしない方はシミは多いんですけど洗車キズはやはり少ない傾向です。

なかなかバランスが難しいですね(^^;)

洗車キズ低減の為になるべく多くの泡を使って優しく洗うのがポイントです。

また使用しているスポンジやクロス類も定期的な交換が必要です。見た目が綺麗でも奥の方に

細かな砂埃等が付いていて知らず知らずのうちにキズをつけてしまっているものです(汗)

大切な愛車の為にもスポンジもクロスも定期的に交換をして下さい(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

レクサスIS300F SPORTのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサス IS300F SPORTのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのグラファイトブラックガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”は

昨年の11月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

施工から8ヶ月のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

コーティング施工から8ヶ月経過しているのですが、これがまたとってもお綺麗なんです(*”▽”)

もう綺麗すぎてメンテナンスのビフォー&アフターで見比べても全然違いがわからないレベルです(汗)

始めに言い訳をしてしまいましたが(笑)今回はビフォー&アフターの違いがわからないと思いますので

ツラツラ~っと足早にご紹介して参りましょう!

って言うか、ご紹介できるようなことろがありませんけど(^▽^;)

 

まずはボンネットです。

↑はビフォーなんです。  もう既にお綺麗です!!

アフターです↓

言い訳の通り、違いがわかりません(汗)

違いが伝わらないかも知れませんがメンテナンスの工程は一通り行っております。

ルーフも・・・

何も申し分ございません。

シミらしいシミは見あたりません。

アフターです↓

同じ写真を2枚貼っているように見えるかも知れませんが別々の写真です(笑)

トランクも・・・

アフターですと言っても違和感ない程お綺麗です。

そして↓が本当のアフターです↓

全然違いがわかりません(^^;

違いがわかりませんが気を取り直してツラツラ~~っと続けて参りましょう。

↓はボディサイドです。

お店の床のヒビ割れが綺麗に映り込んでおります(^▽^;)

車の汚れなのか床の汚れなのかわからないほど綺麗に映り込んでいます(笑)

アフターです↓

こちらもまた床のヒビ割れが綺麗に映り込んでいます(^▽^;)

車の汚れは落ちていますので、汚れっぽく見えるものがあれば、それは床の汚れです(笑)

 

それともちろんいつもの様に鉄粉の処理も行います。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

ボディが黒い事もあって反応が全然見えません。

リアも・・・

全然わかりません。

写真で見ると全然確認できないのですが実際のところも鉄粉の付着自体が

少なかったので今回は専用のクリーナーのみでの軽めの鉄粉処理にしました。

一応鉄粉処理後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックの写真も撮りましたが・・・

もちろん全然違いがわかりません(汗)

リアも違いがわかりませんが、せっかく写真を撮りましたので・・・

貼っておきました(笑)

最後にホイールです。

これが今回の最大の見せどころです!!

まずはビフォーをどうぞ!!

いゃ~汚れていますね~~!

アフターです↓

いゃ~綺麗になりましたね~~!!

最大の見せ場もサラッと済んでしまいましたので、これでグラファイトブラックガラスフレークの

レクサスIS300“F SPORT”ボディコーティングメンテナンスの終了とさせていただきます!

いかがでしょうか。

おそらくビフォーとアフターの違いが伝わらなかったと思います(^▽^;)

それでもメンテナンスの作業は一通り行っておりますので、ご入庫時より光沢感も上がって

より良い状態になっております(^_^)/~

こちらのISは屋外駐車なのですが普段はボディカバーを使用して保管しているとの事です。

今回お車をメンテナンスをさせて頂いて、その効果を十分に発揮していたと感じました。

ダーク系カラーのお車は本当に維持管理が難しいのですが、1年経過でこれだけお綺麗なのは

本当に凄い事ですし、素晴らしい事です!(^^)!

ボディカバーの使用には以前より賛否両論ございます。”賛“の言い分もわかりますし”否”の言い分も

よ~くわかります。 要は何を重視するか?だと思います。

ボディカバー脱着時にスクラッチが付く可能性もありますし風でバタついて擦れる事もございます。

逆にボディカバーを使わないと紫外線の影響を直に受けますしウォータースポットも付きやすいです。

なのでやっぱり結局はどちらを重視するか?と言う事になると思います。

ボディカバーを使う事の方がメリットが多ければ使った方がいいと思いますし、

デメリットが多ければ使わない方がいいと思います。

なんか凄くあやふやですけど(^^;)賛否に決着をつける事はないと思うんです(笑)

もしボディカバーの使用をお悩みでしたら・・・

“何を防止したいか”を良く考えて見ると答えが出るかもしれません。

ちなみに私はボディカバーの使用は”賛”です(*^。^*)

最近では脱着時にキズが付きにくい裏起毛タイプの物などや蒸れにくい物など

高機能タイプのカバーもあるようですので気になる方はググって見て下さい(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

レクサスIS F SPORTの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスIS F SPORTのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”は昨年の7月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車です。

今回は通算2回目のメンテナンスのご依頼になります。

毎回早めのタイミングでメンテナンスにお越しくださっているのには訳がございます。

こちらのIS、普段駐車している場所が線路の近くという事で、とにかく鉄粉の付着量が多いんです。

その為に毎回早めのタイミングでメンテナンスにお越し頂いております。

その鉄粉の様子はまた後ほどにしまして↓はボンネットのビフォーになります。

若干汚れ気味です。

ただ大きな痛みはないです。鉄粉の付着以外は(^^;

アフターです↓

この通りシミもスクラッチもとっても少なく塗装面の状態は良好でございます。

鉄粉が多かった以外は(笑)

ルーフも・・・

汚れが気になる程度で塗装面の痛み自体はとても少ないです。

アフターです↓

間もなくコーティング施工から1年経ちますが良いコンディションをキープされていると思います。

リアも・・・

汚れてます(^^;

この時はまだ花粉の影響もあったと思います。

アフターです↓

スッキリと綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

通常使用での汚れです。

アフターです↓

こちらも問題なく綺麗になっております。

 

そしてお待ちかね!?の鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

おっ! 意外と少ないです!!

今までで(ISの前の車を含めて)一番少なかったです(*‘∀‘)

リアも・・・

そこそこの量が反応していますが、たぶん今までで一番少ないです!!

何故でしょう?? 電車の運休が多かったのかな??

どれだけ運休したら鉄粉が少なくなるのかって話ですけど(笑)

冗談はさておき↓は鉄粉除去後の再チェックです。

サッパリと綺麗になりました!

リアも・・・

だいぶ反応が少なくなっております!

 

それと今回もウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

施工部位は“お任せします”でしたので作業を進めてみて撥水の低下&シミが気になった、

リアウインドウを再施工いたしました。

他のウインドウはしっかりと洗ったら、だいぶ撥水力が戻りましたので今回は見送りました。

リアウインドウは前回のメンテナンス時にも再施工しているのですが、

リアの痛みが早いようです。その傷んだコーティング被膜&シミを除去して

ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングの出来上がりです!!

 

そしてホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”の

ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

白さが復活してメリハリあるボディに仕上がりました!

綺麗になるとボディのプレスラインや面の張りが引き立ちます。

また白と黒のコントラストがハッキリとしてキリッとお車が引き締まります(^_-)-☆

オーナー様も『いゃ~ いいですね~~』っと、とてもお喜びになられておりました!

ありがとうございました。

 

車は使用していると色々な物が付着します。 また、使用していなくても外に置いて置くだけで

異物は付着します(^▽^;)鉄粉はもちろん、樹液だったりピッチタール、今の時期は虫もいっぱい付きますし、

鳥糞や虫の糞、そしてペンキのミストが付いている事も少なくありません。

毎回、鉄粉の除去とご紹介していますけど、この時に鉄粉以外の付着物も一緒に処理しています。

鉄粉や異物が塗装面に多く付着していると美観の低下だけではなく撥水の妨げにもなります。

撥水剤を使用していても綺麗に水を弾かなかったり、流れ落ちないのは鉄粉等の異物の付着が

原因かも知れません。 白い車ですと鉄粉は目視でも確認もしやすいんですけど、

黒っぽい車ですと見た目では判断が難しいと思います。

見た目で判断が難しい時は洗車時に水を掛けながら優しく素手で撫でてみてください。

ブツブツやザラザラとした感触があったらそれは異物が付いている証拠です。

異物感が気になりましたら当店にお気軽にご相談下さい!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスIS Fスポーツのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスIS Fスポーツのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”は昨年の7月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

施工から5ヶ月、早めのタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

コーティング施工から5ヶ月の早めのメンテナンスですが、これには訳がございまして・・・

それは後ほど明らかになりますが(笑)まずはボンネットのビフォーとアフターより

ご紹介を始めてまりましょう!

↓は現状です。

ご入庫時の雨で濡れております。

という事で施工から5ヶ月、屋外屋根なし駐車のリアルな水弾き状況が確認できます。

塗装の表面が少し汚れているので水玉がやや潰れ気味ではございますが水玉撥水を

維持しております。

アフターです↓

洗車だけでも塗装の表面が綺麗になって撥水力が上がるのですが、今回はメンテナンスですので

通常の洗車では落ちない頑固な汚れの被膜を除去しております。

ですので撥水力はコーティング直後と変わらない程まで回復しています!

しか~し!!!  その水を弾いている所の写真を撮っていないというね(^▽^;)  すみません。

写真を撮っている時に気が付けばいいんですけど、これが大抵ブログ書いてる時に気が付くんですよ(汗)

そんなブチブチと言い訳していないで次に行きましょう!

次はルーフです↓

こちらも濡れていますけど状態は良さそうです。

アフターです↓

やっぱり良かったです(^_^)/

シミやスクラッチもとっても少なく、とても良好な状態を維持されておりました!!

トランクも・・・

まだまだ綺麗に水も弾いています。

目立つ汚れもありませんでした。

アフターです↓

ホントにお綺麗なんです!

素晴らしいです(^_^)/

ボディサイドも・・・

雨天走行による汚れはございますが気になる傷み、汚れはございません。

アフターです↓

白過ぎてよくわかりませんね(^▽^;)

とにかく良い状態をキープされているという事です(笑)

 

ここまでは何も問題なくお車の状態が申し分ないのに何故早めのメンテナンス??と思うかも知れませんが、

実はこちらのISは鉄粉が多いんです。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

こんな感じです(;”∀”)

リアも・・・

こんな感じなんです(汗)

ボンネットよりリアの方が多い感じです。

コーティングから5ヶ月で↑くらいの量と言いたい所なんですが、実は昨年の9月に別件でご入庫された時に

一度鉄粉を処理しているんです。 という事は3ヶ月ほどでこんなに鉄粉が付いてしまったという事です。

原因は既に判明していまして、新車施工時のブログでも書いていますが駐車場が線路のすぐ近くなんだそうです。

その為に鉄粉が多く舞っているようで鉄粉が付いてしまうようです。

鉄粉が多く付いていると撥水の妨げにもなりますし、とくに白い車だとプツプツと見えてしまい、

美観を損ないます。 また洗車時のスポンジやクロスの滑りが悪く引っ掛かります。

↓は以前作業しました別のお車です。

鉄粉からサビが出て目立ちます。

更に放置しますと錆のシミが広がってしまう事もございます。

なかには500年玉ほどの大きさまで成長してしまう事もあるようです。 コワいですね~(;´∀`)

ですので鉄粉の処理は大切なんです!!

↓はアフターです↓

だいぶ除去出来ました。

リアも・・・

サッパリとしました!!

鉄粉が付いてしまうのはある意味しょうがない事です。

ただ放置してしまうと大変な事になってしまいますので鉄粉が多く付くお車の

鉄粉処理は早めがいいと思います。

 

ホイールも・・・

お綺麗でした! 雨の中来られたとは思えない程です。

きっとこれも新車時にホイールコーティングをした効果ではないでしょうか??

たぶんそうです(笑)

アフターです↓

更に艶々です。

 

それと今回はウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

施工からまだ5ヶ月ですので、まだ早いかな??とも思いましたが・・・

確認してみますとフロントはやや撥水力が落ち気味でした。

リアは・・・

こちらの方が撥水力が落ちております。

ガラスもボディと同じで“黒い”方が痛みが早い傾向です。

弱ったコーティング被膜を一度除去して再度ウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングの完成です。

リアも・・・

コロコロの水玉撥水に仕上がりました。

ウインドウコーティングの耐久性はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって

大きく変わってきます。目安は半年~1年位ですがフロントウインドウはワイパーの

ゴムを撥水ワイパーに交換して頂くとコーティングの寿命が延びますので

ウインドウコーティングしましたお車には撥水ワイパーの交換をお薦めいたします!

 

そしてホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”のボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

元々お綺麗なお車でございましたが艶感を感じにくいホワイトなどのライトカラーも

キッチリとメンテナンスしますとしっかりと艶を感じる仕上がりになります!

また例のボンネットルーフ等に黒くポツポツと見えていた鉄粉も無くなり

美観の向上も無事果たしております(^_^)/

オーナー様もとてもお喜び頂けたご様子でした! ありがとうございました。

 

話は変わりますが先日、幕張メッセで行われましたTOKYO AUTO SALON 2022の

展示車施工に行ってまいりました!

昨年はコロナの為にオンライン開催のみでしたので施工は2年ぶりになります!

今年もオミクロンが増え開催できるのか心配でしたが感染拡大防止対策を行い開催されました。

私達業者さんも施工日の1週間前より健康チェックや行動記録をつけ、当日は入場時に

検査等も行いのやっと入場できるほどの厳戒態勢でした。

その施工車両ですが毎年どんどんと“大人の事情”が厳しくなり写真の掲載はもちろん、何処のメーカーの

何の車種を担当したかもシークレット!!

ですので厳戒体制の中やっとの事で無事に入場できましたが今回は残念ながらご紹介は無しです(T_T)

唯一撮った写真が・・・

 

私の検査結果です(笑)   もちろん陰性です(^_-)-☆  良かった~~

という事で今年のTOKYO AUTO SALON のご報告は私は陰性だったという事のみの

ご報告となりました( ̄▽ ̄)    なんだか残念!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスIS300F SPORTのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスIS300Fスポーツのボディコーティングです。

グラファイトブラックガラスフレークの新車レクサスIS300Fスポーツです!

こちらは各部がブラックでカラーコーディネートされ、更に専用のアルミホイールが装着された、

特別仕様車 の”F SPORT Mode Black“です。

いゃ~黒いです! 黒いボディと相まって迫力とスポーティさが倍増しています(*’▽’)

カックイイ~!!

そんなカックイイ~新車レクサスIS300Fスポーツの現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

軽~く汚れていますけど、塗装自体は曇りも感じられずとってもお綺麗です!

ルーフも・・・

少し汚れていますけど、塗装自体はお綺麗でございます!

トランクは・・・

こちらもお綺麗なのですが・・・

リアスポイラーのシミが気になるとオーナー様。 洗車では落ちなかったそうです(^^;

確かに確認しますと所々に確認できました。

ボディサイドも・・・

クリヤーでとってもお綺麗です!

ホイールは・・・

マッドブラックですのでブレーキダストの汚れが付きやすく目立ちやすいです(^^;

 

全体的に流石レクサス!と言いたくなるような曇りも無くとっても綺麗な塗装肌でした。

毎回レクサスの新車がご入庫するたびに塗装のクオリティの良さを感じますけど、

それとは別によくよく観察してしまえば納車前に付いたと思われるスクラッチやシミ等が

付いている事も事実でございます。

その辺りを整えてからコーティングをしていきたいと思います!

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ウインドウコーティングからご紹介していきます。

↓は現状です。

納車仕上げは撥水シャンプー又は簡易コーティング剤で仕上げいるのでしょうか??

よくよく見るとワイパー払拭範囲内が弾いている様子ですので、

撥水ワイパーに既に交換されているのでしょうか??

とにかく・・・

ガラス表面を一度リセットいたします。

綺麗になりましたら今度はウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングを掛け、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

ウインドウコーティングの耐久性はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって

大きく変わってきます。目安は半年~1年位ですがワイパーのゴムを撥水ワイパーに交換して頂くと

コーティングの寿命が延びますのでウインドウコーティングしましたお車には

撥水ワイパーの交換をお薦めいたします!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

毎度毎度の事ですけど黒い車は写真だと何が何だかわかりません(;´∀`)

リアも・・・

写真だと確認困難です(汗)

実際のところですが鉄粉自体は少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

もちろん処理後も何だかわかりません(;´∀`)

リアも・・・

何が何だかわかりませんが鉄粉処理は済んでおります!

 

鉄粉の除去が出来ましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的にとてもお綺麗な塗装肌でしたので塗装を研磨すると言うよりも

ケミカルで落ちなかった頑固な汚れを落とし塗装表面を整えるような軽い磨きになります。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それと・・・

ヘッドライトのコーティングなども行っております!

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗です!

ルーフも・・・

クリヤーで綺麗ですね!

トランクも・・・

スベスベです(^_^)/

トランクのシミも・・・

除去出来ております!

リアスポイラーは少しモヤっと曇りが有ったのですが、その曇りも取れてサッパリとしました。

ボディサイドも・・・

ガラスフレークがキラッキラで綺麗です(*^_^*)

最後にホイールです。

ホイールはPCW-880でコーティング!

お打ち合わせ当初はマッドブラックという事でホイールコーティングは施工しない予定でしたが

納車から当店ご入庫までの間に“ブレーキダストの汚れが付きやすく目立ちやすい”事が判明し、

ホイールコーティングの追加を頂きました。

マッドブラックのホイールはコーティングをしますと若干艶が出でしまいますが、

それほど大きく印象が異なってしまう事もないかと思います。

マッドブラックのホイールはブレーキダストが付きやすく、洗っても落ちにくいんです。

そして目立ちます。更に言いますとシミも付きやすいです(^^;

ですのでダストの固着低減にもマットブラックにもホイールコーティングは

おすすめなのですが・・・若干艶が出ます。  そこが悩みどころです。

 

そしてグラファイトブラックガラスフレークのレクサスIS300F SPORT Mode Black、

新車コーティングが完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

元々とってもお綺麗でしたので写真だと施工前後の違いが伝わらないかも知れませんが

EXE evo1による深い艶とガラスフレークのキラッキラ感が向上したグラファイトブラックガラスフレークに

仕上がっております(^_^)/

 

 

こちらのグラファイトブラックガラスフレークと言う名の黒は、いわゆるソリッドブラックと

言われる漆黒の“黒”ではなく“ダイヤモンドの結晶をイメージした漆黒と金属の質感”を

目指し作られた“黒”なんだそうです! 光が当たると黒の中にもキラキラとガラスフレークが

輝いて見えるとっても綺麗なカラーです(^_^)/

このキラキラのグラファイトブラックガラスフレークですがカッコイイだけではなく、もう一つ大きな

利点があるんです。それは黒なのにシミやスクラッチが目立ちにくいんです!!

もちろんホワイト系ほどではないのですがソリッドブラックに比べると目立ちません(^_^)/

おそらく、このキラキラ感によってシミやスクラッチが隠蔽されるのではないかと思います。

黒がいいけどキズやシミがなぁ~とお悩みでしたら、このグラファイトブラックガラスフレークおすすめです!

他のメーカーのお車でもソリッドブラックよりもメタリックやパール系のブラック、それもキラッキラの

ブラックの方がシミ・キズが目立ちにくいです。

ただソリッドブラックの漆黒もカッコイイですし・・・

悩みは尽きませんね! だからボディカラー選びは楽しくて悩ましいものです!

皆様も車を選ぶ時にはタップリと悩んで楽しんで下さい(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

テレーンカーキマイカのレクサスNXにメンテナンスのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスNX300hのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのテレーンカーキマイカメタリックのレクサスNX300hは昨年の10月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年経過のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

今回は初メンテナンスになります!

まだまだ艶感も感じられてお綺麗ですが1年経過していますので、よくよく観察をしてしまえば

痛みが進んでいる事もまた事実です(^^;

ではコーティング施工から1年経過しましたレクサスNXのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

まずはボンネットからです。

まだまだ艶もあるのですが↑の様にライトを当てて見てしまうとシミも

見えてきます。

軽いシミや汚れでしたらシャンプー洗車で落とせますが、頑固な雨ジミ等は

シャンプー洗車では落ちません。 (↑のシミもシャンプーでは落ちませんでした(^^;)

メンテナンスではシャンプー洗車以外にも数種類のケミカルを使って洗いますので・・・

頑固なシミも除去出来ました!

ただ、もちろんケミカルで落とせるシミにも限界があり、全ての汚れやシミが落ちる訳では

ありません。 あまりにシミが酷い時はメンテナンスでポリッシングを入れる事も可能ですので

シミが気になるときはお気軽にご相談ください。

 

ルーフも・・・

よく見ますとスクラッチやシミが確認できます。

アフターです↓

表面が綺麗になった分、除去出来てなかったシミとスクラッチが確認しやすくなりました(^^;

見やすいようにライトを当てていますので屋外で見ると気にならない程度です。

リアは・・・

こちらは汚れてはいますけど気になるような痛みの進行はございませんでした。

アフターです↓

でも、よりスッキリと綺麗になってます(笑)

ボディサイドも・・・

雨天走行時の汚れが付いていますけど、気になるような大きな痛みは無いようです。

アフターです↓

やっぱりありませんでした(笑) メンテナンスで艶々です!

それと今回は駐車中にドアにキズを付けられてしまったそうで・・・

磨きで除去することになりました。

という事で・・・

ドアをマスキングして磨いていきました。

アフターです↓

ただ思っていた以上にキズが深くはいっていたようで完全除去とはなりませんでした。

しかし↑の写真もキズが見やすいようにライトを当てていますので、普段は探さないとわからない程度です。

オーナー様にも確認してもらいましたが『わからないです』と言われておりました(^.^)

 

それと鉄粉の付着状況です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

色的な事もあって写真だとよくわかりません(^▽^;)

でも全体的に少なかったです。

リアも・・・

写真だとわかりませんが少なめでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

やはりわかりません(^▽^;)

リアも・・・

綺麗になっております! 写真だと見えませんけど(^▽^;)

最後にホイールです。

ホイールも少し汚れておりました。

アフターです↓

ホイールもサッパリとしました。

そしてテレーンカーキマイカメタリックのレクサスNX300h、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました~! ツヤピカです!!

ご入庫時は少し汚れてはいましたけど艶もあり、お綺麗でしたがメンテナンスをすると、

も~~っと綺麗で艶々になるんです(^_-)-☆

特に黒などのダークカラーのお車はメンテナンスをしますとビフォーとアフターで艶感が

全然違います。 艶と光沢の向上、それに伴ってお車全体の質感の向上を感じて頂けると思います!

オーナー様もピカピカの愛車とご対面してとてもお喜びになられておりました!

ありがとうございました(*^_^*)

これからも大切にお乗りください!

 

ボディに付いたキズを直すには板金塗装が頭に思い浮かぶ方が多いと思います。

しかしキズの程度にもよりますが磨きで直す事も出来るんです!

塗装が完全に削れてしまって下地が出てしまっているような場合は

板金塗装をするしかありませんが、浅めのキズでしたら意外と磨きで消せる事も多いです。

また完全に消えなくても気にならない程度まで目立たなくなることも多いです。

もちろん磨きで消すという事はそれなりのリスクも御座います。(塗装が薄くなる)

またキズの場所によっては磨けない所もありますがキズでお悩みでございましたら、

板金塗装をする前に一度当店にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

レクサスIS300 “F SPORT”のご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスIS300“F SPORT”のボディコーティングです。

こちらのホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”は

納車から間もない新車のお車になります!

ホワイトノーヴァガラスフレークは“F SPORT”にだけ設定されている専用色です。

これが綺麗なホワイトなんです(*‘∀‘)

パールホワイトと比べますとパール特有の少し黄色味がかった感じはなく

ホワイトノーヴァガラスフレークはガラスフレークのキラキラ感と透明感の高い

スッカッ!っと、とっても綺麗なホワイトなんです!

そんな綺麗なホワイトノーヴァガラスフレークの新車IS“F SPORT”の現状確認から

初めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少し汚れてはいますけど塗装面自体は曇りもなくお綺麗なんです!

ルーフも・・・

汚れに目が行ってしまいますけど塗装自体はお綺麗です(^_^)/

トランクも・・・

汚れはありますけど申し分ございません。

ただ汚れていると言っても白いボディカラーですと、どれくらいの汚れ具合か

わかりにくいと思います。

そこで黒いリアスポイラーを見ますと・・・

汚れ具合がよくわかります(笑)

全体的にこの様な汚れ具合でした。

ボディサイドは・・・

こちらも曇りも感じられず、とてもお綺麗です!

ホイールは・・・

納車から少し距離を走られていますので汚れておりました。

それはそうと、オレンジ色のキャリパーがカッコイイですね(*’▽’)

 

全体的に塗装面の曇りも無くとっても綺麗でした!

この辺りは流石レクサスと思わせる塗装のクオリティでございます(^_^)/

とは言え納車から当店ご入庫までの数日間に雨にも降られておりますし

虫や鉄粉等の異物などの付着もございます。これらの汚れはシャンプー洗車程度では

落ちません。ですのでいくら綺麗な塗装でも下地作りから行っていきます。

当店は例え綺麗な新車でも洗車してコーティングを塗布するだけの

お手軽コーティングはいたしません(^^)/

それは後ほどわかって頂けるかと思います・・・     意味ありげ(ー_ー)

では作業を始めて参りましょう!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

納車前に何か撥水剤でも掛けたのでしょうか??

それとも油分による水弾きでしょうか??

たぶん撥水剤による水弾きかと思うのですが、いずれにしても中途半端な水弾きです(^^;

運転席と助手席は撥水ガラスになっていますので、それ以外のガラスを磨いて

綺麗にリセットいたします。 サンルーフもね!

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

やっぱり撥水と言うからにはこれ位は弾いてほしいです(笑)

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

あれ~~~

リアも・・・

あら~~(^_^;)

鉄粉が沢山でした。

納車から日が浅いんですけど、なかなか盛大に鉄粉が付いております。

こちらのお車は普段は線路の近くに止めているそうですので納車から数日で

こんなに鉄粉が付いてしまうようです。

なので綺麗な塗装に見える新車でもしっかりとした下地作りが必要なんです。

この上からコーティングを塗ってしまえば、この鉄粉を閉じ込める訳ですから(T_T)

鉄粉処理は重要です。

そして↓は鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです。

綺麗になりました!

リアも・・・

サッパリとしました。

 

サッパリしましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的にとてもお綺麗な塗装肌でしたので塗装を研磨すると言うよりも

ケミカルで落ちなかった頑固な汚れを落とし塗装表面を整えるような軽い磨きになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

当店は綺麗な新車でもここまでしてからコーティングになります!

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々とっても綺麗な塗装肌でしたので写真だと違いがわからないかも知れません。

ただ汚れが落ちたのだけは伝わるかと(^▽^;)

ルーフも・・・

艶々です!

トランクも・・・

潤いを感じますね!

リアスポイラーも・・・

綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

写真だとあまり違いが伝わりませんね(汗)

ホイールは今回ホイールコーティングのご依頼を頂きましたので・・・

PCW-880でホイールコーティングをいたしました!

ダークメタリック感が向上して艶々なりました。

それとヘッドライトコーティングなども行っております。

 

そしてホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORTの

新車コーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

と言っても元々がお綺麗ですので↑の写真ですと違いがあまり伝わらないかもです(^▽^;)

しかし実車の方を見て頂ければ施工前後の違いを感じて頂けると思います。

オーナー様も『新車より綺麗!』と、その違いを実感されているご様子でしたので

間違いありません(笑)

車綺麗になると嬉しいな~と笑顔でお帰りになられました。

ありがとうございました。

 

当店の人気コーティング剤でもございます「EXE-evo1」はベ-スコート+トップコートの

2層コーティングとなります。2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事に

なりますので、その分作業に時間が掛かってしまう為にお値段も高めの設定となりますが、

“極上の深い艶と抜群の保護機能“を実感して頂けると思います!

また今回のお車の様なホワイトメタリックやパールホワイト等の艶や光沢感の違いが

わかりにくいライトカラー系のお車でも艶感・光沢感の向上を実感していただけると思います。

最近「EXE-evo1」のご指名がとっても増えております!

是非、皆様も「EXE-evo1」お試しください(^^)/

おすすめです!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスGS350にボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスGS350のボディコーティングです。

H17年式レクサスGS350です!

初期登録から約16年経過いたしますお車になります。

オーナー様はこの型のGSが欲しくて探していたそうで数台ほど現車確認をして

こちらの個体のご購入に至ったとの事でした。

ご購入後にオーナー様が早速弄られたそうで、一見ノーマル仕様に見えますが

パッと見ではわからないような拘りのカスタマイズが随所に施されておりました(*’▽’)

凄~く自然で綺麗にカスタマイズされているのでオーナー様に言われないと

全然わかりませんでした(^▽^;)   (しかも写真撮っていないので何が何だか全然皆様にも

伝わっていないと思います(^_^;) すみません)

そんな拘りのカスタマイズが施されておりますレクサスGSの現状確認から

始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

少し汚れていますけど初期登録から16年経過とは思えないほどシミやスクラッチが

少ないと思います。

ルーフも・・・

汚れは別としてそれ程悪くない状態ではないでしょうか。

リアも・・・

もちろん16年経ちますので痛みはありますけど、クスミも少ないです。

ボディサイドも・・・

少しビックリするほどシミやクスミが少ないです(*’▽’)

ホイールは・・・

こちらは痛みが進んでいるようでダスト系の汚れが進んでいるようでした。

 

全体的に見て初期登録から16年近く経つとは思えない程お綺麗な塗装面でした。

ご入庫された時の私の初めの印象も“綺麗だなぁ~”でした。 でしたが・・・

綺麗は綺麗なんですけど艶が無いんです(^^; 確かに白くて綺麗なんですけど

パール感も感じられません。

その原因は作業を始めるとすぐに分かったのですが・・・

それは後ほど!!

では早速ですが作業を進めていきたいと思います!作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

メッチャ反応しました(T_T)

リアも・・・

スゲ~~~反応しています(^▽^;)

艶を感じない原因はこの鉄粉の量ですね(汗)

これだけ鉄粉が付いていますとボディの艶も引けてしまうと思います。

歴代のオーナー様のお手入れ状況や保管状況はわかりませんので何とも言えませんが

16年間一度も鉄粉処理をしていなければ、これ位は付いていても全然不思議ではないです。

鉄粉処理後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリとしました!!

ここまでの作業だけでも艶が上がったと思います。

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティングの出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-V110です!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に

優れた滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプの

コーティング剤になります!

 

それと今回はヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いております。

↓は現状です。

もの凄く傷んでいる訳ではないのですが↑の写真より実際に見た方が

黄ばんでいます(^^;

近づいて見てみると・・・

こんな感じで曇っております。

そして↓がアフターです↓

クリヤーになりました! 表面のクラックは残っておりますが今回は事前打ち合わせで

表面の曇り除去までのクリーニングご希望でしたのでクラック残っています。

クラック除去までご希望でしたらお気軽にご相談ください!

スッキリしました。

反対側も・・・

実車の方が黄ばんで見えるような・・・(^^;

アップですと・・・

曇っています。

アフターです↓

いい感じです。

曇りや黄ばみが酷いと光量不足で車検も通りませんのでお気を付けください。

 

それではその他の各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

いゃ~綺麗ですね(笑)

とても16年前の車のボンネットには見えません!!

ルーフも・・・

スベスベです(^_-)-☆

リアだって・・・

トゥルントゥルンです(笑)

ボディサイドも・・・

よりスッキリと綺麗になっております。

最後にホイールです。

しつこい汚れ??が残ってしまった所もございますが、だいぶスッキリと

綺麗になりました。

そしてレクサスGS350のボディコーティングが完成いたしました。

艶を感じて頂ける艶々ボディに仕上がりました!

またヘッドライトがクリヤーになった事でお車の印象も変わりましたね(^_-)-☆

ヘッドライトが黄ばんだり白濁していると、いくらボディが綺麗でも車全体が

古臭く見えてしまうものです。

ボディとヘッドライトの同時リフレッシュは大正解です(笑)

お引き取りに来られましたオーナー様も『いゃ~これヤバくないですか!ヤバいっスよこれ!!

新車みたいじゃないですか!!』とヤバいの連発を頂きました!ありがとうございます(笑)

艶感は新車にも負けていないと思います!

こんなに喜んでいただけると作業中の苦労も吹き飛ぶというのものです(*^_^*)

笑顔で喜んでいただくと本当に嬉しく思います。

いつも皆様の笑顔ありがとうございます!!

これからも皆様の笑顔が見れますように日々精進してまいります(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

レクサスSC430の定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスSC430のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのコスモシルバーのレクサスSC430は定期的にメンテナンスに

お越しくださっており、今回は通算5回目のメンテナンスのご依頼になります。

いつもありがとうございます。

前回のメンテナンスが昨年の8月でしたので9ヶ月ぶりのご入庫です!

コーティング施工からは早いもので3年以上経過しています。

ホント月日が流れるのは早いものです(^^;  コワい コワい(笑)

ではコーティング施工から3年以上経過いたしましたレクサスSC430のメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

こちらのコスモシルバーはシミやスクラッチがあまり目立たないナイスなカラーなんです!

でもよくよく見ればシミが確認できますね(^^;

アフターです↓

さすがにメンテナンスでは落ちないクレーター状の深いシミも多くなってきましたが

コスモシルバーはシミやスクラッチがあまり目立たないナイスなカラーですので

屋外で見ますと気にならないと思います(^_^)/~

ルーフも・・・

よく見ますと細かなシミが多いです。でもスクラッチは全然目立ちません。

アフターです↓

深めのシミが残っています。 深いと言ってもそれ程深いシミではないので軽研磨程度で

除去出来ますので気になるようでしたら次回は水平面だけでも軽めの研磨を入れても

いいかと思います。

トランクも・・・

塗装面の痛みが少し進行している感じです。

アフターです↓

だいぶスッキリとしたのですが写真だとあまり違いが出ませんね(T_T)

現車で見ますと艶感も光沢も向上しております!

ボディサイドは・・・

これまたよく見ますと黒い雨筋が確認できますがパッと見では気が付かないかもです。

なんせこちらはシミやスクラッチがあまり目立たないナイスなボディカラーですから(゚∀゚)

シミやスクラッチだけではなく汚れも目立ちません! 凄いぜぇコスモシルバー!!

よく見ますと黒い雨筋が沢山付いているのですが目立たないんです。これが白い車ですと

断然目立ちます(笑)

アフターです↓

スッキリと艶々です!

しかし流石のコスモシルバーでも・・・

これだけ沢山の異物が付いていれば目立ってしまいます(^^;

ここも・・・

綺麗に除去いたしました。

 

そしていつもの鉄粉のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

反応が少し流れてしまったのでアレですが(^^;やや多めでした。

リアも・・・

多めです。 しかし前回のメンテナンスから9ヶ月経過していますので

特別に多い訳ではないと思います。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗です(*”▽”)

リアも・・・

綺麗になりました!

ホイールは・・・

軽めの汚れです。

アフターです↓

軽い汚れでも洗って艶出しをしますと結構違うんです!

それと毎回メンテナンスの度に本革シートのメンテナンスのご依頼も頂いております。

↓はビフォーです。

毎度の事ですが黒いシートですので汚れがわかりません(^^;  OH!NO!!

ただクリーナーで掃除をしますと・・・

こんなに汚れているんです!

と言いたかったのですが今回はそれほど汚れていませんでした。(笑)

ちなみに↑は運転席の座面の汚れです。

汚れを落とした後に本革シート用のメンテナンス剤で仕上げております。

本革シートですけど本革シートはとても丈夫なイメージがあると思います。

それは正解でもあり不正解でもあるんです。

本革はマメに保護クリームを塗ってメンテナンスをしていると長持ちするのですが

何もお手入れしないでいると比較的短期間でも表面がカサカサになったり、

ひび割れてきたりします。本革シートはマメなメンテナンスが必要ですのでご注意ください。

そしてナイスなコスモシルバーのレクサスSC430、ボディコーティングメンテナンス&

本革シートのメンテナンスが完成です!!

艶感そしてクリヤー感も向上しツヤピカのボディに仕上がりました。

各部のアフターで見て頂きましたように近くで見てしまえば細かなシミや

スクラッチが多くなってはきましたが艶感などはコーティングから

3年以上経つとは思えないほどお綺麗です(^_^)/ これもオーナー様が定期的にメンテナンスに

お越しくださっている効果&シミやスクラッチそして雨筋までも目立たないナイスな

コスモシルバー効果ではないかと思います!  きっとそうです! そうに違いありません(笑)

これからも大切にお乗りください!!

 

SC430(ソアラを含めて)カッコいいですね~。私好きなんです。

この型の4代目ソアラが登場した時から、その優雅なスタイルに一目惚れです♥

クーペスタイルもいいのですがルーフを開けたスタイルがこれまたいいんです(*´▽`*)

お洒落な大人の車感がハンパないっす。

そんな4代目ソアラが発売されたのが2001年です。それからもう20年です。

20年経ってもカッコイイどころか今では“味”が出て更にイイ雰囲気です(*‘∀‘)

4代目ソアラは20年経って味が出てイイ雰囲気ですけど私は20年経ってどうなんでしょう??

20年前と言えばまだ30代。 そこから20年経って私自身に味が出たのでしょうか??

お腹が出たのは間違いないのですが(T_T)

月日が流れるのはホントに早いものです。

皆様もお気を付けください(謎)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。