ミニクーパーSの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはミニクーパーSのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのミニクーパーSは2017年の8月にボディコーティングを施工いたしました

お車になります。 間もなくコーティング施工から4年を迎えます。

その間に定期的にメンテナンスにお越しくださっており今回は通算3回目のメンテナンスに

なります! コーティン施工から4年近く経ちますけど、まだまだ艶も感じられお綺麗です(*´▽`*)

ではコーティング施工から間もなく4年を迎えますミニクーパーSのメンテナンスの

様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

とは言えご入庫時は少々汚れ気味でした(^^;

アフターです↓

さすがに間もなく4年経ちますのでメンテナンスでは落ちないクレーター状の深いシミも

多くはなってきましたが、まだまだ艶々でお綺麗です!

またボディカラー的に屋外で見るとシミはそれ程気にならないと思います。

ルーフは・・・

 

少し前にルーフラッピングを張り直しされたそうです(*^_^*)

相変わらずカッコイイっす!

今回ルーフラッピング部分はオーナー様がお持ちになられましたメンテナンス剤で

お手入れしております!

ラッピングが貼っている所はいいのですが・・・

ルーフ後端部はラッピングシートではなく元々の塗装ですので痛みが進んでいます(^▽^;)

ですので今回はここは少し磨きを入れました。

アフターです↓

深いシミは残りましたが、だいぶスッキリとしました。

もっと強い磨きを入れれば、もう少しシミも消せるとは思いますが今回はここまでにしました。

リアは・・・

こちらは痛みも少なくお綺麗でした。

アフターです↓

あれっ?写真だとあまり違いがわからないぞぉ(^▽^;)

でも綺麗になっているんです(汗)

ボディサイドは違いがわかりやすいですよ↓

黒い雨筋が沢山付いていますから(笑)

過去数回のメンテナンス時にはない汚れ方でしたのでオーナー様にお聞きしましたら、

ルーフラッピングを張り直したタイミングでラッピング保護の為にハーフカバーを

使用するようにしたそうです。そのハーフカバーから雨が降ると汚れがポタポタと流れ出て

付いてしまうそうです(^^;  ボディの上からではなくて途中から汚れが付いていたので

不思議だな~っと思っていたので納得です。(笑)

アフターです↓

艶々です!

 

それと鉄粉の付着状況です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

少ないですね。 前回のメンテナンスから少し時間が経っていますけど少ないです。

リアも・・・

とっても少ないです。  少しビックリです(*’▽’)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました!

真ん中あたりに反応が見えますけど、これは飛び石で塗装が欠けている所なので

鉄粉ではありません。

リアは・・・

元々反応が少なかったのでアレですが(^^;より綺麗になっております。

最後にホイールです。

こちらもよくお手入れされていますので気になるような汚れはございません。

アフターです↓

なので写真で見るとアフターもあまり違いがわかりません。 (^▽^;)オーノー!

そしてミニクーパーSのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

ご入庫時は少し汚れてはおりましたが普段からオーナー様がマメにお手入れされている

事もあってコーティングから4年近く経つとは思えない艶感だと思います!

さすがに各部の写真で見て頂きましたように近くで見てしまえばメンテナンスでは

落ちないシミも多くなってきたのも事実なんですけど、それでも実車を見て頂けると

艶と光沢の向上、それに伴ってお車全体の質感の向上を感じて頂けると思います!

オーナー様もピカピカの愛車とご対面してお喜びになられておりました!

ありがとうございました(*^_^*)

 

メンテナンスはコーティングを長持ちさせる秘訣でもあります!!

コーティング施工していても車は徐々に汚れてきますし、艶も引け撥水も弱まります。

特に撥水性能は使用状況や保管状況、お手入れ状況によって本当に大きく変わってきます。

弱ったコーティング表面をメンテナンスでケアしてあげることで撥水性と艶を取り戻してあげます。

お車の美観維持と撥水維持の為にも皆様もコーティングメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

メルセデスベンツC220dのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはメルセデスベンツC220dのボディコーティングです。

R1年式イリジウムシルバーのメルセデスベンツC220dです!

当店のリピーター様のお車で昨年お乗り換えになられたそうですがお仕事も忙しく

ご入庫が今になってしまったとの事でした(^.^)

こちらのお車はディーラーの試乗車に使われていたお車だそうです。最初は新車のCクラスの

クーぺを購入しようとディーラーさんに行ったそうですが色々とお話しているうちに、

こちらのCセダンご購入になられたそうです。 これも何かの巡り合わせなのでしょう!

きっと運命の出会いなんだと思います(*”▽”)

では初期登録から間もなく2年を迎えますベンツC220dの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少し汚れているんです(^^;

ルーフも・・・

雨の影響もあって汚れ気味です(^▽^;)

リアも・・・

もちろん汚れています(汗)

ボディサイドは・・・

汚れは少ないですね! 塗装面自体も痛みは少ないようです。

ホイールは・・・

ダストの多く出るお車なのですが普段はあまり乗らないそうですので汚れも少なかったです。

 

ご入庫時は雨の影響もあって少し汚れ気味でした。 汚れてはいましたが塗装面自体の

痛みはそれ程酷くはありませんでした。 とは言えシミもそれなり付いていますし洗車キズ等の

スクラッチも付いていますので、ここは一度キッチリと磨いて塗装面を整え艶々ボディに仕上げて

いきたいと思います。 では作業開始~~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

何か撥水剤が塗られていた感じがしますけど撥水力がだいぶ落ちていました。

その弱まったウインドウコーティングを一度除去してガラス表面を整えてから

ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます!

コーティングが乾きましたら撥水チェックをして・・・

ウインドウコーティングは完成です。

ウインドウコーティングの耐久性はノーマルのワイパーブレードですとフロントウインドウ

で半年~1年位が目安です。 あくまでも目安でワイパーの使用頻度や保管状況などにより

全然変わってきます。 ワイパーブレードを撥水ワイパーに交換していただくとコーティングの

耐久性が大幅に伸びます。またワイパーのビビり防止にもなりますのでフロントウインドウを

コーティングしましたら撥水ワイパーに交換することをお勧めしております。

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉を除去していきます。

その後に専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ポツポツと確認できますが2年近くでこれ位ですので少ないのではないでしょうか。

リアも・・・

細かな反応が確認できますけど特別多いという訳でもございません(^.^)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

リアも・・・

綺麗になりました。

 

その後に今度はボディにマスキングをして磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

水玉撥水が気持ちイイPCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

ツルツルに仕上がりました(^_-)-☆

ルーフも・・・

スッキリと綺麗です。

リアは・・・

潤い感を感じますね!

ボディサイドは・・・

こちらも透明感がよりアップしてクリヤーで艶々に仕上がっております。

ホイールも・・・

艶々です!

それもそのはず!だって・・・

ホイールコーティングしましたから(笑)  ホイールコーティングは艶々になるだけではなく、

ダストのこびり付きも低減いたしますのでブレーキダストが多く出る輸入車には特におすすめの

人気アイテムです(^_^)/

そしてイリジウムシルバーのメルセデスベンツC220d、ボディコーティングが完成いたしました!

気持ち良くリフレッシュできました! 元々初期登録から2年も経っていないお車ですので

塗装面の痛みも少なかったのですが、それでも磨いてシミやスクラッチそしてクスミを

除去しコーティングをしますと透明感ある艶々ボディに仕上がります(^_^)/

艶感は新車にも負けていないと思います! たぶん新車以上ではないかと(笑)

オーナー様も『やっぱり潤い感が違う。滑らかさが違うっていうのかな~』と、

塗装面の滑らかさ、潤い感の違いを実感されたご様子でした。

いゃ~よかった。よかった(笑) 実感していただき一安心です(*^_^*)

ありがとうございました。

 

試乗車や展示車両・新古車等あまり使用されていないお車でも、車は置いておくだけでも

痛みが進んでいきます。  しかし車の販売店のコーティングは新車や試乗車・展示車両

綺麗な感じの車は磨かないで洗車してコーティング剤を塗るだけのお店が

多いのもまた事実です。(磨いている販売店もございます!)

当店は新車でもそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてから

コーティングをしています。 ですので経年車はもちろん、試乗車や展示車両・

新古車等ご購入時もカーコーティング専門店『カービューティープロ カラーズ』へ

是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ミニクーパーDのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはミニクーパーDのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのミッドナイトブラックメタリックとペッパーホワイトのツートンカラーの

ミニクーパーDは昨年の10月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から約6ヶ月のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

ありがとうございます。

今回もメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介していきたいのですが・・・

ご覧の様にご入庫時が雨で濡れておりますので、あまりビフォーアフターが

参考にならないかも知れませんが(^▽^;) 頑張って参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

雨です(^^;   濡れているとシミやスクラッチが隠れてしまいますのでよくわかりませんが・・・

でも まぁ↑がコーティングから半年のリアルな撥水状況です。

アフターです↓

当店のスタンダードなメンテナンスでは落ちないクレーター状の深いシミやスクラッチが

付いていますけど黒いボディでこの程度でしたら少ないと思います。

↑はシミやスクラッチが見やすいようにライトを当てていますので見えますが

屋外で見ましたら↑ほど気にならないと思います。

気になるようでしたら次回のメンテナンスでは軽い磨きを入れるプランでおススメ致します!

ルーフも・・・

濡れていて塗装面の状況がわかりませんが撥水状況はわかります(笑)

同じ水平面なのにボンネット比べると撥水力の低下が少ないようで。

アフターです↓

撥水力だけでなくシミも少ないです!

これはやはり“黒” と “白” の違いも関係していると思います。

それと “熱” の影響も関係しているのではないでしょうか。

エンジンからの熱と黒いボディはどうしてもコーティング(塗装)の痛みも早いです。

話がそれましたが↓はリアバンパーです。

これまた濡れていてあれですが(^^;やや汚れ気味の様です。

アフターです↓

水平面に比べると痛みも少なく、まだまだお綺麗です(^_^)/

ボディサイドも・・・

黒ですのでどうしても汚れが目立ってしまいます。

アフターです↓

ボディサイドもよく見れば洗車キズ系のスクラッチも付いていますけど

撥水力の低下も少なく悪くない状態です。

それと鉄粉の付着状況ですけど、何時ものように専用のクリーナーを吹き掛けても・・・

鉄粉の反応が写真だと上手く伝わりません(;´∀`)

しかし色の白いルーフで見てみますと・・・

反応が確認できます! 黒っぽく点々と見えるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

ポツポツと散見出来ますが全体的には少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

黒ですのでわかりません(^▽^;)

しかしルーフなら・・・

スッキリと綺麗になったのがわかります(笑)

そして最後にホイールです。

輸入車ですのでどうしてもブレーキダストは多めです。

アフターです↓

艶々になりました!

そしてミッドナイトブラックメタリックとペッパーホワイトのツートンカラーの

ミニクーパーD、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

近くで見ますと細かなシミもございますが艶も光沢も向上し、お車全体の

質感がアップしたと思います!

黒いお車は汚れが目立つ反面、綺麗にすると独特の艶感や迫力、そして高級感もあり

カッコイイですね(*’▽’) この状態を維持管理するのが正直またまた大変ではあるのですが

それに答えてくれるのが“黒”だと思います(^_^)/

皆様も黒い車はいかがでしょうか。カッコイイですよ!!

 

メンテナンスのタイミングはお車のご利用方法やお手入れ状況、保管状況によって

異なってきますが目安としては約6か月毎です。

どうしても痛みが早いダークカラーで屋外屋根なし駐車のお車はもっと早いタイミングでも

いいかと思います。 屋内駐車であまりお乗りになられていないようなお車の場合ですと

1~2年でも十分な場合もございます。

お車の使い方や保管状況はお車ごとに違いますのでメンテナンスのタイミングも

それぞれ違ってくると思います。 メンテナンスのタイミングで迷いましたらお気軽に

ご相談下さい!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

アウディTTの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアウディTTのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのデイトナグレーのアウディTTは2018年の12月にボディコーティングを

施工いたしましたお車です。

コーティング施工から間もなく2年半ほどが経過いたします。

この間にも定期的にメンテナンスにお越しくださっており今回通算4度目の

メンテナンスのご依頼です。

色的にあまり汚れが目立たない色という事もあって毎回、ご入庫時は比較的綺麗な印象でしたが

今回はご入庫時に珍しく“汚れているなぁ~”感が漂っております(^^;

と言うよりも“傷んでる”感といった方がいいかも知れません(汗)

いずれにしても、あまりいい印象ではない事は間違いありませんので(^▽^;)メンテナンスで

スッキリとリフレッシュしていきましょう!

 

まずはボンネットからです↓

とは言え↑の写真だとその汚れが上手く映りません(^▽^;)

ボディ全体にシミが付いているのですが、そのシミはどうやら普通の雨ジミではなさそうなんです。

ちょっと原因の特定は難しいのですがオーナー様にお話を伺ったところ、春先頃から急にシミが

付きだしたようで色々とお話を聞きましたところ疑わしき原因は判明したのですが、

あくまでも疑わしいだけで確定できませんので今はまだオーナー様と私だけのヒ・ミ・ツと

させて下さい(^_^;)  すみません。

話が長くなりましたが↓はアフターです。

その原因不明のシミはだいぶ落とせることができスッキリとしました!

でも写真だとあまりわかりませんね(汗)

ルーフも・・・

よく見るとこちらもシミだらけなんです。 そしてよく見なくても・・・

鳥の足跡でしょうか?? でしょうね🐾

別角度から見ると・・・

間違いありません。やはり鳥の足跡です(笑)

アフターです↓

謎のシミは落ちましたがクレーター状の深いシミは残っております。

ただシミやスクラッチがあまり目立たない色ですので屋外で見ると

あまり気にならないと思います。

リアも・・・

こちらもシミが多いんです。写真だと目立ちませんけど(^^;

アフターです↓

リアもクレーター状の深いシミは残っていますけどコーティング施工から2年半、

しかも屋外の屋根なし駐車と考えますと寧ろお綺麗な方だと思います(^_^)/

ボディサイドも・・・

↑の写真が一番謎のシミがわかりやすいかもです。

よく見ると縦縞模様のようにシミが見えるかと思います。

アフターです↓

シミも無くなって艶々のお肌に復活しました!

よかった よかった!!

 

それと鉄粉の付着状況です。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

反応がとっても少ないです! ちょっとビックリするほどの少なさです(*”▽”)

リアも・・・

とっても少ないですね~~! ブラボ~!!

ただ実際作業しますとそれなりにザラつきを感じましたのでクリーナーに反応しない

異物が付いていたようです。

その異物を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々クリーナーの反応は少なかったので見た目変わり映えしませんね(;´∀`)

ただ異物除去ができていますので手触りは違います(笑)

リアも・・・

触れば違いがわかります(笑) 洗車時にスポンジやクロスの動きがスムーズなりますよ~(^.^)

ホイールは・・・

これまたブレーキのダスト汚れも少なくお綺麗ですね!

アフターです↓

ホイールもタイヤも艶出しをしています。

 

それと今回ウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いておりますのでご紹介いたします。

↓は現状です。

撥水ワイパーを使われていますのでワイパーの払拭範囲内は綺麗に水を弾いていますけど

範囲外は撥水力も落ちているようです。

それとウインドウも・・・

謎のシミが沢山付いているんです。

でも写真だとあまりシミの凄さが伝わらないなぁ~(汗)  残念(;´∀`)

ウインドウのシミは磨きで処理します。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングし最後に

撥水チェックをしましたら・・・

コロコロの水弾きが完成です。

もちろんシミも・・・

綺麗になりました!

そしてデイトナグレーのアウディTT、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

謎のシミも無くなり艶感そしてクリヤー感も向上しツヤピカのボディに仕上がりました。

各部のアフターで見て頂きましたように近くで見てしまえば細かなシミやスクラッチは

残っておりますが艶感などはコーティングから2年半経つとは思えない程お綺麗です(^_^)/

これもオーナー様が定期的にメンテナンスにお越しくださっている効果でもあると思います!

これからも大切にお乗りください!!

 

今回のアウディTTのメンテナンスですが今回もメンテナンスplusのプランで

メンテナンスを行いました。 メンテナンスplusではスクラッチやシミを

目立たなくする処置を追加します。それにより通常のメンテナンスよりスクラッチによる

ギラ付き感が抑えられ艶感も上がります(^_^)/

もちろんパールホワイトなどのライトカラーでも艶々になりますがダークカラーや

コーティング施工から2~3年経過し痛みが気になりだしたお車などに特におすすめの

プランになります。 ボディの洗車キズ等の痛みが気になる方は是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ポルシェ パナメーラ4のご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはポルシェ パナメーラ4のボディコーティングです。

H30年式キャララホワイトメタリックのポルシェパナメーラ4です!

スッキリと綺麗な気持ちいいメタリックホワイトですね(*”▽”)

オーナー様がマメにお手入れされていますので、お車のコンディションは申し分ございません!

とってもお綺麗です。

そんなとってもお綺麗なポルシェ パナメーラ4の現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットです↓

ご覧の通り十分お綺麗です(笑)

ただ写真だとわかりにくいのですが、よくよく見て頂くと細かなシミが沢山付いています。

また微かにクスミも感じます。

ルーフも・・・

少しライトがモヤけて見えると思います。

リアも・・・

ライトの周辺をよく見てみると洗車キズと思われるスクラッチが見えるかと思います。

また細かなシミも確認できます。

ボディサイドは・・・

これまたライトがスッキリと映り込まずに若干クスんでいるようです。

スクラッチも付いています。   メタリックホワイトなんでわかりにくいんですけど(^^;

ホイールは・・・

少し汚れてはいますけどブレーキダストの多く出る車と考えますと十分お綺麗です(笑)

マメにお手入れされているのが伝わってまいります(^_^)/

 

ご覧頂きましたように現状でも十分にお綺麗です。またホワイトメタリックという事も

あって普通に見る分には洗車キズやシミも目立たず良好なコンディションだと思います。

ただ普段は屋外の屋根なし駐車という事もあって、よくよく観察してしまえば細かな

シミもありますし若干のクスミも感じるようになってきたようです。

また撥水力も落ちてしまっているのが気になるとの事でした。

という事で一度綺麗にリフレッシュしていきたいと思います!

では作業を進めて参りましょう。 作業開始~~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

サイドウインドウは軽めの雨ジミが付いています。

フロントウインドウは・・・

何か撥水剤が塗られていたようです。

ただ撥水力が弱まっている感じです(^^;

その弱まっているコーティング剤を・・・

一度綺麗にリセットします。

当店のウインドウコーティングの料金には基本的な下地処理代も含まれておりますが

ウロコの程度によって追加料金がかかる場合がございます。

今回は軽めの雨ジミでしたので問題なく処理できました。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングします。

雨ジミも綺麗になり撥水力も・・・

コロコロの水弾きに仕上がりました!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

点々と見えているのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

少ないですね(^_^)/

リアは・・・

フロントに比べるとやや多いでしょうか!?

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリしました。

リアも・・・

だいぶスッキリとしました!

 

鉄粉処理が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE-evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが

特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それ以外にも今回は・・・

ヘッドライトクリーニング&コーティングそして・・・

テールランプも軽く磨いてからコーティング!

そして・・・

フロントバンパー奥に見える・・・

未塗装樹脂部のコーティングも行っております。

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

施工前も十分にお綺麗でしたが、それでも磨いてコーティングしますと

塗装の透明感や艶感が向上いたします!

ただ写真だとあまり違いが伝わりませんね(^▽^;)

ルーフも・・・

よりクリヤーで綺麗に仕上がっております。

リアは・・・

こちらの写真が一番違いがわかりやすいかもです。 ライトの淵に見えていた洗車キズも無くなり、

クスミもありませんね! ライトがスッキリと綺麗に映り込むようになりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

ライトがスッキリとシャープに映り込むようになりました。

最後にホイールも・・・

ホイールコーティングをして艶々です!

ホイールコーティングは・・・

アルミホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティングです!

そしてキャララホワイトメタリックのポルシェパナメーラ4、ボディーコーティング&

ウインドウコーティングその他諸々の施工が完成いたしました(^_^)/

いゃ~白いですね~(*’▽’)

元々とってもお綺麗にさてれいるお車でしたが微かなクスミやシミ、そしてスクラッチを

リセットしますとキャララホワイトメタリック本来のスッキリと透明感ある色艶に仕上がります。

いゃ、艶はオリジナル以上だと思います(^_-)-☆

オーナー様も『うゎ~ めっちゃ綺麗!! 白でも違いがわかります!!』と、その白さの

違いをご実感されたご様子でした。 ありがとうございました。

 

当店の人気コーティング剤でもございます「EXE-evo1」はベ-スコート+トップコートの

2層コーティングとなります。2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事に

なりますので、その分作業に時間が掛かってしまう為にお値段も高めの設定となりますが、

“極上の深い艶と抜群の保護機能“を実感して頂けると思います!

また今回のお車の様なホワイトメタリックやパールホワイト等の艶や光沢感の違いがわかりにくい

ライトカラー系のお車でも、その違いを実感していただけると思います。

是非、皆様も「EXE-evo1」お試しください(^^)/

おすすめです!

 

宣伝でした! ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ボルボS60のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはボルボS60のボディコーティングです。

H23年式のボルボS60です!

ブラックサファイヤメタリックと言う名のブラックメタリックになります。

プリウスにお乗りになられていたのですが “面白い車” を求めボルボS60に

お乗り換えになられたそうです。

純ガソリン車に乗れるのも今のうちです。 面白さで言えば今はまだガソリン車が

一番だと思います。純ガソリン車を楽しめる最後のチャンスですので皆様も是非どうぞ! (笑)

話がそれましたが初期登録から9年経過しましたボルボS60の現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

ブラックサファイヤメタリックはどこ~~?? と言いたくなるほどアレです(^^;

↑はご入庫時の状態なんですけど、この時期は花粉と黄砂の影響もあってガサガサでした。

これだとアレですので洗車後に撮影しましたのが↓ですが・・・

ブラックサファイヤメタリックはどこ~~??  と言いたくなるほどクスんでおります(^▽^;)

↑は洗車後と言うより鉄粉処理やケミカル剤を数種類使って洗った後の状態でシミやクスミが

かなり落ちて綺麗になったのですがメタリック感はゼロです(;´∀`)

ルーフも・・・

洗車後です↑  シミも凄いです(汗) スクラッチも多いのですがシミとクスミで

全然目立ちません(笑)

トランクも・・・

洗車後の状態です。

塗装がガサガサです。こちらの写真だとスクラッチが確認しやすいですね(^^;

ボディサイドは・・・

ボンネット等の水平面に比べますと痛みは少ないです。

ホイールは・・・

納車からまだそれ程経っておりませんが、やや汚れ気味でした。

輸入車ですのでしょうがないです(^^;

 

初期登録から9年と考えますと年式相応の痛みかと思いますが、かなりの痛みっぷりです。

シミとクスミが酷く塗装表面がガサガサです。しかもシミシミです(^▽^;)

オーナー様も“これ綺麗になる??”と少し不安のご様子でした。

私も不安ですが 大丈夫です! 磨けばまだまだ綺麗になります!!

新しい愛車に気持ちよくお乗りいただく為にピカピカにしますよ~ヽ(^o^)丿

では早速作業を始めて参りましょう。作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

黒い車ですのでよくわかりません。 しかし鉄粉が沢山付いていると黒い車でも

確認できるんです。↓はトランクですけどよく見ると・・・

黒っぽいのがわかります??

赤丸の中のような黒いのが沢山見えると思います。これがクリーナーに反応している鉄粉です。

沢山付いておりました(^▽^;)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になっております1

リアも・・・

サッパリとしました!

鉄粉が終わりましたら今度はボディにマスキングして・・・

磨きの準備が整いました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

前回のブログで “半分だけ磨いてみた!” 的な事をしてみましたが、今回もビフォー&アフターが

わかりやすい状態ですので、またまた半分だけ磨いてみました!

↓はボンネットを半分磨いた状態です。

まだ1回目の磨きの途中です。 こうやって半分磨いて見比べてみると

クスミで白くなっていたのがわかりやすいですね。

磨き前はメタリックも確認できない状態でした(^▽^;)

ここから更に磨いて艶を出していきます。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ブラックサファイヤメタリックが顔を出しました!

自分で言うのもアレですけど綺麗になりましたね~(笑)

ルーフも・・・

クスミも取れてクリヤーになっております。

シミもだいぶスッキリしたと思います!

ガサガサ肌だったトランクも・・・

潤いを取り戻しました(^_-)-☆

メタリックを感じますね!

ボディサイドも・・・

スベスベになりました。

最後にホイールです。

スッキリと艶々です。

そしてブラックサファイヤメタリックのボルボS60、ボディコーティングが完成いたしました!

施工前はボディがクスミやシミでせっかくのブラックのボディカラーが、

なんとなくグレーっぽく見えてしまってましたが、施工後はキラキラとした

ブラックサファイヤメタリックの輝きを感じられるようになりました!

ピカピカになったS60とご対面しましたオーナー様も『すげ~綺麗になった。新車みたい。』と、

とてもお喜びになられておりました!

ピカピカに仕上がって私もホッと一安心です(笑)

ありがとうございました。

ピカピカになりましたボルボS60楽しんでください(^_^)/~

 

コーティングは下地が重要です。コーティング剤を塗ると綺麗になると思っている方が

多いのですが正解でもあり不正解でもあります。 どちらかと言うと不正解です(笑)

と言いますのもクスミやシミ・スクラッチが酷い塗装面にコーティングをしても

クスミやシミ・スクラッチが消える訳ではありません。

クスミやシミ・スクラッチ等を処理して塗装そのものを綺麗に整えないと綺麗にはなりません。

そのままコーティングしても多少の艶の向上はあるかも知れませんが、それだけです(^▽^;)

車を綺麗にするには下地作りがとても重要です!

ですのでカーコーティングはカーコーティング専門店がおすすめです。

例えばカービューティープロ カラーズはカーコーティングの専門店の様です(笑)

皆様のお越しを心よりお待ちしております(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

BMW135iクーぺのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはBMW135iクーペのボディコーティングです。

H24年式のBMW135iクーペです!

コンパクトなボディに3.0L直列6気筒ターボエンジンを搭載!しかもFRなんで面白くない訳が

ございません!! しかも今回のこちらの135iはMTです。 これはもうオーナー様は

マニアに違いありません(*^^*)   私も欲しいっス(笑)

オーナー様は元々1シリーズに乗られていたそうですがMTの135iが欲しくて

探していたところに今回のこちらの135iに巡り会い、お乗り換えになられたそうですので、

やはりマニアではないかと思います(笑)

では早速ですがH24年式BMW135iクーペの現状確認から始めて参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

年式を考えますとお綺麗ではないでしょうか。シミもスクラッチ少なめではないかと思います。

ルーフは・・・

シミ・スクラッチ共にそれなりに付いてガサガサです(^^;

でも まぁ初期登録から9年の黒い車と考えますと、それ程酷い訳ではないです。

寧ろ綺麗な方ではないでしょうか。

トランクも・・・

やはりシミやスクラッチで傷んでおります。

メタリックなんですけどクスんでいるのでメタリック感をあまり感じませんね(^^;

ボディサイドは・・・

こちらはボンネット等の水平面に比べるととってもシミは少ないです!

ただよく見て頂くと洗車キズと思われるスクラッチが結構多いんです。

ホイールは・・・

ブレーキダストで汚れやすいのですが、とてもお綺麗でした!

オーナー様のお手入れの良さが伝わってまいります!!

 

初期登録から9年経過と考えますと全体的に塗装面の痛みは少ない方だと思います。

黒い車で9年も経過すると、それはそれは痛みが進んで大変な事になっている事が

とても多いのですが(^^;こちらのお車は傷みの度合いも少ないので前オーナー様の

維持管理が良かったのではないかと私は勝手に推測いたします(笑)

違ったらすいません(^▽^;)

ただそれでも痛みは進んでいて水平面のシミ、そしてクスミもあってメタリックが

隠れてしまっております。 本当はもっとキラキラと輝くブラックボディなはずです。

そのキラッキラ感の復活を目指して作業を進めて参りましょう!

では作業開始~~(^_^)/

 

まずは洗車です。その後にボディ付いている鉄粉等の異物を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

もう薄々と感じていると思いますけど黒い車にクリーナーを吹き掛けても・・・

写真だと何が何だかわからないんです(^▽^;)

ただ実際に撫でてみますと結構ザラザラです。年式を考えますと相応の鉄粉量ではないかと

思います。

リモも・・・

写真だとわかりませんが結構多く付いていました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、やはり・・・

写真だと違いがわかりません(^▽^;)

リアも・・・

違いがわかりませんが実際に撫でると全然違います(笑)

スベスベになりましたよ(^_-)-☆

 

その後に今度はボディにマスキングを貼っていきます↓

そしていよいよ磨きが始まります!

今回はプレシャスプランでのご依頼になります。プレシャスプランは強い磨きで

可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。

(深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の

汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも

行いますので、ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に

塗装を削らないよう、むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ボンネットもスッキリ綺麗になりました(^_^)/

もちろん全てのキズやシミが除去できる訳ではありません。

深いシミやキズは残っていますけど、だいぶスッキリしました!

ルーフも・・

サッパリと綺麗になりました!

気持ちいいですね~(*´▽`*)

トランクも・・・

スベスベです。 メタリックが顔を出しキラキラ感も向上しております!

ボディサイドも・・・

スクラッチとクスミが取れて綺麗にライトが映り込んでおります(^_-)-☆

最後にホイールです。

今回ホイールの一部に塗装の劣化が確認できましたので全体的に軽めのクリーニングに

留めておきました。ホイールの塗装は熱の影響を大きく受けますので塗装の劣化も早い事が

多いです。劣化している塗装のホイールを洗う時はご注意ください。

そしてBMW135iクーペのボディコーティングが完成いたしました!

クスミも取れてスッキリとクリヤーボディに復活いたしました!

クスミが無くなったのでメタリックが輝きを取り戻し光が当たると本来のキラキラ感が

味わえます(^_^)/

オーナー様も『おぉ!綺麗だなぁ!! 一皮剥けた感じだね!!』と、その違いを

感じて頂けたご様子でした。 まさにオーナー様の言う通りで一皮剥いたと言っても

過言ではございません。

そのクスミの皮を剥いてあげればツヤピカのボディに復活いたします!

特に中古車でご購入された場合はクスミや痛みで今見えている愛車の色は

本来の色ではないかも知れません。

愛車の本当の色艶を見たくないですか?? もし見たくなったら・・・

カービューティープロ カラーズへどうぞ~!

 

最後は宣伝でした( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

アウディA1の定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアウディA1のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのアウディA1は2018年の3月にボディコーティングを施工させていただきました

お車になります。

前回のブログでご紹介しましたアウディS1と同じオーナー様のお車ですのでメンテナンスも

毎回同じタイミングでお越しくださっております。  ありがとうございます。

S1の方はメンテナンスと同時に樹脂コーティングも行いましたがA1の方は樹脂の痛みが

少ないので今回はメンテナンスのみのご依頼になります。

ではコーティング施工から3年経ちましたアウディA1のメンテナンスの様子を今回も

ビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

S1と同じような汚れ具合なんですがボディカラーが白ですのであまり汚れが目立ちません(笑)

アフターです↓

よくよく見ますと線キズも多くなってきましたがこれまたボディカラーが白いので

屋外で見ますとあまり気にならないと思います。

ルーフは・・・

グレーですので白よりは汚れがわかりやすいですね。

アフターです↓

こちらも線キズが少し多くなってきましたがクレーター状の深いシミは意外と少なく

まだまだお綺麗です(^_^)/

リアは・・・

ご覧の様に少し汚れ気味です(^^;

ただ汚れ自体は塗装面に乗っている軽い汚れですので・・・

塗装面(コーティング被膜)事態の痛みは少なかったです。

ボディサイドも・・・

汚れで白さが少し引けていますけど・・・

まだまだコーティングも効いているようで水アカのこびり付きもありません。

それと鉄粉の付着状況ですが前回のS1でもそうだったんのですが鉄粉の付着自体は

意外と少なめなんです↓

黒っぽく点々と見えるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

ご覧のようにそれなり付いてはいるんです(^▽^;) しかし触ってみると反応以上に

ザラザラを感じます。

リアも・・・

特別に多い訳ではないのですがザラザラなんです(^^;

おそらく鉄粉以外の樹液等の“木”の影響なんだと思います。

鉄粉等の異物等を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

クリーナーに反応するのは鉄粉のみです。

なので写真だとその他の異物の付着状況はわかりません(^▽^;)

でも触ればわかります(笑)

リアも・・・

反応も少なくスッキリと綺麗になりました!

もちろん触ってもスベスベになりましたよ(^_^)/

最後にホイールです。

やや汚れ気味でした。

アフターです↓

サッパリと気持ちいいですね!

そしてアウディA1のボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

近くで見れば線キズ等のスクラッチなど増えてはきましたが艶も光沢も復活し、

お車の印象もサッパリとして質感も上がって見えると思います!

マメなお手入れ&定期的なメンテナンスをしているお車と、全然していないお車とでは時間が

経過すればする程違いが出てきますので、皆様もメンテナンスは定期的にどうぞ~(^_^)/

 

話は変わりますが今年も花粉の季節がやってきました。当店のございます小田原市も

花粉が多くなってきました(;´∀`)

この時期は花粉が雨で濡れると斑模様になってしまいます。

実はこれは斑模様になって美観が低下するだけではないんです。美観が低下するだけでしたら

花粉のシーズンが終わってから洗車すればいいだけなんですけど、濡れた花粉は塗装そのもの

を痛めてしまうので花粉の時期はマメな洗車が必要になってきます。

理想は雨が止んだら洗車です! 正直なかなか毎回は難しいと思いますが花粉の時期は

通常よりも洗車回数を増やすよう心掛けて下さい(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

アウディS1の定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアウディS1のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのアウディS1は2018年の3月にボディコーティングを施工させていただきました

お車になります。 コーティング施工からちょうど3年が経ちました。

定期的にメンテナンスにお越しくださっており今回は通算で5回目のメンテナンスの

ご依頼になります。

今回はメンテナンスと黒い樹脂部品の色褪せが気になるとの事で樹脂コーティングの

施工のご依頼を頂きました。

ではメンテナンス&樹脂コーティングの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

汚れています(^▽^;) 拭きキズも確認できます。

また鳥糞でしょうか?木の実かな?? 何かしらの落下物によるシミも所々に散見できました。

アフターです↓

汚れも落ちてだいぶスッキリと綺麗になりましたね!

スクラッチもございますがコーティングから3年ですのでこれ位は付いてしまう物です。

深いシミは少なかったです。

ルーフも・・・

汚れ気味です(汗)

アフターです↓

ルーフも綺麗になりました。色艶が違います(^_^)/

リアも・・・

ウインドウ下の溝に汚れが溜まっています。

雨が降るとウインドウの付いている砂埃が流れて溝に溜まってしまいます。

普段の洗車ですと意外と落ちずに残ってしまうんです(^^;

アフターです↓

溝もサッパリとしました!

ボディサイドも・・・

ボディカラー的な事もあって汚れが目立ちます。

アフターです↓

ただ塗装面の痛み自体はとても少なくまだまだお綺麗です。

それと何時もの鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

すこしわかりにくいんですが鉄粉の反応自体は少ないんです。

ただそれ以上に触るとザラザラとしています。 洗車していてもスポンジが引っ掛かり気味でした。

専用のクリーナーはあくまでも鉄粉に反応するだけでそれ以外の異物には反応しません。

という事は鉄粉以外の異物が沢山付いているという事になります。

おそらくですが駐車場の近くに木があるとの事ですので木の実やら樹液やらではないかと思います。

鉄粉等の異物を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々鉄粉の反応自体は少なかったので見た目の変化は少ないかもです(^▽^;)

でもスポンジを滑らせても引っ掛かりもなくスムーズに滑るようになっております!

ホイールも・・・

ブレーキダストで茶色いです。

アフターです↓

本当はグレーメタリックなんです!

艶々ですね(^_^)/

それと樹脂コーティングですが・・・

↑はカウルトップです。(ワイパーの所)

砂埃&色褪せがなかなかのものです(笑)

水抜きの穴が詰まっていて雨水がたまってしまうようでした。

アフターです↓

黒さが復活しました!

水抜きの穴も掃除しましたので、もう水たまりにはなりません(笑)

フロントバンパーのメッシュ部も・・・

白っぽく色が褪せてまいりました。

アフターです↓

一つ一つ手塗りしていきますのでメッシュ部はなかなか大変なんですが今回のS1は比較的

大きめのメッシュなので少し助かりました(笑)

それとグリルも・・・

白っぽくなってきました。

樹脂部もよ~く洗ってからコーティングしていきます・・・

シミやキズが無くなる訳ではないのですが、だいぶ目立たなくなります。

なによりも黒さが違うんです!

そしてアウディS1のボディコーティングメンテナンス&樹脂コーティングが

完成いたしました。

色艶も復活して綺麗なダークブルーのS1に仕上がりました!

それと樹脂コーティングで黒さを増したフロントグリルやメッシュ部が

お車をグッと引き締めております(^_-)-☆

これだけでも印象が全然違うと思います。

オーナー様も『こんなに綺麗になったの!』と、とてもお喜びになられておりました!

ありがとうございます。

 

黒い未塗装の樹脂パーツは経年劣化でどうしても色が褪せてきます。その色褪せが

お車を古く感じさせてしまいます。

皆様もお車は大丈夫ですか?? もし色褪せが進んできても諦める事はございません。

諦める前に是非一度当店にお気軽にご相談ください。  お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アストンマーチンDBS ヴォランテのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアストンマーチンDBS ヴォランテのボディコーティングです。

アストンマーチンDBSのオープンボディモデルのヴォランテになります!

ず~~っと欲しかったアストンマーチンだったそうですが、いい個体に巡り合えたそうで

衝動買いに近い感じでご購入されたそうです。

そういう運命的な出会いってありますよね~(*´▽`*)

そんな憧れのアストンマーチンをご購入され綺麗にリフレッシュしたいとの事で

大切な愛車のボディコーティングを当店にお任せくださいました。 ありがとうございます。

では早速ですがアストンマーチンDBSヴォランテの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

シミは確認できますが塗装を侵食してしまっているようなクレーター状の深いシミは少ないです。

スクラッチも付いておりますが年式を考えますと少ないですね!

それよりも塗装面を見ていて気が付いたのが・・・あれっ?この網目模様はもしやカーボン製!?

見れば見るほどアッチもコッチもカーボン製ではないですか(;”∀”)  すげ~!

お引渡し時にオーナー様にお聞きしましたら“ボディはカーボンとアルミ製”なんだそうです!  すげ~!!

 

ルーフは・・・

もちろんソフトトップですのでカーボンではありません(*^^*)

所々、広範囲にシミが確認できました。

トランクは・・・

こちらもボンネットと同じように軽めのシミは多いのですが深いシミは少なかったです。

ボディサイド・・・

シミが少ない分スクラッチが気になります(^^;

特にオーナー様が気にされていましたのが・・・

この3本の線キズです。

これは少し深い気がしますけど・・・結果は後ほど!

ホイールは・・・

ガリキズなどは付いていますけど塗装自体はまだまだしっかりとしていてお綺麗でした。

 

初期登録から15年くらいのお車なんですが15年の時間の流れを感じない状態だと思います。

もちろん見て頂いたように軽めのシミやスクラッチ、線キズ等は確認できますけど

塗装そのものはまだまだしっかりとしております。

そして見れば見るほど塗装の“塗り”が綺麗です。塗装の厚み感や平滑さなどが違います(*”▽”)

とは言え現状はそれなりに痛みも進んでおりますのでしっかりと磨いてリセットしていきたいと

思います。 では作業開始~~!!

 

まずは洗車後に鉄粉を処理していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

少ないですね~(*^^*)

よ~く見ればポツポツと付いてはいますけど、とっても少ないです!

リアも・・・

探せば確認できますけどパッと見ではわからないくらい少ないです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

元々が少ないので違いがあまりわかりません(汗)

でも綺麗になっているんですよ(笑)

リアも・・・

よ~く見れば違いはわかるんですけど。よ~く見ないとわかりません(^▽^;)

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤は・・・

PCX-V110をチョイスいたしました!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた

滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回はソフトトップのコーティングも施工していきます。

ソフトトップ専用のクリーナーで洗った後にまたまたマスキングしていきます↓

専用のコーティング剤が他の部分に付かないようにソフトトップ以外、全てマスキングです↓

丸ごとです(笑)

その後にコーティング剤を吹き付けてコーティングしていきました(^_^)/

それと今回はヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いております。

↓はビフォーです。

写真ですと全然伝わりませんが若干白濁が進んできています。 逆に言いますと写真では

上手く撮れない位の軽めの白濁なんです。

アフターです↓

ヘッドライト外側の白濁は除去できクリヤーになったのですが、ヘッドライト内側の曇りが

少し気になるかも知れません。 しかし↑の写真のように写真で撮るとその曇りが

上手く伝わりません(汗)

ヘッドライト内側の曇りを処理するにはヘッドライトの分解が必要になってきます。

反対側も・・・

軽~く曇り気味なんですけどわかりませんね(;´∀`) すいません。

アフターです↓

こちらも表面の曇りが無くなってクリヤー感が上がったのですが

内側の曇りは残っております。

 

ではその他の仕上がり具合も確認していきましょう。

シミもスクラッチもスッキリとしました!

カーボンの網目がよく見えるようになったと思います(^_^)/   わかります??

ルーフのシミは・・・

完全には落ちませんでしたが、だいぶ目立たなくなりました。

また黒さも増しました。

トランクも・・・

シミが取れてスッキリですね!

ボディサイドは・・・

スクラッチも無くなりクスミも取れてライトもしっかりと映り込んでおります。

そしてオーナー様が気にされていた3本の線キズも・・・

深いからどうかな~?と思ったんですけど綺麗に除去できました。

目が行く場所でしたので除去出来て良かったです(*^_^*)

最後にホイールです。

タイヤもホイールもしっかりと洗った後に艶出ししております。

そしてアストンマーチンDBS ヴォランテのボディコーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました~!(^^)!

色に深みが出て艶やかさと光沢感の向上を感じていただける仕上がりになったと思います!

特にアストンマーチンのような曲面の綺麗なお車にガラスコーティングをするとボディラインが

より強調されて綺麗なんです(*^_^*)  もちろん日中の太陽の下で見ても綺麗なんですが、

夜の街灯の下で見ますとこれがまたいいんですよ~。

街灯に照らされた愛車はいつもの2.5倍はカッコよく見えるものです!  本当ですよ(笑)

なかなかマニアな視点になりますが街灯に照らされた愛車を眺めたり、写真を撮るのも

また違った車の楽しみ方でもあります!

皆様も是非お試しを(^_^)/

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。