メルセデスベンツA180のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはメルセデスベンツA180のボディコーティングです。

H29年式コスモスブラックのメルセデスベンツA180です!

ご購入から3年が経ちシミが酷くてとご相談に来られました。

シミが酷いとの事で、どれどれと確認しましたら・・・確かに酷いです(;”∀”)

予想の上の更に上でした(汗)

屋外で確認した時も凄いなぁ~とは思いましたが室内で見るとより凄いんです。

では早速ご購入から3年経過いたしましたメルセデスベンツA180の現状確認を行なっていきましょう!

まずはボンネットからです。

写真に撮ってしまうとそれほど酷くなさそうですね(笑)

それでも十分にシミシミです。

そしてルーフは・・・

こんな感じなんです(;”∀”) 写真に撮って見ても重傷です。

なんでしょうか?? シミと言うよりもウロコとでも言いましょうか??

厚みさえ感じることが出来ます(大汗)

今回ルーフが一番重傷でした。

別ショットでもう一枚↓

びっしりです(^▽^;)

ルーフが一番重傷とは言いましたがボディサイドも・・・

結構重症なんです。

それに比べますとリアは・・・

軽症でした(^^;

もちろんボディにこれだけ付いているという事はウインドウにも・・・

付いていない訳がございません(;´∀`)

ホイールは・・・

汚れておりました。ベンツはしょうがないですね(^^;

 

ご覧頂きましたようにシミが酷いんです。特にルーフは重症で私が見てきた中でもTOPクラスでは

ないかと思います。

なんでこんなになってしまったのかオーナー様にお話を伺ったのですが・・・原因は一つでは

なさそうです。付着した花粉の処置方法や使用していた洗剤、もしかしたら使用していた水の

影響もあったのかも知れません。色々な要因が重なってこの様なシミが出来たのではないかと思います。

今回、特にルーフが重症ですのでどこまで除去できるか未知数ですけど(^^;張り切っていきましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますがボディが黒ですので・・・

全然わかりません(^^;

シミの影響もあって優しく撫でてみてもザラザラでした。

リアは・・・

写真だと全然わかりませんが結構多く付いているんです。

垂れ流れてくる専用のクリーナーも・・・

こんな感じでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

見た目変わらないかも知れません(^▽^;)

リアも・・・

わかりませんね(汗) すいません。

鉄粉を処理しましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は状態がアレですので(^▽^;)プレシャスプランでのご依頼になります。

プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングの

コースです。 (深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の

汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、

ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を

削らないよう、むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

いゃ~サッパリとしましたね~(*´▽`*)

メタリックも顔をだしました!     メッ、メタリックだったんですね(^▽^;)

(白っぽい無数の点々がメタリックの粒子です)

そして重症でしたルーフは・・・

この辺りが限界でした。

だいぶスッキリと綺麗になりましたが深いシミの輪郭が残ってしまいました。

別ショットだと・・・

このような感じでシミの輪郭が残っている所がございますが屋外で見ればそれほどは気には

ならないと思います。

しかしルーフだけでも何時間磨いたのだろう(笑) なかなかハードな戦いでした(^_^;)

ボディサイドも・・・

いい感じに仕上がっております!

リアも・・・

深い小キズは取り切れませんでしたが綺麗になりましたね!

ウインドウのシミも・・・

スッキリと綺麗になりました。

ホイールも・・・

艶々に復活です!

そしてコスモスブラックのメルセデスベンツA180、ボディコーティングが完成いたしました!

ブラックカラーらしい艶感と綺麗な映り込みの艶々ボディに仕上がっております!

痛みが激しかったのでルーフ等にシミの輪郭が残っている所もございますが

艶感は新車にも負けていないと思います(^_^)/

シミが酷くなりますとボディから艶も引けてきますし美観も損なわれてしまいます。

特にブラックはシミが付きやすく目立ちやすいので普段の維持と管理が重要になってきます。

またその普段の維持管理の仕方によっても痛みの進行が大きく左右されてしまいます。

ちなみに普段洗車に使いますシャンプーは車用を使ってください。

食器洗いの洗剤やマルチクリーナーのような何にでも使える洗剤を使う方も意外と多いのですが

車には車専用をお使いください(^_^)/  中に入っている成分が違うんです!

また度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法の動画が

ございますので、ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BMW320dツーリングのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはBMW3ツーリングのボディコーティングです。

こちらのBMW3ツーリングはご購入から6年経過いたしましたお車になります。

若干汚れてはいますけど艶も感じられて綺麗ですね! 私も店内で見るまではそう思っておりました(;”∀”)

いゃ店内で見ましてもお綺麗なんですけど・・・スクラッチが思いのほか多くて・・・(汗)

ではご購入から6年経過いたしましたBMW3ツーリングの現状を確認して参りましょう!

まずはボンネットからです。

ボディが白い事もあって写真ですとあまりスクラッチの多さが伝わりませんが

結構凄いんです(^^;

ルーフも・・・

あまりわかりませんがスクラッチが多いんです(^^;

ボディサイドも・・・

グルングルンにスクラッチ付いています。

わかりにくくてすいませんm(__)m よ~く目を凝らしてみてください。

グルングルンのスクラッチが見えて・・・きました??

見えないと思いますので(汗)他の場所で見てみますと・・・

こんな感じでグリングリンにスクラッチが付いているんです。

ボンネットやルーフも同じような感じです。

いゃ~黒いとわかりやすいです(笑)

リアも・・・

結構凄いんですけど白いボディカラーは目立ちません!

いゃ~白いとわかりにくくていいですね(笑)

それと今回はメタルのウインドウモールの・・・

白濁除去のご依頼を頂いております。

輸入車の定番でもございますメタルモールの腐食です。シミというより錆と言った方が

わかりやすいかと思います。 錆ですので落とすのも大変なんです(^▽^;)

 

全体的にスクラッチが多く痛み気味です。ただオーナー様はマメにお手入れされているようで

6年経っているようには感じません。 メタルモールの腐食も6年でこれくらいでしたら

お綺麗な方ではないかと思います。

ただやはり照明を当てて見てみますとスクラッチが結構凄いんです(^^;

このスクラッチはもしや??と思いオーナー様にお聞きしましたら・・・ピンポ~ン!

大正解!!  GSの洗車機を使用しているとの事でした(^^;

やはり洗車機の使用は注意が必要です(汗)使えば使うほど洗車キズが入ってしまいます。

それも意外と深めのキズが入ってしまいます。  お気を付けください。

付いてしまったものはしょうがないので磨いてリフレッシュしていきたいと思います!

作業開始!!

 

まずはウインドウコーティンからご紹介してまいりましょう。

↓は現状です。

以前に何か撥水剤を使われていたのでしょうか??

なんとなく弱~く撥水しているようにも感じますが油膜かな??

とにかく綺麗にしていきます(笑)

ガラス表面が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

これまた結構多めでした(^^;

リアも・・・

やや多めです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

鉄粉もスッキリと綺麗になりました!

リアも・・・

サッパリとしました。

鉄粉除去が済みましたら今度はボディにマスキングをしていきます。

マスキングが終わり磨きの準備が出来ました(^_^)/

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

キズキズでしたボンネットもスッキリと綺麗になりました。

ルーフも・・・

綺麗になりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

ライトがしっかりとそしてクッキリと映り込むようになっています!

グリングリンにスクラッチの確認が容易でしたセンタ-ピラーだって・・・

綺麗になっています(^.^)

リアも・・・

綺麗になっています!

そしてメタルモールの腐食も・・・

綺麗になっております。

メタルの輝き復活です!

そしてBMW3ツーリングボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりましたよ~(^_^)/  透明感が違います!

スクラッチやシミそしてクスミが進んだ塗装面は艶も引け、透明感も無くなってきます。

その傷んだ塗装面を磨いて平滑に整え、そして仕上げにコーティングする事で

新車にも負けない程の艶と光沢、そして透明感に仕上がります!

6年経過しているお車には見えないと思います。

それとメタルのモールが輝きを取り戻したことで見た目の印象が全然違います。

ボディが綺麗でもモールが白く白濁していると車が古く感じてしまうんです(^^;

輸入車の定番中の定番トラブルでもあるメタルモール(アルミモール)の白濁(白サビ)

この白サビは時間が経過すればするほど酷くなっていきます(^^;

中には真っ白になってしまっているお車もございます。

これのサビ落としやった事がある方はわかると思いますが、ま~ぁ落ちないんです(笑)

今回オーナー様もご自分で試されたそうですが全然落ちないと言われていました。

と言うかやった事のある方は皆様全然落ちないと言われます(^_^;)

酷くなればなるほど除去するのが大変ですので、とにかく早め早めに処理をした方がいいと思います。

メタルモールでお悩みでしたら『カービューティープロ カラーズ』にお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

アウディTTの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアウディTTのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのデイトナグレーのアウディTTは2018年の12月にボディコーティングを施工いたしました

お車ですので間もなくコーティング施工から2年を迎えますお車になります。

この間にも定期的にメンテナンスにお越しくださっており、今回は10ヶ月ぶり通算3度目のメンテナンスの

ご依頼になります! いつもありがとうございますm(__)m

このデイトナグレーのような濃い目のグレーは意外と汚れスクラッチが目立たない色なんです。

特に屋外で見ますとあまり気にならないと思いますが室内でライトを当てると・・・よく見えます(笑)

まぁ、よ~く見える為の屋内作業であり、ライトでもありますので当然と言えば当然ですね(^^;

では間もなくコーティング施工から2年が経ちますアウディTTのメンテナンスの様子をビフォー&アフターで

ご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

汚れもありますしシミもございます(^^; しかし洗車キズ系のスクラッチはとっても少ないんです!

素晴らしい!!

アフターです↓

メンテナンスでは落ちないシミも少し増えては来ましたが2年近く経つのに、この綺麗さです!

しかも屋外屋根なし駐車でこの綺麗さですので何もいう事はございません(笑) 素晴らしい!!

ルーフも・・・

雨の汚れによる軽いシミはありますけど・・・

塗装を侵食しているようなウォータースポット系のシミは少ないです。

リアも・・・

同じような感じですね。

ウォータースポットや洗車キズは少ないのですが流石にボンネットやルーフの水平面は

撥水は落ちていました。

今回は最終的にメンテナンス剤で仕上げておりますので水玉撥水に復活しております。

ただ正直、撥水が落ちてしまったコーティング被膜にメンテナンス剤を塗りましても

撥水の効果はあまり長くは続きません。 お車のご利用状況や保管状況により様々ですが

メンテナンス剤による撥水の効果は2~3ヶ月くらいではないでしょうか。

雨風あたらないガレージ保管でしたらかなり撥水力も長期間維持できるんですけど(^^;

撥水性を維持するには、やはりある程度のスパンでメンテナンス剤を使うか撥水剤を使用しないと

難しいです。

話がそれましたが↓はアフターです。

まだまだお綺麗です(^_^)/

ボディサイドも・・・

汚れてはいますけど軽い汚れです。

アフターです↓

いいですね~(*’▽’)

とってもお綺麗です!

 

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

あまり反応していません! いゃ~鉄粉もすんごく少なかったです。

リアも・・・

ビックリするほど少ないです(*’▽’)

いゃ~ホント、ビックリです。

あまり反応がないのでビフォーを載せても変化ないかも知れませんがビフォーです↓

よ~く見れば変化あるんですけどね(汗)

リアも・・・

変化なし!

のように見えます(笑)

最後にホイールです。

ホイールもよくお手入れされているようですね!

ダストの多いアウディなのにあまり汚れていません。

アフターです↓

でもメンテナンス後は艶々になります(笑)

そしてデイトナグレーのアウディTT、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

ええ感じやで~(笑)

透明感といい、艶感といいコーティング施工から2年近くが経つとは思えないと思います!

ほんまにええ感じやで~(^_^)/

2年近くでこの痛みの少なさでしたらコーティング再施工はまだまだ数年先でも問題ないと

思います!

この感じでアウディTTの維持管理を張り切って~~~どうぞ~~(^_^)/~

 

先ほども少しお話いたしましたがコーティングの撥水は時間が経てば落ちてきます。

撥水が落ちる要因は色々とあります。汚れの蓄積だったり紫外線の影響だったり、

また普段のお手入れの仕方によっても逆に撥水を低下させてしまう場合もございます。

弱まるタイミングはお車の使用状況や保管状況そしてお手入れ状況などによって様々です。

2年経ってもピンピンに撥水しているお車もあれば半年程でだいぶ弱っているお車もございます。

簡単に言いますとコーティング被膜の上に汚れが蓄積してしまったり、洗車キズ等で

コーティング被膜を痛めてしまうと撥水は落ちてきます。

ですので撥水を維持するには定期的にメンテナンスをするか撥水剤を使うかが必要になります。

そこで簡単に使える撥水剤がこちらの・・・

R-511 ウォーターアドヴァンスです!

R-511 ウォーターアドヴァンスは洗車後の濡れたままの状態でシュシュッとスプレーして塗り込むだけ!

それだけでスピーディーに撥水を復元します!!

コーティング被膜にストレスを与えることなく、水玉コロコロの撥水をよみがえらせます。

洗車後の濡れたままの状態で塗布シュシュッとスプレーをして拭き上げるだけでOKの簡単施工です。

R-511 ウォーターアドヴァンスはPCX-S8やEXE、EXE evo1など撥水タイプのコーティング施工車に

おススメです! こちらは¥1,980(税込)になります。

ちなみに低撥水タイプのR-611 ウォーターヴェールもございます(^_^)/

両方とも簡単便利で、いい艶も出ますので簡易的なメンテナンス剤としても

ご利用いただけますので是非お試しください!

以上宣伝でした!  ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レンジローバー イヴォーグの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレンジローバー イヴォーグのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのレンジローバー イヴォーグはボディコーティング施工から2年半が経過いたしましたお車です!

定期的にメンテナンスにお越しくださっており、当ブログでも登場機会が多いので、ご存じの方も

多いかと思います(笑) 前回のメンテナンスから1年が経ち今回もメンテナンスの

ご依頼を頂きました。 いつもありがとうございます。

今回は通算3回目のメンテナンスになります! はたして状態や如何に??

それでは早速メンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

お仕事も忙しく、また洗車出来る場所もなく、あまり洗車ができないそうです。

そんな事もあって結構シミシミですね(^^;

しかし塗装を侵食しているような深いシミは意外と少なくメンテナンスすれば・・・

結構サッパリと綺麗になりました!

細かな深いシミは残っていますけど2年半経過で屋外屋根なし駐車です、この状態でしたら

悪くないのではないかと思います。

ルーフも・・・

よく見ると結構汚れているんです。 ボディカラーがダークブルーですので目立ちませんが

これが白い車でしたら白黒の縞模様のはずです(笑)

アフターです↓

こちらも細かな深いシミは残っていますけどだいぶ綺麗になっております。

縞模様も無くなっています(^.^)

リアは・・・

こちらもよく見ると縞模様ですね(^▽^;)

アフターです↓

色の深みと言いますか、透明感が違いますね(^_^)/

ボディサイドも・・・

縞模様がよくわかります(^^;

アフターです↓

艶々です!

 

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ボディカラーがダークブルーなので紫色に反応していてもわかりにくいんですけど・・・

少なめです! ただ軽くボンネットを撫でてみると結構ボツボツとしていましたので

クリーナーには反応しない鉄粉以外の異物が多く付いているのでしょう。

リアも・・・

反応はしているんですけどわかりませんね(^^; リアはボンネットに比べると、やや多めでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々鉄粉の反応は少なかったので見た目ではあまり変化ありません(^▽^;)

優しく撫でると全然違います(笑)

リアも・・・

違いがわかりませんね(;”∀”)

触ると違います(汗)

最後ホイールです↓

毎回ですがホイールは汚れ気味です(^^;

ブレーキダストの出る量が多いみたいで洗っても直ぐにダストで汚れてしまうようです。

輸入車はブレーキダストが多く出てすぐに汚れてしまうので当店のお客様も低ダストタイプの

ブレーキダストに交換されている方も多いです。

ブレーキダストでお困りでしたら低ダストタイプに交換をご検討してみてはいかがでしょうか。

アフターです↓

やっぱり綺麗ですと気持いいですね(*^_^*)

そしてレンジローバー イヴォーグのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

汚れと痛みで艶と光沢感が失われていたイヴォーグですがメンテナンスで透明感を取り戻し

本来の深みを感じるダークブルーに復活いたしました(^_^)/

オーナー様にも『またピカピカになった』と、お喜び頂けました!

ありがとうございます。

 

ひと昔前は “コーティングすればお手入れいらず!” “洗車しなくてOK!” 等、誰が言ったのか

わかりませんが間違えた情報を結構、観たり聴いたりした事も多く、今でもそのような

事を聴く事もございます。 それは全然間違えた情報ですのでお気を付けてください。

コーティングは万能ではございません。 コーティングも時間が経てば痛みも進みますし汚れも

落ちなくなってきます。 そのコーティング効果を維持する為にも定期的なメンテナンスが

必要になってきます。

今回のメンテナンスはメンテナンスplusプランでメンテナンスをいたしております。

メンテナンスplusはスクラッチやシミが気になるダークカラーのお車やコーティング施工から

少し時間が経過し痛みが進んでいるお車等におすすめのプランになります。

と言いますのもメンテナンスplusで塗装面に付いていますシミやスクラッチを

目立たなくする処置を追加しています。 それによって細かなスクラッチやシミによる光の

乱反射が低減しギラ付きが目立たなくなります。更に通常のメンテナンスより艶感も

上がります(^_^)/  もちろんダークカラー以外のお車にも有効なメンテナンスになります!

最近メンテナンスplusでのご依頼も増えており、おかげさまでとてもご好評を頂いております。

皆様もメンテナンスの際に是非一度お試しください!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

BMW5ツーリングの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはBMW5ツーリングのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのBMW5ツーリングは昨年の5月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

何時も早めのタイミングでメンテナンスにお越しくださっており、今回は通算4度目の

メンテナンスのご依頼になります。(*^_^*)

そして毎回の事ですが、いつもお綺麗なんです・・・が最近洗車ができなかったそうで、

珍しくちょこっと汚れていました。

なんでも駐車場の近くで大規模な解体工事が行われているようで、色々な埃り等が

付いてしまうようです(^_^;)

結構あるあるの話なので皆様もお気を付けください。  ちょっと離れていても意外なほど

風に吹かれて飛んでくるものです。

話は逸れましたがBMW5ツーリングの4回目のメンテナンスの様子をビフォー&アフターで

ご紹介してまいりましょう!

 

まずはボンネットからです。

スクラッチは少ないんですけど、少しシミが・・・と言いましてもこの程度です(笑)

アフターです↓

コーティング施工から1年半近く経ちますが、まだまだお綺麗で良好な状態をキープしています!

ルーフも・・・

ボンネット同様に少しシミが付いています。 このシミは塗装を侵食しているような、

いわゆるウォータースポットのようなシミではなく塗装表面(コーティング被膜)に付いている

軽いシミです。

このシミは意外と頑固なのでシャンプー洗車では落ちないのですが・・・

特殊なケミカルを使うと綺麗に除去できます(^_^)/

リアは・・・

珍しく汚れております(笑)

アフターです↓

まぁ単なる汚れですので水で洗い落とせます(笑) しかしこの手の汚れも洗車の仕方に

よっては塗装面にダメージを与えてしまいますのでお気を付けてください。

いきなりスポンジで擦らずに、まずは水圧で落とせるだけ落としてください。

 

珍しついでにモールの淵にも・・・

コケでしょうか?よく見ると緑色なのでコケだと思います(^^;

いつも汚れてはいるんですけどコケは初めてのような気がします(笑)

今年は梅雨が長かったからでしょうか??

アフターです↓

サッパリとしましたよ~。 艶々で気持ちいいですね!

ボディサイドも・・・

白くてわかりませんが、よ~く見ると少し汚れています。

とは言えやはりこの程度の汚れです。

アフターです↓

白くてわかりませんが、よ~く見ると綺麗になっています(^▽^;)

それと先ほどもお話しましたが駐車場の近くで解体工事が行われているとの事で鉄粉が

多く付いているかも?とご心配されていました。

確かに近くで解体工事等行われていると鉄粉が舞って付着したり、またペンキを塗っていると

ペンキのミストが風に流され車に付着してしまったりすることが結構あるんです(^^;

お気を付けください。

話がまたまた逸れましたが鉄粉です。私も少し心配でしたが・・・

全然少なかった~(^▽^;)

黒っぽくポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉になります。

全然少ないです。逆に今までよりもより少ない気がします(笑)

リアも・・・

すくなっ!

先ほどの私の“解体工事等行われていると鉄粉が舞って・・・”のウンチクの信ぴょう性が

ガラガラと音を立てて崩れ落ちてしまいそうなくらい鉄粉が少なかったんですけど(^^;

工事現場近くではホントによくある事ですので工事期間が長い時は、こまめにボディをチェックした方が

いいです。

お綺麗ですが一応↓がアフターです(笑)

あまり違いがないですけれど・・・(^^;

リアも・・・

ビフォー&アフターを見比べてくださいね(笑)

ホイールも・・・

もちろんお綺麗です!

アフターです↓

もっと綺麗になっています! ホント~です(^^;

それと今回はフロントウインドウのコーティング再施工のご依頼も頂いております。

↓は現状です。

昨年10月のメンテナンス時にウインドウコーティングを再施工したのですが、まだまだ撥水して

おりました。

磨いて古いコーティングを落とします。古いコーティングの上に上塗りは致しません!

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33で再コーティングします。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングも完成いたしました!

ウインドウコーティングは安全運転につながりますので撥水が落ちてから再施工ではなく

落ちる前に再施工がおすすめです。 常にコロコロ撥水の状態を維持したいです(*^_^*)

そしてBMW5ツーリングのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

いかがでございますでしょうか。 と言いましても、いつものようにホワイトの綺麗なお車は

写真でもビフォー&アフターの違いがわからないと思いますが各部の写真で見て頂きましたように

細かく見ると違いがわかっていただけるかと思います(笑)

実車を見て頂ければ艶もクリヤー感も更に上がっており違いを実感していただけます(^_^)/

オーナー様も『やっぱり違いますよ!』とお喜びになられておりました!

ありがとうございました。

前回のメンテナンスの時にも書いたんですが、こちらのBMW5ツーリングはカービューティープロの

最上級コーティング剤“EXE evo1″でコーティングを施工しています。

屋外屋根なし駐車で1年半近く経過しますがシミが少ない傾向です。

こちらのBMW5ツーリング以外にも“EXE evo1″施工車の経過を観察していますが、どのお車も

もちろん全くシミが付かない訳ではないのですが、従来のコーティング剤に比べますとシミが

付きにくい傾向だと思います。

シミ(ウォータースポット)が気になる方は“EXE evo1”是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ジョン アグリュムのルノーカングーです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはルノーカングーのボディコーティングです。

ジョン アグリュムと言うカラー名からして既にお洒落な黄色いルノーカングーです!

納車したてのピカピカの新車でございます(^_^)/

日本でも根強い人気を誇っているカングーですけど実物は結構大きいんです。

初代カングーに比べると二回りは大きい印象です。そのためでしょうか、この2代目カングーは

デカングーとも呼ばれています(^.^) 可愛いですね! ちなみに初代はコカングーと呼ばれている

様です。これも可愛い(笑)

そんな人気者の新車カングーの現状を早速確認して参りましょう!

まずはボンネットからです。

こちらの写真ですとあまり感じませんが実際は白っぽく曇っているんです。

ルーフも・・・

白っぽく曇っているんですけどわかりにくいんですね。すいませんm(__)m

でもボディサイドを見ていただくと・・・

白っぽくモヤけているのがわかりますね(^^; 結構凄いんです。

ボンネットやルーフもこんな感じでした。

リアドアには・・・

ポリッシャーで磨いた痕跡が残っていました。 実際は赤丸より広い範囲に確認できます。

これは何かの加修した後なんですが磨き切れていないので、このような跡が付いてしまいます。

リアも・・・

白っぽく曇っております。

ホイールは・・・

曇っていませんが少し汚れていました(^^;

 

ご覧いただきましたようにボディ全体が白っぽく曇っております。以前にも同じ色の

カングーを施工しておりますが、そのカングーも曇りがちでした。その他のカングーも何台か

見ていますがみんな同じような感じですので、これがディフォルトの塗装肌なのでしょう(笑)

今回はこの曇りを取ってスカッ!っとした透明感ある塗装肌に仕上げて行きたいと思います!

がんばるぞ~!  おぉ!!

 

その前にまずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

ワイパーの払拭範囲外が弾いていました。 おそらく納車前の仕上げ時に撥水シャンプーか何かを

使われているのでしょう。

ガラス表面に付いている汚れや撥水剤等を磨いて一度綺麗にリセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に撥水チェックをします。

そしてウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。 いつもでしたら専用のクリーナーを

シュシュっと吹き掛けて鉄粉の反応をご紹介していますが・・・この黄色には鉄粉クリーナーは

使用しません! 全ての黄色に鉄粉クリーナーが使えない訳ではないのですが念には念を入れ

使用しません。 黄色い車に鉄粉クリーナーを使用する時は気を付けてください。大変な事に

なってしまう場合がございます(;”∀”)  鉄粉クリーナーは全ての塗装に使える訳ではないので

ご注意ください!

という事で今回は違う方法で鉄粉を処理しています。

その後に今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回はボディ全体がやや曇り気味ですので新車にしては

少しだけ強めの磨きをして曇りを除去しております!

 

そして今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回はフロントバンパーなどへの樹脂コーティングのご依頼も頂いております。

そちらもサクッ!っとご紹介いたしましょう(笑)

↓はフロントバンパーのビフォーです。

そして↓がアフターです。

黒さと艶が向上しています!

その他にもフォグランプベゼルや・・・

サイドモール。

そして・・・

リアバンパーも樹脂コーティングで艶々にしています(^.^)

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも取れてスッキリとしました!

ルーフも・・・

クリヤーで気持ちいいですね(*’▽’)

ボディサイドも・・・

こちらの写真が一番違いがわかりやすいと思います(笑)

白っぽい曇りが無くなってライトがスッキリとし映り込んでいます。

磨きの跡も・・・

綺麗に除去できております(^_^)/

リアは・・・

こちらもライトがクッキリと映り込んでいますね!

最後にホイールは・・・

艶々です!

そしてジョン アグリュムと言うカラー名からして既にお洒落な黄色いルノーカングーの

ボディコーティングが完成いたしました!

艶々です!

白っぽい曇りが無くなってジョン アグリュム本来の黄色になりました!

施工前より黄色が少し濃くなり深みも出たと思います(^_-)-☆

またバンパー類の黒樹脂のコーティングにより黒さと艶が増しボディをキュッと

引き締めてくれています。

私のウエストはなかなか簡単にはキュッとはなりませんが、車はコーティングすると簡単に

キュッと引き締まって見えますのでお試しください。(^_-)-☆

オーナー様も『綺麗ですね!』と、お喜びになられておりました!

ありがとうございました。

噂ではカングーもそろそろフルモデルチェンジらしいです。更に噂では今までの可愛らしさを

感じるスタイリングから一転して現代的なスタイリングになりそうです!

それはそれでカッコイイんですけど今までの優しい雰囲気のカングーがお好みでしたら

モデルチェンジ前のご購入がいいかと思います!

お早めにどうぞ~~(笑)

 

今回のジョン アグリュムに限った事ではないんですけど新車も塗装面が曇っている事が

とても多いんです。酷く曇っていると極端な話、本来の色とは違って見えてしまうんです。

ですのでボディカラーを開発した開発者の狙った本来の色味とは違う色味になってしまいます。

その本来の色味に戻す為にも新車でも磨きが必要な場合が多いんです。それ以外にも新車でも

シミやスクラッチまた保護シートの糊が残っていたり、意外と色々とあるのが新車なんです。

ですので新車コーティングも下地を整える専門店がおススメです!

ちなみにカービューティープロ カラーズはコーティング専門店らしいですよ!

 

お待ちしております( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ミニクーパーS 5 Doorのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはミニクーパーSのボディコーティングです。

H27年式、5DoorボディのミニクーパーSです!

5DoorボディのミニクーパーSは当店初入庫のような気がいたします(^^; 多分そうです(笑)

ミニは3ドアのイメージがどうしても大きいのですが、チラッと聞いた噂では現在日本では

3ドアより5ドアの方が販売比率が高いとか・・・。確かに言われてみれば最近5ドアのミニを

よく見るようになった気がします(笑)

話が逸れましたがこちらのミニの現状確認を行っていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスクラッチもとても少なくお綺麗です(*‘∀‘)

ルーフも・・・

綺麗ですね~!

ボディサイドも・・・

若干のクスミは感じますが、とてもお綺麗ではないでしょうか!

リアも・・・

申し分ございません!

ただホイールのみ・・・

汚れておりました(^▽^;)

 

全体的にとてもお綺麗です!登録から5年経過していますが若干のクスミは感じますけど

艶もあって良好な状態でございます。

普段は車庫に入っていて、お乗りになる機会も少ないそうです。 ですのでシミも少ないんですね!

定期的(車検毎)にコーティングの掛け直しをご希望との事で今回再施工のご依頼を頂きました。

痛みが進む前に再施工!  まさに理想です(笑)

そんなお綺麗なミニのコーティング再施工を進めて参りましょう!作業開始!!

 

今回、せっかくなのでウインドウコーティングも!との事でウインドウコーティングも

掛け直して参ります!

↓は現状です。

若干の撥水力の低下も感じますが、まだまだ効いておりました!

しかし・・・

磨いて一度ガラス表面をリセットいたします。

その後ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングを再施工し最後に撥水チェックを

しましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

見比べると水玉の丸さ(撥水力)が違うのがわかると思います(^.^)

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いています鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

ポツポツと確認できるのがクリーナーに反応している鉄粉です。

とっても少ないです(*‘∀‘)

リアも・・・

少なめでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリとしました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

ポリッシングの準備が整いました。

今回はお車の状態も良好ですので軽い磨きのベーシックプランでの磨きになります!

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプラン状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたのはこちらの・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

よりクリヤーで綺麗になりました!

ルーフも・・・

クッキリとクリヤーです(^_^)/~

ボディサイドも・・・

クスミも無くなってライトが綺麗に映り込んでいますね!

リアも・・・

気持ちいいです。

ホイールも・・・

艶々になっております!

そしてミニクーパーSのボディコーティングが完成いたしました。

艶々です!

元々とってもお綺麗な状態でもご入庫でしたが、それでもボディを磨き直し塗装面を

整えてコーティングをしますと艶もクリヤー感もワンランク、いゃツーランク上の輝きに

仕上がります!

オーナー様にもとてもお喜びになられているご様子でした!

ありがとうございました。

 

ボディ(コーティング被膜)の痛みが進んでしまうと塗装面に付いたシミやスクラッチを

除去するにはハードなポリッシングが必要になってきます。 痛みが酷くなってきますと

ハードなポリッシングでも除去できない物も多くなります。

ハードなポリッシング=塗装の研磨量が多い、という事になります。 研磨量が多いとは

言い方を変えますと塗装を薄くするという事になります。

シミやスクラッチが酷くなる前(綺麗なうち)の再施工でしたら少ない研磨量で綺麗にできます!

ですので綺麗なうちの再施工がおすすめなんです。

綺麗だからまだいいや! ではなく綺麗なうちに! なんです!!

皆様も再施工はお早めにどうぞ~~(^_^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

Mercedes-AMG SLC 43のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはメルセデス-AMG SLC 43のボディコーティングです。

H29年式ブリリアントブルーメタリックのメルセデス-AMG SLC 43です!

初期登録から約3年ほど経過いたしましたお車になります。

オーナー様は最近ご購入されたそうですが“コーティングが施工されているようだけど、

コーティングが効いているのか効いていないのかよくわからない“との事で当店に

ご来店くださいました(^.^)

では早速ですがSLCの現状を確認してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

パッと見た感じでは艶もあってお綺麗なんですけど、よくよく観察しますと結構シミが

多く3年経過の痛みを感じる塗装肌でした。

ルーフには・・・

ポリッシャーで磨いた痕跡が残っています(^▽^;)

どのタイミングかはわかりませんが磨きが入っているようです。

トランクは・・・

ボンネットに比べますと何故かシミが少ないんです。

クスミも少なくボンネットに比べますと痛みは少ない感じでした。

それと所々に・・・

ワックスでしょうか?

白い付着物が樹脂部品やゴム部品に付いていました(^^;

ホイールは・・・

ブレーキダストの付着も少なくてお綺麗です。

 

全体にまだまだ艶もあり、お綺麗ではありますが近くで見れば見るほどシミが気になります(^^;

それとワックスだと思いますが至る所に白く付着していて美観を損ねてしまっておりました。

これだけでもお車の印象が大きく変わってしまいます。

おそらく新車時にコーティングされているようですが、それから約3年経ちますのでリフレッシュを

兼ねてコーティング再施工のいいタイミングではないかと思います!

新たな相棒となりましたSLCに気持ちよくお乗りいただけますようにリフレッシュして

参りましょう!  作業開始~~!!

 

まずは洗車です! その後にボディに付着しています鉄粉等の異物を除去してまいります。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

よ~く見るとポツポツと見えるんですけど・・・少ないですね!

3年経過でこれくらいの鉄粉量ですから、とっても少ないと思います! 素晴らしいヽ(^o^)丿

リアも・・・

よ~く見るとなんとなく見えてくると思います(笑)

これです↓

赤い矢印の先に見える黒っぽい汚れみたいのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

よ~く見れば矢印の周辺にも確認できると思います。

でも少ないですね(笑)

鉄粉の除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗です!

リアも・・・

綺麗になりました(*’▽’)

そして作業はマスキングへと進んで参ります。

進みました!

今回はエクストラプランでのご依頼となります。エクストラプランは経年車や中古車などに

多く見られる小キズやシミなどを除去するミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・そして気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスッキリとして綺麗になりました(^_^)/

ルーフの磨きキズも・・・

綺麗に除去し艶々です!

トランクも・・・

スッキリとクリヤーに仕上がっております!

ワックスも・・・

除去できています。

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

そしてブリリアントブルーメタリックのメルセデス-AMG SLC 43、ボディコーティングが

完成いたしました!

いい艶に仕上がりました~ヽ(^o^)丿

施工前もシミ等ありましたが艶もあり、お綺麗でした。しかし塗装面を磨いてリフレッシュ!

それだけでも艶と透明感が違ってきますが、最後にコーティング剤を塗って艶が更に

アップいたしました! 艶だけではなく色の深みも増しましたね(^_^)/

オーナー様も『おぉ!綺麗になった。新車みたい!!』と、とてもお喜びになられておりました!

ありがとうございます。  新たな相棒となりましたSLC43のリフレッシュも済み、

これで気持ちよ~くお乗りいただけると思います!

 

中古車ご購入時はボディと気持ちのリフレッシュを兼ねてボディコーティングがおすすめです!

ただ単にコーティング剤を塗るだけではリフレッシュにはなりませんので磨きが必要です(笑)

傷んだ塗装表面を研磨しシミやキズ、そしてクスミを除去し塗装の肌を整えます。

これをしないでコーティング剤だけを塗ってしまうとシミやキズ、クスミを閉じ込めてしまいます。

それでは全然綺麗にならずリフレッシュにはなりません(^▽^;)

また中古車は前オーナー様のお手入れ状況がわからない事も多いです。また展示期間が長ければ

長いほど痛みも進んでしまう傾向です。

ですので中古車ご購入時は気持ちのリフレッシュと塗装面のリフレッシュを兼ねてコーティングが

おすすめです!!

愛車をコーティングするとボディもサッパリ!気持ちもスッキリとします。

是非どうぞ~~(^_^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アルファ・スパイダーのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはアルファ・スパイダーのボディコーティングメンテナンスです!

こちらのモンテカルロブルーのアルファスパイダーは昨年の11月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から8ヶ月ほど経過いたしましたので今回はメンテナンスのご依頼で

ご入庫くださいました。

爽やかなモンテカルロブルーですが8ヶ月経過して少し汚れてはいますけど↑の写真くらい

離れていると目立ちません。 と言いかすか、この手のブルーメタリックは意外と

汚れやシミ・スクラッチが目立たなくて実は私的に、とてもおすすめのカラーでございます(*‘∀‘)

しかし目立たないだけで傷んでいる事は傷んでいますのでメンテナンスでしっかりとケアして

いきましょう!

では今回のメンテナンスもビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

近くで見ますとこの様に、やや汚れぎみなんです(^^;

ただ汚れてはいますけどスクラッチは少ないです。

アフターです↓

汚れさえ落としてしまえば、まだまだシミも少なくお綺麗な塗装面です!

しかしルーフは・・・

猫がお昼寝するようで毛だらけでした(^▽^;)

昔からよく“結構毛だらけ猫灰だらけ”と言いますが、よくよく考えると

どんなシチュエーションなんでしょうね??

確かに今回は“結構毛だらけ”ではありますけど、この現代社会で何をどうしたら猫が

灰だらけになるのでしょうね??

なんて事を考えながらメンテナンス作業をしていたとか、していないとか(笑)

話は逸れましたがアフターです↓

結構毛だらけでしたルーフも結構綺麗になりました(笑)

トランクは・・・

これまた汚れ気味です

アフターです↓

塗装面を侵食してしまっているようなシミは少なくお綺麗です(^_^)/

ボディサイドも・・・

下の方は泥ハネ等で少しよごれていました。

アフターです↓

特に問題もなく良い状態をキープしております!

 

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。

黒っぽくポツポツと確認できるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

少ないですね!

トランクは・・・

こちらの方がボンネットに比べると多めに感じますけど、いずれにしろ全体的に

鉄粉は少なめでした!

鉄粉の除去方法も何通りかあり鉄粉量やボディカラー等考えて作業方法を変えています。

今回は少なめですので鉄粉の除去方法も軽めの作業方法で行っております。

鉄粉の処理が終わったら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリしましたね!

トランクも・・・

綺麗になりました(^_^)/

それと鉄粉除去以外に細部の洗浄なども行っています!

最後はホイールです↓

ホイールも少し汚れ気味です。

タイヤとホイールはお車の印象を大きく左右いたします。逆に車を綺麗に見せるポイントにもなります。

洗車時はひと手間掛けてホイールとタイヤも綺麗に洗って艶出しを是非行ってみてください。

それだけでも洗車後の仕上がり具合が一段と上がりますよ!

アフターです↓

艶々です!

そしてモンテカルロブルーのアルファスパイダーのボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

モンテカルロブルーらしく透き通ったクリヤーなブルーに復活しました!

もちろん結構毛だらけでしたルーフも綺麗になっていますよ(=^・^=)

初めにこの手のブルーは汚れやシミが目立たなくておすすめと書きましたが

それでも時間の経過と共に透明感や光沢感は引けてきます。

そこでメンテナンスなんです!

定期的にメンテナンスをして傷んだコーティング表面をケアしてあげると艶も透明感も

向上いたします! 当店の通常のメンテナンスは研磨はしておりません。数種類のケミカルを

使用して汚れを落としメンテナンス剤で仕上げていきます。

ですので深いシミやスクラッチなどは残ってしまいますが特殊なケミカルを使用する事で

コーティング被膜に付着している酸化被膜などを除去しクリヤー感を取り戻します。

また撥水力も上がります。(撥水基が痛んでいる場合は撥水は戻りません)

もちろん研磨した時ほどはクリアーにはなりませんので痛みが進んでいるお車には

研磨有りのメンテナンスもご用意しておりますのでお気軽にご相談ください(^_^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

アバルト695 70°アニヴェルサリオのコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアバルト 695 70° ANNIVERSARIOのボディコーティングです。

アバルト創業70周年を記念して昨年発売されました限定車、アバルト695 70°アニヴェルサリオです!

世界限定1949台で日本への正規輸入は限定202台だそうです。

今年の初めごろにアバルト695 70°ANNIVERSARIOをご紹介しましたが、そのお車とは

別のお車になります。世界限定1949台、日本への正規輸入は202台、そのうちの2台が

当店にご入庫されるなんて・・・幸せです(*´▽`*)

ちなみに前回ご紹介しましたアバルト695 70°ANNIVERSARIOは5MTでしたが、

今回のお車はATモード付の5速シーケンシャルトランスミッション です。

外観での違いは・・・ございません(^▽^;)

では納車間もない新車のアバルト695 70°ANNIVERSARIOの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

前日の納車されたばかりですけど、所々にシミも確認できました。

ルーフも・・・

よく見ますとシミが確認できます。それとルーフはチェッカーフラッグ模様なんですけど

白い部分はステッカーなんです。その白い部分には水アカが結構付いていて

少し黒ずんでいるんです(^^; 前回のアバルト695 70°ANNIVERSARIOも同じ感じ

でしたので納車までの保管場所の問題なのでしょうね(^^;

ボディサイドは・・・

ちょこっと汚れてはいましたがお綺麗ですね!

しかしリアは・・・

磨きキズが残っていました(^^;

ホイールは・・・

まだそれほど走行していませんがブレーキダストが多く付いています(^▽^;)

ハイパフォーマンスカーは仕方ありませんね! これも高性能車の証です!!

 

全体的に見ますと新車という事もあってお綺麗な感じでしたがボンネットとルーフには

軽いシミも散見できますし磨きキズなども確認できました。

新車でも磨きキズが入っているお車は実は非常に多く全然珍しい事でもありません。

納車前に付いてしまったキズ等を磨いて直した時に付いてしまったのだと思います。

ある意味納車前に磨いてキズを直す事はしょうがない事ではあるとは思いますが問題は

その磨きがしっかりと行われていなくて磨きキズが残ってしまっている事だと思います。

やはり新車ですから気持ちよく乗りたいです!

でもご安心ください。しっかりと磨けば磨きキズも除去出来てスッキリと気持ち良く

仕上がります。 そんなスッキリボディを取り戻すべく作業を開始していきましょう!

作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

若干油分の付着があるようで水を弾いていました。

しかし油分の付着があろうがなかろうが磨いてリセットしますので

問題ございません(笑)

磨きが終わりましたら、よ~く乾燥させウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングします。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物除去を行います。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

↑はボンネットです。 新車なんですけどやはり結構多いですね(^^;

先ほども少しお話ししましたがルーフも鉄粉が多かったです。

リアは・・・

ボンネットに比べますと少なめでした。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました!

リアも・・・

綺麗です!

その後、作業はマスキングへと進みます。

進みました!

マスキングしていない所も実は残っているんですけど、そこは敢えてです(笑)

磨く直前にマスキングをして磨いたら直ぐに剥がしたりして作業します。

普段あまりブログでは書いていませんが、そんなやり方もしています。

ごく稀にマスキングをし忘れていて写真を撮る事もございますが(^▽^;)

不思議と写真撮るときには気が付かないんですよね(汗)

磨く時にマスキングをするので問題はないんですけど、私的に“ゲッ!写真もう撮っちまった”と

後悔しています(笑)

話が逸れましたが今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーや

バフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!

ここまでがコーティングをする為の下準備になります。当店では新車でもここまでしてから

コーティングをしています(^_^)/

そして今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

水玉撥水が気持ちいい・・・

PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それと今回も樹脂コーティングのご依頼も頂いております。

フロントアンダーグリルのビフォー↑とアフターです↓

黒さに深みと艶が増しボディを引き締めてくれます!

その他の樹脂パーツにもコーティングしました。例えば・・・

ここです。新車ですが ア、アレ??既に白っぽく褪せているような・・・

オーナー様も気にされておりました(^^;

アフターです↓

だいぶ良くなったと思います(^.^)

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも無くなってスッキリとしました!

ルーフも・・・

綺麗になりましたよ! 白いステッカー部の水アカもスッキリ綺麗になって“白”になりました。

ボディサイドも・・・

いい感じです(*’▽’)

磨きキズが残っていましたリアも・・・

しっかりと磨いて磨きキズを除去しました!

つるつるで気持ちいいです(笑)

ホイールは・・・

マッドブラック調の色はコーティングをすると若干艶が出でしまいますが、それほど大きく印象が

異なってしまう事もないかと思います。

 

そしてアバルト 695 70° ANNIVERSARIOの新車コーティングが完成いたしました!

いかがでしょうか。新車ですので元々艶もあってお綺麗でしたが細かなシミやスクラッチ

水アカ等を落としコーティング剤で仕上げますと新車を上回る艶とクリヤー感に

仕上がります(^_-)-☆

オーナー様もお喜びいただけたご様子でした。 ありがとうございます。

こちらのオーナー様はアバルト 695 70° ANNIVERSARIOの購入申し込みに漏れてしまって

諦めていたんだそうですが、なんとキャンセル待ちが回ってきてご購入できたそうです!

ラッキーです(*’▽’)  これもきっと何かの縁だと思います!

レアなお車ですので是非とも何時までも大切にお乗りください(^_^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。