アウディS8のメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアウディS8のボディコーティングメンテナンスです。

H20年式ファントムブラックパールエフェクトのアウディS8です!

こちらは2020年の6月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります

コーティング施工から1年半が経ち、今回はメンテナンスにお越しくださいました。

ブラックで屋外駐車、そしてコーティング施工から1年半との事ですのでシミが

多く付いている予感がいたしますが(^^; はたして!?

ではメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

やはりシミが多く付いていました(^^;

それと洗車キズと思われるスクラッチも多めでした。

アフターです↓

今回はスタンダードメンテナンスですのでスクラッチとシミがだいぶ残ってしまいました。

ただクスミもだいぶ取れて塗装表面がスッキリとして黒さが増したと思います!

ルーフも・・・

スクラッチが多いですね~(^▽^;)

スクラッチは色的にどうしても付きやすく目立ちやすいです。

アフターです↓

ルーフも塗装の表面はスッキリとしたのですがスクラッチが・・・(^^;

次回のメンテナンスはメンテナンスplus、またはボンネットやルーフの水平面は

磨き直しをおすすめいたします。

トランクは・・・

こちらもボンネットやルーフ同様でした(^^;

アフターです↓

シミやスクラッチはございますが塗装面がサッパリとしましたね!

実際に見て頂けると写真で見るよりもビフォーとアフターの違いを

感じて頂けます。

ボディサイドは・・・

雨筋が付いていました。

雨筋って不思議で、白い車の場合は雨筋が黒っぽく見えるのに、

黒い車だと雨筋が白っぽく見えるんですよね~。 何故なんでしょう??不思議です(笑)

そしてアフターです↓

雨筋も無くなり綺麗になりました。

ボディサイドは水平面ほど痛みの進行は無くお綺麗でした!!

 

それともちろん今回も鉄粉の除去をしています。

とは言え、黒いボディカラーですので・・・

何が何だかわかりません。

専用のクリーナーを吹き掛けると鉄粉が紫色に反応するんですけど、

写真ですと全然わかりません(^▽^;)

リアも・・・

全然わかりません(汗)

実際のところはコーティング施工から1年半という事もあって結構付いていました。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

綺麗になっていても写真だと全然わかりません(汗)

リアも・・・

もちろんわかりませんが、鉄粉処理が済んでおります!

そして最後にホイールです。

汚れてはいますけどブレーキダストで汚れやすい輸入車と考えますと

お綺麗な方ではないでしょうか??

アフターです↓

でも洗うと全然違います(笑)

そしてファントムブラックパールエフェクトのアウディS8、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

最初の写真と“写真の色味”が変わっていますので(すみません)単純に見比べられませんが、

艶が復活して深みのあるファントムブラックパールエフェクトに復活いたしました!

ボンネットやルーフの水平面は近くで見ますとシミやスクラッチが残っていますけど

クスミも取れ、スッキリとした透明感を感じる艶々ボディに復活しました。

やっぱり黒いお車は引き締まってカッコイイですね!全然10年以上前のお車には見えません!!

まだまだこれからも5.2リッターV10エンジン、現役バリバリで楽しんでください(^_^)/

 

今回、正直思っていた以上にスクラッチとシミが多く付いてしまった印象でした。

当店のメンテナンスは基本的に磨きをいたしません。数種類のケミカルを使い汚れやシミを

落としていきます。ですので深いシミやスクラッチは残ってしまいます。

シミ等は残ってしまいますがクスミや軽めのシリカスケール(シミ)が取れますので

塗装面がスッキリと綺麗になります。 これだけでもお車の印象は全然違います(^_^)/

ただそのシミやスクラッチが気になるようでしたらメンテナンスplus、または気になるパネルのみ

磨き直す事も出来ます。メンテナンス方法はお車の状態によって色々とカスタマイズも出来ますので

気になるようでしたらお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ミニクーパーD 5Drのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはミニクーパーDのボディコーティングです。

ペッパーホワイト&ブラックルーフのミニクーパーDの5ドアです!

こちらは納車間もない新車になります。

ご入庫時に、アレッ??何か顔が違うなぁ??と思ったので調べたら今年の春ごろに、

マイナーチェンジをしてフロント周りを中心に変更されていたようです。

だから顔が違うんですね。全然知らなかった~(^▽^;)

という事はマイナーチェンジ後のミニは当店初入庫になります!!

ミニと言えば私的には3ドアのイメージが強いのですが現在はミニシリーズの中では5ドアが

一番の人気なんだそうです。 確かに使い勝手を考えますと5ドアは便利です(^.^)

ではそんな人気の新型ミニクーパーDの現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少し汚れていますけど曇りも少なくお綺麗です。

でも写真だとわからないのですが洗車キズと思われるスクラッチが結構多いんです(;´∀`)

ルーフは・・・

これまた少々汚れ気味です。黒いので汚れが良く見えます(^^;

ルーフも洗車キズが結構多いんです(汗)

ボディサイドは・・・

曇りは少ないようです。

ただ白いのでわかりにくいんですが、やはりよく見ると洗車キズが付いているんです。

ピラーで見ると・・・

洗車キズがよくわかります(;´∀`)

写真で見るよりも実際に見た方が1.2~1.5倍は凄いです(汗) ← 私見です( ̄▽ ̄)

各ピラー共、同じようでした。

リアは・・・

こちらも曇りは少なくお綺麗でした。

ホイールは・・・

ブレーキダストの汚れで軽~く汚れていました。

 

全体的には塗装の曇りも少なく綺麗な塗装肌なのですがボディ全体、特にルーフとピラーに

洗車キズと思われるスクラッチ(線キズ)が結構多く付いておりました。

白い所はボディの色的にあまり目立ちませんが黒い部位は目立ちます(^▽^;)

ブログで度々書いていますけど新車でもオーナー様に納車されるまでに多くの工程があり、

多くの作業者が車に触れます。 その間にキズが付いたりシミが付いたりする事は残念ながら

全然珍しい事ではなく、よくある事なんです。

特に輸入車は工場からお客様に届くまでに時間がかかりますし人が触る回数も多くなりますので

痛みが進んでいる事も多いです。

あまりに深く入ってしまっている洗車キズは磨いても完全に除去することは出来ませんが、

塗装表面を整えて今回も新車よりも綺麗な新車に仕上げていきたいと思います。

では作業開始~~!!

 

まずは洗車です。その後に今度はボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ポツポツと確認できます。

新車でも鉄粉は付いているのですが↑位でしたら少ない方ではないでしょうか。

リアは・・・

多かったです(^▽^;)

ここは走行時に付いてしまうので、ある意味防ぎようがないです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

スッキリと除去出来ました!

 

鉄粉除去が済みましたら今度はボディにマスキングをしていきます。

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

今回は全体的にややスクラッチが多かったので新車にしては少し強めに磨いています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

当店は綺麗な新車でもここまでがコーティングを塗る為の下地作りになります!!

今回使用しましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

最近PCX-S9のご用命が増えております! ありがとうございます。

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スベスベに仕上がりました。

ルーフも・・・

サッパリと綺麗になりました。

ボディサイドは・・・

元々お綺麗でしたが、磨けばもっとクリヤーで映り込みもクッキリとします!!

それと洗車キズが凄かったピラーも・・・

綺麗になりました! ここの写真が一番違いがわかりやすいですね!

同じように各パネルも綺麗になっています。

リアも・・・

ライトが綺麗に映り込んでいます(^_^)/

最後にホイールです。

ホイールもコーティングのご依頼を頂きましたのでホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティング!!

輸入車はブレーキダストが多く出ますのでホイールコーティングは必須アイテムです!

そしてペッパーホワイト&ブラックルーフのミニクーパーDの5ドア、新車コーティングの完成です。

元々お綺麗な白い新車ですので↑の写真だとビフォー&アフター感が

あまり伝わらないかも知れませんが(^^; 各部の仕上がりで見て頂いたように

洗車キズもスッキリとして綺麗に仕上がりました! もちろん艶も向上しております。

オーナー様にもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

新車とは言え実は色々とあるのが新車でもございます。

今回のミニクーパーDの様に新車でもお客さまに納車された時点で洗車キズが

多く付いていたりする事が多いのが実情です(^^;

しかもディーラーさんのコーティングはそのスクラッチを取らないで、

そのままコーティングしてしまう所も多いのがこれまた実情です。

(中には業者さんが磨いているお店もございます)

もちろんそのままコーティングを掛ければスクラッチも残ったままです(^^;

下地そのままでコーティングするのもコーティングですし、下地を整えてからコーティングを

するのもコーティングです!

同じコーティングでも “新車を新車以上に綺麗” にするには下地作りがとっても大切です。

ですので新車もコーティング専門店のカービューティープロ カラーズにお任せください。

皆様のご来店お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

メルセデスベンツE320(W210)のご入庫です!

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはメルセデスベンツE320のボディコーティングです。

H13年式メルセデスベンツE320です!

W210型と言われるEクラスとしては2代目にあたるモデルです。

いゃ~いいですね(*´▽`*)

このW210型登場時は丸目4灯のヘッドライトが賛否両論あったようですが(私も始めて見た時は驚きました)

今見ると、味があってとってもいいです! カッコイイです!!

このEクラスに限らずですけど、昔の車は個性があっていいですよね。

オーナー様は20年乗る!と言って20年前に新車でご購入されたそうです。

その間マメにワックス掛けをして大切に維持されていたそうですが、さすがにワックス掛けも

大変になってきたそうで当店にお越しくださいました。

ではご購入から20年経ちましたメルセデスベンツE320の現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

シミとクスミは20年前のお車とは思えない程少ないのですが、やはり洗車キズ系の

スクラッチが多いですね(^^;

ルーフも・・・

グリングリンにスクラッチが確認できます。

白いボディカラーでこれだけ見えるという事は、これが黒い車でしたら、グリングリンの

ギランギランで大変な事になっている事でしょう。 (↑も十分大変ですけど(^^;)

トランクも・・・

なかなかのキズの入り様です(汗)

しかも結構深そうなキズの予感です。

ボディサイドも・・・

スクラッチだらけです。

ただ見ての通り、クスミは少なく透明感も十分に感じられます(^.^)

ホイールは・・・

スピードラインのアルミホイールに交換されていました。

このホイールも年代物ですが、とても綺麗にされておりました。

お手入れの良さが伝わって参ります(^_^)/

 

ご覧頂きましたようにボディ全体に洗車キズと思われるスクラッチが多く付いていました。

20年間マメに洗車&ワックス掛けをされていたので、ある意味頑張って維持をしてきた

証拠でもございます(*^_^*)

その甲斐あって20年前の車とは思えない程、クスミも少なくクリヤーな塗装肌でした。

ただ洗車キズが多いのも事実です。このキズがお車から艶を奪ってしまいます。

オーナー様はまだまだこちらの愛車に乗るご予定との事で、このキズを取り艶々ボディに

リフレッシュしていきたいと思います。

では作業開始!!

 

まずは洗車です。その後に今度はボディに付いている鉄粉等の異物を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

おぉ~~!  少ない!!少ないぞぉ~~!!

いゃいゃビックリするほど鉄粉が少なかったです(*’▽’)

リアは・・・

何故かボンネットに比べると多かったです(^^;

もしかしたら駐車場(車の向き)の関係かも知れません。

でも20年で↑位の量ですから、とても少ないと思います。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗です。

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングを貼っていきます。

マスキング少な!っと思った貴方、 そう そこの貴方!正解です(笑)

いつもでしたら、もっとマスキングだらけなんですけど今回はとりあえずここまでです。

お車の車齢を考えますと、あまり長い時間マスキングテープを貼ったままにしたくないので、

まずはここまでです。 後の必要な部位のマスキングは磨く直前に貼るように作業を

進めていきます。

 

そして磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた

滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

洗車キズもスッキリと綺麗になりました(^_-)-☆

ルーフも・・・

サッパリと綺麗ですよ~!

トランクも・・・

深いキズは残っていますけど、だいぶ綺麗になりました。

潤いを感じます(^.^)

ボディサイドも・・・

自分で言うのもアレですが(笑) いゃ~綺麗!

最後にホイールです。

ホイールは塗装の劣化が少し進んでいたようですので今回は無理せず、

軽めの洗浄に止めました。

そしてメルセデスベンツE320のボディコーティングが完成いたしました。

綺麗に仕上がりました!

スクラッチも取れて艶々です(*^_^*)

とても20年前のお車には見えないと思います!!

オーナー様も『うわぁ凄いなぁ! 甦ったね~。 まだまだ乗るよ~!』と、

とてもお喜びになられておりました。

ありがとうございました。

これからも大切にお乗りください。

 

今回のE320ですが “20年前のお車ですので塗装の状態によってはあまり磨けないかも” と事前に

オーナー様にお伝えしていたのですが、実際に作業を始めてみると塗装の状態もとても良好で、

当初考えていたよりも強い磨きを入れる事が出来ました。ベンツの塗装は硬質なので軽い磨きですと

キズが取れないのですが全然問題なく磨けました(笑)

さすがメルセデスの塗装だな~と思った次第です。

塗装と一言で言いましてもメーカーによって塗装の硬さが違います。

言い換えますと塗装の“品質”が違います。 10年でヘロヘロになってしまいます塗装もありますし、

20年経ってもしっかりとした塗装の車もございます。

またお車の保管状況やお手入れ方法によっても塗装の劣化の進み方が全然違ってきます。

理想は雨風の当たらないガレージです。空調設備が付いていれば最高です(笑)

そんな理想のガレージを目指して年末ジャンボでも買いに行こうかと思う私でした(^▽^;)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ボルボV40 T5の定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはボルボV40 T5のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのボルボV40 T5は2019年の夏にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から2年が過ぎ今回は2回目のメンテナンスのご依頼を頂きました。

前回のメンテナンスは今年の1月でしたので約10ヶ月ぶりのご対面になります(^.^)

早速ですがコーティング施工から2年少々経過いたしましたボルボV40 T5のメンテナンスの

様子を今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

まずはボンネットからです↓

軽~く汚れていますけどスクラッチも少ないようです。

アフターです↓

やっぱりスクラッチが少なかったです! 普段は屋外の屋根なし駐車だそうですが

コーティング施工から2年以上経っているとは思えない程、シミもスクラッチも

少なかったです(^_^)/

ルーフも・・・

やや汚れ気味です。

アフターです↓

ボンネットに比べると何故かルーフの方がシミもスクラッチも多めですけど

それでも2年と考えますとシミやスクラッチは少ない方ではないかと思います!

リアは・・・

目立った汚れや痛みはございません。

アフターです↓

まだまだ良好な状態を維持されております。

ボディサイドも・・・

通常の汚れ程度でした。

アフターです↓

まだまだ艶々です!

 

それと鉄粉の付着状況のご報告です。

↑のポツポツと黒く見えていますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

10ヶ月経過でこれ位の鉄粉量です。とっても少ないですね(*’▽’)

リアは・・・

ボンネットに比べると多めでした。

この辺りの鉄粉は走行時に付く物ですので、付くのはしょうがないと言えばしょうがないです(^^;

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

リアも・・・

綺麗になりました!

そして最後にホイールです。

ブレーキダストの汚れも少ないですね!

ダストの多く出る車はマメに洗車をしているのか、していないのかホイールを見れば一目瞭然です(笑)

アフターです↓

マットブラックらしい渋い輝きになりました。

そしてボルボV40 T5のボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

艶感を感じにくいシルバーやホワイトなどのライトカラーもキッチリとメンテナンスしますと

しっかりと艶を感じる仕上がりになります!

オーナー様にもお喜び頂けたご様子でした! ありがとうございました。

 

今回のボルボのオーナー様はそれ程頻繁に洗車をしている訳ではないそうですが、

コーティング施工から2年とは思えない程お車の状態は良かったと思います。

よく車の洗車の頻度を質問されるのですが、お車の使用方法や保管状況で洗車の頻度は違ってきます。

目安として月に2回程度が私はお薦めです。

汚れが酷く無ければ月1回でもいいかと思いますし、場合によってはもっと少なくてもいいかなとも思います。

逆に花粉の季節などは洗車の頻度を上げた方がいいと思います。

洗車をしないのも良くないのですが、洗車のし過ぎもあまりよいものでもないと思いますので

何事も程々がおすすめです(笑)

段々と寒くなり水を触りたくない季節になりますが頑張ってまいりましょ~ ヽ(^o^)丿

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mercedes-AMG SLC 43のメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはMercedes-AMG SLC 43のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのブリリアントブルーメタリックのメルセデス-AMG SLC 43は昨年の7月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年が過ぎ今回はメンテナンスのご依頼を頂きました。

↑の写真ですとお綺麗なのですが近くで見ると実は洗車キズと思われるスクラッチが

とても多いんです(^^; オーナー様のお話を伺ったところ、汚れが気になった時に

濡らしたクロス等でよく拭いていたそうです。おそらくそれでスクラッチが

付いてしまったのかと思われます(汗)

では早速ですがコーティング施工から1年経ちましたメルセデス-AMG SLC 43の

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

まずはボンネットからです↓

やや汚れ気味です。それはそうと↑の写真ですと目立ちませんが洗車キズが

とっても多いんです(^^;

という事でコーティング施工からまだ1年少々ですが今回はメンテナンスplusコースで

メンテナンスを行いました。

アフターです↓

洗車キズ等のスクラッチを除去するには塗装を研磨(磨き)しないといけないのですが、

塗装の厚みには限りがございます。研磨ばかりしているといずれ塗装が無くなってしまいます。

スクラッチを消したい、でも塗装は削りたくない。

そこでメンテナンスplusです。

メンテナンスplusではスクラッチやシミを “埋めて” 目立たなくする処置を追加します。

それにより通常のメンテナンスよりスクラッチによるギラ付き感が抑えられ艶感も向上いたします。

“埋めて”いるものですので時間の経過と共に少しづつ落ちてはきますけど一定期間効果を

維持してくれます!

ルーフは・・・

汚れておりました

今回のお車はガラスルーフですのでメンテナンス剤は塗りません。

アフターです↓

ウロコの付着なども無くお綺麗でございました!

トランクも・・・

汚れていて目立ちませんがスクラッチが多いんです。

ただシミはとっても少ないです。

アフターです↓

スッキリとしました。 ただ深い線キズは残ってしまいましたが

↑の様にライトを当てて見ない限り気になる事は無いと思います。

ボディサイドも・・・

汚れ気味です。

アフターです↓

サッパリとしました。ボディサイドはボンネットやトランク程の痛み具合ではありませんでしたが

やはりスクラッチが気になりますのでスクラッチが気にならないようにしておきました(笑)

 

それとボディに付いています鉄粉の付着状況のご報告ですけど・・・

今回も色的な事もあって鉄粉の反応が確認しにくいです(^^;

実際のところの鉄粉量は、とっても少なかったです。

リアも・・・

全然付いていない訳ではないのですが1年以上経過しているとは思えない程、少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、もちろん・・・

写真だと違いがわかりません(汗)

リアも・・・

違いがわかりませんが、よりサッパリとなっております。

最後にホイールです。

ホイールも軽く汚れ気味でした。

アフターです↓

ピカピカです。

タイヤとホイールが黒くなるとお車の印象が大幅にアップいたします!

そしてブリリアントブルーメタリックのメルセデス-AMG SLC 43、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

ギラつきが抑えられて艶感も復活し色の深みを感じて頂ける仕上がりになりました!

もちろん研磨した時ほどスクラッチが目立たなくなる(除去できる)訳ではないのですが

ライトや日差しが当たった時に見えるスクラッチのギラつきがかなり抑えられます。

塗装の膜厚維持の為にも定期的なメンテナンスplusはとても有効だと思います。

そのメンテナンスplusはスクラッチやシミが気になるダークカラー系のお車におすすめのプランに

なりますがシミやスクラッチが少ないお車、そしてホワイトやシルバー等のライトカラー系のお車にも

おすすめです! パールホワイト等のライトカラー系のお車でも艶感が向上いたします(^_^)/

最近メンテナンスplusでのご依頼が増えておりご好評を頂いております。

皆様も是非メンテナンスplusをお試しください!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

VWゴルフオールトラックの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはVWゴルフオールトラックのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのピーコックグリーンのVWゴルフ オールトラックは昨年の7月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年少々経過いたしました。今年の春に一度メンテナンスに

お越しくださっておりますので今回は2回目のメンテナンスのご依頼になります。

前回のご入庫時はとっても良い状態を維持されておりましたが、はたして今回は如何に!?

では早速ですがメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

今回も良かった~~(*´▽`*)

ご入庫される道中に雨が降ってきたのですが見事に水玉状に弾いておりました!

アフターです↓

シミもスクラッチもとっても少なくて、とってもお綺麗です!

ルーフも・・・

小雨でしたが、その小雨のまま細かな水玉になっています(笑)

凄いっす!!

アフターです↓

ボンネットに比べますとシミが少し多めですが1年以上経過でこの程度ですので

大切に維持されているのが伝わって参ります。

リアは・・・

こちらも大きな汚れや痛みはございませんでした。

ただブログ的にビフォー&アフター感が 欲しいので 伝わりやすいように隙間の汚れなど

撮ってみました( ̄▽ ̄) 重箱の隅を突っついているレベルです(笑)

アフターです↓

いゃ~綺麗になりました(笑)

冗談はさておき、シミやスクラッチもとっても少なくこちらも良好な状態を

維持されておりました。

 

それと鉄粉の付着状況です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

色的な事もあって写真だとよくわかりません(^▽^;)

でも全体的に少なかったです。

リアも・・・

写真だと全然わかりませんが比較的少なめでございました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

相変わらず全然わかりませんが綺麗になっております。

リアも・・・

スッキリと綺麗になっております!

それとボディサイドも・・・

雨の中走ってきたとは思えない程お綺麗でした。

アフターです↓

何も問題ございません!

ホイールも・・・

輸入車はブレーキダストの汚れが多く付くのですが、とってもお綺麗でした。

アフターです↓

ホントにダストの焼き付き等少なくて普段のお手入れが良いのでしょう!! 素晴らしいです!

そして今回はメンテナンスと同時にヘッドライトコーティングも施工しております。

軽~く磨いて表面の汚れや痛みを除去してからコーティングしております。

それとドアカップのプロテクションフィルムのご依頼も頂いております。

ドアノブの窪みのところです。プロテクションフィルムが透明ですので

目立ちませんが貼ってあります(笑) よ~く見てね!!

ドアカップのプロテクションは爪キズ防止にはとても有効なアイテムです。

爪傷だらけになる前にどうぞ~(^_^)/

そしてピーコックグリーンのVWゴルフ オールトラック、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました~! ツヤピカです!!

ご入庫時も十分にお綺麗でしたが、それでもメンテナンスをすると、

更に綺麗で艶々になるんです(^_-)-☆

1年以上経過でこの痛みの少なさはオーナー様の普段のお手入れの良さだと思います。

これからも大切にお乗りください!

 

今回のお車は本当にお綺麗でオーナー様が大切に、そして丁寧にお手入れされているのが

伝わって参りました(*^_^*)

ひと昔前は “コーティングすればお手入れいらず!” “洗車しなくてOK!”  などと

誰が言ったのかわかりませんが間違えた情報を今でも観たり聴いたりする事も

多いです それは全然間違えた情報ですのでお気を付けてください。

コーティングは万能ではございません。コーティングも時間が経てば痛みも進みますし

汚れも落ちなくなってきます。 その美観の維持、そしてコーティング効果を維持する為にも

普段のお手入れや定期的なメンテナンスが必要になってきます。

綺麗を維持する為にも皆様もメンテナンスを是非どうぞ~(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

VWポロのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはVWポロのボディコーティングです。

こちらのピュアホワイトのVWポロはコーティング施工から2年経過いたしましたお車になります。

コーティング施工から2年が経ち今回はコーティング再施工のご依頼を頂きました。

オーナー様の日頃の維持管理が良いようで、まだまだ艶も有りとてもお綺麗ではあるのですが、

痛みが進む前の早めの再施工のご依頼になります!

ではコーティング施工から2年経ちましたVWポロの現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです。

いゃ~ とってもお綺麗ですね! 軽めのシミ等は確認できますがスクラッチも少なく

コーティング施工から2年とは思えない程良好な状態でございました(^_^)/

ルーフも・・・

シミも確認できますが比較的軽めのシミがメインでクレーター状の深いシミは

とても少なかったです。

ボディサイドは・・・

シミもスクラッチも少ないです!

ただ少しクスミがあるようでクリヤー感が損なわれています。

リアは・・・

こちらも目立つような痛みは少なく良好な状態を維持されておりました。

ホイールも・・・

ブレーキダストの汚れも少なくお手入れの良さが伝わってまいります!

 

ご覧頂きましたように全体的にコーティング被膜の痛みは少なく良好な状態でございます。

ただメンテナンスでは落ちないようなシミも少し多くなってきたのも事実でございます。

もちろんメンテナンスでもう少し繋いで行くのも全然 “あり” です!

しかし時間の経過と共にシミやスクラッチが増えてきますので、どこかのタイミングで

再施工が必要になってきます。

シミやスクラッチが酷くなってから再施工される方が多いのですが理想は痛みが進む前の

早めのタイミングが理想です。酷くなってしまうと磨いても処理しきれないシミやスクラッチが

多くなってしまう場合がございます。痛みが進む前でしたら比較的に軽めの磨きで済みますし、

結果的に施工費用も抑える事にも繋がります! ですので綺麗なうちの再施工がいいんです!!

そういう意味でも今回のポロも再施工のいいタイミングではないかと思います(^_^)/

ではVWポロの2年分の痛みをリフレッシュして参りましょう。作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

それなりに多く反応しております(^▽^;)

しかし2年分ですので特別多い訳でもないです。

リアも・・・

多めですが、2年分ですので(^▽^;)

鉄粉が多く付いていますと洗車時にスポンジの滑りが悪くなります。またマイクロファイバークロスだと

ブチブチと引っ掛かります(^^; 洗車時にスポンジやクロスの滑りが悪いと思ったら鉄粉等の

異物が多く付いていると思われます。早めに処置いたしましょう!

↓は処理後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです。

綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリと綺麗になりました。

 

その後にボディにマスキングをしていきます。

そして磨きの準備が整いました。

今回は軽い磨きのベーシックプランでのご依頼になります。

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”や

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また”塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた

滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

軽いシミも無くなってスッキリとしました!

ルーフも・・・

とってもお綺麗です(^_^)/

ボディサイドも・・・

クスミも無くなってライトが綺麗に映り込むようになりました。

リアも・・・

よりクリヤーで綺麗です!

ホイールも・・・

艶々に仕上がりましたら・・・

ピュアホワイトのVWポロ、ボディコーティングが完成いたしました!

2年目のリフレッシュが済み艶々です! その艶感は新車にも負けていないと思います(^_^)/

新車です! と言っても疑われない事でしょう(笑)

オーナー様の日常の維持管理が良かったので状態は本当に良かったのですが、

それでもボディに付いている細かなスクラッチやシミそしてクスミを落とせば

クリヤー感と艶感は更に向上し艶々になります!

当店にご入庫されたオーナー様に洗車方法や頻度をお聞きすることが多いのですが、

コーティング施工から数年後でも綺麗を維持されているお車の場合は、洗車方法を工夫されていたり、

保管方法に気を付けたりと皆様やはり拘りをもって大切にされています。

もちろん今回のオーナー様も “なるほど~” と思うお手入れ方法でございました(*’▽’)

言ってしまえば、なかなかマニアな領域に入ってきたような気も致しますが(笑)今後は、より

ディープなマニアな領域に足を踏みいれますよう応援しております(笑)

オーナー様の愛情が伝わって参りますVWポロのボディコーティングのご紹介でした!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

グラファイトブルーの718ケイマンです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはポルシェ718ケイマンのボディコーティングです。

H30年グラファイトブルーメタリックのポルシェ718ケイマンです!

ご購入時にコーティングをされたそうですが、それから3年が経ちシミが気になるとの事で

コーティングのご依頼を頂きました。 ありがとうございます。

こちらのグラファイトブルーメタリックですが、なかなか写真だと色が上手く写せないんです(^^;

今流行りのソリッド風のメタリック塗装ですが光の加減でグレーに見えたりブルーが強く出たりと

様々な表情を見せてくれるボディカラーです。

その為か写真だと光の加減によって実物以上に青く映ったりしてしまいます(^▽^;) すいません。

話がそれてしまいましたがご購入から3年が経ちましたポルシェケイマンの現状確認より

始めて参りましょう!

まずはボンネットからです。

う~ん(汗) なかなかのシミシミっぷりでございます(;”∀”)

元々メタリック感を抑えたソリッドライクなカラーではあるのですがシミとスクみで

メタリックが見当たりません(^▽^;)

ルーフも・・・

シミが凄いです(^^;

リアゲートも・・・

もちろんシミシミでした。

ボディサイドも・・・

スクラッチは少なめだと思いますが、やはりシミが多いです。

ホイールは・・・

お綺麗ですね! 実はガリキズが付いてしまった為にホイールリペアされたそうです。

↑のホイールはリペアしたホイールになります。

 

今回、オーナー様がシミが多くてお困りだったようで当店にご相談にお越しくださいました。

確認しましたところ確かにシミが多かったです(^^;

基本的に屋根有りの駐車場に置いているそうですが、それにしてはシミが酷いです。

色々と原因も考えられますが駐車場が海に近いとの事で、もしかしたら塩害かも知れません。

風が強い日は潮風でお車もベタベタになるとの事ですので間違いないかと思います。

どうしても海の近くは車の痛みも早いので塗装面も定期的なリフレッシュは

必要になってきます。ご購入から3年、シミの付き具合を見ましてもリフレッシュするには、

いいタイミングではないでしょうか。

では艶々の塗装肌目指してリフレッシュを始めて参りましょう!作業開始!!

 

今回ウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

若干ですが油分の付着があるようでダラッと水を弾いています。

それとサイドウインドウとリアウインドウは“ウロコ”がやや目立っていました。

その油分を磨いて除去してガラス表面を一度リセットします。

また当店のウインドウコーティングの料金には基本的な下地処理代も含まれておりますが

ウロコの程度によって別途ウロコ除去の追加料金がかかる場合がございます。

詳しくはお問い合わせください。

ウインドウの下地が整いましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

水玉コロコロのウインドウコーティングが完成いたしました。

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

結構多いですね~(汗)

オーナー様も気になっていたようです。

リアも・・・

なかなかの量でした(^^;

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと綺麗になりました!

リアも・・・

綺麗です!

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスッキリとしましたね(^_-)-☆

ちっちゃい白い点々が沢山見えると思いますがそれはメタリックの粒子です。

クスミも取れてメタリックも確認できるようになりましたね!!

ルーフのシミも・・・

綺麗になりました!

リアゲートも・・・

サッパリとしました~ヽ(^o^)丿

ボディサイドも・・・

シミが無くなってスッキリしました。

メタリック感も向上しています!!

ホイールは・・・

コーティングのご依頼を頂きましたのでホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティング!!

特に輸入車はブレーキダストが多く出ますのでホイールコーティングは必須アイテムです!

そしてグラファイトブルーメタリックのポルシェ718ケイマン、ボディコーティングが

完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

シミとクスミがボディから艶を奪っておりましたが、そのシミ・スクラッチを

ポリッシングで除去し塗装面を整えてコーティングをしますと艶々のボディに

復活いたします! いゃ、復活いたしました(^_-)-☆

その艶感は新車にも負けていないと思います。

リフレッシュが済んで気持ちよくお乗りいただけると思います!

何時までも大切にお乗りください(^_^)/

 

少し前のブログでも書きましたが車の傷みの進行具合は皆同じではなくバラバラです。

同じ車の同じ色でも車の保管場所や使用場所によって全く違ってきます。

もちろんお手入れ方法や頻度によっても痛みの進行は変わってきます。

また車を止めている場所(駐車場)の周りの環境も大きく関係します。

海に近ければ塩害による痛み、雪の多い地域では融雪剤による痛み、また工場地帯なら

汚染物質や鉄粉が多かったりと本当に様々です。

ボディコーティングは「塗装面を汚染物質から守り、光沢を長期間維持させる」ものではございますが

けっして万能ではございません。 外的な要因や劣化等によりコーティング被膜も傷んできますので

痛みの進行を見ながら定期的なメンテナンスやコーティング再施工が必要になってきます。

最近愛車に輝きが無いと感じましたらリフレッシュの時期かも知れません。

そんな時は当店に一度ご相談ください! 磨けば輝きます(^_-)-☆ キュピーン!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

VWアルテオンにコーティング再施工のご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはVWアルテオンのボディコーティングです。

こちらのパイライトシルバーメタリックのVWアルテオンはコーティング施工から2年ほど

経過いたしましたお車になります。

2年経過しシミやスクラッチが少し多くなってきたので再施工のご依頼を頂きました。

ボディカラー的にシミもスクラッチもあまり目立たないのですが、よくよく観察しますと

色々と見えてきます(^^;

ではコーティング施工から2年経過しましたVWアルテオンの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです。

ライトを当てて見ればクスミの状態もよくわかります(^^;

また目立たないだけで細かなシミやスクラッチも確認できます。

ルーフも・・・

シミが付いています。

でもメンテナンス無しでコーティング施工から2年と考えますとシミもスクラッチも

少ないのではないかと思います。

トランクも・・・

少しクスミはございますが気になるような大きな痛みは少ないです(^.^)

ボディサイドも・・・

シミが少ないです!

ただ傷んでいる所は傷んでいまして・・・

ピラーはキズだらけでした(^▽^;)

ホイールは・・・

マッドブラックですのでもっと傷んでいるかと思っていたのですが

予想よりブレーキダストのこびり付きが少なかったです。

2年前にホイールコーティングを施工した効果でしょうか??

きっとそうです。そうに違いありません(笑)

 

ご覧頂きましたようにボンネットやルーフの水平面にはシミが確認できました。

ただそのシミも比較的浅めのシミの様でクレーター状の深いシミは少ないです。

また所々に深めの線キズが付いているのですが、これはどうやら猫がアルテオンの上で

寛いでいるからだそうです(笑) 写真撮り忘れましたがルーフにあるアンテナには

猫が噛んだ跡が付いていました(=^・^=)

そのアンテナのキズは磨きでは落ちませんが(^^; ボディ全体を磨いてキズ取り&艶出しを

していきたいと思います! では作業開始!!

 

ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでボディの前にウインドウコーティングを

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

なんとな~く水を弾いているような感じもしますけど撥水とは言えないレベルです(^^;

でもウインドウコーティングも2年経ちますので再施工の時期です。

少しわかりにくいんですけどルーフもガラスルーフになっていますので

そこも一度磨き直ししてから再施工いたします。

そして↓が再施工後の撥水チェックです。

これが撥水していると言っていいレベルです(笑)

水玉コロコロで雨天走行時の視界確保にも効果を発揮してくれる、とても実用的な

ナイスなアイテムです。 ナイスですね~。ナイスですね~!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

反応が少し“流れ”ていますけど、まぁまぁな鉄粉量でした(^^;

でも2年分と考えると特別に多いという訳でもないです。

リアも・・・

2年分の鉄粉量でした。 結構多いです(^^;

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

鉄粉の反応もサッパリとしましたね!

リアも・・・

綺麗にリセット出来ました!

その後にボディにマスキングをしていきます。

しました!

アルテオンのボディは“エッジ”が立っておりますので磨く時も注意が必要です。

その磨きですが今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

2年前のコーティング時はPCX-S8でしたが今回は低撥水系のコーティング剤を

おススメさせていただきました。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた

滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スベスベの塗装肌に復活しました!  ナイスですね~!!

ルーフも・・・

スッキリと綺麗に仕上がっております(^_^)/

トランクも・・・

潤い感を感じて頂けると思います。

ボディサイドも・・・

クスミも取れてサッパリとしました。

それとキズキズでしたピラーも・・・

だいぶ綺麗になったかと思います(^_-)-☆

ホイールも・・・

ダストの焼き付きも少なく、まだまだコーティングが効いているようです。

きっとそうです。そうに違いありません(笑)

そしてパイライトシルバーメタリックのVWアルテオン、ボディコーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!   ナイスですね~(笑)

艶感とクリヤー感が全然違います(^_^)/

元々シミやスクラッチが目立たない色ではあるのですが目立たないだけで付いてはいます(汗)

そのシミやスクラッチ、そしてクスミなどを磨きで除去すればやはり見た目が変わってきます。

これはコーティング剤をただ塗るだけではこうはなりません! 大切なのはコーティング剤を

塗る前の下地作りなんです。 どんなに高価なコーティング剤でも傷んだ塗装面に塗るだけでは

綺麗には仕上がりません。 磨きが重要です!!

綺麗に磨き上がったアルテオンを見てオーナー様が『おぉ!ピカピカだなぁ!新車みたい。』と

とてもお喜びになられておりました。  ありがとうございました。

 

メンテナンスのタイミングも車によってバラバラなんですがコーティングの再施工の

タイミングもまたバラバラです。

前回のブログでお話しましたように車の痛みの進行は各車バラバラですので再施工のタイミングも

違ってきます。 ただメンテナンスと同じで早めがやはりおすすめです。

痛みが酷くなる前ならば研磨する量も少なくなり必要以上に塗膜を薄くしないで

シミやスクラッチが除去出来ます。

シミが酷くなってしまうと研磨では除去出来なくなってきますのでコーティング再施工も

お早めにどうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ルノー メガーヌR.S.のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはルノー メガーヌR.S.のボディコーティングです。

R元年式オランジュ トニック メタリックと言う名の綺麗なオレンジ色のルノー メガーヌR.S.です!

いゃ~綺麗なオレンジ色です(*‘∀‘) そして何よりカックイイ~です!

写真だとその迫力が伝わりませんがノーマルのメガーヌに対してフロントが60mm、

リヤが40mmワイドになっています。 元々はCセグメントの小型車ですがR.S.は

横幅が1875mmもある走りの為の迫力ボディです!

そんなメガーヌR.S.ですが、こちらのお車は元々はどうやらルノー・ジャポンの広報車両として

使われていたお車だったそうです。

という事は雑誌なんかにもバンバン載っていた車両なんでしょうね!

皆様も雑誌や試乗レポートなどで見ている車両かも!?

 

話がそれましたがお車の状態確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

納車前に軽く磨いてくれたそうですので基本的にお綺麗です。

ルーフも・・・

細かなシミ等はございますがクスミはなくお綺麗ですね。

ボディサイドは・・・

こちらはシミも無くお綺麗ですが若干ですが曇りがあり透明感が損なわれているようです。

リアは・・・

綺麗は綺麗なんですけど、もう少しスッキリとしたいところです(^^;

ホイールは・・・

フロントのホイールはそうでもなかったのですがリアのホイールはブレーキダストの

付着が多くて “走り込んだ” 感が満載でした(^▽^;)  (↑はフロントホイールです)

広報車としてサーキットもガンガンに走っていたようです。 納得です(笑)

 

初期登録から1年半以上経過しているのですが納車前に軽く磨かれている事もあって

全体的にお綺麗でした。

ただその軽い磨きがどこまでの磨きかはわからないのですが、ボディサイドの曇りを

見た感じですと “軽い” 磨きなのかなぁとは思います(笑)

でもボンネットやルーフはシミやスクラッチが少ないので水平面は強めの磨きが

入っているようです。 私の勝手な推測ですけど(^^;

いずれにしろ全体的に磨きを掛けてもっと綺麗な状態に仕上げていきたいと思います!

では作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

あらっ!?  結構多いです(汗)

鉄粉処理しないで磨いたのかな?? それとも納車後に付いた鉄粉なのでしょうか??

鉄粉の量的に納車後に付いたのは考えにくいです(;´∀`)

リアも・・・

反応が少し“流れ”ていますけど、やはり多めでした。

ボディサイドも多かったので、たぶんですが鉄粉の処理はされていないのでしょう。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗です!

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

オレンジのボディに黄色いマスキングがマッチしています! 違和感ございません(笑)

そして磨いていきます。

今回は基本的にお綺麗ですので軽い磨きのベーシックプランになります。

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”や

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また”塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

 

磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

塗装表面が綺麗になっております!  今回は軽い磨きですので深い線キズやシミは

残っておりますが普段は気になる事は無いと思います。

ルーフも・・・

細かなシミも取れてスッキリと綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

曇りが取れたので、よりクリヤーになりライトの映り込みも

スッキリと綺麗です(^_^)/

リアも・・・

クリヤーになりました。

ホイールは今回ホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので

ホイール専用コーティング・・・

PCW-880でコーティング!

輸入車はブレーキダストが多く出ますのでホイールコーティングは必須アイテムです!

そしてオランジュ トニック メタリックのルノー メガーヌR.S.、ボディコーティングが

完成いたしました!

綺麗なオレンジが更に綺麗に、そして艶々になりました!

元々お綺麗でしたがボディに残っていたシミやスクラッチそして曇りを磨いて除去すると

更に透明感と色に深みが出て新車のような艶感になります。

ボディが綺麗になったところにコーティングをしてより艶々なボディに仕上げていきます!

いゃ、仕上げました(笑)

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ!!』と、その違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

パッと見た感じお綺麗でも今回のメガーヌの様に鉄粉がタップリなんてこともございます。

特に展示されていたお車は鉄粉が多い傾向です。試乗車や新古車等、あまり使用されていないお車も、

車は置いておくだけでも痛みが進んでいきます。

当店は経年車はもちろん、新車でもそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてから

コーティングをしています。ですので経年車もそして新車のコーティングも

専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。