ルノー メガーヌR.S.のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはルノー メガーヌR.S.のボディコーティングです。

R元年式オランジュ トニック メタリックと言う名の綺麗なオレンジ色のルノー メガーヌR.S.です!

いゃ~綺麗なオレンジ色です(*‘∀‘) そして何よりカックイイ~です!

写真だとその迫力が伝わりませんがノーマルのメガーヌに対してフロントが60mm、

リヤが40mmワイドになっています。 元々はCセグメントの小型車ですがR.S.は

横幅が1875mmもある走りの為の迫力ボディです!

そんなメガーヌR.S.ですが、こちらのお車は元々はどうやらルノー・ジャポンの広報車両として

使われていたお車だったそうです。

という事は雑誌なんかにもバンバン載っていた車両なんでしょうね!

皆様も雑誌や試乗レポートなどで見ている車両かも!?

 

話がそれましたがお車の状態確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

納車前に軽く磨いてくれたそうですので基本的にお綺麗です。

ルーフも・・・

細かなシミ等はございますがクスミはなくお綺麗ですね。

ボディサイドは・・・

こちらはシミも無くお綺麗ですが若干ですが曇りがあり透明感が損なわれているようです。

リアは・・・

綺麗は綺麗なんですけど、もう少しスッキリとしたいところです(^^;

ホイールは・・・

フロントのホイールはそうでもなかったのですがリアのホイールはブレーキダストの

付着が多くて “走り込んだ” 感が満載でした(^▽^;)  (↑はフロントホイールです)

広報車としてサーキットもガンガンに走っていたようです。 納得です(笑)

 

初期登録から1年半以上経過しているのですが納車前に軽く磨かれている事もあって

全体的にお綺麗でした。

ただその軽い磨きがどこまでの磨きかはわからないのですが、ボディサイドの曇りを

見た感じですと “軽い” 磨きなのかなぁとは思います(笑)

でもボンネットやルーフはシミやスクラッチが少ないので水平面は強めの磨きが

入っているようです。 私の勝手な推測ですけど(^^;

いずれにしろ全体的に磨きを掛けてもっと綺麗な状態に仕上げていきたいと思います!

では作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

あらっ!?  結構多いです(汗)

鉄粉処理しないで磨いたのかな?? それとも納車後に付いた鉄粉なのでしょうか??

鉄粉の量的に納車後に付いたのは考えにくいです(;´∀`)

リアも・・・

反応が少し“流れ”ていますけど、やはり多めでした。

ボディサイドも多かったので、たぶんですが鉄粉の処理はされていないのでしょう。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗です!

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

オレンジのボディに黄色いマスキングがマッチしています! 違和感ございません(笑)

そして磨いていきます。

今回は基本的にお綺麗ですので軽い磨きのベーシックプランになります。

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”や

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また”塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

 

磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

塗装表面が綺麗になっております!  今回は軽い磨きですので深い線キズやシミは

残っておりますが普段は気になる事は無いと思います。

ルーフも・・・

細かなシミも取れてスッキリと綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

曇りが取れたので、よりクリヤーになりライトの映り込みも

スッキリと綺麗です(^_^)/

リアも・・・

クリヤーになりました。

ホイールは今回ホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので

ホイール専用コーティング・・・

PCW-880でコーティング!

輸入車はブレーキダストが多く出ますのでホイールコーティングは必須アイテムです!

そしてオランジュ トニック メタリックのルノー メガーヌR.S.、ボディコーティングが

完成いたしました!

綺麗なオレンジが更に綺麗に、そして艶々になりました!

元々お綺麗でしたがボディに残っていたシミやスクラッチそして曇りを磨いて除去すると

更に透明感と色に深みが出て新車のような艶感になります。

ボディが綺麗になったところにコーティングをしてより艶々なボディに仕上げていきます!

いゃ、仕上げました(笑)

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ!!』と、その違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

パッと見た感じお綺麗でも今回のメガーヌの様に鉄粉がタップリなんてこともございます。

特に展示されていたお車は鉄粉が多い傾向です。試乗車や新古車等、あまり使用されていないお車も、

車は置いておくだけでも痛みが進んでいきます。

当店は経年車はもちろん、新車でもそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてから

コーティングをしています。ですので経年車もそして新車のコーティングも

専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BMW118dのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはBMW118dのボディコーティングです。

H30年式ブラック・サファイアのBMW118dです!

物の本によりますと『衝動買い』とは買う予定はないのに、商品を見ているうちに欲しくなって

買ってしまうこと。だそうです(^▽^;)

まさに今回のオーナー様は、こちらのBMW118dを衝動買いしてしまったそうです! 凄いっす(*‘∀‘)

奥様のお車が古くなったので買い替える事になり車を見に行ったら、こちらのBMW118dが置いてあり、

見ているうちにオーナー様が欲しくなってしまい、そして御自分用にご購入!!  凄いっす(*‘∀‘)

きっとこれも運命なんです! 運命の出会いだったんです!!

出会ってしまったらもう買うしかないです(*´▽`*)

そして買ったらコーティングです!

という事でコーティングのご依頼を頂きました(笑)  ありがとうございますm(__)m

では初期登録から約3年経過しましたBMW118dの現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

少し汚れていますが初期登録から間もなく3年経過と考えますと

シミもスクラッチも少なめではないかと思います。

ルーフも・・・

汚れはありますが塗装を侵食しているようなクレーター状の深いシミは

少ないです。

ボディサイドも・・・

スクラッチも少ないです。

ただ若干クスミがあるようでライトの輪郭がスッキリとしていません。

リアも・・・

基本的にお綺麗なんですけど少しスッキリとしない印象でした。

ホイールは・・・

ブレーキダストで軽く汚れています。

今回ホイールコーティングのご依頼を頂きましたのでコーティングしていきます!

 

初期登録から3年のお車と考えますと全体的に痛みが少ないかと思います!

もちろん見て頂いたように軽めのシミやスクラッチ、線キズ等は確認できますけど

塗装そのものはまだまだしっかりとしております。

と言いますのもシミは多く付いているんですが、そのシミは比較的浅めのシミが多く

塗装を“深く”侵食してしまっているようなシミと深い線キズは意外と少ないんです(^_^)/

ただクスミは進んでいるようで、特にボンネットとルーフの水平面はメタリックのキラキラ感が

薄れてしまっております。そのメタリックのキラッキラを取り戻してピッカピカにしますよ~!

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが

黒い車では毎度の事になりますけど・・・

ボディが黒いと鉄粉の反応が伝わりません(^^;

実際のところ鉄粉自体は意外と少なかったです!

リアも・・・

写真だと何が何だかわかりませんけどリアも鉄粉が少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

もちろん鉄粉処理後の写真も何が何だかわかりません(汗)

リアも・・・

見た感じ変化ありませんけど(汗)鉄粉処理を行っております

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

そして磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

深い線キズは残ってしまいましたが全体的にスッキリと綺麗になりました!

メタリックも引き立つようになりました。

ルーフも・・・

サッパリとしました。

ボディサイドも・・・

クスミが無くなってライトの輪郭もクッキリ映り込むようになりました。

リアも・・・

よりスッキリとクリヤーです!

最後にホイールです。

よ~く洗ってからコーティングを掛けたのでピカピカです!

ホイールコーティングはボディコーティングと同時施工いたしますとホイールコーティングの

お値段が20%OFFになりますので同時施工がとってもお得なんです(^_-)-☆

皆様も是非どうぞ!!

 

そしてブラック・サファイアのBMW118d、ボディコーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました~!(^^)!

色に深みが出て艶やかさと光沢感の向上を感じていただける仕上がりになったと思います!

お引き取りに来られたオーナー様も“おぉ!綺麗だなぁ!”とお喜びになられている

ご様子でした!  ありがとうございます。

運命的な出会いを果たしましたBMW118dで楽しいカーライフをお送りください(^_^)/~

 

黒い車は磨くとピカピカに輝きます!更にコーティングを掛けますと、より一層ピッカピカに輝くんです!!

もちろん日中の太陽の下で見ても綺麗なんですが、夜の街灯の下で見ますとこれがまたいいんですよ~。

度々この話をしていますけど(笑) 街灯に照らされた愛車はいつも以上に

カッコよく見えるものです!  本当ですよ(笑)

なかなかマニアな視点になりますが街灯に照らされた愛車を眺めたり、

写真を撮るのもまた違った車の楽しみ方でもあります!

皆様もカメラ片手に街灯の下へLet’s go!!

あっ! コロナだから今はダメかっ(^▽^;)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

BMW3(G20)セダンのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはBMW3(G20)セダンのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのBMW3セダンは今年の1月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から約半年のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

あまり乗る機会がなく放置気味なんだそうですが・・・全然お綺麗です(*’▽’)

そんな放置気味なのに全然お綺麗なBMW3のメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

少し汚れがございますが、まだまだお綺麗です!

アフターです↓

普段は屋外の屋根なし駐車なんだそうですがシミも少なく

良好な状態でございます(^.^)

ルーフも・・・

少しばかり汚れておりますが、その他は特に気になるような痛みは

見られませんでした。

アフターです↓

何も問題もございません!

そして何も無いので早くもコメントが無くなってきました(^▽^;)

それくらいお綺麗なんです!

トランクも・・・

シミの様に見えますけど・・・

汚れですので洗えば落ちてしまいます(笑)

ただリアバンパーは・・・

汚れが溜まっておりました。

ある意味ここが今回のハイライトでもございます(笑)

そのハイライトも・・・

たんなる汚れですので、洗うだけ一網打尽でしたヽ(^o^)丿

もちろん今回はメンテナンスですので洗車以外にも色々と作業していますので

ワンランクアップの艶感です!

そして早くもハイライトが終わってしまったのでアレですけどボディサイドを

見てみますと・・・

やはりお綺麗でした(^^;

実際は少し汚れてはいるんですけど、それでも十分にお綺麗です。

ですのでアフターを見て頂いても・・・

あまり違いがわからないかもです。 でも艶が違うでしょう??

違いますよね??

違いがわかりやすいと言えば鉄粉処理のビフォー&アフターが伝わりやすいのですが・・・

黒っぽく点々と確認できるのが専用のクリーナーに反応した鉄粉です。

その点々も見て頂いたようにとっても少ないんです(*’▽’)

リアも・・・

とっても少なかったです!

という事で違いがわかりやすいと思っていた鉄粉ですら違いが

伝わりにくいという・・・(T_T)

鉄粉処理後の再チェックです↑

元々が少ないので劇的にとはいきませんでした(笑)

リアも・・・

お綺麗です!

駐車場の近くで長らく工事が行われていたそうで鉄粉の付着が

気になっていられたそうですが幸い工事の影響はなかったようです!

 

そして早くも最後のホイールです。

ブレーキダストによる汚れも少なくホイールもお綺麗でした。

アフターです↓

でも洗うと更にツヤピカになります(^.^)

そしてBMW3(G20)セダンのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

いかがでございましょうか。

と言いましても元々がお綺麗ですので写真だと違いがわからないかも知れません(;´∀`)

しかし軽く付いていた汚れを落とせば白と艶が向上しお車がシャキッといたします!

その艶や光沢そしてシャキッリ感維持の為にもメンテナンスはとても重要です。

コーティングしていてもお車は徐々に傷みが進み、艶も引けて撥水性能も落ちてきます。

メンテナンスでは弱ったコーティング表面をケアしてあげることで撥水性と艶を

取り戻してあげます。 そのメンテナンスのタイミングですが当店では早めに

行うことをおすすめしております!

と言いますのも汚れや雨ジミなどが固着してしまう前に洗車やメンテナンスを

行なえば汚れの固着を低減できます。逆に汚れが固着してしまうと洗車や

メンテナンスでも落ちなくなってきます。汚れが固着する前に洗車やメンテナンスを

行ない落ちる汚れは早めに落としていくのが長期に渡り美観を維持するポイントです。

メンテナンスは痛みが進んでからではなく痛みが進む“前”がおすすめです(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

テスラ モデル3のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはテスラ モデル3のボディコーティングです。

こちらのパールホワイトのテスラ モデル3は納車から間もない新車になります!

テスラ モデル3は当店初入庫です(^_^)/  と言いますかテスラ車自体が初入庫です(笑)

もちろん初入庫ですので私にはモデル3の動かし方がわかりません(^_^;)

ご存じの方も多いかと思いますがテスラ車は今までのクルマの概念を変える車です。

今までの車とは勝手が全然違います(汗)なのでご入庫時にオーナー様に動かし方を

レクチャーしていただきました。  ありがとうございますm(__)m

教わってしまえば、もの凄く特殊な訳ではないのですが、何も知らずに鍵だけ預かったら

おそらく車の中に入る事すら出来ない気がします。 いゃ間違いなく入れません(笑)

そんな未来カーのテスラ モデル3の現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

僅かに塗装の曇りを感じなくはないのですがお綺麗な塗装でした!

ルーフは・・・

全面ガラスルーフでした!  ↑の写真の部分はルーフと言うよりリアガラスになります。

リアのガラスがルーフの半分ぐらいまであるんです(*’▽’)   メッチャ大きいです!

トランクも・・・

お綺麗です。 余談ですが私、モデル3は5ドアクーペかと思っていたんですけど

独立したトランクを備えた4ドアセダンだったんですね。 知りませんでした(汗)

何から何まで、そして見れば見るほど新鮮です(*”▽”)

ボディサイドも・・・

若干の曇りを感じますけど、お綺麗です。

ホイールは・・・

マッドブラック調の色ですが汚れも少なくお綺麗です。

 

ご覧頂きましたように全体的に塗装の曇りも少なくお綺麗でございました。

オーナー様もお話されていましたが以前のモデル3はアメリカ生産でしたが

少し前に中国生産に変更されました。 それによって車両価格が下がっただけではなく、

品質も向上したそうです(*’▽’)

モデル3は当店初入庫ですので私はアメリカ生産のモデル3は見たこと無いのですが

噂では塗装の品質が悪くて納車時にキズが多く付いている事もザラだったようです。

現在は中国製に切り替わったので塗装のトラブルもかなり減少しているそうです。

今回ご入庫されました個体もお綺麗でした(^_^)/

とは言え若干の曇りも感じますのでスッキリとクリヤーに仕上げていきたいと思います。

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ウインドウコーティングからご紹介していきます。

↓は現状です。

油分の付着もあまりないようで変な水弾きをしていません。

しかしだからと言ってそのままコーティングを掛ける事は致しません。

ガラス表面も綺麗に整えます!  ルーフもね(^.^)

そしてよ~く乾燥させた後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

紫色の反応が少し“流れて”しまっていてわかりにくいかも知れませんが、

新車にしては結構多めです(^▽^;)

リアも・・・

多めでした。

輸入車は工場からお客様に届くまでにどうしても時間が掛かりますので

鉄粉はやや多めの傾向です。

その鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリしました。

リアも・・・

綺麗になりました。

 

鉄粉の除去が出来ましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。 今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は曇りも僅かですので軽めの磨きで仕上げております。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

僅かにあった曇りが無くなってスッキリしました!

ルーフも・・・

撥水処理しましたので水玉コロコロです!

トランクも・・・

よりスッキリとしました。

ボディサイドは・・・

曇りが無くなってライトの輪郭もクッキリとシャープに映り込むようになりました。

ホイールもコーティングのご依頼ですので・・・

PCW-880でコーティング!

マッドブラックのホイールはコーティングをしますと若干艶が出でしまいますが、

それほど大きく印象が異なってしまう事もないかと思います。

オーナー様にもご確認していただきましたが全然気にならないとの事でした。

そしてパールホワイトのテスラ モデル3、新車コーティングが完成いたしました!

いかがでございましょうか。

透明感と艶がアップして納車直後よりも更に綺麗な新車に仕上がったと思います(^_-)-☆

今回“軽め”の曇り具合でしたが、その軽めの曇りでも除去しますとボディ全体が

透明感を増しスッキリと艶々ボディに仕上がります!

愛車とご対面いたしましたオーナー様も“うわぁ~!全然違いますね!”と

その仕上がりの違いをご実感されているご様子でした。

ありがとうございました。

 

今回使用いたしましたコーティング剤「EXE evo1」は施工前後の違いが分かりにくい

新車のパールホワイトでも艶感・光沢感の向上を実感していただけるコーティング剤だと

思います。また今までに“EXE evo1″を施工いたしましたお車の経過を観察していますが、

どのお車も塗装を浸食してしまうようなクレーター状の深いシミが出来にくい傾向です。

もちろん全くシミが付かない訳ではないのですが、従来のコーティング剤に比べますと

少ないと思います。シミ(ウォータースポット)が気になる方は

EXE evo1”是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

アバルト595コンペティツィオーネの入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアバルト595コンペティツィオーネのボディコーティングです!

Grigio Record(グリジオ・レコード)と言う名のグレーメタリックの

アバルト595コンペティツィオーネです!

こちらは納車から間もない新車のお車になります。

当店アバルト(フィアット500含む)のご入庫が意外と多いのですがグレーメタリックの

アバルトは初入庫になります。

金属っぽい質感と言いますかメタリック感の強い色合いと言いましょうか、とにかく

スポーティーなアバルトに良く似合うかっこいいメタリックグレーです!

では早速ですが新車のアバルト595の現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

やはりと言いましょうか?何となく想像はしていましたが塗装面が曇っております(^^;

ルーフも・・・

汚れは別として、ライトの映り込みが曇りの影響でボヤっとしています。

ボディサイドも・・・

今一つスッキリとしていません(^^;

リアも・・・

それ程酷く曇っている訳ではないのですがクリヤー感がこちらも今一つです。

ホイールは・・・

マットブラックという事で汚れが付きやすく目立ちやすいです(^▽^;)

 

新車はお客様に納車されるまでモータープールに保管される事が多く、中には数ヶ月間

放置されるお車もございます。その間にシミやキズなど付いてしまう事が多いんです。

特に輸入車の場合ですと工場からオーナー様に届くまでに時間が掛り、また人の手に触れる

機会がどうしても多くなります。その分シミやキズが入るリスクは多くなります。

ただ今回のお車はスクラッチ等のキズは少なかったです。でもルーフには深いシミも

数ヶ所確認できました(^^;

また全体的に少し曇り気味で透明感が損なわれておりましたのでスッキリとクリヤーな

ボディに仕上げていきたいと思います!

では作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介いたしましょう。

↓は現状です。

全体的に少し油分の付着があるようで水を掛けますと、なんとなく水を弾く感じでした。

その油分等の汚れを・・・

除去してガラス表面を綺麗にいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたコーティング剤になります(^_^)/

 

ウインドウが終わりましたら今度はボディです。

まずは洗車をします。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

↑の写真だと大きめの反応しかわかりませんけど実際は細かな反応も多かったです。

リアも・・・

よく見ると意外と多いんです(^_^;)

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりましたよ~(^.^)

リアも・・・

サッパリとしました。

 

鉄粉の処理が済みましたら今度はボディにマスキングをします。

そしてボディを磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に少しばかり曇り気味でしたので、新車にしてはやや強めの磨きを

掛けて仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

当店は新車でもここまでしてからコーティングになります!

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りが取れてサッパリとクリヤーになりました。

ルーフも・・・

スッキリとしました。

ボディサイドも・・・

ボヤっとした感じが無くなりライトの輪郭もハッキリと映り込むようになりました。

リアも・・・

透明感が向上いたしました!

最後にホイールです。

ホイールコーティングも施工いたしました。

マッドブラック調のホイールはコーティングをすると若干艶が出ます。

先ほどもお話しましたがマットブラックのホイールはブレーキダストが付きやすく

目立ちやすいんです。そして掃除をしてもダストが取れにくいんです(^_^;)

ホイールコーティングはダストのこびり付きや焼き付きを抑制する効果が

ございます。 全くこびり付かない訳ではございませんがコーティングしているのと、

していないのとではお手入れのしやすさが違ってきますのでダストの多いお車には

おススメのメニューになります!

 

そしてGrigio Recordのアバルト595コンペティツィオーネ、新車コーティングの完成です!

艶々に仕上がりました!

元々新車ですのでお綺麗ではあったのですが、そこから更に磨きを入れて

塗装表面の曇りを除去してからコーティングを掛けますと透明感ある艶々の

ボディに仕上がります。 この新車以上の光沢感とクリヤーな塗装肌に仕上げるには

新車も磨いてからコーティングをしないと出来ません!

そのコーティング剤ですけど今回もまた「EXE evo1」がいい仕事をしているんです(笑)

ダーク系のカラーに使用しますと「EXE evo1」の深く美しい艶と光沢感が

実感していただけると思います(^_^)/

皆様も是非お試しください!!

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ボルボV60クロスカントリーです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはボルボV60クロスカントリーのボディコーティングです。

H29年式オニキスブラックのボルボV60クロスカントリーです!

ご購入から間もなく4年経過いたしますお車になります。

4年経過のブラックですのでお車の状態は何となく想像できますけど・・・

想像以上なんです(;”∀”)

ただ私の想像は“良い”方に外れ想像以上に“良い”状態でした(笑)

とは言えオーナー様はキズが多くてお困りだったようで当店にお越しくださいました。

ではご購入から間もなく4年経過いたしますボルボV60クロスカントリーの

現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

確かにキズ(スクラッチ)が多いですね。

写真より実車で見た方が多いです(^^;

ルーフも・・・

洗車キズと思われるスクラッチが多いんですけど

写真だとあまり酷く見えないなぁ~(^▽^;)

おそらく私の写真の撮り方の問題でしょう(汗)

ボディサイドも・・・

グリングリンにスクラッチが付いていますけどボンネットやルーフ程酷くはなかったです。

リアは・・・

よ~く見て頂けるとこちらもグリングリンにスクラッチが付いているんです。

ホイールは・・・

輸入車はどうしてもブレーキダストの汚れが多いです。

そして汚れが落ちにくいんです(^^;

 

全体的にオーナー様が気になされていたように洗車キズと思われるスクラッチが多く

付いております。 スクラッチだけ見てしまえば確かにそれなりの痛み具合かも知れませんが

私の想像以上はシミの少なさです! 塗装を浸食してしまっているようなクレーター状の

深いシミがとっても少ないんです(*’▽’)

黒いボディカラーですと4年も経つとシミだらけになっているお車が非常に

多いのですが、こちらのV60クロスカントリーはそのシミがとても少ないんです!

いやいや素晴らしいっス(*’▽’)

ただオーナー様はスクラッチが気になられていたようですので、しっかりと磨いて

ボディをサッパリとリフレッシュしていきたいと思います

では作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが

毎度の事になりますけど・・・

黒いボディですと鉄粉の反応が伝わりません。

ただ実際のところ鉄粉自体は結構多かったです(^▽^;)

リアも・・・

写真だとわかりませんがリアも多めでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

毎度の事ですけど処理後も何が何だかわかりません(汗)

リアも・・・

鉄粉の反応はわかりませんが私の足がやや内股気味なのは伝わったかと思います(^▽^;)

もちろん鉄粉処理はキチンと済んでおります!

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティングの出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-V110です!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に

優れた滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプの

コーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリとして綺麗になりました!

ルーフも・・・

深い線キズは残りますけどだいぶサッパリと綺麗になりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

スクラッチもクスミも無くなってメタリックがキラキラと顔を出しました!

リアも・・・

サッパリとクリヤーです。

最後にホイールです。

ホイールもだいぶ綺麗になりましたね!  艶々です!!

そしてオニキスブラックのボルボV60クロスカントリー、ボディコーティングが

完成いたしました。

ツヤッツヤのオニキスブラックに仕上がりました!

メタリックの輝きが違います(^_-)-☆ キュピ~ン!

いゃ~やっぱりブラックは綺麗にすると艶感と鏡のような綺麗な映り込みが

癖になりますね(笑)

オーナー様も『凄いな! ピカピカのツルツルだぁ!買った時はこんなだったんだな~』と

とってもお喜びになられておりました。  艶感は新車にも負けていないと思います!!

これからも大切にお乗り下さい。

ありがとうございました。

 

黒などのダーク系のカラーはスクラッチやシミそしてクスミが進んできますと塗装の

透明感(クリヤー感)が無くなってきます。 またボディ全体が白っぽく見えてきてしまい

色の深みが感じられなくなってしまいます。

黒いお車で屋外駐車でしたら2~3年くらいでリフレッシュしていくのが

一つの理想かなと思います。

お車は保管場所やご利用状況によって傷み方は様々ですので(^^; あくまでも目安です。

黒いボディを長期に渡って黒く維持するのはとっても難しい事ですので

数年毎にリフレッシュが必要になって来ることが多いです。

最近愛車の輝きが無くなったと感じましたらリフレッシュの時期かも知れません。

その時は当店にお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ミニクーパーSの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはミニクーパーSのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのミニクーパーSは2017年の8月にボディコーティングを施工いたしました

お車になります。 間もなくコーティング施工から4年を迎えます。

その間に定期的にメンテナンスにお越しくださっており今回は通算3回目のメンテナンスに

なります! コーティン施工から4年近く経ちますけど、まだまだ艶も感じられお綺麗です(*´▽`*)

ではコーティング施工から間もなく4年を迎えますミニクーパーSのメンテナンスの

様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

とは言えご入庫時は少々汚れ気味でした(^^;

アフターです↓

さすがに間もなく4年経ちますのでメンテナンスでは落ちないクレーター状の深いシミも

多くはなってきましたが、まだまだ艶々でお綺麗です!

またボディカラー的に屋外で見るとシミはそれ程気にならないと思います。

ルーフは・・・

 

少し前にルーフラッピングを張り直しされたそうです(*^_^*)

相変わらずカッコイイっす!

今回ルーフラッピング部分はオーナー様がお持ちになられましたメンテナンス剤で

お手入れしております!

ラッピングが貼っている所はいいのですが・・・

ルーフ後端部はラッピングシートではなく元々の塗装ですので痛みが進んでいます(^▽^;)

ですので今回はここは少し磨きを入れました。

アフターです↓

深いシミは残りましたが、だいぶスッキリとしました。

もっと強い磨きを入れれば、もう少しシミも消せるとは思いますが今回はここまでにしました。

リアは・・・

こちらは痛みも少なくお綺麗でした。

アフターです↓

あれっ?写真だとあまり違いがわからないぞぉ(^▽^;)

でも綺麗になっているんです(汗)

ボディサイドは違いがわかりやすいですよ↓

黒い雨筋が沢山付いていますから(笑)

過去数回のメンテナンス時にはない汚れ方でしたのでオーナー様にお聞きしましたら、

ルーフラッピングを張り直したタイミングでラッピング保護の為にハーフカバーを

使用するようにしたそうです。そのハーフカバーから雨が降ると汚れがポタポタと流れ出て

付いてしまうそうです(^^;  ボディの上からではなくて途中から汚れが付いていたので

不思議だな~っと思っていたので納得です。(笑)

アフターです↓

艶々です!

 

それと鉄粉の付着状況です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

少ないですね。 前回のメンテナンスから少し時間が経っていますけど少ないです。

リアも・・・

とっても少ないです。  少しビックリです(*’▽’)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました!

真ん中あたりに反応が見えますけど、これは飛び石で塗装が欠けている所なので

鉄粉ではありません。

リアは・・・

元々反応が少なかったのでアレですが(^^;より綺麗になっております。

最後にホイールです。

こちらもよくお手入れされていますので気になるような汚れはございません。

アフターです↓

なので写真で見るとアフターもあまり違いがわかりません。 (^▽^;)オーノー!

そしてミニクーパーSのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

ご入庫時は少し汚れてはおりましたが普段からオーナー様がマメにお手入れされている

事もあってコーティングから4年近く経つとは思えない艶感だと思います!

さすがに各部の写真で見て頂きましたように近くで見てしまえばメンテナンスでは

落ちないシミも多くなってきたのも事実なんですけど、それでも実車を見て頂けると

艶と光沢の向上、それに伴ってお車全体の質感の向上を感じて頂けると思います!

オーナー様もピカピカの愛車とご対面してお喜びになられておりました!

ありがとうございました(*^_^*)

 

メンテナンスはコーティングを長持ちさせる秘訣でもあります!!

コーティング施工していても車は徐々に汚れてきますし、艶も引け撥水も弱まります。

特に撥水性能は使用状況や保管状況、お手入れ状況によって本当に大きく変わってきます。

弱ったコーティング表面をメンテナンスでケアしてあげることで撥水性と艶を取り戻してあげます。

お車の美観維持と撥水維持の為にも皆様もコーティングメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

メルセデスベンツC220dのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはメルセデスベンツC220dのボディコーティングです。

R1年式イリジウムシルバーのメルセデスベンツC220dです!

当店のリピーター様のお車で昨年お乗り換えになられたそうですがお仕事も忙しく

ご入庫が今になってしまったとの事でした(^.^)

こちらのお車はディーラーの試乗車に使われていたお車だそうです。最初は新車のCクラスの

クーぺを購入しようとディーラーさんに行ったそうですが色々とお話しているうちに、

こちらのCセダンご購入になられたそうです。 これも何かの巡り合わせなのでしょう!

きっと運命の出会いなんだと思います(*”▽”)

では初期登録から間もなく2年を迎えますベンツC220dの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少し汚れているんです(^^;

ルーフも・・・

雨の影響もあって汚れ気味です(^▽^;)

リアも・・・

もちろん汚れています(汗)

ボディサイドは・・・

汚れは少ないですね! 塗装面自体も痛みは少ないようです。

ホイールは・・・

ダストの多く出るお車なのですが普段はあまり乗らないそうですので汚れも少なかったです。

 

ご入庫時は雨の影響もあって少し汚れ気味でした。 汚れてはいましたが塗装面自体の

痛みはそれ程酷くはありませんでした。 とは言えシミもそれなり付いていますし洗車キズ等の

スクラッチも付いていますので、ここは一度キッチリと磨いて塗装面を整え艶々ボディに仕上げて

いきたいと思います。 では作業開始~~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

何か撥水剤が塗られていた感じがしますけど撥水力がだいぶ落ちていました。

その弱まったウインドウコーティングを一度除去してガラス表面を整えてから

ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます!

コーティングが乾きましたら撥水チェックをして・・・

ウインドウコーティングは完成です。

ウインドウコーティングの耐久性はノーマルのワイパーブレードですとフロントウインドウ

で半年~1年位が目安です。 あくまでも目安でワイパーの使用頻度や保管状況などにより

全然変わってきます。 ワイパーブレードを撥水ワイパーに交換していただくとコーティングの

耐久性が大幅に伸びます。またワイパーのビビり防止にもなりますのでフロントウインドウを

コーティングしましたら撥水ワイパーに交換することをお勧めしております。

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉を除去していきます。

その後に専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ポツポツと確認できますが2年近くでこれ位ですので少ないのではないでしょうか。

リアも・・・

細かな反応が確認できますけど特別多いという訳でもございません(^.^)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

リアも・・・

綺麗になりました。

 

その後に今度はボディにマスキングをして磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

水玉撥水が気持ちイイPCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

ツルツルに仕上がりました(^_-)-☆

ルーフも・・・

スッキリと綺麗です。

リアは・・・

潤い感を感じますね!

ボディサイドは・・・

こちらも透明感がよりアップしてクリヤーで艶々に仕上がっております。

ホイールも・・・

艶々です!

それもそのはず!だって・・・

ホイールコーティングしましたから(笑)  ホイールコーティングは艶々になるだけではなく、

ダストのこびり付きも低減いたしますのでブレーキダストが多く出る輸入車には特におすすめの

人気アイテムです(^_^)/

そしてイリジウムシルバーのメルセデスベンツC220d、ボディコーティングが完成いたしました!

気持ち良くリフレッシュできました! 元々初期登録から2年も経っていないお車ですので

塗装面の痛みも少なかったのですが、それでも磨いてシミやスクラッチそしてクスミを

除去しコーティングをしますと透明感ある艶々ボディに仕上がります(^_^)/

艶感は新車にも負けていないと思います! たぶん新車以上ではないかと(笑)

オーナー様も『やっぱり潤い感が違う。滑らかさが違うっていうのかな~』と、

塗装面の滑らかさ、潤い感の違いを実感されたご様子でした。

いゃ~よかった。よかった(笑) 実感していただき一安心です(*^_^*)

ありがとうございました。

 

試乗車や展示車両・新古車等あまり使用されていないお車でも、車は置いておくだけでも

痛みが進んでいきます。  しかし車の販売店のコーティングは新車や試乗車・展示車両

綺麗な感じの車は磨かないで洗車してコーティング剤を塗るだけのお店が

多いのもまた事実です。(磨いている販売店もございます!)

当店は新車でもそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてから

コーティングをしています。 ですので経年車はもちろん、試乗車や展示車両・

新古車等ご購入時もカーコーティング専門店『カービューティープロ カラーズ』へ

是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ミニクーパーDのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはミニクーパーDのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのミッドナイトブラックメタリックとペッパーホワイトのツートンカラーの

ミニクーパーDは昨年の10月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から約6ヶ月のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

ありがとうございます。

今回もメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介していきたいのですが・・・

ご覧の様にご入庫時が雨で濡れておりますので、あまりビフォーアフターが

参考にならないかも知れませんが(^▽^;) 頑張って参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

雨です(^^;   濡れているとシミやスクラッチが隠れてしまいますのでよくわかりませんが・・・

でも まぁ↑がコーティングから半年のリアルな撥水状況です。

アフターです↓

当店のスタンダードなメンテナンスでは落ちないクレーター状の深いシミやスクラッチが

付いていますけど黒いボディでこの程度でしたら少ないと思います。

↑はシミやスクラッチが見やすいようにライトを当てていますので見えますが

屋外で見ましたら↑ほど気にならないと思います。

気になるようでしたら次回のメンテナンスでは軽い磨きを入れるプランでおススメ致します!

ルーフも・・・

濡れていて塗装面の状況がわかりませんが撥水状況はわかります(笑)

同じ水平面なのにボンネット比べると撥水力の低下が少ないようで。

アフターです↓

撥水力だけでなくシミも少ないです!

これはやはり“黒” と “白” の違いも関係していると思います。

それと “熱” の影響も関係しているのではないでしょうか。

エンジンからの熱と黒いボディはどうしてもコーティング(塗装)の痛みも早いです。

話がそれましたが↓はリアバンパーです。

これまた濡れていてあれですが(^^;やや汚れ気味の様です。

アフターです↓

水平面に比べると痛みも少なく、まだまだお綺麗です(^_^)/

ボディサイドも・・・

黒ですのでどうしても汚れが目立ってしまいます。

アフターです↓

ボディサイドもよく見れば洗車キズ系のスクラッチも付いていますけど

撥水力の低下も少なく悪くない状態です。

それと鉄粉の付着状況ですけど、何時ものように専用のクリーナーを吹き掛けても・・・

鉄粉の反応が写真だと上手く伝わりません(;´∀`)

しかし色の白いルーフで見てみますと・・・

反応が確認できます! 黒っぽく点々と見えるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

ポツポツと散見出来ますが全体的には少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

黒ですのでわかりません(^▽^;)

しかしルーフなら・・・

スッキリと綺麗になったのがわかります(笑)

そして最後にホイールです。

輸入車ですのでどうしてもブレーキダストは多めです。

アフターです↓

艶々になりました!

そしてミッドナイトブラックメタリックとペッパーホワイトのツートンカラーの

ミニクーパーD、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

近くで見ますと細かなシミもございますが艶も光沢も向上し、お車全体の

質感がアップしたと思います!

黒いお車は汚れが目立つ反面、綺麗にすると独特の艶感や迫力、そして高級感もあり

カッコイイですね(*’▽’) この状態を維持管理するのが正直またまた大変ではあるのですが

それに答えてくれるのが“黒”だと思います(^_^)/

皆様も黒い車はいかがでしょうか。カッコイイですよ!!

 

メンテナンスのタイミングはお車のご利用方法やお手入れ状況、保管状況によって

異なってきますが目安としては約6か月毎です。

どうしても痛みが早いダークカラーで屋外屋根なし駐車のお車はもっと早いタイミングでも

いいかと思います。 屋内駐車であまりお乗りになられていないようなお車の場合ですと

1~2年でも十分な場合もございます。

お車の使い方や保管状況はお車ごとに違いますのでメンテナンスのタイミングも

それぞれ違ってくると思います。 メンテナンスのタイミングで迷いましたらお気軽に

ご相談下さい!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

アウディTTの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアウディTTのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのデイトナグレーのアウディTTは2018年の12月にボディコーティングを

施工いたしましたお車です。

コーティング施工から間もなく2年半ほどが経過いたします。

この間にも定期的にメンテナンスにお越しくださっており今回通算4度目の

メンテナンスのご依頼です。

色的にあまり汚れが目立たない色という事もあって毎回、ご入庫時は比較的綺麗な印象でしたが

今回はご入庫時に珍しく“汚れているなぁ~”感が漂っております(^^;

と言うよりも“傷んでる”感といった方がいいかも知れません(汗)

いずれにしても、あまりいい印象ではない事は間違いありませんので(^▽^;)メンテナンスで

スッキリとリフレッシュしていきましょう!

 

まずはボンネットからです↓

とは言え↑の写真だとその汚れが上手く映りません(^▽^;)

ボディ全体にシミが付いているのですが、そのシミはどうやら普通の雨ジミではなさそうなんです。

ちょっと原因の特定は難しいのですがオーナー様にお話を伺ったところ、春先頃から急にシミが

付きだしたようで色々とお話を聞きましたところ疑わしき原因は判明したのですが、

あくまでも疑わしいだけで確定できませんので今はまだオーナー様と私だけのヒ・ミ・ツと

させて下さい(^_^;)  すみません。

話が長くなりましたが↓はアフターです。

その原因不明のシミはだいぶ落とせることができスッキリとしました!

でも写真だとあまりわかりませんね(汗)

ルーフも・・・

よく見るとこちらもシミだらけなんです。 そしてよく見なくても・・・

鳥の足跡でしょうか?? でしょうね🐾

別角度から見ると・・・

間違いありません。やはり鳥の足跡です(笑)

アフターです↓

謎のシミは落ちましたがクレーター状の深いシミは残っております。

ただシミやスクラッチがあまり目立たない色ですので屋外で見ると

あまり気にならないと思います。

リアも・・・

こちらもシミが多いんです。写真だと目立ちませんけど(^^;

アフターです↓

リアもクレーター状の深いシミは残っていますけどコーティング施工から2年半、

しかも屋外の屋根なし駐車と考えますと寧ろお綺麗な方だと思います(^_^)/

ボディサイドも・・・

↑の写真が一番謎のシミがわかりやすいかもです。

よく見ると縦縞模様のようにシミが見えるかと思います。

アフターです↓

シミも無くなって艶々のお肌に復活しました!

よかった よかった!!

 

それと鉄粉の付着状況です。 専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応しますが・・・

反応がとっても少ないです! ちょっとビックリするほどの少なさです(*”▽”)

リアも・・・

とっても少ないですね~~! ブラボ~!!

ただ実際作業しますとそれなりにザラつきを感じましたのでクリーナーに反応しない

異物が付いていたようです。

その異物を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々クリーナーの反応は少なかったので見た目変わり映えしませんね(;´∀`)

ただ異物除去ができていますので手触りは違います(笑)

リアも・・・

触れば違いがわかります(笑) 洗車時にスポンジやクロスの動きがスムーズなりますよ~(^.^)

ホイールは・・・

これまたブレーキのダスト汚れも少なくお綺麗ですね!

アフターです↓

ホイールもタイヤも艶出しをしています。

 

それと今回ウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いておりますのでご紹介いたします。

↓は現状です。

撥水ワイパーを使われていますのでワイパーの払拭範囲内は綺麗に水を弾いていますけど

範囲外は撥水力も落ちているようです。

それとウインドウも・・・

謎のシミが沢山付いているんです。

でも写真だとあまりシミの凄さが伝わらないなぁ~(汗)  残念(;´∀`)

ウインドウのシミは磨きで処理します。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングし最後に

撥水チェックをしましたら・・・

コロコロの水弾きが完成です。

もちろんシミも・・・

綺麗になりました!

そしてデイトナグレーのアウディTT、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

謎のシミも無くなり艶感そしてクリヤー感も向上しツヤピカのボディに仕上がりました。

各部のアフターで見て頂きましたように近くで見てしまえば細かなシミやスクラッチは

残っておりますが艶感などはコーティングから2年半経つとは思えない程お綺麗です(^_^)/

これもオーナー様が定期的にメンテナンスにお越しくださっている効果でもあると思います!

これからも大切にお乗りください!!

 

今回のアウディTTのメンテナンスですが今回もメンテナンスplusのプランで

メンテナンスを行いました。 メンテナンスplusではスクラッチやシミを

目立たなくする処置を追加します。それにより通常のメンテナンスよりスクラッチによる

ギラ付き感が抑えられ艶感も上がります(^_^)/

もちろんパールホワイトなどのライトカラーでも艶々になりますがダークカラーや

コーティング施工から2~3年経過し痛みが気になりだしたお車などに特におすすめの

プランになります。 ボディの洗車キズ等の痛みが気になる方は是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。