BMW135iクーぺのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはBMW135iクーペのボディコーティングです。

H24年式のBMW135iクーペです!

コンパクトなボディに3.0L直列6気筒ターボエンジンを搭載!しかもFRなんで面白くない訳が

ございません!! しかも今回のこちらの135iはMTです。 これはもうオーナー様は

マニアに違いありません(*^^*)   私も欲しいっス(笑)

オーナー様は元々1シリーズに乗られていたそうですがMTの135iが欲しくて

探していたところに今回のこちらの135iに巡り会い、お乗り換えになられたそうですので、

やはりマニアではないかと思います(笑)

では早速ですがH24年式BMW135iクーペの現状確認から始めて参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

年式を考えますとお綺麗ではないでしょうか。シミもスクラッチ少なめではないかと思います。

ルーフは・・・

シミ・スクラッチ共にそれなりに付いてガサガサです(^^;

でも まぁ初期登録から9年の黒い車と考えますと、それ程酷い訳ではないです。

寧ろ綺麗な方ではないでしょうか。

トランクも・・・

やはりシミやスクラッチで傷んでおります。

メタリックなんですけどクスんでいるのでメタリック感をあまり感じませんね(^^;

ボディサイドは・・・

こちらはボンネット等の水平面に比べるととってもシミは少ないです!

ただよく見て頂くと洗車キズと思われるスクラッチが結構多いんです。

ホイールは・・・

ブレーキダストで汚れやすいのですが、とてもお綺麗でした!

オーナー様のお手入れの良さが伝わってまいります!!

 

初期登録から9年経過と考えますと全体的に塗装面の痛みは少ない方だと思います。

黒い車で9年も経過すると、それはそれは痛みが進んで大変な事になっている事が

とても多いのですが(^^;こちらのお車は傷みの度合いも少ないので前オーナー様の

維持管理が良かったのではないかと私は勝手に推測いたします(笑)

違ったらすいません(^▽^;)

ただそれでも痛みは進んでいて水平面のシミ、そしてクスミもあってメタリックが

隠れてしまっております。 本当はもっとキラキラと輝くブラックボディなはずです。

そのキラッキラ感の復活を目指して作業を進めて参りましょう!

では作業開始~~(^_^)/

 

まずは洗車です。その後にボディ付いている鉄粉等の異物を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

もう薄々と感じていると思いますけど黒い車にクリーナーを吹き掛けても・・・

写真だと何が何だかわからないんです(^▽^;)

ただ実際に撫でてみますと結構ザラザラです。年式を考えますと相応の鉄粉量ではないかと

思います。

リモも・・・

写真だとわかりませんが結構多く付いていました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、やはり・・・

写真だと違いがわかりません(^▽^;)

リアも・・・

違いがわかりませんが実際に撫でると全然違います(笑)

スベスベになりましたよ(^_-)-☆

 

その後に今度はボディにマスキングを貼っていきます↓

そしていよいよ磨きが始まります!

今回はプレシャスプランでのご依頼になります。プレシャスプランは強い磨きで

可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。

(深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の

汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも

行いますので、ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に

塗装を削らないよう、むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ボンネットもスッキリ綺麗になりました(^_^)/

もちろん全てのキズやシミが除去できる訳ではありません。

深いシミやキズは残っていますけど、だいぶスッキリしました!

ルーフも・・

サッパリと綺麗になりました!

気持ちいいですね~(*´▽`*)

トランクも・・・

スベスベです。 メタリックが顔を出しキラキラ感も向上しております!

ボディサイドも・・・

スクラッチとクスミが取れて綺麗にライトが映り込んでおります(^_-)-☆

最後にホイールです。

今回ホイールの一部に塗装の劣化が確認できましたので全体的に軽めのクリーニングに

留めておきました。ホイールの塗装は熱の影響を大きく受けますので塗装の劣化も早い事が

多いです。劣化している塗装のホイールを洗う時はご注意ください。

そしてBMW135iクーペのボディコーティングが完成いたしました!

クスミも取れてスッキリとクリヤーボディに復活いたしました!

クスミが無くなったのでメタリックが輝きを取り戻し光が当たると本来のキラキラ感が

味わえます(^_^)/

オーナー様も『おぉ!綺麗だなぁ!! 一皮剥けた感じだね!!』と、その違いを

感じて頂けたご様子でした。 まさにオーナー様の言う通りで一皮剥いたと言っても

過言ではございません。

そのクスミの皮を剥いてあげればツヤピカのボディに復活いたします!

特に中古車でご購入された場合はクスミや痛みで今見えている愛車の色は

本来の色ではないかも知れません。

愛車の本当の色艶を見たくないですか?? もし見たくなったら・・・

カービューティープロ カラーズへどうぞ~!

 

最後は宣伝でした( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

アウディA1の定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアウディA1のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのアウディA1は2018年の3月にボディコーティングを施工させていただきました

お車になります。

前回のブログでご紹介しましたアウディS1と同じオーナー様のお車ですのでメンテナンスも

毎回同じタイミングでお越しくださっております。  ありがとうございます。

S1の方はメンテナンスと同時に樹脂コーティングも行いましたがA1の方は樹脂の痛みが

少ないので今回はメンテナンスのみのご依頼になります。

ではコーティング施工から3年経ちましたアウディA1のメンテナンスの様子を今回も

ビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

S1と同じような汚れ具合なんですがボディカラーが白ですのであまり汚れが目立ちません(笑)

アフターです↓

よくよく見ますと線キズも多くなってきましたがこれまたボディカラーが白いので

屋外で見ますとあまり気にならないと思います。

ルーフは・・・

グレーですので白よりは汚れがわかりやすいですね。

アフターです↓

こちらも線キズが少し多くなってきましたがクレーター状の深いシミは意外と少なく

まだまだお綺麗です(^_^)/

リアは・・・

ご覧の様に少し汚れ気味です(^^;

ただ汚れ自体は塗装面に乗っている軽い汚れですので・・・

塗装面(コーティング被膜)事態の痛みは少なかったです。

ボディサイドも・・・

汚れで白さが少し引けていますけど・・・

まだまだコーティングも効いているようで水アカのこびり付きもありません。

それと鉄粉の付着状況ですが前回のS1でもそうだったんのですが鉄粉の付着自体は

意外と少なめなんです↓

黒っぽく点々と見えるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

ご覧のようにそれなり付いてはいるんです(^▽^;) しかし触ってみると反応以上に

ザラザラを感じます。

リアも・・・

特別に多い訳ではないのですがザラザラなんです(^^;

おそらく鉄粉以外の樹液等の“木”の影響なんだと思います。

鉄粉等の異物等を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

クリーナーに反応するのは鉄粉のみです。

なので写真だとその他の異物の付着状況はわかりません(^▽^;)

でも触ればわかります(笑)

リアも・・・

反応も少なくスッキリと綺麗になりました!

もちろん触ってもスベスベになりましたよ(^_^)/

最後にホイールです。

やや汚れ気味でした。

アフターです↓

サッパリと気持ちいいですね!

そしてアウディA1のボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

近くで見れば線キズ等のスクラッチなど増えてはきましたが艶も光沢も復活し、

お車の印象もサッパリとして質感も上がって見えると思います!

マメなお手入れ&定期的なメンテナンスをしているお車と、全然していないお車とでは時間が

経過すればする程違いが出てきますので、皆様もメンテナンスは定期的にどうぞ~(^_^)/

 

話は変わりますが今年も花粉の季節がやってきました。当店のございます小田原市も

花粉が多くなってきました(;´∀`)

この時期は花粉が雨で濡れると斑模様になってしまいます。

実はこれは斑模様になって美観が低下するだけではないんです。美観が低下するだけでしたら

花粉のシーズンが終わってから洗車すればいいだけなんですけど、濡れた花粉は塗装そのもの

を痛めてしまうので花粉の時期はマメな洗車が必要になってきます。

理想は雨が止んだら洗車です! 正直なかなか毎回は難しいと思いますが花粉の時期は

通常よりも洗車回数を増やすよう心掛けて下さい(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

アウディS1の定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアウディS1のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのアウディS1は2018年の3月にボディコーティングを施工させていただきました

お車になります。 コーティング施工からちょうど3年が経ちました。

定期的にメンテナンスにお越しくださっており今回は通算で5回目のメンテナンスの

ご依頼になります。

今回はメンテナンスと黒い樹脂部品の色褪せが気になるとの事で樹脂コーティングの

施工のご依頼を頂きました。

ではメンテナンス&樹脂コーティングの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

汚れています(^▽^;) 拭きキズも確認できます。

また鳥糞でしょうか?木の実かな?? 何かしらの落下物によるシミも所々に散見できました。

アフターです↓

汚れも落ちてだいぶスッキリと綺麗になりましたね!

スクラッチもございますがコーティングから3年ですのでこれ位は付いてしまう物です。

深いシミは少なかったです。

ルーフも・・・

汚れ気味です(汗)

アフターです↓

ルーフも綺麗になりました。色艶が違います(^_^)/

リアも・・・

ウインドウ下の溝に汚れが溜まっています。

雨が降るとウインドウの付いている砂埃が流れて溝に溜まってしまいます。

普段の洗車ですと意外と落ちずに残ってしまうんです(^^;

アフターです↓

溝もサッパリとしました!

ボディサイドも・・・

ボディカラー的な事もあって汚れが目立ちます。

アフターです↓

ただ塗装面の痛み自体はとても少なくまだまだお綺麗です。

それと何時もの鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

すこしわかりにくいんですが鉄粉の反応自体は少ないんです。

ただそれ以上に触るとザラザラとしています。 洗車していてもスポンジが引っ掛かり気味でした。

専用のクリーナーはあくまでも鉄粉に反応するだけでそれ以外の異物には反応しません。

という事は鉄粉以外の異物が沢山付いているという事になります。

おそらくですが駐車場の近くに木があるとの事ですので木の実やら樹液やらではないかと思います。

鉄粉等の異物を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々鉄粉の反応自体は少なかったので見た目の変化は少ないかもです(^▽^;)

でもスポンジを滑らせても引っ掛かりもなくスムーズに滑るようになっております!

ホイールも・・・

ブレーキダストで茶色いです。

アフターです↓

本当はグレーメタリックなんです!

艶々ですね(^_^)/

それと樹脂コーティングですが・・・

↑はカウルトップです。(ワイパーの所)

砂埃&色褪せがなかなかのものです(笑)

水抜きの穴が詰まっていて雨水がたまってしまうようでした。

アフターです↓

黒さが復活しました!

水抜きの穴も掃除しましたので、もう水たまりにはなりません(笑)

フロントバンパーのメッシュ部も・・・

白っぽく色が褪せてまいりました。

アフターです↓

一つ一つ手塗りしていきますのでメッシュ部はなかなか大変なんですが今回のS1は比較的

大きめのメッシュなので少し助かりました(笑)

それとグリルも・・・

白っぽくなってきました。

樹脂部もよ~く洗ってからコーティングしていきます・・・

シミやキズが無くなる訳ではないのですが、だいぶ目立たなくなります。

なによりも黒さが違うんです!

そしてアウディS1のボディコーティングメンテナンス&樹脂コーティングが

完成いたしました。

色艶も復活して綺麗なダークブルーのS1に仕上がりました!

それと樹脂コーティングで黒さを増したフロントグリルやメッシュ部が

お車をグッと引き締めております(^_-)-☆

これだけでも印象が全然違うと思います。

オーナー様も『こんなに綺麗になったの!』と、とてもお喜びになられておりました!

ありがとうございます。

 

黒い未塗装の樹脂パーツは経年劣化でどうしても色が褪せてきます。その色褪せが

お車を古く感じさせてしまいます。

皆様もお車は大丈夫ですか?? もし色褪せが進んできても諦める事はございません。

諦める前に是非一度当店にお気軽にご相談ください。  お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アストンマーチンDBS ヴォランテのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアストンマーチンDBS ヴォランテのボディコーティングです。

アストンマーチンDBSのオープンボディモデルのヴォランテになります!

ず~~っと欲しかったアストンマーチンだったそうですが、いい個体に巡り合えたそうで

衝動買いに近い感じでご購入されたそうです。

そういう運命的な出会いってありますよね~(*´▽`*)

そんな憧れのアストンマーチンをご購入され綺麗にリフレッシュしたいとの事で

大切な愛車のボディコーティングを当店にお任せくださいました。 ありがとうございます。

では早速ですがアストンマーチンDBSヴォランテの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

シミは確認できますが塗装を侵食してしまっているようなクレーター状の深いシミは少ないです。

スクラッチも付いておりますが年式を考えますと少ないですね!

それよりも塗装面を見ていて気が付いたのが・・・あれっ?この網目模様はもしやカーボン製!?

見れば見るほどアッチもコッチもカーボン製ではないですか(;”∀”)  すげ~!

お引渡し時にオーナー様にお聞きしましたら“ボディはカーボンとアルミ製”なんだそうです!  すげ~!!

 

ルーフは・・・

もちろんソフトトップですのでカーボンではありません(*^^*)

所々、広範囲にシミが確認できました。

トランクは・・・

こちらもボンネットと同じように軽めのシミは多いのですが深いシミは少なかったです。

ボディサイド・・・

シミが少ない分スクラッチが気になります(^^;

特にオーナー様が気にされていましたのが・・・

この3本の線キズです。

これは少し深い気がしますけど・・・結果は後ほど!

ホイールは・・・

ガリキズなどは付いていますけど塗装自体はまだまだしっかりとしていてお綺麗でした。

 

初期登録から15年くらいのお車なんですが15年の時間の流れを感じない状態だと思います。

もちろん見て頂いたように軽めのシミやスクラッチ、線キズ等は確認できますけど

塗装そのものはまだまだしっかりとしております。

そして見れば見るほど塗装の“塗り”が綺麗です。塗装の厚み感や平滑さなどが違います(*”▽”)

とは言え現状はそれなりに痛みも進んでおりますのでしっかりと磨いてリセットしていきたいと

思います。 では作業開始~~!!

 

まずは洗車後に鉄粉を処理していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

少ないですね~(*^^*)

よ~く見ればポツポツと付いてはいますけど、とっても少ないです!

リアも・・・

探せば確認できますけどパッと見ではわからないくらい少ないです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

元々が少ないので違いがあまりわかりません(汗)

でも綺麗になっているんですよ(笑)

リアも・・・

よ~く見れば違いはわかるんですけど。よ~く見ないとわかりません(^▽^;)

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤は・・・

PCX-V110をチョイスいたしました!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた

滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回はソフトトップのコーティングも施工していきます。

ソフトトップ専用のクリーナーで洗った後にまたまたマスキングしていきます↓

専用のコーティング剤が他の部分に付かないようにソフトトップ以外、全てマスキングです↓

丸ごとです(笑)

その後にコーティング剤を吹き付けてコーティングしていきました(^_^)/

それと今回はヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いております。

↓はビフォーです。

写真ですと全然伝わりませんが若干白濁が進んできています。 逆に言いますと写真では

上手く撮れない位の軽めの白濁なんです。

アフターです↓

ヘッドライト外側の白濁は除去できクリヤーになったのですが、ヘッドライト内側の曇りが

少し気になるかも知れません。 しかし↑の写真のように写真で撮るとその曇りが

上手く伝わりません(汗)

ヘッドライト内側の曇りを処理するにはヘッドライトの分解が必要になってきます。

反対側も・・・

軽~く曇り気味なんですけどわかりませんね(;´∀`) すいません。

アフターです↓

こちらも表面の曇りが無くなってクリヤー感が上がったのですが

内側の曇りは残っております。

 

ではその他の仕上がり具合も確認していきましょう。

シミもスクラッチもスッキリとしました!

カーボンの網目がよく見えるようになったと思います(^_^)/   わかります??

ルーフのシミは・・・

完全には落ちませんでしたが、だいぶ目立たなくなりました。

また黒さも増しました。

トランクも・・・

シミが取れてスッキリですね!

ボディサイドは・・・

スクラッチも無くなりクスミも取れてライトもしっかりと映り込んでおります。

そしてオーナー様が気にされていた3本の線キズも・・・

深いからどうかな~?と思ったんですけど綺麗に除去できました。

目が行く場所でしたので除去出来て良かったです(*^_^*)

最後にホイールです。

タイヤもホイールもしっかりと洗った後に艶出ししております。

そしてアストンマーチンDBS ヴォランテのボディコーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました~!(^^)!

色に深みが出て艶やかさと光沢感の向上を感じていただける仕上がりになったと思います!

特にアストンマーチンのような曲面の綺麗なお車にガラスコーティングをするとボディラインが

より強調されて綺麗なんです(*^_^*)  もちろん日中の太陽の下で見ても綺麗なんですが、

夜の街灯の下で見ますとこれがまたいいんですよ~。

街灯に照らされた愛車はいつもの2.5倍はカッコよく見えるものです!  本当ですよ(笑)

なかなかマニアな視点になりますが街灯に照らされた愛車を眺めたり、写真を撮るのも

また違った車の楽しみ方でもあります!

皆様も是非お試しを(^_^)/

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

VWゴルフオールトラックのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはVWゴルフオールトラックのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのピーコックグリーンのVWゴルフ オールトラックは昨年の7月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から半年少々のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

ありがとうございます。

コーティング施工当時は屋根有りの駐車場でしたが、その後に保管場所が変わってしまい

現在は屋根なしの駐車場になってしまったとの事でお車の状態が少しばかり心配では

ございますがはたして?!

ではメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

いゃ~全然お綺麗でした! 軽めのシミは確認できますが洗車キズ等のスクラッチも

少ないですね。

アフターです↓

とても良好です(*’▽’)

ルーフも・・・

軽く汚れていますけど目立つようなシミはございません。

アフターです↓

ホントに屋根なし駐車ですか??と思うくらい綺麗ですね!

リアウインドウ下も・・・

よくお手入れされていて汚れもございませんでした(*”▽”)

素晴らしいっス!

なのでアフターで見ても・・・

変わり映えしません(;´∀`)

ボディサイドも・・・

めちゃくちゃ綺麗です。

いゃ~もうご紹介する所がないです(笑)

↑はアフターですけど写真取り違えていても気が付かないレベルです(笑)

 

先に言ってしまいますけど鉄粉も少ないです(笑)

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応するのですが・・・

全然ないわけではないのですが、とっても少ないです!

リアも・・・

あるにはあるのですが、よ~く見ないとわからないです(^▽^;)

鉄粉も少ないですし洗車キズも少なく、そして撥水力も健在ですので

普段のお手入れ方法がとてもいいのでしょう!

今回は鉄粉が少ないのでケミカル剤のみの軽めの方法で鉄粉を処理しました。

ほぼ違いがわかりませんけどアフターです↓

やっぱりわかりません(笑)

リアも・・・

変わりませんね(^▽^;)

そして早くも最後のホイールです。

綺麗ですね~。ブレーキダストが多く出るお車なんですけど、とてもよく管理されております!

アフターです↓

最後の最後までビフォーとアフターの違いが伝わりませんでした(^▽^;)  無念!

そしてピーコックグリーンのVWゴルフ オールトラック、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

いゃ~いいですね! 元々、本当にお綺麗でしたので写真だとメンテナンス前後の違いが

伝わらないかも知れませんが、それでもメンテナンスを行いますと艶と光沢感が向上して

ツヤピカに仕上がります!

メンテナンスでは通常の洗車では落ちない汚れを特殊なケミカルを使い落としています。

これは実はとても重要な事で、塗装面は見た目が綺麗に見えていても少しづつ汚れの膜が

付いてきます。それが撥水を低下させたりクスミの原因にもなります。

また普段のお手入れもそうなんですが、その汚れや雨ジミなどが固着してしまう前に

洗車を行なえば頑固な汚れの付着が低減できます。

逆に汚れが固着してしまうと洗車やメンテナンスでも落ちなくなってきます。

そうなる前、汚れが固着する前に洗車やメンテナンスを行ない、落ちる汚れは早めに落としていくのが

長期に渡り美観を維持するポイントです。

皆様もメンテナンスは早めのタイミングでどうぞ~(^.^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ベンツC220dのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはメルセデスベンツC220dのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのベンツ220dはボディコーティングから1年と少々経過いたしましたお車になります。

当初はもう少し早いタイミングでメンテナンスを予定されていたそうですが、

色々とご都合がつかずこのタイミングでのご入庫になりました。

コーティングから1年以上経ってはいますけど、まだまだ艶も感じられお綺麗です。

しかし店内に入れて観察いたしますと色々と見えてまいります(^▽^;)

ではコーティングから1年少々経過いたしましたメルセデスベンツC220dのメンテナンスの

様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

メンテナンス剤か何か塗られたのでしょうか??

拭き跡が残っておりました(^^;    (洗車では落ちませんでした)

アフターです↓

拭き跡もスッキリと綺麗に無くなりました。

ライトを当てているのでシミがよ~く見えますけど屋外で見ますとあまり気にならない程度の

薄いシミです。

ルーフは・・・

細かなシミが沢山付いています。これはルーフだけでは無くボディ全体に確認できました。

何のシミなのかは断定できませんが雨ジミではないです。

オーナー様も気になっていたそうです。

アフターです↓

だいぶ綺麗に除去できました!

当店の通常のメンテナンスでは塗装を侵食しているようなクレーター状のシミは除去できませんが

塗装面(コーティング被膜)の上に付いてしまったシミは限界はございますが(^^;除去可能な

事が多いです。

↓もルーフです。

全体的にシミが付いていました。

アフターです↓

スッキリ~(*´▽`*)

ボンネットに比べクレーター状の深いシミも少なかったです。

トランクも・・・

拭き跡がバッチリと付いていました(^^;

ルーフは付いていなかったんでボンネットとトランクのみ何か使ったのでしょうか??

オーナー様に聞くのを忘れました(汗)

アフターです↓

トランクもスッキリです!

こちらもルーフ同様クレーター状の深いシミはとっても少なかったです。

ボディサイドは・・・

汚れ気味でした。

アフターです↓

ボディサイドは拭き跡も深いシミもなく汚れてはいましたが良好な状態をキープされていました。

それと何時もの鉄粉の付着状況のご報告ですけど黒い車ですので専用のクリーナーを

吹き掛けても・・・

写真だと何が何だかわからないので写真撮ろうかどうしようか悩んだんですけど

せっかくですので写真撮りました。

でもやっぱり何が何だかわかりませんでした(笑)

実際のところは結構付いているんですけど1年経過ですので、これ位は付いているものです。

と言っても“これ位”と言われても写真ですと“どれ位”かわかりませんね(^▽^;) すいません。

一応トランクも撮りましたが・・・

わからね~よ! ってツッコミが今にも聞こえてきそうです(;´∀`)

まぁ確かにわかりませんね(汗)

実際のところはボンネット同様それなりの量が付いていました。

鉄粉が多く付いている車ですと洗車時にスポンジの滑りが悪かったり拭き上げ時の

クロスが引っ掛かったり(マイクロファイバークロスだとよくわかります)、

また撥水性の妨げになったり、水の“動き”の邪魔をしたりと悪さをしますので

鉄粉は定期的に処置いたしましょう!

そして最後にホイールです。

ベンツはブレーキダストが多く出ますのですぐに汚れてしまいます。

アフターです↓

洗うと色まで変わります(笑)

そしてメルセデスベンツC220dのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶々に仕上がりました~! ツヤピカです!!

ご入庫は汚れてはいましたけど艶も感じられ綺麗に感じましたがメンテナンスをすると、

も~~っと綺麗で艶々になるんです!  いゃなったんです(^_-)-☆

特に黒などのダークカラーのお車はメンテナンスをしますとビフォーとアフターで

艶感が全然違います。

オーナー様も『おぉ~!すげ~綺麗。 自分の車じゃないみたい』と私が密かに車を

取り換えた事にお気づきになられたご様子でした。  いゃ、取り換えていませんけど(笑)

それくらい艶感が違うという事です(^_-)-☆

とても喜んでいただけたご様子でニコニコ笑顔でお帰りになられました。

皆様の笑顔を見た時が、この仕事をして良かったと思う瞬間でもございます。皆様の笑顔が

見られますように、これからも頑張ってまいりますヽ(^o^)丿

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

フィアット500Cのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはフィアット500Cのボディコーティングです。

こちらのフィアット500CはTwin Airと言われる0.9リッターの2気筒のターボエンジンを

搭載しているモデルです!

2気筒ですのでバタバタとした振動と鼓動がなかなかですが(笑)これがまた独特ないい味を出すんです(*’▽’)

バイクの単気筒エンジンのような独特の鼓動に初めは違和感と言うか“なんかすげ~なぁ”感が

あるんですけど暫くして慣れてくると“楽しい!”に変り、その振動すら心地よく感じてくるので

不思議です(笑)

と言いましてもお店の出し入れしかしていませんが、そのわずかな移動だけでも楽しいんです!

これがルーフを開けてドライブでもしたらきっと凄く楽しいんだろうなぁ~。などと妄想している

私でした(笑)

話が大幅に逸れてしまいましたがフィアット500Cの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

シミやクスミが進んでいて塗装面がガサガサとしています。

ルーフは・・・

ソフトトップです。

それなりに汚れてはいますけど目立つような大きなシミ汚れはありませんでした。

ボディサイドは・・・

少しクスんでいるようでライトの映り込みもスッキリとしていません(^^;

しかも・・・

結構汚れております(^▽^;)

リアは・・・

こちらはボンネットほどシミやクスミは無く比較的お綺麗でした。

ホイールは・・・

ブレーキダストでやや汚れ気味でした(^▽^;)

 

全体的に少し汚れや塗装面の痛みで“お疲れ”感が漂っていました(汗)

洗車頻度もあまり多くないそうですが、その効果か?洗車キズ等のスクラッチ類は

とても少なかったです!   これが噂のノー洗車効果です(笑)      噂なのか??

その噂のノー洗車効果は十分に発揮されてはいるのですがシミやクスミは進んでいてボディから

クリヤー感が失われておりました。 これらが“お疲れ”感を演出してしまっているんです(^_^;)

そんな少しお疲れなフィアット500Cをスッキリと気持ちよく仕上げていきたいと思います!

では作業を進めていきましょう。作業開始~~!!

 

まずは洗車をします。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

意外とと言ったら失礼ですが意外と少ないです! ←(言っちゃってますけど)

ただリアは・・・

フロントに比べますとやや多めでした。今回のお車に限らずですがフィアット500(アバルト含む)は

ここに鉄粉が多く付く傾向です。ボディ形状の影響なのかと思います。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも・・・

だいぶ綺麗になりました!

その後にボディにマスキングを貼っていきます。

貼りました!  今回はルーフは磨きませんのでルーフまでしっかりとマスキングをします。

そして磨いていきます。今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

最近ホワイト等のライトカラー系のお車にもV-110を使われる方が増えてます(^_^)/

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

ガサガサが無くなってツルッ!とした塗装肌に仕上がりました(^_^)/

ルーフは・・・

こちらは専用のクリーナーで洗っております。

サッパリしたと思います!

ボディサイドも・・・

 

クスミも無くなって綺麗にライトが映り込むようになりました。

もちろん・・・

艶々で気持ちよくなりました。

リアも・・・

綺麗になりました。

最後にホイールです。

ホイールもサッパリと綺麗になりました。

そしてフィアット500Cのボディコーティングが完成いたしました!

ややお疲れ感が漂っておりました500Cがキリッと綺麗になりました!

施工前のボディとの“張り”と“艶”の違いを感じて頂けると思います。 それと透明感もね(^_-)-☆キュピ~ン

オーナー様も“こんなにきれいになるんだぁ~”とお喜びになられておりました。

ありがとうございました。

おそらくこのツインエアは乗れば乗るほど、そして時間が経てば経つほど味が出て身体に馴染み

手放せなくなるお車だと思います。そんな気がします(*^^*)   私も欲しいです(笑)

そんな乗って楽しい見て可愛いフィアット500Cのボディコーティングのご紹介でした!

 

 

フィアット500の本国イタリアでは新型のフィアット500が発表されました。

しかも新型はEV。そう電気自動車です!

スタイリングは現行型を色強く残していますけど若干大きくなるようです。 大きくなると言っても

十分にコンパクトですけど(笑)

現行の独特な振動と鼓動感から静かで振動の少ないEVに大変身するようです。それはそれで進化では

あるんですけど振動と鼓動感が車を楽しくしている要素でもあると思うのでそこは少し心配です(^_^;)

新型の日本導入は2021年中の予定だそうですのでエンジンの鼓動が好きな方は現行型が売られている

今が最後のチャンスかも知れません。  (現行型も暫くは併売されるとの噂ですが)

この機会にお早めにどうぞ!!(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レンジローバースポーツのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレンジローバースポーツのボディコーティングです。

H18年式のレンジローバースポーツです!

ご購入から間もなく15年が経過しますお車になります。

以前に一度、ヘッドライトクリーニングで当店にお越しくださっておりますが

今回はボディコーティングのご依頼を頂きました。 ありがとうございます。

ソリッドの白ですが15年も経っているとは思えない程まだまだ白いです(笑)

とは言えやはり15年です。細かく観察していきますと色々と見えてきてしまうのもまた事実です。

では早速ですが各部の状態を見ていきましょう。

まずはボンネットからです↓

シミやスクラッチはとても少ないのですがご覧のようにクスミが進んでいて

透明感が引けています(^^;

ルーフも・・・

こちらも比較的シミやスクラッチも少ないのですがクスミが進んでいてライトの周りが

白くボヤけて見えます。

ボディサイドも・・・

年式を考えますとお綺麗ですね!しかしもう少しシャキッとした映り込みにしたいです(笑)

リアも・・・

ボディカラーが白ですので普段スクラッチやシミも気になりませんがライトを当てて見ると

塗装面の痛みもよく見えてしまいます(^_^;)

ホイールも・・・

お綺麗でした(*’▽’)

 

全体的に15年の歳月を感じさせない程お綺麗な状態を維持されていました。しかも洗車は

あんまりしていないとの事ですので更にビックリです(;´∀`)

普段は雨が当たらない屋根の下で保管されているそうですので納得は納得なんですけど

それにしても15年を感じさせない程お綺麗でした。ただやはりクスミが進行していて

ライトを当てて見てもライトの周りが白くボヤッと見えますし透明感もあまり感じられませんでした。

それがお車全体を見た時の印象にも繋がってきます。

何と言いましょうか?? いまいちキリッっとしないで疲れた感じとでも言いましょうか。

そんな疲れた感じをキリッ!っと、そしてパリッ!と感じて頂ける仕上がりにしていきたいと

思います!  では作業を進めて参りましょう。作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーシュッシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

少しわかりにくいかも知れませんが鉄粉多いです(^^;

15年ですのでしょうがないです。

リアも・・・

多いです。

オーナー様も後ろの方がポツポツとしていると気にされていました。そのポツポツの正体が

この鉄粉達です(汗) これだけ付いていると気になりますよね~(^▽^;)

その鉄粉達を処理した後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ鉄粉も無くなりましたね!

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました!

鉄粉も知らず知らずのうちに勝手に付いてしまいますので定期的な処理がおすすめです。

鉄粉処理が済みましたら今度はボディにマスキングをします。

いつもよりマスキングが少なめですが、まずはここまでです。あとのマスキングが必要な場所は

磨く直前に貼ってすぐに剥がす方法で進めていきました。

マスキングもとても奥が深くお車の状態によってマスキング方法を変えております。

そしてこの後に磨いていきました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回もヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いております。

現状です↓

それ程痛みが進んでいる訳ではないのですがライト下部がやや白っぽく白濁しています。

反対側は・・・

こちらのヘッドライトは一度交換されているので痛みは少ないです。

全体的に若干の曇りも感じますが写真に撮ってしまうと正直わかりません(;´∀`)

そしてアフターです↓

 

 

あれっ??

 

ない??(汗)

 

写真がない((;゚Д゚)ガクガクブルブル

すいません。アフター写真を撮り忘れたようです。

申し訳ございませんm(__)m

 

気を取り直して・・・

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

クスミも無くなってスッキリと綺麗になりました(^_^)/

ルーフも・・・

白い曇りも無くなってスッキリと綺麗にライトが映り込んでおります!

ボディサイドも・・・

ライトがシャキッとシャープに映り込むようになりました。

リアも・・・

綺麗になりました。

最後にホイールは・・・

より綺麗に美しく!

そしてレンジローバースポーツのボディコーティングが完成いたしました!

いかがでしょうか。施工前よりシャキッとしたように感じませんか??

またはパリッとしたように感じませんか??  正解はどちらもです(笑)

元々お綺麗でしたが施工前と比べると白さと透明感そして艶感が全然違うんです!

写真よりも実車の方が違いを感じて頂けると思います(^_-)-☆キュピーン

オーナー様も『いゃ~綺麗になったね。なんか白くなったね~』と、お喜びになられている

ご様子でした。 ありがとうございました。

 

車は洗車時に付くキズ、紫外線による色褪せ、そして汚れやクスミ等進行で知らず知らずのうちに

本来の色や艶が失われていきます。 しかし毎日の様に見ていると全然わからない物です。

そしてある時に気が付くんです。“アレ?キズだらけだぁ” とか “なんか汚い” やら “艶がない” 等です。

でも諦める事はございません! 磨けば本来の色と艶にまた出会えます(^_-)-☆

愛車が綺麗になると愛着も一層深まります。

皆様の愛車は大丈夫ですか? 色が変わっていませんか??艶はありますか??

でも大丈夫です!

磨けば光りますので諦める前にカービューティープロ カラーズにお気軽ご相談ください(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

VWゴルフ トゥーランのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはVWゴルフ トゥーランのボディコーティングです。

H29年ピュアホワイトのVWゴルフ トゥーランです!

ご購入時に購入店でボディコーティングを施工したそうですが、その後のメンテナンスは当店を

ご利用頂いておりました。  メンテナンスも定期的にご依頼いただいていましたので

お車の状態もまだまだお綺麗で良好でございますが、今回は再コーティングのご依頼です!

ありがとうございます。

ではご購入から間もなく4年が経ちますトゥーランの現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

さすがに4年経過ですのでシミも確認できますが、そのシミも少なめではないかと思います。

ルーフも・・・

シミは付いていますけど4年という月日を考えますと寧ろ“綺麗”ですね(^_^)/

ボディサイドも・・・

クスミの進行も少ないですね。

しかし反対側は板金修理をしましたので・・・

ポリッシャーで磨いた時に付いた磨きキズが凄いです(^▽^;)

結構広範囲に、しかも深めの磨きキズでした。

板金修理から戻ってくると多かれ少なかれ磨きキズが付いている場合が多いです。

リアは・・・

こちらもシミもクスミも少ないですね。

ホイールは・・・

お手入れが行き届いております!

 

全体的にご購入から4年の月日を感じない程お綺麗だと思います。これは普段のお手入れ&保管環境、

そして定期的なメンテナンスの効果だと思います(^_^)/

ただホワイトという事もあって屋外で見ますとシミはそれ程目立ちませんが目立たないだけで

店内でライトを当てるとシミがよ~く確認できました(^^;

そのシミも酷い状態ではありませんが逆に酷くなる前にシミを処理していけば塗装を削る量も

抑えられますのでシミが酷くなる前の早めのタイミングでの再施工はとても良い事だと思います。

あまり酷くなったからだと磨きで処理できないシミも増えてしまいますので(^_^;)

では作業を進めて参りましょう!

作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングです。↓は現状です。

フロントウインドウは1年前のメンテナンス時にウインドウコーティングを再施工しましたので、

多少撥水力が落ちているように感じますが、まだまだ綺麗に弾いておりました。

今回は全面のご依頼ですので・・・

全面磨いていてガラス表面をリセットします。その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です。

やっぱり水玉の丸さが違います(*^_^*)

 

続いてはボディです。まずは洗車後にボディに付いている鉄粉等を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

これまたビックリするほど鉄粉が少なかったです。

リアも・・・

(;”∀”)ビックリです! とっても少ないですね。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗です。

リアも・・・

綺麗です!

 

その後にボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

サッパリとしました(^_^)/

ルーフのシミも・・・

綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

元々クスミも少なくお綺麗でしたが磨くとやっぱリ違うんです(*’▽’)

クリヤーで気持ちいいですね!

もちろん板金修理後の磨きキズも・・・

綺麗に除去できました。

リアは・・・

こちらもクリヤーに仕上がっております。

そして最後にホイールです↓

タイヤもホイールも艶出ししております。

そしてピュアホワイトのVWゴルフ トゥーラン、ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました!

元々艶も感じられシミやクスミも少ないお綺麗な車でしたが、それでもそのシミやクスミ、

そしてスクラッチを処理しコーティングを掛けますと新車にも負けない艶と透明感あるボディに

仕上がります! その仕上がりにオーナー様にもとてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

板金修理から上がってくると磨きキズが盛大に入っている事が実は多いです。

白やシルバー等のライトカラーの車は目立ちませんが目立たないだけで付いています(^^;)

その場合でもギランギランには目立ちませんが修理したパネルだけ艶感が違ったりクリヤー感が

無かったりと違和感があります。また黒などのダークカラーですとギランギランです。

中には修理したお店に“黒い車の板金修理はこんなものです”と言われたオーナー様もいられます。

そんな事を言われても信じて諦めないでください。ちゃんと磨けば治ります!

板金修理後のギランギランでお困りでしたら諦めないで是非当店にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BMW3セダン(G20)のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはBMW3セダンのボディコーティングです。

こちら納車から間もない新車のお車になります。新型の3シリーズは当店初入庫になります(^_^)/

新型になって更に立派で、それでいて3シリーズらしいスポーティーなスタイリングになりました!

3シリーズに限らずですが今の車は輸入車も国産車もモデルチェンジの度に大きくなっていきます。

モデルチェンジの度に大きくなっていく理由の一つに人間の平均身長が伸びているから。と言う

話も聞ききます。 確かに言われてみればそうかなと納得もします(笑)

ちなみに私自身はモデルチェンジしていないのに年々大きくなっています(^▽^;)

なぜでしょう?? 何故なんでしょう?? 不思議です(笑)

 

話がそれましたが新車3シリーズの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少し汚れてはいますけど曇りもなく綺麗ですね!

ルーフも・・・

汚れはありますが基本的に塗装の肌はお綺麗でした。

リアも・・・

同じく特に気になる所はございません。

ボディサイドも・・・

とっても綺麗!!

ただ・・・

ピラー部に保護シートの糊跡が残っております。

しかもフィルム剥がしてから時間がそれ程経っていないのに既に結構キズが付いています(^▽^;)

ドアにも・・・

キズのように見えますがキズではないので安心して下さい。保護シートの糊残りです(^^;

他にも数ヶ所確認できました。

ホイールは・・・

納車されてから全然乗っていないそうですけどブレーキダストで少々汚れ気味です。

 

新車ですが納車から1週間ほどのお車ですので若干の汚れは付いておりましたが、塗装自体は

曇りも気にならず、とてもお綺麗な塗装でした!だた先ほど見て頂きましたようにピラーや

ドアノブ周辺に保護シートの残りも散見されます。特にピラーはキズが付きやすいピアノブラック調と

いう事もあって既に結構キズが入っておりました。 BMWに限らずですが最近の新車は

ピラーやグリル・フォグランプベゼル等にこのピアノブラック調(グロスブラック)のパーツが多く

なってきましたが、とにかくキズが付きやすく目立ちます(^_^;)

新車でも納車時点でキズだらけという事も珍しくないです。逆にキズが付いてない車は無いと

言っても過言ではないです(涙)

今回のBMWのピラーのキズの程度は幸い“軽い”ので磨いてスッキリとしていきましょう!

もちろんボディも磨きます(笑)

では作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングです。 ウインドウコーティングはボディコーティングと同時に

ご依頼を頂く事の多い当店の人気オプションメニューでございます(^_^)/

↓は現状です。

油分の付着も少ないですね。

今回は全面のご依頼ですので・・・

全面、下地を整えていきます。その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です。

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応いたします。

少ないですね!

リアも・・・

とっても少なかったです。

鉄粉も少ないので処理も軽めの作業方法で処理していきました。

処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

いいですね~(*´▽`*)

リアも・・・

よりサッパリとしました。

その後にボディにマスキングをして・・・

磨いていきます!

塗装面が綺麗な新車でもここまでやってから磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランになります。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

今回はとてもお綺麗でしたので“塗装を削る”のではなくケミカルでも落ちなかった汚れを

落とし塗装表面を整える為の磨きになります。

 

磨きが終わりましたら今度はいよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗な塗装肌の新車でしたが、それでも磨いてからコーティングを掛けますと

新車以上の仕上がりになります!

ルーフも・・・

綺麗です!

トランクは・・・

こちらもよりスッキリとクリヤーな仕上がりです(^_^)/

ボディサイドも・・・

よりライトの輪郭がシャープに映り込むようになりました。

キズが気になったピラーも・・・

新車らしく綺麗になりました!

もちろん保護シートの糊残りも・・・

ございません!

最後にホイールは・・・

綺麗になりました。

ただ走ればまたブレーキダスト付いてしまいますが(^▽^;)

そしてBMW3セダンの新車コーティングが完成いたしました!

元々お綺麗な車でしたので写真だと、あまり違いが・・・わからないかもしれません(^▽^;)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたように磨きを入れますと更に透明感が増しツヤツヤの

ボディに仕上がっております!

オーナー様も『おぉ!いゃ~やっぱり違いますね!いいですね!!』とその違いを

実感していただけたご様子でございました。

いゃ~ そう言っていただけるとホント助かります(笑)   ありがとうございます。

 

今回のBMWはとてもお綺麗な塗装でしたが新車でも曇りが酷いお車も実は結構多いんです(^▽^;)

その曇りを磨いて除去しますと透明感も光沢感も増します。それがお車を見た時の印象にも現れます。

不思議と塗装の曇りが無くなるとお車全体の印象もスッキリとクリヤーでキリッとした

佇まいになります(^_-)-☆

皆様の新車は大丈夫ですか?? 新車なのになんかスッキリとしないなぁ、と感じましたらそれは

もしかしたら塗装面が曇っているのかもしれません。でも大丈夫です。

磨けばスッキリとクリヤーになります。

新車のコーティングも新車磨きを行っている当店にお任せください。  お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。