スズキ アルトの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ アルトのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのシルキーシルバーメタリックのアルトは2020年の9月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から3年が経過しメンテナンスにお越しくださいました。

その間定期的にメンテナンスにお越しくださっており今回は通算3回目のメンテナンスになります!

ではコーティング施工から3年が経過しましたスズキ アルトのメンテナンスの様子を

ビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

まずはボンネットからです。

コーティング施工から3年が経過しましたのでシミが多くなってきた様です。

アフターです。

今回はスタンダードメンテナンスですので深いシミは残ってしまいます。

ただ艶や光沢感はまだまだ健在です!

ルーフも・・・

シミが多くなってきました。

アフターです。

とは言えボディカラーがシルバ-という事もあって普段、屋外で見る分には

↑の写真で見る程は気にならないと思います。

リアは・・・

通常の汚れが付いている程度でシミ等の痛みは少ないです。

アフターです。

まだまだピカピカです(^_^)/

ボディサイドも・・・

雨天走行による汚れ程度で特に気になるような痛みはありませんでした。

アフターです。

艶感も良く、まだまだ痛みが少ないです!

ただ撥水力は全体的に落ちておりました(^^;

 

それと鉄粉の付着状況です。

黒っぽく点々と見えていますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

前回のメンテナンスから1年以上経過と考えますと少ないと思います。

リアも・・・

少なかったです!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

前も後ろも・・・

綺麗になっております。

ホイールは・・・

お綺麗でした!

アフターです。

元々がお綺麗ですので違い感が分かりませんど(^^;タイヤもホイールも艶出しをしております。

 

それと今回はウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

前回のメンテナンス時にもウインドウコーティングを施工しましたが、

それから1年少々経過し撥水力が弱ってきたので再度ウインドウコーティングの

ご依頼です。

確認していきますと・・・

確かに撥水が乱れております。

リアも・・・

撥水力がだいぶ弱まってしまったようです。

弱った撥水被膜を除去し、その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

コロコロの・・・

水弾きに復元しました!

 

そしてシルキーシルバーメタリックのスズキ アルト、通算3回目のメンテナンスが

完成いたしました。

いかがでございましょうか。

とは言え正直、最初の写真と写真の色味が違ってしまったので比較できないかも知れませんが(^▽^;)

綺麗に仕上がっております。

コーティング施工から3年以上が経過しましたのでシミは多くなってきましたが艶感とクリヤー感は

まだまだ良い状態を維持されておりました(^_^)/

これも定期的にメンテナンスにお越しくださっている効果でもあると思います。

メンテナンスでは鉄粉処理以外にも細部の洗浄など行います。

色々なケミカルを数種類使い、通常のシャンプーでは落ちない汚れなども落としますので、

撥水力の回復とクリヤー感と艶が向上し、お車がパッと明るく、そしてスッキリとします!

シミやスクラッチが多いと艶感と透明感に影響を及ぼしてしまいます。

シミと一言で言っても実は色々な種類のシミがございます。

塗装面に樹液や木の実などが付いて出来てしまったシミ。

またケミカル類や薬品、オイル等々で塗装が変色してしまってシミになってしまったり、

ウォータースポットやシリカスケールなど色々です。

対処法はそれぞれの状態によって異なりクリーナーで簡単に落ちる場合もございます。

今回はコーティング被膜の上に付着しているシミはケミカル剤で処理出来ましたが

コーティング被膜や塗装を侵食してしまっているような深いシミは磨かないと除去出来ませんし、

更に深刻な場合は磨いても除去が不可能な場合もございます。

コーティングは決して万能ではございません。全ての外的な要因から塗装を守れるものではないので

普段のお手入れ、そして定期的なメンテナンスが大切になります!

皆様もメンテナンスは定期的にどうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

ミディアムグレーのジムニーにメンテナンスのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ジムニーのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのミディアムグレーのスズキ ジムニーは昨年の8月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年が経過し今回はメンテナンスにお越しくださいました。

早速ですがコーティング施工から間もなく1年経過しましたスズキ ジムニーの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

コーティング施工から1年経過していますのでシミが付き始めているようです(^^;

ただ、洗車キズ系のスクラッチは少ない様です。

アフターです。

今回はスタンダードメンテナンスですので深めのシミが残っています。

屋外で見る分には↑の写真程はシミは見えないのですが、もし気になるようでしたら

次回はメンテナンスplusが良いかも知れません。

ルーフも・・・

ボンネットと同様で少しシミが気になります。

アフターです。

シミは残っていますけど透明感が向上してスッキリと綺麗になりました。

ボディサイドは・・・

汚れてはいましたがボンネットやルーフ程は痛みが進んでいません。

アフターです。

シミもスクラッチも少なくて、状態は良好でございました!

リアも・・・

目立つような痛みは無いようです。

アフターです。

こちらも良好な状態を維持されております。

 

それといつもの様に鉄粉の付着除去のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ポツポツと確認できます。

でも1年経過でこれ位の鉄粉量は・・・普通でしょうか(^^;

特に多い訳でもなく、だからと言って特別に少ない訳でもないので・・・

普通でしょうか(笑)

リアは・・・

リアは少なめでした。

 

その鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリと綺麗になっております。

最後にホイールです。

少し汚れ気味です。

黒いホイールは少し汚れているだけでも黒が“薄く”見えてしまいます。

アフターです。

黒が“濃く”なりました(^_^)/

 

そしてミディアムグレーのスズキ ジムニー、ボディコーティングメンテナンスが完成しました。

お車がスッキリと気持ち良くなりました(^_^)/

メンテナンスでは鉄粉処理以外にも細部の洗浄など行います。

色々なケミカルを数種類使い、通常のシャンプーでは落ちない汚れなども落としますので、

撥水力の回復とクリヤー感と艶が向上し、お車がパッと明るく、そしてスッキリとします!

シミやスクラッチが多いと艶感と透明感に影響を及ぼしてしまいます。

シミと一言で言っても実は色々な種類のシミがございます。

塗装面に樹液や木の実などが付いて出来てしまったシミ。

またケミカル類や薬品、オイル等々で塗装が変色してしまってシミになってしまったり、

ウォータースポットやシリカスケールなど色々です。

対処法はそれぞれ状態によって異なりクリーナーで簡単に落ちる場合もございます。

今回はコーティング被膜の上に付着しているシミはケミカル剤で処理出来ましたが

コーティング被膜や塗装を侵食してしまっているような深いシミは磨かないと除去出来ませんし、

更に深刻な場合は磨いても除去が不可能な場合もございます。

コーティングは決して万能ではございません。全ての外的な要因から塗装を守れるものではないので

普段のお手入れ、そして定期的なメンテナンスが大切になります!

皆様もメンテナンスは定期的にどうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スズキ ハスラーの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ハスラーのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのクールカーキパールメタリック&ホワイトルーフのツートンカラーの

ハスラーJスタイルは2021年の7月にボディコーティングを施工いたしましたお車です。

コーティング施工から早くも2年以上が経過し、メンテナンスにお越しくださいました。

昨年の夏にも一度メンテナンスにお越しくださっておりますので

今回は通算2回目のメンテナンスでございます。

では早速ですがコーティング施工から約2年が経過しましたハスラーJスタイルの

メンテナンスの様子をビフォー&アフターで見ていきましょう!

まずはボンネットからです↓

コーティング施工から2年以上経過しているのにシミもスクラッチも少ないです(*’▽’)

アフターです。

塗装の柔らかいスズキ車で、しかもシミやスクラッチが付きやすく目立ちやすいダークカラーで

この痛みの少なさは凄いです\(◎o◎)/!

ルーフは・・・

クリヤー無しのソリッドホワイトと言う事もあり少しクスミが進んでいるようです。

アフターです。

スッキリとしましたね!

しかしクリヤー無しのソリッドホワイトはクスミの進行が早く、またクスミを完全に除去するには

磨きが必要になってきます。

その為でしょうか??現在のハスラーのツートンのルーフはホワイトからクリヤー有りの

ソフトベージュに変更された様です。

話を戻しましてリアです。

こちらも目立つ汚れも痛みもありませんでした。

アフターです。

なので写真だとあまりアフター感がありません(^▽^;)

ボディサイドも・・・

よ~く見ると黒い雨筋も確認できますが、それ以外は何も問題がなさそうでした。

アフターです。

元々お綺麗ですけどメンテナンス後は艶感が向上いたします。

 

それと鉄粉の付着状況です。

黒っぽく点々と見えていますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉ですが・・・

これまた鉄粉も少ないです。

反応がわかりやすい白いルーフで見ても・・・

反応が流れ気味ですけど少ないです!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

色的にわかりませんね(^^;

白いルーフで見ると・・・

比較しやすいです(笑)

ホイールも・・・

あまり汚れていませんでした。

アフターです。

ホイールも艶が向上しています。

それと今回はルーフBOXのコーティングのご依頼も頂いております。

正確に言うと再コーティングのご依頼です。

実は3年前にも一度ルーフBOXのコーティングを施工しております。

それから3年が経ち傷んで来たそうなので再コーティングしました。

現状です↓

黒い事もあってスクラッチが目立ちます(^^;

アフターです。

深いキズは残りましたが軽めの磨きで浅めのスクラッチを除去しています。

それでも全然違います(笑)

黒光りしていましたヽ(^o^)丿

 

そしてクールカーキパールメタリック&ホワイトルーフのツートンカラーの

スズキ ハスラーJスタイルのボディコーティングメンテナンスが完成しました。

艶々に仕上がりました~! ツヤピカです!!

ご入庫時点でもコーティング施工から2年以上経過を感じない程、お綺麗で状態が良かったです。

この綺麗さはやはり普段のオーナー様の維持管理がしっかりと行われているからだと思うのですが・・・

オーナー様曰く、特に何をしている訳ではないそうです(笑)

それ程洗車をする訳でもないそうですし、普段も日中は青空駐車なんだそうで・・・

なんでこんなに綺麗なのでしょう??  今度秘密を教えてください(笑)

 

度々お話をしておりますが車の傷みの進行具合は皆同じではなくバラバラです。

同じ車の同じ色でも車の保管場所や使用場所によって全く違ってきます。

もちろんお手入れ方法や頻度によっても痛みの進行は変わってきます。

また車を止めている場所(駐車場)の周りの環境も大きく関係します。

海に近ければ塩害による痛み、雪の多い地域では融雪剤による痛み、また工場地帯なら

汚染物質や鉄粉が多かったりと本当に様々です。

ボディコーティングは「塗装面を汚染物質から守り、光沢を長期間維持させる」ものではございますが

けっして万能ではございません。 外的な要因や劣化等によりコーティング被膜も傷んできますので

痛みの進行を見ながら定期的なメンテナンスやコーティング再施工が必要になってきます。

最近愛車に輝きが無い・洗車しても汚れが落ちない、と感じましたらリフレッシュの時期かも知れません。

そんな時は当店に一度ご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スズキ バレーノのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ バレーノのボディコーティングです。

H28年式プレミアムシルバ-のスズキ バレーノです!

日本では2016年より発売されたスズキのコンパクトカーです。

コンパクトカーとは言え車幅は1745mmと日本では3ナンバー登録のお車です。

ご存じの方も多いかと思いますがバレーノはインドのマルチスズキで生産される

輸入車になります。

インドではトヨタにOEM供給されていてグランツァの名前で販売されています。

またアフリカ向けモデルとしてトヨタ スターレットの名前で販売されているようです(*‘∀‘)

 

では初期登録から7年経過しましたスズキ バレーノの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

シミは意外と少なめではあるのですがスクラッチが凄いです。

↓もボンネットですが・・・

凄いんです。

これは洗車キズ等のスクラッチもあるのですが、どうやらバフ目と言われる磨きキズの様です。

所々かなり深いです(^^;

ルーフも・・・

こちらは磨きキズではなくて洗車キズの様です。

ボンネットに比べてシミも多かったです。

ボディサイドは・・・

だいぶクスミが進んでいてライトも映り込みがモヤっとしていました。

リアも・・・

クスミが進んでいる様です。

ホイールは・・・

少し汚れていました。

 

オーナー様は最近こちらのバレーノを見つけてご購入されたそうです。

一度綺麗にリフレッシュしたいとの事で今回は色々と盛りだくさんのご依頼を頂いております。

ありがとうございます。

っという事で、まずはウインドウコーティングから作業を見ていきましょう。

現状は・・・

綺麗に水を弾いていました!

おそらくですけど納車前の撥水シャンプー洗車ではないかと思います。

納車仕上げ時の撥水は簡易的な物ですので直ぐに落ちてしまいます。

その簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットをしてから、

ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをして完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

それなりに反応していますけど特別多い訳では無かったです。

寧ろ年式を考えると少ないのではないでしょうか。

リアも・・・

少なめでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも・・・

綺麗になりました!

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

ポリッシングが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です。

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S9

 

それと今回はヘッドライトのクリーニングのご依頼も頂いております。

初期登録から7年経過していますので・・・

黄ばみが進んで来たようです。

もの凄く酷い訳ではないのですがライト上面が痛んできました。

反対側も・・・

写真ですとあまり黄ばみが気になりませんね(^^;

近くで見るとこんな感じです。

 

そしてアフターです。

クリヤーになってスッキリです。

白く曇って見えるのはヘッドライトの内側の曇りです。

反対側も・・・

サッパリとしました。

ヘッドライトがクリヤーになると、お車全体の印象も大きく異なってきます!

更に・・・

未塗装部の樹脂も白化が進んで来たようなので・・・

樹脂コーティングしました!

樹脂コーティングはその経年劣化によって白く色褪せした部分を黒く艶やかな状態にして、

その状態を長期間保ってくれます。

(劣化が激しい場合や材質によってはあまり黒くならず短期間で元に戻ってしまう場合もございます)

 

更に更にエンジンルームクリーニングのご依頼も頂いております。

確認しますと・・・

販売店で販売前の“商品化”の為ににクリーニングされているようで、

汚れも少なかったです!

アフターです。

更に綺麗になっています(笑)

写真だとあまり違いがわからないのですが樹脂やゴム部品が黒くなって

“なんか新車みたい”とオーナー様もお喜びになられていました(^_^)/

 

それではボディの仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

磨きキズも無くなってスッキリとクリヤーになりました!

かなり深いバフ目は残っていますけど普段は見えないと思います。

ルーフも・・・

シミも無くなり綺麗になりました。

クスミの凄かったボディサイドも・・・

透明感を取り戻しました。

リアも・・・

ライトが綺麗に映り込むようになりました。

ホイールも・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティングです。

艶々です。

そしてプレミアムシルバ-のスズキ バレーノのボディコーティング&その他諸々が

完成しました。

艶々に仕上がりました!

シミやキズ、そしてクスミの影響で艶が引けておりましたが、

その塗装面の痛みを磨いて処理をしてからコーティングを掛けますと、

色の深みと艶を取り戻します(^_-)-☆

その艶感は新車にも負けていますと思います!

オーナー様から『わぁ~綺麗~~!ここのお店に頼んで良かったと!! 』っと、

嬉しいお言葉を頂きました(*^_^*)

ありがとうございました。

 

誤解を恐れずに言ってしまうとコーティングを塗っても車は綺麗になりません!

車を綺麗にするのは“磨き”です。

いくらどんなに良い高価なコーティング剤を使っても下地がスクラッチだらけだったり

シミだらけだったり、また曇ったり傷んだりしている塗装面にコーティング剤を塗っただけでは

綺麗には仕上がりません! 塗装面はそのままです(;´∀`)

下地を整えてからコーティングしないと、何となく艶は出るけど、ただそれだけです(汗)

ですので下地が重要なんです!

一言でコーティングと言いましても洗車してコーティング剤を塗るだけの作業もコーティングですし、

幾つもの工程を経て下地を整え、そしてコーティング剤を塗るのもコーティングです。

同じコーティングでも、もちろん仕上がりは全然違います!

カーコーティング専門店のボディコーティングはコーティング剤を塗るのが目的ではなく、

車を綺麗にするのが目的です!

綺麗になったボディにコーティング剤を塗る。これが本来のコーティング剤の使い方です。

ですのでカーコーティングはカーコーティング専門店にお任せください!

ちなみにですがカービューティープロ カラーズはカーコーティング専門店らしいです(笑)

皆様のご来店お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スペーシアカスタムのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ スペーシアカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

“みんな大好きグレーシリーズ”の第5弾とはならず! 残念!!

久々にグレー以外のボディカラーです(笑)

今回はとっても鮮やかなブリスクブルーメタリックのスズキ スペーシアカスタムです!

こちらのスペーシアカスタムは昨年の8月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年が経過し今回はメンテナンスにお越しくださいました。

元々、光沢感の高い鮮やかなブルー&マメに洗車をされているようですので、

ご入庫時点でもお綺麗でございました。

とは言えコーティング施工から1年以上経過しましたので痛みも進んで来る時期でもあります。

現状も気になりますが・・・

ではメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう

 

まずはボンネットです。

少し汚れもあるのですがシミとクスミがやや進んで来たようです。

アフターです。

深いシミは残ってしまいますがクスミも無くなってスッキリとクリヤーになりました。

ルーフも・・・

若干クスんでいるようです。

アフターです。

こちらもクスミが取れてサッパリとしました。

シミも付いていますけど屋外で見るとほぼ気にならない程度です。

リアは・・・

こちらはシミもクスミも気になりませんでした(*‘∀‘)

とってもお綺麗です。

アフターです。

それでもメンテナンスを行なえば艶感が違ってきます!

ボディサイドも・・・

まだまだ全然お綺麗です(^_^)/

アフターです。

光沢感が向上していますけど・・・写真だと違いがわかりませんね(^▽^;)

 

それと何時もの鉄粉の付着状況も確認していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

探さないと見つからないくらい反応が少ないです。

という事は鉄粉が少ないってことです(笑)

驚きの少なさでした。

リアも・・・

反応が流れ気味ですけど少ないです。

でもよ~~く見ると少し見えてきます(笑)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックが・・・

元々が元々ですのであまり違い感が無いんです(汗)

リアも・・・

違い感がありませんけど鉄粉を含めた異物の除去が済んでおります。

最後にホイールです

こちらもちょろっと汚れています(^^;

アフターです↓

綺麗になるとリムの深さがより強調されますね!

 

そしてブリスクブルーメタリックのスズキ スペーシアカスタムの

ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶々に仕上がりましたが・・・この位、引きの写真だと施工前とあまり変わらなく感じてしまいます(^^;)

でも実際に見て頂ければ艶と光沢の違いをしっかりと実感して頂けます。

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ!』と、施工前後の違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

コーティングは一度掛けてしまえば後は何もしなくていいと思われている方が

残念ながら多いんです(^^;

実はそれは誤解でお車の美観維持やコーティングの効果の維持にはメンテナンスが

必要になってきます。

コーティングを施工したお車でも艶も引け撥水も弱まってきますしシャンプー洗車では

落ちない汚れも溜まってきます。

特に撥水性能は使用状況や保管状況、お手入れ状況によって本当に大きく変わってきます。

また花粉でも傷みますし紫外線で劣化もします。融雪剤も車を傷めます。

車のいたみの進行は各車バラバラですので一概にどのタイミングでメンテナンスするのがいいのかは

難しいのですが目安として1年かと私は思っています。

汚れや痛みが気になりましたら早めのタイミングでのメンテナンスがおすすめです(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スズキ イグニスの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ イグニスのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのミネラルグレーメタリックのイグニスは2021年の12月にボディコーティングを

再施工させていただきましたお車です!   グレーシリーズの第2弾になります(謎)

前回のブログのBMW320dのカラー名も同じミネラルグレーでした。 奇遇です(笑)

コーティング再施工から間もなく2年を迎えますタイミングでメンテナンスのご依頼になります。

いつもありがとうございます。

昨年の7月に一度メンテナンスにお越し頂いておりますので今回は通算2回目の

メンテナンスになります。

では早速ではございますが

コーテイング施工から間もなく2年を迎えますイグニスのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう。

↓はボンネットです。

前回のメンテナンスでは油系??と思われるシミが凄かったのですが

今回はそのシミは無いようです。今年のゴールデンウィークに気合を入れて

洗車をされたそうなので、それで除去出来たのかも知れません。

アフターです。

その油系??と思われるシミは無いのですが細かなシミが少し増えてきたようです。

ただ間もなくコーテイング施工から2年と考えますとシミもスクラッチも少なめで

状態は良好だと思います!

ルーフは・・・

こちらも少し汚れ気味でした(^^;

アフターです。

ライトに当てて塗装面を確認してしまえば細かなシミも見えてしまいますが

普段、屋外で見ますと気にならないと思います。

リアは・・・

汚れでございますがシミ等の痛みは少ないようです。

アフターです。

塗装面がスッキリとして艶感も復活しました!

ボディサイドも・・・

通常の汚れ程度で大きな痛みは無いようです。

アフターです。

ボディサイドも良好な状態を維持されておりました。

 

それといつものように鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーをシュッシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

1年前のメンテナンスの時もそうでしたが鉄粉がビックリするほど少ないんです(*’▽’)

全然付いていない訳ではないのですが1年経過でこの少なさはビックリです!

リアも・・・

反応が流れ気味ですけどリアも前回同様少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々が少ないので写真ですと違いがわかりませんが前も後ろも・・・

鉄粉処理が済んでおります。

最後にホイールです。

軽めの汚れ具合でした。

アフターです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げております。

 

そしてミネラルグレーメタリックのイグニスのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

コーテイング施工から間もなく2年を迎えますので近くで見ますと細かなシミも

少し多くなってきましたが艶も光沢も向上し、それに伴ってお車全体の質感の向上そして

クリヤー感が違ってきます! メンテナンスでは、もちろん限界はございますが

通常のシャンプー洗車では落ちない汚れやクスミを除去しますのでメンテナンス前よりも

スッキリとクリヤー、そして艶々に仕上がります!

お引き取りに来られましたオーナー様にもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました(^.^)

 

毎回メンテナンスの様子をサラ~と駆け足でご紹介しておりますが、

実はいくつもの工程を経て最終的にメンテナンス剤で仕上げています。

メンテナンス方法はお店によって様々です。

洗車して撥水剤を掛けておしまいのお店や軽く磨きを掛けて仕上げるお店もございます。

当店のメンテナンスでは基本的に磨きはしていません。

今回のお車は状態が良好ですのでスタンダードなメンテナンスでございましたが、

お車の状態によっては”磨き”をご提案する事もございます。

また、ご希望でしたら気になる部位だけ磨きを入れる事も可能です。

当店では基本的には2つのメンテナンスプランをご用意しておりますが、

お客様のご希望により内容は色々と変更できますのでお気軽にご相談ください(^_^)/

 

そして次回はグレーシリーズの第3弾になります(謎)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

スズキ ワゴンRのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ワゴンRのボディコーティングです。

シフォンアイボリーメタリックのスズキ ワゴンRでございます。

こちらは納車間もない新車でございます(^_^)/

こちらのワゴンRはマニュアルトランスミッションなんです!!

現行型ワゴンRにMTがあるとは私、知りませんでした(汗)

今でも根強い人気で一定の需要があるMTですけど現行型アルトではMTが廃止されてしまったそうです。

その為なのか違うのかはわかりませんが嬉しい事にワゴンRにはMTが設定されているようです。

嬉しいです(笑)

やっぱり車を操る楽しさはMTかなと思う私は古い人間なのでしょうか??(^▽^;)

そんな拘りのMTのこちらのワゴンRですが現状を確認していきますと・・・

塗装面が少し曇っているようです。

ルーフも・・・

少し汚れている事もあるのですが若干曇りがあるようです。

ボディサイドは・・・

だいぶ曇りが凄いようで(汗)映り込んでいるライトがボヤボヤです。

リアは・・・

ボディサイド程の曇りではない様です。

ホイールは・・・

軽い汚れ程度でした。

 

全体的に若干、塗装面が曇っていてクリヤー感が引けている感じです。

色的な事もあって曇りの方も普段は気が付かないかも知れませんがライトを当てて見てしまえば

しっかりと曇っています(^^; そしてこの曇りが塗装本来の色艶を妨げているんです。

この曇り(白ボケ)を磨いて取り除くと透明感がまして塗装本来の色艶になります。

では、その曇りを除去してスッキリとクリヤーな本来の新車の姿に仕上げていきたいと思います。

では作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

黒っぽく点々と見えますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

意外と鉄粉が多めでした(^^;

リアは・・・

こちらは少なかったです(^_^)/

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

更にスッキリと綺麗になっております。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをします。

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りがなくなってサッパリとした塗装肌に仕上がりました。

ルーフも・・・

曇りがなくなってスッキリとクリヤーになりました。

曇りが凄かったボディサイドも・・

モヤモヤが無くなりライトもキリッと映り込むようになりました(^_-)-☆

リアも・・・

スッキリとクリヤーになっております!

ホイールは・・・

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げております。

 

そしてシフォンアイボリーメタリックのスズキ ワゴンR、新車コーティングが完成いたしました。

いかがでございましょうか。

各部の仕上がりで見て頂いたように曇りが無くなった事で透明感が向上して、

新車以上の艶々のシフォンアイボリーメタリックに仕上がっております(^_^)/

オーナー様も『光ってますね!』と、その違いをご実感頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

新車は艶々ではあるのですが、その新車を更にツヤッツヤの新車に仕上げるには

コーティング前の下地作りが大切です。

今回のワゴンRも少し曇り気味の塗装でしたが、新車を新車以上に輝かせるにはキチンとした

下地作りが必要です。新車でも新車特有の曇り(白ボケ)が酷い車やシミやキズが入っている車、

また鉄粉が多く付いている車も実は多いです。ただ単にコーティング剤を塗るだけでは塗装本来の

輝きは出ませんしコーティング剤の効果も十分に発揮いたしません。

ですので新車を新車以上のツヤッツヤのボディに仕上げるには下地作りをちゃんと行っている

コーティングの専門店がお薦めです。

新車も経年車もカーコーティング専門店の『カービューティープロ カラーズ』へ

是非お任せください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

クールカーキ&ソフトベージュのハスラーです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ハスラーのボディコーティングです。

クールカーキパールメタリック&ソフトベージュのスズキ ハスラーでございます!

こちらは人気の特別仕様車、JスタイルⅡになります。

Jスタイルは先代ハスラーから設定されている人気グレードです。

先代ではJ STYLE IIIまで展開されたようです。

現行型はいくつ迄いくのか楽しみです(*”▽”)

そんな人気者スズキ ハスラーJスタイルⅡの現状を確認してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

細かなシミやスクラッチ(線キズ)が確認できます。

塗装も少し曇りがあるようです。

ちなみにご入時はやや汚れていて写真ですと現状が伝わりませんので洗車後に

撮影しております。

それとボンネットには・・・

鳥糞の影響だと思うのですが気になるシミが確認できました。

これは少し厳しい感じです(汗)

ルーフも・・・

ボンネットと同じような感じです。

色的にわかりにくいのですがシミや線キズそして塗装面の曇りが確認できました。

ボディサイドも・・・

曇りの影響でライトの映り込みが少しモヤっとしています。

リアは・・・

曇りも僅かでクリヤーな肌でございます!

ホイールは・・・

少し汚れていますけど艶もあってお綺麗です。

 

こちらのハスラーは昨年の12月登録のお車です。

初期登録から約7ヶ月ほどのお車なのでシミやスクラッチ(線キズ)が付き始めています。

また、ご覧いただきましたようにボディ全体が少し曇り気味でスッキリとしません。

このモヤッとした曇りはおそらく新車時から付いていたものだと思います。

でも磨けば大丈夫です!

登録から7ヶ月ほど経過しておりますが磨けば新車より綺麗になると思います!

そんな新車以上の塗装肌を目指して作業開始~~!!

 

まずは洗車です。 その後に鉄粉などの付着物を除去していきます。

↓の黒っぽく点々と見えているのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

色的にわかりにくいのですが結構反応が多めです(^▽^;)

ルーフで見るとよくわかります↓

黒っぽい点々がクリーナーに反応した鉄粉です。

多いんです(^^;

 

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました!

ルーフも・・・

だいぶサッパリとしましたね!

鉄粉処理が終わりましたら・・・

マスキングをして磨いていきます。

今回は軽い磨きのベーシックプランでの磨きになります!

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”や

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また”塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りや浅めの線キズが無くなってスッキリです!

しかし・・・

鳥糞の影響と思われるシミは残ってしまいました。

↑はシミが見えるようにライトを当てていますのでハッキリと見えてしまいますが

普段は・・・光の加減によって見えたり見えなかったりでしょうか。

探さないとわからないと思います。

ルーフも・・・

曇りが無くなりスッキリとクリヤーになりました(^_^)/

ボディサイドは・・・

ライトの映り込みがキリッとしました。

リアも・・・

元々クリヤーでしたが更にクリヤーで綺麗になっております。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げています。

そしてクールカーキパールメタリック&ソフトベージュのスズキ ハスラー、

ボディコーティングが完成いたしました。

綺麗に仕上がりました!

とは言え最初の写真と写真の色味が違ってしまい比較にならないかも知れません(汗)

すみません。m(__)m

比較になりませんけど、なんとなく施工後の方がキリッとした佇まいになった!

っと感じていただけたら嬉しいです(*^_^*)

もちろん実車も方は新車にも負けないクリヤーで艶々なハスラーに仕上がっております。

オーナー様も『ピカピカですね。』と言われていたので間違いないです(笑)

ありがとうございました。

 

度々ブログの方でお話しをさせていただいておりますが鳥糞は塗装面に甚大なダメージを与えます。

鳥糞は放置しておくと塗装の陥没やヒビ割れを引き起こす事がございます。

そうなると残念ながら磨きではどうする事も出来ず、再塗装するしか補修法は無くなります。

ですので鳥糞に気が付きましたら速やかに除去致しましょう!

除去方法ですが鳥糞の中に小石などが混ざっている事もありますので乾いたティッシュなどでは

拭かないでください。キズになります(-“-) ティッシュを軽く濡らして擦らずに取り除いてください。

特に鳥糞がカッチカチに乾燥している場合は濡らしたティッシュ(水多めで)を鳥糞の上に数分間置き、

柔らかくなってから取るようにしてください。この時も擦るように拭くのではなく、上につまみ挙げるように

取り除いてくださいね。拭くとキズになりますから(^^;)

同じく虫のこびり付きも塗装に良くないので同じ要領で早めに取り除いてあげましょう!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

新型アルトのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ アルトのボディコーティングです。

シルキーシルバーメタリックの新型アルトでございます!

新型のアルトは当店初入庫になります(^_^)/

2021年の12月に9代目となる現行型にフルモデルチェンジ致しました。

先代型のスタイリングは好き嫌いのわかれるデザインでしたが

現行型は丸みをおびた親しみやすいデザインに生まれ変わりました。

先代のラパンにも少し似ていて可愛いですよね!

私もかなり好きです(笑)

そんな可愛いアルトですがこちらのアルトはご入庫時には既にローダウン&ホイール交換されていて

可愛いだけではなく迫力まで身に着けてのご入庫でございます!

なんでも納車時には(新車です)このお姿だったそうです。  凄いっす(*’▽’)

では新車アルトの現状を確認して参りましょう。

少し汚れ気味なのもあるのですが塗装表面に曇りがあるようです。

汚れのせいで曇って見えるんじゃない??と思われるかも知れませんので

洗車後に撮影したのが↓です。

やっぱり曇っています(^^;

ルーフもモヤっとしていて透明感が損なわれておりました。

ボディサイドも・・・

なかなかの曇りっぷりでございました(^^;

リアも・・・

同じくスッキリしていません。

ホイールは・・・

若干汚れていますけど艶があってお綺麗でした。

それと今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでボディの

ご紹介の前にウインドウコーティングより見ていきましょう!

↓は現状です。

油分の付着は少ないようでした。

とは言え、全く油分等が付いていない訳ではないのでガラス表面を一度綺麗にいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

意外と鉄粉が多めでした(^^;

リアは・・・

こちらは少なかったです(^_^)/

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

更にスッキリと綺麗になっております。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをします。

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りがなくなってスッキリとクリヤーな塗装肌に仕上がりました。

ルーフも・・・

サッパリとしました。

なかなかの曇りっぷりでしたボディサイドも・・・

モヤッとした曇りが無くなりライトもキリッと映り込むようになりました(^_-)-☆

リアも・・・

クリヤーですね!

ホイールは・・・

オーナー様がホイールご購入時にご自分でホイールコーティングをされたそうです。

なので洗っただけでピカピカになりました(*’▽’)

 

そしてシルキーシルバーメタリックのスズキ アルト、新車コーティングが完成いたしました。

いい艶に仕上がりました!

と言っても↑の写真ですと違いがあまり伝わらないかもですが

各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにモヤッとした曇りが無くなり光沢感も向上し、

スッキリとシャープに景色が映り込むようになっております!

オーナー様も『やっぱり違いますね~!と、その違いをご実感頂けたご様子でした!

ありがとうございました。

 

新車でも実は色々とあるのが新車なんです(^^; 白ボケしていたりスクラッチが盛大に入っていたり、

はたまた保護シートの糊が残っていたり加修の痕跡が残っていたりと様々です。これらの症状は

全然珍しい事ではありません。 なので新車をコーティングするには新車も下地作りが重要です!

どんなに良いコーティング剤を使っても下地が曇ったり傷んだりしている塗装面にコーティング剤を

塗っても綺麗には仕上がりません! 新車も経年車もお車を綺麗にするには磨きが重要なんです。

新車なのに磨きが必要??ではなく新車でも磨きが必要なんです。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ エブリィのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ エブリィのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのクールカーキパールメタリックのスズキ エブリィは昨年の5月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年が経ち今回はメンテナンスにお越しくださいました。

ありがとうございますm(__)m

ホイールを交換されたそうでアウトドアテイストがアップしてカッコイイですね(´▽`)

では早速ですが

コーティング施工から1年経ちましたエブリィのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう。

まずはボンネットからです。

色的にシミが付きやすい色ではあるのですが・・・

細かなシミが確認できます。

アフターです。

塗装面のクスミが取れてスッキリ感が向上しました!

ただシミは残っています。

しかし↑の写真はシミが見やすいようにライトを当てていますので

実車の方で見ますと普段は気にならないと思います。

ルーフも・・・

シミがね~・・・(^^;)

アフターです。

スッキリしましたが、やはりボンネット同様シミが残ってしまいました(;´∀`)

特にルーフの水平なミニバン等はどうしてもシミが付きやすいです(汗)

リアは・・・

ウインドウ下の隙間に汚れが固まっています(^▽^;)

アフターです。

なかなかカッチカチでした(笑)

ボディサイドは・・・

ボディの下側はタイヤで色々な物を跳ね上げ付着します。

余談ですがボディサイドの下の方に付く汚れは早めに除去した方がいいです。

普通の汚れでしたら問題ないのですがピッチタール系の油汚れなどは固着してしまうと

シャンプー洗車程度では落ちません。

もしも、しつこい汚れが付いてしまったら無理にゴシゴシと擦らずに(キズが付きます)メンテナンス剤や

クリーナー等を使って優しく落として下さい。

アフターです。

艶々になりました。

 

それと鉄粉の付着状況ですが・・・

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応するのですが、あまり反応していません。

いゃ~これまたとっても少ないです(*‘∀‘)

リアも・・・

全然付いていない訳ではないのですが、とても少なくてビックリです(笑)

ただ鉄粉の反応は少ないのですが実際に作業をしてみますと

反応以上にブツブツ感がありましたので鉄粉以外の付着物が多かったのかと思います。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

あまり変わり映えしませんが、より綺麗になっています。

リアも・・・

変化をあまり感じませんが(^^;)鉄粉の処理が済んでおります。

そして最後にホイールです。

やや汚れ気味でした。

今回はホイールを交換されたのでメンテナンスと同時にホイールコーティングの

ご依頼も頂いております。

なので・・・

ホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティング!

深みのあるマットブラックに仕上がっております。

 

そしてクールカーキパールメタリックのスズキ エブリィ、

ボディコーティングメンテナンスの完成です。

いい艶感に仕上がりました!

各部の写真で見て頂きましたように細かなシミ等が残っている所もございますが

艶も光沢も更に向上し、お車全体の質感がアップしたと思います!

オーナー様も『わ!ピカピカ~!』と、お喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

今回のエブリィに限らずなんですけどミニバンやSUVなどルーフが高い車は

普段ルーフを見る事なく、それ故にルーフの汚れ状況も把握しにくいです。

広くて平らなルーフは雨が止んでも何時までも滞留してしまいシミができやすいんです。

更にダーク系カラーは尚更シミが付きやすく傷みやすいです。

また鳥糞が付いていても気が付かない事も多く気が付いた時には既にダメージを

負っている事も少なくありません。

背の高いお車の維持管理も難しく特に屋外屋根なしの駐車場ですとなかなか厳しいです。

対処としてはやはりマメなチェックとマメなお手入れになってしまうと思います。

もしシミが付いてしまい気になるようでしたらメンテナンスplusや気になるパネルだけの

磨き等も出来ますのでお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。