スズキ ジムニーにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ジムニーのボディコーティングです。

人気色のミディアムグレーのジムニーです!

こちらのミディアムグレーの新型ジムニーは新車でご購入されてから1年4ヶ月ほど

経過いたしましたお車になります。

では早速ではございますがご購入から1年4ヶ月経過しましたミディアムグレーの

新型ジムニーの現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

洗車キズでしょうか。結構スクラッチが多いです(^▽^;)

ルーフも・・・

スクラッチが目立ちにくい色なんですけど、目立たないだけで実際は結構凄いんです(^^;

ボディサイドも・・・

全体に洗車キズと思われるスクラッチが多く付いていました。

リアも・・・

シミは少ないのですが、やはりスクラッチが気になります(汗)

 

ご購入から1年4ヶ月ほどですがボディ全体にスクラッチが多めに付いておりました(^^;

シミもそこそこ付いていますけど比較的ダメージが少ない物がメインなので問題ないのですが、

やはりスクラッチが気になります。

塗装も同じように見えて実は硬い塗装と柔らかい塗装がございまして、現在の軽自動車の塗装は

ほぼほぼ柔らかい塗装です。 更に言ってしまえば軽自動車に限らず同じ色の同じ車でも

製造ロットによって塗装の硬さが違ってきます。

塗装が柔らかいとキズも付きやすいです(^^;

ただ逆に考えますと塗装が柔らかいのでキズが取りやすいです!

ハードに磨かなくても比較的深めのシミやスクラッチも除去出来てしまいます(*”▽”)

どのくらい除去出来たかは後ほど(笑)

では作業を始めて参りましょう! 作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付着している鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

反応が少し“流れて”しまっていますけど黒っぽく見えるのがクリーナーに反応している鉄粉です。

ご覧の様に結構多めでした(^▽^;)

リアは・・・

水平面に比べるとだいぶ少ないです。

これはおそらく、お車のご利用場所または保管場所に鉄粉が舞っているだと思います。

鉄粉の付着量は周りの環境の影響が大きく関係してきます。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

バッチグ~です。 ←  古っ(笑)

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをします。

そして磨いていきます。

今回は比較的新しいお車ですがスクラッチがやや多めですのでミディアムポリッシングの

エクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

最近PCX-S9のご用命が増えて参りました!ありがとうございます。

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

洗車キズもスッキリと綺麗になりました(^_-)-☆

ルーフも・・・

トゥルントゥルンに潤いました(笑)

ボディサイドも・・・

洗車キズもスッキリとして綺麗になりました~(^_^)/

気持ちいいですね~!

リアも・・・

クリヤーになりライトも綺麗に映り込んでおります。

そしてミディアムグレーの新型ジムニー、ボディコーティングが完成いたしました。

艶々になりました!

元々、比較的新しいお車でしたので艶を感じるボディでしたが、多めに付いていましたスクラッチや

シミを磨いて除去しますと更に透明感と色に深みが出て新車のような艶感になります。

ボディが綺麗になったところにコーティングをして更に艶々なボディに仕上がり、

オーナー様にもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

洗車キズとは言葉どおり洗車時に付いてしまうキズの事です。

洗車は多かれ少なかれ残念ながら微細なキズを付けてしまう行為です。と言う事で洗車頻度の

多い方はどうしても洗車キズが多い傾向です。逆にシミは少ないです。

洗車をあまりしない方はシミは多いんですけど洗車キズはやはり少ない傾向です。

なかなかバランスが難しいですね(^^;)

洗車キズ低減の為になるべく多くの泡を使って優しく洗うのがポイントです。

また使用しているスポンジやクロス類も定期的な交換が必要です。見た目が綺麗でも奥の方に

細かな砂埃等が付いていて知らず知らずのうちにキズをつけてしまっているものです(^^;

また定期的にご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにお薦めの洗車方法の

動画がございますので、ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ イグニスのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ イグニスのボディコーティングです。

こちらのミネラルグレーメタリックのイグニスは2017年の12月にボディコーティングを

施工させていただきましたお車です!

半年毎にメンテナンスにお越しくださっておりましたがコーティング施工から4年が経ち、

痛みも目立ってきましたので今回はコーティング再施工のご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

↑の写真ですがコーティング施工から4年も経っているとは思えない程ピカピカです!

それもそのはず! 最初の写真はコーティング再施工後の写真だからです(;´∀`)

施工前の写真が無いんです(汗) 探しても探しても無いんです(大汗)

間違いなく撮ったんですけど記録されていなかったようです。  すみません。

という事で、いきなり施工後の写真から始まりましたが各パネルの写真はございますので、

現状確認より始めて参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

基本的にあまり洗車をされないので(^^;やや汚れています。

汚れだけではなくシミも多くなってきました。  ただそのシミも比較的浅めのシミがメインの様で

クレーター状の深いシミは少ないです。

ルーフも・・・

汚れています(^^;  ただこちらもボンネット同様深いシミは少ないようです。

ボディサイドは・・・

こちらのシミはとても少ないのですがクスミが進んで来たようでライトの映り込みがボヤけています。

リアも・・・

ステッカーを剥がした跡でしょうか?? それはそれとしてスクラッチも多くなってきたようです。

ホイールは・・・

軽~く汚れておりました。

 

ご覧頂きましたようにコーティング施工から4年が経ち痛みが進んで来たようです。

ボディサイドはシミも少なく比較的痛みは少ないのですが、どうしてもボンネットとルーフの

水平面の痛みが目立ちます。 その為、お車が少しお疲れ感を醸し出している印象です(^^;

4年間頑張ってくれた証拠でもございます!

やや疲れたイグニスですがスッキリとリフレッシュして“あの頃の若さ”を取り戻していきたいと思います。

では作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

少ないですね~(^.^)

これも定期的にメンテナンスにお越し頂いていた効果でしょうか?

きっとそうです そうに違いありません(笑)

リアも・・・

ボンネットに比べると多いのですが、それでも少ないと思います。

これも定期的にメンテナンスにお越し頂いていた効果でしょうか?

きっとそうです そうに違いありません(笑)  ← クドイ

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

より綺麗です。

リアも・・・

もちろんスッキリとしました!

 

鉄粉の処理が済みましたら今度はボディにマスキングをしていき・・・

磨いていきます!

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

ポリッシングが終わりましたら今度はコーティングの出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

4年前はPCX-S8でしたが今回はPCX-V110をチョイスしています。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた

滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもクスミもなくなってスッキリとしたお肌を取り戻しました!

ルーフも・・・

綺麗です!

ボディサイドも・・・

クスミもなくなりサッパリとしました!

リアも・・・

ライトが綺麗に映り込むようになりました(^_^)/

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しをしています。

そしてミネラルグレーメタリックのスズキ イグニス、ボディコーティングが完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

でも まぁ、最初にお見せしてしまっていましたが(^▽^;)

全体写真で施工前後の違いが比較できませんが(すみません)各部の仕上がりで見て頂いたように

シミやクスミ、スクラッチも無くなり透明感が向上しました!もちろん艶も向上してツヤピカになり、

“あの頃の若さ”にリフレッシュ出来ました!!

オーナー様はこちらのイグニスがとてもお気に入りでまだまだ乗るご予定だそうです。

4年目のリフレッシュが済み、これでまた気持よくお乗りいただけると思います。

何時までも大切にお乗り下さい(^_^)/

 

再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に各車バラバラなんですが

一つの目安は3年でしょうか。 黒いお車でしたらもう少し早めかと思います。

とは言えあくまでも目安です(^^; 駐車場の環境やお手入れ具合等で本当に各車バラバラです。

一つ言えるのは痛みが酷くなる前、比較的綺麗なうちに再施工するのがおすすめです。

あまりに酷くなると磨いても除去出来ないシミやキズが多くなってしまいますので、

早めがおすすめです。

再施工の時期の判断でお悩みでしたら当店にお気軽にご相談ください!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ブルーメタリックのスイフトスポーツです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ スイフトスポーツのボディコーティングです。

スピーディーブルーメタリックのスイフトスポーツです!

こちらは納車間もない新車でございます。

スイフトスポーツ人気ですね~!当店でも何台か施工させていただいておりますが

スピーディーブルーメタリックのスイフトスポーツは初入庫です。

それにしても綺麗なブルーです(*’▽’) スズキのブルーと言えば私的にブリスクブルーメタリックを

真っ先に思い浮かべますがスピーディーブルーメタリックはブリスクブルーよりも“濃い”ブルーになります。

どちらのブルーも発色が良く綺麗な色です(*^_^*)

そんな綺麗なスピーディーブルーメタリックの新車スイフトスポーツの現状確認より

始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

ご入庫時、雨で濡れておりました(^^;

それでも何となく塗装が曇っているのがわかる・・・かな??

↓は洗車後の撮影です。

撮影の角度が違いますが同じボンネットです。

ライトの映り込みがボヤっとしているのが確認できます。

ルーフも洗車後です↓

曇っていますね~(^^;

ボディサイドも・・・

洗車後の撮影です。

なんとなくスッキリとしないのがわかって頂けると思います。

リアも・・・

同じくボヤっと曇っていました。

ホイールは・・・

洗車前です。汚れも少なくお綺麗でした。

 

全体的に見ますと塗装面が少しばかり曇り気味です。この新車時の曇りは“白ボケ”と

言われるものです。多くの方が新車時(納車時)が一番綺麗な状態だと思われているのですが、

実は新車の時点で塗装が曇っていたりシミやキズが付いていたりする事がとても多いのです。

この曇りがあると写真で見て頂いたように景色の映り込みが綺麗に映り込みません。

また透明感も損なわれ、曇りが酷いとお車全体が何となく白っぽく感じてしまいます。

当店ではそれらの不具合箇所を処理してからコーティングをいたします。

今回のスイフトスポーツは程度としては、ごく軽いものですのでご安心ください。

それではスピーディーブルーメタリックのスイフトスポーツをスッキリとした塗装肌に

仕上げていきたいと思います。

作業開始~!!

 

今回ウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

新車でも油膜の付着が酷いお車もあるんですけど、油分の付着も少なくお綺麗でした(^.^)

もちろん綺麗でも・・・

一度磨いてガラス表面をリセットします。

ウインドウもボディと同じように実は色々な異物や汚染物質等が付いているんです。

DIYで行う場合も必ず下地を整えてからコーティングして下さい。

また再施工時も上塗りするのはおすすめしません。古いコーティングを除去してから

コーティングして下さい!

話がそれましたが下地を整えた後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングし、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

色的に少しわかりにくいのですが、よ~く見ると・・・

少ないです(笑)

リアも・・・

よ~く見ても少ないです(^.^)

 

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。 元々ですけど(^▽^;)

リアも・・・

同じく綺麗です。 元々ですけど(汗)

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをします。

そして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

最近PCX-S9のご用命が増えて参りました!ありがとうございます。

私の車でもPCX-S9を塗って経過観察をしております。 私の車に施工してまだ2ヶ月くらいですが、

ここまでの経過はシミの付着は少ないようです。また撥水性も良好な状態を維持しています。

今後も経過報告をしていきたいと思っております。

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも取れてスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

サッパリとしました(^_^)/

ボディサイドも・・・

ライトの映り込みもクッキリとしましたね!

リアも・・・

クリヤーになりました。

ホイールは・・・

元々汚れも少なくお綺麗でしたが、それでも洗うと違います!

そしてスピーディーブルーメタリックのスイフトスポーツ、新車コーティングが完成いたしました。

曇りが取れた分、少し色が濃くなったように感じます!

写真だと色の濃さよりもクリヤー感の向上の方が伝わりやすいかもです(^.^)

元々新車ですのでお綺麗ではあるんですけど施工前の写真で見て頂いたように

曇りがございました。その曇った塗装肌をしっかりと磨いてからコーティングをしますと

新車以上の艶感そしてクリヤー感ある新車に仕上がります!

ひとえにボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

洗車してコーティング剤塗っておしまい!もコーティングですし、磨きを入れて下地を整えてから

コーティングするのもまたコーティングです。 同じコーティングでも仕上がり具合は全然違います!

ですので新車コーティングも”専門店“の・・・  ←ここ大切です( ̄▽ ̄)

テストに出るからもう一度言いますよ~(笑) ”専門店“のカービューティープロ・カラーズへお任せください!

皆様のご来店お待ちしております(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

スズキ スペーシアカスタムの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ スペーシアカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

鮮やかなブリスクブルーメタリックのスズキ スペーシアカスタムです!

こちらのスペーシアカスタムはご購入から約3年程経過されております。

ご購入時ディーラーでコーティングをされたそうですが、その後のメンテナンスは

当店にお越しくださっております!

今回は14ヶ月ぶり通算3度目のメンテナンスのご依頼になります!

ではメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

シミが多いですね(^^;

1度目のメンテナンスの時に軽く磨いたのですが、それから2年以上経過して

またシミが多く付いていました。

アフターです↓

今回もボンネットやルーフは磨きをご希望でしたので軽く磨いて再コーティングしました。

塗装が柔らかいので軽めの磨きでも結構綺麗になります(^_^)/

ただ逆に塗装が柔らかいのでシミやスクラッチが付きやすいのも事実なんです(汗)

ルーフも・・・

屋外の屋根なし駐車ですので仕方ないのですがシミが多めでした(;´∀`)

アフターです↓

こちらも軽めの磨きを掛けてから再コーティングしました。

リアは・・・

目立つような痛みや汚れは無くお綺麗です。

アフターです↓

それでもメンテナンス後は艶が違います(*”▽”)

ボディサイドも・・・

汚れてはいますけどシミ等は少ないです。

アフターです↓

でもやっぱり艶が違いますね! 光沢感も違います。

それと何時もの鉄粉の付着状況も確認していきましょう。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

反応が“流れて”しまっているのでわかりにくいんですが、なんとなく黒っぽくシミの様に

見えるのが鉄粉の反応です。

前回のメンテナンスから1年以上と考えると少ないと思います。

リアも・・・

黒っぽく点々と見えるのが鉄粉です。こちらも少なめでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

リアも・・・

綺麗になっております!

最後にホイールです

こちらも少し汚れています(^^;

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

そしてブリスクブルーメタリックのスズキ スペーシアカスタムのボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

今回はある意味一番目に入るボンネットを磨き直してシミやスクラッチを

除去しましたので実車を見た時の印象はだいぶ違うと思います(^_^)/

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ!』と、言われていたので間違いないです(笑)

艶と光沢も向上しピカピカになりましたスペーシアカスタムの

メンテナンスのご紹介でした!

 

コーティング施工から3年が経ち少しずつメンテナンスでは落ちないシミやクスミが

増えてまいりました。がしかしボディサイドなどの垂直面はシミやスクラッチも少なく、

まだまだ艶もありました。 という事で全体の再施工はまだまだもったいないので

ボンネットやルーフなどの水平面のみ軽く磨きを掛けて再コーティングしました。

当店のメンテナンスは基本的に磨きを入れません。ですのでしつこいシミや深いスクラッチは

残ってしまいます。 そのシミやスクラッチが気になるようであれば今回のスペーシアカスタムの様に

気になるパネル毎に磨きを入れる事も出来ます。お客様のご要望等でメンテナンスの方法も

色々とカスタマイズできますのでお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ スイフトスポーツのメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ スイフトスポーツのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプレミアムシルバーメタリックのスイフトスポーツは昨年の12月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から約8ヶ月経過しました。色的な事もあって↑の写真ですと

艶もあってお綺麗なんですけど近くで見ますと・・・

ではコーティング施工から8ヶ月経過いたしましたスイストスポーツの

メンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです↓

艶も有りスクラッチも少ないのですがシミが多いんです。

このシミの正体ですがこれはカルキシミと言われるシミです。

水道水を掛けたまま自然乾燥させると水道水に含まれているカルキ等が

塗装面に残留したものです。

放置してしまうとシャンプー洗車程度では落ちません。

実際こちらのスイフトスポーツの場合もシャンプー洗車では落ちませんでした(^▽^;)

アフターです↓

特殊な溶剤を使って落とします!

シミさえ落としてしまえばスクラッチも、とっても少なく水弾きもピンピンでした!

ルーフも・・・

汚れているのもありますがシミがいっぱいです(^^;

別の角度からですと・・・

なかなかのものです。最初に見た時はシミが少し茶色いので単なる汚れかと思ったのですが

実際はカルキシミの上に茶色い汚れが乗っかっていて↑の様に見えていました(^^;

アフターです↓

こちらのシミさえ除去してしまえばビックリするほどお綺麗でした。

別の角度から見ても・・・

艶々です!

リアは・・・

目立つようなシミもあまりなくて良好です!

アフターです↓

よりスッキリとしています。

ボディサイドは・・・

黒い雨筋が付いていますけど、その他には特に気になるような痛みは

ございませんでした。

アフターです↓

それでもしっかりとメンテナンスをすれば艶感が全然違ってきます(^_^)/

 

それと鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

これがまたビックリするくらい鉄粉が少なかったです(*‘∀‘)

リアも・・・

ボンネットに比べるとやや多めですね。

ボンネットやルーフに付く“鉄粉は上から降ってくる”鉄粉が多いのですが

リアゲートに付く鉄粉はリアタイヤの跳ね上げ&空気の流れの影響でここに付くものが多いです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々お綺麗でしたのであまり変化ありませんね(^^;

でもリアは・・・

綺麗になったのがわかりやすいと思います!

そして最後にホイールです。

こちらも軽めの汚れです。軽めなんですけど黒いホイールは白っぽく見えてしまいます。

アフターです↓

しっかりと洗えば黒光りします(笑)

そしてプレミアムシルバーメタリックのスイフトスポーツのボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶々に仕上がっております!

元々艶もあってお綺麗ではあったのですがボンネットやルーフに

沢山のシミが付いていました(^^;

逆にそのシミ以外はスクラッチもあまりなく、まだまだ良好な状態です。

このスクラッチの少なさとカルキシミの付いている理由が実は繋がっているんです。

オーナー様曰く “洗車はしていない” そうで汚れが気になった時に水を掛けていたとの事です。

“洗車はしていない”ので洗車によるスクラッチが付かない&水掛けっぱなしで拭きとらないので

カルキシミが付いているという事です(^▽^;)

シミにも種類がございまして花粉で出来るシミやケミカル剤で出来るシミ・油分の付着による

シミやらお馴染みの雨ジミ等、シミが出来る要因は様々です。

そして今回のシミは先ほどもお話しましたように水道水によるカルキシミです。水道水に含まれている

カルシウムや塩素などが主な要因になります。水道水を掛けたまま放置すると白くシミになります。

早い段階で洗車をすれば落ちる事もありますが時間が経てば経つほどシミが固着してしまい

普通のシャンプー洗車程度では落ちなくなってしまいます。

汚れたから水だけ掛けておいた!っという方は実は意外と多いです(;´∀`)

水掛けっぱなしの自然乾燥は危険ですので皆様もお気を付けください!

 

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

クールカーキパールのハスラーJスタイルです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ハスラーのボディコーティングです。

クールカーキパールメタリック&ホワイトルーフのツートンカラーです!

このツートンカラーはJスタイルのみに設定されているカラーになります。

ちなみにJスタイルはフロントグリルがメッキになりルーフレールが装着され、

そしてボンネット先端に「HUSTLER」エンブレムが装着されたりと

お洒落度が更にアップしましたハスラーの人気の特別仕様車です!

そんなお洒落さんのハスラーJスタイルの現状確認より初めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

モヤッと曇り気味ですね(^^;

ルーフは更に・・・

曇っておりました。これは汚れではないですよ。塗装面が曇っているんです(^▽^;)

ボディサイドも・・・

映り込んでいるライトがモヤモヤとしております。

リアは・・・

ボディサイドよりは曇りが少ないようですが・・・雲っています(^^;

ホイールは・・・

軽めの汚れでした。

 

こちらのハスラーは納車から間もない新車です。ですので基本的にはシミやスクラッチも

少なくお綺麗ではあるのですが・・・曇っています(^^;

少し前に赤いハスラーのJスタイルもご紹介しました。その時のブログでも

書いたのですがスズキのツートンカラーのホワイトルーフのお車はどの車種も曇りが

“酷い”印象です。 このルーフのホワイトはソリッドのホワイトでクリヤー無しの

塗装になりますので痛みの進行も早めかも知れません。

ですので尚更コーティングで塗装の保護が重要になってきます。

塗装の保護も重要ですけど、それ以前にまず曇りが酷いので(^▽^;)スッキリとクリヤーに

してからコーティングを掛けていきたいと思います。

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

油分の付着が若干あるようで所々で少し水を弾いていました。

ガラスを磨いて油分等を除去していきます。 今回は全面のご依頼ですので

全面磨いていきます。 磨きが終わりましたら、よ~く乾燥させた後に

ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングします。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをしましたら・・・

気持ちいい水玉コロコロの撥水コーティングの完成ですヽ(^o^)丿

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

ボディカラー的に反応が見えにくいのですが鉄粉は少なかったです。

鉄粉の反応がわかりやすい白いルーフで見てみましょう↓

ね!少ないでしょ(笑)

よく見ればポツポツと確認は出来ると思いますけど全体的に鉄粉は少なかったです。

 

鉄粉を処理し再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

違いがわからないと思いますけど、より綺麗になっています。

ルーフも・・・

よ~く見れば黒いポツポツが無くなっています。 よ~く見てください(笑)

 

その後に今度はボディにマスキングを行います。

ハスラーは意外とマスキング大変なんです(^^;

特にノーマルハスラーには付いていないんですけどハスラーJスタイルは

ボンネット先端にHUSTLERのエンブレムが付いているんですけどそれが

一文字づつと言うね・・・(^^;     なかなか大変です(笑)

 

マスキングが終わりましたらボディを磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に少しばかり曇り気味でしたので、その曇りを磨いて除去し塗装面を

クリヤーに仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

クリヤーになりました!

モヤけていましたルーフも・・・

曇りも無くなってスッキリとクリヤーな塗装肌に仕上がりましたヽ(^o^)丿

いゃ~気持ちいいですね!!

ボディサイドも・・・

ライトがスッキリと映り込むようになっております。

リアも・・・

クリヤーですね!

最後にホイールです。

こちらも艶出しをしていますので艶々です。

そしてクールカーキパールメタリック&ホワイトルーフのハスラーJスタイル、

新車コーティングが完成いたしました!

スッキリとクリヤーで艶々なボディに仕上がりました!

曇りの影響は意外と大きくて酷ければ酷いほど艶や光沢感が失われます。

そこを修正してからコーティングを掛けますと新車以上のコンディションに

仕上がります!

よく車は納車直後の新車が一番綺麗だと思わている方が多いかと思います。

でも実は残念ながらそうでもないんです(^^;

今回のハスラーJスタイルを見て頂いたように塗装面が曇っている新車は非常に多いんです。

また曇っているだけではなくシミやスクラッチも付いているものなんです。

という事は磨かないでコーティング剤を塗るだけですと、もちろん曇ったままですので

コーティング後も曇ったままのスッキリしない仕上がりです(;´∀`)

もちろん曇りだけではなくシミやスクラッチも残ったままです。

当店は新車でも磨きなどで不具合箇所を修正し、下地を整えてからコーティングをしています。

ですので経年車はもちろん、新車や新古車等のコーティングもカーコーティング専門店の

カービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スズキ アルトのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ アルトのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのシルキーシルバーメタリックのスズキ アルトは昨年の9月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から9ヶ月のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

まだまだ艶もあってお綺麗なのですが撥水が落ちてきたという事でした。

ではコーティング施工から9ヶ月経過いたしましたスズキ アルトのメンテナンスの

様子を今回もビフォー&アフターで見て参りましょう!

まずはボンネットからです↓

小雨降る中でのご入庫でしたので濡れております(^^;

濡れていますのでシミやスクラッチの確認は困難ですけど

オーナー様が言われていたように確かに撥水力が落ち気味です。

水弾きが低下する要因もいくつかあるのですが、その一つがコーティング被膜の上に

汚れの被膜が付いてしまう事です。

この汚れの被膜はシャンプー洗車程度では落ちない頑固な汚れです。

↓はご入庫時の水弾きの様子です。

撥水力が落ちております。      コロコロの水弾きが懐かすぃ~(^^;

そして↓はシャンプー洗車後の水弾きの様子です。

少し水の流れ落ちが良くなりましたが大きな変化は感じません。まだまだあの頃のような

水弾きではありません(^^;

シャンプー洗車で落ちる汚れは表面に付いている軽い汚れ程度しか落ちないんです。

メンテナンスではこの頑固な汚れを特殊なケミカルを使って除去します。

↓はその特殊なケミカルで洗った後の水弾きの様子です。

特殊なケミカルで洗っただけでも、これくらい撥水力が復活します。

さすが特殊なケミカルです! 凄いっス(笑)

もちろんコーティング被膜自体が痛んでいると特殊なケミカルでいくら洗っても

撥水力が戻ることは残念ながらありません。

最終的に撥水剤で仕上げますと・・・

あの頃のようなコロコロの水玉撥水になります(笑)    いゃ~久しぶりっす(*’▽’)

ちなみにこちらのアルトはEXE evo1でコーティング施工しております!

話が長くなりましたが↓はアフターです。

普段のお手入れ方法が良いのでしょう。シミもスクラッチもとっても少ないですね(^_^)/

ルーフも・・・

撥水力が落ち気味です。

アフターです↓

こちらもシミ・スクラッチ共にとても少なくて良好な状態を維持されておりました。

もちろん撥水力も・・・

あの頃の様に気持ちよく弾いております!

リアは・・・

目立つような汚れや痛みもございません。

アフターです↓

艶々です。

ボディサイドも・・・

軽く汚れていますけどシルバーという事もあって目立ちません。

アフターです↓

シルバーという事もあってあまり違いがわかりません(^▽^;)

それと鉄粉の付着状況です。

↓のポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

少ないですね。

リアも・・・

とっても反応が少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリです。

リアも・・・

綺麗です。

最後にホイールです。

少し汚れておりました。

アフターです↓

こちらのホイールはホイールコーティング施工済みです。

ですので洗えばピカピカです(^_-)-☆

そしてシルキーシルバーメタリックのスズキ アルト、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶々のアルトに仕上がりましたよ~(^o^)丿

シルバーですので写真だと違いがわからないかも知れませんが

実車の方では艶感の違いを実感していただけます!!

そして落ちていた水弾きも復活しております。 雨が降っている時に綺麗に水を

弾いていると気持ち良くないですか?? やっぱり気持ちいいですよね(笑)

その気持ちよさを維持する為にもどうしても定期的なメンテナンスが必要になってきます。

先ほども少しお話しいたしましたがコーティングの撥水力の低下は頑固な汚れの蓄積や

撥水被膜の痛みなど様々です。 よく撥水が無くなるとコーティングが落ちたと

思われる方が多いのですが撥水が落ちてもコーティング被膜自体は残っています。

今回のアルトの様に特殊なケミカルで汚れの被膜を落とすだけでもだいぶ撥水力が

戻る事も多いんです。ですので撥水維持の為にもメンテナンスはとても重要です。

あの頃の様な気持ちイイ水弾きの為にもメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ミディアムグレーの新型ジムニーです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ジムニーのボディコーティングです。

こちらのミディアムグレーの新型ジムニーは納車間もない新車になります!

いゃ~ジムニー人気ですね~! 当店にもご入庫率が高いです(*^_^*)

今回のミディアムグレーは初入庫になります。 このミディアムグレーのジムニーを

近くで見るのは初めてになりますが、これまたジムニーにとっても似合っていてカッコイイです。

いゃ、カックイイ~です!

そんなカックイイ~、ミディアムグレーの新車ジムニーの現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

少し汚れていますけど曇りも少なくお綺麗です。

お綺麗なんですけど少し見る場所を変えて見ますと・・・

何やらポリッシャーで磨かれた痕跡が残っております(^^; 納車前に何かを修正したのでしょう。

その痕跡だと思います。

しかも↑の所だけではなくボンネットだけで計3ヶ所ほど確認できました(^▽^;)

ルーフは・・・

汚れは別としまして(^^; 若干塗装面が曇っていますけどルーフは補修の痕跡が

ありませんでした。

ボディサイドは・・・

こちらも僅かに曇りを感じますけどお綺麗でした。

リアも・・・

こちらも若干の曇りを感じますけれど言われなければわからない程度の

軽い曇りでした。

ホイールは・・・

納車から少し走られていますので軽~く汚れておりました。

 

全体的には塗装の曇りも少なく良好な状態なのですが、見て頂いたようにボンネットに

何かを修正した痕跡が残っておりました。

なぜ新車、それも納車前にこんなに痕跡が?と思われる方も多いと思います。 それは・・・

原因は色々と考えられます。まず工場内での加修です。塗装後の検査で異物混入などの

不具合箇所を手直ししています。その手直しをした跡です。 この場合でも作業者の

スキルによって仕上がりが左右されると思います。

そして工場を出た後に付いたキズの手直しです。工場を出てお客様に届くまでに

何人もの人の手に触れます。そしていつの間にやら細かなキズが~(;”∀”)

その手直しで磨きが入ります。手直し自体はある意味仕方がない事なんですが

問題はその手直しの仕上がり具合なんです。

上手な作業者が手直し(磨き)をすれば手直しの跡もわからなく仕上げますが、

そうでない作業者だと・・・今回のように磨き跡がバッチリと出来ちゃいます(^_^;)

実はその手直し自体はとてもよくある事で全然珍しい事でもないんです。

ですので新車でもキッチリとした下地処理(磨き)が必要なんです。

では手直しの痕跡をスッキリと除去してコーティングしていきましょう!!

作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

あっ あれ?? まだ新しいのに反応が多いです(^▽^;)

実際に触ってみても結構ザラザラです(汗)

しかしリアは・・・

すくな~い!

ちょっと鉄粉が多い原因がわかりませんがお車を置いている場所が線路に近い??

又は車通りの多い場所なのでしょうか?? オーナー様に確認するのを忘れてしまったのですが

(すみません)おそらく鉄粉が多く舞っている場所なのではないかと思います。

とにかく・・・

鉄粉を処理して綺麗にしました(^_^)/  (↑は鉄粉処理後の再チェックしたところです。)

リアは・・・

元々少なかったので、あまり変わり映えしない写真です(汗)

 

鉄粉処理が無事に済みましたら今度はボディにマスキングをしてからの~

ポリッシングです!

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

今回はボンネットに磨きキズがありますのでボンネットは少し強めの

磨きをしてキズを除去していきました。

 

そしていよいよボディコーティング!!

当店は新車でもここまでしてからコーティングをしていきます(^_-)-☆

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々この辺りは曇りも少なくお綺麗でしたが更にスッキリと綺麗な塗装肌に

なっております!

そして例のアレですが・・・

こちらもスッキリと除去出来ております。

もちろん他の2ヶ所もバッチグ~に仕上がっております!

ルーフも・・・

曇りも無くなりクリヤーになりました。

ボディサイドも・・・

よりスッキリとクリヤーに仕上がります。

リアも・・・

いい感じです(^.^)

最後にホイールも・・・

艶々です。  ガンメタがカックイイ~!

そしてミディアムグレーの新型ジムニー、新車コーティングが完成いたしました!!

ツルッツルに いゃチュルッチュルに仕上がりました~ヽ(^o^)丿

いゃ~カックイイですね!! 最初の写真と少し写真の色味が違ってしまいましたが(すみません)

艶感の違いなどを感じて頂ければ幸いですm(__)m

元々新車ですのでお綺麗ではあったのですが、そこから更に磨きを入れて

塗装表面を整え、コーティングを掛けますと透明感あるツルツルのボディに仕上がります。

いゃ、チュルッチュルのボディに仕上がりました!!

オーナー様も『おぉ! すごい綺麗だなぁ!』と仕上がりの違いをご実感していただけた

ご様子でした。 ありがとうございました。

 

新車は納車直後がベストな状態・・・という車は実は稀なんです。

新車でもキズやシミが付いていたり曇り(白ボケ)が付いている事が

残念ながらとっても多いんです。逆に全く不具合のない新車の方が稀な印象です(^^;

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車コーティングも下地を整えているカーコーティングの専門店『カービューティープロ カラーズ』へ

是非どうぞ~! お待ちしております(^^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ エブリィワゴンのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ エブリィワゴンのボディコーティングです。

パールホワイトのエブリィワゴンです!

こちらは当店を何度もご利用頂いているリピーターのオーナー様の

お仕事用のお車です。 お乗り換えに伴いコーティングのご依頼を頂きました。

いつも当店をご利用頂きありがとうございます。

こちらのエブリィは新古車なのですが登録されたばかりの車両で、ほぼほぼ新車です(笑)

も~全然新車です。何が違うかと言ったら登録されていない車か、登録されていた車かの

違いだけで内容的には新車です(^.^) 登録されてから時間が経過した車両ですと

痛みも進んでいるのですが今回のエブリィワゴンは登録されたばかりの車両ですので

も~全然新車です(笑) そんなほぼ新車と言っていいくらいのエブリィワゴンの現状確認から

早速始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少し汚れもありますが僅かに塗装が曇っているようです。

ルーフも・・・

ちょこっと曇り気味ですかね(^^;

水平面の曇りは軽いのですがボディサイドは・・・

結構曇っています(^▽^;)

リアも・・・

水平面に比べるとやや曇り気味でした。

ホイールは・・・

お綺麗ですね!

 

ボンネットやルーフの曇りに比べますとボディサイドの曇りがやや目立ちます。

これは新車時(工場出荷時)から曇っていて全然珍しい事ではありません。

この曇りがあまり酷いとボディへの景色の映り込みが綺麗に映り込まずに

ボヤけてしまいますし塗装面の透明感も違ってきます。

特にライトカラー系のお車は透明感の差が見た目の印象に影響を与えます(^^;

その曇りを取ってスッキリとクリヤーな塗装肌に仕上げていきたいと思います

では作業を始めていきましょう。作業開始~(^_^)/

 

今回ウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

若干ですが油分の付着があるようでダラッと水を弾いています。

その油分を磨いて除去してガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

ウインドウコーティングは雨天時の視界確保に有効なアイテムですので

まだ施工したことのない方は是非一度お試しください!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

ボチボチですかね(笑) 新古車等の展示車両は鉄粉の付着量が多めの車両が多いのですが

こちらのエブリィは少ないですね。 展示期間が短かったからではないでしょうか。

新車でも↑以上に多く付いている車両も珍しくありません(^^;

リアも・・・

とっても少ないです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットも綺麗になりました。

リアは・・・

元が少なかったのであまり変わり映えしませんね(^▽^;)

 

鉄粉処理が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。  今回は新古車ですが初期登録から時間が経っておらず

状態も良好でしたので新車プランで施工いたしました。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて

ポリッシングしています。新古車の場合はお車の状態によっては1つ上のプランを

お薦めさせて頂く場合もございます。

 

ポリッシングが終わりましたら今度はコーティングの出番です。

当店は新車でもここまでしてからコーティングをします!

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

水玉撥水が気持ちいい・・・

PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとして綺麗になりました。

ルーフも・・・

クリヤーになりました!

ボディサイドは・・・

曇りも無くなってスッキリと綺麗になりました(^_^)/

リアも・・・

ライトが綺麗に映り込むようになりました。

ホイールは・・・

元が綺麗でしたのであまり違いがわかりませんがタイヤもホイールも艶出しで仕上げております!

そしてパールホワイトのエブリィワゴン、ボディコーティングが完成いたしました。

新車のパールホワイト、しかも元々お綺麗なお車でしたので写真ですとあまり違いが

わからないかもしれません(汗)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたように僅かな曇りを除去したことで、

より一層透明感がクリヤーでツヤツヤのボディに仕上がっております!

今回のエブリィワゴンは初期から間もないお車でしたのでご入庫時のお車の状態は

良好でございました。 ほぼ新車です(^.^) 言われなければわかりません(笑)

それでもよ~く見れば曇りも確認できるのですが、その曇りも新車時から付いている

曇り(白ボケ)で展示期間中に付いたクスミではありません。

新車でも新車特有の曇りが酷いお車や(白ボケ)シミやキズが入っているお車も多く、

また鉄粉が多く付いているお車もあるのが実情です(汗) 特に展示車は鉄粉が多い傾向です。

試乗車や新古車等、あまり使用されていないお車でも車は置いておくだけで痛みが進んでいきます。

当店は新車でも、そして新車に限りなく近い新古車でもそれらの不具合箇所を磨きなどで

処置し下地を整えてからコーティングをしています。

ですので経年車はもちろん、新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ

是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スズキ ジムニーのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ジムニーのボディコーティングです。

シフォンアイボリーメタリックの新車、スズキ ジムニーのご入庫です!

ジムニー人気ですね! 当店でも新旧合わせてご入庫率の高いお車でもあります(*^_^*)

今回のお車のカラーでもございますシフォンアイボリーメタリックは人気カラーの様で最近、

街中でもよく見かけますし、当店もこちらのお車で3代目のシフォンアイボリーメタリックの

ジムニーになります。 1台はシエラですけど(^.^)

そんな人気カラーのシフォンアイボリーメタリックの新車ジムニーの現状確認より

始めて参りましょう!

 

 

まずはボンネットからです↓

新車ですけど数日ほど経っておりますので少し汚れています。

シミが確認できると思いますが、これは花粉のシミですね(^^;

ルーフも・・・

軽い花粉ジミが確認できます。

ボディサイドは・・・

シミは無いのですが塗装が曇っております。 ライトの映り込みがモヤッとしていると思います。

ボンネットとルーフも、あまり気にならない程度の軽い曇りはありましたけど

ボディサイドの雲りは、もの凄~く気になります(^^;

リアも・・・

ボディサイド程ではないのですが曇り気味でした(^^;

スペアタイヤの裏側は・・・

新車という事もあって水アカの固着も無くお綺麗でした!

よかった よかった(笑)

 

全体的に新車という事もあってお綺麗なんですがライトを当てて見ますと

ややボディが曇り(白ボケ)気味でスッキリとしていない状態でした。

特にボディサイドの白ボケが気になりました。

この新車時からある白ボケは洗車で落ちるものではなく磨かないと除去できません。

磨かないと除去できないのですがディーラーさんのコーティングは磨かない事が

多いのでお気を付けください(^^;  (中には業者さんが磨いているお店もございます)

ディーラーさんに頼むときは事前に確認するといいかもです。

白ボケは塗装の透明感を阻害し艶感にも影響を与えてしまいますので、

しっかりと磨いて綺麗にしていきたいと思います。

では作業を始めて参りましょう! 作業開始!!

 

今回ウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

新車でも油膜の付着が酷いお車もあるんですけど、油分の付着も少なくお綺麗でした(^.^)

しかし例え綺麗でも・・・

一度磨いてガラス表面をリセットします。

ウインドウもボディと同じように実は色々な異物や汚染物質等が付いているんです。

DIYで行う場合も必ず下地を整えてからコーティングして下さい。

また再施工時も上塗りするのはおすすめしません。古いコーティングを除去してから

コーティングして下さい!

話がそれましたが下地を整えた後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングし、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

ポツポツと確認できました。

新車でも鉄粉は付いているものなんですけど↑くらいでしたら少ないと思います。

リアも・・・

反応は少なめでした。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも・・・

綺麗になりました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをします。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

今回はボディサイドの曇りが気になりますのでボディサイドは少し強めの磨きをしています。

 

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!  当店では新車でもここまでしてから

コーティング作業に取り掛かります。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

綺麗です(^_^)/

曇りが気になりましたボディサイドも・・・

モヤッとした曇りが無くなってスッキリと綺麗にライトが映り込むようになっております!

リアも・・・

ライトの映り込みがキリッとしましたね(^_^)/

もちろんスペアタイヤ裏の部位もコーティングしております。

そして最後にホイールです。

と言ってもビフォーの写真を撮り忘れていたようで・・・すいません。

なのでいきなりアフターです(汗)

ビフォーの写真が無いのでアレですが、元々お綺麗でしたがアフターは艶出しもしていますので

光沢感は向上しています。 比較できる写真がありませんが(大汗)

 

そしてシフォンアイボリーメタリックのスズキ ジムニー、新車コーティングが完成いたしました!

いい艶感に仕上がりましたヽ(^o^)丿

色的に艶感が感じられにくいアイボリーですけど曇りを除去することで

透明感と艶感をしっかりと感じて頂ける仕上がりになります!

オーナー様も『うわぁ 凄いな! すごい綺麗。』と仕上がりの違いをご実感していただけた

ご様子でした。 ありがとうございました。

 

新車は納車直後がベストな状態・・・という車は実は稀なんです。

新車でもキズやシミが付いていたり曇り(白ボケ)が付いている事が

残念ながらとっても多いんです(^^;  当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで

処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車コーティングも下地を整えているカーコーティングの専門店『カービューティープロ カラーズ』へ

是非どうぞ~! お待ちしております(^^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。