アルファードのボディコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ アルファードのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ アルファードは昨年の10月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から間もなく1年を迎えるタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

パールホワイトですので水アカ汚れは少し確認できますが艶も感じられて塗装面自体の痛みは

少なそうな感じですが・・・はたして!?

ではコーティング施工から間もなく1年を迎えますトヨタ アルファードの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

いゃ~ とってもお綺麗です(*”▽”)

一年近く経つのにこの綺麗さです! ビックリです!!

アフターです↓

スクラッチもシミもとっても少なくて申し分ございません!

しかし何故かルーフは・・・

あきらかにボンネットより汚れ気味です(^▽^;)

背の高い車あるあるです(笑)

しかし基本的に汚れているだけでボンネット同様シミやスクラッチは少ないです。

でもボンネットもそうなのですが・・・

コーティング施工から1年近く経ちますので撥水が弱まっております。  水が掛かっています↑

撥水が無くなる要因は幾つかあるのですが、その一つに

コーティング被膜の上に“汚れの膜”が付いてしまっている事です。それによって水弾きが

低下してしまいます。特に花粉シーズンは水弾きが低下することが多いです。

しつこい“汚れの膜”は通常のシャンプー洗車では落としきれません。

そのせいでシャンプー洗車しても撥水力が戻らないんです(T_T)

↓はシャンプー洗車後です。

シャンプー洗車をしても先ほどと変わりません。

その後に今度は特殊なケミカルを使って洗ってみますと・・・

しつこい汚れを取るだけでこれ位撥水力が戻りました。

さすがにコーティング直後のようなコロコロの水弾きではございいませんが

撥水力が残っています。 ただコーティング被膜そのものが痛んでしまっていたら何で洗っても

撥水力が戻る事は無いのですが、それでも艶感は向上いたします。

最終的にメンテナンス剤で仕上げますと・・・

コロコロの気持よい水弾きになります(^_^)/

アフターです↑  撥水は落ちていましたがシミ・スクラッチ共にとっても少ないですね!!

ちなみに鉄粉の付着状況ですけど・・・

↑の黒っぽく点々と見えますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

鉄粉も少なめでした(^.^)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリと綺麗になりました。

 

リアも・・・

黒い雨筋が付いていますが大きな痛みは無さそうです。

アフターです↓

やっぱりなかったです(笑)

まだまだお綺麗です。

ボディサイドの汚れも・・・

通常の雨天走行時の汚れ程度ですので・・・

特に気になるような痛みはございませんでした。

最後にホイールです。

なかなか洗いにくい形状です(^▽^;)

アフターです↓

やっぱり黒いと引き締まりますね!

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ アルファード、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

いかがでございましょうか。

ご入庫時は少し汚れてはいましたが塗装面自体(コーティング被膜自体)はコーティング施工から

1年近く経っているとは思えない程良好な状態を維持されておりました!

本当にビックリするくらいシミとスクラッチが少ないです(^_^)/

お車が大きくて大変ですが、これからもこの感じで維持管理を頑張ってください!

 

先ほども少しお話しいたしましたがコーティングの撥水力の低下は頑固な汚れの蓄積や

撥水被膜の痛みなど様々です。 よく撥水が無くなるとコーティング被膜も無くなった

(コーティングが落ちた)と思われる方が多いのですが実は違うんです。

撥水が落ちてもコーティング被膜自体は残っています。 今回のアルファードの様に

特殊なケミカルで汚れの被膜を落とすと撥水力が向上する事も多いんです。

ですので撥水維持の為にもメンテナンスはとても重要です。

皆様もメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ86 14Rのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ86 14Rのボディコーティングメンテナンスです。

こちらの14Rは昨年の12月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から約9ヶ月経過でメンテナンスにお越しくださいました。

では早速ですがコーティング施工から9ヶ月経過いたしました14Rのメンテナンスの

様子を今回もビフォー&アフターで見て参りましょう!

まずはボンネットからです↓

普段からマメにお手入れされておりますのでお綺麗です!

ただ普通のシャンプー洗車では落ちないシミも少し付いておりました。

アフターです↓

シャンプー洗車では落ちない汚れ(シミ)等を特殊なケミカルを使ってシミや汚れを除去しました。

クレーター状の深いシミ等は磨かないと落とせませんが特殊なケミカルで洗いだけでも

結構綺麗になるんです! また撥水力も向上いたします(^_^)/

(コーティング被膜が痛んでいると撥水力は戻りません)

ルーフも・・・

お手入れされていてお綺麗です!

普段は乗らずに駐車場に置いてあるんだそうですが仕事帰りに鳥糞が落ちていないか

毎回チェックされているとの事でした!  素晴らしいっす(*’▽’)

アフターです。

まだまだお綺麗です!

トランクも・・・

目立つような痛みや汚れも無くお綺麗です。

アフターです↓

まだまだ潤いを感じますね!

ただボディサイドは・・・

雨続きだった為に少し汚れ気味でした(^▽^;)

そんな時もございます(笑)

アフターです↓

こちらも特に問題も無く良好なコンディションでございます!

それと鉄粉の付着状況です。

↓のポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

とっても少ないですね(*”▽”)

9ヶ月経過でこんなに少ないなんて驚きです。

リアも・・・

こちらもとっても少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

元々がとっても少ないので、ほぼほぼ変化ありません(^▽^;)

リアは・・・

こちらの方が反応が“減った”感を感じて頂けるかと思います(笑)

そして早くも最後のホイールです。

少し汚れ気味でした。

アフターです↓

毎回、毎回言っていると思いますが(笑)シンプルそうに見えて隙間が多くて洗うのが

大変なホイールなんです。 っとオーナー様も言われていますので間違いないです(笑)

ただ最近少しづつ洗い方の攻略方法がわかってきた気がしています(^_-)-☆ キュピーン!

 

そしてトヨタ86 14Rのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶々の14Rに仕上がりました~!

元々お綺麗で更に違いが伝わりにくいシルバーですので写真だと違いが

わからないかも知れませんが実車の方ではしっかりと艶感の違いを実感していただけます!!

オーナー様も『おぉ!また艶々になった。よかった~』とお喜びになられておりました。

ありがとうございます。

 

先ほども少しお話しましたが、こちら14Rのオーナー様は毎日鳥糞チェックをされているとの事でした。

なかなか出来る事ではございません!素晴らしいです(^_^)/

という事はオーナー様は鳥糞の恐ろしさをご存じという事です! も、もしや経験済みなのでしょうか??

何度かブログでお話しておりますが鳥糞は塗装の陥没やひび割れ等、塗装面に甚大なダメージを与えます。

そうなると残念ながら再塗装をするしか補修方法は無くなります。

ですので鳥糞に気が付きましたら速やかに除去致しましょう! ルーフの高いミニバンやSUVなどは

ルーフが見えないので特に注意が必要です。

除去方法ですが鳥糞の中に小石などが混ざっている事もありますので乾いたティッシュなどでは

拭かないでください。キズになります(-“-) ティッシュを軽く濡らして擦らずに取り除いてください。

特に鳥糞がカッチカチに乾燥している場合は濡らしたティッシュ(水多めで)を鳥糞の上に数分間置き、

柔らかくなってから取るようにしてください。この時も擦るように拭くのではなく、上につまみ挙げるように

取り除いてくださいね。拭くとキズになりますから(^^;)

同じく虫のこびり付きも塗装に良くないので同じ要領で早めに取り除いてあげましょう!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダN-BOXカスタムの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ N-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプラチナホワイトパールのN-BOXカスタムは2019年の1月に

ボディコーティングを施工させていただきましたお車です。

コーティング施工から早くも2年半経過しました。 つい最近施工させていただいたような気がしますが、

もう2年半ですか。時が流れるのは早いものです(^_^;)

こちらのオーナー様は半年毎にメンテナンスにお越しくださっておりますので

今回は通算5度目のメンテナンスのご依頼になります!

いつもありがとうございます。

ではコーティング施工から2年半経過いたしましたN-BOXカスタムのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

ちょろっと汚れ気味ですのでなんですが(^^;シミも少し多くなってきた感じがいたします。

アフターです↓

とは言えコーティング施工から2年半、しかも塗装の柔らかいホンダ車でこれ位の

シミの量でしたら全然悪くありません。 寧ろ良好と言っていいと思います!

ルーフも・・・

汚れていてわかりにくいんですがシミもスクラッチも少ないです。

アフターです↓

屋外の屋根なし駐車でこれ位↑ですから、とっても良いと思います。

リアは・・・

所々に黒い雨筋が付いていましたが↑のような隙間の汚れも少なかったです。

アフターです↓

メンテナンスを行えばまだまだ艶々です(*’▽’)

ボディサイドも・・・

雨続きでしたので黒い雨筋が付いています。

しかし今年は8月中旬ごろから雨ばっかりですね。 私も自分の車1ヶ月以上洗車していないような・・・

汚れに汚れています(^▽^;)  洗車しなくちゃ(大汗)

アフターです↓

スッキリと艶々に復活です!

そしていつもの鉄粉のご報告です。

↓の黒っぽく点々と見えますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

ボチボチ確認できますが全体的に見ても少ないと思います。

リアも・・・

ご覧の様に付いてはいますけど少ない方ではないかと思います。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも・・・

綺麗になりました!

最後はホイールです。

こちらも通常の軽い汚れでした。

アフターです。

黒いホイールはビフォー&アフターの違いがわかりやすくて嬉しいです(笑)

そしてプラチナホワイトパールのN-BOXカスタム、5回目のメンテナンスが完成いたしました!

いかがでございましょか。

ご入庫時は汚れもあって少し艶引けている感じでしたが数種類のケミカルを使い汚れを落とし

細部の洗浄を行い最終的にメンテナンスで仕上げれば、なんという事でしょう!

またまた艶々のN-BOXカスタムに復活いたしました(^_^)/

細部の洗浄ですが汚れ自体は大きくはないのですが汚れが“ある”のと“ない”のでは見た目の

印象を大きく左右いたします!  細かな汚れなんですけど、その汚れで車の古さ感が出てしまいます。

普段の洗車時から隙間等の汚れを除去すれば一つ上の仕上感になりますので

皆様も是非お試しください! 愛車を綺麗に見せるポイントです(^_-)-☆

暑さも段々と落ち着いて洗車が気持ちいい季節になってきました。

真夏は暑くてじっくりと車弄りも洗車も出来ませんでしたが、これからはゆっくりと、

そしてじっくりと愛車をお手入れできる時期ですのでタップリと愛車との濃密な時間を

お過ごし下さい(笑)   楽しいですよ~(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スバル WRX STIのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル WRX STIのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのWRブルーパールのスバルWRX STIはボディコーティングから2年程経過いたしました

お車になります。1年毎にメンテナンスに来られておりますので今回は通算2度目の

メンテナンスのご依頼になります。

とっても大事に、そして丁寧にお手入れされていますのでいつ見てもお綺麗なんです(*”▽”)

洗車自体はあまりされていないそうですが雨が降った時には雨がボディに残らないように

除去されているそうです。 素晴らしいっスヽ(^o^)丿

ではコーティング施工から2年経過いたしましたWRX  STIのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

細かなシミは多くはなってきましたがスクラッチも少なく

お手入れの丁寧さが伝わってまいります。

アフターです↓

元々がお綺麗ですのであまり違いが伝わりませんね(汗)

クスミも少し低減し艶も向上したのですが・・・(^▽^;)

ルーフも・・・

ライトを当てて見てしまえば細かなシミもございますが屋外駐車でシミの付きやすい

スバル車と考えると、悪くない状態です。 と言うより良好です!!

アフターです↓

またまたあまり違いがわかりませんね(大汗)

細かなシミも屋外で見れば普段は気にならない程度の薄いシミです。

リアも・・・

よく見れば拭きキズと思われるスクラッチもございますが

全然少ないと思います。

アフターです↓

よ~~~く見ればスッキリとしたのがわかるかと思います(笑)

よ~~~~く見比べてください!

元々がお綺麗ですので写真だと違いが伝わらないのですが、そんな事もあろかと思い、

違いがわかりやすい所を探しました(笑)

それが・・・

リアスポイラーの取り付け部です。

汚れが溜まっております!!

それが・・・

ほ~ら綺麗!

いゃ~違いますね!完璧に違います(笑)  これなら安心です(謎)

メンテナンスやった感が伝わったと思います(^▽^;)

ボディサイドも・・・

全然お綺麗ですので・・・

残念ながらメンテナンスやった感が伝わりません。

やった感が伝わらないと言えばついでにもう一つ。

それは鉄粉です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

これまたとっても少ないんです(*’▽’)

リアも・・・

探せば見えてきますけど探さないとわかりません(笑) それくらい少なかったです。

という事はもちろん鉄粉を処理しましても・・・

鉄粉除去した感がありません。

リアも・・・

同じくよ~~~~く見比べないと違いがわかりません。

それくらい鉄粉も少なかったという事です(^^;

そして早くも最後のホイールです。

ホイールは軽く汚れていてダストの影響でやや茶色っぽいです。

アフターです↓

ダストも落ちてスッキリと艶々です!

そしてWRブルーパールのスバルWRX STI、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

ピカピカです! 元々ですけど(^▽^;)

各部の写真で見て頂きましたようにライトを当てて見てしまえばメンテナンスでは

落ちないシミも少しづつ多くなってきたのも事実なんですけど、それでも実車を見て頂けると

艶と光沢の向上、それに伴ってお車全体の質感の向上を感じて頂けると思います!

オーナー様もピカピカの愛車とご対面してとてもお喜びになられておりました!

ありがとうございました(*^_^*)

これからも大切にお乗りください!

 

既にご存じの方も多いと思いますが先日、新型の「WRX」が初公開されました。

米国仕様車ですけど(^.^)

新型になったのでもちろん色々と変更されているのですが話題はやはりスタイリングの様です。

個人的にはアグレッシブでカッコイイと思っているのですが色々と賛否両論の様です(笑)

その賛否両論の元となっているのがあの樹脂フェンダーの様です。

私は全然違和感ないのですが・・・。

その樹脂フェンダーには空気を整流する空力テクスチャーが採用されていたり

エアアウトレットも設けられていて、ちゃんとした機能パーツになっているんだそうです。

その他にも色々と見どころ満載の新型WRXですが日本仕様の発表が待ち遠しいところです(^_^)/

近々日本仕様も発表されるようですが早く実車を見てみたいです!!

いゃ~ 楽しみ~~ヽ(^o^)丿

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

マツダ アテンザの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ アテンザのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザはコーティング施工から

2年半ほど経過いたしましたお車になります。

半年毎にメンテナンスにお越し頂いておりますので今回で通算5回目のメンテナンスの

ご依頼になります。 いつもありがとうございます(^.^)

最近は雨続きだったこともあって、あまり洗車されていないとの事でしたがはたして・・・

ではコーティング施工から2年半経過しましたマツダ アテンザのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

汚れやシミが付いておりますが、まだまだクスミも少ないですね。

アフターです↓

クレーター状の深いシミやスクラッチが少なく、屋外駐車でコーティングから2年半経っているとは

思えない程まだまだ良好な状態を維持されております!

ルーフも・・・

汚れていますけどスクラッチも少ないですね!

アフターです↓

いい感じです。

ただボンネットを含めてさすがに水平面の水弾きは無くなっておりました。

トランクも・・・

まだまだお綺麗です!

アフターです↓

ね!綺麗でしょう(^_^)/

ただここ最近洗車されていないとの事ですので・・・

汚れている所は汚れております(笑)

でもこの辺はただの汚れですので・・・

洗車をすれば綺麗になります!

今回はメンテナンスですので更に綺麗になっております(笑)

ボディサイドも・・・

それなりの汚れっぷりでございました(^▽^;)

毎回なんですけど、こちらのアテンザは謎の汚れが下回りに付くんです。

何の汚れか判断できないのですが毎回同じ汚れが付いてます。

オーナー様もその汚れが落ちなくてお困りなのですが・・・なかなか頑固な汚れです。

アフターです↓

私も毎回色々なケミカルを試して反応を見ているのですが、やっと効果的な除去方法に

出会えた気がいたします\(◎o◎)/!

 

それといつものように鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

いつもに比べますと少し多い気もします(^^;

トランクも・・・

いつもより少し多いかなぁ~?って感じでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

トランクも・・・

サッパリと綺麗になりました。

最後にホイールです。

少し汚れておりました。

アフターです↓

艶がでましたね(^_^)/

スノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザのボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

サッパリと綺麗に仕上がりました!

コーティング施工から2年半が経過したとは思えない程の良好なコンディションで

ございました。 毎回オーナー様にもご報告しているのですが本当に深いシミやスクラッチが

少なくてちょっと驚きなんです。

お車によっては次回あたりは(3年が)再施工のおすすめのタイミングなのですが、

この調子ですと再施工はまだまだ必要なさそうです!!

何時までも大切にお乗りください(^_^)/

 

今回のアテンザはコーティング施工から2年半ですがまだまだ艶もあってお綺麗でした。

ただ流石に水弾きは無くなっていました。水弾きは時経劣化などによってどうしても弱まってきます。

弱まるタイミングはお車の使用状況や保管状況そしてお手入れ状況などによって様々です。

2年経ってもピンピンに撥水しているお車もあれば半年程でだいぶ弱っているお車もございます。

撥水力を維持する為には定期的なメンテナンスか撥水剤の使用が必要になってきます。

お車の美観維持と撥水維持の為にも皆様もメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

フレームレッドのホンダS660です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダS660のボディコーティングです。

こちらのフレームレッドのS660は納車から間もない新車のお車になります!

こちらのオーナー様は今年3月の“生産終了”のアナウンスの数日後に

ご契約されたそうでギリギリ新車をご購入できたそうです(^_^)/

それから数日後には受注終了だったようで、まさにギリギリでした。

 

当店ご入庫後にお車を眺めていましたら(笑)  あれっ??何か違うなぁ?? と・・・

当店では今までに何台かのS660を作業させていただいていますがマイナーチェンジ後の

S660は初入庫のような気がします。 きっとそうです。そうに違いありません(笑)

パッとみではあまり変更がなさそうですが見れば見るほど細かな違いが結構あるんです。

マイナーチェンジ後のモデルはAピラーがボディと同色になっています。前期型はブラックです。

この違いだけでも車の雰囲気が違ってくるから面白いですね(*’▽’)

その他にも結構違いがありますので皆様も見比べて楽しんでください(笑)

(私も今日来られた別のS660のオーナー様に教えて頂きました(^^;)

 

話がそれましたが新車S660の現状確認を始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

あれっ?? キズが多いぞぉ(^^;  このキズはもしや!?

↓もボンネットですが・・・

キズが多いんです。

写真だとライトの周辺にしかキズが見えませんがボンネット全体に付いています(;´∀`)

ルーフは・・・

猫の毛でしょうね(=^・^=)  沢山付いていました。

リアのエンジンフードも・・・

傷だらけなんです(;”∀”)

このキズはポリッシャーで磨いた “バフ目” と言う磨きキズです。

リアもフード全体に付いていました(汗)

ボディサイドは・・・

こちらもポリッシャーの磨きキズが盛大に入っていました(涙)

反対側も・・・

ガシャガシャです(;´∀`) これは磨きキズではなく拭きキズでしょうか??

一体何があったのでしょうか??

ホイールは・・・

軽~く汚れ気味でした。

 

ご覧頂きましたようにボディ全体にキズが付いています(;´∀`) そのほとんどが

ポリッシャーで磨いた時に付いた磨きキズで一部は違うキズの様です。

磨きキズが付いていなかったのは前後のバンパーとフロントフェンダーのみでした。

よ~く見てしまえばフロントフェンダーもほんの少し付いてはいましたけど(^^;

なんでこんなに磨きキズが付いているのか不思議だったのですがオーナー様に

後で聞いたところ納車前に販売店でコーティングをサービスしてくれたそうです。

おそらく塗装面が曇っていたので、その時に磨いたのかと思います。

販売店のコーティングはボディを磨かないでコーティングを掛けるお店が多いのですが、

こちらの販売店は磨いているようです。 ただその磨きが・・・

こんなにボディをキズだらけにするようならば磨かない方がいいような気もします。

曇りを取るかキズを取るか難しい選択です(笑)

新車でも一部に磨きキズが付いていたり、普通の線キズが付いていたりする事は

全然珍しくはないのですが、ここまで全体的に付いているのは珍しいです(^▽^;)

と私がいつまでもブツブツと言っていてもしょうがないので(笑) 早速作業を始めていきましょう!

頑張るぞ~!! おぉ!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

少ないです!!

探せばわかる程度の少なさでした(^_^)/

リアも・・・

全然付いていない訳ではないのですがとっても少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少ないので違いがわかりません(笑)

リアも・・・

ほぼ変化なしです!

鉄粉が終わりましたらボディにマスキングをしていきます。

おぉ!なんかカッコイイです(笑)

そして磨いていきます。今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に少しアレでしたので(^^;やや強めの磨きで塗装面を整えていきました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

いゃ~綺麗になりました(^_^)/

別角度からも・・・

磨きキズがサッパリとしましたね!

ルーフは・・・

(=^・^=)の毛も綺麗になりました!

また猫がくつろぎそうですけど(笑)

リアも・・・

磨きキズが無くなり綺麗になっております (^_-)-☆キュピーン!

ボディサイドの磨きキズだって・・・

サッパリとしました。  いゃ~よかったよかった!!

反対側も・・・

トゥルントゥルンです(笑)

ホイールも・・・

コーティングのご依頼を頂きましたのでホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティング!!

最近ホイールコーティングのご依頼が増えております。 皆さまも是非どうぞ~。

お手入れも楽になります!

そしてフレームレッドのホンダS660、新車コーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました(^_^)/

ボディ全体に付いていた磨きキズも取れてスッキリと艶々ボディの出来上がりです!

実は車の塗装面は新車時が一番艶々でベストな状態とは限らないのです。

むしろ新車時がベストな状態のお車は稀です。おそらく今回のS660も塗装面が曇っていたので、

磨いたのかと思います。 先ほどもお話しましたが販売店のコーティングはボディを磨かないで

コーティングを掛けるお店が多いのですが、こちらの販売店は磨いているようです。

問題なのはその磨きが・・・(;´∀`)

(なかにはキッチリと綺麗に磨く販売店もございます。結局のところ販売店に入っている職人さんの腕次第です。)

当店ではもちろんそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてから

コーティングをしています。

下地を整えないと言う事はそのままコーティング剤を塗るという事ですので

不具合箇所はそのままコーティング剤で閉じ込めてしまいます(;´∀`)

ですので新車を新車以上に輝かせるにも下地作りが重要です!

(今回のS660は下地を整え切れていなかった状態でした)

ですので新車コーティングも下地を整えているカーコーティングの専門店、

『カービューティープロ カラーズ』へ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ルノー メガーヌR.S.のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはルノー メガーヌR.S.のボディコーティングです。

R元年式オランジュ トニック メタリックと言う名の綺麗なオレンジ色のルノー メガーヌR.S.です!

いゃ~綺麗なオレンジ色です(*‘∀‘) そして何よりカックイイ~です!

写真だとその迫力が伝わりませんがノーマルのメガーヌに対してフロントが60mm、

リヤが40mmワイドになっています。 元々はCセグメントの小型車ですがR.S.は

横幅が1875mmもある走りの為の迫力ボディです!

そんなメガーヌR.S.ですが、こちらのお車は元々はどうやらルノー・ジャポンの広報車両として

使われていたお車だったそうです。

という事は雑誌なんかにもバンバン載っていた車両なんでしょうね!

皆様も雑誌や試乗レポートなどで見ている車両かも!?

 

話がそれましたがお車の状態確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

納車前に軽く磨いてくれたそうですので基本的にお綺麗です。

ルーフも・・・

細かなシミ等はございますがクスミはなくお綺麗ですね。

ボディサイドは・・・

こちらはシミも無くお綺麗ですが若干ですが曇りがあり透明感が損なわれているようです。

リアは・・・

綺麗は綺麗なんですけど、もう少しスッキリとしたいところです(^^;

ホイールは・・・

フロントのホイールはそうでもなかったのですがリアのホイールはブレーキダストの

付着が多くて “走り込んだ” 感が満載でした(^▽^;)  (↑はフロントホイールです)

広報車としてサーキットもガンガンに走っていたようです。 納得です(笑)

 

初期登録から1年半以上経過しているのですが納車前に軽く磨かれている事もあって

全体的にお綺麗でした。

ただその軽い磨きがどこまでの磨きかはわからないのですが、ボディサイドの曇りを

見た感じですと “軽い” 磨きなのかなぁとは思います(笑)

でもボンネットやルーフはシミやスクラッチが少ないので水平面は強めの磨きが

入っているようです。 私の勝手な推測ですけど(^^;

いずれにしろ全体的に磨きを掛けてもっと綺麗な状態に仕上げていきたいと思います!

では作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

あらっ!?  結構多いです(汗)

鉄粉処理しないで磨いたのかな?? それとも納車後に付いた鉄粉なのでしょうか??

鉄粉の量的に納車後に付いたのは考えにくいです(;´∀`)

リアも・・・

反応が少し“流れ”ていますけど、やはり多めでした。

ボディサイドも多かったので、たぶんですが鉄粉の処理はされていないのでしょう。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗です!

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

オレンジのボディに黄色いマスキングがマッチしています! 違和感ございません(笑)

そして磨いていきます。

今回は基本的にお綺麗ですので軽い磨きのベーシックプランになります。

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”や

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また”塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

 

磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

塗装表面が綺麗になっております!  今回は軽い磨きですので深い線キズやシミは

残っておりますが普段は気になる事は無いと思います。

ルーフも・・・

細かなシミも取れてスッキリと綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

曇りが取れたので、よりクリヤーになりライトの映り込みも

スッキリと綺麗です(^_^)/

リアも・・・

クリヤーになりました。

ホイールは今回ホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので

ホイール専用コーティング・・・

PCW-880でコーティング!

輸入車はブレーキダストが多く出ますのでホイールコーティングは必須アイテムです!

そしてオランジュ トニック メタリックのルノー メガーヌR.S.、ボディコーティングが

完成いたしました!

綺麗なオレンジが更に綺麗に、そして艶々になりました!

元々お綺麗でしたがボディに残っていたシミやスクラッチそして曇りを磨いて除去すると

更に透明感と色に深みが出て新車のような艶感になります。

ボディが綺麗になったところにコーティングをしてより艶々なボディに仕上げていきます!

いゃ、仕上げました(笑)

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ!!』と、その違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

パッと見た感じお綺麗でも今回のメガーヌの様に鉄粉がタップリなんてこともございます。

特に展示されていたお車は鉄粉が多い傾向です。試乗車や新古車等、あまり使用されていないお車も、

車は置いておくだけでも痛みが進んでいきます。

当店は経年車はもちろん、新車でもそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてから

コーティングをしています。ですので経年車もそして新車のコーティングも

専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レヴォーグsti sportの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル レヴォーグsti sportのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのラピスブルーパールのスバルレヴォーグsti sportはご購入から約3年ほど

経過いたしましたお車になります。

コーティング自体はご納入されたお店でコーティングをされたそうですが

その後のメンテナンスは当店をご利用頂いております! 定期的にメンテナンスにお越しくださっており

今回は通算3度目のメンテナンスになります。

前回のブログでご紹介しましたスペーシア カスタムのオーナー様のお車でもございます!

という事で前回のスペーシア カスタム同様、今回のメンテナンスはボンネットとルーフの

磨き直しのご依頼を頂いております。

では早速ですがご購入から3年経過しましたレヴォーグのメンテナンスの

様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう。

まずはボンネットからです↓

前回のメンテナンスでも軽く磨いてシミを除去したのですが・・・

またシミシミです(^▽^;)

アフターです↓

今回も軽く磨いてシミやスクラッチを除去しました。

軽めの磨きですので深い線キズや深いシミは残っておりますが、だいぶスッキリとしました!

ルーフも・・・

ボンネットよりシミが多いです。

1年でこれ位ですと、少しシミが付くのが多めかと思います。 と言いますか以前よりも多いです(^^;

少し前にお車を止めている場所が変わったらしいので、もしかしたら駐車場の環境変化で

シミが付きやすいのかも??です。

アフターです↓

こちらも軽めの磨きを掛けております。軽めですので深いシミ等が残っていますけど

無理には落としません。

もっと強い磨きを掛ければ更にシミは少なくはなりますが塗装も少なくなりますので無理はしません!

今後の事も考えて軽めです(^_^)/

リアは・・・

最近雨続きであまり洗車されていないそうです。それでも↑位の汚れですから

お綺麗です! また塗装面自体の痛みも少なかったです。

アフターです↓

まだまだいい感じです(^_^)/

ボディサイドも・・・

所々に雨筋が確認できますがシミやスクラッチは少なかったです。

アフターです↓

雨筋もスッキリとしました!

 

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。前回も前々回もそうだったのですが

鉄粉が少ないんです↓

専用のクリーナーを吹き掛けると鉄粉が紫色に反応するんですけど、あまり反応していません。

すっごく少ないです(*”▽”)

リアも・・・

色的に、そしてピントが合っていない的に(汗)反応がわかりにくいですけどリアも

鉄粉が少なかったです。

鉄粉の処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

変化がわかりません(笑)

リアも・・・

ピントが合っててもわかりません!

そして最後にホイールです。

あれっ? 前回のメンテナンス時とはホイールが違うぞぉ!

アフター品に交換されたそうです。純正のホイールよりもシンプルで洗いやすそうな感じです(笑)

純正のホイールはスポークが多くて大変でした。

アフターです↓

でも洗ってみるとシンプルなデザインの割に意外と大変でした。 ↑の隙間とか(^▽^;)

そしてラピスブルーパールのスバルレヴォーグsti sportのボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

色艶も復活して綺麗なラピスブルーパールのレヴォーグに仕上がりました!

各部のアフターで見て頂きましたように軽めの磨きでは落ちなかった深いシミやスクラッチは

残っておりますがコーティングから3年経ったとは思えない程の色艶です!!

これもオーナー様の普段の優しい洗車と定期的にメンテナンスにお越しくださっている

効果でもあると思います(^_^)/

これからも大切にお乗りください!!

 

メンテンス時期はお車のご利用方法やお手入れ状況、保管状況によって異なってきます。

目安としては約6か月ごとです。保管状況がいい場合や塗装面の痛みが少ないようでしたら

1年毎でもいいかと思います。今回のレヴォーグは水平面の痛みが少し進んでいましたので

ちょうどいいメンテナンスのタイミングだったのではないかと思います!

ポイントは ”痛みが酷くなってから” ではなくて ”酷くなる前に” です(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ スペーシアカスタムの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ スペーシアカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

鮮やかなブリスクブルーメタリックのスズキ スペーシアカスタムです!

こちらのスペーシアカスタムはご購入から約3年程経過されております。

ご購入時ディーラーでコーティングをされたそうですが、その後のメンテナンスは

当店にお越しくださっております!

今回は14ヶ月ぶり通算3度目のメンテナンスのご依頼になります!

ではメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

シミが多いですね(^^;

1度目のメンテナンスの時に軽く磨いたのですが、それから2年以上経過して

またシミが多く付いていました。

アフターです↓

今回もボンネットやルーフは磨きをご希望でしたので軽く磨いて再コーティングしました。

塗装が柔らかいので軽めの磨きでも結構綺麗になります(^_^)/

ただ逆に塗装が柔らかいのでシミやスクラッチが付きやすいのも事実なんです(汗)

ルーフも・・・

屋外の屋根なし駐車ですので仕方ないのですがシミが多めでした(;´∀`)

アフターです↓

こちらも軽めの磨きを掛けてから再コーティングしました。

リアは・・・

目立つような痛みや汚れは無くお綺麗です。

アフターです↓

それでもメンテナンス後は艶が違います(*”▽”)

ボディサイドも・・・

汚れてはいますけどシミ等は少ないです。

アフターです↓

でもやっぱり艶が違いますね! 光沢感も違います。

それと何時もの鉄粉の付着状況も確認していきましょう。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

反応が“流れて”しまっているのでわかりにくいんですが、なんとなく黒っぽくシミの様に

見えるのが鉄粉の反応です。

前回のメンテナンスから1年以上と考えると少ないと思います。

リアも・・・

黒っぽく点々と見えるのが鉄粉です。こちらも少なめでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

リアも・・・

綺麗になっております!

最後にホイールです

こちらも少し汚れています(^^;

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

そしてブリスクブルーメタリックのスズキ スペーシアカスタムのボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

今回はある意味一番目に入るボンネットを磨き直してシミやスクラッチを

除去しましたので実車を見た時の印象はだいぶ違うと思います(^_^)/

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ!』と、言われていたので間違いないです(笑)

艶と光沢も向上しピカピカになりましたスペーシアカスタムの

メンテナンスのご紹介でした!

 

コーティング施工から3年が経ち少しずつメンテナンスでは落ちないシミやクスミが

増えてまいりました。がしかしボディサイドなどの垂直面はシミやスクラッチも少なく、

まだまだ艶もありました。 という事で全体の再施工はまだまだもったいないので

ボンネットやルーフなどの水平面のみ軽く磨きを掛けて再コーティングしました。

当店のメンテナンスは基本的に磨きを入れません。ですのでしつこいシミや深いスクラッチは

残ってしまいます。 そのシミやスクラッチが気になるようであれば今回のスペーシアカスタムの様に

気になるパネル毎に磨きを入れる事も出来ます。お客様のご要望等でメンテナンスの方法も

色々とカスタマイズできますのでお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタRAV4アドベンチャーのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタRAV4のボディコーティングです。

こちらのアティチュードブラックマイカのトヨタRAV4アドベンチャーは納車から間もない

新車になります!

RAV4のアドベンチャーに追加設定された特別仕様車の“オフロードパッケージ”です!

いゃ~カッコイイですね(*‘∀‘)

“オフロードパッケージ”は走破性を高める専用ダンパーや18インチオールテレインタイヤ&マッドブラックの

専用ホイールそしてブリッジ型のルーフレールなどが装着されております。

また専用のダンパーやタイヤ&ホイールでベースモデルの「アドベンチャー」に比べ最低地上高が

10mmアップの210mmに上がったモデルになってます!

いゃ~オフロードが楽しそうです!

話がそれましたがトヨタRAV4アドベンチャーの現状を確認して参りましょう。

しかし・・・

ご入庫時は雨でしたので濡れています(^^;

これだとよくわかりませんので洗車後に撮影しましたのが↓です。

薄いスクラッチ等確認できますが塗装自体は曇りも無くお綺麗でした。

ルーフも・・・

よくよく見れば鳥糞によるシミやスクラッチもありましたが

基本的にはお綺麗な塗装肌でした。

ボディサイドは・・・

とってもお綺麗です。

リアも・・・

こちらもスクラッチが確認できました(^^;

ホイールは・・・

↑は洗車前です。マッドブラックなのですが汚れていますので、よりマッドブラックです(笑)

 

全体的には塗装の曇りも少なく良好な状態なのですが、見て頂いたようにボンネットとルーフは

黒という事もあってか既に軽いシミやスクラッチも確認できました。

実は新車でもこれ位のシミやキズが付いている事は珍しい事ではなく、とってもよくある事です。

このシミやスクラッチをスッキリ除去してコーティングをしていきたいと思います。

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ウインドウコーティングからご紹介していきます。

↓は現状です。

ワイパーの払拭範囲内は油分の付着も少ないようですが範囲外は既に油分が付き始めている感じです。

別の角度から見てみると・・・

水を掛けてみると、こんな感じで水を弾いている所と弾かない所に分かれます(笑)

今回は全面のご依頼ですので全面磨いてガラス表面を綺麗にします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

コロコロの水玉撥水が出来上がりました!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

毎度の事ですけど黒い車ですと何が何だかわかりません(;´∀`)

リアも・・・

写真だと確認困難です(汗)

実際のところですが新車という事もあって鉄粉は少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

しかし処理後も何だかわかりません(汗)

リアも・・・

違いが伝わりませんが鉄粉処理はキチンと済んでおります!

 

鉄粉の除去が出来ましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。 今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は比較的綺麗な塗装肌でしたので軽めの磨きで仕上げております。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

EXE evo1と・・・

PCX-V110の華麗なるコラボレーションです!

シミ低減の対策としましてボンネットやルーフの水平面にEXE evo1を使用して、

その他の部位をPCX-V110でコーティングいたしました(^_^)/

 

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリとして綺麗になりました!

ルーフも・・・

綺麗になりました。

ボディサイドは元々お綺麗でしたが・・・

施工前と見比べて頂くと、よりクリヤーでスッキリとしています!

見比べてくださいね~(^_^)/

リアも・・・

スッキリとしております。

そして今回はホイールもコーティングのご依頼ですので・・・

PCW-880でコーティング!

マッドブラックのホイールはコーティングをしますと若干艶が出でしまいますが、

それほど大きく印象が異なってしまう事もないかと思います。

 

そしてアティチュードブラックマイカのトヨタRAV4アドベンチャー“オフロードパッケージ”の

ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました~(^_^)/

元々新車なんでお綺麗ですがそれでも施工後は黒さにより深みが出て艶々に仕上がります!

オーナー様も『凄いっすね!光沢が違いますね!!』と、とてもお喜びになられておりましたので

間違いないと思います(笑)

オフロード車は泥で汚れているのがカッコイイ! ←  私もそう思います! 確かにカッコイイです。

でもピカピカのオフロード車もやっぱりカッコイイです(^_^)/

どちらも違うカッコよさですよね。

ピカピカのカッコイイRAV4アドベンチャーを末永く大切にお乗りください!

 

オフロード走行って出来そうで意外と出来ないですよね!?

普段の暮らしですと、ほぼほぼ舗装路を走る事の方が多いかと思います。

だからと言って林道に入っていくとなると少し不安・・・(;´∀`)

でも車高の高い車を買ったからには一度は凸凹のオフロードを走ってみたいじゃないですか!?

そんなあなたにピッタリなのが『さなげアドベンチャーフィールド』です!

ここには本格的なオフロードコースや気軽に楽しめる林道コースそして屋根付きバーベキュー場や

バギーコースなど、ご家族みんなで楽しめる総合アウトドアランドなんです!

気軽に楽しめる林間コースと言っても結構本格的なんです。

私も動画で見た事ありますが意外とハードでした(笑)

初心者向けのワンダフルコースはミニバンでも走れるそうですので安心です。

また車が無くても4WDのレンタル車両もあるそうですので、4WDをお持ちではない方や

ご自分の愛車を痛めたくない方はレンタル車両もいいかと思います(^.^)

私も一度は行ってみたいと思っているのですがまだ行ってません(;´∀`)

と言うのも少し遠くて・・・愛知県の豊田市なんです(汗)

まだ行ってはいませんが間違いなく楽しいと思いますので皆様も是非チェックしてみて下さい!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。