マツダ アテンザの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ アテンザのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザはコーティング施工から

1年半ほど経過いたしましたお車になります。

その間にも定期的にメンテナンスにお越しくださっており今回は3回目のメンテナンスの

ご依頼になります。 またマメに洗車をされている事もあって、お綺麗です!

既に気が付いた方も多いかと思いますが、そうです! このフリ、このパターンは・・・

ブログでご紹介するのが難しいパターンです。 私的に(^^;

綺麗な、そしてパールホワイトの車ほどビフォー&アフターが伝わらないので、今回も私泣かせな

ご紹介になりそうな気がいたしますが、気を取り直してメンテナンスの様子を

ビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

がんばるぞ~!  おぉ!!

 

まずはボンネットからです。

とは言ったものの早くも心が折れそうです(笑)

よ~く見ると細かなシミなど結構あるんですけど写真だとわかりにくいです(^^;

よ~く見てくださいね!

アフター↓

よ~く見てくださいね! 細かなシミも、あら不思議! スッキリと綺麗になっていますよ(^_^)/

不思議ではなく頑張ったんですけどね(笑)

ルーフも・・・

お綺麗なんです(*’▽’) 確かによく見ればボンネットと同じように細かなシミも

ありますが綺麗にされていますね!!

アフターです↓

ちょっと写真の色味が変わってすいませんm(__)m

そこは別としてルーフもスッキリと綺麗になりました。

トランクは・・・

これをアフターですと言っても信じてしまいそうな感じですが本当のアフターは

こちらです↓

違いがわかります?

目で見るんじゃなくて心で感じるのです( ̄▽ ̄)

感じ取れたところで次に行きましょう(汗)

↓はボディサイドです。

おぉ! 汚れてる!汚れているぞぉ!!

と、言いましてこの程度の汚れ模様でした(^^;

アフター↓

おぉ! 落ちている! 汚れが落ちているぞぉ!

 

・・・もうネタも無くなってきましたので鉄粉の付着状況の報告にいきましょう(^^;

専用のクリーナーを吹き掛けますと塗装面に付いている鉄粉が紫色に反応いたします↓

これくらい付いていると写真でも確認しやすいですね(笑)

前回のメンテナンスから半年ですので、この半年の間に付いた鉄粉の量になります。

半年でこれくらいでしたら、少ないと方ではないかと思います。

リアも・・・

わかりやすくていいですね~(^^;

フロントより少し多めかな??

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと綺麗になりました。

これでやっとメンテナンスした感が伝わるかと思います(笑)

リアも・・・

綺麗になりました!

その他にも細部の洗浄等も行い、最終的にメンテナンス剤で仕上げていきます。

最後にホイールです。

ちょろっと汚れています。

アフター↓

タイヤも黒々と、ホイールも艶々に仕上げましたら・・・

スノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザ、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました。

いかがでございますでしょうか!?

と言いましても最初に言い訳をしたお話ししましたように元々お綺麗で更にパールホワイトですので

写真だとこれ位離れて見るとビフォー&アフターの違いがわからないとは思います(^▽^;)

それでも実際に見て頂ければメンテナンス後はシミもスッキリとし艶感や透明感の違いを

実感していただけます(^_^)/

オーナー様もお喜びになられているご様子でしたので、たぶん間違いありません(笑)

 

今回のオーナー様はマメに洗車されている事もあって、とても良好な状態を維持しておりました。

お客様からよく聞かれるのが洗車の頻度です。私は月に1~2回程度がお薦めです。

お車の使用状況や保管状況・環境が様々ですので洗車頻度も、みんな一緒ではなく様々になります。

汚れが酷く無ければ月1回でもいいかと思いますし場合によってはもっと少なくてもいいかなとも

思います。逆に車が汚れやすい環境や季節によっては(花粉の季節など)洗車の頻度を上げた方が

いいと思います。 洗車をしないのも良くないですが洗車し過ぎも良くないです。

そしてそれはメンテナンスについても同じことが言えます。どちらもそうなんですが、

ポイントは汚れが酷くなる前に行うのが綺麗を長く保つ秘訣だと思います。汚れが固着する前に

洗車やメンテナンスを行ない、落ちる汚れは早めに落としていくのが長期に渡り美観を

維持するポイントです(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

マツダ デミオのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ デミオのボディコーティングです!

H27年式スノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ デミオです!

ご購入から5年が経ちリフレッシュを兼ねてコーティングのご依頼を頂きました。

ご覧のようにとってもお綺麗なんです(*‘∀‘)  それもそのはず、週2ペースで洗車を

されているそうです(*”▽”)  素晴らしいです!

そんな訳でとってもお綺麗ではありますが、マメに洗っているからこそ洗車では落ちない汚れが

気になってくるものです(^^;  十分お綺麗なんですけどオーナー様も汚れが気になると

言われていましたので気になるのでしょう(笑)

ではご購入から5年経ちましたマツダ デミオの現状確認を行なっていきましょう!

まずはボンネットからです。

洗車頻度が高い割には洗車キズは少なく驚きました(笑) しかし細かなシミが多く

クスミが進んでいるようです。

ルーフも・・・

少しわかりにくいんですけどボンネットと同じように細かなシミが多いです。

またクスんでいてライトの映り込みもモヤけております。

ただ洗車キズは少ないです(*’▽’)  素晴らし~!

ボディサイドも・・・

モヤけています。 これはおそらく新車時からモヤけた塗装肌だったと思います。

リアも・・・

スッキリとライトが映り込んでいません。

ホイールは・・・

洗車頻度高いので汚れも少ないです!

 

全体的に見ましてボンネットとルーフの水平面に細かなシミが多く透明感も損なわれています。

またボディサイドもクスミもあるんですが、新車時からの曇った塗装のままという事もあって

こちらも透明感が損なわれております。それが更に進んでしますとお車全体の質感の低下に

つながってきます。

シミは多いのですがマメに洗車されている事もあって塗装を侵食してしまっているシミは

少ないです。多く付いているのは比較的浅めのシミのようで、これも普段のマメなお手入れの

賜物だと思います!

その浅めのシミをスッキリと除去してツヤツヤのデミオ君にリフレッシュしていきたいと思います。

作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいりましょう。

実はこちらのデミオ君は5年前に当店でウインドウコーティングを施工させていただいております!

5年も経っているのに・・・

びっくりするくらい撥水しております(;”∀”)  マジっすか??

何か撥水剤でも塗っているのでしょうか??

オーナー様にちゃんとお聞きするの忘れちゃった・・・(^▽^;)  すいません。

とにかく再施工のご依頼ですので・・・

古いコーティング被膜を除去します。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングし最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

次回の再施工はまた5年後に!(笑)

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付着しています鉄粉を処理していきます。 専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします↓

多かった~(;´∀`)

オーナー様もボディに付いている黒いポツポツが気になっていたそうですが、これがその正体です。

黒い車は見てもわかりにくいんですけど白い車だとポツポツと確認できますので、皆様も愛車の

ボンネットを確認してみてください。 また、これくらい鉄粉が付いていますと洗車時にスポンジや

クロスを滑らすとが引っ掛かりを感じますので、黒いお車の方はこの方法で洗車時に確認が

できます。 お試しください。

マイクロファイバークロスで濡れ拭きするとわかりやすいですよ!

話が逸れましたがリアは・・・

多かった~(;´∀`)

もちろんルーフも多かったです(笑)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗になりましたよ~(^_^)/

リアも・・・

綺麗になりました!  よかったよかった。

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

ポリッシングの準備が整いました。

今回はエクストラプランになります。エクストラプランは経年車や中古車などに

多く見られる小キズやシミなどを除去するミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

水玉撥水が気持ちいい・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・そして気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミが無くなってスッキリとクリヤーなりました!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

曇りが取れてライトの映り込みもクッキリとしました(^_-)-☆

リアも・・・

曇りも無くなり気持ちいいですね~。

ホイールも・・・

キッチリと洗ってから今回はホイールコーティングを掛けております!

艶々ですよ~。

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ デミオ、ボディコーティングが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました~(^_^)/

元々お綺麗でしたがリフレッシュ後はボディがキリッと引き締まり凛々しいお姿に

なったと思います!  面に張りが出て質感が上がって見えると思います!

簡単に言いますと“若々しく”見えるといいましょうか(笑)

オーナー様も『黒と白のメリハリが出て引き締まった!』と、とってもお喜びになられておりました!

ありがとうございます。

これからもデミオ君をいつまでも大切にお乗りください(^_^)/~

 

今回ご紹介いたしましたデミオ君ですが週2ペースで洗車しているとの事でしたが

少しビックリするくらい洗車時に付くキズ(洗車キズ)が少なかったです!!

たぶん洗車方法が良くて優し~く洗車されているのでしょう(^.^)

お車をとても大切にされているのが伝わってまいりました。

車に細かな線キズが付いてしまう要因は色々とあります。その一つが洗車時に付くキズなんです。

洗車キズは名前の通り洗車時に付いてしまうキズです(^_^;)

どうしても洗車すると多かれ少なかれキズは入ってしまいます。しかし少しでも洗車キズを少なくする

為にもポイントがございます。

車用のシャンプーを使い、そのシャンプーの泡をたっぷりと使って優し~く洗うのがポイントです。

そして洗車後のふき取りも優し~くです!力を入れますとスポンジやセーム皮でも塗装にスクラッチが

無数に入ってしまいます。特にダークカラーはお気を付けください。

ちなみにシャンプーは車用を使ってください。食器洗いの洗剤で洗う方も意外と多いのですが

車専用をお使いください(^_^)/  中に入っている成分が違うんです!

それとスポンジやクロスもある程度使用したら新品に交換してください。

パッと見は綺麗でも非常に細かな砂など付いているものです。 そのまま使用すると塗装面

を傷つけてしまいますので危険です!

また度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法の動画が

ございますので、ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

マツダ プレマシーのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ プレマシーのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプレマシーは2017年の7月にボディコーティング施工致しましたお車です。

毎年この時期にメンテナンスにお越しくださっており今回は3回目のメンテナンスの

ご依頼になります!

いつもお綺麗な状態でご入庫されるのですが今回は少し汚れ気味です。

と言いますのも毎回 “お綺麗なんでブログでご紹介する所がないっス” と私がオーナー様に

言っていたので今回はビフォー&アフターで違いがわかりやすいように“そのまま来ました!”と

ありがたきお言葉を頂きました(笑) ほんとパールホワイトの綺麗な車はブログだと違いが

わかりにくいので助かります(^^)/

これで今回のブログはスムーズに書き上げる事が出来る事でしょう(笑)

ではコーティング施工から3年経過しましたマツダ プレマシーのメンテナンスの様子を

ビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

あ?あれ??  綺麗だぞ??

もう書くことがないぞ! 困った(^▽^;)

写真ですと伝わりませんが3年経過という事もあってシミも多くなってきました。

でもスクラッチは少なめです。

アフターです↓

メンテナンスでは落ちないシミも多くなってきましたが、まだまだ艶もあってお綺麗だと

思います!

ルーフも・・・

ルーフも3年経過と考えますと悪くない状態ではないでしょうか。

アフターです↓

ボンネットもそうなんですがメンテナンス後でもややクスミを感じます。

このクスミを除去するとなるとポリッシングが必要になってきますが、屋外で見ると

ほぼ気にならないと思います。

もし気になるようでしたら・・・次回はポリッシングしましょう(^^)/

ボディサイドは・・・

やっとビフォー&アフターがわかりやすいのが登場です(笑)  こんなのを待ってましたヽ(^o^)丿

長梅雨の影響で洗車ができずボディサイドには雨筋が沢山付いていました!

アフターです↓

いゃ~わかりやすくていいですね~!

これならメンテナンスしました感が伝わるのではないでしょうか(笑)

いゃ~よかった( ̄▽ ̄)

リアも・・・

いい感じに雨筋が付いているではありませんか!

オーナー様、ありがとうございます!

次回ご入庫時もこんな感じでお願いします(笑)

アフターです↓

サッパリしました!

それと鉄粉のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

1年ぶりと考えますと鉄粉は多くはないと思います。

リアは・・・

こちらの方は少し多めでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットもスッキリしました!

リアも・・・

綺麗になっております!

ビフォーとアフターの違いがわかるっていいですね~(笑)

それとオーナー様が気になると言われておりました・・・

窓下のモールの汚れや・・・

隙間等の汚れです。

これはコケのようですね。お車の保管場所によっては結構短期間でもコケが付いてしまう事も

多いんです(^^;

アフターです↓

気持ち良さが全然違います!

隙間の汚れの有無によってお車の印象が大幅に変わりますのでご注意ください。

最後にホイールです。

お綺麗でした!

アフターです↓

最後の最後でビフォーとアフターの違いがわからないという・・・(^^;

そしてマツダ プレマシーのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶々に復活しました~!  と言っても引きの写真だと変わらない気もしますが(^^;

各部の写真で見て頂きましたように綺麗に仕上がっております!

さすがに3年経過しましたのでメンテナンスでは落ちないシミやスクラッチが増えてきましたが

定期的にメンテナンスにお越しくださっている事もあってまだまだお綺麗です!!

それでも、もしシミやスクラッチ、そしてクスミが気になるようでしたら次回あたりは

コーティング再施工の時期かもしれませんが艶もまだありますし、まだまだメンテナンスでも

いいかな?とも思います(^.^)

パールホワイトやシルバーはシミやスクラッチもあまり目立ちません。

シミやスクラッチが目立たない分、再施工のタイミングの判断も少し難しいかと思います。

これが黒い車ですと痛みがよ~く分かりますので判断しやすいんですが(^▽^;)

再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に各車バラバラです。

再施工の時期の判断でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

NCロードスターのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ ロードスターのボディコーティングです。

H17年式ウイニングブルーメタリックのNCロードスターです!

NCロードスターの最初期モデルだそうです。と言いますのも、このウイニングブルーメタリックは

最初期モデルのみに設定されていたそうで発売から1年ほどで廃番になってしまった

カラーなんだそうです(^^;  とっても、いい色でロードスターに似合っていると思うんですけど

不思議です。

ちょっと気になったので調べてみましたら、ウイニングブルーメタリックのNCロードスターの

日本での総生産台数は282台のようです。  まさにレアカラー(*’▽’)

現存する個体はもっと少ないんでしょうね!

そんなちょっとレアなカラーのNCロードスターの現状を早速確認してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチは目立ちますけどシミは少ないですね~(*’▽’)

ただクスミが進んでいて透明感もなくガサガサとしています。

ルーフは・・・

幌ですので塗装面とは違うシミや汚れがございます(^^;

それと猫の毛でしょうか?? 結構付いています(=^・^=)

トランクは・・・

やはり透明感がなく潤いも感じません。

ボディサイドは・・・

こちらもシミやスクラッチは少なめですがクスんでいました。

ホイールは・・・

ブレーキダストが凄いんです。 と言いますのもこちらのロードスターのメインは

サーキット走行用なのでブレーキパッドもサーキットスペックに交換してあります!

なのでダストが多く出てしまいます(^^;

 

全体的に見ますと15年ほど前のお車には見えないほどシミもスクラッチも少ないと思います!

もしかしたら前オーナー様はガレージ保管だったのかも知れませんね。それくらいシミや

スクラッチが少ないと思います。

とは言え車齢を考えると少ないだけでシミもスクラッチもそれなりには付いています(^▽^;)

それとクスミは進んでいてクリヤー感がなく塗装がガサガサな状態でした。

そんなガサガサな塗装を磨いて潤いのある、お肌を取り戻していきたいと思います。

では作業開始~~!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

黒っぽくポツポツと見えますね!結構付いていますけど車齢を考えますと少ないと思います。

リアも・・・

少ないと思います!

ちなみにその鉄粉用のクリーナーをホイールに使いますと・・・

こんな感じに反応します!   今回のホイールはダストが多かったので見ごたえ抜群です(笑)

鉄粉処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

リアも・・・

綺麗になりました。

そして今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。今回はエクストラプランでのご依頼となります。エクストラプランは経年車や

中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去するミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

 

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもクスミも取れて透明感が出ましたヽ(^o^)丿

ルーフは・・・

専用のケミカルで洗っています!

結構サッパリと綺麗になったと思います。

トランクは・・・

プルンプルンの潤いを感じていただける肌になりました(^_-)-☆

ボディサイドは・・・

こちらもクスミがなくなってライトが綺麗に映り込むようになりました。

ホイールも・・・

ダスト汚れが取れてスッキリとしました。

そしてウイニングブルーメタリックのマツダ ロードスターのボディコーティングが完成いたしました!

艶々に復活しました!

青と黒のコントラストが鮮明になりメリハリが出たのではないでしょうか!

速そうな雰囲気が漂っています(*‘∀‘) これはもうサーキットラップがコンマ5秒は

短縮出来ること間違いなしです! (気持ち的に)

お引き取りにはオーナー様と奥様の、お二人で来られました。お二人共、とてもお喜びになられ

笑顔でお帰りになられました。

いゃ~笑顔でお帰りになられるのは、とても嬉しく、この仕事をやって良かった~と

思う瞬間でもございます!

皆様、いつもありがとうございます(*^_^*)

 

 

NCロードスターが今、お買い得だそうです!現在、底値と言っていいほど値段が

こなれていて、程度のいい個体も多く、まさに今が買い時です!

この手の車はあと数年もすると値段が上がり程度のいい車だとアッという間に

新車以上のお値段になってしまう事も多いのでロードスターが欲しかったあなた!

そう、そこのあなた!と私(笑) 今がチャンスです(^_^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

Mazda6のコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはMazda6のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのマシーングレー プレミアムメタリックのMazda6は昨年の10月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。

約半年経過のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました(^_^)/

半年ほどたっていますがオーナー様はマメに洗車されているそうでお綺麗なんです。

更にこのマシーングレー プレミアムメタリックは意外とシミやスクラッチ、そして汚れが

意外と目立たない色でもあるんです。 という事は・・・ビフォー&アフターの違いが

あまり伝わらないという私のブログ泣かせの色でもございます(^▽^;)

ご紹介前から敗北宣言をしているような感じですが(笑)気を取り直して頑張ってまいりましょう!

頑張れ、俺!!

 

まずはボンネットからです。

とは言え少しは汚れているんです。 逆に少し汚れていて助かります(笑)

しかし目立つようなシミやスクラッチ等はございません。

アフターです↓

シミがとにかく少ないんです。

こちらのMazda6はカービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″で

コーティングを施工しているのですが“EXE evo1″はやはりシミが付きにくい傾向です!

もちろんオーナー様もマメに洗車されている事もございますが従来のコーティング剤に比べますと

シミは付きにくいと思います。

ルーフも・・・

軽く汚れてて良かった~(^^;

アフターです↓

あれっ? 少しピントがずれているようです(;´∀`) 失礼しました。

ピンボケで少しわかりにくいかも知れませんがやはりシミが少なくて良好な状態を維持して

おります!

リアは・・・

線キズのような・・・??

これです↓

この辺りだけ何か拭いたような?それとも何かが載ったような痕跡があるんです。

例えば・・・猫でしょうか?? よく見ると何か滑ったような感じにも見えるんです。例えば猫のような??

という事はこのキズは爪跡のようにも感じます。

完全に猫疑惑なんですけど・・・

キズではなかったようだニャ~(笑) 良かった良かった(^.^)

完全に猫疑惑だったんですけど違ったのかな??

猫の足跡っぽかったんですけど、とにかく良かったニャ~(=^・^=)

ボディサイドにゃ・・・

お綺麗です!

アフターも・・・

お綺麗です(笑)  あまり違い感がわかりませんね(汗)

ビフォーとアフターの違いがわかりやすい所を求めて探し回った結果が・・・

給油口です(笑)

そこを紹介するのは反則だよ!って声が今にも聞こえてきそうな気がしますが・・・負けるな俺!

それくらい他がお綺麗だったんです。

アフター↓

いゃ~違いますね! ビフォーとアフター違いますね!!( ̄▽ ̄)

他に違いがわかりやすい所がないんです。鉄粉にしても・・・

黒っぽくポツポツと見えるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉なんですけど・・・

そもそも鉄粉が少ないんです(笑)  あるにはあるんですけど探さないと見つかりません(^▽^;)

リアも・・・

少ないんです。

鉄粉処理後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

違いがわかりません!

リアも・・・

違いがわからないニャ~!         (猫、再登場)

最後にホイールです。↓は現状です。

既に綺麗です(^▽^;)  こちらのホイールはボディコーティング施工時にホイールコーティングも

同時に施工しております。 ですのでホイールダスト等の固着も少なくお手入れも楽なんです!

アフターです↓

違いがわかりません! それくらい元々お綺麗だったって事です(笑)

そしてマシーングレー プレミアムメタリックのMazda6、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

各部のビフォーとアフターで見比べますとあまり違い感が感じられなかったかも知れませんが

実は光沢も上がり綺麗に仕上がっております(^_-)-☆

元々シミやスクラッチなども少なくてお綺麗でしたが、それでもやっぱりメンテナンス後は

艶感が違います!

オーナー様がとても大切にお手入れしているのが伝わってくる良好な状態でした。

洗車頻度が高いのはもちろん、やはりご利用くださいました「EXE-evo1」がこれまたいい仕事をしている

と思います。「EXE-evo1」は2層コーティングとなります。結合力が強い2種類のガラス質成分を

2度に分けて丹念に施工することで、その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの

成分配合を見直すことで、汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

発売以来ご好評を頂いております「EXE-evo1」、私も自分の車で試して経過観察をしています。

自分の車に施工して約10ヶ月程になりますが、シミが付きやすいスバル車でも、やはりシミが付きにくい印象です。

また今回のMazda6もシミが少なめで良好な状態でした。

もちろん全然シミが付かない訳ではございませんし、お車の保管状況やお手入れ頻度などによって

違いが出ると思いますが従来のコーティング剤に比べますとかなり少ないです。

水玉撥水が好きだけどシミが気になる・・・

そんなお悩みのオーナー様に「EXE-evo1」おすすめです!   いゃ、おすすめだニャ~(=^・^=)

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

マツダRX-7のボディコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダRX-7のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのマツダRX-7は昨年の4月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工からちょうど1年が経過し今回はメンテナンスでご入庫くださいました。

1年前とはお姿が若干変更がございます!

それは・・・サイドアンダースカートとリアサイドアンダースカートが装着されスポーティー感が

さらに増したスタイリングでのご入庫ですヽ(^o^)丿  前回のお姿はこちら → RX-7

今回はこの追加されましたサイドアンダースカートとリアサイドアンダースカートにはコーティングの

ご依頼です。

では1年経過しましたRX-7のメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

少し傷み気味です(^^;

アフターです↓

メンテナンスでは落ちきれない細かなシミなどは残っていますけどスッキリと綺麗になりました。

ルーフは・・・

こちらはやや傷み気味です(^^;

アフターです↓

ルーフもだいぶサッパリとしましたね!それと全体的にスクラッチは少なめでした。

しかしリアは・・・

ここは雨が溜まるようでシミが多かったです。 基本的に普段はボディカバーを被せて保管していた

そうですが、昨年RX-7の修理で数か月ほどショップで野ざらしにされてしまったそうで

その時にシミが多く付いてしまったようです(;´∀`)

アフターです↓

ボンネットやルーフに比べますとリアはシミが多く残ってしまいました。

今回はメンテナンスplusでしたがここまでがメンテナンスでは限界でした。シミが気になられるようでしたら

次回メンテナンス時にリアだけ磨き直すのもいいかと思います。

それともう一つオーナー様が気にされていましたのが・・・

フロントピラーの擦れたキズ跡です。 この擦れた跡は・・・ある時、ワイパーを作動させたら何故か

ピラーまでワイパーが来てしまったそうです(^▽^;  勢いがあっていいじゃないですか!若さですね(笑)

そんなこんなで擦れてキズが付いてしまったのでピラーのキズ取りのご依頼です。

元通りになりました。よかったよかった!

クリヤー層の下までいっている深いキズは無理ですけど表面に付いたキズや浅めのキズでしたら

磨きで除去できますので諦める前にご相談ください。

 

ボディサイドは・・・

軽く汚れてはいますけどお綺麗ですね!

アフターです↓

もちろん綺麗になっていますが・・・残念ながら写真だとあまり違いがわかりません(^▽^;)

 

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。 鉄粉も色的に少しわかりにくいんですけど・・・

よ~く見て頂くと黒っぽくポツポツと見えてると思います。それが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

少なめですけどよ~く見れば見えてきます(笑)

ルーフも・・・

よ~く見てくださいね。そうするとポツポツと見えてくる・・・と思います(^^;

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

よ~く見てくださいね。綺麗になっていますから!

ルーフも・・・

綺麗になっていますよ(^_^)/

それと今回、新たに装着されました・・・

サイドアンダーです。カッコイイですね!! 大型ですけどボディのラインにマッチしていて

いい感じです。 てっきり社外品かと思っていたんですけどサイドアンダーはマツダの

純正品なんだそうです。 だからボディラインにマッチしているんですね! 納得です。

ちなみに↑の写真はコーティング済みです(笑)

リアサイドアンダーもコーティング済みです(笑)

色を塗ってもらったという事で、やはり“磨きキズ”が付いていました。もちろん両方とも綺麗に

磨き直して磨きキズを除去してからコーティングしおります!

最後はホイールです。

ホイールは少し汚れが蓄積しているようです。

アフターです↓

意外と汚れが頑固でした(笑) でも無事ピカピカに仕上がりました。

そしてマツダRX-7のボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!!

ご入庫時は少し汚れている事もあって、やや艶が引けている感じでしたがメンテナンスをすれば

しっかりと艶が戻って青さに深みも出ました。カッコよさも更にUPしたのではないかと思います。

お店の前を歩いていた中学生くらいの男の子が店内のRX-7に気がつき “うわぁ!カッケ~~”と言っている

声が聞こえてきたので間違いないです(笑)

この時代のスポーツカーはやっぱりいいですね! R32のGT-Rや80スープラそしてRX-7どれも個性が

あってカッコイイです。今ではGT-RもスープラもRX-7も日本だけではなく海外でも大人気で

価格も高騰しています。海外にドナドナされていく車も多く国内でも減少しているみたいです。

更に綺麗な個体も少なくなってきているみたいですので、いつまでも大切にお乗りください。

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

マツダ デミオの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ デミオのボディコーティングメンテナンスです。

ジェットブラックマイカのマツダデミオです!

こちらのデミオは2017年の5月に当店でコーティングを施工させていただきましたお車で

それから間もなく3年を迎えるお車になります。

定期的にメンテナンスにお越し頂いており前回のメンテナンスが昨年の今頃でしたので

1年ぶり4回目のメンテナンスのご依頼になります。  いつもありがとうございます。

そして毎年この時期にご入庫くださるので毎回花粉が・・・なんですけど、今回はどうでしょう!?

では早速ですが間もなくコーティング施工から3年を迎えますデミオ君のメンテナンスを

ビフォーとアフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

毎年、花粉が沢山付いているんですけど(^^;今年は花粉の飛散量が少ない事もあって

想像していたより全然花粉の付着が少なかったです(*^^*)

とは言え・・・

↑はアフターですがメンテナンスでは落ちないシミがだいぶ増えてきて少しガサガサとしてきました。

普段は乗ることも少なく洗車もあまりしていないとの事でした。

しかし黒い車で3年経過と考えますと艶感などは悪くないのではないでしょうか。

この距離でライトを当てて見ていますのでシミが目立ちますが、屋外で見ますと↑ここまでは

目立たないと思います。

しかしバンパーには・・・

蜘蛛の巣が張ってあるので目立ちます(^^;

暖かくなるとすぐに蜘蛛が活動を開始しますよね(汗)最近ご入庫されるお車には必ずと言っていいくらい

蜘蛛が付いてきます(笑)

ご紹介する程でもありませんが蜘蛛の巣もしっかりと除去してます(笑)

ルーフは・・・

ビフォーです↑

意外と綺麗に感じますが実はよ~く見ると結構スクラッチが多いんです。

黒い車はどうしてもスクラッチが付きやすく目立ちやすいんですけど、↑は少し汚れていますので

スクラッチが目立ちません。

アフターです↓

綺麗にすると汚れで隠れていたスクラッチが顔を出します。

今回はスタンダードメンテナンスでしたがメンテナンスplusのプランですとスクラッチを目立たなくなる処置を

しますのでスクラッチが気になるようでしたらお気軽にご相談ください。

それともちろん今回も鉄粉の確認もしていますけど黒いボディカラーですと・・・

いつもの事ですが写真だとやっぱり全然わかりません(^^;

白っぽいボディカラーの場合は専用のクリーナーを吹き掛けると鉄粉が紫色に反応して写真でも確認が

容易なんですけど黒いとどうしても確認困難です(^▽^;)

リアも・・・

写真だと確認困難です(汗) 特に多く付いている訳ではありませんでしたが1年ぶりですので、

それ相応の量という感じでした。    ← 凄~くあやふやな表現ですいません(^▽^;)

それと放置気味&洗車あまりしないという事で・・・

それを証明しているかのような光景です(;´∀`)

アフターです↓

放置時間が長ければ長いほど汚れが落ちにくくなります。 また汚れは落ちてもシミとなってしまっている

場合もございますのでご注意ください。

ボディサイドは・・・

これまた洗車していない感が満載でした(笑)

アフターです↑ ボンネットやルーフ程のシミはありません!

サイドアンダースカートも・・・

雨で付いた汚れが確認できます。  意外と上を向いている面積が広いんで目立ってしまいます。

アフターです↓

スッキリとしましたね!

最後にホイールです。

あまり乗っていないという事もあってかブレーキダストによる汚れは少ないですね。

そんな事もあってか新車時に行ったホイールコーティングもまだまだ効いているようで

ホイールを洗えば、まだまだ撥水していました(^_^)/~

ピカピカ!

そしてジェットブラックマイカのマツダデミオ、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

ツヤピカのボディに仕上がりました!!

各部のアフターで見て頂きましたように細かなシミやスクラッチは多くなってきましたが

艶感等は今だいい感じだと思います!

これも定期的にメンテナンスにお越しくださっている効果でもあると思います(^_^)/

オーナー様にもお話いたしましたが次回あたりが、そろそろ再施工のタイミングかと思います。

シミやスクラッチが気にならないようでしたら、まだまだメンテナンスでも行けるかと思いますが

ダーク系カラーで屋外屋根なし駐車のお車ですとコーティング施工から3年がコーティング再施工の

一つの目安かと思います。 もちろん車は保管状況やお手入れ状況、またボディカラー等、皆様条件は

同じではないので3年経ったからすべて再施工!と言う訳ではございません。 あくまでも一つの目安です。

また痛みが進んでいるパネルのみの部分再施工も一つの手だと思います(^.^)

再施工か部分再施工か?なかなか判断が難しいと思いますのでお気軽にご相談ください!

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ポリメタルグレーメタリックのMazda3です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ Mazda3のボディコーティングです。

ポリメタルグレーメタリックの新車Mazda3です!

こちらのMazda3で登場いたしました噂のマツダの新色ポリメタルグレーメタリックです。

Mazda3は以前、違う色のご入庫はございましたがポリメタルグレーは初入庫になります。街中で見かける

機会も増えてきましたが近くで見たのは今回初めてです(*^^*) 噂通りの少し不思議な質感の色ですね!

ここ数年、世界的に流行っているソリッドの質感のメタリックです。 ちなみにポリメタルグレーの

ポリとは樹脂の事だそうで樹脂のような質感を追求した色なんだそうです。ただそのままだとメリハリが

無くなってしまうのでメタリックを入れ光が当たった時に金属感が出るように調整されているようです。

確かに暗い所では樹脂のようにヌメっとした質感ですが明るい所で見ると青っぽく明るい色に

見えたりと色々な表情を見せてくれる魅力的なカラーです!

そんな魅力的なポリメタルグレーメタリックのMazda3の現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ご入庫時は雨でしたので濡れています(^▽^;) 濡れていますけど何となく塗装面がボヤボヤ~と

曇っているのがわかりますでしょうか??

濡れていると、いまいち何が何だかって感じですので洗車後に撮ったのが↓です。

ライトの淵がボヤっとしています。 写真だとあまり酷くないように見えますが実際は

結構ドイヒーです(古!)

ルーフも・・・

ボヤボヤです。 実際見るともっとドイヒーです(^▽^;)

リアピラーも・・・

それ程酷く見えませんね(^^;) 結構凄いんです。 いゃ、ゴイスーです。

それと↓はボディサイドですが・・・

洗車キズでしょうか??  キズで光が拡散しているのがわかりますでしょうか??

これです↓

何となく白っぽく上まで伸びています。 ↑の写真だと白い筋状に見えますけど実際はこの様な細かな

スクラッチがボディ全体に入っているんです(^▽^;)

リアも・・・

スクラッチが付いています(^^;)

ドアのピラーも・・・

新車なんですけどキズキズです(;´∀`)

 

御覧頂きましたように新車なんですけどボディ全体に洗車キズが多く入っています。それと塗装面の

曇りが少し酷いんです。 塗装面の曇りは新車でもよくある事なんですけど(今回はやや酷いですけど(汗))

洗車キズの多さは・・・レアです(笑)

オーナー様にお話を伺ったところ・・・

フムフム。そっかそっか!そういう事か~。 な~るほど!そういうアレですか!! っと、洗車キズが

多く付いている原因は何となくわかったんですけど今回は私とオーナー様だけのヒ・ミ・ツです(^^;)

すいませんm(__)m

一つ言えるのは拭き上げ時に力を入れすぎない事と拭き上げには硬いクロスは使わない事でしょうか。

という事で今回は新車なんですがちょっと状態がよくないので(^▽^;)新車らしく、いゃ新車以上の状態に

リフレッシュして参りましょう!

作業開始~~。

 

まずは洗車後に鉄粉等の異物除去をしていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ポツポツと確認できますが少ないですね!

リアも・・・

少なかったです(*”▽”)

少ないんですけどボディには鉄粉以外の異物も付いていますので処理していきます。

異物除去が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました! 元々少ないんですけど(笑)

リアも・・・

スッキリとしましたね!

異物除去が済みましたら今度はマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回は新車ですので通常は新車プランになるんですけど今回は状態が少しアレでしたから、

その上のベーシックプランでの磨きなんですけど・・・結構磨いています(笑)

そしてコーティング剤の出番です!今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも取れてスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

曇りも取れてスッキリとしたんですが・・・写真だとあまり変わらないような(;”∀”)

実際はもっとスッキリと仕上がっています! ホント~です(汗)

リアピラーの方が違いがわかりやすいかも↓

曇りが取れてライト輪郭がハッキリとしましたね! 潤い感も違うと思います!

ボディサイドも・・・

スクラッチ(洗車キズ)が無くなって光の乱反射も無くなりましたヽ(^o^)丿

もちろんボディサイドだけではなくボディ全体スッキリです!!

なのでリアも・・・

変なモヤモヤ~とした光の乱反射が無くなりました。

そしてキズキズでしたドアピラーも・・・

新車らしく綺麗になりました~。よかったよかった(*^_^*)

そしてポリメタルグレーメタリックの新車Mazda3、ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました~ヽ(^o^)丿

塗装面の曇りが取れて、よりポリメタルグレーのヌメッとした樹脂のような質感に仕上がったと思います。

オーナー様も『うゎ!綺麗!!やっぱり違いますね!!』と、お喜びになられておりました。

ありがとうございます。

このポリメタルグレーメタリックに限った事ではないんですけど新車も塗装面が曇っている事が

多いんです。酷く曇っていると極端な話、本来の色とは違って見えてしまうんです。

ですのでボディカラーを開発した開発者の狙った本来の色味とは違う色味になってしまいます。

その本来の色味に戻す為にも新車でも磨きが必要な場合が多いんです。それ以外にも新車でも

シミやスクラッチまた保護シートの糊が残っていたり、意外と色々とあるのが新車なんです。

ですので新車のコーティングも下地を整える専門店がおススメです!

 

カービューティープロ カラーズ     ← ここの店も下地整えてるらしいですよ~( ̄▽ ̄)

 

お待ちしております(笑)

 

 

最後にコロナウイルスについて。

コロナウイルスの感染拡大が続いていますね(涙)当店では少しでもお客様に安心していただけますよう

お客様対応時にはマスクを着用して応対させていただいております。

また代車も安心してご利用いただけますよう、その都度アルコール消毒をして対応しております。

店内のイスやテーブルもその都度拭いて回っています。

収束の気配はまだまだ感じる事は出来ませんが収束するまで上記の対策は続けていきますので

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

マツダCX-30のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダCX-30のボディコーティングです。

スノーフレイクホワイトパールマイカのマツダCX-30です!

こちらのCX-30は納車から間もない新車の車両になります。CX-30は当店初入庫になります!

前回のRAV4同様、私は近くで見るのは初めてです(*^^*) 最近は街中でも見かける機会も増えてきて

その人気の具合が伺えます!

CX-3と寸法的にはそれ程変わらないそうですが近くで見ると結構大きく感じます。

そんなスタイリッシュな新車CX-30の現状を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

納車から少しだけ時間が経過している事もあって若干ですが汚れています。

その汚れですが、やはりこの時期恒例の花粉のようです(;´∀`)

それと少しですが塗装表面も曇り気味なんです。

ルーフも・・・

少し汚れていますね(^^;

この時期はしょうが無いです。

ボディサイドは・・・

こちらは花粉の影響も少なくて綺麗ですね。綺麗な分、塗装の曇りがわかりやすいかな??

ライトの映り込みがボヤボヤッとしていると思います。

リアも・・・

少しボヤけ気味ですね(^^;

実際見て頂いた方がもう少しわかるんですけど写真だと微妙になってしまいます(笑)

タイヤとホイールは・・・

お綺麗ですね!

 

前回の新車RAV4の時にも少しお話いたしましたが新車でも塗装表面が曇っているお車が

実はとても多いんです。車メーカーによっても曇りの度合いが違います。

数年前までマツダ車は私的に曇りが酷い個体が多いと感じていましたが最近は塗装の質が

向上したのでしょうか?以前ほど酷く曇っている車は見かけなくなってきました(^^)

とは言え若干ですが曇っていますので個人的に気になります(笑)

今回もその新車特有の曇りもスッキリと除去してコーティングしていきたいと思います!

では作業を始めていきましょう!作業開始~~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいりましょう!

ウインドウコーティングはボディコーティングと同時にご依頼をいただく事の多い当店の

人気オプションメニューです!  ありがとうございますm(__)m

↓は現状です。

ウインドウも油分の付着も少なくて、いい状態でした。

でもしっかりと磨いてクリヤーな状態にいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました(^_-)-☆  いつ見ても気持ちいいです(笑)

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉等の付着物を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

ポツポツと確認できます。今回は納車から数日経過していますが、納車直後の状態でも

これ位の鉄粉は付いているものです(^^;

リアも・・・

少し付いていました。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリ~

リアも・・・

サッパリ~

鉄粉が終わりましたら今度はマスキングへと進み・・・

磨きます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!

ここまでがコーティングをする為の下準備になります。当店では新車でもこれ位してからコーティングを

しています(^_^)/

そしてそのコーティング剤ですが今回は・・・

人気急上昇中のカービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″のご指名です!

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それと今回は樹脂コーティングも行なっています!CX-30はフェンダーアーチやサイドの

クラッディングパネル等の樹脂パーツの面積が大きいです。そこがCX-30の特徴にもなっています。

今回はその部分の樹脂コーティングのご依頼を頂いております。

↑の写真はコーティング剤を塗ってすぐの状態です。乾くと、もう少し艶が落ち着きます。

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

花粉ジミもスッキリとして気持ちいいですね!

ルーフも・・・

綺麗になりました(^.^)

ボディサイドも・・・

曇りが取れてスッキリとクリヤーになりました。

実際に見て頂けるともっとクリヤーで綺麗ですよ(*^^*)

リアも・・・

クリヤーになっています。

ホイールとタイヤも・・・

艶出しで仕上げております!

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダCX-30、新車コーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

「EXE-evo1」は艶感の違いを感じづらい新車のパールホワイト等のライトカラーでも

艶感の向上を感じていただけるコーティング剤だと思います!

オーナー様も『おっ綺麗だぁ~』とEXE-evo1の仕上がりを感じて頂けたご様子でしたヽ(^o^)丿

それとまた樹脂コーティングがいい仕事をしています(笑) より黒く、そして艶やかになりました。

黒樹脂の面積が多いので尚更違いを感じていただけます。特に今回はパールホワイトですので

黒い部分とのコントラストがはっきりとしてボディがキュッとシャープに引き締まりましたね!

あとは私自身がキュッと引き締まればいいんですけど、それはまた違う話という事で(笑)

私がキュッと引き締まった時はブログで報告したいと思います( ̄▽ ̄)

話が逸れましたが新車以上にキュッと引き締まりました新車CX-30のご紹介でした!

 

最後にコロナウイルスについて。

コロナウイルスの感染拡大が続いていますね(涙)当店では少しでもお客様に安心していただけますよう

お客様対応時にはマスクを着用して応対させていただいております。

また代車も安心してご利用いただけますよう、その都度アルコール消毒をして対応しております。

店内のイスやテーブルもその都度拭いて回っています。

収束の気配はまだまだ感じる事は出来ませんが収束するまで上記の対策は続けていきますので

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

マツダCX-8のメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダCX-8のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダCX-8はボディコーティング施工から

ちょうど1年が経過して今回メンテナンスのご依頼をいただきました。

毎回毎回言い訳のように言ってますが(^▽^;)当店にメンテナンスでお越しくださるお車は

本当に綺麗にされているお車が多いんです! 皆さまとてもお手入れがよくホントにお綺麗でブログ的に

ビフォー&アフターが伝わらないんで毎度言い訳のようなブログになってしまいます(^^;

そして今回のCX-8も・・・お綺麗です(*”▽”)

という事でまたまた言い訳じみたブログになってしまいそうな予感がプンプン致しますが

頑張ってまいりましょう!

まずはボンネットからです。

少しクスミを感じますが屋外屋根なし駐車でこの状態は全然悪くないです。

と言うより全然お綺麗です!

アフターです↓

クスミもなくなってスッキリとクリヤーになりました!

それと少し前のブログでもお話いたしましたが、このクスミって言うのはシャンプーでは

落ちない汚れなんです。わかりやすく言うと汚れの膜と思ってください。

これはシャンプー洗車では落ちない頑固な汚れで特殊ケミカル等で落とします。

その頑固な汚れ(汚れの膜)が撥水力を落とします。

↓はシャンプー後に撮影した状態です。

撥水が乱れています。

そして↓はシャンプー後に特殊なケミカルで洗った後です。

コーティング表面の汚れを落とすだけでも、これ位撥水力が戻ります。

最終的にメンテナンス剤で仕上げますので↑より撥水力はもっと上がります!

もちろん撥水被膜が完全に傷んでいたら特殊なケミカルで洗っても撥水が戻ることはありません。

でもご安心ください。撥水がなくなった=コーティング被膜が無くなった訳ではございません。

コーティングの被膜はまだ残っています(^_^)/  撥水維持のためにも定期的なメンテナンスが大切です。

話が逸れましたがルーフも・・・

よくよく見れば確かにシミやスクラッチは確認できます。

アフターです↓

メンテナンスでは塗装を侵食しているような深いシミは取れませんがコーティング表面に

付いているようなシミはだいぶ落とすことができます。

また軽いクスミも落ちますのでメンテナンス後はスッキリ感が違います(^_^)/

リアは・・・

これまたとてもお綺麗です。それと保護シート(エッジガード)の除去のご依頼ですので・・・

保護シートの粘着が残らないように綺麗に取り除きました。

給油口の所も・・・

綺麗になりました(^^)

ボディサイドは・・・

こちらも軽い汚れは付いていました。

アフターです↓

ボディサイドもいい状態です!

それと鉄粉の付着状況の報告です。

黒っぽく点々と確認できるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です

1年でこれ位でしたら少ない方かと思います。

車は基本屋外で使うものですのでイヤでも自然に鉄粉が増えてきます(^^; 勝手に増える事があっても勝手に

減っていく事はないのでやはり定期的に処置したほうがいいと思います。 鉄粉も撥水の妨げにもなりますし。

リアも・・・

まぁこれ位は普通です(^^;

鉄粉を処置しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

メンテナンス時の鉄粉処理はあまり無理ができないんですけど、でも鉄粉処理をするのと

しないのとでは大違いです!

リアも・・・

だいぶサッパリとしましたね!

最後はホイール。

ビフォーです↑ 十分お綺麗ですね(^^)

アフターです↓

元がお綺麗ですのであまり違いがわかりませんね(^▽^;)

そしてマツダCX-8のボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

クスミが取れてスッキリと仕上がりました!

艶も上がっております(^_^)/

オーナー様のお手入れも良く、とても大事に乗られていますので、いい状態をキープしておりました!

このままお手入れされていけば長く綺麗な状態でお乗りいただけると思いますので頑張って下さい!

そしてたまにお手伝いさせてください(笑) またのお越しお待ちしております(^_^)/~

 

それと今年も1月10~12日に幕張メッセで行われました「東京オートサロン2020」の展示車施工に

行ってまいりました!  今年もダイハツ工業様の展示車を担当させていただきました。

その時の様子をちょっとだけと言いたいのですが・・・大人の事情で施工中の写真はUPできません(^_^;)

今の時代コンプライアンスが大切ですので!

という事でダイハツ工業様のお写真を拝借しましてご紹介です(笑)

今回担当いたしましたのは・・・

雑誌「ピークス」とコラボした遊べるオーバーランダー【ハイゼット トラック PEAKS Ver.】

ボディ側面でボルダリングができます!? 室内の写真がないんですけどボルダリング用品で

満たされていてアウトドア感満載です、室内もかなりカッコよかったです!

結構欲しいです(笑)

次は・・・

初音ミクとコラボのカフェスタンド仕様のマルシェトラック【ハイゼット トラック 初音ミク マルシェVer.】

カワイイです(#^.^#)  昨年はピンクのマルシェトラックでしたが今年は水色でした。

会期中は実際にこのマルシェトラックでダイハツグッズの物販もしていたようです。

続いては・・・

精悍なブラックフェイスで圧倒的な存在感を放つ至高のカスタム【タント カスタム Premium Ver.】

人気のタントカスタムのカスタマイズVer.です。近未来的なフロントフェイスで迫力も満点です。

ブルーのライティングが綺麗です! 結構現実的なカスタマイズですので市販も可能な気もします。

ダイハツ様お願いします!

そして私的に一番インパクトがあった・・・

音楽と共に街を彩るサイバートラック【ハイゼット トラック DJ Ver.】です!

荷台部分がDJブースになるようです!

写真も凄いですが実際に見てもらうとラメがキラキラで凄いです(*”▽”)

ホントにキラッキラでのギランギランです。それと室内にもマイクが装着されていました(笑)走るカラオケBOXです。

そしてダイハツのブースでは近藤真彦さんの『ギンギラギンにさり気なく』が大音量で流れていました。

その時は、なんでマッチやねん!?と思っていたんですが後々考えるとこのハイゼット トラック DJ Ver.の

ギランギランと、マッチのギンギラギンにさり気なく』を掛けていたのでしょうか??

今更そんな気がしてきました(笑)

残念ながら幕張で行われた「東京オートサロン2020」は既に終了してしまいました。でもまだ見るチャンスは

ございます!2月14より開催される『大阪オートメッセ2020』にも展示されるそうですので

まだ見ていない方は大阪オートメッセ2020で是非ご覧ください!

ギンギラギンですよ!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。