ブリリアントブラックのRX-8です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダRX-8のボディコーティングです。

H18年式ブリリアントブラックのマツダ RX-8です!

初期登録から16年経過いたしましたお車になります。

16年経過しましたソリッドブラックですので痛みの進行はある程度想像できますが

時には想像を超える驚きに遭遇する場合もございます(笑)

例えば、例えばですよ・・・

こちらのRX-8はブリリアントなブラックなんですけど・・・

白いんです(;’∀’)

これ、白っぽく汚れているのではなくクスミが凄いんです。

別角度で見ますと・・・

(^▽^;)白いんです。  若干の汚れもあるにはあるのですが白いんです(汗)

ルーフも・・・

真っ白です(汗)

オーナー様がこちらのRX-8をご購入したのが2~3年前だったかな??(曖昧ですみません)

ご購入時から既にこのような状態だったそうです。

ライトが辛うじて映り込んでいますが、その他は何も映り込みません(;’∀’)

リアも・・・

白いですね~~(笑)

しかもよく見るとシミもスクラッチも凄いんです。

凄いんですけどクスミで隠れています(^^;

それに比べればボディサイドは・・・

黒いです(笑) シミ凄いですけど(^▽^;)

ホイールは・・・

こちらはお車ご購入後に交換されたそうですので痛みは少なさそうでした。

よかった~(笑)

 

全体的にクスミが凄いです。クスミ以外にも塗装の劣化も進んでおりまして、

特にエアロは塗装が浮いていたり剥がれたりしていますので手を付けられない状態でした。

今回は正直どこまで塗装を研磨できるかわかりませんが、とにかくクスミを除去して黒さを

取り戻す方向の内容で作業を行う事となりました。

 

その作業ですが、いつもでしたら洗車後に専用のクリーナーを使い、鉄粉の付着状況を

お伝えしておりますが今回はクリーナーは使わないでネンドのみで鉄粉を処理していきます。

塗装の痛みも進んでいますので、あまりケミカル剤は使用しない方向で作業を進めていきたいので

ケミカルを使わずネンドを使って鉄粉確認&作業を見ていきましょう。

↓は使用前のネンドです。

そして↓がボンネットを全体をネンド掛けした後のネンドです。

茶色に見えるのが除去した鉄粉です。

年式を考えますととっても少ないと言っても過言ではございません(*’▽’)

正直、もっと凄いかと思っていました(笑)

 

鉄粉の処理が済みましたら、いつもはマスキングをするのですが・・・

今回は基本的にノーマスキングでいきます。

傷んだ塗装や古い車にマスキングテープを張ると、マスキングテープを剥がす時に

塗装も剥がれてしまう事もあるので車齢や塗装面の状態を見ますと、今回は

マスキングはやめておこう。っという判断です。

どうしても必要な部位は磨く直前に貼って、すぐに剥がす。で進めていきます。

そして磨きです。

今回の磨きはお任せプランです(そんなプランはございませんが(笑))

ベーシックプランを基本に塗装面の状態を見ながら無理な研磨はしないように注意し、

塗装面のクスミを除去して元の色に戻るように注意しながら磨いていきました。

ちなみに・・・

研磨の途中です↑

磨いた所と磨いていない所でこんなに違うんです(笑)

 

そして今回使用いたしましたコーティング剤ですが・・・

今回もPCX-S9一択のご提案です(笑)

こちらのコーティング剤は痛みの進んでいる塗装に使ってもムラなどが

出にくいコーティング剤ですので今回はPCX-S9を使用しました。

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

クスミも無くなりスッキリとしました!

見ての通りシミの深い輪郭部が残っていますが艶も出て黒さを取り戻しました(^_^)/

別角度でも・・・

いゃ~クリヤーになりました!!

ルーフも・・・

白から黒に!!(笑)

塗装表面が荒れておりますが、だいぶサッパリと綺麗になりました。

リアも・・・

周りの景色が映り込むようになっております(*^_^*)

ボディサイドも・・・

クリヤーになりましたね~~!

ホイールは・・・

マッドブラックらしさを取り戻しました。

そして

ブリリアントブラックのマツダ RX-8、ボディコーティングが完成いたしました。

いかがでございましょうか。

ブリリアントなブラックに復活いたしました!

正直、各部の写真で見て頂きましたように深めのシミやスクラッチは残っていますけど

色と艶そして光沢が復活しました。

10年位は時間を巻き戻したのではないでしょうか(^_^)/

塗装の痛みの進んでいるお車や古いお車はどうしても通常と同じ作業が出来ないことが多いです。

出来る事と出来ないことが出てきてしまいますが、出来る範囲でお車が綺麗に見えるように

考えながら作業をしております!

お引き取りに来られましたオーナー様も『だいぶ綺麗になりましたね~』と、お喜びになられておりました。

ありがとうございました。

スッキリとリフレッシュが出来て気持ちよ~く愛車にお乗りいただけると思います!

いつまでも大切にお乗りください!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホワイトパールマイカのマツダ ロードスターです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ ロードスターのボディコーティングです。

スノーフレイクホワイトパールマイカのロードスターです!

こちらは納車間もない新車でございます。

白いボディにネイビーブルーのソフトトップのお洒落さんです(*’▽’)

ソフトトップの色が変わると車の印象も異なって見えますね!

黒いソフトトップだとスポーツカーらしくスポーティですがネイビーブルーのソフトトップになると

スポーティの中に上品さが加わり大人の雰囲気なスポーツカーに変化します(*”▽”)

いゃ~お洒落です!

そんな納車間もないお洒落な新車のロードスターですが・・・

ボンネットを確認しますと塗装面が少し曇り気味です。

マツダ車は全般的に曇り気味の車両が多い印象でございます(^^;

ルーフは・・・

↑の写真だとわかりにくいのですが雨に降られた事もあって若干汚れています。

よ~く見ると斑模様なんです(^^;

近づいて見てみると・・・

少々ホコリっぽく感じます。 しかし布製のソフトトップはしょうがないです(^^;

トランクも・・・

同じく塗装面がボヤっと曇り気味です。

ボディサイドも・・・

スッキリ感がもう一つです。

ホイールは・・・

こちらも通常の軽い汚れでした。

 

新車ですので普通に見る分には艶も有り十分にお綺麗ではあるのですが

ライトを当てて観察すると塗装面の曇りが確認できます。

この曇りを磨いて除去しますと透明感が向上して艶々の塗装面になるのですが

その磨きまでに下準備が必要です。

洗車をしていきなり磨くのではなくボディに付いている異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

結構付いていました(^▽^;)

反応しているのは鉄粉のみです。実際には鉄粉以外にも虫やピッチタール、

樹液や塗装のミストなど様々な異物がボディには付着します。

それらの異物を除去いたします。

ちなみにリアも・・・

反応が細かくて見にくいですが、結構付いてました(汗)

鉄粉等の異物除去が済みましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリと仕上がっております!

 

異物除去が済みましたら次にボディにマスキングをして・・・

磨きの準備が出来ました!

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に軽めの曇りでしたので磨きを入れてしっかりと曇りを除去し

塗装表面をクリヤーに仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティングです。

当店は新車でもここまでがコーティングを塗る為の下準備になります!

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

従来の水玉撥水のコーティング剤より、よりシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも無くなりスッキリとクリヤーになっております!

ルーフは・・・

ソフトトップ専用のクリーナーで洗浄しております!

生地もスッキリとしております!!

トランクも・・・

曇りが無くなりスッキリとしております。

ボディサイドも・・・

透明感が向上しております(^_^)/

最後にホイールです。

艶々です。

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのロードスター、新車コーティングが完成いたしました。

いい艶に仕上がっております!

今回使用しました当店の人気コーティング剤でもございます「EXE-evo1」は

ベ-スコート+トップコートの2層コーティングとなります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。

ベースに高密度・高強度のコーティング剤、トップコートに艶と光沢を演出するコーティング剤、

これらの相乗効果による“極上の深い艶と抜群の保護機能“を実感して頂けると思います!

また新車を新車以上に仕上げるには下地が大切になります。

どんなに高価なコーティング剤でも曇ったり傷んだ塗装面にコーティング剤を塗るだけでは

綺麗には仕上がりません。 磨きが重要です!!

新車でも塗装面が曇っていたりスクラッチやシミが付いている事が残念ながら非常に多いんです。

なので新車もしっかりとした下地作りが重要です。

お引き取りに来られましたオーナー様も『わぁ~ 綺麗ですね~』と、新車以上の輝きを

ご実感されたご様子でございました。

ありがとうございました。

お洒落なロードスターで楽しいカーライフを!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

Mazda6の定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ Mazdaのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのマシーングレープレミアムメタリックのMazda6は2019年の10月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

定期的にメンテナンスにお越しくださっており今回で通算4回目のメンテナンスの

ご依頼になります。

コーティング施工から間もなく3年を迎えるタイミングですので痛みの進行具合が気になりますが・・・

では今回もメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

まずはボンネットからです↓

いゃ~綺麗ですね!!

シミもスクラッチもとっても少なくて、まだまだお綺麗です!

アフターです↓

ホントにもうすぐ3年経つの??と思うほど良好な状態を維持されております(^_^)/

ルーフも・・・

少々汚れもございますが問題なさそうです。

アフターです↓

もちろん細かなシミもあるにはありますがシミ、スクラッチ共に少なくお綺麗です!

リアも・・・

気になる所もございません。

アフターです↓

まだまだお綺麗です。

あまりにもお綺麗ですので全然ご紹介できる所もないのですが(汗)続いてボディサイドも見ていきましょう↓

あ~よかった!少し汚れてる(笑)

その汚れも大したことがないので・・・

問題なく処理できました(笑)

ちょこっと余談ですがボディサイドの下の方に付く汚れは早めに除去した方がいいです。

普通の汚れでしたら問題ないのですがピッチタール系の油汚れなどは固着してしまうと

シャンプー洗車程度では落ちません。

もしもしつこい汚れが付いてしまったら無理にゴシゴシと擦らずに(キズが付きます)メンテナンス剤や

クリーナー等を使って優しく落として下さい。

 

それと鉄粉の付着状況ですが・・・

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応するのですが、あまり反応していません。

いゃ~これまたとっても少ないです(*‘∀‘)

リアも・・・

全然付いていない訳ではないのですが、とても少なくてビックリです(笑)

前回のメンテナンスから1年近く経つのに何でこんなに少ないのでしょうか??

驚きです!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

あまり変わり映えしませんが、より綺麗になっています。

リアも・・・

変化をあまり感じませんが(^^;)鉄粉の処理が済んでおります。

そして最後にホイールです。

う~~ん、これまた綺麗だぞぉ~(笑)

なのでアフターで見ても・・・

違いを感じません(^▽^;)

良~く見るとタイヤが僅かに黒くなっています(笑)

そしてマシーングレープレミアムメタリックのMazda6、

ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

ほ~らタイヤが黒い(笑)

もちろんボディ全体の艶も向上しております(^_^)/

正直、元々とてもお綺麗なお車でしたので各部のビフォーアフターで見て頂いても

大きな違いは感じられなかったかも知れませんが(汗)メンテナンスでは鉄粉処理以外にも

細部の洗浄など行っております。また色々なケミカルを数種類使い、通常のシャンプーでは

落ちない汚れなども落としますので、撥水力の回復とクリヤー感と艶が向上いたします!

その仕上がり感は写真よりも実車で見て頂いた方がしっかりと違いを感じて頂けます(^_-)-☆

オーナー様も『あんまり汚れないし、手入れも楽でいいんだよね~』と、お喜び頂いているご様子でした。

ありがとうございました。

 

前回のブログでご紹介したハスラーもシミも少なく、とても良い状態でございました。

そして今回ご紹介しましたMazda6も間もなく3年経過とは思えない程シミも少なくお綺麗でした。

この両車の共通点は・・・「EXE-evo1」なんです!!

「EXE-evo1」は分子構造レベルの成分配合を見直すことで、汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

もちろん全然シミが付かない訳ではございませんし、お車の保管状況やお手入れ頻度などによって

違いが出ると思いますが従来のコーティング剤に比べますとシミがかなり少ない印象でございます。

水玉撥水が好きだけどシミが気になる、そんなオーナー様に「EXE-evo1」おすすめです!

以上・・・

 

「EXE-evo1」の宣伝でした( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

マツダ アクセラスポーツのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ アクセラスポーツのボディコーティングです。

H26年式ソウルレッドプレミアムメタリックのマツダ アクセラスポーツです!

新車でご購入されてから8年が経過しましたお車になります。

7年近く前に一度当店でボディコーティングを施工させて頂いていて、

痛みも進んで来たとの事で今回は再コーティングのご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

前回のコーティング施工から7年近く経っていますので痛み具合も何となく想像出来ますが

現状を確認していきますと・・・

やっぱり荒れておりました(^▽^;)

↑の写真ですと少しわかりにくいのですがシミもなかなかのものです(汗)

それと洗車キズ系のスクラッチとクスミが進んでいる様子です。

ルーフも・・・

スクラッチが凄いです(^^;

細かなシミも多数付いています。

ボディサイドも・・・

ガサガサです。

ボディサイドのスクラッチは比較的少ないのですが(ボンネットに比べるとですが(笑))

シミが凄いんです。 このシミは雨による雨染みではなさそうです。

どちらかと言うと油系のシミではないかと思います。

リアも・・・

クスミが酷くライトの映り込みもスッキリとしません。

ホイールは・・・

比較的汚れも少なくお綺麗でした。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので、

後ほどコーティングを掛けて仕上げて参ります。

前回のコーティングから7年程経過していますのでボディの痛みがだいぶ進んでしまっていました。

しかしまだまだ磨けば色艶も復活いたします!

その磨き作業に至るまでに幾つもの工程を経るのですが、その一つがボディに付いている鉄粉等の

異物除去です。 洗車後のボディに専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

色的に少しわかりにくいのですが、よ~~く見て頂くと黒っぽいシミのような点々が見えると思います。

これがクリーナーに反応している鉄粉です。

写真だと少なく見えますが実際は結構多かったです(^▽^;)

リアも・・・

よ~~く見ると黒い点々が見えると思います。

リアも多かったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと綺麗になりました!

リアも・・・

サッパリとしております。

鉄粉等の異物処理が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。ここまでが磨くための準備作業になります。

ここまでと言いながらも鉄粉処理とマスキングしかご紹介していませんが

実際はあんな事やこんな事など数工程を経て磨き作業に進んでいます!

その磨きですが今回は磨きの強いプレシャスプランで施工させていただきました。

プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去する

ハードポリッシングのコースです。(深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)

また、ドアの内側のヒンジ部の汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の

汚れ落としも行いますので、ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を削らないよう、

むやみにハードに磨く事は致しません。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスクラッチも、そしてクスミもスッキリとして綺麗になりました!

ルーフも・・・

いゃ~~綺麗になりましたね~(^_^)/

ライトも綺麗に映り込むようになりました!!

ガサガサでしたボディサイドも・・・

クスミが無くなり潤いを感じて頂ける塗装肌になっております(^_-)-☆キュピーン!!

リアは・・・

深い線キズは残ってしまいましたがサッパリとしました。

そしてホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

艶も出て綺麗になっております。

そしてソウルレッドプレミアムメタリックのマツダ アクセラスポーツ、

ボディコーティングが完成いたしました。

艶々です(*’▽’)

色のクリヤー感、そして艶感は新車にも負けていないと思います!

傷んだ塗装面を磨いてリフレッシュいたしますと艶と透明感が違ってきます。

その綺麗に整った塗装面にコーティング剤を塗ると艶が更にアップして

ソウルレッドプレミアムメタリック本来の輝きを取り戻しております(^_^)/

オーナー様も『ピカピカですね!』と、とてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

どうしても車は使用しているうちにシミが付いたりキズが付いたりと、

少しづつ痛みが進んできます。その痛みが積み重なって愛車から艶と透明感を奪っていきます(^^;

でも磨けばご覧のように艶も透明感も復活いたします!

特に愛車を長~く乗られる派の方は定期的にコーティング再施工がおすすめです。

何時までも綺麗な愛車にお乗りいただけますよ(^_^)/~

逆に長~くお乗りいただく為にも定期的に愛車をリフレッシュしてると

愛着もより湧いて手放したくなくなります(笑)

愛車の綺麗維持、そして愛着アップの為にも定期的な再コーティングを是非どうぞ~!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダ ロードスターRFのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ ロードスターRFのボディコーティングです。

プラチナクォーツメタリックのマツダ ロードスターRFです!

ロードスターのRFは当店初入庫になります。

こちらは納車間もない新車でございます(*’▽’)

プラチナクォーツメタリックは昨年CX-8から導入されましたマツダの新色です。

シルバー調ながらゴールドを感じさせるエレガントで上質なカラーです。

スポーツカーのロードスターにも良く似合っていますね! カッコイイです(*‘∀‘)

そんな上質なカラーを纏ったロードスターRFの現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

汚れもございますが若干曇りがあるようです。

汚れてるから曇ってるように見えるんじゃない?? と思うかも知れませんが曇っているんです。

↓は洗車や鉄粉除去等まで終わらせた後に撮影しました。

ね!やっぱり曇ってるでしょ(^^;)

新車でもこれ位は曇っているものです。

と言うか以前のマツダ車はかなり曇っている傾向でしたが、

ここ最近は曇りの程度が軽くなり以前よりもクリヤーになりました。

ルーフは・・・

既にシミが付いています(^^;)

ちなみにピアノブラック調のブラックルーフはオプションで通常はボディと同色なんだそうです。

ルーフが黒いと、よりスポーティに見えてカッコイイですね!

リアは・・・

こちらも若干ですが曇りが感じられます。

ボディサイドも・・・

僅かに雲っています。

言われなければ気にならない程度かなぁ?? その程度の軽い曇り具合でした。

ただリアフェンダーには・・・

写真だとよくわかりませんが(汗)加修痕と思われるモヤモヤッとした磨きキズ(オーロラマーク)が

確認できました。  光を当てて見るとモヤモヤとよ~く見えるのですが、写真にすると

全然伝わりませんね(^▽^;) すみません。

ホイールも・・・

若干汚れ気味でございました。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので後ほどコーティングをしていきます!

それと合わせてウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでボディのご紹介の前に

ウインドウコーティングより見ていきましょう!

↓は現状です。

納車仕上げ時の撥水シャンプー又は何かしらの撥水剤が掛かっていたようで

ワイパー払拭範囲外は水を弾いていますがワイパー払拭範囲内の撥水は既に落ちている状態でした。

納車仕上げ時の撥水は簡易的な物ですので直ぐに落ちてしまいます(^^;

簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをして完成です!

ウインドウコーティングは梅雨の季節におすすめの人気オプションメニューでございます。

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ポツポツと確認できます。 ボディの曇り同様で以前のマツダ車は新車時でも、

結構鉄粉多めの印象でしたが(個人的に)最近は鉄粉の量も少なくなったように感じています。

よかった よかった(*^_^*)

リアも・・・

とっても少なかったです!

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々ボンネットもリアも少なかったのですが・・・

よりスッキリと綺麗になっております(^_^)/

 

鉄粉の処理が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

今回は全体的に軽めの磨きで塗装面を整えていきました。

 

そして今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

当店でも人気のコーティング剤、EXE evo1のコーティング剤でございます(^_^)/

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

従来の水玉撥水のコーティング剤より、よりシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それ以外も今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしております!

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも無くなりスッキリと綺麗になっております!

ルーフのシミも・・・

サッパリと綺麗になりました。

リアも・・・

曇りが無くなりクリヤーで艶々です(^_-)-☆

ボディサイドも・・・

僅かな曇りでしたが、その僅かな曇りも無くなると映り込みが、

よりクッキリと綺麗になりますね!

もちろんリアフェンダーに見えていましたモヤモヤとしたオーロラマークも・・・

しっかりと磨いて除去出来ております。

それとホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

ホイールコーティングは新車時、またはホイール新品時がおすすめです(^_^)/

 

そしてプラチナクォーツメタリックのマツダ ロードスターRF、新車コーティングが完成いたしました。

元々が曇りの少ない綺麗な新車でしたので↑の写真で見ると、

あまり違いがわからないかもしれませんが・・・(^▽^;)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたように曇りが無くなった事で

透明感と光沢感の向上を感じて頂ける仕上がりになっております。

その艶感の向上にはEXE evo1がいい仕事をしているんです(笑)

EXE evo1は艶感の違いが分かりにくいライトカラー系のお車でも艶の向上を

実感して頂けると思います。

オーナー様も『おぉ!綺麗!!凄いなぁ~!』とお喜びになられておりました。

ありがとうございました。

 

当店の人気コーティング剤でもございます「EXE-evo1」はベ-スコート+トップコートの

2層コーティングとなります。2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事に

なります。その分作業に時間が掛かってしまう為、お値段も高めの設定となりますが、

“極上の深い艶と抜群の保護機能“を実感して頂けると思います!

ダークカラー系のお車はもちろん、ライトカラー系のお車にもおすすめのコーティング剤です!

是非、皆様も「EXE-evo1」お試しください(^^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ポリメタルグレーのMazda2です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ Mazda2のボディコーティングです。

こちらのポリメタルグレーメタリックのMazda2は納車から間もない新車のお車になります。

Mazda2はデミオを含めてご入庫率が意外と高いお車なのですが

ポリメタルグレーメタリックのMazda2は当店初入庫です!

こちらはなんと6MT! そうです。マニュアルトランスミッションなんです(*’▽’)

いゃ~いいですね~!

MTの車も少なくなってしまいましたね(涙)今後は電動車が主流になっていく流れですので

新車でMTを買えるのは、あと数年ではないでしょうか??

今が最後のチャンスですのでMT欲しい方は考えている時間はありません。

今すぐにどうぞ~(^o^)丿

話がそれましたが(笑)ポリメタルグレーメタリックの新車Mazda2の現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

少し汚れ気味なのもあるのですが若干塗装表面に曇りがあるようです。

ちなみに洗車後に撮影したのが↓です。

ライトの周辺が白っぽくモヤモヤと見えます。 これが塗装表面の曇りです。

ルーフも・・・

洗車前の写真です。同じようにライトの淵がモヤけております。

ボディサイドも・・・

もう一つスッキリとしたいところです(笑)

リアも・・・

若干曇っておりました。

ホイールは・・・

軽い汚れ程度でした。

 

全体的に少しばかり曇り気味の塗装肌でございました(^^;

ただ正直、言われなければ普段は気が付かないと思いますが、

この白ボケが本来の色艶を妨げているんです。

ボディカラーや曇りの度合いによっては、この曇り(白ボケ)を磨いて取り除いてあげるだけでも

本来の色艶になり色の深みや発色の違いなどで結構印象が違ってくるお車もございます。

今回はそこまでは酷くありませんでしたが、もう少しスッキリとクリヤーな塗装肌に

仕上げていきたいと思います(^_^)/

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介していきます。

↓は現状です。

なんとな~く撥水をしておりました。

そのなんとな~くな撥水を綺麗に除去してからウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成しました!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

少ないです(^_^)/

全然付いていない訳ではないのですが、とっても少なかったです。

リアも・・・

少なかったです!

個人的に以前のマツダの新車は鉄粉がやや多めに付いている印象でしたが、

最近は少ないです(^.^)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

よりサッパリとしました。

リアも・・・

ほぼ違いがわかりませんが(汗)鉄粉等の異物処理が済んでおります!

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回はカービューティープロ の新アイテムCS-P10 カーリフレッシュ プロを施工いたしました!

『CS-P10 カーリフレッシュ プロ』は無機系成分と有機系成分をハイブリッド配合した、

室内専用のコーティングで、抗菌・抗ウイルス・防カビ等、幅広い効果を長期間持続する

安心安全な室内専用コーティング剤になります!

それと今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしました。

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも取れてサッパリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

スッキリと綺麗です(^_^)/

ボディサイドの曇りも無くなって・・・

モヤけた感じが無くなりました!

beforeと見比べてくださいね!違いますから(笑)

リアも・・・

よりクリヤーに綺麗にライトが映り込むようになりました。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

そしてポリメタルグレーメタリックのMazda2、新車コーティングが完成いたしました!!

ヌメっとした質感のポリメタルグレーメタリックが更にヌメッヌメっとしました(笑)

これは磨きで曇りを除去し、塗装本来の色艶に戻した後にコーティングをする事で

透明感ある艶々のボディに仕上がります。

やっぱり新車も磨きが大切なんです。(しみじみ)

車の塗装は納車時が一番綺麗な状態と思われますが実はそうでもないことが多いんです。

多いと言うか凄く綺麗な新車の方が珍しいのが実情です(^▽^;)

新車の塗装面は曇っている事がとても多いんです。

酷く曇っていると極端な話、本来の色とは違って見えてしまうんです。

ですのでボディカラーを開発した開発者の狙った本来の色味とは違う色味になってしまいます。

その本来の色味に戻す為にも新車でも磨きが必要な場合が多いんです。それ以外にも新車でも

シミやスクラッチまた保護シートの糊が残っていたり、意外と色々とあるのが新車なんです。

ですので新車のコーティングも下地を整える専門店がおススメです!

新車も経年車もカーコーティング専門店(←コレ大事です)『カービューティープロ カラーズ』で

お待ちしております(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

マツダ アテンザの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ アテンザのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザは

コーティング施工から丸3年ほど経過いたしましたお車になります。

半年毎にメンテナンスにお越し頂いておりますので今回は通算6回目の

メンテナンスのご依頼になります。 いつもありがとうございます(^.^)

では早速ではございますがコーティング施工から3年経過いたしましたマツダ アテンザの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットです↓

写真だと綺麗に見えますが実は結構汚れているんです(^^;

しかしシミもスクラッチも少ない感じがしますがアフターを見て見ますと・・・

やっぱりシミもスクラッチも少なく、とってもお綺麗でした~~ヽ(^o^)丿

コーティングから3年、しかも屋外の屋根なし駐車でこの綺麗さは少し驚きです。

いゃ少しどころか、かなりの驚きです(*’▽’)

ルーフも・・・

汚れが目につきますが・・・

塗装面自体の痛みはとっても少なく良好な状態をキープされています。

トランクも・・・

気になるような痛みはない模様です(笑)

アフターです↓

やはりありませんでした(笑)

さすがに撥水力は落ちていましたがコーティングの保護効果は

まだまだ維持されている様子です。

ボディサイドは・・・

汚れっぷりがよ~く伝わるかと思います(笑)

アフターです↓

ボディサイドも保護効果を発揮しているようで、水アカの固着等も無く

洗車でも綺麗になりました。

ただ今回はメンテナンスですので通常の洗車では落ちないようなピッチやタール系の

頑固な汚れも綺麗になっております。

 

それと何時ものように鉄粉の付着状況を確認していきましょう。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

フロント周りは少なめでしたがリアは・・・

フロントに比べると、やや多めです。

とは言え半年で↑くらいでしたら特に多い方ではないです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリと綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリとしましたね!

そして最後にホイールです。

ホイールも汚れ気味なのですが色的な事もあって意外と目立ちません(笑)

アフターです↓

でも洗うと違います(笑)

色が明るくなり艶も出ました。

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザの定期メンテナンスが完成いたしました。

いかがでしょうか。今回は施工前後の比較がわかりにくいパールホワイトでしたが、

お車が汚れ気味だった事もあり施工前後の違いがわかりやすく助かりました(笑)

メンテナンス後の白さや艶、クリヤー感はメンテナンス前とは別物です!

やはり白い車は白いほうが気持ちいいですね!(^^)!

また先ほどもお話しましたがコーティング施工から丸3年とは思えない程、

塗装面の状態が良好でございます。

これも定期的にメンテナンスにお越し頂いている効果でもあるかと思います!

実はコーティングはメンテナンスも重要なんです。車は徐々に汚れが蓄積して艶が引け撥水も落ちてきます。

メンテナンスではコーティング被膜表面の水アカ汚れや油分などを除去して

荒れたコーティング表面をケアして軽微なシミを落とし撥水性と艶を取り戻してあげます。

メンテンス時期はお車のご利用方法やお手入れ状況、保管状況によって異なってきますが

目安としては約6ヶ月~1年毎くらいでしょうか。

どうしても痛みが早い屋外駐車の方や濃色系のお車は早いタイミングでの

メンテナンスをお勧めいたします(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

Mazda3 セダンのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ3 セダンのボディコーティングです。

R3年式スノーフレイクホワイトパールマイカのMazda3セダンです!

セダンをお選びになるところが“通好み”で私のハートを鷲掴みいたします(笑)

しかもあのガソリンとディーゼルエンジンのイイとこ取りをしたと言われる

火花点火制御圧縮着火を世界初採用したeスカイアクティブXをお選びになるなんて、

私なんてもうメロメロです。 ←(意味不明)

セダン&eスカイアクティブXなんて間違いなく“通”またはマニアのどちらかに違いありません!

こういう大人な拘りの選択が出来る方に憧れてしまう私です(*´▽`*)

大きくなったらそんな大人になりたいです!  もう十分過ぎる程大きいんですけどね(汗)

 

話がそれましたがご購入から1年経過しましたMazda3セダンの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

新車購入から1年なんですがシミとクスミが凄いんです。

汚れてるだけじゃね??と思われるかも知れませんが洗車後に撮ってみても・・・

凄いんです。↑は洗車だけではなくケミカル等を使いシャンプー洗車程度では落ちない汚れ等を

落とした状態になります。

写真だとわかりにくいんですがケミカルで分解除去出来なかったシミもだいぶ残っているいます。

ルーフも・・・

シミとクスミがなかなかのものです(^▽^;)

トランクは・・・

ボンネットやルーフに比べると比較的お綺麗です。

ボディサイドも・・・

クスミと言うよりも曇っているような感じです。

それとピラー部は・・・

スクラッチが目立ちます。

最近ピラーが↑のような、いわゆるピアノブラック調の車が多くなってきました。

高級感があっていいのですが、どうしてもキズが付きやすく目立ちやすいです(汗)

ホイールは・・・

お綺麗でした!

 

新車でご購入されてからちょうど1年です。新車時にディーラーさんでコーティングをされていたそうですが

シミが多く気になると当店にご相談にお越しくださいました。

確かに確認していきますとシミが凄かったです(^^; ボディサイドだけではなくウインドウやライトなど

ボディ全体に付いています。 洗車はマメにされているそうで汚れは少ないのですが、とにかくシミが

気になります。 見た感じ油系のシミ又は撥水剤系のケミカルによるシミのように感じますが、

撥水剤は使われていないとの事ですので油系なのかなぁ~~?と言う感じです。

おそらく駐車場周辺の環境かと思いますけど原因特定にまでは至りませんでした。

ただシミが付いている事には違いありませんのでサッパリと除去して参りましょう!

作業開始~~!

 

今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介していきます。

↓は現状です。

ウインドウは撥水剤を使われているとの事なのでコロコロに弾いておりました!

ただ先ほどもお話しましたように・・・

ウインドウにもシミが凄いんです。

そのシミをあんな事やこんな事をした後に・・・

いつもの姿になります(笑)

ウインドウのシミは程度によって使う機材やコンパウンド等を変えています。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です。

もちろん・・・

シミも綺麗になりました。

ウインドウコーティングの施工料金には通常の下地処理料も入っていますが、

通常の下地処理では落ちないようなシミ除去をご希望の場合には

別途追加の料金が掛かります。 詳しくはお問い合わせください。

 

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

少ないですね~(*’▽’)

リアは・・・

ボンネットに比べると多めですが、1年でこの程度でしたら少ない方ではないかと思います。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリとしました!

 

その後に今度はマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもサッパリとして綺麗になりました(^_^)/

ルーフも・・・

綺麗に仕上がっております。

トランクは・・・

スッキリと綺麗になりました。

曇り気味でしたボディサイドも・・・

曇りが取れてスッキリとしました(^.^)

ピアノブラック調のピラーも・・・

全てのキズが取れた訳ではないのですがクスミも取れてクリヤーになりました。

最後にホイールです。

元々お綺麗でしたのでアレですが(^^;タイヤもホイールも艶出ししましたので

より光沢も上がり綺麗になっております。

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのMazda3セダン、ボディコーティングが完成いたしました!

スッキリと艶々に仕上がりました!

でもパールホワイトのお車なので、そのスッキリと艶々が写真だとあまり伝わらないんですよね~(^▽^;)

しかし各部の仕上がりで見て頂きましたように、シミやクスミが取れて透き通るような、

スノーフレイクホワイトパールマイカに仕上がっております。

オーナー様も『うわぁ~~!凄いな~~。蛍光灯の映り込みが全然違う!』と、

その違いをご実感されておりました!  ありがとうございます。

そうなんですよ! ビフォーとアフターの違いがわかりにくいパールホワイトでも、

しっかりと磨き上げてからコーティングを掛けますと艶とクリヤーさが全然違ってきます。

もちろん実車で見て頂けと全然違うと思います(^_^)/

皆様も是非一度お試しください!!

 

毎回のようにシミ・シミと言っていますけどシミにも色々と種類があります。

ケミカルで処理できるシミもあれば塗装を侵食してしまっているようなクレーター状の深いシミ等、

様々です。そのシミの原因も様々で特定できる場合もありますが特定困難なものも少なくないです。

また特定できたとしても対処の出来る場合と出来ない場合がございます。

特に駐車場周辺の環境によるものの場合は難しいです。

駐車場を変えるかボディカバーを掛けるかになってきます。

いずれにしろシミでお困りでしたら一度当店にお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ジェットブラックのCX-30にメンテナンスのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ CX-30のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのジェットブラックマイカのマツダ CX-30は2020年の11月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車です。

コーティング施工から1年少々のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

1年経過していますが艶もあってお綺麗です!

では早速ではございますがボディコーティング施工から1年経過いたしましたマツダ CX-30の

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

やや汚れ気味ではございますが塗装面(コーティング被膜)自体の痛みは少なそうです。

アフターです↓

少ないどころか、とってもお綺麗でした(^_^)/

いやいや素晴らしいです!! 維持管理の大変な黒で1年経過でこれだけお綺麗なのは

普段のお手入れや保管に気を付けられている証拠ではないでしょうか!

ルーフも・・・

やや汚れてはいますが・・・

まだまだお綺麗です! ボンネットに比べますとメンテナンスでは落ちないシミが

多めですが、それでもとっても少ないです。

また洗車キズ系のスクラッチも少なく良好な状態を維持されておりました。

リアも・・・

目立つのは汚れぐらいで・・・

塗装面自体はとってもお綺麗です(^_^)/

ボディサイドは・・・

サイドステップの形状的に上面に汚れが乗るようです(^▽^;)

それ以外目立つような痛みも無く、これまたとっても良い状態でございました。

また新車時に樹脂コーティングも行っているのですが、こちらもまだまだ黒さと艶を維持していて

まだまだ綺麗でした!

それとボディに付いています鉄粉の付着状況のご報告ですけど・・・

今回も色的な事もあって鉄粉の反応が確認しにくいです(^^;

実際のところの鉄粉量は、とっても少なかったです。

リアも・・・

少なかったです。 ↑全然わかりませんけど(^▽^;)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、もちろん・・・

鉄粉除去できていますけど、やっぱり違いがわかりません(汗)

リアも・・・

違いがわかりませんが、よりサッパリとなっております。

最後にホイールです。

ホイールも軽~く汚れていましたが全然目立ちませんね!

アフターです↓

よ~く見れば汚れが無くなっているのが確認できると思います!

その他にもよ~く見るとタイヤも黒くなっています(笑)

そしてジェットブラックマイカのマツダ CX-30、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

いい艶に仕上がっております!

ご入庫時は少し汚れてはいましたけど艶もあり、お綺麗でしたがメンテナンスをすると、

更に綺麗で艶々になるんです(^_-)-☆

元がお綺麗ですのでより綺麗になりますね!

1年経過でこの痛みの少なさはオーナー様の普段のお手入れの良さだと思います。

これは出来そうで、なかなか出来る事ではございません!

これからも大切にお乗りください(^_^)/

 

今回のお車は本当にお綺麗でオーナー様が大切に、そして丁寧にお手入れされているのが

伝わって参りました(*^_^*) 黒い車を綺麗に維持するのは本当に大変なんです!

ひと昔前は “コーティングすればお手入れいらず!” “洗車しなくてOK!”  などと

誰が言ったのかわかりませんが間違えた情報を今でも観たり聴いたりする事も

多いです それは全然間違えた情報ですのでお気を付けてください。

コーティングは万能ではございません。コーティングも時間が経てば痛みも進みますし

汚れも落ちなくなってきます。

その美観の維持、そしてコーティング効果を維持する為にも普段のお手入れや

定期的なメンテナンスが必要になってきます。

綺麗を維持する為にも皆様もメンテナンスを是非どうぞ~(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

マツダ プレマシーのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダプレマシーのボディコーティングです。

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ プレマシーは

2017年の7月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

それから早4年が経過し痛みも気になってきたそうでコーティング再施工のご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

施工から4年経ったと聞いてビックリです(笑) 1年毎にメンテナンスにお越しくださっている事もあり、

全然お久しぶり感も無いのですが、まさかコーティング施工から4年も経っているとは・・・(^▽^;)

いゃ~時間が経るのは早いものです。 4年前と言えば私の体も今よりも○かったんだろうなぁ~。

ちなみに〇の中には “細” または “太” のどちらかの漢字が入るとか、入らないとか(笑)

話がそれましたがコーティング施工から4年経ちましたマツダ プレマシーの現状確認より

始めて参りましょう!

まずはボンネットからです。

シミが多めです。 ただスクラッチは少ないんです!

ルーフも・・・

4年が経ち、さすがにシミも増えて参りました(^^;

ボディサイドは・・・

シミは少ないのですが少しクスミが進行しているようでライトの

映り込みがボヤけていました。

リアは・・・

こちらも軽めのクスミ具合でした。

ホイールは・・・

汚れも少なくお綺麗ですね!

 

1年毎にメンテナンスにお越しくださっていましたので水アカ汚れの固着も無く

艶も感じられてコーティング施工から4年と考えますと全体的にお綺麗だと思います!

ただ基本的に屋外の屋根なし駐車ですのでシミが多く付いておりました(^^;

しかしシミは比較的、軽めのシミが多いようで塗装面を侵食してしまっているような

深いシミは少なめのような感じです。 シミが浅いという事は磨きの度合いも少なく済みます。

という事は塗装の研磨量も少なくて済むと言う事でもあるんです!

塗膜(塗装)は薄いものですので研磨量は少ないに越したことはございません!!

いゃ、少ない方が良いんです(^_^)/

オーナー様もその辺りはよくご存じで、今回は軽めの磨きをご希望でございました。

もうオーナー様も段々とマニアの領域に片足突っ込んでいるような気も致しますが(笑)早速作業に取り掛かって

参りましょう。 作業開始!!

 

今回もウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

4年前にウインドウコーティングも施工したのですが、さすがに4年の月日の流れには

打ち勝つことは出来なかったようです。全く撥水がしておりませんでした(;´∀`)

サイドウインドウも・・・

なかなかのウロコ模様でした(笑)

当店のウインドウコーティングの料金には基本的な下地処理代も含まれておりますが

ウロコの程度によって別途ウロコ除去の追加料金がかかる場合がございます。

詳しくはお問い合わせください。

ウインドウの下地が整いましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

気持ちいいコロコロの水玉撥水の完成です!

サイドウインドウのウロコも・・・

だいぶ綺麗になりました!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

点々と反応は見えますが特に多いという感じではないですね(^.^)

リアは・・・

こちらは少し多めでした。

1年毎にメンテナンスにお越しくださっておりますので鉄粉も1年毎に処理しているのですが

1年で↑位付くという事は、もし4年間やっていなかったら大変な事になっていたのかも知れません(^^;

鉄粉も定期的に処理して正解です!!

鉄粉処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

鉄粉もスッキリと綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました。

 

その後の作業はマスキングへと進み・・・

磨きの準備が整いました。

今回は塗装の研磨量の少ない軽い磨きのベーシックプランでのご依頼になります。

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”や

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また”塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

前回のコーティング時は水玉撥水のPCX-S8を使用いたしましたが今回は

低撥水タイプのV110をチョイスいたしました。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた

滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとしました(^_^)/

深いシミやスクラッチは残っておりますが軽めのシミが無くなって綺麗になりました。

ルーフも・・・

サッパリとしました!

ボディサイドも・・・

クスミ無くなりライトの輪郭もクッキリとしましたね!

リアも・・・

クリヤーで艶々です(*^_^*)

ホイールは・・・

元々お綺麗でしたので、あまり違い感が無いですね(^▽^;)

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ プレマシー、ボディコーティングが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました~(^_-)-☆

定期的にメンテナンスにお越しくださっていましたので4年経過と考えますと、

状態も特別に痛みが酷かったではありませんでしたが、それでもどうしても月日の流れと共に

塗装面の痛みが進んできてしまいます。   そして私の体重も○くなります(汗)

その傷んだ塗装面を磨いて整えますとスッキリとクリヤーでそしてキリッと引き締まった

ボディに蘇ります!

ついでに私のボディもキリッと引き締まりま~~~~~    す!  “す” かよ~~(;”∀”)

先ほどもお話いたしましたが今回は比較的軽めの磨きですので近くで見ればシミやスクラッチも

残ってはおりますがパールホワイトという事もあって、普段は気にならないかと思います。

オーナー様も『おぉ! ピカピカだぁ』と、とてもお喜び頂けたご様子でした!

ありがとうございました。

 

再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に各車バラバラなんですが

一つの目安は3年でしょうか。 黒いお車でしたらもう少し早めかと思います。

とは言えあくまでも目安です(^^; 駐車場の環境やお手入れ具合等で本当に各車バラバラです。

再施工の時期の判断でお悩みでしたら当店にお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。