マツダ アテンザの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ アテンザのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザは

2019年の2月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

定期的にメンテナンスにお越し頂いておりますので今回で通算8回目の

メンテナンスのご依頼になります。

では早速ですがンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットです↓

少し汚れが付いておりますが、クスミも少なくてクリヤーですね。

アフターです↓

さすがにコーティング施工から5年経ちますので、よく見るとスクラッチも増えてきましたけど

逆に5年経過とは思えない程お綺麗なんです(*’▽’)

ルーフも・・・

洗車キズ系のスクラッチは確認できます。

アフターです。

スクラッチは確認できますがパールホワイトという事もあって

普段、屋外で見るとあまり気にならないと思います。

トランクも・・・

クスミを感じません!

アフターです。

本当に5年経過したの??と思うくらいクスミも僅かで、まだまだ艶々なんです。

ボディサイドは・・・

こちらは少し汚れていますのでビフォー&アフター感を・・・

感じて頂けると思います(笑)

汚れは別として塗装面(コーティング被膜)の痛みは少なくて

とても良いコンディションを維持されておりました!

 

それといつものように鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

黒っぽく点々と見えるのが鉄粉なのですが・・・少ないです!

リアは・・・

やや多めでございました。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

元々ですけど(^^;

 

トランクも・・・

違いがわかりやすいです(笑)

サッパリと綺麗になりました。

 

ホイールは・・・

少し汚れておりました。

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げています。

 

それと今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いております。

↓は現状です。

何か撥水剤を塗られているようで水を弾いていました。

ただ・・・

シミが多く付いていました。

今回は全面施工のご依頼ですのでウインドウ全面を磨いてガラス表面をリセット致します。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

水玉コロコロの出来上がりです。

シミも・・・

綺麗になっています!

 

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザ、

通算8回目のメンテナンスの完成です。

艶々に仕上がりました~!

とは言えパールホワイトですので施工前後の違いがわかりにくいですね(^▽^;)

しかし各部の写真で見て頂きましたように綺麗に仕上がっております!

さすがに5年を経過しましたのでメンテナンスでは落ちないシミやスクラッチが

増えてきましたが5年経過を全く感じない程、状態は良かったです。

それでも、もしシミやスクラッチが気になるようでしたら1年後辺りはコーティング再施工の

時期かもしれませんが艶もまだありますし、もう少しメンテナンスでもいいかな?

とも思います(^.^)

パールホワイトやシルバーはシミやスクラッチがあまり目立ちません。

シミやスクラッチが目立たない分、再施工のタイミングの判断も少し難しいかと思います。

これが黒い車ですと痛みがよ~く分かりますので判断しやすいんですが(^▽^;)

再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に各車バラバラです。

再施工の時期の判断でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

マツダCX-30の定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ CX-30のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダCX-30は

2021年の9月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から2年半程経過し今回はメンテナンスにお越しくださいました。

その間に一度メンテナンスにお越し頂いておりますので今回は1年3ヶ月ぶり通算2回目の

メンテナンスでございます!

では早速ではございますがコーティング施工から2年半程経過いたしましたマツダCX-30の

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう。

まずはボンネットからです↓

これがまたシミもスクラッチも少ないんです(*’▽’)

普段は屋外の屋根なし駐車なのだそうですが痛みが少ないです!

アフターです。

なので写真で見ても、あまりafter感を感じません(^^;

ルーフも・・・

痛みが少なくコーティング施工から2年半を全く感じません。

ただ流石に撥水力は落ちておりました。

アフターです。

これまた写真で見ると違い感を感じませんが普段のシャンプー洗車では落ちない汚れを

落としていますので透明感も向上しております。

リアも・・・

雨の後と言う事もあり汚れが溜まる場所がわかりやすいです(笑)

アフターです。

サッパリと綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

雨天走行後ですので汚れ気味でした。

アフターです。

汚れ気味ではありましたがコーティング被膜の痛みは少なく、まだまだ艶々です!

 

それと鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

鉄粉も少なかった~!

ホントに屋外屋根なし駐車??と思うくらい少なかったです。

リアは・・・

ボンネットに比べると多めですけど、やっぱり少ないですね(^.^)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元が少ないのでアレですけど(汗)綺麗になっております。

リアも・・・

サッパリと綺麗になりました。

 

ホイールも・・・

汚れで艶が引けていますけどメンテナンス後は・・・

艶も復活して艶々です。

 

それと今回はウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

現状を確認していきますと・・・

前回のメンテナンス時にウインドウコーティングを再施工しておりますので

撥水がまだ残っておりました。

ただ撥水力は落ちていますので水玉が潰れ気味です。

その他のウインドウも撥水力が弱り気味でしたので全面再施工いたします。

最後に撥水チェックをして・・・

コロコロの水玉撥水の出来上がりです。

 

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダCX-30、

ボディコーティングメンテナンスが完成しました。

艶々に仕上がりました~!

コーティング施工から2年半経過とは思えない程、とても良い状態をキープされておりました。

こちらのCX-30は当店でPCX-S9を初めて施工した車両になります。

コーティング施工から2年半ほど経過しておりますがシミが少なかったです。

その他のPCX-S9を施工した車両も経過観察をしていますけど全体的にシミが

少ない傾向だと思います。

もちろんシミやスクラッチの付き具合はボディカラーや保管場所、お手入れ状況等によって

全然違ってきますのでPCX-S9を施工した全ての車両がシミが少ない訳ではないです。

PCX-S9は低撥水系のコーティング剤になります。

低撥水系は水玉コロコロの水玉撥水系のコーティング剤よりもシミが少ないのが

最大のメリットだと思いますが逆にデメリットは水弾き感が少し物足りなく感じるかと思います。

また撥水力が落ちるのが、少し早めの印象もございます。

撥水しなくなったからと言ってコーティング被膜が落ちた訳ではございませんが

水を弾いていないと少し残念な気持ちになるのも事実です(^▽^;)

その撥水力維持の為にもそして美観維持の為にも定期的なメンテナンスが必要になってきます。

皆様もメンテナンスは定期的にどうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダ デミオの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ デミオのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ デミオは

2020年の8月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から3年半ほど経過しメンテナンスにお越しくださいました。

その間に一度メンテナンスにお越し頂いていますので今回は通算2回目のメンテナンスになります。

ではコーティング施工から3年半経過いたしましたマツダ デミオのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットのビフォーです。

ご入庫時は雨でしたので現状確認困難です(^^;

ただそれでも、なんとなく塗装面が少しクスんでいる??感じでした。

アフターです。

スッキリと綺麗になりました。

コーティング施工から3年半とは思えない程シミもスクラッチも少ないです(*”▽”)

素晴らしいっス!

ルーフも・・・

濡れていますのでアレですが(^^;普段からマメにお手入れされていますので

基本的にとてもお綺麗なんです。

アフターです。

ね!綺麗でしょう!!

撥水力は流石に落ち気味ですけど、シミやスクラッチは少なく艶感もあって

とても良好な状態を維持されております。

リアは・・・

若干、撥水の乱れを感じますが逆にコーティング施工から3年半経っていて

これ位、撥水力が残っているのは実は凄い事なんです。

アフターです。

こちらも綺麗になりました。もちろん撥水力も向上しています!

その写真撮ればよかった・・・(汗)  すみません。

ボディサイドも・・・

汚れの付着がすくないですね~

アフターです。

こちらも気になるような痛みは無く、まだまだ良い状態をキープされております。

 

それと何時もの鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

驚きの少なさです!もちろん全然付いていない訳ではないのですが

前回のメンテナンスから2年以上経っているのに、この少なさです。

リアは・・・

ボンネットよりもやや多めでしたけど、この程度です(笑)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

前↑も後ろも↓・・・

綺麗に鉄粉処理が済んでおります!

 

ホイールは・・・

こちらも軽めの汚れでした。

アフターです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げております。

 

それと今回はウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

現状を確認していきますと・・・

こちらも2年以上前にウインドウコーティングを施工したのですが

撥水力がまだ残っておりました。

撥水力はまだ残っている感じですけど、そのまま上塗りはせずに古いコーティング被膜を

一度剥がします。 その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

コロコロの水玉撥水の出来上がりです。

 

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ デミオ、

ボディコーティングメンテナンスが完成しました。

艶々に仕上がりました~!

ご入庫時は雨で濡れていましたのでビフォー&アフター感が伝わりにくかったのですが

ボディに水平面は少しクスミを感じる状態でした。

とは言えコーティング施工から3年半と考えますとシミもスクラッチも少なく

とっても良い状態をキープされておりました!

この状態の良さはやはり普段のお手入れと保管状況の良さから来ているのかと思います。

度々お話をしておりますが車の傷みの進行具合は皆同じではなくバラバラです。

もちろんお手入れ方法や頻度によっても痛みの進行は変わってきます。

また車を止めている場所(駐車場)の周りの環境も大きく関係します。

ボディコーティングは「塗装面を汚染物質から守り、光沢を長期間維持させる」ものではございますが

けっして万能ではございません。 外的な要因や劣化等によりコーティング被膜も傷んできますので

痛みの進行を見ながら定期的なメンテナンスやコーティング再施工が必要になってきます。

最近愛車に輝きが無い・洗車しても汚れが落ちない、と感じましたらリフレッシュの時期かも知れません。

そんな時は当店に一度ご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロジウムホワイトプレミアムメタリックのCX-8です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダCX-8のボディコーティングです。

こちらのロジウムホワイトプレミアムメタリックのマツダCX-8は納車間もない新車でございます。

昨年の12月下旬で生産を終了しましたCX-8ですがオーナー様がご購入する時は

既に新規の発注は出来なかったそうですが在庫があったようで無事、

ご購入されることが出来たそうです。

こちらのロジウムホワイトプレミアムメタリックはマツダの新色で、当店初入庫のボディカラーです。

マツダ曰く・・・ “雑味のないピュアな白さと、粒子のきめが細かく、面による陰影表現を際立たせる

金属質感を両立している。” ボディカラーなのだそうです。

確かに実車で見ますと、とても綺麗でピュアなホワイトなのですが光の加減によっては

金属調に輝いて見えます。 パールホワイトとはまた一味違う魅力的なホワイトです!

そんな魅力的なロジウムホワイトプレミアムメタリックの新車CX-8の現状を確認していきますと・・・

塗装が少し曇っているようです。

ルーフも・・・

若干曇りがあるようです。

ボディサイドも・・・

もう少しスッキリとクリヤーにしたいところです(笑)

リアは・・・

クリヤーでございます。

ただもう少しクリヤーになる! はず!?

ホイールも・・・

光沢感の高いホイールなので艶々です。

汚れも少なかったです。

今回はホイールコーティングのご依頼を頂いておりますので後ほどコーティングを

掛けて参ります。

それとウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので現状確認&作業を見ていきましょう。

↓は現状です。

既に撥水ワイパーに交換されたのでしょうか??

または撥水シャンプーか何かしらの撥水剤が掛かっていたようで撥水しておりました。

油膜による撥水ではない様です。

何による水弾きかはわかりませんが(^^;一度綺麗にガラス表面をリセット致します。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしましたら・・・

コロコロの水弾きの完成です(^_^)/

ウインドウコーティングの耐久性はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって

大きく変わってきます。目安は半年~1年位ですがワイパーのゴムを撥水ワイパーに

交換して頂くとコーティングの寿命が延びますのでウインドウコーティングを施工しました

お車には撥水ワイパーの交換をお薦めいたします!

既に交換済みだったかも知れませんけど(笑)

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

おぉ~!少ない!! 少ないぞぉ~(*”▽”)

リアも・・・

とっても少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々反応が少ないので前も後ろも違いがわかりませんが・・・

鉄粉を含めた異物除去が済んでおります。

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です。

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗です。

ボディサイドも・・・

施工前も十分にクリヤーでしたが磨くと更にスッキリとクリヤーなります。

いゃ、なりました(^.^)

それとリアも・・・

施工前と比べると更にクリヤーになっております。

ホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティングです。

元々光沢感の高いホイールですので写真で見るとあまり違いがないかも知れません(^▽^;)

見た目あまり変化ないのですがお手入れは楽になります(笑)

 

そしてロジウムホワイトプレミアムメタリックのマツダCX-8新車コーティングが完成いたしました。

綺麗なロジウムホワイトプレミアムメタリックが更に透明感が増して、

艶々の新車ボディに仕上がりました(^_^)/

正直、元々が綺麗なホワイトの新車ですので写真で見ると違い感ないかと思いますけど(汗)

各部の仕上がり写真で見て頂きましたように塗装の曇りを除去した事で

透明感がより一層向上しております!

以前のマツダ車は曇りが酷い個体が多かった印象なのですが今回のCX-8は塗装の曇りも僅かで

比較的クリヤーで綺麗な塗装でした。

塗装の曇りの影響は意外と大きくて、酷ければ酷いほど艶や光沢感が失われます。

そこを修正してからコーティングを掛けますと新車以上のコンディションに

仕上がります!

車は納車直後の新車が一番綺麗だと思われている方が多いのですが、

実は残念ながらそうでもないんです(^^;

新車でも塗装面が曇っている車は非常に多いんです。

また曇っているだけではなくシミやスクラッチも付いているものなんです。

という事は磨かないでコーティング剤を塗るだけですと、もちろん曇ったままですので

コーティング後も曇ったままのスッキリしない仕上がりです(;´∀`)

もちろん曇りだけではなくシミやスクラッチも残ったままです。

当店は新車でも磨きなどで不具合箇所を修正し、下地を整えてからコーティングをしています。

ですので経年車はもちろん、新車や新古車等のコーティングもカーコーティング専門店の

カービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダ ロードスターRFのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ ロードスターRFのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのマシーングレー プレミアムメタリックのマツダ ロードスターRFは

2022年の11月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年が経過し今回はメンテナンスのご依頼を頂きました。

では早速ですがコーティング施工から1年を経過しましたマツダ ロードスターRFの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

少し痛みが進んでいるようでシミとクスミが確認できます。

アフターです。

今回はスタンダードメンテナンスですので塗装を侵食しているような深いシミやスクラッチは

落ちませんでしたが塗装表面(コーティング被膜)のクスミも落ちてスッキリとしました。

光沢感も向上しております。

ルーフは・・・

ボンネッと同じようでシミとクスミが進んでいました。

アフターです。

クスミが取れた分、シミがわかりやすくなったのですが(^^;屋外で普段見る分には

↑の写真程は目立ちません。

トランクも・・・

水平面は同じような痛み具合です。

アフターです。

こちらもだいぶスッキリとクリヤーになりました。

ボディサイドは・・・

少しわかりにくいのですがシミやクスミは少なく通常の汚れ程度でした。

アフターです。

全体的に垂直面は痛みが少なく経過は良好です!

 

それと鉄粉の付着状況のご報告です。

よ~~く見ると見えてきますが(笑)黒っぽく点々と見えるのが

専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

1年経過と考えますと鉄粉が少ないです!

リアも・・・

少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

更にスッキリと綺麗になっております。

最後にタイヤとホイールです。

若干汚れているようですが色的に目立ちません(笑)

アフターです。

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

 

そしてマシーングレー プレミアムメタリックのマツダ ロードスターRF、

ボディコーティングメンテナンスが完成しました。

艶々に仕上がりました!

施工前の写真と色合い違っていますので単純に施工前後の比較が出来ませんが(汗)

艶感も向上して綺麗に仕上がりました。

コーテイング施工から1年経過と考えますと水平面の痛みの進行が少し早い感じでした。

今回のメンテナンスではシミは残ってしまいましたが艶も光沢も向上し、

それに伴ってお車全体の質感が向上したと思います!

お引き取りに来られましたオーナー様にもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました(^.^)

 

車の使われ方や保管状況、お手入れ状況は様々です。

ですので痛みの進行もバラバラです(^^;

メンテナンスにお越しくださるお車を見ていると屋外屋根なし駐車ですと半年~1年位で

痛みが進んで水弾きも落ちてしまうお車も多いです。逆に2~3年経ってもシミやクスミも少なく

綺麗に水を弾いているお車もございます。

痛み具合によってメンテナンスのタイミングや頻度が変わってきますが、

おすすめは車の汚れ(痛みが)進む前に早め早めに行うのが理想だと思います!

シミや汚れを放置してしまうと更に痛みが進行していきますし、落ちる汚れも落ちなくなってきます(汗)

落ちる内に落としていけば、綺麗な状態が長く続きます!

ですので綺麗と水弾きを長持ちさせる為にも、お車が綺麗なうちにメンテナンスをするのが

おすすめです(^_^)

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

マシーングレープレミアムメタリックCX-8です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダCX-8のボディコーティングです。

こちらのマシーングレープレミアムメタリックのマツダCX-8は納車間もない新車でございます。

2017年に発売されましたマツダの3列シートのクロスオーバーSUVのCX-8ですが

残念な事に昨年の12月で生産終了のアナウンスがございました(涙)

発売から約6年ですが国内では珍しい3列シートクロスオーバーSUVという事もあって

コンスタントに売れていただけに残念です。

とは言えそれ程遠くない時期に後継車の登場の噂もあるようですので、

それはそれで楽しみでもあります(笑)

話がそれましたが新車CX-8の現状を確認して参りましょう!

まずはボンネットです。

少し汚れ気味なのもありますが塗装面が少し曇っているようです。

それと写真ではわからないのですがボンネット一部に拭きキズが多めに入っていました。

ルーフも・・・

汚れは別として若干塗装の曇りがあるようです。

ボディサイドも・・・

塗装の曇りの影響でライトの映り込みがモヤけております。

リアも・・・

モヤッとしております(^^;

ホイールは・・・

若干汚れていました。

 

ご覧頂きましたように全体的に塗装が少しばかり曇っていました。

それと写真ではわからないのですが実はスクラッチが多かったんです。

特にボディのサイド面に多く付いておりました。

オーナー様に伺った所、車が汚れていたのでクロスで拭いたそうです。

その時の拭きキズだと思います。

その辺りを磨いてスッキリと処理してからコーティングを掛けていきたいと思います!

では作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

色的に少しわかりにくいのですが鉄粉は少なめでした。

リアも・・・

少ないです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

前も後ろも写真ですとビフォー&アフター感ありませんけど(汗)・・・

鉄粉処理が済んでおります。

 

鉄粉処理が済みましたら次にボディにマスキングをしていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は曇りと洗車キズが気になりますので新車にしては少し強めの磨きをしました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

PCX-S9です。

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗になりました。

ルーフも・・・

サッパリとしました。

ボディサイドも・・・

曇りが無くなりライトの映り込みが綺麗になっております(^_^)/

それとこれまた写真だと見えませんが洗車キズも深いキズは完全には消えませんでしたが

普段は見えない程度まで綺麗になっております。

リアも・・・

クリヤーになっております。

それとホイールは・・・

コーティングのご依頼を頂きましたのでホイール専用コーティング剤PCW-880で

コーティングです!

ホイールコーティングは光沢感の向上だけではなくブレーキダストのこびり付きが

低減しますのでホイール洗浄が楽になります。

 

そしてマシーングレープレミアムメタリックのマツダCX-8、新車コーティングが完成いたしました。

クリヤー感が向上して艶々に仕上がりました!

僅かな曇りが無くなった事で、透明感を感じて頂ける仕上がりになっております。

元々新車ですのでお綺麗ではあるんですけど更にそこに、ひと手間ふた手間かけてから

コーティングをしますと新車以上の艶感そしてクリヤー感ある新車に仕上がります!

今回は新車でしたが洗車キズ(拭きキズ)が気になりました(^^;

洗車キズやシミが多くなっていきますと、その影響で艶が引け色の奥行きが無くなります。

私がブログでよく洗車キズと言っておりますが洗車キズとは洗車時に付いてしまう細かな線キズの事を言います。

よく間違われるのがガソリンスタンド等の洗車機で洗って付くのが洗車キズと思われる方も多いのですが

洗車キズは手洗い洗車でも付きます。

スポンジで洗ったりクロスで拭き上げた時にどうしても付いてしまいます。

どんなに気をつけて手洗い洗車をしていても残念ながら多かれ少なかれ付いてしまいます。

という事は基本的に洗車回数が多ければ多いほど洗車キズは多くなります。

でも洗車回数が多いほどシミなどは少ない傾向になります。 逆に洗車回数が少ないと洗車キズは

少ない傾向ですがシミが多くなります。  なかなかバランスが難しいところですね(^▽^;)

もちろん洗車の仕方によっても違いが出ますし、車の塗装の“質”によってもキズの付きやすさが違います。

そして塗装に厳しい洗車方法は・・・濡れたタオルや乾いたタオルで拭くだけのいわゆる“拭き上げ洗車”です。

拭き上げ洗車は基本的に、もの凄くキズが入ります。それも深くダメージが及びます。

お出掛け前に汚れが気になって、つい拭いてしまいたくなるのですが危険です。

磨きではリカバリーできない程キズが深く入る恐れがありますので、くれぐれもお気を付けください!!

洗車キズ低減の為にも洗車はカーシャンプーを使って水洗いするのがおすすめです(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

スクラムバンのコーティングメンテナンスです。

 

新年明けましておめでとうございます。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

ご挨拶が少し遅くなりましたが、今年もカービューティープロ カラーズを宜しくお願い致します。

では2024年カラーズブログを始めていきましょう!

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ スクラムバンのボディコーティングです。

こちらのスクラムバンは2022年の11月にボディコーティングを施工いたしましたお車です。

コーティング施工から1年のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

では、早速ではございますがコーティング施工から1年経過しましたマツダ スクラムバンの

メンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

まずはボンネットからです。

クリヤー塗装無しのソリッドホワイトという事もありクスミの進行が早いです(^^;

アフターです。

クリヤー塗装無しなので使用できるケミカル剤も限られてしまいます。

メンテナンス前よりもスッキリと綺麗にはなったのですがクスミを取るには

磨き直しが必要となります。

ルーフは・・・

ボンネット程はクスんでいない様です。

アフターです。

艶感が向上しました。

リアは・・・

テールライト周辺に汚れが蓄積しています(^^;

塗装面が綺麗でも隙間に汚れがあるだけで“ヤレ感”“清潔感”が損なわれてしまいます(>_<)

アフターです。

隙間を綺麗にするだけでもお車の印象は全然違ってきます!

ボディサイドは・・・

痛みも少なくクスミもあまり無いようでした。

アフターです。

艶感も良く、まだまだ痛みが少ないです!

ただ撥水力は落ちておりました(^^;

 

それと鉄粉の付着状況です。

黒っぽく点々と見えていますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

コーティング施工から1年経過ですので相応の鉄粉量かと思います。

リアは・・・

反応が流れてしまっておりますが(^^;リアは少なめでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

前も後ろも・・・

綺麗になっております。

ホイールは・・・

こちらは少々汚れ気味でした。

アフターです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げております。

そしてソリッドホワイトのマツダ スクラムバン、ボディコーティングメンテナンスが完成しました。

お車がスッキリと気持ち良くなりました(^_^)/

メンテナンスでは鉄粉処理以外にも細部の洗浄や通常のシャンプーでは落ちない汚れなども

落としますので撥水力の回復とクリヤー感と艶が向上して、お車がパッと明るく綺麗なります!

その仕上がり感は写真よりも実車で見て頂いた方がしっかりと違いを感じて頂けます(^_-)-☆

お引き取りに来られましたオーナー様もお喜び頂いたご様子でございました!

ありがとうございました。

 

度々お話をしておりますが車の傷みの進行具合は皆同じではなくバラバラです。

先ほどもお話いたしましたようにクリヤー塗装無しのソリッド塗装はクスミや痛みの進行が早いです。

また使用できるケミカル剤も限られますので本格的にクスミを完全に除去するには

磨きが必要になってきます。

もちろんお手入れ方法や頻度によっても痛みの進行は変わってきます。

また車を止めている場所(駐車場)の周りの環境も大きく関係します。

ボディコーティングは「塗装面を汚染物質から守り、光沢を長期間維持させる」ものではございますが

けっして万能ではございません。 外的な要因や劣化等によりコーティング被膜も傷んできますので

痛みの進行を見ながら定期的なメンテナンスやコーティング再施工が必要になってきます。

最近愛車に輝きが無い・洗車しても汚れが落ちない、と感じましたらリフレッシュの時期かも知れません。

そんな時は当店に一度ご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

 

マツダ2 SPORTのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ MAZDA2のボディコーティングです。

こちらのポリメタルグレーメタリックのMAZDA2は納車から間もない新車のお車になります。

今年の1月にビックマイナーチェンジを果たしフロントフェイスが一新されました!

それに伴いグレードも一新されたそうです。

こちらのグレードはSPORTになります。

SPORTはメッシュグリルでスポーティなイメージで従来の面影が少し残っておりますが、

その他のグレードはグリルレスのデザインになりイメージが一気に変わりました(*’▽’)

新鮮でいいですね!

そんなビックマイナーチェンジを果たしました新車MAZDA2の現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットですが・・・

ご入庫時は汚れ気味でした(^^;

それでも塗装面の曇りが確認できます。

映り込んでいるライトがスッキリしないでモヤっと見えると思います。

これは汚れではなくて曇りなんです。

洗車後に撮影すると・・・

ね!曇っているでしょ(笑)

ルーフも洗車後です。

スッキリとしていません。

ちなみにですが今回のSPORTはルーフが標準でカーボン柄のフィルム(ラッピング)が施されているので

↑の写真はリアスポイラー部になります。

ボディサイドは・・・

洗車前になります。

こちらもボヤッとしていて透明感が少し損なわれているようです。

リアも・・・

少し曇り気味でした。

ホイールは・・・

少し汚れているようです。

 

全体的に少しばかり曇り気味(白ボケ)の塗装肌でございました(^^;

新車の肌はクリヤーで綺麗。とは限りません。寧ろ曇りのない塗装の方が珍しいです。

この新車時の白ボケが本来の色艶を妨げているんです。

ですので新車でもコーティング前にはしっかりとした下地処理(磨き)が必要なんです。

では曇りをスッキリと除去してコーティングしていきましょう!!

作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介していきます。

↓は現状です。

 

アレッ??

 

フロントウインドウを取り忘れたようです(汗)

すみませんm(__)m

作業途中で気が付いて慌てて撮ったのが・・・

リアガラスです(^▽^;)

油膜が付いているようで水をダラっと弾いていました。

フロントウインドウも同じような状態でした。

ガラス表面に付いている油膜等を落としてからウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングの完成です。

アフターの写真は撮り忘れていません(笑)

リアも・・・

綺麗に水を弾いています!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ポツポツと反応が確認できますが少ないです。

新車でも、これ位は付いているものです。

リアも・・・

少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

スッキリとしました。

リアは・・・

元々少ないのでアレですが(汗)鉄粉処理が済んでおります。

 

その後にボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りが無くなってスッキリとしました(^_^)/

ルーフも・・・

サッパリとました!

ルーフ全体は・・・

こんな感じです。

ちなみにツートンルーフが塗装ではなくてフィルムなのは二酸化炭素の排出量等の

環境負荷の低減の為でもあるそうです。

時代ですね!

 

ボディサイドは・・・

モヤっとした曇りが取れて映り込みがスッキリとしました。

リアも・・・

映り込みが綺麗になっております。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げています。

 

そしてポリメタルグレーメタリックのMAZDA2 SPORTの新車コーティングが完成いたしました。

綺麗に仕上がりました!

でも最初の写真と全然写真の色味が違ってしまって、すみませんm(__)m

写真の色味が全然違うので単純に比較はできませんけど各部の仕上がりの写真で見て頂いたように

モヤッとした曇りが無くなり、キリッとシャープに景色が映り込むクリヤーで

艶々ボディに仕上がっています!

この新車以上のクリヤー感や艶感向上には“磨き”が必要です。

先ほどもお話しましたが新車の塗装面は曇っている事がとても多いんです。

酷く曇っていると極端な話、本来の色とは違って見えてしまうんです。

ですのでボディカラーを開発した開発者の狙った本来の色味とは違う色味になってしまいます。

その本来の色味に戻す為にも新車でも磨きが必要な場合が多いんです。それ以外にも新車でも

シミやスクラッチまた保護シートの糊が残っていたり、意外と色々とあるのが新車なんです。

ですので新車のコーティングも下地を整える専門店がおススメです!

新車も経年車もカーコーティング専門店(←コレ大事です)の

『カービューティープロ カラーズ』でお待ちしております(^_^)/~

 

今年のブログはこれで以上となります。

今年も沢山のお客様にお越し頂きまして誠にありがとうございました。

また、いつもブログをご覧いただいております皆様も一年間お付き合い頂きまして

ありがとうございましたm(__)m

 

そして毎年恒例、ブログ遅延報告です!

では、発表です!

ドュルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルン ドュルン  ← (ドラムロール)

 

24日遅れ!!

 

いゃ~遅れてますね~(^▽^;)

年が明ければ1ヶ月遅れ確定です(汗)

自分のが紹介されないな??と思いのお客様。もう少しです。もう少しお待ちください。

ちなみに現在はボディコーティングとメンテナンスのみブログでご紹介させていただいております。

申し訳ございません。

来年はもう少しブログの遅れを取り戻したいと思いますので引き続きお付き合いいただければ幸いです。

年明けの営業は1月4日10時より通常営業となります。

今年も1年間本当にありがとうございました。

それでは皆様少しだけ早いですが、良いお年を!!

 

マツダ アテンザ セダンのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ アテンザのボディコーティングです。

R1年式スノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザ セダンです!

ご購入から4年が経過し、痛みが少し気になるようになってきたとの事で

当店にお越しくださいました。

パッと見た感じでは痛みも少なく艶感も感じられ日頃のお手入れの良さが伝わって参ります。

初期登録から4年経過には見えません。

では、ご購入から4年が経過しましたアテンザセダンの現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットです。

クスミも僅かでクリヤー感も悪くありません。

ただライトを当てて確認していきますとシミが見てきます。

ルーフも・・・

洗車キズ系のスクラッチは少ないです。

シミは確認できますが年式を考えますと少ないと思います。

トランクも・・・

シミが気になります。

ボディサイドは・・・

クスミと言うよりも新車時からある塗装の曇りかと思います。

少しライトの映り込みがボヤっとしています。

それとピラーは・・・

痛みが目立っていました。

ピアノブラック調は傷みやすく目立ちやすいです(^^;

ホイールは・・・

ピカピカです(笑)

 

ご覧頂きましたように全体的に痛みは少なくお手入れ状況の良さが伺い知れます。

ただそれでも4年も時間が経過すれば痛みも少なからず進んでしまうものです(^^;

その付いてしまった痛みを処理して塗装面をリセットしていきたいと思います!

では作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

反応が確認できますが4年経過で↑くらいの量ですのでとっても少ないと思います。

リアも・・・

ポツポツと確認できますが少ないですね(*’▽’)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

スッキリと除去出来ました。

リアも・・・

綺麗になりました。

ちなみにですが毎回鉄粉の処理と言っていますけどクリーナに反応しているのは

鉄粉のみで実際には鉄粉以外にも虫やピッチタール、樹液や塗装のミストなど

様々な異物がボディには付着します。

それらの異物も処理しています。

 

その後にボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

水玉撥水が気持ちイイ・・・

PCX-S8です。

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもサッパリとして透明感と艶感が向上いたしました!

ルーフのシミも・・・

綺麗に除去出来ました!

気持ちいいですね~(^_^)/

トランクも・・・

クリヤーになりました。

ボデイサイドの

曇りが取れてライトの映り込みが綺麗になっております。

痛みが目立っていたピラーも・・・

だいぶスッキリとしました!

最後にホイールです。

あいかわらずピカピカです(笑)

 

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザ セダン、

ボディコーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりましたヽ(^o^)丿

元々お綺麗に乗られておりましたが経年による塗装の痛みもあり、それによってボディから

艶と透明感が少し失われておりました。 その痛みをポリッシングで除去して塗装表面を

整えますと新車にも負けない艶と透明感に仕上がります。

お引き取りに来られましたオーナー様にも、お喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に各車バラバラなんですが

黒い車で2~3年、白い車で3~5年くらいが一つの目安でしょうか。

とは言えあくまでも目安です(^^;

お車の痛みの進行は駐車場の環境やお手入れ具合等で本当に各車バラバラです。

一つ言えるのは痛みが酷くなる前、比較的綺麗なうちに再施工するのがおすすめです。

あまりに酷くなると磨いても除去出来ないシミやキズが多くなってしまいますので、

早めがおすすめです。

シミやキズが気になりましたらカーコーティング専門店の『カービューティープロ カラーズ』に

お気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダ プレマシーの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ プレマシーのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ プレマシーは

2021年の9月にボディコーティングを再施工させていただきましたお車でございます。

コーティング施工から2年が経過し今回はメンテナンスにお越しくださいました。

1年前にもメンテナンスにお越しくださっておりますので今回は1年ぶり通算2回目の

メンテナンスです。

では早速ですがコーティング施工から約2年が経過しましたマツダ プレマシーの

メンテナンスの様子をビフォー&アフターで見ていきましょう!

まずはボンネットからです↓

とってもお綺麗です(^_^)/

アフターです。

メンテナンス前の状態でも十分にお綺麗でしたので写真で見るとアフター感が

あまりないのが残念です(^▽^;)

でももちろん更に綺麗になっております!

ルーフはビフォー&アフター感が伝わると思います。

だって・・・

まだ濡れているんだもん(笑)

アフターです。

乾きました!

ではなく、メンテナンス後になります。 ボンネットよりも多少シミが多く付いているようですけど

コーティング施工から2年とは思えない程、シミもスクラッチも少なくクリヤーでございます。

リアも・・・

こちらも若干の汚れは確認できますが、それ以外は何も問題なさそうです。

アフターです。

こちらもまだまだピカピカです。

ボディサイドも・・・

よくお手入れされていますので、お綺麗です。

アフターです。

それでもメンテナンス後は艶感が向上いたします。

 

それといつものように鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

反応が流れ気味なのですが、その数はとっても少ないです!

リアは・・・

ボンネットに比べれば多いのですが前回のメンテナンスから1年で、↑の量ですので

少ないです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々が少ないのでアレですが(^^;更にスッキリと綺麗になっております。

リアも・・・

サッパリと処理出来ております。

 

ホイールも・・・

ピカピカでした(*’▽’)

アフターです。

元がピカピカなので違いがわかりませんけど(汗)タイヤもホイールも艶出しをしていますので

艶感が向上しています!

 

それと今回はウインドウコーティングの再施工も行っております。

確認していきますと・・・

運転席側は撥水ワイパーの効果もありワイパーの払拭範囲内は水を弾いていましたが、

助手席側は何故か・・・

ワイパーの払拭範囲に関わらず水を弾いていませんでした。

前から見ると・・・

こんな感じです(^^;

少し珍しいです(笑)

コーティングの前にガラス面を綺麗にリセットをして脱脂→乾燥→コーティングです。

コーティング剤はウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

最後に撥水チェックをしましたら完成です。

助手席側が綺麗に弾いています!

 

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ プレマシーの

ボディコーティングメンテナンスが完成しました。

ご入庫時でも申し分ないほどお綺麗でございましたがメンテナンス後は更にお車がスッキリと

気持ち良くなりました(^_^)/

メンテナンスでは鉄粉処理以外にも細部の洗浄など行います。

色々なケミカルを数種類使い、通常のシャンプーでは落ちない汚れなども落としますので、

撥水力の回復とクリヤー感と艶が向上し、お車がパッと明るく、そしてスッキリとします!

その仕上がり感は写真よりも実車で見て頂いた方がしっかりと違いを感じて頂けます(^_-)-☆

お引き取りに来られましたオーナー様もお喜び頂いたご様子でございました!

ありがとうございました。

 

ウインドウコーティングの耐久性はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって

大きく変わってきます。目安は半年~1年位ですがワイパーのゴムを撥水ワイパーに

交換して頂くとコーティングの寿命が延びますのでウインドウコーティングを施工しました

お車には撥水ワイパーの交換をお薦めいたします!

またウインドウコーティングはこれからの寒い時期にも実は大変有効なアイテムなんです。

霜や雪・氷が付きにくく、また付いても取り易くなりますので冬にもウインドウコーティングは

おすすめです。是非お試し下さい(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。