マツダ プレマシーのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダプレマシーのボディコーティングです。

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ プレマシーは

2017年の7月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

それから早4年が経過し痛みも気になってきたそうでコーティング再施工のご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

施工から4年経ったと聞いてビックリです(笑) 1年毎にメンテナンスにお越しくださっている事もあり、

全然お久しぶり感も無いのですが、まさかコーティング施工から4年も経っているとは・・・(^▽^;)

いゃ~時間が経るのは早いものです。 4年前と言えば私の体も今よりも○かったんだろうなぁ~。

ちなみに〇の中には “細” または “太” のどちらかの漢字が入るとか、入らないとか(笑)

話がそれましたがコーティング施工から4年経ちましたマツダ プレマシーの現状確認より

始めて参りましょう!

まずはボンネットからです。

シミが多めです。 ただスクラッチは少ないんです!

ルーフも・・・

4年が経ち、さすがにシミも増えて参りました(^^;

ボディサイドは・・・

シミは少ないのですが少しクスミが進行しているようでライトの

映り込みがボヤけていました。

リアは・・・

こちらも軽めのクスミ具合でした。

ホイールは・・・

汚れも少なくお綺麗ですね!

 

1年毎にメンテナンスにお越しくださっていましたので水アカ汚れの固着も無く

艶も感じられてコーティング施工から4年と考えますと全体的にお綺麗だと思います!

ただ基本的に屋外の屋根なし駐車ですのでシミが多く付いておりました(^^;

しかしシミは比較的、軽めのシミが多いようで塗装面を侵食してしまっているような

深いシミは少なめのような感じです。 シミが浅いという事は磨きの度合いも少なく済みます。

という事は塗装の研磨量も少なくて済むと言う事でもあるんです!

塗膜(塗装)は薄いものですので研磨量は少ないに越したことはございません!!

いゃ、少ない方が良いんです(^_^)/

オーナー様もその辺りはよくご存じで、今回は軽めの磨きをご希望でございました。

もうオーナー様も段々とマニアの領域に片足突っ込んでいるような気も致しますが(笑)早速作業に取り掛かって

参りましょう。 作業開始!!

 

今回もウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

4年前にウインドウコーティングも施工したのですが、さすがに4年の月日の流れには

打ち勝つことは出来なかったようです。全く撥水がしておりませんでした(;´∀`)

サイドウインドウも・・・

なかなかのウロコ模様でした(笑)

当店のウインドウコーティングの料金には基本的な下地処理代も含まれておりますが

ウロコの程度によって別途ウロコ除去の追加料金がかかる場合がございます。

詳しくはお問い合わせください。

ウインドウの下地が整いましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

気持ちいいコロコロの水玉撥水の完成です!

サイドウインドウのウロコも・・・

だいぶ綺麗になりました!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

点々と反応は見えますが特に多いという感じではないですね(^.^)

リアは・・・

こちらは少し多めでした。

1年毎にメンテナンスにお越しくださっておりますので鉄粉も1年毎に処理しているのですが

1年で↑位付くという事は、もし4年間やっていなかったら大変な事になっていたのかも知れません(^^;

鉄粉も定期的に処理して正解です!!

鉄粉処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

鉄粉もスッキリと綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました。

 

その後の作業はマスキングへと進み・・・

磨きの準備が整いました。

今回は塗装の研磨量の少ない軽い磨きのベーシックプランでのご依頼になります。

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”や

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また”塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

前回のコーティング時は水玉撥水のPCX-S8を使用いたしましたが今回は

低撥水タイプのV110をチョイスいたしました。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた

滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとしました(^_^)/

深いシミやスクラッチは残っておりますが軽めのシミが無くなって綺麗になりました。

ルーフも・・・

サッパリとしました!

ボディサイドも・・・

クスミ無くなりライトの輪郭もクッキリとしましたね!

リアも・・・

クリヤーで艶々です(*^_^*)

ホイールは・・・

元々お綺麗でしたので、あまり違い感が無いですね(^▽^;)

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ プレマシー、ボディコーティングが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました~(^_-)-☆

定期的にメンテナンスにお越しくださっていましたので4年経過と考えますと、

状態も特別に痛みが酷かったではありませんでしたが、それでもどうしても月日の流れと共に

塗装面の痛みが進んできてしまいます。   そして私の体重も○くなります(汗)

その傷んだ塗装面を磨いて整えますとスッキリとクリヤーでそしてキリッと引き締まった

ボディに蘇ります!

ついでに私のボディもキリッと引き締まりま~~~~~    す!  “す” かよ~~(;”∀”)

先ほどもお話いたしましたが今回は比較的軽めの磨きですので近くで見ればシミやスクラッチも

残ってはおりますがパールホワイトという事もあって、普段は気にならないかと思います。

オーナー様も『おぉ! ピカピカだぁ』と、とてもお喜び頂けたご様子でした!

ありがとうございました。

 

再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に各車バラバラなんですが

一つの目安は3年でしょうか。 黒いお車でしたらもう少し早めかと思います。

とは言えあくまでも目安です(^^; 駐車場の環境やお手入れ具合等で本当に各車バラバラです。

再施工の時期の判断でお悩みでしたら当店にお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スノーフレイクホワイトのマツダCX-30です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダCX-30のボディコーティングです。

スノーフレイクホワイトパールマイカのマツダCX-30です!

こちらのCX-30は納車から間もない新車のお車になります。

2019年10月に日本でも販売が開始されましたCX-30ですが発売と共に人気物になり、

その人気ぶりはCX-30より先に発売された兄貴分のMazda3よりも売れている様で

現在ではMazda2とCX-30がマツダの販売ツートップなのだそうです!

現在のSUV人気と考えますと納得と言えば納得です(笑)

ではそんな人気者の新車CX-30の現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです。

少し曇りも感じます。

ボディが少し汚れているので汚れで曇っているように見えるのでは??と思うかもしれませんので

洗車後に見てみると・・・

やっぱり少し曇っているんです(^^;

ルーフも・・・

汚れていますけど、それを差し引いても若干曇り気味でした。

ボディサイドは・・・

ボンネットとルーフに比べると明らかに曇っております(^▽^;)

ボディに映り込んでいるライトがボヤッっとしています。

リアも・・・

やや曇り気味でした。

ホイールは・・・

色的な事もあって軽い汚れも気になりません(笑)

 

ボンネットとルーフは比較的曇りの度合いも軽めでしたがボディサイドはやや“濃い目”でした(^^;

ただ正直、言われなければ普段は気が付かないと思いますが、この白ボケが本来の色艶を

妨げているんです。 この曇り(白ボケ)を磨いて取り除くと本来の色艶になります。

同じカラーの車でも白ボケの無い車と白ボケの酷い車を見比べてみると色の深みだったり

発色の違いなどで結構印象が違ってきます。 今回はそこまでは酷くありませんでしたが、

もう少しスッキリとしたい、と言うか磨けばもっとスッキリしますので

スッキリさせていきたいと思います(笑)  では作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいりましょう!

↓は現状です。

油分の付着も少ないようです。 少ないだけで付いてはおります(^▽^;)

その油分の付いているウインドウを・・・

綺麗にリセットします。 例え納車直後の新車でもガラス表面に油分等が付いている事が

ほとんどですので新車でも下地処理が必須です。

ガラス表面が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをします。

その後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

 

続いてはボディです。

まずは洗車をします。その後にボディに付いている鉄粉等の付着物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ポツポツと確認できます。ウインドウ同様納車直後の新車でも鉄粉等の異物は

残念ながら付いているのが実情です(^^;

今回のお車は納車から少し経過していますので、ちょこっとだけ多めですね。

リアも・・・

リアもちょこっと多めでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリと綺麗になっております(^_^)/

それが終わりましたら今度はボディにマスキングをしていきます。

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によって、その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

当店は綺麗な新車でもここまでがコーティングを塗る為の下地作りになります!!

そして今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

当店初登場ですヽ(^o^)丿 ヤッホ~~!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の発売に伴い長年に渡り低撥水タイプのスタンダードコーティング剤として

ご愛顧いただいておりましたPCX-S7は廃番となります。

今後は低撥水タイプのスタンダードコーティング剤はPCX-S9とPCX-V110の2種類になります。

現在私の車でもPCX-S9を使って経過観察を行っておりますので経過報告なども行っていきたいと

思っております!

 

それと今回は樹脂コーティングのご依頼も頂いております。

↑はコーティング直後で少し濡れている状態です。乾燥するともう少し黒が落ち着きます。

CX-30に限らずですが最近の車は樹脂製のフェンダーアーチやクラッディングパネルが多いので

黒樹脂保護の為にもおすすめです!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

若干の曇りも磨いて除去すればやっぱり違います! よりスッキリとクリヤーになっております!!

ルーフも・・・

サッパリとしました。

それと今回一番曇りが気になったボディサイドも・・・

スッキリとしました。ライトの映り込みも綺麗になっております(^_^)/

そしてリアも・・・

綺麗になりました。

そして最後にホイールです。

今回はホイールコーティングも施工いたしております。

ホイールコーティングをしますと艶も向上し汚れの固着も低減しホイールを

洗うのも楽になります。新車時またホイール新品時がおすすめです。是非お試しください。

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダCX-30、新車コーティングが完成いたしました!

いかがでございましょうか。 艶々に仕上がりました!  と言いましても施工前と写真の色合いが

違ってしまい単純に写真で比較できませんが(汗)  すみませんm(__)m

ただ各部の仕上がり写真で見て頂いたように曇りも取れてスッキリとクリヤーな塗装肌に

仕上がっております! それとまた今回も樹脂コーティングがいい仕事をしています(笑)

より黒く、そして艶やかになった事で黒い部分と白い部分とのコントラストがはっきりとして

ボディをキリッと引き締めてくれております(^_^)/

オーナー様もお喜びになられているご様子でした。 ありがとうございました。

クリヤーで艶々に仕上がりましたマツダCX-30の新車コーティングのご紹介でした!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

マツダ デミオのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ デミオのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのH27年式スノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ デミオは昨年の8月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年経過でメンテナンスにお越しくださいました。

昨年のコーティングの後にお仕事の関係で今までとは違う環境でのご利用と

駐車場になってしまったそうです。 その為か所々に痛みが散見できます(^^;

ではメンテナンスの様子と合わせて各部の状態をビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

少し汚れていますけど塗装面自体の痛みは少ないようです(^_^)/

アフターです↓

寧ろコーティング施工から1年経過と考えますとシミもスクラッチ共に少なくて

良好です!

ただ撥水力は落ちておりました。

ルーフも・・・

少し汚れている程度で悪くなさそうです。

アフターです↓

やっぱり悪くなかったです(笑)

今までは屋根有りの駐車場だったのですが、この1年は屋外の屋根なし駐車になってしまった

そうですが、それでもシミも少なくとってもお綺麗です!

リアは・・・

やや汚れていました。

アフターです↓

こちらも大きな痛みや汚れは無く問題ございませんでした。

ボディサイドも・・・

珍しく汚れ気味でした(^▽^;)

こちらのデミオが汚れているのは大変珍しいんです(笑)

アフターです↓

しかし雨天時の汚れですので洗ってしまえば、まだまだお綺麗です。

ボディの垂直面は撥水もまだまだ効いておりました!

 

それと何時もの鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

ボンネットはとっても少なかったです。

しかしリアは・・・

ボンネットに比べると多かったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗です! 元々ですが(^▽^;)

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました。

ホイールは・・・

軽い汚れでした。

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しをしますので、よりツヤピカに仕上がります。

それと今回はウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

↓は現状です。

撥水ワイパーに交換されているのでワイパーの払拭範囲内は水を弾いていました。

ただ範囲外の撥水は落ちてしまったようです。

その落ちてしまった所もそうでない所も・・・

一度ガラス表面をリセットしてから再度ウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティング!

その後に撥水チェックをしましたら・・・

コロコロの撥水が出来上がりました(^_^)/

更にヘッドライトもクリーニングしてまいります。

現状です↓

一年前はまだ綺麗だった記憶なんですが、この一年で随分と痛みが進んでしまったようです。

アフターです↓

ただ痛みの程度としましてはそれ程酷くはないので軽めの研磨で綺麗になりました。

反対側も・・・

傷んでしまったようです。

アフターです↓

クリヤーで気持ち良いですね!

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ デミオ、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

ご入庫時は少し汚れている事もあってお車にメリハリが感じられず、

“ボヤけている”印象でしたがメンテナンス後はヘッドライトもクリヤーになり、

また樹脂部が黒さを取り戻したことで白と黒のメリハリが出てキリッとた

印象に仕上がったと思います(^_^)/~

オーナー様にもとてもお喜びになられておりました!

ありがとうございました。

 

車の傷みの進行具合は皆同じではなくバラバラです。同じ車の同じ色でも

車の保管場所や使用場所によって全く違ってきます。

もちろんお手入れ方法や頻度によっても痛みの進行は変わってきます。

また車を止めている場所(駐車場)の周りの環境も大きく関係します。

海に近ければ海特有の汚れ、山に近ければ山の汚れ、また工場地帯なら工場地帯特有の

汚れ等、地域性もあります。 ですのでメンテナンスのタイミングもバラバラなのですが

一つ言える事はメンテナンスは大事だという事です(^_^)/

皆様もメンテナンスは定期的にどうぞ~!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダ アテンザの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ アテンザのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザはコーティング施工から

2年半ほど経過いたしましたお車になります。

半年毎にメンテナンスにお越し頂いておりますので今回で通算5回目のメンテナンスの

ご依頼になります。 いつもありがとうございます(^.^)

最近は雨続きだったこともあって、あまり洗車されていないとの事でしたがはたして・・・

ではコーティング施工から2年半経過しましたマツダ アテンザのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

汚れやシミが付いておりますが、まだまだクスミも少ないですね。

アフターです↓

クレーター状の深いシミやスクラッチが少なく、屋外駐車でコーティングから2年半経っているとは

思えない程まだまだ良好な状態を維持されております!

ルーフも・・・

汚れていますけどスクラッチも少ないですね!

アフターです↓

いい感じです。

ただボンネットを含めてさすがに水平面の水弾きは無くなっておりました。

トランクも・・・

まだまだお綺麗です!

アフターです↓

ね!綺麗でしょう(^_^)/

ただここ最近洗車されていないとの事ですので・・・

汚れている所は汚れております(笑)

でもこの辺はただの汚れですので・・・

洗車をすれば綺麗になります!

今回はメンテナンスですので更に綺麗になっております(笑)

ボディサイドも・・・

それなりの汚れっぷりでございました(^▽^;)

毎回なんですけど、こちらのアテンザは謎の汚れが下回りに付くんです。

何の汚れか判断できないのですが毎回同じ汚れが付いてます。

オーナー様もその汚れが落ちなくてお困りなのですが・・・なかなか頑固な汚れです。

アフターです↓

私も毎回色々なケミカルを試して反応を見ているのですが、やっと効果的な除去方法に

出会えた気がいたします\(◎o◎)/!

 

それといつものように鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

いつもに比べますと少し多い気もします(^^;

トランクも・・・

いつもより少し多いかなぁ~?って感じでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

トランクも・・・

サッパリと綺麗になりました。

最後にホイールです。

少し汚れておりました。

アフターです↓

艶がでましたね(^_^)/

スノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザのボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

サッパリと綺麗に仕上がりました!

コーティング施工から2年半が経過したとは思えない程の良好なコンディションで

ございました。 毎回オーナー様にもご報告しているのですが本当に深いシミやスクラッチが

少なくてちょっと驚きなんです。

お車によっては次回あたりは(3年が)再施工のおすすめのタイミングなのですが、

この調子ですと再施工はまだまだ必要なさそうです!!

何時までも大切にお乗りください(^_^)/

 

今回のアテンザはコーティング施工から2年半ですがまだまだ艶もあってお綺麗でした。

ただ流石に水弾きは無くなっていました。水弾きは時経劣化などによってどうしても弱まってきます。

弱まるタイミングはお車の使用状況や保管状況そしてお手入れ状況などによって様々です。

2年経ってもピンピンに撥水しているお車もあれば半年程でだいぶ弱っているお車もございます。

撥水力を維持する為には定期的なメンテナンスか撥水剤の使用が必要になってきます。

お車の美観維持と撥水維持の為にも皆様もメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

Mazda6の定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ Mazda6のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのマシーングレープレミアムメタリックのMazda6は2019年の10月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

定期的にメンテナンスにお越しくださっており今回で3回目のメンテナンスの

ご依頼になります。

では早速ですがメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットのビフォーです↓

シミもスクラッチもとっても少なくてお綺麗ですね!

アフターです↓

アフターで見るとそのシミの少なさが伝わりやすいかもです。

もちろん全然シミが無いわけではないのですが、とっても少ないです(^_^)/

こちらのMazda6のメンテナンスの時にいつも書いているのですが(経過観察として)

こちらのお車はカービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″で

コーティングを施工しています。

施工から間もなく2年経つのですが“EXE evo1″は塗装を侵食しているような

クレーター状の深いシミが付きにくいようです。

その他の“EXE evo1″施工車も経過観察しておりますが全般的にシミが少ない傾向だと

感じています。

ルーフも・・・

汚れてはいますけど深いシミは少ないです。

アフターです↓

2年経過で↑ですから、とても優秀です(*^_^*)

リアは・・・

こちらも汚れは付いていますけど目立った痛みはございませんでした。

アフターです↓

艶々です!

ボディサイドも・・・

少し汚れてはいますけど艶もあって塗装面自体はお綺麗だと思います。

アフターです↓

もちろんメンテナンス後は更に艶々の状態になります(*^^*)

 

そしていつもの鉄粉の付着状況ですが専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応します・・・

写真だとわかりにくいんですど反応がとっても少ないんです(*’▽’)

お車の保管場所に鉄粉が多く舞っているとマメに洗車していても鉄粉が

多く付いてしまうのですが、頻繁に洗車をしていなくてもこの程度の

鉄粉量ですので鉄粉の少ない綺麗な場所なのでしょうね!

リアは・・・

よ~く見れば細かな反応も確認できますけど、多い!っていうレベルでは

ございませんでした(^_^)/

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

違いがわかりません(^▽^;)

リアは・・・

よ~く見れば違いがわかってもらえると思います。

よ~く、よ~く見比べてくださいね(笑) 違いますから!!

そして最後はホイールです。

ホイールも汚れが少ないです。

アフターです↓

こちらのホイールも新車時にコーティングをしております。

まだまだ効果が効いているようでダストのこびり付きも少なくお掃除も楽でした!

そしてマシーングレープレミアムメタリックのMazda6、通算3回目のメンテナンスが

完成いたしました!

綺麗に仕上がりました(^_^)/  艶々ですよ~!

メンテナンスでは落ちきれない細かなシミ等はございますが艶感も

向上して綺麗になりました。

コーティング施工から間もなく2年が経つとは思えない程ではないかと思います。

オーナー様はそれ程頻繁に洗車している訳ではないそうです。オーナー様曰く・・・

『あんまり汚れないし、汚れても洗車すると簡単に落ちて綺麗になるんだよね!』と

コーティングの効果をご実感されているご様子でした!

 

ひと昔前は “コーティングすればお手入れいらず!” “洗車しなくてOK!”  などと

誰が言ったのかわかりませんが間違えた情報を今でも観たり聴いたりする事も

多いです それは全然間違えた情報ですのでお気を付けてください。

コーティングは万能ではございません。コーティングも時間が経てば痛みも進みますし

汚れも落ちなくなってきます。 そのコーティング効果を維持する為にも定期的な

メンテナンスが必要になってきます。

綺麗を維持する為にも皆様もメンテナンスを是非どうぞ~(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダCX-30のメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダCX-30のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのソウルレッドクリスタルメタリックのマツダCX-30は1年程前のご購入時に

ディーラーさんにてボディコーティングを施工されたお車です。

その後当店に一度ウインドウコーティングの施工でお越しくださっているのですが

今回はウインドウコーティングの再施工のご依頼と同時にボディコーティングの方の

メンテナンスのご依頼もいただきました。

では早速ですがディーラーさんのボディコーティングから1年経過しましたCX-30の

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

ご入庫時は雨でしたので少し汚れております(^^;

アフターです↓

メンテナンスでは落ちないクレーター状の深いシミは確認できますけど

全体的に見れば痛みは少ない方ではないかと思います。

ただ撥水性は全く落ちておりました(^^;

特殊なケミカルで洗っても撥水力が全然戻らなかったのでコーティング被膜自体が

傷んでしまったと思われます。

ルーフも・・・

やや汚れ気味です。

アフターです↓

こちらもボンネット同様に深めのシミやスクラッチはございますが

コーティングから1年経過と考えますと悪くはないでしょうか。

リアは・・・

こちらも雨の影響で汚れてはいますけど・・・

塗装面の痛み自体は少なくピカピカになります(^_^)/

ボディサイドは・・・

汚れています(^^;

汚れはいいとして(笑)先ほどもお話しましたように撥水力が全然ありませんでした(^^;

ボンネットやルーフなどの水平面はボディサイドの垂直面に比べると撥水力が落ちるのが

早いのですが今回のCX-30はボディサイドの水平面の撥水力も落ちていました。

アフターです↓

塗装部位も樹脂部も艶々になりました(^_^)/

 

それと鉄粉の付着状況です。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

とっても少ないです! ちょっと色的にわかりにくいのもありますけど

1年経過ですのでとっても少ないと思います。

リアも・・・

少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

違いがわからないかも知れませんが(^^;綺麗になりました!

リアも・・・

よりサッパリしましたよ~!

ホイールは・・・

これまた汚れで艶を感じません。

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

それとウインドウコーティングの方もご紹介してまいりましょう!

↓は現状です。

ウインドウコーティングから1年経ちますので少し撥水力が落ちているようです。

リアは・・・

こちらの方が撥水力の低下が進んでいるようです。

その撥水力が低下しましたコーティングを・・・

落としてガラス表面をリセットします。その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングしていきます。

弱まったコーティングの上に上塗りだけすることはしません(^_^)/

ウインドウコーティングも下地が大切です。

コーティングが乾きましたら最後に撥水チェックします↓

こうして見比べるとやっぱり水玉の“丸”さが違いますね(^.^)

リアも・・・

コロコロの水弾きになりました!

そしてソウルレッドクリスタルメタリックのマツダCX-30、ボディコーティングメンテナンス&

ウインドウコーティングが完成いたしました!

ソウルレッドクリスタルメタリック本来の深い色味に仕上がりました!

いゃ~いつ見てもいい色ですね~(*´▽`*)

艶感も向上してオーナー様もお喜びになられておりました。

ありがとうございました!

 

今回のCX-30はコーティング施工から1年ですが撥水力の低下が少し気になりました。

水弾きが無くなる要因は幾つかあるのですが、逆に何もしなくても少しづつ劣化して

撥水力は落ちていくものなんです。 その水弾きの耐久性はお車の保管場所や

ご利用状況によってもバラバラで2年経ってもピンピンに撥水しているお車もあれば

半年程でだいぶ弱っているお車もございます。

 

しかし水弾きが無くなるとコーティング被膜も無くなった(コーティングが落ちた)と

思われる方が多いのですが実は違います。水弾きが無くなってもコーティング被膜自体は

残っています。

撥水力を維持する為には定期的なメンテナンスか撥水剤の利用が必要になってきます。

そこでお手軽に使えます撥水剤の宣伝ご紹介です。

こちらがお手軽に使える撥水剤の・・・

R-511 ウォーターアドヴァンスです!

R-511 ウォーターアドヴァンスは洗車後の濡れたままの状態でシュシュッとスプレーして塗り込むだけ!

それだけでスピーディーに撥水を復元します!!

コーティング被膜にストレスを与えることなく、水玉コロコロの撥水をよみがえらせます。

洗車後の濡れたままの状態で塗布シュシュッとスプレーをして拭き上げるだけでOKの簡単施工です。

R-511 ウォーターアドヴァンスはPCX-S8やEXE、EXE evo1など撥水タイプのコーティング施工車に

おススメです! こちらは¥1,980(税込)になります。

ちなみに低撥水タイプのR-611 ウォーターヴェールもございます(^_^)/

両方とも簡単便利で、いい艶も出ますので簡易的なメンテナンス剤としても

ご利用いただけますので是非お試しください!

以上宣伝でした!  ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

マツダCX-8のコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダCX-8のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダCX-8は2019年の1月に

ボディコーティング施工を施工いたしましたお車になります。

前回のメンテナンスから約1年半ぶり通算2度目のメンテナンスのご依頼になります!

コーティング施工から間もなく2年半近く経つのですが、まだまだ艶感も感じられて

お綺麗なんです(*”▽”)

ではコーティング施工から間もなく2年半経過しますマツダCX-8のメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターで見ていきましょう!

まずはボンネットからです↓

写真だとわかりにくいかも知れませんが水アカ汚れなどは付いていますけど

塗装面自体はスクラッチも少ないんです。

アフターです↓

スクラッチだけではなくクレーター状の深いシミも少なく、とてもコーティング施工から

2年半近く経っているとは思えません!  素晴らしい~(^_^)/

ルーフも汚れてはいますけど・・・

その汚れさえ落としてしまえば・・・

まだまだお綺麗でした。 確かにメンテナンスでは落ちなかったシミもありますけど

2年半でこれ位でしたら全然悪くはございません。

寧ろ良好な状態を維持されていると思います。

リアは・・・

よくある雨天走行時に付く汚れです(笑)

アフターです↓

何も問題ございませんでした(^.^)

ボディサイドは・・・

雨筋が沢山付いていました(^^;

しかし・・・

まだまだコーティングの効果も持続していますので水アカがこびり付く事もなく

軽い洗車でも落とせました。 もちろん今回はメンテナンスですので、あんな事やこんな事も

していますので軽い洗車以上に綺麗に仕上がっています(^_-)-☆

それと鉄粉の付着状況ですけど、前回の鉄粉処理(メンテナンス)から1年近く

経っている事もあってやや多めでした。

↓はボンネットです。

反応が少し“流れ”てしまっていますけど紫色に見えているのが専用のクリーナーに反応している

鉄粉です。 ちょこっと多めでした(^^;

リアも・・・

こんなもんと言われればこんなものですが、やや多めと言えばやや多めです(^▽^;)

でも、まぁ こんなものでしょう(笑)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリと綺麗になりました!

リアも・・・

サッパリしました。

鉄粉が多くなってきますと洗車時にスポンジやクロスが引っ掛かりスムーズに動かせません。

また特に白い車などは近くで見ると黒いポツポツが沢山付いていて美観の低下にもつながります。

美観の低下だけではなく撥水力(水はけ)の低下にも繋がるので鉄粉は定期的に処理いたしましょう!

 

話を戻しまして↓はホイールです。

ホイールの色的に意外と汚れがめだちません。特に写真で見ると汚れも目立たないのですが

アフターと見比べますと・・・

色艶が結構違います(*’▽’)

それと今回はウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

↓は現状です。

さすがに撥水も乱れております(^▽^;)

今回は全面再施工のご依頼ですので・・・

全面リセットします。 その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

水玉コロコロのウインドウコーティングが出来上がりました。

撥水が乱れてきますと逆に視界不良に繋がる事もございますのでウインドウコーティングは

定期的な再施工がおすすめです。

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダCX-8、通算2度目のメンテナンスが

完成いたしました!

メンテナンスで艶が復活いたしました! 白と黒のコントラストがはっきりとして

お車がシャキッとしたのですが・・・写真だとあまり違いが伝わりませんね(^▽^;)

各部のアップの写真で見ると細かなシミは付いていますけど艶や光沢感はとても2年半経つ

お車には見えませんよ~(^_^)/

これからも大切にお乗りください!!

 

コーティング施工から2年半経ちますので通常でしたら、もう少しでボディコーティングも

再施工をご検討していただく時期なのですが、ご覧頂きました様に塗装面も良好な状態を

維持されていますのでまだまだメンテナンスで行けちゃうと思います(^.^)

いゃ、いっちゃいましょう~。  もちろん再施工もウエルカムです(笑)

再施工のタイミングはお車の使用方法や保管状況そして、お手入れ状況等様々ですので

一概に何年とは言えませんがライトカラー系のお車は屋外屋根なしの駐車場の場合でしたら

コーティング施工から3年が一つの目安かなと私は思っています。

これが黒い車で屋外屋根なしの駐車場ですと2年でしょうか。

だた今回のお車の様に3年近く経ってもお綺麗なお車もございます。こればかりは本当に

各車バラバラです。 再施工時期の判断も難しいと思いますのでお悩みでしたら

お気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ソウルレッドクリスタルメタリックのCX-5です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ CX-5のボディコーティングです。

ソウルレッドクリスタルメタリックの新車CX-5です!

ソウルレッドクリスタルメタリックのCX-5は当店初入庫になります(^^)

以前のソウルレッドプレミアムメタリックより彩度を2割、深みを5割増しなんだそうです。

光の当たり方で明と暗のコントラストがはっきりと現れるカラーになっています。

光が当たるとキャンディーレッドの様な透き通ったような綺麗な赤に見え、光の当たらない面は

深~く暗い赤に見えるとても表情豊かな色になっています。

そんなソウルレッドクリスタルメタリックの新車CX-5の現状確認より

始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

軽~く曇っております。

ルーフも・・・

汚れもあるのですが、それとは別に軽~く曇り気味です。

ボディサイドは・・・

曇りも少なくクリヤーですね(^_^)/

リアも・・・

今回ここが一番曇っていました(^^;

ホイールは・・・

少し汚れ気味でした。

 

全体的に塗装面自体は曇りも少なくて悪くない状態でした。

毎回マツダの新車時に言っている気がいたしますが??私的に以前のマツダ車は塗装の曇りが

やや酷い傾向でした。しかし最近のマツダは品質が安定したのかわかりませんが以前ほど

曇りの酷い車両には遭遇しません(^^) 今回のCX-5も以前のマツダ車に比べれば

と~っても綺麗だと思います(笑)

でも少し曇っている事には違いありませんのでしっかりと磨いてからコーティングして

いきたいと思います(^_^)/

では作業を始めてまいりましょう!作業開始!!

 

今回ウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

油分の付着も少なくお綺麗ですね。

中には新車でも油膜の付着が酷いお車もあるんです(^^;

油分の付着が少なくても、しっかりとガラス表面を整えます。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です(^_^)/

ウインドウコーティングは雨天時の視界確保に有効なアイテムですので

まだ施工したことのない方は是非一度お試しください!

 

続きましてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

反応少ないです!

これまた以前のマツダの新車は鉄粉が多く付いている印象だったのですが、

その時よりも少なくなった印象です(^.^)

リアも・・・

リアも少なかったです。

ちなみにですが専用のクリーナーは鉄粉にだけ反応いたします。

その他の樹液やピッチ・タール、塗装のミスト等には反応いたしません。

ですの反応が無くてもボディを撫でるとザラザラとしている事もございます。

ボディに付着するのは鉄粉だけとは限りません(^^; 怖いですね~。

話がそれましたが鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

今回は鉄粉も少なかったので軽めの作業方法で行っております!

写真だとほぼ変化ないですね(^▽^;)

リアも・・・

変わりありませんね(汗)

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをいたします。

そして磨いていきます。

その磨きですが今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて

ポリッシングしています。

 

ポリッシングが終わりましたら今度はコーティングの出番です。

当店は新車でもここまでしてからコーティングをします!

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-V110です!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなりクリヤーになりました!

ルーフも・・・

スッキリと綺麗です。

ボディサイドは・・・

元々曇りも少なかったのですが磨くと更にスッキリとシャープにライトが

映り込むようになりました!  見比べてくださいね(^_^)/

リアは・・・

今回一番の曇りポイントでしたが、こちらも雲りが取れてクッキリと

ライトが映り込むようになりました!

最後にホイールも・・・

艶々です!

そしてソウルレッドクリスタルメタリックのCX-5、新車コーティングが完成いたしました!

いかがでしょうか。 艶々に仕上がりましたよ~(^_-)-☆

元々新車ですので艶もあったんですけど、それでも磨いてからコーティングをしますと

透明感がまして更に艶々になるんです!

オーナー様も『おぉ!すげ~綺麗。もう見た感じが違う!!』とその違いを

ご実感されているご様子でした。  違いがわかって頂けるとホッとします(笑)

基本的に新車はお綺麗なんで正直、施工前後の違いってわかりにくいんです。

特に新車のパールホワイトなんて違いがわかりにくいです(^▽^;)

それでも塗装面の曇りをしっかりと磨いて除去してからコーティングしますと

クリヤーで艶々に仕上がります。 その違いを感じて頂けるとホントに嬉しく思います(^.^)

そしてホッとします(笑)

これからも新車でも施工前後の違いをしっかりと感じて頂けるよう精進いたします!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

マツダ アテンザの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ アテンザのボディコーティングメンテナンスです。

こちらは定期的にメンテナンスにお越し頂いておりますスノーフレイクホワイトパールマイカの

マツダ アテンザです。 コーティング施工から2年経過いたしましたお車になります。

半年毎にメンテナンスにお越し頂いておりますので今回で通算4回目のメンテナンスの

ご依頼になります。

前回までのお車(塗装面)の状態はとても良好でしたが、それから半年が経過した現在の

状況や如何に!?

では早速ですがメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずボンネットからです↓

少し汚れていますけど、この状態でも悪くない感じがヒシヒシと伝わって参ります(笑)

アフターです↓

とってもお綺麗です! シミ・スクラッチ共にとても少なくコーティングから2年経っても

良好な状態を維持されておりました(^_^)/  素晴らしい~。

ルーフは・・・

こちらは前日の雨の影響で汚れが目立ちます。

しかしメンテナンス後に見ると・・・

ルーフもとてもお綺麗でした!

もちろん↑の写真はメンテナンス後なので通常のシャンプー洗車程度では落ちない汚れも

落ちています。 ですので綺麗になっていて当然なのですが(^^;逆に言いますとメンテナンスで

これだけ綺麗になるという事はメンテナンスでは落とせないようなクレーター状の深いシミや

スクラッチが少ないという事なんです。

深いシミやスクラッチが多いとここまで綺麗にはなりません。

トランクも・・・

少し汚れていますけど・・・

深いシミやスクラッチがとても少ないので驚きです(*’▽’)

屋外の屋根なし駐車と聞くと更に驚きも倍増です(笑)

塗装面自体はとてもお綺麗ですが汚れと言うものはどうしても付いてしまう物ですので・・・

ボディサイドなどはそれなりに汚れてはいます。

ただ汚れが付いているだけですので汚れさえ落としてしまえば・・・

こっちのものです(笑)

塗装面自体はまだまだ良好です!

 

そして何時もの鉄粉のご報告です。

↓の黒っぽくポツポツと見えますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

半年毎に処理していますので多くないですね。

リアも・・・

こちらの方がやや多い気がしなくはないですけど半年でこれ位の付着量でした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリとしました。

最後にホイールとタイヤです。

ちょこっと汚れていました。

アフターです↓

綺麗になりましたね!

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザ、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました。

ご入庫時は若干汚れ気味の状態でしたがメンテナンスすれば白さも戻りまだまだ艶々です!

艶々どころではなく塗装面(コーティング被膜)の状態もコーティングから2年経過とは

全然思えない程良好な状態を維持されておりました(*^^*)  本当に驚きです。

オーナー様はコーティング施工から2年経ったので痛みも進んでいると心配されていたようで

“そろそろ再施工ですかね??”と聞かれていましたが、まだまだお綺麗ですので再施工の

必要性はございません。

もちろん酷くなる前の方がいいですけど、この感じですとあと2年は必要なさそうな

感じがします(笑) それほどお綺麗なマツダ アテンザのメンテナンスのご紹介でした!

 

メンテナンスのタイミングはお車のご利用方法やお手入れ状況、保管状況によって異なってきますが

目安としては約6か月毎です。どうしても痛みが早いダークカラーで屋外屋根なし駐車のお車は

もっと早いタイミングでもいいかと思います。

これはあくまでも目安ですのでダークカラーでもホワイト等のライトカラー系のお車でも

保管状況やお手入れ状況が良ければ1年毎でもいいと思います。

屋内駐車であまりお乗りになられていないようなお車の場合ですと1~2年でも十分な

場合もございます。

お車の使い方や保管状況はお車ごとに違いますのでメンテナンスのタイミングも

それぞれ違ってくると思います。 またコーティング再施工のタイミングも同じ理由で

全然変わってきます。

『判断つかないよ~・・・』とお困りでしたらお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

Mazda6の定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ Mazda6のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのマシーングレープレミアムメタリックのMazda6は昨年の10月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。

今年の5月に一度メンテナンスにお越しくださっておりますので今回は2回目のメンテナンスの

ご依頼になります。

コーティングから1年以上経過していますが5月のメンテナンス時と同様に、とっても綺麗です!

頻繁に洗車しているのかと思いきや、あんまり洗車してないよ!との事です(^▽^;)

マッ マジっすか!?  なんでこんなに綺麗なんでしょう?? と思うくらいいい状態をキープして

おります!  そんなお綺麗なMazda6のメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターで

ご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

少し汚れていますけど1年以上経過していて↑ですよ(*’▽’)

シミやスクラッチもとっても少なくて良好です!!

アフターです↓

綺麗にするとシミの少なさがよくわかります。

前回のメンテナンス時のブログでも書いたのですが、こちらのMazda6はカービューティープロの

最上級コーティング剤“EXE evo1″でコーティングを施工しています。

その他にもEXE evo1を施工いたしましたお車の経過も見ていますが全般的に“EXE evo1″

シミが付きにくい傾向だと思います。

もちろんお車の使用条件や保管状況等によって違いはあるかと思いますが従来のコーティング剤に

比べますとシミが付きにくいコーティング剤だと思います。

 

話が逸れましたがルーフです↓

こちらも軽く汚れてはいますけどシミが少ないですね(^_^)/

いい感じです!!

アフターです↓

申し分ございません!

リアは・・・

ここは何故か細かなシミがやや多く付いております。

アフターです↓

メンテナンスでは落ちなかったシミが残っていますが普段は気が付かないレベルのシミだと

思います。

ボディサイドも・・・

と~ってもお綺麗ですね! 店内の床のヒビもしっかりと映り込んでいます(^▽^;)

アフターです↓

床のヒビがよりクッキリ映り込むようになったような・・・(笑)

 

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。 色的に少しわかりにくいんですけど・・・

よ~く見て頂くと黒っぽくポツリポツリと見えてくると思います。その黒いポツリポツリが

専用のクリーナーに反応している鉄粉なんですけど・・・これまたとても少ないです。

よ~く見ると見えてくると思います(笑) その程度の付着量でした。

リアは・・・

こちらもよ~く見ると反応があるにはあるんですけど少ないんです。

今回はとっても少ないので軽めの除去方法で処理しました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少ないので違いがわからないと思います(^▽^;)

リアも・・・

わかりません!

わからないついでに・・・

実は訳あってバンパーを新品に交換されたそうです。そんな事もあって今回はフロントバンパーを

軽く磨いてコーティングしましたが・・・これまた施工前後の違いがわからないと思います。

何故かって?? それは施工前の写真を撮り忘れたからに他ならないからです(汗)

すいませんm(__)m

 

気を取り直してホイールを見ていきたいところですが・・・

すでに綺麗(^^;

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出ししていますので更に綺麗!   なはずです(笑)

そしてマシーングレープレミアムメタリックのマツダMazda6のボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

ピカピカに仕上がりました!

メンテナンス前もとってもお綺麗でしたが、それでもメンテナンス後は違うんです(^_-)-☆

艶もクリヤー感も一段と上がり更に綺麗に輝いております!

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ!』と、その違いを実感していただけたご様子でしたので

間違いございません(笑)  実際に見て頂くと結構違います (^_-)-☆キュピーン!

最初にもお話しましたがオーナー様にマメに洗車しているんですか??とお聞きしたところ・・・

そんなに頻繁に洗車はしていないとの事です。

と言いますのも、以前に“私が洗車のし過ぎも良くないですよ”とご説明したのを

実践されてるそうです(*^_^*)  ありがとうございます!

そうなんです。そうなんですよ!洗車のし過ぎも良くないんです。

その洗車の頻度なんですが、お車の使用方法や保管状況で違ってきますが月に1~2回程度が

私はお薦めです。

こればかりは人それぞれと申しますか、車それぞれと言いますか(^^;) 環境によって様々です。

汚れが酷く無ければ月1回でもいいかと思いますし場合によってはもっと少なくても

いいかなとも思います。逆に車が汚れやすい環境や季節によっては(花粉の季節など)洗車の

頻度を上げた方がいいと思います。

洗車をしないのは良くないですが洗車のし過ぎも良くないです。(洗車キズも多く付きます)

また度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法の動画が

ございますので、年末の洗車前にご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。