スバルBRZのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバルBRZのボディコーティングです。

こちらのサファイアブルーパールのBRZは納車間もない新車でございます!

BRZの兄弟車である86は先代を含めて、ある程度の間隔でご入庫があるのですが

今までBRZのご入庫は一台もなかったんです(涙)

という事で今回のBRZは当店初入庫でございます(*’▽’)

おめでとうございます!

記念に溢れんばかりの私の笑顔をお送りさせてもらいました(笑)

冗談はさて置き、こちらのサファイアブルーパールがとっても綺麗なカラーなんです!

個人的にスバルのブルーはラピスブルーパールが凄く好きなのですが、そのラピスブルーパールに

負けず劣らずの綺麗なブルーで一目惚れです(*”▽”)

考えてみますとBRZも初入庫ですがサファイアブルーパールも初入庫ですね(笑)

おめでとうございます!

記念に溢れんばかりの私の笑顔をお送りさせてもらいます(笑)  (*^_^*)

そんな綺麗なサファイアブルーパールのBRZですが・・・

ご入庫時はやや汚れ気味でした。

このままですと現状をお伝え出来ませんので洗車後に撮影しましたのが・・・

こちらです。

若干塗装に曇りがあるようでライトがモヤっと映り込んでいます。

ルーフも・・・

同じく少し曇り気味でした。

トランクも・・・

映り込みがスッキリとしません。

ボディサイドは・・・

こちらはボンネットやルーフ、トランクに比べると曇りが少なかったです!

ただサイドステップには・・・

保護シートを剥がした跡と、その糊残りを拭いた跡でしょうか??

拭きキズと思われるスクラッチが付いておりました。

ホイールは・・・

やや汚れ気味でした。

それと合わせてウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでボディのご紹介の前に

ウインドウコーティングより見ていきましょう!

↓は現状です。

若干、油分の付着があるようです。

とは言え少なからず油分等の付着物は付いているものですので・・・

ガラス表面を一度綺麗にリセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤でございます(^_^)/

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

反応も少なかったです。

リアも反応も・・・

少ないです!

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少ないので違いがわかりません(^^;)

リアも・・・

写真だと違いがわかりませんが鉄粉処理が済んでおります。

 

鉄粉処理が済みましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

曇りが無くなりクリヤーになりました!

トランクも・・・

スッキリとクリヤーで気持ちいいです!

ボディサイドは・・・

元々曇りもあまり感じませんでしたが、磨くとよりクリヤーになります!

そしてサイドステップの拭きキズも・・・

綺麗に除去出来ました(^_^)/

ホイールも・・・

艶出しで仕上げております!

そしてサファイアブルーパールのBRZ、新車コーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

最初の写真と写真の色味が変ってしまい、すみませんm(__)m

 

今回のBRZは比較的曇りの少ない塗装肌の新車でした。しかしその少ない曇りも磨いてクリヤー

な塗装肌に整えてからコーティングをしますと更にクリヤー感と光沢感の向上を

感じて頂ける仕上がりになります!  いゃ、なっております!

オーナー様もお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

今年のブログはこれで以上となります。

今年も沢山のお客様にお越し頂きまして誠にありがとうございました。

また、いつもブログをご覧いただいております皆様も一年間お付き合い頂きまして

ありがとうございました。

感謝の気持ちを込めて、溢れんばかりの私の笑顔をお送りさせてもらます(笑)  (*^_^*)

 

そして毎年恒例、ブログ遅延報告です!

昨年は頑張ってなんとか約2週間遅れでしたが今年は1週間ほど増えて

最終的に21日遅れで今年は〆となりました!

2週間以内に挽回したかったんですけど・・・ダメでした(^▽^;)

さて来年や如何に!!

来年もブログの方も頑張っていきたいと思いますので引き続き

お付き合いいただければ幸いです。(*^▽^*)

年明けの営業は1月4日10時より通常営業となります。

今年も1年間本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

それでは皆様少しだけ早いですが、良いお年を!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル レヴォーグのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル レヴォーグのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのクリスタルブラックシリカのスバル レヴォーグは昨年の11月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年が経過し今回はメンテナンスにお越しくださいました。

ご入庫時は少し汚れ気味ではございましたが、まだまだ艶も感じられます。

とは言え1年以上経過しました黒い車ですので、よくよく観察してしまえば色々と

見えてきてしまうものです・・・(^^;)

では、今回もメンテナンスの様子をビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

まずはボンネットからです。

汚れ気味です(^^;

シミもスクラッチも1年相応の付き具合でしょうか。

アフターです↓

いゃ寧ろ少なめでした!

もちろんメンテナンスで落ちないシミやスクラッチが確認できますが、

それよりも驚いたのがクスミの少なさです。

オーナー様に後で聞いたのですが洗車時に純水を使用しているとの事でした!

凄いっす(*”▽”)

たぶん純水で洗車しているからクスミも少ないのだと思います。

ルーフも・・・

ボンネットよりも少し荒れている感じがします(^^;

アフターです↓

艶感はまだまだ良い感じなのですがやっぱりボンネットよりもシミが多かったです。

リアも・・・

汚れ気味でした。

とは言え、汚れているだけですので・・・

メンテナンスさえしてしまえば、まだまだピカピカです!

本当にまだまだツヤピカなんです(*‘∀‘)

これもやっぱり純水洗車の効果なのだと思います。

ボディサイドも・・・

もちろん汚れています(^▽^;)

ただ、こちらも・・・

目立つような大きな痛みは少ないので汚れを落とせば艶も復活します(^_^)/

 

それと鉄粉の付着報告です。

毎度の事なのですがボデイが黒いので写真で見てもわからないのですが、

せっかく撮影しましたので見ていきましょう(笑)

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが

お約束通り何が何だかわかりません(^^;)

もちろんリアも・・・

わかりません(^▽^;)

実際の所は1年経過しておりますので、それ相応の鉄粉量でした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

もちろん写真だと全然わかりません(汗)

リアも・・・

見た目に変化ありませんけど(汗)鉄粉処理が済んでおります。

最後にホイールです。

ボディの汚れ具合を考えますとホイールの汚れは軽めでした(笑)

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げております。

そしてクリスタルブラックシリカのスバル レヴォーグ,ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

ご入庫時は若干汚れ気味でしたがメンテナンスでスッキリと艶々に復活しました(^_^)/

マメに洗車をされているそうですので洗車キズ系のスクラッチはそれなりに付いてはいましたが

それでもボディは艶感があってスッキリとお綺麗です。

これは先ほどもお話ししましたがやっぱり純水の効果だと思います。

車を綺麗に維持するには実は洗車で使う水はとても重要です。

水なんてみんな同じでしょう??と思うかも知れませんが全然違うんです(^^;

普通は水道水を使って洗う事が一般的ではありますが水道水の中にもカルキやミネラル分等が

含まれています。

また井戸水はミネラル分やカルシウム、マグネシウム等も豊富です。

洗車方法にもよりますが洗車時にしっかりと水分を拭き上げないと、それらの不純物が

塗装面に残ってしまいます。それが蓄積していくとボディがクスんでしまいます。

特に井戸水で洗車は、かなり厳しいです。

純水は不純物を取り除いた混じりっけのないピュアなH₂Oです。

不純物が入っていないので、そのまま水分が蒸発しても不純物が残りません。

なのでクスミが少なくスッキリとした状態を維持しやすくなります。

ただ注意してほしいのは全てのシミが付かない訳ではなく“純水が乾いてもシミが付かない”のであって

ボディの中を通過してきた純水は油分を含んで出ていますので、放置すると跡が付きますし、

大気中に浮遊している不純物等によるシミやクスミは発生します。

とは言え、洗車する水によってクスミの進行は全然違いますので可能ならば

純水の使用をおすすめいたします(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ディープシーブルーパールのインプレッサです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル インプレッサのボディコーティングです。

H25年式ディープシーブルーパールのスバル インプレッサです!

初期登録から9年経過いたしましたお車になります。

ディープシーブルーパールと言う洒落たカラー名称ですね(*’▽’)

深い海の青(深海の青)という事で光の下で見ると綺麗なダークブルーで

夜など暗い所で見ると、ほぼブラックに見えます。

しかし不思議な事に店内で確認しますと・・・

白いです(^▽^;)

クスミが酷くライトを当てると白く反射してしまいます(涙)

シミもスクラッチも凄いのですがクスミに覆われていて目立ちません。

ルーフも・・・

オーマイガー(;´∀`)

ディープシーブルーパールは何処へやら??

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフに比べれば、なんてことはございません(笑)

リアも・・・

もう驚きはございません!

ホイールは・・・

写真で見るより実際の方がダスト汚れの影響で黄色っぽかったです(汗)

 

新車ご購入時に販売店でコーティングを施工されたそうですが最初の数か月は綺麗だったのに

どんどんと艶が無くなってきたそうです。販売店で何度かメンテナンス的な事をやってもらったそうですが

少し綺麗になったかな??程度であまり変化が無かったようです。

確かにここまでクスんでしまうとメンテナンス剤だけではどうにもなりません(;´∀`)

オーナー様はこちらの愛車がお気に入りで、まだ乗りたいとの事ですが汚れが気になるとの事で

当店にご相談にお越しくださいました。

愛着のある愛車ですから長く乗りたいですよね!!

という事でクスんしまったインプレッサをリフレッシュしていきましょう。

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

凄く反応しています(;´∀`)

新車から9年ですので普通と言えば普通です。

リアは・・・

反応が流れてしまっていてわかりにくいのですがボンネットよりは、だいぶ少なかったです。

ちなみにネンドを使って鉄粉を処理していきますと・・・

↑は作業前のネンドです。

↓は作業後のネンドです。

茶色いのが除去出来た鉄粉です。

ボンネット半分でこんな感じでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリしました。

リアも・・・

綺麗になりました。

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

ハードポリッシュのプレシャスプランもオーナー様はお考えでしたが正直、塗装面の痛みも

だいぶ進んでいますのでハードポリッシュで磨いても痛みが残ってしまう為、ミディアムポリッシングの

エクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

これくらいボディがクスんでいると、やってみたくなるのがコーティング屋のブログでよくあるアレです!

そうです!アレです!!

“半分だけ磨いてみた!です(笑)

こちらはルーフの研磨の途中です↑

磨いた所と磨いていない所でこんなに違うんです(*’▽’)

ドアも・・・

半分磨いてみた!

まだ1回目の磨きの途中ですが、こうやって半分だけ磨いて見比べてみると

クスミの凄さが伝わるかと思います(笑)

最終的に更に磨いて艶を出していきます。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

クスミが無くなったのでライトを当てても白く反射しません!

深海の青を感じて頂けるかと思います!

ルーフも・・・

深いシミやスクラッチも残っていますけど透明感を取り戻しております(^_^)/

ボディサイドも・・・

ライトの存在を確認できるようになっています(笑)

リアも・・・

綺麗になりました!

最後にホイールです。

黄ばみが無くなってシルバーになりました。

そしてディープシーブルーパールのスバル インプレッサ、ボディコーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました(^_-)-☆ キュピ~ン!

ただ施工前の写真と施工後の写真で写真の色合いが違ってしまったので

単純に比較できませんが(すみません)艶感の違いと透明感の違いは感じて頂けると思います。

各部の写真だともっと違いがわかります(笑)

オーナー様も『うわぁ~ 凄い綺麗になった!!うれし~~』と、とてもお喜びになられておりました。

これでまた愛車インプレッサに気持ちよ~~くお乗りいただけると思います。

何時までも大切にお乗りください(*^_^*)

ありがとうございました。

 

今回のお車はクスミがなかなかのものでした(^▽^;)

ここまでクスんでしまうには何か原因があると思います。

しかしオーナー様にお話を伺った限りではコレと言った原因はわかりませんでした。

一般的に考えられるのは洗車用品や洗車方法、もしかしたら洗車に使われれている“水”の

可能性もございます。原因を突き止めるには一つづつ潰して行くしかないのですが、

まず直ぐに出来る事は洗車方法の見直しです。

定期的にご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにお薦めの洗車方法の

動画がございますので、ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ラピスブルーパールのレヴォーグSTIスポーツです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル レヴォーグSTIスポーツのボディコーティングです。

H30年式ラピスブルーパールのレヴォーグSTIスポーツです。

まさかのレヴォーグSTIスポーツ2連チャンです(*’▽’)

初期登録から4年致しましたこちらのレヴォーグは新車時に販売店にてボディコーティングを

施工されたそうですが、その後のメンテナンスは当店で定期的にご利用頂いておりました。

ご購入から4年が経ち今回はボディコーティングの再施工のご依頼を頂きました。

コーティング施工から4年が経っておりますが1年前のメンテナンス時に軽く研磨しておりますので・・・

シミもスクラッチも少なくてお綺麗です。

↑の写真だと少々汚れ気味ですので洗車後に撮影しましたのが、こちらです↓

やっぱり綺麗!

初期登録から4年とは思えませんし、1年前に軽く磨き直していると考えても状態はとても良いです。

ルーフも・・・

洗車後の写真です。

軽めのシミが確認できますが、こちらもお綺麗でした。

ボディサイドも・・・

洗車もとても丁寧にされていますので洗車キズ系のスクラッチがとっても少ないです(´▽`)

リアも・・・

クスミもあまりないようで透明感も十分に感じられました。

ホイールは・・・

軽めの汚れでした。

 

ご覧頂きましたように、ご購入からとても4年が経過しているとは思えない程、とってもお綺麗です!

メンテナンスで2度ほど軽く磨き直しをしていますので

シミも少ないのですが、それ以外にもオーナー様の普段のお手入れが、とても丁寧に

洗車をされておりますので洗車キズ系のスクラッチはとっても少ないんです!

しかも月2回ほど洗車されているそうですが、この洗車キズの少なさは驚きです(*”▽”)

ただ所々にクスミ等オーナー様が気になる所もあるようですので、

その辺りをしっかりと磨いて塗装面をリセットしていきたいと思います!

では作業開始!!

 

ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでボディの前にウインドウコーティングを

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

撥水力が少し落ちているようですが、まだまだ綺麗に弾いておりました。

撥水が残っているからと言って、そのまま上塗りするような事は致しません。

一度ガラス表面をリセットしてからウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして・・・

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です。

水玉コロコロで雨天走行時の視界確保にも効果を発揮してくれる、

とても実用的な当店の人気のオプションメニューでございます!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

これまたとっても鉄粉が少なかったです。

リアも・・・

少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

見た目変りませんけど、よりスッキリと綺麗になっております。

リアも・・・

綺麗になっております。

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

元々お綺麗ではありましたが磨くと全然違います(笑)

透明感も増して艶々です!

ルーフも・・・

スッキリと綺麗になっております。

ボディサイドも・・・

サッパリと仕上がっております。

リアも・・・

ライトがスッキリと映り込むようになっております。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げております。

そしてラピスブルーパールのレヴォーグSTIスポーツ、ボディコーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました~(^_^)/

元々お綺麗なお車ですが磨き上げてからコーティングをいたしますと

よりいっそう艶々のクリヤーボディに仕上がります。

↑の引きの写真より各部の仕上がり具合の写真の方が違いがわかりやすいです(笑)

オーナー様も『おぉ!ピカピカ!!』と、その違いをご実感頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

度々お話をしておりますが車の傷みの進行具合は皆同じではなくバラバラです。

同じ車の同じ色でも車の保管場所や使用場所によって全く違ってきます。

もちろんお手入れ方法や頻度によっても痛みの進行は変わってきます。

また車を止めている場所(駐車場)の周りの環境も大きく関係します。

海に近ければ塩害による痛み、雪の多い地域では融雪剤による痛み、また工場地帯なら

汚染物質や鉄粉が多かったりと本当に様々です。

ボディコーティングは「塗装面を汚染物質から守り、光沢を長期間維持させる」ものではございますが

けっして万能ではございません。 外的な要因や劣化等によりコーティング被膜も傷んできますので

痛みの進行を見ながら定期的なメンテナンスやコーティング再施工が必要になってきます。

最近愛車に輝きが無いと感じましたらリフレッシュの時期かも知れません。

そんな時は当店に一度ご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル レヴォーグSTIスポーツです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル レヴォーグSTIスポーツのボディコーティングです。

H28年式クリスタルブラックシリカのスバル レヴォーグSTIスポーツです!

黒いボディに真っ白なアルミホイールがカッコイイです(*‘∀‘)

レヴォーグも新型になりましたが、新型よりも初代のスタイルの方が好きな方も多く

初代レヴォーグもまだまだ人気車で現在でも高値で売買されているそうです!

そのままでもカッコイイのですが少しカスタマイズするだけで更にスポーティで

カッコ良くなりますよね!

そんな白いホイールが素敵なこちらのレヴォーグですが初期登録から6年が経過しました

お車ですので・・・

痛みも進んでいるようです。

全体的にクスミが進んでいてメタリック(シリカ)感がありません(^^;

しかし6年経過のブラックと考えますと意外と痛みは少ない方ではないかと思います。

ルーフも・・・

シミやスクラッチ、そしてクスミが進んでいる様です。

ボディサイドも・・・

どうしても黒などのダーク系のボディカラーは傷みやすく目立ちやすいです。

リアも・・・

洗車キズ(拭きキズ)と思われるスクラッチが付いています。

なかなか深そうな感じもします(汗)

この辺りのスクラッチは浅めの様です。

ホイールは・・・

真っ白いホイールですので、どうしても汚れが目立ってしまいます(^^;

 

全体的に見ますと初期登録から6年ですので6年分なりの小傷や深めのシミ等ございます。

ただこれ位の痛みは通常のご使用でも付いてしまうものです。

寧ろ先ほどもお話しましたように6年と考えますと痛みは少ない方ではないかと思います。

そういう意味ではお車をリフレッシュする良いタイミングではないでしょうか。

この先も気持ちよ~~くお乗りいただく為にもスッキリとリフレッシュしていきたいと思います。

では作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応するのですが、お車が黒いので

クリーナーを吹き掛けましても・・・

毎度の事ながら写真だとよくわかりません。

リアも・・・

わかりません(^▽^;)

実際のところは、それなりに鉄粉が多かったです(汗)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

やはりわかりません!

リアも・・・

写真だと違いがわかりませんけどキッチリと鉄粉処理が済んでおります!

 

鉄粉の処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもクスミもスッキリとしました!

メタリック感も復活しました(^_^)/

ルーフも・・・

クスミが無くなってサッパリとクリヤーになりました。

ボディサイドも・・・

ライトが気持ちよく映り込むようになっております。

リアは・・・

深い線キズは残っていますけど綺麗になりました。

こちらもスッキリと綺麗になっております。

最後にホイールです。

真っ白です!

そしてクリスタルブラックシリカのスバル レヴォーグSTIスポーツ、

ボディコーティングが完成いたしました。

綺麗に仕上がりました!

最初の写真と色味が違ってしまって比較できないかも知れませんが(すみませんm(__)m)

シミやスクラッチ、そしてクスミが無くなって深みを感じるクリスタルブラックシリカに

なっております(^_^)/

黒い車は痛みが進んでいくと、シミやクスミの影響でどうしても白っぽくなってきます。

その痛みを磨きで処理してからコーティングを掛けますと新車にも負けない色艶に復活いたします。

お車は保管場所やご利用状況によって傷み方が様々ですので、あくまでも目安になりますが、

黒いお車で屋外駐車でしたら2~3年くらいでリフレッシュしていくのが一つの理想かなと思います。

黒いボディを長期に渡って黒く維持するのはとっても難しい事ですので、綺麗を維持するには

数年毎にリフレッシュが必要になって来ることが多いです。

最近愛車の輝きが無くなった・・・

買った中古車が艶がない・・・

そんな時は塗装面のリフレッシュの時期かも知れません。

お車の輝きでお困りでしたら当店にお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル 新型レヴォーグSTIスポーツのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル 新型レヴォーグSTIスポーツのボディコーティングです。

クリスタルホワイトパールの新型レヴォーグSTI Sport です。

こちらは納車間もない新車になります!

人気の新型レヴォーグも登場から間もなく2年が経つのですが、その間に登場しましたWRX S4と

デザインやメカニズムなど共通部分が多く、レヴォーグのセダンがWRXで、

WRXのワゴンがレヴォーグと言っても過言ではないのですが、実際昨年の10月にオーストラリアでは

レヴォーグを『WRXスポーツワゴン』と言う名で発表されました!

先代レヴォーグもオーストラリアで発売されていたようですが、その時は日本と同じレヴォーグの名称で

売られていたようですけど2代目からは『WRXスポーツワゴン』に改名して発売されている様です。

最近のスバルは名称を世界統一の名称に変更していますのですレヴォーグも何時かは統一されるのでしょうか??

その時は日本で愛着のあるレヴォーグがいいですね!(笑)

前置きが長くなりましたが(^^; 新車レヴォーグの現状確認より始めて参りましょう

 

まずはボンネットからです。

ご入庫時、少し汚れ気味と言う事もあるのですが、それとは別で塗装面の曇りが

確認できました。

ルーフも・・・

少し曇っているようでモヤけています。

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフの水平面よりも曇りが“濃い”です(;´∀`)

しかしリアはもっと凄くて・・・

モヤモヤに曇っております(汗)

ホイールは・・・

やや汚れ気味でした。

 

全体的に塗装面に曇りが確認できました。

特にボディサイドとリアゲートは先ほどの写真の様に、なかなかの曇り具合です(^^;

この曇りを取り除いてスッキリとした塗装肌に仕上げていきたいと思います!

では作業を始めて参りましょう。

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

黒っぽくポツポツと確認できるのが鉄粉です。

意外と多めでした(^▽^;)

リアは・・・

こちらも多かったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリしましたね!

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました。

 

鉄粉の処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に少し曇りが気になりましたので曇りを除去して透明感が向上するよう、

塗装表面を整えていきました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなりスベスベになりました(^_^)/

ルーフも・・・

スッキリと綺麗です!!

ボディサイドも・・・

モヤッとした曇りも無くなってクリヤーになりました!

曇りの酷かったリアも・・・

ライトがスッキリと映り込むようになっております(^_^)/

ホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

ホイールコーティングは新車時、またはホイール新品時がおすすめです(^_^)/

そしてクリスタルホワイトパールの新型レヴォーグSTI Sport、新車コーティングが完成いたしました。

いかがでしょうか。

と、言いましても正直、新車のパールホワイトですので写真だと、

あまり違いがわからないかもしれません(^▽^;)

今回は全体的に“軽め”の曇り具合でしたが、その軽めの曇りでも除去しますと

ボディ全体が透明感を増しスッキリと艶々ボディに仕上がります!

この磨きが新車を新車以上に仕上げるポイントでもございます。

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ!!』と、その違いをご実感頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

ひとえに新車のボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

新車を新車以上の光沢感とクリヤーな塗装肌に仕上げるには新車であっても

下地を整えなくてはいけません。

下地を整える(曇りを取らずに)コーティング剤を塗るという事は

コーティング剤で曇りを閉じ込めてしまうという事です(;´∀`)

ですので新車を新車以上に輝かせるにも下地作りがとても重要です!

新車を新車以上の状態に仕上げるのがカービューティープロ カラーズの新車コーティングです!

皆様も是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

アイスシルバーメタリックのスバルXVです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバルXVのボディコーティングです。

H25年式アイスシルバーメタリックのスバルXVです!

初期登録から約9年程経過のお車になります。

こちらは最近ご購入されたそうです。

アイスシルバーメタリックと言う名の通り、少し青味のあるシルバーです!

色的な事もあって9年経過のお車には見えませんが、はたして!!

では早速ではございますが初期登録から9年が経過しましたスバルXVの現状確認より始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

クスミは意外と少ないのですが洗車キズ系のスクラッチが確認できます。

ただシルバーという事もあって、それ程目立ちません(^^;

ルーフは・・・

ちょっと汚れ気味ですのでわかりにくいのですがクレーター状に塗装を侵食してしまっているような

深いシミは少ないです。

ただボンネットと同様に洗車キズ系の浅めのスクラッチはやや多めでした。

ボディサイドは・・・

曇っているように見えますが、ここは元々↑のような少しモヤッとした塗装肌の様です。

リアは・・・

ここはクスミが進んでいるようでライトの映り込みがモヤっとしています。

ホイールも・・・

少し汚れ気味でした。

 

初期登録から9年程経過しているのですが、おそらく展示前の商品化の時に軽~く磨かれている感じで

全体的にクスミは少なくかったです。

ただパネル毎に磨きの度合いが違うようで今一つ塗装に統一感がございませんでした。

今回は各パネルが同じような状態になるように仕上げていきたいと思います!

では作業開始!!

 

今回はウインドウのシミが気になるとの事でウインドウのシミ除去&コーティングをしていきます。

↓は現状です。

ウロコがなかなかイイ具合なんです(^^;

比較的ウロコが少ないウインドウもあるのですが酷い所は↑のような状態でした。

ウロコは付いてしまうとなかなか落とせないんです(^^;

ここまで付いてしまうと市販のケミカルで落とすのは、なかなか困難です。

当店のウインドウコーティングの料金には基本的な下地処理代も含まれておりますが

ウロコの程度によって別途ウロコ除去の追加料金がかかる場合がございます。

今回は基本的な下地処理の範囲内で処理しております。

ウインドウの下地が整いましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして完成です。

今回は基本的な下地処理の範囲内での下地処理ですので所々薄っすらとシミの輪郭が

残っている部位もございますが、だいぶスッキリと綺麗になりました!

また今回のXVはアイサイトver.2という事でフロントウインドウはクリーニングのみで

コーティングはしておりません。

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

反応が“流れ気味”ですが結構多いです(汗)

中古車等の屋外展示されているお車は鉄粉が多く付く傾向です。

と言いますのも中古車屋さんは大きな道路沿い等の車通りの多い場所に

展示にされる事が多いので、走行している車から出る鉄粉(ブレーキダスト)で

多く付いてしまう傾向です。

リアも・・・

反応が少し“流れ”ていますけど、やはり多めでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗になりました!

 

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

磨きの準備が整いました。

今回は塗装の研磨量の少ない軽い磨きのベーシックプランでのご依頼になります。

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”や

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また”塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

洗車キズ系の浅いスクラッチが無くなってスッキリとしました!

ルーフも・・・

深いシミやキズは残っていますが洗車キズが無くなってサッパリとクリヤーになりました。

ボディサイドも・・・

スッキリとクリヤーになりました。

リアも・・・

クスミが無くなってライトの映り込みがスッキリとシャープになっています!

最後にホイールです。

よ~く洗ってから艶出しで仕上げております。

そしてアイスシルバーメタリックのスバルXV、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

スッキリとクリヤーなXVに仕上がりました(^_^)/

細かな洗車キズが無くなりスッキリと透明感が増し艶も向上しております!

中古車は前オーナー様のお手入れ状況がわからない場合が多く、

またお車の展示期間が長ければ長いほど痛みも進んでしまう傾向ですので

お使いになられる前に一度お車をリフレッシュするとボディもサッパリ!気持ちもスッキリとして

新しい愛車に気持ち良~くお乗りいただけると思います(^_-)-☆

皆様も是非どうぞ~!

 

話は変わって先日スバルから9月15日に新型のSUVを発表するとリリースされました。

詳細ははまだ明らかにされていませんが、どうやら新型のXVの様です。

国内ではXVと名乗っていますが国外ではクロストレックと言う名で発売されている人気車でもあります。

その国内のXVも新型から車名を変更してクロストレックに統一するようです。

はたして、どのようなスタイル&性能で登場するのか、XV好きの私は今から楽しみでしょうがないです(笑)

早く9月15日が来ないかなぁ~~(#^.^#)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

クールカーキのXVにメンテナンスのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバルXVのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのクールグレーカーキのスバルXVは昨年の6月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年と少々が過ぎ、今回はメンテナンスでご入庫くださいました。

こちらのXVは、ほぼ冬にしか使わないスキーエクスプレスなんだそうです(*”▽”)

冬場は走行距離が伸びてしまうので、なるべく夏場は乗らずに冬に向けて温存しているとの事です!

冬場に活躍していたので・・・

シミが沢山付いてしまったようです(^^;

雪道を走った後に汚れと融雪剤が気になるので、とりあえず水で流して拭きとらずにいたら

シミになってしまったとの事です。

洗車しても落ちなく、またメンテナンス剤で試しても落ちなかったとの事でお困りでした。

アフターです↓

今回はスタンダードメンテナンスで行っております。

スタンダードメンテナンスで落ちなかったらメンテナンスplusで!っとの事でしたが

スタンダードメンテナンスで問題なく除去出来ました(^_^)/

ルーフも・・・

シミが目立ちます(^^;

アフターです↓

こちらもシミが除去出来ました!

水道水によるカルキジミや融雪剤によるシミ等は特殊なケミカルを使って処理しますが

それでも落ちないようでしたらポリッシングが必要になってきます。

今回はケミカルで処理出来ました。

ボディサイドは・・・

こちらは目立つようなシミは少なかったです。

アフターです↓

艶々です。

リアも・・・

例のシミは少し付いていましたけど基本的には艶もあってお綺麗でした。

アフターです↓

リアもスッキリと綺麗になっていますけど・・・写真だと違いがわかりませんね(^▽^;)

 

 

それと鉄粉の付着状況です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

反応が少ないです!

スキーに使われているので鉄粉が多いかと思っていたのですが

想像より全然少なかったです!

リアは・・・

反応が流れてしまってますが細かな反応がやや多めでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリと綺麗になりました。

リアも・・・

スッキリと綺麗になっております。

最後にホイールです。

こちらも汚れが少なくてお綺麗でした。

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

そしてクールグレーカーキのスバルXV、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

いい艶に仕上がっております!

元々オーナーはXVを大切に使われておりますので艶もあってお綺麗なのですが

見て頂きましたように気になるような大きめのシミが付いておりました(^^;)

その気になるシミも無事に処理できオーナー様も『よかった~~』っと、

とてもお喜びになられておりました。

ありがとうございました。

 

冬場に雪道を走ると道路に撒かれた融雪剤がボディに付着してしまいます。

比較的早めに洗い流せばシミにならないのですが、時間経過してしまうと洗車では

落ちない事も多いです。

また融雪剤を流そうと水を掛けるのはおすすめいたしません。

もちろんキッチリと洗車をするのがいいのですが、とりあえず水を掛けたまま、

放置してしまうのは危険です(;´∀`) 間違いなくシミシミになります(汗)

とは言え、雪道を走るたびに洗車もしてられませんし、そもそも雪国の方はそんな事言ってられません。

という事で雪のシーズンが終わりましたら、しっかりとメンテナンスをするのが良いのではと思っております!

皆様のご入庫お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スバル 新型フォレスターのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル フォレスターのボディコーティングです。

マグネタイトグレー・メタリックの新型スバル フォレスターです。

こちらは納車間もないピッカピカの新車でございます!

昨年のマイナーチェンジでD型へとなりフロントフェイスが大幅に変更されました。

D型発表時はその新しい顔つきに賛否両論あったようですが、写真と実車ではだいぶ印象が異なり

実車を確認された方からは“新型カッコイイ~”と好評の様です!

個人的には写真で見た時から“新型カッコイイ~”と好評でした(笑)

フォレスターに限った事ではないのですが、やはり車は実車を見ないと判断できませんね(^.^)

平面の写真で見るのと実車で見るのとでは立体感も違いますので印象は全然異なってきます。

更に偉そうな事を言ってしまうと(;’∀’) 室内と屋外でも車の見え方が変わって来ます。

車は実車、それも屋外で見ないと本当の姿がわかりません!    奥が深いぜぇ~(笑)

話がそれましたが新車フォレスターの現状確認より始めて参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

少し汚れていてわかりにくいかも知れませんが曇りも僅かでお綺麗な塗装肌でした。

ルーフも・・・

若干ですが曇りを感じます。 (汚れは別として)

ボディサイドは・・・

お綺麗です!

リアも・・・

とてもお綺麗なのですが・・・

一部ですが“バフ目”と言われる磨きの痕跡が確認できます。

ほんの一部分だけですので部分加修の跡ではないでしょうか。

と言われても、ほぼわからない程度のレベルです。

↑の写真を見てもよくわからないと思います。

実車では光を当てると白っぽくモヤモヤとライトを中心に全周に見えるのですが、

写真だと赤丸の中の白い筋状のが一番わかりやすいです。  ←全然わかりにくいんですけど(^▽^;)

ホイールは・・・

汚れも少なくお綺麗でした!

 

ボンネットとルーフに僅かな曇りも感じますが全体的にはとてもお綺麗な塗装肌でございました。

ほんの一部分だけ磨き跡(バフ目)も付いていますけど探さないとわからないレベルです。

たぶん気が付かないかと思います(^^;

先ほども少しお話しましたが、これはたぶん何かの加修跡なのかと思います。

新車なのに加修??と思うかも知れませんが車は工場の塗装ブースで塗られますが

その時に細かなゴミ等が混入してしまいます。 これを“ブツ”と言いますが塗装後の

検査でブツが付いている場合は、そのブツを処理します。 その時の痕跡が残ってしまうのです。

今回は痕跡ですが実はブツが処理されずそのまま付いている事は全然珍しい事ではなく、

よくある事なんです(^^; そういう意味では今回は痕跡でよかった~~なのかも知れません!

では加修痕や曇りを処理して新車らしい、いゃ新車以上の状態に仕上げて参りましょう。

作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

色的な事もあってわかりにくいのですが鉄粉は少なかったです。

リアも・・・

少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

違いがわかりませんね(^▽^;)

リアも・・・

写真だと違いがわかりませんが鉄粉の処理が終わっております!

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は一部バフ目の付いている部位や軽い曇り部位もございましたが、

全体的にはとてもお綺麗な塗装肌でしたので、ごく軽い磨きで塗装表面を整えていきました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回は樹脂コーティングのご依頼も頂いております。

↑はコーティング直後で濡れている状態です。

乾燥するともう少し黒さが落ち着きボディ全体を引き締めてくれます!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗です!

ルーフも・・・

曇が取れてよりサッパリとしました!

ボディサイドは・・・

元々お綺麗ですので写真だとあまり違いが・・・(^▽^;)

でも光沢も上がり更に綺麗になっています!

リアも・・・

違いがわからないかも知れませんが(^^;↓のバフ目の方が違いがわかり・・・

ますかね??

バフ目も無くなったので光が乱反射しなくなり変な白い筋が無くなりました。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

そしてマグネタイトグレー・メタリックの新型スバル フォレスター、新車コーティングが完成いたしました。

艶も向上してピカピカに仕上がりました!

新車でも磨いてからコーティングしますと、よりいっそう綺麗に輝きます(^_-)-☆

車の塗装は納車時が一番綺麗な状態と思われますが実はそうでもないことが多いんです。

新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っていたり、加修痕跡等が

付いている車が多いのが実情です。 また鉄粉の付着が多い車も御座います。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ひとえにボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

洗車してコーティング剤塗っておしまい!もコーティングですし磨きを入れて下地を整えてから

コーティングするのもまたコーティングです。 同じコーティングでも仕上がり具合は全然違います!

ですので新車コーティングも”専門店“のカービューティープロ・カラーズへお任せください!

お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル レガシィアウトバックのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル レガシィアウトバックのボディコーティングです!

マグネタイトグレー・メタリックの新型レガシィアウトバックです。

こちらは納車当日にご入庫頂きましたピッカピカの新車でございます!

アウトバックは新旧含めて当店初入庫になります。

日本ではレガシィのセダンとツーリングワゴンが廃止され唯一レガシィの名が残されたのが

アウトバックです。 アメリカでは初代からレガシィの名は付かずスバル アウトバックです。

日本ではレガシィの名が残っているのですが・・・車本体には何処を見てもレガシィの名が見当たりません(汗)

カタログはレガシィ アウトバックなんですけどね~(^^;

レガシィ好きの私には少し寂しいのですが名前が残っただけでも感謝です!!

話がそれましたが新型レガシィアウトバックの現状確認から始めて参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

曇りも無くお綺麗でした。

ルーフも・・・

ちょろっと汚れも付いていますけどお綺麗な塗装肌でございます。

ボディサイドも・・・

ほんの少しだけ曇りを感じますが写真で撮ってしまうとわからないかもです。

ただピラー部には・・・

線キズが結構付いています(^^;

リアゲートは・・・

今回はここが一番曇っていました。 と言いましても↑程度ですので言われなければ

わからないレベルだと思います。

ホイールも・・・

納車当日ですのでピカピカです!

 

全体的にとてもお綺麗な塗装肌でございました。一部若干の曇りも確認できますが

それもごく僅かな曇りです。

それよりも今回一番気になったのはピラーのスクラッチです(^^;

おそらく納車前の洗車時に付いたと思いますが拭きキズ系の線キズが両サイドのピラーに

確認できました。

それよりも個人的に少し驚いたのがピラーが流行りのピアノブラック調ではなく、

キラキラのブラックメタリックでした。 しかもメタリック多めのキラッキラです!

私の勝手な想像ですがピアノブラック調はとにかくキズが付きやすく目立ちやすいんです。

その対策としてキラッキラのメタリックにしたのではないでしょうか??

実際、今回の線キズもピアノブラック調のピラーより目立ちませんでした。

これ、キズが目立たなくていいかもです!!

いいかも知れませんがキズが付いている事に変わりありませんので(^^;この辺りもしっかりと

処理していきたいと思います。

では作業開始~~。

 

今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介していきます。

↓は現状です。

やや油分の付着があるようです。

その油分を除去してガラス表面を綺麗にいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

ちなみにですが基本的にスバルのアイサイトにはフロントウインドウへの

撥水処理は推奨されていません。 今回もオーナー様とご相談のうえ施工となっております。

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

色的に少しわかりませんが新車という事もあって少なかったです。

リアも・・・

とっても少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少なかったのでアレですが(汗)より綺麗になっています。

リアも・・・

違いがわかりません(^^;

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は一部曇っている部位もございましたが、全体的にはとてもお綺麗な塗装肌でしたので

ごく軽い磨きで塗装表面を整えていきました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々曇りのないお綺麗な肌でしたので写真ですと違いが・・・(汗)

でもしっかりと艶が向上しています!

ルーフも・・・

よりスッキリ綺麗に仕上がっております。

ボディサイドも・・・

見比べていただくと違います(笑)

よりスッキリとしていますよ~!!

そしてピラー部の線キズも・・・

深いのは完全除去出来ませんが、ほぼ除去出来ました!!

それとリアも・・・

曇りが取れてサッパリとしました(^_^)/

最後にホイールです。

こちらも元々お綺麗ですので違いがわかりませんが(汗)タイヤもホイールも艶出しをしております。

そしてマグネタイトグレー・メタリックの新型レガシィアウトバック、新車コーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

元々が納車したてのピカピカの新車でしたので十分にお綺麗でしたが

更に艶と光沢の向上を感じて頂けると思います(^_^)/

これはやっぱり「EXE-evo1」がいい仕事をしているんです(笑)

新車は基本的に艶もあってお綺麗なのですが、それでも「EXE-evo1」を施工いたしますと

艶の向上を感じていただけるコーティング剤だと思います!

お引き取りに来られましたオーナー様も『ピカピカですね~』と、その違いを

ご実感されていたご様子でしたので間違いありません(笑)

ありがとうございました。

 

先ほどレガシィ好きの私と言いましたが、更に細かいことを言うとアウトバック好きなんです(^.^)

もちろんツーリングワゴンもセダンのレガシィも好きなのですがアウトバックが一番好きなんです♥

と言いますのも私は初代アウトバック(レガシィ グランドワゴン)に乗っていたので

思い入れが激しいんです(笑)  スキーやキャンプに大活躍でとにかくお気に入りでした!!

そんな事もあって、いつの時代でも私の欲しい車ランキングベスト3に常に入っている常連さんです(笑)

日本には導入されていませんがアウトバックウィルダネス、これがまたいいんです(*´▽`*)

YouTubeでも沢山の投稿がありますがビックリするような所を走破しちゃっています。

ワゴンベースの車とは思えない程の走破力です!

Modified Subaru Outback Wilderness Off Road Trail Test – YouTube

その他に沢山の投稿がありますので、お時間のある時にでも是非チェックしてみてください!

皆様もアウトバックが欲しくなりますよ~(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。