イグニッションレッドのスバルBRZです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバルBRZのボディコーティングです。

イグニッションレッドのスバルBRZです!

こちらは納車間もない新車でございます。

納車から間もないのですが、ご覧の通りカスタマイズが進行しております(*”▽”)

見るからにレーシーなスタイリングに仕立てられたエアロはHKS製なんだそうです。

リアウイングのみSTIのドライカーボン製です!

HKSのエアロも随所にカーボンが使われており見た目だけではなく整流効果もしっかりと

考えて作られているそうです。

ご入庫時点ではホイールはノーマルでしたが社外品を既に発注済みとの事で装着が楽しみです。

と言うのは実は1ヶ月前のお話なので(汗)今はもう装着されている事でしょう(´▽`)

そんなカスタマイズが進行中の新車BRZの現状確認より始めて参りましょう。

まずはボンネットです。

少し汚れもあるのですが若干、塗装に曇りがあるようです。

ルーフも・・・

少し汚れ気味です。

ただボンネットよりは曇りも少ない様です。

トランクも・・・

少し汚れています(^^;

ボディサイドは・・・

こちらも曇りも少なくクリヤーでございます。

このままでも十分な感じもするのですが磨くと更にクリヤーになる・・・はずです(笑)

ホイールは・・・

こちらも軽めのお汚れでした。

 

新車の肌はクリヤーで綺麗。とは限りません。寧ろ曇りのない塗装の方が珍しいです。

この新車時の曇り(白ボケ)が本来の色艶を妨げているんです。

また塗装の手直しの痕跡が残っていたりキズが付いていたりと実は色々とあるのが新車です。

今回のお車は全体的に塗装の白ボケも少なくクリヤーな塗装肌でございました(^.^)

ただ部分的に気になる部位もありますので、しっかりと下地を整えてからコーティングしていきましょう!!

作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

色的にわかりにくいのですが・・・反応は少ないです。

リアも・・・

反応が流れていますけど少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

前も後ろも・・・

鉄粉除去が済んでおります。

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

スッキリとしました!

ルーフも・・・

元々クリヤーでございましたが更にスッキリと綺麗になっております。

トランクも・・・

綺麗です!

ボディサイドも・・・

曇りが無くなりライトも輪郭がスッキリと綺麗に映り込むようになっています!

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

 

そしてイグニッションレッドのスバルBRZ、新車コーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がっております(^_^)/

元々新車ですのでお綺麗ではあるんですけど更にそこに、ひと手間ふた手間かけてから

コーティングをしますと新車以上の艶感そしてクリヤー感あるお車に仕上がります!

新車は艶々ではあるのですが、その新車を更にツヤッツヤの新車に仕上げるには

新車でもコーティング前の下地作りが大切です。

今回のBRZは全体的に曇りも少なくクリヤーは塗装肌でしたが新車でも新車特有の

曇り(白ボケ)が酷い車やシミやキズが入っている車、また鉄粉が多く付いている車も実は多いです。

ただ単にコーティング剤を塗るだけでは塗装本来の輝きは出ませんしコーティング剤の効果も

十分に発揮いたしません。

ですのでピカピカの新車を新車以上のピッカピカのボディに仕上げるには

下地作りをちゃんと行っているコーティングの専門店がお薦めです。

新車も経年車もカーコーティング専門店の『カービューティープロ カラーズ』へ

是非お任せください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル レヴォーグSTIスポーツのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル レヴォーグSTIスポーツのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのラピスブルーパールのスバルレヴォーグSTIスポーツは昨年の10月にボディコーティングを

施工いたしましたお車です。

コーティング施工から1年が経過して今回はメンテナンスにお越しくださいました。

ご入庫時点でもお綺麗な感じがヒシヒシと伝わって参りましたが(笑)

では、コーティング施工から1年経過しましたレヴォーグSTIスポーツのメンテナンスの様子を

ビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

まずはボンネットからです。

やっぱりとってもお綺麗でした(*’▽’)

目立つシミもスクラッチもありません。

アフターです。

なので写真で見る限りあまりビフォー&アフター感がございません(^▽^;)

ルーフも・・・

全然1年経過のスバル車には見えません。

スバル車は塗装が比較的柔らかいのでシミもスクラッチも付きやすいんです。

アフターです。

何も問題ございません!

素晴らしいっス(^_^)/

リアも・・・

とってもお綺麗でした!

と、いう事は・・・

アフターで見ても変り映えしませんね(^▽^;)

ボディサイドも・・・

なんでこんなに綺麗なんだろう??って言うくらいお綺麗でした!

アフターです

その綺麗さの秘密はボディカバーを使用しているからの様です。

納得です(笑)

普段はほぼ乗らないそうでボディカバーを掛けて保管されているそうです。

なので鉄粉の付着量も・・・

少ないんです。

専用のクリーナーを吹き掛けると鉄粉が紫色に反応するのですが・・・

反応があまり確認できません(^▽^;)

もちろん全く付いていない訳ではないのですが少ないです。

リアも・・・

あまり反応が確認できませんでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少ないので今回は軽めの処理方法で行っています。

リアも・・・

軽めの処理を行っております。

最後にホイールです。

こちらも既にお綺麗です(笑)

アフターです。

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

そしてラピスブルーパールのスバルレヴォーグSTIスポーツのメンテナンスが完成しました。

元々お綺麗でしたがそれでもメンテナンスを行なえば更に艶も向上して

ツヤピカのボディに仕上がりました。

全体的にシミやスクラッチが少なくコーティング施工から1年経過のスバル車とは思えない程、

とても良好な状態を維持されておりました!

これも普段のお手入れ方法&ボディカバーの使用が効果を発揮しているのだと思います。

素晴らしいっス(^_^)/

そのボディカバーですけどボディカバーの使用には以前より賛否両論ございます。

”賛“の言い分もわかりますし”否”の言い分もよ~くわかります。 要は何を重視するか?だと思います。

ボディカバー脱着時にスクラッチが付く可能性もありますし、風でバタついて擦れる事もございます。

逆にボディカバーを使わないと紫外線の影響を直に受けますしウォータースポットも付きやすいです。

なのでやっぱり結局はどちらを重視するか?と言う事になると思います。

ボディカバーを使う事の方がメリットが多ければ使った方がいいと思いますし、

デメリットが多ければ使わない方がいいと思います。

なんか凄くあやふやですけど(^^;)賛否に決着をつける事はないと思うんです(笑)

もしボディカバーの使用をお悩みでしたら・・・

“何を防止したいか”を良く考えて見ると答えが出るかもしれません。

ちなみに私はボディカバーの使用は”賛”です(*^。^*)

毎日お車に乗られる方はボディカバーの使用はキビシイと思いますけど月に数回の使用なら

“あり”だと思っています。

最近では脱着時にキズが付きにくい裏起毛タイプの物などや蒸れにくい物など

高機能タイプのカバーもあるようですので気になる方はググって見て下さい(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

スバル クロストレックのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル クロストレックのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのクリスタルブラックシリカのスバル クロストレックは納車間もない新車でございます。

クロストレックは当店初入庫でございます!

昨年の12月に正式発表しましたクロストレックですがインプレッサXVから数えると4代目の

モデルになります。

海外では以前よりクロストレックとして販売されていましたが現行型モデルから日本国内でも

クロストレックの名称に統一されたそうです。

初代はインプレッサXVで、2代目はインプレッサの名前が外されスバルXV。

3代目のモデルはXVのままでしたが現行型の4代目で再び名称が変更されてスバル クロストレックとして

デビューを果たしました。

従来モデルよりも更にアウトドア感が増してカッコイイですね!

では新車クロストレックの現状確認より始めて参りましょう。

まずはボンネットです。

塗装面が曇っていてライトの映り込みがモヤっとしています。

ルーフも・・・

ボンネット程では無いようですが曇っています。

ボデイサイドは・・・

比較的クリヤーなのですが・・・よく見ると少し曇っているんです(^^;

リアも・・・

モヤっと曇っていました。

細かな線キズも確認できますね(^^;

ホイールは・・・

とってもお綺麗でした。

ご入庫前に洗車をしてからお越しくださったようで、全体的にお綺麗でした。

ただ写真で見て頂いたように塗装面の曇りが気になります。

特にボンネットの曇りはだいぶ“濃い目”の曇りでございました。

スバル車に限らずですが同じ車の同じボディカラーでも生産ロットによって

曇りが“濃い”車や“薄い”車がございます。

自分に納車される車の曇りが“濃い”のか“薄い”のかは選べませんので仕方のない事と言えば仕方のない事です。

でも、もし“濃い”車が納車されても大丈夫です!

磨けはクリヤーになります(^_^)/

そんなクリヤーなボディを目指して作業を進めて参りましょう!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

でも黒い車は写真だと反応が見えません(^▽^;)

リアも・・・

見えません(汗)

新車でも鉄粉が全然付いていない訳ではないのですが今回のクロストレックは

少なめの付着量でした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

相変わらず写真だと違いがわかりません(汗)

リアも、もちろん・・・

違いがわかりませんが鉄粉処理が済んでおります。

 

鉄粉チェックが済みましたら次にボディにマスキングをしていきます。

黒いボディに黄色のマスキングが映えます(^.^)

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は少し曇りが“濃い”ので、やや強めの磨きで曇りを除去しました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

PCX-S9です。

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りが無くなりライトの映り込みがスッキリとしました(^_^)/

ルーフも・・・

クリヤーになりました!

ボディサイドも・・・

透明感が向上しております。

リアも・・・

綺麗になりました。

線キズも除去出来ております。

ホイールは・・・

コーティングのご依頼を頂きましたのでホイール専用コーティング剤PCW-880で

コーティングです!

ホイールコーティングは光沢感の向上だけではなくレーキダストのこびり付きが低減しますので

ホイール洗浄が楽になります。

 

そしてクリスタルブラックシリカのスバル クロストレックの新車コーティングが完成いたしました。

綺麗に仕上がりました!

全体的に塗装面の曇りが“濃い”状態でしたが各部の仕上がりの写真で見て頂いたように

モヤッとした曇りが無くなり、キリッとシャープに景色が映り込むクリヤーで

艶々ボディに仕上がっています!

オーナー様も『うわぁ!ピカピカですね!!』と、その違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

今回のクロストレックは塗装面、特にボンネットの曇りが少し“濃いめ”でした。

その曇りを磨きで処理し、塗装本来の色艶に戻した後にコーティングをする事で

新車以上の新車に仕上がります!

車の塗装は納車時が一番綺麗な状態と思われますが実はそうでもないことが多いんです。

多いと言うか凄く綺麗な新車の方が珍しいのが実情です(^▽^;)

新車の塗装面は曇っている事がとても多いんです。

また塗装の曇り以外にもシミやスクラッチまた保護シートの糊が残っていたりと、

色々とあるのが新車なんです。

ですので新車のコーティングも下地を整える専門店がおススメです!

新車も経年車もカーコーティング専門店の『カービューティープロ カラーズ』で

お待ちしております(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ブラックシリカのレヴォーグSTIスポーツのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル レヴォーグのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのクリスタルブラックシリカのスバル レヴォーグSTIスポーツは

昨年の10月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年が経過し、今回はメンテナンスにお越しくださいました。

1年経過の黒いお車ですので傷み具合が心配ですが・・・

では早速ですがコーティング施工から1年を経過しました レヴォーグSTIスポーツの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

ご入庫時は汚れ気味でした(^^;

この状態でもスクラッチが確認できます。

アフターです。

洗車をマメにされているので洗車キズは(スクラッチ)は付いてます。

しかし、とても丁寧に洗車をされているようで1年経過の黒と考えますと

スクラッチが多い訳ではなく寧ろ少ないです。

それよりもシミの少なさが驚きです(*”▽”)

ルーフも・・・

汚れ気味でした。

アフターです。

ルーフもシミが少ないですね~(*’▽’)

クスミもあまりないようで、まだまだクリヤーでお綺麗です。

リアも・・・

同じく汚れ気味です。

アフターです。

スクラッチは付いていますけど、よくお手入れされております!

ボディサイドも・・・

写真だと光っちゃってわかりませんけど、やはり汚れているんです(^^;

アフターです。

ボディサイドも大きな痛みも無く良好な状態を維持されております。

 

それと鉄粉の付着状況ですが・・・

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応し・・・ているんです(^^;

ただ黒い車は反応が確認しにくいんです(汗)

見えませんが鉄粉は少なかったです。

リアも・・・

確認しにくいのですが少なめでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて確認をします↓

前↑も後ろも↓・・・

写真だとビフォー&アフター感がありませんけど鉄粉処理が済んでおります!

最後にホイールです。

汚れています(^^;

写真だとあまり感じないのですが実際はかなり黄ばみが進んでいて

オーナー様もお困りの様でした。

アフターです。

これまた写真だと、あまり違い感がありませんけど黄ばみが取れて白さが復活いたしました!

 

そしてクリスタルブラックシリカのスバル レヴォーグSTIスポーツ、

ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!  (施工前の写真と色合い違ってしまい、すみません。)

ご入庫時は全体的にやや汚れ気味でしたけど、塗装面(コーティング被膜)自体の

痛みは少なかったです。

洗車キズ(スクラッチ)は黒いお車ですので、それなりに確認できますけどシミは少なく、

そしてクスミも僅かでまだまだクリヤーで艶々でございます!

これ、実は凄い事なんです。黒い車でクリヤーな状態を維持するのは難しいんです。

やはり普段のお手入れと保管状況、そして定期的なメンテナンスの賜物ではないかと思います。

コーティングは美観向上だけでなく塗装の保護の役割もございます。

しかし気をつけて頂きたいのは決してコーティングは万能ではございません。

コーティングしていても鳥糞や木の実などに含まれている強い酸を防ぐほどの

防御力はございませんし、鉄粉を弾き返す力もございません。

また花粉の影響等で撥水性も落ちてしまいますし、シミも付いてしまいます。

それらの攻撃で傷んだコーティング被膜をケアするのがメンテナンスです。

お車の美観維持と撥水維持の為にも皆様もメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル フォレスターSTI Sportです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル フォレスターのボディコーティングです。

クリスタルホワイトパールのスバル フォレスターSTI Sportです!

こちらは納車間もない新車でございます。

フォレスターのターボモデルである“ Sport”をスバルのモータースポーツ部門の

スバルテクニカインターナショナル(STI)が走りと質感に磨きをかけたグレードです。

STIが足回りをチューニングしたと聞くとガチガチの乗り心地になりそうなイメージですけど

実際はしっとりとしなやかで快適に仕上がっているそうです(*”▽”)

インテリアもブラックとボルドーのツートン仕上げとなっており、

他のグレードとは違う雰囲気を醸し出しております!

そんな走りと質感に磨きを掛けましたフォレスターSTI Sportの現状を確認していきますと・・・

若干汚れの影響もあってモヤっとしたライトの映り込みになっていますけど

塗装自体は曇りも少ないです。

ルーフも・・・

汚れは別としてボンネットよりも多少曇りがあるようです。

ボディサイドは・・

曇りがあるようでライトの映り込みがスッキリとしません(^^;

リアも・・・

これだけ見れば十分にクリヤーですけど磨くと更にクリヤーになります!

ホイールは・・・

少し汚れ気味でした。

今回はホイールコーティングのご依頼を頂いておりますので後ほどご紹介いたします。

その前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウの

現状を確認していきますと・・・

納車前洗車時の撥水シャンプーでしょうか?? でしょうね(笑)

水を弾いていました。

その撥水も簡易的な物ですので直ぐに落ちてしまいます(^^;

その簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをして完成です!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

納車から間もないのですが鉄粉が少し多めでした。

リアは・・・

少ないです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

スッキリと処理出来ております。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをします。

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしております。

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

サッパリとしました!

ルーフも・・・

スッキリと綺麗になりました(^_^)/

少々曇り気味でしたボディサイドも・・・

モヤッとした曇りが取れてライトが綺麗に映り込むようになりました。

リアも・・・

元々クリヤーな肌でしたけど磨くと更に透明度が増します!

ホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティングです。

艶々です。

 

そしてクリスタルホワイトパールのスバル フォレスターSTI Sport、

新車コーティングが完成いたしました。

綺麗に仕上がりました!

正直、新車のパールホワイトですので↑の引きの写真ですと違いがわからないかも知れません(^▽^;)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにモヤッとした曇りが無くなり、

キリッとシャープに景色が映り込むクリヤーで艶々ボディに仕上がっています!

この新車以上のクリヤー感や艶感向上には“磨き”が必要です。

磨きで塗装表面を整えてからコーティング剤を塗るのが大切なポイントです。

そして仕上げにコーティングです!

そのコーティング剤ですが最近、低撥水系のPCX-S9のご用命&使用率がとても高いです。

PCX-S9は発売から約2年程の比較的新しいコーティング剤です。

以前にPCX-S9を施工いたしました車両の経過を観察していますが、

やはり水玉撥水系のコーティング剤よりも全体的にシミが少ない印象です。

ただ水玉撥水系よりも撥水力の耐久性は少し落ちる感じです。

(撥水力が無くなったからと言ってコーティング被膜が落ちた訳ではございません)

水玉撥水は“弾いてる”感が気持ち良いのですが、シミが付きやすいのが難点です(^^;

ひと昔前はコーティングと言うと水玉撥水が圧倒的な人気だったイメージですが、

シミの事もあって最近は低撥水系のコーティング剤が人気です。

水玉撥水の気持ち良さよりもシミ付着低減を重視されるお客様におすすめでございます!

シミが気になる方は是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル インプレッサWRXのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル インプレッサWRXのボディコーティングです。

H19年式スバル インプレッサWRX STI spec-Cでございます!

2代目となるこちらのGD/GG系インプレッサは2回ほどマイナーチェンジで

フェイスリフトが行われています。 初期型は丸目、最初のマイナーチェンジで“涙目”になり、

2回目のマイナーチェンジで“鷹目”と言われる3つの顔がございます。

今回のお車は最終型の“鷹目”のWRXになります!

私、個人的にGD/GG系インプレッサはこの“鷹目”が一番好みです(^.^)

こちらのWRX STI spec-Cはイエローに全塗装(オールペン)されたそうです。

純正カラーの黄色はややクリーム色っぽい薄めの黄色なのですが、もう少し“濃い”黄色に

したかったそうでトヨタ車に使われている黄色にオールペンされたそうです!

とっても綺麗なイエローでWRX STI spec-Cにとても似合っていてカッコイイです!

そんな綺麗なイエローにオールペンされましたWRX STI の状態を見ていきますと・・・

オールペンされたばかりですのでシミも無くクリヤーでございます。

ただ、色的な事もあり写真だとわかりませんが塗装後の磨きで付いた磨きキズが

結構付いているんです。

ルーフは・・・

こちらの方が磨きキズがわかりやすいかな??

リアも・・・

クリヤーでお綺麗です!

ボディサイドも・・・

シミも無くクリヤーです。

でも実はオーロラマークと言われる磨きキズが付いていて、光の具合でモヤモヤと白っぽく

キズが見えてきます。

それと所々に・・・

コンパウンドが焼き付いています(^▽^;)

これが意外と落ちないんです(汗)

ホイールは・・・

若干汚れ気味でした。

 

オールペンに限らずですけど再塗装した場合は磨きキズや光が当るとオーロラの

ようにモヤモヤ~とキズが見える通称オーロラマークが確認できることが多いです。

コーティング屋さんと板金屋さんとは“磨き”の意味合いが違うようなので、

ある意味しょうがない事なのかも知れません。

ではその磨きキズを除去してモヤモヤのないスッキリとした塗装肌にしていきたいと思います!

 

作業の方ですが、いつもでしたら鉄粉の付着状況をお伝えしていますけど

今回は専用の鉄粉クリーナーは使っていません。

今回の黄色には使っても問題はないのですが念には念を入れ使用しません。

全ての黄色に鉄粉クリーナーが使えない訳ではないですが、黄色い車に鉄粉クリーナーを

使用する時は気を付けてください。 大変な事になってしまう場合がございます(;”∀”)

また黄色以外でも使ってはいけない塗装もございますので鉄粉クリーナーを使われる方は

ご注意ください!

という事で今回は違う方法で鉄粉を処理しています。

ちなみに鉄粉量は少なかったです。

 

その後に今度はマスキングをします。

黄色いボディに黄色いマスキングテープは違和感なくマッチしています(笑)

そして磨いていきます。

今回はベーシックプランになります。

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”や

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また”塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

元々がクリヤーでお綺麗な状態でしたので写真だと違いが無いように見えますけど(汗)

磨きキズも無くなってスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

サッパリとして綺麗になりました。

トランクも・・・

スッキリと綺麗です!

ボディサイドも・・・

ビフォー&アフター感が伝わりませんが(^▽^;)オーロラマークも無くなって

スッキリとした塗装肌になっております。

一番ビフォー&アフター感がわかりやすいのが・・・

コンパウンドの焼き付きです(笑)

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げています。

そしてスバル インプレッサ WRX STI spec-Cのボディコーティングが完成いたしました。

艶々です!

オールペン後でしたので施工前でも艶も透明感もあってお綺麗でした。

それでも先ほどもお話いたしました磨きキズ(オーロラマーク)を除去した事で

透明感と光沢感が向上して艶々のボディに仕上がりました(^_-)-☆

GD/GG系インプレッサも登場から20年以上が経過し段々と見かける機会も

少なくなってきた感じもします。 今後は電動車が主流になりそうな流れですので

純粋なエンジン車を楽しめるのも今のうちです。

純エンジン車のWRX STI spec-Cを何時までも大切にお乗りください!!

 

車の塗装は新車と同じでオールペンした直後の状態が一番綺麗だとは限りません。

実際には塗装が曇っている事もございますし、磨きキズが残っている事が非常に多いんです(;´∀`)

そこから、もうひと手間、ふた手間かけコーティングを掛けますと更に透明感が向上して

色に深みが出て輝きも増しますのでオールペンしたお車も是非、当店にお任せください!

お待ちしております(^_^)/~

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル レヴォーグSTI Sport♯のご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル レヴォーグのボディコーティングです。

オフショアブルー・メタリックのレヴォーグSTI Sport♯です!

こちらは納車間もない新車でございます!

レヴォーグSTI Sport♯はレヴォーグSTI Sport R EXをベースとした500台限定の

特別仕様車で今年の東京オートサロン2023会場で公開され1月26日~5月12日の期間、

注文を受け付ける予定だったそうですが1月26日に即完売となった人気車種です!

もの凄い倍率だったそうです(^▽^;)

その、もの凄い倍率を勝ち抜いたオーナー様も、これまた凄いです!

そんなレアな人気車種でありますレヴォーグSTI Sport♯の現状を確認していきますと・・・

シミが多いんです(^▽^;)

ルーフも・・・

シミが多めです(汗)

ボディサイドは・・・

シミは少ないのですが、よく見ると洗車キズと思われるスクラッチが多いんです(^^;

リアも・・・

シミが多めです。

ホイールは・・・

純正のホイールではなく以前のお車に使用していたホイールに付け替えています。

と言いますのも今回は純正ホイールの裏側もコーティングをしたいとの事で

純正ホイールを外してお越しくださいました。

ありがとうございますm(__)m

そちらのホイールは後ほど!

 

その前にボディコーティングの作業を見ていきましょう。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

よく見ますと細かな反応も見えますが全体的にとても少なかったです。

リアも・・・

少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。  元々少ないんですけど(^^;

リアも・・・

スッキリと処理出来ております。  もちろん元々ですけど(笑)

 

鉄粉処理が済みましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回はシミが多いので新車にしては強めの磨きをしています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしております。

そして先ほどお話しました純正ホイールも・・・

表も裏側もホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティングをしました!

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも無くなってスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗に仕上がりました!

ボディサイドは・・・

洗車キズ系のスクラッチも除去出来ております。

リアも・・・

シミも無くなってライトがキリッと映り込むようになりました!

最後にホイールです。

こちらのホイールとタイヤは艶出しで仕上げています。

 

そしてオフショアブルー・メタリックのレヴォーグSTI Sport♯、

新車コーティングが完成いたしました。

いい艶に仕上がりました!

今回のお車は新車なのですが何故か既にシミと洗車キズが多く付いていました(汗)

そのシミと洗車キズを磨きで処理したことで塗装面のクリヤー感や艶感が向上して

スッキリとシャープに景色が映り込む艶々ボディに仕上がっています。

オーナー様も『艶が違いますね。』と、その違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

レヴォーグSTI Sport♯カッコイイですね~(*’▽’)

今回のオフショアブルー・メタリックは新型のクロストレックで登場したニューカラーです。

レヴォーグではSTI Sport♯にだけ設定された特別塗装色になります。

クロストレックでも人気カラーの様ですがレヴォーグにも、とても似合っています。

特にグリルやスポイラー類のブラックと相まってスポーティでカッコイイです!

カッコだけではなく走りの方も更に磨き上げられているそうで、

オーナー様曰く・・・コーナーリングが“普通じゃない!” そうです(笑)

そんなカッコよくて“普通じゃない”レヴォーグSTI Sport♯を何時までも大切にお乗りください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

クールグレーカーキのスバルXVにメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバルXVのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのクールグレーカーキのスバルXVは2021年の6月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から2年と少々が過ぎ、今回はメンテナンスでご入庫くださいました。

定期的にメンテナンスにお越しくださっており、今回は通算2回目のメンテナンスの

ご依頼になります。

では早速ですがコーティング施工から間もなく2年を経過しましたスバルXVの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

まずはボンネットからです↓

 

細かなシミも確認できますが大きな痛みはないようです。

アフターです。

拭きキズ(洗車キズ)も付いてはいるのですが色的な事もあって目立ちません。

シミもコーティング施工から2年と考えますと全体的に少なく良い状態を維持されております!

普段はボディカバーをしているそうなので、シミの少なさはボディカバー効果だと思います(^_^)/

ルーフも・・・

少し汚れていましたが、それ以外の痛みは少ないようです。

アフターです。

まだまだクリヤーでお綺麗です。

リアも・・・

何も問題ございません。

アフターです。

元々問題が無いので写真だとアフター感がありませんね(^▽^;)

ボディサイドも・・・

見ての通り全然お綺麗です(笑)

なのでアフターも・・・

あまり違いがありませんけど実車で見ると、しっかりと艶が向上しています。

 

それといつもの様に鉄粉の付着除去のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

これもボディカバー効果でしょうか!?

鉄粉も少ないです!

リアも・・・

少ないんです。

全然付いていない訳ではないのですが前回のメンテナンスから1年経過していて

この少なさは驚きです!

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

あまり違いがわかりませんが・・・

鉄粉を含めた異物の処理が出来ております。

最後にホイールです。

こちら軽い汚れ程度でした。

アフターです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げています。

 

そしてクールグレーカーキのスバルXV、通算2回目のメンテナンスが完成いたしました。

艶も向上しツヤピカのボディに仕上がりました。

全体的にシミやスクラッチが少なくコーティング施工から2年経過とは思えない程、

とても良好な状態を維持されておりました!

これも普段のお手入れ方法&ボディカバーの使用が効果を発揮しているのだと思います。

素晴らしいっス(^_^)/

オーナー様も『おぉ!。ピカピカだぁ~!』と、とてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

ボディカバーの使用には以前より賛否両論ございます。”賛“の言い分もわかりますし”否”の言い分も

よ~くわかります。 要は何を重視するか?だと思います。

ボディカバー脱着時にスクラッチが付く可能性もありますし、風でバタついて擦れる事もございます。

逆にボディカバーを使わないと紫外線の影響を直に受けますしウォータースポットも付きやすいです。

なのでやっぱり結局はどちらを重視するか?と言う事になると思います。

ボディカバーを使う事の方がメリットが多ければ使った方がいいと思いますし、

デメリットが多ければ使わない方がいいと思います。

なんか凄くあやふやですけど(^^;)賛否に決着をつける事はないと思うんです(笑)

もしボディカバーの使用をお悩みでしたら・・・

“何を防止したいか”を良く考えて見ると答えが出るかもしれません。

ちなみに私はボディカバーの使用は”賛”です(*^。^*)

最近では脱着時にキズが付きにくい裏起毛タイプの物などや蒸れにくい物など

高機能タイプのカバーもあるようですので気になる方はググって見て下さい(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル WRX STIの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル WRX STIのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのWRブルーパールのスバルWRX STIは2019年の10月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。

ボディコーティングから3年半が経過し今回はメンテナンスにお越しくださいました。

定期的にメンテナンスにお越し頂いており今回は通算3度目のメンテナンスのご依頼になります。

こちらのWRXはいつ見てもピカピカなんです(*^_^*)

ピカピカの艶々なのですがオーナー様はシミが気になるとの事でした。

では早速ですがコーティング施工から3年半が経過しましたスバルWRXのメンテナンスの

様子を今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

↓はボンネットからです。

確かにシミが増えてきたようです(^^;

アフターです。

今回はスタンダードメンテナンスでしたので深いシミは残っています。

屋外で見る分には↑の写真程は見えないのですが、もし気になるようでしたら

次回はメンテナンスplusが良いかも知れません。

ルーフも・・・

ライトを当てて見てしまうとシミが気になります。

アフターです。

クスミは僅かなので透明感もまだまだ維持されております!

艶も申し分ございません。

トランクも・・・

細かなシミが確認できます。

アフターです。

スクラッチも確認できますが、このボディカラーで3年半と考えますと少ないです(^_^)/

ぼでぇサイドも・・・

軽く汚れていますけど目立つ痛みはございません。

アフターです。

ピカピカです!

 

それといつもの様に鉄粉の付着除去のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

少ないんです! 全然付いていない訳ではないのですが驚きの少なさでした。

リアも・・・

同じく驚きの少なさでした(*”▽”)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々、反応が少ないので前も後ろも・・・

写真で見ると違いが全然分かりません(汗)

でも処理はしっかりと行っております。

 

そして最後にホイールです。

こちらも軽い汚れでした。

アフターです。

色艶が違います!

 

そしてWRブルーパールのスバルWRX STI、3回目のメンテナンスが完成いたしました。

いい艶感に仕上がりました!

と言っても元々が艶々の綺麗なお車でしたので↑の引きの写真だと変わらない気もします(汗)

全体的にクスミも無く艶も健在で塗装面(コーティング被膜)自体の痛みは3年半経過と考えますと

良好な状態を維持されていると思います。 特にスバルはシミが付きやすい傾向ですので(^^;

これも普段のお手入れの良さだと思います!

お引き取りに来られましたオーナー様にも『いゃ~ピカピカだぁ』と、とてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

今回のWRXはコーティング施工から3年半経過しましたのでメンテナンスでは落ちないシミや

スクラッチが増えてきましたが定期的にメンテナンスにお越しくださっている&普段のお手入れ方法の

良さもありまだまだ艶も透明感もあってお綺麗でした!!

それでも、もしシミやスクラッチが気になるようでしたら次回はボンネットやルーフのみ

メンテナンスplus、またボンネットだけやルーフだけの部分磨き等も良いかと思います。

また時期的に考えますとコーティング再施工も良いと思います。

メンテナンスの内容も色々とカスタマイズできますのでお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル フォレスタースポーツのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル フォレスタースポーツのボディコーティングです。

ホライゾンブルー・パールの納車間もない新車のフォレスタースポーツです!

現行型フォレスターは2018年の6月に発売が開始されたので登場から間もなく

5年を迎えるモデルになります!

発売から5年になりますが現在でも高い人気を維持しております(^_^)/

スバルは毎年、年次改良をしてます。最初期型をA型、次の年がB型・C型・・・となり、

現在はE型が最新になります。 その間にどんどんと熟成され完成度が高まってきます。

なのでフォレスターは熟成された今が買い時です(^_^)/

そんな熟成されましたこちらのE型フォレスターですが現状を確認していきますと・・・

若干、曇っているようにも見えますが、これは花粉の影響です(^^;)

洗車後に撮影しましたのが・・・

こちらです。

ボンネットは曇りも感じないクリヤーな塗装肌でした!

ルーフは・・・

こちらも洗車後の写真です。

ボンネットに比べると少し曇りがあるようです。

ボディサイドは・・・

洗車前です。

こちらも少し曇りが確認できます。

リアも・・・

同じく若干曇りを感じますが、言われないと気にならない程度の軽い曇りでした。

ホイールは・・・

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので後ほどコーティングをしていきます!

それと合わせてウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでボディのご紹介の前に

ウインドウコーティングより見ていきましょう!

↓は現状です。

なんとな~く撥水??をしておりました。

撥水剤による撥水と言うよりも油分の付着による水弾き??

又は納車仕上げ時の撥水シャンプーがかなり弱まっている??そんな感じの水弾きでした(^▽^;)

いずれにしましても・・・

ガラス表面を一度綺麗に整えてからウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをいたします。

最後に撥水チェックをしましたらウインドウコーティングの完成です!

 

引き続きボディの作業をご紹介してまいります。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

よ~く見ればポツポツと反応が確認できますが探さないと見つからない程度の

少なさでした!

リアも・・・

反応が少し“流れて”しまっていますけど、リアも少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少ないので見た感じはほぼ同じです(笑)

リアも・・・

変化ないように見えますが鉄粉処理が済んでおります。

 

鉄粉等の異物処理が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

ポリッシングが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

元々がとてもクリヤーな塗装肌でしたので正直、写真で見るとあまり違いが

わからないかも知れんません(^▽^;)

ルーフは・・・

こちらは違いがわかりやすいと思います(笑)

施工前よりもスッキリとクリヤーになっております!

ボディサイドも・・・

曇りが無くなってサッパリとした映り込みになりました。

リアも・・・

透明度が上がっております!

ホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティングです。

艶々です(*^_^*)

そしてホライゾンブルーパールのフォレスタースポーツ、新車コーティングが完成いたしました。

元々が曇りの少ない綺麗な新車でしたので↑の写真で見ると、

あまり違いがわからないかもしれませんが・・・(^▽^;)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたように曇りが無くなった事で

透明感と光沢感が向上しております。

今回のフォレスタースポーツは比較的曇りも少なく綺麗な新車でしたが

新車でもかなり曇っている車両もございます。

その曇りを除去すると塗装本来の色と艶が出てクリヤーで艶やかなボディに変わります。

ですので新車でも磨きは必要だと当店は考えております。

もちろん1台1台曇り具合は違いのますので磨き方も変わってきます。

ですのでカーコーティングはカーコーティング専門店がおすすめなんです!

新車もカーコーティング専門店『カービューティープロ カラーズ』へ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。