フレームレッドのホンダS660です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダS660のボディコーティングです。

こちらのフレームレッドのS660は納車から間もない新車のお車になります!

こちらのオーナー様は今年3月の“生産終了”のアナウンスの数日後に

ご契約されたそうでギリギリ新車をご購入できたそうです(^_^)/

それから数日後には受注終了だったようで、まさにギリギリでした。

 

当店ご入庫後にお車を眺めていましたら(笑)  あれっ??何か違うなぁ?? と・・・

当店では今までに何台かのS660を作業させていただいていますがマイナーチェンジ後の

S660は初入庫のような気がします。 きっとそうです。そうに違いありません(笑)

パッとみではあまり変更がなさそうですが見れば見るほど細かな違いが結構あるんです。

マイナーチェンジ後のモデルはAピラーがボディと同色になっています。前期型はブラックです。

この違いだけでも車の雰囲気が違ってくるから面白いですね(*’▽’)

その他にも結構違いがありますので皆様も見比べて楽しんでください(笑)

(私も今日来られた別のS660のオーナー様に教えて頂きました(^^;)

 

話がそれましたが新車S660の現状確認を始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

あれっ?? キズが多いぞぉ(^^;  このキズはもしや!?

↓もボンネットですが・・・

キズが多いんです。

写真だとライトの周辺にしかキズが見えませんがボンネット全体に付いています(;´∀`)

ルーフは・・・

猫の毛でしょうね(=^・^=)  沢山付いていました。

リアのエンジンフードも・・・

傷だらけなんです(;”∀”)

このキズはポリッシャーで磨いた “バフ目” と言う磨きキズです。

リアもフード全体に付いていました(汗)

ボディサイドは・・・

こちらもポリッシャーの磨きキズが盛大に入っていました(涙)

反対側も・・・

ガシャガシャです(;´∀`) これは磨きキズではなく拭きキズでしょうか??

一体何があったのでしょうか??

ホイールは・・・

軽~く汚れ気味でした。

 

ご覧頂きましたようにボディ全体にキズが付いています(;´∀`) そのほとんどが

ポリッシャーで磨いた時に付いた磨きキズで一部は違うキズの様です。

磨きキズが付いていなかったのは前後のバンパーとフロントフェンダーのみでした。

よ~く見てしまえばフロントフェンダーもほんの少し付いてはいましたけど(^^;

なんでこんなに磨きキズが付いているのか不思議だったのですがオーナー様に

後で聞いたところ納車前に販売店でコーティングをサービスしてくれたそうです。

おそらく塗装面が曇っていたので、その時に磨いたのかと思います。

販売店のコーティングはボディを磨かないでコーティングを掛けるお店が多いのですが、

こちらの販売店は磨いているようです。 ただその磨きが・・・

こんなにボディをキズだらけにするようならば磨かない方がいいような気もします。

曇りを取るかキズを取るか難しい選択です(笑)

新車でも一部に磨きキズが付いていたり、普通の線キズが付いていたりする事は

全然珍しくはないのですが、ここまで全体的に付いているのは珍しいです(^▽^;)

と私がいつまでもブツブツと言っていてもしょうがないので(笑) 早速作業を始めていきましょう!

頑張るぞ~!! おぉ!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

少ないです!!

探せばわかる程度の少なさでした(^_^)/

リアも・・・

全然付いていない訳ではないのですがとっても少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少ないので違いがわかりません(笑)

リアも・・・

ほぼ変化なしです!

鉄粉が終わりましたらボディにマスキングをしていきます。

おぉ!なんかカッコイイです(笑)

そして磨いていきます。今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に少しアレでしたので(^^;やや強めの磨きで塗装面を整えていきました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

いゃ~綺麗になりました(^_^)/

別角度からも・・・

磨きキズがサッパリとしましたね!

ルーフは・・・

(=^・^=)の毛も綺麗になりました!

また猫がくつろぎそうですけど(笑)

リアも・・・

磨きキズが無くなり綺麗になっております (^_-)-☆キュピーン!

ボディサイドの磨きキズだって・・・

サッパリとしました。  いゃ~よかったよかった!!

反対側も・・・

トゥルントゥルンです(笑)

ホイールも・・・

コーティングのご依頼を頂きましたのでホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティング!!

最近ホイールコーティングのご依頼が増えております。 皆さまも是非どうぞ~。

お手入れも楽になります!

そしてフレームレッドのホンダS660、新車コーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました(^_^)/

ボディ全体に付いていた磨きキズも取れてスッキリと艶々ボディの出来上がりです!

実は車の塗装面は新車時が一番艶々でベストな状態とは限らないのです。

むしろ新車時がベストな状態のお車は稀です。おそらく今回のS660も塗装面が曇っていたので、

磨いたのかと思います。 先ほどもお話しましたが販売店のコーティングはボディを磨かないで

コーティングを掛けるお店が多いのですが、こちらの販売店は磨いているようです。

問題なのはその磨きが・・・(;´∀`)

(なかにはキッチリと綺麗に磨く販売店もございます。結局のところ販売店に入っている職人さんの腕次第です。)

当店ではもちろんそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてから

コーティングをしています。

下地を整えないと言う事はそのままコーティング剤を塗るという事ですので

不具合箇所はそのままコーティング剤で閉じ込めてしまいます(;´∀`)

ですので新車を新車以上に輝かせるにも下地作りが重要です!

(今回のS660は下地を整え切れていなかった状態でした)

ですので新車コーティングも下地を整えているカーコーティングの専門店、

『カービューティープロ カラーズ』へ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ルノー メガーヌR.S.のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはルノー メガーヌR.S.のボディコーティングです。

R元年式オランジュ トニック メタリックと言う名の綺麗なオレンジ色のルノー メガーヌR.S.です!

いゃ~綺麗なオレンジ色です(*‘∀‘) そして何よりカックイイ~です!

写真だとその迫力が伝わりませんがノーマルのメガーヌに対してフロントが60mm、

リヤが40mmワイドになっています。 元々はCセグメントの小型車ですがR.S.は

横幅が1875mmもある走りの為の迫力ボディです!

そんなメガーヌR.S.ですが、こちらのお車は元々はどうやらルノー・ジャポンの広報車両として

使われていたお車だったそうです。

という事は雑誌なんかにもバンバン載っていた車両なんでしょうね!

皆様も雑誌や試乗レポートなどで見ている車両かも!?

 

話がそれましたがお車の状態確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

納車前に軽く磨いてくれたそうですので基本的にお綺麗です。

ルーフも・・・

細かなシミ等はございますがクスミはなくお綺麗ですね。

ボディサイドは・・・

こちらはシミも無くお綺麗ですが若干ですが曇りがあり透明感が損なわれているようです。

リアは・・・

綺麗は綺麗なんですけど、もう少しスッキリとしたいところです(^^;

ホイールは・・・

フロントのホイールはそうでもなかったのですがリアのホイールはブレーキダストの

付着が多くて “走り込んだ” 感が満載でした(^▽^;)  (↑はフロントホイールです)

広報車としてサーキットもガンガンに走っていたようです。 納得です(笑)

 

初期登録から1年半以上経過しているのですが納車前に軽く磨かれている事もあって

全体的にお綺麗でした。

ただその軽い磨きがどこまでの磨きかはわからないのですが、ボディサイドの曇りを

見た感じですと “軽い” 磨きなのかなぁとは思います(笑)

でもボンネットやルーフはシミやスクラッチが少ないので水平面は強めの磨きが

入っているようです。 私の勝手な推測ですけど(^^;

いずれにしろ全体的に磨きを掛けてもっと綺麗な状態に仕上げていきたいと思います!

では作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

あらっ!?  結構多いです(汗)

鉄粉処理しないで磨いたのかな?? それとも納車後に付いた鉄粉なのでしょうか??

鉄粉の量的に納車後に付いたのは考えにくいです(;´∀`)

リアも・・・

反応が少し“流れ”ていますけど、やはり多めでした。

ボディサイドも多かったので、たぶんですが鉄粉の処理はされていないのでしょう。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗です!

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

オレンジのボディに黄色いマスキングがマッチしています! 違和感ございません(笑)

そして磨いていきます。

今回は基本的にお綺麗ですので軽い磨きのベーシックプランになります。

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”や

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また”塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

 

磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

塗装表面が綺麗になっております!  今回は軽い磨きですので深い線キズやシミは

残っておりますが普段は気になる事は無いと思います。

ルーフも・・・

細かなシミも取れてスッキリと綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

曇りが取れたので、よりクリヤーになりライトの映り込みも

スッキリと綺麗です(^_^)/

リアも・・・

クリヤーになりました。

ホイールは今回ホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので

ホイール専用コーティング・・・

PCW-880でコーティング!

輸入車はブレーキダストが多く出ますのでホイールコーティングは必須アイテムです!

そしてオランジュ トニック メタリックのルノー メガーヌR.S.、ボディコーティングが

完成いたしました!

綺麗なオレンジが更に綺麗に、そして艶々になりました!

元々お綺麗でしたがボディに残っていたシミやスクラッチそして曇りを磨いて除去すると

更に透明感と色に深みが出て新車のような艶感になります。

ボディが綺麗になったところにコーティングをしてより艶々なボディに仕上げていきます!

いゃ、仕上げました(笑)

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ!!』と、その違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

パッと見た感じお綺麗でも今回のメガーヌの様に鉄粉がタップリなんてこともございます。

特に展示されていたお車は鉄粉が多い傾向です。試乗車や新古車等、あまり使用されていないお車も、

車は置いておくだけでも痛みが進んでいきます。

当店は経年車はもちろん、新車でもそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてから

コーティングをしています。ですので経年車もそして新車のコーティングも

専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタRAV4アドベンチャーのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタRAV4のボディコーティングです。

こちらのアティチュードブラックマイカのトヨタRAV4アドベンチャーは納車から間もない

新車になります!

RAV4のアドベンチャーに追加設定された特別仕様車の“オフロードパッケージ”です!

いゃ~カッコイイですね(*‘∀‘)

“オフロードパッケージ”は走破性を高める専用ダンパーや18インチオールテレインタイヤ&マッドブラックの

専用ホイールそしてブリッジ型のルーフレールなどが装着されております。

また専用のダンパーやタイヤ&ホイールでベースモデルの「アドベンチャー」に比べ最低地上高が

10mmアップの210mmに上がったモデルになってます!

いゃ~オフロードが楽しそうです!

話がそれましたがトヨタRAV4アドベンチャーの現状を確認して参りましょう。

しかし・・・

ご入庫時は雨でしたので濡れています(^^;

これだとよくわかりませんので洗車後に撮影しましたのが↓です。

薄いスクラッチ等確認できますが塗装自体は曇りも無くお綺麗でした。

ルーフも・・・

よくよく見れば鳥糞によるシミやスクラッチもありましたが

基本的にはお綺麗な塗装肌でした。

ボディサイドは・・・

とってもお綺麗です。

リアも・・・

こちらもスクラッチが確認できました(^^;

ホイールは・・・

↑は洗車前です。マッドブラックなのですが汚れていますので、よりマッドブラックです(笑)

 

全体的には塗装の曇りも少なく良好な状態なのですが、見て頂いたようにボンネットとルーフは

黒という事もあってか既に軽いシミやスクラッチも確認できました。

実は新車でもこれ位のシミやキズが付いている事は珍しい事ではなく、とってもよくある事です。

このシミやスクラッチをスッキリ除去してコーティングをしていきたいと思います。

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ウインドウコーティングからご紹介していきます。

↓は現状です。

ワイパーの払拭範囲内は油分の付着も少ないようですが範囲外は既に油分が付き始めている感じです。

別の角度から見てみると・・・

水を掛けてみると、こんな感じで水を弾いている所と弾かない所に分かれます(笑)

今回は全面のご依頼ですので全面磨いてガラス表面を綺麗にします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

コロコロの水玉撥水が出来上がりました!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

毎度の事ですけど黒い車ですと何が何だかわかりません(;´∀`)

リアも・・・

写真だと確認困難です(汗)

実際のところですが新車という事もあって鉄粉は少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

しかし処理後も何だかわかりません(汗)

リアも・・・

違いが伝わりませんが鉄粉処理はキチンと済んでおります!

 

鉄粉の除去が出来ましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。 今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は比較的綺麗な塗装肌でしたので軽めの磨きで仕上げております。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

EXE evo1と・・・

PCX-V110の華麗なるコラボレーションです!

シミ低減の対策としましてボンネットやルーフの水平面にEXE evo1を使用して、

その他の部位をPCX-V110でコーティングいたしました(^_^)/

 

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリとして綺麗になりました!

ルーフも・・・

綺麗になりました。

ボディサイドは元々お綺麗でしたが・・・

施工前と見比べて頂くと、よりクリヤーでスッキリとしています!

見比べてくださいね~(^_^)/

リアも・・・

スッキリとしております。

そして今回はホイールもコーティングのご依頼ですので・・・

PCW-880でコーティング!

マッドブラックのホイールはコーティングをしますと若干艶が出でしまいますが、

それほど大きく印象が異なってしまう事もないかと思います。

 

そしてアティチュードブラックマイカのトヨタRAV4アドベンチャー“オフロードパッケージ”の

ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました~(^_^)/

元々新車なんでお綺麗ですがそれでも施工後は黒さにより深みが出て艶々に仕上がります!

オーナー様も『凄いっすね!光沢が違いますね!!』と、とてもお喜びになられておりましたので

間違いないと思います(笑)

オフロード車は泥で汚れているのがカッコイイ! ←  私もそう思います! 確かにカッコイイです。

でもピカピカのオフロード車もやっぱりカッコイイです(^_^)/

どちらも違うカッコよさですよね。

ピカピカのカッコイイRAV4アドベンチャーを末永く大切にお乗りください!

 

オフロード走行って出来そうで意外と出来ないですよね!?

普段の暮らしですと、ほぼほぼ舗装路を走る事の方が多いかと思います。

だからと言って林道に入っていくとなると少し不安・・・(;´∀`)

でも車高の高い車を買ったからには一度は凸凹のオフロードを走ってみたいじゃないですか!?

そんなあなたにピッタリなのが『さなげアドベンチャーフィールド』です!

ここには本格的なオフロードコースや気軽に楽しめる林道コースそして屋根付きバーベキュー場や

バギーコースなど、ご家族みんなで楽しめる総合アウトドアランドなんです!

気軽に楽しめる林間コースと言っても結構本格的なんです。

私も動画で見た事ありますが意外とハードでした(笑)

初心者向けのワンダフルコースはミニバンでも走れるそうですので安心です。

また車が無くても4WDのレンタル車両もあるそうですので、4WDをお持ちではない方や

ご自分の愛車を痛めたくない方はレンタル車両もいいかと思います(^.^)

私も一度は行ってみたいと思っているのですがまだ行ってません(;´∀`)

と言うのも少し遠くて・・・愛知県の豊田市なんです(汗)

まだ行ってはいませんが間違いなく楽しいと思いますので皆様も是非チェックしてみて下さい!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

BMW118dのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはBMW118dのボディコーティングです。

H30年式ブラック・サファイアのBMW118dです!

物の本によりますと『衝動買い』とは買う予定はないのに、商品を見ているうちに欲しくなって

買ってしまうこと。だそうです(^▽^;)

まさに今回のオーナー様は、こちらのBMW118dを衝動買いしてしまったそうです! 凄いっす(*‘∀‘)

奥様のお車が古くなったので買い替える事になり車を見に行ったら、こちらのBMW118dが置いてあり、

見ているうちにオーナー様が欲しくなってしまい、そして御自分用にご購入!!  凄いっす(*‘∀‘)

きっとこれも運命なんです! 運命の出会いだったんです!!

出会ってしまったらもう買うしかないです(*´▽`*)

そして買ったらコーティングです!

という事でコーティングのご依頼を頂きました(笑)  ありがとうございますm(__)m

では初期登録から約3年経過しましたBMW118dの現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

少し汚れていますが初期登録から間もなく3年経過と考えますと

シミもスクラッチも少なめではないかと思います。

ルーフも・・・

汚れはありますが塗装を侵食しているようなクレーター状の深いシミは

少ないです。

ボディサイドも・・・

スクラッチも少ないです。

ただ若干クスミがあるようでライトの輪郭がスッキリとしていません。

リアも・・・

基本的にお綺麗なんですけど少しスッキリとしない印象でした。

ホイールは・・・

ブレーキダストで軽く汚れています。

今回ホイールコーティングのご依頼を頂きましたのでコーティングしていきます!

 

初期登録から3年のお車と考えますと全体的に痛みが少ないかと思います!

もちろん見て頂いたように軽めのシミやスクラッチ、線キズ等は確認できますけど

塗装そのものはまだまだしっかりとしております。

と言いますのもシミは多く付いているんですが、そのシミは比較的浅めのシミが多く

塗装を“深く”侵食してしまっているようなシミと深い線キズは意外と少ないんです(^_^)/

ただクスミは進んでいるようで、特にボンネットとルーフの水平面はメタリックのキラキラ感が

薄れてしまっております。そのメタリックのキラッキラを取り戻してピッカピカにしますよ~!

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが

黒い車では毎度の事になりますけど・・・

ボディが黒いと鉄粉の反応が伝わりません(^^;

実際のところ鉄粉自体は意外と少なかったです!

リアも・・・

写真だと何が何だかわかりませんけどリアも鉄粉が少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

もちろん鉄粉処理後の写真も何が何だかわかりません(汗)

リアも・・・

見た感じ変化ありませんけど(汗)鉄粉処理を行っております

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

そして磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

深い線キズは残ってしまいましたが全体的にスッキリと綺麗になりました!

メタリックも引き立つようになりました。

ルーフも・・・

サッパリとしました。

ボディサイドも・・・

クスミが無くなってライトの輪郭もクッキリ映り込むようになりました。

リアも・・・

よりスッキリとクリヤーです!

最後にホイールです。

よ~く洗ってからコーティングを掛けたのでピカピカです!

ホイールコーティングはボディコーティングと同時施工いたしますとホイールコーティングの

お値段が20%OFFになりますので同時施工がとってもお得なんです(^_-)-☆

皆様も是非どうぞ!!

 

そしてブラック・サファイアのBMW118d、ボディコーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました~!(^^)!

色に深みが出て艶やかさと光沢感の向上を感じていただける仕上がりになったと思います!

お引き取りに来られたオーナー様も“おぉ!綺麗だなぁ!”とお喜びになられている

ご様子でした!  ありがとうございます。

運命的な出会いを果たしましたBMW118dで楽しいカーライフをお送りください(^_^)/~

 

黒い車は磨くとピカピカに輝きます!更にコーティングを掛けますと、より一層ピッカピカに輝くんです!!

もちろん日中の太陽の下で見ても綺麗なんですが、夜の街灯の下で見ますとこれがまたいいんですよ~。

度々この話をしていますけど(笑) 街灯に照らされた愛車はいつも以上に

カッコよく見えるものです!  本当ですよ(笑)

なかなかマニアな視点になりますが街灯に照らされた愛車を眺めたり、

写真を撮るのもまた違った車の楽しみ方でもあります!

皆様もカメラ片手に街灯の下へLet’s go!!

あっ! コロナだから今はダメかっ(^▽^;)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

テスラ モデル3のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはテスラ モデル3のボディコーティングです。

こちらのパールホワイトのテスラ モデル3は納車から間もない新車になります!

テスラ モデル3は当店初入庫です(^_^)/  と言いますかテスラ車自体が初入庫です(笑)

もちろん初入庫ですので私にはモデル3の動かし方がわかりません(^_^;)

ご存じの方も多いかと思いますがテスラ車は今までのクルマの概念を変える車です。

今までの車とは勝手が全然違います(汗)なのでご入庫時にオーナー様に動かし方を

レクチャーしていただきました。  ありがとうございますm(__)m

教わってしまえば、もの凄く特殊な訳ではないのですが、何も知らずに鍵だけ預かったら

おそらく車の中に入る事すら出来ない気がします。 いゃ間違いなく入れません(笑)

そんな未来カーのテスラ モデル3の現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

僅かに塗装の曇りを感じなくはないのですがお綺麗な塗装でした!

ルーフは・・・

全面ガラスルーフでした!  ↑の写真の部分はルーフと言うよりリアガラスになります。

リアのガラスがルーフの半分ぐらいまであるんです(*’▽’)   メッチャ大きいです!

トランクも・・・

お綺麗です。 余談ですが私、モデル3は5ドアクーペかと思っていたんですけど

独立したトランクを備えた4ドアセダンだったんですね。 知りませんでした(汗)

何から何まで、そして見れば見るほど新鮮です(*”▽”)

ボディサイドも・・・

若干の曇りを感じますけど、お綺麗です。

ホイールは・・・

マッドブラック調の色ですが汚れも少なくお綺麗です。

 

ご覧頂きましたように全体的に塗装の曇りも少なくお綺麗でございました。

オーナー様もお話されていましたが以前のモデル3はアメリカ生産でしたが

少し前に中国生産に変更されました。 それによって車両価格が下がっただけではなく、

品質も向上したそうです(*’▽’)

モデル3は当店初入庫ですので私はアメリカ生産のモデル3は見たこと無いのですが

噂では塗装の品質が悪くて納車時にキズが多く付いている事もザラだったようです。

現在は中国製に切り替わったので塗装のトラブルもかなり減少しているそうです。

今回ご入庫されました個体もお綺麗でした(^_^)/

とは言え若干の曇りも感じますのでスッキリとクリヤーに仕上げていきたいと思います。

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ウインドウコーティングからご紹介していきます。

↓は現状です。

油分の付着もあまりないようで変な水弾きをしていません。

しかしだからと言ってそのままコーティングを掛ける事は致しません。

ガラス表面も綺麗に整えます!  ルーフもね(^.^)

そしてよ~く乾燥させた後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

紫色の反応が少し“流れて”しまっていてわかりにくいかも知れませんが、

新車にしては結構多めです(^▽^;)

リアも・・・

多めでした。

輸入車は工場からお客様に届くまでにどうしても時間が掛かりますので

鉄粉はやや多めの傾向です。

その鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリしました。

リアも・・・

綺麗になりました。

 

鉄粉の除去が出来ましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。 今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は曇りも僅かですので軽めの磨きで仕上げております。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

僅かにあった曇りが無くなってスッキリしました!

ルーフも・・・

撥水処理しましたので水玉コロコロです!

トランクも・・・

よりスッキリとしました。

ボディサイドは・・・

曇りが無くなってライトの輪郭もクッキリとシャープに映り込むようになりました。

ホイールもコーティングのご依頼ですので・・・

PCW-880でコーティング!

マッドブラックのホイールはコーティングをしますと若干艶が出でしまいますが、

それほど大きく印象が異なってしまう事もないかと思います。

オーナー様にもご確認していただきましたが全然気にならないとの事でした。

そしてパールホワイトのテスラ モデル3、新車コーティングが完成いたしました!

いかがでございましょうか。

透明感と艶がアップして納車直後よりも更に綺麗な新車に仕上がったと思います(^_-)-☆

今回“軽め”の曇り具合でしたが、その軽めの曇りでも除去しますとボディ全体が

透明感を増しスッキリと艶々ボディに仕上がります!

愛車とご対面いたしましたオーナー様も“うわぁ~!全然違いますね!”と

その仕上がりの違いをご実感されているご様子でした。

ありがとうございました。

 

今回使用いたしましたコーティング剤「EXE evo1」は施工前後の違いが分かりにくい

新車のパールホワイトでも艶感・光沢感の向上を実感していただけるコーティング剤だと

思います。また今までに“EXE evo1″を施工いたしましたお車の経過を観察していますが、

どのお車も塗装を浸食してしまうようなクレーター状の深いシミが出来にくい傾向です。

もちろん全くシミが付かない訳ではないのですが、従来のコーティング剤に比べますと

少ないと思います。シミ(ウォータースポット)が気になる方は

EXE evo1”是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

レクサスIS300 “F SPORT”のご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスIS300“F SPORT”のボディコーティングです。

こちらのホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”は

納車から間もない新車のお車になります!

ホワイトノーヴァガラスフレークは“F SPORT”にだけ設定されている専用色です。

これが綺麗なホワイトなんです(*‘∀‘)

パールホワイトと比べますとパール特有の少し黄色味がかった感じはなく

ホワイトノーヴァガラスフレークはガラスフレークのキラキラ感と透明感の高い

スッカッ!っと、とっても綺麗なホワイトなんです!

そんな綺麗なホワイトノーヴァガラスフレークの新車IS“F SPORT”の現状確認から

初めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少し汚れてはいますけど塗装面自体は曇りもなくお綺麗なんです!

ルーフも・・・

汚れに目が行ってしまいますけど塗装自体はお綺麗です(^_^)/

トランクも・・・

汚れはありますけど申し分ございません。

ただ汚れていると言っても白いボディカラーですと、どれくらいの汚れ具合か

わかりにくいと思います。

そこで黒いリアスポイラーを見ますと・・・

汚れ具合がよくわかります(笑)

全体的にこの様な汚れ具合でした。

ボディサイドは・・・

こちらも曇りも感じられず、とてもお綺麗です!

ホイールは・・・

納車から少し距離を走られていますので汚れておりました。

それはそうと、オレンジ色のキャリパーがカッコイイですね(*’▽’)

 

全体的に塗装面の曇りも無くとっても綺麗でした!

この辺りは流石レクサスと思わせる塗装のクオリティでございます(^_^)/

とは言え納車から当店ご入庫までの数日間に雨にも降られておりますし

虫や鉄粉等の異物などの付着もございます。これらの汚れはシャンプー洗車程度では

落ちません。ですのでいくら綺麗な塗装でも下地作りから行っていきます。

当店は例え綺麗な新車でも洗車してコーティングを塗布するだけの

お手軽コーティングはいたしません(^^)/

それは後ほどわかって頂けるかと思います・・・     意味ありげ(ー_ー)

では作業を始めて参りましょう!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

納車前に何か撥水剤でも掛けたのでしょうか??

それとも油分による水弾きでしょうか??

たぶん撥水剤による水弾きかと思うのですが、いずれにしても中途半端な水弾きです(^^;

運転席と助手席は撥水ガラスになっていますので、それ以外のガラスを磨いて

綺麗にリセットいたします。 サンルーフもね!

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

やっぱり撥水と言うからにはこれ位は弾いてほしいです(笑)

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

あれ~~~

リアも・・・

あら~~(^_^;)

鉄粉が沢山でした。

納車から日が浅いんですけど、なかなか盛大に鉄粉が付いております。

こちらのお車は普段は線路の近くに止めているそうですので納車から数日で

こんなに鉄粉が付いてしまうようです。

なので綺麗な塗装に見える新車でもしっかりとした下地作りが必要なんです。

この上からコーティングを塗ってしまえば、この鉄粉を閉じ込める訳ですから(T_T)

鉄粉処理は重要です。

そして↓は鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです。

綺麗になりました!

リアも・・・

サッパリとしました。

 

サッパリしましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的にとてもお綺麗な塗装肌でしたので塗装を研磨すると言うよりも

ケミカルで落ちなかった頑固な汚れを落とし塗装表面を整えるような軽い磨きになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

当店は綺麗な新車でもここまでしてからコーティングになります!

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々とっても綺麗な塗装肌でしたので写真だと違いがわからないかも知れません。

ただ汚れが落ちたのだけは伝わるかと(^▽^;)

ルーフも・・・

艶々です!

トランクも・・・

潤いを感じますね!

リアスポイラーも・・・

綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

写真だとあまり違いが伝わりませんね(汗)

ホイールは今回ホイールコーティングのご依頼を頂きましたので・・・

PCW-880でホイールコーティングをいたしました!

ダークメタリック感が向上して艶々なりました。

それとヘッドライトコーティングなども行っております。

 

そしてホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORTの

新車コーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

と言っても元々がお綺麗ですので↑の写真ですと違いがあまり伝わらないかもです(^▽^;)

しかし実車の方を見て頂ければ施工前後の違いを感じて頂けると思います。

オーナー様も『新車より綺麗!』と、その違いを実感されているご様子でしたので

間違いありません(笑)

車綺麗になると嬉しいな~と笑顔でお帰りになられました。

ありがとうございました。

 

当店の人気コーティング剤でもございます「EXE-evo1」はベ-スコート+トップコートの

2層コーティングとなります。2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事に

なりますので、その分作業に時間が掛かってしまう為にお値段も高めの設定となりますが、

“極上の深い艶と抜群の保護機能“を実感して頂けると思います!

また今回のお車の様なホワイトメタリックやパールホワイト等の艶や光沢感の違いが

わかりにくいライトカラー系のお車でも艶感・光沢感の向上を実感していただけると思います。

最近「EXE-evo1」のご指名がとっても増えております!

是非、皆様も「EXE-evo1」お試しください(^^)/

おすすめです!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホワイトパールクリスタルシャインのRAV4です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタRAV4のボディコーティングです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインのトヨタRAV4は納車間もない

新車のお車になります!

人気にモデリスタのエアロ装着でワイルドさとスポーティーさにより一層

磨きがかかったRAV4でございます(^_^)/

しかしモデリスタのエアロは人気がございますね~。

アフターメーカーのエアロより遥かに品質がいいので安心して装着できます。

この辺はさすが純正クオリティーですね(^_-)-☆

そんなかっこいいモデリスタのエアロ装着しました新車RAV4の現状確認から

始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少しピントがずれていますけど(汗)ボンネットは曇りも僅かでお綺麗でした。

しかしルーフは・・・

少し汚れもありますけどボンネットに比べると曇り気味です。

更に・・・

写真に撮ってしまうとそれ程でもないように見えますがボンネットやルーフより

確実に曇っています(^_^;)

リアも・・・

凄~く曇っている訳ではないのですが、いまいちスッキリとしていません。

ホイールは・・・

ホイールは少し汚れていますけど光沢感の高いピカピカのホイールです!

 

新車という事もあって基本的にお綺麗なんですがライトを当てて見ますと

ややボディが曇り(白ボケ)気味でスッキリとしていない状態でした。

この新車時の白ボケと言われる曇りですがボディ全体が曇っている車もありますし

逆に曇りもなくとっても綺麗な車もございます。更に今回のRAV4の様にパネル毎に

曇り具合にバラツキがある車もございます。 不思議です(笑)

その中でも私的にはトヨタ車は全般的に品質が安定している印象なんですけど最近は結構

塗装品質のバラつきを感じます。(曇りのある車が多い)

もし納車されたお車の塗装が曇っていたら・・・大丈夫です! 諦める事はございません。

磨けばスッキリとクリヤーになります!

ではスッキリとクリヤーな新車を目指して作業を進めてまいりましょう。

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

黒っぽいポツポツと確認できるのが鉄粉です。新車でもこれ位は付いているものです(^^;

リアは・・・

とっても少ないです!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリしましたね!

リアは・・・

元々少なかったのであまり違いがわかりません(^▽^;)

 

鉄粉の処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

そしてボディを磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的少しばかり曇り気味でしたので、その曇りを磨いて除去し塗装面を

クリヤーに仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それ以外にも今回は樹脂コーティングのご依頼も頂いております。

↑の写真は塗り立てです。乾燥しますともう少し艶感は落ち着きます。

もう少し落ち着きますが違いは歴然です!

未塗装の樹脂パーツ類は時間の経過と共にあっと言う間に白っぽく汚れ、そして退色してしまいます。

その予防にも樹脂コーティングは有効です。

また既に白っぽく退色してしまったお車でも黒さと艶を復活する事が出来ます。

(一部、劣化の激しい樹脂や樹脂の素材等により効果を発揮しなかったり短期間に効果が

落ちてしまう場合もございます。詳しくはお問い合わせください。)

更に樹脂コーティングをすると汚れのこびり付きも低減されて洗車も楽になります(^_^)/

それと・・・

ヘッドライトのコーティングなども行いました!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

元々ボンネットの曇りは軽めでしたがよりスッキリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

こちらの方がビフォーとアフターの違いがわかりやすいと思います。

曇りなくクリヤーですね!

それよりも更に違いがわかりやすいのがボディサイドです↓

モヤッとした曇りが無くなってライトの輪郭もクッキリとしました(^_^)/

リアも・・・

スッキリとスベスベです。

最後にホイールです。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いております。

ホイールコーティングはこちらの・・・

カービューティープロのアルミホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティングです!

しっかりと洗ってからコーティングを掛けたのでピカピカです!

ホイールコーティングはボディコーティングと同時施工いたしますとホイールコーティングの

お値段が20%OFFになりますので同時施工がとってもお得なんです(^_-)-☆

 

そしてホワイトパールクリスタルシャインのRAV4新車コーティングが完成いたしました。

いい艶に仕上がりました! と言っても↑の写真ですと違いがあまり伝わらないかもですが

各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにボヤボヤとした曇りが無くなり

キリッとシャープに景色が映り込むようになりました。 

更に白と黒のメリハリが出てよりシャープでスポーティーなRAV4に仕上がったと思います。

また「EXE evo1」がいい仕事をしているんです(笑)

「EXE evo1」は艶感の違いを感じづらい新車のパールホワイト等のライトカラーでも

実車の方を見て頂くと艶感の向上を感じていただけるコーティング剤だと思います!

「EXE evo1」は2層コーティングとなります。2層コーティングと言う事は2度コーティングを

塗るという事になります。その分作業に時間が掛かってしまう為、お値段も高めの設定となりますが

従来のコーティング剤との違いを実感して頂けると思います!

私も自分の車で試して経過観察をしておりますが、やはりシミが付きにくい印象です。

もちろん全然シミが付かない訳ではございませんが従来のコーティング剤に比べますと

かなり少ないと思います。

水玉撥水が好きだけどシミが気になる・・・そんなお悩みのオーナー様にお薦めの

コーティング剤です!  是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ新型クラウンのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ クラウンのボディコーティングです。

こちらのプレシャスホワイトパールの新型クラウンは納車から間もない新車になります!

いままではトヨタのパールホワイトと言えばホワイトパールクリスタルシャインでしたが

徐々に新色のプレシャスホワイトパールに入れ替えているようですね。

クラウンもマイナーチェンジの時に置き換わったようです。

今までのホワイトパールクリスタルシャインに比べると、より白くそしてパール感を

感じるカラーではないかと思います。 ライトの下で見ますとパール感が強くて

とっても綺麗です(*´▽`*)

そんな新色の新車クラウンの現状確認から始めて参りましょう!

 

まずはボンネットからです。

少し汚れていますけど曇りも感じないスベスベの塗装肌でございました。

ルーフも・・・

クリヤーでお綺麗です(*”▽”)

トランクも・・・

汚れが少し見えますが塗装自体は申し分ございません!

ボディサイドも・・・

いゃ~とってもお綺麗です(*”▽”)

ホイールは・・・

光沢感の高いカラーという事もあって汚れが目立ちません。 と言うよりも綺麗なんです(笑)

 

全体的に塗装の曇りもほぼほぼ感じない程クリヤーでお綺麗な塗装肌でございました。

よくよく見れば僅かに曇りを感じる所もあるにはあるのですが写真では伝わらない程度の

ごくごく僅かな曇りで、久々に綺麗な新車の塗装を見た気がします(笑)

なかなかお目にかかれません(^.^)

そんな綺麗な塗装肌でございますが洗車してそのままコーティング剤を

塗るような事は致しません。

それは洗車では落ちない汚れが残るからです。ですので例え綺麗な新車でも

当店では軽~く磨きます!

では早速作業に取り掛かって参りましょう。

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。 がしかし・・・

いつもでしたら専用のクリーナーを吹き掛けてなんちゃらかんちゃらって言っていますけど

今回は専用のクリーナー使っていません(汗)

なぜかって?? それは・・・

専用のクリーナーのスプレー部が壊れてしまって上手くスプレーできなかったんです(T_T)

なので鉄粉に反応している写真がございません。  すみませんm(__)m

鉄粉自体は専用のクリーナーを使用しなくても鉄粉は処理出来ますので今回は

別の方法で鉄粉を処理しました。

その鉄粉ですが手で撫でてもザラ付き感もなく、とても少なかったです。

 

鉄粉処理が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。 今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーや

バフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

今回は全体的にとてもお綺麗な塗装肌でしたので塗装を研磨すると言うよりも

ケミカルで落ちなかった頑固な汚れを落とし塗装表面を整えるような軽い磨きになります。

 

そして今回オーナー様がお選びになられたコーティング剤は・・・

コロコロの水玉撥水が気持ちいい・・・

PCX-S8です。

こちらのコーティング剤は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴の

コーティング剤です!  詳しくはこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スベスベです(^.^)

ルーフも・・・

ビフォー&アフターで違いがわからないかも知れませんが(^^;艶感も増して

より綺麗になっています。

トランクも・・・

よりクリヤーでスベスベです。

ボディサイドも・・・

あまり違いがわかりません(大汗)

でも綺麗でしょう(笑)

最後にホイールも・・・

ホイールコーティングをして艶々です!

ホイールコーティングは・・・

カービューティープロのアルミホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティングです!

そしてプレシャスホワイトパールのトヨタ クラウンの新車コーティングが完成いたしました。

元々お綺麗な車でしたので写真ですと正直あまり違いがわからないかもしれません(^▽^;)

しかし全体に磨きを掛けてからコーティングをしますと透明感と艶感が向上して

新車以上の新車に仕上がります!

今回のクラウンはとてもお綺麗な新車でしたが、実は新車は納車直後がベストな状態・・・

という車はホントに稀なんです。 新車でもキズやシミが付いていたり曇り(白ボケ)が

付いている事が残念ながらとっても多いんです(^^;

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地を整えないと言う事はそのままコーティング剤を塗るという事ですので

不具合箇所はそのままコーティング剤で閉じ込めてしまいます(;´∀`)

ですので新車を新車以上に輝かせるにも下地作りが重要です!

新車コーティングも下地を整えているカーコーティングの専門店『カービューティープロ カラーズ』へ

お任せください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

メルセデスベンツC220dのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはメルセデスベンツC220dのボディコーティングです。

R1年式イリジウムシルバーのメルセデスベンツC220dです!

当店のリピーター様のお車で昨年お乗り換えになられたそうですがお仕事も忙しく

ご入庫が今になってしまったとの事でした(^.^)

こちらのお車はディーラーの試乗車に使われていたお車だそうです。最初は新車のCクラスの

クーぺを購入しようとディーラーさんに行ったそうですが色々とお話しているうちに、

こちらのCセダンご購入になられたそうです。 これも何かの巡り合わせなのでしょう!

きっと運命の出会いなんだと思います(*”▽”)

では初期登録から間もなく2年を迎えますベンツC220dの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少し汚れているんです(^^;

ルーフも・・・

雨の影響もあって汚れ気味です(^▽^;)

リアも・・・

もちろん汚れています(汗)

ボディサイドは・・・

汚れは少ないですね! 塗装面自体も痛みは少ないようです。

ホイールは・・・

ダストの多く出るお車なのですが普段はあまり乗らないそうですので汚れも少なかったです。

 

ご入庫時は雨の影響もあって少し汚れ気味でした。 汚れてはいましたが塗装面自体の

痛みはそれ程酷くはありませんでした。 とは言えシミもそれなり付いていますし洗車キズ等の

スクラッチも付いていますので、ここは一度キッチリと磨いて塗装面を整え艶々ボディに仕上げて

いきたいと思います。 では作業開始~~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

何か撥水剤が塗られていた感じがしますけど撥水力がだいぶ落ちていました。

その弱まったウインドウコーティングを一度除去してガラス表面を整えてから

ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます!

コーティングが乾きましたら撥水チェックをして・・・

ウインドウコーティングは完成です。

ウインドウコーティングの耐久性はノーマルのワイパーブレードですとフロントウインドウ

で半年~1年位が目安です。 あくまでも目安でワイパーの使用頻度や保管状況などにより

全然変わってきます。 ワイパーブレードを撥水ワイパーに交換していただくとコーティングの

耐久性が大幅に伸びます。またワイパーのビビり防止にもなりますのでフロントウインドウを

コーティングしましたら撥水ワイパーに交換することをお勧めしております。

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉を除去していきます。

その後に専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ポツポツと確認できますが2年近くでこれ位ですので少ないのではないでしょうか。

リアも・・・

細かな反応が確認できますけど特別多いという訳でもございません(^.^)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

リアも・・・

綺麗になりました。

 

その後に今度はボディにマスキングをして磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

水玉撥水が気持ちイイPCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

ツルツルに仕上がりました(^_-)-☆

ルーフも・・・

スッキリと綺麗です。

リアは・・・

潤い感を感じますね!

ボディサイドは・・・

こちらも透明感がよりアップしてクリヤーで艶々に仕上がっております。

ホイールも・・・

艶々です!

それもそのはず!だって・・・

ホイールコーティングしましたから(笑)  ホイールコーティングは艶々になるだけではなく、

ダストのこびり付きも低減いたしますのでブレーキダストが多く出る輸入車には特におすすめの

人気アイテムです(^_^)/

そしてイリジウムシルバーのメルセデスベンツC220d、ボディコーティングが完成いたしました!

気持ち良くリフレッシュできました! 元々初期登録から2年も経っていないお車ですので

塗装面の痛みも少なかったのですが、それでも磨いてシミやスクラッチそしてクスミを

除去しコーティングをしますと透明感ある艶々ボディに仕上がります(^_^)/

艶感は新車にも負けていないと思います! たぶん新車以上ではないかと(笑)

オーナー様も『やっぱり潤い感が違う。滑らかさが違うっていうのかな~』と、

塗装面の滑らかさ、潤い感の違いを実感されたご様子でした。

いゃ~よかった。よかった(笑) 実感していただき一安心です(*^_^*)

ありがとうございました。

 

試乗車や展示車両・新古車等あまり使用されていないお車でも、車は置いておくだけでも

痛みが進んでいきます。  しかし車の販売店のコーティングは新車や試乗車・展示車両

綺麗な感じの車は磨かないで洗車してコーティング剤を塗るだけのお店が

多いのもまた事実です。(磨いている販売店もございます!)

当店は新車でもそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてから

コーティングをしています。 ですので経年車はもちろん、試乗車や展示車両・

新古車等ご購入時もカーコーティング専門店『カービューティープロ カラーズ』へ

是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ポルシェ パナメーラ4のご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはポルシェ パナメーラ4のボディコーティングです。

H30年式キャララホワイトメタリックのポルシェパナメーラ4です!

スッキリと綺麗な気持ちいいメタリックホワイトですね(*”▽”)

オーナー様がマメにお手入れされていますので、お車のコンディションは申し分ございません!

とってもお綺麗です。

そんなとってもお綺麗なポルシェ パナメーラ4の現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットです↓

ご覧の通り十分お綺麗です(笑)

ただ写真だとわかりにくいのですが、よくよく見て頂くと細かなシミが沢山付いています。

また微かにクスミも感じます。

ルーフも・・・

少しライトがモヤけて見えると思います。

リアも・・・

ライトの周辺をよく見てみると洗車キズと思われるスクラッチが見えるかと思います。

また細かなシミも確認できます。

ボディサイドは・・・

これまたライトがスッキリと映り込まずに若干クスんでいるようです。

スクラッチも付いています。   メタリックホワイトなんでわかりにくいんですけど(^^;

ホイールは・・・

少し汚れてはいますけどブレーキダストの多く出る車と考えますと十分お綺麗です(笑)

マメにお手入れされているのが伝わってまいります(^_^)/

 

ご覧頂きましたように現状でも十分にお綺麗です。またホワイトメタリックという事も

あって普通に見る分には洗車キズやシミも目立たず良好なコンディションだと思います。

ただ普段は屋外の屋根なし駐車という事もあって、よくよく観察してしまえば細かな

シミもありますし若干のクスミも感じるようになってきたようです。

また撥水力も落ちてしまっているのが気になるとの事でした。

という事で一度綺麗にリフレッシュしていきたいと思います!

では作業を進めて参りましょう。 作業開始~~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

サイドウインドウは軽めの雨ジミが付いています。

フロントウインドウは・・・

何か撥水剤が塗られていたようです。

ただ撥水力が弱まっている感じです(^^;

その弱まっているコーティング剤を・・・

一度綺麗にリセットします。

当店のウインドウコーティングの料金には基本的な下地処理代も含まれておりますが

ウロコの程度によって追加料金がかかる場合がございます。

今回は軽めの雨ジミでしたので問題なく処理できました。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングします。

雨ジミも綺麗になり撥水力も・・・

コロコロの水弾きに仕上がりました!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

点々と見えているのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

少ないですね(^_^)/

リアは・・・

フロントに比べるとやや多いでしょうか!?

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリしました。

リアも・・・

だいぶスッキリとしました!

 

鉄粉処理が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE-evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが

特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それ以外にも今回は・・・

ヘッドライトクリーニング&コーティングそして・・・

テールランプも軽く磨いてからコーティング!

そして・・・

フロントバンパー奥に見える・・・

未塗装樹脂部のコーティングも行っております。

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

施工前も十分にお綺麗でしたが、それでも磨いてコーティングしますと

塗装の透明感や艶感が向上いたします!

ただ写真だとあまり違いが伝わりませんね(^▽^;)

ルーフも・・・

よりクリヤーで綺麗に仕上がっております。

リアは・・・

こちらの写真が一番違いがわかりやすいかもです。 ライトの淵に見えていた洗車キズも無くなり、

クスミもありませんね! ライトがスッキリと綺麗に映り込むようになりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

ライトがスッキリとシャープに映り込むようになりました。

最後にホイールも・・・

ホイールコーティングをして艶々です!

ホイールコーティングは・・・

アルミホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティングです!

そしてキャララホワイトメタリックのポルシェパナメーラ4、ボディーコーティング&

ウインドウコーティングその他諸々の施工が完成いたしました(^_^)/

いゃ~白いですね~(*’▽’)

元々とってもお綺麗にさてれいるお車でしたが微かなクスミやシミ、そしてスクラッチを

リセットしますとキャララホワイトメタリック本来のスッキリと透明感ある色艶に仕上がります。

いゃ、艶はオリジナル以上だと思います(^_-)-☆

オーナー様も『うゎ~ めっちゃ綺麗!! 白でも違いがわかります!!』と、その白さの

違いをご実感されたご様子でした。 ありがとうございました。

 

当店の人気コーティング剤でもございます「EXE-evo1」はベ-スコート+トップコートの

2層コーティングとなります。2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事に

なりますので、その分作業に時間が掛かってしまう為にお値段も高めの設定となりますが、

“極上の深い艶と抜群の保護機能“を実感して頂けると思います!

また今回のお車の様なホワイトメタリックやパールホワイト等の艶や光沢感の違いがわかりにくい

ライトカラー系のお車でも、その違いを実感していただけると思います。

是非、皆様も「EXE-evo1」お試しください(^^)/

おすすめです!

 

宣伝でした! ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。