ホンダZR-Vのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダZR-Vのボディコーティングです。

プレミアムクリスタルガーネットメタリックのホンダ ZR-Vです!

ZR-Vは当店初入庫でございます。

日本では2023年の春に発売が開始されましたZR-Vですが北米では

HR-Vの名称で日本より先に公開されました。

日本仕様と北米仕様では名前だけではなくフロントのデザインも異なっており

それぞれ特徴あるフロントグリルで個性を主張しております(^_^)/

北米仕様よりも日本仕様の方がエレガントに仕立てられていますね!

そんな新車ZR-Vの現状を確認していきますと・・・

ご入庫時は汚れ気味でしたので洗車後に撮影しましたのが・・・

こちらです。

だいぶ塗装が曇っていました(^^;

ルーフも・・・

洗車後です。

なかなかの曇りっぷりです(汗)

ボディサイドは洗車前になります。

洗車キズでしょうか??

スクラッチが確認できます。

それよりも反対側には・・・

Oh!No~~!!

ガッツリと線キズが入っておりました(涙)

しかもフロントフェンダーから・・・

リアドアまで一直線に付いています。

しかも深めにキズが入っている感じでした(;”∀”)

リアも・・・

ボヤボヤに曇っていました。

ホイールは・・・

軽めの汚れでした。

 

それとウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウの

現状確認&作業を見ていきましょう。

まずは現状です。

なんとな~~く弾いている感じでしょうか。

おそらく納車前洗車時の撥水シャンプーではないでしょうか。

その弱っている撥水剤を一度綺麗に除去してガラス表面を整えます。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングの完成です。

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

色的にわかりにくいのですが少ないですね~!

リアも・・・

少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

前も後ろもあまり変わり映えはしませんが・・・

鉄粉処理が済んでおります。

 

鉄粉除去が済みましたら次にボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

全体的に塗装面の曇りが気になりますので、新車にしては少し強めの磨きをしております。

特にボディサイドの線キズは少しどころか、かなり強めの磨きをしています(笑)

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

PCX-S9です。

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りが取れてスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

クリヤーになりました。

ボディサイドの曇りも・・・

綺麗になりました!

それと今回のハイライトとなりますボディサイドの線キズは・・・

おぉ~~! 綺麗になった!!

正直、よ~~く見ると僅かに痕跡が確認できるのですがライトを当てて探さないと

見つからないレベルです。

リアドアも無事除去出来ております(^_-)-☆

よかった、よかった!

リアも・・・

曇りが無くライトも綺麗に映り込むようになっています。

ホイールは・・・

コーティングのご依頼を頂きましたのでホイール専用コーティング剤、

PCW-880でコーティングです!

ホイールコーティングは光沢感の向上だけではなくブレーキダストの

こびり付きが低減しますのでホイール洗浄が楽になります。

 

そしてプレミアムクリスタルガーネットメタリックのホンダ ZR-V、

新車コーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

施工前の写真と写真の色味が違ってしまい、すみませんm(__)m

写真の色味は違っていますけど曇りがなくなったボディは透明感と艶感が向上して、

プレミアムクリスタルガーネットメタリックの魅力が一段とアップしたと思います。

オーナー様も『おぉ!綺麗ですね~。』と、とてもお喜びになられているご様子でございました。

ありがとうございました。

 

ボディに付いたキズを直すには板金塗装が頭に思い浮かぶ方が多いと思います。

しかしキズの程度にもよりますが磨きで直す事も出来るんです!

塗装が完全に削れてしまって下地が出てしまっているような場合は

板金塗装をするしかありませんが、浅めのキズでしたら意外と磨きで消せる事も多いです。

また完全に消えなくても気にならない程度まで目立たなくなることも多いです。

もちろん磨きで消すという事はそれなりのリスクも御座います。(塗装が薄くなる)

またキズの場所によっては磨けない所もありますがキズでお悩みでございましたら、

板金塗装をする前にまずは一度当店にご相談ください(^_^)/

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

新型プリウスのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ プリウスのボディコーティングです。

R5年式プラチナホワイトパールマイカの新型プリウスです!

こちらは初期登録から間もなく1年を迎えますお車になります。

大人気モデルの新型プリウスですけど発売から1年半近く経ち

街中で見かける機会もだいぶ増えてきました。

見かける機会が増えましたが今でも見る度に “おっ!” と思わせるカッコよさです(*’▽’)

いゃ~カッコイイですね!

そんなカッコイイ新型プリウスの現状を確認していきますと・・・

初期登録から約1年程ですが洗車キズ系のスクラッチが多いです(^^;

ルーフも・・・

やや痛みが進んでいるようです。

ボディサイドは・・・

スクラッチは少ないのですが塗装が少し曇っています。

それとピラーは・・・

スクラッチが凄いです(^^;

同じくリアのガーニッシュも・・・

なかなか大変な事になっています。

グロスブラックは簡単にキズが付いてしまいます。

ホイールは・・・

軽めの汚れでした。

 

こちらのプリウスはR5年登録の中古車を最近ご購入されたとの事で当店にお越しくださいました。

確認していきますと全体的に洗車キズ系のスクラッチが付いております。

特にピラーやリアガーニッシュ等のグロスブラック部のスクラッチはなかなかのものです(^▽^;)

全体的にスクラッチは多めに付いていますけど深刻な状態の物は少ない感じで

ダメージの軽いものがメインの様でした。

その辺りの痛みをスッキリと修正してクリヤーな塗装肌に仕上げていきたいと思います!

 

まずは洗車後に鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

意外と多めです(^^;

リアは・・・

少なかったです。

中古車等の屋外展示されているお車は鉄粉が多く付く傾向です。

そう考えますと妥当な鉄粉量でしょうか。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしていきます。

スッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗になりました!

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です。

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと・・・

ヘッドライトコーティングも行っております。

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチも取れてスッキリと綺麗になりました(^_^)/

傷んでいたルーフも・・・

サッパリと綺麗です。

ボディサイドも・・・

曇りが無くなってスッキリと綺麗にライトが映り込むようになりました。

それとピラーも・・・

深いキズは残りますが綺麗になりました。

リアのガーニッシュも・・・

だいぶ綺麗になっております!

ホイールもコーティングのご依頼を頂いておりますので・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティングしました!

ホイールコーティングは艶感が向上するだけではなく汚れの固着も低減されますので

お手入れが楽になります。

 

そしてプラチナホワイトパールマイカの新型プリウス、ボディコーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

塗装面のクリヤー感、そして艶感は新車にも負けていないと思います!

比較的新しいお車でしたが、洗車キズ系のスクラッチが多く、

また塗装面の曇り等の影響で艶感が若干引けている状態でした。

その傷んだ塗装面を磨いてリフレッシュいたしますと艶と透明感が違ってきます。

その綺麗に整った塗装面にコーティング剤を塗ると艶が更にアップして

プラチナホワイトパールマイカ本来の輝きが取り戻せたと思います(^_^)/

艶々に仕上がりました新型プリウスのご紹介でした!

 

中古車ご購入時はボディと気持ちのリフレッシュを兼ねてボディコーティングがおすすめです!

ただ単にコーティング剤を塗るだけではリフレッシュにはなりませんので磨きが必要です。

傷んだ塗装表面を研磨しシミやキズ、そしてクスミを除去し塗装の肌を整えます。

これをしないでコーティング剤だけを塗ってしまうとシミやキズ、クスミを閉じ込めてしまいます。

それでは全然綺麗にならずリフレッシュにはなりません(^▽^;)

また中古車は前オーナー様のお手入れ状況がわからない事も多いです。また展示期間が長ければ

長いほど痛みも進んでしまう傾向です。

ですので中古車ご購入時は気持ちのリフレッシュと塗装面のリフレッシュを兼ねて

ボディコーティングがおすすめです!

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

ブラックメタリックのポルシェ911カレラです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはポルシェ911カレラのボディコーティングです。

H27年式ジェットブラックメタリックのポルシェ911カレラです!

type991型と言われる911になります。

最近ご購入されたそうですが洗車キズが気になるとの事で

当店にお越しくださいました。

現状を確認していきますと・・・

クスミも少なくクリヤーです。シミも少なめでした。

洗車キズ系のスクラッチは↑の写真で見るとあまり付いていないように見えますが

ボディカラー的な事もあって光の加減では結構目立ちます。

ルーフは・・・

ボンネットよりも若干痛みが進んでいる感じです。

ボディサイドは・・・

よ~~く見ると洗車キが結構多いんです。

リアも・・・

スクラッチが気になります(^^;

ホイールは・・・

汚れも少なくお綺麗でした。

 

それとウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので現状確認&作業を見ていきましょう。

まずは現状です↓

何かしらの撥水剤が塗られているようで綺麗に弾いていました!

しかし・・・

何が塗られているのかわかりませんのでガラス表面を磨いて一度リセット致します。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を処理していきます。

専用のクリーナーを拭き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

いつもの事ですけど黒い車は写真だと反応が見えません。

見えませんけど鉄粉の反応自体は少なめでした。

リアも・・・

反応が確認できませんがリアの方が多めでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

相変わらず何が何だかわかりません

リアも・・・

写真で見るとアフター感ございませんが(^^;鉄粉除去が済んでおります。

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です。

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと・・・

ヘッドライトコーティングや・・・

未塗装黒樹脂部のコーティングも行っております。

↓はアフターです。

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

 

まずはボンネットからです。

深いスクラッチは残りますがスッキリ綺麗になりました!

ルーフも・・・

クリヤーになりました!

ボディサイドも・・・

スクラッチもだいぶ除去出来たと思います。

リアも・・・

深い線キズは残っていますけど透明感も上がりサッパリとしました。

ホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティングです。

ホイールコーティングは艶感が向上するだけではなく汚れの固着も低減されますので

お手入れが楽になります。

 

そしてポルシェ911カレラのボディコーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

色に深みが出て艶やかさと光沢感の向上を感じていただける仕上がりになったと思います!

特に911のような曲面の綺麗なお車にガラスコーティングをするとボディラインが

より強調されて綺麗なんです(*^_^*)

特に夜の街灯の下で見ますとこれがまたいいんですよ~。

街灯に照らされた愛車はいつもの2~2.5倍はカッコよく見えるものです!  本当ですよ(笑)

なかなかマニアな視点になりますが街灯に照らされた愛車を眺めたり、写真を撮るのも

また違った車の楽しみ方でもあります!

皆様も是非お試しを(^_^)/

 

洗車をすると多かれ少なかれ残念ながら洗車キズは付いてしまうものです。

少しでも洗車キズを低減するには泡をたっぷりと使って優し~く洗うのがポイントです。

そして洗車後のふき取りも優し~くです!

力を入れますとスポンジやセーム皮でも塗装に小傷が無数に入ってしまいます(^^;)

洗いも、ふき取りも優し~くです!!

もう一つのポイントはスポンジや拭き取りに使っているセーム皮・マイクロファイバーです。

パッと見では綺麗に見えても実はそこが意外と落とし穴なんです。

スポンジやクロスの繊維の間に細かな砂などが入り込んでいる事も多いので、

気が付かずに使っていると小傷が沢山付いてしまいます。

ですので綺麗に見えてもスポンジやクロス、ブラシ等は早めに交換する事をおすすめいたします!

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

アーバンカーキのRAV4にボディコーティングです!

 

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ RAV4のボディコーティングです。

アーバンカーキのトヨタRAV4アドベンチャーです!

こちらは納車間もない新車でございます。

こちらは納車間もない新車でございます。

アーバンカーキはRAV4でも“アドベンチャー”にしか設定されてないボディカラーです。

確かRAV4で最初に使われたカラーでアウトドアのイメージのアドベンチャーに

ピッタリのカラーです!

今ではアクアやシエンタ等にも設定されている人気カラーですね!

そんな新車のRAV4アドベンチャーの現状を確認していきますと・・・

花粉で汚れていましたので洗車後の撮影になります。

塗装の曇りは僅かの様です。

それとシミが少し付き始めていました。

ルーフも・・・

シミが確認できます。

おそらく花粉ジミだと思います。

ボディサイドは・・・

曇りも無く、とってもお綺麗でした(*’▽’)

リアも・・・

クリヤーでお綺麗です。

ホイールは・・・

マットブラックですのでブレーキダストの汚れが目立ちますね(^^;

 

それとウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので現状確認&作業を見ていきましょう。

↓は現状です。

油分の付着も少ないようです。

油分の付着が少なくても鉄粉処理→研磨→脱脂→その後にコーティング塗布の

順番で作業を進めていきます。

コーティング剤はウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングです!

最後に撥水チェックをしてウインドウコーティングが完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

点々と見えているのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

少ないですね!

リアも・・・

鉄粉が少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

前も後ろも・・・

更にスッキリと綺麗になっております。

 

鉄粉除去が済みましたら次にボディにマスキングをして・・・

マスキングが終わりましたらボディを磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた

滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミが取れてスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

サッパリとしました。

ボディサイドは・・・

元々クリヤーでお綺麗でしたが磨くと更にスッキリと綺麗になります(^_^)/

リアも・・・

艶々です。

ホイールは・・・

コーティングのご依頼を頂きましたのでホイール専用コーティング剤PCW-880で

コーティングです!

マッドブラックのホイールはコーティングをしますと若干艶が出てしまいます。

艶が出ると言うよりも黒が“濃く”なるといった方が近い感じでしょうか。

ただ、それほど大きく印象が異なってしまう事もないかと思います。

 

そしてアーバンカーキのトヨタRAV4アドベンチャー、新車コーティングが完成いたしました。

艶々です! 納車時より光っていると思います(笑)

元々新車ですのでお綺麗ではあるんですけど更にそこに、ひと手間ふた手間かけてから

コーティングをしますと新車以上の艶感そしてクリヤー感ある新車に仕上がります!

この新車以上の光沢感とクリヤーな塗装肌に仕上げるには新車でも磨いてから

コーティングをしないと出来ません!

曇りやシミ等を取らずにコーティング剤を塗るという事はコーティング剤でその曇りやシミ等を

閉じ込めてしまうという事です(;´∀`)

ですので新車を新車以上に輝かせるにも下地作りが重要です。

新車を新車以上の状態に仕上げるのがカービューティープロ カラーズの新車コーティングです!

新車も経年車もカーコーティング専門店『カービューティープロ カラーズ』で

お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ 新型プリウスのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ プリウスのボディコーティングです。

プラチナホワイトパールマイカの新型プリウスです!

こちらは納車間もない新車でございます。

新型のプリウスは当店初入庫になります。

2023年1月より発売が開始された5代目プリウスの特徴と言うか魅力は、

やはりスタイリッシュなデザインではないでしょうか(*’▽’)

特にAピラーはスーパーカーにも負けない角度です!

非公式ですけどAピラーの仰角は「20度を切る」そうです(;”∀”)

これはランボルギーニウラカンといい勝負らしいです(笑) 凄いっス!!

そんなスーパーカーにも負けないスタイリングの新型プリウスの現状を確認していきますと・・・

塗装面が少し曇っているようです。

それは汚れで曇っているように見えるのではなく、塗装の曇りなんです。

本当なんです。

その証拠に洗車後に撮影しても・・・

ライトの映り込みがモヤっとしています。

ルーフは・・・

花粉で少々汚れ気味でした。

ボディサイドも・・・

曇りの影響でモヤッとしています。

リアも・・・

写真が少しわかりにくいのですが若干曇りがありました。

↓もリアになりますが・・・

花粉ジミが付いています(^^;

ホイールは・・・

軽めの汚れでした。

 

それとウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので現状確認&作業を見ていきましょう。

まずは現状です。

油分の付着も少ない様です。

コーティング剤を塗る前に鉄粉処理→研磨→脱脂→その後にコーティング塗布です。

コーティング剤はウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをします。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

少ないですね~!

リアも・・・

少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々が少ないので、あまり違い感がありませんけど前も後ろも・・・

綺麗になっております。

 

鉄粉除去が済みましたら次にボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

いゃ~マスキング姿もカッコイイです(*‘∀‘)

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

PCX-S9です。

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りが取れてスッキリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

モヤっとした曇りが無くなってライトが綺麗に映り込むようになりました。

リアも・・・

相変わらずわかりにくいのですが(汗)スッキリとクリヤーになりました。

花粉ジミの方が違いがわかりやすいです↓

花粉ジミもスッキリとしました!

ホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティングです!

ホイールコーティングは艶感が向上するだけではなく汚れの固着も低減されますので

お手入れが楽になります。

 

そしてプラチナホワイトパールマイカの新型プリウス、新車コーティングが完成いたしました。

クリヤー感が向上して綺麗に仕上がりました!

全体的に塗装面が曇っている状態でしたが各部の仕上がりの写真で見て頂いたように

モヤッとした曇りが無くなり、キリッとシャープに景色が映り込むクリヤーで

艶々ボディに仕上がっています!

オーナー様も『おぉ~ピカピカだなぁ~』っと、その違いをご実感頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

新車は艶々ではあるのですが、その新車を更にツヤッツヤの新車に仕上げるには

コーティング前の下地作りが大切です。

今回のプリウスは曇りも比較的“薄め”の塗装肌でしたが中には

新車なのに“エッ??”となる車もございます(^^;

新車を新車以上に輝かせるにはキチンとした下地作りが必要です。

新車でも新車特有の曇り(白ボケ)が酷い車やシミやキズが入っている車、

また鉄粉が多く付いている車も実は多いです。

ただ単にコーティング剤を塗るだけでは塗装本来の輝きは出ませんし

コーティング剤の効果も十分に発揮いたしません。

ですので新車を新車以上のツヤッツヤのボディに仕上げるには下地作りをちゃんと行っている

コーティングの専門店がお薦めです。

新車も経年車もカーコーティング専門店の『カービューティープロ カラーズ』へ

是非お任せください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスLBXのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスLBXのボディコーティングです。

ソニッククォーツのレクサスLBXでございます!

こちらは納車間もない新車でございます。

昨年の11月に発売されたレクサスのコンパクトSUVです。

いゃ~カッコイイですね~(*’▽’) 初めて見た時はそのカッコよさに驚きましたが

私がそれ以上に驚いたのが車名がアルファベット3文字だった事です(笑)

レクサスは過去にLFAという車名もありましたが基本的にアルファベット2文字で構成されていました。

それがいきなり“LBX”の3文字で出てきたので驚きました(笑) ← 私だけ??

ちなみにLBXの車名の由来はLexus Breakthrough X-overだそうで

「高級車の概念をブレイクスルーする」ことを目指して開発されたプレミアムコンパクトなのだそうです!

そんなカッコイイLBXの現状を確認していきますと・・・

花粉が多い時期でしたので花粉が凄いです(^^;

ですので洗車後に確認しましたのが・・・

こちらです。

塗装面が少し曇りがあるようですけどクリヤーは塗装肌でお綺麗です。

ルーフも・・・

ボンネット同様に若干曇りを感じますけど花粉の影響もなくお綺麗でした。

ボディサイドも・・・

これだけ見れば十分にクリヤーでお綺麗ですが、磨けばもっと透明感が向上する・・・はずです(笑)

ただリアピラーは・・・

花粉の影響を受けていて花粉ジミが凄いんです(>_<)

樹脂パーツは花粉の影響を受けやすく、すぐにシミになってしまいます。

リアは・・・

曇りも少なくクリヤーですけどリアももっとクリヤーになる・・・はずです(^▽^;)

ホイールは・・・

洗車前です。

少し汚れていました。

 

ご入庫時は花粉の汚れもありましたが新車ですので基本的にとてもお綺麗です!

しかし、洗車後に確認していきますと僅かな曇りが確認できました。

曇りが酷いとボディへの景色の映り込みがスッキリと綺麗に映り込まずにボヤけてしまいます。

もちろんこのまま磨かずにコーティングをしてしまえば曇ったままになってしまいます。

今回のLBXは比較的クリヤーで綺麗な塗装でしたが、それでも曇りがあるのと無いのとでは

お車全体のスッキリ感と言うかシャッキリ感が違ってきます!

そのシャッキリボディを目指して作業開始~~(^_^)/

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ポツポツと確認できますが少ないですね。

新車でも鉄粉が多く付いているお車もあるのですが、

こちらのLBXは少なかったです!

リアも・・・

少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェック致します。

前も後ろも・・・

綺麗になっております。

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回は・・・

樹脂コーティングのご依頼を頂いております。

 

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗です(^_^)/

ルーフも・・・

クリヤーになっております。

ボディサイドも・・・

曇りが取れて透明感が向上しました。

花粉ジミの凄かったリアピラーは・・・

だいぶスッキリとはしましたがダメージが大きかったところは

熱処理しても戻らず、磨いても完全に除去することが出来ませんでした。

見る角度や光の加減によってはシミが見えるかと思います。

リアは・・・

スッキリと綺麗にライトが映り込むようになりました。

ホイールは・・・

コーティングのご依頼を頂きましたのでホイール専用コーティング剤PCW-880で

コーティングです!

ホイールコーティングは光沢感の向上だけではなくブレーキダストのこびり付きが

低減しますのでホイール洗浄が楽になります。

 

そしてソニッククォーツのレクサスLBX、新車コーティングが完成いたしました。

艶々に仕上りました!

パールホワイトの新車ですので引きの写真ですと施工前後の違いが比較できませんけど(汗)

各部の仕上がりの写真で見て頂いたように曇りも無くなってスッキリとクリヤー

そして艶々な新車以上の新車に仕上がりました(^_^)/

曇りが取れますと透明感が増します。それがお車を見た時の印象にも現れます。

オーナー様もお喜びになられているご様子でした。

ありがとうございました。

 

小田原市では花粉のピークが過ぎたようで車に付着する花粉量も少なくなってきました。

少なくなったとは言え、まだ花粉が飛んでいるようですのでまだまだ予断を許しません(汗)

ブログで何度もお話していますが花粉は車の塗装に悪いんです(>_<)

おそらく皆様がご想像している以上に愛車にダメージを与えてしまいます(涙)

花粉は雨に濡れなければ、そのまま放置でも構いません。

ただ雨に降られてしまったら、なるべく早めに洗車をして下さい。

そのまま放置してしまうと意外と短時間でシミになってしまいます。

比較的軽めの花粉ジミでしたら夏になると気温の影響で花粉ジミが消える事もあります。

ただ深刻なシミは夏を過ぎてもシミが消えずに残ってしまう事もあります。

こうなると磨いて処理するしかないのですが深刻なダメージを負っている場合は磨いても処理できません。

深刻なダメージを負わない為にも花粉の多い時期は雨に降られましたら出来るだけ早めに洗車してください。

花粉は想像以上にヤバいです(^▽^;)

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

新型エクストレイルのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産エクストレイルのボディコーティングです。

ブリリアントホワイトパールの新型エクストレイルです!

こちらは納車間もない新車でございます。

2022年にモデルチェンジをいたしました4代目のT33型エクストレイルになります。

発売から1年半くらい経過しますが新車エクストレイルは当店初入庫でございます(*’▽’)

初代エクストレイルは“タフギア”をコンセプトにアウトドア色が強めの雰囲気でしたが

4代目となる現行型は都会派の雰囲気を醸し出しております!

特に今回ご入庫されました車両はノーマルをベースに更に上質に仕立てられました『AUTECH』ですので

プレミアム感が倍増しております(#^.^#)

いゃ~カッコイイですね!

そんなカッコイイ新車エクストレイルの現状を確認していきますと・・・

塗装面が少し曇っていました。

これは汚れではなく曇りです。

ちなみにご入庫時は少し汚れていましたので洗車後の写真でございます。

ルーフも・・・

こちらも少し曇りがあるようです。

ボディサイドも・・・

曇りの影響でライトがモヤっとしています。

リアは・・・

やはり曇り気味でした(^^;

ホイールは・・・

こちらは洗車前です。

やや汚れ気味です。

ホイールのコーティングのご依頼も頂いておりますので後ほどコーティングをしていきます!

 

新車の肌はクリヤーで綺麗。とは限りません。寧ろ曇りのない塗装の方が珍しいです。

この新車時の曇り(白ボケ)が本来の色艶を妨げているんです。

また塗装の手直しの痕跡が残っていたりキズが付いていたりと実は色々とあるのが新車です。

その白ボケも同じ車の同じ色でも製造ロットによって白ボケが酷かったり軽かったりします。

こればかりは自分で納車される車を選べるわけではないので、どうしようもないです(汗)

でも安心してください!磨けばクリヤーになります!

そんなスッキリとクリヤーな塗装肌を目指して作業開始~~。

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

あまり反応していません(笑) 鉄粉も非常に少なかったです。

新車でも鉄粉が多く付いているお車もあるのですが今回のエクストレイルは

とても少なかったです!

リアも・・・

おぉ~少ない!少ないぞぉ~!!

もちろん全く付いていない訳ではないのですが少ないぞぉ~!!

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェック致します。

元々なんですけど(^^;前も後ろも・・・

更に綺麗になっております。

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた

滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも取れてスッキリとクリヤーになりました(^_^)/

ルーフも・・・

透明度が向上しています。

ボディサイドも・・・

モヤっとしていたライトの映り込みがスッキリとシャープになりました。

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました。

ホイールは・・・

コーティングのご依頼を頂きましたのでホイール専用コーティング剤PCW-880で

コーティングです!

ホイールコーティングは光沢感の向上だけではなくブレーキダストのこびり付きが

低減しますのでホイール洗浄が楽になります。

 

そしてブリリアントホワイトパールの新型エクストレイル、新車コーティングが完成いたしました。

曇りも無くなってスッキリとクリヤーそして艶々な新車以上の新車に仕上がりました(^_^)/

曇りが取れますと透明感が増します。それがお車を見た時の印象にも現れます。

不思議と塗装の曇りが無くなるとお車全体の印象もスッキリとクリヤーでキリッとした

佇まいになります(^_-)-☆

オーナー様も『うぁ~凄い綺麗。こんなに違うんだ!』と、その違いを実感されているご様子でした!

ありがとうございました。

 

先ほども少しお話しましたが新車と言うとキズ一つない最高状態と思われるかも知れませんが

残念ながら実はそうでもないんです(汗)

塗装が曇っていたり鉄粉が沢山付いていたり・・・(^▽^;)

なので下地作りがとても重要で塗装表面を整えてからコーティング剤を塗るのが大切なポイントです。

そして仕上げにコーティングです!

そのコーティング剤ですが最近、低撥水系のPCX-V110やPCX-S9のご用命&使用率がとても高いです。

以前にPCX-V110やPCX-S9を施工いたしました車両の経過を観察していますが、

やはり水玉撥水系のコーティング剤よりも全体的にシミが少ない印象です。

ただ水玉撥水系よりも撥水力の耐久性は少し落ちる感じです。

(撥水力が無くなったからと言ってコーティング被膜が落ちた訳ではございません)

水玉撥水は“弾いてる”感が気持ち良いのですが、シミが付きやすいのが難点です(^^;

ちなみにPCX-S9とPCX-V110を比べますとPCX-V110の方が水玉撥水に近いイメージです。

ひと昔前はコーティングと言うと水玉撥水が圧倒的な人気だったイメージですが、

シミの事もあって最近は低撥水系のコーティング剤が人気です。

水玉撥水の気持ち良さよりもシミ付着低減を重視されるお客様におすすめでございます!

シミが気になる方は是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

新型スペーシア カスタムのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ スペーシア カスタムのボディコーティングです。

こちらのピュアホワイトパールのスズキ スペーシア カスタムは納車間もない新車でございます。

新型スペーシアは当店初入庫でございます!

昨年の11月にフルモデルチェンジをしましたスペーシアですが現行型で3代目のモデルになります。

ノーマルモデルは先代のスタイリングを色濃く残したキープコンセプトですが、

カスタム系はグリルが小さくなってスッキリとスマートになって雰囲気が大きく変わりました!

人気も上昇中のようで販売も王者のN-BOXに迫る勢いだそうです(*”▽”)

年内にはスペーシア ギアもモデルチェンジするようですしN-BOXにもSUVタイプが追加されるとの

ウワサですので今後が楽しみです。

話がそれましたが新車スペーシア カスタムの現状を確認して参りましょう。

まずはボンネットです。

汚れの影響もあるのですが塗装面が曇っているようです。

ルーフも・・・

汚れも確認できますが曇りも確認できます(^▽^;)

ボディサイドは・・・

だいぶ曇りが“濃い”ですね(汗)

リアも・・・

なかなかの曇りっぷりでした(^^;

ホイールも・・・

 

若干汚れ気味です。(ホイールは洗車前です)

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いております。

それとウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウの

現状と作業の方から見ていきましょう。

↓は現状です。

油分の付着も少ない様です。

コーティング剤を塗る前に鉄粉処理→研磨→脱脂→その後にコーティング塗布です。

コーティング剤はウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをします。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

黒っぽく点々と見えますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

新車でもこれ位は付いているものです(^^;

リアは・・・

鉄粉が少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

前も後ろも・・・

綺麗になっております。

 

鉄粉除去が済みましたら次にボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は少しシミが付いておりましたので、やや強めの磨きでシミを処理しました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

PCX-S9です。

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りがなくなってサッパリとした塗装肌に仕上がりました。

ルーフも・・・

クリヤーで綺麗です(^_-)-☆

曇りの濃かったボディサイドも・・・

モヤっとした曇りがなくなってライトの映り込みもクッキリとしました(^_^)/

リアも・・・

曇りが取れて透明感が向上しております!

ホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティングです!

ホイールコーティングは艶感が向上するだけではなく汚れの固着も低減されますので

お手入れが楽になります。

 

そしてピュアホワイトパールのスズキ スペーシア カスタム、新車コーティングが完成いたしました。

クリヤー感が向上して綺麗に仕上がりました!

全体的に塗装面が曇っている状態でしたが各部の仕上がりの写真で見て頂いたように

モヤッとした曇りが無くなり、キリッとシャープに景色が映り込むクリヤーで

艶々ボディに仕上がっています!

オーナー様も『おぁ~いいね~!!』っと、その違いをご実感頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

花粉が絶賛飛散中!ですね(汗)

今回のスペーシア カスタムは花粉の影響も無かったのですが

この時期は新車(納車時)でも既に花粉ジミだらけのお車も多いんです。

花粉は雨に濡れなければ、そのまま放置でも構いません。

ただ雨に降られてしまったら、なるべく早めに洗車をして下さい。

濡れた花粉は見た目が斑模様になるだけではなく塗装面に侵食し塗装に深刻なダメージを

及ぼす事もありますので普段よりも洗車の回数を増やして濡れた花粉を放置しないようにしてください。

小田原ではスギ花粉のピークが過ぎたようですが現在はヒノキの花粉に置き換わりつつあるようです(^^;

花粉が多いのはあと1ケ月ほどでしょうか??花粉に負けずに頑張って参りましょう!

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスNXのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスNXのボディコーティングです。

ソニッククォーツの新型レクサスNX250です!

こちらは納車間もない新車のお車になります。

2021年の10月の発表されました2代目となる現行NXですが発売当初より人気が高く

またコロナ禍等の影響もあり入手困難な状態が続いておりました。

現在は徐々に納期も早まってきたようですけど・・・まだ半年待ち程の様です(汗)

人気者は辛いっス(^▽^;)

グレードによってはもう少し早いようなので欲しい方は早めにどうぞ!(笑)

そんな人気者の新車レクサスNXの現状を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

とってもお綺麗です!

ルーフも・・・

曇りも僅かでクリヤーですね!

ボディサイドは・・・

若干ですが塗装の曇りがあるようです。

ボディサイドも・・・

少し汚れもありますが汚れ以外の曇りもあるようです。

ホイールは・・・

こちらも軽く汚れ気味でした(^^;

ホイールのコーティングのご依頼も頂いておりますので後ほどコーティングをしていきます!

それとウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでボディコーティングの前に

ウインドウコーティングを見ていきましょう!

↓は現状です。

油分の付着も少ない様です。

だからと言ってそのままコーティング剤を塗るようなことはしません!

油分の付着が少なくても鉄粉処理→研磨→脱脂→その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です。

そして最後に撥水チェックをして完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ポツポツと反応が確認できますが少ないですね!

リアも・・・

ポツポツと確認できました。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

更にスッキリと綺麗になっております。

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

綺麗な新車でも当店はここまでがコーティング前の下準備になります(^_^)/

今回使用しましたコーティング剤は・・・

PCX-S9です。

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

元々がお綺麗なのでアレですが(^^;更にスッキリしております。

ルーフも・・・

スッキリと綺麗に仕上がっております。

ボディサイドも・・・

曇りも取れて透明度が向上しています(^_^)/

今回一番違いがわかるポイントです(笑)

リアも・・・

汚れが無い分違いがわかりやすいです(笑)

ホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティングです。

ホイールコーティングは艶感が向上するだけではなく汚れの固着も低減されますので

お手入れが楽になります。

 

そしてソニッククォーツの新型レクサスNX250、新車コーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました~(^_^)/

ただ毎度の事なのですが正直、新車のパールホワイトですので↑の引きの写真ですと

違いがわからないかも知れません(^▽^;)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたように少し気になったモヤッとした

塗装の曇りが無くなりスッキリとシャープに景色が映り込むクリヤーボディに仕上がっています!

お引き取りに来られたオーナー様も『うわぁ凄いな~ やっぱり違うな~。』と、

その違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

車は納車直後の新車が一番綺麗だと思わている方が多いのですが、

実は残念ながらそうでもないんです(^^;

今回のNXは塗装の曇りも僅かでしたが新車でも、もの凄く曇っている車は非常に多いんです。

また曇っているだけではなくシミやスクラッチも付いているものなんです。

という事は磨かないでコーティング剤を塗るだけですと、もちろん曇ったままですので

コーティング後も曇ったままのスッキリしない仕上がりです(;´∀`)

もちろん曇りだけではなくシミやスクラッチも残ったままです。

当店は新車でも磨きなどで不具合箇所を修正し、下地を整えてからコーティングをしています。

ですので経年車はもちろん、新車や新古車等のコーティングもカーコーティング専門店の

カービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

トヨタ クラウンスポーツのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ クラウンスポーツのボディコーティングです。

プレシャスホワイトパールの新型クラウンスポーツです!

こちらは納車間もない新車でございます。

新世代クラウンシリーズの第2弾となりますクラウン スポーツです。

第一弾のクラウン クロスオーバーが発表された時のクラウンシリーズとして

4つのバリエーションが用意されると発表され驚きました(^.^)

どのクラウンも“これがクラウン??”と思わせる斬新なデザインで今までのイメージを一新しました!

昨年の11月には第三弾となるセダンが追加され、最後の第四弾となるエステートは当初は

“2023年度内の発売”だったようですが先日“2024年央以降 発売予定”に変更と

アナウンスがあったようです。 もう少しお待ちください(笑)

では新型クラウンスポーツの現状を確認して参りましょう!

まずはボンネットです。

若干汚れてはいますけど曇りもほぼ無く綺麗な塗装肌でございました。

ルーフも・・・

少し汚れていますけど塗装自体はクリヤーで綺麗でした。

ボディサイドも・・・

とってもお綺麗です!

リアは・・・

汚れは別として他の部位に比べると若干曇りを感じます。

ホイールは・・・

少し汚れはあるのですがグロスブラックなのでテカテカに光ってます!

ちなみに純正のホイールですが21インチなんだそうです(驚)

凄い時代になりました(*”▽”)

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので後ほどコーティングをしていきます!

それと合わせてウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでボディのご紹介の前に

ウインドウコーティングより見ていきましょう!

↓は現状です。

撥水剤が掛かっているようで水を弾いていました。

ただ何が塗られているかわかりませんので、その撥水剤を惜しげもなく落として

ガラス表面を一度リセットします。 上塗りはしません!

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

最後に撥水チェックをしましたらウインドウコーティングの完成です!

 

引き続きボディの作業をご紹介してまいります。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

よ~く見ればポツポツと反応が確認できますが少ないですね!

リアも・・・

反応が少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました!

元々ですけど(^▽^;)

リアも・・・

あまり変わり映えしないかも知れませんが鉄粉処理が済んでおります。

 

鉄粉等の異物処理が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

ポリッシングが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

3M社製のセラミックコーティングです\(◎o◎)/!

水玉コロコロの高撥水タイプになります。

「3M™セラミックコーティング」は高光沢の輝きが得られ、磨いたばかりのような“艶と高撥水を維持します。

また表面上に保護層を形成し撥水効果を高め表面上を滑らかに仕上げることにより、防汚効果を発揮します。

3M™セラミックコーティングの詳しい事はこちらをご覧ください。→ 3M™セラミックコーティング

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

元々お綺麗なのですが更にスッキリして光沢感も向上しております。

ルーフも・・・

スッキリとクリヤーです。

ボディサイドも・・・

クリヤーで綺麗です。

リアも・・・

曇りが無くなり透明感が向上しています。

ホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティングです。

施工前と写真の色味が違っていますけど(汗)更にテカテカに輝いています(笑)

そしてプレシャスホワイトパールの新型クラウンスポーツ、新車コーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました。

写真ですと新車のパールホワイトという事もあって施工前後の違いが伝わらないのですが

艶感が違います!

元々が曇りの少ない綺麗な塗装肌の新車でしたので磨きを入れてからコーティングを

掛けますと透明感と光沢感の向上を感じて頂ける仕上がりになっております。

その艶感の向上は3M™セラミックコーティングの効果でもございます。

艶感の違いが分かりにくいパールホワイトのお車でも3M™セラミックコーティングの

”高光沢の輝きと艶の向上“を実感して頂けると思います。

オーナー様も『艶々ですね~!』と、その違いをご実感されておりました!

ありがとうございました。

 

ご存じの方も多いと思いますがクラウンスポーツのヘッドライトは・・・

コレなんです(´▽`)

フォグランプのような佇まいですけどヘッドライトなんです。

ヘッドライトの上にある(通常のヘッドライトがある所)コの字型の細いライトは

デイライト&ターンシグナルです。

初めてクラウンシリーズが発表された時に実は私、ヘッドライトはどれ??と、

とても気になっていました(笑)

たぶんコの字型はデイライトだよな~~?? となるとアレはフォグランプじゃなくてまさかヘッドライト??

でもヘッドライトにしては小さいよな~?と勝手に一人で想像して盛り上がっていました(笑)

そしたらやっぱりコレがヘッドライトでした!

こんなに小さくてもヘッドライトとして光量が確保できるなんてビックリです。

技術の進歩は凄いですね!

という事は次に出るクラウンエステートのヘッドライトも、あの小さいのがそうなんでしょうね(^.^)

今から発売が楽しみです(謎)

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。