トヨタ アルファードのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ アルファードのボディコーティングです。

H26年式ゴールドパールクリスタルシャインのトヨタ アルファードです!

↑の写真で見ますと“ホワイト”に見えると思いますが実際に見ると、ややベージュっぽい

色合いのホワイトです。

今、主流になっている“スカッと白いパールホワイト”ではなく暖色系の

温かみあるパールホワイトになります。

この温かみのある色合いがゴールドパールなのだと思います。

アルファードにとてもお似合いのカラーですね!  高級感のあるいい色です(*^_^*)

では新車でご購入されてから7年程経ちましたトヨタ アルファードの現状確認から

ご紹介して参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

店内で確認しますと想像以上にシミが酷かった~~~(;´∀`)

ホワイト系のカラーですので目立たないと言えば目立たないのですが

シミが多いと艶も引けてクリヤー感も無くなります。

ルーフも・・・

シミが多く塗装がガサガサです。

シミが多いと言いますとこちらの・・・

サンルーフはもっと酷いんです(汗)  オ~ノ~!!

こりゃ~大変そうだ(^▽^;)

ボディサイドも・・・

色的に目立ちませんけど、よ~く見るとシミだらけでガサついています。

リアは・・・

シミもありますがクスミが酷くライトがボヤけて映り込んでいます。

ホイールは・・・

マメにお手入れされている事もあって汚れは少なかったです。

 

新車でご購入時にコーティングを行って3~4年前に一度コーティングを

再施工されているとの事です。 定期的に施工されている&マメに洗車を

されているとの事でぱっと見た目には綺麗です。

しかし屋外で確認した時はそこまで気にならなかったのですが

店内で確認しますと・・・あ あれ?? シミが凄いぞ~~(;”∀”)

そのシミの原因ですけど・・・それはまた後ほど(^^;

ではシミシミになってしまいましたゴールドパールクリスタルシャインの

トヨタ アルファードをリフレッシュしていきたいと思います。 作業開始~~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

先ほどのサンルーフの写真でも見て頂きましたがウインドウ全面、ウロコ(シミ)が酷いです(^^;

水は綺麗に弾いていましたので撥水剤を塗られているようですが、ウロコがね~(汗)

その中でもサンルーフのウロコが一番酷かったです。

今回はウロコが酷いので何時もとは違う工程を経て・・・

最終的におなじみの姿になります(笑)

ウロコの除去方法も幾つかありますのでウロコの状態によって作業方法を変えております。

また当店のウインドウコーティングの料金には基本的な下地処理代も含まれておりますが

ウロコの程度によって追加料金がかかる場合がございます。

詳しくはお問い合わせください。

ウロコ除去後です↑  だいぶサッパリとしました(^.^)

もちろん最終的にウインドウコーティング剤で仕上げておりますので・・・

水弾きもバッチグ~です!  ← 古っ(;”∀”)

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉の除去を行います。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

前回のコーティングから3~4年ほど経っているそうですが、3~4年で↑位の鉄粉量でしたら

特別多くはないと思います。  まぁまぁって言ったところです(笑)

リアも・・・

反応が“流れ”てしまっているのでわかりにくいんですけど、ボンネット同様に

まぁまぁの付着量でした(^^;

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリとしましたね!

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

気持ちのいい水玉撥水と深い艶感が特徴の・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

 

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。 「EXE-evo1」は気持ちのいい水玉撥水の

コーティング剤になります。 従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが

特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

シミもスッキリとしてスベスベになりました。

透明感も出ましたね(^_^)/

シミでガサガサだったルーフも・・・

綺麗になりました。

それと英語が話せない私でさえオ~ノ~!!と叫んだと噂のサンルーフのウロコも・・・

思わずビュ~ティフルと言ったとか言わないとか(笑)

とにかく綺麗になりました(^_-)-☆

ウインドウのウロコ(シミ)除去は塗装面のシミを除去するよりも、ある意味厄介なんです。

酷くなると落とせなくなる場合もありますので早め早めの対処がおすすめです。

 

ボディサイドは・・・

塗装面が綺麗になってライトも綺麗に映り込むようになりました。

リアも・・・

クスミが取れてライトの輪郭もハッキリと見えるようになっています。

最後にホイールです。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂きましたので、よ~く洗った後に

ホイール専用コーティング剤でコーティングを掛けております!

そしてゴールドパールクリスタルシャインのトヨタ アルファード、ボディコーティングが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

シミシミでガサついていた塗装肌でしたが、そのシミを磨きで除去し塗装面を

平滑化しますと透明感ある艶々のボディに仕上がります。

また今回使用いたしましたEXE evo1がいい艶を出すんです(^_^)/

オーナー様もスッキリと艶々に仕上がりました愛車アルファードを眺めながら

『よかった、よかった!』とお喜びになられているご様子でした。

ありがとうございました。

 

今回のアルファードに付いていましたシミの原因ですけど推測にはなりますが

ケミカル類の使い過ぎによるシミだと思います。

もう少し具体的に言いますと撥水剤によるものです。

今人気の濡れたボディにスプレーして拭き上げるタイプの物ですね。

オーナー様に確認しましたところ、やはり頻繫に使用されているとの事でしたので

間違いないと思います。 この手のシミは頻繫に撥水剤を使われているお車に

よく見られる症状ですので使い過ぎにはお気を付けください(^_^)/

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ノートe-POWER NISMO Sの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産ノートe-POWER NISMO Sのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのブリリアントホワイトパールのノートe-POWER NISMO Sはボディコーティング施工から

2年ほど経過いたしましたお車になります。

半年毎にメンテナンスにお越しくださっており、今回は通算4回目のメンテナンスの

ご依頼になります!  花粉の季節&洗車の頻度は少なめ、だそうですので何となく状態が

想像できますが(^^;早速ノートe-POWER NISMO Sのメンテナンスの様子を今回も

ビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

花粉による汚れやシミが付いています。 ただ想像していたよりも汚れも痛みも

少ないようです(^.^)

アフターです↓

よく見れば洗車キズ等のスクラッチもあるのですが塗装を侵食してしまっているような

クレーター状の深いシミは少なく良好な状態を維持されておりました。

ルーフも・・・

花粉&雨によってシミシミですが・・・

花粉ジミも初期の軽い状態の物ですので問題ございませんでした。

これが放置期間が長かったりすると花粉が塗装に入り込み塗装を収縮させてしまいます。(シミになる)

その場合は熱処理が必要になってきますが、あまり酷いと熱処理しても戻らなくなりますので

花粉が少ない、多いに関わらず、花粉の季節はマメに洗車をした方が安心です。

 

リアは・・・

エンブレムの淵が汚れているとエンブレムがボヤけて見えてしまいます(^^;

その汚れを落とすだけでも・・・

キリッとします!

これだけでもメリハリが出て気持ちいいです(*^_^*)

それと同じく・・・

隙間や段差の汚れも美観の低下に繋がります。

スッキリとしました。

ボディサイドも・・・

e-POWERから雨筋が流れ出ていて美観が損なわれてしまっております(^_^;)

これもスッキリと綺麗にしますと・・・

清潔感が違いますね!

 

そしていつもの鉄粉の付着状況です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

反応が少ないですね(*‘∀‘)

半年毎に鉄粉を処理しているという事もあるかと思いますが、半年でこれ位の量は

とても少ないと思います。

リアも・・・

付いてはいますけど少ないと思います。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

スッキリとしました!

そして最後にホイールです。

毎回、毎回言っている気もしますがニスモのホイールは見た感じは比較的シンプルな

デザインなんですけど意外なほど洗うのが大変なんです(笑)

アフターです↓

艶々です! こちらのホイールはホイールコーティングをされているのですが

洗いにくいホイールにこそホイールコーティングがおすすめです!

汚れが落ちやすくなりますので洗うのが楽になります。

洗いにくいホイールで汚れが落ちにくいと洗うの大変ですので(笑)

 

そしてブリリアントホワイトパールのノートe-POWER NISMO S、

ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶も光沢もUPしてオーナー様もとてもお喜びになられておりました。

汚れが蓄積してきますと艶が引けて光沢感も感じられなくなってきます。

そこでメンテナンスです!

メンテナンスでは通常のシャンプー洗車では落ちない汚れを特殊なケミカル剤等で

落とします。それだけでも艶と光沢が上がるのですが最終的にメンテナンス剤で

仕上げますのでより一層の艶と光沢感が向上いたします(^_-)-☆

洗車しても艶や光沢感が今一つと感じましたら一度メンテナンスをご検討ください!

お待ちしております(^_^)/

 

花粉が積もっている時に雨が降ったら、それはそれは大変な事になります(笑)

大雨ならまだいいのですが小雨だと最悪です(^▽^;)

見た目が大変なだけではなく花粉は塗装面に侵食しシミが付くなど塗装に悪影響を及ぼします。

先ほどもお話しましたが酷くなってくるとリカバリーが出来ません。

ですのでこの時期は洗車の頻度を上げて花粉が付いている時間を減らしてください。

そこで度々ご紹介しておりますのがカービューティープロ本部のHPに

おススメの洗車方法の動画がございますので、ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ヴォクシーのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ヴォクシーのボディコーティングです。

こちらは人気の特別仕様車“煌3”のトヨタ ヴォクシーです!

納車間もない新車になります(^_^)/

ふと気が付いたのですが現行型後期のヴォクシーは初入庫な気がします。

そう思い少し調べましたらヴォクシーの新車は初入庫の様でした。意外や意外です(*”▽”)

そんな意外性に満ちた(笑)新車ヴォクシーの現状確認から進めていきましょう!

まずはボンネットです↓

少しボディの汚れもございますが少し曇り(白ボケ)気味でライトの淵がモヤモヤと見えます。

ルーフも・・・

お綺麗ではあるのですが、もう少しスッキリとさせたいところです(笑)

ボディサイドも・・・

若干ですが白ボケ気味でした(^^;

リアは・・・

こちらも同じような状態です。

ホイールは・・・

ちょろっと汚れておりました。

 

全体的に新車という事もあってお綺麗なんですがライトを当てて見ますと

ややボディが曇り(白ボケ)気味でスッキリとしていない状態でした。

この新車時の白ボケと言われる曇りですが同一車種の同じ色でも製造ロットの違いで

曇りが酷い時があったり、とてもクリヤーな時もあったりと実はバラバラなんです。

と言いますか、多かれ少なかれ曇っている新車が多いのが実情ではあるのですが(^_^;)

その中でも私的にはトヨタ車は品質が安定している印象ですが、それでもバラつきは感じます。

もし納車されたお車の塗装の曇りが酷かったら・・・大丈夫です! 諦める事はございません。

磨けばスッキリとクリヤーになります!

ではスッキリとクリヤーなお肌を目指して作業を進めてまいりましょう。

作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です

油分の付着が若干あるようで所々で少し水を弾いていました。

ガラスを磨いて油分等を除去していきます。

磨きが終わりましたら、よ~く乾燥させウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングします。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをしましたら・・・

気持ちいいウインドウコーティングの完成ですヽ(^o^)丿

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

所々にポツポツと反応は見られますが少ないですね!

リアも・・・

少なかったです(*”▽”)

納車からまだ数日なんですが、その間に少し距離を走られたそうですので、もう少し鉄粉が

付いているかと思ったんですが少なかったですね!   よかったよかった(笑)

鉄粉少ないので軽めの除去方法で鉄粉を処理し再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗ですね!

リアも・・・

綺麗ですね!

その後に今度はボディにマスキングを行い・・・

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回は全体的に少し曇りが気になりますので少しだけ

強めの磨きをして曇りを除去しました。

そして今回オーナー様がお選びになられたコーティング剤は・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

当店でも人気のコーティング剤でございます。

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。 「EXE-evo1」は気持ちのいい水玉撥水の

コーティング剤になります。 従来の水玉撥水のコーティング剤よりもシミが付きにくいのが

特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも取れてスッキリと綺麗になりました(^_^)/

ルーフも・・・

曇りが無くなりライトが綺麗に映り込んでいます(*^^*)

ボディサイドも・・・

綺麗ですよ~(^_-)-☆

リアも・・・

サッパリとしました。

最後にホイールです。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いております。

しっかりと洗ってからコーティングを掛けたのでピカピカです!

ホイールコーティングはボディコーティングと同時施工いたしますとホイールコーティングの

お値段が20%OFFになりますので同時施工がとってもお得なんです!

そしてトヨタ ヴォクシー煌3の新車コーティングが完成いたしました。

いい艶に仕上がりました!

施工前後の違いがわかりにくい新車のパールホワイトですが、それでもしっかりと磨いて

ボディの曇りを取ってからコーティングしますと艶と透明感が向上致します!

オーナー様も『光ってますね~』と、その違いを実感されているご様子でした。

ありがとうございました。

 

車は納車直後がベストな状態・・・という事は実は稀なんです。

新車でもキズやシミが付いていたり曇り(白ボケ)が付いている事が残念ながら

とっても多いんです(^^;  当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を

整えてからコーティングをしています。 下地を整えないと言う事はそのままコーティング剤を

塗るという事ですので不具合箇所はそのままコーティング剤で閉じ込めてしまいます(;´∀`)

ですので新車でも下地作りが重要です!

新車コーティングも下地を整えているカーコーティングの専門店『カービューティープロ カラーズ』へ

お任せください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アウディA5のボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアウディA5のボディコーティングです。

H20年式のアウディA5です! こちらのアウディA5は5年ほど前に当店で一度、

ボディコーティングを施工させていただきましたお車になります!

H20年式ですのでご購入から既に10年以上経っておりますが、10年以上の時間の経過を

感じさせない程お綺麗なお車なんです(^_^)/

とは言え登録から10年以上、前回のコーティングから5年経過しておりますので

ライトを当てて見てしまえば・・・

シミが付いております。またクスミも進んできたようで透明感が少し損なわれているようです。

ルーフも・・・

少し汚れている事もあるんですが、細かなシミが多いですね(^^;

トランクは・・・

こちらはシミは少なめですが、やはりクスんでいてライトの映り込みがスッキリとしません。

ボディサイドも・・・

シミはとっても少ないんですけどクスんでいました(^^;

ホイールは・・・

輸入車ですので、どうしてもブレーキダストが多めです。

 

ご覧頂きましたように細かなシミも多くなってきたご様子です。また全体的にクスミも

進行しているようで透明感が損なわれていてスッキリとしていませんでした。

しかし10年以上お乗りになられていて、この程度の痛み具合ですから普段からのお手入れの

良さと、そして何よりも愛車を大切にされてる“愛情”が伝わって参ります(#^.^#)

今回は、“まだまだ暫くは乗る”ご予定との事で、その前に一度リフレッシュの意味も込めて

再コーティングのご依頼を頂きました。

それではアウディA5のリフレッシュを始めていきたいと思います。

作業開始!!

 

まずは何時ものように洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

毎回、鉄粉の処理と言ってますが実際には鉄粉以外のピッチやタール等の異物も除去もしています。

ただ専用のクリーナーの反応するのは鉄粉だけですので、毎回鉄粉処理と言っております(笑)

その鉄粉に反応するクリーナーを吹き掛けたのが↓です。

黒っぽく点々と見えますのがクリーナーに反応している鉄粉です。

よく見ますと大きいのや小さいのと大小様々ですけど、一つ言える事は・・・

鉄粉少ないです(*’▽’)   前回のコーティングから5年経っているのに↑ですよ!

素晴らしいです!

リアは・・・

こちらの方が少し多めではありますが、それでも↑程度ですのでとっても少ないですね!

鉄粉とその他の異物を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

いい感じです。

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました。

 

その後の作業はマスキングへと進み・・・

ポリッシングの準備が整いました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

コロコロとした水玉撥水がお楽しみいただける・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもクスミもなくなってスッキリとしたお肌を取り戻しました!

ルーフも・・・

サッパリとしてクリヤーです(^_^)/

トランクは・・・

こちらもクスミが無くなってスベスベのお肌に仕上がりました!

ボディサイドも・・・

ライトがクッキリと綺麗に映り込むようになりましたね(^_-)-☆

そしてホイールは・・・

ホイールコーティングもご依頼も頂いておりますので、よ~~く洗ってからコーティングを掛けました!

そのせいでしょうか??ピカピカです!  そのせいでしょう(笑)

 

そしてアウディA5のボディコーティングが完成いたしました!!

スッキリとした透明感を感じて頂けるツヤピカのボディに仕上がりました!

艶とクリヤー感を取り戻したアウディA5はとても10年以上経過のお車には見えないと思います!

ご入庫時もとても10年以上前のお車には見えませんでしたけど(笑)

リフレッシュもバッチリと済み、これでまた気持ち良く、そして末永くアウディA5にお乗り

頂けること間違いございません!

何時までも大切にお乗り下さいヽ(^o^)丿

また5年後のご入庫お待ちしております!!

 

今回のアウディA5はコーティング施工から5年経っておりましたがシミも比較的軽く

スクラッチも少なめでお綺麗でしたので再施工のタイミングとしてはちょうど良かったのでは

ないかと思います。

コーティングの再施工のタイミングって難しいです。お車の痛みの進行は様々ですので

一概に何年!とは言えません。 そんな事もあって、どうしても痛みが進んでから再施工を

お考えになる方が多いのですが、コーティングもメンテナンスと同じで早め早めの方が

良いと思います。

何故かと言いますと、シミやキズが酷くなってからでは塗装の研磨量が多くなってしまうからです。

特にシミは時間が経過すればするほど”深く”なっていきます。

浅いうちでしたら少ない研磨量でシミが除去できますが、これが深くなればなる程、研磨する量が

増えます。増えるという事は塗装が薄くなるという事です。 またあまりにも深ければ磨きで

除去する事も出来なくなってしまいます。ですので痛みが酷くなる前に再施工していった方が

いいかと思います。

なかなか再施工のタイミングの判断は難しいと思いますので、お悩みでしたらお気軽に

ご相談ください(^.^)/

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

新型カローラのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ カローラのボディコーティングです。

ホワイトパールクリスタルシャインの新型カローラです!

新型カローラはセダン、ツーリングそしてスポーツの3つのバリエーションがございますが

セダンは当店初入庫となります! と言いますか新型カローラ自体が初入庫です(^_^)/~

更に言っちゃいますと歴代のカローラ含めてカローラ自体が初入庫のようか気がいたします(笑)

昨年にフルモデルチェンジを行い12代目となりましたカローラセダンですが、今までのカローラの

イメージを覆す程のスポーティーでスタイリッシュなデザインに変貌いたしました(*’▽’)

特に今回ご入庫されたカローラはWxBというスポーティーグレードですので尚更スポーティーで

カッコイイですね!

そんなスポーティースタイルの新型カローラの現状確認を行なって参りましょう!

まずはボンネットからです。

少しばかり曇り気味ですね(^^;

ルーフも・・・

少し汚れていてわかりにくいんですけど、ルーフも少しばかり曇っておりました。

トランクは・・・

若干ぼんやりとした映り込み具合のような気がいたしますがボンネット程の曇りではありません。

ボディサイドは・・・

こちらもボンネット程ではないのですが少~しボヤけた感じがいたします。

ホイールは・・・

納車後、少し距離を走られたそうでダストで茶色っぽく汚れておりました(^^;

 

こちらのカローラは納車から1週間ほどの新車になります。当店にご入庫されるまでの1週間で

結構距離を走られた&少し雨に降られたようで全体的にちょろっと汚れています(^^;

それを差し引いて見てみますとボンネット等の水平面がそんなに酷い訳では無いのですが

曇り(白ボケ)気味でした。 この新車時からある白ボケは洗車で落ちるものではなく

磨かないと除去できません。今回のカローラの白ボケは程度で言うと“軽い”のですが

中には“酷い”新車もございます(^▽^;) この白ボケは塗装の透明感を阻害し艶感にも影響を

与えてしまいます。この白ボケを除去をすれば新車よりもっと綺麗な新車になるんです(^_^)/

今回も新車以上の新車を目指して作業を始めて参りましょう!

作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

↓は現状です

若干、油分の付着があるようです。

その油分等を・・・

落として、ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

ウインドウコーティングはあめの季節だけではなく、これからの雪や霜にも有効なアイテムですので

是非一度お試し下さい(^.^)

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

ポツポツと散見できますが少ないですね!

リアは・・・

フロントに比べると多めでした(;”∀”)

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも・・・

綺麗になりましたね!

鉄粉が処理できましたら今度はボディにマスキングを行います。

そして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

 

そしていよいよコーティング剤の登場です!

当店では新車でもここまでの工程を経てからのコーティング剤の塗布作業になります(^_^)/

そのコーティング剤ですが今回はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″と・・・

PCX-S8のナイスなコラボレーションです(笑)

ボンネットとルーフそしてトランクの水平面にはEXE evo1を使用して、それ以外の垂直面には

PCX-S8を使用いたしました!

どちらのコーティング剤も・・・

気持ちのいい水玉撥水になります。

EXE evo1の詳しい事はこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

PCX-S8は詳しい事はこちらです → PCX-S8

このようなナイスなコラボレーションも可能ですので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください(^_^)/

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです↓

白ボケも無くなってスッキリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

サッパリとしております。

トランクは・・・

サッパリしました(^_-)-☆

ボディサイドは・・・

元々白ボケの程度も、ごく軽いものでしたがそれでも磨くとスッキリとするんです(^.^)

ホイールは・・・

今回、ホイールコーティングのご依頼も頂いております!

ホイールコーティングは艶々になるだけではなく、ダストのこびり付きも低減いたします。

そしてホワイトパールクリスタルシャインの新型カローラ、新車コーティングが完成いたしました!

透明感と艶がアップして納車直後の新車時よりも更に綺麗な新車に仕上がりました(^_-)-☆

今回“軽め”の曇り具合でしたが、その軽めの曇りでも除去しますとボディ全体が

透明感を増しスッキリと艶々と.したボディに仕上がります!

愛車とご対面いたしましたオーナー様も愛車を繁々と眺めながら“やっぱりいいなぁ~”と

ご満足いただけたご様子でした。

施工前後の違いが分かりにくい新車のパールホワイトでも『なんか違うなぁ!』とわかって頂けるのは

嬉しいです(*^^*)  ありがとうございました。

 

新車は納車直後がベストな状態・・・という車は実は稀なんです。

新車でもキズやシミが付いていたり曇り(白ボケ)が付いている事が残念ながらとっても多いんです(^^;

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地を整えないと言う事はそのままコーティング剤を塗るという事ですので

不具合箇所はそのままコーティング剤で閉じ込めてしまいます(;´∀`)

ですので新車を新車以上に輝かせるにも下地作りが重要です!

新車コーティングも下地を整えているカーコーティングの専門店『カービューティープロ カラーズ』へ

お任せください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ハリアーのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ハリアーのボディコーティングです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ハリアーはご購入から3年ほど経過いたしました

お車になります。

モデリスタのエアロが装着されていて、ただでさえスタイリッシュなハリアーが更に

スタイリッシュなお姿に仕立てられております!

モデリスタのエアロパーツはとても人気があるそうで当店にご入庫されるトヨタ車のモデリスタの

エアロ装着率も結構高い印象です(*‘∀‘) これがまたどの車もカッコイイです!

人気なのも納得です。

そんなモデリスタのエアロを装着いたしました、かっこいいハリアーの現状確認を早速行って参りましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチはとても少ないのですが細かなシミが多いですね(^^;

↑の写真だとよくわからないので洗車後(と言っても洗車だけではなく鉄粉処理等、一通り終わった後です)に

撮った写真が↓です。

細かなシミで塗装面が少しガサついているような状態です。しかし・・・

スクラッチが少ないです(*‘∀‘)  素晴らしいっス!

ルーフも・・・

ボンネットと同じような感じですね。細かなシミが気になります(^^;

ボディサイドは・・・

こちらはシミも少なくお綺麗でした!

ただ若干ですがクスんでいるようでスッキリとしません。

リアは・・・

こちらもシミとクスミが少し進行しているようです。

ホイールは・・・

少し汚れておりました。

 

全体的にご入庫時は少し汚れておりましたが、普段からマメにお手入れされているそうで

ご購入から3年以上の時間の経過を感じさせない状態だと思います(^_^)/

ただ屋外駐車という事もあってボンネットやルーフの水平面はどうしても痛みが

進行してしまっております。

ご購入から3年、リフレッシュするにはちょうどいいタイミングではないかと思います!

新車にも負けない艶と透明感を目指してハリアーのリフレッシュを始めていきましょう。

作業開始~(^_^)/~

 

ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介をしてまいります。

↓は現状です

何か撥水剤を使われていたのでしょうか?  なんとなく撥水しているような??

とにかく・・・

磨いて一度ガラス表面をリセットしていきます。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付着している鉄粉等の異物を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

やや多めではありますが3年程経過していますので、これ位は普通の量です。

中には新車でもこれくらい鉄粉が付いている車もあるんです(^▽^;)

リアは・・・

リアはむしろ少なめかと(*”▽”)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました!

リアも綺麗です!

鉄粉が多く付いていますと洗車時、スポンジの滑りが悪くなります。またマイクロファイバークロスだと

ブチブチと引っ掛かります(^^; 洗車時にスポンジやクロスの滑りが悪いと思ったら鉄粉等の

異物が多く付いていると思われます。早めに処置いたしましょう!

 

鉄粉の処理が終わりましたらボディにマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

細かなシミもスッキリとしてスベスベの塗装肌になりました(^_-)-☆キュピーン

ルーフも・・・

サッパリと綺麗になりました!

ボディサイドは・・・

こちらもクスミが無くなってスッキリとライトが映り込むようになりました。

リアも・・・

綺麗になりましたね(^.^)

ホイールは・・・

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いております。

しっかりと洗ってからコーティングを掛けたのでピカピカです!

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ハリアー、ボディコーティングが

完成いたしました!

艶々に仕上がりましたヽ(^o^)丿

元々お綺麗に乗られておりましたが経年による塗装の痛みもあり、それによってボディから

艶と透明感が少し失われておりました。 その痛みをポリッシングで除去して塗装表面を

整えますと新車にも負けない艶と透明感に仕上がります!

新車のように仕上がりました愛車とご対面しましたオーナー様も『うゎ!ピカピカ。新車みたい!!』と、

その仕上がりをご実感されておりました!

とても大切に、そしてお綺麗にお乗りになられていますトヨタ ハリアーのご紹介でした!

ありがとうございました(^_^)/

 

モデリスタのエアロ人気ですね(^.^) ご存じの方も多いと思いますがモデリスタは

トヨタ(トヨタグループですけど)が展開しているトヨタ/レクサス車のカスタマイズブランドです。

ノーマルでは物足りないけど市販のエアロは派手過ぎてイヤ!って思っている方にはピッタリの

ブランドではないでしょうか。 トヨタ純正だけあってフィッティングもクオリティも文句なしです!

現在ではエアロやホイール、インテリアパーツの開発のイメージが大きいですけど以前は

コンプリートカーの開発と販売もしていたようです。

ノーマルスタイルに物足りなさを感じているトヨタ車オーナーの貴方! そう、そこの貴方!

モデリスタなどいかがでしょか?? カッコイイですよ(^_-)-☆

なんて言っていると私がモデリスタの回し者の様ですが全然そんなことありませんからね!(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ルノー トゥインゴのコーティングメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはルノー トゥインゴのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのブルードラジェと言う淡いブルーのルノートゥインゴはボディコーティング施工から

約2年と半年ほど経過いたしましたお車になります。

昨年の春に一度メンテナンスにお越しくださっておりますので今回は1年半ぶり通算2回目の

メンテナンスのご依頼になります! ありがとうございます。

コーティングを施工しましてから2年半たっているんですけど、まだまだ艶もあってお綺麗なんです(^_^)/

流石にシミなどよ~く見ればありますが、このブルードラジェと言う淡いブルーはシミもスクラッチも

目立たないナイスカラーです(笑)

そんなナイスなカラーのルノートゥインゴのメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターで

ご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

前回のメンテナンスの時にも書いたのですが、この細かなシミは花粉で出来ました花粉ジミです。

アフターです↓

花粉ジミは残ってしまうのですが、その他の汚れも落ちてスッキリとクリヤーになりました!

ルーフは・・・

普段屋外で見るとあまり気にならないと思いますが室内でライトを当てて確認しますと

結構シミが付いているんです。

アフターです↓

流石に2年半も経ちますと通常のメンテナンスでは落ちないシミも多くなってきました。

ただそれほど深いシミではなさそうですので再度ポリッシングをすればサッパリとします。

シミが気になるようでしたらポリッシング有りのメンテナンスもございますので

お気軽にご相談ください。

リアは・・・

少し汚れ気味です(^^;

アフターです↓

サッパリと綺麗になりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

少し汚れていますね(^^;

汚れが目立たない色とは言え、これ位近くで見るとよくわかります(^▽^;)

アフターです↓

ボディサイドはシミも少なく状態は良好です!

 

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。

↓の黒っぽく点々と確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

結構多めですが前回のメンテナンスから1年半経っていると考えますと逆に少なめのような気がします(笑)

リアも・・・

点々と沢山付いていますけど、1年半でこれですから悪くはないです(^_^)/

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットも・・・

リアも・・・

もちろんボディ全体、スッキリと綺麗になりましたヽ(^o^)丿

それと今回はホイールを新調されたとの事でホイールコーティングのご依頼も頂いております。

↓はビフォーです。

新しいホイールですが走れば汚れてしまうのは、どうしようもありません(^▽^;)

そこでホイールコーティングです!

よ~く洗ってからコーティングを掛ければピカピカです!

もちろん走れば汚れてしまいますが・・・その後のホイール洗浄が楽になります。

特にブレーキダストが多く出る輸入車にはおすすめのアイテムになります(^_^)/

そしてブルードラジェのルノートゥインゴ、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶々に仕上がりました~!

また艶々の黒いホイールが下回りをキリッと引き締めております!

そして見れば見るほど気になる・・・

ニャンコの一途な眼差し!

作業中も視線を感じずにはいられません(笑) 何度目があった事か(^▽^;)

前から見ると・・・

ほぼ座っています(笑)    もはや助手席に座っていると言っても過言ではありません!

カワイイニャ~(=^・^=)

ピカピカになったトゥインゴに、きっとニャンコも喜んでくれたに違いありません。

そう思いたい。そう思わずにはいられない私でした(笑)

 

今回のトゥインゴはまだまだ艶もあって撥水力も少しビックリするくらい残っておりました。

しかし、さすがに2年半経過しましたのでメンテナンスでは落ちないシミやスクラッチが増えてきました。

ただブルードラジェと言う淡いブルーはシミやスクラッチも目立たないナイスカラーですので、

普段はあまり気にならないかと思います。 それでも、もしシミやスクラッチそしてクスミが

気になるようでしたら次回あたりはコーティング再施工の時期かもしれませんが・・・

艶もまだありますし、まだまだメンテナンスでもいいかな?とも思います(^.^)

今回のブルードラジェやパールホワイト等のライトカラーのお車はシミやスクラッチがあまり目立ちません。

シミやスクラッチが目立たない分、再施工のタイミングの判断も少し難しいかと思います。

これが黒い車ですと痛みがよ~く分かりますので判断しやすいんですが(^▽^;)

再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に各車バラバラです。

再施工の時期の判断はなかなか難しいと思います。再施工のタイミングで悩みでしたらお気軽

にご相談ください。(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

新型ハリアーHVのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ハリアーHVのボディコーティングです。

ホワイトパールクリスタルシャインの納車間もない新車のハリアーHVです!

新型のハリアーは当店初入庫となります(^.^)

いゃ~新型のハリアーもかっこいいですね!

今年の6月に発売され瞬く間に大人気・・・と言うよりも発売前から既に大人気で発売前の先行予約の

段階で1万台を突破していたとか・・・(;”∀”) 凄いです!

もちろんそんな感じですので発売後に契約された方は納車はだいぶ先の様です(^^;

そんな大人気の新型ハリアーの現状を早速確認して参りましょう!

まずはボンネットからです。

お綺麗ですね! しかし写真だとわからないかも知れませんが若干曇っているんです。

ルーフも・・・

こちらの方が少し曇っているのがわかりやすかも??

でも屋外で見たらほぼ気にならないと思います。その程度の軽い曇りです。

ボディサイドも・・・

基本的にお綺麗なんですが・・・いまいちスッキリとしていませんね(^^;

リアも・・・

スッキリとしません。

しかし、しつこいようですが屋外で見るとわからないと思います。 その程度です(笑)

ホイールは・・・

ちょこっとだけ汚れていました。

 

全体的に軽~く曇りが確認できます。この曇りは新車時からある白ボケと言われるものです。

この曇り(白ボケ)があると塗装の透明感が損なわれ風景の映り込みもモヤけてしまいます(^^;

トヨタ車はこの白ボケが少なくクリヤーな塗装の車が多い印象なんですが、それでもロットによる

違いなのでしょうか? たまに白ボケ気味の個体を見かけます。

とは言え言われなければ、ほぼ気が付かない程度の軽い曇りです。しかし軽いとは言え曇っているのも

また事実です。 この曇りがなければもっとスッキリとクリヤーなお車になります。

そのスッキリとクリヤーな新車を目指して作業を始めていきましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車して、その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

少ないですね!

リアは・・・

多かった(;´∀`)  フロントに比べるとリアは多めに付いていました。

鉄粉処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

スッキリと仕上がりました。

そしてマスキングをして・・・

磨きの準備が出来ました。

当店では新車でもここまでしてから磨いています。

今回は新車ですので新車プランでのご依頼となります。  新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしております。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティングです。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

元々ボンネットは曇りも少なめでお綺麗でしたが、それでも磨いてコーティングをすれば

よりスッキリとクリヤーで綺麗になります(^_^)/

ルーフも・・・

曇りも取れてスッキリしましたね!

ボディサイドも・・・

スッキリと綺麗になりました。

元々お綺麗でしたがビフォー&アフターで見比べるとやっぱり違います(笑)

リアも・・・

曇りが取れてサッパリとしました(^_^)/

ホイールは・・・

今回ホイールコーティングのご依頼を頂いておりますのでホイールコーティングを施工いたしました!

ホイールコーティングは新車時がおすすめです。

ちなみにですがホイールコーティングはボディコーティングと同時施工いたしますと

ホイールコーティングのお値段が20%OFFになりますのでボディコーティングとの同時施工が

とってもお得です!

 

そしてホワイトパールクリスタルシャインの新型ハリアーHV、新車コーティングが完成いたしました!

スッキリとクリヤーな新車以上の輝きに仕上がりました!!

っと言いましても新車のパールホワイトですので写真だと、施工前後に違いがあまり

わからないかもしれませんが(^▽^;) それでも各部の仕上がりの写真で見て頂いたように曇りが

無くなり透明感の向上と映り込みの違いを感じて頂けると思います!

今回のハリアーは若干の曇りはございましたが全体的にはお綺麗な状態の新車でした。

しかしやはり新車の状態がけっして一番ベストな状態とは限りません!

むしろ新車時がベストな状態のお車は稀です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地を整えないと言う事はそのままコーティング剤を塗るという事ですので

不具合箇所はそのままコーティング剤で閉じ込めてしまいます(;´∀`)

ですので新車を新車以上に輝かせるにも下地作りが重要です!

新車コーティングも下地を整えているカーコーティングの専門店『カービューティープロ カラーズ』へ

是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

マツダ デミオのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ デミオのボディコーティングです!

H27年式スノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ デミオです!

ご購入から5年が経ちリフレッシュを兼ねてコーティングのご依頼を頂きました。

ご覧のようにとってもお綺麗なんです(*‘∀‘)  それもそのはず、週2ペースで洗車を

されているそうです(*”▽”)  素晴らしいです!

そんな訳でとってもお綺麗ではありますが、マメに洗っているからこそ洗車では落ちない汚れが

気になってくるものです(^^;  十分お綺麗なんですけどオーナー様も汚れが気になると

言われていましたので気になるのでしょう(笑)

ではご購入から5年経ちましたマツダ デミオの現状確認を行なっていきましょう!

まずはボンネットからです。

洗車頻度が高い割には洗車キズは少なく驚きました(笑) しかし細かなシミが多く

クスミが進んでいるようです。

ルーフも・・・

少しわかりにくいんですけどボンネットと同じように細かなシミが多いです。

またクスんでいてライトの映り込みもモヤけております。

ただ洗車キズは少ないです(*’▽’)  素晴らし~!

ボディサイドも・・・

モヤけています。 これはおそらく新車時からモヤけた塗装肌だったと思います。

リアも・・・

スッキリとライトが映り込んでいません。

ホイールは・・・

洗車頻度高いので汚れも少ないです!

 

全体的に見ましてボンネットとルーフの水平面に細かなシミが多く透明感も損なわれています。

またボディサイドもクスミもあるんですが、新車時からの曇った塗装のままという事もあって

こちらも透明感が損なわれております。それが更に進んでしますとお車全体の質感の低下に

つながってきます。

シミは多いのですがマメに洗車されている事もあって塗装を侵食してしまっているシミは

少ないです。多く付いているのは比較的浅めのシミのようで、これも普段のマメなお手入れの

賜物だと思います!

その浅めのシミをスッキリと除去してツヤツヤのデミオ君にリフレッシュしていきたいと思います。

作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいりましょう。

実はこちらのデミオ君は5年前に当店でウインドウコーティングを施工させていただいております!

5年も経っているのに・・・

びっくりするくらい撥水しております(;”∀”)  マジっすか??

何か撥水剤でも塗っているのでしょうか??

オーナー様にちゃんとお聞きするの忘れちゃった・・・(^▽^;)  すいません。

とにかく再施工のご依頼ですので・・・

古いコーティング被膜を除去します。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングし最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

次回の再施工はまた5年後に!(笑)

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付着しています鉄粉を処理していきます。 専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします↓

多かった~(;´∀`)

オーナー様もボディに付いている黒いポツポツが気になっていたそうですが、これがその正体です。

黒い車は見てもわかりにくいんですけど白い車だとポツポツと確認できますので、皆様も愛車の

ボンネットを確認してみてください。 また、これくらい鉄粉が付いていますと洗車時にスポンジや

クロスを滑らすとが引っ掛かりを感じますので、黒いお車の方はこの方法で洗車時に確認が

できます。 お試しください。

マイクロファイバークロスで濡れ拭きするとわかりやすいですよ!

話が逸れましたがリアは・・・

多かった~(;´∀`)

もちろんルーフも多かったです(笑)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗になりましたよ~(^_^)/

リアも・・・

綺麗になりました!  よかったよかった。

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

ポリッシングの準備が整いました。

今回はエクストラプランになります。エクストラプランは経年車や中古車などに

多く見られる小キズやシミなどを除去するミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

水玉撥水が気持ちいい・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・そして気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミが無くなってスッキリとクリヤーなりました!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

曇りが取れてライトの映り込みもクッキリとしました(^_-)-☆

リアも・・・

曇りも無くなり気持ちいいですね~。

ホイールも・・・

キッチリと洗ってから今回はホイールコーティングを掛けております!

艶々ですよ~。

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ デミオ、ボディコーティングが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました~(^_^)/

元々お綺麗でしたがリフレッシュ後はボディがキリッと引き締まり凛々しいお姿に

なったと思います!  面に張りが出て質感が上がって見えると思います!

簡単に言いますと“若々しく”見えるといいましょうか(笑)

オーナー様も『黒と白のメリハリが出て引き締まった!』と、とってもお喜びになられておりました!

ありがとうございます。

これからもデミオ君をいつまでも大切にお乗りください(^_^)/~

 

今回ご紹介いたしましたデミオ君ですが週2ペースで洗車しているとの事でしたが

少しビックリするくらい洗車時に付くキズ(洗車キズ)が少なかったです!!

たぶん洗車方法が良くて優し~く洗車されているのでしょう(^.^)

お車をとても大切にされているのが伝わってまいりました。

車に細かな線キズが付いてしまう要因は色々とあります。その一つが洗車時に付くキズなんです。

洗車キズは名前の通り洗車時に付いてしまうキズです(^_^;)

どうしても洗車すると多かれ少なかれキズは入ってしまいます。しかし少しでも洗車キズを少なくする

為にもポイントがございます。

車用のシャンプーを使い、そのシャンプーの泡をたっぷりと使って優し~く洗うのがポイントです。

そして洗車後のふき取りも優し~くです!力を入れますとスポンジやセーム皮でも塗装にスクラッチが

無数に入ってしまいます。特にダークカラーはお気を付けください。

ちなみにシャンプーは車用を使ってください。食器洗いの洗剤で洗う方も意外と多いのですが

車専用をお使いください(^_^)/  中に入っている成分が違うんです!

それとスポンジやクロスもある程度使用したら新品に交換してください。

パッと見は綺麗でも非常に細かな砂など付いているものです。 そのまま使用すると塗装面

を傷つけてしまいますので危険です!

また度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法の動画が

ございますので、ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ステップワゴンスパーダのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ ステップワゴンスパーダのボディコーティングです。

プラチナホワイトパールのホンダ ステップワゴンスパーダです!

昨年5月登録の新古車をご購入され当店にご入庫くださいました。

登録時にボディコーティングが施工されているようで当店にご相談にお越し下さいました。

メンテナンスと言うお話も出たのですがコーティングが効いているのかよくわからないし、

その間の保管&お手入れ状況もわからないのでコーティング再施工となりました。

それでは登録から1年以上経過しておりますステップワゴンスパーダの現状を早速ですが

確認して参りましょう。

まずはボンネットからです。

かなりモヤけていました(;´∀`)

おそらく新車時からモヤけていたと思います。そしてモヤけている上にそのままコーティングを

してしまっている状態です。

またシミも付いておりました。

ルーフは・・・

ボンネット程ではありませんがボヤっとした映り込み具合です。

ボディサイドは・・・

こちらもボヤけています(^▽^;)

それとリアドアには・・・

少しわかりにくいかも知れませんがポリッシャーで磨いた痕跡(バフキズ)が確認できます。

光がキズで乱反射して光の筋が出来ています。

その代わりと言っては何ですが磨いた分、この辺りはモヤけが少ないです(笑)

リアは・・・

こちらもモヤけておりました(^^;

ホイールは・・・

汚れも少なくお綺麗ですね!

 

ご覧いただきました様にボディが全体的にモヤけておりクリヤー感が損なわれております。

またライトの映り込みも輪郭がボヤけてしまい綺麗に映り込みません(^^;

毎回ステップワゴンのご紹介時に書いている気がいたしますが、新車時から塗装面がこの様に

ボヤッとボヤけている事が非常に多いんです。そしてそのままコーティングをしてしまって

おりますのでコーティングしていても何だかスッキリと綺麗な感じがしません。

今回のステップワゴンスパーダはコーティングから1年以上経過しておりますが磨けば

新車より綺麗になると思います! そんな新車以上の塗装肌を目指して作業開始~~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介して参ります。

↓は現状です。

ウインドウコーティングも新車時に施工してあるような??ご説明だったようです。

確かに撥水はしているようですが水玉もつぶれ気味で撥水力が落ちているようでした。

運転席と助手席のウインドウは撥水ガラスのようで、まだまだ綺麗な水弾きでしたので

今回はそれ以外のウインドウをコーティングします。

現状掛かっているであろうコーティングを剥がしガラス表面を一度リセットします。

その後ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをし最後に撥水チェックを

しましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

水玉の丸さが違います(^_^)/

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いています鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします↓

結構多めです(^^;

屋外に展示されていましたお車はどうしても鉄粉が多く付いてしまう傾向です。

これは何故かと言いますと・・・基本的に鉄粉は上から降り注いで来るからです(^^;

リアは・・・

ボンネットに比べると少ないんです!

これは何故かと言いますと・・・あまり走行していないからなんです。

リア周りに鉄粉が付くのはリアタイヤが巻き上げたものなので新古車等の走行距離が少ないお車の

場合はリアに付いている鉄粉は少ないです。(車の形状にもよります)

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

鉄粉もサッパリとしました!

リアは・・・

元々お綺麗でしたので(^▽^;)

その後にマスキングをして・・・

磨いていきます。今回は軽い磨きのベーシックプランでの磨きになります!

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプラン状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く場合も

ございます。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたのはこちらの・・・

水玉撥水が気持ちいい・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それと今回はフロントバンパーやリアバンパー部の未塗装樹脂部のコーティングの

ご依頼も頂いております。

ビフォーです↑

アフターです↓

青いアクセサリーが追加になっていますけど今は気にしないでください(笑)

コーティングした後からですと両面テープの粘着が弱くなってしまうので装着後に

コーティングしています。

いゃ今はその話ではないんです(笑) 樹脂コーティングの話です。コーティング後の

黒の深みと艶の違いを感じて下さい!  これだけでもキリッとした引き締まり感が

全然違います(^_-)-☆ キュピーン!

 

それではその他の各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

モヤけていたボンネットもスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

サッパリとしました!

ボディサイドは・・・

ボヤッとした曇りも取れてスッキリです。

リアドアのバフキズも・・・

綺麗に除去し変な光の乱反射が無くなりました(光の筋が出来ません!!)

リアも・・・

綺麗にライトが映り込むようになりました。

ホイールも・・・

艶々に仕上げましたら・・・

プラチナホワイトパールのホンダ ステップワゴンスパーダ、ボディコーティングが完成しました!

スッキリとクリヤーで艶々に仕上がりました(^_-)-☆

パールホワイトも曇りを除去するとキリッとした佇まいになります!

それと未塗装部の樹脂コーティングをしていますので黒と白のコントラストがより一層際立ち、

メリハリある仕上がりになった思います。

オーナー様も『おぉ~、全然違う!!』と、とてもお喜びになられておりました!

ありがとうございます。

そうなんです。全然違うんです! コーティングから1年以上経過していますので

単純に比較はできませんが、それでもボヤッと曇った上にコーティングを掛けるのと

曇りをスッキリと除去した上にコーティングを掛けるのとでは仕上がりが全然違うと

想像していただけると思います!

それは新車や新古車だけではなく経年車も全く同じです。むしろ経年車の方が仕上がりが

全然違ってきます。 傷んだ塗装面の上にコーティングを掛けても綺麗にはなりません。

下地そのままでコーティングするのもコーティングですし、下地を整えてからコーティングを

するのもコーティングです!

同じコーティングでも“車を綺麗にするには”下地作りがとっても大切です(^_^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。