テレーンカーキマイカのレクサスNXにメンテナンスのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスNX300hのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのテレーンカーキマイカメタリックのレクサスNX300hは昨年の10月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年経過のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

今回は初メンテナンスになります!

まだまだ艶感も感じられてお綺麗ですが1年経過していますので、よくよく観察をしてしまえば

痛みが進んでいる事もまた事実です(^^;

ではコーティング施工から1年経過しましたレクサスNXのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

まずはボンネットからです。

まだまだ艶もあるのですが↑の様にライトを当てて見てしまうとシミも

見えてきます。

軽いシミや汚れでしたらシャンプー洗車で落とせますが、頑固な雨ジミ等は

シャンプー洗車では落ちません。 (↑のシミもシャンプーでは落ちませんでした(^^;)

メンテナンスではシャンプー洗車以外にも数種類のケミカルを使って洗いますので・・・

頑固なシミも除去出来ました!

ただ、もちろんケミカルで落とせるシミにも限界があり、全ての汚れやシミが落ちる訳では

ありません。 あまりにシミが酷い時はメンテナンスでポリッシングを入れる事も可能ですので

シミが気になるときはお気軽にご相談ください。

 

ルーフも・・・

よく見ますとスクラッチやシミが確認できます。

アフターです↓

表面が綺麗になった分、除去出来てなかったシミとスクラッチが確認しやすくなりました(^^;

見やすいようにライトを当てていますので屋外で見ると気にならない程度です。

リアは・・・

こちらは汚れてはいますけど気になるような痛みの進行はございませんでした。

アフターです↓

でも、よりスッキリと綺麗になってます(笑)

ボディサイドも・・・

雨天走行時の汚れが付いていますけど、気になるような大きな痛みは無いようです。

アフターです↓

やっぱりありませんでした(笑) メンテナンスで艶々です!

それと今回は駐車中にドアにキズを付けられてしまったそうで・・・

磨きで除去することになりました。

という事で・・・

ドアをマスキングして磨いていきました。

アフターです↓

ただ思っていた以上にキズが深くはいっていたようで完全除去とはなりませんでした。

しかし↑の写真もキズが見やすいようにライトを当てていますので、普段は探さないとわからない程度です。

オーナー様にも確認してもらいましたが『わからないです』と言われておりました(^.^)

 

それと鉄粉の付着状況です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

色的な事もあって写真だとよくわかりません(^▽^;)

でも全体的に少なかったです。

リアも・・・

写真だとわかりませんが少なめでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

やはりわかりません(^▽^;)

リアも・・・

綺麗になっております! 写真だと見えませんけど(^▽^;)

最後にホイールです。

ホイールも少し汚れておりました。

アフターです↓

ホイールもサッパリとしました。

そしてテレーンカーキマイカメタリックのレクサスNX300h、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました~! ツヤピカです!!

ご入庫時は少し汚れてはいましたけど艶もあり、お綺麗でしたがメンテナンスをすると、

も~~っと綺麗で艶々になるんです(^_-)-☆

特に黒などのダークカラーのお車はメンテナンスをしますとビフォーとアフターで艶感が

全然違います。 艶と光沢の向上、それに伴ってお車全体の質感の向上を感じて頂けると思います!

オーナー様もピカピカの愛車とご対面してとてもお喜びになられておりました!

ありがとうございました(*^_^*)

これからも大切にお乗りください!

 

ボディに付いたキズを直すには板金塗装が頭に思い浮かぶ方が多いと思います。

しかしキズの程度にもよりますが磨きで直す事も出来るんです!

塗装が完全に削れてしまって下地が出てしまっているような場合は

板金塗装をするしかありませんが、浅めのキズでしたら意外と磨きで消せる事も多いです。

また完全に消えなくても気にならない程度まで目立たなくなることも多いです。

もちろん磨きで消すという事はそれなりのリスクも御座います。(塗装が薄くなる)

またキズの場所によっては磨けない所もありますがキズでお悩みでございましたら、

板金塗装をする前に一度当店にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ステップワゴンスパーダの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ ステップワゴンスパーダのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプラチナホワイトパールのホンダ ステップワゴンスパーダは

今年の2月にボディコーティングを再施工いたしましたお車になります。

以前より定期的にメンテナンスにお越しくださっております。ありがとうございます。

今回は再施工後の初メンテナンスのご依頼です!

では早速ですがコーティング施工から半年経過のステップワゴンスパーダの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいります。

まずはボンネットからです。

基本的にあまり洗車はされないそうですので(^^;水アカ汚れも付いています。

ただ洗車しない分、洗車キズ系のスクラッチは少ないようです。

アフターです↓

やっぱりスクラッチが少ないです(笑) シミも少なくてとっても良い状態でございます!

ルーフも・・・

よく見ると水アカ汚れで縞模様になっております。

アフターです↓

水アカ汚れは付いていますけどコーティングが効いておりますので、しつこくこびり付いている訳ではなく

洗車で簡単に落とすことが出来ます!

もちろん今回はメンテナンスですので、洗車以上に綺麗になっています(^_^)/

リアは・・・

こちらも雨の流れた跡が黒く付いています。

アフターです↓

こちらもスッキリですね!

ボディサイドも・・・

汚れが溜まり気味ですが・・・

問題なく綺麗になります。

 

それと何時もの鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

ボンネットはとっても少なかったです。

しかしリアは・・・

ボンネットに比べると多かったです。

とは言え↑程度ですので特別に多い訳ではございません。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

より綺麗です(笑)

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました。

ホイールは・・・

こちらも少々汚れ気味です。

黒いホイールは汚れてしまうと茶色くなってしまいメリハリがなく

ボヤけて見えてしまいます(^^;

しかし、しっかりと洗えば・・・

黒さが復活してキリッと足元を引き締めてくれます!

それと毎回メンテナンス時にウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

↓は現状です。

ウインドウコーティングも半年経過していますので、やや撥水力が落ちているようです。

撥水力が完全に落ちていないからといって・・・

上塗りで済ませるような事は致しません!

古いコーティング被膜を除去してから再度ウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをします。 その後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です。

こうやって見比べるとやっぱり水玉の丸さが全然違いますね(;”∀”)

 

そしてホンダ ステップワゴンスパーダのコーティングメンテナンス&ウインドウコーティングが

完成いたしました。

白さも復活して艶々に仕上がりました!

ご入庫時はやや汚れ気味でしたがコーティング施工からまだ半年ですので、

コーティング被膜の痛みも少なくメンテナンスをすれば艶々のピカピカです(^.^)

それと先ほどもお話いたしましたがこちらのオーナー様は半年ごとにウインドウコーティングの

再施工を行われています。 実はこれは凄~く良い事なんです!(^^)!

何故かって??  それは視界確保の為、そうです安全の為です!

ウインドウコーティングは安全運転につながる実用的なアイテムですので

安全の為にも撥水が落ちてから再施工ではなく落ちる前に再施工がおすすめです(^_^)/

ウインドウコーティングの効果はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって

大きく変わってきます。目安は半年~1年位ですがワイパーのゴムを撥水ワイパーに交換して

頂くとコーティングの寿命が延びますのでウインドウコーティングしましたお車には

撥水ワイパーの交換をお薦めいたします! 是非お試しください!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

トヨタ ライズにメンテナンスのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ライズのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのブライトシルバーメタリックのトヨタ ライズは今年の3月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から半年が過ぎ、今回はメンテナンスのご依頼を頂きました。

コーティング施工からまだ半年ですのでお綺麗なのですが何やら洗車では落ちないシミが

付いてしまってお困りになられておりました。

ではコーティング施工から半年が経ちましたトヨタ ライズのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

まずはボンネットからです。

軽~く汚れ気味ですが特に問題ないように感じます。

しか~し、ボンネットの所々に・・・

シミが付いております。 こちらが先ほどお話しました洗車で落ちないシミです。

ボンネットとルーフに数ヶ所ほど確認できました(^^;

駐車場の横に木があるらしく雨が降ると木から雨水が落ちて、それが乾くと↑のような

シミになってしまうようです。

意外なほど頑固で確かにシャンプー洗車では落ちませんでした。

アフターです↓

汚れも落ちてスッキリとしました。また撥水も少し弱り気味でしたが特殊なケミカルで

洗いましたら撥水力も戻りました。

そして例のシミも・・・

無事除去することが出来ました。

汚れ(シミ)の種類も色々あって、その汚れに合わせて色々なケミカルと使い分けております。

こっちの汚れには全然反応しないけど、あっちの汚れは簡単に落とせたりと反応もバラバラで

色々と試すのが楽しいものです(笑)

ルーフも・・・

少し汚れはありますが・・・

メンテナンスをすればスッキリと綺麗になります!

リアには・・・

クモがいました(笑) 時期にもよりますがご入庫される車には、ほぼほぼクモが付いてきます(^^;

なかには洗っても洗ってもどこからともなくクモが出てくる車もございます。

車には平均で何匹のクモが付いているのでしょう??  考えると怖いのでやめておきましょう(笑)

アフターです↓

もちろん先ほどのクモの姿はございません(^^;

それはそうと↓のような・・・

段差や隙間の汚れも少なくお綺麗でした。

アフターです↓

あまり違いがありません(^▽^;)

ボディサイドは・・・

黒い雨筋が付いている程度で目立つような痛みはありませんでした。

アフターです↓

スッキリしました。

 

それと何時もの鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

ボンネットはとっても少なかったです。

しかしリアは・・・

ボンネットに比べると多かったです。  とは言えこの程度ですので凄く少ないです!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリです! 元々ですが(^▽^;)

リアも・・・

綺麗になりました。

最後にホイールです。

軽い汚れでした。

アフターです↓

それでも洗えば更にツヤピカに仕上がります。

そしてブライトシルバーメタリックのトヨタ ライズ、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

綺麗に仕上がりました!

コーティング施工からまだ半年ですので、ご入庫時もまだまだお綺麗でしたが

それでも通常のシャンプー洗車では落ちないような汚れを落としますと

艶も上がり撥水力も向上し、お車全体がスッキリといたします(^_^)/

オーナー様もボンネットのシミも落ちて、とてもお喜びになられておりました。

ありがとうございました。

そしてお時間のある時にまたお立ち寄りください!(謎)

 

10月に入り暑さも落ち着きましたが夏の暑い時期って、つい木の下に駐車したくなりますよね??

これは実はかなり危険な行為です。想像以上に樹液が垂れてきます(;´∀`)

そして想像以上に塗装面にダメージを及ぼす事がございます。

それと木の実も注意です。酸性の強い木の実など短時間で塗装を浸食してしまいますのでご注意ください。

ただご自宅の駐車場が木の下だったり横に木が生えていたりするとそうはいきません(^_^;)

普段お乗りにならないようでしたらボディカバーを使うのもいいかと思います。

しかし毎日お使いになるようでしたらボディカバーは大変ですし・・・。

そうなると大変ですがマメなボディチェックとお手入れが大切になります。

夏場、木の下にスペースが空いてもラッキー!なんて思ってはいけません(笑)

それはトラップです(笑)  お気を付けください。   木だけに( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

マツダ デミオのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ デミオのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのH27年式スノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ デミオは昨年の8月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年経過でメンテナンスにお越しくださいました。

昨年のコーティングの後にお仕事の関係で今までとは違う環境でのご利用と

駐車場になってしまったそうです。 その為か所々に痛みが散見できます(^^;

ではメンテナンスの様子と合わせて各部の状態をビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

少し汚れていますけど塗装面自体の痛みは少ないようです(^_^)/

アフターです↓

寧ろコーティング施工から1年経過と考えますとシミもスクラッチ共に少なくて

良好です!

ただ撥水力は落ちておりました。

ルーフも・・・

少し汚れている程度で悪くなさそうです。

アフターです↓

やっぱり悪くなかったです(笑)

今までは屋根有りの駐車場だったのですが、この1年は屋外の屋根なし駐車になってしまった

そうですが、それでもシミも少なくとってもお綺麗です!

リアは・・・

やや汚れていました。

アフターです↓

こちらも大きな痛みや汚れは無く問題ございませんでした。

ボディサイドも・・・

珍しく汚れ気味でした(^▽^;)

こちらのデミオが汚れているのは大変珍しいんです(笑)

アフターです↓

しかし雨天時の汚れですので洗ってしまえば、まだまだお綺麗です。

ボディの垂直面は撥水もまだまだ効いておりました!

 

それと何時もの鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

ボンネットはとっても少なかったです。

しかしリアは・・・

ボンネットに比べると多かったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗です! 元々ですが(^▽^;)

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました。

ホイールは・・・

軽い汚れでした。

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しをしますので、よりツヤピカに仕上がります。

それと今回はウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

↓は現状です。

撥水ワイパーに交換されているのでワイパーの払拭範囲内は水を弾いていました。

ただ範囲外の撥水は落ちてしまったようです。

その落ちてしまった所もそうでない所も・・・

一度ガラス表面をリセットしてから再度ウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティング!

その後に撥水チェックをしましたら・・・

コロコロの撥水が出来上がりました(^_^)/

更にヘッドライトもクリーニングしてまいります。

現状です↓

一年前はまだ綺麗だった記憶なんですが、この一年で随分と痛みが進んでしまったようです。

アフターです↓

ただ痛みの程度としましてはそれ程酷くはないので軽めの研磨で綺麗になりました。

反対側も・・・

傷んでしまったようです。

アフターです↓

クリヤーで気持ち良いですね!

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ デミオ、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

ご入庫時は少し汚れている事もあってお車にメリハリが感じられず、

“ボヤけている”印象でしたがメンテナンス後はヘッドライトもクリヤーになり、

また樹脂部が黒さを取り戻したことで白と黒のメリハリが出てキリッとた

印象に仕上がったと思います(^_^)/~

オーナー様にもとてもお喜びになられておりました!

ありがとうございました。

 

車の傷みの進行具合は皆同じではなくバラバラです。同じ車の同じ色でも

車の保管場所や使用場所によって全く違ってきます。

もちろんお手入れ方法や頻度によっても痛みの進行は変わってきます。

また車を止めている場所(駐車場)の周りの環境も大きく関係します。

海に近ければ海特有の汚れ、山に近ければ山の汚れ、また工場地帯なら工場地帯特有の

汚れ等、地域性もあります。 ですのでメンテナンスのタイミングもバラバラなのですが

一つ言える事はメンテナンスは大事だという事です(^_^)/

皆様もメンテナンスは定期的にどうぞ~!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アルファードのボディコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ アルファードのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ アルファードは昨年の10月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から間もなく1年を迎えるタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

パールホワイトですので水アカ汚れは少し確認できますが艶も感じられて塗装面自体の痛みは

少なそうな感じですが・・・はたして!?

ではコーティング施工から間もなく1年を迎えますトヨタ アルファードの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

いゃ~ とってもお綺麗です(*”▽”)

一年近く経つのにこの綺麗さです! ビックリです!!

アフターです↓

スクラッチもシミもとっても少なくて申し分ございません!

しかし何故かルーフは・・・

あきらかにボンネットより汚れ気味です(^▽^;)

背の高い車あるあるです(笑)

しかし基本的に汚れているだけでボンネット同様シミやスクラッチは少ないです。

でもボンネットもそうなのですが・・・

コーティング施工から1年近く経ちますので撥水が弱まっております。  水が掛かっています↑

撥水が無くなる要因は幾つかあるのですが、その一つに

コーティング被膜の上に“汚れの膜”が付いてしまっている事です。それによって水弾きが

低下してしまいます。特に花粉シーズンは水弾きが低下することが多いです。

しつこい“汚れの膜”は通常のシャンプー洗車では落としきれません。

そのせいでシャンプー洗車しても撥水力が戻らないんです(T_T)

↓はシャンプー洗車後です。

シャンプー洗車をしても先ほどと変わりません。

その後に今度は特殊なケミカルを使って洗ってみますと・・・

しつこい汚れを取るだけでこれ位撥水力が戻りました。

さすがにコーティング直後のようなコロコロの水弾きではございいませんが

撥水力が残っています。 ただコーティング被膜そのものが痛んでしまっていたら何で洗っても

撥水力が戻る事は無いのですが、それでも艶感は向上いたします。

最終的にメンテナンス剤で仕上げますと・・・

コロコロの気持よい水弾きになります(^_^)/

アフターです↑  撥水は落ちていましたがシミ・スクラッチ共にとっても少ないですね!!

ちなみに鉄粉の付着状況ですけど・・・

↑の黒っぽく点々と見えますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

鉄粉も少なめでした(^.^)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリと綺麗になりました。

 

リアも・・・

黒い雨筋が付いていますが大きな痛みは無さそうです。

アフターです↓

やっぱりなかったです(笑)

まだまだお綺麗です。

ボディサイドの汚れも・・・

通常の雨天走行時の汚れ程度ですので・・・

特に気になるような痛みはございませんでした。

最後にホイールです。

なかなか洗いにくい形状です(^▽^;)

アフターです↓

やっぱり黒いと引き締まりますね!

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ アルファード、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

いかがでございましょうか。

ご入庫時は少し汚れてはいましたが塗装面自体(コーティング被膜自体)はコーティング施工から

1年近く経っているとは思えない程良好な状態を維持されておりました!

本当にビックリするくらいシミとスクラッチが少ないです(^_^)/

お車が大きくて大変ですが、これからもこの感じで維持管理を頑張ってください!

 

先ほども少しお話しいたしましたがコーティングの撥水力の低下は頑固な汚れの蓄積や

撥水被膜の痛みなど様々です。 よく撥水が無くなるとコーティング被膜も無くなった

(コーティングが落ちた)と思われる方が多いのですが実は違うんです。

撥水が落ちてもコーティング被膜自体は残っています。 今回のアルファードの様に

特殊なケミカルで汚れの被膜を落とすと撥水力が向上する事も多いんです。

ですので撥水維持の為にもメンテナンスはとても重要です。

皆様もメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ86 14Rのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ86 14Rのボディコーティングメンテナンスです。

こちらの14Rは昨年の12月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から約9ヶ月経過でメンテナンスにお越しくださいました。

では早速ですがコーティング施工から9ヶ月経過いたしました14Rのメンテナンスの

様子を今回もビフォー&アフターで見て参りましょう!

まずはボンネットからです↓

普段からマメにお手入れされておりますのでお綺麗です!

ただ普通のシャンプー洗車では落ちないシミも少し付いておりました。

アフターです↓

シャンプー洗車では落ちない汚れ(シミ)等を特殊なケミカルを使ってシミや汚れを除去しました。

クレーター状の深いシミ等は磨かないと落とせませんが特殊なケミカルで洗いだけでも

結構綺麗になるんです! また撥水力も向上いたします(^_^)/

(コーティング被膜が痛んでいると撥水力は戻りません)

ルーフも・・・

お手入れされていてお綺麗です!

普段は乗らずに駐車場に置いてあるんだそうですが仕事帰りに鳥糞が落ちていないか

毎回チェックされているとの事でした!  素晴らしいっす(*’▽’)

アフターです。

まだまだお綺麗です!

トランクも・・・

目立つような痛みや汚れも無くお綺麗です。

アフターです↓

まだまだ潤いを感じますね!

ただボディサイドは・・・

雨続きだった為に少し汚れ気味でした(^▽^;)

そんな時もございます(笑)

アフターです↓

こちらも特に問題も無く良好なコンディションでございます!

それと鉄粉の付着状況です。

↓のポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

とっても少ないですね(*”▽”)

9ヶ月経過でこんなに少ないなんて驚きです。

リアも・・・

こちらもとっても少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

元々がとっても少ないので、ほぼほぼ変化ありません(^▽^;)

リアは・・・

こちらの方が反応が“減った”感を感じて頂けるかと思います(笑)

そして早くも最後のホイールです。

少し汚れ気味でした。

アフターです↓

毎回、毎回言っていると思いますが(笑)シンプルそうに見えて隙間が多くて洗うのが

大変なホイールなんです。 っとオーナー様も言われていますので間違いないです(笑)

ただ最近少しづつ洗い方の攻略方法がわかってきた気がしています(^_-)-☆ キュピーン!

 

そしてトヨタ86 14Rのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶々の14Rに仕上がりました~!

元々お綺麗で更に違いが伝わりにくいシルバーですので写真だと違いが

わからないかも知れませんが実車の方ではしっかりと艶感の違いを実感していただけます!!

オーナー様も『おぉ!また艶々になった。よかった~』とお喜びになられておりました。

ありがとうございます。

 

先ほども少しお話しましたが、こちら14Rのオーナー様は毎日鳥糞チェックをされているとの事でした。

なかなか出来る事ではございません!素晴らしいです(^_^)/

という事はオーナー様は鳥糞の恐ろしさをご存じという事です! も、もしや経験済みなのでしょうか??

何度かブログでお話しておりますが鳥糞は塗装の陥没やひび割れ等、塗装面に甚大なダメージを与えます。

そうなると残念ながら再塗装をするしか補修方法は無くなります。

ですので鳥糞に気が付きましたら速やかに除去致しましょう! ルーフの高いミニバンやSUVなどは

ルーフが見えないので特に注意が必要です。

除去方法ですが鳥糞の中に小石などが混ざっている事もありますので乾いたティッシュなどでは

拭かないでください。キズになります(-“-) ティッシュを軽く濡らして擦らずに取り除いてください。

特に鳥糞がカッチカチに乾燥している場合は濡らしたティッシュ(水多めで)を鳥糞の上に数分間置き、

柔らかくなってから取るようにしてください。この時も擦るように拭くのではなく、上につまみ挙げるように

取り除いてくださいね。拭くとキズになりますから(^^;)

同じく虫のこびり付きも塗装に良くないので同じ要領で早めに取り除いてあげましょう!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダN-BOXカスタムの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ N-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプラチナホワイトパールのN-BOXカスタムは2019年の1月に

ボディコーティングを施工させていただきましたお車です。

コーティング施工から早くも2年半経過しました。 つい最近施工させていただいたような気がしますが、

もう2年半ですか。時が流れるのは早いものです(^_^;)

こちらのオーナー様は半年毎にメンテナンスにお越しくださっておりますので

今回は通算5度目のメンテナンスのご依頼になります!

いつもありがとうございます。

ではコーティング施工から2年半経過いたしましたN-BOXカスタムのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

ちょろっと汚れ気味ですのでなんですが(^^;シミも少し多くなってきた感じがいたします。

アフターです↓

とは言えコーティング施工から2年半、しかも塗装の柔らかいホンダ車でこれ位の

シミの量でしたら全然悪くありません。 寧ろ良好と言っていいと思います!

ルーフも・・・

汚れていてわかりにくいんですがシミもスクラッチも少ないです。

アフターです↓

屋外の屋根なし駐車でこれ位↑ですから、とっても良いと思います。

リアは・・・

所々に黒い雨筋が付いていましたが↑のような隙間の汚れも少なかったです。

アフターです↓

メンテナンスを行えばまだまだ艶々です(*’▽’)

ボディサイドも・・・

雨続きでしたので黒い雨筋が付いています。

しかし今年は8月中旬ごろから雨ばっかりですね。 私も自分の車1ヶ月以上洗車していないような・・・

汚れに汚れています(^▽^;)  洗車しなくちゃ(大汗)

アフターです↓

スッキリと艶々に復活です!

そしていつもの鉄粉のご報告です。

↓の黒っぽく点々と見えますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

ボチボチ確認できますが全体的に見ても少ないと思います。

リアも・・・

ご覧の様に付いてはいますけど少ない方ではないかと思います。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも・・・

綺麗になりました!

最後はホイールです。

こちらも通常の軽い汚れでした。

アフターです。

黒いホイールはビフォー&アフターの違いがわかりやすくて嬉しいです(笑)

そしてプラチナホワイトパールのN-BOXカスタム、5回目のメンテナンスが完成いたしました!

いかがでございましょか。

ご入庫時は汚れもあって少し艶引けている感じでしたが数種類のケミカルを使い汚れを落とし

細部の洗浄を行い最終的にメンテナンスで仕上げれば、なんという事でしょう!

またまた艶々のN-BOXカスタムに復活いたしました(^_^)/

細部の洗浄ですが汚れ自体は大きくはないのですが汚れが“ある”のと“ない”のでは見た目の

印象を大きく左右いたします!  細かな汚れなんですけど、その汚れで車の古さ感が出てしまいます。

普段の洗車時から隙間等の汚れを除去すれば一つ上の仕上感になりますので

皆様も是非お試しください! 愛車を綺麗に見せるポイントです(^_-)-☆

暑さも段々と落ち着いて洗車が気持ちいい季節になってきました。

真夏は暑くてじっくりと車弄りも洗車も出来ませんでしたが、これからはゆっくりと、

そしてじっくりと愛車をお手入れできる時期ですのでタップリと愛車との濃密な時間を

お過ごし下さい(笑)   楽しいですよ~(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スバル WRX STIのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル WRX STIのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのWRブルーパールのスバルWRX STIはボディコーティングから2年程経過いたしました

お車になります。1年毎にメンテナンスに来られておりますので今回は通算2度目の

メンテナンスのご依頼になります。

とっても大事に、そして丁寧にお手入れされていますのでいつ見てもお綺麗なんです(*”▽”)

洗車自体はあまりされていないそうですが雨が降った時には雨がボディに残らないように

除去されているそうです。 素晴らしいっスヽ(^o^)丿

ではコーティング施工から2年経過いたしましたWRX  STIのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

細かなシミは多くはなってきましたがスクラッチも少なく

お手入れの丁寧さが伝わってまいります。

アフターです↓

元々がお綺麗ですのであまり違いが伝わりませんね(汗)

クスミも少し低減し艶も向上したのですが・・・(^▽^;)

ルーフも・・・

ライトを当てて見てしまえば細かなシミもございますが屋外駐車でシミの付きやすい

スバル車と考えると、悪くない状態です。 と言うより良好です!!

アフターです↓

またまたあまり違いがわかりませんね(大汗)

細かなシミも屋外で見れば普段は気にならない程度の薄いシミです。

リアも・・・

よく見れば拭きキズと思われるスクラッチもございますが

全然少ないと思います。

アフターです↓

よ~~~く見ればスッキリとしたのがわかるかと思います(笑)

よ~~~~く見比べてください!

元々がお綺麗ですので写真だと違いが伝わらないのですが、そんな事もあろかと思い、

違いがわかりやすい所を探しました(笑)

それが・・・

リアスポイラーの取り付け部です。

汚れが溜まっております!!

それが・・・

ほ~ら綺麗!

いゃ~違いますね!完璧に違います(笑)  これなら安心です(謎)

メンテナンスやった感が伝わったと思います(^▽^;)

ボディサイドも・・・

全然お綺麗ですので・・・

残念ながらメンテナンスやった感が伝わりません。

やった感が伝わらないと言えばついでにもう一つ。

それは鉄粉です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

これまたとっても少ないんです(*’▽’)

リアも・・・

探せば見えてきますけど探さないとわかりません(笑) それくらい少なかったです。

という事はもちろん鉄粉を処理しましても・・・

鉄粉除去した感がありません。

リアも・・・

同じくよ~~~~く見比べないと違いがわかりません。

それくらい鉄粉も少なかったという事です(^^;

そして早くも最後のホイールです。

ホイールは軽く汚れていてダストの影響でやや茶色っぽいです。

アフターです↓

ダストも落ちてスッキリと艶々です!

そしてWRブルーパールのスバルWRX STI、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

ピカピカです! 元々ですけど(^▽^;)

各部の写真で見て頂きましたようにライトを当てて見てしまえばメンテナンスでは

落ちないシミも少しづつ多くなってきたのも事実なんですけど、それでも実車を見て頂けると

艶と光沢の向上、それに伴ってお車全体の質感の向上を感じて頂けると思います!

オーナー様もピカピカの愛車とご対面してとてもお喜びになられておりました!

ありがとうございました(*^_^*)

これからも大切にお乗りください!

 

既にご存じの方も多いと思いますが先日、新型の「WRX」が初公開されました。

米国仕様車ですけど(^.^)

新型になったのでもちろん色々と変更されているのですが話題はやはりスタイリングの様です。

個人的にはアグレッシブでカッコイイと思っているのですが色々と賛否両論の様です(笑)

その賛否両論の元となっているのがあの樹脂フェンダーの様です。

私は全然違和感ないのですが・・・。

その樹脂フェンダーには空気を整流する空力テクスチャーが採用されていたり

エアアウトレットも設けられていて、ちゃんとした機能パーツになっているんだそうです。

その他にも色々と見どころ満載の新型WRXですが日本仕様の発表が待ち遠しいところです(^_^)/

近々日本仕様も発表されるようですが早く実車を見てみたいです!!

いゃ~ 楽しみ~~ヽ(^o^)丿

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

マツダ アテンザの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ アテンザのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザはコーティング施工から

2年半ほど経過いたしましたお車になります。

半年毎にメンテナンスにお越し頂いておりますので今回で通算5回目のメンテナンスの

ご依頼になります。 いつもありがとうございます(^.^)

最近は雨続きだったこともあって、あまり洗車されていないとの事でしたがはたして・・・

ではコーティング施工から2年半経過しましたマツダ アテンザのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

汚れやシミが付いておりますが、まだまだクスミも少ないですね。

アフターです↓

クレーター状の深いシミやスクラッチが少なく、屋外駐車でコーティングから2年半経っているとは

思えない程まだまだ良好な状態を維持されております!

ルーフも・・・

汚れていますけどスクラッチも少ないですね!

アフターです↓

いい感じです。

ただボンネットを含めてさすがに水平面の水弾きは無くなっておりました。

トランクも・・・

まだまだお綺麗です!

アフターです↓

ね!綺麗でしょう(^_^)/

ただここ最近洗車されていないとの事ですので・・・

汚れている所は汚れております(笑)

でもこの辺はただの汚れですので・・・

洗車をすれば綺麗になります!

今回はメンテナンスですので更に綺麗になっております(笑)

ボディサイドも・・・

それなりの汚れっぷりでございました(^▽^;)

毎回なんですけど、こちらのアテンザは謎の汚れが下回りに付くんです。

何の汚れか判断できないのですが毎回同じ汚れが付いてます。

オーナー様もその汚れが落ちなくてお困りなのですが・・・なかなか頑固な汚れです。

アフターです↓

私も毎回色々なケミカルを試して反応を見ているのですが、やっと効果的な除去方法に

出会えた気がいたします\(◎o◎)/!

 

それといつものように鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

いつもに比べますと少し多い気もします(^^;

トランクも・・・

いつもより少し多いかなぁ~?って感じでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

トランクも・・・

サッパリと綺麗になりました。

最後にホイールです。

少し汚れておりました。

アフターです↓

艶がでましたね(^_^)/

スノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザのボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

サッパリと綺麗に仕上がりました!

コーティング施工から2年半が経過したとは思えない程の良好なコンディションで

ございました。 毎回オーナー様にもご報告しているのですが本当に深いシミやスクラッチが

少なくてちょっと驚きなんです。

お車によっては次回あたりは(3年が)再施工のおすすめのタイミングなのですが、

この調子ですと再施工はまだまだ必要なさそうです!!

何時までも大切にお乗りください(^_^)/

 

今回のアテンザはコーティング施工から2年半ですがまだまだ艶もあってお綺麗でした。

ただ流石に水弾きは無くなっていました。水弾きは時経劣化などによってどうしても弱まってきます。

弱まるタイミングはお車の使用状況や保管状況そしてお手入れ状況などによって様々です。

2年経ってもピンピンに撥水しているお車もあれば半年程でだいぶ弱っているお車もございます。

撥水力を維持する為には定期的なメンテナンスか撥水剤の使用が必要になってきます。

お車の美観維持と撥水維持の為にも皆様もメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レヴォーグsti sportの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル レヴォーグsti sportのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのラピスブルーパールのスバルレヴォーグsti sportはご購入から約3年ほど

経過いたしましたお車になります。

コーティング自体はご納入されたお店でコーティングをされたそうですが

その後のメンテナンスは当店をご利用頂いております! 定期的にメンテナンスにお越しくださっており

今回は通算3度目のメンテナンスになります。

前回のブログでご紹介しましたスペーシア カスタムのオーナー様のお車でもございます!

という事で前回のスペーシア カスタム同様、今回のメンテナンスはボンネットとルーフの

磨き直しのご依頼を頂いております。

では早速ですがご購入から3年経過しましたレヴォーグのメンテナンスの

様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう。

まずはボンネットからです↓

前回のメンテナンスでも軽く磨いてシミを除去したのですが・・・

またシミシミです(^▽^;)

アフターです↓

今回も軽く磨いてシミやスクラッチを除去しました。

軽めの磨きですので深い線キズや深いシミは残っておりますが、だいぶスッキリとしました!

ルーフも・・・

ボンネットよりシミが多いです。

1年でこれ位ですと、少しシミが付くのが多めかと思います。 と言いますか以前よりも多いです(^^;

少し前にお車を止めている場所が変わったらしいので、もしかしたら駐車場の環境変化で

シミが付きやすいのかも??です。

アフターです↓

こちらも軽めの磨きを掛けております。軽めですので深いシミ等が残っていますけど

無理には落としません。

もっと強い磨きを掛ければ更にシミは少なくはなりますが塗装も少なくなりますので無理はしません!

今後の事も考えて軽めです(^_^)/

リアは・・・

最近雨続きであまり洗車されていないそうです。それでも↑位の汚れですから

お綺麗です! また塗装面自体の痛みも少なかったです。

アフターです↓

まだまだいい感じです(^_^)/

ボディサイドも・・・

所々に雨筋が確認できますがシミやスクラッチは少なかったです。

アフターです↓

雨筋もスッキリとしました!

 

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。前回も前々回もそうだったのですが

鉄粉が少ないんです↓

専用のクリーナーを吹き掛けると鉄粉が紫色に反応するんですけど、あまり反応していません。

すっごく少ないです(*”▽”)

リアも・・・

色的に、そしてピントが合っていない的に(汗)反応がわかりにくいですけどリアも

鉄粉が少なかったです。

鉄粉の処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

変化がわかりません(笑)

リアも・・・

ピントが合っててもわかりません!

そして最後にホイールです。

あれっ? 前回のメンテナンス時とはホイールが違うぞぉ!

アフター品に交換されたそうです。純正のホイールよりもシンプルで洗いやすそうな感じです(笑)

純正のホイールはスポークが多くて大変でした。

アフターです↓

でも洗ってみるとシンプルなデザインの割に意外と大変でした。 ↑の隙間とか(^▽^;)

そしてラピスブルーパールのスバルレヴォーグsti sportのボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

色艶も復活して綺麗なラピスブルーパールのレヴォーグに仕上がりました!

各部のアフターで見て頂きましたように軽めの磨きでは落ちなかった深いシミやスクラッチは

残っておりますがコーティングから3年経ったとは思えない程の色艶です!!

これもオーナー様の普段の優しい洗車と定期的にメンテナンスにお越しくださっている

効果でもあると思います(^_^)/

これからも大切にお乗りください!!

 

メンテンス時期はお車のご利用方法やお手入れ状況、保管状況によって異なってきます。

目安としては約6か月ごとです。保管状況がいい場合や塗装面の痛みが少ないようでしたら

1年毎でもいいかと思います。今回のレヴォーグは水平面の痛みが少し進んでいましたので

ちょうどいいメンテナンスのタイミングだったのではないかと思います!

ポイントは ”痛みが酷くなってから” ではなくて ”酷くなる前に” です(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。