ダイハツ コペンの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ コペンのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのDCダークグリーンマイカのダイハツ コペンは

2020年の3月にボディコーティングを施工させていただきましたお車です。

コーティング施工から4年が経過しメンテナンスにお越しくださいました。

1年毎にメンテナンスにお越し頂いており今回は通算4回目のメンテナンスになります。

ではコーティング施工から4年経過しましたダイハツ コペンのメンテナンスの様子を

ビフォー&アフターでご紹介して参りましょう。

まずはボンネットからです↓

コーティング施工から4年ですのでスクラッチが多くなってきました。

アフターです。

1年前のメンテナンス時もそうだったのですが今回もメンテナンスplusの

コースで行くことにいたしました!

メンテナンスplusではスクラッチやシミを “埋めて” 目立たなくする処置を追加します。

それにより通常のメンテナンスよりスクラッチによるギラ付き感が抑えられ艶感も向上いたします。

“埋めて”いるものですので時間の経過と共に少しづつ落ちてはきますけど一定期間効果を

維持してくれます!

ルーフも・・

色的なこともあってスクラッチが目立ってしまいます(^▽^;)

ただ4年経過と考えますとシミは少ないのではないでしょうか。

アフターです。

スッキリと綺麗になりました!

トランクも・・・

スクラッチが多いんです。

スクラッチの多さを考えますと本当でしたら磨き直してからの

再コーティングが良いのですがオーナー様は、まだまだ大切に長く乗りたいとの事なので

塗装の厚み(膜厚)と車齢を考えてキズを目立たなくする方向でお車を維持されております!

とても大切な事です(*^_^*)

アフターです。

コーティング施工から4年経過には見えないと思います(^_^)/

しかしボディサイドは・・・

ちょっとしたアクシデントに見舞われてしまったそうで擦れた痕が盛大に付いております(^▽^;)

リアフェンダーも・・・

擦れた痕が付いておりました。

ただ幸いにも深いキズは少なく擦れた痕ですので・・・

ほぼほぼ綺麗になりました。

よく見ると少し残っている所も確認できますけど探さないと見つからないレベルです。

リアフェンダーもだいぶ綺麗になっております。

 

それと鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

反応が流れ気味ですけど細かな反応が多めでした。

リアは・・・

水平な面に比べますと、だいぶ少ないです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリしています!

リアも・・・

綺麗になりました!

ホイールも・・・

少し汚れ気味です。

アフターです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げています。

それと今回はヘッドライトのクリーニングのご依頼も頂いております。

写真ですとあまりわかりませんが少し黄ばんでいるんです。

反対側も・・・

いまいち黄ばみが伝わりませんね(^^;

左右とも凄~~く黄ばんでいる訳ではないので、今回は軽めのクリーニングでございます。

アフターです。

軽めのクリーニングですので深いクラック等は残っていますけど

クリヤーで綺麗になりました。

反対側も・・・

綺麗になっております!

 

そしてDCダークグリーンマイカのダイハツ コペン、

通算4回目のボディコーティングメンテナンスが完成致しました。

最初の写真と写真の“色味”が違ってしまい、すみませんm(__)m

なので↑の写真だと比較にならないかも知れませんが

各部の写真で見て頂いたようにスクラッチが目立たなくなって艶と透明感が

しっかりと向上しております!

オーナー様もボディサイドの擦れ跡が無くなってお喜びになられておりました!

いゃ~よかったよかったヽ(^o^)丿

メンテナンスplusでもキズが埋まる限界がございますが、やはり通常のメンテナンスよりも

綺麗に仕上がると思います。

特に黒や紺色等のダークカラーのお車やコーティングから数年経過し痛みが進んでしまった車に

お薦めのメンテナンスプランになります。

特にダークカラーのお車は洗車キズがどうしても目立ってきます。

だからと言って毎回磨いてキズを除去していては塗装がどんどんと薄くなってきます。

ですので塗装の膜厚維持の為にも埋めてキズを目立たなくするのも一つの方法だと思います。

また、ごく浅いキズ程度でしたらメンテナンスplusでも除去可能ですので

今回の様に擦れた痕や木の枝や雑草で付いたキズ等でお悩みでしたらお気軽にご相談ください!

もちろん深めのキズはガッツリと磨いてキズを消す事も出来ますので(限界はございます)

ガッツリ付いたキズも修理に出す前にまずはご相談ください!

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ホンダ フィットの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ フィットのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプラチナホワイトパールのホンダフィットは2020年の5月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

1年毎にメンテナンスにお越し頂いており今回は通算4回目のメンテナンスのご依頼になります。

では早速でございますがコーティング施工から4年が経過しましたホンダ フィットの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

コーティング施工から4年が経ちましたのでシミが増えてきた様です。

アフターです。

シミが増えてきましたのでボンネットは軽く磨き直して

再コーティングしました!

ルーフも・・・

シミが気になりますので・・・

ボンネット同様、軽く磨いて塗装面を整えてからの再コーティングです(^_^)/

やっぱり磨くと綺麗になります(笑)

リアは・・・

ボンネットやルーフの水平面ほど痛みが進んでいませんので・・・

スタンダードメンテナンスになります。

元々がお綺麗ですのでスッキリと気持ちイイですね!

ボディサイドも・・・

気になるような痛みも無くお綺麗です。

アフターです。

まだまだ艶感も健在です(*’▽’)

全然4年経過には見えませんね!

 

それといつものように鉄粉の処理も行っていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

反応が流れ気味ですけど、特に多くも、だからと言って特に少なくもないです(笑)

でも前回のメンテナンスから1年経過と考えますと少なめではないでしょうか。

リアも・・・

よく見ると黒いポツポツとした反応が確認できます。

こちらも少なめではないでしょうか。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックです。

サッパリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗になりました!

 

最後にホイールです。

汚れも少なくお綺麗でした。

アフターです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げています。

 

そしてプラチナホワイトパールのホンダ フィット、4回目のメンテナンスが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

コーティング施工から4年が経ちシミの付着が多くなってきた様子でした。

本来であれば、そろそろ再施工のタイミングではないかと思いますが

今回は1番目の入るボンネットと痛みの進んでいたルーフのみを磨き直しました。

どうしてもボディサイドの垂直面よりもボンネットやルーフ、そしてトランクの

水平面の痛みが先に進んでくることが多いです。

コーティング施工から4年と言えば屋外屋根なし駐車のお車ですと、そろそろコーティング再施工の

一つのタイミングかと思います。  黒い車で2~3年、白い車で3~5年くらいが一つの目安でしょうか。

もちろん、お車の保管状況やお手入れ状況等によって何年経ったからすべて再施工!

と言う訳ではございません。 あくまでも一つの目安です。

今回のフィットのように痛みが気になるパネルだけ部分的に再施工を

行っていくのも一つの手だと思います(^.^)

再施工か部分再施工か?なかなか判断が難しいと思いますのでお悩みでしたら当店に

お気軽にご相談ください!

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

日産ルークス アーバンクロムのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産ルークスのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのフローズンバニラパールのルークス アーバンクロムは昨年の5月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年が経ち、今回はメンテナンスにお越しくださいました。

では早速ですがコーティング施工から間もなく1年半を迎えますルークスの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

汚れとは別に少しシミが付いてきたようです。

アフターです。

そのシミも専用のケミカル剤でだいぶ除去出来ました!

スクラッチも少なくてお綺麗です。

ルーフは・・・

ボンネットよりもシミが少ない様です。

アフターです。

こちらもスッキリとしました。

リアは・・・

時期的に黄砂でしょうか(^▽^;)

隅っこに集まっています(笑)

アフターです。

隙間や段差等に付いている汚れが無くなるだけで見た目の綺麗感が倍増致します(^_^)/

ボディサイドは・・・

色的に汚れが目立ちませんけど実際もあまり汚れていません(笑)

なのでアフターで見ても・・・

違いが感じません(^▽^;)

感じませんけど塗装面(コーティング被膜)自体の痛みも少なく

とても良いコンディションを維持されておりました。

 

それと鉄粉の付着状況のご報告です。

黒っぽく点々と見えますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

鉄粉も少ないですね~~~(*”▽”)

1年経過とは思えない程の少なさでした。

リアも・・・

同じく鉄粉少なめでした!

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々アレでしたので(^▽^;)違い感ありませんけど綺麗になりました。

リアも・・・

スッキリと処理出来ております。

 

最後にホイールです。

少々汚れ気味です。

アフターです。

タイヤもホイールもピカピカです。

 

そしてフローズンバニラパールの日産ルークス アーバンクロム、

ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

艶々に仕上がりました~!

全体的に痛みの進行は遅いようでシミもスクラッチも少なく、

コーティング施工から1年経過とは思えない程、とても良好な状態を

維持されておりました!

この状態の良さはやはり普段のお手入れや保管状況の良さから来ているのかと思います。

愛車を綺麗に維持管理するには洗車は必要ですし定期的なメンテナンスも重要です。

その洗車の頻度なんですが、お車の使用方法や保管状況で違ってきますが

月に1~2回程度が私はお薦めです。

車の使用頻度や使用場所また保管場所等の環境が様々ですので汚れが酷く無ければ

月1回でもいいかと思いますし、場合によってはもっと少なくてもいいかなとも思います。

逆に車が汚れやすい環境や季節によっては(花粉の季節など)洗車の頻度を上げた方がいいかと思います。

また洗車をしないのは良くないですが洗車のし過ぎも良くないと思います。

なかなかバランスが難しいですけど、そこは臨機応変に柔軟に対応するのが理想です(笑)

ポイントは汚れたままの状態で長時間放置しない事が大切です!

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダ アテンザの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ アテンザのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザは

2019年の2月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

定期的にメンテナンスにお越し頂いておりますので今回で通算8回目の

メンテナンスのご依頼になります。

では早速ですがンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットです↓

少し汚れが付いておりますが、クスミも少なくてクリヤーですね。

アフターです↓

さすがにコーティング施工から5年経ちますので、よく見るとスクラッチも増えてきましたけど

逆に5年経過とは思えない程お綺麗なんです(*’▽’)

ルーフも・・・

洗車キズ系のスクラッチは確認できます。

アフターです。

スクラッチは確認できますがパールホワイトという事もあって

普段、屋外で見るとあまり気にならないと思います。

トランクも・・・

クスミを感じません!

アフターです。

本当に5年経過したの??と思うくらいクスミも僅かで、まだまだ艶々なんです。

ボディサイドは・・・

こちらは少し汚れていますのでビフォー&アフター感を・・・

感じて頂けると思います(笑)

汚れは別として塗装面(コーティング被膜)の痛みは少なくて

とても良いコンディションを維持されておりました!

 

それといつものように鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

黒っぽく点々と見えるのが鉄粉なのですが・・・少ないです!

リアは・・・

やや多めでございました。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

元々ですけど(^^;

 

トランクも・・・

違いがわかりやすいです(笑)

サッパリと綺麗になりました。

 

ホイールは・・・

少し汚れておりました。

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げています。

 

それと今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いております。

↓は現状です。

何か撥水剤を塗られているようで水を弾いていました。

ただ・・・

シミが多く付いていました。

今回は全面施工のご依頼ですのでウインドウ全面を磨いてガラス表面をリセット致します。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

水玉コロコロの出来上がりです。

シミも・・・

綺麗になっています!

 

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ アテンザ、

通算8回目のメンテナンスの完成です。

艶々に仕上がりました~!

とは言えパールホワイトですので施工前後の違いがわかりにくいですね(^▽^;)

しかし各部の写真で見て頂きましたように綺麗に仕上がっております!

さすがに5年を経過しましたのでメンテナンスでは落ちないシミやスクラッチが

増えてきましたが5年経過を全く感じない程、状態は良かったです。

それでも、もしシミやスクラッチが気になるようでしたら1年後辺りはコーティング再施工の

時期かもしれませんが艶もまだありますし、もう少しメンテナンスでもいいかな?

とも思います(^.^)

パールホワイトやシルバーはシミやスクラッチがあまり目立ちません。

シミやスクラッチが目立たない分、再施工のタイミングの判断も少し難しいかと思います。

これが黒い車ですと痛みがよ~く分かりますので判断しやすいんですが(^▽^;)

再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に各車バラバラです。

再施工の時期の判断でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

スズキ 新型アルトのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ アルトのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのシルキーシルバーメタリックの新型アルトは2023年の7月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車です。

コーティング施工から間もなく1年を迎えるタイミングでメンテナンスに

お越し下さいました。

では早速ですがコーティング施工から1年を迎えますスズキ アルトの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

ご入庫時は雨の影響で濡れておりました。

濡れていますので塗装面の状態が少しわかりにくいですが

スクラッチは少なそうですね!

アフターです。

シミが少し付き始めていましたがスクラッチは、

とっても少なくクリヤーでございます!

ルーフも・・・

濡れていますのでアレですが(^^;アフターで見てみますと・・・

ボンネット同様、シミは確認できますがスクラッチは少なくて、

普段のお手入れの丁寧さが伝わってきます。

リアは・・・

こちらは汚れは付いていますけどシミもスクラッチも

とっても少ないんです!

アフターです。

なので、まだまだ艶々です(^_^)/

ボディサイドも・・・

汚れ以外の気になる点は無いようです。

アフターです。

やはり問題はございませんでした(笑)

とても良い状態を維持されております。

 

それと鉄粉の付着状況です。

黒っぽく点々と見えていますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

これまた鉄粉も少ないですね!

リアも・・・

ポツポツと見えるくらいで少ないです。

コーティング施工から1年近く経っているのに驚きの少なさでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々の反応が少ないので見た目の変化は少ないですね(汗)

リアは・・・

ほんの少しだけ違いがわかりやすいです(笑)

最後にホイールです。

こちらも少し汚れているのですが光沢感が高いので汚れが目立ちません(笑)

アフターです。

ホイールコーティングの効果を発揮していてツヤツヤのピカピカです!

ちなみにホイールコーティングはオーナー様がホイールご購入時にご自分で

コーティングを施工されています‼  流石っス(*’▽’)

 

そしてシルキーシルバーメタリックの新型アルト、

ボディコーティングメンテナンスが完成しました。

艶々に仕上がりました~!

ご入庫時は雨で濡れていましたのでビフォー&アフター感が伝わりにくかったのですが

全体的にシミやスクラッチは少なめでコーティング施工から1年とは思えない程、

コンディションの良い状態をキープされておりました!

この状態の良さはやはり普段のお手入れと保管状況の良さから来ているのかと思います。

度々お話をしておりますが車の傷みの進行具合は皆同じではなくバラバラです。

もちろんお手入れ方法や頻度によっても痛みの進行は変わってきます。

また車を止めている場所(駐車場)の周りの環境も大きく関係します。

ボディコーティングは「塗装面を汚染物質から守り、光沢を長期間維持させる」ものではございますが

けっして万能ではございません。 外的な要因や劣化等によりコーティング被膜も傷んできますので

痛みの進行を見ながら定期的なメンテナンスやコーティング再施工が必要になってきます。

最近愛車に輝きが無い・洗車しても汚れが落ちない、と感じましたらリフレッシュの時期かも知れません。

そんな時は当店に一度ご相談ください!

 

 

 

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

日産サクラのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産サクラのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのスパークリングレッドの日産サクラは2023年の3月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車です。

コーティング施工から1年が経過し今回はメンテナンスにお越し下さいました。

では早速ですがコーティング施工から1年を迎えました日産サクラのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

ご入庫時は少々汚れ気味でした(^^;

アフターです。

シミもスクラッチも少なくて、とってもお綺麗です!

ルーフも・・・

少々汚れ気味ですがメンテナンス後は・・・

シミも少なく1年経過を全然感じさせない状態でございます(^_^)/

素晴らしいッス!

リアも・・・

汚れてはいますけど・・・

痛みは少なくて、まだまだ艶々です。

ボディサイドも・・・

雨天走行による汚れ程度で目立つ痛みはございません。

アフターです。

本当に痛みは少なくて良好な状態を維持されております。

 

それと鉄粉の付着状況です。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

これまた鉄粉も少ないんです(*’▽’)  スゲ~~っす!

リアも・・・

もちろん全く付いていない訳ではありませんけど、

凄く少ないんです!

 

なので鉄粉除去後に再チェックをしてみても・・・

前も後ろも全然変り映えしません(^^;

変り映えしませんけどしっかりと処理が済んでおります。

ホイールも・・・

少し汚れ気味でした。

アフターです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げています。

それと今回はフロントウインドウの再コーティングも行っております。

↓は現状です。

ウインドウコーティングも施工から1年を過ぎましたので撥水力が落ちてしまったようです。

その弱まってしまったウインドウコーティングを一度落としてから

ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

水玉コロコロの撥水が出来上がりました!

ウインドウコーティングの耐久性はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって

大きく変わってきます。目安は半年~1年位ですがワイパーのゴムを撥水ワイパーに

交換して頂くとコーティングの寿命が延びますのでウインドウコーティングを施工しました

お車には撥水ワイパーの交換をお薦めいたします。

 

そしてスパークリングレッドの日産サクラ、ボディコーティングメンテナンスが完成しました。

いい艶感に仕上がりました!

全体的にシミやスクラッチがとっても少なく艶感も健在でございました。

コーティング施工から1年経過を全く感じない程良好な状態を維持されております。

これも普段の維持管理の良さからくるものだと思います。

車の痛みの進行はお手入れ方法や保管状況によって、もの凄く違いが出ます。

ですのでメンテナンスのタイミングやコーティング再施工のタイミングもそれぞれ違ってきます。

ポイントとしては何事も“早め”です。

シミや汚れ、痛みを放置しておくとより進行していきますし、落ちる汚れも落ちなくなってきます。

汚れが簡単に落ちるうちに落としていけば、綺麗な状態が長く続きます!

綺麗を長持ちさせる為にも、お車が綺麗なうちにメンテナンスをするのがおすすめです(^_^)/

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ランドクルーザー プラドのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ランドクルーザー プラドのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのブラックのランドクルーザープラドは2023年の3月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車です。

コーティング施工から1年が経過し今回はメンテナンスにお越し下さいました。

では早速ですがコーティング施工から1年を迎えましたランドクルーザープラドの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

Oh~~No~~!!(^▽^;)

花粉&黄砂の時期でしたのでOh~No~~!!でした(笑)

アフターです。

だいぶサッパリとしました。

ソリッドブラックの1年経過ですのでシミもスクラッチも付いてはいましたが

比較的少なめではないかと思います!

ルーフも同じく・・・

Oh~~No~~!!でした(笑)

アフターです。

シミもスクラッチも確認できますが、こちらも屋外屋根なし駐車のソリッドブラックと

考えますとクスミも少なくて痛みの進み具合は比較的遅いと思います。

リアも・・・

汚れておりました。

アフターです。

シミもスクラッチも少なく艶感は健在です(^_^)/

ボディサイドも・・・

汚れておりました(^^;

アフターです。

ソリッドブラックですのでどうしてもスクラッチは目立ちやすいのですが

大きな痛みは無く、まだまだ艶々です!

 

それと鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

しかし黒いお車ですので反応がわかりません(汗)

実際の所はコーティング施工から1年ですので、相応の鉄粉量でございました。

リアも・・・

反応が見えませんが、それなりの量の鉄粉が付いていました。

今回はソリッドブラックという事もありケミカル剤をメインに使い、

優し~~く処理をしております。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて確認をします↓

相変わらず写真だとわかりませんが、だいぶスッキリとしております。

リアも・・・

綺麗になっております!

写真だと全然わかりませんけど(^▽^;)

 

最後にホイールです。

やや汚れ気味でした。

アフターです。

マットブラックのホイールはブレーキダストが付きやすく洗っても落ちにくいんです。

でもこちらのホイールは新車時にホイールコーティングを施工していますので

ダストの固着は少なめでした。

 

そしてブラックのランドクルーザープラド、ボディコーティングメンテナンスが完成しました。

いい艶感に仕上がりました!

各部の写真で見て頂きましたようにソリッドブラックと言う事もあって

シミやスクラッチも付いてはいますけどコーティング施工から約1年経過の

ソリッドブラックと考えますと、洗車キズもとても少なめで艶も光沢感も

まだまだ維持されておりました!

オーナー様も『おぉ!!綺麗だぁ~』と、お喜びになられておりました。

ありがとうございました。

 

黒い車を綺麗に維持するのは本当に大変なんです!

ひと昔前は “コーティングすればお手入れいらず!” “洗車しなくてOK!”  などと

誰が言ったのかわかりませんが間違えた情報を今でも観たり聴いたりする事も多いです。

しかしそれは全然間違えた情報ですのでお気を付けてください。

コーティングは万能ではございません。コーティングも時間が経てば痛みも進みますし

汚れも落ちなくなってきます。

その美観の維持、そしてコーティング効果を維持する為にも普段のお手入れや

定期的なメンテナンスが必要になってきます。

綺麗を維持する為にも皆様もメンテナンスを是非どうぞ~(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

BMW118dの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはBMW118dのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのブラック・サファイアのBMW118dは2021年の8月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。

定期的にメンテナンスにお越し頂いており今回は9ヶ月ぶり通算4回目の

メンテナンスのご依頼になります!

ではコーティング施工から間もなく3年を迎えますBMW118dのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

まずはボンネットからです。

花粉で汚れていました(^▽^;)

まだ花粉??と思われるかも知れませんが、こちらのBMWを作業いたしましたのは

4月上旬頃でしたので、まだ花粉の影響を受けている時期でした。

という事はブログの掲載が1ヶ月以上遅れている・・・と言う事です(汗)

す、すみません(>_<)

アフターです。

コーティング施工から間もなく3年が経ちますので少し痛みが進んで来たようです。

ただ逆に3年経過の黒い車と考えますと寧ろ経過は良好です。

ルーフも・・・

汚れていました(^^;

アフターです。

シミとスクラッチが確認できますが少ないですね!

クスミも少なく、まだまだクリヤーでございます。

リアも・・・

ガラス下の隙間に花粉が積もっています。

放置してしまうと、やがて芽が出て花が咲く・・・事はございませんが

美観が低下してしまいます。

アフターです。

スッキリと綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

汚れております。

アフターです。

まだまだ艶々ですね!

 

それと鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

とは言え、黒色なので写真で見ると反応がわかりにくいです。

前回のメンテナンスから9ヶ月ですので、それなりの鉄粉量ではありました。

リアも・・・

同じく写真だと反応がわかりません。

こちらも“それなりの鉄粉量”でした。

それなりってどれくらい??って話ですけど特に多い訳ではないですけど

特に少ない訳でもない・・・くらいです(^^;

白い車でイメージすると・・・

“それなりの鉄粉量”は、こんな感じでしょうか。  あくまでもイメージです(笑)

ちなみに多めだと・・・

こんなイメージです(笑)

 

話がそれましたが鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

アフターも写真だと確認できませんが前も後ろも・・・

処理が済んでおります。

最後にホイールです。

こちらも若干汚れ気味でした。

アフターです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げています。

 

そしてブラック・サファイアのBMW118d、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

いい艶感に仕上がりました!

全体的にシミやスクラッチ、そしてクスミも少なく艶感もまだまだ健在で

塗装面(コーティング被膜)自体の痛みは間もなく3年考えますと良好な状態を

維持されていると思います。

これも普段のお手入れの良さだと思います!

お引き取りに来られましたオーナー様もお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

今回のBMW118dはコーティング施工から3年近く経ちますので

メンテナンスでは落ちないシミやスクラッチが少し増えてきましたが

定期的にメンテナンスにお越しくださっている&普段のお手入れ方法の

良さもありまだまだ艶も透明感もあってお綺麗でした!!

それでも、もしシミやスクラッチが気になるようでしたら次回はボンネットやルーフのみ

メンテナンスplus、またボンネットだけやルーフだけの部分磨き等も良いかと思います。

また時期的に考えますと1年後辺りの綺麗なうちに早めのコーティング再施工も良いと思います。

メンテナンスの内容も色々とカスタマイズできますのでお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

トヨタ ルーミーのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ルーミーのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのパールホワイトⅢのトヨタ ルーミーは2022年の12月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。コーティング施工から1年と4ヶ月ほど経過し、

今回はメンテナンスにお越しくださいました。

では早速でございますがコーティング施工から1年4ヶ月経過致しました

トヨタ ルーミーのメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう。

まずはボンネットからです↓

とってもお綺麗です。塗装面(コーティング被膜)の痛みが、

それ程進んでいませんでした!

アフターです。

なので正直あまり違い感が伝わりません(^▽^;)

写真だと違いがわかりませんけど綺麗になっているんです。  ホント~なんです!

ルーフも・・・

シミもスクラッチも少ないですね~~。

なのでアフターも・・・

変り映えしません。

でも通常の洗車では落ちないような汚れを落としていますので

よりクリヤーでスッキリと仕上がっているんです。

ホント~~なんです(笑)

リアは・・・

よく見ると黒い雨筋が見えると思います。

アフターです。

雨筋は付いていましたけどコーティング被膜自体の痛みは少なく

まだまだお綺麗です!

ボディサイドも・・・

汚れこそ付いていますが・・・

目立つような痛みは無く良好な状態を維持されております(^_^)/

 

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

1年経過とは思えない程、鉄粉も少なかったです!

リアは・・・

フロントに比べますとだいぶ多めでした(^▽^;)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々反応が少なかったのでアレですけど(^^;綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリとしました。

 

メンテナンスでは鉄粉処理以外にも細部の洗浄なども行っています。

例えば・・・

ドアモールです。

隙間や凹み等に汚れが蓄積してしまいます。

これが固まってしまうと雨や洗車時に水で流すだけだとおちないんですよね~(^^;

その汚れを落とすだけでも・・・

車がスッキリと清潔に見えるから不思議です(笑)

逆にボディ自体が綺麗です隙間や窪みに汚れが溜まっていると

見た目の印象が“残念”な感じになってしまいますのでお気を付けください。

 

最後にホイールです。

ホイールも汚れで少し残念な感じでした(^▽^;)

なので・・・

サッパリと艶々になりますと、好感度UPです!

 

そしてパールホワイトⅢのトヨタ ルーミー、ボディコーティングメンテナンスが完成しました。

艶々に仕上がっております!

細部には汚れが蓄積していましたが各部のビフォー&アフターで見て頂いたように

1年以上経過を感じない程、塗装面(コーティング被膜)の状態がよく、とてもお綺麗でした。

車の傷みの進行具合は皆同じではなくバラバラです。同じ車の同じ色でも

車の保管場所や使用場所によって全く違ってきます。

もちろんお手入れ方法や頻度によっても痛みの進行は変わってきます。

また車を止めている場所(駐車場)の周りの環境も大きく関係します。

海に近ければ海特有の汚れ、山に近ければ山の汚れ、また工場地帯なら工場地帯特有の

汚れ等、地域性もあります。 ですのでメンテナンスのタイミングもバラバラなのですが

一つ言える事はメンテナンスは大事だという事です!

皆様もメンテナンスをお忘れなく~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ スペーシア ギアのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ スペーシア ギアのボディコーティングメンテナンスです。

デニムブルーメタリック&ガンメタリックのスペーシアギアでございます。

こちらは昨年の4月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年が経過しメンテナンスにお越しくださいました。

ではコーティング施工から1年経過いたしましたスペーシア ギアの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットです。

花粉汚れでしょうか?? ですね(^▽^;)

まだ花粉の多い時期でしたので花粉の影響を受けておりました。

アフターです。

細かなシミは付いていますけどスクラッチもクスミも少なくお綺麗です!

ルーフも・・・

色的にわかりにくいのですが花粉が付いております。

アフターです。

ボンネットよりも少しシミが多めでしょうか。

ただ1年経過と考えますとスクラッチも少なくて経過は悪くないと思います。

リアは・・・

こちらも若干汚れ気味です。

アフターです。

垂直面はシミも僅かで、とってもお綺麗でございます(^_^)/

ボディサイドも・・・

汚れは付いていましたけど・・・

痛みは少なくて、まだまだ艶々です!

 

それと何時もの鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

よ~く見ればポツポツと確認出来ますが反応も少ないんです。

1年経過には全然見えません。

リアも・・・

反応が流れ気味ですけど少なかったです。

素晴らしいっス!

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

写真だとあまり変り映えしませんけど前も後ろも・・・

鉄粉処理が済んでおります。

毎回写真だと前と後ろしか写真を撮っていませんけど、もちろんボディサイドを含めて

ボディ全体の鉄粉処理を行っております。

 

最後にホイールです。

色的に目立ちませんけど少し汚れているんです(^^;

アフターです。

ピカピカになりました。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げております。

 

そしてデニムブルーメタリック&ガンメタリックのスペーシアギア、

ボディコーティングメンテナンスが完成しました。

艶々に仕上がりました!

メンテナンス前と見た目のスッキリ感が違うと思います(^_^)/

ご入庫時は全体的に花粉汚れでシミも多い状態でしたが、

洗車キズ(スクラッチ)は少なく、コーティング施工から1年経過したと

考えますと塗装面(コーティング被膜)自体の痛みは少ないと思います。

そのシミですがシミと一言で言っても実は色々な種類のシミがございます。

塗装面に樹液や木の実などが付いて出来てしまったシミや花粉で付いてしまうシミ、

またケミカル類や薬品、オイル等々で塗装が変色してしまってシミになってしまったり、

ウォータースポットやシリカスケールなど色々です。

対処法はそれぞれの状態によって異なりクリーナーで簡単に落ちる場合もございます。

今回はコーティング被膜の上に付着しているシミはケミカル剤で処理しましたが、

コーティング被膜や塗装を侵食してしまっているような深いシミは磨かないと除去出来ませんし、

更に深刻な場合は磨いても除去が不可能な場合もございます。

コーティングは決して万能ではございません。全ての外的な要因から塗装を守れるものではないので

普段のお手入れ、そして定期的なメンテナンスが大切になります!

皆様もメンテナンスは定期的にどうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。