レクサスIS F SPORTの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスIS F SPORTのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”は昨年の7月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車です。

今回は通算2回目のメンテナンスのご依頼になります。

毎回早めのタイミングでメンテナンスにお越しくださっているのには訳がございます。

こちらのIS、普段駐車している場所が線路の近くという事で、とにかく鉄粉の付着量が多いんです。

その為に毎回早めのタイミングでメンテナンスにお越し頂いております。

その鉄粉の様子はまた後ほどにしまして↓はボンネットのビフォーになります。

若干汚れ気味です。

ただ大きな痛みはないです。鉄粉の付着以外は(^^;

アフターです↓

この通りシミもスクラッチもとっても少なく塗装面の状態は良好でございます。

鉄粉が多かった以外は(笑)

ルーフも・・・

汚れが気になる程度で塗装面の痛み自体はとても少ないです。

アフターです↓

間もなくコーティング施工から1年経ちますが良いコンディションをキープされていると思います。

リアも・・・

汚れてます(^^;

この時はまだ花粉の影響もあったと思います。

アフターです↓

スッキリと綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

通常使用での汚れです。

アフターです↓

こちらも問題なく綺麗になっております。

 

そしてお待ちかね!?の鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

おっ! 意外と少ないです!!

今までで(ISの前の車を含めて)一番少なかったです(*‘∀‘)

リアも・・・

そこそこの量が反応していますが、たぶん今までで一番少ないです!!

何故でしょう?? 電車の運休が多かったのかな??

どれだけ運休したら鉄粉が少なくなるのかって話ですけど(笑)

冗談はさておき↓は鉄粉除去後の再チェックです。

サッパリと綺麗になりました!

リアも・・・

だいぶ反応が少なくなっております!

 

それと今回もウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

施工部位は“お任せします”でしたので作業を進めてみて撥水の低下&シミが気になった、

リアウインドウを再施工いたしました。

他のウインドウはしっかりと洗ったら、だいぶ撥水力が戻りましたので今回は見送りました。

リアウインドウは前回のメンテナンス時にも再施工しているのですが、

リアの痛みが早いようです。その傷んだコーティング被膜&シミを除去して

ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングの出来上がりです!!

 

そしてホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”の

ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

白さが復活してメリハリあるボディに仕上がりました!

綺麗になるとボディのプレスラインや面の張りが引き立ちます。

また白と黒のコントラストがハッキリとしてキリッとお車が引き締まります(^_-)-☆

オーナー様も『いゃ~ いいですね~~』っと、とてもお喜びになられておりました!

ありがとうございました。

 

車は使用していると色々な物が付着します。 また

使用していなくても外に置いて置くだけで異物は付着します(^▽^;)

鉄粉はもちろん、樹液だったりピッチタール、今の時期は虫もいっぱい付きますし、

鳥糞や虫の糞、そしてペンキのミストが付いている事も少なくありません。

毎回、鉄粉の除去とご紹介していますけど、この時に鉄粉以外の付着物も一緒に処理しています。

鉄粉や異物が塗装面に多く付着していると美観の低下だけではなく撥水の妨げにもなります。

撥水剤を使用していても綺麗に水を弾かなかったり、流れ落ちないのは鉄粉等の異物の付着が

原因かも知れません。 白い車ですと鉄粉は目視でも確認もしやすいんですけど、

黒っぽい車ですと見た目では判断が難しいと思います。

見た目で判断が難しい時は洗車時に水を掛けながら優しく素手で撫でてみてください。

ブツブツやザラザラとした感触があったらそれは異物が付いている証拠です。

異物感が気になりましたら当店にお気軽にご相談下さい!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダN-BOXカスタムにメンテナンスのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダN-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのN-BOXカスタムはコーティング施工から約2年程経過いたしましたお車になります。

コーティング施工自体は他店にてコーティング施工をされたのですが、その後のメンテナンスは

当店をご利用頂いております。

ではコーティング施工から約2年経過しましたホンダN-BOXカスタムの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

汚れもあるのですがシミが結構多いんです(^^;

今回はコーティング施工から2年が経ち、シミや撥水力の低下が気になるとの事で

ボンネットとルーフは軽めの磨きを入れてから再コーティングのご依頼を頂いております。

アフターです↓

いゃ~スベスベになりました~(^_^)/

気持ち良いですね~!!

ルーフも・・・

シミが多いんです。

アフターです↓

こちらも磨きをして再コーティングしましたのでシミもスッキリと綺麗になりました!

リアは・・・

水アカ汚れが目立ちます(^▽^;)

アフターです↓

ボディサイドは磨きはしないでメンテナンスです。

ボンネットとルーフに比べると痛みも少なかったのでメンテナンスでも

だいぶ綺麗になっております。

ボディサイドも・・・

雨筋がクッキリと!!

それとボディサイドも撥水力が落ちてしまっていました。

アフターです↓

所々コーティング効果がやや落ちているように感じましたが

しっかりとメンテナンスをして汚れも綺麗に落ちました。

それといつもの様に鉄粉の付着除去のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

う~~ん、なかなかの反応っぷりです(^▽^;)

リアも・・・

やや多めに付いておりました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと綺麗になりました!

リアも・・・

だいぶ除去出来ました(^.^)

鉄粉が沢山付いていると洗車時にスポンジやクロスが引っ掛かりスムーズに洗えません。

また撥水の妨げにもなります。

洗車時にスポンジやクロスが引っ掛かかるようでしたら鉄粉等の異物が

沢山付いているのかも知れません。

気になるようでしたらご相談ください。

そして最後にホイールです。

ホイールも汚れ気味でした(汗)

アフターです↓

黒さと輝きが違います(^_-)-☆

そしてホンダN-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

施工前後の違いがわかりにくいパールホワイトですが今回はある意味、一番目に入るボンネットを

磨き直して再コーティングをしましたので艶と透明感はだいぶ違うと思います(^o^)丿

またボディサイドは磨き直しこそしておりませが、しっかりとメンテナンスを行いましたので

艶も光沢も向上してボンネットとルーフとの違和感もなく仕上がっております!

お引き取りに来られましたオーナー様も『おぉ!綺麗だなぁ~』と、お喜び頂いたご様子でございました!

ありがとうございました。

 

今回はボンネットとルーフを磨き直して、その他の部位はメンテナンスで仕上げました。

ボンネットやルーフの水平面はどうしても痛みの進行が早いです。ですのでボディサイドの痛みが

酷くなければボディサイドはスタンダードメンテナンスまたはメンテナンスplusでも十分綺麗になります。

しかしボディサイドも含めて全体の痛みが進んでいる様でしたら、やはりボディ全体の再施工が

おすすめです。

メンテナンスか再施工か?? お悩みでしたらお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

トヨタ ハリアーにメンテナンスのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ハリアーのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ハリアーは

2020年の11月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から間もなく1年半のタイミングで今回はメンテナンスにお越し頂きました。

では早速でございますがコーティング施工から間もなく1年半を向かえますトヨタ ハリアーの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

汚れもあるんですがシミが多いんです。

このシミは雨による雨ジミではない感じです。

アフターです↓

ケミカル剤でシミがだいぶ除去出来ました!

元々洗車キズ系のスクラッチは少ないのでシミが無くなると

かなり好印象になります(笑)

ルーフも・・・

シミが凄いんです。

写真で見るより実車で確認した方がインパクトがありました(^▽^;)

アフターです↓

こちらもだいぶサッパリと綺麗になりました!

リアには・・・

雨筋が凄いです。

しかしそれよりも何か付いているのが気になります。

もう少し拡大してみましょう。

これはもしやアイツがぶつかった跡でしょうか??

もう少し拡大してみましょう!

うゎ~ やっぱりプテラノドンだぁ!!!

っだったら世紀の大発見なのですがはたして!?

アフターです↓

残念ながらプテラノドンではなかったようです(笑)

まぁ大きさが全然違いますし、そもそも現代にはいないしね( ̄▽ ̄)

それはそうと雨筋もプテラノドンっぽいアレもスッキリと綺麗になりました!

ボディサイドは・・・

これまた雨筋が何本も確認できました。

雨が降るとどうしても付いてしまいます(^^;

アフターです↓

雨が降ると付いてしまうのは仕方のない事なのですが問題はその汚れが洗車で簡単に

落とせるかどうかです。もちろん今回のハリアーはコーティングがまだまだ効いておりますので

洗車で簡単に落とすことが出来ました。

これがコーティングしていない車やコーティング効果が落ちていると雨筋の放置時間にもよりますが

洗車では簡単に落ちなくなります。

コーティング施工車両で水アカ汚れが落ちにくくなってきたら再コーティングの

タイミングかも知れませんのでお気を付けください。

 

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

反応がとっても少ないです!!

コーティング施工から1年半近く経過でこの少なさ!  ビックリです(*’▽’)

リアは・・・

ボンネットよりは多めですが、それでもこの程度です。 少ないですね~~。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少ないのですが、よりスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリとしました。

最後にホイールです。

こちらも少し汚れておりました。

アフターです↓

艶感が違います(^_-)-☆

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ハリアー、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました。

いかがでございましょうか。

ご入庫時は汚れやシミの多さもあって少し艶が引けている感じと言いますか、クスんでいる感じでしたが

数種類のケミカルを使い汚れやシミを落とし細部の洗浄を行い最終的にメンテナンスで仕上げれば、

なんという事でしょう!またまた艶々のハリアーに復活いたしました(^_^)/

オーナー様も『ピカピカだぁ!』とお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

そのシミなのですが見た感じどうやら雨ジミではない様です。

シミにも色々と種類があるのですが今回のシミは油系のシミの様に感じました。

その事をオーナー様にお伝えし原因を探った結果・・・

どうやらお車の横に換気扇があるようです(^^;)

おそらく原因はそれだと思います。

換気扇でそんなにシミだらけになる??と思われるかも知れませんが換気扇を侮ってはいけません!

その換気扇がキッチンから繋がっている場合はヤバいです(汗)

脂の乗った魚や唐揚げ、天ぷらや焼肉・・・等々 美味しい食べものは油分が沢山です(笑)

その煙りが換気扇から出てきて車に付いてしまいます。風の方向や強さにもよりますが、

数メートル程度は余裕で飛んできます。そしてボディに付きシミになります(^^;)

今回のシミはおそらく換気扇で間違いないと思いますが、シミが付く要因は様々です。

洗車に使っている水の可能性もありますし(井戸水)ご利用しているシャンプー等のケミカルの

場合もございます。 通常の雨ジミとは違うシミが沢山付いている場合は必ず要因がございますので

アレ??シミが凄いな!っと感じましたら車の駐車場所や使用している洗車用具等を

一度見直してみるといいかと思います。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツタントの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ タントのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのレーザーブルークリスタルシャインの新型タントはボディコーティング施工から

2年ほど経過いたしましたお車になります。

半年毎にお越しくださっており今回は通算4度目のメンテナンスのご依頼となります!

いつもありがとうございます。

では早速ではございますがボディコーティング施工から2年経過いたしましたダイハツ タントの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

痛みが進んでしまっている様です(^^;

シミもスクラッチも多めでした。

アフターです↓

今回はスタンダードメンテナンスでしたので↑が限界でした。

とは言えシミやスクラッチが見やすいようにライトを当てていますので目立ちますが

屋外で見ると写真で見る程は目立ちません。

ルーフも・・・

なかなかの汚れっぷりでございます(^▽^;)

ルーフの形状的にココに水が溜まりやすいみたいです。

アフターです↓

汚れは落ちましたがシミやスクラッチは残っております。

シミやスクラッチが気になるようでしたら次回はメンテナンスplusまたは部分再施工を

おすすめいたします。

リアは・・・

花粉でしょうか??花粉でしょうね(汗)

雨で流れてバンパー上面に溜まっております。

アフターです↓

スッキリと綺麗になりました。

5月に入り花粉の量もだいぶ減りました。ただ少なくはなりましたが、

まだ飛散しているようですのでもう少し花粉にお気を付けください。

ボディサイドも・・・

雨筋がクッキリと付いていました。

アフターです↓

雨筋もスッキリとしました。

汚れも取れて色に深みが出ました!

 

それと鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

色的にわかりにくい事もあるのですが、そもそも鉄粉の付着量が少ないようで

反応自体も少なかったです。

リアも・・・

よ~く見れば確認できますがリアも少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、

元々反応が少なかったので・・・

写真で見るとあまり変化を感じません(^^;)

リアも・・・

変わり映えしませんが鉄粉等の異物処理が済んでおります。

 

そして最後にホイールです。

黒いホイールは少しの汚れでも汚れが気になってしまいます。

アフターです↓

足元が引き締まります!!

そしてレーザーブルークリスタルシャインのダイハツ タント、コーティングメンテナンスが完成いたしました。

ツヤツヤのタントに復活いたしました!

各部の写真で見て頂きましたように細かなシミやスクラッチが多くなってきましたが

艶も光沢も向上し、お車全体の質感がアップしたと思います!

オーナー様も『わぁ~ピカピカだぁ!』と、とてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

お車の状態は様々です。ですのでメンテナンス方法や使うケミカルなどもお車同様、様々です。

メンテナンスではお車の状態に合った作業方法やケミカルを選んで作業していきます。

また当店のメンテナンスは基本的にポリッシングは致しませんので深いシミや

線キズが残ってしまいます。

余りにシミやキズが酷くてが気になるようでしたら、メンテナンスplusやポリッシング有りの

メンテナンスなども承っておりますのでシミやキズが気になる方はお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ N-BOXカスタムの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダN-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプラチナホワイトパールのN-BOXカスタムは2019年の1月に

ボディコーティングを施工させていただきましたお車です。

コーティング施工から3年と少々経過しました。

定期的にメンテナンスにお越しいただいており、今回は通算6度目のメンテナンスの

ご依頼になります!

いつもありがとうございます。

では早速でございますがコーティング施工から3年と少々経過いたしました、

N-BOXカスタムのメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

洗車キズ系の線キズはとても少ないのですが、さすがにコーティング施工から3年が過ぎましたので

シミが多くなってきました。

アフターです↓

艶感はまだまだあっていいのですが、シミは残りました。

スタンダードメンテナンスではこの位が限界でしょうか。

ただ屋外で見るとあまり目立たないのですがライトを当てて見てしまうと(汗)

ルーフも・・・

汚れもございますが、やはりシミが多くなってきました。

アフターです↓

スタンダードメンテナンスでは磨きは致しません。数種類のケミカルを使って

落とせる汚れやシミを落としていきます。 ↑のはケミカルでは落ちないシミです。

このシミを消すには磨きが必要になってきます。

次回あたりはそろそろ磨き直しが必要なタイミングかと思います。

リアは・・・

最近洗車をしていなかったそうで、そろそろ隙間の汚れも気になる頃です(^^;

アフターです↓

スッキリしましたね!

ボディサイドも・・・

洗車をしていない効果を遺憾なく発揮しております(笑)

最近雨の日が多いのでしょうがないです(^^;

アフターです↓

メンテナンスをすればまだまだ艶々です(^_^)/

 

そして鉄粉の付着状況のご報告です。

↓の黒っぽく点々と見えますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です

少し多めでした。

今回で6回目のメンテナンスですが、今までで1番鉄粉が多い気がします。

リアは・・・

こちらはいつも通りって感じでした(笑)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも・・・

スッキリと綺麗になっております!

ホイールは・・・

こちらも少々汚れ気味です。

アフターです↓

艶々です!

 

それと今回はウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

と言う事で↓は現状です。

フロントは1年半くらい前に一度再コーティングしています。

1年半経っていますので撥水力もだいぶ落ちてしまったようです。

今回は全面再施工ですので全面リセットします!

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングの出来上がり~(^_^)/

梅雨入りする前のベストタイミングです!!

そしてプラチナホワイトパールのN-BOXカスタム、通算6回目のボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶々に復活しました~!

さすがに3年経過しましたのでメンテナンスでは落ちないシミやスクラッチが増えてきましたが

定期的にメンテナンスにお越しくださっている事もあってまだまだ艶感もバッチリでお綺麗です!!

それでも、もしシミやスクラッチ、そしてクスミが気になるようでしたら次回あたりは

コーティング再施工の時期かもしれませんが艶もまだありますし、まだまだメンテナンスでも

いいかな?とも思います(^.^)

パールホワイトやシルバーはシミやスクラッチもあまり目立ちません。

シミやスクラッチが目立たない分、再施工のタイミングの判断も少し難しいかと思います。

これが黒い車ですと痛みがよ~く分かりますので判断しやすいんですが(^▽^;)

再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に各車バラバラです。

再施工の時期の判断でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ハスラーJスタイルのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ハスラーJスタイルのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのフェニックスレッドパール&ホワイトルーフのスズキ ハスラーJスタイルは

昨年の3月にボディコーティングを施工いたしましたお車です。

コーティング施工から1年経過し今回はメンテナンスでお越しくださいました。

ホイール交換されたようで1年前とは雰囲気が全然違います(*‘∀‘)

白いルーフには白いホイールが良く似合います!!

そんなお洒落さがUPしましたハスラーのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう。

まずはボンネットからです↓

シミも多めで洗車キズ系のスクラッチも、これまた多めでした(;´∀`)

でも↑の写真だとスクラッチがそれ程目立ちませんね(汗)

実際は結構凄かったんです。

凄かったので今回はボンネットを磨き直しております。

サッパリと綺麗になりました!!

ルーフも・・・

これまた↑の写真だと綺麗に見えますがシミが凄いんです。

スクラッチもあるのですがルーフは白いので目立ちません(笑)

アフターです↓

アフターの写真の方がシミが確認しやすいと言う・・・(^▽^;)

今回ルーフは磨き直していません。

少し様子を見て頂いてあまりに気になるようでしたら磨き直しを考えたいと思います。

ボンネットとルーフはシミが多いのですが、このシミは雨による雨ジミでなさそうです。

シミも色々と種類があるのですが今回のシミは油系のシミでは無いかと思います。

なかなか原因を突き止めるのは難しいのですが意外と多いのが駐車場の近くに換気扇がある場合です。

換気扇から出る油でシミシミになる事も多いのでお気を付けください。

あと給湯器も侮れません! お気を付けください!!

 

リアは・・・

ウインドウ下などは雨が降ると汚れが溜まります。

これが美観低下に繋がります。

アフターです↓

この汚れが無いだけでも印象が全然違うと思います!

ボディサイドも・・・

雨の日が多かったので汚れ気味です。

アフターです↓

スッキリと綺麗になりました!

でもお引渡し時は雨が降っていました・・・(^▽^;)

 

それと鉄粉の付着状況です。

黒っぽく点々と見えていますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

と言いましても探さないとわかりません(笑)

それくらい少なかったです!

リアは・・・

反応が見えやすい白い部分を写真に撮りました(笑)

1年経過で↑程度ですので少ないですね!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々ですがよりスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリとしました。

最後にホイールです。

どうしても白いホイールは汚れが目立ってしまいます。

アフターです↓

でもやっぱり白いホイールはカワイイしカッコイイです(^_^)/

そしてフェニックスレッドパール&ホワイトルーフのスズキ ハスラーJスタイル、

ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶、光沢、そして色の深みが向上し艶々のボディに仕上がりました。

赤がより赤く、白がより白くなった感じでしょうか?

元の色に戻ったとも言えなくもないですが(笑) でも艶と光沢は “元” 以上ではないかと思います(^_^)/

お引き取りに来られましたオーナー様も『おぉ!ピカピカだなぁ~~』と、とてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

今回はコーティング施工からまだ1年でしたのでボンネット以外は通常の

スタンダードメンテナンスでしたが痛みが気になるようでしたら、

次回はメンテナンスplusがおすすめです。

メンテナンスplusではスクラッチやシミを目立たなくする処置を追加しております。

それにより光の乱反射が抑えられ深みと艶、そして光沢感が向上します。

また今回の様にボンネットやルーフの水平面だけ磨き直して再コーティングすることも可能です。

基本的に当店のメンテナンスはスタンダードメンテナンスとメンテナンスplusの

2種類ですが、オーナー様のご希望によってメンテナンス内容は色々とカスタマイズも

可能ですのでお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

VWゴルフオールトラックの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはVWゴルフオールトラックのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのピーコックグリーンのVWゴルフ オールトラックは2020年の7月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から間もなく2年が経過いたします。

定期的にメンテナンスにお越し頂いており今回は通算3度目の

メンテナンスのご依頼になります。

では早速ですがメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターで

ご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

細かなシミやスクラッチも確認できますが屋外屋根なし駐車の、しかも間もなく2年経過で↑程度ですので

とっても良好な状態だと思います!

アフターです↓

普段のお手入れが良いのでしょう。クスミもなくクリヤーでございます(^_^)/

素晴らしいっス!!

ルーフも・・・

拭き跡が残っていますけど(^^;それ以外は特に目立つような大きな痛みはございません。

アフターです↓

もちろんシミも全くない訳ではないですが、まだまだお綺麗でございます。

洗車キズ系のスクラッチもとっても少ないので丁寧に洗車をされているのでしょう!

リアも・・・

もう全然問題ございません(笑)

とってもお綺麗です。

お綺麗ですのでアフターを見てみても・・・

写真で見ると代り映えしません(^▽^;)

ボディサイドも・・・

アフターです! っと言っても違和感ない程お綺麗です。

そして本当のアフターです↓

変わらね~~(;´∀`)

いゃ、もちろん綺麗になっているんですよ。ホントに(笑)

でも写真で見ると正直変わらね~~。です。

変わり映えしない繋がりで言ってしまいますが鉄粉も少ないんです。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応するのですが

シュッシュっとスプレーしてみても・・・

あんまり反応しません。

よくよく見ればポツポツは確認できますが前回の鉄粉処理(メンテナンス)から

半年でこの程度ですのでビックリです。

リアも・・・

フロントよりは多いのですが、それでも少ないですね!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、もちろん・・・

写真で見ると正直変わらね~~。です(笑)

リアも・・・

変わり映えしませんが鉄粉処理が済んでおります。

最後にホイールです。

こちらも申し分ないほどお綺麗です。

普段のお手入れ方法が良いのでしょか?それともホイールコーティングが良いのでしょうか??

おそらく両方だと思います(笑) 相乗効果ってヤツですね( ̄▽ ̄)

アフターです↓

相乗効果が威力を発揮しているのでビフォーとアフターの違いがわかりません(笑)

恐るべし相乗効果!  ブログ泣かせだぜぇ相乗効果!!

そしてピーコックグリーンのVWゴルフ オールトラック、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました~!

元々とってもお綺麗なオールトラックですがメンテナンスをいたしますと

更に艶も光沢も向上いたします!

何度もお話していますけどホントに2年経過とは思えない程お綺麗で状態が良いんです。

この綺麗さはやはり普段のオーナー様のお手入れ方法の良さと“愛情”の相乗効果だと思います。

(また相乗効果が出てキター\(◎o◎)/)

今回のお車は本当にお綺麗でオーナー様が大切に、そして丁寧にお手入れされているのが

伝わって参りました。   “愛情”ってホントに大切で効果絶大なんです(*^_^*)

ダーク系のボディカラー、しかも屋外屋根なし駐車ですと尚更綺麗に維持するのは大変なんです!

ひと昔前は “コーティングすればお手入れいらず!” “洗車しなくてOK!”  などと

誰が言ったのかわかりませんが間違えた情報を今でも観たり聴いたりする事も多いです。

それは全然間違えた情報ですのでお気を付けてください。

コーティングは万能ではございません。コーティングも時間が経てば痛みも進みますし

汚れも落ちなくなってきます。

その美観の維持、そしてコーティング効果を維持する為にも普段のお手入れや

定期的なメンテナンスが必要になってきます。

綺麗を維持する為にも皆様もメンテナンスを是非どうぞ~(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ウィッシュの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ウィッシュのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ウィッシュは2019年の12月に

ボディコーティングを再施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から約2年4ヶ月ほど経過いたしましたお車になります。

定期的にメンテナンスにお越しくださっており今回は通算4回目のメンテナンスのご依頼になります。

いつもありがとうございますm(__)m

ではコーティング施工から約2年4ヶ月経過いたしましたウィッシュのメンテナンスを今回も

ビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

↑の写真ですとわかりにくいのですが若干汚れ気味です。

ただ目立つような痛みは少ないようです。

アフターです。

汚れを落としてから見ても、やはり痛みは少なかったです。

よくよく見れば洗車キズ系のスクラッチもそれなりに付いていますけど

コーティング施工から間もなく2年半と考えますとお綺麗ではないでしょうか(*’▽’)

ルーフも・・・

よく見ると汚れが見えると思います。

ただ汚れているだけですので・・・

洗車程度でも綺麗になります。

洗車しても水アカ汚れが簡単に落ちなくなってきたらコーティングの効果が

落ち始めている可能性もあります。

今回はまだまだコーティング効果が維持されているので簡単に落とすことが出来ました。

もちろん今回はメンテナンスですので洗車以上の事を行なっております(^_^)/

リアも・・・

汚れ気味です。 写真ですといまいちわかりませんが(^▽^;)

アフターです↓

艶も出て綺麗です!

ボディサイドも・・・

雨筋が目立ちます。

しかし最近、雨の日が多いですね(汗)

他の地域はわかりませんが、お店のある神奈川県の小田原市は4月なのに“梅雨か!”ってくらい

雨の日が多かったです。 こちらのウィッシュのご入庫日も雨でした(;´∀`)

話がそれましたがアフターです↓

サッパリと綺麗になりました!

実は左フロントフェンダーは・・・

何処で凹みをつけられたのかわからないそうですが、気が付いたらヘコミがあったそうです。

しかもかなりベコッと(;´∀`) という事で修理上がりですのでフェンダーは磨き直して

再コーティングしております。

 

それと鉄粉の付着状況です。

黒っぽく点々と見えていますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

↑はボンネットです。

特に多い訳では無くボチボチといったところでしょうか。

リアも・・・

ボチボチですね(笑)

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶサッパリと除去できました。

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました!

最後にホイールです。

こちらもやや汚れ気味でした。

アフターです↓

ツヤツヤです!

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ウィッシュ、定期メンテナンスが完成いたしました。

いい艶に仕上がりました(^_^)/

写真だとメンテナンス前後の違いがわかりにくいかも知れませんが、

実際に実車を見て頂けると艶と光沢の向上、それに伴ってお車全体の質感も向上していて

メンテナンス前後の違いをキッチリと感じて頂けると思います!

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ』と、その違いをご実感いただけたご様子でした。

ありがとうございました。

 

メンテナンスは車の汚れ(痛みが)進む前に早め早めに行うのが理想だと思います!

綺麗な状態のときにメンテナンスをしていけば軽いシミなども除去できます。シミや汚れを

放置しておくとより進行していきますし、落ちる汚れも落ちなくなってきます(汗)

落ちるうちに落としていけば、綺麗な状態が長く続きます!

ですので綺麗を長持ちさせる為にも、お車が綺麗なうちにメンテナンスをするのがおすすめです(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ポルシェ パナメーラのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはポルシェ パナメーラのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのキャララホワイトメタリックのポルシェパナメーラ4は昨年の5月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車です。

コーティング施工から間もなく1年を迎えるタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

当初はもっと早いタイミングでのメンテナンスを希望されていたのですが、オーナー様のお仕事が

忙しくてタイミングが合わず、気が付けば約1年経過してしまいました(^^;

ではコーティング施工から間もなく1年経過いたしますポルシェ パナメーラのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう。

まずはボンネットからです↓

ご入庫時は雨でしたので濡れております。

濡れていますのでシミやスクラッチが確認できませんがリアルな撥水状況が

確認できます。

アフターです。

細かなシミは確認できますがシミもスクラッチも少なく、またクスミも少なかったです。

それと約1年経過のリアルな撥水状況を見て頂きましたが、屋外屋根なし駐車の1年経過と考えますと

撥水力は残っている方だと思います。

ちなみに↓はシャンプー洗車後の撥水状況です。

先ほどよりも少しだけ撥水力が上がりました。

実はシャンプー洗車はボディ表面に付いているごく軽い汚れしか落ちないんです。

ですのでコーティングが “頑固な汚れの膜” に覆われてしまったらシャンプー洗車程度では

落とせません。 なのであまり撥水力が戻りません。

また、この時期に特に気を付けて頂きたいのが花粉なんです。

雨で濡れた花粉は通常のシャンプーでは完全に花粉汚れを落とすことが出来ないんです。

雨が降った後、早めのシャンプーならば落ちるのですが時間が経てば経つほど落ちません。

その結果撥水力が落ちます。

そこでメンテナンスでは特殊なケミカル剤を使って汚れを落とします。

その結果が・・・

こちらです。

だいぶ撥水力も戻り水玉も丸くなりました!

メンテナンスでは最終的にメンテナンス剤で仕上げますので・・・

最終的にここまで気持ちいい水玉撥水に仕上がります!

やっぱりコロコロに弾いていると気持ちいいですね(^_^)/~

 

ルーフも・・・

撥水が乱れています。

アフターです↓

こちらもメンテナンスで落ちないシミも残っていますけど

比較的お綺麗な状態を維持されておりました。

もちろん撥水力も戻っています!!

リアも・・・

同じような感じですね(^^;

アフターです↓

ライトを当てて見てしまえば細かなシミは見えてしまいますが、

屋外で見ましたら、あまり気にならないと思います。

ボディサイドは・・・

水平面に比べると水玉も丸くて撥水力は残っているようでした。

アフターです↓

サッパリとしましたね~(*‘∀‘)

 

それといつもの鉄粉の付着状況です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

おぉ~~少ない! 少ないです!!

リアは・・・

フロントに比べると多いですが、それでも少なめです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも・・・

綺麗になりました。

最後にホイールです。

ホイールも汚れが少なくお手入れが行き届いております。

アフターです↓

ホイールコーティングもコーティングをしていますのでツヤツヤですね!

ブレーキダストの固着も少ないです。

そしてキャララホワイトメタリックのポルシェパナメーラ4、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

いかがでございましょうか。

艶も向上してツヤピカのボディに仕上がりました(^_^)/

ご入庫時は少し汚れてはいましたが塗装面自体(コーティング被膜自体)は

良好な状態を維持されておりました!

ただ若干ですがボンネットとルーフ等の水平面の撥水力が落ちていました。

撥水の耐久性はお車の使用方法や保管状況によって大きく異なってきます。

撥水が弱まるタイミングもお車それぞれで一概には言えませんが屋外屋根なし駐車ですと

半年~1年位でしょうか。 屋根有りやガレージ保管されているお車ですと2~3年経過しても

綺麗に撥水している場合もございます。

撥水が無くなるとコーティング被膜も無くなった(コーティングが落ちた)と

思われる方が多いのですが実は違います。

撥水が落ちる要因の一つは先ほどもお話しましたようにコーティング被膜に汚れが

蓄積してしまう場合です。

この汚れはシャンプーで洗車しても落ちない頑固な汚れです。 ← (花粉もです)

その汚れを特殊なケミカル剤を使って落とすと撥水力が回復することも多いんです。

今回のパナメーラもケミカル剤だけでだいぶ撥水力が回復しました。

(コーティング被膜が傷んでる場合は特殊なケミカルで洗っても撥水は回復しません。)

撥水力を維持するにはどうしても撥水剤やメンテナンスが必要になってきます。

ですので艶維持・撥水力維持の為にも定期的なメンテナンスがお薦めです。

また花粉は撥水力が落ちるだけではなく、塗装そのものも痛めてしまいますので、

花粉の時期は雨が止んだら早めに洗車をしてください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ コペンの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ コペンのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのDCダークグリーンマイカのダイハツ コペンは2020年の3月にボディコーティングを

施工させていただきましたお車です。

コーティング施工から2年が経ちメンテナンスにお越しくださいました。

昨年の3月に一度メンテナンスを施工していますので今回は通算2回目のメンテナンスになります。

1年前のブログでも書いたのですが、以前は2年毎にコーティングの再施工を行っておりますが、

塗装の厚み(膜厚)と車齢を考えますと磨き過ぎるのもちょっとどうかなぁ~??という事もあり

今回もメンテナンスで行くことにしました。

確かに磨き直した方がシミもスクラッチも少なくなり綺麗になるのですがオリジナル塗装を

大切にしたいと思います!

ではコーティング施工から2年経過しましたダイハツ コペンのメンテナンスの様子を

ビフォー&アフターでご紹介して参りましょう。

まずはボンネットからです↓

2年経過したダーク系のカラーですので洗車キズ系のスクラッチも多いです。

アフターです↓

そんな事もあって今回はメンテナンスplusのコースでメンテナンスを行っています。

メンテナンスplusではスクラッチやシミを “埋めて” 目立たなくする処置を追加します。

それにより通常のメンテナンスよりスクラッチによるギラ付き感が抑えられ艶感も向上いたします。

“埋めて”いるものですので時間の経過と共に少しづつ落ちてはきますけど一定期間効果を

維持してくれます!

 

ルーフも・・・

艶も引けている感じです。

アフターです↓

スクラッチもだいぶ目立たなくなったと思います。

また艶も出て綺麗になっております!

リアは・・・

なかなかの洗車キズです(;´∀`)

でもメンテナンスplusですと・・・

これくらい綺麗になります!!

スクラッチによるギラ付き感が抑えられ色に深みが出ます(^_^)/

ボディサイドは・・・

何やら黒い筋が何本も確認できます。

これは普通の水アカによる雨筋ではない様です。

やけに油っぽかったので何か塗ったのでしょうか??

オーナー様に聴くのを忘れてしまいました(^▽^;)

アフターです↓

油っぽい雨筋も綺麗になりました。

 

それと鉄粉の付着状況のご報告です。

黒くポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

前回のメンテナンスから1年経過しています。

そう考えますと少ないのではないでしょうか。

リアも・・・

それなりに反応していますけど特に多いほどではないです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリとしました。

そして最後にホイールです。

軽い汚れ程度でお綺麗です。

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げております。

そして

そしてDCダークグリーンマイカのダイハツ コペン、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

各部の仕上がりで見て頂きましたようにアップで見るとスクラッチもシミも

残っております。 しかしそこは敢えてです(笑)

初めに書きましたようにスクラッチやシミを本格的に取るには磨きが必要になります。

ただ塗装は磨けば磨くほど薄くなる物なんです。シミやスクラッチが気になる度に磨いていたら

塗装が無くなってしまいます。

そこでメンテナンスplusです!

メンテナンスplusではスクラッチやシミによるギラ付き感が抑えられます。

そしてクスミが取れて色に深みが出てクリヤー感も向上します。

スクラッチが気になる、でも磨きの頻度は抑えたい・・・そんな時はメンテナンスplusです!

スクラッチでお悩みでしたら是非一度お試し下さい(^_^)/

いい艶出ますよ~~。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。