ダイハツ タントカスタムのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ タントカスタムのボディコーティングです。

H26年式ナイトシャドーパープルクリスタルメタリックのタントカスタムです!

なにやら難しい名前のカラー名ですが紫色のタントと言えば頭に思い浮かぶ方も多いのではないのでしょうか。

それくらい見かける事も多い人気のカラーです(*”▽”)

明るいところで見ると鮮やかなパープルですが暗い所で見ると黒に見えるくらい陰影の違いが

ハッキリするボディカラーです!

そんな本来は鮮やかなパープルのタントもご購入から6年が経ちクスミや痛みが進んできたご様子です。

ボンネットを見てみると・・・

シミも多くスクラッチも目立ちます。

ルーフは・・・

ボンネットより一段とクスミが進んでいます(;´∀`)

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフの水平面に比べますとクスミもシミも少ないですね。

リアも・・・

スクラッチは付いていますけどシミは少ないです。

ホイールは・・・

ちょこっと汚れ気味でした(^^;

 

ご購入から6年という事もあって、それ相応の痛み具合ではないかと思います。

ルーフが一番痛みが進んでいるようですが、軽のハイト系ワゴンやミニバンなどの

水平で長いルーフはどうしても痛みがちです。

しかも普段は見えないので“まっ いいかな!”になってしまいがちでもあります(^▽^;)

そして久々にルーフを見ると・・・見なかった事にしようとしまいがちです(笑)

でも もう見てしまったのです。 現実を!!(笑)

しかし例えルーフが痛んでいたからと言っても諦める事はございません。磨けば光るんです!

そう!今回のタントのように!( ̄∀ ̄)ニヤリ

どれくらい光ったかは後ほど(笑)

何だか自分でハードルを上げてしまった感じもしないではないですが(汗)頑張って参りましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが、そもそもボディが

紫色ですので・・・

わかりにくいです(^▽^;)  紫色と言うより黒っぽい反応をするんですが

それでもわかりにくいですね(汗)

リアも・・・

わかりませんね(;´∀`)

でもボディから滴り落ちてくるクリーナー液は・・・

結構紫色になっています。

実際に塗装面を撫でてみてもザラザラで多く付いていました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

でもやっぱりわかりません(^▽^;)

リアも・・・

写真だと変化ないです(汗)

しかし滴り落ちてくるクリーナー液は・・・

もう紫色ではありません!!

鉄粉が終わりましたら今度はボディにマスキングを施し・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回はへッドライトの曇りの除去も行っています。

ビフォーです↓

結構白濁が進んでいます。

近くで見ると・・・

白いです(^▽^;)

反対側も・・・

全体的に白いです。

ヘッドライトの内部もよく見えませんね(^^;

アフターです↓

おっ!

おおぉ!!  クッキリとクリヤーです!

反対側も・・・

白濁も無くなって・・・

見える!見えるぞぉ!!  ヘッドライトの内部まで見えるぞぉ!!

と言いたくなるくらいスッキリとクリヤーに仕上がりました(^.^)

よかった! よかったぞぉ!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチも綺麗になってサッパリです!

クスミが進んでいましたルーフも・・・

クリヤーで艶々です(*”▽”)

メタリック感も取り戻しました。

ボディサイドも・・・

綺麗になりました。

リアは・・・

深めのスクラッチは残っていますがサッパリとしましたね!

最後にホイールも・・・

綺麗にしましたら・・・

ナイトシャドーパープルクリスタルメタリックのダイハツ タントカスタム、ボディコーティングが

完成いたしました!

ナイトシャドーパープルクリスタルメタリック本来の輝きに復活いたしました!

引けていた艶と透明感そしてメタリック感を取り戻し艶々に仕上がっております(^_^)/

またヘッドライトがクリヤーになったのも大きなポイントです。 ↑の写真だとわかりませんが(^▽^;)

ヘッドライトが白濁や黄ばんでいると、それだけで車が古臭く見えてしまいます。

これがクリヤーになると全然違うんです。車がいっきに若返ります(笑)

お引き取りに来られたオーナー様も“おぉ!きれいになったなぁ~”とお喜びになられている

ご様子でした!  ありがとうございます。

屋内保管でほぼ乗らない方は別として通常、車は月日が流れれば流れるほどクスミも進みますし

スクラッチも多くなってきます。でも諦めることはございません!

磨けば光ります!

そう!今回のタントのように!(笑)

皆様のご来店お待ちしております! ( ̄∀ ̄)ニヤリ         宣伝でした(笑)

 

ブラックなどのダークカラーのお車はホワイトやシルバーなどのライトカラーのお車に比べますと

塗装の痛みも早くスクラッチも付きやすく目立ちやすいです。

洗車でも簡単にキズが付いてしまいますので注意が必要です。

スポンジで擦ったりクロスで拭き上げたりと知らず知らずのうちに細かなスクラッチを

つけてしまっています。

少しでもその洗車キズを減らすための正しい洗車方法で洗車することをおすすめいたします。

そこで度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPに洗車方法の動画がございますので

ご参考までにどうぞ!! → 洗車方法

また使用しているスポンジや拭き取りのクロスなどは定期的に新品に交換することもお薦めです(^^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ タントのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ タントのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのレーザーブルークリスタルシャインの新型タントは今年の3月にボディコーティングを

施工いたしましたお車です。

半年経過でメンテナンスにお越しくださいました。

3月~9月ってある意味、車にとって過酷な期間でもあると思います。3~4月は花粉攻撃を受け、

5月から7月に掛けては1年で一番紫外線が多く降り注ぎ、梅雨の長雨にさらされますし、

8~9月は太陽サンサンで高温にもなります(^▽^;)

しかし冬は冬で雪や融雪剤の影響もあって車には過酷な時期でもあるんですけどね(笑)

そう考えますと車は1年中過酷な条件で頑張ってくれているんですね!

そんな過酷な?時期をがんばってくれましたお車の塗装面も、人がお肌のお手入れをするのと同様に、

やはり塗装面(コーティング被膜)のお手入れが必要です(*^^*)

塗装って意外なほどデリケートなんです。

では過酷な半年を乗り越えてきました新型タントのメンテナンスの様子をビフォー&アフターで

ご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

少し汚れ気味です。 塗装の表面に付いている、ごく軽い汚れジミが大半ですが中には

メンテナンスでは落ちなさそうな深めのシミも混在しています(^^;

アフターです↓

だいぶサッパリと綺麗になりましたね! よく見るとやはりメンテナンスでは落ちなかった深めの

シミも残っていますが普段気になることもないかと思います。

ルーフも・・・

ちょこっと汚れ気味ですね(^▽^;)

色が色なんで汚れが目立ってしまいます。

アフターです↓

こちらも落ちないシミもありますが綺麗になりました!

普段は屋外駐車との事ですが半年経過でこのボディカラーでこの程度のシミの量でしたら

悪くない状態だと思います(^.^)

リアは・・・

やはりちょっこっと??汚れ気味です。

せっかくのレーザーブルークリスタルシャインが白ばんで見えてしまいます。

アフターです↓

隙間の汚れもスッキリと! 汚れも落ちて深みあるレーザーブルークリスタルシャインに復活です(^_^)/

いゃ~いい色です!!

ボディサイドも・・・

タントに限らずですが雨が降るとドアミラーの下が汚れるんですよね~(汗)

ドアノブ等からも雨筋が付いてしまうものです。

アフターです↓

 

 

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。 色的に少しわかりにくいんですけど・・・

よ~く見て頂くと黒っぽくポツポツと見えてると思います。その黒いポツポツが専用のクリーナーに

反応している鉄粉です。けっして多い訳ではありませんが特別に少ない訳でもありません。 ボチボチです(笑)

リアは・・・

これ位離れて写真を撮るとわかりませんね(;´∀`)すいません。

これが白い車ですと写真でも確認できるのですが・・・(汗)

フロント同様ボチボチとそれなりの付着加減でした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

よ~く見てくださいね。綺麗になっていますから!

ルーフも・・・

この写真では信じてもらえないかも知れませんが(汗)綺麗になっているんです。 本当なんです(^^;

そして最後はホイールです↓

黒いホイールはやはりどうしても汚れが目立ちます。

アフターです↓

ピカピカです! こちらのホイールは新車時にホイールコーティングも施工していますので

汚れのこびり付きも少なくピカピカです!

そしてレーザーブルークリスタルシャインの新型タント、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました~!

ダークカラーのお車は汚れていると、どうしても白っぽく見えてしまい艶も感じられなくなってしまいます。

しかしメンテナンスをすると・・艶々になるんです!

ダークカラーにして良かったと思う瞬間でもございます(笑)

オーナー様もとてもお喜びになられているご様子でした。

ありがとうございました。

 

コーティングは一度掛けてしまえば後は何もしなくていいと思われている方が多いんです(^^;

実はそれは誤解でお車の美観維持やコーティングの効果を維持させるにはメンテナンスが

必要になってきます。コーティングしてあっても車は徐々に汚れてきますし、艶も引け撥水も弱まります。

特に撥水性能は使用状況や保管状況、お手入れ状況によって本当に大きく変わってきます。

また花粉でも傷みますし紫外線で劣化もします。融雪剤も車を傷めます。

少しお話しましたが人間のお肌と同じで何もお手入れしないと数年後には・・・怖いですね(^▽^;)

ですのでお車の美観維持とコーティング効果維持の為にも皆様もコーティングメンテナンスは

とっても重要ですよ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ キャストのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ キャスト スタイルのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのダイハツ キャストは昨年の11月にボディコーティングを施工いたしました

お車になります。    コーティング施工から約半年のタイミングでメンテナンスに

お越しくださいました。 ありがとうございます。

この半年間のお車のお手入れ状況をお尋ねいたしましたら・・・

“あんまり洗ってないんじゃないかな~”との事でした(^.^)

ご覧のようにご入庫時は雨でしたのでリアルな雨の水弾き状況が紹介できます(笑)

本来のEXE evo1の水弾きは、水玉撥水ですけど汚れが蓄積している事もあって

ダラ~っとした水弾きになっています。

度々ブログに書いていますけど、撥水が無くなるとコーティング被膜も無くなった

(コーティングが落ちた)と思われるオーナー様が多いのですが実は違うんです。

頑固な汚れに覆われているだけなんです。

コーティングの撥水はコーティング表面に付いている“汚れの膜”を落とすだけでも、

撥水力が戻ります。

撥水がなくなった=コーティング被膜が無くなった訳ではございません。

そこでせっかくですので今回は各ケミカルを使用したときの水弾きの変化を

ご紹介していきたいと思います!

 

↓はシャンプーで洗車後の水弾きの状況です。

あまり水の弾き方は変わらないと思います

シャンプーはボディ表面に付いている軽い汚れしか落ちないんです。

ですのでコーティングが “頑固な汚れの膜” に覆われてしまったらシャンプー洗車程度では

落とせません。

 

次はシャンプー洗車後に特殊なケミカルで洗った後の撥水状況です↓

いかがでしょうか。 だいぶ水玉撥水に近づいてきたと思います!

もちろんコーティング被膜そのものが傷んでる場合は特殊な溶剤で洗っても撥水力が

弱っていたり全然撥水が回復しません。

しかし撥水以外の艶や光沢、防汚性等は維持しています。

(もちろん時間の経過と共にそれらの機能も経年劣化していきます)

 

メンテナンスでは最終的にメンテナンス剤で仕上げますので・・・

最終的にここまで気持ちいい水玉撥水に仕上がります!

やっぱりコロコロに弾いていると気持ちいいですね(^_^)/~

メンテナンスが終了したボンネットの仕上がり具合は・・・

と~ってもお綺麗です! メンテナンス前は汚れてはいましたけど塗装面自体は

シミやスクラッチがとっても少なくて良好です(*’▽’)

EXE evo1はやっぱりシミの付き方が少ないと思います!

 

ルーフも・・・

撥水が落ちてしまっていました(^^;

アフターです↓

ルーフもボンネット同様シミやスクラッチがとても少なくお綺麗です!

もちろん撥水力も回復しています(^_^)/

リアは・・・

黒く雨筋は付いていますけど、まだ水玉状に水をはじいていますね!

ボディサイドなどの垂直面はボンネットなどの水平面に比べますと“頑固な汚れの膜”が

付きにくいので水弾きが落ちにくいんです。

アフターです↓

雨筋も無くなってスッキリとしましたね!

ボディサイドも・・・

若干弱ってはいますけど水玉状に水を弾いていますね!

アフターです↓

サッパリと綺麗になりましたよ~。 水玉も撥水力が回復してコロコロになっております。

アフターの水弾きの写真撮ればよかった~(^▽^;) すいません。

 

それと鉄粉の付着状況のご報告です。

黒っぽく点々と見えますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

少ないですね(*’▽’)

リアは・・・

フロントに比べますと、やや多めでした。

今回のキャストでは問題ありませんが、鉄粉等の異物が多く付いてしまうと撥水の

妨げになってきます。 綺麗に弾かなくなります。

ですので鉄粉等の異物は定期的に処理した方が、やはりいいんです!

鉄粉等を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

↑フロントも・・・

↓リアも・・・

サッパリと綺麗になりました!

そして最後にホイールです。

まあまあの汚れ具合です(^^;

アフター↓

ボディ同様、ホイールも綺麗ですと気持ちいいですね!

お車全体が引き締まります。

そしてダイハツ キャストスタイルのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶と白さを取り戻し艶々のキャストスタイルに仕上がりましたよ~(^o^)丿

白いお車でも艶感の違いを実感していただけます!!

落ちていた水弾きも復活しております。 雨が降っている時に綺麗に水を弾いていると

気持ち良くないですか?? 気持ちいいですね(笑)

雨が降っているのに綺麗な車を見ると“やるなぁ~”と思うのは私だけではないはずです(笑)

梅雨が続きますが、これで少しでも気持ち良くドライブが出来るようになりましたら

嬉しく思います(*^_^*)

 

話は変わりますが↓は私のマイカーです。今回のキャストと同じ日に撮影しました。

昨年の夏にEXE evo1を施工しています。 施工から10ヶ月以上経過していますけど

まだまだ綺麗に撥水していますヽ(^o^)丿   やっぱり気持ちイイ~(笑)

コーティング直後に比べますと撥水力は落ちていますけど、まだまだ綺麗に水玉状態で弾いています。

ちなみにまだメンテナンス剤は使っていません。

同じコーティング剤でも車の使われ方や保管状況、お手入れ状況は様々です。

ですので水弾きが落ちてしまうタイミングはバラバラです(^^;

メンテナンスにお越しくださるお車を見ていると屋外屋根なし駐車ですと半年~1年位で

水弾きが落ちてしまうお車も多いです。逆に2~3年経っても綺麗に水を弾いている

お車もございます。

ただ先ほどもお話ししましたように撥水がなくなった=コーティング被膜が

無くなった訳ではございません。 痛み具合によってメンテナンスのタイミングや

頻度が変わってきますが、おすすめは車の汚れ(痛みが)進む前に早め早めに行うのが

理想だと思います! 綺麗な状態のときにメンテナンスをしていけば軽いシミなども

除去できます。シミや汚れを放置しておくとより進行していきますし、落ちる汚れも

落ちなくなってきます(汗)

落ちる内に落としていけば、綺麗な状態が長く続きます!

ですので綺麗と水弾きを長持ちさせる為にも、お車が綺麗なうちにメンテナンスをするのが

おすすめです(^_^)

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コペン セロのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ コペン セロのボディコーティングです。

H28年式のマタドールレッドパールのダイハツ コペンセロです!

当店はコペンのご入庫率が意外と高めなんですがコペンセロは当店初入庫になります!

皆様もご存じのように現行型のコペンデビュー時はローブがまず発売され、その後にエクスプレイが

追加、更にその後に今回の丸目のセロが追加され3つのスタイリングが楽しめるモデルになりました。

ここで終わりかと思いきや、まさかの第4のモデルとなるGR SPORTが追加され4つのバリエーションが

揃いました!

皆様のお好みはどれですか??  やっぱり可愛いのは今回のセロかな~と思います(^.^)

そんな丸目が可愛いコペンセロの現状を確認してまいりましょう!

 

まずはボンネットからです。

シミが多いっス(^^; 雨ジミというより花粉によるシミだと思います。

ルーフも・・・

シミが多いっス(;´∀`)

そのせいもあって塗装面に滑らかさがなくガサガサとしています。

トランクもやはり・・・

シミが目立ちます。 スクラッチもあるにはあるんですけど年式を考えますと少なめでした。

ボディサイドは・・・

垂直面ということもあってシミは少ないですね!

スクラッチが少なめなのが分かって頂けるかと思います。

ホイールは・・・

少し汚れ気味でした。

 

こちらのコペンセロはご購入されたばかりだそうです。初期登録がH28年ですので4年経過になり、

シミはございますが、その他のコンディションは良く、全体的にお綺麗だと思います。

しかし、やはりシミがオーナー様も気になるようですし、気持ち良くお乗りいただくためにも

ここは一度綺麗にリフレッシュをしていきたいと思います(^_^)/

では作業開始~~!

 

まずは洗車後に鉄粉等を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします。

と~っても少ないんです! ホントに4年経過??と思う程少ないんです(*’▽’)

反応しているにはしているんですけど・・・わかりにくいですね(^^;  これです↓

矢印の先に黒っぽくシミのように見えるのが反応している鉄粉です。

他にもよく見ればあるんですけど、少ないですよ~~。

トランクも・・・

少ないですね~。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

黒っぽくシミのように見えていた鉄粉も綺麗になりましたね!  元々少なかったですけど(汗)

スッキリと綺麗になりました。  元々少なかったですけど(^▽^;)

今回鉄粉は少なかったんですけど実はボディには鉄粉以外にも色々な不純物が付くんです。

道路のタールや樹液そして時にはペンキのミストが付いていたりと様々な異物が付きます。

ですので例え鉄粉の反応がなくても鉄粉等の異物除去作業は必要なんです!

 

鉄粉等の除去が終わりましたらマスキングをして・・・

磨いてまいります。 今回はエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

ミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

 

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S7です!こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の

低撥水タイプのコーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

シミもスッキリとして綺麗になりました(^_^)/~

ルーフも・・・

ガサガサでした塗装面も艶々のスベスベになりメタリックが顔を出しました!

トランクも・・・

深めのスクラッチやシミの輪郭が残っている所もございますが綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

より透明感が上がりサッパリとしています。

最後にホイールです。

黒光りしています(笑)

そしてマタドールレッドパールのダイハツ コペンセロ、ボディコーティングが完成いたしました!

施工前より赤味が増したと思います(*’▽’)  これが本来のマタドールレッドパールの赤なんだと思います!

ガサガサの原因である酸化被膜やシミを磨きで除去し、塗装面を平滑化した事で光沢が復元し

潤い感のあるクリヤーなボディに仕上がります。  それだけでも十分綺麗になるんですけど

更にコーティング剤を塗って塗装面の保護と光沢の維持、そして更に艶感あるボディに仕上げます!!

ここまでくれば新車にも負けない光沢感・艶感です(^_^)/

オーナー様も『凄い綺麗!!』と、その仕上がりを実感されているご様子でした!

 

中古車に限らず新車の展示車(外の展示車)もそうなんですが、洗車は濡れたクロスで拭くだけの

拭き上げ洗車をする場合が多いですけど・・・拭き上げ洗車ってキズが凄く付くんです(T_T)

そういう事もあって中古車は洗車キズ(スクラッチ)が多く付いている車両が多いです。

そうなると当然、展示期間が長ければ長い程、洗車回数が増える訳で洗車回数が増えれば増えるほど

洗車キズは増える訳でして(^^;)

幸い今回のコペンは洗車キズは少なかったです。これはもしかしたら展示している期間が

短かったのかも知れませんね! または販売店の方の洗車方法が上手かったのかも知れません(*^^*)

いずれにしてもキズやシミが増えると光沢感や艶が無くなって更にクスミが進むと透明感も

損なわれてきます。

でも安心してください! 磨けば輝きます!!

ですので中古車ご購入時はお車のリフレッシュ、そして気分のリフレッシュも兼ねてボディコーティングが

おすすめです!  新しい愛車に気持ち良くお乗りいただけると思います(^_-)-☆

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レーザーブルークリスタルシャインの新型タントご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ新型タントのボディコーティングです。

レーザーブルークリスタルシャインのダイハツ新型タントです!

こちらは納車から間もない新車のお車になります。

新型のタントは当店初入庫になります。そしてこのレーザーブルークリスタルシャインも

お初です。このカラーがまたとても、いい色なんです。暗い所では濃い紺色のように見えますが

明るい所ですと緑がかった青と言いますか青みがかった緑と言いますか、レーザーブルーと言う

くらいですから青ではあるんですけど光の加減で色々な表情を見せてくれるボディカラーです!

そんないい色のレーザーブルークリスタルシャインですがご入庫時は・・・

少し?汚れておりました。 納車から間もないんですけど花粉の時期&小雨の影響で

少し?汚れておりました。

このままですと現状のご報告ができませんので洗車後に撮ったのがこちらです↓

綺麗です(笑)  塗装の曇りもとっても少なくてお綺麗ですね!

ダイハツは新車時の塗装の曇りが少ないと個人的に思っています。

ルーフは・・・

既にシミが出来ていました。   意外と多いんです(^^;)

ボディサイドは・・・

こちらの写真は洗車前です。 シミはないんですけどボンネットに比べると若干曇りを感じます。

若干です(笑)

リアも・・・

少し曇っていてライトの映り込みがモヤけ気味ですね。

ホイールは・・・

こちらも少し汚れていました。

 

ご入庫時は少し汚れていましたが洗車してから確認してみると塗装自体は全体的に曇りも少なくて

良好でした。しかしボディのサイド面は僅かな曇りと、ルーフには早くもシミが確認できます。

おそらく花粉の影響もあると思います。

今回はこの辺りをスッキリとして新車以上の新車に仕上げていきたいと思います!

それでは作業開始~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう!

ウインドウコーティングはボディコーティングと同時に施工のご依頼を頂く事の多い、

当店の人気オプションメニューです。  もちろんウインドウコーティング単品での施工も

承っております! お気軽にお問い合わせください。 ←(宣伝その1)

↓は現状になります。

油分の付着も少なめですね。

今回は全面のご依頼ですので・・・

全てのウインドウの下地を整えます。

ガラス表面が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤・・・

PGS-33で撥水処理します。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたコーティング剤です!

コーティングが済みましたら最後に撥水確認をして・・・

ウインドウコーティング完成です!

 

そしてお次はボディです。

洗車をした後に鉄粉の付着確認をいたします。専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

写真だと色的にも確認しにくいかもしれませんが、実際少なめでした(^_^)/

リアも・・・

よく見るとポツポツと確認できますが少なかったです。

という事で今回の鉄粉処理は軽めの方法で処理しております。

 

鉄粉が終わりましたら今度はマスキングをして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

当店では新車でもここまでしてからコーティングを塗っていきます。

そしてそのコーティング剤ですけど今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとスベスベです(*^_^*)

ルーフも・・・

シミもサッパリとして綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

軽い曇りも取れて、よりスッキリとクリヤーになりました。

リアも・・・

ライトの映り込みがクッキリとしましたね!

そしてホイールですが、今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので

ホイールコーティングをして・・・

艶々になっています!

ホイールコーティングはボディコーティングと同時施工いたしますとホイールコーティングのお値段が

20%OFFになりますので同時施工がとってもお得です。 ←(宣伝その2)

そしてレーザーブルークリスタルシャインのダイハツ新型タント、新車コーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました~!(^^)!

より一層色の深み・艶やかさを感じて頂ける仕上がりになったと思います!

オーナー様も『凄いピカピカだぁ~と笑顔でお喜びになられておりました ありがとうございます!

そしてタマゴもありがとうございました。(謎)

ガラスコーティングは屋外の太陽の下で見ると、もちろんキラッといい艶感で綺麗なんですけど、

夜の街灯の下などライトに照らされるとこれがまた綺麗でいい感じなんです!

今回のレーザーブルークリスタルシャインもライトの下で見ると綺麗ですよ~(*”▽”)

皆様もコーティングしたら是非夜な夜な街灯の下に止めてニヤニヤしながら愛車を眺めて下さいね(笑)

 

 

最後にコロナウイルスについて。

今だコロナウイルスの収束の気配を感じません。

最近毎回書かせていただいておりますが当店では少しでもお客様に安心していただけますよう、

お客様対応時にはマスクを着用して応対させていただいております。

手洗いや手指アルコール消毒も頻繁におこなっております。元々仕事柄、手洗いは

凄~く頻繁なんですけど(^▽^;)

また代車も安心してご利用いただけますよう、その都度アルコール消毒をして対応しております。

店内のイスやテーブルもその都度拭いて回っています。

最近ではお客様のイスの近くに、こちらの・・・

その名も・・・『ウイルスとれる~ん』を設置!

なんでも、浮遊するウイルスをキャッチして離さないという布地なんだそうです。

収束の気配はまだまだ感じる事は出来ませんが収束するまで上記の対策等を続けていきますので

宜しくお願い致します。

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ダイハツ コペンのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ コペンのボディコーティングです。

こちらのDCダークグリーンマイカのダイハツ コペンは2年前に当店でボディコーティングを

施工させていただきましたお車です。

実は今回で3度目のボディコーティングのご依頼になります! いつもありがとうございますm(__)m

今回はヘッドライトの曇りが進んできたとの事でヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いております。

では早速コペンの現状を見てまいりましょう!

 

まずはボンネットからです。

スクラッチが多くなってきました(^▽^;) 塗装もクスミ気味ですね。

ルーフも・・・

同じような感じです。屋外駐車のダークカラーですので、どうしても痛みが進んでしまいます(^^;

トランクは・・・

やはりスクラッチが目立ちます。シミも結構ありますね(汗)

ボディサイドも・・・

所々にシミが付いています。

それとヘッドライトです。

真っ白ではないですけど白いです(^^;

反対側は・・・

こちら側の方が痛みが進んでいるようです。

中が見えません(^▽^;)

樹脂製のヘッドライトはボディの塗装同様に時間が経過すればするだけ傷んできます。

 

2年経過相応のスクラッチやシミなどございますが今回のコペンは軽い磨きでのご依頼となります。

と言いますのも2年毎にコーティングの再施工をご希望をされている事もあって、その都度強い磨きを

していたら塗装がどんどん薄くなってしまいます(^^;

まだまだ長~く大切にコペンにお乗りになられるそうですのでオリジナル塗装の膜厚維持の為に

塗装を多く研磨しない軽い磨きがご希望との事でした。

まさにその通りです。磨けば磨くほどシミやスクラッチは減りますが塗装も減ってしまいます(^^

今回も如何に少ない研磨量で綺麗にしていくか? っと考えて作業するのが、この仕事の楽しい所でも

あるんです(笑)  さて今回はどうしようかしら?? 楽しみながら作業を進めてまいりましょう(笑)

作業開始~!!

 

まずは洗車です。 その後に鉄粉などの付着物を除去していきます。

↓の黒っぽく点々と見えているのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

2年ぶりですので、それなりに付いていますけど2年ぶりと考えますと多くはないと思います。

リアも・・・

それなりの量は付いていますが特に多くはないと思います。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりましたね!

リアも・・・

サッパリとしました。

鉄粉が多く付いていると水が綺麗に流れないなど撥水の妨げにもなるんです。

鉄粉処理は意外と重要なんです(^_^)/

鉄粉処理が終わりましたら・・・

マスキングをして磨いていきます。今回は軽い磨きのベーシックプランでの磨きになります!

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランは”塗装の研磨量を抑えたい”方や”塗装の傷や痛みがひどくないお車!”

また状態にもよりますが新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車、等におすすめのプランになります。

お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く場合もございます。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。 今回使用いたしましたのはこちらの・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

それとヘッドライトを磨く時はこんな感じです↓

カワイイ(笑)

ちなみにボンネットに見える白い筋状の物はボディ研磨時に出たコンパウンドの粉です。

1台磨くと店内も粉だらけになります(笑)

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

今回は軽めの磨きでしたので深めのシミやスクラッチが残っています。

しかし塗装面のクスミと浅めのスクラッチを除去しただけでも色と艶そしてクリヤー感が

全然違います(^_^)/

ルーフも・・・

もっと磨き込めば↑の線キズも除去できると思いますが磨きません!(笑)

トランクも・・・

軽い磨きですがだいぶサッパリとしました。もちろん良く見ればスクラッチやシミが残って

いますけど十分にお綺麗です!

ボディサイドも・・・

シミが消えて綺麗になりましたね!

そしてヘッドライトも・・・

クリヤーになりました(^_^)/

反対側も・・・

中が良く見えます(笑)

そしてDCダークグリーンマイカのダイハツ コペン、ボディコーティングが完成いたしました!

少しクスんでいましたボディもまた艶々になりましたよ~ヽ(^o^)丿

そして今回もヘッドライトクリーニングの効果が出ていると思います!

ヘッドライトが綺麗になるだけでも、お車の印象が大きく異なります。ヘッドライトが白濁していたり

黄ばんでいると車が古く見えてしまいます。

そしてボディです!施工前はボディに光を当てるとキズがギラギラと乱反射して見えていましたが

施工後はスクラッチが減ったことでギラついた感じが無くなりスッキリと艶々にしました。

まだまだ人気物L880型ダイハツ コペンのボディ&ヘッドライトのリフレッシュでした!!

 

最後にコロナウイルスについて。

コロナウイルスの感染拡大が続いていますね(涙)当店では少しでもお客様に安心していただけますよう

お客様対応時にはマスクを着用して応対させていただいております。

また代車も安心してご利用いただけますよう、その都度アルコール消毒をして対応しております。

店内のイスやテーブルもその都度拭いて回っています。

収束の気配はまだまだ感じる事は出来ませんが収束するまで上記の対策は続けていきますので

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ キャスト スタイルのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ キャスト スタイルのボディコーティングです。

こちらのダイハツ キャストは納車間もない新車のお車になります!

ご存知の方も多いと思いますがダイハツ キャストは「スタイル」「アクティバ」「スポーツ」

3つのタイプがあって、今回お越しくださったのは「スタイル」になります。

見ての通り「スタイル」はシックで落ち着いた大人な雰囲気になります!

そんな大人な雰囲気のキャスト スタイルの現状を確認していきましょう。

まずはボンネットからです。

少しだけ汚れ気味ですけど、それを差し引いても若干曇り気味です。

ルーフも・・・

ボンネット程は曇りは気になりません。

ボディサイドは・・・

こちらの若干曇っていて映り込んでいるライトの輪郭がぼやけていますね。

リアも・・・

基本的にはお綺麗なんですが・・・いまいちスッキリとしていませんね(^^;)

ホイールは・・・

納車間もないとは言え、どうしても走れば汚れてしまうものですね(^_^;)

 

ご覧頂きました様に基本的にはお綺麗なんですけど、なんでしょう?なんと言いますか・・・

スッキリとしていないんです。 スカッ!っとしていないと言ったらわかりやすいかも??です。

オブラートに包まれているかのように透明感が足りません。

ちなみに・・・子供の時は薬を飲むのにはオブラートが無いと苦くてたまりませんでしたが

今ではオブラートなしでも苦い薬も飲めるようになりました(^_^)/  大人になったなぁ~俺。

ほんとアレがあって良かった~(笑) それとオブラートだけを一枚舌の上に乗せるとオブラートが

解けていくじゃないですか? あれって楽しくなかったですか??

好きだったなぁ~アレ。  ← どうでもいい話でした(笑)

話がそれましたが、車って新車時が最高の状態と思われる事が多いんですが、実はこの様に曇っていたり

加修(塗装の手直し)の後が残っていたり保護シートの糊が残っていたりと色々と問題が多いのが実情です。

当店ではそれらの不具合箇所を処理してからコーティングしています(^_^)/

では今回も新車をもっとスッキリとした気持ちいい状態に仕上げていきましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉の除去を致します。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応します。

意外と付いていますね(^_^;)  まぁでも新車でもこれ位付いてるのは珍しい事でもないんです。

リアは・・・

クリーナーで流れちゃっているので(汗)少しわかりにくいんですけど、よく見ると黒っぽく斑模様の

ように見えると思います。 結構付いていました(^_^;)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリと綺麗になりましたね!

リアも・・・

綺麗になりました(^_^)/

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをしていきます。

マスキングが済みましたらボディを磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!

ここまでがコーティングをする為の下準備になります。当店では新車でもこれ位してからコーティングを

していきます(^_^)/

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″です

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

「EXE-evo1」は2層コーティングで水玉撥水になります。

2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事になります。その分作業に時間が

掛かってしまう為、お値段も少し高めの設定となりますが2層コーティング効果を実感して頂けると思います!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってスッキリしました!!

ルーフも・・・

クリヤーですね。

ボディサイドだって・・・

曇りが無くなってライトの映り込みもクッキリとシャープになりました(^_^)/

リアも・・・

施工前の写真と見比べて頂くとスッキリ感の違いがよく分かると思います。

ホイールも・・・

艶出しをして仕上げております。

そしてダイハツ キャスト スタイルの新車コーティングが完成いたしました!

新車以上に綺麗に!そして輝いておりますヽ(^o^)丿

施工前後の違いがわかりにくい新車のパールホワイトですが、それでもしっかりと磨いて

ボディの曇りを取りってからコーティングしますと艶と透明感か向上致します!

更に今回使用致しました「EXE-evo1」がいい艶を出します(^_-)-☆

発売以来ご好評を頂いております「EXE-evo1」、私も自分の車で試していますがやはりシミが付きにくい

印象です。 水玉撥水が好きだけどシミが気になる・・・そんなお悩みのオーナー様にお薦めです!

 

新車でも納車前にスクラッチが付いたりシミが付いたり、曇り(白ボケ)が酷い等、何かしらの不具合が

ある事が非常に多いのが実情です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車を新車以上に輝かせるには下地作りが重要です!

ですので新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツ ミライースの定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ ミライースのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのミライースはボディコーティング施工から間もなく1年半ほど経過致しますお車になります。

今年の春に一度メンテナンスにお越しくださっておりますので今回は2度目のメンテナンスのご依頼です。

少しだけ汚れてはいますけど、まだまだ艶も感じられます。

しかし各部をじっくりと見ていけば、やはり1年半ほどの痛みも見えてきます(^^;)

ではミライースのメンテナンスのご様子を今回もビフォー&アフターでご紹介していきましょう!

まずはボンネットからです。

前回メンテナンス時にボンネットは軽く磨いて再コーティングしていますのでシミや

スクラッチは少ないですね(^_^)/

アフターです↓

それでもメンテナンス後は更にスッキリとしたと思います。

ルーフは・・・

シミが増えてきました(^_^;) 同じ水平面でもボンネットは一度軽く磨いていますので

シミ等少なかったんですけど、ルーフは純粋に1年半ほど経過した痛み具合になります。

アフターです↓

当店のスタンダードなメンテナンスでは磨きをしませんので、深いシミやスクラッチは残ってしまいます。

それでも↑くらいまで綺麗になりました! もしシミが気になるようでしたら磨き有りのメンテナンスの

ご用意もございますのでお気軽にご相談ください。

ルーフと言えば、ご紹介する程の事ではないんですけど・・・

松の葉が刺さっていました(^o^)

抜いておきました(笑)  安心してください。穴は空いていませんから!

リアは・・・

エンブレムから黒い雨筋がダァ~と付いていますが・・・

コーティングがまだまだ効いていますので、水アカがこびり付いているような事はなかったです(*^_^*)

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。

黒っぽくポツポツと見えてますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

前回のメンテナンスからまだ半年くらいですけど、少しだけ多めな印象です。

鉄粉の付着量は周りの環境によって大きく左右されます。ですので気を付けたくても

どうしようも無い事が多いのが実情です。 出来る事と言えばやはり定期的に鉄粉処置を

行っていくしかないかと思います。

そしてその鉄粉を処理しましたミライースのアフターの写真が・・・

なんという事でしょう。写真撮るの忘れてしまったようです(汗) いくらメモリーカードの中を確認しても

アフターの写真が出てきませんでした。  すいませんm(__)m

 

気を取り直して・・・ボディサイドです↓

泥ハネ等の汚れが付着しています。 この辺りに付く汚れはピッチやタールなど“硬い”付着物が

多いので優しく洗わないとキズが入りやすいので洗車時に注意が必要です。

アフターです↓

汚れもサッパリと綺麗になりました。

ホイールも・・・

汚れ気味でした。

アフターです↓

しっかりと洗って最後に艶出しをして仕上げています(^_^)/

それとウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングの

様子もご紹介していきます。

↓は現状です。

こちらもウインドウコーティング施工から1年半ほど経過いたしまして、だいぶ撥水が乱れてしまいました。

リアも・・・

撥水が落ちてしまっていました。

この弱った撥水コーティングを除去してガラス表面をリセットいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングも完成いたしました。

ウインドウコーティングは雨の多い季節だけではなく、これからの冬のシーズンにも有効なアイテムに

なります(^_^)/

そしてダイハツ ミライースのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました(^_^)/

ご入庫時もまだまだ艶が感じられましたがメンテナンス後は白さと艶がやはり違います。

キッチリとメンテナンスしますと艶感を感じにくいシルバーやホワイトなどのライトカラーでも

しっかりと艶を感じる仕上がりになります!

オーナー様もお喜びになられておりました。 ありがとうございました。

 

コーティングの撥水力はどうしても時経劣化などによって弱まってきます(;´∀`)

弱まるタイミングはお車の使用状況や保管状況そしてお手入れ状況などによって様々です。

そんな撥水が弱まった時、そんな時に活躍するのが・・・

R-511 ウォーターアドヴァンスです!

R-511 ウォーターアドヴァンスは洗車後の濡れたままの状態でシュシュッとスプレーして塗り込むだけ!

それだけでスピーディーに撥水を復元します!!

コーティング被膜にストレスを与えることなく、水玉コロコロの撥水をよみがえらせます。

洗車後の濡れたままの状態で塗布シュシュッとスプレーをして拭き上げるだけでOKの簡単施工です。

R-511 ウォーターアドヴァンスはPCX-S8やEXE、EXE evo1など撥水タイプのコーティング施工車におススメです!

こちらは¥1,980(税込)になります。

R-511 ウォーターアドヴァンスは簡単便利で、いい艶も出ますので簡易的なメンテナンス剤としても

ご利用いただけますので是非お試しください!

 

以上宣伝でした~。( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

ダイハツ キャンバスにボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ ムーブキャンバスのボディコーティングです。

ナチュラルベージュマイカメタリックのダイハツ ムーブキャンバスです。

ホワイトのアクセントを効かせた “ホワイトアクセント リミテッド “ですね!

インテリアはアクセントカラーにブラウンが使われていて落ち着いた雰囲気に仕上げられています。

見ても、乗っても癒される可愛いキャンバスです(*^^*)

こちらのキャンバスは納車間もない新車になります。そんな新車キャンバスの現状を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

納車からまだ数日なんですけど、その間に雨にも降られていますので少し汚れ気味でした。

しかし塗装自体はお綺麗です。

ダイハツの塗装は曇り(白ボケも)も少なくて全般的に綺麗です。

ルーフも・・・

少し汚れていました。

ボディサイドは・・・

少し白くボケている感じもします(^^;

リアも・・・

若干ですが白くボケているかな~。

ホイールは・・・

こちらも少し汚れ気味でございました。

 

先ほどもお話しいたしましたがダイハツは比較的、塗装が綺麗で曇り(白ボケ)も少ないと思います。

今回のキャンバスもボンネットやルーフに比べるとボディサイドは少しだけ白っぽくボケていました。

このボケですが、これがまた写真ですと上手く写らないんです(^^;)

白ボケと言うくらいですので白っぽく霞んでいてクリヤーじゃないんです。景色の映り込みなども

ピントの合っていない写真のようにシャキッとしないんです。

こちらのキャンバスはそこまで酷くはございませんが、世の中にはそのような新車もいっぱいございます(涙)

新車を新車以上にサッパリと綺麗にするにはやはり下地が大切です!

という事で下地をサッパリとしてコーティングしていきましょう。 作業開始~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

これは水が掛かっている状態です。水を弾く事もなく、とてもお綺麗です。

水を掛けて見て弾くようでしたら、何かしらの油分等の付着物があるという事ですので

そのままコーティングしてしまうと汚れをコーティングで閉じ込めてしまう事になります。

ですのでご自分でウインドウコーティングされる方は必ず油膜等を落としてからコーティングしてください。

もちろん当店にご依頼を頂ければ・・・

油膜が付いていようが、いまいがガラス面を綺麗にしていきます(笑)

綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤でコーティングして最後に撥水確認をしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成いたしました!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

黒っぽく点々と見えるのがクリーナーに反応している鉄粉です。

新車ですが結構付いていますね(^^;)

リアも・・・

ポツポツと確認できます。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと・・・

綺麗になりました!

そしてマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。

 

磨きが終わりましたら、コーティング剤の出番です!

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとスベスベです(^_^)/

ルーフも・・・

綺麗になりました。

ボディサイドは・・・

白ボケも取れてスッキリとクリヤーになりましたよ~!

ライトの映り込みもキリッとシャープになりました。これ実車で見比べて頂くと

もっと施工前後の違いが分かるんですけど・・・(^^;)

リアの写真の方が違いがわかるかな??

どうですか??施工前の写真と見比べてくださいね。 スッキリとしているでしょう??

ホイールは違いがわかりやすいです↓

綺麗です(笑)

そしてナチュラルベージュマイカメタリックのダイハツ ムーブキャンバス、新車コーティングが完成です!

スッキリと艶々に仕上がりました~ヽ(^o^)丿

白ボケも無くなってキリッとシャープに景色が映り込むようになりました。

オーナー様も『うわっ!綺麗!!』とお喜びになられておりました! ありがとうございます。

そう!そうなんです!新車もちゃんと磨いてコーティングすると新車よりも更に綺麗になるんです(*^。^*)

皆様も是非お試しください!!

 

新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車、また鉄粉が多く付いているお車も

実は多いです。しかしそれらの不具合箇所を処理をしないでコーティングをするディーラーや

GSが多いのが実情です(汗)

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地を整えるのと整えないのとでは仕上がり具合も違いますしコーティングの耐久性も変わってきます。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズでどうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コペン&テリオスキッドのメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはダイハツ コペンとテリオスキッドのメンテナンスです。

度々当ブログにご登場いただいております今回のコペン&テリオスキッドです!

そしてこれまた度々2台同時にご紹介させて頂いております、こちらの2台ですが今回も同時です(笑)

ブログのご紹介が溜まっているからあくまでも同じオーナー様のお車で2台続けて作業させて

いただきましたので同時と言う事でご理解とご協力のほど宜しくお願い致します(^▽^;)

という事でまずはコペンからご紹介していきましょう!

 

こちらのコペンは今年の1月にコーティングを施工致しましたお車になります。

↓はボンネットです。

少し汚れ気味です(^^;)

アフターです↓

メンテナンス前は汚れていましたので塗装面の状態まではわかりませんでしたが、一通りメンテナンスを

進めていきますとシミやスクラッチ等がとても少なくて良好な状態でした!(^^)!

ルーフも・・・

汚れてはいましたが・・・

スッキリと綺麗になりました!

普段は屋根のある駐車場に止めてあるそうで、シミも少ないんですね!

トランクも・・・

汚れていますがメンテナンス後は・・・

艶々で気持ちいいですね~(*´▽`*)

但し!こちらのコペンは普段駐車場に置きっぱなしと言う事で・・・

あちこちにクモの巣だらけです(;^ω^)

この時期はクモの活動も活発ですから尚更です。こちらのコペンに限らずご入庫される車の

多くは高確率でクモが付いてきます(^▽^;)  クモが付いていない車なんて無いんじゃないかと思う

くらいクモがもれなく付いてきます(笑)

中には室内にクモの巣を張っている車もございます(^^;)

多い時期ではありますが・・・

今回のコペンは多かったです(^^;)

この写真以外の場所にも沢山クモの巣が付いていました。

犯人は・・・

おまえか!! と思いましたが彼は既にもぬけの殻でした(笑)

クモの巣が無いとやっぱり綺麗感が全然違いますね(笑)メンテナンスのご紹介と言うよりは

クモの巣のご紹介のような感じになってしまいましたがコペンのメンテナンスが

完成いたしました!

色に深みが出て艶々に復活いたしました!

こちらのコペンをメンテナンスに出している間にオーナー様はコペンの駐車場の

クモの巣の掃除をしていたそうです(*^^*)

毎日乗っているとあまりクモの巣を張られる事も少ないんですけど、止めている時間が長い車は

どうしてもクモが寄ってきやすいので注意が必要です。注意してても張られちゃいますが(^^;)

 

そしてコペンと入れ替えで今度はテリオスキッドのご入庫です。

こちらはコーティング施工から約2年半ほど経過しています。2年半前にコペンと同時に

コーティング施工をしたのですがコペンは今年の1月にコーティングを再施工したのですが

テリオスキッドの方はまだまだお綺麗でしたのでメンテナンスで過ごしました。

それからまた半年経過致しましたがボディカラー的にもシミやスクラッチが目立たない、そして何より

まだまだコーティングが効いていますので今回もメンテナンスでいきます(^_^)/

ちなみにこちらのテリオスキッドは普段から通勤に使用されているそうでクモの巣は・・・

ここに1本あるくらいでした(笑)  よかったよかった!

 

ではボンネットから見ていきましょう!

シミやスクラッチが目立ちません(^^) 付いているには付いています少なめでもありました!

アフターです↓

写真だと違いがわかりませんね(汗)  少しライトがモヤッと曇って見えますが

これはうまく言えないんですけど塗装の曇りじゃないんですけど曇りなんです??

曇っているんですけど、いくら磨いても磨いてもこの曇りが取れないんです。

おそらく塗装そのものの特性なんだと思いますが、稀にそんな塗装がございます。

ルーフも・・・

よ~く見ればスクラッチが見えると思いますが目立ちません(*^^*) 維持管理がとても楽なカラーです!

アフターです↓

2年半以上経過していますが、まだ撥水も残っていて再施工はまだ勿体ないと思います。

細部の汚れも・・・

酷くはないです。

アフターです↓

よりスッキリです!!

ボディサイドは・・・

特に下の方は路面の汚れを跳ね上げるので汚れが進みます。

でも定期的にメンテナンスをしていけば・・・

汚れ落としも楽ですしコーティングの耐久性も上がります。

ホイールは・・・

汚れていましたが・・・

キッチリと洗えば艶々です!

そしてダイハツ テリオスキッドの定期メンテナンス完成いたしました!

テリオスキッドも艶々に仕上がりました!

コーティング施工から2年半以上経過している様には見えないと思います。(実車で見てね~)

オーナー様もこの色って汚れが目立たなくていいんだよね~!とテリオスキッドもお気に入りのご様子でした!

オープンカーのコペンと4WDのテリオスキッドはある意味最高の組み合せだと思います。

気分によって使い分けれるなんてとっても羨ましいです(´▽`)

何時までも大切にお乗りください!!

 

メンテナンスの時期やコーティング再施工のタイミングはお車のボディカラーやお車のご利用方法・

お手入れ状況、保管状況によって異なってきます。特にボディカラーによって大きく左右される事も多いです。

メンテナンスの目安としては約6か月ごとです。保管状況やお手入れ状況がよければ1年毎でもいいかと思いますが

どうしても痛みや進行が早い屋外駐車の方やダーク系カラーのお車は、もう少し早いタイミングでの

メンテナンスをお勧めいたします(^_^)/

 

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。