アストンマーチンDBS ヴォランテのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアストンマーチンDBS ヴォランテのボディコーティングです。

アストンマーチンDBSのオープンボディモデルのヴォランテになります!

ず~~っと欲しかったアストンマーチンだったそうですが、いい個体に巡り合えたそうで

衝動買いに近い感じでご購入されたそうです。

そういう運命的な出会いってありますよね~(*´▽`*)

そんな憧れのアストンマーチンをご購入され綺麗にリフレッシュしたいとの事で

大切な愛車のボディコーティングを当店にお任せくださいました。 ありがとうございます。

では早速ですがアストンマーチンDBSヴォランテの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

シミは確認できますが塗装を侵食してしまっているようなクレーター状の深いシミは少ないです。

スクラッチも付いておりますが年式を考えますと少ないですね!

それよりも塗装面を見ていて気が付いたのが・・・あれっ?この網目模様はもしやカーボン製!?

見れば見るほどアッチもコッチもカーボン製ではないですか(;”∀”)  すげ~!

お引渡し時にオーナー様にお聞きしましたら“ボディはカーボンとアルミ製”なんだそうです!  すげ~!!

 

ルーフは・・・

もちろんソフトトップですのでカーボンではありません(*^^*)

所々、広範囲にシミが確認できました。

トランクは・・・

こちらもボンネットと同じように軽めのシミは多いのですが深いシミは少なかったです。

ボディサイド・・・

シミが少ない分スクラッチが気になります(^^;

特にオーナー様が気にされていましたのが・・・

この3本の線キズです。

これは少し深い気がしますけど・・・結果は後ほど!

ホイールは・・・

ガリキズなどは付いていますけど塗装自体はまだまだしっかりとしていてお綺麗でした。

 

初期登録から15年くらいのお車なんですが15年の時間の流れを感じない状態だと思います。

もちろん見て頂いたように軽めのシミやスクラッチ、線キズ等は確認できますけど

塗装そのものはまだまだしっかりとしております。

そして見れば見るほど塗装の“塗り”が綺麗です。塗装の厚み感や平滑さなどが違います(*”▽”)

とは言え現状はそれなりに痛みも進んでおりますのでしっかりと磨いてリセットしていきたいと

思います。 では作業開始~~!!

 

まずは洗車後に鉄粉を処理していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

少ないですね~(*^^*)

よ~く見ればポツポツと付いてはいますけど、とっても少ないです!

リアも・・・

探せば確認できますけどパッと見ではわからないくらい少ないです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

元々が少ないので違いがあまりわかりません(汗)

でも綺麗になっているんですよ(笑)

リアも・・・

よ~く見れば違いはわかるんですけど。よ~く見ないとわかりません(^▽^;)

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤は・・・

PCX-V110をチョイスいたしました!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた

滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回はソフトトップのコーティングも施工していきます。

ソフトトップ専用のクリーナーで洗った後にまたまたマスキングしていきます↓

専用のコーティング剤が他の部分に付かないようにソフトトップ以外、全てマスキングです↓

丸ごとです(笑)

その後にコーティング剤を吹き付けてコーティングしていきました(^_^)/

それと今回はヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いております。

↓はビフォーです。

写真ですと全然伝わりませんが若干白濁が進んできています。 逆に言いますと写真では

上手く撮れない位の軽めの白濁なんです。

アフターです↓

ヘッドライト外側の白濁は除去できクリヤーになったのですが、ヘッドライト内側の曇りが

少し気になるかも知れません。 しかし↑の写真のように写真で撮るとその曇りが

上手く伝わりません(汗)

ヘッドライト内側の曇りを処理するにはヘッドライトの分解が必要になってきます。

反対側も・・・

軽~く曇り気味なんですけどわかりませんね(;´∀`) すいません。

アフターです↓

こちらも表面の曇りが無くなってクリヤー感が上がったのですが

内側の曇りは残っております。

 

ではその他の仕上がり具合も確認していきましょう。

シミもスクラッチもスッキリとしました!

カーボンの網目がよく見えるようになったと思います(^_^)/   わかります??

ルーフのシミは・・・

完全には落ちませんでしたが、だいぶ目立たなくなりました。

また黒さも増しました。

トランクも・・・

シミが取れてスッキリですね!

ボディサイドは・・・

スクラッチも無くなりクスミも取れてライトもしっかりと映り込んでおります。

そしてオーナー様が気にされていた3本の線キズも・・・

深いからどうかな~?と思ったんですけど綺麗に除去できました。

目が行く場所でしたので除去出来て良かったです(*^_^*)

最後にホイールです。

タイヤもホイールもしっかりと洗った後に艶出ししております。

そしてアストンマーチンDBS ヴォランテのボディコーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました~!(^^)!

色に深みが出て艶やかさと光沢感の向上を感じていただける仕上がりになったと思います!

特にアストンマーチンのような曲面の綺麗なお車にガラスコーティングをするとボディラインが

より強調されて綺麗なんです(*^_^*)  もちろん日中の太陽の下で見ても綺麗なんですが、

夜の街灯の下で見ますとこれがまたいいんですよ~。

街灯に照らされた愛車はいつもの2.5倍はカッコよく見えるものです!  本当ですよ(笑)

なかなかマニアな視点になりますが街灯に照らされた愛車を眺めたり、写真を撮るのも

また違った車の楽しみ方でもあります!

皆様も是非お試しを(^_^)/

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レンジローバースポーツのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレンジローバースポーツのボディコーティングです。

H18年式のレンジローバースポーツです!

ご購入から間もなく15年が経過しますお車になります。

以前に一度、ヘッドライトクリーニングで当店にお越しくださっておりますが

今回はボディコーティングのご依頼を頂きました。 ありがとうございます。

ソリッドの白ですが15年も経っているとは思えない程まだまだ白いです(笑)

とは言えやはり15年です。細かく観察していきますと色々と見えてきてしまうのもまた事実です。

では早速ですが各部の状態を見ていきましょう。

まずはボンネットからです↓

シミやスクラッチはとても少ないのですがご覧のようにクスミが進んでいて

透明感が引けています(^^;

ルーフも・・・

こちらも比較的シミやスクラッチも少ないのですがクスミが進んでいてライトの周りが

白くボヤけて見えます。

ボディサイドも・・・

年式を考えますとお綺麗ですね!しかしもう少しシャキッとした映り込みにしたいです(笑)

リアも・・・

ボディカラーが白ですので普段スクラッチやシミも気になりませんがライトを当てて見ると

塗装面の痛みもよく見えてしまいます(^_^;)

ホイールも・・・

お綺麗でした(*’▽’)

 

全体的に15年の歳月を感じさせない程お綺麗な状態を維持されていました。しかも洗車は

あんまりしていないとの事ですので更にビックリです(;´∀`)

普段は雨が当たらない屋根の下で保管されているそうですので納得は納得なんですけど

それにしても15年を感じさせない程お綺麗でした。ただやはりクスミが進行していて

ライトを当てて見てもライトの周りが白くボヤッと見えますし透明感もあまり感じられませんでした。

それがお車全体を見た時の印象にも繋がってきます。

何と言いましょうか?? いまいちキリッっとしないで疲れた感じとでも言いましょうか。

そんな疲れた感じをキリッ!っと、そしてパリッ!と感じて頂ける仕上がりにしていきたいと

思います!  では作業を進めて参りましょう。作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーシュッシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

少しわかりにくいかも知れませんが鉄粉多いです(^^;

15年ですのでしょうがないです。

リアも・・・

多いです。

オーナー様も後ろの方がポツポツとしていると気にされていました。そのポツポツの正体が

この鉄粉達です(汗) これだけ付いていると気になりますよね~(^▽^;)

その鉄粉達を処理した後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ鉄粉も無くなりましたね!

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました!

鉄粉も知らず知らずのうちに勝手に付いてしまいますので定期的な処理がおすすめです。

鉄粉処理が済みましたら今度はボディにマスキングをします。

いつもよりマスキングが少なめですが、まずはここまでです。あとのマスキングが必要な場所は

磨く直前に貼ってすぐに剥がす方法で進めていきました。

マスキングもとても奥が深くお車の状態によってマスキング方法を変えております。

そしてこの後に磨いていきました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回もヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いております。

現状です↓

それ程痛みが進んでいる訳ではないのですがライト下部がやや白っぽく白濁しています。

反対側は・・・

こちらのヘッドライトは一度交換されているので痛みは少ないです。

全体的に若干の曇りも感じますが写真に撮ってしまうと正直わかりません(;´∀`)

そしてアフターです↓

 

 

あれっ??

 

ない??(汗)

 

写真がない((;゚Д゚)ガクガクブルブル

すいません。アフター写真を撮り忘れたようです。

申し訳ございませんm(__)m

 

気を取り直して・・・

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

クスミも無くなってスッキリと綺麗になりました(^_^)/

ルーフも・・・

白い曇りも無くなってスッキリと綺麗にライトが映り込んでおります!

ボディサイドも・・・

ライトがシャキッとシャープに映り込むようになりました。

リアも・・・

綺麗になりました。

最後にホイールは・・・

より綺麗に美しく!

そしてレンジローバースポーツのボディコーティングが完成いたしました!

いかがでしょうか。施工前よりシャキッとしたように感じませんか??

またはパリッとしたように感じませんか??  正解はどちらもです(笑)

元々お綺麗でしたが施工前と比べると白さと透明感そして艶感が全然違うんです!

写真よりも実車の方が違いを感じて頂けると思います(^_-)-☆キュピーン

オーナー様も『いゃ~綺麗になったね。なんか白くなったね~』と、お喜びになられている

ご様子でした。 ありがとうございました。

 

車は洗車時に付くキズ、紫外線による色褪せ、そして汚れやクスミ等進行で知らず知らずのうちに

本来の色や艶が失われていきます。 しかし毎日の様に見ていると全然わからない物です。

そしてある時に気が付くんです。“アレ?キズだらけだぁ” とか “なんか汚い” やら “艶がない” 等です。

でも諦める事はございません! 磨けば本来の色と艶にまた出会えます(^_-)-☆

愛車が綺麗になると愛着も一層深まります。

皆様の愛車は大丈夫ですか? 色が変わっていませんか??艶はありますか??

でも大丈夫です!

磨けば光りますので諦める前にカービューティープロ カラーズにお気軽ご相談ください(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ20系アルファードのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ アルファードのボディコーティングです。

H24年式20系トヨタアルファードのボディコーティングです!

久々のボディコーティングのご紹介になります(^_^)/  3週間ぶりぐらいな気が(笑)

こちらのアルファードはご購入から8年以上経過しているお車になますが、まだまだ艶も感じられて

お綺麗です! それもそのはず車検のタイミングで毎回再コーティングをされているとの事です!

納得です(^.^)

いままでは車検をお願いしていたお店にコーティングを依頼されていたそうですが、今回は当店を

お選びいただきました。 ありがとうございますm(__)m

ではご購入から8年以上経過いたしましたソリッドブラックのトヨタアルファードの現状確認から

始めて参りましょう!

まずはボンネットです↓

まだまだ艶も感じられるお車ではありますが、よくよく観察いたしますと、そこそこの量の

スクラッチも確認できます。 しかしシミは少ないですね!

ルーフも・・・

ソリッドブラックですのでどうしても洗車キズ等のスクラッチは付きやすく、

そして目立ちやすいです(^^;

しかしボンネット同様にシミはとっても少ないです。

ボディサイドも・・・

スクラッチが多いです。

リアも・・・

クスミなどは少ないのですがスクラッチが目立ちます(^^;

ホイールは・・・

やや汚れ気味でございました。

 

全体的に8年経過したソリッドブラックのお車には見えない位、お綺麗な状態のお車だと思います。

スクラッチはどうしても付いてしまうのですがクスミも少なく、特にシミの少なさは少し驚きでした。

駐車場が屋根有り&普段のお手入れの良さがシミの少なさに現れているのだと思います。

これが屋根なしの駐車場&あまりお手入れされていないソリッドブラックのお車だと

シミだらけで大変な事になっている場合がほとんどです(^▽^;)

また酷くなってから磨いても取り切れないシミも多くなってしまいます。

今回のアルファードは車検毎に磨いていたそうですので、その効果がはっきりと表れておりました(^_^)/

今回もキッチリと磨いて艶々のお車に仕上げていきたいと思います!

では作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉を処理していきますが、もうお気づきかと思います(笑)

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応するのですが、お車が黒いので専用の

クリーナーを吹き掛けましても・・・

何が何だかわかりません!

リアも・・・

わかりません(^^;

実際のところはそれ程多くは付いていませんでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、これまた・・・

何が何だか状態です(汗)

リアも・・・

違いがわかりません(^_^;)

 

鉄粉の除去が終わりましたら今度はボディにマスキングをしていきます。

そしていよいよ磨きの始まりです!

今回はプレシャスプランでのご依頼になります。プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの

線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。

(深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の

汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、

ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を

削らないよう、むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回はヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いております。

↓はビフォーです。

もの凄く傷んでいる訳ではないのですが、白濁が進んでいてヘッドライトの内部が

曇っていてよく見えません。

アフターです↓

丸見えです(笑)

反対側は・・・

こちらの方が白濁が軽い感じでしたがクリヤー感が損なわれていましたので・・・

クリヤーに仕上げましたヽ(^o^)丿

これだけでもお車の印象は大幅にアップいたします。

 

では各部の仕上がりも見ていきましょう!

まずはボンネットからです↓

スクラッチもスッキリとして艶々です!

ルーフも・・・

深い線キズ等が残ってしまいますが、だいぶサッパリと綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

綺麗に仕上がっております(^_^)/

リアは・・・

クスミも無くなってスッキリとクリヤーになりました。

ホイールは・・・

実はホイールを洗っている時に気になる事があって一旦作業をストップしました。

直ぐにオーナー様にご連絡を入れ確認していただきました。オーナー様とご相談の末に

今回はごく軽く洗うだけとなりましたので、しつこい汚れは落ちませんでした。

そしてソリッドブラックのトヨタアルファードのボディコーティングが完成いたしました!

いかがでしょうか。ツヤピカに仕上がっております(^_^)/

元々艶感も感じられお綺麗なお車でしたが磨くとやはり全然違います。

塗装表面に付いているスクラッチやシミそしてクスミ等がボディの艶や透明感を低下させます。

またスクラッチが多いと黒ではなくグレーっぽく見えてきてしまうんです。

それらの不具合を丹念に磨き可能な限り取り除いていくことで新車にも負けない艶と透明感を取り戻します!

オーナー様も『いゃ~綺麗になったね! ガラス越しからでもわかったよ!!』と、

お喜びいただけたご様子でした。 ありがとうございました。

 

ダークカラー系、特にソリッドのブラックは簡単にキズがついてしまいます。触ればキズが

付くと言っても決して大げさではありません(T_T) それ程ソリッドブラックはデリケートな塗装なんです。

ですのでお手入れは大変です。 そういう目で今回のアルファードを見て頂くと、

とても大切に維持されてきたのがわかって頂けると思います。

ソリッドブラックに限らずですがダーク系カラーにお乗りの方、洗車は優し~く優し~く行ってください。

間違っても力を入れてゴシゴシは避けてください。 簡単に洗車キズが付きます(^▽^;)

お手入れは大変ですがそれに答えてくれるのがダークカラーだと思います!

お手入れ頑張っていきましょう(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ダイハツ タントカスタムのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ タントカスタムのボディコーティングです。

H26年式ナイトシャドーパープルクリスタルメタリックのタントカスタムです!

なにやら難しい名前のカラー名ですが紫色のタントと言えば頭に思い浮かぶ方も多いのではないのでしょうか。

それくらい見かける事も多い人気のカラーです(*”▽”)

明るいところで見ると鮮やかなパープルですが暗い所で見ると黒に見えるくらい陰影の違いが

ハッキリするボディカラーです!

そんな本来は鮮やかなパープルのタントもご購入から6年が経ちクスミや痛みが進んできたご様子です。

ボンネットを見てみると・・・

シミも多くスクラッチも目立ちます。

ルーフは・・・

ボンネットより一段とクスミが進んでいます(;´∀`)

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフの水平面に比べますとクスミもシミも少ないですね。

リアも・・・

スクラッチは付いていますけどシミは少ないです。

ホイールは・・・

ちょこっと汚れ気味でした(^^;

 

ご購入から6年という事もあって、それ相応の痛み具合ではないかと思います。

ルーフが一番痛みが進んでいるようですが、軽のハイト系ワゴンやミニバンなどの

水平で長いルーフはどうしても痛みがちです。

しかも普段は見えないので“まっ いいかな!”になってしまいがちでもあります(^▽^;)

そして久々にルーフを見ると・・・見なかった事にしようとしまいがちです(笑)

でも もう見てしまったのです。 現実を!!(笑)

しかし例えルーフが痛んでいたからと言っても諦める事はございません。磨けば光るんです!

そう!今回のタントのように!( ̄∀ ̄)ニヤリ

どれくらい光ったかは後ほど(笑)

何だか自分でハードルを上げてしまった感じもしないではないですが(汗)頑張って参りましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが、そもそもボディが

紫色ですので・・・

わかりにくいです(^▽^;)  紫色と言うより黒っぽい反応をするんですが

それでもわかりにくいですね(汗)

リアも・・・

わかりませんね(;´∀`)

でもボディから滴り落ちてくるクリーナー液は・・・

結構紫色になっています。

実際に塗装面を撫でてみてもザラザラで多く付いていました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

でもやっぱりわかりません(^▽^;)

リアも・・・

写真だと変化ないです(汗)

しかし滴り落ちてくるクリーナー液は・・・

もう紫色ではありません!!

鉄粉が終わりましたら今度はボディにマスキングを施し・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回はへッドライトの曇りの除去も行っています。

ビフォーです↓

結構白濁が進んでいます。

近くで見ると・・・

白いです(^▽^;)

反対側も・・・

全体的に白いです。

ヘッドライトの内部もよく見えませんね(^^;

アフターです↓

おっ!

おおぉ!!  クッキリとクリヤーです!

反対側も・・・

白濁も無くなって・・・

見える!見えるぞぉ!!  ヘッドライトの内部まで見えるぞぉ!!

と言いたくなるくらいスッキリとクリヤーに仕上がりました(^.^)

よかった! よかったぞぉ!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチも綺麗になってサッパリです!

クスミが進んでいましたルーフも・・・

クリヤーで艶々です(*”▽”)

メタリック感も取り戻しました。

ボディサイドも・・・

綺麗になりました。

リアは・・・

深めのスクラッチは残っていますがサッパリとしましたね!

最後にホイールも・・・

綺麗にしましたら・・・

ナイトシャドーパープルクリスタルメタリックのダイハツ タントカスタム、ボディコーティングが

完成いたしました!

ナイトシャドーパープルクリスタルメタリック本来の輝きに復活いたしました!

引けていた艶と透明感そしてメタリック感を取り戻し艶々に仕上がっております(^_^)/

またヘッドライトがクリヤーになったのも大きなポイントです。 ↑の写真だとわかりませんが(^▽^;)

ヘッドライトが白濁や黄ばんでいると、それだけで車が古臭く見えてしまいます。

これがクリヤーになると全然違うんです。車がいっきに若返ります(笑)

お引き取りに来られたオーナー様も“おぉ!きれいになったなぁ~”とお喜びになられている

ご様子でした!  ありがとうございます。

屋内保管でほぼ乗らない方は別として通常、車は月日が流れれば流れるほどクスミも進みますし

スクラッチも多くなってきます。でも諦めることはございません!

磨けば光ります!

そう!今回のタントのように!(笑)

皆様のご来店お待ちしております! ( ̄∀ ̄)ニヤリ         宣伝でした(笑)

 

ブラックなどのダークカラーのお車はホワイトやシルバーなどのライトカラーのお車に比べますと

塗装の痛みも早くスクラッチも付きやすく目立ちやすいです。

洗車でも簡単にキズが付いてしまいますので注意が必要です。

スポンジで擦ったりクロスで拭き上げたりと知らず知らずのうちに細かなスクラッチを

つけてしまっています。

少しでもその洗車キズを減らすための正しい洗車方法で洗車することをおすすめいたします。

そこで度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPに洗車方法の動画がございますので

ご参考までにどうぞ!! → 洗車方法

また使用しているスポンジや拭き取りのクロスなどは定期的に新品に交換することもお薦めです(^^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスLS、ヘッドライトのクラック除去です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日はヘッドライトに入ってしまったクラック除去のご紹介です。

基本的に当ブログでは現在ボディコーティング(リフレッシュコートは除く)と

コーティングメンテナンス、ルームクリーニングのみブログでご紹介させていただいております。

それ以外のウインドウコーティングやホイールコーティング、ヘッドライトクリーニング等の

単品での作業はご紹介しておりません。

でも、こんな作業も承っておりますよ~。 と、たまには宣伝しないと忘れ去られてしまいますので

今回はヘッドライトクリーニングをご紹介されていただきます!  忘れないでね~(^^)/

本日はこちらの・・・

レクサスLSです!

ご覧のようにそれほど酷く黄ばみが進んでいる訳ではありません。寧ろ、このモデルの

LSでしたらお綺麗ではないかと思います。

と、思ったらホントはもっと黄ばんでいたので少し前に某所にてヘッドライトクリーニングを

お願いしたそうです。それでそれなりに綺麗にはなったのですが見る角度によっては黄ばんで

見えるしヘッドライトの表面のクラックも気になるとの事で当店にご相談に来られました。

近くで観察してみると・・・

写真だとわかりにくいんですけど、少し黄ばみが残っています。

クラックもあるんですけどわかりませんね(^^;

横から見てみると・・・

黄ばみとクラックわかります??

ライトを点灯すると・・・

クラックが浮かび上がってきます。

確かにクラックが気になりますね(^_^;)

 

反対側も・・・

少し離れてみると綺麗ですけど・・・

近くで見るとクラックもあり透明感も損なわれています。

ライト内部のリフレクターが綺麗に見えません。

ライトを点灯すれば・・・

クラックが浮かび上がってきます(^▽^;)

某所ではこれ以上は無理です。限界です。と言われたそうですが・・・

確かにクラック除去の完全除去は難しいかもしれませんがもっと綺麗にはなると思います。

今回は通常のヘッドライトクリーニングではなくその先のクラック除去のご依頼になります。

通常のヘッドライトクリーニングではクラック除去までは行っていません。黄ばみや白濁を

除去してクリヤーにはなりますがクラックは残ってしまいます。

逆にクラックが入っていないヘッドライトでしたらクリーニングで全然問題ありません。

クラック除去はクリーニングより更にハードな磨きになりますので料金もクリーニングより

上がってしまいますが仕上がり具合はよりクリヤーで綺麗になります!

もちろん状態によっては全てのクラックを除去することはできませんが、それでも仕上がりは

全然違ってきます。

 

作業の方はまずヘッドライトをクリーニングした後にマスキングをして・・・

磨いていきます。

磨くと言っても最初は荒削りですので磨くと言うより削るといった方がいいかもです(笑)

荒削り後です↑

荒削りですので真っ白になります(^▽^;) ここからどんどんと磨いて磨いて更に磨いていきます!

そして・・・

最終的にここまでクリヤーに仕上がります!

横から見ても・・・

綺麗になりましたね!

ライトを点灯してみても・・・

スッキリとクリヤーになりました!

よく見ると取り切れなかったクラックが残ってしまいましたが

あまり気にならないかと思います。

反対側も・・・

クリヤーですね(*’▽’)

近くで見ても・・・

ヘッドライトの内部もよく見えます!

ライトを点灯してみても・・・

いい感じに仕上がりました!

そしてレクサスLS、ヘッドライトのクラック除去の完成です!!

う~ん、引きの写真だと違いがわからないな~~(^▽^;)

でもアップの写真で見て頂きましたように左右ともクラックもスッキリとして

クリヤーになりなりました!

実写を見て頂ければ結構お車の印象が変わったと思います(^_^)/

オーナー様も『おぉ!綺麗!!初めからこっちのお店に持って来ればよかった』と

とてもお喜びになられておりました!  実はヘッドライトクリーニングでお越しくださる

お客様、『初めからこっちのお店に持って来ればよかった』と言われる方が多いんです(笑)

某所でクリーニングしたけど限界と言われその後に当店にご相談に来られるオーナー様が

意外に多いんです。

そうなると料金も単純に倍になってしまいますので、まずは・・・

ここ大切です。(笑)      はい!ここテストに出るぞぉ~! (謎)

まずは当店にご相談ください(^_^)/~     テストに出るので赤字で書いておきます(謎)

また、ブログではご紹介はしておりませんがヘッドライトクリーニング以外にも

ウインドウコーティングやホイールコーティング等のご依頼も承っておりますので

お気軽にお問い合わせください。

以上、宣伝でした!!( ̄▽ ̄)

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

アウディS8のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアウディS8のボディコーティングです。

H20年式ファントムブラックパールエフェクトのアウディS8です!

アウディのフラッグシップモデルA8をベースにスポーツ性を高めたハイパフォーマンスセダンです。

5.2リッターのV10エンジンだそうです(*’▽’)  凄いっす。

そして大きいです(笑) 屋外で見るとそこまで大きな感じではなかったんですけど

店内に入れるとやっぱり大きいですね。

そんな大型のハイパフォーマンスセダン、アウディS8の現状を早速確認して

参りましょう!

まずはボンネットからです。

ご入庫時は雨でしたので濡れています。濡れているとシミやスクラッチが雨水で

隠れてしまって確認できないんですけど・・・それでもスクラッチが確認できてしまいます(^^;

洗車した後に撮影しましたのがこちらです↓

シミが見えてきましたね(^_^;)  シミもスクラッチも多いっス(汗)

ブラックパールなんですけどパール感がありません。

ルーフも・・・

シミやスクラッチ、そしてクスミが進行しているようです。

トランクも・・・

スクラッチが結構深そうな感じもします(;´∀`)

ボディサイドは・・・

ボンネット等の水平面に比べますとシミもスクラッチも少ないですね!

とは言えだいぶ傷んではいます。

ホイールは・・・

欧州車のハイパフォーマンスモデルですのでブレーキダストの出方も

ハイパフォーマンスです(謎)

 

初期登録から10年以上経過している事もあって全体的にシミ、そしてスクラッチが多く

目立ちます。それによって黒いボディが白っぽく見えてしまいお車の印象が、

お疲れ気味に見えてしまっております。

またヘッドライトの曇りもお疲れ感を更に助長してしまっています。

オーナー様はまだまだ、あと10年くらいはS8に乗りたい!との事でした。

大排気量のV10なんて今後は出てこないでしょうし、そのV10エンジンを今後も

楽しむ為にもボディを一度リフレッシュしていきたいと思います!

では作業を始めていきましょう!  作業開始~~!!

 

今回はヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いておりますので、まずはヘッドライトから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

もの凄い傷んでいる訳ではないんですけど傷んでいます(^^;

写真で見るとあまり酷くないように感じますけど、実際見ると写真の1.5倍ほど

傷んでいる感じです。       1.5倍は私の勝手なイメージですけど(笑)

アップで見ますと・・・

どうですか?1.5倍じゃないですか??  黄ばみと言うより白濁ですね。

反対側も・・・

あまり酷く感じませんが実際は1.5倍です(笑)

アップですと・・・

白く曇っていますね。

内部のリフレクターがよく見えません。

 

ヘッドライトも事前によく洗い異物を除去したのちに・・・

マスキングをして磨いていきます。

そしてまずは粗磨きを行い・・・

真っ白になります。

ここからペーパーやコンパウンドで磨き込んでいきます。

どんどんと磨き込んでいき最終的に・・・

ここまでクリヤーに仕上げていきます(^_-)-☆

アップで見ても・・・

綺麗です~。

反対側だって・・・

クリヤーになりました!

曇りも取れて内部のリフレクターも丸見えです(笑)

ヘッドライトがクリヤーになるだけでもお車が綺麗に若々しく見えますが

今回はボディもキッチリとリフレッシュしていきます。

その第一歩が洗車です。

その後にボディに付着しています鉄粉等の異物を除去してまいります。

専用のクリーナーをシュシュと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

ボディが黒いのでよく見えませんが結構多いんです。

所々が紫色になっているのがわかります??

トランクの方がわかりやすいかもです↓

少し流れ出ていますけど紫色のシミのようなものが見えると思います。

これがクリーナーに反応している鉄粉です。  結構多いんです(^^;

そして鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしましたよ!

トランクも・・・

サッパリと綺麗になりました。 もちろんボディ全体を行っております!

鉄粉の処理が終わりましたら今度はマスキングをしていき・・・

磨きの準備が整いました。

今回はボディの状態がなかなかのものですので(^^; プレシャスプランでのご依頼になります。

プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングの

コースです。 (深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の

汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、

ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を

削らないよう、むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスクラッチもスッキリとして透明感も出ましたヽ(^o^)丿

パール感も復活です!

ルーフも・・・

いいですね~。クスミもなく艶々です。

トランクも・・・

よく見ますと取り切れなかった深い線傷は残ってしまいましたが普段は気が付かないと

思います。

ボディサイドは・・・

こちらも深い線傷が残っていますが、だいぶサッパリと綺麗になりました!

最後にホイールも・・・

綺麗に仕上げましたら・・・

ファントムブラックパールエフェクトのアウディS8、ボディコーティングが完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

シミやスクラッチでボディが白っぽくお疲れ気味でしたS8が色に深みと

透明感が戻り艶と張りのある艶々ボディに復活しましたヽ(^o^)丿

それとヘッドライトが透明になったのも大きなポイントであり、お車の印象を

激変させてくれます!

オーナー様も『ずいぶんと綺麗になったなぁ~』と、少し驚いているご様子でした!

ありがとうございました。

いつまでも大排気量マルチシリンダーガソリンエンジンを楽しんでください(^^)/

 

5.2リッターV10エンジンいいですね~(*’▽’) 私も一度は手にしてみたいと思いますが

思いはあるんですけど資金がない! (キッパリ)

大排気量マルチシリンダーガソリンエンジンは男の夢ですよね。

いゃ男じゃなくて“漢”って感じです!

今後は環境性能がどんどんと厳しくなりハイブリッドやEVが主流になっていくのは

間違いないと思います。 それはそれで良い事でもありますしガソリンエンジンとは

違う楽しさや良さもあると思います。

しか~し“漢”はガソリンエンジンなんです(笑)

あのモリゾー(トヨタの社長さん)も「ガソリン臭くて、燃費が悪くて、音がいっぱい出る・・・

そんな野性味あふれたクルマが好き」 と言っていますから!   モリゾーも“漢”ですね!

そんな“漢”の大排気量マルチシリンダーガソリンエンジンを楽しめるは今が最後のチャンスだと

思いますので欲しい方はお早めにどうぞ~(^_^)/~

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ダイハツ コペンのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ コペンのボディコーティングです。

こちらのDCダークグリーンマイカのダイハツ コペンは2年前に当店でボディコーティングを

施工させていただきましたお車です。

実は今回で3度目のボディコーティングのご依頼になります! いつもありがとうございますm(__)m

今回はヘッドライトの曇りが進んできたとの事でヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いております。

では早速コペンの現状を見てまいりましょう!

 

まずはボンネットからです。

スクラッチが多くなってきました(^▽^;) 塗装もクスミ気味ですね。

ルーフも・・・

同じような感じです。屋外駐車のダークカラーですので、どうしても痛みが進んでしまいます(^^;

トランクは・・・

やはりスクラッチが目立ちます。シミも結構ありますね(汗)

ボディサイドも・・・

所々にシミが付いています。

それとヘッドライトです。

真っ白ではないですけど白いです(^^;

反対側は・・・

こちら側の方が痛みが進んでいるようです。

中が見えません(^▽^;)

樹脂製のヘッドライトはボディの塗装同様に時間が経過すればするだけ傷んできます。

 

2年経過相応のスクラッチやシミなどございますが今回のコペンは軽い磨きでのご依頼となります。

と言いますのも2年毎にコーティングの再施工をご希望をされている事もあって、その都度強い磨きを

していたら塗装がどんどん薄くなってしまいます(^^;

まだまだ長~く大切にコペンにお乗りになられるそうですのでオリジナル塗装の膜厚維持の為に

塗装を多く研磨しない軽い磨きがご希望との事でした。

まさにその通りです。磨けば磨くほどシミやスクラッチは減りますが塗装も減ってしまいます(^^

今回も如何に少ない研磨量で綺麗にしていくか? っと考えて作業するのが、この仕事の楽しい所でも

あるんです(笑)  さて今回はどうしようかしら?? 楽しみながら作業を進めてまいりましょう(笑)

作業開始~!!

 

まずは洗車です。 その後に鉄粉などの付着物を除去していきます。

↓の黒っぽく点々と見えているのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

2年ぶりですので、それなりに付いていますけど2年ぶりと考えますと多くはないと思います。

リアも・・・

それなりの量は付いていますが特に多くはないと思います。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりましたね!

リアも・・・

サッパリとしました。

鉄粉が多く付いていると水が綺麗に流れないなど撥水の妨げにもなるんです。

鉄粉処理は意外と重要なんです(^_^)/

鉄粉処理が終わりましたら・・・

マスキングをして磨いていきます。今回は軽い磨きのベーシックプランでの磨きになります!

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランは”塗装の研磨量を抑えたい”方や”塗装の傷や痛みがひどくないお車!”

また状態にもよりますが新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車、等におすすめのプランになります。

お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く場合もございます。

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。 今回使用いたしましたのはこちらの・・・

PCX-S7です!

こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプの

コーティング剤になります!!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

それとヘッドライトを磨く時はこんな感じです↓

カワイイ(笑)

ちなみにボンネットに見える白い筋状の物はボディ研磨時に出たコンパウンドの粉です。

1台磨くと店内も粉だらけになります(笑)

 

では各部の仕上り具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

今回は軽めの磨きでしたので深めのシミやスクラッチが残っています。

しかし塗装面のクスミと浅めのスクラッチを除去しただけでも色と艶そしてクリヤー感が

全然違います(^_^)/

ルーフも・・・

もっと磨き込めば↑の線キズも除去できると思いますが磨きません!(笑)

トランクも・・・

軽い磨きですがだいぶサッパリとしました。もちろん良く見ればスクラッチやシミが残って

いますけど十分にお綺麗です!

ボディサイドも・・・

シミが消えて綺麗になりましたね!

そしてヘッドライトも・・・

クリヤーになりました(^_^)/

反対側も・・・

中が良く見えます(笑)

そしてDCダークグリーンマイカのダイハツ コペン、ボディコーティングが完成いたしました!

少しクスんでいましたボディもまた艶々になりましたよ~ヽ(^o^)丿

そして今回もヘッドライトクリーニングの効果が出ていると思います!

ヘッドライトが綺麗になるだけでも、お車の印象が大きく異なります。ヘッドライトが白濁していたり

黄ばんでいると車が古く見えてしまいます。

そしてボディです!施工前はボディに光を当てるとキズがギラギラと乱反射して見えていましたが

施工後はスクラッチが減ったことでギラついた感じが無くなりスッキリと艶々にしました。

まだまだ人気物L880型ダイハツ コペンのボディ&ヘッドライトのリフレッシュでした!!

 

最後にコロナウイルスについて。

コロナウイルスの感染拡大が続いていますね(涙)当店では少しでもお客様に安心していただけますよう

お客様対応時にはマスクを着用して応対させていただいております。

また代車も安心してご利用いただけますよう、その都度アルコール消毒をして対応しております。

店内のイスやテーブルもその都度拭いて回っています。

収束の気配はまだまだ感じる事は出来ませんが収束するまで上記の対策は続けていきますので

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ ワゴンRのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ワゴンRのボディコーティングです!

こちらのルナグレーのワゴンRは2年程前に当店でボディコーティングを施工させていただきました

お車になります。

今回は再施工のご依頼を頂きました。ありがとうございますm(__)m

ご購入から10年くらい経つようですが10年の月日の経過を感じさせない状態だと思います!

2年前に一度、塗装面をリセットしましたのでまだまだ艶も感じられお綺麗です。

前回のコーティング時の様子 →  ワゴンR

とは言え2年経過すると少し痛みも出てきます(^_^;)

ではコーティング施工から2年経過いたしましたワゴンRの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

前回は盛大に付いていましたスクラッチですが今回は少ないです(^^)

前回は7年以上経過している状態でしたので当然ですね(^^; 比べてはいけません(笑)

ルーフも・・・

スクラッチが少し増えてきました。

ボディサイドは・・・

ライトが明るくて写真に撮るとわからなくなってしまうのですが、全体的にやはり洗車キズと

思われる浅めのスクラッチが全体に付いていました。

特に・・・

ドアノブ周辺は開閉時に爪などが当たってしまうので深めのキズが付いてしまいます(^^;)

リアは・・・

当店ご入庫前にリアバンパーを修理されたそうで、その時に一緒にリアゲートも

塗装してくれたんだそうです。 そんな事もあってリアゲート全体に磨きキズが残っています(^^;)

少しわかりにくいかもしれませんが光のモヤモヤと見えるのが磨きキズ(オーロラマーク)です。

光を当てると細かな磨きキズに光が乱反射してオーロラのようにユラユラ~、モヤモヤ~と見えるんです。

それと今回はヘッドライトのクリーニングもご依頼を頂いております。

すご~く酷く白濁している訳ではございませんが全体的に白く濁っています(^^;)

ご購入から10年ですからどうしても傷んできます。

反対側も・・・

白く濁っていてライトの中がよく見えませんね(^^;)

 

全体的には2年前に塗装面を一度リセットしていますので10年経過とは思えない状態です(^^)

まだ2年ですのでシミやスクラッチが少なめです。まだ2年ですので再施工がもったいないように

思われる方も多いかもしれませんが逆に、この位の痛みの具合で再施工をしていった方が

少ない研磨量で綺麗になるので結果、塗装被膜の厚みを維持できます。

塗装の厚みは限りあるものですので研磨量は少ない方がいいんです(^_^)/

今回は軽い磨きでのご依頼ですが、はたして軽い磨きでどこまで綺麗になるのか!?

結果はWEBで! じゃなくて後ほど!!

では作業開始~~(^_^)/

 

まずは洗車後に鉄粉等の付着物を除去してまいります。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

少し色的にわかりにくいかもしれませんが黒っぽく点々と確認できると思います。

よ~く見ると結構多いんです(^^;)

リアは・・・

ボンネットに比べると意外と少ないんです。

という事は駐車している場所に鉄粉が舞っているのかも知れません。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりましたね!

リアも更にスッキリです。

そして今度はマスキングをして磨いていきます。

そのポリッシングですが今回は先程も少しお話いたしましたように軽い磨きのベーシックプランでの

ご依頼になります! ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

今回のワゴンRの様に”塗装の傷や痛みがひどくないお車!”や、状態にもよりますが新車ご購入から

1ヶ月以上6ヶ月以内のお車、また施工料金を抑えたい方等おススメのプランになります。

お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く場合もございます。

 

そして今回使用致しましたコーティング剤ですが前回コーティングされた時と同じ低撥水タイプの・・・

PCX-S7です!こちらは「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の

コーティング剤になります。

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

今回は軽めの磨きでしたが、だいぶ綺麗に仕上がってると思います(*^^*)

ベーシックプランは基本的に1度のポリッシュで仕上げます。柔らかい塗装は1回のポリッシング仕上げでも

スクラッチが結構取れます。

ルーフも・・・

スクラッチが残っていますけど浅めのスクラッチが減ったのでだいぶスッキリとしました!

ボディサイドは・・・

こちらもスッキリとしています。

ドアノブ周辺の小傷も・・・

綺麗になっています!!

リアのモヤモヤッとした磨きキズもなくなってライトを当ててもスッキリです(*^_^*)

それとヘッドライトクリーニンです↓

白濁もなくなって綺麗になりました。

反対側も・・・

ヘッドライトがクリヤーになりましたね!ライトの中も良く見えます(笑)

ちなみに・・・

ヘッドライトを磨く時もこんな感じにマスキングします(^_^)/

そしてルナグレーのスズキ ワゴンR、ボディコーティングが完成いたしました!

軽い磨きとは言え浅めのスクラッチやシミ、そしてクスミを除去すれば色に深みが出て

艶々のボディに仕上がりますヽ(^o^)丿 特に今回はヘッドライトも綺麗にしましたので

より一層、お車全体が明るくそして綺麗になりとても10年頑張ってきたお車の色艶には

見えないと思います!

これからも大切にお乗りください!!

 

車に細かな線キズが付いてしまう要因は色々とあります。その一つが洗車時に付くキズです。

洗車キズは名前の通り洗車時に付いてしまうキズです(^_^;)

どうしても洗車すると多かれ少なかれキズは入ってしまいます。しかし少しでも洗車キズを少なくする

為にもポイントがございます。

洗車用のシャンプーを使いそのシャンプーの泡をたっぷりと使って優し~く洗うのがポイントです。

そして洗車後のふき取りも優し~くです!力を入れますとスポンジやセーム皮でも塗装にスクラッチが

無数に入ってしまいます。特にダークカラーはお気を付けください。

ちなみにシャンプーは車用を使ってください。食器洗いの洗剤で洗う方も意外と多いのですが

車専用をお使いください(^_^)/  中に入っている成分が違うんです!

それとスポンジもクロスもある程度使用したら新品に交換してください。

パッと見は綺麗でも非常に細かな砂など付いているものです。 そのまま使用すると塗装面

を傷つけてしまいますのでスポンジやクロスは定期的に交換してください。

また度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法の動画が

ございますので、ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

最後にコロナウイルスについて。

コロナウイルスの感染拡大が続いていますね(涙)当店では少しでもお客様に安心していただけますよう

お客様対応時にはマスクを着用して応対させていただいております。

また代車も安心してご利用いただけますよう、その都度アルコール消毒をして対応しております。

店内のイスやテーブルもその都度拭いて回っています。

収束の気配はまだまだ感じる事は出来ませんが収束するまで上記の対策は続けていきますので

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ミニクーパーSのヘッドライトクリーニングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはミニクーパーSのヘッドライトクリーニングです!

こちらのミニクーパーSは当ブログでコーティングやメンテナンスで度々ご登場してくださっておりますが

今回はヘッドライトクリーニングのご依頼です。

以前はオーナー様のご了承をいただいたお車は基本的に全ての作業をブログで

ご紹介していたのですが、現在はボディコーティングとメンテナンス、そしてルームクリーニングの

3つの作業しか基本的にブログでご紹介していないんです。

全ての作業をブログに書いているとブログが溜りに溜まってしまって(^▽^;)     すいません(汗)

そんな事もあってここ最近は基本的にヘッドライトクリーニングのみやウインドウコーティングのみ作業の時は

ブログでご紹介していませんm(__)m

ただ、“こんな作業もしていますよ~”とたまに宣伝アピールしないとアレですので、今後は少し宣伝アピールして

いこうと思います(^▽^;)

その第一弾としてへ今回はヘッドライトクリーニングです!

とは言え↑の写真を見て頂いても黄ばみや白濁が酷い訳では無いんです。

では何が酷いかと言いますと・・・

ヘッドライト表面の細かなクラックです。

上の写真だとそれ程酷くはない感じですけどライトを点灯すると・・・

表面がチリチリです(;´∀`)

これ取れるかな~”とオーナー様がご相談に来られたのですが・・・

私・・・いゃ~これは厳しいですよ~。 クラックは取れないですよ~(;´∀`)

オーナー様・・・ネットで調べたらクラック取る店もあるみたいよ~

私・・・あぁ~知ってます知ってます! あれどうやってるんですかね??クラック除去やった事無いですよ(汗)

オーナー様・・・クラック取れなくても綺麗になればいいかな~。

私・・・わかりました! やった事ないですけどやってみます! どこまでクラック除去できるかわかりませんが

行けるところまで行きます!!

と、綿密な打ち合わせ&作戦会議、そしてオーナー様の寛大なお言葉にクラック除去を

お引き受けさせていただきました(笑)

今までもヘッドライトクリーニングは何件もお引き受けいたしておりましたが、クラックは

除去できませんとご説明してからお引き受けしておりました。

今回は“その先に”挑みにます!

という事でまずはライトを綺麗に洗ってからマスキングをしていきます。

出目金みたいでかわいいです(笑)

そして磨いていきます。

↑は途中です。

荒削りで白くなっていますけど大丈夫なんです!ここからまだまだ更に磨き込んで透明にしていきます!

その結果・・・

だいぶクラックが除去できましたヽ(^o^)丿

全てのクラックは取れませんでしたが普段は気にならないと思います。

もちろんライトを点けても・・・

チリチリが浮かび上がってきませんよ!

ただ一つ残念なのはヘッドライトの内部が曇っているようで完全にクリヤーな感じになりませんでした。

これはヘッドライトを分解しないとできませんので・・・すいません。

完成です↑

もちろん両側やっています(笑)

今回、オーナー様のご厚意により初めてヘッドライトクリーニングの“その先”のクラック除去に

チャレンジさせていただきました。 今回初めてでしたので色々と考えながら、そして試しながら

作業させていただきました。正直な印象としては思っていた以上クラックが取れた、という印象でした。

もちろん、まだまだ至らない所もあると思いますが今後もクラック除去をチャレンジしていき、

より一層綺麗なヘッドライトを目指していきたいと思います!

 

そしてその心優しいオーナー様からなんと凄い物をいただきました(*‘∀‘)

凄いんですよ。これが!

なんと・・・

当店のミニチュアセットですヽ(^o^)丿

凄くないですか!? 凄いでしょう!!

私、感動しました。

店の外から見た感じも・・・

そのままです!

店内も・・・

雰囲気がそっくりです(*”▽”)

タペストリーの揺らめきもいい感じに再現されています!

階段の下にタイヤが置いてあるのも・・・

同じです! よくご存じで(笑)

個人的に一番驚いたのが・・・

階段の手すりの形状です。

よくご存じで(笑)

細かな所まで素晴らしいです!(^^)!

そして私が一番好きなアングルが・・・

階段上から見た景色です。 もうそのままですよ。

ね!

この階段上からの景色は、お車をお引取りに来られたオーナー様もよく愛車を眺めているポイントでも

あるんです。 写真を撮られていくオーナー様も多いです(*^_^*)

 

今回頂いたミニチュアのカラーズは製作時間は4時間ほどだそうです(驚)   4時間で作れるんですか!!

私もお話を聞いていて自分で作りたくなりましたが・・・(^▽^;)

まずは久しぶりにプラモデルでも作ってみようかしら(笑)

ミニチュアのカラーズは店内に飾ってありますので、是非ご覧になってください。

お待ちしております!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスES300hのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスES300hのボディコーティングです!

こちらは納車の翌日にお越しくださいました新車のレクサスESです!

レクサスESのブラックはメタリックとソリッドの2種類用意されていますが今回ご入庫くださったのは

ソリッドのブラックになります。

メタリックとソリッド、同じブラックでも雰囲気は全然違って見えるから不思議ですね(*^^*)

そんな新車のレクサスESの現状を早速確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

前日に納車されたばかりですが・・・すこし汚れています(^^;

特に今の時期は花粉も飛んでいるのでアッと言う間に汚れがのっかってしまうのはしょうがないんですけど

それよりも洗車の拭き跡が残ってしまっているので、より汚れた感じになっています。

それと実は洗車キズも既に結構付いていました(^^;

ルーフも・・・

樹液でしょうか?? 何やら沢山付いています(^^;

トランクも・・・

なんでしょう?? ポツポツと沢山ついています。

納車前から付いていたのか納車後に付いていたのかは今となってはわかりませんが

ご入庫時はこのような感じでした。

ボディサイドは・・・

クリヤーで塗装自体はとても綺麗なんですが、やはり洗車キズと思われるスクラッチと汚れが

気になります。

それと納車当日にちょっとしたアクシデントがあったそうで・・・

ドアミラーにキズが付いています(^▽^;)

赤い矢印の方は塗装の下までキズが入っているので厳しいですが緑の矢印のキズは磨きで

何とかなりそうな感じです。

ホイールは・・・

お綺麗ですね!

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますのでホイールコーティングをしてまいります!

余談ですがこのホイールはノイズリダクションアルミホイールと言ってロードノイズを大幅に低減する

ホイールなんだそうです。最近のレクサス車に多く採用されているみたいです。

ノイズリダクションアルミホイールと聞いただけで何だかワクワク&興味深々なのは私だけではないはずです(笑)

 

前日納車の新車なんですがソリッドブラックという事もあって洗車キズが散見されます(^^;

また全体的に洗車時の拭き上げの跡が残ってしまっている状態でした。

その為にソリッドブラックらしい真っ黒さが少し損なわれている感じです。

そしてトランクの写真で見ていただいた謎の付着物(^^; なんでしょう??

何かはわかりませんが見たところ塗装にダメージを及ぼすような物でもなさそうですので

安心して下さい(笑)

納車翌日ですが現状新車にしては少しアレですので(^^;)ここはひとつビシッ!と新車以上に

仕上げてまいりましょう!

では作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいりましょう。

ここはひとつビシッ!と言いながらアレですが現状の写真を撮るのを忘れていたようです(^▽^;)

すいません。

現状は油分の付着も少なかったです。

運転席と助手席は元々撥水ガラスですのでそれ以外のウインドウをコーティングしていきます。

今回はサンルーフも付いていますのでサンルーフもコーティングしていきます。

コーティングができましたら最後に撥水チェックして・・・

完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車をしてその後に鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

毎度の事ですけど黒い車は写真ですと全然わかりません(;´∀`)

全体的に鉄粉も少なくて今回は軽めにおこないました。

そしてマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回は少しスクラッチ等が気になりましたので少し多めに磨いています(*^^*)

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!

ここまでがコーティングをする為の下準備になります。当店では新車でもこれ位してからコーティングを

していきます(^_^)/

そして今回使用致しましたコーティング剤は・・・

最近ご指名が増えてきましたカービューティープロの最上級コーティング剤“EXE evo1″です

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

それと今回はヘッドライトコーティングも行なっています!

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

綺麗になりましたね! ↑の写真だとライトが少しモヤけているように映っていますけど

実際はビシッ!と綺麗にライトが映り込でいます。

ルーフも・・・

綺麗になりましたよ~。 黒い車は綺麗にすると光っちゃって写真が難しいっス(^^;

そしてトランクの例のアレですが・・・

スッキリと綺麗に仕上がっています。

ボディサイドも・・・

スッキリと綺麗になっています!

そしてアクシデントに見舞われた不運のドアミラ-は・・・

赤い矢印の縦方向のキズは深いので完全には除去できませんでした。

緑色の矢印の横方向のキズは幸い浅かったので綺麗に除去できています。

↑の写真だと少し目立ちますが実際はここまで目立たないです。

オーナー様に確認してもらったところ“だいぶ目立たなくなりましたね!これならいいかも!”と

お喜びになられておりましたヽ(^o^)丿

そして最後にホイールです。 いゃ、ノイズリダクションアルミホイールです(笑)

ホイールコーティングでピカピカです!

それにしてもノイズリダクションアルミホイールの効果を検証してみたいですね~(笑)

そしてブラックのレクサスES300h、新車コーティングが完成いたしました!

ビシッ!っと新車以上の新車に仕上がっております!

黒に深みが出て更にツヤツヤです(^_-)-☆

オーナー様も『いゃ~やっぱり違いますね~!』と、とてもお喜びになられておりました!

納車時も綺麗は綺麗だったんだけど、よく見るとなんか少し・・・という状態だったそうです。

という事はやはりトランク等に付いていた例のアレは納車前から付いていたのかもしれませんね(^^;

ですので新車でも下地作りがとても大切なんです!

新車=綺麗だと思ってはいけません! 実は色々ある新車が多いのが実情ですので新車も専門店の

カービューティープロ カラーズにお任せください(^_^)/     宣伝でした~(笑)

 

最後にお知らせです。

コロナウイルスの感染拡大が続いていますね(涙)当店でも少しでもお客様に安心していただけますよう

お客様対応時にはマスクを着用して応対させていただいております。

また代車も安心してご利用いただけますよう、その都度アルコール消毒をして対応しております。

店内のイスやテーブルもその都度拭いて回っています(笑)

コロナウイルス自体まだまだ謎が多く情報も錯乱気味です(T_T)

トイレットペーパーも無いですし・・・(汗)

収束の気配はまだまだ感じる事は出来ませんが収束するまで上記の対策は続けていきますので

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。