トヨタ マークXにコーティング再施工のご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ マークXのボディコーティングです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ マークXは

2018年の10月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

それから早5年が過ぎ、今回はコーティング再施工のご依頼を頂きました。

その間にも定期的にメンテナンスにお越し頂いており、お車は5年半の時間の経過を

感じない良好な状態ではございました。

それでもシミやスクラッチも増えてきましたので今回はコーティング再施工でございます!

ではコーティング施工から5年を経過しましたトヨタ マークXの現状確認を始めて参りましょう!

まずはボンネットです。

ご入庫時は雨でした(^^;

濡れていると現状がわかりにくいので洗車後に撮影しましたのが・・・

こちらです。

細かなシミは確認できますがスクラッチが少なくお綺麗でした!

ルーフは・・・

ボンネットよりも大きめのシミが多く付いていて痛みが少し進んでいるようです。

ただクスミはほぼ無いようで、まだまだクリヤーでございます。

トランクは・・・

こちらはボンネットと同じような小さめのシミが多かったです。

ボディサイドは・・・

シミもスクラッチもとても少なく、まだまだお綺麗でした(^_^)/

ホイールは・・・

ピカピカのホイールなので汚れが目立ちませんが少し汚れていました。

でもピカピカです(笑)

 

コーティング施工から5年以上経過しましたので痛みは進んでいますけど

その痛み自体は全体的に軽めで5年経過とは思えない程の状態の良さでした!

とは言えボンネット等の水平面のシミも増えてきましたので、

その辺りを含めボディ全体をリフレッシュしていきたいと思います(^_^)/

 

その前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ウインドウコーティングよりご紹介して参りましょう。

まずは現状です。

こちらは1年半ほど前に再施工しております。

撥水力が少し落ちていましたが、まだ“撥水している”と言っても良い??状態でした(笑)

運転席と助手席は元々が撥水ガラスですので、それ以外をコーティングしていきます。

撥水ガラスも時間の経過と共に撥水力が落ちていたり、シミ(ウロコ)が酷い場合は

再施工をおすすめいたしますが、今回はまだまだ問題ない状態でしたので現状維持です!

コーティングが済みましたら最後に撥水チェックをして・・・

コロコロの水玉撥水の完成です。

 

続いてはボデイです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

前回の鉄粉処理から約1半年分の鉄粉量になります。

そう考えますと少ないのではないでしょうか。

リアも・・・

ポツポツと確認は出来ますけど少ないと思います。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリとしました。

 

その後にボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です。

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それと今回は・・・

ヘッドライトコーティングと・・・

ピラーの樹脂コーティングも行っております。

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

シミもサッパリとして透明感と艶感が向上いたしました!

ルーフも・・・

深いシミの輪郭や線キズは残ってしまいますがスッキリとクリヤーに仕上がりました!

トランクも・・・

スッキリとクリヤーになりました。

綺麗でしたボディサイドも・・・

磨くと透明度が更に増してライトの映り込みがクッキリとしました(^_^)/

最後にホイールです。

綺麗にすると更にピカピカになります(笑)

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ マークX、ボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました!

元々とてもお綺麗に乗られておりましたが経年による塗装の痛みもあり、

ボディから艶と透明感が少しばかり失われておりました。

その痛みをポリッシングで除去して塗装表面を整えますと新車にも負けない艶と

透明感に仕上がります。

お引き取りに来られましたオーナー様にも『スゲ~!やっぱり違う。違いますよ~!』と、

とてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

何時までも大切にお乗りください(^_^)/

 

コーティング再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に

各車バラバラなんですが、ホワイトやシルバ-等のライト系カラーで3年~5年でしょうか。

黒等のダーク系カラーで2年~3年位でしょうか。

とは言え、あくまでも目安です(^^;

車の痛みの進行は駐車場の環境やお手入れ具合等で本当に各車バラバラです。

保管状況やお手入れが良ければもっと長くても問題ないお車もございますし

逆に厳しい環境でお車をご利用されている場合はもっと早いタイミングでの再施工が良いと思います。

一つ言えるのは痛みが酷くなる前、比較的綺麗なうちに再施工するのがおすすめです。

あまりに酷くなると磨いても除去出来ないシミやキズが多くなってしまいますのでお気を付けください。

再施工の時期の判断でお悩みでしたら当店にお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

セラミックホワイトのスバル レヴォーグSTIスポーツです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル レヴォーグSTIスポーツのボディコーティングです。

セラミックホワイトの新型レヴォーグSTI Sport です。

こちらは納車間もない新車になります!

昨年の秋にマイナーチェンジしました最新のアプライドD型モデルになります!

見た目の変更は無いようですがアイサイトXやインフォテインメントシステムの機能向上、

STI Sport系ではブラック系の内装が選べるようになったりグレード展開変更等、多岐にわたる様です。

ちなみに今回のセラミックホワイトは2021年の年次改良時に追加されたホワイトで

現在ではホワイト系はパールホワイトの設定は無く、こちらのセラミックホワイトのみの様です。

とっても綺麗なソリッドのホワイトになります!

パールホワイトとソリッドホワイトでは同じホワイトでも車の雰囲気が結構違って見えるので不思議です(^.^)

そんな新車レヴォーグの現状を確認していきますと・・・

若干塗装面に曇りがあるようです。

ルーフも・・・

ボンネットよりもクリヤーですね!

ボディサイドも・・・

曇りも僅かですが、もう少しスッキリとクリヤーになる・・・

と思います(笑)

リアは・・・

今回、1番曇りがわかりやすいポイントです(^▽^;)

ホイールは・・・

汚れも少なくお綺麗です。

こちらはスタッドレス用のホイールに履き替えられていました。

 

それとウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので現状確認&作業を見ていきましょう。

↓は現状です。

油分の付着も少ない様です。

油分の付着が少なくても鉄粉処理→研磨→脱脂→その後にコーティング塗布の

順番で作業を進めていきます。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

点々と見えているのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

少ないですね!

リアも・・・

鉄粉が少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

前も後ろも・・・

更にスッキリと綺麗になっております。

 

鉄粉除去が済みましたら次にボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

PCX-S9です。

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回はヘッドライトコーティングも行っております。

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってスッキリとしました(^_^)/

ルーフも・・・

サッパリとして綺麗です!

ボディサイドも・・・

元々曇りも僅かでクリヤーでございましたが磨くと更にスッキリと綺麗になります(^_^)/

それと今回の一番違いがわかりやすいリアです↓

ボヤっとした曇りが取れてスッキリとライトが映り込むようになりました!

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

 

そしてセラミックホワイトの新型レヴォーグSTI Sport、新車コーティングが完成いたしました。

クリヤー感が向上して艶々のセラミックホワイトに仕上がりました!

新車のソリッドホワイトですので、上の引きの写真だと違いがわからないかも知れませんが、

各部の仕上がり写真で見て頂いたように曇りも取れて透明感・艶、共に向上しております。

不思議と塗装の曇りが無くなるとお車全体の印象もスッキリとクリヤーでキリッとした

佇まいになります(^_-)-☆

オーナー様も『納車時も綺麗と思ったけど、やっぱり違いますね~!』と、

その違いをご実感されておりました!

ありがとうございました。

 

新車でも実は色々とあるのが新車なんです(^^; 白ボケしていたりスクラッチが盛大に

入っていたり、はたまた保護シートの糊が残っていたり加修の痕跡が残っていたりと様々です。

これらの症状は全然珍しい事ではありません。

なので新車をコーティングするには新車も下地作りが重要です!

どんなに良いコーティング剤を使っても下地が曇ったり傷んだりしている塗装面に

コーティング剤を塗っただけでは綺麗には仕上がりません!

新車も経年車もお車を綺麗にするには磨きが重要なんです。

新車なのに磨きが必要??ではなく新車でも磨きが必要なんです。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ!!

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

新型N-BOXカスタムのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ N-BOXカスタムのボディコーティングです。

メテオロイドグレーメタリックの新型N-BOXカスタムです!

こちらは納車間もない新車でございます。

新型N-BOXは当店初入庫になります(*’▽’)

みんな大好きN-BOXがフルモデルチェンジしました。

日本で一番売れている自動車なので気になっている方も多いのではないでしょうか。

先代のN-BOXよりもスッキリとしたスタイリングで洗練された印象です。

室内も水平基調で高さも低く抑えられていて視界も広いです!

なんでもインテリアデザインは古民家の囲炉裏をヒントにしているそうです。

そんなスッキリとシンプルなスタイリングに生まれ変わりました新型N-BOXカスタムの

現状確認より始めて参りましょう

まずはボンネットです。

ご入庫時は少し汚れ気味でしたので写真は洗車後に撮影したものになります。

塗装面が少しモヤっと曇っていました。

ルーフも・・・

少し曇り気味です(^^;

ボディサイドも・・・

やはり曇り気味です。

という事はリアも・・・

もちろん曇り気味です(^^;

ホイールは・・・

若干汚れ気味です。(ホイールは洗車前です)

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いております。

それとウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウの

現状と作業の方から見ていきましょう。

↓は現状です。

油分の付着も少ない様です。

油分の付着が少なくても鉄粉処理→研磨→脱脂→その後にコーティング塗布の

順番で作業を進めていきます。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

点々と見えているのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

少ないですね!

リアも・・・

反応が流れ気味ですけど鉄粉が少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

前も後ろも・・・

綺麗になっております。

 

鉄粉除去が済みましたら次にボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

PCX-S9です。

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回はヘッドライトコーティングも行っております。

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってスッキリとしました(^_^)/

ルーフも・・・

サッパリとして綺麗です!

ボデイサイドも・・・

スッキリとクリヤーになりました。

リアも・・・

ライトの映り込みが綺麗になりました。

そしてホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティングです!

ホイールコーティングは艶感が向上するだけではなく汚れの固着も低減されますので

お手入れが楽になります。

 

そしてメテオロイドグレーメタリックの新型N-BOXカスタム、新車コーティングが完成いたしました。

クリヤー感が向上して綺麗に仕上がりました!

全体的に塗装面の曇っている状態でしたが各部の仕上がりの写真で見て頂いたように

モヤッとした曇りが無くなり、キリッとシャープに景色が映り込むクリヤーで

艶々ボディに仕上がっています!

いゃ、ツヤッツヤに仕上がっています(笑)

新車ですので元々艶々ではあるのですが、その新車を更にツヤッツヤの新車に仕上げるには

コーティング前の下地作りが大切です。

今回のN-BOXカスタムも少し曇り気味の塗装でしたが、新車を新車以上に輝かせるにはキチンとした

下地作りが必要です。新車でも新車特有の曇り(白ボケ)が酷い車やシミやキズが入っている車、

また鉄粉が多く付いている車も実は多いです。ただ単にコーティング剤を塗るだけでは塗装本来の

輝きは出ませんしコーティング剤の効果も十分に発揮いたしません。

ですので新車を新車以上のツヤッツヤのボディに仕上げるには下地作りをちゃんと行っている

コーティングの専門店がお薦めです。

新車も経年車もカーコーティング専門店の『カービューティープロ カラーズ』へ

是非お任せください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

ホワイトパールクリスタルシャインのプラドです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ランドクルーザープラドのボディコーティングです。

ホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ランドクルーザープラドです!

こちらは納車間もない新車でございます(*’▽’)

ホワイトパールのプラドは当店初入庫です。

今まで当店にお越しくださったプラドは何故か黒が圧倒的に多かったのですが

ブラックのプラドに比べるとパールホワイトは威圧感が減って、お車の印象がだいぶ変わります。

とは言え車自体は大きくて背が高いので迫力は健在です!

今回のプラドはグリルやホイール、フォグランプベゼル等がマットブラックのパーツを纏った

特別仕様車“Matt Black Edition”という事もあり更に迫力あるスタイリングとなっております!

そんな新車ランドクルーザープラドの現状を確認していきますと・・・

若干ですが塗装が曇っているようです。それと所々にシミが散見されました。

ルーフも・・・

若干汚れもありますけどボンネット程は曇っていませんでした。

ボディサイドも・・・

少しだけ曇っていますけど、言われれば曇っているかなぁ~??程度の軽い曇りでした。

リアも・・・

軽い曇りでした。

ホイールは・・・

こちらも軽めの汚れでした。

 

ご入庫時は少し汚れていましたが新車ですので基本的にとてもお綺麗です!

しかし、よくよく観察しますと僅かな曇りが有るのも事実です。

ボンネット以外は言われなければ気にならない(言われても気にならないかも??)程度の

僅かな曇りです。だからと言って洗車をしてそのままコーティング剤を塗るような事はしません!

コーティング前にボディを磨いて塗装表面を整えれば更に透明感が向上してクリヤーで

艶々なボディに仕上がります。

そんな艶々なクリヤーボディに向けて作業開始~~(^_^)/

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

あれっ?? 鉄粉が多いですね(汗)

納車から日が浅いのですが鉄粉が多めでした(^^;

リアは・・・

反応が少なかったです。

ルーフも鉄粉が多かったので、お車を止めている場所が線路の近くや大きな道路の近くなど、

鉄粉が多く舞っている場所なのかも知れません。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェック致します。

サッパリと綺麗になりました。

リアは・・・

元々少ないので変り映えしませんけど(汗)それでも処理が済んでおります。

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回はヘッドライトコーティングも行っております。

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

シミもスッキリと処理出来ております!

ルーフも・・・

綺麗に仕上がっております。

ボディサイドも・・・

曇りが取れてクリヤー感が向上しております。

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました。

ホイールは・・・

コーティングのご依頼を頂きましたのでホイール専用コーティング剤PCW-880で

コーティングです!

マッドブラックのホイールはコーティングをしますと若干艶が出てしまいます。

艶が出ると言うよりも黒が“濃く”なるといった方が近い感じでしょうか。

ただ、それほど大きく印象が異なってしまう事もないかと思います。

 

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ランドクルーザープラドの

新車コーティングが完成いたしました。

いかがでございましょうか。 艶々に仕上がりました!

ただ正直、パールホワイトの新車ですので↑の引きの写真だと違いがわからないかも知れませんけど(汗)

各部の仕上がり写真で見て頂いたように曇りも取れ透明感・艶、共に向上しております。

今回のプラドは塗装の曇りも僅かで比較的クリヤーで綺麗な塗装でしたが、

塗装の曇りの影響は意外と大きくて、酷ければ酷いほど艶や光沢感が失われます。

そこを修正してからコーティングを掛けますと新車以上のコンディションに

仕上がります!

車は納車直後の新車が一番綺麗だと思わている方が多いのですが、

実は残念ながらそうでもないんです(^^;

新車でも塗装面が曇っている車は非常に多いんです。

また曇っているだけではなくシミやスクラッチも付いているものなんです。

という事は磨かないでコーティング剤を塗るだけですと、もちろん曇ったままですので

コーティング後も曇ったままのスッキリしない仕上がりです(;´∀`)

もちろん曇りだけではなくシミやスクラッチも残ったままです。

当店は新車でも磨きなどで不具合箇所を修正し、下地を整えてからコーティングをしています。

ですので経年車はもちろん、新車や新古車等のコーティングもカーコーティング専門店の

カービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店ご利用頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

 

トヨタノアHVのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ノアのボディコーティングです。

ホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ 新型ノアHVです!

納車間もない新車でございます(*’▽’)

迫力のある顔つきのノアですがこちらはモデリスタのフルエアロが

装着されていて迫力が倍増しています!

更にフロントグリルもモデリスタのグリルに交換されているようで更に倍の迫力です(*’▽’)

ノアに限らずですけどトヨタ車はモデリスタの装着率がかなり高い気がします。

当店にご入庫されるトヨタ車もモデリスタ率高いです!

確かにカッコイイので納得です(*^_^*)

そんな迫力倍増!更に倍の迫力を醸し出している新車のノアの現状を確認していきますと・・・

若干の汚れの影響もございますが、少し曇りがあるようです。

ルーフは・・・

ボンネットよりはクリヤーでした。

ボディサイドも・・・

少しライトの映り込みがモヤけている様です。

それとリアフェンダーには・・・

何か塗装を修正したようで磨きキズが残っていました。

リアは・・・

曇りも無いようでクリヤーでございました。

ホイールは・・・

若干の汚れ気味でした。

それと今回はボディコーティングに加えてウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ボディのご紹介の前にウインドウコーティングの現状確認&作業を見ていきましょう!

↓は現状です。

汚れはありますが油分の付着は少ない様です。

油分の付着は無くてもしっかりと下地を整えます。 (油以外の汚れや鉄粉等の付着物もありますので)

その後にウインドウコーティング剤PGS-33でコーティングをして・・・

最後に撥水チェックをしましたらウインドウコーティングが完成です!

 

続いてボディの方の作業を見ていきましょう。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ボンネットは鉄粉が付いているには付いていますけど、それ程多くはないんです。

しかし何故かルーフは・・・

鉄粉が多いんです(^▽^;)

しかも大きめの粒の鉄粉が付いていました。

何故ルーフだけなのでしょ?? 不思議です。

リアは・・・

少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと除去出来ました。

ルーフも・・・

綺麗になりました。

リアも・・・

更に綺麗になっております。

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に軽い曇りでしたので軽い磨きで曇りも除去して塗装表面をクリヤーに

仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です。

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回は・・・

ヘッドライトコーティングも行っております。

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りが無くなり更にスッキリとしました。

ルーフも・・・

元々お綺麗ではありましたが磨くとより透明感が増します!

ボディサイドも・・・

モヤッとした曇りが無くなって綺麗にライトが映り込むようになりました。

リアフェンダーに付いていた磨きキズも・・・

綺麗に処理出来ております!

リアも・・・

磨くと透明感が向上します(^_^)/

ホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

ホイールコーティングはブレーキダストのこびり付きが低減しますので

ホイールを洗うのが楽になります。

 

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ 新型ノアHV、新車コーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました~(^_^)/

ただ毎度の事なのですが正直、新車のパールホワイトですので↑の引きの写真ですと

違いがわからないかも知れません(^▽^;)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにモヤッとした曇りが無くなり、

キリッとシャープに景色が映り込むクリヤーで艶々ボディに仕上がっています!

お引き取りに来られたオーナー様も『わぁ!スゲェ~~!!』と、

その違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

この『わぁ!スゲェ~~!!』を感じて頂くには新車でも“磨き”を含めた下地作りが必要です。

新車と言うとキズ一つない最高状態と思われるかも知れませんが残念ながら実はそうでもないんです(汗)

塗装が曇っていたり鉄粉が沢山付いていたり・・・(^▽^;)

なので下地作りがとても重要で塗装表面を整えてからコーティング剤を塗るのが大切なポイントです。

そして仕上げにコーティングです!

そのコーティング剤ですが最近、低撥水系のPCX-S9のご用命&使用率がとても高いです。

以前にPCX-S9を施工いたしました車両の経過を観察していますが、

やはり水玉撥水系のコーティング剤よりも全体的にシミが少ない印象です。

ただ水玉撥水系よりも撥水力の耐久性は少し落ちる感じです。

(撥水力が無くなったからと言ってコーティング被膜が落ちた訳ではございません)

水玉撥水は“弾いてる”感が気持ち良いのですが、シミが付きやすいのが難点です(^^;

ひと昔前はコーティングと言うと水玉撥水が圧倒的な人気だったイメージですが、

シミの事もあって最近は低撥水系のコーティング剤が人気です。

水玉撥水の気持ち良さよりもシミ付着低減を重視されるお客様におすすめでございます!

シミが気になる方は是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

プラチナホワイトパールのシビックe:HEVです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ シビックe:HEVのボディコーティングです。

こちらはのプラチナホワイトパールのシビックe:HEVは納車間もない新車でございます!

シビック人気ありますね~(*’▽’)

2021年に発売された現行型のシビックは発売当初は1.5リッターのターボのみでしたが

2022年の夏にハイブリッドモデルのe:HEVが追加されました。

今ではタイプRを含めて3つのバリエーションから選べるようになりました。

エンジンの個性は3つとも別々と思いきや、すべて“スポーツ”を感じさせるところが面白い所です。

なんでもハイブリッドの開発のコンセプトは「爽快スポーツe:HEV」なのだそうですから!

これからはスポーツカーもハイブリッドの時代ですね(^_^)/

そんなスポーツの香り漂う新車シビックを確認していきますと・・・

塗装面がだいぶ曇っております(汗)

ルーフも・・・

なかなかの曇りっぷりです(^^;

ボディサイドも・・・

スッキリとしていません。

リアも・・・

曇りの影響でライトの映り込みがボヤっとしています。

ホイールは・・・

かっこいいモデューロのホイールに交換されていました。

このホイールは先代シビックに設定されていたホイールなんだそうです!

 

毎回のように新車のホンダ車の時にお話しているように思いますが(汗)ホンダ車は

塗装面の曇りが“濃い”車が多い印象です。

今回のシビックも全体的に塗装の曇りが少し“濃い”感じでした(^^;

ですので新車でもコーティング前にはしっかりとした下地処理(磨き)が必要なんです。

では曇りをスッキリと除去してコーティングしていきましょう!!

作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

結構多めでした(^^;

リアは・・・

とっても少なかったです!

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリと綺麗になりました。

リアも・・・

スッキリと処理出来ました。

元々少なかったんですけど(^▽^;)

 

鉄粉処理が済みましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は少し曇りが“濃い”ので、やや強めの磨きで曇りを除去しました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

水玉撥水が気持ちい~~・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それと・・・

樹脂コーティングやヘッドライトコーティングも行っています!

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りが無くなってスッキリとしました(^_^)/

ルーフも・・・

サッパリとして気持ちイイですね!

ボディサイドも・・・

クリヤーになりました。

リアも・・・

ライトがスッキリと映り込むようになりました。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げております。

そしてプラチナホワイトパールのシビックe:HEVの新車コーティングが完成いたしました。

曇りも無くなってスッキリとクリヤーに仕上がりました!

と、言っても施工前の写真と少し写真の色合いが違う&新車のパールホワイトなので

写真だとあまり違いがわからないかもしれません(^▽^;)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたように塗装の曇りが無くなって

クリヤーで透明感を感じて頂けるようになっております。

オーナー様も『いいっすね~。違います!!』と、施工前後の違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車、また鉄粉が多く付いている

お車も実は多いです。

下地を整えない(曇りやシミ・スクラッチを処理しない)でコーティング剤を塗ってしまえば

もちろん曇ったままなんです(汗)

でも正直そのままコーティングをしてしまうディーラーさんが多いのが実情です。

もちろん中にはしっかり磨いている所もございます!

特にディーラーさんやGS系でコーティングを考えている方は事前に磨きをしているのか

確認した方が良いかと思います。

同じコーティングでも下地を整えないのもコーティングですし、整えるのもコーティングです。

しかし同じコーティングでも仕上がりが違ってきますのでご注意下さい!!

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズでどうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ バレーノのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ バレーノのボディコーティングです。

H28年式プレミアムシルバ-のスズキ バレーノです!

日本では2016年より発売されたスズキのコンパクトカーです。

コンパクトカーとは言え車幅は1745mmと日本では3ナンバー登録のお車です。

ご存じの方も多いかと思いますがバレーノはインドのマルチスズキで生産される

輸入車になります。

インドではトヨタにOEM供給されていてグランツァの名前で販売されています。

またアフリカ向けモデルとしてトヨタ スターレットの名前で販売されているようです(*‘∀‘)

 

では初期登録から7年経過しましたスズキ バレーノの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットです。

シミは意外と少なめではあるのですがスクラッチが凄いです。

↓もボンネットですが・・・

凄いんです。

これは洗車キズ等のスクラッチもあるのですが、どうやらバフ目と言われる磨きキズの様です。

所々かなり深いです(^^;

ルーフも・・・

こちらは磨きキズではなくて洗車キズの様です。

ボンネットに比べてシミも多かったです。

ボディサイドは・・・

だいぶクスミが進んでいてライトも映り込みがモヤっとしていました。

リアも・・・

クスミが進んでいる様です。

ホイールは・・・

少し汚れていました。

 

オーナー様は最近こちらのバレーノを見つけてご購入されたそうです。

一度綺麗にリフレッシュしたいとの事で今回は色々と盛りだくさんのご依頼を頂いております。

ありがとうございます。

っという事で、まずはウインドウコーティングから作業を見ていきましょう。

現状は・・・

綺麗に水を弾いていました!

おそらくですけど納車前の撥水シャンプー洗車ではないかと思います。

納車仕上げ時の撥水は簡易的な物ですので直ぐに落ちてしまいます。

その簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットをしてから、

ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをして完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

それなりに反応していますけど特別多い訳では無かったです。

寧ろ年式を考えると少ないのではないでしょうか。

リアも・・・

少なめでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも・・・

綺麗になりました!

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

ポリッシングが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です。

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S9

 

それと今回はヘッドライトのクリーニングのご依頼も頂いております。

初期登録から7年経過していますので・・・

黄ばみが進んで来たようです。

もの凄く酷い訳ではないのですがライト上面が痛んできました。

反対側も・・・

写真ですとあまり黄ばみが気になりませんね(^^;

近くで見るとこんな感じです。

 

そしてアフターです。

クリヤーになってスッキリです。

白く曇って見えるのはヘッドライトの内側の曇りです。

反対側も・・・

サッパリとしました。

ヘッドライトがクリヤーになると、お車全体の印象も大きく異なってきます!

更に・・・

未塗装部の樹脂も白化が進んで来たようなので・・・

樹脂コーティングしました!

樹脂コーティングはその経年劣化によって白く色褪せした部分を黒く艶やかな状態にして、

その状態を長期間保ってくれます。

(劣化が激しい場合や材質によってはあまり黒くならず短期間で元に戻ってしまう場合もございます)

 

更に更にエンジンルームクリーニングのご依頼も頂いております。

確認しますと・・・

販売店で販売前の“商品化”の為ににクリーニングされているようで、

汚れも少なかったです!

アフターです。

更に綺麗になっています(笑)

写真だとあまり違いがわからないのですが樹脂やゴム部品が黒くなって

“なんか新車みたい”とオーナー様もお喜びになられていました(^_^)/

 

それではボディの仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

磨きキズも無くなってスッキリとクリヤーになりました!

かなり深いバフ目は残っていますけど普段は見えないと思います。

ルーフも・・・

シミも無くなり綺麗になりました。

クスミの凄かったボディサイドも・・・

透明感を取り戻しました。

リアも・・・

ライトが綺麗に映り込むようになりました。

ホイールも・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティングです。

艶々です。

そしてプレミアムシルバ-のスズキ バレーノのボディコーティング&その他諸々が

完成しました。

艶々に仕上がりました!

シミやキズ、そしてクスミの影響で艶が引けておりましたが、

その塗装面の痛みを磨いて処理をしてからコーティングを掛けますと、

色の深みと艶を取り戻します(^_-)-☆

その艶感は新車にも負けていますと思います!

オーナー様から『わぁ~綺麗~~!ここのお店に頼んで良かったと!! 』っと、

嬉しいお言葉を頂きました(*^_^*)

ありがとうございました。

 

誤解を恐れずに言ってしまうとコーティングを塗っても車は綺麗になりません!

車を綺麗にするのは“磨き”です。

いくらどんなに良い高価なコーティング剤を使っても下地がスクラッチだらけだったり

シミだらけだったり、また曇ったり傷んだりしている塗装面にコーティング剤を塗っただけでは

綺麗には仕上がりません! 塗装面はそのままです(;´∀`)

下地を整えてからコーティングしないと、何となく艶は出るけど、ただそれだけです(汗)

ですので下地が重要なんです!

一言でコーティングと言いましても洗車してコーティング剤を塗るだけの作業もコーティングですし、

幾つもの工程を経て下地を整え、そしてコーティング剤を塗るのもコーティングです。

同じコーティングでも、もちろん仕上がりは全然違います!

カーコーティング専門店のボディコーティングはコーティング剤を塗るのが目的ではなく、

車を綺麗にするのが目的です!

綺麗になったボディにコーティング剤を塗る。これが本来のコーティング剤の使い方です。

ですのでカーコーティングはカーコーティング専門店にお任せください!

ちなみにですがカービューティープロ カラーズはカーコーティング専門店らしいです(笑)

皆様のご来店お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル フォレスターSTI Sportです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル フォレスターのボディコーティングです。

クリスタルホワイトパールのスバル フォレスターSTI Sportです!

こちらは納車間もない新車でございます。

フォレスターのターボモデルである“ Sport”をスバルのモータースポーツ部門の

スバルテクニカインターナショナル(STI)が走りと質感に磨きをかけたグレードです。

STIが足回りをチューニングしたと聞くとガチガチの乗り心地になりそうなイメージですけど

実際はしっとりとしなやかで快適に仕上がっているそうです(*”▽”)

インテリアもブラックとボルドーのツートン仕上げとなっており、

他のグレードとは違う雰囲気を醸し出しております!

そんな走りと質感に磨きを掛けましたフォレスターSTI Sportの現状を確認していきますと・・・

若干汚れの影響もあってモヤっとしたライトの映り込みになっていますけど

塗装自体は曇りも少ないです。

ルーフも・・・

汚れは別としてボンネットよりも多少曇りがあるようです。

ボディサイドは・・

曇りがあるようでライトの映り込みがスッキリとしません(^^;

リアも・・・

これだけ見れば十分にクリヤーですけど磨くと更にクリヤーになります!

ホイールは・・・

少し汚れ気味でした。

今回はホイールコーティングのご依頼を頂いておりますので後ほどご紹介いたします。

その前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウの

現状を確認していきますと・・・

納車前洗車時の撥水シャンプーでしょうか?? でしょうね(笑)

水を弾いていました。

その撥水も簡易的な物ですので直ぐに落ちてしまいます(^^;

その簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをして完成です!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

納車から間もないのですが鉄粉が少し多めでした。

リアは・・・

少ないです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

スッキリと処理出来ております。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをします。

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしております。

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

サッパリとしました!

ルーフも・・・

スッキリと綺麗になりました(^_^)/

少々曇り気味でしたボディサイドも・・・

モヤッとした曇りが取れてライトが綺麗に映り込むようになりました。

リアも・・・

元々クリヤーな肌でしたけど磨くと更に透明度が増します!

ホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティングです。

艶々です。

 

そしてクリスタルホワイトパールのスバル フォレスターSTI Sport、

新車コーティングが完成いたしました。

綺麗に仕上がりました!

正直、新車のパールホワイトですので↑の引きの写真ですと違いがわからないかも知れません(^▽^;)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにモヤッとした曇りが無くなり、

キリッとシャープに景色が映り込むクリヤーで艶々ボディに仕上がっています!

この新車以上のクリヤー感や艶感向上には“磨き”が必要です。

磨きで塗装表面を整えてからコーティング剤を塗るのが大切なポイントです。

そして仕上げにコーティングです!

そのコーティング剤ですが最近、低撥水系のPCX-S9のご用命&使用率がとても高いです。

PCX-S9は発売から約2年程の比較的新しいコーティング剤です。

以前にPCX-S9を施工いたしました車両の経過を観察していますが、

やはり水玉撥水系のコーティング剤よりも全体的にシミが少ない印象です。

ただ水玉撥水系よりも撥水力の耐久性は少し落ちる感じです。

(撥水力が無くなったからと言ってコーティング被膜が落ちた訳ではございません)

水玉撥水は“弾いてる”感が気持ち良いのですが、シミが付きやすいのが難点です(^^;

ひと昔前はコーティングと言うと水玉撥水が圧倒的な人気だったイメージですが、

シミの事もあって最近は低撥水系のコーティング剤が人気です。

水玉撥水の気持ち良さよりもシミ付着低減を重視されるお客様におすすめでございます!

シミが気になる方は是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバル レヴォーグSTI Sport♯のご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル レヴォーグのボディコーティングです。

オフショアブルー・メタリックのレヴォーグSTI Sport♯です!

こちらは納車間もない新車でございます!

レヴォーグSTI Sport♯はレヴォーグSTI Sport R EXをベースとした500台限定の

特別仕様車で今年の東京オートサロン2023会場で公開され1月26日~5月12日の期間、

注文を受け付ける予定だったそうですが1月26日に即完売となった人気車種です!

もの凄い倍率だったそうです(^▽^;)

その、もの凄い倍率を勝ち抜いたオーナー様も、これまた凄いです!

そんなレアな人気車種でありますレヴォーグSTI Sport♯の現状を確認していきますと・・・

シミが多いんです(^▽^;)

ルーフも・・・

シミが多めです(汗)

ボディサイドは・・・

シミは少ないのですが、よく見ると洗車キズと思われるスクラッチが多いんです(^^;

リアも・・・

シミが多めです。

ホイールは・・・

純正のホイールではなく以前のお車に使用していたホイールに付け替えています。

と言いますのも今回は純正ホイールの裏側もコーティングをしたいとの事で

純正ホイールを外してお越しくださいました。

ありがとうございますm(__)m

そちらのホイールは後ほど!

 

その前にボディコーティングの作業を見ていきましょう。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

よく見ますと細かな反応も見えますが全体的にとても少なかったです。

リアも・・・

少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。  元々少ないんですけど(^^;

リアも・・・

スッキリと処理出来ております。  もちろん元々ですけど(笑)

 

鉄粉処理が済みましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回はシミが多いので新車にしては強めの磨きをしています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしております。

そして先ほどお話しました純正ホイールも・・・

表も裏側もホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティングをしました!

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも無くなってスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗に仕上がりました!

ボディサイドは・・・

洗車キズ系のスクラッチも除去出来ております。

リアも・・・

シミも無くなってライトがキリッと映り込むようになりました!

最後にホイールです。

こちらのホイールとタイヤは艶出しで仕上げています。

 

そしてオフショアブルー・メタリックのレヴォーグSTI Sport♯、

新車コーティングが完成いたしました。

いい艶に仕上がりました!

今回のお車は新車なのですが何故か既にシミと洗車キズが多く付いていました(汗)

そのシミと洗車キズを磨きで処理したことで塗装面のクリヤー感や艶感が向上して

スッキリとシャープに景色が映り込む艶々ボディに仕上がっています。

オーナー様も『艶が違いますね。』と、その違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

レヴォーグSTI Sport♯カッコイイですね~(*’▽’)

今回のオフショアブルー・メタリックは新型のクロストレックで登場したニューカラーです。

レヴォーグではSTI Sport♯にだけ設定された特別塗装色になります。

クロストレックでも人気カラーの様ですがレヴォーグにも、とても似合っています。

特にグリルやスポイラー類のブラックと相まってスポーティでカッコイイです!

カッコだけではなく走りの方も更に磨き上げられているそうで、

オーナー様曰く・・・コーナーリングが“普通じゃない!” そうです(笑)

そんなカッコよくて“普通じゃない”レヴォーグSTI Sport♯を何時までも大切にお乗りください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ピュアバーガンディのミニ クラブマンです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはミニ クラブマンのボディコーティングです。

H27年式ピュアバーガンディのミニ クラブマンです!

初期登録から7年以上経過しましたお車になります。

シミやキズ等の痛みが気になるとの事で当店にお越しくださいました。

現車を確認しますと艶もあってお綺麗で普段から大切にお乗りになられているのが伝わって参りました。

ただやはり細かく観察していきますと7年の歳月を感じてしまうのも事実でございます(^^;

ボンネットは・・・

シミもスクラッチも多く付いています。

ただダーク系カラーで7年以上と考えますと悪くはないのではないでしょうか。

ルーフも・・・

シミやスクラッチが確認できます。

おそらくですが、どのタイミングかはわかりませんが今までに最低でも1度は

磨きが入っているようです。

なのでシミやスクラッチが少なめなのではないかと思います。

それに比べてしまうとボディサイドは・・・

クスミが凄いです(^^;

もしかしたらボンネットとルーフのみ一度磨かれているのではないでしょうか。

明らかにボンネットとルーフよりクスミが凄いです(汗)

ピラーも・・・

傷んでおります(^▽^;)

リアも・・・

細かなシミが多いです。

ホイールは・・・

若干汚れ気味でした。

 

それと今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ウインドウコーティングの現状&作業も見ていきましょう。

↓は現状です。

何か撥水剤が掛かっていたのでしょうか??

弱い感じですが撥水しているようです。

ガラスを磨いて撥水剤とウロコを除去していきます。

その後にカービューティープロのウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

気持ちの良いコロコロ撥水の出来上がりです。

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

色的にわかりにくいのですが実は結構多いんです(汗)

リアも・・・

写真だとわかりにくいのですが、よ~~く見ると・・・・とっても多いんです(^^;

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします。

アフターの写真もわかりませんがバッチリと処理済みです!

リアも・・・

写真だと見た目に変化ありませんが、よ~~く見ると反応が無いのがわかります(笑)

 

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

マスキングは隙間にコンパウンドの粉が入らないようにしたり、塗装の薄い所や樹脂パーツの

保護などの為に貼ります。

そして磨いていきます。

磨きの強いプレシャスプランでのご依頼になります。プレシャスプランは強い磨きで可能な限り

深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。

(深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)

また、ドアの内側のヒンジ部の汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の

汚れ落としも行いますので、ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に

塗装を削らないよう、むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回はヘッドライトのクリーニングのご依頼も頂いております。

ご購入から6年以上経過していますので・・・

これ位離れて見ると、あまり痛みを感じません。しかし近くで見ますと・・・

白濁が進んでいます。

細かなクラックも多いんです(^^;)

反対側も・・・

クリヤーに見えますが・・・

傷んでおります。

こちら側の方が痛みが進んでいる感じでした。

 

そしてアフターです。

クリヤーになっています!

近くで見ても・・・

クリヤーです。

反対側も・・・

白濁が無くなってスッキリとしました。

今回はヘッドライト表面のクリーニングですので深めのクラックは残っていますけど

透明感が向上して見た目の印象もアップしました!

 

それとエンジンルームクリーニングのご依頼も頂いております。

確認しますと・・・

これが非常に綺麗なんです(*”▽”)

とても7年経過を感じませんでした。

素晴らしいっス!!

そしてアフターです。

元々とってもお綺麗でしたが更に艶が向上しております(^_^)/

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリとして綺麗になりました!

ルーフも・・・

深いシミやキズは残りますがサッパリとしました(^_^)/

クスミの凄かったボディサイドも・・・

クスミが無くなりクリヤーになりました。

ピラーも・・・

サッパリとしました。

リアも・・・

スベスベの塗装肌に仕上がっております・

最後にホイールです。

艶が違います!

 

そしてピュアバーガンディのミニ クラブマン、ボディコーティングが完成いたしました。

いい艶感に仕上がりました!

塗装面の透明感、そして艶感は7年前の車には見えないと思います(^_-)-☆

スクラッチやシミがそしてクスミが進行していて塗装表面がガサガサとしていましたが、

そのスクラッチやシミ・クスミを磨きで除去し塗装面を平滑化して透明感を感じる艶々の

ボディにリセットいたします。 その状態が本来のお車の色艶になります。

それだけでも新車のような艶々ボディになりますが、艶と透明感を取り戻した塗装面に

コーティング剤を施しますと新車にも負けない、いゃそれ以上の艶感を感じる艶々ボディに

仕上がります! いゃ、仕上がりました!!

この新車にも負けない艶感に仕上げるにはコーティング前の下地作りが重要になります。

いくらどんなに良いコーティング剤を使っても下地(塗装面)がスクラッチだらけだったり

シミだらけだったり、また曇ったり傷んだりしている塗装面にコーティング剤を

塗っただけでは綺麗には仕上がりません! 塗装面はそのままです(;´∀`)

コーティング剤を塗ってもスクラッチやキズ・クスミ等が消える訳ではないので、

やはりコーティングは下地作りがとても重要です。

ですのでカーコーティングはカーコーティング専門店がおすすめです。

経年車のリフレッシュはもちろん、新車コーティングもカーコーティング専門店の

カービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^.^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。