トヨタ 新型ノアのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ノアのボディコーティングです。

ホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ 新型ノアです!

納車間もない新車でございます(*’▽’)

新型のノアは当店初入庫になります。

そして私も新型ノアを間近で見るのは初めてです(笑)

最近街中で少しづつ見かける事も増えてきましたが例の製造遅延の影響で

なかなか納車が進んでいない様です。ノアは今契約してもガソリン車で半年待ち、

ハイブリッド車は半年待ち以上の納期みたいです(汗)

こちらのノアのオーナー様は比較的早いタイミングで契約されたそうですので比較的、“待ち”は短めだったそうです。

そんな納車間もない新車のノアですが・・・

ボンネットは僅かに曇りを感じますがクリヤーでお綺麗です。

ルーフも・・・

僅かに曇っています。 ほぼ言われなければ気にならない程度ではないでしょうか?

それに比べますとボディサイドは・・・

曇りが気になります(^^;

リアも・・・

曇りの影響でライトの映り込みがモヤっとしておりました。

ホイールも・・・

お綺麗ですね!

ホイールのコーティングのご依頼も頂いておりますので後ほどコーティングをしていきます!

 

それと今回はボディコーティングに加えてウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ボディのご紹介の前にウインドウコーティングの現状確認&作業を見ていきましょう!

↓は現状です。

納車仕上げ時の撥水シャンプー又は何かしらの撥水剤が掛かっていたようで

水を弾いておりました。

納車仕上げ時の撥水は簡易的な物ですので直ぐに落ちてしまいます(^^;

簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

続いてはボディの作業を見ていきましょう。

まずは洗車します。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ポツポツと反応が確認できます。

新車でもこれ位は付いておりますが、寧ろ少ない方ではないでしょうか。

リアも・・・

ポツポツと確認できました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしていきます。

ボンネットの鉄粉もスッキリとしました。

リアも・・・

サッパリと綺麗になりました。

 

その後に今度はボディにマスキングを行い・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に軽い曇りでしたので軽い磨きで曇りも除去して塗装表面をクリヤーに

仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それ以外も今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしております!

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

元々曇りも僅かでお綺麗でございましたが、曇りが無くなり更にスッキリ綺麗になりました。

ルーフも・・・

スベスベです!

曇りがやや気になりましたボディサイドも・・・

スッキリとライトが映り込むようになりました(^_^)/

リアも曇りが取れて・・・

透明度が増しております(^_^)/

それとホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

ホイールコーティングは新車時、またはホイール新品時がおすすめです(^_^)/

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ 新型ノア、新車コーティングが完成いたしました。

いかがでしょうか。

と、言いましても正直、新車のパールホワイトですので写真だと、

あまり違いがわからないかもしれません(^▽^;)

今回は全体的に“軽め”の曇り具合でしたが、その軽めの曇りでも除去しますと

ボディ全体が透明感を増しスッキリと艶々ボディに仕上がります!

この磨きが新車を新車以上に仕上げるポイントでもございます。

ひとえに新車のボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

新車を新車以上の光沢感とクリヤーな塗装肌に仕上げるには新車であっても

下地を整えなくてはいけません。

下地を整える(曇りを取らずに)コーティング剤を塗るという事は

コーティング剤で曇りを閉じ込めてしまうという事です(;´∀`)

ですので新車を新車以上に輝かせるにも下地作りがとても重要です!

新車を新車以上の状態に仕上げるのがカービューティープロ カラーズの新車コーティングです!

皆様も是非お試しください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ピュアホワイトパールのスイフトスポーツです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ スイフトスポーツのボディコーティングです!

ピュアホワイトパールのスイフトスポーツです。

こちらは新車になります(*’▽’)

とても綺麗なパールホワイトですね!

ピュアホワイトパールのスイフトスポーツは当店初入庫になります。

ブルーメタリック・シルバーメタリック・レッドパール・チャンピオンイエローそして今回の

ピュアホワイトパール。 後はブラックパールのスイフトスポーツがご入庫されたら、

モノトーンカラーはコンプリートです(笑)  ツートンカラーは未だ0ですけど(^▽^;)

ツートンカラーを含めてフルコンプリートできるように頑張ります(笑)

 

では早速でございますがピュアホワイトパールのスイフトスポーツの現状から確認していきましょう。

↓はボンネットです。

ライトの淵がモヤモヤとしております。

これは塗装表面が曇っているので、スッキリと綺麗に映り込まずモヤモヤと

見えてしまいます。

ルーフも・・・

モヤけております(^^;

当店でも今まで数台の新車スイフトスポーツを施工させて頂いておりますが、

結構なモヤけ具合の車両が多かった気がいたします(^^;)

とは言え新車でもこれ位の曇り具合は全然珍しい事ではありません(汗)

ボディサイドも・・・

なかなかの曇りっぷりです。

その曇りで少しばかり透明感が損なわれているようです。

カッコよく言ってみると“奥行き感が無い”といいましょうか?  カッコよく言う必要性は無いんですけど(笑)

でも大丈夫です。 磨けばスッキリと奥行き感が出ます!!

ホイールは・・・

軽めの汚れでした。

 

それと今回はフロントウインドウのコーティングのご依頼を頂いておりますので

フロントウインドウの確認&作業をご紹介していきましょう!

↓は現状です。

なんとな~く撥水??をしておりました。

撥水剤による撥水と言うよりも油分の付着による水弾き??

又は納車仕上げ時の撥水シャンプーがかなり弱まっている??そんな感じの水弾きでした(^▽^;)

いずれにしましても・・・

ガラス表面を綺麗に整えてからウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをいたします。

最後に撥水チェックをしましたらウインドウコーティングの完成です!

 

引き続きボディの作業をご紹介してまいります。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

反応が少し“流れて”しまっていますけど意外と多く付いていました(^^;

リアは・・・

フロントに比べると少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしていきます。

ボンネットの鉄粉もスッキリとしました。

リアも・・・

サッパリと綺麗になりました。

 

鉄粉等の異物処理が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に塗装面の曇りが気になりますので少し強めの磨きで曇りを

スッキリと除去していきました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

当店は新車でもここまで下地を整えてからコーティング作業になります

今回使用しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回も・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしております!

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも取れてスッキリとライトが映り込むようになりました!

ルーフも・・・

スッキリとクリヤーになっております(^_^)/

ボディサイドの曇りも無くなって・・・

ライトの輪郭もクッキリと映り込むようになっております(^_^)/

どうでしょうか?? 奥行き感が出たように見えませんか??

beforeと見比べてくださいね(笑)

リアも・・・

モヤモヤが無くなり綺麗になりました。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも黒さを取り戻しました。

 

そしてピュアホワイトパールのスイフトスポーツ、新車コーティングが完成いたしました。

いかがでしょうか。

正直、元々お綺麗な新車のパールホワイトですので引きの写真ですと違いがわかりませんね(汗)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにボヤボヤとした曇りが無くなり、

カッコよく言うと塗装面に“奥行き”が出ました(笑)

お車全体がキリッとシャープに、そして綺麗に景色が映り込むようになっております!

オーナー様もとてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

先ほどもお話いたしましたが新車によく見られる特有の曇りですが、

これを除去すると塗装本来の色と艶が出てクリヤーで艶やかなボディに変わります。

ですので新車でも磨きは必要だと当店は考えております。

もちろん1台1台曇り具合は違いのますので磨き方も変わってきます。

ですのでカーコーティングはカーコーティング専門店がおすすめなんです!

カーコーティング専門店と言えばカービューティープロ カラーズはカーコーティングの

専門店の様です(笑)  皆様のご来店お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

マツダ ロードスターRFのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ ロードスターRFのボディコーティングです。

プラチナクォーツメタリックのマツダ ロードスターRFです!

ロードスターのRFは当店初入庫になります。

こちらは納車間もない新車でございます(*’▽’)

プラチナクォーツメタリックは昨年CX-8から導入されましたマツダの新色です。

シルバー調ながらゴールドを感じさせるエレガントで上質なカラーです。

スポーツカーのロードスターにも良く似合っていますね! カッコイイです(*‘∀‘)

そんな上質なカラーを纏ったロードスターRFの現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

汚れもございますが若干曇りがあるようです。

汚れてるから曇ってるように見えるんじゃない?? と思うかも知れませんが曇っているんです。

↓は洗車や鉄粉除去等まで終わらせた後に撮影しました。

ね!やっぱり曇ってるでしょ(^^;)

新車でもこれ位は曇っているものです。

と言うか以前のマツダ車はかなり曇っている傾向でしたが、

ここ最近は曇りの程度が軽くなり以前よりもクリヤーになりました。

ルーフは・・・

既にシミが付いています(^^;)

ちなみにピアノブラック調のブラックルーフはオプションで通常はボディと同色なんだそうです。

ルーフが黒いと、よりスポーティに見えてカッコイイですね!

リアは・・・

こちらも若干ですが曇りが感じられます。

ボディサイドも・・・

僅かに雲っています。

言われなければ気にならない程度かなぁ?? その程度の軽い曇り具合でした。

ただリアフェンダーには・・・

写真だとよくわかりませんが(汗)加修痕と思われるモヤモヤッとした磨きキズ(オーロラマーク)が

確認できました。  光を当てて見るとモヤモヤとよ~く見えるのですが、写真にすると

全然伝わりませんね(^▽^;) すみません。

ホイールも・・・

若干汚れ気味でございました。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので後ほどコーティングをしていきます!

それと合わせてウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでボディのご紹介の前に

ウインドウコーティングより見ていきましょう!

↓は現状です。

納車仕上げ時の撥水シャンプー又は何かしらの撥水剤が掛かっていたようで

ワイパー払拭範囲外は水を弾いていますがワイパー払拭範囲内の撥水は既に落ちている状態でした。

納車仕上げ時の撥水は簡易的な物ですので直ぐに落ちてしまいます(^^;

簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをして完成です!

ウインドウコーティングは梅雨の季節におすすめの人気オプションメニューでございます。

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ポツポツと確認できます。 ボディの曇り同様で以前のマツダ車は新車時でも、

結構鉄粉多めの印象でしたが(個人的に)最近は鉄粉の量も少なくなったように感じています。

よかった よかった(*^_^*)

リアも・・・

とっても少なかったです!

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々ボンネットもリアも少なかったのですが・・・

よりスッキリと綺麗になっております(^_^)/

 

鉄粉の処理が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

今回は全体的に軽めの磨きで塗装面を整えていきました。

 

そして今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

当店でも人気のコーティング剤、EXE evo1のコーティング剤でございます(^_^)/

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

従来の水玉撥水のコーティング剤より、よりシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それ以外も今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしております!

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも無くなりスッキリと綺麗になっております!

ルーフのシミも・・・

サッパリと綺麗になりました。

リアも・・・

曇りが無くなりクリヤーで艶々です(^_-)-☆

ボディサイドも・・・

僅かな曇りでしたが、その僅かな曇りも無くなると映り込みが、

よりクッキリと綺麗になりますね!

もちろんリアフェンダーに見えていましたモヤモヤとしたオーロラマークも・・・

しっかりと磨いて除去出来ております。

それとホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

ホイールコーティングは新車時、またはホイール新品時がおすすめです(^_^)/

 

そしてプラチナクォーツメタリックのマツダ ロードスターRF、新車コーティングが完成いたしました。

元々が曇りの少ない綺麗な新車でしたので↑の写真で見ると、

あまり違いがわからないかもしれませんが・・・(^▽^;)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたように曇りが無くなった事で

透明感と光沢感の向上を感じて頂ける仕上がりになっております。

その艶感の向上にはEXE evo1がいい仕事をしているんです(笑)

EXE evo1は艶感の違いが分かりにくいライトカラー系のお車でも艶の向上を

実感して頂けると思います。

オーナー様も『おぉ!綺麗!!凄いなぁ~!』とお喜びになられておりました。

ありがとうございました。

 

当店の人気コーティング剤でもございます「EXE-evo1」はベ-スコート+トップコートの

2層コーティングとなります。2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事に

なります。その分作業に時間が掛かってしまう為、お値段も高めの設定となりますが、

“極上の深い艶と抜群の保護機能“を実感して頂けると思います!

ダークカラー系のお車はもちろん、ライトカラー系のお車にもおすすめのコーティング剤です!

是非、皆様も「EXE-evo1」お試しください(^^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

三菱 デリカD5のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは三菱 デリカD5のボディコーティングです。

ブラックダイヤモンドの三菱 デリカD5です!

こちらは納車間もない新車でございます(*’▽’)

納車間もないのですが既にカスタマイズが進んでいるようで

ホイールも交換済みです! いゃ~カッコイイですね!!

元々デリカD5は根強い人気があるのですが、ここ最近のアウトドアブームもあり

売れているようです。 オフロードが似合う唯一無二のミニバンでもありますので

現在の人気も納得です。

オフロードタイヤの似合うミニバンなんて他にないですからね(*‘∀‘)

カッコイイっす!

そんなカッコイイ、新車デリカD5の現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

ほんの僅かですが曇っているようです。

曇りはいいのですが全体的に洗車キズと思われるスクラッチが付いているんです。

↑の写真でも見えますがボンネットの先端の方が多く付いていて・・・

ライトを当てると無数に見えます(^^;

ただ深いキズでは無い様です。

ルーフも・・・

少し見にくいのですがボンネット同様、浅めのスクラッチが付いていました。

ボディサイドは・・・

塗装の修正跡でしょうか。オーロラマークと言われる磨きキズが残っておりました。

光を当てると白っぽくユラユラとオーロラの様に見えてきます。

それとリアピラー上部には・・・

吸盤の跡でしょうか??

左側面に3ヶ所、反対側の同じ位置に2ヶ所確認できました(笑)

なんでしょう??

リアは・・・

こちらも若干ですが曇りがあるようでライトの映り込みが、今一つスッキリしていません。

ホイールは・・・

マッドブラックのアルミホイールに交換済みです!

マットブラックという事もありブレーキダストが目立ちます(^▽^;)

 

全体的に塗装面が若干モヤッと曇りが確認できました。

それよりもボンネットとルーフに洗車キズと思われるスクラッチが付いていて

そちらの方が少し気になりました(^^;)

ただそのスクラッチも浅いキズの様ですので磨きで処理出来そうです。

ブラック等のダークカラーは納車時点で実は洗車時のスクラッチ(線キズ)が付いていたり、

シミが付いていたり加修の痕跡が付いていたりと色々あるのがダークカラーの新車です。

と言うよりもライトカラー系の車にも付いているのですが目立たないだけなんです。

今回も曇りも含めて塗装面の軽い不具合箇所を整えてコーティングをしていきたいと思います(^_^)/

では作業開始~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

↓は現状です。

油分の付着も少ないようです。 少ないだけで少しは付いてはおります(^▽^;)

その油分の付いているウインドウを・・・

今回は全面施工ですので全面磨きを入れてガラス表面を綺麗にします。

納車間もない新車でもガラス表面に油分等が付いている事がほとんどですので、

新車でも下地処理が必須になります。

ガラス表面を綺麗にしましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをします。

その後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤になります!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にいつものように鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応しますが・・・

黒いボディですと全然わかりません(汗)

リアも・・・

写真で見ると全然わかりません。

実際のところは全体的に少なめでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますけど、

もちろん・・・

前も

後ろも・・・

写真だと全然変化を感じませんが(汗)鉄粉処理が済んでいます。

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回はボンネットやルーフのスクラッチ等、少し気になる所がありましたので、

気になる部位はやや強めの磨きで塗装面を修正していきました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回はカービューティープロ の新アイテムCS-P10 カーリフレッシュ プロを施工いたしました!

『CS-P10 カーリフレッシュ プロ』は無機系成分と有機系成分をハイブリッド配合した、

室内専用のコーティングで、抗菌・抗ウイルス・防カビ等、幅広い効果を長期間持続する

安心安全な室内専用コーティング剤になります!

それ以外も今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしております!

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

クリヤーで綺麗になりました(*^_^*)

ボンネット先端の細かな線キズも・・・

だいぶスッキリと処理出来ました。

ルーフも・・・

綺麗になっております。

ボディサイドに付いていたオーロラマークも・・・

キッチリと磨いたので白っぽく見えていたモヤモヤが無くなりました!

ボディサイドの吸盤のような跡も・・・

もちろん無くなっています(笑) でも洗車では落ちませんでした(^^;

何だったのだろう??

リアも・・・

曇りが無くなり綺麗にライトが映り込むようになりました(^_-)-☆

ホイールは・・・

ホイールはPCW-880でホイールコーティング!

マッドブラックのホイールはコーティングをしますと若干艶が出でしまいますが、

それほど大きく印象が異なってしまう事もないかと思います。

マッドブラックのホイールはブレーキダストが付きやすく、洗っても落ちにくいんです。

そして目立ちます。更に言いますとシミも付きやすいです(^^;

ですのでダストの固着低減にもマットブラックにもホイールコーティングは

おすすめなのですが・・・若干艶が出ます。

そしてブラックダイヤモンドの三菱 デリカD5、新車コーティングが完成いたしました。

いかがでございましょうか。  納車時よりも艶も光沢も向上しています

曇りも無くなり、よりパールを感じて頂ける仕上がりになっております!

元々新車ですのでお綺麗ではあるんですけど更にそこに、ひと手間ふた手間かけてから

コーティングをしますと新車以上の艶感そしてクリヤー感ある新車に仕上がります!

オーナー様も『いゃ~違いますね!パール感が違う!』と、その仕上がりの違いを

感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

車の塗装は納車時が一番綺麗な状態と思われますが実はそうでもないことが多いんです。

新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っていたり、加修の痕跡等が

付いている車が多いのが実情です。 また鉄粉の付着が多い車も御座います。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ひとえにボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

洗車してコーティング剤塗っておしまい!もコーティングですし、磨きを入れて下地を整えてから

コーティングするのもまたコーティングです。 同じコーティングでも仕上がり具合は全然違います!

ですので新車コーティングも”専門店“のカービューティープロ・カラーズへお任せください!

お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ポリメタルグレーのMazda2です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ Mazda2のボディコーティングです。

こちらのポリメタルグレーメタリックのMazda2は納車から間もない新車のお車になります。

Mazda2はデミオを含めてご入庫率が意外と高いお車なのですが

ポリメタルグレーメタリックのMazda2は当店初入庫です!

こちらはなんと6MT! そうです。マニュアルトランスミッションなんです(*’▽’)

いゃ~いいですね~!

MTの車も少なくなってしまいましたね(涙)今後は電動車が主流になっていく流れですので

新車でMTを買えるのは、あと数年ではないでしょうか??

今が最後のチャンスですのでMT欲しい方は考えている時間はありません。

今すぐにどうぞ~(^o^)丿

話がそれましたが(笑)ポリメタルグレーメタリックの新車Mazda2の現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

少し汚れ気味なのもあるのですが若干塗装表面に曇りがあるようです。

ちなみに洗車後に撮影したのが↓です。

ライトの周辺が白っぽくモヤモヤと見えます。 これが塗装表面の曇りです。

ルーフも・・・

洗車前の写真です。同じようにライトの淵がモヤけております。

ボディサイドも・・・

もう一つスッキリとしたいところです(笑)

リアも・・・

若干曇っておりました。

ホイールは・・・

軽い汚れ程度でした。

 

全体的に少しばかり曇り気味の塗装肌でございました(^^;

ただ正直、言われなければ普段は気が付かないと思いますが、

この白ボケが本来の色艶を妨げているんです。

ボディカラーや曇りの度合いによっては、この曇り(白ボケ)を磨いて取り除いてあげるだけでも

本来の色艶になり色の深みや発色の違いなどで結構印象が違ってくるお車もございます。

今回はそこまでは酷くありませんでしたが、もう少しスッキリとクリヤーな塗装肌に

仕上げていきたいと思います(^_^)/

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介していきます。

↓は現状です。

なんとな~く撥水をしておりました。

そのなんとな~くな撥水を綺麗に除去してからウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成しました!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

少ないです(^_^)/

全然付いていない訳ではないのですが、とっても少なかったです。

リアも・・・

少なかったです!

個人的に以前のマツダの新車は鉄粉がやや多めに付いている印象でしたが、

最近は少ないです(^.^)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

よりサッパリとしました。

リアも・・・

ほぼ違いがわかりませんが(汗)鉄粉等の異物処理が済んでおります!

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回はカービューティープロ の新アイテムCS-P10 カーリフレッシュ プロを施工いたしました!

『CS-P10 カーリフレッシュ プロ』は無機系成分と有機系成分をハイブリッド配合した、

室内専用のコーティングで、抗菌・抗ウイルス・防カビ等、幅広い効果を長期間持続する

安心安全な室内専用コーティング剤になります!

それと今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしました。

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも取れてサッパリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

スッキリと綺麗です(^_^)/

ボディサイドの曇りも無くなって・・・

モヤけた感じが無くなりました!

beforeと見比べてくださいね!違いますから(笑)

リアも・・・

よりクリヤーに綺麗にライトが映り込むようになりました。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

そしてポリメタルグレーメタリックのMazda2、新車コーティングが完成いたしました!!

ヌメっとした質感のポリメタルグレーメタリックが更にヌメッヌメっとしました(笑)

これは磨きで曇りを除去し、塗装本来の色艶に戻した後にコーティングをする事で

透明感ある艶々のボディに仕上がります。

やっぱり新車も磨きが大切なんです。(しみじみ)

車の塗装は納車時が一番綺麗な状態と思われますが実はそうでもないことが多いんです。

多いと言うか凄く綺麗な新車の方が珍しいのが実情です(^▽^;)

新車の塗装面は曇っている事がとても多いんです。

酷く曇っていると極端な話、本来の色とは違って見えてしまうんです。

ですのでボディカラーを開発した開発者の狙った本来の色味とは違う色味になってしまいます。

その本来の色味に戻す為にも新車でも磨きが必要な場合が多いんです。それ以外にも新車でも

シミやスクラッチまた保護シートの糊が残っていたり、意外と色々とあるのが新車なんです。

ですので新車のコーティングも下地を整える専門店がおススメです!

新車も経年車もカーコーティング専門店(←コレ大事です)『カービューティープロ カラーズ』で

お待ちしております(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

クリスタルブラックシリカのレヴォーグです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル レヴォーグのボディコーティングです。

クリスタルブラックシリカのスバル レヴォーグです!

こちらのレヴォーグは初期登録から3年が経過したお車で、ご購入時に販売店で磨いてくれたそうですが、

キズが気になると当店にお越しくださいました。確認してみますと確かに磨きキズが・・・(;´∀`)

では初期登録から3年が経過しましたスバル レヴォーグの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

ボンネット全体に細めの磨きキズが付いております(^^;

また赤い矢印のダクトの隙間にはコンパウンドの粉が入り込んでいるようで

白く見えております。

↓もボンネットです。

線キズだらけです(汗)

ルーフも・・・

もちろんスクラッチだらけなんですけど、それよりもアンテナの付け根辺りは

磨き残しがあるようでシミが確認できます(;´∀`)

おそらく磨く前は、このシミが水平面全体に付いていたのでしょう。

ボディサイドも・・・

この辺はまだいいのですが・・・

フロントフェンダーはなかなかのものです(笑)

ライトを当てるとギランギランです。

リアも・・・

磨きキズが付いていました。

ホイールは・・・

汚れは少なかったです。

 

見て頂いたようにボディ全体に磨きキズだらけでした(^▽^;)

ルーフアンテナ根元のシミがおそらくボンネットとルーフ全体に付いていたと思われますが

シミを取ってくれたのはいいのですが、その代わりに沢山の磨きキズを残してくれていったようです(笑)

磨きキズが付く要因ですが、ポリッシャーとバフそしてコンパウンドの組み合わせが合っていなかったり、

照明のない所で磨いている(キズが見えない)等、色々と要因は考えられます。

元々黒いボディカラー自体磨くのが難しい事もあるのですが、それにしても今回のはちょっとね~(^▽^;)

これではせっかくのクリスタルブラックシリカの良さが台無しです。

でも大丈夫!しっかりと磨けば輝きます!

ではクリスタルブラックシリカの輝きを取り戻してまいりましょう!!

作業開始~。

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

していません。 いゃ、反応しているのですがボディが黒いと反応が見えません(^^;

実際のところは異物の付着は少なかったです。

販売店で磨く時に処理してあるのかもしれません。

リアも・・・

写真だとわかりませんが少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

全然わかりません。

リアも・・・

写真だと変り映えしませんが処理は済んでおります。

 

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

マスキングは隙間にコンパウンドの粉が入らないようにしたり、塗装の薄い所や樹脂パーツの

保護などの為に貼ります。

マスキングの貼り方も様々で塗装の状態によっては、あえて貼らない場合や磨く直前に貼る場合など

車の状態によって変えております。

 

そして磨いていきます。今回は塗装面の状態がアレですので(^^;磨きの強いプレシャスプランでの

ご依頼になります。プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去する

ハードポリッシングのコースです。(深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)

また、ドアの内側のヒンジ部の汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の

汚れ落としも行いますので、ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に

塗装を削らないよう、むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

磨きキズもスッキリと綺麗になりました(^o^)丿

ダクトの隙間のコンパウンドもスッキリと!(笑)

綺麗なりましたね~!

シリカ(光輝剤)がキラキラとよく見えるようになりました。

ルーフも・・・

深い線キズは残っていますけど、だいぶサッパリとしました。

磨き残しもね(笑)

ボディサイドは・・・

シリカがキラッキラです(*’▽’)

フロントフェンダーも・・・

磨きキズが無くなり綺麗になりました(^_-)-☆

リアも・・・

磨きキズが無くなってスッキリとしております。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

更にヘッドライトも軽~く磨いてリフレッシュ!

ヘッドライトコーティングで仕上げております。

そしてクリスタルブラックシリカのスバル レヴォーグ、ボディコーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました! ご入庫時とは艶が違います(*”▽”)

黒系のボディカラーはシミやスクラッチそしてクスミが進むと、その影響で色に深みが無く、

そして白っぽく見えてしまいます。今回は納車時に磨いてくれたようですが、

その磨きに問題があったようです(^^;

その傷んだ塗装表面を磨いて整えますと艶と透明感が復活いたします。そして色に深みが増します!

クリヤーで深みを増した塗装面にコーティング剤を塗って仕上げますと更にツヤピカのボディに

リフレッシュいたします!その艶感は新車にも負けません(^_^)/

その艶を取り戻しましたクリスタルブラックシリカですがクリスタルブラックシリカは

星空をイメージして作られた色なんだそうです。

スバルらしいですね!

確かに・・・

夕日に照らされたクリスタルブラックシリカを見ているとシリカがキラッキラに輝いて

宇宙空間にいる様な感じです。    宇宙に行ったこと無いですけど(^^;

たぶん宇宙はこんな感じなのでしょう!

皆様は愛車のボディカラーの名称をご存じですか??最近はカラーの名称も複雑で、

やけに洒落た名称だったり、やたらと長い名称だったりと色々とあります(笑)

でもその名称に込められた意味を知ると “なるほど~” と納得するものです!

皆様も愛車の色の名称の意味を調べてみるのも面白いかも知れません。

そしてそんな貴方はマニアかも知れません!           きっとそうです( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

VWゴルフオールトラックの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはVWゴルフオールトラックのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのピーコックグリーンのVWゴルフ オールトラックは昨年の7月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年少々経過いたしました。今年の春に一度メンテナンスに

お越しくださっておりますので今回は2回目のメンテナンスのご依頼になります。

前回のご入庫時はとっても良い状態を維持されておりましたが、はたして今回は如何に!?

では早速ですがメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

今回も良かった~~(*´▽`*)

ご入庫される道中に雨が降ってきたのですが見事に水玉状に弾いておりました!

アフターです↓

シミもスクラッチもとっても少なくて、とってもお綺麗です!

ルーフも・・・

小雨でしたが、その小雨のまま細かな水玉になっています(笑)

凄いっす!!

アフターです↓

ボンネットに比べますとシミが少し多めですが1年以上経過でこの程度ですので

大切に維持されているのが伝わって参ります。

リアは・・・

こちらも大きな汚れや痛みはございませんでした。

ただブログ的にビフォー&アフター感が 欲しいので 伝わりやすいように隙間の汚れなど

撮ってみました( ̄▽ ̄) 重箱の隅を突っついているレベルです(笑)

アフターです↓

いゃ~綺麗になりました(笑)

冗談はさておき、シミやスクラッチもとっても少なくこちらも良好な状態を

維持されておりました。

 

それと鉄粉の付着状況です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

色的な事もあって写真だとよくわかりません(^▽^;)

でも全体的に少なかったです。

リアも・・・

写真だと全然わかりませんが比較的少なめでございました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

相変わらず全然わかりませんが綺麗になっております。

リアも・・・

スッキリと綺麗になっております!

それとボディサイドも・・・

雨の中走ってきたとは思えない程お綺麗でした。

アフターです↓

何も問題ございません!

ホイールも・・・

輸入車はブレーキダストの汚れが多く付くのですが、とってもお綺麗でした。

アフターです↓

ホントにダストの焼き付き等少なくて普段のお手入れが良いのでしょう!! 素晴らしいです!

そして今回はメンテナンスと同時にヘッドライトコーティングも施工しております。

軽~く磨いて表面の汚れや痛みを除去してからコーティングしております。

それとドアカップのプロテクションフィルムのご依頼も頂いております。

ドアノブの窪みのところです。プロテクションフィルムが透明ですので

目立ちませんが貼ってあります(笑) よ~く見てね!!

ドアカップのプロテクションは爪キズ防止にはとても有効なアイテムです。

爪傷だらけになる前にどうぞ~(^_^)/

そしてピーコックグリーンのVWゴルフ オールトラック、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました~! ツヤピカです!!

ご入庫時も十分にお綺麗でしたが、それでもメンテナンスをすると、

更に綺麗で艶々になるんです(^_-)-☆

1年以上経過でこの痛みの少なさはオーナー様の普段のお手入れの良さだと思います。

これからも大切にお乗りください!

 

今回のお車は本当にお綺麗でオーナー様が大切に、そして丁寧にお手入れされているのが

伝わって参りました(*^_^*)

ひと昔前は “コーティングすればお手入れいらず!” “洗車しなくてOK!”  などと

誰が言ったのかわかりませんが間違えた情報を今でも観たり聴いたりする事も

多いです それは全然間違えた情報ですのでお気を付けてください。

コーティングは万能ではございません。コーティングも時間が経てば痛みも進みますし

汚れも落ちなくなってきます。 その美観の維持、そしてコーティング効果を維持する為にも

普段のお手入れや定期的なメンテナンスが必要になってきます。

綺麗を維持する為にも皆様もメンテナンスを是非どうぞ~(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスIS300 “F SPORT”のご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスIS300“F SPORT”のボディコーティングです。

こちらのホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”は

納車から間もない新車のお車になります!

ホワイトノーヴァガラスフレークは“F SPORT”にだけ設定されている専用色です。

これが綺麗なホワイトなんです(*‘∀‘)

パールホワイトと比べますとパール特有の少し黄色味がかった感じはなく

ホワイトノーヴァガラスフレークはガラスフレークのキラキラ感と透明感の高い

スッカッ!っと、とっても綺麗なホワイトなんです!

そんな綺麗なホワイトノーヴァガラスフレークの新車IS“F SPORT”の現状確認から

初めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少し汚れてはいますけど塗装面自体は曇りもなくお綺麗なんです!

ルーフも・・・

汚れに目が行ってしまいますけど塗装自体はお綺麗です(^_^)/

トランクも・・・

汚れはありますけど申し分ございません。

ただ汚れていると言っても白いボディカラーですと、どれくらいの汚れ具合か

わかりにくいと思います。

そこで黒いリアスポイラーを見ますと・・・

汚れ具合がよくわかります(笑)

全体的にこの様な汚れ具合でした。

ボディサイドは・・・

こちらも曇りも感じられず、とてもお綺麗です!

ホイールは・・・

納車から少し距離を走られていますので汚れておりました。

それはそうと、オレンジ色のキャリパーがカッコイイですね(*’▽’)

 

全体的に塗装面の曇りも無くとっても綺麗でした!

この辺りは流石レクサスと思わせる塗装のクオリティでございます(^_^)/

とは言え納車から当店ご入庫までの数日間に雨にも降られておりますし

虫や鉄粉等の異物などの付着もございます。これらの汚れはシャンプー洗車程度では

落ちません。ですのでいくら綺麗な塗装でも下地作りから行っていきます。

当店は例え綺麗な新車でも洗車してコーティングを塗布するだけの

お手軽コーティングはいたしません(^^)/

それは後ほどわかって頂けるかと思います・・・     意味ありげ(ー_ー)

では作業を始めて参りましょう!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

納車前に何か撥水剤でも掛けたのでしょうか??

それとも油分による水弾きでしょうか??

たぶん撥水剤による水弾きかと思うのですが、いずれにしても中途半端な水弾きです(^^;

運転席と助手席は撥水ガラスになっていますので、それ以外のガラスを磨いて

綺麗にリセットいたします。 サンルーフもね!

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

やっぱり撥水と言うからにはこれ位は弾いてほしいです(笑)

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

あれ~~~

リアも・・・

あら~~(^_^;)

鉄粉が沢山でした。

納車から日が浅いんですけど、なかなか盛大に鉄粉が付いております。

こちらのお車は普段は線路の近くに止めているそうですので納車から数日で

こんなに鉄粉が付いてしまうようです。

なので綺麗な塗装に見える新車でもしっかりとした下地作りが必要なんです。

この上からコーティングを塗ってしまえば、この鉄粉を閉じ込める訳ですから(T_T)

鉄粉処理は重要です。

そして↓は鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです。

綺麗になりました!

リアも・・・

サッパリとしました。

 

サッパリしましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的にとてもお綺麗な塗装肌でしたので塗装を研磨すると言うよりも

ケミカルで落ちなかった頑固な汚れを落とし塗装表面を整えるような軽い磨きになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

当店は綺麗な新車でもここまでしてからコーティングになります!

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々とっても綺麗な塗装肌でしたので写真だと違いがわからないかも知れません。

ただ汚れが落ちたのだけは伝わるかと(^▽^;)

ルーフも・・・

艶々です!

トランクも・・・

潤いを感じますね!

リアスポイラーも・・・

綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

写真だとあまり違いが伝わりませんね(汗)

ホイールは今回ホイールコーティングのご依頼を頂きましたので・・・

PCW-880でホイールコーティングをいたしました!

ダークメタリック感が向上して艶々なりました。

それとヘッドライトコーティングなども行っております。

 

そしてホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORTの

新車コーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

と言っても元々がお綺麗ですので↑の写真ですと違いがあまり伝わらないかもです(^▽^;)

しかし実車の方を見て頂ければ施工前後の違いを感じて頂けると思います。

オーナー様も『新車より綺麗!』と、その違いを実感されているご様子でしたので

間違いありません(笑)

車綺麗になると嬉しいな~と笑顔でお帰りになられました。

ありがとうございました。

 

当店の人気コーティング剤でもございます「EXE-evo1」はベ-スコート+トップコートの

2層コーティングとなります。2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事に

なりますので、その分作業に時間が掛かってしまう為にお値段も高めの設定となりますが、

“極上の深い艶と抜群の保護機能“を実感して頂けると思います!

また今回のお車の様なホワイトメタリックやパールホワイト等の艶や光沢感の違いが

わかりにくいライトカラー系のお車でも艶感・光沢感の向上を実感していただけると思います。

最近「EXE-evo1」のご指名がとっても増えております!

是非、皆様も「EXE-evo1」お試しください(^^)/

おすすめです!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスGS350にボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスGS350のボディコーティングです。

H17年式レクサスGS350です!

初期登録から約16年経過いたしますお車になります。

オーナー様はこの型のGSが欲しくて探していたそうで数台ほど現車確認をして

こちらの個体のご購入に至ったとの事でした。

ご購入後にオーナー様が早速弄られたそうで、一見ノーマル仕様に見えますが

パッと見ではわからないような拘りのカスタマイズが随所に施されておりました(*’▽’)

凄~く自然で綺麗にカスタマイズされているのでオーナー様に言われないと

全然わかりませんでした(^▽^;)   (しかも写真撮っていないので何が何だか全然皆様にも

伝わっていないと思います(^_^;) すみません)

そんな拘りのカスタマイズが施されておりますレクサスGSの現状確認から

始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

少し汚れていますけど初期登録から16年経過とは思えないほどシミやスクラッチが

少ないと思います。

ルーフも・・・

汚れは別としてそれ程悪くない状態ではないでしょうか。

リアも・・・

もちろん16年経ちますので痛みはありますけど、クスミも少ないです。

ボディサイドも・・・

少しビックリするほどシミやクスミが少ないです(*’▽’)

ホイールは・・・

こちらは痛みが進んでいるようでダスト系の汚れが進んでいるようでした。

 

全体的に見て初期登録から16年近く経つとは思えない程お綺麗な塗装面でした。

ご入庫された時の私の初めの印象も“綺麗だなぁ~”でした。 でしたが・・・

綺麗は綺麗なんですけど艶が無いんです(^^; 確かに白くて綺麗なんですけど

パール感も感じられません。

その原因は作業を始めるとすぐに分かったのですが・・・

それは後ほど!!

では早速ですが作業を進めていきたいと思います!作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

メッチャ反応しました(T_T)

リアも・・・

スゲ~~~反応しています(^▽^;)

艶を感じない原因はこの鉄粉の量ですね(汗)

これだけ鉄粉が付いていますとボディの艶も引けてしまうと思います。

歴代のオーナー様のお手入れ状況や保管状況はわかりませんので何とも言えませんが

16年間一度も鉄粉処理をしていなければ、これ位は付いていても全然不思議ではないです。

鉄粉処理後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリとしました!!

ここまでの作業だけでも艶が上がったと思います。

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティングの出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-V110です!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に

優れた滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプの

コーティング剤になります!

 

それと今回はヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いております。

↓は現状です。

もの凄く傷んでいる訳ではないのですが↑の写真より実際に見た方が

黄ばんでいます(^^;

近づいて見てみると・・・

こんな感じで曇っております。

そして↓がアフターです↓

クリヤーになりました! 表面のクラックは残っておりますが今回は事前打ち合わせで

表面の曇り除去までのクリーニングご希望でしたのでクラック残っています。

クラック除去までご希望でしたらお気軽にご相談ください!

スッキリしました。

反対側も・・・

実車の方が黄ばんで見えるような・・・(^^;

アップですと・・・

曇っています。

アフターです↓

いい感じです。

曇りや黄ばみが酷いと光量不足で車検も通りませんのでお気を付けください。

 

それではその他の各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

いゃ~綺麗ですね(笑)

とても16年前の車のボンネットには見えません!!

ルーフも・・・

スベスベです(^_-)-☆

リアだって・・・

トゥルントゥルンです(笑)

ボディサイドも・・・

よりスッキリと綺麗になっております。

最後にホイールです。

しつこい汚れ??が残ってしまった所もございますが、だいぶスッキリと

綺麗になりました。

そしてレクサスGS350のボディコーティングが完成いたしました。

艶を感じて頂ける艶々ボディに仕上がりました!

またヘッドライトがクリヤーになった事でお車の印象も変わりましたね(^_-)-☆

ヘッドライトが黄ばんだり白濁していると、いくらボディが綺麗でも車全体が

古臭く見えてしまうものです。

ボディとヘッドライトの同時リフレッシュは大正解です(笑)

お引き取りに来られましたオーナー様も『いゃ~これヤバくないですか!ヤバいっスよこれ!!

新車みたいじゃないですか!!』とヤバいの連発を頂きました!ありがとうございます(笑)

艶感は新車にも負けていないと思います!

こんなに喜んでいただけると作業中の苦労も吹き飛ぶというのものです(*^_^*)

笑顔で喜んでいただくと本当に嬉しく思います。

いつも皆様の笑顔ありがとうございます!!

これからも皆様の笑顔が見れますように日々精進してまいります(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ポルシェ パナメーラ4のご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはポルシェ パナメーラ4のボディコーティングです。

H30年式キャララホワイトメタリックのポルシェパナメーラ4です!

スッキリと綺麗な気持ちいいメタリックホワイトですね(*”▽”)

オーナー様がマメにお手入れされていますので、お車のコンディションは申し分ございません!

とってもお綺麗です。

そんなとってもお綺麗なポルシェ パナメーラ4の現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットです↓

ご覧の通り十分お綺麗です(笑)

ただ写真だとわかりにくいのですが、よくよく見て頂くと細かなシミが沢山付いています。

また微かにクスミも感じます。

ルーフも・・・

少しライトがモヤけて見えると思います。

リアも・・・

ライトの周辺をよく見てみると洗車キズと思われるスクラッチが見えるかと思います。

また細かなシミも確認できます。

ボディサイドは・・・

これまたライトがスッキリと映り込まずに若干クスんでいるようです。

スクラッチも付いています。   メタリックホワイトなんでわかりにくいんですけど(^^;

ホイールは・・・

少し汚れてはいますけどブレーキダストの多く出る車と考えますと十分お綺麗です(笑)

マメにお手入れされているのが伝わってまいります(^_^)/

 

ご覧頂きましたように現状でも十分にお綺麗です。またホワイトメタリックという事も

あって普通に見る分には洗車キズやシミも目立たず良好なコンディションだと思います。

ただ普段は屋外の屋根なし駐車という事もあって、よくよく観察してしまえば細かな

シミもありますし若干のクスミも感じるようになってきたようです。

また撥水力も落ちてしまっているのが気になるとの事でした。

という事で一度綺麗にリフレッシュしていきたいと思います!

では作業を進めて参りましょう。 作業開始~~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

サイドウインドウは軽めの雨ジミが付いています。

フロントウインドウは・・・

何か撥水剤が塗られていたようです。

ただ撥水力が弱まっている感じです(^^;

その弱まっているコーティング剤を・・・

一度綺麗にリセットします。

当店のウインドウコーティングの料金には基本的な下地処理代も含まれておりますが

ウロコの程度によって追加料金がかかる場合がございます。

今回は軽めの雨ジミでしたので問題なく処理できました。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングします。

雨ジミも綺麗になり撥水力も・・・

コロコロの水弾きに仕上がりました!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

点々と見えているのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

少ないですね(^_^)/

リアは・・・

フロントに比べるとやや多いでしょうか!?

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリしました。

リアも・・・

だいぶスッキリとしました!

 

鉄粉処理が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE-evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが

特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それ以外にも今回は・・・

ヘッドライトクリーニング&コーティングそして・・・

テールランプも軽く磨いてからコーティング!

そして・・・

フロントバンパー奥に見える・・・

未塗装樹脂部のコーティングも行っております。

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

施工前も十分にお綺麗でしたが、それでも磨いてコーティングしますと

塗装の透明感や艶感が向上いたします!

ただ写真だとあまり違いが伝わりませんね(^▽^;)

ルーフも・・・

よりクリヤーで綺麗に仕上がっております。

リアは・・・

こちらの写真が一番違いがわかりやすいかもです。 ライトの淵に見えていた洗車キズも無くなり、

クスミもありませんね! ライトがスッキリと綺麗に映り込むようになりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

ライトがスッキリとシャープに映り込むようになりました。

最後にホイールも・・・

ホイールコーティングをして艶々です!

ホイールコーティングは・・・

アルミホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティングです!

そしてキャララホワイトメタリックのポルシェパナメーラ4、ボディーコーティング&

ウインドウコーティングその他諸々の施工が完成いたしました(^_^)/

いゃ~白いですね~(*’▽’)

元々とってもお綺麗にさてれいるお車でしたが微かなクスミやシミ、そしてスクラッチを

リセットしますとキャララホワイトメタリック本来のスッキリと透明感ある色艶に仕上がります。

いゃ、艶はオリジナル以上だと思います(^_-)-☆

オーナー様も『うゎ~ めっちゃ綺麗!! 白でも違いがわかります!!』と、その白さの

違いをご実感されたご様子でした。 ありがとうございました。

 

当店の人気コーティング剤でもございます「EXE-evo1」はベ-スコート+トップコートの

2層コーティングとなります。2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事に

なりますので、その分作業に時間が掛かってしまう為にお値段も高めの設定となりますが、

“極上の深い艶と抜群の保護機能“を実感して頂けると思います!

また今回のお車の様なホワイトメタリックやパールホワイト等の艶や光沢感の違いがわかりにくい

ライトカラー系のお車でも、その違いを実感していただけると思います。

是非、皆様も「EXE-evo1」お試しください(^^)/

おすすめです!

 

宣伝でした! ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。