クリスタルブラックシリカのレヴォーグです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバル レヴォーグのボディコーティングです。

クリスタルブラックシリカのスバル レヴォーグです!

こちらのレヴォーグは初期登録から3年が経過したお車で、ご購入時に販売店で磨いてくれたそうですが、

キズが気になると当店にお越しくださいました。確認してみますと確かに磨きキズが・・・(;´∀`)

では初期登録から3年が経過しましたスバル レヴォーグの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

ボンネット全体に細めの磨きキズが付いております(^^;

また赤い矢印のダクトの隙間にはコンパウンドの粉が入り込んでいるようで

白く見えております。

↓もボンネットです。

線キズだらけです(汗)

ルーフも・・・

もちろんスクラッチだらけなんですけど、それよりもアンテナの付け根辺りは

磨き残しがあるようでシミが確認できます(;´∀`)

おそらく磨く前は、このシミが水平面全体に付いていたのでしょう。

ボディサイドも・・・

この辺はまだいいのですが・・・

フロントフェンダーはなかなかのものです(笑)

ライトを当てるとギランギランです。

リアも・・・

磨きキズが付いていました。

ホイールは・・・

汚れは少なかったです。

 

見て頂いたようにボディ全体に磨きキズだらけでした(^▽^;)

ルーフアンテナ根元のシミがおそらくボンネットとルーフ全体に付いていたと思われますが

シミを取ってくれたのはいいのですが、その代わりに沢山の磨きキズを残してくれていったようです(笑)

磨きキズが付く要因ですが、ポリッシャーとバフそしてコンパウンドの組み合わせが合っていなかったり、

照明のない所で磨いている(キズが見えない)等、色々と要因は考えられます。

元々黒いボディカラー自体磨くのが難しい事もあるのですが、それにしても今回のはちょっとね~(^▽^;)

これではせっかくのクリスタルブラックシリカの良さが台無しです。

でも大丈夫!しっかりと磨けば輝きます!

ではクリスタルブラックシリカの輝きを取り戻してまいりましょう!!

作業開始~。

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

していません。 いゃ、反応しているのですがボディが黒いと反応が見えません(^^;

実際のところは異物の付着は少なかったです。

販売店で磨く時に処理してあるのかもしれません。

リアも・・・

写真だとわかりませんが少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

全然わかりません。

リアも・・・

写真だと変り映えしませんが処理は済んでおります。

 

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

マスキングは隙間にコンパウンドの粉が入らないようにしたり、塗装の薄い所や樹脂パーツの

保護などの為に貼ります。

マスキングの貼り方も様々で塗装の状態によっては、あえて貼らない場合や磨く直前に貼る場合など

車の状態によって変えております。

 

そして磨いていきます。今回は塗装面の状態がアレですので(^^;磨きの強いプレシャスプランでの

ご依頼になります。プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去する

ハードポリッシングのコースです。(深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)

また、ドアの内側のヒンジ部の汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の

汚れ落としも行いますので、ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に

塗装を削らないよう、むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

磨きキズもスッキリと綺麗になりました(^o^)丿

ダクトの隙間のコンパウンドもスッキリと!(笑)

綺麗なりましたね~!

シリカ(光輝剤)がキラキラとよく見えるようになりました。

ルーフも・・・

深い線キズは残っていますけど、だいぶサッパリとしました。

磨き残しもね(笑)

ボディサイドは・・・

シリカがキラッキラです(*’▽’)

フロントフェンダーも・・・

磨きキズが無くなり綺麗になりました(^_-)-☆

リアも・・・

磨きキズが無くなってスッキリとしております。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

更にヘッドライトも軽~く磨いてリフレッシュ!

ヘッドライトコーティングで仕上げております。

そしてクリスタルブラックシリカのスバル レヴォーグ、ボディコーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました! ご入庫時とは艶が違います(*”▽”)

黒系のボディカラーはシミやスクラッチそしてクスミが進むと、その影響で色に深みが無く、

そして白っぽく見えてしまいます。今回は納車時に磨いてくれたようですが、

その磨きに問題があったようです(^^;

その傷んだ塗装表面を磨いて整えますと艶と透明感が復活いたします。そして色に深みが増します!

クリヤーで深みを増した塗装面にコーティング剤を塗って仕上げますと更にツヤピカのボディに

リフレッシュいたします!その艶感は新車にも負けません(^_^)/

その艶を取り戻しましたクリスタルブラックシリカですがクリスタルブラックシリカは

星空をイメージして作られた色なんだそうです。

スバルらしいですね!

確かに・・・

夕日に照らされたクリスタルブラックシリカを見ているとシリカがキラッキラに輝いて

宇宙空間にいる様な感じです。    宇宙に行ったこと無いですけど(^^;

たぶん宇宙はこんな感じなのでしょう!

皆様は愛車のボディカラーの名称をご存じですか??最近はカラーの名称も複雑で、

やけに洒落た名称だったり、やたらと長い名称だったりと色々とあります(笑)

でもその名称に込められた意味を知ると “なるほど~” と納得するものです!

皆様も愛車の色の名称の意味を調べてみるのも面白いかも知れません。

そしてそんな貴方はマニアかも知れません!           きっとそうです( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

VWゴルフオールトラックの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはVWゴルフオールトラックのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのピーコックグリーンのVWゴルフ オールトラックは昨年の7月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年少々経過いたしました。今年の春に一度メンテナンスに

お越しくださっておりますので今回は2回目のメンテナンスのご依頼になります。

前回のご入庫時はとっても良い状態を維持されておりましたが、はたして今回は如何に!?

では早速ですがメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

今回も良かった~~(*´▽`*)

ご入庫される道中に雨が降ってきたのですが見事に水玉状に弾いておりました!

アフターです↓

シミもスクラッチもとっても少なくて、とってもお綺麗です!

ルーフも・・・

小雨でしたが、その小雨のまま細かな水玉になっています(笑)

凄いっす!!

アフターです↓

ボンネットに比べますとシミが少し多めですが1年以上経過でこの程度ですので

大切に維持されているのが伝わって参ります。

リアは・・・

こちらも大きな汚れや痛みはございませんでした。

ただブログ的にビフォー&アフター感が 欲しいので 伝わりやすいように隙間の汚れなど

撮ってみました( ̄▽ ̄) 重箱の隅を突っついているレベルです(笑)

アフターです↓

いゃ~綺麗になりました(笑)

冗談はさておき、シミやスクラッチもとっても少なくこちらも良好な状態を

維持されておりました。

 

それと鉄粉の付着状況です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

色的な事もあって写真だとよくわかりません(^▽^;)

でも全体的に少なかったです。

リアも・・・

写真だと全然わかりませんが比較的少なめでございました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

相変わらず全然わかりませんが綺麗になっております。

リアも・・・

スッキリと綺麗になっております!

それとボディサイドも・・・

雨の中走ってきたとは思えない程お綺麗でした。

アフターです↓

何も問題ございません!

ホイールも・・・

輸入車はブレーキダストの汚れが多く付くのですが、とってもお綺麗でした。

アフターです↓

ホントにダストの焼き付き等少なくて普段のお手入れが良いのでしょう!! 素晴らしいです!

そして今回はメンテナンスと同時にヘッドライトコーティングも施工しております。

軽~く磨いて表面の汚れや痛みを除去してからコーティングしております。

それとドアカップのプロテクションフィルムのご依頼も頂いております。

ドアノブの窪みのところです。プロテクションフィルムが透明ですので

目立ちませんが貼ってあります(笑) よ~く見てね!!

ドアカップのプロテクションは爪キズ防止にはとても有効なアイテムです。

爪傷だらけになる前にどうぞ~(^_^)/

そしてピーコックグリーンのVWゴルフ オールトラック、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました~! ツヤピカです!!

ご入庫時も十分にお綺麗でしたが、それでもメンテナンスをすると、

更に綺麗で艶々になるんです(^_-)-☆

1年以上経過でこの痛みの少なさはオーナー様の普段のお手入れの良さだと思います。

これからも大切にお乗りください!

 

今回のお車は本当にお綺麗でオーナー様が大切に、そして丁寧にお手入れされているのが

伝わって参りました(*^_^*)

ひと昔前は “コーティングすればお手入れいらず!” “洗車しなくてOK!”  などと

誰が言ったのかわかりませんが間違えた情報を今でも観たり聴いたりする事も

多いです それは全然間違えた情報ですのでお気を付けてください。

コーティングは万能ではございません。コーティングも時間が経てば痛みも進みますし

汚れも落ちなくなってきます。 その美観の維持、そしてコーティング効果を維持する為にも

普段のお手入れや定期的なメンテナンスが必要になってきます。

綺麗を維持する為にも皆様もメンテナンスを是非どうぞ~(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスIS300 “F SPORT”のご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスIS300“F SPORT”のボディコーティングです。

こちらのホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”は

納車から間もない新車のお車になります!

ホワイトノーヴァガラスフレークは“F SPORT”にだけ設定されている専用色です。

これが綺麗なホワイトなんです(*‘∀‘)

パールホワイトと比べますとパール特有の少し黄色味がかった感じはなく

ホワイトノーヴァガラスフレークはガラスフレークのキラキラ感と透明感の高い

スッカッ!っと、とっても綺麗なホワイトなんです!

そんな綺麗なホワイトノーヴァガラスフレークの新車IS“F SPORT”の現状確認から

初めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少し汚れてはいますけど塗装面自体は曇りもなくお綺麗なんです!

ルーフも・・・

汚れに目が行ってしまいますけど塗装自体はお綺麗です(^_^)/

トランクも・・・

汚れはありますけど申し分ございません。

ただ汚れていると言っても白いボディカラーですと、どれくらいの汚れ具合か

わかりにくいと思います。

そこで黒いリアスポイラーを見ますと・・・

汚れ具合がよくわかります(笑)

全体的にこの様な汚れ具合でした。

ボディサイドは・・・

こちらも曇りも感じられず、とてもお綺麗です!

ホイールは・・・

納車から少し距離を走られていますので汚れておりました。

それはそうと、オレンジ色のキャリパーがカッコイイですね(*’▽’)

 

全体的に塗装面の曇りも無くとっても綺麗でした!

この辺りは流石レクサスと思わせる塗装のクオリティでございます(^_^)/

とは言え納車から当店ご入庫までの数日間に雨にも降られておりますし

虫や鉄粉等の異物などの付着もございます。これらの汚れはシャンプー洗車程度では

落ちません。ですのでいくら綺麗な塗装でも下地作りから行っていきます。

当店は例え綺麗な新車でも洗車してコーティングを塗布するだけの

お手軽コーティングはいたしません(^^)/

それは後ほどわかって頂けるかと思います・・・     意味ありげ(ー_ー)

では作業を始めて参りましょう!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

納車前に何か撥水剤でも掛けたのでしょうか??

それとも油分による水弾きでしょうか??

たぶん撥水剤による水弾きかと思うのですが、いずれにしても中途半端な水弾きです(^^;

運転席と助手席は撥水ガラスになっていますので、それ以外のガラスを磨いて

綺麗にリセットいたします。 サンルーフもね!

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

やっぱり撥水と言うからにはこれ位は弾いてほしいです(笑)

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

あれ~~~

リアも・・・

あら~~(^_^;)

鉄粉が沢山でした。

納車から日が浅いんですけど、なかなか盛大に鉄粉が付いております。

こちらのお車は普段は線路の近くに止めているそうですので納車から数日で

こんなに鉄粉が付いてしまうようです。

なので綺麗な塗装に見える新車でもしっかりとした下地作りが必要なんです。

この上からコーティングを塗ってしまえば、この鉄粉を閉じ込める訳ですから(T_T)

鉄粉処理は重要です。

そして↓は鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです。

綺麗になりました!

リアも・・・

サッパリとしました。

 

サッパリしましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的にとてもお綺麗な塗装肌でしたので塗装を研磨すると言うよりも

ケミカルで落ちなかった頑固な汚れを落とし塗装表面を整えるような軽い磨きになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

当店は綺麗な新車でもここまでしてからコーティングになります!

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々とっても綺麗な塗装肌でしたので写真だと違いがわからないかも知れません。

ただ汚れが落ちたのだけは伝わるかと(^▽^;)

ルーフも・・・

艶々です!

トランクも・・・

潤いを感じますね!

リアスポイラーも・・・

綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

写真だとあまり違いが伝わりませんね(汗)

ホイールは今回ホイールコーティングのご依頼を頂きましたので・・・

PCW-880でホイールコーティングをいたしました!

ダークメタリック感が向上して艶々なりました。

それとヘッドライトコーティングなども行っております。

 

そしてホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORTの

新車コーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

と言っても元々がお綺麗ですので↑の写真ですと違いがあまり伝わらないかもです(^▽^;)

しかし実車の方を見て頂ければ施工前後の違いを感じて頂けると思います。

オーナー様も『新車より綺麗!』と、その違いを実感されているご様子でしたので

間違いありません(笑)

車綺麗になると嬉しいな~と笑顔でお帰りになられました。

ありがとうございました。

 

当店の人気コーティング剤でもございます「EXE-evo1」はベ-スコート+トップコートの

2層コーティングとなります。2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事に

なりますので、その分作業に時間が掛かってしまう為にお値段も高めの設定となりますが、

“極上の深い艶と抜群の保護機能“を実感して頂けると思います!

また今回のお車の様なホワイトメタリックやパールホワイト等の艶や光沢感の違いが

わかりにくいライトカラー系のお車でも艶感・光沢感の向上を実感していただけると思います。

最近「EXE-evo1」のご指名がとっても増えております!

是非、皆様も「EXE-evo1」お試しください(^^)/

おすすめです!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスGS350にボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスGS350のボディコーティングです。

H17年式レクサスGS350です!

初期登録から約16年経過いたしますお車になります。

オーナー様はこの型のGSが欲しくて探していたそうで数台ほど現車確認をして

こちらの個体のご購入に至ったとの事でした。

ご購入後にオーナー様が早速弄られたそうで、一見ノーマル仕様に見えますが

パッと見ではわからないような拘りのカスタマイズが随所に施されておりました(*’▽’)

凄~く自然で綺麗にカスタマイズされているのでオーナー様に言われないと

全然わかりませんでした(^▽^;)   (しかも写真撮っていないので何が何だか全然皆様にも

伝わっていないと思います(^_^;) すみません)

そんな拘りのカスタマイズが施されておりますレクサスGSの現状確認から

始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

少し汚れていますけど初期登録から16年経過とは思えないほどシミやスクラッチが

少ないと思います。

ルーフも・・・

汚れは別としてそれ程悪くない状態ではないでしょうか。

リアも・・・

もちろん16年経ちますので痛みはありますけど、クスミも少ないです。

ボディサイドも・・・

少しビックリするほどシミやクスミが少ないです(*’▽’)

ホイールは・・・

こちらは痛みが進んでいるようでダスト系の汚れが進んでいるようでした。

 

全体的に見て初期登録から16年近く経つとは思えない程お綺麗な塗装面でした。

ご入庫された時の私の初めの印象も“綺麗だなぁ~”でした。 でしたが・・・

綺麗は綺麗なんですけど艶が無いんです(^^; 確かに白くて綺麗なんですけど

パール感も感じられません。

その原因は作業を始めるとすぐに分かったのですが・・・

それは後ほど!!

では早速ですが作業を進めていきたいと思います!作業開始!!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

メッチャ反応しました(T_T)

リアも・・・

スゲ~~~反応しています(^▽^;)

艶を感じない原因はこの鉄粉の量ですね(汗)

これだけ鉄粉が付いていますとボディの艶も引けてしまうと思います。

歴代のオーナー様のお手入れ状況や保管状況はわかりませんので何とも言えませんが

16年間一度も鉄粉処理をしていなければ、これ位は付いていても全然不思議ではないです。

鉄粉処理後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリとしました!!

ここまでの作業だけでも艶が上がったと思います。

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティングの出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-V110です!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に

優れた滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプの

コーティング剤になります!

 

それと今回はヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いております。

↓は現状です。

もの凄く傷んでいる訳ではないのですが↑の写真より実際に見た方が

黄ばんでいます(^^;

近づいて見てみると・・・

こんな感じで曇っております。

そして↓がアフターです↓

クリヤーになりました! 表面のクラックは残っておりますが今回は事前打ち合わせで

表面の曇り除去までのクリーニングご希望でしたのでクラック残っています。

クラック除去までご希望でしたらお気軽にご相談ください!

スッキリしました。

反対側も・・・

実車の方が黄ばんで見えるような・・・(^^;

アップですと・・・

曇っています。

アフターです↓

いい感じです。

曇りや黄ばみが酷いと光量不足で車検も通りませんのでお気を付けください。

 

それではその他の各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

いゃ~綺麗ですね(笑)

とても16年前の車のボンネットには見えません!!

ルーフも・・・

スベスベです(^_-)-☆

リアだって・・・

トゥルントゥルンです(笑)

ボディサイドも・・・

よりスッキリと綺麗になっております。

最後にホイールです。

しつこい汚れ??が残ってしまった所もございますが、だいぶスッキリと

綺麗になりました。

そしてレクサスGS350のボディコーティングが完成いたしました。

艶を感じて頂ける艶々ボディに仕上がりました!

またヘッドライトがクリヤーになった事でお車の印象も変わりましたね(^_-)-☆

ヘッドライトが黄ばんだり白濁していると、いくらボディが綺麗でも車全体が

古臭く見えてしまうものです。

ボディとヘッドライトの同時リフレッシュは大正解です(笑)

お引き取りに来られましたオーナー様も『いゃ~これヤバくないですか!ヤバいっスよこれ!!

新車みたいじゃないですか!!』とヤバいの連発を頂きました!ありがとうございます(笑)

艶感は新車にも負けていないと思います!

こんなに喜んでいただけると作業中の苦労も吹き飛ぶというのものです(*^_^*)

笑顔で喜んでいただくと本当に嬉しく思います。

いつも皆様の笑顔ありがとうございます!!

これからも皆様の笑顔が見れますように日々精進してまいります(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ポルシェ パナメーラ4のご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはポルシェ パナメーラ4のボディコーティングです。

H30年式キャララホワイトメタリックのポルシェパナメーラ4です!

スッキリと綺麗な気持ちいいメタリックホワイトですね(*”▽”)

オーナー様がマメにお手入れされていますので、お車のコンディションは申し分ございません!

とってもお綺麗です。

そんなとってもお綺麗なポルシェ パナメーラ4の現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットです↓

ご覧の通り十分お綺麗です(笑)

ただ写真だとわかりにくいのですが、よくよく見て頂くと細かなシミが沢山付いています。

また微かにクスミも感じます。

ルーフも・・・

少しライトがモヤけて見えると思います。

リアも・・・

ライトの周辺をよく見てみると洗車キズと思われるスクラッチが見えるかと思います。

また細かなシミも確認できます。

ボディサイドは・・・

これまたライトがスッキリと映り込まずに若干クスんでいるようです。

スクラッチも付いています。   メタリックホワイトなんでわかりにくいんですけど(^^;

ホイールは・・・

少し汚れてはいますけどブレーキダストの多く出る車と考えますと十分お綺麗です(笑)

マメにお手入れされているのが伝わってまいります(^_^)/

 

ご覧頂きましたように現状でも十分にお綺麗です。またホワイトメタリックという事も

あって普通に見る分には洗車キズやシミも目立たず良好なコンディションだと思います。

ただ普段は屋外の屋根なし駐車という事もあって、よくよく観察してしまえば細かな

シミもありますし若干のクスミも感じるようになってきたようです。

また撥水力も落ちてしまっているのが気になるとの事でした。

という事で一度綺麗にリフレッシュしていきたいと思います!

では作業を進めて参りましょう。 作業開始~~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

サイドウインドウは軽めの雨ジミが付いています。

フロントウインドウは・・・

何か撥水剤が塗られていたようです。

ただ撥水力が弱まっている感じです(^^;

その弱まっているコーティング剤を・・・

一度綺麗にリセットします。

当店のウインドウコーティングの料金には基本的な下地処理代も含まれておりますが

ウロコの程度によって追加料金がかかる場合がございます。

今回は軽めの雨ジミでしたので問題なく処理できました。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングします。

雨ジミも綺麗になり撥水力も・・・

コロコロの水弾きに仕上がりました!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

点々と見えているのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

少ないですね(^_^)/

リアは・・・

フロントに比べるとやや多いでしょうか!?

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリしました。

リアも・・・

だいぶスッキリとしました!

 

鉄粉処理が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE-evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが

特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それ以外にも今回は・・・

ヘッドライトクリーニング&コーティングそして・・・

テールランプも軽く磨いてからコーティング!

そして・・・

フロントバンパー奥に見える・・・

未塗装樹脂部のコーティングも行っております。

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

施工前も十分にお綺麗でしたが、それでも磨いてコーティングしますと

塗装の透明感や艶感が向上いたします!

ただ写真だとあまり違いが伝わりませんね(^▽^;)

ルーフも・・・

よりクリヤーで綺麗に仕上がっております。

リアは・・・

こちらの写真が一番違いがわかりやすいかもです。 ライトの淵に見えていた洗車キズも無くなり、

クスミもありませんね! ライトがスッキリと綺麗に映り込むようになりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

ライトがスッキリとシャープに映り込むようになりました。

最後にホイールも・・・

ホイールコーティングをして艶々です!

ホイールコーティングは・・・

アルミホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティングです!

そしてキャララホワイトメタリックのポルシェパナメーラ4、ボディーコーティング&

ウインドウコーティングその他諸々の施工が完成いたしました(^_^)/

いゃ~白いですね~(*’▽’)

元々とってもお綺麗にさてれいるお車でしたが微かなクスミやシミ、そしてスクラッチを

リセットしますとキャララホワイトメタリック本来のスッキリと透明感ある色艶に仕上がります。

いゃ、艶はオリジナル以上だと思います(^_-)-☆

オーナー様も『うゎ~ めっちゃ綺麗!! 白でも違いがわかります!!』と、その白さの

違いをご実感されたご様子でした。 ありがとうございました。

 

当店の人気コーティング剤でもございます「EXE-evo1」はベ-スコート+トップコートの

2層コーティングとなります。2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事に

なりますので、その分作業に時間が掛かってしまう為にお値段も高めの設定となりますが、

“極上の深い艶と抜群の保護機能“を実感して頂けると思います!

また今回のお車の様なホワイトメタリックやパールホワイト等の艶や光沢感の違いがわかりにくい

ライトカラー系のお車でも、その違いを実感していただけると思います。

是非、皆様も「EXE-evo1」お試しください(^^)/

おすすめです!

 

宣伝でした! ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

アストンマーチンDBS ヴォランテのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアストンマーチンDBS ヴォランテのボディコーティングです。

アストンマーチンDBSのオープンボディモデルのヴォランテになります!

ず~~っと欲しかったアストンマーチンだったそうですが、いい個体に巡り合えたそうで

衝動買いに近い感じでご購入されたそうです。

そういう運命的な出会いってありますよね~(*´▽`*)

そんな憧れのアストンマーチンをご購入され綺麗にリフレッシュしたいとの事で

大切な愛車のボディコーティングを当店にお任せくださいました。 ありがとうございます。

では早速ですがアストンマーチンDBSヴォランテの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

シミは確認できますが塗装を侵食してしまっているようなクレーター状の深いシミは少ないです。

スクラッチも付いておりますが年式を考えますと少ないですね!

それよりも塗装面を見ていて気が付いたのが・・・あれっ?この網目模様はもしやカーボン製!?

見れば見るほどアッチもコッチもカーボン製ではないですか(;”∀”)  すげ~!

お引渡し時にオーナー様にお聞きしましたら“ボディはカーボンとアルミ製”なんだそうです!  すげ~!!

 

ルーフは・・・

もちろんソフトトップですのでカーボンではありません(*^^*)

所々、広範囲にシミが確認できました。

トランクは・・・

こちらもボンネットと同じように軽めのシミは多いのですが深いシミは少なかったです。

ボディサイド・・・

シミが少ない分スクラッチが気になります(^^;

特にオーナー様が気にされていましたのが・・・

この3本の線キズです。

これは少し深い気がしますけど・・・結果は後ほど!

ホイールは・・・

ガリキズなどは付いていますけど塗装自体はまだまだしっかりとしていてお綺麗でした。

 

初期登録から15年くらいのお車なんですが15年の時間の流れを感じない状態だと思います。

もちろん見て頂いたように軽めのシミやスクラッチ、線キズ等は確認できますけど

塗装そのものはまだまだしっかりとしております。

そして見れば見るほど塗装の“塗り”が綺麗です。塗装の厚み感や平滑さなどが違います(*”▽”)

とは言え現状はそれなりに痛みも進んでおりますのでしっかりと磨いてリセットしていきたいと

思います。 では作業開始~~!!

 

まずは洗車後に鉄粉を処理していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

少ないですね~(*^^*)

よ~く見ればポツポツと付いてはいますけど、とっても少ないです!

リアも・・・

探せば確認できますけどパッと見ではわからないくらい少ないです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

元々が少ないので違いがあまりわかりません(汗)

でも綺麗になっているんですよ(笑)

リアも・・・

よ~く見れば違いはわかるんですけど。よ~く見ないとわかりません(^▽^;)

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤は・・・

PCX-V110をチョイスいたしました!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた

滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回はソフトトップのコーティングも施工していきます。

ソフトトップ専用のクリーナーで洗った後にまたまたマスキングしていきます↓

専用のコーティング剤が他の部分に付かないようにソフトトップ以外、全てマスキングです↓

丸ごとです(笑)

その後にコーティング剤を吹き付けてコーティングしていきました(^_^)/

それと今回はヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いております。

↓はビフォーです。

写真ですと全然伝わりませんが若干白濁が進んできています。 逆に言いますと写真では

上手く撮れない位の軽めの白濁なんです。

アフターです↓

ヘッドライト外側の白濁は除去できクリヤーになったのですが、ヘッドライト内側の曇りが

少し気になるかも知れません。 しかし↑の写真のように写真で撮るとその曇りが

上手く伝わりません(汗)

ヘッドライト内側の曇りを処理するにはヘッドライトの分解が必要になってきます。

反対側も・・・

軽~く曇り気味なんですけどわかりませんね(;´∀`) すいません。

アフターです↓

こちらも表面の曇りが無くなってクリヤー感が上がったのですが

内側の曇りは残っております。

 

ではその他の仕上がり具合も確認していきましょう。

シミもスクラッチもスッキリとしました!

カーボンの網目がよく見えるようになったと思います(^_^)/   わかります??

ルーフのシミは・・・

完全には落ちませんでしたが、だいぶ目立たなくなりました。

また黒さも増しました。

トランクも・・・

シミが取れてスッキリですね!

ボディサイドは・・・

スクラッチも無くなりクスミも取れてライトもしっかりと映り込んでおります。

そしてオーナー様が気にされていた3本の線キズも・・・

深いからどうかな~?と思ったんですけど綺麗に除去できました。

目が行く場所でしたので除去出来て良かったです(*^_^*)

最後にホイールです。

タイヤもホイールもしっかりと洗った後に艶出ししております。

そしてアストンマーチンDBS ヴォランテのボディコーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました~!(^^)!

色に深みが出て艶やかさと光沢感の向上を感じていただける仕上がりになったと思います!

特にアストンマーチンのような曲面の綺麗なお車にガラスコーティングをするとボディラインが

より強調されて綺麗なんです(*^_^*)  もちろん日中の太陽の下で見ても綺麗なんですが、

夜の街灯の下で見ますとこれがまたいいんですよ~。

街灯に照らされた愛車はいつもの2.5倍はカッコよく見えるものです!  本当ですよ(笑)

なかなかマニアな視点になりますが街灯に照らされた愛車を眺めたり、写真を撮るのも

また違った車の楽しみ方でもあります!

皆様も是非お試しを(^_^)/

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レンジローバースポーツのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレンジローバースポーツのボディコーティングです。

H18年式のレンジローバースポーツです!

ご購入から間もなく15年が経過しますお車になります。

以前に一度、ヘッドライトクリーニングで当店にお越しくださっておりますが

今回はボディコーティングのご依頼を頂きました。 ありがとうございます。

ソリッドの白ですが15年も経っているとは思えない程まだまだ白いです(笑)

とは言えやはり15年です。細かく観察していきますと色々と見えてきてしまうのもまた事実です。

では早速ですが各部の状態を見ていきましょう。

まずはボンネットからです↓

シミやスクラッチはとても少ないのですがご覧のようにクスミが進んでいて

透明感が引けています(^^;

ルーフも・・・

こちらも比較的シミやスクラッチも少ないのですがクスミが進んでいてライトの周りが

白くボヤけて見えます。

ボディサイドも・・・

年式を考えますとお綺麗ですね!しかしもう少しシャキッとした映り込みにしたいです(笑)

リアも・・・

ボディカラーが白ですので普段スクラッチやシミも気になりませんがライトを当てて見ると

塗装面の痛みもよく見えてしまいます(^_^;)

ホイールも・・・

お綺麗でした(*’▽’)

 

全体的に15年の歳月を感じさせない程お綺麗な状態を維持されていました。しかも洗車は

あんまりしていないとの事ですので更にビックリです(;´∀`)

普段は雨が当たらない屋根の下で保管されているそうですので納得は納得なんですけど

それにしても15年を感じさせない程お綺麗でした。ただやはりクスミが進行していて

ライトを当てて見てもライトの周りが白くボヤッと見えますし透明感もあまり感じられませんでした。

それがお車全体を見た時の印象にも繋がってきます。

何と言いましょうか?? いまいちキリッっとしないで疲れた感じとでも言いましょうか。

そんな疲れた感じをキリッ!っと、そしてパリッ!と感じて頂ける仕上がりにしていきたいと

思います!  では作業を進めて参りましょう。作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーシュッシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

少しわかりにくいかも知れませんが鉄粉多いです(^^;

15年ですのでしょうがないです。

リアも・・・

多いです。

オーナー様も後ろの方がポツポツとしていると気にされていました。そのポツポツの正体が

この鉄粉達です(汗) これだけ付いていると気になりますよね~(^▽^;)

その鉄粉達を処理した後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ鉄粉も無くなりましたね!

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました!

鉄粉も知らず知らずのうちに勝手に付いてしまいますので定期的な処理がおすすめです。

鉄粉処理が済みましたら今度はボディにマスキングをします。

いつもよりマスキングが少なめですが、まずはここまでです。あとのマスキングが必要な場所は

磨く直前に貼ってすぐに剥がす方法で進めていきました。

マスキングもとても奥が深くお車の状態によってマスキング方法を変えております。

そしてこの後に磨いていきました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回もヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いております。

現状です↓

それ程痛みが進んでいる訳ではないのですがライト下部がやや白っぽく白濁しています。

反対側は・・・

こちらのヘッドライトは一度交換されているので痛みは少ないです。

全体的に若干の曇りも感じますが写真に撮ってしまうと正直わかりません(;´∀`)

そしてアフターです↓

 

 

あれっ??

 

ない??(汗)

 

写真がない((;゚Д゚)ガクガクブルブル

すいません。アフター写真を撮り忘れたようです。

申し訳ございませんm(__)m

 

気を取り直して・・・

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

クスミも無くなってスッキリと綺麗になりました(^_^)/

ルーフも・・・

白い曇りも無くなってスッキリと綺麗にライトが映り込んでおります!

ボディサイドも・・・

ライトがシャキッとシャープに映り込むようになりました。

リアも・・・

綺麗になりました。

最後にホイールは・・・

より綺麗に美しく!

そしてレンジローバースポーツのボディコーティングが完成いたしました!

いかがでしょうか。施工前よりシャキッとしたように感じませんか??

またはパリッとしたように感じませんか??  正解はどちらもです(笑)

元々お綺麗でしたが施工前と比べると白さと透明感そして艶感が全然違うんです!

写真よりも実車の方が違いを感じて頂けると思います(^_-)-☆キュピーン

オーナー様も『いゃ~綺麗になったね。なんか白くなったね~』と、お喜びになられている

ご様子でした。 ありがとうございました。

 

車は洗車時に付くキズ、紫外線による色褪せ、そして汚れやクスミ等進行で知らず知らずのうちに

本来の色や艶が失われていきます。 しかし毎日の様に見ていると全然わからない物です。

そしてある時に気が付くんです。“アレ?キズだらけだぁ” とか “なんか汚い” やら “艶がない” 等です。

でも諦める事はございません! 磨けば本来の色と艶にまた出会えます(^_-)-☆

愛車が綺麗になると愛着も一層深まります。

皆様の愛車は大丈夫ですか? 色が変わっていませんか??艶はありますか??

でも大丈夫です!

磨けば光りますので諦める前にカービューティープロ カラーズにお気軽ご相談ください(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ20系アルファードのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ アルファードのボディコーティングです。

H24年式20系トヨタアルファードのボディコーティングです!

久々のボディコーティングのご紹介になります(^_^)/  3週間ぶりぐらいな気が(笑)

こちらのアルファードはご購入から8年以上経過しているお車になますが、まだまだ艶も感じられて

お綺麗です! それもそのはず車検のタイミングで毎回再コーティングをされているとの事です!

納得です(^.^)

いままでは車検をお願いしていたお店にコーティングを依頼されていたそうですが、今回は当店を

お選びいただきました。 ありがとうございますm(__)m

ではご購入から8年以上経過いたしましたソリッドブラックのトヨタアルファードの現状確認から

始めて参りましょう!

まずはボンネットです↓

まだまだ艶も感じられるお車ではありますが、よくよく観察いたしますと、そこそこの量の

スクラッチも確認できます。 しかしシミは少ないですね!

ルーフも・・・

ソリッドブラックですのでどうしても洗車キズ等のスクラッチは付きやすく、

そして目立ちやすいです(^^;

しかしボンネット同様にシミはとっても少ないです。

ボディサイドも・・・

スクラッチが多いです。

リアも・・・

クスミなどは少ないのですがスクラッチが目立ちます(^^;

ホイールは・・・

やや汚れ気味でございました。

 

全体的に8年経過したソリッドブラックのお車には見えない位、お綺麗な状態のお車だと思います。

スクラッチはどうしても付いてしまうのですがクスミも少なく、特にシミの少なさは少し驚きでした。

駐車場が屋根有り&普段のお手入れの良さがシミの少なさに現れているのだと思います。

これが屋根なしの駐車場&あまりお手入れされていないソリッドブラックのお車だと

シミだらけで大変な事になっている場合がほとんどです(^▽^;)

また酷くなってから磨いても取り切れないシミも多くなってしまいます。

今回のアルファードは車検毎に磨いていたそうですので、その効果がはっきりと表れておりました(^_^)/

今回もキッチリと磨いて艶々のお車に仕上げていきたいと思います!

では作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉を処理していきますが、もうお気づきかと思います(笑)

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応するのですが、お車が黒いので専用の

クリーナーを吹き掛けましても・・・

何が何だかわかりません!

リアも・・・

わかりません(^^;

実際のところはそれ程多くは付いていませんでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、これまた・・・

何が何だか状態です(汗)

リアも・・・

違いがわかりません(^_^;)

 

鉄粉の除去が終わりましたら今度はボディにマスキングをしていきます。

そしていよいよ磨きの始まりです!

今回はプレシャスプランでのご依頼になります。プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの

線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。

(深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の

汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、

ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を

削らないよう、むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回はヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いております。

↓はビフォーです。

もの凄く傷んでいる訳ではないのですが、白濁が進んでいてヘッドライトの内部が

曇っていてよく見えません。

アフターです↓

丸見えです(笑)

反対側は・・・

こちらの方が白濁が軽い感じでしたがクリヤー感が損なわれていましたので・・・

クリヤーに仕上げましたヽ(^o^)丿

これだけでもお車の印象は大幅にアップいたします。

 

では各部の仕上がりも見ていきましょう!

まずはボンネットからです↓

スクラッチもスッキリとして艶々です!

ルーフも・・・

深い線キズ等が残ってしまいますが、だいぶサッパリと綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

綺麗に仕上がっております(^_^)/

リアは・・・

クスミも無くなってスッキリとクリヤーになりました。

ホイールは・・・

実はホイールを洗っている時に気になる事があって一旦作業をストップしました。

直ぐにオーナー様にご連絡を入れ確認していただきました。オーナー様とご相談の末に

今回はごく軽く洗うだけとなりましたので、しつこい汚れは落ちませんでした。

そしてソリッドブラックのトヨタアルファードのボディコーティングが完成いたしました!

いかがでしょうか。ツヤピカに仕上がっております(^_^)/

元々艶感も感じられお綺麗なお車でしたが磨くとやはり全然違います。

塗装表面に付いているスクラッチやシミそしてクスミ等がボディの艶や透明感を低下させます。

またスクラッチが多いと黒ではなくグレーっぽく見えてきてしまうんです。

それらの不具合を丹念に磨き可能な限り取り除いていくことで新車にも負けない艶と透明感を取り戻します!

オーナー様も『いゃ~綺麗になったね! ガラス越しからでもわかったよ!!』と、

お喜びいただけたご様子でした。 ありがとうございました。

 

ダークカラー系、特にソリッドのブラックは簡単にキズがついてしまいます。触ればキズが

付くと言っても決して大げさではありません(T_T) それ程ソリッドブラックはデリケートな塗装なんです。

ですのでお手入れは大変です。 そういう目で今回のアルファードを見て頂くと、

とても大切に維持されてきたのがわかって頂けると思います。

ソリッドブラックに限らずですがダーク系カラーにお乗りの方、洗車は優し~く優し~く行ってください。

間違っても力を入れてゴシゴシは避けてください。 簡単に洗車キズが付きます(^▽^;)

お手入れは大変ですがそれに答えてくれるのがダークカラーだと思います!

お手入れ頑張っていきましょう(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ダイハツ タントカスタムのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ タントカスタムのボディコーティングです。

H26年式ナイトシャドーパープルクリスタルメタリックのタントカスタムです!

なにやら難しい名前のカラー名ですが紫色のタントと言えば頭に思い浮かぶ方も多いのではないのでしょうか。

それくらい見かける事も多い人気のカラーです(*”▽”)

明るいところで見ると鮮やかなパープルですが暗い所で見ると黒に見えるくらい陰影の違いが

ハッキリするボディカラーです!

そんな本来は鮮やかなパープルのタントもご購入から6年が経ちクスミや痛みが進んできたご様子です。

ボンネットを見てみると・・・

シミも多くスクラッチも目立ちます。

ルーフは・・・

ボンネットより一段とクスミが進んでいます(;´∀`)

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフの水平面に比べますとクスミもシミも少ないですね。

リアも・・・

スクラッチは付いていますけどシミは少ないです。

ホイールは・・・

ちょこっと汚れ気味でした(^^;

 

ご購入から6年という事もあって、それ相応の痛み具合ではないかと思います。

ルーフが一番痛みが進んでいるようですが、軽のハイト系ワゴンやミニバンなどの

水平で長いルーフはどうしても痛みがちです。

しかも普段は見えないので“まっ いいかな!”になってしまいがちでもあります(^▽^;)

そして久々にルーフを見ると・・・見なかった事にしようとしまいがちです(笑)

でも もう見てしまったのです。 現実を!!(笑)

しかし例えルーフが痛んでいたからと言っても諦める事はございません。磨けば光るんです!

そう!今回のタントのように!( ̄∀ ̄)ニヤリ

どれくらい光ったかは後ほど(笑)

何だか自分でハードルを上げてしまった感じもしないではないですが(汗)頑張って参りましょう!

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが、そもそもボディが

紫色ですので・・・

わかりにくいです(^▽^;)  紫色と言うより黒っぽい反応をするんですが

それでもわかりにくいですね(汗)

リアも・・・

わかりませんね(;´∀`)

でもボディから滴り落ちてくるクリーナー液は・・・

結構紫色になっています。

実際に塗装面を撫でてみてもザラザラで多く付いていました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

でもやっぱりわかりません(^▽^;)

リアも・・・

写真だと変化ないです(汗)

しかし滴り落ちてくるクリーナー液は・・・

もう紫色ではありません!!

鉄粉が終わりましたら今度はボディにマスキングを施し・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回はへッドライトの曇りの除去も行っています。

ビフォーです↓

結構白濁が進んでいます。

近くで見ると・・・

白いです(^▽^;)

反対側も・・・

全体的に白いです。

ヘッドライトの内部もよく見えませんね(^^;

アフターです↓

おっ!

おおぉ!!  クッキリとクリヤーです!

反対側も・・・

白濁も無くなって・・・

見える!見えるぞぉ!!  ヘッドライトの内部まで見えるぞぉ!!

と言いたくなるくらいスッキリとクリヤーに仕上がりました(^.^)

よかった! よかったぞぉ!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチも綺麗になってサッパリです!

クスミが進んでいましたルーフも・・・

クリヤーで艶々です(*”▽”)

メタリック感も取り戻しました。

ボディサイドも・・・

綺麗になりました。

リアは・・・

深めのスクラッチは残っていますがサッパリとしましたね!

最後にホイールも・・・

綺麗にしましたら・・・

ナイトシャドーパープルクリスタルメタリックのダイハツ タントカスタム、ボディコーティングが

完成いたしました!

ナイトシャドーパープルクリスタルメタリック本来の輝きに復活いたしました!

引けていた艶と透明感そしてメタリック感を取り戻し艶々に仕上がっております(^_^)/

またヘッドライトがクリヤーになったのも大きなポイントです。 ↑の写真だとわかりませんが(^▽^;)

ヘッドライトが白濁や黄ばんでいると、それだけで車が古臭く見えてしまいます。

これがクリヤーになると全然違うんです。車がいっきに若返ります(笑)

お引き取りに来られたオーナー様も“おぉ!きれいになったなぁ~”とお喜びになられている

ご様子でした!  ありがとうございます。

屋内保管でほぼ乗らない方は別として通常、車は月日が流れれば流れるほどクスミも進みますし

スクラッチも多くなってきます。でも諦めることはございません!

磨けば光ります!

そう!今回のタントのように!(笑)

皆様のご来店お待ちしております! ( ̄∀ ̄)ニヤリ         宣伝でした(笑)

 

ブラックなどのダークカラーのお車はホワイトやシルバーなどのライトカラーのお車に比べますと

塗装の痛みも早くスクラッチも付きやすく目立ちやすいです。

洗車でも簡単にキズが付いてしまいますので注意が必要です。

スポンジで擦ったりクロスで拭き上げたりと知らず知らずのうちに細かなスクラッチを

つけてしまっています。

少しでもその洗車キズを減らすための正しい洗車方法で洗車することをおすすめいたします。

そこで度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPに洗車方法の動画がございますので

ご参考までにどうぞ!! → 洗車方法

また使用しているスポンジや拭き取りのクロスなどは定期的に新品に交換することもお薦めです(^^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスLS、ヘッドライトのクラック除去です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日はヘッドライトに入ってしまったクラック除去のご紹介です。

基本的に当ブログでは現在ボディコーティング(リフレッシュコートは除く)と

コーティングメンテナンス、ルームクリーニングのみブログでご紹介させていただいております。

それ以外のウインドウコーティングやホイールコーティング、ヘッドライトクリーニング等の

単品での作業はご紹介しておりません。

でも、こんな作業も承っておりますよ~。 と、たまには宣伝しないと忘れ去られてしまいますので

今回はヘッドライトクリーニングをご紹介されていただきます!  忘れないでね~(^^)/

本日はこちらの・・・

レクサスLSです!

ご覧のようにそれほど酷く黄ばみが進んでいる訳ではありません。寧ろ、このモデルの

LSでしたらお綺麗ではないかと思います。

と、思ったらホントはもっと黄ばんでいたので少し前に某所にてヘッドライトクリーニングを

お願いしたそうです。それでそれなりに綺麗にはなったのですが見る角度によっては黄ばんで

見えるしヘッドライトの表面のクラックも気になるとの事で当店にご相談に来られました。

近くで観察してみると・・・

写真だとわかりにくいんですけど、少し黄ばみが残っています。

クラックもあるんですけどわかりませんね(^^;

横から見てみると・・・

黄ばみとクラックわかります??

ライトを点灯すると・・・

クラックが浮かび上がってきます。

確かにクラックが気になりますね(^_^;)

 

反対側も・・・

少し離れてみると綺麗ですけど・・・

近くで見るとクラックもあり透明感も損なわれています。

ライト内部のリフレクターが綺麗に見えません。

ライトを点灯すれば・・・

クラックが浮かび上がってきます(^▽^;)

某所ではこれ以上は無理です。限界です。と言われたそうですが・・・

確かにクラック除去の完全除去は難しいかもしれませんがもっと綺麗にはなると思います。

今回は通常のヘッドライトクリーニングではなくその先のクラック除去のご依頼になります。

通常のヘッドライトクリーニングではクラック除去までは行っていません。黄ばみや白濁を

除去してクリヤーにはなりますがクラックは残ってしまいます。

逆にクラックが入っていないヘッドライトでしたらクリーニングで全然問題ありません。

クラック除去はクリーニングより更にハードな磨きになりますので料金もクリーニングより

上がってしまいますが仕上がり具合はよりクリヤーで綺麗になります!

もちろん状態によっては全てのクラックを除去することはできませんが、それでも仕上がりは

全然違ってきます。

 

作業の方はまずヘッドライトをクリーニングした後にマスキングをして・・・

磨いていきます。

磨くと言っても最初は荒削りですので磨くと言うより削るといった方がいいかもです(笑)

荒削り後です↑

荒削りですので真っ白になります(^▽^;) ここからどんどんと磨いて磨いて更に磨いていきます!

そして・・・

最終的にここまでクリヤーに仕上がります!

横から見ても・・・

綺麗になりましたね!

ライトを点灯してみても・・・

スッキリとクリヤーになりました!

よく見ると取り切れなかったクラックが残ってしまいましたが

あまり気にならないかと思います。

反対側も・・・

クリヤーですね(*’▽’)

近くで見ても・・・

ヘッドライトの内部もよく見えます!

ライトを点灯してみても・・・

いい感じに仕上がりました!

そしてレクサスLS、ヘッドライトのクラック除去の完成です!!

う~ん、引きの写真だと違いがわからないな~~(^▽^;)

でもアップの写真で見て頂きましたように左右ともクラックもスッキリとして

クリヤーになりなりました!

実写を見て頂ければ結構お車の印象が変わったと思います(^_^)/

オーナー様も『おぉ!綺麗!!初めからこっちのお店に持って来ればよかった』と

とてもお喜びになられておりました!  実はヘッドライトクリーニングでお越しくださる

お客様、『初めからこっちのお店に持って来ればよかった』と言われる方が多いんです(笑)

某所でクリーニングしたけど限界と言われその後に当店にご相談に来られるオーナー様が

意外に多いんです。

そうなると料金も単純に倍になってしまいますので、まずは・・・

ここ大切です。(笑)      はい!ここテストに出るぞぉ~! (謎)

まずは当店にご相談ください(^_^)/~     テストに出るので赤字で書いておきます(謎)

また、ブログではご紹介はしておりませんがヘッドライトクリーニング以外にも

ウインドウコーティングやホイールコーティング等のご依頼も承っておりますので

お気軽にお問い合わせください。

以上、宣伝でした!!( ̄▽ ̄)

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。