ホンダ N-BOXカスタムの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ N-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプラチナホワイトパールのN-BOXカスタムは2019年の1月に

ボディコーティングを施工させていただきましたお車です。

コーティング施工から間もなく4年を迎えるお車になります。

定期的にメンテナンスにお越しいただいており、今回は通算7度目のメンテナンスの

ご依頼になります!

コーティング施工から間もなく4年を迎えますので塗装面の状態も何となく想像できますが・・・(^^;)

ではN-BOXカスタムのメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

クスミは意外と少ないのですが、やはりシミが多くなってきます(^^;

アフターです↓

↑の写真ですとシミが目立ちませんがメンテナンスでは落ちなかったクレーター状の

深いシミが結構多いんです(汗)

ただメンテナンスで塗装表面がスッキリと綺麗になりましたので

艶感は今だ良い感じです!

ルーフも・・・

汚れています(^^;

それとやはりボンネット同様でシミが多くなってきました。

アフターです↓

シミは残っているんですけどサッパリと綺麗になっております!

リアも・・・

最近洗車をされていなかったそうで黒い雨筋が付いています。

アフターです↓

コーティング施工から4年近いという事もあって、シャンプー洗車をしても

水アカが落ちにくい所が出てきました。

今回はメンテナンスですので洗車では落ちない水アカ汚れも処理していますけど

コーティング効果が薄れてきたようです。

ボディサイドも・・・

汚れ気味なんです(^▽^;)

アフターです↓

艶も復活してスベスベです。

ただやはりコーティング効果が薄れてきようで汚れ落ちが悪くなってきました(;´∀`)

 

それといつもの様に鉄粉の付着除去のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

確か前回のメンテナンスでは鉄粉が多かったのですが、今回は少なめでした。

毎回半年ごとにメンテナンスにお越しくださっておりますが、同じ半年間でも

鉄粉の付着量が結構違うんです。 不思議です(笑)

リアも・・・

ポツポツと確認できます。

鉄粉量的には少ないですね!

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

前も後ろも・・・

スッキリと綺麗になりました!

最後にホイールです。

ホイールも汚れ気味で黒さが引けておりますが・・・

“黒”が復活です!

そしてプラチナホワイトパールのN-BOXカスタム、通算7度目のボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました。

いい艶感に仕上がっております!

コーティング施工から4年が経ち痛みも進んで来た様子でしたがメンテナンスで、

艶感が復活しております(^_^)/

お引き取りに来られましたオーナー様にもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

コーティング施工から間もなく4年が経ちます今回のN-BOXカスタムですが

所々シャンプー洗車では水アカが落ちにくい状態でした。

コーティング効果が薄れてきたサインでもございます。

またシミも多くなってきましたので、そろそろ再施工のタイミングかと思います。

再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に各車バラバラなんですが

黒い車で2~3年、白い車で3~5年くらいが一つの目安でしょうか。

とは言えあくまでも目安です(^^;

お車の痛みの進行は駐車場の環境やお手入れ具合等で本当に各車バラバラです。

一つ言えるのは痛みが酷くなる前、比較的綺麗なうちに再施工するのがおすすめです。

あまりに酷くなると磨いても除去出来ないシミやキズが多くなってしまいますので、

早めがおすすめです。

シミやキズが気になりましたらカーコーティング専門店の『カービューティープロ カラーズ』に

お気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ステップワゴンスパーダの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ ステップワゴンスパーダのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプラチナホワイトパールのホンダ ステップワゴンスパーダは

昨年の2月にボディコーティングを再施工いたしましたお車になります。

半年毎にメンテナンスにお越し頂いており今回は通算3回目のメンテナンスのご依頼です!

では早速ですがコーティング施工から半年経過のステップワゴンスパーダの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいります。

まずはボンネットからです。

写真だとわかりませんが全体的に水アカ汚れで黒っぽく汚れています(;´∀`)

アフターです↓

コーティング施工から1年半ですので少しシミも増えてきた様ですが

まだまだ艶も健在です!

ルーフも・・・

よく見ると汚れ気味なんです。

アフターです↓

スッキリと綺麗になりました。

痛みも少ないようです。

リアは・・・

黒い雨筋が所々に確認できますが塗装面自体の痛みは少ないようです。

アフターです↓

コーティングも効いていますのでシャンプー洗車でも十分に綺麗になりますが

今回はメンテナンスですので、より綺麗に仕上がっております。

ボディサイドも・・・

汚れ気味です(^▽^;)

アフターです↓

こちらも大きな痛みはございませんでした。

 

それと鉄粉の付着状況です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

鉄粉の付着も細かな反応が確認できますが特別多い訳ではないです。

だからと言って特別少ない訳でもないです(笑) 普通でしょうか(^^;

リアも・・・

反応が流れ気味ですけど↑程度の付着量でした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

リアも・・・

綺麗になっております。

ホイールは・・・

やや?汚れ気味です(^^;

アフターです↓

ホイールが綺麗になるだけでもお車全体の綺麗感が全然違ってきます!

それとメンテナンス毎にフロントウインドウのコーティング再施工もご依頼いただいておりますので

ウインドウコーティングをご紹介してまいります。

↓は現状です。

前回の再施工から約半年程ですが、少し撥水力が落ちてきたようです。

その弱ったコーティング被膜を・・・

一度リセットをしてガラス表面を整えます。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングも完了です!

ウインドウコーティングの耐久性はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって

大きく変わってきます。目安は半年~1年位ですがフロントウインドウはワイパーの

ゴムを撥水ワイパーに交換して頂くとコーティングの寿命が延びますので、

ウインドウコーティングをしましたお車には撥水ワイパーの交換をお薦めいたします!

 

そしてプラチナホワイトパールのホンダ ステップワゴンスパーダ、

ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

 

艶々に仕上がりました!

全体的に汚れ気味ではありましたが塗装面(コーティング被膜)自体の痛みは少なく、

コーティング施工から間もなく1年半と考えますと良好な状態を維持されていると思います。

ただやはり撥水力がだいぶ落ちてしまっておりました。

コーティングの撥水が弱まるタイミングは車の使用状況や保管状況、

そしてお手入れ状況などによって様々です。

また撥水が落ちる要因も色々とあります。汚れの蓄積だったり紫外線の影響だったり、

また普段のお手入れの仕方によっては逆に撥水を低下させてしまう場合もございます。

2年経ってもピンピンに撥水しているお車もあれば半年程でだいぶ弱っているお車もございます。

撥水を維持させるには定期的にメンテナンスをするか撥水剤を定期的に使用する必要があります。

そこで簡単に使える撥水剤がこちらの・・・

R-511 ウォーターアドヴァンスです!

R-511 ウォーターアドヴァンスは洗車後の濡れたままの状態でシュシュッとスプレーして塗り込むだけ!

それだけでスピーディーに撥水を復元します!!

コーティング被膜にストレスを与えることなく、水玉コロコロの撥水をよみがえらせます。

洗車後の濡れたままの状態で塗布シュシュッとスプレーをして拭き上げるだけでOKの簡単施工です。

R-511 ウォーターアドヴァンスはPCX-S8やEXE、EXE evo1など水玉撥水タイプの

コーティング施工車におススメです! こちらは¥1,980(税込)になります。

ちなみに低撥水タイプのR-611 ウォーターヴェールもございます(^_^)/

両方とも簡単便利で、艶も出ますので簡易的なメンテナンス剤としても

ご利用いただけますので是非お試しください!

 

久しぶりに宣伝でした( ̄▽ ̄)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ レジェンドのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ レジェンドのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのクリスタルブラックパールのホンダ レジェンドは昨年の12月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から約10ヶ月ほど経過し、シミが多く付いてしまったとの事で

今回はメンテナンスのご依頼を頂きました。

では、コーティング施工から約10ヶ月ほど経過している黒いお車のシミの付着状況と合わせて

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう。

まずはボンネットからです。

確かに確認していきますとシミが確認できます。

普段は屋外駐車で、ほぼ乗らない事の方が多いそうです。

そう考えますと意外とシミは少ない方??かも知れません。

アフターです↓

とは言え、やはりシミが気になりますので今回はボンネットとルーフ、そしてトランクの

水平面はメンテナンスplusの内容でメンテナンスを行っております。

メンテナンスplusではスクラッチやシミを目立たなくする処置をします。

もちろん深いキズやシミは残ってしまいますがアフターの写真のように

シミやスクラッチが目立たなくなりスッキリとします!

これ以上シミやスクラッチを除去をするには本格的に磨き直しが必要になります。

ルーフも・・・

汚れもございますが荒れ気味です(^▽^;)

アフターです↓

こちらも施工前に比べるとだいぶスッキリとしました!

トランクも・・・

どうしても黒いお車はシミが付きやすく目立ちやすいです(^^;

アフターです↓

↑の写真だと洗車キズ系のスクラッチが目立ちますが実車で確認すると

写真程は目立たないと思います。

ボディサイドは・・・

水平面に比べると痛みは全然少ないです。

アフターです↓

まだまだピカピカです!

 

それと鉄粉の付着報告ですがボデイが黒いので写真で見てもわからないのですが、

せっかく撮影しましたので(笑)・・・

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが

やっぱり何が何だかわかりません(^^;)

もちろんリアも・・・

わかりません(^▽^;)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

もちろん全然わかりません(汗)

写真では全然違いがわかりませんが、しっかりと鉄粉処理は出来ております!

見た目に違いが無いんですけど触ると全然違うんです(^_^)/

リアも・・・

見た目に変化ありませんけど(汗)しっかりと処理が済んでおります。

最後にホイールです。

やや汚れ気味でした。

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げています。

そしてクリスタルブラックパールのホンダ レジェンド、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

艶も復活して黒光りを取り戻しております!

各部のアフター写真で見た頂きましたように深いシミや線キズ等も残っていますが

屋外で見る分には気にならないと思います。

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ!』と、とてもお喜びになられておりました!

ありがとうございました。

 

ボンネットとルーフなどの水平面はボディサイドやバンパーの垂直面に比べると

どうしても痛みの進行は早い傾向です。

更に黒などのダークカラー系のお車はホワイト等のライトカラー系のお車よりも

確実に痛みが早いです(;’∀’)

そんな事もあって今回のレジェンドはシミが気になる水平面はメンテナンスplus、

それ以外の部位はスタンダードメンテナンスで作業をおこないました。

ただメンテナンスplusでもやはり限界があり本格的にシミを除去しようとすると

磨きが必要になってきます。

当店のメンテナンスは基本的に磨きをいたしません。ですので深いシミやスクラッチが

残っています。

シミやスクラッチが気になるようでしたら部分的に磨き等のご依頼も承っておりますので

お気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ホンダ フィットクロスターのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ フィットクロスターのボディコーティングです。

サーフブルー&ブラックルーフのフィット クロスターです!

こちらは新車ご購入から1年半程のお車になります。

新車ご購入時に販売店でコーティングをされたそうですがボディのクスミが気になる&シミが

多く付いてしまったとの事でご入庫くださいました。

ご購入からまだ1年半ですのでパッと見た感じでは艶もあってお綺麗です。

しかしオーナー様が気にされていたようにボディへの景色の映り込みがボヤっとしていて

スッキリしません。

各部を観察していきますと・・・

ボンネットも痛みが進んで来たようです。

細かなシミも多く所々に強く擦ったようなスクラッチが散見されました。

ルーフは・・・

なかなかのシミっぷりです(;’∀’)

↑は洗車前で汚れもございますので単なる汚れか本格的なシミかわかりにくい所が

ございますので洗車後に撮影しましたのが・・・

こちらです。

やっぱりシミが多かったです(^▽^;)

ボディサイドは・・・

オーナー様のご指摘どおり、だいぶクスんでおりました(^▽^;)

ご覧頂いた様にこれでは景色の映り込みがモヤっとして綺麗に映り込みません。

リアも・・・

クスんでおりました。

ホイールは・・・

マッドブラックですので少しの汚れも目立ちやすい傾向です。

 

ご覧いただきましたようにボディサイドのクスミが気になりました。

これはクスミと言うよりも塗装の曇りではないかと思います。

もちろんクスミもあるようですが新車時からある塗装の曇りの様です。

曇っている塗装面を処理しないでコーティング剤を塗っているのではないでしょうか。

それとルーフのシミも進んでおりました。

元々ホンダの塗装は柔らかくてシミも付きやすいです。しかもルーフは黒ですので尚更なのですが

少し痛みの進行が進んでいる様子です。

あまりに痛みが進行してしまうと磨いても処理し切れない所も増えてきますので

そういう意味では再施工の良いタイミングではないかと思います。

では作業を進めて参りましょう!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

結構多いです(汗)

鉄粉の付着量はお車の保管場所や使用場所によって大きく変わって来ます。

もちろん年式が古い方が多いのですが、どちらかと言うと保管場所(周りの環境)の違いで

付着量が左右されることが多いと思います。

リアも・・・

やや多めでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗になりました!

 

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

そして今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です!

 

しかし・・・

EXE evo1をルーフに施工してみたところ何故かスッキリと綺麗に仕上がらないんです(汗)

サーフブルーの部位は問題ないのですがブラックのルーフが綺麗に仕上がりません。

何度か塗り方を変えたり、拭き取りのタイミングを変えたりと色々と試したのですが、

塗装との相性が悪いのか、どうしてもスッキリと仕上がりませんでした。

オーナー様にご連絡をしてルーフは急遽PCX-S9に変更いたしました。

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

それと今回は・・・

樹脂コーティングも行っております!

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

スクラッチも取れてサッパリと綺麗になりました!

シミシミのルーフも・・・

スッキリと綺麗に仕上がりました!

クスミが気になっていたボディサイドも・・・

クスミが取れて透明度が向上しております(^_^)/

リアも・・・

ライトの輪郭もしっかりと確認できるようになりました。

最後にホイールです。

マッドブラックですのでピッカピカって訳ではないのですが(^^;

汚れも落ちて綺麗になりました!

そしてサーフブルー&ブラックのフィット クロスター、ボディコーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

シミやスクラッチ、クスミも無くなり透明感が向上しております。

塗装面の透明感や艶は新車時よりも良いのではないかと思います(^_^)/

そうなんです!ボディに付いているシミやスクラッチ、クスミを磨いて除去し、

コーティングを掛けますと色に深みが出て新車にも負けない、いゃそれ以上の艶やかさと

光沢感に仕上がる事も少なくないんです!

皆様の愛車は大丈夫ですか??

あれっ??っと思ったらリフレッシュの時期かも知れません。

そんな時はカーコーティング専門店『カービューティープロ カラーズ』へ是非お任せください。

皆様のお越しをお待ちしております!

 

コーティング再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に

各車バラバラなんですが、一つの目安は3年でしょうか。

黒いお車でしたらもう少し早めかと思います。 とは言え、あくまでも目安です(^^;

今回のクロスターのルーフはまさに再施工のタイミングだったと思います。

車の痛みの進行は駐車場の環境やお手入れ具合等で本当に各車バラバラです。

一つ言えるのは痛みが酷くなる前、比較的綺麗なうちに再施工するのがおすすめです。

あまりに酷くなると磨いても除去出来ないシミやキズが多くなってしまいますのでお気を付けください。

再施工の時期の判断でお悩みでしたら当店にお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダN-BOXの新車コーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダN-BOXのボディコーティングです。

プレミアムサンライトホワイトパールのホンダ N-BOXです!

こちらは納車間もないピカピカの新車でございます。

N-BOXは当店でもご入庫の多い車種でもございますがプレミアムサンライトホワイトパールの

N-BOXは初入庫でございます。

プレミアムサンライトホワイトパールは真っ白っと言うよりは通常は青味がかったホワイトに見えます。

しかし光が強く当たっていると黄色に輝く美しい品のある綺麗なボディカラーです(*^_^*)

そんな綺麗なカラーなのですが・・・

新車とは言え塗装面が曇っています(^^;

その曇りの影響でライトの映り込みがモヤっとしています。

ルーフも・・・

ボンネット程ではないのですが曇りがございます。

ボディサイドも・・・

モヤっとしています(汗)

それはそうと、先ほどお話しましたように強い光を当てると塗装が黄色っぽく見えるのが

よくわかると思います(笑)

リアも・・・

曇りがあるので透明感が損なわれております。

ホイールは・・・

汚れも少なくお綺麗でした。

新車という事もあって基本的にお綺麗なんですがライトを当てて見ますと

全体的にボディが曇り(白ボケ)気味でスッキリとしていない状態でした。

毎回申し上げておりますがホンダの新車はだいたいこれ位の曇り様がスタンダードです(^▽^;)

ですのでホンダ車の新車コーティングはボディ磨きが必須です。

では早速スッキリとしたボディを目指して作業を進めて参りましょう!

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

全然付いていない訳ではないのですが反応も少なくお綺麗です。

リアも・・・

ポツポツと確認できますが少ないです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

よりスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリとしました。

 

その後にボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的にやや曇り気味の塗装肌でしたので少しだけ強めの磨きで

曇りを除去してクリヤーな肌に仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S9  

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗な塗装肌になりました(^_^)/

ルーフも・・・

サッパリとしております。

ボディサイドも・・・

曇りが無くなってスッキリと綺麗にライトが映り込むようになっております。

リアも・・・

綺麗になりました!

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

そしてプレミアムサンライトホワイトパールのホンダ N-BOX、新車コーティングが完成いたしました。

曇りも無くなってスッキリとクリヤーそして艶々に仕上がりました!

と、言っても新車のパールホワイトですので写真だとあまり違いがわからないかもしれません(汗)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたように塗装の曇りが無くなって透明感が感じて頂ける

ようになっております。

また景色の映り込みもスッキリとシャープになり新車以上の新車に仕上がりました。

曇りが取れますと透明感が増します。それがお車を見た時の印象にも現れます。

不思議と塗装の曇りが無くなるとお車全体の印象もスッキリとクリヤーでキリッとした

佇まいになります(^_-)-☆

皆様の新車は大丈夫ですか?? 新車なのになんかスッキリとしないなぁ、と感じましたらそれは

もしかしたら塗装面が曇っているのかもしれません。

でも大丈夫です。磨けばスッキリとクリヤーになります。

新車のコーティングも新車磨きを行っているカービューティープロ カラーズにお任せください。

皆様のご来店、お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダN-ONE RSのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダN-ONEのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのサンセットオレンジ2&ブラックルーフの新型N-ONE RSは昨年の6月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

施工から1年と少々が経過し今回はメンテナンスにお越しくださいました。

とても綺麗なオレンジで艶も光沢も十分に感じられますが近くで観察していきますと・・・

ではコーティング施工から1年少々経過しましたN-ONE RSのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう。

まずはボンネットからです↓

拭きキズと思われるスクラッチ&シミが結構付いてしまったようです。

よく“ホンダの塗装は柔らかい”とブログでも書いていますけど、塗装が柔らかいという事は

シミやスクラッチが付きやすいという事でもあるんです(^^;

アフターです↓

今回はスタンダードメンテナンスですので磨きをしていませんのでクレーター状の深いシミや

スクラッチは残ってしまいます。

ルーフも・・・

拭きキズがグリングリンに付いていました(^▽^;)

雨ジミが付くのを防ぐために雨が上がったらマメに拭き上げているそうですので

その影響かもしれません。

黒はオレンジ色に比べるとキズが付きやすく目立ちやすいです(汗)

アフターです↓

こちらも今回はスタンダードメンテナンスですので基本的にクレーター状のシミやスクラッチは

残ってしまいます。

ただメンテナンス前に比べるとスッキリとクリヤーになっております!

リアは・・・

こちらは目立つような痛みは少なかったです。

アフターです↓

艶感もまだまだ健在です!

ボディサイドも・・・

少し汚れてはいますけど痛み自体は少なかったです。

アフターです↓

艶々です。

 

それと鉄粉の付着状況です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

細かな反応が意外と多かったです。

リアは・・・

ボンネットに比べると少ないですね!

水平面の鉄粉量が多めでしたので、もしかしたら駐車時に鉄粉が付くのかも知れません。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になっております。

リアも・・・

スッキリとしております!

最後にホイールです。

マッドブラックですのでブレーキダストが付きやすく目立ちやすいです(^^;

アフターです↓

だいぶ少ないですサッパリと綺麗になりました。

そしてサンセットオレンジ2&ブラックルーフの新型N-ONE RS、

ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

各部の写真で見て頂きましたように正直シミやスクラッチが残っておりますが、

艶も光沢も更に向上し、お車全体の質感がアップしたと思います!

オーナー様も『おぉ!綺麗だなぁ!』と、メンテナンス前後の違いを

ご実感していただけたご様子でした。

ありがとうございました。

 

今回、正直思っていた以上にシミとスクラッチが多く付いてしまった印象です。

特にボンネットとルーフの痛みが気になりました。

ボディサイドに比べるとボンネットやルーフの水平面はどうしても痛みの進行が早いです。

シミが付く要因も色々とあるんですけど車の色によってシミが付きやすい、付きにくいがあります。

また、塗装にも硬度があって柔らかい塗装や硬い塗装と様々です。

もちろん硬い方がシミやスクラッチが付きにくいです。

更に同じ車の同じ色でも製造ロットによって硬かったり柔らかかったりとバラバラなんです。

また痛みの進行は駐車場の環境によっても大きく左右されますし、

お手入れ方法によっても痛みの進行スピードは全然違ってまいります(^▽^;)

もしボンネットやルーフのシミやスクラッチが気になるようでしたら次回は

メンテナンスplusをおすすめいたします。

またボンネットだけやルーフだけの部分磨きも出来ますのでお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダN-BOXカスタムの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ N-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプレミアム グラマラスブロンズ パールのN-BOXカスタムは2018年の11月に

ボディコーティングを施工させて頂きましたお車です。

前回のメンテナンスが昨年の7月でしたので今回は1年ぶり通算3回目の

メンテナンスのご依頼になります!

コーティング施工から3年半程経過しておりますが前回のメンテナンスでは

ボンネットとルーフは軽く磨き直して再コーティングしております。

それから早1年が過ぎお車の状態が気になりますので早速メンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう。

↓はボンネットです。

少し汚れておりました。汚れている状態でも洗車キズ系のスクラッチが付いているのが

確認できます(^▽^;)

アフターです↓

シミもございますが柔らかいホンダの塗装と考えますとシミは少ない方ではないでしょうか。

↑は確認しやすいようにライトを当てていますので、よ~く見えますが屋外で見ると

ここまでは目立ちません。

ルーフは・・・

シミも洗車キズ系のスクラッチも少ないんです(^_^)/

アフターです↓

明らかにボンネットより痛みが少なくてお綺麗です!

リアは・・・

砂埃が溜まっていました。

アフターです↓

隙間の汚れが付いているのと、付いていないのとではお車の印象が全然違ってきます!

お車を綺麗に見せるポイントでもございます。

ボディサイドも・・・

色的な事もあって汚れが目立ちやすいです。

アフターです↓

まだまだコーティングの効果がございますので洗車をするだけでも十分に綺麗になります!

今回はメンテナンスですので洗車以上にピカピカになっております(*”▽”)

 

それと今回ももちろん鉄粉の処理も行っております。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

少しわかりにくいのですが鉄粉は比較的少なかったです。

リアも・・・

写真ですとわかりにくいのですが少なめでございました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

う~~ん、写真だと全然違いがわかりませんね(^▽^;)

リアも・・・

違いが伝わりませんが鉄粉処理は済んでおります。

最後にホイールです。

これまた少し汚れ気味です。

凄く汚れている訳ではないのですが黒いホイールは軽い汚れでも白っぽく見えてしまいます(^^;

アフターです↓

ツヤピカになりました。

そしてプレミアム グラマラスブロンズ パールのN-BOXカスタム、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

いゃ~艶々です!

コーティング施工から3年半経過しているとは思えません(^_^)/

今回のN-BOXは昨年に一度軽く磨き直しているという事もありシミは比較的少なかったです。

しかし洗車キズと思われる細かな線キズがやや目立ちました。

ホンダの塗装は柔らかいのでシミやスクラッチがとても付きやすいのです。

ホンダ車以外でもダーク系のボディカラーはどうしてもシミやキズが目立ちやすいです(^^;

特にソリッドブラックはとてもデリケートです(汗)

ですのでダーク系カラーのお車は正直お手入れが大変です。

洗車時はカーシャンプーを使い優し~く優し~く行ってください。

間違っても力を入れてゴシゴシは避けてください。 簡単に洗車キズが付きます(^▽^;)

しかし、お手入れは大変ですがそれに答えてくれるのがダークカラーだと思います!

綺麗になったダークカラーのお車は映り込みも輝きも最高です!

ダーク系カラーの皆様、お手入れも大変ですが頑張っていきましょう(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ホンダ シビックのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ シビックのボディコーティングです。

プレミアムクリスタルレッドメタリックのホンダ シビックです!

シビックは現行モデル・従来モデル含めて当店初入庫でございます(^_^)/

納車間もない新車でございます!

昨年モデルチェンジを果たしましたシビックですが初代から数えて現行型は11代目のモデルになります。

そのシビックの初代モデルが発売されたのが1972年の7月!

そうです、今年はシビックの生誕50周年なんだそうです\(◎o◎)/!  Happy 50th anniversary!

しかも7月。こちらのオーナー様のシビックも7月納車!! いゃ~何だか運命感じずにはいられませんね~(笑)

これはもうオーナー様に50年間シビックに乗ってもらうしかないですね!

運命だと思って頑張ってもらいたいです(笑)  もちろん私の勝手な希望ですけど( ̄▽ ̄)

50年間綺麗にお乗りいただく為にも、まずはコーティングです(笑)

では早速ですが新車シビックの現状確認より始めて参りましょう。

↓はボンネットです。

いゃ~曇っていますね~(^^;

若干汚れていますので汚れで曇っているように見えるかも知れませんが、

塗装の曇りなんです。

↓は洗車や鉄粉除去等の作業が済んだ後の写真です。

やはり曇っています(^^;

ルーフも・・・

洗車後の写真です。

やはりボンネットと同じように、なかなかの曇り具合でございました。

ボディサイドは・・・

こちらは洗車前です。

ホンダの新車コーティング時は毎回のようにお話していますが、

ホンダ車の塗装は曇っている場合が非常に多いんです。

他のメーカーの新車も曇っているには曇っていますがホンダ車の曇りっぷりは

トップクラスなんです(汗)

リアも・・・

もう少しスッキリとクリヤーにしたいところです。

ホイールは・・・

 

あれっ??

写真が・・・ない。

どうやら写真を撮り忘れたようです(;一_一)  すみません。

 

それと今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、続けてウインドウコーティングの

現状&作業も見ていきましょう。

↓は現状です。

油分の付着があるようで水を弾いておりました。

当初はフロントとリアのみのご依頼でしたがサイドウインドウも油分による汚れ?のような物が

気になるとの事で全面施工のご依頼に変更されました。

新車時はボディ同様ウインドウも最良の状態ではない事がほとんどです。

新車=最高の状態ではなくガラスにも油分等の付着物が付いている事が多いんです。

よく納車直後に綺麗だと思って下地を整えないでボディコーティングやウインドウコーティングを

御自分で施工される方も多いのですが、新車でも下地作りは非常に大切ですのでご注意下さい。

話がそれましたがガラス表面を綺麗にしてからウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをします。

最後に撥水チェックをしましたらウインドウコーティングが完成です。

 

続いてボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

色的にわかりにくいのもございますが反応も少なくて鉄粉の付着は少なかったです。

リアも・・・

反応が“流れて”しまっていますが、反応自体も少なめでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少ないのもありますが・・・

写真だと処理前後の違いがわかりませんね(^^;

違いが伝わりませんが鉄粉処理はバッチリと済んでおります!

 

その後にボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的にやや曇り気味の塗装肌でしたので新車にしては少し強めの磨きで

曇りを除去してクリヤーな肌に仕上げていきました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

コロコロの水玉撥水が気持ちいいPCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それと今回は・・・

フロントグリル等の樹脂コーティングや・・・

ヘッドライトコーティングも施工しております!

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも取れてスッキリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗になりましたね~(^_^)/

ボディサイドも・・

曇りが無くなり透明度を増しております!

リアも・・・

スッキリしました。

最後にホイールです。

アフターは取り忘れていませんでした(笑)

ビフォーの写真が無いので比較できませんが(汗)タイヤもホイールも綺麗に洗ってから

艶出しをして仕上げております。

そしてプレミアムクリスタルレッドメタリックのホンダ シビック、新車コーティングが完成いたしました。

綺麗に仕上がりました!

正直、新車ですので↑の引きの写真ですと違いがわからないかも知れません(汗)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにボヤボヤとした曇りが無くなり、

キリッとシャープに景色が映り込むクリヤーな艶々ボディに仕上がっています。

しかしそれでも実車の方ではボディに映り込む景色がよりクリヤーでボディ全体の光沢も向上しております!

この新車以上の光沢感とクリヤーな塗装肌に仕上げるには、やはり新車でも磨いてから

コーティングをしないと出来ません。

オーナー様も『いゃ~やっぱりちがいますね~!』と、その違いを感じて頂けたご様子でございました。

ありがとうございました。

50年間大切にお乗りください(*^^*)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

クリスタルレッドメタリックのヴェゼルです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ ヴェゼルのボディコーティングです。

H29年式クリスタルレッドメタリックのホンダ ヴェゼルです!

新車でご購入されてから約5年が経過いたしましたお車になります。

とっても綺麗なクリスタルレッドメタリックなのですが流石にご購入から

5年が経ち痛みが目立ってきたそうです。

ボンネットを見て見ますと・・・

なかなかのシミっぷりです(;’∀’)

オーナー様はマメに洗車をされて維持されてきたそうですが、

ある時から急にシミが酷くなってしまったそうです。

洗車しても落ちなく手に負えなくなったので当店にご相談にお越しくださいました。

確かにシミが凄いです(汗)

ルーフも・・・

シミもクスミも凄いです(;’∀’)

ボディサイドも・・・

ボンネットやルーフほどシミは酷くないのですがクスミが進行していて

塗装面がガサガサでした。

リアも・・・

こちらもクスんでいます。 クスミが酷いと言うよりも細かなシミが沢山あるので、

クスんでいるように見えるのかな??

いずれにしろ傷んでいる事には違いありません(^▽^;)

ホイールは・・・

こちらは目立つような痛みや汚れも無くお綺麗でした。

全体的にやはりシミが酷く思う存分ポリッシングが楽しめそうな状態でございました(笑)

それと今回はフロントウインドウのコーティングのご依頼を頂いておりますので

フロントウインドウの確認&作業をご紹介していきましょう!

↓は現状です。

油膜の付着も少なく、とてもお綺麗です(^_^)/

お綺麗なのですがガラス表面には油分以外の付着物等もございますので・・・

ガラス表面を綺麗に整えてからウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをいたします。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをして完成です!

ウインドウコーティングの耐久性はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって

大きく変わってきます。目安は半年~1年位ですがフロントウインドウはワイパーの

ゴムを撥水ワイパーに交換して頂くとコーティングの寿命が延びますので、

ウインドウコーティングをしましたお車には撥水ワイパーの交換をお薦めいたします!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

が、しかし・・・

色的な事もあってか?又はカメラの性能的な事もあってか??

はたまた撮影者のテクニックのせいなのか??

反応が全然見えません(^^;)

実際は結構細かな反応が多かったのですが写真だと全然わかりません(汗)  すみません。

リアも・・・

リアも全然わかりませんね~(>_<)  すみません。

こちらも“それなりに多く”鉄粉が付いていました。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

これまた全然違いがわかりませんがスッキリと綺麗になっております。

リアも全然違いが伝わりませんが・・・

鉄粉処理が済んでおります。

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

楽しい楽しいポリッシングの時間です(笑)

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスッキリとしてライトが確認できるようになりました(笑)

シミシミでしたルーフも・・・

だいぶ綺麗に除去出来ました(^_-)-☆

ボディサイドも・・・

塗装面のガサガサが無くなりライトが綺麗に映り込むようになりました!

リアも・・・

深い線キズは残りましたがシミが無くなり綺麗になりました。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げております!

そしてクリスタルレッドメタリックのホンダ ヴェゼル、ボディコーティングが完成いたしました。

艶々のクリスタルレッドメタリックに仕上がっております!

シミやクスミも取れてスッキリとクリヤーな艶々ボディに復活いたしました。

お車全体がクスミで白っぽくなっていましたがクスミが無くなった事で色に深みも出て

クリスタルレッドメタリック本来の輝きを取り戻しました(^_^)/  いゃ~綺麗な赤です!!

オーナー様も『わぁ~凄い!! ピカピカだぁ!』と、とてもお喜びになられておりました。

ありがとうございました。

 

今回のシミシミの原因ですがオーナー様にお話を聞いてみたところ、可能性として考えられるのが

撥水シャンプーではないかと思います。

今までは通常のシャンプーをしてからワックス掛けを行っていたそうです。

その時は大丈夫だったようですがワックス掛けを止め、撥水シャンプーを使うようになったら

急にシミが増えたとの事でした。

撥水シャンプーやGSの洗車機にある撥水コースやコーティングコースみたいな感じの

撥水コート剤は実は凄くシミが付きます(^^; 使えば使うほどシミシミのガサガサになって

ボディから艶を奪ってしまいます(怖)

また井戸水や地下水で洗車をしますとシミが凄く付きますので基本的に洗車には向かないです。

洗車に使用しているシャンプーや水によって車(塗装面)の痛みの進行が違ってきますので

塗装面の痛み具合に違和感を感じましたらシャンプーや水が原因かも知れません!

皆様もご注意下さい!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ホンダN-BOXカスタムにメンテナンスのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダN-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのN-BOXカスタムはコーティング施工から約2年程経過いたしましたお車になります。

コーティング施工自体は他店にてコーティング施工をされたのですが、その後のメンテナンスは

当店をご利用頂いております。

ではコーティング施工から約2年経過しましたホンダN-BOXカスタムの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

汚れもあるのですがシミが結構多いんです(^^;

今回はコーティング施工から2年が経ち、シミや撥水力の低下が気になるとの事で

ボンネットとルーフは軽めの磨きを入れてから再コーティングのご依頼を頂いております。

アフターです↓

いゃ~スベスベになりました~(^_^)/

気持ち良いですね~!!

ルーフも・・・

シミが多いんです。

アフターです↓

こちらも磨きをして再コーティングしましたのでシミもスッキリと綺麗になりました!

リアは・・・

水アカ汚れが目立ちます(^▽^;)

アフターです↓

ボディサイドは磨きはしないでメンテナンスです。

ボンネットとルーフに比べると痛みも少なかったのでメンテナンスでも

だいぶ綺麗になっております。

ボディサイドも・・・

雨筋がクッキリと!!

それとボディサイドも撥水力が落ちてしまっていました。

アフターです↓

所々コーティング効果がやや落ちているように感じましたが

しっかりとメンテナンスをして汚れも綺麗に落ちました。

それといつもの様に鉄粉の付着除去のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

う~~ん、なかなかの反応っぷりです(^▽^;)

リアも・・・

やや多めに付いておりました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと綺麗になりました!

リアも・・・

だいぶ除去出来ました(^.^)

鉄粉が沢山付いていると洗車時にスポンジやクロスが引っ掛かりスムーズに洗えません。

また撥水の妨げにもなります。

洗車時にスポンジやクロスが引っ掛かかるようでしたら鉄粉等の異物が

沢山付いているのかも知れません。

気になるようでしたらご相談ください。

そして最後にホイールです。

ホイールも汚れ気味でした(汗)

アフターです↓

黒さと輝きが違います(^_-)-☆

そしてホンダN-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

施工前後の違いがわかりにくいパールホワイトですが今回はある意味、一番目に入るボンネットを

磨き直して再コーティングをしましたので艶と透明感はだいぶ違うと思います(^o^)丿

またボディサイドは磨き直しこそしておりませが、しっかりとメンテナンスを行いましたので

艶も光沢も向上してボンネットとルーフとの違和感もなく仕上がっております!

お引き取りに来られましたオーナー様も『おぉ!綺麗だなぁ~』と、お喜び頂いたご様子でございました!

ありがとうございました。

 

今回はボンネットとルーフを磨き直して、その他の部位はメンテナンスで仕上げました。

ボンネットやルーフの水平面はどうしても痛みの進行が早いです。ですのでボディサイドの痛みが

酷くなければボディサイドはスタンダードメンテナンスまたはメンテナンスplusでも十分綺麗になります。

しかしボディサイドも含めて全体の痛みが進んでいる様でしたら、やはりボディ全体の再施工が

おすすめです。

メンテナンスか再施工か?? お悩みでしたらお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。