レクサスIS F SPORTの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスIS F SPORTのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”は昨年の7月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車です。

今回は通算2回目のメンテナンスのご依頼になります。

毎回早めのタイミングでメンテナンスにお越しくださっているのには訳がございます。

こちらのIS、普段駐車している場所が線路の近くという事で、とにかく鉄粉の付着量が多いんです。

その為に毎回早めのタイミングでメンテナンスにお越し頂いております。

その鉄粉の様子はまた後ほどにしまして↓はボンネットのビフォーになります。

若干汚れ気味です。

ただ大きな痛みはないです。鉄粉の付着以外は(^^;

アフターです↓

この通りシミもスクラッチもとっても少なく塗装面の状態は良好でございます。

鉄粉が多かった以外は(笑)

ルーフも・・・

汚れが気になる程度で塗装面の痛み自体はとても少ないです。

アフターです↓

間もなくコーティング施工から1年経ちますが良いコンディションをキープされていると思います。

リアも・・・

汚れてます(^^;

この時はまだ花粉の影響もあったと思います。

アフターです↓

スッキリと綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

通常使用での汚れです。

アフターです↓

こちらも問題なく綺麗になっております。

 

そしてお待ちかね!?の鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

おっ! 意外と少ないです!!

今までで(ISの前の車を含めて)一番少なかったです(*‘∀‘)

リアも・・・

そこそこの量が反応していますが、たぶん今までで一番少ないです!!

何故でしょう?? 電車の運休が多かったのかな??

どれだけ運休したら鉄粉が少なくなるのかって話ですけど(笑)

冗談はさておき↓は鉄粉除去後の再チェックです。

サッパリと綺麗になりました!

リアも・・・

だいぶ反応が少なくなっております!

 

それと今回もウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

施工部位は“お任せします”でしたので作業を進めてみて撥水の低下&シミが気になった、

リアウインドウを再施工いたしました。

他のウインドウはしっかりと洗ったら、だいぶ撥水力が戻りましたので今回は見送りました。

リアウインドウは前回のメンテナンス時にも再施工しているのですが、

リアの痛みが早いようです。その傷んだコーティング被膜&シミを除去して

ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングの出来上がりです!!

 

そしてホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”の

ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

白さが復活してメリハリあるボディに仕上がりました!

綺麗になるとボディのプレスラインや面の張りが引き立ちます。

また白と黒のコントラストがハッキリとしてキリッとお車が引き締まります(^_-)-☆

オーナー様も『いゃ~ いいですね~~』っと、とてもお喜びになられておりました!

ありがとうございました。

 

車は使用していると色々な物が付着します。 また

使用していなくても外に置いて置くだけで異物は付着します(^▽^;)

鉄粉はもちろん、樹液だったりピッチタール、今の時期は虫もいっぱい付きますし、

鳥糞や虫の糞、そしてペンキのミストが付いている事も少なくありません。

毎回、鉄粉の除去とご紹介していますけど、この時に鉄粉以外の付着物も一緒に処理しています。

鉄粉や異物が塗装面に多く付着していると美観の低下だけではなく撥水の妨げにもなります。

撥水剤を使用していても綺麗に水を弾かなかったり、流れ落ちないのは鉄粉等の異物の付着が

原因かも知れません。 白い車ですと鉄粉は目視でも確認もしやすいんですけど、

黒っぽい車ですと見た目では判断が難しいと思います。

見た目で判断が難しい時は洗車時に水を掛けながら優しく素手で撫でてみてください。

ブツブツやザラザラとした感触があったらそれは異物が付いている証拠です。

異物感が気になりましたら当店にお気軽にご相談下さい!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダN-BOXカスタムにメンテナンスのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダN-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのN-BOXカスタムはコーティング施工から約2年程経過いたしましたお車になります。

コーティング施工自体は他店にてコーティング施工をされたのですが、その後のメンテナンスは

当店をご利用頂いております。

ではコーティング施工から約2年経過しましたホンダN-BOXカスタムの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

汚れもあるのですがシミが結構多いんです(^^;

今回はコーティング施工から2年が経ち、シミや撥水力の低下が気になるとの事で

ボンネットとルーフは軽めの磨きを入れてから再コーティングのご依頼を頂いております。

アフターです↓

いゃ~スベスベになりました~(^_^)/

気持ち良いですね~!!

ルーフも・・・

シミが多いんです。

アフターです↓

こちらも磨きをして再コーティングしましたのでシミもスッキリと綺麗になりました!

リアは・・・

水アカ汚れが目立ちます(^▽^;)

アフターです↓

ボディサイドは磨きはしないでメンテナンスです。

ボンネットとルーフに比べると痛みも少なかったのでメンテナンスでも

だいぶ綺麗になっております。

ボディサイドも・・・

雨筋がクッキリと!!

それとボディサイドも撥水力が落ちてしまっていました。

アフターです↓

所々コーティング効果がやや落ちているように感じましたが

しっかりとメンテナンスをして汚れも綺麗に落ちました。

それといつもの様に鉄粉の付着除去のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

う~~ん、なかなかの反応っぷりです(^▽^;)

リアも・・・

やや多めに付いておりました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと綺麗になりました!

リアも・・・

だいぶ除去出来ました(^.^)

鉄粉が沢山付いていると洗車時にスポンジやクロスが引っ掛かりスムーズに洗えません。

また撥水の妨げにもなります。

洗車時にスポンジやクロスが引っ掛かかるようでしたら鉄粉等の異物が

沢山付いているのかも知れません。

気になるようでしたらご相談ください。

そして最後にホイールです。

ホイールも汚れ気味でした(汗)

アフターです↓

黒さと輝きが違います(^_-)-☆

そしてホンダN-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

施工前後の違いがわかりにくいパールホワイトですが今回はある意味、一番目に入るボンネットを

磨き直して再コーティングをしましたので艶と透明感はだいぶ違うと思います(^o^)丿

またボディサイドは磨き直しこそしておりませが、しっかりとメンテナンスを行いましたので

艶も光沢も向上してボンネットとルーフとの違和感もなく仕上がっております!

お引き取りに来られましたオーナー様も『おぉ!綺麗だなぁ~』と、お喜び頂いたご様子でございました!

ありがとうございました。

 

今回はボンネットとルーフを磨き直して、その他の部位はメンテナンスで仕上げました。

ボンネットやルーフの水平面はどうしても痛みの進行が早いです。ですのでボディサイドの痛みが

酷くなければボディサイドはスタンダードメンテナンスまたはメンテナンスplusでも十分綺麗になります。

しかしボディサイドも含めて全体の痛みが進んでいる様でしたら、やはりボディ全体の再施工が

おすすめです。

メンテナンスか再施工か?? お悩みでしたらお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

三菱 デリカD5のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは三菱 デリカD5のボディコーティングです。

ブラックダイヤモンドの三菱 デリカD5です!

こちらは納車間もない新車でございます(*’▽’)

納車間もないのですが既にカスタマイズが進んでいるようで

ホイールも交換済みです! いゃ~カッコイイですね!!

元々デリカD5は根強い人気があるのですが、ここ最近のアウトドアブームもあり

売れているようです。 オフロードが似合う唯一無二のミニバンでもありますので

現在の人気も納得です。

オフロードタイヤの似合うミニバンなんて他にないですからね(*‘∀‘)

カッコイイっす!

そんなカッコイイ、新車デリカD5の現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

ほんの僅かですが曇っているようです。

曇りはいいのですが全体的に洗車キズと思われるスクラッチが付いているんです。

↑の写真でも見えますがボンネットの先端の方が多く付いていて・・・

ライトを当てると無数に見えます(^^;

ただ深いキズでは無い様です。

ルーフも・・・

少し見にくいのですがボンネット同様、浅めのスクラッチが付いていました。

ボディサイドは・・・

塗装の修正跡でしょうか。オーロラマークと言われる磨きキズが残っておりました。

光を当てると白っぽくユラユラとオーロラの様に見えてきます。

それとリアピラー上部には・・・

吸盤の跡でしょうか??

左側面に3ヶ所、反対側の同じ位置に2ヶ所確認できました(笑)

なんでしょう??

リアは・・・

こちらも若干ですが曇りがあるようでライトの映り込みが、今一つスッキリしていません。

ホイールは・・・

マッドブラックのアルミホイールに交換済みです!

マットブラックという事もありブレーキダストが目立ちます(^▽^;)

 

全体的に塗装面が若干モヤッと曇りが確認できました。

それよりもボンネットとルーフに洗車キズと思われるスクラッチが付いていて

そちらの方が少し気になりました(^^;)

ただそのスクラッチも浅いキズの様ですので磨きで処理出来そうです。

ブラック等のダークカラーは納車時点で実は洗車時のスクラッチ(線キズ)が付いていたり、

シミが付いていたり加修の痕跡が付いていたりと色々あるのがダークカラーの新車です。

と言うよりもライトカラー系の車にも付いているのですが目立たないだけなんです。

今回も曇りも含めて塗装面の軽い不具合箇所を整えてコーティングをしていきたいと思います(^_^)/

では作業開始~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

↓は現状です。

油分の付着も少ないようです。 少ないだけで少しは付いてはおります(^▽^;)

その油分の付いているウインドウを・・・

今回は全面施工ですので全面磨きを入れてガラス表面を綺麗にします。

納車間もない新車でもガラス表面に油分等が付いている事がほとんどですので、

新車でも下地処理が必須になります。

ガラス表面を綺麗にしましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをします。

その後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤になります!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にいつものように鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応しますが・・・

黒いボディですと全然わかりません(汗)

リアも・・・

写真で見ると全然わかりません。

実際のところは全体的に少なめでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますけど、

もちろん・・・

前も

後ろも・・・

写真だと全然変化を感じませんが(汗)鉄粉処理が済んでいます。

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回はボンネットやルーフのスクラッチ等、少し気になる所がありましたので、

気になる部位はやや強めの磨きで塗装面を修正していきました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回はカービューティープロ の新アイテムCS-P10 カーリフレッシュ プロを施工いたしました!

『CS-P10 カーリフレッシュ プロ』は無機系成分と有機系成分をハイブリッド配合した、

室内専用のコーティングで、抗菌・抗ウイルス・防カビ等、幅広い効果を長期間持続する

安心安全な室内専用コーティング剤になります!

それ以外も今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしております!

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

クリヤーで綺麗になりました(*^_^*)

ボンネット先端の細かな線キズも・・・

だいぶスッキリと処理出来ました。

ルーフも・・・

綺麗になっております。

ボディサイドに付いていたオーロラマークも・・・

キッチリと磨いたので白っぽく見えていたモヤモヤが無くなりました!

ボディサイドの吸盤のような跡も・・・

もちろん無くなっています(笑) でも洗車では落ちませんでした(^^;

何だったのだろう??

リアも・・・

曇りが無くなり綺麗にライトが映り込むようになりました(^_-)-☆

ホイールは・・・

ホイールはPCW-880でホイールコーティング!

マッドブラックのホイールはコーティングをしますと若干艶が出でしまいますが、

それほど大きく印象が異なってしまう事もないかと思います。

マッドブラックのホイールはブレーキダストが付きやすく、洗っても落ちにくいんです。

そして目立ちます。更に言いますとシミも付きやすいです(^^;

ですのでダストの固着低減にもマットブラックにもホイールコーティングは

おすすめなのですが・・・若干艶が出ます。

そしてブラックダイヤモンドの三菱 デリカD5、新車コーティングが完成いたしました。

いかがでございましょうか。  納車時よりも艶も光沢も向上しています

曇りも無くなり、よりパールを感じて頂ける仕上がりになっております!

元々新車ですのでお綺麗ではあるんですけど更にそこに、ひと手間ふた手間かけてから

コーティングをしますと新車以上の艶感そしてクリヤー感ある新車に仕上がります!

オーナー様も『いゃ~違いますね!パール感が違う!』と、その仕上がりの違いを

感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

車の塗装は納車時が一番綺麗な状態と思われますが実はそうでもないことが多いんです。

新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っていたり、加修の痕跡等が

付いている車が多いのが実情です。 また鉄粉の付着が多い車も御座います。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ひとえにボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

洗車してコーティング剤塗っておしまい!もコーティングですし、磨きを入れて下地を整えてから

コーティングするのもまたコーティングです。 同じコーティングでも仕上がり具合は全然違います!

ですので新車コーティングも”専門店“のカービューティープロ・カラーズへお任せください!

お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ハリアーにメンテナンスのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ハリアーのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ハリアーは

2020年の11月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から間もなく1年半のタイミングで今回はメンテナンスにお越し頂きました。

では早速でございますがコーティング施工から間もなく1年半を向かえますトヨタ ハリアーの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

汚れもあるんですがシミが多いんです。

このシミは雨による雨ジミではない感じです。

アフターです↓

ケミカル剤でシミがだいぶ除去出来ました!

元々洗車キズ系のスクラッチは少ないのでシミが無くなると

かなり好印象になります(笑)

ルーフも・・・

シミが凄いんです。

写真で見るより実車で確認した方がインパクトがありました(^▽^;)

アフターです↓

こちらもだいぶサッパリと綺麗になりました!

リアには・・・

雨筋が凄いです。

しかしそれよりも何か付いているのが気になります。

もう少し拡大してみましょう。

これはもしやアイツがぶつかった跡でしょうか??

もう少し拡大してみましょう!

うゎ~ やっぱりプテラノドンだぁ!!!

っだったら世紀の大発見なのですがはたして!?

アフターです↓

残念ながらプテラノドンではなかったようです(笑)

まぁ大きさが全然違いますし、そもそも現代にはいないしね( ̄▽ ̄)

それはそうと雨筋もプテラノドンっぽいアレもスッキリと綺麗になりました!

ボディサイドは・・・

これまた雨筋が何本も確認できました。

雨が降るとどうしても付いてしまいます(^^;

アフターです↓

雨が降ると付いてしまうのは仕方のない事なのですが問題はその汚れが洗車で簡単に

落とせるかどうかです。もちろん今回のハリアーはコーティングがまだまだ効いておりますので

洗車で簡単に落とすことが出来ました。

これがコーティングしていない車やコーティング効果が落ちていると雨筋の放置時間にもよりますが

洗車では簡単に落ちなくなります。

コーティング施工車両で水アカ汚れが落ちにくくなってきたら再コーティングの

タイミングかも知れませんのでお気を付けください。

 

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

反応がとっても少ないです!!

コーティング施工から1年半近く経過でこの少なさ!  ビックリです(*’▽’)

リアは・・・

ボンネットよりは多めですが、それでもこの程度です。 少ないですね~~。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少ないのですが、よりスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリとしました。

最後にホイールです。

こちらも少し汚れておりました。

アフターです↓

艶感が違います(^_-)-☆

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ハリアー、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました。

いかがでございましょうか。

ご入庫時は汚れやシミの多さもあって少し艶が引けている感じと言いますか、クスんでいる感じでしたが

数種類のケミカルを使い汚れやシミを落とし細部の洗浄を行い最終的にメンテナンスで仕上げれば、

なんという事でしょう!またまた艶々のハリアーに復活いたしました(^_^)/

オーナー様も『ピカピカだぁ!』とお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

そのシミなのですが見た感じどうやら雨ジミではない様です。

シミにも色々と種類があるのですが今回のシミは油系のシミの様に感じました。

その事をオーナー様にお伝えし原因を探った結果・・・

どうやらお車の横に換気扇があるようです(^^;)

おそらく原因はそれだと思います。

換気扇でそんなにシミだらけになる??と思われるかも知れませんが換気扇を侮ってはいけません!

その換気扇がキッチンから繋がっている場合はヤバいです(汗)

脂の乗った魚や唐揚げ、天ぷらや焼肉・・・等々 美味しい食べものは油分が沢山です(笑)

その煙りが換気扇から出てきて車に付いてしまいます。風の方向や強さにもよりますが、

数メートル程度は余裕で飛んできます。そしてボディに付きシミになります(^^;)

今回のシミはおそらく換気扇で間違いないと思いますが、シミが付く要因は様々です。

洗車に使っている水の可能性もありますし(井戸水)ご利用しているシャンプー等のケミカルの

場合もございます。 通常の雨ジミとは違うシミが沢山付いている場合は必ず要因がございますので

アレ??シミが凄いな!っと感じましたら車の駐車場所や使用している洗車用具等を

一度見直してみるといいかと思います。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ フィットの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ フィットのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプラチナホワイトパールの新型フィットは2020年の5月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。

1年毎にメンテナンスにお越し頂いており今回は通算2回目のメンテナンスのご依頼になります。

では早速でございますがコーティング施工から2年が経過しましたホンダ フィットの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

細かなシミは確認できますが、その他の目立つような痛みもなく

比較的良い状態を維持されている様です。

アフターです↓

コーティング施工から2年ですので痛みが進んでいるのは当然ではあるのですが

その痛みの進行がとっても遅いようです!

ホンダの塗装は痛みが早い傾向なのですが2年経過で↑程度ですので申し分ございません(^_^)/

ルーフも・・・

とは言えルーフもよくよく見ればシミも確認できます。

アフターです↓

屋外の屋根なし駐車ですので、どうしてもシミは付いてしまいます。

今回のメンテナンスでは落とせなかったシミもございますが、残ってしまったシミは

比較的軽い(浅い)シミの様ですので軽い磨きでも除去可能な感じのシミです。

屋外で見ると気にならないと思いますが、もし気になるようでしたら次回のメンテナンス時は

軽~く磨くのも良いのではないでしょうか。

リアは・・・

基本的にお綺麗なのですが雨が降ればどうしても隙間に汚れが溜まってしまいます。

アフターです↓

定期的に汚れを落としていれば何も問題ないのですが放置している時間が長ければ長いほど

汚れが固着してしまい簡単には落とせなくなってきます。

今回のフィットは汚れの固着も無く簡単に落とせました(^.^)  よかった~(笑)

ボディサイドは・・・

 

こちらは通常の使用による通常の汚れです(笑)

アフターです↓

痛みも少なくとっても良い状態でした。

 

それといつものように鉄粉の処理も行っていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

反応がとっても少ないです!!

リアは・・・

フロントより多めでしたが、それでも前回のメンテナンスから1年で↑程度でした。

鉄粉は少なかったのですが実はボディサイドには黒いポツポツが多く付いていました。

クリヤーには反応していなかったので鉄粉ではなさそうです。 (写真が無くてすみません)

たぶんピッチタール系の汚れだと思います。

道路工事(アスファルト舗装)直後の道や真夏のアスファルト等は注意が必要なのですが、

正直避けようがございません(汗)

もし付いてしまったらシャンプー洗車では落ちません。

無理にゴシゴシ擦るとキズだらけになってしまいますので、そんな時はピッチクリナーナー等を使って

優しく除去してください。

話がそれましたが↓はアフターです↓

綺麗です!

リアも・・・

よりサッパリとしております!

最後にホイールです。

ゴールドは意外と汚れが目立ちません!

アフターです↓

あまり変化ないように見えてしまいますが(汗)よ~く見れば違います(笑)

そしてプラチナホワイトパールのホンダ フィット、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶も光沢も向上してツヤピカのフィットに仕上がりました!

細部の写真で見て頂いたようにボンネットとルーフに少しシミが増えてきましたが

普段、屋外で見る分には全然目立たないと思います。

シミ以外の痛みは特に気になるような所も無く、水アカ汚れのこびり付きや塗装面のクスミも

あまり進行していないのでクリヤー感もあり2年経過を感じさせない状態を維持されていました(^_^)/

これも普段のお手入れ方法と定期的なメンテナンスの効果ではないでしょうか!

普段のお手入れや定期的なメンテナンスをされている車と全然していない車では

年月が経てば経つほど違いが出てきます。

また、ひと昔前は “コーティングすればお手入れいらず!” “洗車しなくてOK!”  などと

誰が言ったのかわかりませんが間違えた情報を今でも観たり聴いたりする事も

多いです それは全然間違えた情報ですのでお気を付けてください。

コーティングは万能ではございません。

美観の維持、そしてコーティング効果を維持する為にも普段のお手入れや

定期的なメンテナンスが必要になってきます。

綺麗を維持する為にも皆様もメンテナンスを是非どうぞ~(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ダイハツタントの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ タントのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのレーザーブルークリスタルシャインの新型タントはボディコーティング施工から

2年ほど経過いたしましたお車になります。

半年毎にお越しくださっており今回は通算4度目のメンテナンスのご依頼となります!

いつもありがとうございます。

では早速ではございますがボディコーティング施工から2年経過いたしましたダイハツ タントの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

痛みが進んでしまっている様です(^^;

シミもスクラッチも多めでした。

アフターです↓

今回はスタンダードメンテナンスでしたので↑が限界でした。

とは言えシミやスクラッチが見やすいようにライトを当てていますので目立ちますが

屋外で見ると写真で見る程は目立ちません。

ルーフも・・・

なかなかの汚れっぷりでございます(^▽^;)

ルーフの形状的にココに水が溜まりやすいみたいです。

アフターです↓

汚れは落ちましたがシミやスクラッチは残っております。

シミやスクラッチが気になるようでしたら次回はメンテナンスplusまたは部分再施工を

おすすめいたします。

リアは・・・

花粉でしょうか??花粉でしょうね(汗)

雨で流れてバンパー上面に溜まっております。

アフターです↓

スッキリと綺麗になりました。

5月に入り花粉の量もだいぶ減りました。ただ少なくはなりましたが、

まだ飛散しているようですのでもう少し花粉にお気を付けください。

ボディサイドも・・・

雨筋がクッキリと付いていました。

アフターです↓

雨筋もスッキリとしました。

汚れも取れて色に深みが出ました!

 

それと鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

色的にわかりにくい事もあるのですが、そもそも鉄粉の付着量が少ないようで

反応自体も少なかったです。

リアも・・・

よ~く見れば確認できますがリアも少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、

元々反応が少なかったので・・・

写真で見るとあまり変化を感じません(^^;)

リアも・・・

変わり映えしませんが鉄粉等の異物処理が済んでおります。

 

そして最後にホイールです。

黒いホイールは少しの汚れでも汚れが気になってしまいます。

アフターです↓

足元が引き締まります!!

そしてレーザーブルークリスタルシャインのダイハツ タント、コーティングメンテナンスが完成いたしました。

ツヤツヤのタントに復活いたしました!

各部の写真で見て頂きましたように細かなシミやスクラッチが多くなってきましたが

艶も光沢も向上し、お車全体の質感がアップしたと思います!

オーナー様も『わぁ~ピカピカだぁ!』と、とてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

お車の状態は様々です。ですのでメンテナンス方法や使うケミカルなどもお車同様、様々です。

メンテナンスではお車の状態に合った作業方法やケミカルを選んで作業していきます。

また当店のメンテナンスは基本的にポリッシングは致しませんので深いシミや

線キズが残ってしまいます。

余りにシミやキズが酷くてが気になるようでしたら、メンテナンスplusやポリッシング有りの

メンテナンスなども承っておりますのでシミやキズが気になる方はお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ N-BOXカスタムの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダN-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプラチナホワイトパールのN-BOXカスタムは2019年の1月に

ボディコーティングを施工させていただきましたお車です。

コーティング施工から3年と少々経過しました。

定期的にメンテナンスにお越しいただいており、今回は通算6度目のメンテナンスの

ご依頼になります!

いつもありがとうございます。

では早速でございますがコーティング施工から3年と少々経過いたしました、

N-BOXカスタムのメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

洗車キズ系の線キズはとても少ないのですが、さすがにコーティング施工から3年が過ぎましたので

シミが多くなってきました。

アフターです↓

艶感はまだまだあっていいのですが、シミは残りました。

スタンダードメンテナンスではこの位が限界でしょうか。

ただ屋外で見るとあまり目立たないのですがライトを当てて見てしまうと(汗)

ルーフも・・・

汚れもございますが、やはりシミが多くなってきました。

アフターです↓

スタンダードメンテナンスでは磨きは致しません。数種類のケミカルを使って

落とせる汚れやシミを落としていきます。 ↑のはケミカルでは落ちないシミです。

このシミを消すには磨きが必要になってきます。

次回あたりはそろそろ磨き直しが必要なタイミングかと思います。

リアは・・・

最近洗車をしていなかったそうで、そろそろ隙間の汚れも気になる頃です(^^;

アフターです↓

スッキリしましたね!

ボディサイドも・・・

洗車をしていない効果を遺憾なく発揮しております(笑)

最近雨の日が多いのでしょうがないです(^^;

アフターです↓

メンテナンスをすればまだまだ艶々です(^_^)/

 

そして鉄粉の付着状況のご報告です。

↓の黒っぽく点々と見えますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です

少し多めでした。

今回で6回目のメンテナンスですが、今までで1番鉄粉が多い気がします。

リアは・・・

こちらはいつも通りって感じでした(笑)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも・・・

スッキリと綺麗になっております!

ホイールは・・・

こちらも少々汚れ気味です。

アフターです↓

艶々です!

 

それと今回はウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

と言う事で↓は現状です。

フロントは1年半くらい前に一度再コーティングしています。

1年半経っていますので撥水力もだいぶ落ちてしまったようです。

今回は全面再施工ですので全面リセットします!

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングの出来上がり~(^_^)/

梅雨入りする前のベストタイミングです!!

そしてプラチナホワイトパールのN-BOXカスタム、通算6回目のボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶々に復活しました~!

さすがに3年経過しましたのでメンテナンスでは落ちないシミやスクラッチが増えてきましたが

定期的にメンテナンスにお越しくださっている事もあってまだまだ艶感もバッチリでお綺麗です!!

それでも、もしシミやスクラッチ、そしてクスミが気になるようでしたら次回あたりは

コーティング再施工の時期かもしれませんが艶もまだありますし、まだまだメンテナンスでも

いいかな?とも思います(^.^)

パールホワイトやシルバーはシミやスクラッチもあまり目立ちません。

シミやスクラッチが目立たない分、再施工のタイミングの判断も少し難しいかと思います。

これが黒い車ですと痛みがよ~く分かりますので判断しやすいんですが(^▽^;)

再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に各車バラバラです。

再施工の時期の判断でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ランドクルーザー100のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ランドクルーザー100のボディコーティングです。

H17年式トヨタ ランドクルーザー100です!

とは言えご覧の通りノーマルの100系ではなくカスタムモデルのランクルになります!

少し調べてみたのですがフレックスさんのオリジナルカスタマイズモデルの様です。

ランドクルーザー100をベースにランクル60系を彷彿とさせるフロントマスク等を

組み合わせたモデルです。

バンパーやフロントフェンダー、ボンネットはフレックのオリジナルの様ですが

グリルはトヨタ純正部品なのだそうです。

どのパーツも違和感なくフィットしていてカスタマイズモデルと言われなければ気が付かない方も

多いのでは無いでしょうか?? ちなみに角目4灯のモデルもあるようです!

そんなカスタマイズモデルのランドクルーザー100の現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

シミが多いんです(^^;)

汚れの様に見えるかも知れませんがシミになっているんです(汗)

別角度で見てみると・・・

こんな感じです(^^;)

ルーフも・・・

シミも多いのですが、それ以外に何か付着しているようです。

↑の写真だとわからないのですがルーフ全体が黒っぽく煤けている感じでした。

ボディサイドは・・・

この辺りは比較的お綺麗なのですがピラー等は・・・

磨きキズなのかぁ~?? 所々にスクラッチが凄いんです。

リアも・・・

こちらも磨きキズなのかぁ~?? それとも拭きキズなのかぁ~??

もしかしたら両方が合わさっているのかも知れません。

いずれにしろ、かなり深いキズです(^▽^;)

ホイールは・・・

軽く汚れ気味でした。

 

H17年式ですので17年前のお車になります。お車自体は17年前ですがカスタマイズ時に

オールペンされていますので塗装自体は新しいです。

正確にオールペンされた時期はわかりませんがオーナー様がご購入されたのが昨年。

その時には既にカスタマイズ済みでしたのでオールペン自体もその時期なのかも知れません。

正確な時期はわかりませんが全体的になかなかのシミの付き様でした(^▽^;)

それと先ほども書いたのですがルーフは何か付いているようで触るとザラザラです(汗)

しかも煤けています。

その辺りを処置してスッキリと艶々に仕上げていきたいと思います。

では作業開始!!

 

いつもは専用のクリーナーを吹き掛けて鉄粉を確認しますが今回はクリーナーは使いません。

その代わりではないのですがネンドを使ってご報告していきます。

↓は使用する前のネンドです。

そして↓はボンネットを半分くらい鉄粉除去した後のネンドです。

ネンドが汚れた分が鉄粉等の異物です。

↑の写真だと少しわかりにくいのですが鉄粉は“茶色”っぽい色です。

そしてルーフです↓

こちらはネンド掛け前です。

そして↓がネンド掛け後です。

ネンド全体が黒っぽく汚れたのがわかります??

写真だとそれ程ではないように見えますが実際はかなり黒く汚れました。

ルーフをネンド掛けするとネンドが滑らない程ザラッザラでした(^^;

何でしょうか??

ザックザクならお宝だったかも知れませんが、ザラッザラでしたのでお宝ではなかったようです(笑)

残念(^^;

鉄粉等の異物除去が終わりましたら今度はボディにマスキングを貼りますが・・・

取り合えず、まずはここまでにしました。

通常でしたら磨く前の段階でフルマスキングに近いところまでマスキングをしますが

今回は塗装の状態を考えフルマスキングはしません。

あと必要な部位のマスキングは作業を進めながら貼ったり剥がしたりして作業を進めていきました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも無くなりスッキリとしました。

別角度から見ても・・・

綺麗になっています!

ルーフも・・・

煤けた何かも無くなりサッパリとクリヤーになりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

綺麗ですね~(^_-)-☆

ピラーのスクラッチも・・・

スッキリとしてライトが綺麗に映り込むようになっております。

リアは・・・

深い線キズは残ってしまいましたが、だいぶ綺麗になったかと思います。

最後にホイールです。

マットブラックとメッキの組み合わせがカッコイイです!

そしてトヨタ ランドクルーザー100のボディコーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

色的にシミやキズそしてクスミ等が目立たない色という事もあり、

ご入庫時もお綺麗に感じましたが、施工後は艶も光沢もやっぱり違います!

オーナー様も『ピカピカですね!』と、その仕上がりの違いをご実感されたご様子でした。

ありがとうございました。

 

ランクル人気凄いですね! 更に凄いのが、どの年代のランクルも人気という事です!

それも日本だけではなく海外でも人気なのも凄い所です(*’▽’)

昨年発売されました最新の300系のランクルは現在4年待ちだそうです(驚)

今契約しても納車されるのが4年後ですよ!!

さすがにトヨタも“ヤバイ”と思ったのかどうかはわかりませんが、製造ラインを増やして

納期を2年待ち程度まで減らそうとしている様です。

それでも2年待ちですか~(^^;)

とは言え契約しないといつまで経っても来ない訳ですから、とりあえず欲しい方は早めに

契約した方がいいと思います。  あとはひたすら待つのみ!!

ランクル以外でも現在新車の納期が大幅に遅れていますので、

車検のタイミングでお乗り換え予定の方はお気を付けください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ハスラーJスタイルのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ハスラーJスタイルのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのフェニックスレッドパール&ホワイトルーフのスズキ ハスラーJスタイルは

昨年の3月にボディコーティングを施工いたしましたお車です。

コーティング施工から1年経過し今回はメンテナンスでお越しくださいました。

ホイール交換されたようで1年前とは雰囲気が全然違います(*‘∀‘)

白いルーフには白いホイールが良く似合います!!

そんなお洒落さがUPしましたハスラーのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう。

まずはボンネットからです↓

シミも多めで洗車キズ系のスクラッチも、これまた多めでした(;´∀`)

でも↑の写真だとスクラッチがそれ程目立ちませんね(汗)

実際は結構凄かったんです。

凄かったので今回はボンネットを磨き直しております。

サッパリと綺麗になりました!!

ルーフも・・・

これまた↑の写真だと綺麗に見えますがシミが凄いんです。

スクラッチもあるのですがルーフは白いので目立ちません(笑)

アフターです↓

アフターの写真の方がシミが確認しやすいと言う・・・(^▽^;)

今回ルーフは磨き直していません。

少し様子を見て頂いてあまりに気になるようでしたら磨き直しを考えたいと思います。

ボンネットとルーフはシミが多いのですが、このシミは雨による雨ジミでなさそうです。

シミも色々と種類があるのですが今回のシミは油系のシミでは無いかと思います。

なかなか原因を突き止めるのは難しいのですが意外と多いのが駐車場の近くに換気扇がある場合です。

換気扇から出る油でシミシミになる事も多いのでお気を付けください。

あと給湯器も侮れません! お気を付けください!!

 

リアは・・・

ウインドウ下などは雨が降ると汚れが溜まります。

これが美観低下に繋がります。

アフターです↓

この汚れが無いだけでも印象が全然違うと思います!

ボディサイドも・・・

雨の日が多かったので汚れ気味です。

アフターです↓

スッキリと綺麗になりました!

でもお引渡し時は雨が降っていました・・・(^▽^;)

 

それと鉄粉の付着状況です。

黒っぽく点々と見えていますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

と言いましても探さないとわかりません(笑)

それくらい少なかったです!

リアは・・・

反応が見えやすい白い部分を写真に撮りました(笑)

1年経過で↑程度ですので少ないですね!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々ですがよりスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリとしました。

最後にホイールです。

どうしても白いホイールは汚れが目立ってしまいます。

アフターです↓

でもやっぱり白いホイールはカワイイしカッコイイです(^_^)/

そしてフェニックスレッドパール&ホワイトルーフのスズキ ハスラーJスタイル、

ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶、光沢、そして色の深みが向上し艶々のボディに仕上がりました。

赤がより赤く、白がより白くなった感じでしょうか?

元の色に戻ったとも言えなくもないですが(笑) でも艶と光沢は “元” 以上ではないかと思います(^_^)/

お引き取りに来られましたオーナー様も『おぉ!ピカピカだなぁ~~』と、とてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

今回はコーティング施工からまだ1年でしたのでボンネット以外は通常の

スタンダードメンテナンスでしたが痛みが気になるようでしたら、

次回はメンテナンスplusがおすすめです。

メンテナンスplusではスクラッチやシミを目立たなくする処置を追加しております。

それにより光の乱反射が抑えられ深みと艶、そして光沢感が向上します。

また今回の様にボンネットやルーフの水平面だけ磨き直して再コーティングすることも可能です。

基本的に当店のメンテナンスはスタンダードメンテナンスとメンテナンスplusの

2種類ですが、オーナー様のご希望によってメンテナンス内容は色々とカスタマイズも

可能ですのでお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

VWゴルフオールトラックの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはVWゴルフオールトラックのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのピーコックグリーンのVWゴルフ オールトラックは2020年の7月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から間もなく2年が経過いたします。

定期的にメンテナンスにお越し頂いており今回は通算3度目の

メンテナンスのご依頼になります。

では早速ですがメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターで

ご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

細かなシミやスクラッチも確認できますが屋外屋根なし駐車の、しかも間もなく2年経過で↑程度ですので

とっても良好な状態だと思います!

アフターです↓

普段のお手入れが良いのでしょう。クスミもなくクリヤーでございます(^_^)/

素晴らしいっス!!

ルーフも・・・

拭き跡が残っていますけど(^^;それ以外は特に目立つような大きな痛みはございません。

アフターです↓

もちろんシミも全くない訳ではないですが、まだまだお綺麗でございます。

洗車キズ系のスクラッチもとっても少ないので丁寧に洗車をされているのでしょう!

リアも・・・

もう全然問題ございません(笑)

とってもお綺麗です。

お綺麗ですのでアフターを見てみても・・・

写真で見ると代り映えしません(^▽^;)

ボディサイドも・・・

アフターです! っと言っても違和感ない程お綺麗です。

そして本当のアフターです↓

変わらね~~(;´∀`)

いゃ、もちろん綺麗になっているんですよ。ホントに(笑)

でも写真で見ると正直変わらね~~。です。

変わり映えしない繋がりで言ってしまいますが鉄粉も少ないんです。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応するのですが

シュッシュっとスプレーしてみても・・・

あんまり反応しません。

よくよく見ればポツポツは確認できますが前回の鉄粉処理(メンテナンス)から

半年でこの程度ですのでビックリです。

リアも・・・

フロントよりは多いのですが、それでも少ないですね!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、もちろん・・・

写真で見ると正直変わらね~~。です(笑)

リアも・・・

変わり映えしませんが鉄粉処理が済んでおります。

最後にホイールです。

こちらも申し分ないほどお綺麗です。

普段のお手入れ方法が良いのでしょか?それともホイールコーティングが良いのでしょうか??

おそらく両方だと思います(笑) 相乗効果ってヤツですね( ̄▽ ̄)

アフターです↓

相乗効果が威力を発揮しているのでビフォーとアフターの違いがわかりません(笑)

恐るべし相乗効果!  ブログ泣かせだぜぇ相乗効果!!

そしてピーコックグリーンのVWゴルフ オールトラック、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました~!

元々とってもお綺麗なオールトラックですがメンテナンスをいたしますと

更に艶も光沢も向上いたします!

何度もお話していますけどホントに2年経過とは思えない程お綺麗で状態が良いんです。

この綺麗さはやはり普段のオーナー様のお手入れ方法の良さと“愛情”の相乗効果だと思います。

(また相乗効果が出てキター\(◎o◎)/)

今回のお車は本当にお綺麗でオーナー様が大切に、そして丁寧にお手入れされているのが

伝わって参りました。   “愛情”ってホントに大切で効果絶大なんです(*^_^*)

ダーク系のボディカラー、しかも屋外屋根なし駐車ですと尚更綺麗に維持するのは大変なんです!

ひと昔前は “コーティングすればお手入れいらず!” “洗車しなくてOK!”  などと

誰が言ったのかわかりませんが間違えた情報を今でも観たり聴いたりする事も多いです。

それは全然間違えた情報ですのでお気を付けてください。

コーティングは万能ではございません。コーティングも時間が経てば痛みも進みますし

汚れも落ちなくなってきます。

その美観の維持、そしてコーティング効果を維持する為にも普段のお手入れや

定期的なメンテナンスが必要になってきます。

綺麗を維持する為にも皆様もメンテナンスを是非どうぞ~(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。