トヨタ アルファードのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ アルファードのボディコーティングです。

H26年式ゴールドパールクリスタルシャインのトヨタ アルファードです!

↑の写真で見ますと“ホワイト”に見えると思いますが実際に見ると、ややベージュっぽい

色合いのホワイトです。

今、主流になっている“スカッと白いパールホワイト”ではなく暖色系の

温かみあるパールホワイトになります。

この温かみのある色合いがゴールドパールなのだと思います。

アルファードにとてもお似合いのカラーですね!  高級感のあるいい色です(*^_^*)

では新車でご購入されてから7年程経ちましたトヨタ アルファードの現状確認から

ご紹介して参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

店内で確認しますと想像以上にシミが酷かった~~~(;´∀`)

ホワイト系のカラーですので目立たないと言えば目立たないのですが

シミが多いと艶も引けてクリヤー感も無くなります。

ルーフも・・・

シミが多く塗装がガサガサです。

シミが多いと言いますとこちらの・・・

サンルーフはもっと酷いんです(汗)  オ~ノ~!!

こりゃ~大変そうだ(^▽^;)

ボディサイドも・・・

色的に目立ちませんけど、よ~く見るとシミだらけでガサついています。

リアは・・・

シミもありますがクスミが酷くライトがボヤけて映り込んでいます。

ホイールは・・・

マメにお手入れされている事もあって汚れは少なかったです。

 

新車でご購入時にコーティングを行って3~4年前に一度コーティングを

再施工されているとの事です。 定期的に施工されている&マメに洗車を

されているとの事でぱっと見た目には綺麗です。

しかし屋外で確認した時はそこまで気にならなかったのですが

店内で確認しますと・・・あ あれ?? シミが凄いぞ~~(;”∀”)

そのシミの原因ですけど・・・それはまた後ほど(^^;

ではシミシミになってしまいましたゴールドパールクリスタルシャインの

トヨタ アルファードをリフレッシュしていきたいと思います。 作業開始~~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

先ほどのサンルーフの写真でも見て頂きましたがウインドウ全面、ウロコ(シミ)が酷いです(^^;

水は綺麗に弾いていましたので撥水剤を塗られているようですが、ウロコがね~(汗)

その中でもサンルーフのウロコが一番酷かったです。

今回はウロコが酷いので何時もとは違う工程を経て・・・

最終的におなじみの姿になります(笑)

ウロコの除去方法も幾つかありますのでウロコの状態によって作業方法を変えております。

また当店のウインドウコーティングの料金には基本的な下地処理代も含まれておりますが

ウロコの程度によって追加料金がかかる場合がございます。

詳しくはお問い合わせください。

ウロコ除去後です↑  だいぶサッパリとしました(^.^)

もちろん最終的にウインドウコーティング剤で仕上げておりますので・・・

水弾きもバッチグ~です!  ← 古っ(;”∀”)

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉の除去を行います。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

前回のコーティングから3~4年ほど経っているそうですが、3~4年で↑位の鉄粉量でしたら

特別多くはないと思います。  まぁまぁって言ったところです(笑)

リアも・・・

反応が“流れ”てしまっているのでわかりにくいんですけど、ボンネット同様に

まぁまぁの付着量でした(^^;

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリとしましたね!

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

気持ちのいい水玉撥水と深い艶感が特徴の・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

 

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。 「EXE-evo1」は気持ちのいい水玉撥水の

コーティング剤になります。 従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが

特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

シミもスッキリとしてスベスベになりました。

透明感も出ましたね(^_^)/

シミでガサガサだったルーフも・・・

綺麗になりました。

それと英語が話せない私でさえオ~ノ~!!と叫んだと噂のサンルーフのウロコも・・・

思わずビュ~ティフルと言ったとか言わないとか(笑)

とにかく綺麗になりました(^_-)-☆

ウインドウのウロコ(シミ)除去は塗装面のシミを除去するよりも、ある意味厄介なんです。

酷くなると落とせなくなる場合もありますので早め早めの対処がおすすめです。

 

ボディサイドは・・・

塗装面が綺麗になってライトも綺麗に映り込むようになりました。

リアも・・・

クスミが取れてライトの輪郭もハッキリと見えるようになっています。

最後にホイールです。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂きましたので、よ~く洗った後に

ホイール専用コーティング剤でコーティングを掛けております!

そしてゴールドパールクリスタルシャインのトヨタ アルファード、ボディコーティングが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

シミシミでガサついていた塗装肌でしたが、そのシミを磨きで除去し塗装面を

平滑化しますと透明感ある艶々のボディに仕上がります。

また今回使用いたしましたEXE evo1がいい艶を出すんです(^_^)/

オーナー様もスッキリと艶々に仕上がりました愛車アルファードを眺めながら

『よかった、よかった!』とお喜びになられているご様子でした。

ありがとうございました。

 

今回のアルファードに付いていましたシミの原因ですけど推測にはなりますが

ケミカル類の使い過ぎによるシミだと思います。

もう少し具体的に言いますと撥水剤によるものです。

今人気の濡れたボディにスプレーして拭き上げるタイプの物ですね。

オーナー様に確認しましたところ、やはり頻繫に使用されているとの事でしたので

間違いないと思います。 この手のシミは頻繫に撥水剤を使われているお車に

よく見られる症状ですので使い過ぎにはお気を付けください(^_^)/

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ ジムニーのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ジムニーのボディコーティングです。

シフォンアイボリーメタリックの新車、スズキ ジムニーのご入庫です!

ジムニー人気ですね! 当店でも新旧合わせてご入庫率の高いお車でもあります(*^_^*)

今回のお車のカラーでもございますシフォンアイボリーメタリックは人気カラーの様で最近、

街中でもよく見かけますし、当店もこちらのお車で3代目のシフォンアイボリーメタリックの

ジムニーになります。 1台はシエラですけど(^.^)

そんな人気カラーのシフォンアイボリーメタリックの新車ジムニーの現状確認より

始めて参りましょう!

 

 

まずはボンネットからです↓

新車ですけど数日ほど経っておりますので少し汚れています。

シミが確認できると思いますが、これは花粉のシミですね(^^;

ルーフも・・・

軽い花粉ジミが確認できます。

ボディサイドは・・・

シミは無いのですが塗装が曇っております。 ライトの映り込みがモヤッとしていると思います。

ボンネットとルーフも、あまり気にならない程度の軽い曇りはありましたけど

ボディサイドの雲りは、もの凄~く気になります(^^;

リアも・・・

ボディサイド程ではないのですが曇り気味でした(^^;

スペアタイヤの裏側は・・・

新車という事もあって水アカの固着も無くお綺麗でした!

よかった よかった(笑)

 

全体的に新車という事もあってお綺麗なんですがライトを当てて見ますと

ややボディが曇り(白ボケ)気味でスッキリとしていない状態でした。

特にボディサイドの白ボケが気になりました。

この新車時からある白ボケは洗車で落ちるものではなく磨かないと除去できません。

磨かないと除去できないのですがディーラーさんのコーティングは磨かない事が

多いのでお気を付けください(^^;  (中には業者さんが磨いているお店もございます)

ディーラーさんに頼むときは事前に確認するといいかもです。

白ボケは塗装の透明感を阻害し艶感にも影響を与えてしまいますので、

しっかりと磨いて綺麗にしていきたいと思います。

では作業を始めて参りましょう! 作業開始!!

 

今回ウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

新車でも油膜の付着が酷いお車もあるんですけど、油分の付着も少なくお綺麗でした(^.^)

しかし例え綺麗でも・・・

一度磨いてガラス表面をリセットします。

ウインドウもボディと同じように実は色々な異物や汚染物質等が付いているんです。

DIYで行う場合も必ず下地を整えてからコーティングして下さい。

また再施工時も上塗りするのはおすすめしません。古いコーティングを除去してから

コーティングして下さい!

話がそれましたが下地を整えた後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングし、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

ポツポツと確認できました。

新車でも鉄粉は付いているものなんですけど↑くらいでしたら少ないと思います。

リアも・・・

反応は少なめでした。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも・・・

綺麗になりました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをします。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

今回はボディサイドの曇りが気になりますのでボディサイドは少し強めの磨きをしています。

 

磨きが終わりましたら、コーティングへと進みます!  当店では新車でもここまでしてから

コーティング作業に取り掛かります。

今回使用致しましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

綺麗です(^_^)/

曇りが気になりましたボディサイドも・・・

モヤッとした曇りが無くなってスッキリと綺麗にライトが映り込むようになっております!

リアも・・・

ライトの映り込みがキリッとしましたね(^_^)/

もちろんスペアタイヤ裏の部位もコーティングしております。

そして最後にホイールです。

と言ってもビフォーの写真を撮り忘れていたようで・・・すいません。

なのでいきなりアフターです(汗)

ビフォーの写真が無いのでアレですが、元々お綺麗でしたがアフターは艶出しもしていますので

光沢感は向上しています。 比較できる写真がありませんが(大汗)

 

そしてシフォンアイボリーメタリックのスズキ ジムニー、新車コーティングが完成いたしました!

いい艶感に仕上がりましたヽ(^o^)丿

色的に艶感が感じられにくいアイボリーですけど曇りを除去することで

透明感と艶感をしっかりと感じて頂ける仕上がりになります!

オーナー様も『うわぁ 凄いな! すごい綺麗。』と仕上がりの違いをご実感していただけた

ご様子でした。 ありがとうございました。

 

新車は納車直後がベストな状態・・・という車は実は稀なんです。

新車でもキズやシミが付いていたり曇り(白ボケ)が付いている事が

残念ながらとっても多いんです(^^;  当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで

処置して下地を整えてからコーティングをしています。

新車コーティングも下地を整えているカーコーティングの専門店『カービューティープロ カラーズ』へ

是非どうぞ~! お待ちしております(^^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ クラウンのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ クラウンのボディコーティングです。

H30年式ソリッドブラックのトヨタ クラウンでございます!

先代のクラウンは当店のご入庫率が意外と高かったのですが現行型は当店初入庫になります。

初めましてです(笑)  待ち焦がれておりました(*^^*)

現行の220系クラウンはクラウンとしては初のシックスライトウインドウのスタイリングを

採用したスポーティーなクーペルックに変身しました!

また走りの方も鍛え上げられている様で現行型が発表される前には、あのスポーツカーの聖地と言われる

ニュルブルクリンクサーキットでプロトタイプが目撃され話題にもなりました(*’▽’)

そんなスタイリングも走りも一新いたしました新型クラウンの現状確認から

始めて参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

初期登録から間もなく3年経ちますがシミもスクラッチも少なめではないかと

思います。

ルーフも・・・

ソリッドブラックですので、どうしてもスクラッチが付きやすく目立ちやすいです(^^;

それでもやはり少ない方ではないかと思います。

トランクも・・・

所々に目立つ大きなシミは確認できますが塗装を侵食してしまっているような

クレーター状の深いシミは意外と少ないです。

比較的ダメージの少ない軽めのシミが大多数です(^▽^;)

それとボディは・・・

こちらは運転席になります。

ここ辺りは通常の洗車キズによるスクラッチが付いていますけど、年式を考えますと

特に多い感じではなく寧ろ少なめな感じなのですが、リアドアからリアフェンダーに

かけては・・・

磨きキズが盛大に付いておりました(^▽^;)

日陰や曇りの日などに見るとわからないのですが夕方の西日や↑のように

強いライトの光を当ててみるとギランギランに姿を現します(;´∀`)

ここだけ異空間の様です(笑)

ホイールは・・・

こちらは軽い汚れ程度でお綺麗でした。

 

普段はあまり雨風当たらない場所に保管されているそうですのでクレーター状の深いシミは

少なかったです。 しかし軽めのシミが多くオーナー様も気になっていたそうで当店に

お越しくださいました。スクラッチや深いシミは少ないのですがリアドアから

リアフェンダーにかけての磨きキズがなかなかのもので・・・(汗)

以前にリアフェンダーをぶつけられてしまって修理されたそうです。その板金修理時に

付いた磨きキズになります。 ぶつけられたのはリアフェンダーですが大抵は修理部位の

隣のパネルも磨かれる事が多く、この様になっている事が非常に多いのが実情です(^▽^;)

今回、ぶつけられたリアフェンダーよりリアドアの方が磨きキズが凄かったです。

今回はその磨きキズを消し全体的に統一感ある塗装肌に仕上げていきたいと思います。

では作業を始めていきましょう! 作業開始!!

 

ボディの前にウインドウコーティングからご紹介してまいりましょう!

↓は現状です。

何か撥水剤が塗られていたようですが撥水力が落ちています。

運転席と助手席のウインドウは元々撥水ウインドウになっていますので

それ以外のウインドウを磨いて下地処理いたします。

ちなみにですが撥水ウインドウも経年劣化で撥水力が落ちてきたり、またウロコが

酷くなってきましたら再施工が必要になってきます。

今回はまだまだ撥水力もありウロコも気にならないので施工は見送りました。

話がそれましたが下地を整えた後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングしますと・・・

 

コロコロの水玉撥水の出来上がりです!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

既にお約束のようになっていますけど(^^; 黒い車ですと 写真だと何が何だかわかりません!

リアも・・・

わかりません!

実際のところは初期登録から3年ですので触ってみるとそれなりにザラザラとしていましたけど

でもやはり少なめではないかと思います。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

やはり何が何だかわかりません(^▽^;)

リアも・・・

写真だとわかりませんがスベスベになりました。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

ちなみに↓はコーティング屋のブログによくある “半分だけ磨いてみた!” 的な事を真似して

運転席を半分だけ磨いてみました(笑)

どれだけスクラッチが除去出来たのか、わかりやすいですね(^_-)-☆

黒い車はわかりやすいので、これからも時々やってみよっと!(笑)

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

PCX-V110とEXE evo1のコラボレーションです!

シミ対策としましてボンネットやルーフの水平面にEXE evo1を使用して、

その他の部位をPCX-V110でコーティングいたしました(^_^)/

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチ、シミ共にスッキリしてスベスベになりました。

ルーフも・・・

綺麗に仕上がりました。

トランクも・・・

ソリッドブラックらしい“黒”になりました!

ボディサイドも・・・

サッパリとしました。

そして今回のある意味メインイベントでもございますリアドア&フェンダーも・・・

しっかりと磨き上げツルンツルンに、いゃトゥルントゥルンになりました~(笑)

ライトを当てていっても、もうここだけギランギランにはなることはございません!

他のパネルと統一感ある仕上がりになっております(^_-)-☆

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出ししています。

そしてソリッドブラックのトヨタ クラウン、ボディコーティングが完成いたしました!

ソリッドブラックの名に相応しい深みのある漆黒に仕上がりました!

ソリッドブラックはシミやスクラッチが増えてきますと、どうしても白っぽさが

出てきます。またクスミの影響で透明感も無くなってきます。

それらを磨きで処理してからコーティングしますと新車にも負けない色艶に復活いたします(^_^)/

もしかしたら艶は新車より上かもしれません!!

オーナー様も『凄い綺麗! 買った時より綺麗かも!?』とその仕上がり具合に

驚かれているご様子でした(*^^*)  ありがとうございました。

 

板金修理から戻ってくると今回のように磨きキズが凄いって事は本当に良くある事で

全然珍しい事ではないんです。  逆に綺麗に磨かれている事の方が珍しいです(;´∀`)

ただ意外と気が付かないんです。日陰だと見えませんし曇り空でもわかりません。

強い光が当たった時に顔を出します。 また白やシルバー等のライトカラー系の色も

目立たないです。  しかし目立たないだけで本当はギランギランなんです(汗)

原因は色々と考えられますが簡単に言ってしまえば、“ちゃんと磨かれていない”からです。

特にソリッドブラックの磨きは難しくて大変なんです(;´∀`)

もし修理から戻ってきて板金箇所に違和感を感じましたら当店にお気軽にご相談ください。

お待ちしております。

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ライズのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ライズのボディコーティングです。

ブライトシルバーメタリックのトヨタ ライズの新車でございます!

トヨタ ライズ大人気ですね。  老若男女を問わず大人気のようです。ヽ(^o^)丿

お手頃なサイズ、それでいて室内もラゲッジスペースだって広いですし走りだって

1リッターのターボエンジンで意外なほど速いそうです。 もちろん最近の車らしく燃費だって

悪くない様です。大人気になるのも納得ですね!

そんな大人気の新車トヨタ ライズの現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

汚れも若干ありますが、それを差し引いて見ても少し塗装が曇っているようです。

ルーフも・・

少し曇っていてるようです(^^;

ボディサイドは・・・

写真に撮ってしまうとそれ程でもないように見えますがボンネットやルーフより

曇っていました。

ピラーの方がわかりやすいかもです↓

ライトの淵がボヤボヤとしているのがわかると思います。

ボディサイドからピラー辺りにかけて曇りがやや酷かったです。

リアは・・・

こちらも凄~く曇っている訳ではないのですが曇っていますね(^▽^;)

ホイールは・・・

若干汚れ気味でございました。

 

ボンネットやルーフの曇に比べますとボディサイドの曇りがやや目立ちます。

新車コーティングの時は毎回のように書いているのですが(^^;これは新車時(工場出荷時)から

曇っていて全然珍しい事ではありません。今回のライズはそれ程酷い曇りではありませんでしたが、

この曇りが酷いとボディへの景色の映り込みが綺麗に映り込まずにボヤけてしまいます。

また車の透明感も違ってきます。

特にシルバーのお車は透明感の差が見た目の印象に影響を与えます(^^;

曇りが酷いとメタリックが感じにくくて“ベタッ”とした塗装に見えます。

その曇りを取ってメタリックがより輝くように仕上げていきたいと思います

では作業を始めていきましょう。作業開始~(^_^)/

 

まずは洗車後に鉄粉等の付着物を処理していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします↓

ポツポツと確認できました。

新車でも鉄粉は付いているものなんですけど↑くらいでしたら少ない方です。

リアも・・・

反応は少なめでした(*^^*)

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアは・・・

 

 

写真撮り忘れたようです(T_T)  ごめんなさい。

 

気を取り直してボディにマスキングをしていきましょう!

マスキング姿は撮り忘れていませんでした(笑)

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。 新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら今度はコーティングの出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-V110です!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

モヤッとした曇りが取れて綺麗になりました(^_^)/

ルーフも・・・

スッキリとクリヤーになりました。

ボディサイドも・・・

ライトがクッキリとシャープに映り込んでおります(^_^)/

ピラーの曇りも無くなって・・・

こちらもキリッとライトが映り込んでおります。

リアも・・・

サッパリとしました。

最後にホイールです↓

艶々です。

そしてブライトシルバーメタリックのトヨタ ライズ、新車コーティングの完成です!

いかがでしょうか。

正直、元々お綺麗な新車ですので引きの写真ですと違いがわかりにくいかも知れませんが

各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにボヤボヤとした曇りが無くなり

キリッとシャープに景色が映り込むようになりました。 

お車全体が明るくなったように感じます(*^^*)

もちろん曇りが無くなった事でメタリック感がよりUPして光沢も向上いたしました

よく新車は綺麗だから磨く必要はあるの??と、思われる方が多いと思います。

実際ディーラーの新車コーティングはボディを磨かずにコーティング剤を塗っておしまい!って

所が多いです。でも実は今回見て頂きましたように新車特有の曇りが確認できるお車が多いです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地作りをしないでコーティングするのと下地を整えてコーティングするのとでは

仕上がり具合がもちろん違ってきます!  ですので当店では新車も磨いてます!

経年車はもちろん新車もコーティング専門店のカービューティープロ カラーズへどうぞ~(^.^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

トヨタ C-HRのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ C-HRのボディコーティングです。

H29年式ホワイトパールクリスタルシャインのトヨタC-HRです!

ボディコーティング自体はご購入時にトヨタのディーラーコーティングが施されていたそうですが

その後のメンテナンスは当店にお越しくださっており当ブログにも以前に登場頂いております!

今回は通算3度目のご登場です(^_^)/

登録から3年以上が経過し今回はコーティング再施工のご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

では早速ですが登録から3年以上経過いたしましたC-HRの現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

パールホワイトですのでスクラッチは目立ちませんが目立たないだけで、よ~く見ると

細かな線キズが確認できると思います。

ルーフも・・・

よく見ますとスクラッチやシミそしてクスミも進んでいるようで透明感が

少し損なわれております(^^;

ボディサイドは・・・

こちらはスクラッチやシミもとっても少ないです。

ただやはり少しクスミ気味ですね。

リアは・・・

汚れは別として(笑)とってもクスんでいました(^^;

これはおそらく新車時からなのではないかと思います。

ホイールは・・・

汚れ気味でした。

 

初期登録から3年以上経過されておりますので洗車キズ等のスクラッチも付いていますけど

マメにお手入れされている事もあってクレーター状の深いシミは少なめでした(*^^*)

ただそれ程酷くはないのですがクスミも進んでいて全体的にやや透明感が引けています。

前回のコーティング施工から3年以上経っていますのでリフレッシュするには、

いいタイミングではないかと思います。

今後も気持ちよくお乗りいただけるようにスッキリとリフレッシュしてまいりましょう!

では作業開始!!

 

今回ウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますので、ウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

こちらのC-HRは2年半くらい前にウインドウコーティングをしましたので・・・

もう撥水力が落ちておりました。さすがに2年半はキビシイです(^^;

その弱まったウインドウコーティングを一度除去してガラス表面を整えます。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

コロコロの水玉撥水の完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーをシュッシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

そんなに反応しなくてもいいんじゃないですか??と思うくらい沢山でした(^▽^;)

リアも・・・

多かったです(^▽^;)

お車ご購入時と1年くらい前にメンテナンスでお越しくださった時の2度ほど今までに

鉄粉処理しているのですが・・・(汗)

オーナー様に伺いましたらお車を止めている場所が線路のすぐ脇なんだそうです。

納得の鉄粉量です(笑)

線路の近くは鉄粉が多く舞っているので、ある意味しょうがないです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

今度は綺麗ですよ~(笑)

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました!

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリとして綺麗になりました。

ルーフも・・・

シミやスクラッチそして曇りが無くなりライトが綺麗に映り込んでいます(*^^*)

ボディサイドも・・・

クスミもサッパリ!映り込みもシャッキリです(^_-)-☆

そしてボヤボヤにクスんでいましたリアも・・・

透明感が出て艶々です!

ホイールも・・・

黒々としてカッコイイです。

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタC-HR、ボディコーティングが

完成いたしました!

スッキリと綺麗にリフレッシュできました(^_-)-☆

元々とてもマメにお手入れされていてお綺麗なんですが、それでもどうしても月日が

流れれば塗装面の痛みが進んできてしまいます。

その傷んだ塗装面を磨いて整えますとスッキリとクリヤーで透明感を感じられる

ツヤピカボディにリフレッシュできるんです!

これでまた愛車に気持ちよくお乗りいただけること間違いなしです(笑)

これからも大切にお乗りください(^_^)/

 

コーティングの再施工のタイミングはお車によって様々なんです。

パールホワイトのお車はシミやスクラッチがあまり目立ちません。逆にシミやスクラッチが

目立たない分、再施工のタイミングの判断も少し難しいかと思います。

これが黒い車ですと痛みがよ~く分かりますので判断しやすいです(^▽^;)

再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に各車バラバラなんですが

一つの目安は3年でしょうか。 黒いお車でしたらもう少し早めかと思います。

とは言えあくまでも目安です(^^; 本当に各車バラバラです。

再施工の時期の判断でお悩みでしたら当店にお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

トヨタ ヴォクシーのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ヴォクシーのボディコーティングです。

こちらは人気の特別仕様車“煌3”のトヨタ ヴォクシーです!

納車間もない新車になります(^_^)/

ふと気が付いたのですが現行型後期のヴォクシーは初入庫な気がします。

そう思い少し調べましたらヴォクシーの新車は初入庫の様でした。意外や意外です(*”▽”)

そんな意外性に満ちた(笑)新車ヴォクシーの現状確認から進めていきましょう!

まずはボンネットです↓

少しボディの汚れもございますが少し曇り(白ボケ)気味でライトの淵がモヤモヤと見えます。

ルーフも・・・

お綺麗ではあるのですが、もう少しスッキリとさせたいところです(笑)

ボディサイドも・・・

若干ですが白ボケ気味でした(^^;

リアは・・・

こちらも同じような状態です。

ホイールは・・・

ちょろっと汚れておりました。

 

全体的に新車という事もあってお綺麗なんですがライトを当てて見ますと

ややボディが曇り(白ボケ)気味でスッキリとしていない状態でした。

この新車時の白ボケと言われる曇りですが同一車種の同じ色でも製造ロットの違いで

曇りが酷い時があったり、とてもクリヤーな時もあったりと実はバラバラなんです。

と言いますか、多かれ少なかれ曇っている新車が多いのが実情ではあるのですが(^_^;)

その中でも私的にはトヨタ車は品質が安定している印象ですが、それでもバラつきは感じます。

もし納車されたお車の塗装の曇りが酷かったら・・・大丈夫です! 諦める事はございません。

磨けばスッキリとクリヤーになります!

ではスッキリとクリヤーなお肌を目指して作業を進めてまいりましょう。

作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です

油分の付着が若干あるようで所々で少し水を弾いていました。

ガラスを磨いて油分等を除去していきます。

磨きが終わりましたら、よ~く乾燥させウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングします。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをしましたら・・・

気持ちいいウインドウコーティングの完成ですヽ(^o^)丿

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

所々にポツポツと反応は見られますが少ないですね!

リアも・・・

少なかったです(*”▽”)

納車からまだ数日なんですが、その間に少し距離を走られたそうですので、もう少し鉄粉が

付いているかと思ったんですが少なかったですね!   よかったよかった(笑)

鉄粉少ないので軽めの除去方法で鉄粉を処理し再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗ですね!

リアも・・・

綺麗ですね!

その後に今度はボディにマスキングを行い・・・

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回は全体的に少し曇りが気になりますので少しだけ

強めの磨きをして曇りを除去しました。

そして今回オーナー様がお選びになられたコーティング剤は・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

当店でも人気のコーティング剤でございます。

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。 「EXE-evo1」は気持ちのいい水玉撥水の

コーティング剤になります。 従来の水玉撥水のコーティング剤よりもシミが付きにくいのが

特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも取れてスッキリと綺麗になりました(^_^)/

ルーフも・・・

曇りが無くなりライトが綺麗に映り込んでいます(*^^*)

ボディサイドも・・・

綺麗ですよ~(^_-)-☆

リアも・・・

サッパリとしました。

最後にホイールです。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いております。

しっかりと洗ってからコーティングを掛けたのでピカピカです!

ホイールコーティングはボディコーティングと同時施工いたしますとホイールコーティングの

お値段が20%OFFになりますので同時施工がとってもお得なんです!

そしてトヨタ ヴォクシー煌3の新車コーティングが完成いたしました。

いい艶に仕上がりました!

施工前後の違いがわかりにくい新車のパールホワイトですが、それでもしっかりと磨いて

ボディの曇りを取ってからコーティングしますと艶と透明感が向上致します!

オーナー様も『光ってますね~』と、その違いを実感されているご様子でした。

ありがとうございました。

 

車は納車直後がベストな状態・・・という事は実は稀なんです。

新車でもキズやシミが付いていたり曇り(白ボケ)が付いている事が残念ながら

とっても多いんです(^^;  当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を

整えてからコーティングをしています。 下地を整えないと言う事はそのままコーティング剤を

塗るという事ですので不具合箇所はそのままコーティング剤で閉じ込めてしまいます(;´∀`)

ですので新車でも下地作りが重要です!

新車コーティングも下地を整えているカーコーティングの専門店『カービューティープロ カラーズ』へ

お任せください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

クラウン アスリートのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ クラウンアスリートのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのクラウンアスリートは昨年の3月にボディコーティングを施工いたしました

お車になります。 コーティング施工から間もなく1年経ちますが、その間にTOM’Sの

エアロを装着されたそうで1年前より更にスポーティーで精悍なお姿での

ご入庫となりました(^_^)/

今回はメンテナンスと新たに追加されたスポイラーのコーティング施工もご依頼を頂きました。

その様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう。

まずはボンネットです↓

少し汚れてはおりますがシミやスクラッチは少ないです。

アフターです↓

サッパリとした事でシミやスクラッチの少なさがよ~く伝わるかと思います。

ルーフも・・・

ちょろっと汚れていますけどお綺麗ですね(*’▽’)

アフターです↓

ブラボ~ヽ(^o^)丿

とっても1年近く経過しているとは思えません! まさにブラボ~!!

リアは・・・

こちらも軽い汚れジミがある程度でスクラッチや深いシミはとっても少ないです。

アフターです↓

もう早くもコメントが思いつかないです(笑)  ブラボ~も使っちゃったし(;´∀`)

それくらい良好な状態を維持されておりました。

ボディサイドは・・・

こちらは汚れがわかりやすいですね!

という事は・・・

アフターもわかりやすいです(笑) 良かった良かった!

ちなみに新たに装着されましたスポイラー類は磨きをしてからコーティング剤を塗っております。

それと何時もの鉄粉のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応するのですが・・・

これまた少ないですね~。

1年経過とは思えない程少ないですね。

リアは・・・

こちらの方が多めですけど前回の鉄粉処理から1年ですので、やはり少ないと思います。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

いいですね~

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました。

ホイールは・・・

すんごく汚れている訳ではないのですが黒いので汚れが目立ちやすいです。

アフターです↓

やはり黒い方がカッコイイです(^_-)-☆

 

それと1年前のご入庫時にも本革シートのメンテナンスのご依頼を頂いたのですが

今回もご依頼を頂いております。

↓はビフォーです。

黒いシートですので汚れがわからないです(;´∀`)

アフターです↓

黒いシートですので違いが伝わらないです(;´∀`)

しかし新品のクロスでクリーニングしますと・・・

これ位汚れが落ちているんです。運転席の座面だけでも↑くらい汚れているんです。

その後に保湿クリームを塗った状態が先ほどのアフターの写真です。

写真ですとビフォーとアフターの違いがわかりませんが実際は結構汚れが落ちています。

そしてクラウンアスリートのボディコーティングメンテナンス&スポイラーコーティング、

更に本革シートのメンテナンス完成です!!

艶々に仕上がりました~!

艶感を感じにくいパールホワイトやシルバーなどのライトカラーのお車も

キッチリとメンテナンスしますと、しっかりと艶を感じる仕上がりになります!

オーナー様も『いゃ~いいですね~!』と、とてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

人気の本革シートですが本革シートはとても丈夫なイメージがあると思います。

それは正解でもあり不正解でもあるんです。

本革はマメに保護クリームを塗ってメンテナンスをしていると長持ちするのですが

何もお手入れしないでいると比較的短期間でも表面がカサカサになったり、

ひび割れてきたりします。

また補修や交換となると高く付いてしまいます。本革シートは日頃の維持管理が

とても重要ですのでお気をつけください。

本革シートもメンテナンスが大切です(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ シエンタのメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ シエンタのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャイン×ブラウンパールのシエンタは

昨年の3月にボディコーティングを施工いたしましたお車です。間もなく1年経過のタイミングで

メンテナンスにお越しくださいました。

普段はガレージの中で、しかも乗る機会が少ないそうですのでお綺麗です。しかし洗車は

あまりしていないとの事でやや汚れ気味です(笑)  綺麗なんですけど汚れているんです。

意味がわからないかも知れませんが、そこは追々(笑)

では約1年が経過いたしますシエンタ君のメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターで

ご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットのビフォーです↓

軽~く汚れていますけどシミもスクラッチもとっても少ないです(^_^)/

アフターです↓

その汚れも落としてしまえばライトもスッキリと綺麗に映り込むくらい、とても良好な

状態を維持しております!

ルーフも・・・

軽~いシミ状の汚れは確認できますがスクラッチや塗装を侵食してしまっているような

深いシミはありませんでした。

アフターです↓

サッパリとしましたね!

ボンネットもルーフも少し汚れてはいましたが塗装(コーティング被膜含む)痛みが

とっても少なかったです。

ここまでが先ほどの“綺麗だけどやや汚れている”の綺麗な部分です(笑)

ここからは“やや汚れている”のゾーンに突入していきます。

↓はリアバンパーです

ブラウンの部分の汚れが目立ちます。その上のパールホワイトの部分も汚れてはいますけど

目立ちません(^^; 同じような汚れでも色によってこんなに違うんです。

アフターです↓

ピカピカです(*’▽’) もちろんパールホワイトの部分も同じように綺麗になったのですが・・・

目立ちません(^^; 同じように綺麗になっても色によってこんなに違うんです(笑)

ボディサイドは・・・

こちらはパールホワイトでも汚れがわかりやすいですね(^▽^;)

ただ軽い汚れですので洗車でも十分に綺麗になりますけど、今回はメンテナンスですので・・・

より綺麗になっています。 メンテナンスではシャンプー洗車した後に更に違うケミカルを

使ってボディを洗っていきますので通常のシャンプーでは落ちない汚れも落とせます!

また汚れの種類によって色々なケミカルを使い分けてしつこい汚れを処理しています。

ちなみに↓はシャンプー後の水弾きの状況です。

コーティングから1年近く経っているのにまだまだ綺麗に水を弾いておりました!

素晴らしいっス(^_^)/

またボディ側面はご覧頂きましたように“やや汚れ気味”でしたけどボンネットやルーフ同様、

塗装(コーティング被膜含む)の痛みがとっても少なくシャンプー洗車だけでも綺麗な

水弾きの状態になりました。

それと鉄粉の付着状況のご報告です。

↓のポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

ポツポツと確認できると思います。

間もなく1年ですけど少ないですね!

リアも・・・

ポツポツ確認できますが少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗です(*^_^*)

リアも・・・

サッパリとしました。

最後にホイールです↓

ボチボチですね(^▽^;)

アフターです↓

スッキリとしました。

そしてホワイトパールクリスタルシャイン×ブラウンパールのトヨタシエンタの

ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

汚れも落ちてスッキリと綺麗に仕上がりました!

コーティングの被膜の状態もとても良好でコーティング直後のように

艶々です(^_-)-☆  そして撥水力もコーティング直後のように健在です。

この感じですと次回のメンテナンス時もまだまだ良好な状態を維持されている事でしょう。

次回のご入庫楽しみにお待ちしております!(笑)

 

今回のシエンタはコーティング施工から1年近く経っていても、撥水力の低下もとても少なく

まだまだ綺麗に水を弾いておりました。

その水弾きの耐久性はお車の保管場所やご利用状況によってバラバラです。

撥水が無くなるとコーティング被膜も無くなった(コーティングが落ちた)と

思われる方が多いのですが実は違うんんです(;”∀”)

撥水が無くなってもコーティング被膜自体は残っています。

撥水はコーティング被膜の上に汚れが蓄積したりコーティング被膜が痛んでしまったり、

時経劣化などによる痛み等でどうしても弱まってきます。

2年経ってもピンピンに撥水しているお車もあれば半年程でだいぶ弱っているお車もございます。

なので撥水維持の為にも皆様もメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ20系アルファードのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ アルファードのボディコーティングです。

H24年式20系トヨタアルファードのボディコーティングです!

久々のボディコーティングのご紹介になります(^_^)/  3週間ぶりぐらいな気が(笑)

こちらのアルファードはご購入から8年以上経過しているお車になますが、まだまだ艶も感じられて

お綺麗です! それもそのはず車検のタイミングで毎回再コーティングをされているとの事です!

納得です(^.^)

いままでは車検をお願いしていたお店にコーティングを依頼されていたそうですが、今回は当店を

お選びいただきました。 ありがとうございますm(__)m

ではご購入から8年以上経過いたしましたソリッドブラックのトヨタアルファードの現状確認から

始めて参りましょう!

まずはボンネットです↓

まだまだ艶も感じられるお車ではありますが、よくよく観察いたしますと、そこそこの量の

スクラッチも確認できます。 しかしシミは少ないですね!

ルーフも・・・

ソリッドブラックですのでどうしても洗車キズ等のスクラッチは付きやすく、

そして目立ちやすいです(^^;

しかしボンネット同様にシミはとっても少ないです。

ボディサイドも・・・

スクラッチが多いです。

リアも・・・

クスミなどは少ないのですがスクラッチが目立ちます(^^;

ホイールは・・・

やや汚れ気味でございました。

 

全体的に8年経過したソリッドブラックのお車には見えない位、お綺麗な状態のお車だと思います。

スクラッチはどうしても付いてしまうのですがクスミも少なく、特にシミの少なさは少し驚きでした。

駐車場が屋根有り&普段のお手入れの良さがシミの少なさに現れているのだと思います。

これが屋根なしの駐車場&あまりお手入れされていないソリッドブラックのお車だと

シミだらけで大変な事になっている場合がほとんどです(^▽^;)

また酷くなってから磨いても取り切れないシミも多くなってしまいます。

今回のアルファードは車検毎に磨いていたそうですので、その効果がはっきりと表れておりました(^_^)/

今回もキッチリと磨いて艶々のお車に仕上げていきたいと思います!

では作業開始!!

 

まずは洗車後に鉄粉を処理していきますが、もうお気づきかと思います(笑)

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応するのですが、お車が黒いので専用の

クリーナーを吹き掛けましても・・・

何が何だかわかりません!

リアも・・・

わかりません(^^;

実際のところはそれ程多くは付いていませんでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、これまた・・・

何が何だか状態です(汗)

リアも・・・

違いがわかりません(^_^;)

 

鉄粉の除去が終わりましたら今度はボディにマスキングをしていきます。

そしていよいよ磨きの始まりです!

今回はプレシャスプランでのご依頼になります。プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの

線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。

(深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の

汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、

ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を

削らないよう、むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回はヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いております。

↓はビフォーです。

もの凄く傷んでいる訳ではないのですが、白濁が進んでいてヘッドライトの内部が

曇っていてよく見えません。

アフターです↓

丸見えです(笑)

反対側は・・・

こちらの方が白濁が軽い感じでしたがクリヤー感が損なわれていましたので・・・

クリヤーに仕上げましたヽ(^o^)丿

これだけでもお車の印象は大幅にアップいたします。

 

では各部の仕上がりも見ていきましょう!

まずはボンネットからです↓

スクラッチもスッキリとして艶々です!

ルーフも・・・

深い線キズ等が残ってしまいますが、だいぶサッパリと綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

綺麗に仕上がっております(^_^)/

リアは・・・

クスミも無くなってスッキリとクリヤーになりました。

ホイールは・・・

実はホイールを洗っている時に気になる事があって一旦作業をストップしました。

直ぐにオーナー様にご連絡を入れ確認していただきました。オーナー様とご相談の末に

今回はごく軽く洗うだけとなりましたので、しつこい汚れは落ちませんでした。

そしてソリッドブラックのトヨタアルファードのボディコーティングが完成いたしました!

いかがでしょうか。ツヤピカに仕上がっております(^_^)/

元々艶感も感じられお綺麗なお車でしたが磨くとやはり全然違います。

塗装表面に付いているスクラッチやシミそしてクスミ等がボディの艶や透明感を低下させます。

またスクラッチが多いと黒ではなくグレーっぽく見えてきてしまうんです。

それらの不具合を丹念に磨き可能な限り取り除いていくことで新車にも負けない艶と透明感を取り戻します!

オーナー様も『いゃ~綺麗になったね! ガラス越しからでもわかったよ!!』と、

お喜びいただけたご様子でした。 ありがとうございました。

 

ダークカラー系、特にソリッドのブラックは簡単にキズがついてしまいます。触ればキズが

付くと言っても決して大げさではありません(T_T) それ程ソリッドブラックはデリケートな塗装なんです。

ですのでお手入れは大変です。 そういう目で今回のアルファードを見て頂くと、

とても大切に維持されてきたのがわかって頂けると思います。

ソリッドブラックに限らずですがダーク系カラーにお乗りの方、洗車は優し~く優し~く行ってください。

間違っても力を入れてゴシゴシは避けてください。 簡単に洗車キズが付きます(^▽^;)

お手入れは大変ですがそれに答えてくれるのがダークカラーだと思います!

お手入れ頑張っていきましょう(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

トヨタ ルーミーの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ルーミーのボディコーティングメンテナンスです。

メンテナンスが続きます!

今回はパールホワイトⅢのトヨタ ルーミーです。こちらのルーミーは2018年の春に

コーティング施工をいたしましたので、間もなく3年が経過いたしますお車になります。

今回は3度目のメンテナンスのご依頼です。

では早速でございますがコーティング施工から間もなく3年を迎えますトヨタ ルーミーの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう。

まずはボンネットからです↓

よく見ますとシミもスクラッチも付いてはいるんですけどパールホワイトという事もあって、

あまり目立ちませんね!

アフターです↓

コーティング表面の汚れが落ちた事で透明感が向上したかと思います。

ただ少しクスミも進行してきたようでスタンダードメンテナンスではこの辺りが限界でした。

ルーフも・・・

よ~く見ますと、それ相応の痛み具合ですけどあまり目立ちません(^^;

アフターです↓

メンテナンス前に比べますと塗装面がスッキリとした印象だと思います(^_^)/

シミも屋外で見るとそれ程気にならないと思います。

リアは・・・

やや汚れ気味でした(^^;

アフターです↓

リアは汚れてはいましたけどボンネットやルーフに比べるとコーティングの痛みも少なく

まだまだお綺麗です!

それと・・・

汚れが溜まりやすいウインドウ下の隙間です。

知らず知らずのうちに汚れが溜まってきます。普通のスポンジですとなかなか奥まで洗えずに

汚れが残りがちです。

アフターです↓

隙間の汚れが無くなるとお車全体の綺麗さが一段上がります(笑)

結構印象が変わってきますよ(*^_^*)

車を綺麗に見せるポイントでもあります!

ボディサイドは・・・

これまた少し汚れ気味でした(^▽^;)

アフターです↓

サッパリとしました!

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

1年ぶりとは思えない程少ないですね!

もちろん付いているのは付いていますけど全然少ないです。

リアも・・・

とっても少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々ですけど・・・綺麗になりました(笑)

リアも・・・

サッパリとしました。  元々ですけど(汗)

ホイールは・・・

こちらも少し汚れ気味で本来のグレーがやや茶色味を帯びておりました。

アフターです↓

本来のグレーを取り戻しツヤツヤになりました。

そしてパールホワイトⅢのトヨタ ルーミー3度目のメンテナンスが完成いたしました!

パールホワイトⅢ本来の白さを取り戻し、サッパリと綺麗に仕上がりました(^_^)/

メンテナンスでは落ちないシミやスクラッチ等も増えてきましたが、まだまだ艶感を

維持出来ております!

3年経過していても、まだまだお綺麗なトヨタ ルーミーのメンテナンスのご紹介でした!

次回もまだメンテナンスです(笑)

 

コーティングしていてもお車は徐々に傷みが進み、艶も引けて撥水性能も落ちてきます。

メンテナンスでは弱ったコーティング表面をケアしてあげることで撥水性と艶を取り戻してあげます。

もちろんメンテナンスでは洗車キズやしつこいシミなどは落とせませんが、早め早めにケアしてあげると

綺麗な状態を維持しやすくなりますしコーティングも長持ち致します。と言いますのも汚れや

雨ジミなどが固着してしまう前に洗車を行なえば固着を低減できます。逆に汚れが固着してしまうと

洗車やメンテナンスでも落ちなくなってきます。そうなる前、汚れが固着する前に洗車や

メンテナンスを行ない、落ちる汚れは早めに落としていくのが長期に渡り美観を

維持するポイントです(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。