トヨタ ルーミーのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ルーミーのボディコーティングです。

こちらのブラックマイカメタリックのトヨタルーミーは納車から間もない新車でございます!

2016年の発売以来大人気となりましたトヨタ ルーミーです。昨年の秋にマイナーチェンジを

行いグリルが大きくなってより存在感あるスタイルにリニューアルいたしました。

これがまた好評で人気に拍車がかかった感じです(^.^)

スタイルだけではなく大き過ぎず小さ過ぎないサイズ感、それでいて室内は広く使い勝手と

取り回しの良さなども好評の様です。

ちなみにルーミーの姉妹車として同時に発売されましたタンクの方はマイナーチェンジの

タイミングで廃止となってしまいました(;´∀`)

話がそれましたが新車ルーミーの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

と言いましてもご覧の様にご入庫時は雨でしたので濡れております(^^;

ですので現状がわかりにくいので洗車後に撮影しましたのが↓です。

曇りも感じずお綺麗です!

ルーフも・・・

とってもお綺麗ですね!

ボディサイドは・・・

少し曇っていますけど、ほぼ気にならない程度です。

リアも・・・

こちらも少し曇りを感じますけど言われないとわからない程度の軽い曇りです。

特に写真に撮ってしまうとよりわかりません(^▽^;)

ホイールは・・・

軽~く汚れておりました。

 

全体的に塗装の曇りもとっても少なくてお綺麗です。またよくよく見ますとスクラッチも

なくはないのですが黒い車は新車でもこれ位は付いているものです。逆にスクラッチも

少ない方ではないかと思います。

今回のルーミーやこれまた大人気のライズ等ダイハツ生産の車は軽自動車を含めて

塗装面の曇りがとっても少なく私的に大好きです(笑)

この辺の塗装のクオリティはトヨタがコントロールしているのでしょうか??

それとも単独でこのクオリティなのでしょうか??

いずれにしろダイハツの生産車は塗装面が綺麗で好きです(*^_^*)

とは言えボディサイド等に若干の曇りもございますので曇りを除去してから

コーティングを掛けていきたいと思います!

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますけど・・・

言わずもがなだですけど(笑)黒い車だと何が何だかわかりません(^▽^;)

もちろんリアだって・・・

まるっきりわかりません!!!

実際のところは肉眼で確認しますと、なんとか確認は出来るのですが写真だとね~(^^;

新車ですので多くは付いておりませんでしたが、それなりにポツポツとは付いていましたので

優し~く処理いたしました。

その後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますけど・・・

もちろん全然違いがわかりません!

自分でもビフォーとアフター写真を取り違えていないか不安になります(笑)

リアの写真も間違えてはいませんけど違いは分かりません(汗)

鉄粉の処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

今回は全体的に比較的曇りの少ない綺麗な塗装肌でしたので軽めのポリッシングで

塗装表面を整えました。

 

そして今回オーナー様がお選びになられたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-V110です!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に

優れた滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプの

コーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

元々お綺麗でしたが、よりスッキリとクリヤーになりました。

ルーフも・・・

スッキリと気持ちいいです!

ボディサイドも・・・

ごく軽めの曇りでしたが、それでも曇りが無くなると色に深みがでます!

リアも・・・

気持ちいいですね(*‘∀‘)

最後にホイールです。

ホイールも黒い方がかっこいいです(笑)

そしてブラックマイカメタリックのトヨタルーミー、新車コーティングが完成いたしました!

艶々に仕上がりました(^_^)/~

元々、曇りも少ないお綺麗な塗装肌のお車でしたが、それでも磨いてコーティングを

掛けますと更に黒々と艶と透明感あるツヤピカのボディに仕上がります!

また曇りも無くなり黒に深みが増しました。

新車を新車以上に輝かせる当店のコーティングを皆様も是非一度お試しください!

 

しかしそれにしても暑いですね。 梅雨明けしたとたんにこの暑さです(汗)

そしていよいよ夏到来と言う感じになりました!

やはり夏と言えば洗車! そう洗車です!! (笑)

梅雨時期に洗車出来ずにウズウズしている方も多い事でしょう(^o^)丿

しかしこの時期の洗車はお気を付けください。暑すぎます。

特に黒などのダークカラー系のお車は洗車している間に乾いてきてしまいます。

水やシャンプーが焼き付いてシミになってしまう恐れもございますので、

お日様カンカン照りの日中の洗車は注意が必要です。

また熱中症にもお気を付けください。

この時期は少しでも涼しい朝晩の洗車がおススメです!

また曇りの日もおススメです(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホワイトパールクリスタルシャインのRAV4です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタRAV4のボディコーティングです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインのトヨタRAV4は納車間もない

新車のお車になります!

人気にモデリスタのエアロ装着でワイルドさとスポーティーさにより一層

磨きがかかったRAV4でございます(^_^)/

しかしモデリスタのエアロは人気がございますね~。

アフターメーカーのエアロより遥かに品質がいいので安心して装着できます。

この辺はさすが純正クオリティーですね(^_-)-☆

そんなかっこいいモデリスタのエアロ装着しました新車RAV4の現状確認から

始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少しピントがずれていますけど(汗)ボンネットは曇りも僅かでお綺麗でした。

しかしルーフは・・・

少し汚れもありますけどボンネットに比べると曇り気味です。

更に・・・

写真に撮ってしまうとそれ程でもないように見えますがボンネットやルーフより

確実に曇っています(^_^;)

リアも・・・

凄~く曇っている訳ではないのですが、いまいちスッキリとしていません。

ホイールは・・・

ホイールは少し汚れていますけど光沢感の高いピカピカのホイールです!

 

新車という事もあって基本的にお綺麗なんですがライトを当てて見ますと

ややボディが曇り(白ボケ)気味でスッキリとしていない状態でした。

この新車時の白ボケと言われる曇りですがボディ全体が曇っている車もありますし

逆に曇りもなくとっても綺麗な車もございます。更に今回のRAV4の様にパネル毎に

曇り具合にバラツキがある車もございます。 不思議です(笑)

その中でも私的にはトヨタ車は全般的に品質が安定している印象なんですけど最近は結構

塗装品質のバラつきを感じます。(曇りのある車が多い)

もし納車されたお車の塗装が曇っていたら・・・大丈夫です! 諦める事はございません。

磨けばスッキリとクリヤーになります!

ではスッキリとクリヤーな新車を目指して作業を進めてまいりましょう。

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

黒っぽいポツポツと確認できるのが鉄粉です。新車でもこれ位は付いているものです(^^;

リアは・・・

とっても少ないです!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリしましたね!

リアは・・・

元々少なかったのであまり違いがわかりません(^▽^;)

 

鉄粉の処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

そしてボディを磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的少しばかり曇り気味でしたので、その曇りを磨いて除去し塗装面を

クリヤーに仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それ以外にも今回は樹脂コーティングのご依頼も頂いております。

↑の写真は塗り立てです。乾燥しますともう少し艶感は落ち着きます。

もう少し落ち着きますが違いは歴然です!

未塗装の樹脂パーツ類は時間の経過と共にあっと言う間に白っぽく汚れ、そして退色してしまいます。

その予防にも樹脂コーティングは有効です。

また既に白っぽく退色してしまったお車でも黒さと艶を復活する事が出来ます。

(一部、劣化の激しい樹脂や樹脂の素材等により効果を発揮しなかったり短期間に効果が

落ちてしまう場合もございます。詳しくはお問い合わせください。)

更に樹脂コーティングをすると汚れのこびり付きも低減されて洗車も楽になります(^_^)/

それと・・・

ヘッドライトのコーティングなども行いました!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

元々ボンネットの曇りは軽めでしたがよりスッキリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

こちらの方がビフォーとアフターの違いがわかりやすいと思います。

曇りなくクリヤーですね!

それよりも更に違いがわかりやすいのがボディサイドです↓

モヤッとした曇りが無くなってライトの輪郭もクッキリとしました(^_^)/

リアも・・・

スッキリとスベスベです。

最後にホイールです。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いております。

ホイールコーティングはこちらの・・・

カービューティープロのアルミホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティングです!

しっかりと洗ってからコーティングを掛けたのでピカピカです!

ホイールコーティングはボディコーティングと同時施工いたしますとホイールコーティングの

お値段が20%OFFになりますので同時施工がとってもお得なんです(^_-)-☆

 

そしてホワイトパールクリスタルシャインのRAV4新車コーティングが完成いたしました。

いい艶に仕上がりました! と言っても↑の写真ですと違いがあまり伝わらないかもですが

各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにボヤボヤとした曇りが無くなり

キリッとシャープに景色が映り込むようになりました。 

更に白と黒のメリハリが出てよりシャープでスポーティーなRAV4に仕上がったと思います。

また「EXE evo1」がいい仕事をしているんです(笑)

「EXE evo1」は艶感の違いを感じづらい新車のパールホワイト等のライトカラーでも

実車の方を見て頂くと艶感の向上を感じていただけるコーティング剤だと思います!

「EXE evo1」は2層コーティングとなります。2層コーティングと言う事は2度コーティングを

塗るという事になります。その分作業に時間が掛かってしまう為、お値段も高めの設定となりますが

従来のコーティング剤との違いを実感して頂けると思います!

私も自分の車で試して経過観察をしておりますが、やはりシミが付きにくい印象です。

もちろん全然シミが付かない訳ではございませんが従来のコーティング剤に比べますと

かなり少ないと思います。

水玉撥水が好きだけどシミが気になる・・・そんなお悩みのオーナー様にお薦めの

コーティング剤です!  是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホワイトパールクリスタルシャインの新型ハリアーです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ハリアーのボディコーティングです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインの新型ハリアーは納車間もない

ピカピカの新車です!

大人気の新型ハリアーです(*’▽’) 新型ハリアーが登場してから1年経ちますが

その人気は未だ衰えを知らず、と言うよりも増々勢いが増している感じですね!

現在でも納車待ちは半年ほどの様でグレードによっては更に先になるみたいです(;”∀”)

凄いぞハリアー!!

そんな大人気の新型ハリアーの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

若干汚れもあるのですが、それを差し引いて見ても塗装面が少し曇っております。

ルーフも・・

すこ~し曇っているようです。

ボディサイドは・・・

こちらの写真が一番曇っているのがわかりやすいです。

映り込んでいるライトの輪郭がモヤッとしていると思います。

写真で見るより実車で見た方が“曇っている”を感じやすいです(^^;

リアも・・・

ややスッキリ感が損なわれております。これも塗装の曇りが原因です(^^;

ただ正直“そういう目”で見なければ気にならない程度なのですが私達みたいな

施工者は“そういう目”で見ちゃいますので気になります(笑)

余談ですが普段、街中や駐車場などでもそんなつもりはないのですが“そういう目で”見て

しまうようで、あの車“スクラッチ凄いなぁ”や“曇ってるなぁ~”など色々と気になって

しょうがないです(笑)      職業病ですね(^^;

 

話がそれましたが全体的に少しばかり塗装面が曇り気味でした。

何度もこのブログでお話しておりますが納車時が一番綺麗な状態という事は稀で、

塗装面が曇っている新車がとても多いんです。

ただその曇りも同じメーカーの同じ車種の同じ色でも生産時期によって違いがございます。

曇りのないクリヤーな塗装肌だったりビックリするほど曇っていたり・・・様々なんです(^^;

こればかりはどの車が納車されるかご自分では選べませんので、ある意味どうしようも

ありません。  でも大丈夫です! 磨けばスッキリとクリヤーになります(^_^)/

そんなスッキリとクリヤーな新車を目指し作業開始!!

 

その前にまずはウインドウコーティングからご紹介いたしましょう。

↓は現状です。

油分の付着も少ないですね。

とは言え油分以外の付着物もありますので例え新車でも下地を整えていきます。

今回は運転席と助手席は元々撥水ガラスになっていますので、それ以外のガラスを

綺麗にしウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングします!

その後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!!

 

続いてはボディです。

まずはボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

洗車後に専用のクリーナーを吹き掛けますと・・・

鉄粉が紫色に反応します。

黒っぽくポツポツと見えているのが専用のクリーナーに反応した鉄粉です。

納車から間もないのですが少し多めですかね(^^;

でもまぁ新車でもこれ位はあるあるです。

リアも・・・

あるあるですね(^▽^;)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも・・・

綺麗になりました!

鉄粉除去が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

いきました。

そしてボディを磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて

磨いています。 今回は全体的にやや曇り気味でしたので少し強めの磨きで

塗装面の曇りを除去しました。

 

そして今回オーナー様がお選びになられたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

っと、その前にオーナー様にご報告するのを一つ忘れてしまった事がございます(;”∀”)

ボディコーティングとは関係のない事なんですけど実はボンネットを開けたら・・・

猫の毛がいっぱいニャ~=^_^=

どうやら夜な夜な?なのか昼間なのかはわかりませんが猫がエンジンルームで

くつろいでいるようです。  結構毛だらけでした。

昔から“結構毛だらけ猫灰だらけ”と言いますけど“結構毛だらけ”は何となく想像出来ますが

“猫灰だらけ”とはどんなシチュエーションなんでしょう?? 何をやらかして猫は灰だらけに

なったのでしょうか??? いゃ~気になりますね~(笑)

気になった方は各々Webで調べてくださいね(笑)  あぁ~なるほどってなりますから(^◇^)

それはそうと・・・

綺麗にしておきました(笑)

もしかしたらまたエンジンルームに入っているかも知れませんのでご確認ください。

以上ご報告でしたm(__)m

 

では各部の仕上がり具合を確認して参りましょう!

まずはボンネットからです↓

曇りも無くなってスッキリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

クリヤーですね(^_^)/

ボディサイドも・・・

曇りが取れて映り込んでいるライトの輪郭もクッキリと見える様になりました!

リアも曇りが取れましたので・・・

“そういう目”で見てもスッキリとクリヤーになりました(^_-)-☆

最後にホイールです。

今回も作業前のホイールの写真を撮り忘れてしまいました。    m(__)m すみません。

なので比較にならないのですが・・・

タイヤもホイールも艶出しをしてピカピカです!  比較できませんけど(T_T)

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ新型ハリアーの新車コーティングが

完成いたしました!!

いかがでしょうか。 と言いましても正直、元々お綺麗&施工前後に違いが伝わりにくい

新車のパールホワイトですので↑の写真ですと違いがわからないかも知れません(^▽^;)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたように曇りを除去したことでボディに映り込む

景色がクリヤーでシャープになりました(^_-)-☆

もちろん曇りが無くなった事でボディ全体の光沢も向上いたしました

この新車以上の光沢感とクリヤーな塗装肌に仕上げるには新車でも磨いてから

コーティングをしないと出来ません!

曇りを取らずにコーティング剤を塗るという事はコーティング剤で曇りを閉じ込めて

しまうという事です(;´∀`)

ですので新車を新車以上に輝かせるにも下地作りが重要です!

新車コーティングも下地を整えているカーコーティングの専門店の

『カービューティープロ カラーズ』

へ是非お任せください!

あれっ おかしいな?『カービューティープロ カラーズ』だけ大きくなっちゃたよ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ新型クラウンのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ クラウンのボディコーティングです。

こちらのプレシャスホワイトパールの新型クラウンは納車から間もない新車になります!

いままではトヨタのパールホワイトと言えばホワイトパールクリスタルシャインでしたが

徐々に新色のプレシャスホワイトパールに入れ替えているようですね。

クラウンもマイナーチェンジの時に置き換わったようです。

今までのホワイトパールクリスタルシャインに比べると、より白くそしてパール感を

感じるカラーではないかと思います。 ライトの下で見ますとパール感が強くて

とっても綺麗です(*´▽`*)

そんな新色の新車クラウンの現状確認から始めて参りましょう!

 

まずはボンネットからです。

少し汚れていますけど曇りも感じないスベスベの塗装肌でございました。

ルーフも・・・

クリヤーでお綺麗です(*”▽”)

トランクも・・・

汚れが少し見えますが塗装自体は申し分ございません!

ボディサイドも・・・

いゃ~とってもお綺麗です(*”▽”)

ホイールは・・・

光沢感の高いカラーという事もあって汚れが目立ちません。 と言うよりも綺麗なんです(笑)

 

全体的に塗装の曇りもほぼほぼ感じない程クリヤーでお綺麗な塗装肌でございました。

よくよく見れば僅かに曇りを感じる所もあるにはあるのですが写真では伝わらない程度の

ごくごく僅かな曇りで、久々に綺麗な新車の塗装を見た気がします(笑)

なかなかお目にかかれません(^.^)

そんな綺麗な塗装肌でございますが洗車してそのままコーティング剤を

塗るような事は致しません。

それは洗車では落ちない汚れが残るからです。ですので例え綺麗な新車でも

当店では軽~く磨きます!

では早速作業に取り掛かって参りましょう。

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。 がしかし・・・

いつもでしたら専用のクリーナーを吹き掛けてなんちゃらかんちゃらって言っていますけど

今回は専用のクリーナー使っていません(汗)

なぜかって?? それは・・・

専用のクリーナーのスプレー部が壊れてしまって上手くスプレーできなかったんです(T_T)

なので鉄粉に反応している写真がございません。  すみませんm(__)m

鉄粉自体は専用のクリーナーを使用しなくても鉄粉は処理出来ますので今回は

別の方法で鉄粉を処理しました。

その鉄粉ですが手で撫でてもザラ付き感もなく、とても少なかったです。

 

鉄粉処理が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。 今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーや

バフそしてコンパウンドのマッチングを変えてポリッシングしています。

今回は全体的にとてもお綺麗な塗装肌でしたので塗装を研磨すると言うよりも

ケミカルで落ちなかった頑固な汚れを落とし塗装表面を整えるような軽い磨きになります。

 

そして今回オーナー様がお選びになられたコーティング剤は・・・

コロコロの水玉撥水が気持ちいい・・・

PCX-S8です。

こちらのコーティング剤は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴の

コーティング剤です!  詳しくはこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スベスベです(^.^)

ルーフも・・・

ビフォー&アフターで違いがわからないかも知れませんが(^^;艶感も増して

より綺麗になっています。

トランクも・・・

よりクリヤーでスベスベです。

ボディサイドも・・・

あまり違いがわかりません(大汗)

でも綺麗でしょう(笑)

最後にホイールも・・・

ホイールコーティングをして艶々です!

ホイールコーティングは・・・

カービューティープロのアルミホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティングです!

そしてプレシャスホワイトパールのトヨタ クラウンの新車コーティングが完成いたしました。

元々お綺麗な車でしたので写真ですと正直あまり違いがわからないかもしれません(^▽^;)

しかし全体に磨きを掛けてからコーティングをしますと透明感と艶感が向上して

新車以上の新車に仕上がります!

今回のクラウンはとてもお綺麗な新車でしたが、実は新車は納車直後がベストな状態・・・

という車はホントに稀なんです。 新車でもキズやシミが付いていたり曇り(白ボケ)が

付いている事が残念ながらとっても多いんです(^^;

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地を整えないと言う事はそのままコーティング剤を塗るという事ですので

不具合箇所はそのままコーティング剤で閉じ込めてしまいます(;´∀`)

ですので新車を新車以上に輝かせるにも下地作りが重要です!

新車コーティングも下地を整えているカーコーティングの専門店『カービューティープロ カラーズ』へ

お任せください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ カローラのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ カローラのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインの新型カローラは昨年の11月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から約半年のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

いつもはマメに、そして時間をかけてじっくりコツコツと丁寧にお手入れされている

オーナー様なのですが訳あって2ヶ月近く洗車ができなかったそうです。

そんな事もあって珍しくやや汚れ気味でのご入庫となりました(^^;

ではコーティング施工から約半年ほど経過しました新型カローラのメンテナンスの

様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

 

まずはボンネットからです↓

上の写真ですといまいちわかりませんが(^^;汚れ気味なんです。

しかし汚れているだけでシミやスクラッチがとっても少ないんです。

アフターです↓

ホント汚れているだけという感じで汚れさえ落としてしまえばビックリするほど

お綺麗でした!

これもマメに、そして時間をかけてじっくりコツコツと丁寧にお手入れされていた効果だと

思います。

ルーフも・・・

汚れてはおりますが汚れさえ落としてしまえば・・・

ビュ~ティフルです(^_^)/  申し分ございません。

ただ2ヶ月近く洗車が出来ていなかった事もありボンネットやルーフ、トランクの撥水が

弱まっていました。 その撥水が弱まっている原因はコーティング被膜の痛みに

よるものではなく汚れの膜(酸化被膜)によるものでしたので特殊なケミカルで

除去しましたら撥水力が戻りました。  めでたし めでたし(笑)

トランクも・・・

軽い汚れ程度でした。

アフターです↓

こちらも良好な状態を維持されております。

パールホワイトという事で汚れ自体が目立たないのですがトランクの黒いスポイラーを

見ますと・・・

こんな感じで汚れがわかりやすいです。こんな感じでボンネットやルーフの水平面が

汚れていました。

アフターです↓

パールホワイトな部分に比べるとやはり黒い部分は多少ですがメンテナンスでは

落ちない軽いシミが残ってしまいます。

ボディサイドは・・・

華厳の滝のような見事な雨筋が確認できます(^▽^;)

2ヶ月近く洗車出来なかったので仕方ないです。

アフターです↓

サッパリしましたヽ(^o^)丿

 

それと鉄粉の付着状況です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

少ないですね~!

リアは・・・

写真で見るとそうでもないのですがボンネットに比べると明らかに多かったです。

少し不思議なくらい違いがありました。 不思議だぁ~??

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗です!

リアも・・・

サッパリしました!

最後にホイールです。

ホイールも汚れ気味ですね(^^;

アフターです↓

でも洗えばピカピカです。

こちらはホイールコーティングを施工してあるのですがオーナー様曰く“ホイールコーティング”

最高です! との事です(^_-)-☆

そうなんです! 艶感もいいですし汚れの固着も少なく洗うのも楽なんです。

そしてホワイトパールクリスタルシャインの新型カローラ、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

汚れも落ちてスッキリと艶々に仕上がりました!

元々オーナー様がお綺麗に維持管理されておりましたのでコーティングの被膜の状態も

とても良好な状態を維持されておりました!   ホントに綺麗っス(*’▽’)

また弱まっていた水弾きもメンテナンスで復活しまだまだ健在です。

この感じですと次回のメンテナンス時もまだまだとっても良好な状態を維持されている事でしょう。

次回のご入庫楽しみにお待ちしております!(笑)

 

今回のカローラは2ヶ月近く洗車ができなかった事もあってご入庫時は少し

水弾きが弱まっていました。

その水弾きの耐久性はお車の保管場所やご利用状況によってバラバラです。

水が弾かなくなるとコーティング被膜も無くなった(コーティングが落ちた)と

思われる方が多いのですが実は違うんです(;”∀”)

水弾きが無くなってもコーティング被膜自体は残っています。

水弾きはコーティング被膜の上に汚れが蓄積したり、時経劣化によるコーティング被膜の

痛み等でどうしても弱まってきます。

2年経ってもピンピンに撥水しているお車もあれば半年程でだいぶ弱っているお車もございます。

なので撥水維持の為にも皆様もメンテナンスは定期的に行いましょう(^_^)/

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

トヨタ86の定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ86のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのサテンホワイトパールの86は昨年の年末にボディコーティングを

施工させていただきましたお車です。

今回は少し早めのタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

コーティング施工からまだ5ヶ月ほどですので艶も透明感もあってとってもお綺麗です!

ではまだまだお綺麗なトヨタ86のメンテナンスの様子をビフォー&アフターで

ご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

基本的にコーティング施工からまだ半年も経っていませんので艶も有りお綺麗でございます。

ただ汚れは付いてしまうものです(^^;

アフターです↓

クスミもなくスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

軽いシミ状の汚れはございますが基本的にクリヤーでお綺麗です。

アフターです↓

深めのシミは残っています。と言いますかそもそも前回のコーティング時にオーナー様の

意向で塗膜維持の為に深いシミ等は無理に磨いて消していません!

ですのでよくよく観察しますとシミの輪郭や深いシミ等ありますけど艶感やクリヤー感は

初期登録から9年経つお車には見えないと思います(*”▽”)

トランクも・・・

軽~く汚れている程度です。

アフターです↓

ツヤツヤです。

 

それと何時もの鉄粉の付着状況のご報告です。

↓の黒っぽく点々と見えますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

とっても少ないです!

リアは・・・

同じ水平面なのに何故かボンネットに比べると多いですね(^^;

多いとは言え、今までに比べると全体的に鉄粉の付着量が少ないんです!

今までは比較的近くに線路が通っていたそうで鉄粉の付着量が多かったのですが

今年に入ってからお車の保管場所が変わった事もあり鉄粉の付着量も

少なくなったのかと思います。

鉄粉の付着量は駐車場の周りの環境によって大きく異なってきますので

皆様もお気を付け下さい。

話を戻しまして・・・

鉄粉の処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました!  元々ですけど(^▽^;)

トランクも・・・

こっちは本当に綺麗になりました(笑)

ホイールは・・・

ピカピカのリムが汚れてしまっております。

それでもピカピカ感を感じます(笑)

アフターです↓

文字通りピカピカです(^_-)-☆

そしてサテンホワイトパールのトヨタ86、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

元々クリヤーで艶感あるお綺麗な86でしたがそれでもメンテナンスをいたしますと

より艶々に仕上がります! いゃ~かっこいいです!!

車って艶々になると、よりかっこよく見えるから不思議です(笑)

先ほどもお話しましたが初期登録から9年経っている車には全然見えませんヽ(^o^)丿

これもオーナー様が大切に維持管理されているからに違いありません。

いつまでも大切にお乗りください!

 

今回オーナー様のお仕事の関係で少し早めのタイミングでメンテナンスに

お越し下さったのですが寧ろ早めのいいタイミングだったのではないかと思います。

汚れやコーティング被膜の痛みが進んできてからメンテナンスをするよりも

汚れが蓄積する前、そしてコーティング被膜の痛みが進む前にメンテナンスを

行っていくのがお薦めです。

と言いますのも塗装面は見た目が綺麗に見えていても少しづつ汚れの膜が付いてきます。

マメに洗車をされていても洗車では落ちない汚れが蓄積します。

その汚れが撥水を低下させたりクスミの原因にもなります。

あまり汚れが固着してしまうと通常のメンテナンスでは落ちなくなってきますので

その汚れが固着する前にメンテナンスを行ない、落ちる汚れは早めに落としていくのが

長期に渡り美観を維持するポイントでもございます。

皆様もメンテナンスは早めのタイミングで是非どうぞ~(^.^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ アルファードのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ アルファードのボディコーティングです。

H26年式ゴールドパールクリスタルシャインのトヨタ アルファードです!

↑の写真で見ますと“ホワイト”に見えると思いますが実際に見ると、ややベージュっぽい

色合いのホワイトです。

今、主流になっている“スカッと白いパールホワイト”ではなく暖色系の

温かみあるパールホワイトになります。

この温かみのある色合いがゴールドパールなのだと思います。

アルファードにとてもお似合いのカラーですね!  高級感のあるいい色です(*^_^*)

では新車でご購入されてから7年程経ちましたトヨタ アルファードの現状確認から

ご紹介して参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

店内で確認しますと想像以上にシミが酷かった~~~(;´∀`)

ホワイト系のカラーですので目立たないと言えば目立たないのですが

シミが多いと艶も引けてクリヤー感も無くなります。

ルーフも・・・

シミが多く塗装がガサガサです。

シミが多いと言いますとこちらの・・・

サンルーフはもっと酷いんです(汗)  オ~ノ~!!

こりゃ~大変そうだ(^▽^;)

ボディサイドも・・・

色的に目立ちませんけど、よ~く見るとシミだらけでガサついています。

リアは・・・

シミもありますがクスミが酷くライトがボヤけて映り込んでいます。

ホイールは・・・

マメにお手入れされている事もあって汚れは少なかったです。

 

新車でご購入時にコーティングを行って3~4年前に一度コーティングを

再施工されているとの事です。 定期的に施工されている&マメに洗車を

されているとの事でぱっと見た目には綺麗です。

しかし屋外で確認した時はそこまで気にならなかったのですが

店内で確認しますと・・・あ あれ?? シミが凄いぞ~~(;”∀”)

そのシミの原因ですけど・・・それはまた後ほど(^^;

ではシミシミになってしまいましたゴールドパールクリスタルシャインの

トヨタ アルファードをリフレッシュしていきたいと思います。 作業開始~~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

先ほどのサンルーフの写真でも見て頂きましたがウインドウ全面、ウロコ(シミ)が酷いです(^^;

水は綺麗に弾いていましたので撥水剤を塗られているようですが、ウロコがね~(汗)

その中でもサンルーフのウロコが一番酷かったです。

今回はウロコが酷いので何時もとは違う工程を経て・・・

最終的におなじみの姿になります(笑)

ウロコの除去方法も幾つかありますのでウロコの状態によって作業方法を変えております。

また当店のウインドウコーティングの料金には基本的な下地処理代も含まれておりますが

ウロコの程度によって追加料金がかかる場合がございます。

詳しくはお問い合わせください。

ウロコ除去後です↑  だいぶサッパリとしました(^.^)

もちろん最終的にウインドウコーティング剤で仕上げておりますので・・・

水弾きもバッチグ~です!  ← 古っ(;”∀”)

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉の除去を行います。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

前回のコーティングから3~4年ほど経っているそうですが、3~4年で↑位の鉄粉量でしたら

特別多くはないと思います。  まぁまぁって言ったところです(笑)

リアも・・・

反応が“流れ”てしまっているのでわかりにくいんですけど、ボンネット同様に

まぁまぁの付着量でした(^^;

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリとしましたね!

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

気持ちのいい水玉撥水と深い艶感が特徴の・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

 

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。 「EXE-evo1」は気持ちのいい水玉撥水の

コーティング剤になります。 従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが

特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

シミもスッキリとしてスベスベになりました。

透明感も出ましたね(^_^)/

シミでガサガサだったルーフも・・・

綺麗になりました。

それと英語が話せない私でさえオ~ノ~!!と叫んだと噂のサンルーフのウロコも・・・

思わずビュ~ティフルと言ったとか言わないとか(笑)

とにかく綺麗になりました(^_-)-☆

ウインドウのウロコ(シミ)除去は塗装面のシミを除去するよりも、ある意味厄介なんです。

酷くなると落とせなくなる場合もありますので早め早めの対処がおすすめです。

 

ボディサイドは・・・

塗装面が綺麗になってライトも綺麗に映り込むようになりました。

リアも・・・

クスミが取れてライトの輪郭もハッキリと見えるようになっています。

最後にホイールです。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂きましたので、よ~く洗った後に

ホイール専用コーティング剤でコーティングを掛けております!

そしてゴールドパールクリスタルシャインのトヨタ アルファード、ボディコーティングが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

シミシミでガサついていた塗装肌でしたが、そのシミを磨きで除去し塗装面を

平滑化しますと透明感ある艶々のボディに仕上がります。

また今回使用いたしましたEXE evo1がいい艶を出すんです(^_^)/

オーナー様もスッキリと艶々に仕上がりました愛車アルファードを眺めながら

『よかった、よかった!』とお喜びになられているご様子でした。

ありがとうございました。

 

今回のアルファードに付いていましたシミの原因ですけど推測にはなりますが

ケミカル類の使い過ぎによるシミだと思います。

もう少し具体的に言いますと撥水剤によるものです。

今人気の濡れたボディにスプレーして拭き上げるタイプの物ですね。

オーナー様に確認しましたところ、やはり頻繫に使用されているとの事でしたので

間違いないと思います。 この手のシミは頻繫に撥水剤を使われているお車に

よく見られる症状ですので使い過ぎにはお気を付けください(^_^)/

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ クラウンのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ クラウンのボディコーティングです。

H30年式ソリッドブラックのトヨタ クラウンでございます!

先代のクラウンは当店のご入庫率が意外と高かったのですが現行型は当店初入庫になります。

初めましてです(笑)  待ち焦がれておりました(*^^*)

現行の220系クラウンはクラウンとしては初のシックスライトウインドウのスタイリングを

採用したスポーティーなクーペルックに変身しました!

また走りの方も鍛え上げられている様で現行型が発表される前には、あのスポーツカーの聖地と言われる

ニュルブルクリンクサーキットでプロトタイプが目撃され話題にもなりました(*’▽’)

そんなスタイリングも走りも一新いたしました新型クラウンの現状確認から

始めて参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

初期登録から間もなく3年経ちますがシミもスクラッチも少なめではないかと

思います。

ルーフも・・・

ソリッドブラックですので、どうしてもスクラッチが付きやすく目立ちやすいです(^^;

それでもやはり少ない方ではないかと思います。

トランクも・・・

所々に目立つ大きなシミは確認できますが塗装を侵食してしまっているような

クレーター状の深いシミは意外と少ないです。

比較的ダメージの少ない軽めのシミが大多数です(^▽^;)

それとボディは・・・

こちらは運転席になります。

ここ辺りは通常の洗車キズによるスクラッチが付いていますけど、年式を考えますと

特に多い感じではなく寧ろ少なめな感じなのですが、リアドアからリアフェンダーに

かけては・・・

磨きキズが盛大に付いておりました(^▽^;)

日陰や曇りの日などに見るとわからないのですが夕方の西日や↑のように

強いライトの光を当ててみるとギランギランに姿を現します(;´∀`)

ここだけ異空間の様です(笑)

ホイールは・・・

こちらは軽い汚れ程度でお綺麗でした。

 

普段はあまり雨風当たらない場所に保管されているそうですのでクレーター状の深いシミは

少なかったです。 しかし軽めのシミが多くオーナー様も気になっていたそうで当店に

お越しくださいました。スクラッチや深いシミは少ないのですがリアドアから

リアフェンダーにかけての磨きキズがなかなかのもので・・・(汗)

以前にリアフェンダーをぶつけられてしまって修理されたそうです。その板金修理時に

付いた磨きキズになります。 ぶつけられたのはリアフェンダーですが大抵は修理部位の

隣のパネルも磨かれる事が多く、この様になっている事が非常に多いのが実情です(^▽^;)

今回、ぶつけられたリアフェンダーよりリアドアの方が磨きキズが凄かったです。

今回はその磨きキズを消し全体的に統一感ある塗装肌に仕上げていきたいと思います。

では作業を始めていきましょう! 作業開始!!

 

ボディの前にウインドウコーティングからご紹介してまいりましょう!

↓は現状です。

何か撥水剤が塗られていたようですが撥水力が落ちています。

運転席と助手席のウインドウは元々撥水ウインドウになっていますので

それ以外のウインドウを磨いて下地処理いたします。

ちなみにですが撥水ウインドウも経年劣化で撥水力が落ちてきたり、またウロコが

酷くなってきましたら再施工が必要になってきます。

今回はまだまだ撥水力もありウロコも気にならないので施工は見送りました。

話がそれましたが下地を整えた後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングしますと・・・

 

コロコロの水玉撥水の出来上がりです!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

既にお約束のようになっていますけど(^^; 黒い車ですと 写真だと何が何だかわかりません!

リアも・・・

わかりません!

実際のところは初期登録から3年ですので触ってみるとそれなりにザラザラとしていましたけど

でもやはり少なめではないかと思います。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

やはり何が何だかわかりません(^▽^;)

リアも・・・

写真だとわかりませんがスベスベになりました。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

ちなみに↓はコーティング屋のブログによくある “半分だけ磨いてみた!” 的な事を真似して

運転席を半分だけ磨いてみました(笑)

どれだけスクラッチが除去出来たのか、わかりやすいですね(^_-)-☆

黒い車はわかりやすいので、これからも時々やってみよっと!(笑)

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

PCX-V110とEXE evo1のコラボレーションです!

シミ対策としましてボンネットやルーフの水平面にEXE evo1を使用して、

その他の部位をPCX-V110でコーティングいたしました(^_^)/

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチ、シミ共にスッキリしてスベスベになりました。

ルーフも・・・

綺麗に仕上がりました。

トランクも・・・

ソリッドブラックらしい“黒”になりました!

ボディサイドも・・・

サッパリとしました。

そして今回のある意味メインイベントでもございますリアドア&フェンダーも・・・

しっかりと磨き上げツルンツルンに、いゃトゥルントゥルンになりました~(笑)

ライトを当てていっても、もうここだけギランギランにはなることはございません!

他のパネルと統一感ある仕上がりになっております(^_-)-☆

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出ししています。

そしてソリッドブラックのトヨタ クラウン、ボディコーティングが完成いたしました!

ソリッドブラックの名に相応しい深みのある漆黒に仕上がりました!

ソリッドブラックはシミやスクラッチが増えてきますと、どうしても白っぽさが

出てきます。またクスミの影響で透明感も無くなってきます。

それらを磨きで処理してからコーティングしますと新車にも負けない色艶に復活いたします(^_^)/

もしかしたら艶は新車より上かもしれません!!

オーナー様も『凄い綺麗! 買った時より綺麗かも!?』とその仕上がり具合に

驚かれているご様子でした(*^^*)  ありがとうございました。

 

板金修理から戻ってくると今回のように磨きキズが凄いって事は本当に良くある事で

全然珍しい事ではないんです。  逆に綺麗に磨かれている事の方が珍しいです(;´∀`)

ただ意外と気が付かないんです。日陰だと見えませんし曇り空でもわかりません。

強い光が当たった時に顔を出します。 また白やシルバー等のライトカラー系の色も

目立たないです。  しかし目立たないだけで本当はギランギランなんです(汗)

原因は色々と考えられますが簡単に言ってしまえば、“ちゃんと磨かれていない”からです。

特にソリッドブラックの磨きは難しくて大変なんです(;´∀`)

もし修理から戻ってきて板金箇所に違和感を感じましたら当店にお気軽にご相談ください。

お待ちしております。

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ライズのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ライズのボディコーティングです。

ブライトシルバーメタリックのトヨタ ライズの新車でございます!

トヨタ ライズ大人気ですね。  老若男女を問わず大人気のようです。ヽ(^o^)丿

お手頃なサイズ、それでいて室内もラゲッジスペースだって広いですし走りだって

1リッターのターボエンジンで意外なほど速いそうです。 もちろん最近の車らしく燃費だって

悪くない様です。大人気になるのも納得ですね!

そんな大人気の新車トヨタ ライズの現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

汚れも若干ありますが、それを差し引いて見ても少し塗装が曇っているようです。

ルーフも・・

少し曇っていてるようです(^^;

ボディサイドは・・・

写真に撮ってしまうとそれ程でもないように見えますがボンネットやルーフより

曇っていました。

ピラーの方がわかりやすいかもです↓

ライトの淵がボヤボヤとしているのがわかると思います。

ボディサイドからピラー辺りにかけて曇りがやや酷かったです。

リアは・・・

こちらも凄~く曇っている訳ではないのですが曇っていますね(^▽^;)

ホイールは・・・

若干汚れ気味でございました。

 

ボンネットやルーフの曇に比べますとボディサイドの曇りがやや目立ちます。

新車コーティングの時は毎回のように書いているのですが(^^;これは新車時(工場出荷時)から

曇っていて全然珍しい事ではありません。今回のライズはそれ程酷い曇りではありませんでしたが、

この曇りが酷いとボディへの景色の映り込みが綺麗に映り込まずにボヤけてしまいます。

また車の透明感も違ってきます。

特にシルバーのお車は透明感の差が見た目の印象に影響を与えます(^^;

曇りが酷いとメタリックが感じにくくて“ベタッ”とした塗装に見えます。

その曇りを取ってメタリックがより輝くように仕上げていきたいと思います

では作業を始めていきましょう。作業開始~(^_^)/

 

まずは洗車後に鉄粉等の付着物を処理していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に

反応いたします↓

ポツポツと確認できました。

新車でも鉄粉は付いているものなんですけど↑くらいでしたら少ない方です。

リアも・・・

反応は少なめでした(*^^*)

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアは・・・

 

 

写真撮り忘れたようです(T_T)  ごめんなさい。

 

気を取り直してボディにマスキングをしていきましょう!

マスキング姿は撮り忘れていませんでした(笑)

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。 新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

磨きが終わりましたら今度はコーティングの出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-V110です!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

モヤッとした曇りが取れて綺麗になりました(^_^)/

ルーフも・・・

スッキリとクリヤーになりました。

ボディサイドも・・・

ライトがクッキリとシャープに映り込んでおります(^_^)/

ピラーの曇りも無くなって・・・

こちらもキリッとライトが映り込んでおります。

リアも・・・

サッパリとしました。

最後にホイールです↓

艶々です。

そしてブライトシルバーメタリックのトヨタ ライズ、新車コーティングの完成です!

いかがでしょうか。

正直、元々お綺麗な新車ですので引きの写真ですと違いがわかりにくいかも知れませんが

各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにボヤボヤとした曇りが無くなり

キリッとシャープに景色が映り込むようになりました。 

お車全体が明るくなったように感じます(*^^*)

もちろん曇りが無くなった事でメタリック感がよりUPして光沢も向上いたしました

よく新車は綺麗だから磨く必要はあるの??と、思われる方が多いと思います。

実際ディーラーの新車コーティングはボディを磨かずにコーティング剤を塗っておしまい!って

所が多いです。でも実は今回見て頂きましたように新車特有の曇りが確認できるお車が多いです。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地作りをしないでコーティングするのと下地を整えてコーティングするのとでは

仕上がり具合がもちろん違ってきます!  ですので当店では新車も磨いてます!

経年車はもちろん新車もコーティング専門店のカービューティープロ カラーズへどうぞ~(^.^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

トヨタ C-HRのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ C-HRのボディコーティングです。

H29年式ホワイトパールクリスタルシャインのトヨタC-HRです!

ボディコーティング自体はご購入時にトヨタのディーラーコーティングが施されていたそうですが

その後のメンテナンスは当店にお越しくださっており当ブログにも以前に登場頂いております!

今回は通算3度目のご登場です(^_^)/

登録から3年以上が経過し今回はコーティング再施工のご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

では早速ですが登録から3年以上経過いたしましたC-HRの現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

パールホワイトですのでスクラッチは目立ちませんが目立たないだけで、よ~く見ると

細かな線キズが確認できると思います。

ルーフも・・・

よく見ますとスクラッチやシミそしてクスミも進んでいるようで透明感が

少し損なわれております(^^;

ボディサイドは・・・

こちらはスクラッチやシミもとっても少ないです。

ただやはり少しクスミ気味ですね。

リアは・・・

汚れは別として(笑)とってもクスんでいました(^^;

これはおそらく新車時からなのではないかと思います。

ホイールは・・・

汚れ気味でした。

 

初期登録から3年以上経過されておりますので洗車キズ等のスクラッチも付いていますけど

マメにお手入れされている事もあってクレーター状の深いシミは少なめでした(*^^*)

ただそれ程酷くはないのですがクスミも進んでいて全体的にやや透明感が引けています。

前回のコーティング施工から3年以上経っていますのでリフレッシュするには、

いいタイミングではないかと思います。

今後も気持ちよくお乗りいただけるようにスッキリとリフレッシュしてまいりましょう!

では作業開始!!

 

今回ウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますので、ウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

こちらのC-HRは2年半くらい前にウインドウコーティングをしましたので・・・

もう撥水力が落ちておりました。さすがに2年半はキビシイです(^^;

その弱まったウインドウコーティングを一度除去してガラス表面を整えます。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

コロコロの水玉撥水の完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーをシュッシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

そんなに反応しなくてもいいんじゃないですか??と思うくらい沢山でした(^▽^;)

リアも・・・

多かったです(^▽^;)

お車ご購入時と1年くらい前にメンテナンスでお越しくださった時の2度ほど今までに

鉄粉処理しているのですが・・・(汗)

オーナー様に伺いましたらお車を止めている場所が線路のすぐ脇なんだそうです。

納得の鉄粉量です(笑)

線路の近くは鉄粉が多く舞っているので、ある意味しょうがないです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

今度は綺麗ですよ~(笑)

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました!

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもスッキリとして綺麗になりました。

ルーフも・・・

シミやスクラッチそして曇りが無くなりライトが綺麗に映り込んでいます(*^^*)

ボディサイドも・・・

クスミもサッパリ!映り込みもシャッキリです(^_-)-☆

そしてボヤボヤにクスんでいましたリアも・・・

透明感が出て艶々です!

ホイールも・・・

黒々としてカッコイイです。

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタC-HR、ボディコーティングが

完成いたしました!

スッキリと綺麗にリフレッシュできました(^_-)-☆

元々とてもマメにお手入れされていてお綺麗なんですが、それでもどうしても月日が

流れれば塗装面の痛みが進んできてしまいます。

その傷んだ塗装面を磨いて整えますとスッキリとクリヤーで透明感を感じられる

ツヤピカボディにリフレッシュできるんです!

これでまた愛車に気持ちよくお乗りいただけること間違いなしです(笑)

これからも大切にお乗りください(^_^)/

 

コーティングの再施工のタイミングはお車によって様々なんです。

パールホワイトのお車はシミやスクラッチがあまり目立ちません。逆にシミやスクラッチが

目立たない分、再施工のタイミングの判断も少し難しいかと思います。

これが黒い車ですと痛みがよ~く分かりますので判断しやすいです(^▽^;)

再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に各車バラバラなんですが

一つの目安は3年でしょうか。 黒いお車でしたらもう少し早めかと思います。

とは言えあくまでも目安です(^^; 本当に各車バラバラです。

再施工の時期の判断でお悩みでしたら当店にお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。