トヨタ 新型ノアのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ノアのボディコーティングです。

ホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ 新型ノアです!

納車間もない新車でございます(*’▽’)

新型のノアは当店初入庫になります。

そして私も新型ノアを間近で見るのは初めてです(笑)

最近街中で少しづつ見かける事も増えてきましたが例の製造遅延の影響で

なかなか納車が進んでいない様です。ノアは今契約してもガソリン車で半年待ち、

ハイブリッド車は半年待ち以上の納期みたいです(汗)

こちらのノアのオーナー様は比較的早いタイミングで契約されたそうですので比較的、“待ち”は短めだったそうです。

そんな納車間もない新車のノアですが・・・

ボンネットは僅かに曇りを感じますがクリヤーでお綺麗です。

ルーフも・・・

僅かに曇っています。 ほぼ言われなければ気にならない程度ではないでしょうか?

それに比べますとボディサイドは・・・

曇りが気になります(^^;

リアも・・・

曇りの影響でライトの映り込みがモヤっとしておりました。

ホイールも・・・

お綺麗ですね!

ホイールのコーティングのご依頼も頂いておりますので後ほどコーティングをしていきます!

 

それと今回はボディコーティングに加えてウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ボディのご紹介の前にウインドウコーティングの現状確認&作業を見ていきましょう!

↓は現状です。

納車仕上げ時の撥水シャンプー又は何かしらの撥水剤が掛かっていたようで

水を弾いておりました。

納車仕上げ時の撥水は簡易的な物ですので直ぐに落ちてしまいます(^^;

簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

続いてはボディの作業を見ていきましょう。

まずは洗車します。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ポツポツと反応が確認できます。

新車でもこれ位は付いておりますが、寧ろ少ない方ではないでしょうか。

リアも・・・

ポツポツと確認できました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしていきます。

ボンネットの鉄粉もスッキリとしました。

リアも・・・

サッパリと綺麗になりました。

 

その後に今度はボディにマスキングを行い・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に軽い曇りでしたので軽い磨きで曇りも除去して塗装表面をクリヤーに

仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それ以外も今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしております!

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

元々曇りも僅かでお綺麗でございましたが、曇りが無くなり更にスッキリ綺麗になりました。

ルーフも・・・

スベスベです!

曇りがやや気になりましたボディサイドも・・・

スッキリとライトが映り込むようになりました(^_^)/

リアも曇りが取れて・・・

透明度が増しております(^_^)/

それとホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

ホイールコーティングは新車時、またはホイール新品時がおすすめです(^_^)/

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ 新型ノア、新車コーティングが完成いたしました。

いかがでしょうか。

と、言いましても正直、新車のパールホワイトですので写真だと、

あまり違いがわからないかもしれません(^▽^;)

今回は全体的に“軽め”の曇り具合でしたが、その軽めの曇りでも除去しますと

ボディ全体が透明感を増しスッキリと艶々ボディに仕上がります!

この磨きが新車を新車以上に仕上げるポイントでもございます。

ひとえに新車のボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

新車を新車以上の光沢感とクリヤーな塗装肌に仕上げるには新車であっても

下地を整えなくてはいけません。

下地を整える(曇りを取らずに)コーティング剤を塗るという事は

コーティング剤で曇りを閉じ込めてしまうという事です(;´∀`)

ですので新車を新車以上に輝かせるにも下地作りがとても重要です!

新車を新車以上の状態に仕上げるのがカービューティープロ カラーズの新車コーティングです!

皆様も是非お試しください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ クラウンのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ クラウンのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプレシャスホワイトパールのトヨタ クラウンは昨年の6月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。

約1年が経過して今回はメンテナンスのご依頼を頂きました。

ご入庫時は雨の影響もありボディが濡れておりますが、その状態でも“綺麗”が伝わってきました(*‘∀‘)

もう既に“綺麗”と言ってしまっていますけど(笑)コーティング施工から1年経過しましたクラウンの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

まずはボンネットからです↓

1年経過しますが、まだまだ撥水力もあるようです!

シミもスクラッチも少ない感じですね。

アフターです↓

やっぱりお綺麗でした(*‘∀‘)

目立つようなシミも無いですし洗車キズ系のスクラッチもビックリするほど少ないです!

素晴らしいッス!

ルーフも・・・

まだまだ綺麗に水を弾いています!

アフターです↓

何も問題ございません(^_^)/

あまりに綺麗なので、もう既にコメントに困っております(笑)

トランクも・・・

撥水力が残っていて水を弾いています。

さすがに正直コーティング直後のようなコロコロの水玉ではないですがボンネットやトランク等の

水平面で1年経過しても↑くらい撥水が残っているの実は結構凄い事なんです。

アフターです↓

いゃ~~~とってもお綺麗です!

ホントにシミ、スクラッチ共に少なく良好な状態を維持されておりました!

もちろん今回はメンテナンスですので撥水力も向上していてコロコロの水玉撥水に仕上がっております。

ボディサイドも・・・

撥水力が十分に残っていますので気持ちよく流れ落ちていますね!

アフターです↓

いゃいゃ、もう何も申し上げる事はございません(笑)

と言うか何もコメントが思い浮かびません(^▽^;)

何の問題もなくとってもお綺麗です!!

 

それといつもの鉄粉の付着報告でございますが、これがまた鉄粉も少ないんです。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

所々にポツリポツリと確認できる程度です。

いゃ~少ないです!!

リアは・・・

ボンネットよりは多い感じですが、それでも1年でこの程度です。

凄く少ないです(*’▽’)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

元々が少なかったので大きな違いが見えません(笑)

リアは・・・

こちらの方が違いがわかりませんね(笑)

 

最後はホイールです。

これまたピカピカのホイールがピカピカですので・・・

アフターで見ても全然違いがわかりません(^▽^;)

そしてプレシャスホワイトパールのトヨタ クラウン、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました~!

元々とてもお綺麗で、更に違いが伝わりにくいパールホワイトですが、

それでもメンテナンスをいたしますと実車の方ではしっかりと艶感の向上を

実感していただけます!!

また見た目の違いだけではなく撥水力も更に向上しており、

気持ちよい水玉撥水をお楽しみいただけます(^_^)/

オーナー様も『おぉ!綺麗だなぁ~』と、その違いをご実感頂けたご様子でした。

ありがとうございます。

 

よく車の洗車の頻度を質問されるのですが、お車の使用方法や保管状況で

洗車の頻度は違ってきます。

目安として月に2回程度が私はお薦めです。汚れが酷く無ければ月1回でもいいかと思いますし、

場合によってはもっと少なくてもいいかなとも思います。

逆に花粉の季節などは洗車の頻度を上げた方がいいと思います。

また洗車方法によってもコーティング被膜の痛み具合も大きく変わってきます。

ゴシゴシと力を入れすぎると塗装もコーティング被膜も傷みます(;´∀`) お気を付けください。

洗車キズは洗車時に付いてしまうキズの事で洗車機でも手洗い洗車でも多かれ少なかれ

付いてしまうものです。ですので洗車回数が多い方は洗車キズが多い傾向になります。

洗車をしないのも良くないのですが、洗車をし過ぎるのもあまりよいものでないので、

何事もほどほど程度がおすすめです(笑)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ハリアーにメンテナンスのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ハリアーのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ハリアーは

2020年の11月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から間もなく1年半のタイミングで今回はメンテナンスにお越し頂きました。

では早速でございますがコーティング施工から間もなく1年半を向かえますトヨタ ハリアーの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

汚れもあるんですがシミが多いんです。

このシミは雨による雨ジミではない感じです。

アフターです↓

ケミカル剤でシミがだいぶ除去出来ました!

元々洗車キズ系のスクラッチは少ないのでシミが無くなると

かなり好印象になります(笑)

ルーフも・・・

シミが凄いんです。

写真で見るより実車で確認した方がインパクトがありました(^▽^;)

アフターです↓

こちらもだいぶサッパリと綺麗になりました!

リアには・・・

雨筋が凄いです。

しかしそれよりも何か付いているのが気になります。

もう少し拡大してみましょう。

これはもしやアイツがぶつかった跡でしょうか??

もう少し拡大してみましょう!

うゎ~ やっぱりプテラノドンだぁ!!!

っだったら世紀の大発見なのですがはたして!?

アフターです↓

残念ながらプテラノドンではなかったようです(笑)

まぁ大きさが全然違いますし、そもそも現代にはいないしね( ̄▽ ̄)

それはそうと雨筋もプテラノドンっぽいアレもスッキリと綺麗になりました!

ボディサイドは・・・

これまた雨筋が何本も確認できました。

雨が降るとどうしても付いてしまいます(^^;

アフターです↓

雨が降ると付いてしまうのは仕方のない事なのですが問題はその汚れが洗車で簡単に

落とせるかどうかです。もちろん今回のハリアーはコーティングがまだまだ効いておりますので

洗車で簡単に落とすことが出来ました。

これがコーティングしていない車やコーティング効果が落ちていると雨筋の放置時間にもよりますが

洗車では簡単に落ちなくなります。

コーティング施工車両で水アカ汚れが落ちにくくなってきたら再コーティングの

タイミングかも知れませんのでお気を付けください。

 

それといつもの鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

反応がとっても少ないです!!

コーティング施工から1年半近く経過でこの少なさ!  ビックリです(*’▽’)

リアは・・・

ボンネットよりは多めですが、それでもこの程度です。 少ないですね~~。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少ないのですが、よりスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリとしました。

最後にホイールです。

こちらも少し汚れておりました。

アフターです↓

艶感が違います(^_-)-☆

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ハリアー、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました。

いかがでございましょうか。

ご入庫時は汚れやシミの多さもあって少し艶が引けている感じと言いますか、クスんでいる感じでしたが

数種類のケミカルを使い汚れやシミを落とし細部の洗浄を行い最終的にメンテナンスで仕上げれば、

なんという事でしょう!またまた艶々のハリアーに復活いたしました(^_^)/

オーナー様も『ピカピカだぁ!』とお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

そのシミなのですが見た感じどうやら雨ジミではない様です。

シミにも色々と種類があるのですが今回のシミは油系のシミの様に感じました。

その事をオーナー様にお伝えし原因を探った結果・・・

どうやらお車の横に換気扇があるようです(^^;)

おそらく原因はそれだと思います。

換気扇でそんなにシミだらけになる??と思われるかも知れませんが換気扇を侮ってはいけません!

その換気扇がキッチンから繋がっている場合はヤバいです(汗)

脂の乗った魚や唐揚げ、天ぷらや焼肉・・・等々 美味しい食べものは油分が沢山です(笑)

その煙りが換気扇から出てきて車に付いてしまいます。風の方向や強さにもよりますが、

数メートル程度は余裕で飛んできます。そしてボディに付きシミになります(^^;)

今回のシミはおそらく換気扇で間違いないと思いますが、シミが付く要因は様々です。

洗車に使っている水の可能性もありますし(井戸水)ご利用しているシャンプー等のケミカルの

場合もございます。 通常の雨ジミとは違うシミが沢山付いている場合は必ず要因がございますので

アレ??シミが凄いな!っと感じましたら車の駐車場所や使用している洗車用具等を

一度見直してみるといいかと思います。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ランドクルーザー100のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ランドクルーザー100のボディコーティングです。

H17年式トヨタ ランドクルーザー100です!

とは言えご覧の通りノーマルの100系ではなくカスタムモデルのランクルになります!

少し調べてみたのですがフレックスさんのオリジナルカスタマイズモデルの様です。

ランドクルーザー100をベースにランクル60系を彷彿とさせるフロントマスク等を

組み合わせたモデルです。

バンパーやフロントフェンダー、ボンネットはフレックのオリジナルの様ですが

グリルはトヨタ純正部品なのだそうです。

どのパーツも違和感なくフィットしていてカスタマイズモデルと言われなければ気が付かない方も

多いのでは無いでしょうか?? ちなみに角目4灯のモデルもあるようです!

そんなカスタマイズモデルのランドクルーザー100の現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

シミが多いんです(^^;)

汚れの様に見えるかも知れませんがシミになっているんです(汗)

別角度で見てみると・・・

こんな感じです(^^;)

ルーフも・・・

シミも多いのですが、それ以外に何か付着しているようです。

↑の写真だとわからないのですがルーフ全体が黒っぽく煤けている感じでした。

ボディサイドは・・・

この辺りは比較的お綺麗なのですがピラー等は・・・

磨きキズなのかぁ~?? 所々にスクラッチが凄いんです。

リアも・・・

こちらも磨きキズなのかぁ~?? それとも拭きキズなのかぁ~??

もしかしたら両方が合わさっているのかも知れません。

いずれにしろ、かなり深いキズです(^▽^;)

ホイールは・・・

軽く汚れ気味でした。

 

H17年式ですので17年前のお車になります。お車自体は17年前ですがカスタマイズ時に

オールペンされていますので塗装自体は新しいです。

正確にオールペンされた時期はわかりませんがオーナー様がご購入されたのが昨年。

その時には既にカスタマイズ済みでしたのでオールペン自体もその時期なのかも知れません。

正確な時期はわかりませんが全体的になかなかのシミの付き様でした(^▽^;)

それと先ほども書いたのですがルーフは何か付いているようで触るとザラザラです(汗)

しかも煤けています。

その辺りを処置してスッキリと艶々に仕上げていきたいと思います。

では作業開始!!

 

いつもは専用のクリーナーを吹き掛けて鉄粉を確認しますが今回はクリーナーは使いません。

その代わりではないのですがネンドを使ってご報告していきます。

↓は使用する前のネンドです。

そして↓はボンネットを半分くらい鉄粉除去した後のネンドです。

ネンドが汚れた分が鉄粉等の異物です。

↑の写真だと少しわかりにくいのですが鉄粉は“茶色”っぽい色です。

そしてルーフです↓

こちらはネンド掛け前です。

そして↓がネンド掛け後です。

ネンド全体が黒っぽく汚れたのがわかります??

写真だとそれ程ではないように見えますが実際はかなり黒く汚れました。

ルーフをネンド掛けするとネンドが滑らない程ザラッザラでした(^^;

何でしょうか??

ザックザクならお宝だったかも知れませんが、ザラッザラでしたのでお宝ではなかったようです(笑)

残念(^^;

鉄粉等の異物除去が終わりましたら今度はボディにマスキングを貼りますが・・・

取り合えず、まずはここまでにしました。

通常でしたら磨く前の段階でフルマスキングに近いところまでマスキングをしますが

今回は塗装の状態を考えフルマスキングはしません。

あと必要な部位のマスキングは作業を進めながら貼ったり剥がしたりして作業を進めていきました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも無くなりスッキリとしました。

別角度から見ても・・・

綺麗になっています!

ルーフも・・・

煤けた何かも無くなりサッパリとクリヤーになりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

綺麗ですね~(^_-)-☆

ピラーのスクラッチも・・・

スッキリとしてライトが綺麗に映り込むようになっております。

リアは・・・

深い線キズは残ってしまいましたが、だいぶ綺麗になったかと思います。

最後にホイールです。

マットブラックとメッキの組み合わせがカッコイイです!

そしてトヨタ ランドクルーザー100のボディコーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

色的にシミやキズそしてクスミ等が目立たない色という事もあり、

ご入庫時もお綺麗に感じましたが、施工後は艶も光沢もやっぱり違います!

オーナー様も『ピカピカですね!』と、その仕上がりの違いをご実感されたご様子でした。

ありがとうございました。

 

ランクル人気凄いですね! 更に凄いのが、どの年代のランクルも人気という事です!

それも日本だけではなく海外でも人気なのも凄い所です(*’▽’)

昨年発売されました最新の300系のランクルは現在4年待ちだそうです(驚)

今契約しても納車されるのが4年後ですよ!!

さすがにトヨタも“ヤバイ”と思ったのかどうかはわかりませんが、製造ラインを増やして

納期を2年待ち程度まで減らそうとしている様です。

それでも2年待ちですか~(^^;)

とは言え契約しないといつまで経っても来ない訳ですから、とりあえず欲しい方は早めに

契約した方がいいと思います。  あとはひたすら待つのみ!!

ランクル以外でも現在新車の納期が大幅に遅れていますので、

車検のタイミングでお乗り換え予定の方はお気を付けください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ タンクのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ タンクのボディコーティングです。

R1年式パールホワイトⅢ×ブラックマイカメタリックのトヨタ タンクです!

初期登録から約2年半程のお車になります。

ボルボS60から今回はタンクにお乗り替えになられました。

いわゆるダウンサイジングですね! ダウンサイジングとは言え室内はS60より広くて

逆にアップサイジングになるのではないでしょうか(*’▽’)

それでいて普段の取り回しはコンパクトで使いやすくてとっても便利です。

そんなトヨタ タンクの現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

意外と、と言ったら失礼ですが意外と綺麗でした(^.^)

ルーフも・・・

スクラッチは確認できますがシミは少なく状態は良いです。

ボディサイドは・・・

クスミも少なくお綺麗です!

リアも・・・

目立った痛みはありませんでした。

ホイールも・・・

大きな痛みや汚れもございません。

 

初期登録から2年半程経過しているのですが展示前の商品化の時に軽~く磨かれているようで

全体的にお綺麗でした。 ただ磨かれていない所も確認できました 。  ( 磨き残しってヤツですね(^^; )

磨き残しなどありますが室内を含めてお車のコンディションは良好でございます。

中古車は前オーナー様の乗り方や使い方次第でコンディションの差が激しく、

痛みの酷い車はいくら商品化で綺麗にしても“痛みが”残っているものですが、

今回のタンクは特に気になるような所も無く、とても良いお車に巡り合えたのではないかと思います(^_^)/

とは言え、もっとしっかりと磨けばもっ~~と綺麗になりますのでキッチリ磨いて仕上げていきましょう!

では作業開始!!

 

今回はフロントウインドウの撥水コーティングのご依頼も頂いておりますので

ウインドウコーティングからご紹介していきます。

↓は現状です。

納車仕上げ時の撥水コーティングでしょうか??

撥水力が弱~い感じですけど、なんとな~く撥水していました(^^;

その弱っているコーティングを・・・

リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしましたら

最後に撥水チェックをします。

コロコロの撥水を確認しましたらウインドウコーティングが完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

結構多いです(汗)

中古車等の屋外展示されているお車は鉄粉が多く付く傾向です。

と言いますのも中古車屋さんは大きな道路沿い等の車通りの多い場所に

展示にされる事が多いので、走行している車から出る鉄粉(ブレーキダスト)で

鉄粉が多く付いてしまう傾向です。

リアも・・・

反応が少し“流れ”ていますけど、やはり多めでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗になりました!

 

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

そして磨いていきます!

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

白い部位にはPCX-V110を!

黒いルーフにはPCX-S9を施工いたしました(^_^)/

同じ低撥水系のコーティング剤ですが今回は拘りの使い分けをしております。

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗になりました。

ルーフも・・・

スクラッチもサッパリとしました。

ボディサイドは・・・

施工前もお綺麗でしたが磨くと更にクリヤーでスッキリとします(^.^)

リアも・・・

ライトの映り込みがクッキリとしております!

最後にホイールです。

ツヤツヤです。

そしてパールホワイトⅢ×ブラックマイカメタリックのトヨタ タンク、ボディコーティングが完成いたしました。

スッキリとクリヤーなタンクに仕上がりました(^_^)/

元々お綺麗なお車でしたが各部の仕上がりで見て頂きましたように、

シミやクスミが取れて透明感が増し艶も向上しております!

中古車は前オーナー様のお手入れ状況がわからない場合が多く、

またお車の展示期間が長ければ長いほど痛みも進んでしまう傾向ですので

お使いになられる前に一度お車をリフレッシュするとボディもサッパリ!気持ちもスッキリとして

新しい愛車に気持ち良~くお乗りいただけると思います(^_-)-☆

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

トヨタ ウィッシュの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ウィッシュのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ウィッシュは2019年の12月に

ボディコーティングを再施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から約2年4ヶ月ほど経過いたしましたお車になります。

定期的にメンテナンスにお越しくださっており今回は通算4回目のメンテナンスのご依頼になります。

いつもありがとうございますm(__)m

ではコーティング施工から約2年4ヶ月経過いたしましたウィッシュのメンテナンスを今回も

ビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

↑の写真ですとわかりにくいのですが若干汚れ気味です。

ただ目立つような痛みは少ないようです。

アフターです。

汚れを落としてから見ても、やはり痛みは少なかったです。

よくよく見れば洗車キズ系のスクラッチもそれなりに付いていますけど

コーティング施工から間もなく2年半と考えますとお綺麗ではないでしょうか(*’▽’)

ルーフも・・・

よく見ると汚れが見えると思います。

ただ汚れているだけですので・・・

洗車程度でも綺麗になります。

洗車しても水アカ汚れが簡単に落ちなくなってきたらコーティングの効果が

落ち始めている可能性もあります。

今回はまだまだコーティング効果が維持されているので簡単に落とすことが出来ました。

もちろん今回はメンテナンスですので洗車以上の事を行なっております(^_^)/

リアも・・・

汚れ気味です。 写真ですといまいちわかりませんが(^▽^;)

アフターです↓

艶も出て綺麗です!

ボディサイドも・・・

雨筋が目立ちます。

しかし最近、雨の日が多いですね(汗)

他の地域はわかりませんが、お店のある神奈川県の小田原市は4月なのに“梅雨か!”ってくらい

雨の日が多かったです。 こちらのウィッシュのご入庫日も雨でした(;´∀`)

話がそれましたがアフターです↓

サッパリと綺麗になりました!

実は左フロントフェンダーは・・・

何処で凹みをつけられたのかわからないそうですが、気が付いたらヘコミがあったそうです。

しかもかなりベコッと(;´∀`) という事で修理上がりですのでフェンダーは磨き直して

再コーティングしております。

 

それと鉄粉の付着状況です。

黒っぽく点々と見えていますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

↑はボンネットです。

特に多い訳では無くボチボチといったところでしょうか。

リアも・・・

ボチボチですね(笑)

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶサッパリと除去できました。

リアも・・・

スッキリと綺麗になりました!

最後にホイールです。

こちらもやや汚れ気味でした。

アフターです↓

ツヤツヤです!

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ウィッシュ、定期メンテナンスが完成いたしました。

いい艶に仕上がりました(^_^)/

写真だとメンテナンス前後の違いがわかりにくいかも知れませんが、

実際に実車を見て頂けると艶と光沢の向上、それに伴ってお車全体の質感も向上していて

メンテナンス前後の違いをキッチリと感じて頂けると思います!

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ』と、その違いをご実感いただけたご様子でした。

ありがとうございました。

 

メンテナンスは車の汚れ(痛みが)進む前に早め早めに行うのが理想だと思います!

綺麗な状態のときにメンテナンスをしていけば軽いシミなども除去できます。シミや汚れを

放置しておくとより進行していきますし、落ちる汚れも落ちなくなってきます(汗)

落ちるうちに落としていけば、綺麗な状態が長く続きます!

ですので綺麗を長持ちさせる為にも、お車が綺麗なうちにメンテナンスをするのがおすすめです(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ランドクルーザープラドのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ランドクルーザープラドのボディコーティングです。

ソリッドブラックのトヨタ ランドクルーザープラドです!

こちらは昨年12月登録の新車の匂いの残る新しいお車です。

それもそのはず、納車からまだ数回しかお乗りになっていないそうです(*”▽”)

しかも車庫保管です。 という事で新車と言って差し支えございません(笑)

ですので艶もあってお綺麗なのですが・・・

ボンネットは少し汚れもあるのですが、この辺りは特に問題はありません。

しかしボンネットの横の方を見ていくと・・・

スクラッチが凄いんです(^^;)

更にボンネットの先端の方を見ていくと・・・

キズだらけなんです(;”∀”)

しかもかなり深そうなキズも確認できます。

ルーフも・・・

細かなスクラッチは確認できますが特に目立つほどの物ではありません。

しかしルーフの前辺りには・・・

これまた、だいぶ深そうな線キズがついています(汗)

ボディサイドは・・・

比較的軽めのスクラッチです。

ただ実は反対側のリアフェンダー辺りには、なかなかのスクラッチが付いていました。

リアも・・・

全体的にスクラッチが付いております。

 

このスクラッチですがオーナー様がお出掛けされる前にお車の汚れが気になったので

タオルで拭いてしまったんだそうです(汗)  その時は気が付かなかったのですが、

家に帰って来た時に“なんじゃこりゃ~~”となったそうです(T_T)

これ、実は結構あるあるの話なんです。またお出掛け前に汚れが気になってタオルで

拭いてしまう方も多いんです。 ライトカラー系のお車だと気が付かないかも知れませんが

ダークカラー系でこれをやってしまうと一発です。

ライトカラー系も気が付かないだけで確実にスクラッチが付いています。

しかもキズが深く付きます(>_<)

今回のプラドも所々深くキズが入ってしまっていますので限界がございますが

出来る限りキズを除去をしていきたいと思います。

では作業開始~~!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂きましたのでウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

納車仕上げ時の撥水シャンプー系の名残でしょうか??

だいぶ撥水力は落ちていますけど、なんとな~く撥水をしておりました。

その名残を・・・

完全に除去します。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成しました!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。 がしかし・・・

ボディが黒いと反応が見えません(^^;

見えませんが実際のところは車庫保管&あまり乗られていないという事もあり、

鉄粉は少なかったです。

リアも・・・

写真だと反応が確認できませんが少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

フロントもリアも・・・

アフターの写真でも全然わかりませんが(^^;バッチリと処理済みです!

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます!

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

今回は所々深いキズがございましたので、そこは強い磨きを掛けています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ボンネットの上の辺りは元々お綺麗でしたが、磨きを掛けますと全然違います!

それとボンネット横のスクラッチは・・・

だいぶスッキリとスクラッチが処理出来ました。

それと問題のボンネット先端のキズは・・・

この辺りが限界でした。

やはり深い部分は残ってしまいました。  ただ↑はキズが確認しやすいようにライトを

当てていますのでキズがわかりやすいですが、実際に見て頂くとそれ程目立ちません。

ルーフも・・・

スッキリとしました。

それと深めの線キズは・・・

こちらも完全除去は出来ませんでしたが、普段は気にならないと思います。

ボディサイドも・・・

磨くと映り込み具合が全然違います(^_^)/~

リアも・・・

スクラッチが無くなりサッパリと仕上がっております!

そしてソリッドブラックのトヨタ ランドクルーザープラド、ボディコーティングが完成いたしました!

いかがでございましょうか。

と言いましても、元々はほぼ新車のお車ですので↑のような引きの写真だと違いが

わからないかも知れません(^▽^;)

しかし各部の写真で見て頂きました様にタオル拭きで付いたスクラッチもだいぶ除去出来ました。

深い部分は残っておりますので光の加減や見る角度によってはキズが確認できると思いますが、

ほぼ探さないとわからないレベルで普段気になる事は無いと思います。

オーナー様も “だいぶキズが取れたなぁ~” とお喜びになられておりました!

ありがとうございます。

 

ダークカラー系のお車はキズが付きやすく目立ちやすいです(^^;)

特にソリッドブラックは、とってもデリケートで簡単にキズが付いてしまいます。

そのキズの付きやすさは“想像以上”だと思います。

これ位は大丈夫だろう・・・と思うかも知れませんが大丈夫ではない事がほとんどです(^▽^;)

先ほどもお話しましたがお出掛け前に汚れが気になって、そのままタオル等で

ボディを拭いてしまう方が意外と多いのですが間違いなく一発でアウトです(涙)

ですのでボディの汚れが気になっても拭いてはいけません。

触るときは水を使ってキッチリと洗車する時です。

逆に言いますと水を使って洗車ができない時はボディ(塗装面)は触らない方が良いです。

お薦めの洗車方法がカービューティープロ本部のHPに動画がございますので、

ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ルーミーにボディコーティングのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ルーミーのボディコーティングです。

パールホワイトⅢのトヨタ ルーミーです!

こちらのルーミーは納車間もない新車のお車になります。

いゃ~ルーミー人気ありますね~(*‘∀‘)

確かにコンパクトサイズで普段の取り回しもいいですし、サイズはコンパクトなのに

室内は広いし、燃費もいいしで人気が出ないはずがないですね(^_-)-☆

そんな人気者の新車トヨタ ルーミーの現状を確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

ライトの輪郭がモヤモヤっとしています。これは塗装表面が曇っているので

モヤモヤとした映り込みになってしまいます。

ルーフも・・

ボンネットよりも曇りが軽いですね! とは言え曇っている事には変わりません(^▽^;)

ボディサイドは・・・

こちらはなかなかの曇り具合でライトの映り込みがスッキリとしていません。

リアも・・・

ライトが綺麗に映り込みませんでした。

ホイールは・・・

軽~く汚れておりました。

 

今回のルーミーは全体的にやや曇り気味でした。 特にボディサイドはなかなかです(^^;

ダイハツ生産の車は曇りが少なくクリヤーな車が多い印象なのですが(私見です)

ただ最近ご入庫されるダイハツ生産の車が少し曇りが気になる車両が多い印象です。←(これまた私見です)

ただ今回のルーミーに限らず同じメーカーの同じ車種、しかも同じ色でも生産時期により塗装面の

曇り具合にバラツキがあるものです。

でもご安心下さい。 磨けばスッキリと綺麗になります!!

ではスッキリとクリヤーな塗装肌を目指して作業を始めて参りましょう!

作業開始!!

 

今回ウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

全面施工のご依頼だったのですが納車から僅か数日後になんと・・・

フロントウインドウに飛び石を食らいヒビが入ってしまったそうです(T_T)

ウインドウリペアも考えたそうですが納車間もない新車ですし気持ち的な問題もあるので

交換する事にしたそうです。

という事でフロントウインドウは後日、改めて行う事になり今回はフロントウインドウ以外の

施工になります。

↓はリアウインドウの現状です。

なんとなく弾いているような感じもしますが、これは油分による水弾きだと思います。

その油分を・・・

除去してガラス表面を綺麗にします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

 

あ あれっ?? チェックをしましたら・・・

 

 

写真が無い(汗)

どうやら写真を撮り忘れたようです(;一_一)

すみませんm(__)m

写真を撮り忘れたようなのでイメージ写真でお楽しみください↓

失礼いたしました。

 

気を取り直して続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

ポツポツと確認できました。

新車でも↑鉄粉は付いていて↑くらいの鉄粉量でしたら少ない方です。

リアも・・・

ポツポツと確認できました。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々の鉄粉量が少なかったので問題なく綺麗になっております!

リアも・・・

サッパリとしました(^_^)/

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

ボディを磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に少しばかり曇り気味でしたので、その曇りを磨いて除去し塗装面を

クリヤーに仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

いゃ~スッキリと綺麗になりましたね~(*”▽”)

ルーフも・・・

モヤけた感じが無くなりクリヤーで綺麗です(^_^)/

ボディサイドも・・・

スッキリとクリヤーで気持ちいいです(*‘∀‘)

リアも・・・

モヤッとした曇りが無くなってライトがキリッと映り込むようになっております!

最後にホイールです。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので、

ホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティングをしました。

艶々です!

ホイールコーティングをしますと艶も向上し汚れの固着も低減しホイールを洗うのも楽になります。

ホイールコーティングは新車時またホイール新品時がおすすめです。是非お試しください。

 

そしてパールホワイトⅢのトヨタ ルーミー、新車コーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

でも正直、元々がお綺麗な新車でしたので↑の写真だと違いがわからないかも知れません(^▽^;)

ただ各部、施工前の写真で見て頂いたように若干曇りがございました。

その曇った塗装肌をしっかりと磨いてからコーティングをしますと新車以上の艶感、

そしてクリヤー感ある新車に仕上がります!  いゃ、仕上がりました(^_^)/

オーナー様も『おおっ!綺麗だな~。やっぱり違うよなぁ~~』と、その違いをご実感頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

ひとえに新車のボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

新車を新車以上の光沢感とクリヤーな塗装肌に仕上げるには新車であっても下地を

整えなくてはいけません。下地を整える(曇りを取らずに)コーティング剤を塗るという事は

コーティング剤で曇りを閉じ込めてしまうという事です(;´∀`)

ですので新車を新車以上に輝かせるにも下地作りがとても重要です!

新車を新車以上の状態に仕上げるのがカービューティープロ カラーズの新車コーティングです!

皆様も是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

プレシャスメタルのトヨタ クラウンです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ クラウンのボディコーティングです。

プレシャスメタルのトヨタ クラウンHYBRID 2.5 RS Limited Ⅱです!

納車間もない新車でございます。

こちらは各メッキ部やホイール等をダーク基調にコーディネートされた

特別仕様車 HYBRID 2.5 RS Limited Ⅱです

プレシャスメタルのボディカラーと相まって、とてもスポーティなスタイルのクラウンに

なっております! いゃ~カッコいいッス(*”▽”)

そんなカッコイイ、新車トヨタ クラウンHYBRID 2.5 RS Limited Ⅱの

現状確認より始めて参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

ご入庫時、雨の影響もあって少し汚れています。汚れていますけど少し曇り気味の様に感じます。

汚れているから曇っているように感じるのかな?

という事で洗車後に撮影しました。↓は洗車後、と言ってもただの洗車だけでなく

鉄粉等を処理した後の磨き前の段階です。

お綺麗でした!(笑)

僅かに曇りも感じますが、ほぼわからない程度の軽い曇りです。

ルーフも・・・

洗車後です。

ルーフは何故か細かなシミが多数付いています(^^;

更にボンネットよりも曇り気味でした。

トランクは・・・

こちらも僅かに曇っているのですが、言われなければわからない程度のごくごく軽い曇りです。

ボディサイドは・・・

こちらは明らかに曇っています(^^;

ホイールは・・・

洗車前です。 ご覧の様にやや汚れ気味でございました!

 

ボンネットやルーフも少し曇りがございますが特にボディサイドの曇りがやや目立ちます。

これは新車時(工場出荷時)から曇っていて全然珍しい事ではなく、とてもよくある事です。

またボンネットやルーフ、そしてボディサイド等によって曇り具合がバラバラなのも

よくある事です。

ボディ全体が均等にクリヤーな塗装の車は少なく、お目にかかる事もめったにないのが実情です。

また納車時に既にシミやスクラッチが付いている事が多いのも、これまた実情でございす。(;´∀`)

なので新車でも下地作りが必要になります。

では今回の新車クラウンも曇りを除去してクリヤーな新車に仕上げていきましょう!

作業開始~~!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

よ~く見るとポツリポツリと確認できるのですが新車という事もあって、

とても少なかったです!

リアも・・・

全然付いていない訳ではないですが探すのが大変なくらい少なかったです(笑)

 

↓は鉄粉除去後の再チェックです。

元々少ないので写真で見ても全然変り映えしませんが、ボディ全体の・・・

鉄粉処理が済んでいます。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に少しばかり曇り気味でしたので、その曇りを磨いて除去し塗装表面を

クリヤーに仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

よりクリヤーで綺麗になりました(*^_^*)

ルーフも・・・

シミも曇りも取れてスッキリとした塗装肌になっております!

トランクは・・・

元々僅かな曇りでしたので違いがわかりにくいかもしれませんが(^^;見比べて頂くと、

スッキリさと言いますか?サッパリさと言いますか??クッキリさが違います(笑)

ボディサイドは見比べなくても・・・

違いがわかります(^_^)/

ライトの映り込みがスッキリとしました。

最後にホイールです。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので、

ホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティングをしました。

マッドブラックのホイールはコーティングをしますと若干艶が出でしまいますが、

それほど大きく印象が異なってしまう事もないかと思います。

艶が出ると言うよりも黒が“濃く”なるといった方が近いかな??

マッドブラックのホイールはブレーキダストが付きやすく、洗っても落ちにくいんです。

そして目立ちます。更に言いますとシミも付きやすいです(^^;

ですのでダストの固着低減にもマットブラックにもホイールコーティングは

おすすめなのですが・・・若干艶が出ます。

若干艶が出てしまいますが、おすすめです!

 

そしてプレシャスメタルのトヨタ クラウンHYBRID 2.5 RS Limited Ⅱ、

新車コーティングが完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

と言いましても元々とてもお綺麗な新車でしたので↑の写真だと施工前後の違いが

伝わらないかも知れませんが(汗)曇りが無くなった事で艶とメタリックのキラッキラ感が

更に向上したプレシャスメタルに仕上がっております(^_^)/

FR最後のクラウンと噂されている現行クラウン、いつまでも大切にお乗りください!

艶々に仕上がりましたトヨタ クラウンHYBRID 2.5 RS Limited Ⅱのご紹介でした。

 

話は変わりますがクラウンは今年フルモデルチェンジをするとの噂ですね!

一時はSUVになるとか?いろいろと噂もありましたが今年に登場するモデルは

4ドアクーペの様です。 ← まだ噂の域ですよ。

その後にボディバリエーションが増えるとか増えないとか、これまた色々と噂がありますが、

そんな噂話も含めて登場するのが楽しみです(*^_^*)

ただFRのモデルは現行型で終わってしまうようで次期型はFFのプラットフォームをベースにした

4WDになってしまうようです。 ← これも噂ですよ(笑)

コロナの影響や半導体不足等の影響もあるので発表・発売が遅れる心配もありますが

とにかく新型クラウンの登場を楽しみに待ちましょう!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ シエンタの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ  シエンタのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャイン×ブラウンパールのシエンタは

2020年の3月にボディコーティングを施工いたしましたお車です。

コーティング施工から2年のタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

昨年の2月にも一度メンテナンスにお越し頂いておりますので今回は通算2度目の

メンテナンスでございます!

ではコーティング施工から約2年が経過いたしましたシエンタのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットです↓

お車が汚れ気味ですのでアレですが(^^;汚れ以外の痛みは少ないようです。

アフターです↓

やはり、とってもお綺麗でした!

スクラッチもシミもとても少ないです。

ルーフも・・・

汚れは確認できますが、それさえ落としてしまえば・・・

とてもとてもコーティング施工から2年とは思えない程お綺麗でございます!

素晴らしいっス(^_^)/~

ただそれなりに汚れていますので・・・

リア周りはなかなかの物でした(笑)

ただこれも普通の汚れ程度ですのでメンテナンスをすれば・・・

艶々のピカピカです。

ボディサイドも・・・

いい感じです(^▽^;) いい感じに汚れています(笑)

アフターです↓

いい感じです!  いい感じに艶々に綺麗になっております(*”▽”)

 

それと鉄粉の付着状況のご報告です。

↓の黒くポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

付いてはいますけど前回の鉄粉処理から1年経過なので、1年経過でこの量でしたら少ないです!

リアは・・・

こちらもボチボチ付いていますけど、少ないと思います。

 

そして鉄粉除去後の再チェックです↓

サッパリとしました。

リアも・・・

綺麗になっております。

ホイールとタイヤは・・・

これまた汚れ気味です。

ホイールとタイヤが汚れているとお車全体の印象も低下してしまうので・・・

綺麗にしました(笑)

足元が綺麗なだけでも、お車全体が綺麗に感じるから不思議です(笑)

そしてホワイトパールクリスタルシャイン×ブラウンパールのシエンタ、

2回目のメンテナンスが完成いたしました。

汚れもサッパリと無くなりホワイトパールクリスタルシャインらしいクリヤーで

艶やかで綺麗なホワイトに仕上がりました!

パールホワイトは汚れやキズは目立たないんですけど汚れや水アカなどの黒ずみは

どうしても目立ってしまいます。 それが見た目の気持ち良さ感を損ねてしまいます。

そこでメンテナンスでリフレッシュ~~!

メンテナンスを行うとより艶が向上して見た目の質感も向上致します!

今回メンテナンスでバッチリとリフレッシュ致しましたので、これでまた気持ちよ~く愛車シエンタ君に

お乗り頂けること間違いなしです(^_^)/

ありがとうございました。

 

お車の状態は様々です。ですのでメンテナンス方法や使うケミカルなどもお車同様、様々です。

メンテナンスではお車の状態に合った作業方法やケミカルを選んで作業していきます。

また当店のメンテナンスは基本的にポリッシングは致しませんので深いシミや線キズが残ってしまいます。

余りにシミやキズが酷くてが気になるようでしたら、ポリッシングありのメンテナンスなども承って

おりますのでお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。