アティチュードブラックマイカのプラドです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ランドクルーザープラドのボディコーティングです。

アティチュードブラックマイカの新車ランドクルーザー プラドです!

現行型プラドは2009年に発売が開始されましたので現行型は登場から13年が経つ

息の長いモデルです。

しかし驚くことに、ここ数年ジワジワと売り上げが更に増えている傾向なのだそうで(*’▽’)

凄いっす!  そんな人気のプラドですが街中ではパールホワイトの車両もよく見かけますが

何故でしょうか??当店にご入庫されたプラドは全て黒です(笑)

そして今回ももちろん黒いプラドです!

ただ今までと違うのはソリッドブラックではなくアティチュードブラックマイカという事です。

そうです。アティチュードブラックマイカのプラドは当店初入庫になります!

おめでとうございます(笑)

そんなアティチュードブラックマイカの新車プラドの現状でございますが・・・

若干モヤッと塗装面が曇っているようです。

ルーフは・・・

ちょっと汚れ気味なのでアレですが(^^;ボンネットほど曇りは感じませんでした。

ボディサイドも・・・

こちらは少し曇りがあるようです。

リアは・・・

比較的クリヤーでお綺麗ですが、もう少しスッキリと綺麗になるはずです(笑)

ホイールも・・・

少し汚れておりました。

今回のお車は曇りも僅かでクリヤーで綺麗な塗装でございました。

とは言え若干曇りが確認できる所もございますので、その曇りを除去して、

よりクリヤーで綺麗な塗装肌に仕上げていきたいと思います!

 

では作業を進めて参りましょう。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

毎度の事ですがボディが黒いと反応が見えません(^^;

実車で見ると反応が見えるのですが写真にすると確認困難です(汗)

リアも・・・

写真だと鉄粉が付いているんだか付いていないんだか全然わかりません(^▽^;)

実際のところは全然付いていない訳ではないのですが新車という事もあって、

少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、もちろん・・・

前も後ろも・・・

写真だと全然わかりませんが鉄粉の処理が済んでおります!

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的にはとてもお綺麗な塗装肌でしたので、軽い磨きで塗装表面を整えていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗です!

ルーフも・・・

スッキリとクリヤーになりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

クッキリとライトが映り込んでおります!

リアも・・・

施工前よりも更にスッキリとクリヤーなっていますよ(^_-)-☆

最後にホイールです。

艶々で気持ちいいです。

そしてアティチュードブラックマイカのランドクルーザー プラド、新車コーティングが完成いたしました。

いかがでしょうか。

っと言いましても施工前の写真と写真の色味が違ってしまい、すみませんm(__)m

写真の色味が違ってしまっていますけど(汗)艶も向上してピカピカに仕上がりました!

元々曇りの少ない綺麗な塗装のお車でしたが、新車でも磨いてからコーティングしますと

よりいっそう綺麗に輝きます(^_-)-☆

色に深みが出て艶やかさと光沢感の向上を感じていただける仕上がりになったと思います!

オーナー様も『うわぁ~すげ~!! ピカピカですね!!』と、施工前後の違いをご実感頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

“黒”と言いましても真っ黒なソリッドブラックもありますしキラキラと輝くパールやメタリック、

マイカ等の光輝材の入った黒もございます。

それぞれ特徴がありますのでどちらがいいのかはお選びになる方のお好みで!っとなってしまいますが

ご購入後の維持だけで考えますとパールやメタリック、マイカ等の入った黒の方が“少しだけ”楽かな??っと

感じています。 ソリッドブラックに比べると細かなスクラッチが目立ちにくい印象です。

黒に限らず他のボディカラーでも汚れが目立たない色やキズが目立たない色など様々ございます。

車のボディカラー選びの基準は人によってバラバラかと思います。

私も時々ボディカラー選びでご相談されることもあるのですが、やはり最終的には自分が好きな色が

一番だと思っております!

ボディカラー選びは難しくて悩みますが、そこが一番楽しい時間でもございますので

タップリと悩んで楽しんでください(*^_^*)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

タウンエースのキャンピングカー『アルトピアーノ』です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ タウンエースのボディコーティングです。

こちらはトヨタのタウンエースをベースにしたトヨタモビリティ神奈川のオリジナルキャンピングカーの

アルトピアーノです! こちらは納車間もない新車でございます。

ご存じの方も多いかと思いますが、こちらのアルトピアーノはとても人気のあるキャンピングカーなんです。

軽自動車ベースの軽キャンよりも大きく、本格的なバンコンやキャブコンよりも小さいサイズの

普段乗りにも使える、ちょうどいいサイズのキャンピングカーです(^_^)/

またアルトピアーノのアイコンにもなっているツートンカラーも可愛いですね!

そんな可愛いアルトピアーノの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです↓

ボンネットやルーフの白い部位は元々のオリジナル塗装になります。

若干曇りがあるようです。

ルーフも・・・

少しピンボケ気味で申し訳ないのですが(汗)こちらも少し塗装面が曇っておりました。

ボディサイドは・・・

ベージュの部位は後から塗装されているカラーになります。

ボディサイドは比較的綺麗に磨かれていましたが・・・

リアは磨きキズが結構残っておりました(^^;

少しわかりにくいかも知れませんが白っぽく見える細い線が磨きの時に付いた磨きキズです。

↓もリアですが・・・

こっちの写真の方がわかりやすいかと思って撮ったのですが・・・

全然わかりにくかったです(^▽^;)

ライトの周りが白っぽく光の筋がモヤモヤと見えるかと思いますが・・・

これは通称オーロラマークと言われる磨きキズです。

磨きキズなのですが写真にすると全然わかりにくかったですね(汗) すみませんm(__)m

ホイールは・・・

ピッカピカのキャップが付いていました!

ちょろっと汚れております(^^;

 

先ほどもご説明しましたが、白い部位は元々のオリジナル塗装でベージュの部分は、

後から塗装された部位になります。

そんな事もあって白い部位とベージュの部位では塗装面の状態が異なります。

白い部位は少し曇り気味でベージュの部位は磨きキズが付いている状態でしたので、

全体が同じようなスッキリとした塗装面になるように作業を進めていきたいと思います!

では作業を進めて参りましょう。

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

全体的に白い部位は鉄粉多めでした(^^;)

リアは・・・と言うかベージュの部位は・・・

少なかったです(^.^)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと除去出来ております。

リアも・・・

綺麗になっております!

 

その後にボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回はやや曇り気味の部位や磨きキズが気になる塗装肌でしたので新車にしては

少し強めの磨きでクリヤーな肌に仕上げていきました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りが取れてスッキリとクリヤーになりました。

ルーフも・・・

曇りが無くなり透明感が向上しております!

ボディサイドは・・・

元々比較的綺麗でしたが、しっかりと磨くと更にクリヤーになり、

ライトの映り込みもスッキリと綺麗になります(^_^)/

リアも・・・

磨きキズもスッキリとして綺麗になりました。

モヤモヤっとした白い光の筋も出なくなってます。

ライトの映り込みもスッキリと綺麗です(^.^)

最後にホイールです。

ピッカピカ(笑)

そしてアルトピアーノのボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりました!

しかし正直、元々が綺麗な新車ですので↑の引きの写真ですと違いがわからないかも知れません(^▽^;)

ただ各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにモヤッとした曇りや磨きキズが無くなり、

キリッとシャープに景色が綺麗に映り込むクリヤーな艶々ボディに仕上がっています!

オーナー様も『いゃ~綺麗ですね! 綺麗だと嬉しくなっちゃいますよね!』と、その違いを

ご実感して頂けたご様子でした!

ありがとうございました。

 

キャンピングカーいいですよね~♥ 以前ですが(10年以上前かな??)私も軽のキャンピングカーを

買っちゃうか~~??ってところまで行ったんですけど、結局色々な事を総合的に考えて断念しました(T_T)

もし、その当時にこのアルトピアーノがあったなら買っていたような気がします。

いゃ、きっと買っていたでしょう(笑)

軽キャンは色々な事を総合的に考えて止めましたがアルトピアーノでしたら、その色々な問題点が

解決できていたので購入していた・・・ような気がします(笑)

車で日本一周は昔からの夢なので、いつか実現できるようにこれからも、

お仕事を頑張っていきたいと思います(笑)   頑張るぞぉ! おぉ~!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

トヨタ カムリの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ カムリのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプラチナホワイトパールマイカのトヨタ カムリはボディコーティング施工から

4年と少々経過いたしましたお車になります。

半年毎にメンテナンスにお越しくださっており今回は通算8回目のメンテナンスの

ご依頼になります!

では早速ではございますがコーティング施工から4年を経過しましたトヨタ カムリの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

まずはボンネットからです↓

さすがにコーティング施工から4年経ちますのでクスミが気になる様になってきました。

とは言え、それ程酷い訳ではありませんがお車が綺麗な分、余計に気になってしまいます(笑)

アフターです↓

という事もあって今回はボンネットとルーフ、そしてトランクの水平面は軽く磨き直して

再コーティングをしております!

軽い研磨ですので深いシミや線キズは残りますが、元々がシミもスクラッチも少ないお車ですので

軽い研磨でも十分に綺麗になります!

ルーフも・・・

少しクスんでおります。

アフターです↓

磨き直しておりますのでスッキリとしてクリヤーに復活しました(^_^)/

トランクも・・・

クスミの影響もあって少しガサガサとした肌です。

アフターです↓

ガサガサした肌がクリヤーで艶々になっております。

ボディサイドは・・・

少し汚れていますけどシミやスクラッチも気にならず、まだまだお綺麗です。

ただ撥水力は少し落ちてきたようです。

コーティング施工から4年ですから落ちてきて当然なのですが逆に4年経っても

水玉状に撥水していた事に驚きです(笑)

これもマメなメンテナンス&普段のお手入れの良さの表れではないかと思います!

アフターです↓

今回は水平面は磨き直していますが垂直面は通常のスタンダードメンテナンスでございます。

次回は垂直面の磨き直しも良いかと思います!

 

それと鉄粉の付着状況です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

反応が少ないです!

よく見ると細かな反応も見られますが全体的に少ないです。

リアは・・・

フロントに比べると大きめの反応が目立ちます。

ただ鉄粉量自体は多くは無かったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

よりサッパリと綺麗になりました。

リアも・・・

スッキリとしました。

最後にホイールです。

ちょこっと汚れ気味です。

アフターです↓

ピカピカで気持ちいいです!

そしてプラチナホワイトパールマイカのトヨタ カムリ、通算8回目のメンテナンスが

完成いたしました。

艶々に仕上がりました~!

と言いましても元々とてもお綺麗で、更に違いが伝わりにくいパールホワイトですので

↑の写真だと施工前後の違いがわからないかも知れません(^▽^;)

ただ各部の写真で見て頂きましたように水平面を磨き直しておりますので

透明感が向上して艶々のボディに仕上がっております!

もちろん実車の方ではしっかりと艶感の向上を実感していただけます!!

オーナー様も『おぉ!ピカピカだぁ!』と、その違いをご実感いただけたご様子でした。

ありがとうございました。

 

今回はボンネットとルーフを磨き直して、その他の部位はメンテナンスで仕上げました。

ボンネットやルーフの水平面はどうしても痛みの進行が早いです。

ですのでボディサイドは痛みが酷くなければボディサイドはスタンダードメンテナンス、

またはメンテナンスplusでも十分綺麗になります。

しかしボディサイドも含めて全体の痛みが進んでいる様でしたら、やはりボディ全体の再施工が

おすすめです。

メンテナンスか再施工か?? お悩みでしたらお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

クリスタルブラックシリカのGR86です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ GR86のボディコーティングです!

クリスタルブラックシリカのトヨタ GR86です!

もちろん納車間もない新車でございます\(◎o◎)/

ただでさえカッコイイGR86ですが、こちらのGR86はTOM’Sのエアロが装着されていて

更にスポーティなスタイリングに仕上がっております!

では早速ですが新車GR86の現状確認より始めて参りましょう。

↓はボンネットです。

若干汚れていますけど曇りも僅かでお綺麗です。

ルーフも・・・

洗車の拭き跡が残っていますが塗装自体はお綺麗です。

トランクは・・・

汚れとは別に若干曇りがあるようです。

ボディサイドは・・・

曇りも無くクリヤーでした!

ホイールは・・・

マッドブラックですので汚れが目立ちます(^▽^;)

今回のお車は曇りも少なくクリヤーで綺麗な塗装でございました。

とは言え若干曇りが確認できる所もございますので、その曇りを除去して、

よりクリヤーで綺麗な塗装肌に仕上げていきたいと思います!

 

では作業を進めて参りましょう。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

毎度の事ですがボディが黒いと反応が見えません(^^;

実車で見ると反応が見えるのですが写真にすると確認困難です(汗)

リアも・・・

写真だと鉄粉が付いているんだか付いていないんだか全然わかりません(^▽^;)

実際のところは全然付いていない訳ではないのですが新車という事もあって、

少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、もちろん・・・

前も後ろも・・・

写真だと全然わかりませんが鉄粉の処理が済んでおります!

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的にはとてもお綺麗な塗装肌でしたので、ごく軽い磨きで塗装表面を整えていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗です!

ルーフも・・・

クリヤーですね(^_^)/

トランクは・・・

サッパリとしました!

ボディサイドも・・・

艶々です!

ホイールは・・・

マッドブラックのホイールはブレーキダストが付きやすく落ちにくいのでマメなお手入れが

必要ですのでご注意下さい。

そしてクリスタルブラックシリカのGR86、新車コーティングが完成いたしました。

艶も向上してピカピカに仕上がりました!

元々曇りの少ない綺麗な塗装のお車でしたが、新車でも磨いてからコーティングしますと

よりいっそう綺麗に輝きます(^_-)-☆

色に深みが出て艶やかさと光沢感の向上を感じていただける仕上がりになったと思います!

特にGR86のようなグラマラスな曲面の綺麗なお車にガラスコーティングをすると、

ボディラインがより強調されて綺麗なんです(*^_^*)

もちろん日中の太陽の下で見ても綺麗なんですが、夜の街灯の下で見ますとこれがまたいいんですよ~。

街灯に照らされた愛車はいつもより更にカッコよく見えるものです!  本当ですよ(笑)

なかなかマニアな視点になりますが街灯に照らされた愛車を眺めたり写真を撮るのも

また違った車の楽しみ方でもあります!

皆様も是非お試しを(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ライズHVのボディコーティングです。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ライズハイブリッドのボディコーティングです。

シャイニングホワイトパールのトヨタ ライズハイブリッドです!

こちらは納車間もない新車でございます。

ライズのハイブリッドは昨年11月の一部改良時に追加設定されたモデルになります。

元々人気モデルでしたがハイブリッド追加で益々人気上昇の様です(^_^)/

人気が出れば出る程、現在の納車遅延も長くなってしまうようで、こちらのオーナー様も

納車まで長~い時間が掛かってしまったようです(;´∀`)

現在、人気の車種は半年~1年待ちが普通の様で、それ以上待ちの場合も珍しい事でもない様です(涙)

早く回復してもらいたいですけど、まだ暫くは納車遅延が続きそうですね(T_T)

話がそれましたが納車間もない新車のライズHVの現状確認から始めて参りましょう!

↓はボンネットです。

若干曇りを感じますがクリヤーでお綺麗でした。

ルーフも・・・

言われなければ気が付かない程度ですが若干曇りがございます。

ボディサイドも・・・

↑の写真単体で見れば十分お綺麗ですが・・・やはり少しだけ曇りがありライトの映り込みが

今一つスッキリとしていません。

リアも・・・

今回はここが一番曇っていました(^^;

とは言え↑程度の曇り具合です。

ホイールも・・・

少し汚れていました。

汚れ自体は大したことないのですが、どうしても黒いホイールは汚れが目立ってしまいます。

 

新車ですので基本的にとてもお綺麗です!

しかし、よくよく観察しますと僅かな曇りが有るのも事実です。

言われなければ気が付かないレベルの僅かな曇りですが、その僅かな曇りを取り除けば

更に透明感が向上してクリヤーで艶々なボディに仕上がります。

そんなクリヤーで艶々なボディをご紹介するその前に、ウインドウコーティングのご依頼も

頂いておりますので、まずはウインドウコーティングの作業からご紹介して参りましょう!

↓は現状です。

納車仕上げ時の撥水シャンプー又は何かしらの撥水剤が掛かっていたようで

撥水しておりました!

しかし納車仕上げ時の撥水は簡易的な物ですので直ぐに落ちてしまいます(^^;

簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをして完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

納車から間もない新車なのですが鉄粉が多かったです(^^;

どのタイミングで沢山付いたのかはわかりませんが、納車時点では既に鉄粉が

付いていたと思われます(汗)

実は新車でもよくある話です(;´∀`)

リアは・・・

ボンネットに比べますとだいぶ少ないです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットの鉄粉もスッキリと綺麗になりました!

リアも・・・

綺麗に除去出来ております。

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

全体的に軽めの曇りでしたので磨きを入れて曇りを除去し塗装表面を

クリヤーに仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティングです。

当店は新車でもここまでがコーティングを塗る為の下準備になります!

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなりスッキリとしました!

ルーフも・・・

クリヤーになっております。

ボディサイドも・・・

こちらも曇りが無くなりライトがスッキリとクリヤーに映り込むようになりました(^_^)/

リアも・・・

透明度が増しました!

ホイールも・・・

ピカピカです。

そしてシャイニングホワイトパールのトヨタ ライズハイブリッドのボディコーティングが完成いたしました。

綺麗に仕上がりました!

正直、新車ですので↑の引きの写真ですと違いがわからないかも知れません(^▽^;)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにモヤッとした曇りが無くなり、

キリッとシャープに景色が映り込むクリヤーで艶々ボディに仕上がっています!

新車を艶々ボディに仕上げるには下地作りが重要になってくるんです。

下地を整えない(曇りやシミ・スクラッチを処理しない)でコーティング剤を塗ってしまえば

もちろん曇ったままなんです(汗)

でも正直そのままコーティングをしてしまう業者さんやディーラーさんが多いのが実情です。

もちろん中にはしっかり磨いている所もございます!

特にディーラーさんやGS系でコーティングを考えている方は事前に磨きをしているのか

確認した方が良いかと思います。

同じコーティングでも下地を整えないのもコーティングですし、整えるのもコーティングです。

しかし同じコーティングでも仕上がりが違ってきますのでご注意下さい!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ブラックのトヨタ クラウンです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ クラウンのボディコーティングです。

H28年式ソリッドブラックのトヨタ クラウンです!

オーナー様はこの型のクラウンを探されていたようですが、程度の良い個体に出会え、

ご購入に至ったそうです。

販売店のお話では中古車として展示前に一度磨きを入れているとの事だったそうですが

シミが気になるとの事で当店にご相談にお越しくださいました。

確かに現状を確認していきますと・・・

シミもクスミもなかなかのものです(^▽^;)

磨きと言いましても、磨きの程度も様々です。

塗装表面の汚れを落とす程度の軽い磨きも“磨き”ですし、

深いシミやキズを可能な限り除去するのも“磨き”です。

ルーフも・・・

シミやクスミが進んでいます。

展示仕上げで磨いてからご購入まで展示期間が長ければ展示中に傷んだ事も考えられます。

トランクも・・・

傷んでおります(^^;

ボディサイドは・・・

シミは少なかったです。

ホイールは・・・

汚れも少なくお綺麗でした。

全体的にご覧いただいた様に痛みが進んでおりました。

よくよく観察しますとマスキングの痕跡もバッチリとあるので磨いているとは思います。

しかし痕跡がバッチリとある事自体も少しアレなのですが・・・(^▽^;)

その辺りのマスキングの痕跡もしっかりと磨いて除去していきたいと思います!

その前に今回はウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介していきます。

↓は現状です。

何かしらの撥水剤が掛かっていたようです。

ワイパーの払拭範囲外は比較的“水玉”を維持しているようですが、

払拭範囲内は撥水力が落ちているようです。

その撥水剤を一度落としてガラス表面を綺麗にリセットいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして・・・

撥水チェックをしましたらウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

毎度の事ですがボディが黒いと反応が見えません(^^;

リアも・・・

写真だと鉄粉が付いているんだか付いていないんだか全然わかりません。

実際のところは私が想像していたよりは少なかったです。

その想像がどれくらいだったのかをお伝えするのが、これまた難しいのですが濡らしたボディを

優しく手で撫でると所々にポツポツとした感触が伝わってくるぐらいです(笑)  全然伝わらね~~(^▽^;)

とにかく想像していたよりは少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、もちろん・・・

写真で見ると違いがわかりませんが・・・

鉄粉処理が終わっております!

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回は・・・

軽くヘッドライトをクリーニングしてからヘッドライトコーティングをしております。

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもクスミもスッキリとしてクリヤーになりました(^_^)/

ルーフも・・・

サッパリと綺麗になりました!

トランクも・・・

綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

ライトが綺麗に映り込むようになっております。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

そしてソリッドブラックのトヨタ クラウンのボディコーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

塗装表面に付いているスクラッチやシミそしてクスミ等がボディの艶や透明感を低下させます。

またスクラッチが多いと黒ではなくグレーっぽく見えてきてしまうんです。

それらの不具合を丹念に磨き可能な限り取り除いていくことで新車にも負けない艶と透明感を取り戻します!

同じ“磨き”でも軽く磨くのと丹念に磨くのとでは仕上がりは全然違います。

もちろん丹念に磨いても全ての痛みをリセット出来る訳ではないのですが

艶と光沢感が違ってきます。

中古車は前オーナー様のお手入れ状況がわからない場合が多く、

またお車の展示期間が長ければ長いほど痛みも進んでしまう傾向ですので

お使いになられる前に一度お車をリフレッシュするとボディもサッパリ!気持ちもスッキリとして

新しい愛車に気持ち良~くお乗りいただけると思います(^_-)-☆

新たな相棒となりましたクラウンで楽しいカーライフをお楽しみください!!

 

ダーク系カラーのお車、特にソリッドブラックは維持・管理がとても難しいデリケートなカラーです。

塗装自体の痛みも早くホワイトやシルバーなどのライトカラーのお車に比べますと数倍の速さで

痛みが進んでしまう傾向です。

また洗車時にも傷が付きやすく目立ちやすいので注意が必要です。

洗車する時はまず初めに水で(できれば高圧)でよ~く砂や埃などを落として、その後たっぷりの

シャンプーの泡を使って優し~く力を入れないで洗ってください。 水を拭き取るときも優し~くです。

ポイントはタップリの水とタップリの泡、そして愛情タップリの優しさです(^.^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ソリッドブラックのトヨタ マークXです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ マークXのボディコーティングです。

H25年式ソリッドブラックのトヨタ マークXです!

2代目マークXは前期型・中期型・後期型で顔が違い、今回ご入庫されたマークXは

中期型の車両になります。

オーナー様がこちらのマークXをご購入されたのが1年とちょっと前なのだそうです。

その時に某所にてボディコーティングをされたそうなのですが・・・

シミが酷いとご相談にお越しくださいました。

確かに酷いです(;´∀`)

ご入庫の2ヶ月くらい前に一度お車を拝見させていただいたのですが、

その時はここまで酷くなかった気が・・・(汗)

オーナー様も前に見てもらった時より『酷くなっちゃった。』と言われていたので間違いなしです(^^;

ルーフも・・・

凄いんです(^^;

1年前にコーティングをしているそうですが1年分の痛みとは思えないのが正直なところです。

↑の写真だとシミが目立ちますが実はスクラッチ(線キズ)も凄いんです。

後でわかった事なのですが・・・そのお話はまた後で!

トランクも・・・

シミシミです。

ボディサイドは・・・

水平面に比べるとシミは少ないですね! その分線キズがわかりやすいです(笑)

ホイールは・・・

そこそこの汚れっぷりでございました(^▽^;)

 

初期登録から9年ほど経つソリッドブラックですので、9年で↑くらい傷んでいても

全然おかしくは無いのですが、1年前に一度コーティングをしていると考えますと

1年でここまで傷んでしまった??

それも少し不自然なのですが、とりあえずは作業を進めて参ります。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応するのですが、お車が黒いので

クリーナーを吹き掛けましても・・・

何が何だかわかりません!

リアも・・・

わかりません(^^;

実際のところは特別多く付いている訳ではありませんでしたが特に少なかった訳でもありません(^^;

それ相応の鉄粉量でした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、これまた・・・

写真だと何が何だかわからない状態です(汗)

リアも・・・

違いがわかりませんが鉄粉処理は済んでおります!

 

鉄粉の除去が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランなのですが・・・

磨いても全然キズもシミも減っていきません(大汗)

これはもしかしたらアレかな? きっとアレだなぁ(;一_一)

1年前のコーティングはシミやスクラッチを処理しないで、

その上にコーティングを塗っただけなのでしょう。

コーティングで蓋をしちゃっている状態なのだと思います。

それで疑問が解けました。このシミやスクラッチの酷さは1年分の痛みではなく

おそらく9年分の痛みだと! それなら納得の痛み具合です(^▽^;)

ですので先にコーティング落とさなければシミやスクラッチにたどり着けません(;´∀`) Oh! No!!

そんな事もあり想定以上にポリッシングに時間が掛かってしまいました(涙)

ちなみにオーナー様にお引取り時に確認しましたら、やはり前回のコーティングは磨き無しの

コーティング剤を塗るだけのコースだったようです(^^;

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもだいぶ除去出来ました!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗になりました。

トランクも・・・

シミ・クスミ・線キズがスッキリとしてクリヤーになりました。

ボディサイドも・・・

深い線キズは残っておりますがスッキリしました(^_^)/

最後にホイールです。

黒さを取り戻しております!

そしてソリッドブラックのトヨタ マークXのボディコーティングが完成いたしました。

いい艶に仕上がりました!  ヽ(^o^)丿

シミやキズ・クスミで艶を失っていたマークXが再び輝きを取り戻しましたヽ(^o^)丿

ボディがギュっと引き締まって凝縮感を感じる艶々ボディに返り咲いております!

やっぱりソリッドブラックはこうじゃないといけません(笑)

オーナー様も『うゎ~ 凄いですね! こんなに綺麗になるとは思っていなかった。』と、

とてもお喜び頂けたご様子でございました。

ありがとうございました。

 

誤解を恐れずに言ってしまうとコーティングを塗っても車は綺麗になりません!

車を綺麗にするのは“磨き”です。

私が度々コーティングは下地が重要と言っていると思いますが、今回のマークXを見て頂いて

その意味が伝わったかと思います。 いくらどんなにいいコーティング剤を使っても下地が

スクラッチだらけだったりシミだらけだったり、また曇ったり傷んだりしている塗装面に

コーティング剤を塗っただけでは綺麗には仕上がりません! 塗装面はそのままです(;´∀`)

下地を整えてからコーティングしないと、何となく艶は出るけど、ただそれだけです(汗)

ですので下地が重要なんです!

一言でコーティングと言いましても洗車してコーティング剤を塗るだけの作業もコーティングですし、

幾つもの工程を経て下地を整え、そしてコーティング剤を塗るのもコーティングです。

同じコーティングでも、もちろん仕上がりは全然違います!

カーコーティング専門店のボディコーティングはコーティング剤を塗るのが目的ではなく、

車を綺麗にするのが目的です!

綺麗になったボディにコーティング剤を塗る。これが本来のコーティング剤の使い方です。

ですのでカーコーティングはカーコーティング専門店にお任せください!

ちなみにですがカービューティープロ カラーズはカーコーティング専門店らしいです(笑)

皆様のご来店お待ちしております(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

トヨタ GR86のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ GR86のボディコーティングです。

スパークレッドのトヨタGR86です!

GR86は当店初入庫になります(^_^)/

いゃ~新型もカッコイイですね!!

写真で見ると先代の86とそれ程大きく変わった印象ではないのですが

実車で見ると結構違います。先代のイメージはあるのですが面のうねりがより強くなり

スポーツカーらしくグラマラスでボリューム感が出ました!

そんな綺麗でグラマラスなスパークレッドの新車GR86の現状ですが・・・

ご入庫時は少し汚れていましたけど塗装面自体は曇りもあまりないようで

とてもお綺麗な塗装肌でした。

ルーフも・・・

ちょろっと汚れていますけど塗装自体はお綺麗なんです。

リアも・・・

汚れていますけど曇りは少なくクリヤーです。

ボディサイドは・・・

こちらもスッキリとした塗装でした。

ホイールは・・・

若干汚れ気味でございました。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので後ほどコーティングをしていきます!

それと合わせてウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでボディのご紹介の前に

ウインドウコーティングより見ていきましょう!

↓は現状です。

納車後にオーナー様が撥水剤を塗られたとの事で水を弾いていましたが

若干撥水力が弱っているようです。

その撥水剤を・・・

除去をして表面をリセットいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングします。

最後に撥水チェックをしてウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

全然ついていないわけではないのですが、とっても少なかったです(^_^)/

リアも・・・

よく見ると反応が見えますが少ないですね!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしていきます。

綺麗です!

リアも・・・

あまり見た目が変わりませんが(^^;)鉄粉除去が済んでおります。

 

その後に今度はボディにマスキングを行い・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は曇りも軽くお綺麗な塗装肌でしたので軽めのポリッシングで

塗装表面を整えていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティングです。

当店は新車でもここまでがコーティングを塗る為の下準備になります!

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

コロコロの水玉撥水が気持ちいいPCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗です!

ルーフも・・・

クリヤーで綺麗です(^_^)/

トランクも・・・

スッキリと艶々です。

ボディサイドも・・・

綺麗にライトが映り込んでおります!

そしてホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

マッドブラックのホイールはコーティングをしますと若干艶が出でしまいますが、

それほど大きく印象が異なってしまう事もないかと思います。

マットブラックのホイールはブレーキダストが付きやすく、

目立ちやすいんです。そして掃除をしてもダストが取れにくいんです(^_^;)

ホイールコーティングはダストのこびり付きや焼き付きを抑制する効果が

ございます。 全くこびり付かない訳ではございませんがコーティングしているのと、

していないのとではお手入れのしやすさが違ってきますのでダストの多いお車には

おススメのメニューになります!

 

そしてスパークレッドのトヨタGR86、新車コーティングが完成いたしました。

艶々なスパークレッドに仕上がりました!

元々とってもお綺麗な塗装でしたが、それでも磨いてからコーティングをいたしますと

艶と光沢そして透明感が向上して艶々のボディに仕上がります(^_-)-☆

 

今回のスパークレッドはソリッドの赤なのですが普通のソリッドではなく

ベースの赤コートの上に高輝度の赤コート、そしてクリアコートの3コートのソリッドカラーです!

発色が良く目の覚めるような綺麗な赤です(*”▽”)

カラー名称は兄弟車のBRZと基本的に同じなのですが、このスパークレッドだけは別の名称になっています。

GR86ですとスパークレッドですがBRZになるとイグニッションレッドと言う名のカラー名になります。

同じカラー(カラーコードも同じ)なのに、このカラーだけ名前を変えたところにトヨタのこだわりを感じます!

もう一つ、ブライトブルーもGR86専用のカラーですね!

こちらも綺麗なブルーで私好みです(笑)

車の色選びは難しく、そして楽しいものです。

とっても悩ましいんだけど楽しい時間なんですよね~。

私も時々何色にしようかと、ご相談されることがあるのですが、やっぱり最終的には一番欲しい色を

選んで下さいと申し上げております! やっぱりそれが一番だと思います。

皆様もお車ご購入時は色選びで悩んで、そして楽しんでください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ86 14Rの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ86 14Rのボディコーティングメンテナンスです。

こちらの14Rはコーティング施工から約1年半程経過いたしましたお車になります。

昨年の夏に一度メンテナンスを行なっておりますので今回は通算2回目の

メンテナンスのご依頼になります。

前回のメンテナンスから約9ヶ月が経過しお車の状態も気になりますがはたして!

では今回もメンテナンスの様子をビフォー&アフターで見て参りましょう!

まずはボンネットからです↓

コーティング施工から約1年半程経過しましたので塗装面の痛みが進んできた様子です。

アフターです↓

深めのシミは残っていますけど塗装面に付いている汚れ(酸化被膜)が落ちて

スッキリとクリヤーになりました。

ルーフも・・・

少し荒れております(^^;

しかしコーティングから1年9ヶ月経っていますので、そう考えますとお手入れが

行き届いていて痛みの進行を最小限にとどめているのではないでしょうか。

車はご利用方法や保管場所等で痛みの進行は大きく変わって来ます。

どんなにマメにお手入れしていても痛みの進行が早い車もございますし、

逆に全然お手入れしていなくてもビックリするくらい綺麗な車もございます。

また車の塗装の“質”によっても違ってきますので車を綺麗に維持する方法も実は奥が深いです(笑)

アフターです↓

こちらもシミは残っていますけどスッキリとクリヤーになっております(^_^)/

トランクは・・・

少し痛みが進んできましたがボンネットやルーフよりもお綺麗でした!

アフターです↓

サッパリと綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

何か黒いブツブツが付いています(^▽^;)

泥はね汚れでもピッチタールでもない様でしたが何だったんっでしょう??

アフターです↓

固着していた訳ではないので汚れ自体は簡単に落ちました。

良かった良かった(笑)

それと鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

おぉ~!少ない!!

全然付いていない訳ではないのですが前回の鉄粉処理から9ヶ月経過しているのに

この少なさ(*‘∀‘)  素晴らしい~~。

リアは・・・

ボンネットに比べると多めでしたが、それでも↑位ですので、とても少ないです!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗です(*^_^*)

リアも・・・

もちろん綺麗になっております。

最後にホイールです。

少し汚れ気味でした。

アフターです↓

サッパリと綺麗になりましたね!

そしてトヨタ86 14Rのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

お車がパッと明るくなりました(^_^)/

塗装表面に付いていた白っぽい汚れ(酸化被膜)が無くなった事で

透明感が向上して艶々に仕上がっております。

今回メンテナンスでバッチリとリフレッシュ致しましたので、

これでまた気持ちよ~く愛車14Rにお乗り頂けること間違いなしです(^_^)/

ありがとうございました。

 

先ほども少しお話いたしましたが車の傷むスピードは車によってバラバラです。

1年経ったからこの程度の痛み、2年でこんな痛み、ではなく各車痛み具合はそれぞれです。

ですのでメンテナンスの内容も様々になってきます。

当店のメンテナンスは基本的にポリッシングは致しませんので、深いシミや線キズが残ってしまいます。

またケミカル剤を使用しても落ちきれない汚れ(酸化被膜)もございます。

余りにシミやキズそしてクスミが酷くてが気になるようでしたら、

ポリッシングありのメンテナンスなども承っております。

メンテナンスはお車の状態によって色々とメンテナンス内容をカスタマイズも出来ますので

お気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

トヨタ アルファードのメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ アルファードのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ アルファードは

ボディコーティング施工から1年8ヶ月ほど経過いたしましたお車になります。

昨年の9月に一度メンテナンスにお越し頂いておりますので、今回は通算2度目のメンテナンスの

ご依頼になります!

前回のメンテナンスでは塗装面の痛みも少なく、とても良い状態だった覚えなのですが、

それから9ヶ月ほど経過し塗装面の状態はどのようになっていますでしょうか!?

ではコーティング施工から1年8ヶ月ほど経過いたしましたトヨタ アルファードの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

写真だとわかりませんが結構水アカで汚れてはいますが

シミもスクラッチも少ないようです。

アフターです↓

おぉ~! やっぱり綺麗です!!

さすがに撥水力は落ちてしまっていましたが塗装面(コーティング被膜)の状態は

ビックリするほど良好でございます(*’▽’)

ルーフも・・・

少し汚れてはいますけど、その汚れもコーティングがまだまだ効いていますので・・・

水アカ汚れの固着も無く洗車程度でも簡単に落とすことが出来ました。

もちろん今回はメンテナンスですので通常のシャンプー洗車では落ちないような汚れも

ケミカル剤等を使って除去しております。

ですので艶感も向上しております!

ボディサイドも・・・

汚れが目立ちます(^^;

アフターです↓

こちらも特に気になるような痛みや汚れも無く、とても良い状態をキープされておりました!

リアは・・・

今回の一番の汚れポイントです(笑)

アフターです↓

その汚れも固着することなく洗い流せました(^_^)/

汚れ自体は水で洗い流せましたが、メンテナンスではそれだけではなく、

その他の事も行っています。

その一つが何時もご紹介しているボディに付いている鉄粉の処理です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

前回のメンテナンスから約9ヶ月ぶりと考えますと、これまたビックリするほど少ないです。

リアも・・・

少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗に除去出来ました!

その他にも細部の洗浄なども行い最終的にメンテナンス剤で仕上げております。

最後にホイールです。

黒いホイールは汚れが目立ちます(^^;

アフターです↓

艶々に復活です!

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ アルファード、

通算2度目のボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

艶々に仕上がりました~!

元々とてもお綺麗で、更に違いが伝わりにくいパールホワイトですが、

それでもメンテナンスをいたしますと実車の方ではしっかりと艶感の向上を

実感していただけます!!

また見た目の違いだけではなく撥水力も復元していますので、

気持ちよい水玉撥水をお楽しみいただけます!

お引き取りに来られましたオーナー様にもお喜び頂けたご様子でございました。

ありがとうございました。

 

今回のお車はシミもスクラッチもビックリするほど少なくて、

とっても良好な状態を維持されておりました!

しかも驚くことに駐車場は屋外の屋根なし駐車との事です(*’▽’)

それでこの状態の良さはホントにビックリです!!

オーナー様に伺ったところ、洗車回数はそれ程多くないとの事です。

それが逆にいいのかもです(笑)

私が良くブログでスクラッチ(キズ)と言っていますがスクラッチが付く要因は様々です。

道路脇から生えている雑草が当たればキズが付きますし洋服やカバンが擦れてキズが付いてしまったり・・・

色々な要因がございます。

また洗車方法によってもスクラッチ(洗車キズ)が付いてしまいます。

洗車キズと言うと洗車機で付いたキズの事だと思われる方も多いのですが洗車キズは

手洗い洗車でも多かれ少なかれ付いてしまう物です。

ですので洗車回数が多い方は洗車キズが多い傾向になります。

手洗い洗車でもゴシゴシと力を入れすぎると塗装もコーティング被膜も傷みます(;´∀`)

また最近の車は塗装が柔らかい傾向ですのでキズが付きやすいです(汗)

洗車をしないのも良くないのですが、洗車をし過ぎるのもあまりよいものではないと私は考えております。

もちろん駐車場の環境や季節などによっては洗車回数は多い方が良い場合もございますが

洗車は適度な回数で、そして適度な力加減で優し~く洗車をするのがお車を綺麗に

維持するポイントでもございます。 それと定期的なメンテナンスも大切なポイントです。

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。