プレミアムシルバーメタリックのスイフトスポーツです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ スイフトスポーツのボディコーティングです。

プレミアムシルバーメタリックのスイフトスポーツです! こちらは新車になります(^.^)

スイフトスポーツは当店で数台ご入庫されておりますがプレミアムシルバーメタリックの

スイフトスポーツは初入庫になります。 プレミアムシルバーメタリックのスイフトスポーツは

意外とレアな存在であまり街中で見かける事も少ないような・・・そんな気がするのは私でしょうか??

いゃ私だけではないはずです! だってオーナー様も“少ない”って言ってましたから(笑)

ノーマルのスイフトではよく見かける色なんですけどね!

どうしてもスイフトスポーツと言うとチャンピオンイエローのイメージですけど

プレミアムシルバーメタリックのスイフトスポーツは、またイエローとは違った落ち着いた雰囲気で

カッコイイですね!

そんな落ち着いた雰囲気のスイフトスポーツの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットです↓

う~~ん だいぶ曇ってますね~(^^;

ルーフも・・・

なかなかの曇り具合です(^▽^;)

ボディサイドは・・・

こちらもモヤモヤとモヤけております。

リアは・・・

他の部位に比べると少しいいように感じますけど、曇っている事には違いありません(;´∀`)

ホイールは・・・

若干ですが汚れ気味でした。

 

こちらのスイフトスポーツは新車なんですけど全体的になかなかの曇りっぷりでした(汗)

新車の塗装面が曇っている事は全然珍しい事ではなく実はよくある事なんです。

パールホワイトのお車ですとこれ位曇りがあっても意外と気が付かないかも知れませんが

シルバーですと気になるかも知れません。 写真で見て頂いたように透明感が損なわれていて

景色の映り込みもモヤモヤとしてしまいます。こうなるとお車全体を見た時の印象も

いまいちシャキッとした車に見えないから不思議です(;´∀`)

でも安心してください。 磨けばシャキッとしますので!!

ではシャキッとした新車以上の新車を目指して作業を始めて参りましょう。

作業開始~~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

何となく撥水剤が掛かっていたような感じ??もします。

納車前の仕上げで撥水系のシャンプーで洗車されているのでしょうかね??  ← 勝手な想像です(汗)

とにかく一度磨いてリセットいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

当店で使用しているPGS-33ウインドウコーティング剤の耐久性ですが、お車の保管状況や

ワイパーの使用頻度などによって大きく変わってきますので、あくまでも目安になりますけど

半年~1年位ではないでしょうか。 ワイパーのゴムを撥水ワイパーに交換して頂くとコーティングの

寿命が延びますのでウインドウコーティングしましたお車には撥水ワイパーの交換をお薦めいたします。

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付着している鉄粉を除去していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします。

よく見ると細かな反応がそこそこ確認できますね(^^;

しかし新車でもこれ位は付いているものです。

リアも・・・

よ~く見ると反応が確認できると思います。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗になりました。

 

その後に今度はボディにマスキングを貼っていきます↓

貼りました!  そして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回はボディ全体がやや曇り気味ですので新車にしては

やや強めの磨きをして曇りを除去しております!

 

そしてコーティングです。今回はオーナー様から『たぶんあんまり洗車はしない』と正直なご申告を

頂きましたので(笑)・・・

PCX-V110をチョイスいたしました!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも取れてスッキリとしました(^_^)/

ルーフも・・・

クリヤーで気持ちいいです!

ボディサイドも・・・

モヤモヤとした曇りも無くなってサッパリとクリヤーになりました。

比較的曇りも軽めでしたリアも・・・

磨けばやっぱり全然違います(^_-)-☆

最後にホイールも・・・

艶々に仕上げましたら・・・

プレミアムシルバーメタリックのスズキ スイフトスポーツ、新車コーティングが完成いたしました!

施工前の写真と写真の色味が違ってしまっておりますが(すいません)施工後のボディの

艶感やスッキリとした透明感、ボディのメリハリの違いなど感じて頂けたら幸いです(*^_^*)

オーナー様も『色が違う!明るくなった!!』と、その違いを十分に感じて頂け、お喜びに

なられておりました。  いゃ~ 良かったです。 新車でも違いを感じて頂けるとホッします(笑)

オーナー様は納車後にご自分でナビ等を装着して自分好みに少しずつ仕上げているようです。

自分で仕上げていくと、より一層愛着が湧くものです。新しい愛車となりましたスイフトスポーツを

タップリと楽しんで、そして末永くお乗りください(^_^)/~

 

普通に考えますと車は納車直後の新車が一番綺麗だと思われると思います。

でも実は残念ながらそうでもないんです(^^;

今回のスイフトスポーツを見て頂いたように塗装面が曇っている新車は非常に多いんです。

また曇っているだけではなくシミやスクラッチも付いているものなんです。

という事は磨かないでコーティング剤を塗るだけですと、もちろん曇ったままですので

コーティング後も曇ったままのスッキリしない仕上がりです(;´∀`)

もちろん曇りだけではなくシミやスクラッチも残ったままです。

当店は新車でも磨きなどで不具合箇所を修正し、下地を整えてからコーティングをしています。

ですので経年車はもちろん、新車や新古車等のコーティングもカーコーティング専門店の

カービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ プリウスにボディコーティングのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ プリウスのボディコーティングです。

H28年式ホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ プリウスです!

ご購入から約4年と半年ほど経過いたしましたお車になります。

この50系プリウスの発売は少し前くらいに感じていたのですが、日本での発売が

2015年の12月ですので、ちょうど5年になるんですね! ビックリです。時が経つのは早いものです(笑)

話はそれましたがご購入から約4年半ほど経ちましたトヨタ プリウスの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットです↓

4年以上経っておりますので流石にシミが目立ちますがスクラッチは少なめです。

ルーフも・・・

やはりシミが多く付いていました。

リアは・・・

こちらは不思議とシミが少ないんです(*”▽”)

ボンネットやルーフと同じ水平な面なんですけど不思議です(笑)

ボディサイドは・・・

シミやスクラッチは少ないんですがクスミが進んでいてライトがスッキリと映り込んでいません。

ホイールは・・・

汚れも少なくお綺麗でした。

 

全体的な印象は4年以上経っているとは思えない程まだまだお綺麗です!しかし店内でライトを

当てて見るとやはりそれなりの量のシミが確認できます(^^;

でも普段は屋外の屋根なしの駐車だという事ですので、そう考えますとシミも少ないのではないかと

思います。 まだまだお綺麗なプリウスではございますが磨いてコーティングを掛けますと

更に艶々ボディに仕上がります! そんな艶々ボディを目指して作業を始めて参りましょう!

作業開始!!

 

ウインドウコーティンのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です

なんとな~く撥水剤がかかっていたような?? それとも油分による水弾きでしょうか??

いずれにしても・・・・

ガラスを磨いてガラス表面を綺麗にリセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました!

ウインドウコーティングの効果はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって

大きく変わってきます。目安は半年~1年位ですがワイパーのゴムを撥水ワイパーに交換して

頂くとコーティングの寿命が延びますのでウインドウコーティングしましたお車には

撥水ワイパーの交換をお薦めいたします。

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応します。

ボンネットです↓

多めではありますが4年半ですので、これ位は付いているものです(^^;

リアは・・・

気のせいかリアの方が多い気がします。

たぶん気のせいではないと思います。リアは多めでした(^▽^;)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリ~~。

リアも・・・

サッパリ~~(^_^)/

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨きの準備が出来ました!

今回はプレシャスプランでの磨きになります。プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの

線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。

(深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)

また、ドアの内側のヒンジ部の汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい

細かな場所の汚れ落としも行いますので、ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を削らないよう、

むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

美しい艶感・優れた耐擦り傷性・そして気持ちの良い水玉撥水が特徴の・・・

PCX-S8です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも取れてスッキリとクリヤーになりました。

ルーフも・・・

クリヤーで綺麗ですね(*^^*)

リアも・・・

サッパリとしました。

ボディサイドは・・・

クスミが取れてクッキリとライトの輪郭が映り込むようになりました!

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ プリウス、ボディコーティングが

完成いたしました!

気持ち良くリフレッシュできました! ご入庫時もお綺麗でしたが、それでも磨いてシミや

スクラッチそしてクスミを除去しコーティングをしますと透明感ある艶々ボディに仕上がります(^_^)/

いゃ、仕上がりました!! 艶感は新車にも負けていないと思います!

オーナー様も『おぉ!ピカピカになった』と、その違いを実感して頂けたご様子でございました!

ありがとうございます。

 

そして今回も最後に年末の大掃除に大変便利な洗車用品の 宣伝 ご紹介です!

少し前のブログで水玉撥水用のR-511をご紹介いたしましたので今回は低撥水用のメンテナンス剤、

その名もR-611 ウォーターヴェールです!

こちらは洗車後の濡れたままの状態でシュシュッとスプレーして塗り込むだけ!

それだけで低撥水状態をスピーディーに復元します。 いゃ~便利ですね~(*´▽`*)

もちろんコーティング被膜にストレスを与えることなく、水が固まりで流れ落ちる低撥水状態を

よみがえらせます。洗車後の濡れたままの状態で塗布をして拭き上げるだけでOK。

美しいツヤ感と低撥水効果をお楽しみください。

水玉撥水用のR-511もご用意しております。 どちらも¥1,980(税込)になります。

コーティング施工車はもちろん、コーティング未施工車にもご利用いただけますので

是非一度お試しください!

宣伝でした!!

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ダイハツ ミライースの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはダイハツ ミライースのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのミライースは2018年の5月にボディコーティング施工いたしましたので

コーティング施工から2年半ほど経過いたしましたお車になります。

その間にも定期的にメンテナンスにお越しくださっており、今回は通算3回目のメンテナンスの

ご依頼になります(^_^)/

前回のメンテナンスから1年ほど経っておりますが・・・まだまだお綺麗でした!

そんなお綺麗なミライースのメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターで

ご紹介してまいりましょう。

 

まずはボンネットのビフォーです↓

雨が若干残っております。 それは置いといて(笑) シミやスクラッチも少し多くなっては

来ましたが水アカの固着等頑固な汚れの付着もございませんでした。

アフターです↓

細かなシミは残っていますけど2年半経過と考えますと悪くない状態ではないかと思います(^.^)

むしろシミは少ない方です!

ルーフも・・・

ボンネットと同じような状態ですね!

アフターです↓

こちらもメンテナンスでは落ちないシミやスクラッチも増えては来ましたが

まだまだお綺麗です!

リアも・・・

リアウインドウ下の隙間も汚れが少なくお綺麗です。

お手入れ方法が行き届いている証拠ですね(^_^)/  ブラボ~~!!

アフターです↓

お手入れが行き届いているので違い感が出ません(汗)

ボディサイドは・・・

少し汚れています。

ただやはり水アカの固着等は無く、ごく軽い汚れです。

アフターです↓

これまた写真だとあまり違いが伝わりませんね(^^;

でももっと近くで見ると違うんですよ~。

それは↓です

ドアのエッジに貼っていたプロテクションを剥がしたそうですが、その糊が残ってしまったとの

事ですので・・・

それもしっかりと除去しております!     近くで見ると違うでしょう!(笑)

それとそんなに近くで見なくてもわかりやすいのが・・・

鉄粉です!  黒っぽくポツポツと見えていますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

前回のメンテナンスが約1年前ですので、そう考えますと鉄粉も少ないですね。

リアは・・・

こっちも少ないです(*”▽”)  凄いっス!!

全体的に鉄粉が少なめですので除去も軽い方法で行いました↓

綺麗ですね!

リアは・・・

あまり違いがわからない・・・(;”∀”)

ホイールは・・・

すこし汚れています。

ホイールはブレーキダスト等の汚れで茶色っぽく汚れてきます。

シルバーのホイールだと薄い茶色に見えてしまいます(^^; ポジティブに言い換えますと・・・

シャンパンゴールドでしょうか!  英語にするだけで何かカッコよく感じるのは私だけでしょうか??

そんなシャンパンゴールドだったホイールもしっかり洗えば・・・

シルバーに元通り!  いゃ、プラチナシルバーとでも言いましょうか(笑)

なんかカッコいいです(笑)

それと今回はウインドウコーティングの再施工のご依頼もいただいております。

↓は現状です

前回のメンテナンス時に再施工しております。それから1年ほど経過しておりますので

やや撥水力は落ちているようです。

まだ撥水はしていますが再施工のいいタイミングだと思います。

弱まったコーティングを一度除去してガラス表面を綺麗にしてから再度ウインドウ専用コーティング剤

PGS-33でコーティングをします。 その後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングも完成です。

ビフォーと見比べますと水玉の丸さが違います!!

そしてダイハツ ミライースのボディコーティングメンテナンスとウインドウコーティングが

完成いたしました。

いかがでございましょうか。 と言いましても今回も元々とてもお綺麗と言う事もあり

メンテナンス前後の違いが写真ですと伝わらないと思いますが・・・(^▽^;)

でも実車を見て頂けると艶と光沢の向上、それに伴ってお車全体の質感の向上を感じて頂けると

思います!

オーナー様も『綺麗ですね~』とお喜びになられているご様子でした。

ありがとうございます。

 

そして今回も最後に年末の大掃除に大変便利な洗車用品の 宣伝 ご紹介です!

今回のミライースのような本格的なウインドウコーティングでしたら当店にお任せ頂きたいのですが(笑)

もっと簡単にお手軽にお試しいただけるのが・・・

その名もR-009スピードガラスミストです。

撥水被膜をガラス面に定着させ透明感の高い視界と強力な撥水力を発揮します。若干の水分があっても

作業ができ、簡単な汚れなら除去することも可能。スピーディーな作業を実現するガラス撥水剤です。

こちらは¥1,944(税込)になります。

R-009スピードガラスミストは簡易タイプのウインドウコーティング剤です。

簡易タイプですので耐久性では本格的なPGS-33ほど効果は持続しませんが洗車時にお手軽に

お使いいただけます。 またウインドウコーティング(当店のPGS-33)のメンテナンス剤としても

お使いいただけますので1本あると便利です。もちろんウインドウコーティングをしていないお車にも

お使いいただけます。

雨の日の運転を少しでも楽に、そして安全にするためにもウインドウコーティングを是非お試しください!

今回も宣伝でした( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

日産フーガの定期メンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産フーガのボディコーティングメンテナンスです。

こちらの日産フーガはコーティング施工から5年経過いたしましたお車です。

定期的にメンテナンスにお越しくださっており、今回で通算6回目のメンテナンスのご依頼になります。

前回のメンテナンスから1年半以上経過されておりますが、その間にもマメにお手入れされておりますので

まだまだ艶も感じられます!

では早速ですがボディコーティングから5年経過いたしました日産フーガのメンテナンスのご様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットのビフォーです↓

まだまだ艶も感じるのですが・・・ご入庫時は実は少し汚れ気味なんです。

あまりクスミは感じないのですが、やはり5年も経ちますとシミが多くなってきました(^^;

アフターです↓

やはりシミがね~(汗) 屋外屋根なし駐車ですのでシミは避けられませんが、

逆にシミ以外の痛みはとても少なく丁寧に洗車されているのが伝わって参ります。

ルーフも・・・

こちらも少し汚れ気味ですが、この状態でもシミが確認できると思います。

アフターです↓

やはりメンテナンスでは落ちないシミが残っております。

ただシミ自体は塗装を深く侵食している感じのシミではなく比較的表面の“浅い”シミです。

メンテナンスplusだともう少しシミが落ちるかも知れませんが、色々な事をトータルで考えて

今回はスタンダードメンテナンスで行いました。

 

トランクは・・・

↑の写真はトランクの隅の方なんですけど、この辺りは比較的シミが少なめです(*”▽”)

でもトランクも中央辺りはシミ多めでした(;”∀”)

トランクの形状で雨が滞留しやすい場所と雨が流れ落ちやすい場所の違いだと思います。

アフターです↓

少なめでしょ(笑)

ボディサイドは・・・

ボディサイドに限らずですがマメにお手入れされていますので基本的にお綺麗なんです(^_^)/

アフターです↓

ボディサイドはシミもとっても少なくて5年経過とは思えない程、良好な状態を

維持しております!

 

ただオーナー様も気が付いていられたのですが鉄粉が多いんです。

鉄粉取りシャンプーで洗ったらポツポツポツポツポツポツ・・・といっぱい反応していたとの事です(^^;

との事ですので私も専用のクリーナーを吹き掛けてみたところ・・・・

ポツポツポツポツ・・・と確かに多めでした。 多めではありますが前回のメンテナンスから

1年半以上と考えますと特別に多いなぁ~と言う感じでもないです。 でも まぁ 付いていますね(^^;

リアも・・・

トランクの方が多い感じですね~。

これくらい付いていると洗車時にスポンジで洗った時やマイクロファイバークロスで拭き上げる時に

引っ掛かりを感じると思います。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリと除去できました!

トランクも・・・

綺麗になりました。

ホイールも・・・

お綺麗にされておりました。

アフターです↓

ホイールもタイヤも艶出しを行っています!

それと今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングも

ご紹介してまいります。

↓は現状です

3年以上前のメンテナンス時にウインドウコーティングを再施工したのですが・・・

流石に撥水力は落ちてはいますけど、まだ撥水しておりました(;”∀”) 3年前ですよ! ビックリです(笑)

フロントウインドウでこれ↑ですから、サイドウインドウは結構な撥水力が残っていました。

今回は全面のご依頼ですので・・・

全面磨いてリセットいたします。 その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングも完成いたしました!

やはりこれくらい弾いていると気持ちいいです(笑)

それと今回はもう一つご依頼がございます。それは・・・

ピラー磨きです。 鳥糞が付いていてシミになってしまったので消えるかな?と思い擦ったら

キズが沢山付いてしまったとの事でした。

とは言え普段からドアの開閉時ピラーを触らない様にしているとの事で・・・

Bピラーのキズも少ないです!  愛情を感じます(*´▽`*)

アフターです↓

深く入ってしまったキズは残ってしまいましたがシミは除去できました。

Bピラーも・・・

綺麗になりました!

そして日産フーガのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

ご入庫時は少し汚れてはおりましたが元々艶も有り、お綺麗なお車ですので

メンテナンス前後の違いが写真ですと伝わらないと思います・・・(^▽^;)

各部の写真で見て頂きましたようにメンテナンスでは落ちないシミも多くなってきたのも

事実なんですけど、それでも実車を見て頂けると艶と光沢の向上、それに伴ってお車全体の

質感の向上を感じて頂けると思います!

オーナー様も『やっぱり違うわ~。きれいだなぁ~』とお喜びになられていました(*^^*)

ありがとうございました。

 

塗装面の状態や施工時期を考えますと正直、次回あたりがコーティング再施工の時期かと思います。

普段シミが気にならないようでしたら、まだまだメンテナンスでいいかと思います(^.^)

またボンネット等、気になる所だけの再施工なども可能ですので、コーティング再施工かメンテナンス、

はたまた部分再施工かでお悩みでしたらお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

マツダRX-7のご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダRX-7のボディコーティングです。

H14年チタニウムグレーメタリックのマツダRX-7です!

こちらのRX-7は新車でご購入され現在までお乗りになられているそうです(*’▽’)

H14年式ですので18年前のお車になりますが18年前のお車とは思えない程、お綺麗なんですが・・・

流石に18年経ちますと塗装も色褪せが進んでしまったそうでオールペン(全塗装)したんだそうです!

なのでお綺麗なんですね! 納得のお綺麗さです(笑)

オールペンも終わり、その塗装保護の意味も込めまして今回ボディコーティングのご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

ではオールペンから上がってきましたマツダRX-7の現状確認から行って参りましょう!

まずはボンネットからです↓

ご入庫時は雨の影響で少しばかり汚れております。

少しわかりにくいかも知れませんが塗装が少し曇り気味でした(^^;

それとオールペンという事で・・・

色を塗った後に研磨するのですが、その時に付いた磨きキズ(バフキズ)が残っております。

なかなか深そうなバフキズです(;´∀`)

ルーフは・・・

こちらも磨きキズが残っておりました。

それとやはり塗装が少し曇っているようです。

トランクは・・・

こちらは曇りも少ないようです。

ボディサイドは・・・

やはり所々に磨きキズはあるんですけど曇りも少なくお綺麗でした。

ホイールは・・・

やや汚れ気味でした。

 

ご覧頂きましたようにオールペンしたので基本的にお綺麗な塗装なんですが、写真でご紹介いたしました

場所以外にも磨きキズが所々に散見いたします。 ただ私も何台もオールペンしたお車を見ていますが

今回のRX-7は綺麗に塗装されていて磨きキズも少なめでは無いかと思います。

中には本当に酷いのがございます(;´∀`)

深く入っている磨きキズは完全に消す事は難しいのですが今回はその残っている磨きキズと

塗装表面の曇りを除去して、より綺麗な状態に仕上げていきたいと思います。

では作業を進めて参りましょう! 作業開始!!

 

今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介しております。 ↓は現状です。

油分の付着も少なくお綺麗でした。

今回は全面のご依頼ですので・・・

全面綺麗にリセットいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

流石にオールペン後という事もあってとっても少ないです。

リアも・・・

少なかったです!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々すくないので・・・(^▽^;)

違いがわかりません(笑)

 

鉄粉が終わりましたらボディにマスキングをしていきます。

何時もよりマスキングが少なめですが、とりあえずはここまでです。

あとの必要な部位のマスキングはその都度、磨く直前に貼っていく方法で進めていきました。

そしてその磨きですけど今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回は樹脂コーティングのご依頼も頂いております。

↓はフロントスポイラーです。

全体的に艶が引けているのはしょうがない事ですが先端だけやけに白くなっています(^▽^;)

マスキングの跡でしょうか??

アフターです↓

もう少し先端の白さが目立たなくなるかな??と思ったんですけど、これが限界でした。

その他にもリアバンパー部やカウルトップ等もコーティングしました。

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなって透明感が増しました!

磨きキズ(バフキズ)も・・・

スッキリとしました。

ルーフは・・・

こちらもスッキリとクリヤーになりました。

磨きキズも綺麗になりました。

深く付いている磨きキズは完全に除去出来てはいないのですが、普段は気になることはないと

思います。 ライトを当ててよ~く探さなとわからないレベルです。

リアも・・・

塗装の表面が綺麗になったので潤いを感じます(^_^)/

ボディサイドは・・・

元々お綺麗でしたが、よりスッキリと綺麗になっています。

最後にホイールです。

今回、ホイールの塗装の痛みが激しいので軽くしか洗えませんでした。

ですので汚れも残り気味です。 オーナー様にもご報告いたしました。

そしてチタニウムグレーメタリックのマツダRX-7、ボディコーティングが完成いたしました!

オールペン後でしたので施工前でもお綺麗でしたが、先ほどもお話いたしました磨きキズを除去し

更に塗装表面の曇りを取り除いた事で透明感が一層増して艶々のボディに仕上がりました(^_-)-☆

また樹脂コーティングで黒いパーツが黒さを増した事でボディにメリハリが出でて

お車全体がキリッと引き締まりました!

一台の車を長く大切に乗る。意外と出来そうで出来ない事なんです。それを18年間大切に

維持し、更に今後も乗り続ける為にオールペンするなんて、なかなか出来る事ではありません(#^.^#)

凄い事です!  これからも大切にお乗りください!!

 

新車と同じでオールペンした直後の状態が一番綺麗だとは限りません。

実際には塗装が曇っている事もございますし磨きキズが残っている事が非常に多いんです(;´∀`)

それから、もうひと手間、ふた手間かけコーティングを掛けますと更に色に深みが出て

輝きも増しますのでオールペンしたお車も是非、当店にお任せください!

お待ちしております(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ランドクルーザープラドのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ランドクルーザープラドのボディコーティングです。

ソリッドブラックのトヨタ ランドクルーザープラドです!

こちらは納車から間のない新車のプラドになります。

現行型のプラドが登場しましたのが2009年でその間にマイナーチェンジでフロントフェイスが

2度ほど変更されております。現在の顔になったのは2017年からのモデルになります。

登場から11年経つのですが現在でも国内外問わず絶大な人気を誇っており、今でも新車の納期は

2~3ヶ月待ちの状態の様です(^▽^;) 凄いです!

そんな人気絶大なランドクルーザープラドの現状確認を早速始めていきましょう!

まずはボンネットからです↓

納車から間もないのですが当店にご入庫されるまでに雨に降られていますので

斑模様になっておりました(^^;

実はスクラッチ等も付いているのですが、この状態ですわかりにくいと思いますので

洗車後に撮影しましたのが↓です。

シミは無いのですが納車前仕上げ時に付いたと思われる細かなスクラッチが付いているんです。

わかります??

ボンネットはスクラッチが少なくわかりにくいのですがルーフの方がスクラッチが多く

わかりやすいかもです↓

斑模様です(^^; でもよく見ると細かな線傷(洗車キズ)が見え・・・ます??

洗車後だと・・・

こんな感じです。 白っぽい細い線が沢山見えると思います。

これが洗車キズです(^^;  ルーフは多かったです(汗)

ボディサイドも・・・

チラチラと白っぽい線が確認できると思います。(写真は洗車後です)

リアは・・・

こちらはスクラッチは少なめでした。(写真は洗車前です)

 

納車間もない新車ですが全体的に洗車キズと思われますスクラッチが付いておりました。

どうしてもブラックはスクラッチが付きやすくてしょうがないのですが・・・

特にソリッドブラックは“触ればキズが付く”と言われるほど、とてもデリケートはカラーですので

新車でも無傷で納車される事はほぼ無いと思われます。

また納車前にキズを消そうと磨きを入れ、その磨きキズが残っている事が大変多いのが実情です(^^;

そういう事を考えますと今回のプラドは磨きキズ(加修の痕跡)もなく、塗装の曇りも

感じないお綺麗な塗装肌でしたので洗車キズはございましたが全体的には“良い”状態ではないかと思います!

その“良い”状態の更に上を目指して作業を進めて参りましょう!

作業開始(^_^)/

 

今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です

若干ですが油分の付着があるようでダラッ~と水を弾いております。

その油分を取り除いてガラス表面を綺麗にしていきます。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが黒いボディですので・・・

何時もの事ですが何が何だか分かりません(;´∀`)

リアも・・・

わかりませんね(汗)

写真だと何が何だか分かりませんが、これまた新車でも多かれ少なかれ鉄粉は付いているものなんです。

今回はポツリポツリ程度の少なめでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

写真だと何も変化ありません(^▽^;)

リアも・・・

すいません。車が黒いと違いが伝わりません(^^;

 

鉄粉が終わりましたら今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

基本的に軽い磨きですが所々にシミやスクラッチが目立ちますので今回はちょこっとばかり

少し強めの磨きをしています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がりを確認して参りましょう。

まずはボンネットからです。

スカッと綺麗になりました!

ルーフのスクラッチもスッキリして綺麗になりました(^_-)-☆

ボディサイドも・・・

チラチラと見えていましたスクラッチも無くなりサッパリとしましたね!

リアも・・・

綺麗!!

そして今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので・・・

コーティングしてピカピカです! 黒光りしてかっこいいですね(*‘∀‘)

更に“映え”するアングルで撮りますと・・・

“映え”ますね~(笑) かっこいいです!!

そしてソリッドブラックのトヨタ ランドクルーザープラド、新車コーティングが完成いたしました!

艶々に仕上がりました(^_^)/~

元々、曇りも少ないお綺麗な塗装肌のお車でしたが、それでも磨いてコーティングを

掛けますと更に黒々と艶のあるボディに仕上がります。 いゃ仕上がりました(笑)

また細かな洗車キズも無くなってサッパリと綺麗なツヤピカボディになっております。

オーナー様も『うわぁ!凄~い!!』と、とてもお喜び頂けたご様子でございました!

ありがとうございました。

 

ブラックなどのダークカラーのお車はホワイトやシルバーなどのライトカラーのお車に比べますと

スクラッチが目立ちやすいです(^^; 特にソリッドブラックは洗車でも簡単にキズが付いてしまいますので

取り扱いには注意が必要です。洗車キズとはその名の通り洗車時に付いてしまうキズです。

スポンジで擦ったりクロスで拭き上げたりと知らず知らずのうちに細かなスクラッチを

つけてしまっています。 という事もあって洗車回数が多い方はどうしても洗車キズが多く入る

傾向です(^▽^;)

少しでもその洗車キズを減らす為には正しい洗車方法で洗車する事が重要になってきます。

そこで度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPに洗車方法の動画がございますので

ご参考までにどうぞ!! → 洗車方法

それと使用しているスポンジや拭き取りのクロスなどは定期的に新品に交換することもお薦めです(^^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

新型カローラのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ カローラのボディコーティングです。

ホワイトパールクリスタルシャインの新型カローラです!

新型カローラはセダン、ツーリングそしてスポーツの3つのバリエーションがございますが

セダンは当店初入庫となります! と言いますか新型カローラ自体が初入庫です(^_^)/~

更に言っちゃいますと歴代のカローラ含めてカローラ自体が初入庫のようか気がいたします(笑)

昨年にフルモデルチェンジを行い12代目となりましたカローラセダンですが、今までのカローラの

イメージを覆す程のスポーティーでスタイリッシュなデザインに変貌いたしました(*’▽’)

特に今回ご入庫されたカローラはWxBというスポーティーグレードですので尚更スポーティーで

カッコイイですね!

そんなスポーティースタイルの新型カローラの現状確認を行なって参りましょう!

まずはボンネットからです。

少しばかり曇り気味ですね(^^;

ルーフも・・・

少し汚れていてわかりにくいんですけど、ルーフも少しばかり曇っておりました。

トランクは・・・

若干ぼんやりとした映り込み具合のような気がいたしますがボンネット程の曇りではありません。

ボディサイドは・・・

こちらもボンネット程ではないのですが少~しボヤけた感じがいたします。

ホイールは・・・

納車後、少し距離を走られたそうでダストで茶色っぽく汚れておりました(^^;

 

こちらのカローラは納車から1週間ほどの新車になります。当店にご入庫されるまでの1週間で

結構距離を走られた&少し雨に降られたようで全体的にちょろっと汚れています(^^;

それを差し引いて見てみますとボンネット等の水平面がそんなに酷い訳では無いのですが

曇り(白ボケ)気味でした。 この新車時からある白ボケは洗車で落ちるものではなく

磨かないと除去できません。今回のカローラの白ボケは程度で言うと“軽い”のですが

中には“酷い”新車もございます(^▽^;) この白ボケは塗装の透明感を阻害し艶感にも影響を

与えてしまいます。この白ボケを除去をすれば新車よりもっと綺麗な新車になるんです(^_^)/

今回も新車以上の新車を目指して作業を始めて参りましょう!

作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

↓は現状です

若干、油分の付着があるようです。

その油分等を・・・

落として、ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

ウインドウコーティングはあめの季節だけではなく、これからの雪や霜にも有効なアイテムですので

是非一度お試し下さい(^.^)

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

ポツポツと散見できますが少ないですね!

リアは・・・

フロントに比べると多めでした(;”∀”)

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも・・・

綺麗になりましたね!

鉄粉が処理できましたら今度はボディにマスキングを行います。

そして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

 

そしていよいよコーティング剤の登場です!

当店では新車でもここまでの工程を経てからのコーティング剤の塗布作業になります(^_^)/

そのコーティング剤ですが今回はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″と・・・

PCX-S8のナイスなコラボレーションです(笑)

ボンネットとルーフそしてトランクの水平面にはEXE evo1を使用して、それ以外の垂直面には

PCX-S8を使用いたしました!

どちらのコーティング剤も・・・

気持ちのいい水玉撥水になります。

EXE evo1の詳しい事はこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

PCX-S8は詳しい事はこちらです → PCX-S8

このようなナイスなコラボレーションも可能ですので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください(^_^)/

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです↓

白ボケも無くなってスッキリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

サッパリとしております。

トランクは・・・

サッパリしました(^_-)-☆

ボディサイドは・・・

元々白ボケの程度も、ごく軽いものでしたがそれでも磨くとスッキリとするんです(^.^)

ホイールは・・・

今回、ホイールコーティングのご依頼も頂いております!

ホイールコーティングは艶々になるだけではなく、ダストのこびり付きも低減いたします。

そしてホワイトパールクリスタルシャインの新型カローラ、新車コーティングが完成いたしました!

透明感と艶がアップして納車直後の新車時よりも更に綺麗な新車に仕上がりました(^_-)-☆

今回“軽め”の曇り具合でしたが、その軽めの曇りでも除去しますとボディ全体が

透明感を増しスッキリと艶々と.したボディに仕上がります!

愛車とご対面いたしましたオーナー様も愛車を繁々と眺めながら“やっぱりいいなぁ~”と

ご満足いただけたご様子でした。

施工前後の違いが分かりにくい新車のパールホワイトでも『なんか違うなぁ!』とわかって頂けるのは

嬉しいです(*^^*)  ありがとうございました。

 

新車は納車直後がベストな状態・・・という車は実は稀なんです。

新車でもキズやシミが付いていたり曇り(白ボケ)が付いている事が残念ながらとっても多いんです(^^;

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地を整えないと言う事はそのままコーティング剤を塗るという事ですので

不具合箇所はそのままコーティング剤で閉じ込めてしまいます(;´∀`)

ですので新車を新車以上に輝かせるにも下地作りが重要です!

新車コーティングも下地を整えているカーコーティングの専門店『カービューティープロ カラーズ』へ

お任せください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ プリウスαにメンテナンスのご依頼です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ プリウスαのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのアティチュードブラックマイカのプリウスαは今年の4月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。 約半年過ぎのタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

黒いお車で屋外屋根なし駐車という事で早めのタイミングでお越しくださいましたが、

これが意外と、と言ったら失礼ですけど意外とお綺麗なんです(笑)

もちろんそれなりの汚れもございますが・・・お綺麗です!

ではコーティング施工から半年ほど経過いたしましたプリウスαのメンテナンスの様子を

今回ビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

 

↓はボンネットのビフォーです。

汚れていて少しわかりにくいんですけどシミが少ないんです!

アフターです↓

シミが少ないでしょ! 流石に洗車キズ系のスクラッチはそれなりに付いてはいますけど

シミが少ないんです!  凄いです(^_^)/

ルーフも・・・

汚れていますが塗装面の状態自体は・・・

全然悪くはありません。むしろ良好です(*’▽’)

もちろん全くシミが無い訳ではないんですけど、黒いお車で半年でこの程度でしたら、

これはむしろ良好と言っていいと思います(笑)

リアも・・・

最近雨が少なく、降ったとしてもポツポツ程度の小雨で汚れが流れ落ちないんですよね(;´∀`)

一番車が汚れる降り方です(汗)

アフターです↓

流石に大雨でもここまで綺麗には汚れは流れ落ちませんけどメンテナンスでしたら

これくらい綺麗になります(^_-)-☆

 

それと黒いお車ですので鉄粉の付着状況をご紹介しても、何だかわからないかと思いますが

せっかく写真撮ったので↓

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に紫色に反応するんですけど・・・

写真だとやはり何が何だか分かりません(^^;

今回はボディが黒ということもあって軽めの鉄粉処理方法で対処しております。

処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますけど・・・

(^^; ビフォー&アフター感が全く伝わりません!

優しく撫でると違いがわかるんですけど、撫で過ぎるとスクラッチは付いてしまうので

撫で過ぎ注意です(笑)

洗車後に濡らしたマイクロファイバークロスでも吹き上げる時の感触も違うと思います。

それと今回はリアドアにキズをつけられてしまったとの事で・・・

こちらは磨いてキズを除去してコーティングを掛け直します。

オーナー様も気が付いていなかったそうで、ご友人に言われて初めて気が付いたらしいです。

何時から付いていたのかわからないけど、たぶんスーパーの駐車場じゃないかな??との事です(T_T)

運転席側だとすぐに気が付くんですけど助手席側は意外と気が付かないものなんですよね。

という事で磨いて・・・

キズを除去しました幸いヘコミは無かったんですが深く入ったキズは少~~し残ってしまいました。

でもライトを当てながら探しても、なかなか見つける事の出来ない程度の細か~~なキズです。

普段はわからないと思います!

お次はホイールです↓

それ程汚れている訳では無いんですがブレーキダストが付いていると茶色っぽく

見えてしまいます。

アフターです↓

グレーメタリックなんです(笑)

 

それと今回はフロントウインドウのコーティング再施工のご依頼も頂いております。

↓は現状です

若干撥水力が落ちている感じがいたしますが、まだ綺麗に水を弾いておりました。

オーナー様曰く、やっぱり自分でウインドウコーティングするのと違うんだよなぁ! との事でした。

ありがとうございます(^.^)    同じと言われなくてよかった~(笑)

という事でご好評につき再施工のご依頼です。

上塗りは致しません。 古いコーティング被膜を除去してからコーティングを掛け直しいたします。

その後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

そしてアティチュードブラックマイカのプリウスα、メンテナンスとウインドウコーティングが

終了いたしました~!

艶々に仕上がりました~!

黒いお車は汚れていると、どうしても白っぽく見えてしまい艶も感じられなくなってしまいます。

しかしメンテナンスをすると・・艶々になるんです!

特に今回のプリウスαは普段もお手入れがいい事もあってシミも少なく、

いい状態をキープしておりました(^_^)/  普段のお手入れの良さ&メンテナンスの相乗効果ですね(笑)

またドアに付けられてしまったキズも無事に除去できました!

オーナー様はコンパウンドを使ってご自分で磨いてみようかと思ったそうですが、やはり黒は磨きが

難しいのでメンテナンスの時までそのままにしていたそうです。

黒い車の磨きは本当に難しいので、まずはお気軽にご相談ください。

 

ボディに付いてしまったキズですけど磨きで消すこともできます。もちろん限界はございます。

クリヤー層の下まで入ってしまっている様な深いキズは無理です(^^;

またクリヤー層の下まで達していなくても無理な場合もございます。

しかし完全に除去できなくてもキズのエッジを丸めてあげるだけでもキズが目立たなくなったりもします。

また表面の軽く擦った程度のキズであれば磨きで消せることも多いので板金屋さんに頼む前に一度、

コーティング屋さんにご相談する事をお勧めいたします(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ハリアーのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ハリアーのボディコーティングです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ハリアーはご購入から3年ほど経過いたしました

お車になります。

モデリスタのエアロが装着されていて、ただでさえスタイリッシュなハリアーが更に

スタイリッシュなお姿に仕立てられております!

モデリスタのエアロパーツはとても人気があるそうで当店にご入庫されるトヨタ車のモデリスタの

エアロ装着率も結構高い印象です(*‘∀‘) これがまたどの車もカッコイイです!

人気なのも納得です。

そんなモデリスタのエアロを装着いたしました、かっこいいハリアーの現状確認を早速行って参りましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチはとても少ないのですが細かなシミが多いですね(^^;

↑の写真だとよくわからないので洗車後(と言っても洗車だけではなく鉄粉処理等、一通り終わった後です)に

撮った写真が↓です。

細かなシミで塗装面が少しガサついているような状態です。しかし・・・

スクラッチが少ないです(*‘∀‘)  素晴らしいっス!

ルーフも・・・

ボンネットと同じような感じですね。細かなシミが気になります(^^;

ボディサイドは・・・

こちらはシミも少なくお綺麗でした!

ただ若干ですがクスんでいるようでスッキリとしません。

リアは・・・

こちらもシミとクスミが少し進行しているようです。

ホイールは・・・

少し汚れておりました。

 

全体的にご入庫時は少し汚れておりましたが、普段からマメにお手入れされているそうで

ご購入から3年以上の時間の経過を感じさせない状態だと思います(^_^)/

ただ屋外駐車という事もあってボンネットやルーフの水平面はどうしても痛みが

進行してしまっております。

ご購入から3年、リフレッシュするにはちょうどいいタイミングではないかと思います!

新車にも負けない艶と透明感を目指してハリアーのリフレッシュを始めていきましょう。

作業開始~(^_^)/~

 

ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介をしてまいります。

↓は現状です

何か撥水剤を使われていたのでしょうか?  なんとなく撥水しているような??

とにかく・・・

磨いて一度ガラス表面をリセットしていきます。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付着している鉄粉等の異物を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

やや多めではありますが3年程経過していますので、これ位は普通の量です。

中には新車でもこれくらい鉄粉が付いている車もあるんです(^▽^;)

リアは・・・

リアはむしろ少なめかと(*”▽”)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました!

リアも綺麗です!

鉄粉が多く付いていますと洗車時、スポンジの滑りが悪くなります。またマイクロファイバークロスだと

ブチブチと引っ掛かります(^^; 洗車時にスポンジやクロスの滑りが悪いと思ったら鉄粉等の

異物が多く付いていると思われます。早めに処置いたしましょう!

 

鉄粉の処理が終わりましたらボディにマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

細かなシミもスッキリとしてスベスベの塗装肌になりました(^_-)-☆キュピーン

ルーフも・・・

サッパリと綺麗になりました!

ボディサイドは・・・

こちらもクスミが無くなってスッキリとライトが映り込むようになりました。

リアも・・・

綺麗になりましたね(^.^)

ホイールは・・・

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いております。

しっかりと洗ってからコーティングを掛けたのでピカピカです!

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ ハリアー、ボディコーティングが

完成いたしました!

艶々に仕上がりましたヽ(^o^)丿

元々お綺麗に乗られておりましたが経年による塗装の痛みもあり、それによってボディから

艶と透明感が少し失われておりました。 その痛みをポリッシングで除去して塗装表面を

整えますと新車にも負けない艶と透明感に仕上がります!

新車のように仕上がりました愛車とご対面しましたオーナー様も『うゎ!ピカピカ。新車みたい!!』と、

その仕上がりをご実感されておりました!

とても大切に、そしてお綺麗にお乗りになられていますトヨタ ハリアーのご紹介でした!

ありがとうございました(^_^)/

 

モデリスタのエアロ人気ですね(^.^) ご存じの方も多いと思いますがモデリスタは

トヨタ(トヨタグループですけど)が展開しているトヨタ/レクサス車のカスタマイズブランドです。

ノーマルでは物足りないけど市販のエアロは派手過ぎてイヤ!って思っている方にはピッタリの

ブランドではないでしょうか。 トヨタ純正だけあってフィッティングもクオリティも文句なしです!

現在ではエアロやホイール、インテリアパーツの開発のイメージが大きいですけど以前は

コンプリートカーの開発と販売もしていたようです。

ノーマルスタイルに物足りなさを感じているトヨタ車オーナーの貴方! そう、そこの貴方!

モデリスタなどいかがでしょか?? カッコイイですよ(^_-)-☆

なんて言っていると私がモデリスタの回し者の様ですが全然そんなことありませんからね!(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

レクサスRX300 F SPORTのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスRX300 F SPORTのボディコーティングです。

H30年グラファイトブラックガラスフレークのレクサスRX300 F SPORTです!

こちらのグラファイトブラックガラスフレークと言う名の黒は、いわゆるソリッドブラックと

言われる漆黒の“黒”ではなく“ダイヤモンドの結晶をイメージした漆黒と金属の質感”を

目指し作られた“黒”なんだそうです! 光が当たると黒の中にもキラキラとガラスフレークが

輝いて見えるとっても綺麗なカラーです(^_^)/

それではご購入から約2年半ほど経過いたしましたグラファイトブラックガラスフレークの

レクサスRX300 F SPORTの現状確認を行なって参りましょう!

まずはボンネットからです。

やはりシミや洗車キズと思われるスクラッチが付いています。

またクスんでいて透明感が損なわれている状態です。

ルーフは・・・

こちらもシミやスクラッチ、そしてクスミが進行していました(^▽^;)

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフに比べますとシミもスクラッチも少なくて、

悪くないと思います。  でもクスんでいますね(^▽^;)

リアも・・・

シミは少ないのですがスクラッチとクスミでガラスフレークのキラキラ感が

影を潜めてしまっています(^^;

本当はもっとキラキラです! いゃ、キラッキラです!

ホイールは・・・

ブレーキダストの汚れも少なくお綺麗でした。

 

全体的にやはりシミやスクラッチ、そしてクスミが進んでいてお疲れ気味の状態です。

ただ屋外駐車で2年半と考えますと、それ程悪くない状態かな。と言うのが私の印象でした。

と言いますのもシミは多く付いているんですが、そのシミは比較的浅めのシミが多く

塗装を“深く”侵食してしまっているようなシミは意外と少ないんです(^_^)/

また今回のグラファイトブラックガラスフレークがキラキラとしたカラーで、黒だけど黒にしては

シミやスクラッチが目立ちにくい黒なんです。 そんな事もあって各部をアップの写真で見てしまうと

アレですが(^▽^;)全体の印象としましては、悪くない状態だと思いました。

とは言え、それ相応のクスミが進んでいますのでグラファイトブラックガラスフレーク本来の

キラッキラ感が薄れてしまっております。そのキラッキラを取り戻すべく作業を進めて参りましょう!

作業開始!!

 

ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

フロントウインドウは油膜の付着も少なくお綺麗ですね!

しかしサイドウインドウは・・・

結構ウロコに覆われておりました(^▽^;)

今回は全面施工していきます↓

↑の状態に行くまでに実はいくつもの工程を経ています!

そして最終的にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングし、最後に撥水チェックを

しましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です。

サイドウインドウのウロコも・・・

綺麗になりました(^_^)/~

 

続いてはボディです。

まずは洗車をして、その後にボディに付着しています鉄粉等の異物を除去してまいります。

専用のクリーナーをシュシュと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

ボディが黒いのでよく見えませんが結構多いんです。

トランクの方がわかりやすいかもです↓

よ~く見ますと所々が黒っぽく点々としているのがわかります。

これです↓

赤丸の中に黒い点が見えると思います。これが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

赤丸は2つしか付けていませんが、よく見ると無数にあります(^▽^;)

全体的に結構多かったッス(汗)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

違いがわかりにくいんですけど・・・

ボディ全体、サッパリと綺麗になっております!

鉄粉の処理が終わりましたらボディにマスキングをしていき・・・

磨いていきます。 今回はプレシャスプランでのご依頼になります。

プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングの

コースです。 (深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の

汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、

ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を

削らないよう、むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミも無くなってスッキリと仕上がりました!

ルーフも・・・

クリヤーになって気持ちいいですね(*‘∀‘)

ボディサイドも・・・

クスミもなくなってライトが綺麗に映り込んでいます。

リアも・・・

ガラスフレークのキラッキラ感が戻ってきましたねヽ(^o^)丿

ホイールも・・・

艶々に仕上がりましたら・・・

グラファイトブラックガラスフレークのレクサスRX300 F SPORT、ボディコーティングが完成いたしました!

施工前の写真と写真の色味が違ってしまっているので(すいません)単純に比較できませんが

各部の仕上がりで見て頂きましたようにシミやスクラッチ、そしてクスミが取れてスッキリと

透明感を感じて頂ける仕上がりになっております!

またガラスフレークのキラッキラ感も復活しましたのでグラファイトブラックガラスフレーク本来の

イメージである“ダイヤモンドの結晶をイメージした漆黒と金属の質感”を取り戻しております(^_-)-☆

オーナー様も『おぉ!綺麗になった!』とお喜びになられているご様子でした。

ありがとうございました。

 

黒などのダーク系のカラーはスクラッチやシミそしてクスミが進んできますと塗装の

透明感(クリヤー感)が無くなってきます。

またボディ全体が白っぽく見えてきてしまい色の深みが感じられなくなってしまいます。

黒いお車で屋外駐車でしたら2~3年くらいが一つの目安かなと思います。

お車は保管場所やご利用状況によって傷み方は様々ですので(^^; あくまでも目安です。

そうなってきますとそろそろ再施工のタイミングでもございます。しかし再施工時期の判断は

なかなか難しいと思いますので再施工のタイミングでお悩みでしたら当店にお気軽にご相談ください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。