トヨタ 新型ノアのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ノアのボディコーティングです。

ホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ 新型ノアです!

納車間もない新車でございます(*’▽’)

新型のノアは当店初入庫になります。

そして私も新型ノアを間近で見るのは初めてです(笑)

最近街中で少しづつ見かける事も増えてきましたが例の製造遅延の影響で

なかなか納車が進んでいない様です。ノアは今契約してもガソリン車で半年待ち、

ハイブリッド車は半年待ち以上の納期みたいです(汗)

こちらのノアのオーナー様は比較的早いタイミングで契約されたそうですので比較的、“待ち”は短めだったそうです。

そんな納車間もない新車のノアですが・・・

ボンネットは僅かに曇りを感じますがクリヤーでお綺麗です。

ルーフも・・・

僅かに曇っています。 ほぼ言われなければ気にならない程度ではないでしょうか?

それに比べますとボディサイドは・・・

曇りが気になります(^^;

リアも・・・

曇りの影響でライトの映り込みがモヤっとしておりました。

ホイールも・・・

お綺麗ですね!

ホイールのコーティングのご依頼も頂いておりますので後ほどコーティングをしていきます!

 

それと今回はボディコーティングに加えてウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ボディのご紹介の前にウインドウコーティングの現状確認&作業を見ていきましょう!

↓は現状です。

納車仕上げ時の撥水シャンプー又は何かしらの撥水剤が掛かっていたようで

水を弾いておりました。

納車仕上げ時の撥水は簡易的な物ですので直ぐに落ちてしまいます(^^;

簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

続いてはボディの作業を見ていきましょう。

まずは洗車します。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ポツポツと反応が確認できます。

新車でもこれ位は付いておりますが、寧ろ少ない方ではないでしょうか。

リアも・・・

ポツポツと確認できました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしていきます。

ボンネットの鉄粉もスッキリとしました。

リアも・・・

サッパリと綺麗になりました。

 

その後に今度はボディにマスキングを行い・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に軽い曇りでしたので軽い磨きで曇りも除去して塗装表面をクリヤーに

仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それ以外も今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしております!

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

元々曇りも僅かでお綺麗でございましたが、曇りが無くなり更にスッキリ綺麗になりました。

ルーフも・・・

スベスベです!

曇りがやや気になりましたボディサイドも・・・

スッキリとライトが映り込むようになりました(^_^)/

リアも曇りが取れて・・・

透明度が増しております(^_^)/

それとホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

ホイールコーティングは新車時、またはホイール新品時がおすすめです(^_^)/

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ 新型ノア、新車コーティングが完成いたしました。

いかがでしょうか。

と、言いましても正直、新車のパールホワイトですので写真だと、

あまり違いがわからないかもしれません(^▽^;)

今回は全体的に“軽め”の曇り具合でしたが、その軽めの曇りでも除去しますと

ボディ全体が透明感を増しスッキリと艶々ボディに仕上がります!

この磨きが新車を新車以上に仕上げるポイントでもございます。

ひとえに新車のボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

新車を新車以上の光沢感とクリヤーな塗装肌に仕上げるには新車であっても

下地を整えなくてはいけません。

下地を整える(曇りを取らずに)コーティング剤を塗るという事は

コーティング剤で曇りを閉じ込めてしまうという事です(;´∀`)

ですので新車を新車以上に輝かせるにも下地作りがとても重要です!

新車を新車以上の状態に仕上げるのがカービューティープロ カラーズの新車コーティングです!

皆様も是非お試しください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

クリスタルレッドメタリックのヴェゼルです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ ヴェゼルのボディコーティングです。

H29年式クリスタルレッドメタリックのホンダ ヴェゼルです!

新車でご購入されてから約5年が経過いたしましたお車になります。

とっても綺麗なクリスタルレッドメタリックなのですが流石にご購入から

5年が経ち痛みが目立ってきたそうです。

ボンネットを見て見ますと・・・

なかなかのシミっぷりです(;’∀’)

オーナー様はマメに洗車をされて維持されてきたそうですが、

ある時から急にシミが酷くなってしまったそうです。

洗車しても落ちなく手に負えなくなったので当店にご相談にお越しくださいました。

確かにシミが凄いです(汗)

ルーフも・・・

シミもクスミも凄いです(;’∀’)

ボディサイドも・・・

ボンネットやルーフほどシミは酷くないのですがクスミが進行していて

塗装面がガサガサでした。

リアも・・・

こちらもクスんでいます。 クスミが酷いと言うよりも細かなシミが沢山あるので、

クスんでいるように見えるのかな??

いずれにしろ傷んでいる事には違いありません(^▽^;)

ホイールは・・・

こちらは目立つような痛みや汚れも無くお綺麗でした。

全体的にやはりシミが酷く思う存分ポリッシングが楽しめそうな状態でございました(笑)

それと今回はフロントウインドウのコーティングのご依頼を頂いておりますので

フロントウインドウの確認&作業をご紹介していきましょう!

↓は現状です。

油膜の付着も少なく、とてもお綺麗です(^_^)/

お綺麗なのですがガラス表面には油分以外の付着物等もございますので・・・

ガラス表面を綺麗に整えてからウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをいたします。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをして完成です!

ウインドウコーティングの耐久性はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって

大きく変わってきます。目安は半年~1年位ですがフロントウインドウはワイパーの

ゴムを撥水ワイパーに交換して頂くとコーティングの寿命が延びますので、

ウインドウコーティングをしましたお車には撥水ワイパーの交換をお薦めいたします!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

が、しかし・・・

色的な事もあってか?又はカメラの性能的な事もあってか??

はたまた撮影者のテクニックのせいなのか??

反応が全然見えません(^^;)

実際は結構細かな反応が多かったのですが写真だと全然わかりません(汗)  すみません。

リアも・・・

リアも全然わかりませんね~(>_<)  すみません。

こちらも“それなりに多く”鉄粉が付いていました。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

これまた全然違いがわかりませんがスッキリと綺麗になっております。

リアも全然違いが伝わりませんが・・・

鉄粉処理が済んでおります。

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

楽しい楽しいポリッシングの時間です(笑)

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスッキリとしてライトが確認できるようになりました(笑)

シミシミでしたルーフも・・・

だいぶ綺麗に除去出来ました(^_-)-☆

ボディサイドも・・・

塗装面のガサガサが無くなりライトが綺麗に映り込むようになりました!

リアも・・・

深い線キズは残りましたがシミが無くなり綺麗になりました。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げております!

そしてクリスタルレッドメタリックのホンダ ヴェゼル、ボディコーティングが完成いたしました。

艶々のクリスタルレッドメタリックに仕上がっております!

シミやクスミも取れてスッキリとクリヤーな艶々ボディに復活いたしました。

お車全体がクスミで白っぽくなっていましたがクスミが無くなった事で色に深みも出て

クリスタルレッドメタリック本来の輝きを取り戻しました(^_^)/  いゃ~綺麗な赤です!!

オーナー様も『わぁ~凄い!! ピカピカだぁ!』と、とてもお喜びになられておりました。

ありがとうございました。

 

今回のシミシミの原因ですがオーナー様にお話を聞いてみたところ、可能性として考えられるのが

撥水シャンプーではないかと思います。

今までは通常のシャンプーをしてからワックス掛けを行っていたそうです。

その時は大丈夫だったようですがワックス掛けを止め、撥水シャンプーを使うようになったら

急にシミが増えたとの事でした。

撥水シャンプーやGSの洗車機にある撥水コースやコーティングコースみたいな感じの

撥水コート剤は実は凄くシミが付きます(^^; 使えば使うほどシミシミのガサガサになって

ボディから艶を奪ってしまいます(怖)

また井戸水や地下水で洗車をしますとシミが凄く付きますので基本的に洗車には向かないです。

洗車に使用しているシャンプーや水によって車(塗装面)の痛みの進行が違ってきますので

塗装面の痛み具合に違和感を感じましたらシャンプーや水が原因かも知れません!

皆様もご注意下さい!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ピュアホワイトパールのスイフトスポーツです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ スイフトスポーツのボディコーティングです!

ピュアホワイトパールのスイフトスポーツです。

こちらは新車になります(*’▽’)

とても綺麗なパールホワイトですね!

ピュアホワイトパールのスイフトスポーツは当店初入庫になります。

ブルーメタリック・シルバーメタリック・レッドパール・チャンピオンイエローそして今回の

ピュアホワイトパール。 後はブラックパールのスイフトスポーツがご入庫されたら、

モノトーンカラーはコンプリートです(笑)  ツートンカラーは未だ0ですけど(^▽^;)

ツートンカラーを含めてフルコンプリートできるように頑張ります(笑)

 

では早速でございますがピュアホワイトパールのスイフトスポーツの現状から確認していきましょう。

↓はボンネットです。

ライトの淵がモヤモヤとしております。

これは塗装表面が曇っているので、スッキリと綺麗に映り込まずモヤモヤと

見えてしまいます。

ルーフも・・・

モヤけております(^^;

当店でも今まで数台の新車スイフトスポーツを施工させて頂いておりますが、

結構なモヤけ具合の車両が多かった気がいたします(^^;)

とは言え新車でもこれ位の曇り具合は全然珍しい事ではありません(汗)

ボディサイドも・・・

なかなかの曇りっぷりです。

その曇りで少しばかり透明感が損なわれているようです。

カッコよく言ってみると“奥行き感が無い”といいましょうか?  カッコよく言う必要性は無いんですけど(笑)

でも大丈夫です。 磨けばスッキリと奥行き感が出ます!!

ホイールは・・・

軽めの汚れでした。

 

それと今回はフロントウインドウのコーティングのご依頼を頂いておりますので

フロントウインドウの確認&作業をご紹介していきましょう!

↓は現状です。

なんとな~く撥水??をしておりました。

撥水剤による撥水と言うよりも油分の付着による水弾き??

又は納車仕上げ時の撥水シャンプーがかなり弱まっている??そんな感じの水弾きでした(^▽^;)

いずれにしましても・・・

ガラス表面を綺麗に整えてからウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをいたします。

最後に撥水チェックをしましたらウインドウコーティングの完成です!

 

引き続きボディの作業をご紹介してまいります。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

反応が少し“流れて”しまっていますけど意外と多く付いていました(^^;

リアは・・・

フロントに比べると少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしていきます。

ボンネットの鉄粉もスッキリとしました。

リアも・・・

サッパリと綺麗になりました。

 

鉄粉等の異物処理が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に塗装面の曇りが気になりますので少し強めの磨きで曇りを

スッキリと除去していきました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

当店は新車でもここまで下地を整えてからコーティング作業になります

今回使用しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回も・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしております!

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも取れてスッキリとライトが映り込むようになりました!

ルーフも・・・

スッキリとクリヤーになっております(^_^)/

ボディサイドの曇りも無くなって・・・

ライトの輪郭もクッキリと映り込むようになっております(^_^)/

どうでしょうか?? 奥行き感が出たように見えませんか??

beforeと見比べてくださいね(笑)

リアも・・・

モヤモヤが無くなり綺麗になりました。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも黒さを取り戻しました。

 

そしてピュアホワイトパールのスイフトスポーツ、新車コーティングが完成いたしました。

いかがでしょうか。

正直、元々お綺麗な新車のパールホワイトですので引きの写真ですと違いがわかりませんね(汗)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにボヤボヤとした曇りが無くなり、

カッコよく言うと塗装面に“奥行き”が出ました(笑)

お車全体がキリッとシャープに、そして綺麗に景色が映り込むようになっております!

オーナー様もとてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

先ほどもお話いたしましたが新車によく見られる特有の曇りですが、

これを除去すると塗装本来の色と艶が出てクリヤーで艶やかなボディに変わります。

ですので新車でも磨きは必要だと当店は考えております。

もちろん1台1台曇り具合は違いのますので磨き方も変わってきます。

ですのでカーコーティングはカーコーティング専門店がおすすめなんです!

カーコーティング専門店と言えばカービューティープロ カラーズはカーコーティングの

専門店の様です(笑)  皆様のご来店お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

マツダ ロードスターRFのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ ロードスターRFのボディコーティングです。

プラチナクォーツメタリックのマツダ ロードスターRFです!

ロードスターのRFは当店初入庫になります。

こちらは納車間もない新車でございます(*’▽’)

プラチナクォーツメタリックは昨年CX-8から導入されましたマツダの新色です。

シルバー調ながらゴールドを感じさせるエレガントで上質なカラーです。

スポーツカーのロードスターにも良く似合っていますね! カッコイイです(*‘∀‘)

そんな上質なカラーを纏ったロードスターRFの現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

汚れもございますが若干曇りがあるようです。

汚れてるから曇ってるように見えるんじゃない?? と思うかも知れませんが曇っているんです。

↓は洗車や鉄粉除去等まで終わらせた後に撮影しました。

ね!やっぱり曇ってるでしょ(^^;)

新車でもこれ位は曇っているものです。

と言うか以前のマツダ車はかなり曇っている傾向でしたが、

ここ最近は曇りの程度が軽くなり以前よりもクリヤーになりました。

ルーフは・・・

既にシミが付いています(^^;)

ちなみにピアノブラック調のブラックルーフはオプションで通常はボディと同色なんだそうです。

ルーフが黒いと、よりスポーティに見えてカッコイイですね!

リアは・・・

こちらも若干ですが曇りが感じられます。

ボディサイドも・・・

僅かに雲っています。

言われなければ気にならない程度かなぁ?? その程度の軽い曇り具合でした。

ただリアフェンダーには・・・

写真だとよくわかりませんが(汗)加修痕と思われるモヤモヤッとした磨きキズ(オーロラマーク)が

確認できました。  光を当てて見るとモヤモヤとよ~く見えるのですが、写真にすると

全然伝わりませんね(^▽^;) すみません。

ホイールも・・・

若干汚れ気味でございました。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので後ほどコーティングをしていきます!

それと合わせてウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでボディのご紹介の前に

ウインドウコーティングより見ていきましょう!

↓は現状です。

納車仕上げ時の撥水シャンプー又は何かしらの撥水剤が掛かっていたようで

ワイパー払拭範囲外は水を弾いていますがワイパー払拭範囲内の撥水は既に落ちている状態でした。

納車仕上げ時の撥水は簡易的な物ですので直ぐに落ちてしまいます(^^;

簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをして完成です!

ウインドウコーティングは梅雨の季節におすすめの人気オプションメニューでございます。

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

ポツポツと確認できます。 ボディの曇り同様で以前のマツダ車は新車時でも、

結構鉄粉多めの印象でしたが(個人的に)最近は鉄粉の量も少なくなったように感じています。

よかった よかった(*^_^*)

リアも・・・

とっても少なかったです!

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々ボンネットもリアも少なかったのですが・・・

よりスッキリと綺麗になっております(^_^)/

 

鉄粉の処理が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

今回は全体的に軽めの磨きで塗装面を整えていきました。

 

そして今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

当店でも人気のコーティング剤、EXE evo1のコーティング剤でございます(^_^)/

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

従来の水玉撥水のコーティング剤より、よりシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それ以外も今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしております!

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも無くなりスッキリと綺麗になっております!

ルーフのシミも・・・

サッパリと綺麗になりました。

リアも・・・

曇りが無くなりクリヤーで艶々です(^_-)-☆

ボディサイドも・・・

僅かな曇りでしたが、その僅かな曇りも無くなると映り込みが、

よりクッキリと綺麗になりますね!

もちろんリアフェンダーに見えていましたモヤモヤとしたオーロラマークも・・・

しっかりと磨いて除去出来ております。

それとホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

ホイールコーティングは新車時、またはホイール新品時がおすすめです(^_^)/

 

そしてプラチナクォーツメタリックのマツダ ロードスターRF、新車コーティングが完成いたしました。

元々が曇りの少ない綺麗な新車でしたので↑の写真で見ると、

あまり違いがわからないかもしれませんが・・・(^▽^;)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたように曇りが無くなった事で

透明感と光沢感の向上を感じて頂ける仕上がりになっております。

その艶感の向上にはEXE evo1がいい仕事をしているんです(笑)

EXE evo1は艶感の違いが分かりにくいライトカラー系のお車でも艶の向上を

実感して頂けると思います。

オーナー様も『おぉ!綺麗!!凄いなぁ~!』とお喜びになられておりました。

ありがとうございました。

 

当店の人気コーティング剤でもございます「EXE-evo1」はベ-スコート+トップコートの

2層コーティングとなります。2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事に

なります。その分作業に時間が掛かってしまう為、お値段も高めの設定となりますが、

“極上の深い艶と抜群の保護機能“を実感して頂けると思います!

ダークカラー系のお車はもちろん、ライトカラー系のお車にもおすすめのコーティング剤です!

是非、皆様も「EXE-evo1」お試しください(^^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスIS F SPORTの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスIS F SPORTのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”は昨年の7月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車です。

今回は通算2回目のメンテナンスのご依頼になります。

毎回早めのタイミングでメンテナンスにお越しくださっているのには訳がございます。

こちらのIS、普段駐車している場所が線路の近くという事で、とにかく鉄粉の付着量が多いんです。

その為に毎回早めのタイミングでメンテナンスにお越し頂いております。

その鉄粉の様子はまた後ほどにしまして↓はボンネットのビフォーになります。

若干汚れ気味です。

ただ大きな痛みはないです。鉄粉の付着以外は(^^;

アフターです↓

この通りシミもスクラッチもとっても少なく塗装面の状態は良好でございます。

鉄粉が多かった以外は(笑)

ルーフも・・・

汚れが気になる程度で塗装面の痛み自体はとても少ないです。

アフターです↓

間もなくコーティング施工から1年経ちますが良いコンディションをキープされていると思います。

リアも・・・

汚れてます(^^;

この時はまだ花粉の影響もあったと思います。

アフターです↓

スッキリと綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

通常使用での汚れです。

アフターです↓

こちらも問題なく綺麗になっております。

 

そしてお待ちかね!?の鉄粉の付着状況のご報告です。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

おっ! 意外と少ないです!!

今までで(ISの前の車を含めて)一番少なかったです(*‘∀‘)

リアも・・・

そこそこの量が反応していますが、たぶん今までで一番少ないです!!

何故でしょう?? 電車の運休が多かったのかな??

どれだけ運休したら鉄粉が少なくなるのかって話ですけど(笑)

冗談はさておき↓は鉄粉除去後の再チェックです。

サッパリと綺麗になりました!

リアも・・・

だいぶ反応が少なくなっております!

 

それと今回もウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

施工部位は“お任せします”でしたので作業を進めてみて撥水の低下&シミが気になった、

リアウインドウを再施工いたしました。

他のウインドウはしっかりと洗ったら、だいぶ撥水力が戻りましたので今回は見送りました。

リアウインドウは前回のメンテナンス時にも再施工しているのですが、

リアの痛みが早いようです。その傷んだコーティング被膜&シミを除去して

ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングの出来上がりです!!

 

そしてホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”の

ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

白さが復活してメリハリあるボディに仕上がりました!

綺麗になるとボディのプレスラインや面の張りが引き立ちます。

また白と黒のコントラストがハッキリとしてキリッとお車が引き締まります(^_-)-☆

オーナー様も『いゃ~ いいですね~~』っと、とてもお喜びになられておりました!

ありがとうございました。

 

車は使用していると色々な物が付着します。 また、使用していなくても外に置いて置くだけで

異物は付着します(^▽^;)鉄粉はもちろん、樹液だったりピッチタール、今の時期は虫もいっぱい付きますし、

鳥糞や虫の糞、そしてペンキのミストが付いている事も少なくありません。

毎回、鉄粉の除去とご紹介していますけど、この時に鉄粉以外の付着物も一緒に処理しています。

鉄粉や異物が塗装面に多く付着していると美観の低下だけではなく撥水の妨げにもなります。

撥水剤を使用していても綺麗に水を弾かなかったり、流れ落ちないのは鉄粉等の異物の付着が

原因かも知れません。 白い車ですと鉄粉は目視でも確認もしやすいんですけど、

黒っぽい車ですと見た目では判断が難しいと思います。

見た目で判断が難しい時は洗車時に水を掛けながら優しく素手で撫でてみてください。

ブツブツやザラザラとした感触があったらそれは異物が付いている証拠です。

異物感が気になりましたら当店にお気軽にご相談下さい!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

三菱 デリカD5のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは三菱 デリカD5のボディコーティングです。

ブラックダイヤモンドの三菱 デリカD5です!

こちらは納車間もない新車でございます(*’▽’)

納車間もないのですが既にカスタマイズが進んでいるようで

ホイールも交換済みです! いゃ~カッコイイですね!!

元々デリカD5は根強い人気があるのですが、ここ最近のアウトドアブームもあり

売れているようです。 オフロードが似合う唯一無二のミニバンでもありますので

現在の人気も納得です。

オフロードタイヤの似合うミニバンなんて他にないですからね(*‘∀‘)

カッコイイっす!

そんなカッコイイ、新車デリカD5の現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

ほんの僅かですが曇っているようです。

曇りはいいのですが全体的に洗車キズと思われるスクラッチが付いているんです。

↑の写真でも見えますがボンネットの先端の方が多く付いていて・・・

ライトを当てると無数に見えます(^^;

ただ深いキズでは無い様です。

ルーフも・・・

少し見にくいのですがボンネット同様、浅めのスクラッチが付いていました。

ボディサイドは・・・

塗装の修正跡でしょうか。オーロラマークと言われる磨きキズが残っておりました。

光を当てると白っぽくユラユラとオーロラの様に見えてきます。

それとリアピラー上部には・・・

吸盤の跡でしょうか??

左側面に3ヶ所、反対側の同じ位置に2ヶ所確認できました(笑)

なんでしょう??

リアは・・・

こちらも若干ですが曇りがあるようでライトの映り込みが、今一つスッキリしていません。

ホイールは・・・

マッドブラックのアルミホイールに交換済みです!

マットブラックという事もありブレーキダストが目立ちます(^▽^;)

 

全体的に塗装面が若干モヤッと曇りが確認できました。

それよりもボンネットとルーフに洗車キズと思われるスクラッチが付いていて

そちらの方が少し気になりました(^^;)

ただそのスクラッチも浅いキズの様ですので磨きで処理出来そうです。

ブラック等のダークカラーは納車時点で実は洗車時のスクラッチ(線キズ)が付いていたり、

シミが付いていたり加修の痕跡が付いていたりと色々あるのがダークカラーの新車です。

と言うよりもライトカラー系の車にも付いているのですが目立たないだけなんです。

今回も曇りも含めて塗装面の軽い不具合箇所を整えてコーティングをしていきたいと思います(^_^)/

では作業開始~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

↓は現状です。

油分の付着も少ないようです。 少ないだけで少しは付いてはおります(^▽^;)

その油分の付いているウインドウを・・・

今回は全面施工ですので全面磨きを入れてガラス表面を綺麗にします。

納車間もない新車でもガラス表面に油分等が付いている事がほとんどですので、

新車でも下地処理が必須になります。

ガラス表面を綺麗にしましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをします。

その後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤になります!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にいつものように鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応しますが・・・

黒いボディですと全然わかりません(汗)

リアも・・・

写真で見ると全然わかりません。

実際のところは全体的に少なめでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますけど、

もちろん・・・

前も

後ろも・・・

写真だと全然変化を感じませんが(汗)鉄粉処理が済んでいます。

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回はボンネットやルーフのスクラッチ等、少し気になる所がありましたので、

気になる部位はやや強めの磨きで塗装面を修正していきました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回はカービューティープロ の新アイテムCS-P10 カーリフレッシュ プロを施工いたしました!

『CS-P10 カーリフレッシュ プロ』は無機系成分と有機系成分をハイブリッド配合した、

室内専用のコーティングで、抗菌・抗ウイルス・防カビ等、幅広い効果を長期間持続する

安心安全な室内専用コーティング剤になります!

それ以外も今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしております!

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

クリヤーで綺麗になりました(*^_^*)

ボンネット先端の細かな線キズも・・・

だいぶスッキリと処理出来ました。

ルーフも・・・

綺麗になっております。

ボディサイドに付いていたオーロラマークも・・・

キッチリと磨いたので白っぽく見えていたモヤモヤが無くなりました!

ボディサイドの吸盤のような跡も・・・

もちろん無くなっています(笑) でも洗車では落ちませんでした(^^;

何だったのだろう??

リアも・・・

曇りが無くなり綺麗にライトが映り込むようになりました(^_-)-☆

ホイールは・・・

ホイールはPCW-880でホイールコーティング!

マッドブラックのホイールはコーティングをしますと若干艶が出でしまいますが、

それほど大きく印象が異なってしまう事もないかと思います。

マッドブラックのホイールはブレーキダストが付きやすく、洗っても落ちにくいんです。

そして目立ちます。更に言いますとシミも付きやすいです(^^;

ですのでダストの固着低減にもマットブラックにもホイールコーティングは

おすすめなのですが・・・若干艶が出ます。

そしてブラックダイヤモンドの三菱 デリカD5、新車コーティングが完成いたしました。

いかがでございましょうか。  納車時よりも艶も光沢も向上しています

曇りも無くなり、よりパールを感じて頂ける仕上がりになっております!

元々新車ですのでお綺麗ではあるんですけど更にそこに、ひと手間ふた手間かけてから

コーティングをしますと新車以上の艶感そしてクリヤー感ある新車に仕上がります!

オーナー様も『いゃ~違いますね!パール感が違う!』と、その仕上がりの違いを

感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

車の塗装は納車時が一番綺麗な状態と思われますが実はそうでもないことが多いんです。

新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っていたり、加修の痕跡等が

付いている車が多いのが実情です。 また鉄粉の付着が多い車も御座います。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ひとえにボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

洗車してコーティング剤塗っておしまい!もコーティングですし、磨きを入れて下地を整えてから

コーティングするのもまたコーティングです。 同じコーティングでも仕上がり具合は全然違います!

ですので新車コーティングも”専門店“のカービューティープロ・カラーズへお任せください!

お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ フィットの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ フィットのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプラチナホワイトパールの新型フィットは2020年の5月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。

1年毎にメンテナンスにお越し頂いており今回は通算2回目のメンテナンスのご依頼になります。

では早速でございますがコーティング施工から2年が経過しましたホンダ フィットの

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

細かなシミは確認できますが、その他の目立つような痛みもなく

比較的良い状態を維持されている様です。

アフターです↓

コーティング施工から2年ですので痛みが進んでいるのは当然ではあるのですが

その痛みの進行がとっても遅いようです!

ホンダの塗装は痛みが早い傾向なのですが2年経過で↑程度ですので申し分ございません(^_^)/

ルーフも・・・

とは言えルーフもよくよく見ればシミも確認できます。

アフターです↓

屋外の屋根なし駐車ですので、どうしてもシミは付いてしまいます。

今回のメンテナンスでは落とせなかったシミもございますが、残ってしまったシミは

比較的軽い(浅い)シミの様ですので軽い磨きでも除去可能な感じのシミです。

屋外で見ると気にならないと思いますが、もし気になるようでしたら次回のメンテナンス時は

軽~く磨くのも良いのではないでしょうか。

リアは・・・

基本的にお綺麗なのですが雨が降ればどうしても隙間に汚れが溜まってしまいます。

アフターです↓

定期的に汚れを落としていれば何も問題ないのですが放置している時間が長ければ長いほど

汚れが固着してしまい簡単には落とせなくなってきます。

今回のフィットは汚れの固着も無く簡単に落とせました(^.^)  よかった~(笑)

ボディサイドは・・・

 

こちらは通常の使用による通常の汚れです(笑)

アフターです↓

痛みも少なくとっても良い状態でした。

 

それといつものように鉄粉の処理も行っていきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

反応がとっても少ないです!!

リアは・・・

フロントより多めでしたが、それでも前回のメンテナンスから1年で↑程度でした。

鉄粉は少なかったのですが実はボディサイドには黒いポツポツが多く付いていました。

クリヤーには反応していなかったので鉄粉ではなさそうです。 (写真が無くてすみません)

たぶんピッチタール系の汚れだと思います。

道路工事(アスファルト舗装)直後の道や真夏のアスファルト等は注意が必要なのですが、

正直避けようがございません(汗)

もし付いてしまったらシャンプー洗車では落ちません。

無理にゴシゴシ擦るとキズだらけになってしまいますので、そんな時はピッチクリナーナー等を使って

優しく除去してください。

話がそれましたが↓はアフターです↓

綺麗です!

リアも・・・

よりサッパリとしております!

最後にホイールです。

ゴールドは意外と汚れが目立ちません!

アフターです↓

あまり変化ないように見えてしまいますが(汗)よ~く見れば違います(笑)

そしてプラチナホワイトパールのホンダ フィット、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶も光沢も向上してツヤピカのフィットに仕上がりました!

細部の写真で見て頂いたようにボンネットとルーフに少しシミが増えてきましたが

普段、屋外で見る分には全然目立たないと思います。

シミ以外の痛みは特に気になるような所も無く、水アカ汚れのこびり付きや塗装面のクスミも

あまり進行していないのでクリヤー感もあり2年経過を感じさせない状態を維持されていました(^_^)/

これも普段のお手入れ方法と定期的なメンテナンスの効果ではないでしょうか!

普段のお手入れや定期的なメンテナンスをされている車と全然していない車では

年月が経てば経つほど違いが出てきます。

また、ひと昔前は “コーティングすればお手入れいらず!” “洗車しなくてOK!”  などと

誰が言ったのかわかりませんが間違えた情報を今でも観たり聴いたりする事も

多いです それは全然間違えた情報ですのでお気を付けてください。

コーティングは万能ではございません。

美観の維持、そしてコーティング効果を維持する為にも普段のお手入れや

定期的なメンテナンスが必要になってきます。

綺麗を維持する為にも皆様もメンテナンスを是非どうぞ~(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ N-BOXカスタムの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダN-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプラチナホワイトパールのN-BOXカスタムは2019年の1月に

ボディコーティングを施工させていただきましたお車です。

コーティング施工から3年と少々経過しました。

定期的にメンテナンスにお越しいただいており、今回は通算6度目のメンテナンスの

ご依頼になります!

いつもありがとうございます。

では早速でございますがコーティング施工から3年と少々経過いたしました、

N-BOXカスタムのメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

洗車キズ系の線キズはとても少ないのですが、さすがにコーティング施工から3年が過ぎましたので

シミが多くなってきました。

アフターです↓

艶感はまだまだあっていいのですが、シミは残りました。

スタンダードメンテナンスではこの位が限界でしょうか。

ただ屋外で見るとあまり目立たないのですがライトを当てて見てしまうと(汗)

ルーフも・・・

汚れもございますが、やはりシミが多くなってきました。

アフターです↓

スタンダードメンテナンスでは磨きは致しません。数種類のケミカルを使って

落とせる汚れやシミを落としていきます。 ↑のはケミカルでは落ちないシミです。

このシミを消すには磨きが必要になってきます。

次回あたりはそろそろ磨き直しが必要なタイミングかと思います。

リアは・・・

最近洗車をしていなかったそうで、そろそろ隙間の汚れも気になる頃です(^^;

アフターです↓

スッキリしましたね!

ボディサイドも・・・

洗車をしていない効果を遺憾なく発揮しております(笑)

最近雨の日が多いのでしょうがないです(^^;

アフターです↓

メンテナンスをすればまだまだ艶々です(^_^)/

 

そして鉄粉の付着状況のご報告です。

↓の黒っぽく点々と見えますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です

少し多めでした。

今回で6回目のメンテナンスですが、今までで1番鉄粉が多い気がします。

リアは・・・

こちらはいつも通りって感じでした(笑)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも・・・

スッキリと綺麗になっております!

ホイールは・・・

こちらも少々汚れ気味です。

アフターです↓

艶々です!

 

それと今回はウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

と言う事で↓は現状です。

フロントは1年半くらい前に一度再コーティングしています。

1年半経っていますので撥水力もだいぶ落ちてしまったようです。

今回は全面再施工ですので全面リセットします!

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングの出来上がり~(^_^)/

梅雨入りする前のベストタイミングです!!

そしてプラチナホワイトパールのN-BOXカスタム、通算6回目のボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶々に復活しました~!

さすがに3年経過しましたのでメンテナンスでは落ちないシミやスクラッチが増えてきましたが

定期的にメンテナンスにお越しくださっている事もあってまだまだ艶感もバッチリでお綺麗です!!

それでも、もしシミやスクラッチ、そしてクスミが気になるようでしたら次回あたりは

コーティング再施工の時期かもしれませんが艶もまだありますし、まだまだメンテナンスでも

いいかな?とも思います(^.^)

パールホワイトやシルバーはシミやスクラッチもあまり目立ちません。

シミやスクラッチが目立たない分、再施工のタイミングの判断も少し難しいかと思います。

これが黒い車ですと痛みがよ~く分かりますので判断しやすいんですが(^▽^;)

再施工のタイミングはお車の使い方や保管状況によって本当に各車バラバラです。

再施工の時期の判断でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ タンクのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ タンクのボディコーティングです。

R1年式パールホワイトⅢ×ブラックマイカメタリックのトヨタ タンクです!

初期登録から約2年半程のお車になります。

ボルボS60から今回はタンクにお乗り替えになられました。

いわゆるダウンサイジングですね! ダウンサイジングとは言え室内はS60より広くて

逆にアップサイジングになるのではないでしょうか(*’▽’)

それでいて普段の取り回しはコンパクトで使いやすくてとっても便利です。

そんなトヨタ タンクの現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

意外と、と言ったら失礼ですが意外と綺麗でした(^.^)

ルーフも・・・

スクラッチは確認できますがシミは少なく状態は良いです。

ボディサイドは・・・

クスミも少なくお綺麗です!

リアも・・・

目立った痛みはありませんでした。

ホイールも・・・

大きな痛みや汚れもございません。

 

初期登録から2年半程経過しているのですが展示前の商品化の時に軽~く磨かれているようで

全体的にお綺麗でした。 ただ磨かれていない所も確認できました 。  ( 磨き残しってヤツですね(^^; )

磨き残しなどありますが室内を含めてお車のコンディションは良好でございます。

中古車は前オーナー様の乗り方や使い方次第でコンディションの差が激しく、

痛みの酷い車はいくら商品化で綺麗にしても“痛みが”残っているものですが、

今回のタンクは特に気になるような所も無く、とても良いお車に巡り合えたのではないかと思います(^_^)/

とは言え、もっとしっかりと磨けばもっ~~と綺麗になりますのでキッチリ磨いて仕上げていきましょう!

では作業開始!!

 

今回はフロントウインドウの撥水コーティングのご依頼も頂いておりますので

ウインドウコーティングからご紹介していきます。

↓は現状です。

納車仕上げ時の撥水コーティングでしょうか??

撥水力が弱~い感じですけど、なんとな~く撥水していました(^^;

その弱っているコーティングを・・・

リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしましたら

最後に撥水チェックをします。

コロコロの撥水を確認しましたらウインドウコーティングが完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

結構多いです(汗)

中古車等の屋外展示されているお車は鉄粉が多く付く傾向です。

と言いますのも中古車屋さんは大きな道路沿い等の車通りの多い場所に

展示にされる事が多いので、走行している車から出る鉄粉(ブレーキダスト)で

鉄粉が多く付いてしまう傾向です。

リアも・・・

反応が少し“流れ”ていますけど、やはり多めでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗になりました!

 

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

そして磨いていきます!

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

白い部位にはPCX-V110を!

黒いルーフにはPCX-S9を施工いたしました(^_^)/

同じ低撥水系のコーティング剤ですが今回は拘りの使い分けをしております。

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗になりました。

ルーフも・・・

スクラッチもサッパリとしました。

ボディサイドは・・・

施工前もお綺麗でしたが磨くと更にクリヤーでスッキリとします(^.^)

リアも・・・

ライトの映り込みがクッキリとしております!

最後にホイールです。

ツヤツヤです。

そしてパールホワイトⅢ×ブラックマイカメタリックのトヨタ タンク、ボディコーティングが完成いたしました。

スッキリとクリヤーなタンクに仕上がりました(^_^)/

元々お綺麗なお車でしたが各部の仕上がりで見て頂きましたように、

シミやクスミが取れて透明感が増し艶も向上しております!

中古車は前オーナー様のお手入れ状況がわからない場合が多く、

またお車の展示期間が長ければ長いほど痛みも進んでしまう傾向ですので

お使いになられる前に一度お車をリフレッシュするとボディもサッパリ!気持ちもスッキリとして

新しい愛車に気持ち良~くお乗りいただけると思います(^_-)-☆

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ポリメタルグレーのMazda2です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ Mazda2のボディコーティングです。

こちらのポリメタルグレーメタリックのMazda2は納車から間もない新車のお車になります。

Mazda2はデミオを含めてご入庫率が意外と高いお車なのですが

ポリメタルグレーメタリックのMazda2は当店初入庫です!

こちらはなんと6MT! そうです。マニュアルトランスミッションなんです(*’▽’)

いゃ~いいですね~!

MTの車も少なくなってしまいましたね(涙)今後は電動車が主流になっていく流れですので

新車でMTを買えるのは、あと数年ではないでしょうか??

今が最後のチャンスですのでMT欲しい方は考えている時間はありません。

今すぐにどうぞ~(^o^)丿

話がそれましたが(笑)ポリメタルグレーメタリックの新車Mazda2の現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

少し汚れ気味なのもあるのですが若干塗装表面に曇りがあるようです。

ちなみに洗車後に撮影したのが↓です。

ライトの周辺が白っぽくモヤモヤと見えます。 これが塗装表面の曇りです。

ルーフも・・・

洗車前の写真です。同じようにライトの淵がモヤけております。

ボディサイドも・・・

もう一つスッキリとしたいところです(笑)

リアも・・・

若干曇っておりました。

ホイールは・・・

軽い汚れ程度でした。

 

全体的に少しばかり曇り気味の塗装肌でございました(^^;

ただ正直、言われなければ普段は気が付かないと思いますが、

この白ボケが本来の色艶を妨げているんです。

ボディカラーや曇りの度合いによっては、この曇り(白ボケ)を磨いて取り除いてあげるだけでも

本来の色艶になり色の深みや発色の違いなどで結構印象が違ってくるお車もございます。

今回はそこまでは酷くありませんでしたが、もう少しスッキリとクリヤーな塗装肌に

仕上げていきたいと思います(^_^)/

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介していきます。

↓は現状です。

なんとな~く撥水をしておりました。

そのなんとな~くな撥水を綺麗に除去してからウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成しました!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

少ないです(^_^)/

全然付いていない訳ではないのですが、とっても少なかったです。

リアも・・・

少なかったです!

個人的に以前のマツダの新車は鉄粉がやや多めに付いている印象でしたが、

最近は少ないです(^.^)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

よりサッパリとしました。

リアも・・・

ほぼ違いがわかりませんが(汗)鉄粉等の異物処理が済んでおります!

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回はカービューティープロ の新アイテムCS-P10 カーリフレッシュ プロを施工いたしました!

『CS-P10 カーリフレッシュ プロ』は無機系成分と有機系成分をハイブリッド配合した、

室内専用のコーティングで、抗菌・抗ウイルス・防カビ等、幅広い効果を長期間持続する

安心安全な室内専用コーティング剤になります!

それと今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしました。

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも取れてサッパリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

スッキリと綺麗です(^_^)/

ボディサイドの曇りも無くなって・・・

モヤけた感じが無くなりました!

beforeと見比べてくださいね!違いますから(笑)

リアも・・・

よりクリヤーに綺麗にライトが映り込むようになりました。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

そしてポリメタルグレーメタリックのMazda2、新車コーティングが完成いたしました!!

ヌメっとした質感のポリメタルグレーメタリックが更にヌメッヌメっとしました(笑)

これは磨きで曇りを除去し、塗装本来の色艶に戻した後にコーティングをする事で

透明感ある艶々のボディに仕上がります。

やっぱり新車も磨きが大切なんです。(しみじみ)

車の塗装は納車時が一番綺麗な状態と思われますが実はそうでもないことが多いんです。

多いと言うか凄く綺麗な新車の方が珍しいのが実情です(^▽^;)

新車の塗装面は曇っている事がとても多いんです。

酷く曇っていると極端な話、本来の色とは違って見えてしまうんです。

ですのでボディカラーを開発した開発者の狙った本来の色味とは違う色味になってしまいます。

その本来の色味に戻す為にも新車でも磨きが必要な場合が多いんです。それ以外にも新車でも

シミやスクラッチまた保護シートの糊が残っていたり、意外と色々とあるのが新車なんです。

ですので新車のコーティングも下地を整える専門店がおススメです!

新車も経年車もカーコーティング専門店(←コレ大事です)『カービューティープロ カラーズ』で

お待ちしております(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。