オフブルー /ホワイトルーフのスペーシアです!。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ スペーシアのボディコーティングです。

オフブルーメタリック /ホワイトルーフのツートンカラーのスズキ スペーシアです!

こちらのスペーシアは初期登録から約3ヶ月ほどの新古車になります。

スペーシアはノーマルとカスタムが先に発売され、その1年後は“ギア”を追加し現在は3つの

タイプのスペーシアが揃っております。

この3つの中でも現在は最後発の“ギア”が一番売れているそうです!

現在のアウトドアブームを上手く捉えたようですね(笑)

ギアだけではなくスペーシアシリーズ全体の販売も好調なようで最近の販売状況は

N-BOXに次ぐ売れ行きの様です!

少しお話がそれてしまいましたが、そんな人気物スペーシア君の現状を確認して参りましょう!

まずはボンネットからです。

少し曇ってますね(;”∀”)

ボディが汚少し汚れているのもありますが、それとは別に塗装表面自体が曇っているんです。

おそらく新車時からある曇り(白ボケ)だと思います。

それとボンネットの先端の方には・・・

ここだけシミのような跡がありました。

油が垂れたような感じもしますが・・・よくわかりません(^▽^;)

ちなみにこれは洗車でも落ちませんでした。

ルーフは・・・

こちらも曇り気味ですね(^^;

ボディサイドも・・・

シミやスクラッチ等は少なくお綺麗なんですがモヤけているのでライトがスカッ!とは

映り込んでません。

リアも・・・

結構モヤモヤですね(^^;

ホイールは・・・

酷くはありませんが、まぁまぁ汚れております(笑)

 

ご覧いただきましたようにボディ全体が曇り気味でスッキリとしません。

その曇りもあって透明感もあまり感じられません。

またこのオフブルーメタリックは元々メタリック感が抑えられたカラーではあるんですが・・・

近くで見てもメタリック感が少し損なわれている感じです(^^;

スッキリとした透明感あるオフブルーメタリックの輝きを目指して早速作業を始めてまいりましょう!!

作業開始!!

 

ボディの前にまずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

若干油膜で水を弾いているっぽい感じもしますね(^^;

全面同じような感じでしたが・・・

全面施工ですので全てのガラスをリセットいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤・・・

PGS-33でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

気持ちいいウインドウコーティングの完成ですヽ(^o^)丿

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

所々に反応は見られますが少ないですね!

リアも・・・

少なかったです(*”▽”)

新古車や展示車は鉄粉が多く付いている事が多いのですが、今回のスペーシアは全体的に

少なかったです。

鉄粉少ないので軽めの除去方法で鉄粉を処理し再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗ですね!

リアも・・・

スッキリとしました。

その後に今度はボディにマスキングを行い・・・

磨いていきます。

今回は初期登録から3ヶ月、塗装面のダメージも少ないので軽い磨きのベーシックプランでの

磨きになります!ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

そして今回使用いたしましたコーティング剤は・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

当店でも人気のコーティング剤でございます。

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。 「EXE-evo1」は気持ちのいい水玉撥水の

コーティング剤になります。 従来の水玉撥水のコーティング剤よりもシミが付きにくいのが

特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってクリヤーでスベスベに仕上がりました(^_-)-☆

もちろん何だかよくわからないシミのような痕跡も・・・

問題なく除去できております!

ルーフも・・・

サッパリとしました。

ボディサイドは・・・

おぉ! 綺麗だぁ! 透明感が違います!!

やっぱりこれくらい綺麗にスカッ!と映り込んでほしいものです(笑)

リアも・・・

曇りが無くなってスッキリとクリヤーですね(^_^)/

最後にホイールも・・・

艶出しで仕上げましたら・・・

オフブルーメタリック /ホワイトルーフのスズキ スペーシア、ボディコーティングが

完成いたしました!!

曇りも取れてスッキリとクリヤーな艶々ボディに仕上がりましたヽ(^o^)丿

このクリヤーな感じはやはりボディを磨かないと出ないんです!

今回のスペーシアは初期登録からそれほど時間が経っていなかった事もあってか、新車時からと

思われる曇りはありましたが(^^; シミや痛みも少なく状態は悪くありませんでした。

でも今回見て頂いたように実はパッと見は綺麗に見えても結構曇っているんです。

この曇りは新古車だから曇っていたわけではなく新車時からある曇りなんです。

しかし車の販売店でおこなうコーティングは新車や新古車など綺麗な感じの車は磨かないで洗車して

コーティング剤を塗るだけのお店が多いのもまた事実です。(磨いている販売店もございます!)

という事は磨かないでコーティング剤を塗るだけですと、もちろん曇ったままですので

コーティング後も曇ったままのスッキリしない仕上がりです(;´∀`)

また曇りだけではなくシミやスクラッチも残ったままです。

新古車や屋外展示車両など、あまり使用されていないお車でも車は屋外に置いておくだけで

シミが付いたり紫外線による塗装面の劣化などが進んでいきます。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ですので経年車はもちろん、新車や新古車等のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ

是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ アルファードのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ アルファードのボディコーティングです。

新車のトヨタ アルファードです!  ディーラーさんから直行です(笑)

ご覧の通り雨の中でのご入庫でしたので濡れております(^^;

という事は各部の現状確認の写真も・・・

濡れているのでよくわかりません(^^;

これではご紹介が出来ませんので洗車後に撮ったのがこちらです↓

これはボンネットです。 何やら擦れたような痕跡が残っていました。

今回のアルファードに限らずですが黒いお車は何かしらあるものです(^_^;)

ルーフには・・・

シミが確認できます。

それと・・・

鳥糞の跡らしき物も確認できます。

実はこのシミや鳥糞の跡はディーラーさんからオーナー様へご報告済みでございます。

ボディサイドは・・・

軽い洗車キズでしょうね。ソリッドブラックは触ればキズが付いてしまうと言われるほど、

とってもデリケートな塗装なんです。

リアも・・・

拭きキズのようなスクラッチが確認できました。

キズがよく見えるようにライトを当てているので目立ちますが屋外だと気が付かないかと

思います。

 

ソリッドブラックはやはりデリケートで納車直後でも色々とあるのが普通・・・っと言っては

アレですが(^^; 正直、ほぼほぼ何かしらあるものです(汗) これはソリッドブラックのお車に

限らずブラック系のお車全般に言える事です。  更に言ってしまえばホワイト系の新車にも

スクラッチやシミ等が付いているお車も全然珍しくありません。 目立たない&気が付かないだけ

なんです。 また塗装面が曇っている新車も多いです。

ですので新車でも塗装面を磨き下地を整える必要がございます。

では早速ですが下地を整えてコーティングを掛けていきたいと思います!

作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介して参りましょう!

↓は現状です。

雨の中お越しくださいましたので↑がリアルな現状になります。

若干、油分等が付いているようで何となく水を弾いている状態でした。

ウインドウに付いている油分等を除去しガラス表面を綺麗にします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です(^_^)/

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが、いつも通り黒いお車だと・・・

確認困難です(^^;

リアも・・・

確認困難です(汗)

新車でも鉄粉は多かれ少なかれ付いているものですが今回のアルファードは少なかったです。

少ないので鉄粉除去も軽めに行います。その後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

黒いお車は確認困難です(^^;

リアも・・・

確認困難です(^▽^;)

 

その後にこんどはマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランになります。基本的に軽い磨きですが所々にシミや

スクラッチが目立ちますので、そこはプラスαで少し強めの磨きをしています。

 

そして今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

擦れたような痕跡もスッキリと綺麗になりました!

ルーフのシミは・・・

意外なほど深く付いており完全除去には至りませんでしたが、屋外で見ればほぼ気にならない

程度までにはなったと思います。

鳥糞の痕跡も・・・

ライトを当てればポツポツと残っていますが探さないとわからないレベルです。

ボディサイドは・・・

スクラッチもスッキリ取れて綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗になりました!

そしてソリッドブラックのトヨタ アルファード、新車コーティングが完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

元々新車なんでツヤツヤでお綺麗なんですけど(^^; 磨いてコーティングをしますと更にクリヤー感と

艶が増しツヤツヤでしたボディがツヤッツヤになります(笑)

ツヤッツヤの黒いボディは迫力が増します。しかしそれでいて気品も感じるところが

アルファードの人気のポイントでもあると思います。

そんな迫力と気品を兼ね備えましたトヨタ アルファードの新車コーティングのご紹介でした!

 

先ほどもお話いたしましたが新車でも納車前にスクラッチが付いたり、シミが付いていたり、

そして曇っていたりと新車でも残念ながら何かしら不具合がある事が非常に多いのが実情です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

洗車してコーティング剤を塗るだけのコーティングではキズやシミ・曇りを閉じ込めてしまいます。

という事は仕上がり具合も・・・(汗)

新車を新車以上に輝かせるにはやはり下地作りが重要になってきます!

ですので新車のコーティングも下地作りを行っています専門店のカービューティープロ カラーズへ

是非どうぞ~(^_^)/

 

宣伝でした~~(笑)

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スズキ アルトにボディコーティングのご依頼です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ アルトのボディコーティングです。

シルキーシルバーメタリックのスズキ アルトです!

昨年の11月登録の試乗車?に使われていたお車をご購入されたとの事で今回、当店に

ボディコーティングのご依頼を頂きました。 ありがとうございます。

それでは早速ですが登録から10ヶ月ほど経過いたしましたスズキ アルトの現状を確認してまいりましょう!

まずはボンネットからです。

結構曇ってますね(;”∀”)

これはボディが汚れていて曇っているように見えている訳ではなく塗装表面自体が曇っているんです。

おそらく新車時からある曇りだと思います。

ルーフも・・・

曇っております(^^; よく見ると洗車時に付いたと思われるスクラッチ(洗車キズ)も

多いです。

ボディサイドも・・・

曇っております。

ライトの輪郭もハッキリとしませんね。

リアは・・・

同じく!(^^;

ホイールは・・・

お綺麗でした(^_^)/

 

ご覧いただきましたようにボディ全体が曇り気味でライトの映り込みもスッキリとしません。

写真ではライトですけど、これが屋外でしたら周りの景色の映り込み具合もモヤけて綺麗に

映り込みません(^_^;) そればかりか透明感も感じられず、これではせっかくのシルキーな

シルバーがもったいないです(笑)

でも磨けば大丈夫です!

本来のシルキーなシルバーなメタリック目指して作業を始めてまいりましょう!!

作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングもご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう。

↓は現状です。

フロントウインドウは油膜の付着も少ないのですがサイドウインドウは・・・

ウロコが結構凄いです(;´∀`)

今回は全面のご依頼ですので・・・

全面綺麗に下地を整えていきます。

ウロコの除去方法も何通りかあるのですが、状態により作業方法を変えて行っています。

そして最終的にいつもの↑の状態になります(笑)

ウインドウが綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水確認を行ないましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!

サイドウインドウのウロコも・・・

綺麗になりました(^_^)/

ウロコは酷くなればなるほど除去するのが困難になってきます。ですのでウロコは酷くなる前に

早め早めに処置していった方がいいと思います!

ウロコが落ちなくてお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

ちょこっと多めですね(^^;

展示車や試乗車などは鉄粉が多めに付いている傾向です。

リアは・・・

少なめなんです! これも展示車によくみられる傾向です。

鉄粉処理が終わりましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

鉄粉もスッキリと綺麗になりました!

リアも・・・

より綺麗に!!

 

その後に今度はボディにマスキングを行い・・・

磨いていきます。

今回は初期登録から10ヶ月、塗装面のダメージも少ないので軽い磨きのベーシックプランでの

磨きになります!ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたのはこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

当店でも人気急上昇中のEXE evo1のコーティング剤でございます(^_^)/

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

EXE evo1は水玉撥水になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤より、よりシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってスッキリとしスベスベに仕上がりましたヽ(^o^)丿

ルーフも・・・

サッパリとしましたね!

ボディサイドも・・・

曇りが取れてライトの輪郭もハッキリしました。

リアも・・・

綺麗にライトが映り込むようになりました!

最後にホイールは・・・

艶々です!

実はアルミホイールをご購入されたそうで、そちらは別日程ホイールコーティングを施工する

ご予定になっております(^.^)

そしてシルキーシルバーメタリックのスズキ アルト、ボディコーティングが完成いたしました!

シルキーなシルバーメタリックに仕上がりましたヽ(^o^)丿

クリヤーで艶々です!!

どうしても塗装が曇っているとクリヤー感がなくてお車の印象がボヤッとしてしまいます。

その曇りを取り除きコーティングをする事でクリヤーでスッキリとした艶々のボディが

完成いたします(^_-)-☆

艶々に仕上がりました新たな愛車との新しいカーライフをお楽しみください(^_^)/~

 

今回のアルトは初期登録から10ヶ月ほど経っているお車でした。ぱっと見ではお綺麗でしたが・・・

よく見ますと曇りが酷かったです(^^; 先ほどもお話しましたが、これはおそらく新車時から

付いている曇り(白ボケ)だと思います。

新車でも新車特有の曇りが(白ボケ)酷いお車やシミやキズが入っているお車も多く、また鉄粉が

多く付いているお車もあるのが実情です(汗) 特に展示車は鉄粉が多い傾向です。

試乗車や新古車等、あまり使用されていないお車でも、車は置いておくだけでも痛みが進んでいきます。

当店は新車でもそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ですので経年車はもちろん、新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ

是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

BMW5ツーリングの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはBMW5ツーリングのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのBMW5ツーリングは昨年の5月にボディコーティングを施工致しましたお車です。

何時も早めのタイミングでメンテナンスにお越しくださっており、今回は通算4度目の

メンテナンスのご依頼になります。(*^_^*)

そして毎回の事ですが、いつもお綺麗なんです・・・が最近洗車ができなかったそうで、

珍しくちょこっと汚れていました。

なんでも駐車場の近くで大規模な解体工事が行われているようで、色々な埃り等が

付いてしまうようです(^_^;)

結構あるあるの話なので皆様もお気を付けください。  ちょっと離れていても意外なほど

風に吹かれて飛んでくるものです。

話は逸れましたがBMW5ツーリングの4回目のメンテナンスの様子をビフォー&アフターで

ご紹介してまいりましょう!

 

まずはボンネットからです。

スクラッチは少ないんですけど、少しシミが・・・と言いましてもこの程度です(笑)

アフターです↓

コーティング施工から1年半近く経ちますが、まだまだお綺麗で良好な状態をキープしています!

ルーフも・・・

ボンネット同様に少しシミが付いています。 このシミは塗装を侵食しているような、

いわゆるウォータースポットのようなシミではなく塗装表面(コーティング被膜)に付いている

軽いシミです。

このシミは意外と頑固なのでシャンプー洗車では落ちないのですが・・・

特殊なケミカルを使うと綺麗に除去できます(^_^)/

リアは・・・

珍しく汚れております(笑)

アフターです↓

まぁ単なる汚れですので水で洗い落とせます(笑) しかしこの手の汚れも洗車の仕方に

よっては塗装面にダメージを与えてしまいますのでお気を付けてください。

いきなりスポンジで擦らずに、まずは水圧で落とせるだけ落としてください。

 

珍しついでにモールの淵にも・・・

コケでしょうか?よく見ると緑色なのでコケだと思います(^^;

いつも汚れてはいるんですけどコケは初めてのような気がします(笑)

今年は梅雨が長かったからでしょうか??

アフターです↓

サッパリとしましたよ~。 艶々で気持ちいいですね!

ボディサイドも・・・

白くてわかりませんが、よ~く見ると少し汚れています。

とは言えやはりこの程度の汚れです。

アフターです↓

白くてわかりませんが、よ~く見ると綺麗になっています(^▽^;)

それと先ほどもお話しましたが駐車場の近くで解体工事が行われているとの事で鉄粉が

多く付いているかも?とご心配されていました。

確かに近くで解体工事等行われていると鉄粉が舞って付着したり、またペンキを塗っていると

ペンキのミストが風に流され車に付着してしまったりすることが結構あるんです(^^;

お気を付けください。

話がまたまた逸れましたが鉄粉です。私も少し心配でしたが・・・

全然少なかった~(^▽^;)

黒っぽくポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉になります。

全然少ないです。逆に今までよりもより少ない気がします(笑)

リアも・・・

すくなっ!

先ほどの私の“解体工事等行われていると鉄粉が舞って・・・”のウンチクの信ぴょう性が

ガラガラと音を立てて崩れ落ちてしまいそうなくらい鉄粉が少なかったんですけど(^^;

工事現場近くではホントによくある事ですので工事期間が長い時は、こまめにボディをチェックした方が

いいです。

お綺麗ですが一応↓がアフターです(笑)

あまり違いがないですけれど・・・(^^;

リアも・・・

ビフォー&アフターを見比べてくださいね(笑)

ホイールも・・・

もちろんお綺麗です!

アフターです↓

もっと綺麗になっています! ホント~です(^^;

それと今回はフロントウインドウのコーティング再施工のご依頼も頂いております。

↓は現状です。

昨年10月のメンテナンス時にウインドウコーティングを再施工したのですが、まだまだ撥水して

おりました。

磨いて古いコーティングを落とします。古いコーティングの上に上塗りは致しません!

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33で再コーティングします。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングも完成いたしました!

ウインドウコーティングは安全運転につながりますので撥水が落ちてから再施工ではなく

落ちる前に再施工がおすすめです。 常にコロコロ撥水の状態を維持したいです(*^_^*)

そしてBMW5ツーリングのボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

いかがでございますでしょうか。 と言いましても、いつものようにホワイトの綺麗なお車は

写真でもビフォー&アフターの違いがわからないと思いますが各部の写真で見て頂きましたように

細かく見ると違いがわかっていただけるかと思います(笑)

実車を見て頂ければ艶もクリヤー感も更に上がっており違いを実感していただけます(^_^)/

オーナー様も『やっぱり違いますよ!』とお喜びになられておりました!

ありがとうございました。

前回のメンテナンスの時にも書いたんですが、こちらのBMW5ツーリングはカービューティープロの

最上級コーティング剤“EXE evo1″でコーティングを施工しています。

屋外屋根なし駐車で1年半近く経過しますがシミが少ない傾向です。

こちらのBMW5ツーリング以外にも“EXE evo1″施工車の経過を観察していますが、どのお車も

もちろん全くシミが付かない訳ではないのですが、従来のコーティング剤に比べますとシミが

付きにくい傾向だと思います。

シミ(ウォータースポット)が気になる方は“EXE evo1”是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

日産スカイライン400Rのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産スカイライン400Rのボディコーティングです。

スーパーブラックの日産スカイライン400Rです!

このスカイライン400Rにはパールのブラックとソリッドのブラックの2つのブラックが

用意されているようですが、今回ご入庫されたのはソリッドのスーパーブラックです。

こちらの車両は昨年の9月に初期登録されているお車で試乗車?に使われていたお車を

ご購入されたそうです。 初期登録から約1年なんですけど当店にご入庫された時は

結構アレでして・・・(^^;

そんな結構アレな状態の(^^;スカイライン400Rの現状を確認して参りましょう!

まずはボンネットからです。

写真だとあまり感じませんが汚れているんです(^▽^;)

これですと塗装面の状態がわかりませんので洗車後に撮影したのが↓です。

これまたそれほど酷くないように見えますが、実は洗車後というよりはケミカルなどを使用して

落とせる汚れやシミを落とした状態なんです。

ですのでご入庫時よりもだいぶ綺麗になっているんです。

↓はルーフですが・・・

ボンネットもこのような状態でした(^_^;)

シミシミです(汗)

それとスクラッチも多かったです。

トランクも・・・

こちらもある程度シミが取れた後の撮影です。 線傷も多かったです。

ボディサイドは・・・

写真だとわかりませんがシミも線傷も多いんです(汗)  (ボディサイドは洗車前の写真です)

ホイールは・・・

あまり汚れていませんでした。 ホイールも洗車前の写真です。

 

初期登録から1年なんですけどシミが酷かったです。このシミはおそらく撥水剤等の

ケミカルを頻繁に使用したために付いたケミカルジミかと思います。

それと洗車キズ(線傷)が多いのも気になります。写真だとわかりませんが線傷が多いんです(^_^;)

これは洗車機による洗車キズかと思われます。

それらを総合的に考えると、私の推測は“洗車機による撥水シャンプー洗車を頻繁にされていたお車”

ではないかと思います。  推測ですけど(笑)

撥水系のケミカルは頻繁に使用しますとシミだらけになる事もございますので注意が必要です。

初期登録からまだ1年のお車ですがお車のリフレッシュと気持ちのリフレッシュを兼ねて

ボディコーティングで綺麗にしてまいりましょう!

作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからです。

ボディもシミシミの状態でしたがウインドウも・・・

シミシミなんです(^▽^;)

リアウインドウも・・・

結構凄いんです。しかし水弾きはピンピンでしたので、やはり何か撥水剤が

使われているようです。

ウインドウも磨いてリフレッシュ!!

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

シミも・・・

スッキリと・・・

綺麗になりました(^_^)/

尚、ウインドウのシミ(ウロコ)は軽いウロコ除去でしたら通常のウインドウコーティング時に

行う下地作りで除去できますので料金はかかりませんが、酷いウロコの除去がご希望でしたら

別途ウロコ除去代がかかります。詳しくはお問い合わせください。

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが、いつも通り黒い車だと・・・

何が何だかわかりません(^_^;)

作業した感じでは結構ザラザラとした感触でそれなりの量の鉄粉が付いていたと思います。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、やはり・・・

何が何だかわかりませんね(^▽^;)

鉄粉の処理が終わりましたら今度はボディにマスキングを貼っていきます。

いつも黒い車に黄色いマスキングをすると“これはこれでいいなぁ~と”思うのは

私だけでしょうか??(笑)

話が逸れましたがここまでが磨きの為の準備になります!

その磨きですが今回はエクストラプランでのご依頼となります。エクストラプランは経年車や

中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去するミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

 

そして今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

今回はミディアムポリッシングのプランですので深めの線傷は残っていますけど

屋外で見たら気にならないと思います。

ルーフも・・・

深めのシミは残っていますけどシミもスッキリと綺麗になりました(^_^)/

トランクも・・・

サッパリとしましたよ~!

シミも線傷もスッキリとしてクリヤーになりました。

ホイールもタイヤも艶出しをして綺麗にしましたら・・・

スーパーブラックの日産スカイライン400R、ボディコーティングが完成いたしました!

ソリッドブラックらしい艶々ボディに仕上がりました(^_^)/

やっぱり艶々のソリッドブラックは“凄み”が違います。迫力が増したといいましょうか?

ただならぬオーラに包まれております。見るからに速そうです!

リフレッシも済みこれで気持ちよ~くスカイラインにお乗りいただけると思います。

何時までも大切にお乗りください!

 

昨年のマイナーチェンジ時に追加されました400Rですが名前の通りと言いますか名前の由来にも

なっていますが3リッターV6ツインターボで400PSオーバーだそうです(*”▽”)

凄いですね(驚) しかも400馬力をFRだなんて、なんて素敵なんでしょう!

私も若いころにスカイライン(R32)に乗っていました。もちろんGT-Rではない

普通のタイプMです(笑) 確か215馬力だったと思います。

それが今では倍ではないですけど倍に近い405馬力ですよ(;”∀”) 速くない訳がないです。

昔のスカイラインと今のスカイラインとでは立ち位置が違い全然違う車だとは思いますが

久々にワクワクする走りのスカイラインが登場して嬉しく思っているのは私だけではないはずです(笑)

そしてそう思っている方は私と同じ世代なはずです(笑)

昔を懐かしんでまたスカイラインに乗りたいとは思うのですが、こちらの400R新車価格は・・・

ゴヒャクロクジュウマンエン、だそうです。 乗り出しで6.000.000円以上ですか(^_^;)

私のR32スカイラインが確か3.200.000円でしたので馬力だけではなく価格も倍でした(汗)

馬力が倍ですので価格も倍と考えると納得のお値段ですね!

装備も全然違いますし! そう考えるとけっして高くはないような気もしてきました(笑)

だんだん欲しくなってきたぞぉ! よ~し買うぞ!!

宝クジ売り場へレッツラGO!! (;´∀`)

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ステップワゴン スパーダのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ ステップワゴン スパーダのボディコーティングです。

スーパープラチナ・メタリックのステップワゴン スパーダは2016年4月の新車納車時に

当店でボディコーティングを施工させていただきましたお車になります!

早いもので、それから4年と少々の月日が流れ今回はコーティング再施工のご依頼を頂きました。

シミやスクラッチが目立ちにくいシルバーという事もあって↑の写真ではまだまだお綺麗に

見えますけど近くで観察すると月日の流れを感じることが出来ます(^_^;)

では4年と少々経過しましたステップワゴン スパーダの現状確認をしてまいりましょう!

まずはボンネットからです。

シミは意外と少ないんですけどクスミと拭きキズと思われるスクラッチが多く

傷んでいました。

ルーフは・・・

ボンネットと同じようにクスミとスクラッチが目立ちます(;´∀`)

ボディサイドは・・・

これまたクスミが進んでいてライトの映り込みもボヤッとしています。

それとドアノブ周辺は・・・

開閉時の爪痕が付いています。 どうしてもドアノブ周辺はキズが付いてしまいます(^_^;)

リアは・・・

汚れていました(^_^;) スクラッチは少なめですが、やはりくすんでいますね(汗)

ホイールは・・・

汚れています(^▽^;)

 

シルバーのボディカラーはシミやスクラッチが目立たなくて最初の写真くらい離れてみると

塗装の痛みも感じません。 しかし近くで見ていきますと色々と見えてきます(^▽^;)

今回は全体的にクスミが進んでいるようで塗装に透明感を感じません。

それによって車の印象が疲れたように感じてしまいます。 イカン! それではイカンです!

生まれてまだ4年少々の若者です。まだまだ老け込むのには早すぎます(笑)

ここはひとつ若者らしくシャキッと若々しらを感じさせるボディにリフレッシュしていきましょう!

作業開始!!

 

ボディをリフレッシュする前にウインドウもコーティングしていきます。

↓は現状です。

なんとなく撥水していたような・・・そんな感じです(笑)

ガラスに付いている油膜等を磨いて綺麗にしていきます。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車をして、その後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

写真で見るとあまり多く感じませんね?? 実は結構多かったんです(^^;

リアも・・・

結構多かったんですけど、“多かった”感があまり伝わってきません(笑)

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ビフォーの写真があんまり“多かった”感じがしなかったのでアフターの写真を見ても

それほど変わった感が感じないかも知れませんが、作業した本人は“綺麗になったぜぇ!”と

満足げでした(笑)

リアも・・・

あまり違い感が伝わりませんが作業者は達成感に酔いしれていました( ̄▽ ̄)

その後にマスキングをしていき・・・

磨いていきます。

今回はエクストラプランになります。エクストラプランは経年車や中古車などに

多く見られる小キズやシミなどを除去するミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

 

磨きが終わりましたらコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・そして気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

クスミもスクラッチも取れてスッキリとしました~ヽ(^o^)丿

ルーフも・・・

クスミも無くなりサッパリです。

ボディサイドも・・・

クッキリとクリヤーになりましたよ~!

ドアノブ周辺のキズも・・・

全てではないですけど、だいぶ綺麗に除去できました。

これだけでも車を見た時の印象が変わってきますから不思議です(笑)

リアも・・・

スッキリとしました。

最後にホイールです。

無事艶々になりました(笑)

そしてスーパープラチナ・メタリックのステップワゴン スパーダ、ボディコーティングが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました!  今度は近くで見ても綺麗ですよ~(笑)

いかがでしょうか??施工前よりお車が若々しく見えませんか? 見えますよね??

塗装に透明感が感じられ色も明るくメリハリある印象に仕上がったと思うのですが

いかがでしょう(笑)  若々しいですよね??

オーナー様にも『おぉ!綺麗だな~』とお喜びになられておりましたので大丈夫だと

思います(笑)

オーナー様はこちらのステップワゴンを長くお乗りになられる予定だそうです。

そのためにも今回はリフレッシュを兼ねてコーティング再施工のご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

車は汚れてきたり傷んだりしてくると、なんとなく“そろそろ買い替えようかなぁ~”って

気になってきます(笑) 車自体はまだまだ絶好調なんですけど・・・

車はお手入れしないで放置気味にしてしまうと比較的新しい車でも“疲れた感”や“ヤレ”を感じて

しまいます。

でも磨けば綺麗になるんです! 汚れや痛みが進んでしまうと不思議を愛着も薄れてきて

しまいますが綺麗にしていると大切に乗ろうと思うものです(笑)

大切な愛車をいつまでも綺麗に、そして長くお乗りいただく為にも皆様もコーティングで

リフレッシュしてみてはいかがでしょうか??  気持ちいいですよ~!!

是非ご検討ください。(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ジョン アグリュムのルノーカングーです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはルノーカングーのボディコーティングです。

ジョン アグリュムと言うカラー名からして既にお洒落な黄色いルノーカングーです!

納車したてのピカピカの新車でございます(^_^)/

日本でも根強い人気を誇っているカングーですけど実物は結構大きいんです。

初代カングーに比べると二回りは大きい印象です。そのためでしょうか、この2代目カングーは

デカングーとも呼ばれています(^.^) 可愛いですね! ちなみに初代はコカングーと呼ばれている

様です。これも可愛い(笑)

そんな人気者の新車カングーの現状を早速確認して参りましょう!

まずはボンネットからです。

こちらの写真ですとあまり感じませんが実際は白っぽく曇っているんです。

ルーフも・・・

白っぽく曇っているんですけどわかりにくいんですね。すいませんm(__)m

でもボディサイドを見ていただくと・・・

白っぽくモヤけているのがわかりますね(^^; 結構凄いんです。

ボンネットやルーフもこんな感じでした。

リアドアには・・・

ポリッシャーで磨いた痕跡が残っていました。 実際は赤丸より広い範囲に確認できます。

これは何かの加修した後なんですが磨き切れていないので、このような跡が付いてしまいます。

リアも・・・

白っぽく曇っております。

ホイールは・・・

曇っていませんが少し汚れていました(^^;

 

ご覧いただきましたようにボディ全体が白っぽく曇っております。以前にも同じ色の

カングーを施工しておりますが、そのカングーも曇りがちでした。その他のカングーも何台か

見ていますがみんな同じような感じですので、これがディフォルトの塗装肌なのでしょう(笑)

今回はこの曇りを取ってスカッ!っとした透明感ある塗装肌に仕上げて行きたいと思います!

がんばるぞ~!  おぉ!!

 

その前にまずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

ワイパーの払拭範囲外が弾いていました。 おそらく納車前の仕上げ時に撥水シャンプーか何かを

使われているのでしょう。

ガラス表面に付いている汚れや撥水剤等を磨いて一度綺麗にリセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に撥水チェックをします。

そしてウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。 いつもでしたら専用のクリーナーを

シュシュっと吹き掛けて鉄粉の反応をご紹介していますが・・・この黄色には鉄粉クリーナーは

使用しません! 全ての黄色に鉄粉クリーナーが使えない訳ではないのですが念には念を入れ

使用しません。 黄色い車に鉄粉クリーナーを使用する時は気を付けてください。大変な事に

なってしまう場合がございます(;”∀”)  鉄粉クリーナーは全ての塗装に使える訳ではないので

ご注意ください!

という事で今回は違う方法で鉄粉を処理しています。

その後に今度はマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回はボディ全体がやや曇り気味ですので新車にしては

少しだけ強めの磨きをして曇りを除去しております!

 

そして今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回はフロントバンパーなどへの樹脂コーティングのご依頼も頂いております。

そちらもサクッ!っとご紹介いたしましょう(笑)

↓はフロントバンパーのビフォーです。

そして↓がアフターです。

黒さと艶が向上しています!

その他にもフォグランプベゼルや・・・

サイドモール。

そして・・・

リアバンパーも樹脂コーティングで艶々にしています(^.^)

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも取れてスッキリとしました!

ルーフも・・・

クリヤーで気持ちいいですね(*’▽’)

ボディサイドも・・・

こちらの写真が一番違いがわかりやすいと思います(笑)

白っぽい曇りが無くなってライトがスッキリとし映り込んでいます。

磨きの跡も・・・

綺麗に除去できております(^_^)/

リアは・・・

こちらもライトがクッキリと映り込んでいますね!

最後にホイールは・・・

艶々です!

そしてジョン アグリュムと言うカラー名からして既にお洒落な黄色いルノーカングーの

ボディコーティングが完成いたしました!

艶々です!

白っぽい曇りが無くなってジョン アグリュム本来の黄色になりました!

施工前より黄色が少し濃くなり深みも出たと思います(^_-)-☆

またバンパー類の黒樹脂のコーティングにより黒さと艶が増しボディをキュッと

引き締めてくれています。

私のウエストはなかなか簡単にはキュッとはなりませんが、車はコーティングすると簡単に

キュッと引き締まって見えますのでお試しください。(^_-)-☆

オーナー様も『綺麗ですね!』と、お喜びになられておりました!

ありがとうございました。

噂ではカングーもそろそろフルモデルチェンジらしいです。更に噂では今までの可愛らしさを

感じるスタイリングから一転して現代的なスタイリングになりそうです!

それはそれでカッコイイんですけど今までの優しい雰囲気のカングーがお好みでしたら

モデルチェンジ前のご購入がいいかと思います!

お早めにどうぞ~~(笑)

 

今回のジョン アグリュムに限った事ではないんですけど新車も塗装面が曇っている事が

とても多いんです。酷く曇っていると極端な話、本来の色とは違って見えてしまうんです。

ですのでボディカラーを開発した開発者の狙った本来の色味とは違う色味になってしまいます。

その本来の色味に戻す為にも新車でも磨きが必要な場合が多いんです。それ以外にも新車でも

シミやスクラッチまた保護シートの糊が残っていたり、意外と色々とあるのが新車なんです。

ですので新車コーティングも下地を整える専門店がおススメです!

ちなみにカービューティープロ カラーズはコーティング専門店らしいですよ!

 

お待ちしております( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダ デミオのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ デミオのボディコーティングです!

H27年式スノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ デミオです!

ご購入から5年が経ちリフレッシュを兼ねてコーティングのご依頼を頂きました。

ご覧のようにとってもお綺麗なんです(*‘∀‘)  それもそのはず、週2ペースで洗車を

されているそうです(*”▽”)  素晴らしいです!

そんな訳でとってもお綺麗ではありますが、マメに洗っているからこそ洗車では落ちない汚れが

気になってくるものです(^^;  十分お綺麗なんですけどオーナー様も汚れが気になると

言われていましたので気になるのでしょう(笑)

ではご購入から5年経ちましたマツダ デミオの現状確認を行なっていきましょう!

まずはボンネットからです。

洗車頻度が高い割には洗車キズは少なく驚きました(笑) しかし細かなシミが多く

クスミが進んでいるようです。

ルーフも・・・

少しわかりにくいんですけどボンネットと同じように細かなシミが多いです。

またクスんでいてライトの映り込みもモヤけております。

ただ洗車キズは少ないです(*’▽’)  素晴らし~!

ボディサイドも・・・

モヤけています。 これはおそらく新車時からモヤけた塗装肌だったと思います。

リアも・・・

スッキリとライトが映り込んでいません。

ホイールは・・・

洗車頻度高いので汚れも少ないです!

 

全体的に見ましてボンネットとルーフの水平面に細かなシミが多く透明感も損なわれています。

またボディサイドもクスミもあるんですが、新車時からの曇った塗装のままという事もあって

こちらも透明感が損なわれております。それが更に進んでしますとお車全体の質感の低下に

つながってきます。

シミは多いのですがマメに洗車されている事もあって塗装を侵食してしまっているシミは

少ないです。多く付いているのは比較的浅めのシミのようで、これも普段のマメなお手入れの

賜物だと思います!

その浅めのシミをスッキリと除去してツヤツヤのデミオ君にリフレッシュしていきたいと思います。

作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいりましょう。

実はこちらのデミオ君は5年前に当店でウインドウコーティングを施工させていただいております!

5年も経っているのに・・・

びっくりするくらい撥水しております(;”∀”)  マジっすか??

何か撥水剤でも塗っているのでしょうか??

オーナー様にちゃんとお聞きするの忘れちゃった・・・(^▽^;)  すいません。

とにかく再施工のご依頼ですので・・・

古いコーティング被膜を除去します。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングし最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

次回の再施工はまた5年後に!(笑)

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付着しています鉄粉を処理していきます。 専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応いたします↓

多かった~(;´∀`)

オーナー様もボディに付いている黒いポツポツが気になっていたそうですが、これがその正体です。

黒い車は見てもわかりにくいんですけど白い車だとポツポツと確認できますので、皆様も愛車の

ボンネットを確認してみてください。 また、これくらい鉄粉が付いていますと洗車時にスポンジや

クロスを滑らすとが引っ掛かりを感じますので、黒いお車の方はこの方法で洗車時に確認が

できます。 お試しください。

マイクロファイバークロスで濡れ拭きするとわかりやすいですよ!

話が逸れましたがリアは・・・

多かった~(;´∀`)

もちろんルーフも多かったです(笑)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶ綺麗になりましたよ~(^_^)/

リアも・・・

綺麗になりました!  よかったよかった。

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

ポリッシングの準備が整いました。

今回はエクストラプランになります。エクストラプランは経年車や中古車などに

多く見られる小キズやシミなどを除去するミディアムポリッシングのプランです。

深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・水シミ・小傷など除去する事で

塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がりお車全体の質感がUPいたします。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

水玉撥水が気持ちいい・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・そして気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミが無くなってスッキリとクリヤーなりました!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

曇りが取れてライトの映り込みもクッキリとしました(^_-)-☆

リアも・・・

曇りも無くなり気持ちいいですね~。

ホイールも・・・

キッチリと洗ってから今回はホイールコーティングを掛けております!

艶々ですよ~。

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダ デミオ、ボディコーティングが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました~(^_^)/

元々お綺麗でしたがリフレッシュ後はボディがキリッと引き締まり凛々しいお姿に

なったと思います!  面に張りが出て質感が上がって見えると思います!

簡単に言いますと“若々しく”見えるといいましょうか(笑)

オーナー様も『黒と白のメリハリが出て引き締まった!』と、とってもお喜びになられておりました!

ありがとうございます。

これからもデミオ君をいつまでも大切にお乗りください(^_^)/~

 

今回ご紹介いたしましたデミオ君ですが週2ペースで洗車しているとの事でしたが

少しビックリするくらい洗車時に付くキズ(洗車キズ)が少なかったです!!

たぶん洗車方法が良くて優し~く洗車されているのでしょう(^.^)

お車をとても大切にされているのが伝わってまいりました。

車に細かな線キズが付いてしまう要因は色々とあります。その一つが洗車時に付くキズなんです。

洗車キズは名前の通り洗車時に付いてしまうキズです(^_^;)

どうしても洗車すると多かれ少なかれキズは入ってしまいます。しかし少しでも洗車キズを少なくする

為にもポイントがございます。

車用のシャンプーを使い、そのシャンプーの泡をたっぷりと使って優し~く洗うのがポイントです。

そして洗車後のふき取りも優し~くです!力を入れますとスポンジやセーム皮でも塗装にスクラッチが

無数に入ってしまいます。特にダークカラーはお気を付けください。

ちなみにシャンプーは車用を使ってください。食器洗いの洗剤で洗う方も意外と多いのですが

車専用をお使いください(^_^)/  中に入っている成分が違うんです!

それとスポンジやクロスもある程度使用したら新品に交換してください。

パッと見は綺麗でも非常に細かな砂など付いているものです。 そのまま使用すると塗装面

を傷つけてしまいますので危険です!

また度々ご紹介しておりますがカービューティープロ本部のHPにおススメの洗車方法の動画が

ございますので、ご参考までに是非ご覧ください!! → 洗車方法

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ミニクーパーS 5 Doorのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはミニクーパーSのボディコーティングです。

H27年式、5DoorボディのミニクーパーSです!

5DoorボディのミニクーパーSは当店初入庫のような気がいたします(^^; 多分そうです(笑)

ミニは3ドアのイメージがどうしても大きいのですが、チラッと聞いた噂では現在日本では

3ドアより5ドアの方が販売比率が高いとか・・・。確かに言われてみれば最近5ドアのミニを

よく見るようになった気がします(笑)

話が逸れましたがこちらのミニの現状確認を行っていきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスクラッチもとても少なくお綺麗です(*‘∀‘)

ルーフも・・・

綺麗ですね~!

ボディサイドも・・・

若干のクスミは感じますが、とてもお綺麗ではないでしょうか!

リアも・・・

申し分ございません!

ただホイールのみ・・・

汚れておりました(^▽^;)

 

全体的にとてもお綺麗です!登録から5年経過していますが若干のクスミは感じますけど

艶もあって良好な状態でございます。

普段は車庫に入っていて、お乗りになる機会も少ないそうです。 ですのでシミも少ないんですね!

定期的(車検毎)にコーティングの掛け直しをご希望との事で今回再施工のご依頼を頂きました。

痛みが進む前に再施工!  まさに理想です(笑)

そんなお綺麗なミニのコーティング再施工を進めて参りましょう!作業開始!!

 

今回、せっかくなのでウインドウコーティングも!との事でウインドウコーティングも

掛け直して参ります!

↓は現状です。

若干の撥水力の低下も感じますが、まだまだ効いておりました!

しかし・・・

磨いて一度ガラス表面をリセットいたします。

その後ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングを再施工し最後に撥水チェックを

しましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

見比べると水玉の丸さ(撥水力)が違うのがわかると思います(^.^)

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いています鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

ポツポツと確認できるのがクリーナーに反応している鉄粉です。

とっても少ないです(*‘∀‘)

リアも・・・

少なめでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリとしました。

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

ポリッシングの準備が整いました。

今回はお車の状態も良好ですので軽い磨きのベーシックプランでの磨きになります!

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプラン状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたのはこちらの・・・

PCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

よりクリヤーで綺麗になりました!

ルーフも・・・

クッキリとクリヤーです(^_^)/~

ボディサイドも・・・

クスミも無くなってライトが綺麗に映り込んでいますね!

リアも・・・

気持ちいいです。

ホイールも・・・

艶々になっております!

そしてミニクーパーSのボディコーティングが完成いたしました。

艶々です!

元々とってもお綺麗な状態でもご入庫でしたが、それでもボディを磨き直し塗装面を

整えてコーティングをしますと艶もクリヤー感もワンランク、いゃツーランク上の輝きに

仕上がります!

オーナー様にもとてもお喜びになられているご様子でした!

ありがとうございました。

 

ボディ(コーティング被膜)の痛みが進んでしまうと塗装面に付いたシミやスクラッチを

除去するにはハードなポリッシングが必要になってきます。 痛みが酷くなってきますと

ハードなポリッシングでも除去できない物も多くなります。

ハードなポリッシング=塗装の研磨量が多い、という事になります。 研磨量が多いとは

言い方を変えますと塗装を薄くするという事になります。

シミやスクラッチが酷くなる前(綺麗なうち)の再施工でしたら少ない研磨量で綺麗にできます!

ですので綺麗なうちの再施工がおすすめなんです。

綺麗だからまだいいや! ではなく綺麗なうちに! なんです!!

皆様も再施工はお早めにどうぞ~~(^_^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダN-BOXカスタム3回目のメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダN-BOXカスタムのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのプラチナホワイトパールのN-BOXカスタムは昨年の1月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。

定期的にメンテナンスにお越しくださっており、今回は3度目のメンテナンスのご依頼になります!

今回は梅雨明けのタイミングでのご入庫でしたが・・・

お綺麗です(*‘∀‘) 雨筋は付いていますけど(笑)

いつ見てもお綺麗なんですけど、あの長かった梅雨を乗り切った後とは思えない程、汚れの付着も

少ないお姿でご入庫です。   雨筋は付いていますけど(笑)

そんなコーティング施工から1年半経過いたしましたN-BOXカスタムのメンテナンスの

様子をビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

まずはボンネットからです。

梅雨明けとは思えないほどお綺麗です(*‘∀‘)

細かなシミはございますがスクラッチは少ないです!

アフターです↓

1年半経過しましたのでメンテナンスでは落ちないシミも増えては来ましたが

パールホワイトという事もあって普段は気にならないかと思います。

ルーフも・・・

よく見ますと少し汚れてはいますがスクラッチは少ないですね(^_^)/

アフターです↓

ルーフも落ちないシミも残っていますがスッキリと綺麗になりました。

リアは・・・

さすがに雨の流れた筋が付いています(^^;

アフターです↓

筋が付いてはいましたがコーティング表面に付いているだけですので洗車程度で簡単に

洗い落とせます! もちろん今回はメンテナンスですので、それ以上の色々な事もやって(笑)

コーティング被膜のケアをしております(^_^)/

その色々な事の一つが何時もの鉄粉除去です。

鉄粉以外にもボディには色々な異物が付着するのですが写真でわかりやすいのが鉄粉なので

何時も鉄粉除去としてご紹介しています(笑)

なぜ写真だとわかりやすいかと言いますと専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応するからです↓

わかりやすいですね~(笑)

実は鉄粉が少ない車でも触ってみるとザラザラしている車もあるんです。

それは樹液だったり塗料のミストだったりとクリーナーには反応しない異物なんです。

ですので毎回鉄粉除去とご紹介しておりますが、この工程で鉄粉以外の異物除去も行っています。

リアです↑ ちょこっと多めです。

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

実は鉄粉以外の異物も綺麗になっているんです(笑)

リアも・・・

鉄粉以外もスッキリとしているんです(^_^)/

それと・・・

ちょっとした段差の上にも汚れが乗るんです。 ここは鉄粉が付きやすい場所でもあるんです。

アフターです↓

細部も綺麗になりました(^_^)/

ボディサイドは・・・

綺麗綺麗と言いながらもやっぱり梅雨明けですので雨が流れた跡は付いています。

今回、ここが一番の汚れポイントでした(^^;

パールホワイトなので黒い汚れはどうしても目立ってしまいますね(汗)

アフターです↓

スッキリとしましたよ~!

ホイールも・・・

こちらの方が今回の一番の汚れポイントかな??

アフターです↓

艶々です!

それと今回はフロントウインドウの撥水コーティングの再施工のご依頼も頂いております。

↓は現状です。

まだ弾いてはいるようですが撥水力が落ちています。

撥水力の落ちたコーティングを除去して再コーティングしていきます。

その後の撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングの完成です。

ビフォー&アフターを見比べて頂くと撥水力の違いがわかって頂けると思います(^_^)/

そしてプラチナホワイトパールのN-BOXカスタム、3回目のメンテナンスが完成いたしました!

ご入庫時も汚れが少なく比較的お綺麗な状態でしたが、それでもメンテナンス後は白さと艶が

全然違ってきます!メンテナンスでは、もちろん限界はございますが通常のシャンプー洗車では

落ちない汚れやクスミを除去しますのでメンテナンス前よりスッキリとクリヤー、そして艶々に

仕上がります!

また定期的にメンテナンスにお越しくださっている事もあってコーティングの痛みも少なく

いい状態をキープしております(^_^)/

お引き取りに来られましたオーナー様も、とてもお喜びになられておりました!

ありがとうございます。

 

当店のスタンダードなメンテナンスはポリッシングを行いませんので洗車キズやしつこいシミなどは

落とせませんが早め早めにコーティング被膜をケアしてあげると、綺麗な状態を維持しやすくなりますし

コーティングも長持ち致します。と言いますのも汚れや雨ジミなどが固着してしまう前にメンテナンスを

行なえば固着を低減できます。逆に汚れが固着してしまうと洗車やメンテナンスでも落ちなくなって

きます。そうなる前、汚れが固着する前に洗車やメンテナンスを行ない、落ちる汚れは早めに

落としていくのが長期に渡り美観を維持するポイントです(^_^)/

 

当店の新型コロナウイルス感染拡大防止対策についてはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。