インディゴブルーメタリック2のフレアワゴンです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ フレアワゴンのボディコーティングです。

インディゴブルーメタリック2の新車フレアワゴン カスタムスタイルです。

正直、あまりお見掛けしないボディカラーだなぁ~。なんて思って調べて見ましたら

2021年に発売されたスズキのワゴンRスマイルで初めて登場したボディカラーの様です。

フレアワゴン&スペーシアには約1年前に新たに追加設定されたカラーです!

深みのある高級感漂う大人のカラーで、とってもお洒落ですね(*’▽’)

そんなお洒落なインディゴブルーメタリック2の新車フレアワゴン カスタムスタイルですが

ボンネットを確認していきますと・・・

あれっ!? スクラッチが多いぞ(^^;

塗装面の曇りも気になります(汗)

ルーフも・・・

洗車キズと思われるスクラッチがとっても多いんです(>_<)

白っぽい線状の筋が沢山見えると思います。

これです↓

この様なスクラッチがルーフ全体に付いていました。

ボディサイドは・・・

こちらもスクラッチが付いていますけど、それよりも塗装面の曇りの方が気になりますね(^▽^;)

リアも・・・

ライトがボヤっとモヤけています。

ホイールは・・・

軽い汚れでした。

 

全体的に塗装面が若干モヤッと曇りが確認できました。

それよりもボンネットとルーフに洗車キズと思われるスクラッチが結構多く付いていて

そちらの方が少し気になりました(^^;)

ただそのスクラッチも比較的浅いキズが大半の様なので磨きで処理出来そうな感じでした。

オーナー様に伺った所、納車してからまだ一度も洗車をしていないとの事ですので

納車前洗車時に付いたのでしょう(^▽^;)

ブログで度々書いていますけど新車でもオーナー様に納車されるまでに多くの工程があり、

多くの作業者が車に触れます。 その間にキズが付いたりシミが付いたりする事は残念ながら

全然珍しい事ではなく、よくある事なんです。

あまりに深く入ってしまっている洗車キズは磨いても完全に除去することは出来ませんが、

新車以上の艶と光沢を目指して作業を始めていきたいと思います。

では作業開始~~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

↓は現状です。

油分の付着も少ないようです。 少ないだけで少しは付いてはおります(^▽^;)

今回は全面施工ですので全面磨きを入れてガラス表面を綺麗にします。

納車間もない新車でもガラス表面に油分等が付いている事がほとんどですので、

新車でも下地処理が必須になります。

ガラス表面を綺麗にしましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをします。

その後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤になります!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にいつものように鉄粉の付着確認をします。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応しますが・・・

よ~く見るとポツリポツリと確認できるのですが新車という事もあって、

とても少なかったです!

リアも・・・

全然付いていない訳ではないですが鉄粉の付着は少なかったです。

 

↓は鉄粉除去後の再チェックです。

元々少ないので写真で見ても全然変り映えしませんが、ボディ全体の・・・

鉄粉処理が済んでいます。

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的にやや曇り気味の塗装肌&洗車キズが気になりますので、

新車にしては少し強めの磨きで曇りとキズを除去して仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S9  

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチも無くなり新車らしいスッキリとした塗装肌になりました(*^_^*)

スクラッチの多かったルーフは・・・

深い線キズは残っていますけどサッパリと綺麗になっております(^_^)/

モヤけていたボディサイドも・・・

曇りが無くなりクリヤーになりました。

同じくリアも・・・

スッキリとしました!

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しをして仕上げております。

 

そしてインディゴブルーメタリック2の新車フレアワゴン カスタムスタイル、

新車コーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

正直、元々がお綺麗な新車ですので↑の引きの写真ですと違いがわからないかも知れませんが、

各部の仕上がりの写真で見て頂いたように細かな線キズや塗装面の曇りが無くなりクリヤー感も

向上してスッキリとシャープに景色が映り込む艶々ボディに仕上がっています。

その細かな線キズですが実は新車でも今回のフレアワゴンの様に沢山入っているお車も多く、

中にはシミや曇りの酷い新車も御座います。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ひとえにボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

洗車してコーティング剤塗っておしまい!もコーティングですし、磨きを入れて下地作りを

行ってからコーティングするのもまたコーティングです。 でも仕上がり具合は全然違います!

ですので新車コーティングも”専門店“のカービューティープロ・カラーズへお任せください!

お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

レクサスGS300 F SPORTのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスGS300 F SPORTのボディコーティングです。

H30年式グラファイトブラックガラスフレークのレクサスGS300 F SPORTです!

こちらのオーナー様は3代目GS(190系)から4代目GSへお乗り替えです!

以前のGSも当店でコーティングを施工させていただいたのですが今回も当店に

お越しくださいました。  ありがとうございます。

普段あまりブログには書いていないのですが当店は、お乗り換えや増車でリピートで

お越しくださるお客様がとても多いんです。   この場をお借りて・・・

皆様いつもありがとうございます。m(__)m

こちらのオーナー様はディーラーさんに立ち寄ったら・・・

“とても程度の良いGSが入りましたよ~。 しかもまだ展示する前の車両です!” と話をされたので

現車を見てみると・・・

“カッコイイ~” っと一目惚れ♥ そのまま即決だったそうです(*‘∀‘)  凄いッス!!

そんな思わず一目惚れしてしまうほどカッコイイ、レクサスGS300 F SPORTの現状確認より

始めて参りましょう。

↓はボンネットです。

クスミとシミは少なく年式を考えますと比較的良好な状態ではないかと思います。

ルーフは・・・

ボンネットよりもスクラッチが多いですね(^^;

シミもボンネットよりも多かったです。

トランクは・・・

これまたクスミは少ないのですが洗車キズと思われるスクラッチが気になります。

ボディサイドは・・・

少しわかりにくいのですがスクラッチが多く確認できました。

ホイールは・・・

軽めの汚れでした。

 

それと今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ボディの前にウインドウコーティングをご紹介してまいります。

↓は現状です。

前のオーナー様がウインドウコーティングもされていたようですが撥水力が少し落ちているようです。

その弱った撥水剤を除去してガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です。

ウインドウコーティングは雨だけではなく雪にも有効な、とても実用的な当店の

人気オプションメニューでございます!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

毎度の事ですが黒い車ですと確認困難ですけど、実は結構多いんです(^^;

リアも・・・

反応がわかりませんが、これまた結構多かったんです(汗)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

相変わら確認困難ですけど綺麗になっています!

リアも・・・

スッキリと鉄粉の処理が済んでおります!

写真だとわかりませんけど(^▽^;)

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回は・・・

ヘッドライトを軽~く磨いてからヘッドライトコーティングを施工いたしております!

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもサッパリとして綺麗になりました。

ルーフも・・・

深い線キズは残っていますけど、だいぶスッキリ綺麗に仕上がりました!

トランクも・・・

深いキズは残りましたが綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

洗車キズも無くなりスッキリとしました。

そしてホイールには・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

ホイールコーティングは艶々になるだけではなくブレーキダストのこびり付きが低減して、

お掃除が楽になります。

 

そしてグラファイトブラックガラスフレークのレクサスGS300 F SPORT、ボディコーティングが

完成いたしました。

そして艶々になりました!  凄みが増しましたね(^_^)v

元々艶を感じるボディでしたが、それでもシミやスクラッチそしてクスミを

磨いて除去しますと更に透明感と色に深みが出て新車のような艶になります。

その艶の出たボディにコーティングをしますと更に艶々なボディに仕上がります!

その艶と光沢は新車にも負けません!

オーナー様にも『おおっ!ピカピカですね~!!』と、とてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

中古車は前オーナー様のお手入れ状況がわからない場合が多く、

また、お車の展示期間が長ければ長いほど痛みも進んでしまう傾向ですので

お使いになられる前に一度お車をリフレッシュするとボディもサッパリ!気持ちもスッキリとして

新しい愛車に気持ち良~くお乗りいただけると思います(^_-)-☆

皆様も中古車ご購入時はカーコーティング専門店『カービューティープロ カラーズ』へ是非どうぞ~!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

クリスタルブラックシリカのGR86のご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ GR86のボディコーティングです。

納車間もないクリスタルブラックシリカのトヨタGR86です!

今では世界的にも希少なFRスポーツカーのGR86ですが、日本だけではなく世界でも

大人気の車種でもございます!

もちろん私の欲しい車リストのベスト3の常連さんでもございます(笑)

現在では受注受付停止中との事ですが、近々再開するとの噂もございますので

欲しい方は、とにかくマメに情報をチェックするように注意してください。

本当に買えなくなってしまいます!

そんな大人気者でもあるクリスタルブラックシリカの新車GR86の現状確認より始めて参りましょう。

↓はボンネットです。

塗装面の曇りは少ないのですが納車前洗車時の拭きキズでしょうか??

所々に確認できました。

↓もボンネットです。

こんな感じです(^^;

ルーフも・・・

スクラッチかと思ったのですが、これは汚れでした。

よかったよかった(*^_^*)

トランクは・・・

若干の曇りはございますが綺麗です!

ボディサイドは・・・

こちらもクリヤーですね(´▽`)

しかしサイドステップには・・・

保護シートを剥がした跡と、その糊残りを拭いた時に付いたスクラッチかな??

白い跡と拭きキズと思われるスクラッチが付いておりました。

ホイールは・・・

若干汚れ気味でございました。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので後ほどコーティングをしていきます!

 

それと今回はフロントウインドウのコーティングのご依頼を頂いておりますので

フロントウインドウの確認&作業から先にご紹介していきましょう!

↓は現状です。

納車仕上げ時の撥水シャンプー又は何かしらの撥水剤が掛かっていたようでした。

だいぶ撥水力が落ちていますけど(^▽^;)

納車仕上げ時の撥水は簡易的な物ですので直ぐに落ちてしまいます(^^;

その弱っている簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをして完成です!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますけど・・・

そう!そうです! その通り!!! 毎度の事ですが・・・

黒い車は写真で見ると何が何だかわかりません(^^;

リアも・・・

写真だと全然わかりません(^▽^;)

今回は新車でしたので比較的鉄粉等の異物は少なかったんですけど、

新車でも全く付いていない訳ではございませんので一通り異物除去の作業を行っております。

 

処理後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

そう!その通り!!

前も後ろも・・・

やっぱり写真だと全然違いが伝わりません(^^;

写真だと違いがわかりませんが鉄粉処理が済んでおります。

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

ポリッシングが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

当店は新車でもここまでしてからコーティングを掛けます(^_^)/

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

拭きキズもスッキリと処理出来ております!

↓もボンネットです

浅いスクラッチでしたので問題なく除去出来ています!

ルーフも・・・

綺麗に仕上がっています。

トランクも・・・

僅かな曇りが、有るのと無いのとではやっぱりスッキリ加減が違います。

それはボディサイドも同じで・・・

綺麗に感じたサイド面も磨くとスッキリ感と言うかサッパリ感が違うと言いますか、

とにかくライトの映り込み具合が違います(^_^)/

それとサイドステップのスクラッチと糊跡も・・・

バッチリと綺麗になっています。

そしてホイールには・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

マッドブラックのホイールはコーティングをしますと若干艶が出てしまいますが、

それほど大きく印象が異なってしまう事もないかと思います。

マットブラックのホイールはブレーキダストが付きやすく、

目立ちやすいんです。そして掃除をしてもダストが取れにくいんです(^_^;)

ホイールコーティングはダストのこびり付きや焼き付きを抑制する効果がございます。

全くこびり付かない訳ではございませんがコーティングしているのと、していないのとでは、

お手入れのしやすさが違ってきますのでダストの多いお車にはおススメのオプションメニューになります!

 

そしてクリスタルブラックシリカのトヨタGR86、新車コーティングが完成いたしました。

いかがでございましょうか。  納車時より光っていると思います(笑)

僅かな曇りが無くなった事で、よりキラキラとしたシリカ感を感じて頂ける仕上がりになっております!

元々新車ですのでお綺麗ではあるんですけど更にそこに、ひと手間ふた手間かけてから

コーティングをしますと新車以上の艶感そしてクリヤー感ある新車に仕上がります!

オーナー様も『いゃ~ピカピカですね!』と、その違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

車のボディカラーの名称を見ているとメタリックやパール、マイカ等々色々な名称を見かけると思います。

これは塗装に入っている “光輝材” の事です。

昔はメタリックくらいしか聞きませんでしたが今では色々な種類の光輝材があるようです。

今回のクリスタルブラックシリカのシリカもそうです。

シリカはガラス粉(二酸化ケイ素)で特に光が当たるとキラキラに輝いてとても綺麗です!

しかし塗装面が曇っていたり痛んでいたりしたら光輝材本来の輝きが失われてしまうんです。

そこで磨きです!

新車も雲りがございます。その曇りを磨く事でスッキリとクリヤーで光輝材本来の

キラキラ感を楽しめる事が出来ます(^_-)-☆

新車も新車磨きを行っているカーコーティング専門店『カービューティープロ カラーズ』へ是非どうぞ!

以上、宣伝でした(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダCX-30のメンテナンスです。

 

新年明けましておめでとうございます。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

ご挨拶が少し遅くなりましたが、今年もカービューティープロ カラーズを宜しくお願い致します。

年が明けて早くも6日も過ぎ去りましたが本日よりブログを再開してまいります!

今年も引き続きブログにお付き合い頂けると幸いです。

では2023年カラーズブログを始めていきましょう!

 

2023年最初にご紹介いたしますのはマツダCX-30のボディコーティングメンテナンスです。

既に29日前の話ですけど(^▽^;)

という事は新年早々、約1ヶ月遅れでのスタートになります(大汗)

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダCX-30は2021年の9月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から1年少々のタイミングで今回はメンテナンスにお越しくださいました。

では早速ではございますがコーティング施工から約1年半経ちましたマツダCX-30の

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう。

まずはボンネットからです↓

シミもスクラッチも少ないようです。

アフターです。

とってもお綺麗です!

コーティング施工から1年少々経過しているのにシミもスクラッチも、とっても少ないですね!

屋外屋根なし駐車とは思えない程良い状態を維持されております。

ルーフも・・

このままでも十分に綺麗です(笑)

アフターです。

元々がお綺麗ですので写真だとあまり違いがわかりません(^▽^;)

それ程良い状態を維持されているという事です!

リアは・・・

若干汚れが確認できますが目立つような痛みは見当たりません。

アフターです。

メンテナンス後はやっぱり艶感が違います(^_^)/

ボディサイドは・・・

CX-30は黒い樹脂モールが多めですので汚れが目立ちやすいです。

アフターです。

サッパリとしました!

今回フロントバンパーを交換されたそうなのでフロントバンパーもコーティングしました。

それに伴いフロントバンパー部の黒い樹脂モールも再コーティングしたのですが・・・

再コーティングしたところだけ艶々になってしまい他の樹脂部との違和感が強くなってしまったので

樹脂モールは全て再コーティングをして違和感が出ないようにしました。

 

それといつもの様に鉄粉の付着除去のご報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

これまた鉄粉も少ないです!

リアも・・・

少ないですね~~!

1年以上経過していてこの少なさはビックリです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

サッパリと処理できております!

元々少なかったんですけど(笑)

 

ホイールは・・・

軽めの汚れ具合でした。

アフターです↓

汚れも落ちて光沢感も復活です。

 

それと今回はウインドウのコーティング再施工のご依頼も頂いております。

↓は現状です。

今回は全体的に撥水力が弱まっている様でしたので全てのウインドウを再施工いたします。

ガラス表面を一度リセットし、再度ウインドウ専用コーティング剤PGS-33で再コーティング!

その後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングも完成しました!

ウインドウコーティングの耐久性はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって

大きく変わってきます。目安は半年~1年位ですがフロントウインドウはワイパーの

ゴムを撥水ワイパーに交換して頂くとコーティングの寿命が延びます。

またワイパー作動時のビビりが低減しますのでウインドウコーティングをしましたお車には

撥水ワイパーの交換をお薦めいたします!

 

そしてスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダCX-30、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

艶感も向上しツヤピカのボディに仕上がりました。

ボディが白く艶々になったのはもちろん、やはり黒い樹脂モールの黒さと艶が

車全体の雰囲気を変えているのだと思います!

やっぱり黒いパーツが黒くなるとボディが引き締まります(*^_^*)

オーナー様も『おぉ!ピカピカだなぁ!』と、その違いをご実感いただけたご様子でした。

ありがとうございました。

 

今回のCX-30は当店でのPCX-S9を始めて施工した車両でした。

コーティング施工から1年3ヶ月ほど経過しておりますがシミの少なさが印象的でした。

私の車にもPCX-S9を施工して経過を観察していますが、やはり水玉撥水系のコーティング剤よりも

シミが少ない印象です。こちらのCX-30も私の車も撥水はだいぶ落ちてしまっていますが

シミも少なく水アカの固着も無く、まだまだコーティングの効果を発揮しています。

発売から1年少々のPCX-S9ですが現在では当店の一番人気のコーティング剤になっております。

今後PCX-S9を施工いたしましたお車のメンテナンスも増えてくると思いますので

経過観察&ご報告をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

スバルBRZのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバルBRZのボディコーティングです。

こちらのサファイアブルーパールのBRZは納車間もない新車でございます!

BRZの兄弟車である86は先代を含めて、ある程度の間隔でご入庫があるのですが

今までBRZのご入庫は一台もなかったんです(涙)

という事で今回のBRZは当店初入庫でございます(*’▽’)

おめでとうございます!

記念に溢れんばかりの私の笑顔をお送りさせてもらいました(笑)

冗談はさて置き、こちらのサファイアブルーパールがとっても綺麗なカラーなんです!

個人的にスバルのブルーはラピスブルーパールが凄く好きなのですが、そのラピスブルーパールに

負けず劣らずの綺麗なブルーで一目惚れです(*”▽”)

考えてみますとBRZも初入庫ですがサファイアブルーパールも初入庫ですね(笑)

おめでとうございます!

記念に溢れんばかりの私の笑顔をお送りさせてもらいます(笑)  (*^_^*)

そんな綺麗なサファイアブルーパールのBRZですが・・・

ご入庫時はやや汚れ気味でした。

このままですと現状をお伝え出来ませんので洗車後に撮影しましたのが・・・

こちらです。

若干塗装に曇りがあるようでライトがモヤっと映り込んでいます。

ルーフも・・・

同じく少し曇り気味でした。

トランクも・・・

映り込みがスッキリとしません。

ボディサイドは・・・

こちらはボンネットやルーフ、トランクに比べると曇りが少なかったです!

ただサイドステップには・・・

保護シートを剥がした跡と、その糊残りを拭いた跡でしょうか??

拭きキズと思われるスクラッチが付いておりました。

ホイールは・・・

やや汚れ気味でした。

それと合わせてウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでボディのご紹介の前に

ウインドウコーティングより見ていきましょう!

↓は現状です。

若干、油分の付着があるようです。

とは言え少なからず油分等の付着物は付いているものですので・・・

ガラス表面を一度綺麗にリセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤でございます(^_^)/

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

反応も少なかったです。

リアも反応も・・・

少ないです!

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少ないので違いがわかりません(^^;)

リアも・・・

写真だと違いがわかりませんが鉄粉処理が済んでおります。

 

鉄粉処理が済みましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

曇りが無くなりクリヤーになりました!

トランクも・・・

スッキリとクリヤーで気持ちいいです!

ボディサイドは・・・

元々曇りもあまり感じませんでしたが、磨くとよりクリヤーになります!

そしてサイドステップの拭きキズも・・・

綺麗に除去出来ました(^_^)/

ホイールも・・・

艶出しで仕上げております!

そしてサファイアブルーパールのBRZ、新車コーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

最初の写真と写真の色味が変ってしまい、すみませんm(__)m

 

今回のBRZは比較的曇りの少ない塗装肌の新車でした。しかしその少ない曇りも磨いてクリヤー

な塗装肌に整えてからコーティングをしますと更にクリヤー感と光沢感の向上を

感じて頂ける仕上がりになります!  いゃ、なっております!

オーナー様もお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

今年のブログはこれで以上となります。

今年も沢山のお客様にお越し頂きまして誠にありがとうございました。

また、いつもブログをご覧いただいております皆様も一年間お付き合い頂きまして

ありがとうございました。

感謝の気持ちを込めて、溢れんばかりの私の笑顔をお送りさせてもらます(笑)  (*^_^*)

 

そして毎年恒例、ブログ遅延報告です!

昨年は頑張ってなんとか約2週間遅れでしたが今年は1週間ほど増えて

最終的に21日遅れで今年は〆となりました!

2週間以内に挽回したかったんですけど・・・ダメでした(^▽^;)

さて来年や如何に!!

来年もブログの方も頑張っていきたいと思いますので引き続き

お付き合いいただければ幸いです。(*^▽^*)

年明けの営業は1月4日10時より通常営業となります。

今年も1年間本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

それでは皆様少しだけ早いですが、良いお年を!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ ルーミーのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ルーミーのボディコーティングです。

こちらのパールホワイトⅢのトヨタ ルーミーは納車間もない新車のお車になります!

人気のルーミーですが、その人気の理由の一つが大きすぎず、小さ過ぎないサイズ感の様です。

軽自動車では小さい、でもノア・ヴォクシーほど大きい車は必要ないという方は多く、

その中間のサイズという事でスズキのソリオと共に絶大な支持を受けているようです!

室内も広くて便利なので人気なのも納得でございます(^_^)/

では早速でございますが新車ルーミーの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

若干ですが曇りを感じます。 若干です(笑)

ルーフも・・・

曇りは少ないのですが、それでも曇りの影響で映り込んでいるライトの輪郭が

スッキリとしません(^^;)

ボディサイドは・・・

こちらも比較的お綺麗な塗装肌ですけど、ボンネットよりも少し曇りが“濃い”気がします。

リアも・・・

もう少しスッキリとクリヤーにしたいところです(^^;)

ホイールは・・・

汚れ気味でした(^▽^;)

 

ダイハツ生産の車は(ルーミーはダイハツ製)曇りが少なくクリヤーな車が多い印象なのですが(私見です)

今回のルーミーは少しだけ曇りが気になりました。 とは言えこの程度の軽い曇りですけど(笑)

おそらく言われなければ気が付かないレベルの僅かな曇りでしたが、

その僅かな曇りを取り除いてクリヤーで艶々なボディに仕上げていきたい思います!

その前に、ウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、

まずはウインドウコーティングの作業からご紹介して参りましょう!

↓は現状です。

油分の付着が少しあるようです。

ただ不思議な事に新車でも油膜が盛大に付いている車もあるんです(^^;

いや~不思議です(笑)

油分の付着の少ない新車のガラスでもしっかりと下地を整えます。 (油以外の汚れや付着物もありますので)

その後にウインドウコーティング剤PGS-33でコーティングをして・・・

最後に撥水チェックをしましたらウインドウコーティングが完成です!

 

続いてボディの方の作業を見ていきましょう。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

新車という事もあって、とっても少なかったです(*‘∀‘)

リアも・・・

ポツポツと反応が見えますが少ないです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと除去出来ました。

リアも・・・

綺麗になっております。

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

全体的に軽めの曇りでしたので軽めの磨きを入れて曇りを除去し塗装表面をクリヤーに

仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティングです。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

水玉撥水が気持ちいいPCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

スッキリと艶々になっております!

ルーフも・・・

曇りが無くなってライトの輪郭もスッキリとシャープに映り込むようになりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

サッパリとしましたね!

クリヤー感が向上しております(^_^)/

ホイールは・・・

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

 

そしてパールホワイトⅢのトヨタ ルーミー、新車コーティングが完成いたしました。

綺麗に仕上がりました!

正直、新車のパールホワイトですので↑の引きの写真ですと違いがわからないかも知れません(^▽^;)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにモヤッとした曇りが無くなり、

キリッとシャープに景色が映り込むクリヤーで艶々ボディに仕上がっています!

この新車を新車以上の輝きに仕上げるには新車でも下地作りが重要になってくるんです。

下地を整えない(曇りやシミ・スクラッチを処理しない)でコーティング剤を塗ってしまえば

もちろん曇ったままなんです(汗)

でも正直そのままコーティングをしてしまう業者さんやディーラーさんが多いのが実情です。

もちろん中にはしっかり磨いている所もございます!

特にディーラーさんやGS系でコーティングを考えている方は事前にコーティング前に

磨きをしているのか確認した方が良いかと思います。

同じコーティングでも下地を整えないのもコーティングですし、整えるのもコーティングです。

しかし同じコーティングでも仕上がりが違ってきますのでご注意下さい!!

もちろん当店は新車も磨いております(^_^)/~

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

マツダ ロードスターRFのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ ロードスターRFのボディコーティングです。

H29年式マシーングレー プレミアムメタリックのマツダ ロードスターRFです!

見ての通り、走りに重点を置いたカスタマイズが施されていてボディカラーと相まって

迫力あるスタイリングに仕上がっております(*’▽’)

いゃ~カッコイイっす!

そんなカッコイイ、マシーングレー プレミアムメタリックのマツダ ロードスターRFですが

ご購入から5年が経ち痛みが気になるとの事で当店にお越しくださいました。

確認していきますと・・・

雨で濡れているのでよくわかりません(笑)

しかしよ~く見れば、この状態でもシミやクスミの影響で映り込んでいるライトが

スッキリとしていません。

↓は洗車後です。

写真だとあまりそんな風に見えませんがシミが結構凄いんです(^▽^;)

ルーフも・・・

シミでシワシワです(汗)

トランクも・・・

シミが多いんです。

ただシミに比べると洗車キズ系のスクラッチは意外と少ないです。

とっ言ってはみたものの・・・

ボディサイドは洗車キズ系のスクラッチがソコソコの量が付いています(^^;)

シミが少ない分、スクラッチが目立ちます。

ホイールは・・・

カラー的に汚れが目立ちません。

 

それと今回はウインドウの油膜??で視界が悪くて困っているとご相談を受けました。

御自分で油膜除去、またワイパーのゴムを新品に交換等、色々と試したそうですが

ワイパーを作動させると視界が悪くて困っているとの事でした。

確認していきますと・・・

何か撥水剤を使用されているようです。

その撥水剤も撥水力が落ちているようです。

その撥水剤を磨いてガラス表面を一度綺麗にリセットいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

コロコロの水玉撥水の完成です!

視界不良の原因ですが推測しますとワイパーのゴムがノーマルとの事でしたので

それかも知れません。また撥水力の弱まりも影響したのかも知れません。

実はウインドウの撥水剤とノーマルのワイパーゴムは相性が悪くビビりの原因やふき取り不良の

要因にもなります。

ウインドウコーティングを施工しましたら撥水ワイパー、もしくは撥水コーティング用の

ワイパーゴムへの交換をおすすめしております。

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉等を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

反応が流れてしまっている事もあって↑の写真だと綺麗に見えますが、

実は結構多かったんです。

ご購入から5年に相応しい鉄粉量でした(笑)

リアも・・・

反応が流れてしまっていますけど鉄粉が多かったです(^^;

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと綺麗に除去出来ました!

写真だと違いがわかりませんが(^^;

リアも同じく・・・

違いがわかりませんがサッパリと処理が済んでおります!

 

その後にボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもスッキリとして綺麗になりました!

シワシワだったルーフも・・・

スベスベに仕上がっております(^_^)/

トランクも・・・

綺麗になっています。

ボディサイドも・・・

スクラッチが無くなってライトの映り込みもクリヤーになりました。

最後にホイールです。

綺麗になったんですけど・・・色的に違いがわかりません(^▽^;)

そしてマシーングレー プレミアムメタリックのマツダ ロードスターRF、

ボディコーティングが完成いたしました。

ツヤッツヤに仕上がりました(^_-)-☆

マシーングレー プレミアムメタリック本来の“鉄の質感”を感じて頂ける仕上がりになっております!

細かいシミやキズが多くなってきますとボディの艶が引け、色味も変わって来ます。

そこを磨きで処理しコーティングを掛ける事でボディカラー本来の色と艶を取り戻します。

その色艶は新車にも負けていないと思います!!

オーナー様も『うぉ~スゲ~。超綺麗!!』と、とてもお喜びになられておりました。

ありがとうございました。

 

誤解を恐れずに言ってしまうとコーティングを塗っても車は綺麗になりません!

車を綺麗にするのは“磨き”です。

いくらどんなに良いコーティング剤を使っても下地がスクラッチだらけだったり

シミだらけだったり、また曇ったり傷んだりしている塗装面にコーティング剤

を塗っただけでは綺麗には仕上がりません! 塗装面はそのままです(;´∀`)

下地を整えてからコーティングしないと、何となく艶は出るけど、ただそれだけです(^_^;)

ですので下地が重要なんです!

一言でコーティングと言いましても洗車してコーティング剤を塗るだけの作業もコーティングですし、

幾つもの工程を経て下地を整え、そしてコーティング剤を塗るのもコーティングです。

同じコーティングでも、もちろん仕上がりは全然違います!

ですのでカーコーティングはカーコーティング専門店の『カービューティープロ カラーズ』に

お任せください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

マツダCX-60のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダ CX-60のボディコーティングです。

こちらのジェットブラックマイカのマツダ CX-60は納車間もない新車でございます!

マツダのラージ商品群の第1弾となりますCX-60ですが、さすがラージクラスという事もあって

大きいです! 全長自体は同社のCX-8の方が長いようですが全幅は1890mmとCX-8よりも

50mmも大きいそうです。

スタイリングも見るからにマツダデザインですが直列6気筒らしくロングノーズで

プロポーション自体がCX-8とは別物でフラッグシップらしい堂々とした佇まいです(*’▽’)

そんなカッコイイ新車のCX-60ですが・・・

ご入庫時は汚れ気味でした。

これですと塗装面の状態がお伝え出来ませんので洗車後に撮影しましたのが・・・

こちらです。

洗車後と言うよりも鉄粉処理等、一通り磨き前までの作業が済んだところです。

ここまでの作業で落ちなかったシミも確認できます。

ルーフも・・・

既にシミが付き始めていました(;´∀`)

もしかしたら納車前から付いていたのかも知れません。

新車なのだから納車時が一番綺麗だと思われる方も多いのですが

残念ながら納車時にシミやスクラッチが付いている事が多く、

逆に何も問題のない新車の方が珍しいです。

ボディサイドも・・・

洗車キズ系のスクラッチが結構多く付いていました(汗)

それとライトの右側に見えている汚れですが・・・

汚れかと思ったら何かのシミの様でした(^▽^;)

それを落とそうと思ったのでしょうか??擦ったような痕跡も確認できました。

リアは・・・

曇りも無くお綺麗でした。

ホイールは・・・

若干汚れ気味でございました。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので後ほどコーティングをしていきます!

 

それと今回はフロントウインドウのコーティングのご依頼を頂いておりますので

フロントウインドウの確認&作業から先にご紹介していきましょう!

↓は現状です。

若干撥水力が弱い感じではありますが、何かしらの撥水剤が掛かっているようで

水を弾いておりました。

撥水シャンプーでしょうか??

撥水シャンプー等の簡易的な撥水剤は直ぐに落ちてしまいます(^^;

その簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをして完成です!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますけど・・・

そう!そうです! その通り!!!

黒い車は写真で見ると何が何だかわかりません(^^;

リアも・・・

写真だと全然わかりません(^▽^;)

今回は新車でしたので比較的鉄粉等の異物は少なかったんですけど、

新車でも全く付いていない訳ではございませんので一通り異物除去の作業を行っております。

 

処理後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

そう!その通り!!

前も後ろも・・・

やっぱり写真だと全然違いが伝わりません(^^;

写真だと違いがわかりませんが鉄粉処理が済んでおります。

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

ポリッシングが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

当店は新車でもここまでしてからコーティングを掛けます(^_^)/

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

シミも無くなって綺麗です。

ボディサイドの洗車キズも・・・

綺麗に処理出来ております。

もちろんシミも・・・

綺麗になっております(^_^)/

リアも・・・

元々お綺麗でしたが、やはり磨きを入れますとスッキリ感が向上します!

ホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

ホイールコーティングは艶々になるだけではなくブレーキダストのこびり付きが低減して、

お掃除が楽になります。

 

そしてジェットブラックマイカのマツダ CX-60、新車コーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

新車なんで塗装面はお綺麗なんですけど、それでも既に付いていましたシミや洗車キズ、

また塗装面の曇りを磨いて処理してからコーティングをしますと更にクリヤー感と

艶が増しボディがツヤッツヤになります(笑)

ツヤッツヤの黒いボディは迫力が増します!それでいてフラッグシップモデルらしい

気品も感じます(*’▽’)

そんな迫力と気品を兼ね備えましたマツダCX-60の新車コーティングのご紹介でした!

 

先ほどもお話いたしましたが新車でも納車前にスクラッチが付いたり、シミが付いていたり、

そして曇っていたりと残念ながら何かしら不具合がある事が非常に多いのが実情です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

洗車してコーティング剤を塗るだけのコーティングではキズやシミ・曇りを閉じ込めてしまいます。

という事は仕上がり具合も・・・(汗)

新車を新車以上に輝かせるにはやはり下地作りが重要になってきます!

ですので新車のコーティングも下地作りを行っていますカーコーティング専門店の

カービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

GRヤリスのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ GRヤリスのボディコーティングです。

プレシャスブラックパールのトヨタ GRヤリスです!

こちらは納車間もない新車でございます。

GRヤリスは当店初入庫になります! いゃ~カッコイイですね(´▽`)

ヤリスをベースにモータースポーツ(特にラリー)で勝つ事を目的に開発されたGRヤリスですが

ヤリスベースとは言え全然別物です。 ライト類は共用ですがボディパネルは全て別もので

フロントフェンダーもリアフェンダーも張り出しがエグイです(*‘∀‘)

いゃ~いいですね! 欲しいっす!

よし決めた! 買うぞ!!

今年の年末ジャンボ宝クジが当たったら買うぞ!(笑)

そんな私の心を掴んで離さないGRヤリスの現状確認より始めて参りましょう。

 

まずはボンネットです。

ご入庫時は少し汚れ気味でしたので、写真だと少しわかりにくいのですが

曇りも感じない綺麗な塗装肌でした。

それと・・・

GRヤリスのルーフはカーボンルーフなのですがカーボン製のルーフにカーボン柄の

シート(ラッピング)が貼ってあるという少し珍しい凝った作りになっているんです。

なので↑の見えているのはカーボン柄のシートです!

↓もルーフになりますが・・・

同じルーフでもルーフスポイラーです。

ルーフスポイラーはボディと同じ塗装ではなく、いわゆるピアノブラック調になります。

なので痛みやすく目立ちます(^^;

ボディサイドも・・・

若干曇りも感じますが僅かです。

リアは・・・

こちらはリアガーニッシュの上面です。

リアガーニッシュもルーフスポイラーと同じピアノブラックですので、

GRヤリスを含めてヤリスはここがキズやシミが付きやすいんです(汗)

ホイールは・・・

若干汚れ気味でございました。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので後ほどコーティングをしていきます!

それと合わせてウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでボディのご紹介の前に

ウインドウコーティングより見ていきましょう!

↓は現状です。

納車仕上げ時の撥水シャンプー又は何かしらの撥水剤が掛かっていたようで

綺麗な水玉撥水の状態でした!

その撥水剤を惜しげもなく(笑)落としてガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをして完成です!

ウインドウコーティングは雨の季節だけではなく、これからの雪や霜にも有効なアイテムですので

是非一度お試し下さい(^.^)

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

色的にわかりませんが(^^;新車という事もあって少なかったです。

リアも・・・

とっても少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

違いがわかりません(^^;

リアも・・・

違いがわかりませんが鉄粉処理が済んでおります。

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は一部曇っている部位もございましたが、全体的にはとてもお綺麗な塗装肌でしたので

ごく軽い磨きで塗装表面を整えていきました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

そして今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

気持ちの良い水玉撥水になります!

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

従来の水玉撥水のコーティング剤より、よりシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

元々お綺麗な塗装肌でしたが、それ以上にスッキリとしました!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗です。

ルーフスポイラーも・・・

綺麗になっています。

ボディサイドも・・・

僅かな曇りを除去しましたので施工前より更にスッキリとクリヤーになっておりますが・・・

写真だと違いがわかりませんね(^▽^;)

リアガーニッシュ上部も・・・

気持ち良い仕上がり具合です!

先ほどもお話しましたがリアガーニッシュとルーフスポイラーはピアノブラック調ですので

簡単にキズが入ります。 乾いたタオルで拭くだけでも簡単に拭きキズが入りますので、

洗車時はお気をつけ下さいませ。

それとホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

ホイールコーティングは新車時、またはホイール新品時がおすすめです(^_^)/

そしてプレシャスブラックパールのトヨタ GRヤリス、新車コーティングが完成いたしました。

いい艶感に仕上がりました!

元々が曇りの少ない綺麗な塗装肌の新車でしたので磨きを入れてからコーティングを

掛けますと透明感と光沢感の向上を感じて頂ける仕上がりになっております。

その艶感の向上にはEXE evo1がいい仕事をしているんです(笑)

EXE evo1は艶感の違いが分かりにくいライトカラー系のお車でも艶の向上を

実感して頂けると思います。

オーナー様も『うゎ!すげ~! 嘘みたいに綺麗!』とお喜びになられておりました。

ありがとうございました。

ブログも書き終えましたので年末ジャンボでも買いに行きますか(^_^)/~  おぉ!!

 

当店の人気コーティング剤でもございます「EXE-evo1」はベ-スコート+トップコートの

2層コーティングとなります。2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事に

なります。その分作業に時間が掛かってしまう為、お値段も高めの設定となりますが、

“極上の深い艶と抜群の保護機能“を実感して頂けると思います!

ダークカラー系のお車はもちろん、ライトカラー系のお車にもおすすめのコーティング剤です!

是非、皆様も「EXE-evo1」お試しください(^^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

三菱デリカD5のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは三菱デリカD5のボディコーティングです。

こちらのホワイトダイヤモンド&スターリングシルバーメタリックの三菱デリカD5は

納車間もない新車でございます!

いゃ~綺麗なホワイトですね(*’▽’)

光沢感の高いツヤッツヤのパールホワイトです。

ひと昔前のパールホワイトは、やや黄色味がかったパールでしたが今のパールホワイトの

主流はスカッ!と綺麗な白いパールホワイトです(*^_^*)

同じ白でもソリッドのホワイトともまた違い、キラキラとした輝きで人々の心を魅了します(笑)

そんな綺麗なパールホワイトを纏ったこちらのデリカD5ですが・・・

ご入庫時は少々汚れ気味です(^^;汚れ気味なのでわかりにくいのですが若干曇りも感じます。

汚れで曇っているように見えるのでは??と思うかもしれませんので

洗車後に見てみると・・・

若干曇っています。

僅かな曇りなので写真だと言われないとわからない・・・

いゃ、言われてもわからない程度かも知れません(汗)

ルーフも・・・

洗車後です。

こちらも若干曇りが確認できます。

曇りは軽いのですが実は洗車キズ系??のスクラッチが結構多く付いていました(^^;

ボディサイドも・・・

ボンネットやルーフに比べると曇りが“濃いめ”でした。

リアも・・・

上の写真だけ見れば十分にクリヤーに見えますが、もっとクリヤーになる!・・・はず(笑)

ホイールも・・・

少々汚れ気味でした。

 

それと今回はフロントウインドウのコーティングのご依頼を頂いておりますので

フロントウインドウの確認&作業をご紹介していきましょう!

↓は現状です。

油分の付着も少ないようで水弾きも僅かでした。

とは言え少なからず油分等の付着物は付いているものですので・・・

ガラス表面を綺麗にリセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤でございます(^_^)/

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

よく見ますと鉄粉の反応が意外と多いんです。

しかし新車でもこれ位は付いているのは珍しい事ではないんですけど・・・少し多めです(^^;

リアは・・・

リアもポツポツと反応が確認できます。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリと綺麗になりました。

リアも・・・

スッキリと処理出来ました。

 

鉄粉処理が済みましたらボディにマスキングをして・・・

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

全体的に軽めの曇りでしたがルーフはスクラッチが多めでしたのでルーフのみ

少し強めの磨きをしています!

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それと今回は・・・

ヘッドライトコーティングも施工いたしております!

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

元々曇りも少なかったのですが施工前と比べますと、モヤッとした感じが無くなって

よりスッキリとしています!

ルーフも・・・

洗車キズ系のスクラッチもスッキリとしております。

が、しかし・・・写真だとわかりませんね(汗)  すみませんm(__)m

ボディサイドも・・・

スッキリとクリヤーになりました!

リアも・・・

施工前と見比べてください。

もっとクリヤーになっていますので(^_^)/

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶々です。

 

そしてホワイトダイヤモンドの三菱デリカD5、新車コーティングが完成いたしました。

いい艶に仕上がりました!

と言っても↑の写真ですと違いがあまり伝わらないかもですが

各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにモヤッとした曇りが無くなり光沢感も向上し、

スッキリとシャープに景色が映り込むようになっております!

オーナー様も『おぁ!凄いな~。納車の時より綺麗。外に出したくないなぁ~』と、

その違いを実感されているご様子でした!

ありがとうございました。

 

新車でも実は色々とあるのが新車なんです(^^; 白ボケしていたりスクラッチが盛大に入っていたり、

はたまた保護シートの糊が残っていたり加修の痕跡が残っていたりと様々です。これらの症状は

全然珍しい事ではありません。 なので新車をコーティングするには新車も下地作りが重要です!

どんなに良いコーティング剤を使っても下地が曇ったり傷んだりしている塗装面にコーティング剤を

塗っても綺麗には仕上がりません! 新車も経年車もお車を綺麗にするには磨きが重要なんです。

新車なのに磨きが必要??ではなく新車でも磨きが必要なんです。

ですので新車コーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非どうぞ!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。