レクサスIS300 “F SPORT”のご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスIS300“F SPORT”のボディコーティングです。

こちらのホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”は

納車から間もない新車のお車になります!

ホワイトノーヴァガラスフレークは“F SPORT”にだけ設定されている専用色です。

これが綺麗なホワイトなんです(*‘∀‘)

パールホワイトと比べますとパール特有の少し黄色味がかった感じはなく

ホワイトノーヴァガラスフレークはガラスフレークのキラキラ感と透明感の高い

スッカッ!っと、とっても綺麗なホワイトなんです!

そんな綺麗なホワイトノーヴァガラスフレークの新車IS“F SPORT”の現状確認から

初めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少し汚れてはいますけど塗装面自体は曇りもなくお綺麗なんです!

ルーフも・・・

汚れに目が行ってしまいますけど塗装自体はお綺麗です(^_^)/

トランクも・・・

汚れはありますけど申し分ございません。

ただ汚れていると言っても白いボディカラーですと、どれくらいの汚れ具合か

わかりにくいと思います。

そこで黒いリアスポイラーを見ますと・・・

汚れ具合がよくわかります(笑)

全体的にこの様な汚れ具合でした。

ボディサイドは・・・

こちらも曇りも感じられず、とてもお綺麗です!

ホイールは・・・

納車から少し距離を走られていますので汚れておりました。

それはそうと、オレンジ色のキャリパーがカッコイイですね(*’▽’)

 

全体的に塗装面の曇りも無くとっても綺麗でした!

この辺りは流石レクサスと思わせる塗装のクオリティでございます(^_^)/

とは言え納車から当店ご入庫までの数日間に雨にも降られておりますし

虫や鉄粉等の異物などの付着もございます。これらの汚れはシャンプー洗車程度では

落ちません。ですのでいくら綺麗な塗装でも下地作りから行っていきます。

当店は例え綺麗な新車でも洗車してコーティングを塗布するだけの

お手軽コーティングはいたしません(^^)/

それは後ほどわかって頂けるかと思います・・・     意味ありげ(ー_ー)

では作業を始めて参りましょう!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

納車前に何か撥水剤でも掛けたのでしょうか??

それとも油分による水弾きでしょうか??

たぶん撥水剤による水弾きかと思うのですが、いずれにしても中途半端な水弾きです(^^;

運転席と助手席は撥水ガラスになっていますので、それ以外のガラスを磨いて

綺麗にリセットいたします。 サンルーフもね!

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

やっぱり撥水と言うからにはこれ位は弾いてほしいです(笑)

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

あれ~~~

リアも・・・

あら~~(^_^;)

鉄粉が沢山でした。

納車から日が浅いんですけど、なかなか盛大に鉄粉が付いております。

こちらのお車は普段は線路の近くに止めているそうですので納車から数日で

こんなに鉄粉が付いてしまうようです。

なので綺麗な塗装に見える新車でもしっかりとした下地作りが必要なんです。

この上からコーティングを塗ってしまえば、この鉄粉を閉じ込める訳ですから(T_T)

鉄粉処理は重要です。

そして↓は鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです。

綺麗になりました!

リアも・・・

サッパリとしました。

 

サッパリしましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に少しばかり曇り気味でしたので、新車にしてはやや強めの磨きを

掛けて仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

当店は綺麗な新車でもここまでしてからコーティングになります!

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

元々とっても綺麗な塗装肌でしたので写真だと違いがわからないかも知れません。

ただ汚れが落ちたのだけは伝わるかと(^▽^;)

ルーフも・・・

艶々です!

トランクも・・・

潤いを感じますね!

リアスポイラーも・・・

綺麗になりました!

ボディサイドも・・・

写真だとあまり違いが伝わりませんね(汗)

ホイールは今回ホイールコーティングのご依頼を頂きましたので・・・

PCW-880でホイールコーティングをいたしました!

ダークメタリック感が向上して艶々なりました。

それとヘッドライトコーティングなども行っております。

 

そしてホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORTの

新車コーティングが完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

と言っても元々がお綺麗ですので↑の写真ですと違いがあまり伝わらないかもです(^▽^;)

しかし実車の方を見て頂ければ施工前後の違いを感じて頂けると思います。

オーナー様も『新車より綺麗!』と、その違いを実感されているご様子でしたので

間違いありません(笑)

車綺麗になると嬉しいな~と笑顔でお帰りになられました。

ありがとうございました。

 

当店の人気コーティング剤でもございます「EXE-evo1」はベ-スコート+トップコートの

2層コーティングとなります。2層コーティングと言う事は2度コーティングを塗るという事に

なりますので、その分作業に時間が掛かってしまう為にお値段も高めの設定となりますが、

“極上の深い艶と抜群の保護機能“を実感して頂けると思います!

また今回のお車の様なホワイトメタリックやパールホワイト等の艶や光沢感の違いが

わかりにくいライトカラー系のお車でも艶感・光沢感の向上を実感していただけると思います。

最近「EXE-evo1」のご指名がとっても増えております!

是非、皆様も「EXE-evo1」お試しください(^^)/

おすすめです!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

クールカーキパールのハスラーJスタイルです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ ハスラーのボディコーティングです。

クールカーキパールメタリック&ホワイトルーフのツートンカラーです!

このツートンカラーはJスタイルのみに設定されているカラーになります。

ちなみにJスタイルはフロントグリルがメッキになりルーフレールが装着され、

そしてボンネット先端に「HUSTLER」エンブレムが装着されたりと

お洒落度が更にアップしましたハスラーの人気の特別仕様車です!

そんなお洒落さんのハスラーJスタイルの現状確認より初めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

モヤッと曇り気味ですね(^^;

ルーフは更に・・・

曇っておりました。これは汚れではないですよ。塗装面が曇っているんです(^▽^;)

ボディサイドも・・・

映り込んでいるライトがモヤモヤとしております。

リアは・・・

ボディサイドよりは曇りが少ないようですが・・・雲っています(^^;

ホイールは・・・

軽めの汚れでした。

 

こちらのハスラーは納車から間もない新車です。ですので基本的にはシミやスクラッチも

少なくお綺麗ではあるのですが・・・曇っています(^^;

少し前に赤いハスラーのJスタイルもご紹介しました。その時のブログでも

書いたのですがスズキのツートンカラーのホワイトルーフのお車はどの車種も曇りが

“酷い”印象です。 このルーフのホワイトはソリッドのホワイトでクリヤー無しの

塗装になりますので痛みの進行も早めかも知れません。

ですので尚更コーティングで塗装の保護が重要になってきます。

塗装の保護も重要ですけど、それ以前にまず曇りが酷いので(^▽^;)スッキリとクリヤーに

してからコーティングを掛けていきたいと思います。

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいります。

↓は現状です。

油分の付着が若干あるようで所々で少し水を弾いていました。

ガラスを磨いて油分等を除去していきます。 今回は全面のご依頼ですので

全面磨いていきます。 磨きが終わりましたら、よ~く乾燥させた後に

ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングします。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをしましたら・・・

気持ちいい水玉コロコロの撥水コーティングの完成ですヽ(^o^)丿

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

ボディカラー的に反応が見えにくいのですが鉄粉は少なかったです。

鉄粉の反応がわかりやすい白いルーフで見てみましょう↓

ね!少ないでしょ(笑)

よく見ればポツポツと確認は出来ると思いますけど全体的に鉄粉は少なかったです。

 

鉄粉を処理し再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

違いがわからないと思いますけど、より綺麗になっています。

ルーフも・・・

よ~く見れば黒いポツポツが無くなっています。 よ~く見てください(笑)

 

その後に今度はボディにマスキングを行います。

ハスラーは意外とマスキング大変なんです(^^;

特にノーマルハスラーには付いていないんですけどハスラーJスタイルは

ボンネット先端にHUSTLERのエンブレムが付いているんですけどそれが

一文字づつと言うね・・・(^^;     なかなか大変です(笑)

 

マスキングが終わりましたらボディを磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に少しばかり曇り気味でしたので、その曇りを磨いて除去し塗装面を

クリヤーに仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

クリヤーになりました!

モヤけていましたルーフも・・・

曇りも無くなってスッキリとクリヤーな塗装肌に仕上がりましたヽ(^o^)丿

いゃ~気持ちいいですね!!

ボディサイドも・・・

ライトがスッキリと映り込むようになっております。

リアも・・・

クリヤーですね!

最後にホイールです。

こちらも艶出しをしていますので艶々です。

そしてクールカーキパールメタリック&ホワイトルーフのハスラーJスタイル、

新車コーティングが完成いたしました!

スッキリとクリヤーで艶々なボディに仕上がりました!

曇りの影響は意外と大きくて酷ければ酷いほど艶や光沢感が失われます。

そこを修正してからコーティングを掛けますと新車以上のコンディションに

仕上がります!

よく車は納車直後の新車が一番綺麗だと思わている方が多いかと思います。

でも実は残念ながらそうでもないんです(^^;

今回のハスラーJスタイルを見て頂いたように塗装面が曇っている新車は非常に多いんです。

また曇っているだけではなくシミやスクラッチも付いているものなんです。

という事は磨かないでコーティング剤を塗るだけですと、もちろん曇ったままですので

コーティング後も曇ったままのスッキリしない仕上がりです(;´∀`)

もちろん曇りだけではなくシミやスクラッチも残ったままです。

当店は新車でも磨きなどで不具合箇所を修正し、下地を整えてからコーティングをしています。

ですので経年車はもちろん、新車や新古車等のコーティングもカーコーティング専門店の

カービューティープロ カラーズへ是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

アバルト595コンペティツィオーネの入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアバルト595コンペティツィオーネのボディコーティングです!

Grigio Record(グリジオ・レコード)と言う名のグレーメタリックの

アバルト595コンペティツィオーネです!

こちらは納車から間もない新車のお車になります。

当店アバルト(フィアット500含む)のご入庫が意外と多いのですがグレーメタリックの

アバルトは初入庫になります。

金属っぽい質感と言いますかメタリック感の強い色合いと言いましょうか、とにかく

スポーティーなアバルトに良く似合うかっこいいメタリックグレーです!

では早速ですが新車のアバルト595の現状確認から始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

やはりと言いましょうか?何となく想像はしていましたが塗装面が曇っております(^^;

ルーフも・・・

汚れは別として、ライトの映り込みが曇りの影響でボヤっとしています。

ボディサイドも・・・

今一つスッキリとしていません(^^;

リアも・・・

それ程酷く曇っている訳ではないのですがクリヤー感がこちらも今一つです。

ホイールは・・・

マットブラックという事で汚れが付きやすく目立ちやすいです(^▽^;)

 

新車はお客様に納車されるまでモータープールに保管される事が多く、中には数ヶ月間

放置されるお車もございます。その間にシミやキズなど付いてしまう事が多いんです。

特に輸入車の場合ですと工場からオーナー様に届くまでに時間が掛り、また人の手に触れる

機会がどうしても多くなります。その分シミやキズが入るリスクは多くなります。

ただ今回のお車はスクラッチ等のキズは少なかったです。でもルーフには深いシミも

数ヶ所確認できました(^^;

また全体的に少し曇り気味で透明感が損なわれておりましたのでスッキリとクリヤーな

ボディに仕上げていきたいと思います!

では作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介いたしましょう。

↓は現状です。

全体的に少し油分の付着があるようで水を掛けますと、なんとなく水を弾く感じでした。

その油分等の汚れを・・・

除去してガラス表面を綺麗にいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたコーティング剤になります(^_^)/

 

ウインドウが終わりましたら今度はボディです。

まずは洗車をします。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

↑の写真だと大きめの反応しかわかりませんけど実際は細かな反応も多かったです。

リアも・・・

よく見ると意外と多いんです(^_^;)

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりましたよ~(^.^)

リアも・・・

サッパリとしました。

 

鉄粉の処理が済みましたら今度はボディにマスキングをします。

そしてボディを磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に少しばかり曇り気味でしたので、新車にしてはやや強めの磨きを

掛けて仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

当店は新車でもここまでしてからコーティングになります!

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りが取れてサッパリとクリヤーになりました。

ルーフも・・・

スッキリとしました。

ボディサイドも・・・

ボヤっとした感じが無くなりライトの輪郭もハッキリと映り込むようになりました。

リアも・・・

透明感が向上いたしました!

最後にホイールです。

ホイールコーティングも施工いたしました。

マッドブラック調のホイールはコーティングをすると若干艶が出ます。

先ほどもお話しましたがマットブラックのホイールはブレーキダストが付きやすく

目立ちやすいんです。そして掃除をしてもダストが取れにくいんです(^_^;)

ホイールコーティングはダストのこびり付きや焼き付きを抑制する効果が

ございます。 全くこびり付かない訳ではございませんがコーティングしているのと、

していないのとではお手入れのしやすさが違ってきますのでダストの多いお車には

おススメのメニューになります!

 

そしてGrigio Recordのアバルト595コンペティツィオーネ、新車コーティングの完成です!

艶々に仕上がりました!

元々新車ですのでお綺麗ではあったのですが、そこから更に磨きを入れて

塗装表面の曇りを除去してからコーティングを掛けますと透明感ある艶々の

ボディに仕上がります。 この新車以上の光沢感とクリヤーな塗装肌に仕上げるには

新車も磨いてからコーティングをしないと出来ません!

そのコーティング剤ですけど今回もまた「EXE evo1」がいい仕事をしているんです(笑)

ダーク系のカラーに使用しますと「EXE evo1」の深く美しい艶と光沢感が

実感していただけると思います(^_^)/

皆様も是非お試しください!!

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

ホワイトパールクリスタルシャインのRAV4です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタRAV4のボディコーティングです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインのトヨタRAV4は納車間もない

新車のお車になります!

人気にモデリスタのエアロ装着でワイルドさとスポーティーさにより一層

磨きがかかったRAV4でございます(^_^)/

しかしモデリスタのエアロは人気がございますね~。

アフターメーカーのエアロより遥かに品質がいいので安心して装着できます。

この辺はさすが純正クオリティーですね(^_-)-☆

そんなかっこいいモデリスタのエアロ装着しました新車RAV4の現状確認から

始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少しピントがずれていますけど(汗)ボンネットは曇りも僅かでお綺麗でした。

しかしルーフは・・・

少し汚れもありますけどボンネットに比べると曇り気味です。

更に・・・

写真に撮ってしまうとそれ程でもないように見えますがボンネットやルーフより

確実に曇っています(^_^;)

リアも・・・

凄~く曇っている訳ではないのですが、いまいちスッキリとしていません。

ホイールは・・・

ホイールは少し汚れていますけど光沢感の高いピカピカのホイールです!

 

新車という事もあって基本的にお綺麗なんですがライトを当てて見ますと

ややボディが曇り(白ボケ)気味でスッキリとしていない状態でした。

この新車時の白ボケと言われる曇りですがボディ全体が曇っている車もありますし

逆に曇りもなくとっても綺麗な車もございます。更に今回のRAV4の様にパネル毎に

曇り具合にバラツキがある車もございます。 不思議です(笑)

その中でも私的にはトヨタ車は全般的に品質が安定している印象なんですけど最近は結構

塗装品質のバラつきを感じます。(曇りのある車が多い)

もし納車されたお車の塗装が曇っていたら・・・大丈夫です! 諦める事はございません。

磨けばスッキリとクリヤーになります!

ではスッキリとクリヤーな新車を目指して作業を進めてまいりましょう。

作業開始!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

黒っぽいポツポツと確認できるのが鉄粉です。新車でもこれ位は付いているものです(^^;

リアは・・・

とっても少ないです!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリしましたね!

リアは・・・

元々少なかったのであまり違いがわかりません(^▽^;)

 

鉄粉の処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

そしてボディを磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的少しばかり曇り気味でしたので、その曇りを磨いて除去し塗装面を

クリヤーに仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それ以外にも今回は樹脂コーティングのご依頼も頂いております。

↑の写真は塗り立てです。乾燥しますともう少し艶感は落ち着きます。

もう少し落ち着きますが違いは歴然です!

未塗装の樹脂パーツ類は時間の経過と共にあっと言う間に白っぽく汚れ、そして退色してしまいます。

その予防にも樹脂コーティングは有効です。

また既に白っぽく退色してしまったお車でも黒さと艶を復活する事が出来ます。

(一部、劣化の激しい樹脂や樹脂の素材等により効果を発揮しなかったり短期間に効果が

落ちてしまう場合もございます。詳しくはお問い合わせください。)

更に樹脂コーティングをすると汚れのこびり付きも低減されて洗車も楽になります(^_^)/

それと・・・

ヘッドライトのコーティングなども行いました!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

元々ボンネットの曇りは軽めでしたがよりスッキリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

こちらの方がビフォーとアフターの違いがわかりやすいと思います。

曇りなくクリヤーですね!

それよりも更に違いがわかりやすいのがボディサイドです↓

モヤッとした曇りが無くなってライトの輪郭もクッキリとしました(^_^)/

リアも・・・

スッキリとスベスベです。

最後にホイールです。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いております。

ホイールコーティングはこちらの・・・

カービューティープロのアルミホイール専用コーティング剤PCW-880でコーティングです!

しっかりと洗ってからコーティングを掛けたのでピカピカです!

ホイールコーティングはボディコーティングと同時施工いたしますとホイールコーティングの

お値段が20%OFFになりますので同時施工がとってもお得なんです(^_-)-☆

 

そしてホワイトパールクリスタルシャインのRAV4新車コーティングが完成いたしました。

いい艶に仕上がりました! と言っても↑の写真ですと違いがあまり伝わらないかもですが

各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにボヤボヤとした曇りが無くなり

キリッとシャープに景色が映り込むようになりました。 

更に白と黒のメリハリが出てよりシャープでスポーティーなRAV4に仕上がったと思います。

また「EXE evo1」がいい仕事をしているんです(笑)

「EXE evo1」は艶感の違いを感じづらい新車のパールホワイト等のライトカラーでも

実車の方を見て頂くと艶感の向上を感じていただけるコーティング剤だと思います!

「EXE evo1」は2層コーティングとなります。2層コーティングと言う事は2度コーティングを

塗るという事になります。その分作業に時間が掛かってしまう為、お値段も高めの設定となりますが

従来のコーティング剤との違いを実感して頂けると思います!

私も自分の車で試して経過観察をしておりますが、やはりシミが付きにくい印象です。

もちろん全然シミが付かない訳ではございませんが従来のコーティング剤に比べますと

かなり少ないと思います。

水玉撥水が好きだけどシミが気になる・・・そんなお悩みのオーナー様にお薦めの

コーティング剤です!  是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホワイトパールクリスタルシャインの新型ハリアーです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ハリアーのボディコーティングです。

こちらのホワイトパールクリスタルシャインの新型ハリアーは納車間もない

ピカピカの新車です!

大人気の新型ハリアーです(*’▽’) 新型ハリアーが登場してから1年経ちますが

その人気は未だ衰えを知らず、と言うよりも増々勢いが増している感じですね!

現在でも納車待ちは半年ほどの様でグレードによっては更に先になるみたいです(;”∀”)

凄いぞハリアー!!

そんな大人気の新型ハリアーの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

若干汚れもあるのですが、それを差し引いて見ても塗装面が少し曇っております。

ルーフも・・

すこ~し曇っているようです。

ボディサイドは・・・

こちらの写真が一番曇っているのがわかりやすいです。

映り込んでいるライトの輪郭がモヤッとしていると思います。

写真で見るより実車で見た方が“曇っている”を感じやすいです(^^;

リアも・・・

ややスッキリ感が損なわれております。これも塗装の曇りが原因です(^^;

ただ正直“そういう目”で見なければ気にならない程度なのですが私達みたいな

施工者は“そういう目”で見ちゃいますので気になります(笑)

余談ですが普段、街中や駐車場などでもそんなつもりはないのですが“そういう目で”見て

しまうようで、あの車“スクラッチ凄いなぁ”や“曇ってるなぁ~”など色々と気になって

しょうがないです(笑)      職業病ですね(^^;

 

話がそれましたが全体的に少しばかり塗装面が曇り気味でした。

何度もこのブログでお話しておりますが納車時が一番綺麗な状態という事は稀で、

塗装面が曇っている新車がとても多いんです。

ただその曇りも同じメーカーの同じ車種の同じ色でも生産時期によって違いがございます。

曇りのないクリヤーな塗装肌だったりビックリするほど曇っていたり・・・様々なんです(^^;

こればかりはどの車が納車されるかご自分では選べませんので、ある意味どうしようも

ありません。  でも大丈夫です! 磨けばスッキリとクリヤーになります(^_^)/

そんなスッキリとクリヤーな新車を目指し作業開始!!

 

その前にまずはウインドウコーティングからご紹介いたしましょう。

↓は現状です。

油分の付着も少ないですね。

とは言え油分以外の付着物もありますので例え新車でも下地を整えていきます。

今回は運転席と助手席は元々撥水ガラスになっていますので、それ以外のガラスを

綺麗にしウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングします!

その後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングは完成です!!

 

続いてはボディです。

まずはボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

洗車後に専用のクリーナーを吹き掛けますと・・・

鉄粉が紫色に反応します。

黒っぽくポツポツと見えているのが専用のクリーナーに反応した鉄粉です。

納車から間もないのですが少し多めですかね(^^;

でもまぁ新車でもこれ位はあるあるです。

リアも・・・

あるあるですね(^▽^;)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも・・・

綺麗になりました!

鉄粉除去が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

いきました。

そしてボディを磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて

磨いています。 今回は全体的にやや曇り気味でしたので少し強めの磨きで

塗装面の曇りを除去しました。

 

そして今回オーナー様がお選びになられたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

っと、その前にオーナー様にご報告するのを一つ忘れてしまった事がございます(;”∀”)

ボディコーティングとは関係のない事なんですけど実はボンネットを開けたら・・・

猫の毛がいっぱいニャ~=^_^=

どうやら夜な夜な?なのか昼間なのかはわかりませんが猫がエンジンルームで

くつろいでいるようです。  結構毛だらけでした。

昔から“結構毛だらけ猫灰だらけ”と言いますけど“結構毛だらけ”は何となく想像出来ますが

“猫灰だらけ”とはどんなシチュエーションなんでしょう?? 何をやらかして猫は灰だらけに

なったのでしょうか??? いゃ~気になりますね~(笑)

気になった方は各々Webで調べてくださいね(笑)  あぁ~なるほどってなりますから(^◇^)

それはそうと・・・

綺麗にしておきました(笑)

もしかしたらまたエンジンルームに入っているかも知れませんのでご確認ください。

以上ご報告でしたm(__)m

 

では各部の仕上がり具合を確認して参りましょう!

まずはボンネットからです↓

曇りも無くなってスッキリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

クリヤーですね(^_^)/

ボディサイドも・・・

曇りが取れて映り込んでいるライトの輪郭もクッキリと見える様になりました!

リアも曇りが取れましたので・・・

“そういう目”で見てもスッキリとクリヤーになりました(^_-)-☆

最後にホイールです。

今回も作業前のホイールの写真を撮り忘れてしまいました。    m(__)m すみません。

なので比較にならないのですが・・・

タイヤもホイールも艶出しをしてピカピカです!  比較できませんけど(T_T)

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ新型ハリアーの新車コーティングが

完成いたしました!!

いかがでしょうか。 と言いましても正直、元々お綺麗&施工前後に違いが伝わりにくい

新車のパールホワイトですので↑の写真ですと違いがわからないかも知れません(^▽^;)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたように曇りを除去したことでボディに映り込む

景色がクリヤーでシャープになりました(^_-)-☆

もちろん曇りが無くなった事でボディ全体の光沢も向上いたしました

この新車以上の光沢感とクリヤーな塗装肌に仕上げるには新車でも磨いてから

コーティングをしないと出来ません!

曇りを取らずにコーティング剤を塗るという事はコーティング剤で曇りを閉じ込めて

しまうという事です(;´∀`)

ですので新車を新車以上に輝かせるにも下地作りが重要です!

新車コーティングも下地を整えているカーコーティングの専門店の

『カービューティープロ カラーズ』

へ是非お任せください!

あれっ おかしいな?『カービューティープロ カラーズ』だけ大きくなっちゃたよ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダの新型N-ONEです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダN-ONEのボディコーティングです。

サンセットオレンジ2&ブラックルーフの新型N-ONE RSです!

こちらは納車間もないピカピカの新車になります。

皆様もご存知のように新型のN-ONEは先代N-ONEとほぼ見分けがつきません(^.^)

それもそのはずバンパー等の樹脂パーツ以外の外板パネルは全て先代からの流用という

前例のない形での異例のフルモデルチェンジを果たしました!

とは言え最新の車らしくライト類がLED化されていたり予防安全装備と運転支援システム等は

充実しているようです。

更に新型N-ONEの、もう一つの話題がターボ車の「RS」に6速MTが用意された事です。

この時代に6MTを用意してくれるなんて嬉しいかぎりです(^_^)/

まだまだご紹介したい所は山ほどあるのですが、私が知っているのはこれ位ですので

残念ですがここまでにしておきます(笑)

では前置きが長くなりましたが新型N-ONEの現状確認から始めて参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

ご入庫時は雨でしたので濡れております(^▽^;)

この状態だと全然わかりませんので洗車後に撮影しましたのが↓です。

曇りも少なくとてもお綺麗でした!

ルーフは・・・

こちらも洗車後なのですが既に洗車では落ちないような軽いシミが沢山付いていました(^^;

ボディサイドも・・・

あまり曇りもなくお綺麗です。

リアも・・・

お綺麗でした。

 

毎回ホンダの新車は『曇りが酷い』とご紹介する事が多いのですが今回のN-ONEは

その新車特有の曇りが少なくてお綺麗な塗装でした。

よく見れば若干の曇りは感じますけど、久しぶりにこんなにクリヤーなホンダ車(軽)に

出会った気がします(*’▽’)

ただルーフは黒という事もあってか既に軽いシミが付き始めていましたので

スッキリ除去してコーティングをしていきたいと思います。

では作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介をしていきましょう!

↓は現状です。

水を掛けますと水玉模様のように模様が浮かび上がってきます。

なにか汚れが付いているようです。

新車ですけどガラス表面に油分等の汚れが付いている事は珍しくなく

実は普通の事です(^^;

ご自身でウインドウコーティングを掛ける時も新車だから綺麗と思わずに

必ず油膜除去を行ってからコーティングを掛けて下さい。

という事で全てのウインドウを磨いてガラス表面を綺麗にします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングして最後に

撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です。

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理しますが、今回はいつものクリーナーを

使わないで処理しました。

ですので鉄粉の付着状況の写真がございません。 すいませんm(__)m

ちなみにですが鉄粉クリーナーは全ての塗装に使える訳ではございません。

使えない塗装もございますのでご注意下さい!

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

ポリッシングの準備が整いました!

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

今回は全体的に比較的曇りの少ない綺麗な塗装肌でしたので軽めのポリッシングで

塗装表面を整えました。

 

そして今回オーナー様がお選びになられたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-V110です!

こちらはカービューティープロのベストセラーコーティング剤になります。

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に

優れた滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプの

コーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

塗装表面がより滑らかで綺麗になりました。

ルーフは・・・

シミも取れてサッパリと綺麗です(^_^)/

ボディサイドも・・・

よりスッキリとしてライトの映り込みもクッキリとシャープです(^_-)-☆

リアも・・・

綺麗ですね!

最後にホイールです。

作業前にホイールの写真を撮り忘れましたので(^^;比較はできませんけど・・・

綺麗です(笑)

RSのホイールはマッドブラックですので今後の維持管理は少し大変かも知れませんが

マッドブラックはカッコイイです!

そしてサンセットオレンジ2&ブラックルーフのホンダ新型N-ONE RS、新車コーティングが

完成いたしました。

艶がより向上しツヤッツヤのテロンテロンです(*^_^*) !

元々新車なので艶々ではあるのですが、その新車を更に艶々の、いゃツヤッツヤの新車に

仕上げるにはコーティング前の下地作りが大切です。

今回のN-ONEは比較的お綺麗な塗装でしたが、新車を新車以上に輝かせるにはキチンとした

下地作りが必要です。新車でも新車特有の曇り(白ボケ)が酷い車やシミやキズが入っている車、

また鉄粉が多く付いている車も実は多いです。ただ単にコーティング剤を塗るだけでは塗装本来の

輝きは出ませんしコーティング剤の効果も十分に発揮いたしません。

ですので新車のコーティングも下地作りをちゃんとおこなっているお店がお薦めです。

新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ是非お任せください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

マツダCX-30のメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダCX-30のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのソウルレッドクリスタルメタリックのマツダCX-30は1年程前のご購入時に

ディーラーさんにてボディコーティングを施工されたお車です。

その後当店に一度ウインドウコーティングの施工でお越しくださっているのですが

今回はウインドウコーティングの再施工のご依頼と同時にボディコーティングの方の

メンテナンスのご依頼もいただきました。

では早速ですがディーラーさんのボディコーティングから1年経過しましたCX-30の

メンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

ご入庫時は雨でしたので少し汚れております(^^;

アフターです↓

メンテナンスでは落ちないクレーター状の深いシミは確認できますけど

全体的に見れば痛みは少ない方ではないかと思います。

ただ撥水性は全く落ちておりました(^^;

特殊なケミカルで洗っても撥水力が全然戻らなかったのでコーティング被膜自体が

傷んでしまったと思われます。

ルーフも・・・

やや汚れ気味です。

アフターです↓

こちらもボンネット同様に深めのシミやスクラッチはございますが

コーティングから1年経過と考えますと悪くはないでしょうか。

リアは・・・

こちらも雨の影響で汚れてはいますけど・・・

塗装面の痛み自体は少なくピカピカになります(^_^)/

ボディサイドは・・・

汚れています(^^;

汚れはいいとして(笑)先ほどもお話しましたように撥水力が全然ありませんでした(^^;

ボンネットやルーフなどの水平面はボディサイドの垂直面に比べると撥水力が落ちるのが

早いのですが今回のCX-30はボディサイドの水平面の撥水力も落ちていました。

アフターです↓

塗装部位も樹脂部も艶々になりました(^_^)/

 

それと鉄粉の付着状況です。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

とっても少ないです! ちょっと色的にわかりにくいのもありますけど

1年経過ですのでとっても少ないと思います。

リアも・・・

少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

違いがわからないかも知れませんが(^^;綺麗になりました!

リアも・・・

よりサッパリしましたよ~!

ホイールは・・・

これまた汚れで艶を感じません。

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

それとウインドウコーティングの方もご紹介してまいりましょう!

↓は現状です。

ウインドウコーティングから1年経ちますので少し撥水力が落ちているようです。

リアは・・・

こちらの方が撥水力の低下が進んでいるようです。

その撥水力が低下しましたコーティングを・・・

落としてガラス表面をリセットします。その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングしていきます。

弱まったコーティングの上に上塗りだけすることはしません(^_^)/

ウインドウコーティングも下地が大切です。

コーティングが乾きましたら最後に撥水チェックします↓

こうして見比べるとやっぱり水玉の“丸”さが違いますね(^.^)

リアも・・・

コロコロの水弾きになりました!

そしてソウルレッドクリスタルメタリックのマツダCX-30、ボディコーティングメンテナンス&

ウインドウコーティングが完成いたしました!

ソウルレッドクリスタルメタリック本来の深い色味に仕上がりました!

いゃ~いつ見てもいい色ですね~(*´▽`*)

艶感も向上してオーナー様もお喜びになられておりました。

ありがとうございました!

 

今回のCX-30はコーティング施工から1年ですが撥水力の低下が少し気になりました。

水弾きが無くなる要因は幾つかあるのですが、逆に何もしなくても少しづつ劣化して

撥水力は落ちていくものなんです。 その水弾きの耐久性はお車の保管場所や

ご利用状況によってもバラバラで2年経ってもピンピンに撥水しているお車もあれば

半年程でだいぶ弱っているお車もございます。

 

しかし水弾きが無くなるとコーティング被膜も無くなった(コーティングが落ちた)と

思われる方が多いのですが実は違います。水弾きが無くなってもコーティング被膜自体は

残っています。

撥水力を維持する為には定期的なメンテナンスか撥水剤の利用が必要になってきます。

そこでお手軽に使えます撥水剤の宣伝ご紹介です。

こちらがお手軽に使える撥水剤の・・・

R-511 ウォーターアドヴァンスです!

R-511 ウォーターアドヴァンスは洗車後の濡れたままの状態でシュシュッとスプレーして塗り込むだけ!

それだけでスピーディーに撥水を復元します!!

コーティング被膜にストレスを与えることなく、水玉コロコロの撥水をよみがえらせます。

洗車後の濡れたままの状態で塗布シュシュッとスプレーをして拭き上げるだけでOKの簡単施工です。

R-511 ウォーターアドヴァンスはPCX-S8やEXE、EXE evo1など撥水タイプのコーティング施工車に

おススメです! こちらは¥1,980(税込)になります。

ちなみに低撥水タイプのR-611 ウォーターヴェールもございます(^_^)/

両方とも簡単便利で、いい艶も出ますので簡易的なメンテナンス剤としても

ご利用いただけますので是非お試しください!

以上宣伝でした!  ( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

メルセデスベンツC220dのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはメルセデスベンツC220dのボディコーティングです。

R1年式イリジウムシルバーのメルセデスベンツC220dです!

当店のリピーター様のお車で昨年お乗り換えになられたそうですがお仕事も忙しく

ご入庫が今になってしまったとの事でした(^.^)

こちらのお車はディーラーの試乗車に使われていたお車だそうです。最初は新車のCクラスの

クーぺを購入しようとディーラーさんに行ったそうですが色々とお話しているうちに、

こちらのCセダンご購入になられたそうです。 これも何かの巡り合わせなのでしょう!

きっと運命の出会いなんだと思います(*”▽”)

では初期登録から間もなく2年を迎えますベンツC220dの現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少し汚れているんです(^^;

ルーフも・・・

雨の影響もあって汚れ気味です(^▽^;)

リアも・・・

もちろん汚れています(汗)

ボディサイドは・・・

汚れは少ないですね! 塗装面自体も痛みは少ないようです。

ホイールは・・・

ダストの多く出るお車なのですが普段はあまり乗らないそうですので汚れも少なかったです。

 

ご入庫時は雨の影響もあって少し汚れ気味でした。 汚れてはいましたが塗装面自体の

痛みはそれ程酷くはありませんでした。 とは言えシミもそれなり付いていますし洗車キズ等の

スクラッチも付いていますので、ここは一度キッチリと磨いて塗装面を整え艶々ボディに仕上げて

いきたいと思います。 では作業開始~~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

何か撥水剤が塗られていた感じがしますけど撥水力がだいぶ落ちていました。

その弱まったウインドウコーティングを一度除去してガラス表面を整えてから

ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます!

コーティングが乾きましたら撥水チェックをして・・・

ウインドウコーティングは完成です。

ウインドウコーティングの耐久性はノーマルのワイパーブレードですとフロントウインドウ

で半年~1年位が目安です。 あくまでも目安でワイパーの使用頻度や保管状況などにより

全然変わってきます。 ワイパーブレードを撥水ワイパーに交換していただくとコーティングの

耐久性が大幅に伸びます。またワイパーのビビり防止にもなりますのでフロントウインドウを

コーティングしましたら撥水ワイパーに交換することをお勧めしております。

 

続いてはボディです。

まずは洗車後に鉄粉を除去していきます。

その後に専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

ポツポツと確認できますが2年近くでこれ位ですので少ないのではないでしょうか。

リアも・・・

細かな反応が確認できますけど特別多いという訳でもございません(^.^)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

リアも・・・

綺麗になりました。

 

その後に今度はボディにマスキングをして磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

水玉撥水が気持ちイイPCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

ツルツルに仕上がりました(^_-)-☆

ルーフも・・・

スッキリと綺麗です。

リアは・・・

潤い感を感じますね!

ボディサイドは・・・

こちらも透明感がよりアップしてクリヤーで艶々に仕上がっております。

ホイールも・・・

艶々です!

それもそのはず!だって・・・

ホイールコーティングしましたから(笑)  ホイールコーティングは艶々になるだけではなく、

ダストのこびり付きも低減いたしますのでブレーキダストが多く出る輸入車には特におすすめの

人気アイテムです(^_^)/

そしてイリジウムシルバーのメルセデスベンツC220d、ボディコーティングが完成いたしました!

気持ち良くリフレッシュできました! 元々初期登録から2年も経っていないお車ですので

塗装面の痛みも少なかったのですが、それでも磨いてシミやスクラッチそしてクスミを

除去しコーティングをしますと透明感ある艶々ボディに仕上がります(^_^)/

艶感は新車にも負けていないと思います! たぶん新車以上ではないかと(笑)

オーナー様も『やっぱり潤い感が違う。滑らかさが違うっていうのかな~』と、

塗装面の滑らかさ、潤い感の違いを実感されたご様子でした。

いゃ~よかった。よかった(笑) 実感していただき一安心です(*^_^*)

ありがとうございました。

 

試乗車や展示車両・新古車等あまり使用されていないお車でも、車は置いておくだけでも

痛みが進んでいきます。  しかし車の販売店のコーティングは新車や試乗車・展示車両

綺麗な感じの車は磨かないで洗車してコーティング剤を塗るだけのお店が

多いのもまた事実です。(磨いている販売店もございます!)

当店は新車でもそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてから

コーティングをしています。 ですので経年車はもちろん、試乗車や展示車両・

新古車等ご購入時もカーコーティング専門店『カービューティープロ カラーズ』へ

是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ホンダ N-WGNカスタムのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ N-WGNカスタムのボディコーティングです。

プラチナホワイトパールの新車N-WGNカスタムです!

現行型N-WGNのノーマルバージョンは一度ご入庫がございましたがカスタムは当店初入庫になります。

ノーマルのN-WGNはシンプルでカワイイのですがカスタムはノーマルとの印象が結構異なり

厳つさも控えめでシンプルながらカッコイイスタイリングに仕上がっております!

そんなカッコイイ新車のN-WGNカスタムですけど新車と言えども

何かしらあるのが新車です(^^;)  はたして!?

では新車N-WGNカスタムの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

やはりと言いましょうか?なんと言いましょうか?? 結構な曇り具合でした(^^;

ルーフも・・・

なかなかの曇りっぷりです(笑)

ボディサイドは・・・

ライトの映り込みがボヤ~っとしています。

リアも・・・

ボンネットなどに比べると曇りは少ないようです。

ホイールは・・・

まだ新しいので基本ピカピカですけど・・・拭き残しがあるようです(;´∀`)

 

全体的にまんべんなく曇り気味でございますがホンダの新車はだいたいこれ位の

曇り様がスタンダードです(^▽^;)

そしてこれくらい曇りがありますとお車を見た時のクリヤー感に違和感を感じる方も

いられると思います。こちらのN-WGNのオーナー様も違和感を感じていたご様子です。

でも大丈夫です。 磨けばスッキリと綺麗になります!

では早速スッキリを目指して作業を進めて参りましょう!  作業開始!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です

撥水していました(笑)  少し撥水力が弱い感じですけど綺麗に弾いています。

納車前に撥水シャンプーか撥水系の簡易コーティング剤のような物で納車仕上げをしているのでしょう。

とにかく一度ガラスを磨いてガラス表面に付いているケミカル剤を除去します

その後にカービューティープロのウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

ウインドウコーティングはこれからやってくる本格的な梅雨のシーズンに活躍してくれる

有効なアイテムですので、是非お試し下さい(^.^)

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

少し流れていますけど黒っぽく見えているのがクリーナーに反応している鉄粉です。

新車とは言えこれくらいの鉄粉は付いているものですけど・・・少し多いかな(^_^;)

リアも・・・

少し多いですね。 だいたい新車は水平面に鉄粉が付いていて垂直面は少ないパターンなんですけど、

こちらのN-WGNは既に通勤で使用されていますので走行中に付いたのでしょう(^.^)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました。

リアも・・・

綺麗になりました!

 

鉄粉除去が済みましたら今度はボディにマスキングをしていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを

変えてポリッシングしています。今回は全体的に少し曇りが気になりますので新車にしては

少し強めの磨きで曇りを除去しました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

当店では新車でもここまでしてからコーティングをしていきます!

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE-evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが

特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを確認して参りましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってクリヤーで艶々に仕上がりました(^_-)-☆

ルーフも・・・

こちらもクリヤーで綺麗になりました!

ボディサイドは・・

曇りが取れてライトの輪郭もスッキリとシャープに映り込むようになりましたヽ(^o^)丿

リアも・・・

綺麗です!

最後にホイールです。

黒光りしています(笑)

ホイールもタイヤも艶出しをして綺麗にしましたら・・・

プラチナホワイトパールのホンダN-WGNカスタム、新車コーティングの完成です!

いかがでしょうか。

正直、元々お綺麗&施工前後に違いが伝わりにくい新車のパールホワイトですので↑の

引きの写真ですと違いがわからないかも知れません(^▽^;)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにボヤボヤとした曇りが無くなりキリッと

シャープに景色が映り込むクリヤーなプラチナホワイトパールの輝きに仕上がっています(^_-)-☆

もちろん曇りが無くなった事で光沢も向上いたしました

よく新車は綺麗だから磨く必要はあるの??と、思われる方が多いと思います。

実際ディーラーの新車コーティングはボディを磨かずにコーティング剤を塗っておしまい!って

所が多いです。でも実は今回見て頂きましたように新車特有の曇りが確認できるお車が多いです。

寧ろ曇りやスクラッチ等の何も問題のない新車の方が遥かに少ないのが実情です。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

下地作りをしないでコーティングするのと下地を整えてコーティングするのとでは

仕上がり具合がもちろん違ってきます!  ですので当店では新車も磨いてます!

経年車はもちろん新車もコーティング専門店のカービューティープロ カラーズへどうぞ~(^.^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

スズキ エブリィワゴンのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ エブリィワゴンのボディコーティングです。

パールホワイトのエブリィワゴンです!

こちらは当店を何度もご利用頂いているリピーターのオーナー様の

お仕事用のお車です。 お乗り換えに伴いコーティングのご依頼を頂きました。

いつも当店をご利用頂きありがとうございます。

こちらのエブリィは新古車なのですが登録されたばかりの車両で、ほぼほぼ新車です(笑)

も~全然新車です。何が違うかと言ったら登録されていない車か、登録されていた車かの

違いだけで内容的には新車です(^.^) 登録されてから時間が経過した車両ですと

痛みも進んでいるのですが今回のエブリィワゴンは登録されたばかりの車両ですので

も~全然新車です(笑) そんなほぼ新車と言っていいくらいのエブリィワゴンの現状確認から

早速始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少し汚れもありますが僅かに塗装が曇っているようです。

ルーフも・・・

ちょこっと曇り気味ですかね(^^;

水平面の曇りは軽いのですがボディサイドは・・・

結構曇っています(^▽^;)

リアも・・・

水平面に比べるとやや曇り気味でした。

ホイールは・・・

お綺麗ですね!

 

ボンネットやルーフの曇りに比べますとボディサイドの曇りがやや目立ちます。

これは新車時(工場出荷時)から曇っていて全然珍しい事ではありません。

この曇りがあまり酷いとボディへの景色の映り込みが綺麗に映り込まずに

ボヤけてしまいますし塗装面の透明感も違ってきます。

特にライトカラー系のお車は透明感の差が見た目の印象に影響を与えます(^^;

その曇りを取ってスッキリとクリヤーな塗装肌に仕上げていきたいと思います

では作業を始めていきましょう。作業開始~(^_^)/

 

今回ウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

若干ですが油分の付着があるようでダラッと水を弾いています。

その油分を磨いて除去してガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

ウインドウコーティングは雨天時の視界確保に有効なアイテムですので

まだ施工したことのない方は是非一度お試しください!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

ボチボチですかね(笑) 新古車等の展示車両は鉄粉の付着量が多めの車両が多いのですが

こちらのエブリィは少ないですね。 展示期間が短かったからではないでしょうか。

新車でも↑以上に多く付いている車両も珍しくありません(^^;

リアも・・・

とっても少ないです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットも綺麗になりました。

リアは・・・

元が少なかったのであまり変わり映えしませんね(^▽^;)

 

鉄粉処理が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。  今回は新古車ですが初期登録から時間が経っておらず

状態も良好でしたので新車プランで施工いたしました。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて

ポリッシングしています。新古車の場合はお車の状態によっては1つ上のプランを

お薦めさせて頂く場合もございます。

 

ポリッシングが終わりましたら今度はコーティングの出番です。

当店は新車でもここまでしてからコーティングをします!

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

水玉撥水が気持ちいい・・・

PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとして綺麗になりました。

ルーフも・・・

クリヤーになりました!

ボディサイドは・・・

曇りも無くなってスッキリと綺麗になりました(^_^)/

リアも・・・

ライトが綺麗に映り込むようになりました。

ホイールは・・・

元が綺麗でしたのであまり違いがわかりませんがタイヤもホイールも艶出しで仕上げております!

そしてパールホワイトのエブリィワゴン、ボディコーティングが完成いたしました。

新車のパールホワイト、しかも元々お綺麗なお車でしたので写真ですとあまり違いが

わからないかもしれません(汗)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたように僅かな曇りを除去したことで、

より一層透明感がクリヤーでツヤツヤのボディに仕上がっております!

今回のエブリィワゴンは初期から間もないお車でしたのでご入庫時のお車の状態は

良好でございました。 ほぼ新車です(^.^) 言われなければわかりません(笑)

それでもよ~く見れば曇りも確認できるのですが、その曇りも新車時から付いている

曇り(白ボケ)で展示期間中に付いたクスミではありません。

新車でも新車特有の曇りが酷いお車や(白ボケ)シミやキズが入っているお車も多く、

また鉄粉が多く付いているお車もあるのが実情です(汗) 特に展示車は鉄粉が多い傾向です。

試乗車や新古車等、あまり使用されていないお車でも車は置いておくだけで痛みが進んでいきます。

当店は新車でも、そして新車に限りなく近い新古車でもそれらの不具合箇所を磨きなどで

処置し下地を整えてからコーティングをしています。

ですので経年車はもちろん、新車のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ

是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。