レクサスIS Fスポーツのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスIS Fスポーツのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”は昨年の7月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

施工から5ヶ月、早めのタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

コーティング施工から5ヶ月の早めのメンテナンスですが、これには訳がございまして・・・

それは後ほど明らかになりますが(笑)まずはボンネットのビフォーとアフターより

ご紹介を始めてまりましょう!

↓は現状です。

ご入庫時の雨で濡れております。

という事で施工から5ヶ月、屋外屋根なし駐車のリアルな水弾き状況が確認できます。

塗装の表面が少し汚れているので水玉がやや潰れ気味ではございますが水玉撥水を

維持しております。

アフターです↓

洗車だけでも塗装の表面が綺麗になって撥水力が上がるのですが、今回はメンテナンスですので

通常の洗車では落ちない頑固な汚れの被膜を除去しております。

ですので撥水力はコーティング直後と変わらない程まで回復しています!

しか~し!!!  その水を弾いている所の写真を撮っていないというね(^▽^;)  すみません。

写真を撮っている時に気が付けばいいんですけど、これが大抵ブログ書いてる時に気が付くんですよ(汗)

そんなブチブチと言い訳していないで次に行きましょう!

次はルーフです↓

こちらも濡れていますけど状態は良さそうです。

アフターです↓

やっぱり良かったです(^_^)/

シミやスクラッチもとっても少なく、とても良好な状態を維持されておりました!!

トランクも・・・

まだまだ綺麗に水も弾いています。

目立つ汚れもありませんでした。

アフターです↓

ホントにお綺麗なんです!

素晴らしいです(^_^)/

ボディサイドも・・・

雨天走行による汚れはございますが気になる傷み、汚れはございません。

アフターです↓

白過ぎてよくわかりませんね(^▽^;)

とにかく良い状態をキープされているという事です(笑)

 

ここまでは何も問題なくお車の状態が申し分ないのに何故早めのメンテナンス??と思うかも知れませんが、

実はこちらのISは鉄粉が多いんです。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

こんな感じです(;”∀”)

リアも・・・

こんな感じなんです(汗)

ボンネットよりリアの方が多い感じです。

コーティングから5ヶ月で↑くらいの量と言いたい所なんですが、実は昨年の9月に別件でご入庫された時に

一度鉄粉を処理しているんです。 という事は3ヶ月ほどでこんなに鉄粉が付いてしまったという事です。

原因は既に判明していまして、新車施工時のブログでも書いていますが駐車場が線路のすぐ近くなんだそうです。

その為に鉄粉が多く舞っているようで鉄粉が付いてしまうようです。

鉄粉が多く付いていると撥水の妨げにもなりますし、とくに白い車だとプツプツと見えてしまい、

美観を損ないます。 また洗車時のスポンジやクロスの滑りが悪く引っ掛かります。

↓は以前作業しました別のお車です。

鉄粉からサビが出て目立ちます。

更に放置しますと錆のシミが広がってしまう事もございます。

なかには500年玉ほどの大きさまで成長してしまう事もあるようです。 コワいですね~(;´∀`)

ですので鉄粉の処理は大切なんです!!

↓はアフターです↓

だいぶ除去出来ました。

リアも・・・

サッパリとしました!!

鉄粉が付いてしまうのはある意味しょうがない事です。

ただ放置してしまうと大変な事になってしまいますので鉄粉が多く付くお車の

鉄粉処理は早めがいいと思います。

 

ホイールも・・・

お綺麗でした! 雨の中来られたとは思えない程です。

きっとこれも新車時にホイールコーティングをした効果ではないでしょうか??

たぶんそうです(笑)

アフターです↓

更に艶々です。

 

それと今回はウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

施工からまだ5ヶ月ですので、まだ早いかな??とも思いましたが・・・

確認してみますとフロントはやや撥水力が落ち気味でした。

リアは・・・

こちらの方が撥水力が落ちております。

ガラスもボディと同じで“黒い”方が痛みが早い傾向です。

弱ったコーティング被膜を一度除去して再度ウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングの完成です。

リアも・・・

コロコロの水玉撥水に仕上がりました。

ウインドウコーティングの耐久性はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって

大きく変わってきます。目安は半年~1年位ですがフロントウインドウはワイパーの

ゴムを撥水ワイパーに交換して頂くとコーティングの寿命が延びますので

ウインドウコーティングしましたお車には撥水ワイパーの交換をお薦めいたします!

 

そしてホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”のボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

元々お綺麗なお車でございましたが艶感を感じにくいホワイトなどのライトカラーも

キッチリとメンテナンスしますとしっかりと艶を感じる仕上がりになります!

また例のボンネットルーフ等に黒くポツポツと見えていた鉄粉も無くなり

美観の向上も無事果たしております(^_^)/

オーナー様もとてもお喜び頂けたご様子でした! ありがとうございました。

 

話は変わりますが先日、幕張メッセで行われましたTOKYO AUTO SALON 2022の

展示車施工に行ってまいりました!

昨年はコロナの為にオンライン開催のみでしたので施工は2年ぶりになります!

今年もオミクロンが増え開催できるのか心配でしたが感染拡大防止対策を行い開催されました。

私達業者さんも施工日の1週間前より健康チェックや行動記録をつけ、当日は入場時に

検査等も行いのやっと入場できるほどの厳戒態勢でした。

その施工車両ですが毎年どんどんと“大人の事情”が厳しくなり写真の掲載はもちろん、何処のメーカーの

何の車種を担当したかもシークレット!!

ですので限界体制の中やっとの事で無事に入場できましたが今回は残念ながらご紹介は無しです(T_T)

唯一撮った写真が・・・

 

私の検査結果です(笑)   もちろん陰性です(^_-)-☆  良かった~~

という事で今年のTOKYO AUTO SALON のご報告は私は陰性だったという事のみの

ご報告となりました( ̄▽ ̄)    なんだか残念!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ホンダ レジェンドのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ レジェンドのボディコーティングです。

H28年式クリスタルブラックパールのホンダ レジェンドです!

レジェンドは当店初入庫になります。

オーナー様は最近こちらのレジェンドをご購入されたのですが納車後にボディのキズが凄いと

当店にご相談にお越しくださいました。

確かにボディ全体にスクラッチが多く付いて、またクスミも進行しているようで

ボディの艶感が引けていました(^^;

では初期登録から5年経過しておりますレジェンドの現状確認より始めてまりましょう。

まずはボンネットからです↓

ボンネット全体にスクラッチが付いております。実際に見ると結構酷いのですが↑の写真だと

それ程酷くないなぁ~(^▽^;)

ルーフも・・・

写真で見るとスクラッチの凄さが伝わらないなぁ~。

これはアレですかね?? 写真の撮り方が悪いってことですかね??  きっとそうですね(大汗)

トランクは・・・

何となく凄くなってきましたね~(笑) キズも深そうな感じがしませんか??

実際結構深めなんです(;”∀”)

ボディサイドも・・・

全体的にスクラッチが盛大に入っているのですが・・・

全然盛大に見えませんね(汗)

別ショットだと・・・

どうでしょう??

白っぽく見えているのがそれです。   いゃ、そっちは私の作業ズボンです。

そっちではなく白くモヤモヤと見えている方です。 光を当てるとキズによって光が乱反射して

モヤモヤと白く見えます。(オーロラマークと言います)  (ズボンは除く)

 

ボディ全体にスクラッチが付いていてグリングリンの状態でした。

所々に??磨きが入っているようなのですが、その磨きが中途半端な為に細かな磨きキズや

強い光を当てると見えるオーロラマークと言われる白いモヤモヤも確認できました。

黒い車で5年経過ですので仕方がないと言えば仕方のない事ですけど、痛みはだいぶ進んでいます。

しかしだからと言って諦める事はございません!磨けば光ります!!

どれくらい光ったかは後ほど(笑)

では光らせていきたいと思います。作業開始~~!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ウインドウコーティングからご紹介していきます。

↓は現状です。

撥水していました(笑)  少し撥水力が弱い感じですけど綺麗に弾いています。

納車前に撥水シャンプーか撥水系の簡易コーティング剤のような物で納車仕上げをしているのでしょう。

撥水力はあるのですが・・・

リアウインドウはウロコだらけでした。

でも水弾きはバッチりでした(笑)

ガラスを磨いてガラス表面に付いている撥水剤とウロコを除去していきます。

その後にカービューティープロのウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

気持ちの良いコロコロ撥水の出来上がりです。

もちろんリアウインドウのウロコも・・・

綺麗になりました(^_^)/

 

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉等を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

ボディが黒いと反応が見えません(^^;

見えませんが実際のところは鉄粉付着がとっても多かったです(汗)

リアも・・・

写真だとわかりませんが、とっても多かったです(^^;

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

アフターの写真もわかりませんがバッチリと処理済みです!

リアも・・・

見た目に変化ありませんが鉄粉処理出来ております。

 

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

マスキングは隙間にコンパウンドの粉が入らないようにしたり、塗装の薄い所や樹脂パーツの

保護などの為に貼ります。

そして磨いていきます。今回は塗装面の状態がなかなかのモノでしたので(^^;

磨きの強いプレシャスプランでのご依頼になります。プレシャスプランは強い磨きで可能な限り

深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングのコースです。(深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)

また、ドアの内側のヒンジ部の汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の

汚れ落としも行いますので、ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に

塗装を削らないよう、むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

 

スクラッチもスッキリとして綺麗になりました!

ルーフも・・・

サッパリとしましたね~(^_^)/

トランクも・・・

スクラッチが無くなりスベスベです!

パールの粒子もよく見えるようになりました。

ボディサイドも・・・

パールがキラキラと輝いています。

別ショットで見ても・・・

モヤモヤと白く見えていたオーロラマークも無くなりスッキリとしました(^_-)-☆

そしてクリスタルブラックパールのホンダ レジェンド、ボディコーティングが完成いたしました。

光った!! 光りました!! そして艶も出ましたヽ(^o^)丿

引けていた艶と透明感そしてパール感を取り戻し新車にも負けない色艶に仕上がっております。

お引き取りに来られたオーナー様も“うわぁ!すげ~ メタリックだったんだ!!

ただの黒かと思ってた”と、キラキラと輝くメタリック(パール)を見て、

とてもお喜びになられておりました。

笑顔で喜んでいただくと作業中の苦労も吹き飛ぶというのものです(*^_^*)

本当に嬉しく思います。 いつも皆様の笑顔ありがとうございます!!

来年も皆様の笑顔が見れますように日々精進してまいります(^_^)/

 

今年のブログはこれでお終いになります!

今年も沢山のお客様にお越し頂きまして誠にありがとうございました。

また、いつもブログをご覧いただいております皆様も今年一年間ありがとうございました。

そして毎年恒例、ブログ遅延報告です(汗)

昨年最後のブログでは奇跡の9日遅れでしたが今年は・・・

16日遅れでした~~。  切りよくポジティブに言ってしまえば2週間遅れですね(笑)

これが3日遅れぐらいでしたら“頑張ったぜぇオレ!”となりますし、逆に1ヶ月遅れぐらいでしたら

“やっちまったぜぇオレ! テヘペロ~”になるのですが可もなく不可もなく、いつも通りの2週間遅れです(汗)

なんの面白味のない2021年の幕切れとなりました(;´∀`)  残念なヤツだぜぇ オレ!

来年の今頃はどうなっているのでしょう?? 1年間楽しみにお待ちください。

目標は2週間以上遅れない事です(^▽^;)

 

年明けの営業は1月4日10時より通常営業となります。

今年も1年間本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

それでは皆様少しだけ早いですが、よいお年を!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

トヨタ マークXの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ マークXのボディコーティングメンテナンスです!

こちらのホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ マークXはボディコーティング施工から

3年経過いたしましたお車です。

いつも半年毎にメンテナンスにお越しくださっていたのですが、今回は1年ぶりになります。

お仕事が忙しくてメンテナンスのタイミングを逃してしまったとの事でした。

という事で今回は1年ぶりの通算5度目のメンテナンスのご依頼となりました!

いつもありがとうございます。

こちらのマークXはいつもお綺麗にされていて、過去4回のメンテナンスでもビフォー&アフターで

ご紹介しても綺麗すぎてブログ的にインパクトが足りないのですが(笑)今回はコーティング施工から

3年が経っていますのではたして!?

では早速ですがコーティング施工から3年経過しましたトヨタ マークXのコーティングメンテナンスの

様子を今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

まずはボンネットからです↓

う~~ん やっぱり綺麗でした(*´▽`*)

よくよく見れば過去4回よりも汚れている状態でご入庫ですが、それでも↑程度です。

今回も素晴らしいっす!

アフターです↓

もちろんメンテナンスでは落ちきれない細かなシミも確認できますが

屋外屋根なし駐車で3年経過と考えますと、とっても良好な状態を維持されております!

撥水力もまだまだ健在で水玉状に撥水もしていました。 (写真撮ればよかったですね(^^; すみません)

ルーフも・・・

過去一番??の汚れ様ですが、それでも↑くらいです。

アフターです↓

汚れさえ落としてしまえばクスミも少なく3年経過を感じさせない状態でございます。

トランクも・・・

クスミもほぼ感じません!

アフター

それでもメンテナンス後は更にスッキリと綺麗になります(^_^)/

ただ・・・

 

隙間には1年分の汚れが堆積しています。

この隙間の汚れが車の汚れた感じを助長してしまいます。

この汚れを落としますと・・・

ほ~ら綺麗!(笑) 清潔感が全然違ってきます!!

汚れ自体は細かいのですが、それでもお車全体の印象を大きく左右する大切なポイントなんです。

 

ボディサイドも・・・

少し汚れてはいますけど十分に綺麗です。コメントのしようがございません(笑)

アフターです↓

もちろんメンテナンスをすれば艶も向上してより綺麗になります。

それといつもの様に鉄粉の付着状況も確認していきましょう。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

1年ぶりでこの鉄粉量です。少ないですね~!

リアも・・・

ボンネットに比べると少し多めですけど、それでも十分に少ないです(笑)

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。

リアも・・・

綺麗になりました。

ホイールも・・・

キラッキラのスパッタリングという事もあって汚れも目立たずお綺麗です。

アフターです↓

キラッキラですので違いが良くわかりませんね(^^; でもより綺麗になっております!

それと今回はフロントウインドウのコーティング再施工もご依頼いただいております。

↓は現状です。

1年毎に再施工しております。今回は2度目の再施工になります。

前回の再施工から1年経っていますけど、まだまだ撥水しておりました!

しかし今回は再施工のご依頼ですので・・・

古いコーティング被膜を一度リセットして再度ウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングして、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングも完了!

ウインドウコーティングの耐久性はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって

大きく変わってきます。目安は半年~1年位ですがワイパーのゴムを撥水ワイパーに交換して頂くと

コーティングの寿命が延びますのでウインドウコーティングしましたお車には

撥水ワイパーの交換をお薦めいたします!

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ マークX、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました。

サッパリとしました!

毎回言っているような気もしますが、コーティング施工から3年経っているとは思えない程、

塗装面(コーティング被膜)の状態が良かったです(^_^)/

洗車の頻度は多くないそうですが、もしかしたら逆にそれがいいのかも知れません。

よく車の洗車の頻度を質問されるのですが、お車の使用方法や保管状況で洗車の頻度は違ってきます。

目安として月に2回程度が私はお薦めです。汚れが酷く無ければ月1回でもいいかと思いますし、

場合によってはもっと少なくてもいいかなとも思います。

逆に花粉の季節などは洗車の頻度を上げた方がいいと思います。

また洗車方法によってもコーティング被膜の痛み具合も大きく変わって来ます。

ゴシゴシと力を入れすぎると塗装もコーティング被膜も傷みます(;´∀`) お気を付けください。

洗車をしないのも良くないのですが、洗車のし過ぎもあまりよいものでないと思いますので

何事も程々がおすすめです(笑)

段々と寒くなり水を触りたくない季節になりますが年末の洗車も頑張ってまいりましょ~ ヽ(^o^)丿

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

オレンジメタリックの86です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ86のボディコーティングです!

H29年式オレンジメタリックのトヨタ86です!

当店でも今までに何台かの86を施工させていただいていますけど、

こちらのオレンジメタリックの86は初入庫です。

いゃ~いい色ですね!!

正直なかなかレアなカラーであまり見かける事も少ないカラーの86です。

86の発売当初から設定されていたカラーですが実際オレンジの86の販売数は少なかったそうです。

特に、いわゆる“後期型”のオレンジは1年少々しか販売されなかったようで、

とってもレアだそうです。 雑誌やカタログで見るよりも遥かに綺麗なオレンジでオーナー様も

この色じゃなきゃイヤ!とオレンジ一択だったとの事でした(^.^)

そんな綺麗なオレンジメタリックの86の現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少し汚れ気味ですけど、それを差し引いてもややクスミが進んでいるようです。

またシミもそれ相応の付着量です(^▽^;)

ルーフも・・・

全体的にシミが確認できます。

それに比べますとスクラッチは少なめではないかと思います。

トランクも・・・

鳥糞の痕跡でしょうか??

同じようなシミがボンネットやルーフにも見られました。

ボディサイドは・・・

クスんでいますね(^^;

またスクラッチは確認できます。

ホイールは・・・

ブレーキダストの汚れが目立ちます(^^;

 

新車ご購入時にボディコーティングをされたそうですが、やはり4年間の月日の流れで

シミやスクラッチそしてクスミ等の痛みが進んでおりました。

実はこちらの86は仕事場に止めていたら生コン(コンクリート)を浴びてしまって当店に

ご相談に来られました。 生コンを浴びて直ぐに水を掛けて落としたので私が確認した時は

それ程酷い状態ではなかったのですが、それでも確認しますとあちこちにポツポツと・・・

確認できます(;”∀”)

特にリアバンパー部には・・・

まだ付いています。

よく見れば・・・

マフラーの中にまで入り込んでいました(^▽^;)

今回は生コンを除去してからの磨き込みになります。

では早速作業を進めて参りましょう!

作業開始!!

 

今回はウインドウにまで生コンが付いていますのでウインドウもリセットしていきます。

↓は現状です。

生コンが付いた後にGSの洗車機で洗車したそうです。

その時の撥水がまだ効いていました(笑)

生コン処理時にガラスにキズが入らないように気を付けながら処理します。

その後に磨いていきます。 (処理しないでいきなり磨くとキズが入る可能性があります)

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングして、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。

その後に生コンと鉄粉を処理していきます。

ポツポツと確認できますのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です。

少しわかりにくいんですがポツポツと見えます。

ご購入から4年と考えると凄~く少ないです!!

ちなみに専用のクリーナーは生コンには反応しません(笑)

リアも・・・

こちらの方がポツポツが確認しやすいですね!

それでも少ないです。

この前の段階である程度、生コンは処理しているのですが、まだ残っている生コンで必要以上に

深いキズが入らないように気を付けながらの作業になります。

そして処理後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました。

リアも・・・

鉄粉&生コン処理済みです!

見た目あまり変わり映えしないかも知れませんが(^▽^;)

 

その後にボディにマスキングを行い・・・

磨いていきます。

今回は生コン処理の特別プランですので通常のプランではないのですが

生コン処理時に付いたキズ等を消しボディをリセットしていきました。

そして今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

クスミもシミもスッキリしました!

もちろん生コンも付いていません(笑)

ルーフも・・・

気持ちよ~く仕上がっております!

トランクの鳥糞らしき痕跡も・・・

サッパリと除去出来ております!

ボディサイドも・・・

クスミやスクラッチがスッキリとしてライトがクッキリと映り込むようになりました。

ホイールも・・・

だいぶ綺麗になりました(^_^)/

それと付着していました生コンも・・・

綺麗に除去出来ました!

リアバンパー部も・・・

無事綺麗になりました。

マフラーの中も・・・

だいぶ綺麗になりました。

そしてオレンジメタリックのトヨタ86、生コン除去&ボディコーティングの完成です!

生コンも無事処理でき、いい艶に仕上がりました(^_-)-☆ キュピ~ン

クスんでいたオレンジメタリックに透明感が増し光沢も向上し

艶々のオレンジメタリックになっております!

また色褪せていたスポイラー類の黒が色艶を取り戻したことでボディに

メリハリが出てぐっとスポーティ感が増したと思います。

お引き取りに来られましたオーナー様も、その仕上がりと生コン処理を

お喜び頂けたご様子でした。 ありがとうございました。

 

車は走っていると色々な異物が付着します。(駐車中にもね!)

工事現場の近くだとペンキのミストが付く事もございますし、(← 結構多いんです)

今回の様に生コンが付くことも意外と多く聞く話です。その他にも様々な異物が付きます。

鉄粉や木の実、樹液、虫も付きますし鳥糞も落ちてきます。

私なんて昔、信号待ちしていたら車に雷が落ちてきました(;´∀`)

いずれの場合も、こちらが注意していても向うからやってきますので、どうしようも無いのですが、

何かが付着したら少しでも早く取り除くのが一番です。 今回の86もすぐに水を掛けたそうですので

最小限の被害で済んだと思います。  放置してしまうと被害が拡大することも多いので、まずは取り除き、

その後に専門店等にお早めにご相談ください。

もちろん当店も専門店でございますのでペンキミストや生コンの付着等でお困りでしたら

カービューティープロ カラーズにお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ディープモカパールのホンダ N-ONEです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ N-ONEのボディコーティングです。

H25年式プレミアムディープモカパールのホンダ N-ONEです!

いい色ですね! なかなか複雑な色で光の具合でブラウンに見えたり

強い光に当たると紫色にも見えたりと色の変化も楽しめるボディカラーです(^_^)/

↑の写真で見て頂くと艶もあってお綺麗なんですが実は・・・

何やら思わせぶりな書き方をしていますが(笑)早速N-ONEの現状確認より

始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

少し汚れていますけどシミがとっても少なくお綺麗です。

ルーフも・・・

汚れてはいますけどルーフもシミもとっても少なくお綺麗です!

ただボディサイドは・・・

スクラッチだらけなんです(;”∀”)

ボンネットとルーフはそれ程スクラッチが多い訳ではないのですが

ボディサイドは凄いんです(汗)

↓はピラーですけど・・・

凄いんです(^^;

写真で見るとあまり凄さ感が伝わりませんが、実際は結構凄いです。

リアも・・・

スクラッチが目立ちますね(汗)

ホイールは・・・

汚れも少なくお綺麗でございました!

 

ご覧頂きましたようにボディ側面がスクラッチだらけなんです(;”∀”)

こちらのN-ONEはご購入されたばかりなんですが、『磨きに自信がある』と言うので販売店で

コーティングを施工してもらったそうです。

そして納車当日、夕日に照らされるN-ONEを見て“スクラッチがスゲェ(;”∀”)”と

そのまま当店にご相談にお越しくださいました。

確かに一通り磨かれているようでシミはとっても少ないのですが不思議とスクラッチだらけです。

という事は磨き後にスクラッチが付いたという事なのでしょうか?

謎は残りますがとにかくシッカリと磨いてコーティングを掛けていきたいと思います!

では作業開始!!

っと、この後に困難が待ち構えているとは知らずに意気揚々と作業を始める私でした(;´∀`)

つづく・・・

 

まずはウインドウコーティングよりご紹介して参りましょう。

↓は現状です。

気持ちよく弾いております(^.^)

納車前にウインドウにも撥水剤を掛けてくれたようですね!

ただ簡易タイプの撥水剤のようなので惜しげもなく一度除去します。

実は当初のお打ち合わせでは、とりあえ撥水が効いているので様子見でウインドウコーティングは無しの

予定でしたが追加で頂きました。 ありがとうございます。

下地処理をした後、ウインドウコーティング剤PGS-33で仕上げます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤になります!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応します↓

色的にわかりにくいのですが鉄粉も少なかったです。

おそらく販売店コーティング時に鉄粉処理もされている様です。

リアも少なめでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

わかりませんね(^^; でも更に綺麗になっております。

リアも・・・

写真だとわかりませんが鉄粉処理が済んでおります。

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランになります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感が向上するプランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

PCX-V110は塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた

滑水被膜を形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

そしてここでまさかの事態が発生です(^▽^;)

ボンネットとルーフの水平面は問題なくPCX-V110で施工できたのですが左フロントフェンダーを

施工したところで異変が・・・

ムラムラなんです(;”∀”)  あ・あれっ~~?? 拭き上げが悪かったかな??と思い磨き直してから

再度塗って見ても仕上がりがムラムラです(汗)試しに左リアフェンダーで試してもムラムラになります。

あ・あれっ??  更に試しに今度は右のフェンダーで試したら問題なし!

左に戻って今度はPCX-S8で試してもムラムラ(;´∀`)

更に試しにPCX-S9で施工したら問題なし!! こ・これだ!!もうこれしかない!!

とオーナー様にご連絡して報告そしてご相談。

これがまさにビジネスマナーで言うところの「報連相(ホウレンソウ)」だな、なんてどうでもいい事を

考えながら(考えてませんけど)ご相談の結果、ボディサイド(左右)は・・・

PCX-S9で施工することになりました!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです↓

スッキリと仕上がりました!

ルーフも・・・

とっても綺麗です!

それとスクラッチが酷かったボディサイドも・・・

サッパリと綺麗に仕上がりました!

リアピラーも・・・

スクラッチが無くなってスッキリです。

リアも・・・

スクラッチが無くなり綺麗になりました。

最後にホイールです。

こちらは元々お綺麗でしたのであまり変化がないような(^^; でもタイヤもホイールも

艶出ししていますので更に綺麗になっております!

そしてプレミアムディープモカパールのホンダ N-ONE、ボディコーティングが完成いたしました!

艶々に仕上がりました(^_^)/~

ご入庫時もコーティング済みという事で艶も感じられお綺麗ではあったのですが施工後は、

まぁ え~ 自分でこう言うのもアレですが・・・全然違います!     い・言っちゃってるよ( ̄▽ ̄)

ご入庫時も確かに艶は感じられていたのですがボディ全体に付いているスクラッチのせいで

色の深みが物足りない状態でした。 全体的に白っぽいと言ってもいいと思います。

そのスクラッチをしっかりと磨いて除去をすれば色に深みと透明感が増します。いゃ増しました!!

お引き取りに来られたオーナー様も『色が違いますね!濃くなった。8年前の車でもこんなに綺麗になるんだぁ!』と

その違いをご実感頂けたご様子でした。  ありがとうございました。

 

コーティングの仕上がり時のムラになる原因ですけど色々な要因が考えられます。

単純に塗り方・拭き上げ方の施工方法に問題がある場合もありますし、温度や温度が

関係してくる場合もあります。←(特に市販品を使い、ご自身で施工される場合は注意が必要です)

また塗装の劣化も考えられますし、再塗装されている場合は再塗装の“質”が悪い場合もあります。

(塗装の劣化が原因と思われるムラは当店でも過去に2台ほどございました。)

また私は未経験ですが、そもそも塗装とコーティング剤の相性が悪い場合もあるようです。

コーティングって意外とデリケートなんです。

今回はPCX-S9で無事に仕上げる事が出来ましたが、どのコーティング剤でもムラになるようでしたら

おそらくガラスコーティングは不可になる場合もございます。 その場合はポリマーコーティング又は

コーティング無しになると思いますが、いずれにせよその場合は例のアレですよ、アレ! そうでう!!

「報連相(ホウレンソウ)」ですよ!!

そうなった場合はすぐに「報連相(ホウレンソウ)」しますのでご安心ください(^_^)/

ホウレンソウは大切です(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

レクサスIS300F SPORTのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスIS300Fスポーツのボディコーティングです。

グラファイトブラックガラスフレークの新車レクサスIS300Fスポーツです!

こちらは各部がブラックでカラーコーディネートされ、更に専用のアルミホイールが装着された、

特別仕様車 の”F SPORT Mode Black“です。

いゃ~黒いです! 黒いボディと相まって迫力とスポーティさが倍増しています(*’▽’)

カックイイ~!!

そんなカックイイ~新車レクサスIS300Fスポーツの現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

軽~く汚れていますけど、塗装自体は曇りも感じられずとってもお綺麗です!

ルーフも・・・

少し汚れていますけど、塗装自体はお綺麗でございます!

トランクは・・・

こちらもお綺麗なのですが・・・

リアスポイラーのシミが気になるとオーナー様。 洗車では落ちなかったそうです(^^;

確かに確認しますと所々に確認できました。

ボディサイドも・・・

クリヤーでとってもお綺麗です!

ホイールは・・・

マッドブラックですのでブレーキダストの汚れが付きやすく目立ちやすいです(^^;

 

全体的に流石レクサス!と言いたくなるような曇りも無くとっても綺麗な塗装肌でした。

毎回レクサスの新車がご入庫するたびに塗装のクオリティの良さを感じますけど、

それとは別によくよく観察してしまえば納車前に付いたと思われるスクラッチやシミ等が

付いている事も事実でございます。

その辺りを整えてからコーティングをしていきたいと思います!

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ウインドウコーティングからご紹介していきます。

↓は現状です。

納車仕上げは撥水シャンプー又は簡易コーティング剤で仕上げいるのでしょうか??

よくよく見るとワイパー払拭範囲内が弾いている様子ですので、

撥水ワイパーに既に交換されているのでしょうか??

とにかく・・・

ガラス表面を一度リセットいたします。

綺麗になりましたら今度はウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングを掛け、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

ウインドウコーティングの耐久性はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって

大きく変わってきます。目安は半年~1年位ですがワイパーのゴムを撥水ワイパーに交換して頂くと

コーティングの寿命が延びますのでウインドウコーティングしましたお車には

撥水ワイパーの交換をお薦めいたします!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

毎度毎度の事ですけど黒い車は写真だと何が何だかわかりません(;´∀`)

リアも・・・

写真だと確認困難です(汗)

実際のところですが鉄粉自体は少なかったです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

もちろん処理後も何だかわかりません(;´∀`)

リアも・・・

何が何だかわかりませんが鉄粉処理は済んでおります!

 

鉄粉の除去が出来ましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的にとてもお綺麗な塗装肌でしたので塗装を研磨すると言うよりも

ケミカルで落ちなかった頑固な汚れを落とし塗装表面を整えるような軽い磨きになります。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それと・・・

ヘッドライトのコーティングなども行っております!

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗です!

ルーフも・・・

クリヤーで綺麗ですね!

トランクも・・・

スベスベです(^_^)/

トランクのシミも・・・

除去出来ております!

リアスポイラーは少しモヤっと曇りが有ったのですが、その曇りも取れてサッパリとしました。

ボディサイドも・・・

ガラスフレークがキラッキラで綺麗です(*^_^*)

最後にホイールです。

ホイールはPCW-880でコーティング!

お打ち合わせ当初はマッドブラックという事でホイールコーティングは施工しない予定でしたが

納車から当店ご入庫までの間に“ブレーキダストの汚れが付きやすく目立ちやすい”事が判明し、

ホイールコーティングの追加を頂きました。

マッドブラックのホイールはコーティングをしますと若干艶が出でしまいますが、

それほど大きく印象が異なってしまう事もないかと思います。

マッドブラックのホイールはブレーキダストが付きやすく、洗っても落ちにくいんです。

そして目立ちます。更に言いますとシミも付きやすいです(^^;

ですのでダストの固着低減にもマットブラックにもホイールコーティングは

おすすめなのですが・・・若干艶が出ます。  そこが悩みどころです。

 

そしてグラファイトブラックガラスフレークのレクサスIS300F SPORT Mode Black、

新車コーティングが完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

元々とってもお綺麗でしたので写真だと施工前後の違いが伝わらないかも知れませんが

EXE evo1による深い艶とガラスフレークのキラッキラ感が向上したグラファイトブラックガラスフレークに

仕上がっております(^_^)/

 

 

こちらのグラファイトブラックガラスフレークと言う名の黒は、いわゆるソリッドブラックと

言われる漆黒の“黒”ではなく“ダイヤモンドの結晶をイメージした漆黒と金属の質感”を

目指し作られた“黒”なんだそうです! 光が当たると黒の中にもキラキラとガラスフレークが

輝いて見えるとっても綺麗なカラーです(^_^)/

このキラキラのグラファイトブラックガラスフレークですがカッコイイだけではなく、もう一つ大きな

利点があるんです。それは黒なのにシミやスクラッチが目立ちにくいんです!!

もちろんホワイト系ほどではないのですがソリッドブラックに比べると目立ちません(^_^)/

おそらく、このキラキラ感によってシミやスクラッチが隠蔽されるのではないかと思います。

黒がいいけどキズやシミがなぁ~とお悩みでしたら、このグラファイトブラックガラスフレークおすすめです!

他のメーカーのお車でもソリッドブラックよりもメタリックやパール系のブラック、それもキラッキラの

ブラックの方がシミ・キズが目立ちにくいです。

ただソリッドブラックの漆黒もカッコイイですし・・・

悩みは尽きませんね! だからボディカラー選びは楽しくて悩ましいものです!

皆様も車を選ぶ時にはタップリと悩んで楽しんで下さい(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ブルーメタリックのスイフトスポーツです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ スイフトスポーツのボディコーティングです。

スピーディーブルーメタリックのスイフトスポーツです!

こちらは納車間もない新車でございます。

スイフトスポーツ人気ですね~!当店でも何台か施工させていただいておりますが

スピーディーブルーメタリックのスイフトスポーツは初入庫です。

それにしても綺麗なブルーです(*’▽’) スズキのブルーと言えば私的にブリスクブルーメタリックを

真っ先に思い浮かべますがスピーディーブルーメタリックはブリスクブルーよりも“濃い”ブルーになります。

どちらのブルーも発色が良く綺麗な色です(*^_^*)

そんな綺麗なスピーディーブルーメタリックの新車スイフトスポーツの現状確認より

始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

ご入庫時、雨で濡れておりました(^^;

それでも何となく塗装が曇っているのがわかる・・・かな??

↓は洗車後の撮影です。

撮影の角度が違いますが同じボンネットです。

ライトの映り込みがボヤっとしているのが確認できます。

ルーフも洗車後です↓

曇っていますね~(^^;

ボディサイドも・・・

洗車後の撮影です。

なんとなくスッキリとしないのがわかって頂けると思います。

リアも・・・

同じくボヤっと曇っていました。

ホイールは・・・

洗車前です。汚れも少なくお綺麗でした。

 

全体的に見ますと塗装面が少しばかり曇り気味です。この新車時の曇りは“白ボケ”と

言われるものです。多くの方が新車時(納車時)が一番綺麗な状態だと思われているのですが、

実は新車の時点で塗装が曇っていたりシミやキズが付いていたりする事がとても多いのです。

この曇りがあると写真で見て頂いたように景色の映り込みが綺麗に映り込みません。

また透明感も損なわれ、曇りが酷いとお車全体が何となく白っぽく感じてしまいます。

当店ではそれらの不具合箇所を処理してからコーティングをいたします。

今回のスイフトスポーツは程度としては、ごく軽いものですのでご安心ください。

それではスピーディーブルーメタリックのスイフトスポーツをスッキリとした塗装肌に

仕上げていきたいと思います。

作業開始~!!

 

今回ウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

新車でも油膜の付着が酷いお車もあるんですけど、油分の付着も少なくお綺麗でした(^.^)

もちろん綺麗でも・・・

一度磨いてガラス表面をリセットします。

ウインドウもボディと同じように実は色々な異物や汚染物質等が付いているんです。

DIYで行う場合も必ず下地を整えてからコーティングして下さい。

また再施工時も上塗りするのはおすすめしません。古いコーティングを除去してから

コーティングして下さい!

話がそれましたが下地を整えた後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングし、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

色的に少しわかりにくいのですが、よ~く見ると・・・

少ないです(笑)

リアも・・・

よ~く見ても少ないです(^.^)

 

鉄粉を除去しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリとしました。 元々ですけど(^▽^;)

リアも・・・

同じく綺麗です。 元々ですけど(汗)

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをします。

そして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によってその都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

最近PCX-S9のご用命が増えて参りました!ありがとうございます。

私の車でもPCX-S9を塗って経過観察をしております。 私の車に施工してまだ2ヶ月くらいですが、

ここまでの経過はシミの付着は少ないようです。また撥水性も良好な状態を維持しています。

今後も経過報告をしていきたいと思っております。

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも取れてスッキリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

サッパリとしました(^_^)/

ボディサイドも・・・

ライトの映り込みもクッキリとしましたね!

リアも・・・

クリヤーになりました。

ホイールは・・・

元々汚れも少なくお綺麗でしたが、それでも洗うと違います!

そしてスピーディーブルーメタリックのスイフトスポーツ、新車コーティングが完成いたしました。

曇りが取れた分、少し色が濃くなったように感じます!

写真だと色の濃さよりもクリヤー感の向上の方が伝わりやすいかもです(^.^)

元々新車ですのでお綺麗ではあるんですけど施工前の写真で見て頂いたように

曇りがございました。その曇った塗装肌をしっかりと磨いてからコーティングをしますと

新車以上の艶感そしてクリヤー感ある新車に仕上がります!

ひとえにボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

洗車してコーティング剤塗っておしまい!もコーティングですし、磨きを入れて下地を整えてから

コーティングするのもまたコーティングです。 同じコーティングでも仕上がり具合は全然違います!

ですので新車コーティングも”専門店“の・・・  ←ここ大切です( ̄▽ ̄)

テストに出るからもう一度言いますよ~(笑) ”専門店“のカービューティープロ・カラーズへお任せください!

皆様のご来店お待ちしております(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

トヨタ ヤリスクロスのご入庫です。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ヤリスクロスのボディコーティングです。

グレイッシュブルー×ブラックマイカのトヨタ ヤリスクロスです!

納車間もない新車になります。

最初に 言い訳 ご説明いたしますが今回のグレイッシュブルーですけど、

この色を写真で撮るが難しいんです(^^; 少し前のラッシュのご紹介の時にも

書いたのですが私の使っているカメラが青みが強く出てしまうようで、

青系の色を撮ると青味が協調されてしまいがちです(汗)

という事で今回のヤリスクロスもやけに青く撮れている写真もございますのでご了承ください。m(__)m

↑の最初の写真が私が見ている画面では実車に一番近い色味かなぁ~。

そのグレイッシュブルーのこちらのヤリスクロスですがオーナー様が注文したのがなんと昨年の12月!

元々人気車ですので納期は長めではあったようですが、その後の例の半導体不足の影響が大きくなり

何度かの延期を繰り返し、やっと納車されたとの事でした(;”∀”)

それでも実はまだナビが装着されていないそうでナビが来るまで待つと、

あと1~2ヶ月待ちになってしまうそうです。 恐るべし半導体不足!

話が大幅に逸れてしまいましたが新車ヤリスクロスの現状確認より始めて参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

少し汚れていますけど曇りも少なくお綺麗です。

でも写真だとわからないのですが洗車キズと思われるスクラッチが結構多いんです(;´∀`)

ルーフは・・・

これまた少々汚れ気味です(^^; 汚れていてわからないのですがメタリックのブラックなんです。

ただ汚れは別として曇りはあまりないようで綺麗ではないでしょうか。 汚れてはいますけど(笑)

ボディサイドも・・・

よ~く見ると見えるのですが、ボディサイドも洗車キズと思われる線キズが

多く付いているんです(^^;

リアは・・・

こちらは少し曇りが有るようです。

ホイールは・・・

やや汚れ気味でした。

 

全体的には塗装の曇りも少なく綺麗な塗装肌なのですが、特にボンネットとボディサイドに

洗車キズと思われるスクラッチ(線キズ)が結構多く付いておりました。

ボディの色的にあまり目立ちませんがライトを当てて見てみると、なかなかゴイスーでした(^▽^;)

前回のブログでも書いたのですが新車でもオーナー様に納車されるまでに多くの工程があり、

多くの作業者が車に触れます。 その間にキズが付いたりシミが付いたりする事は残念ながら

全然珍しい事ではなく、よくある事なんです。

あまりに深く入ってしまっている洗車キズは磨いても完全に除去することは出来ませんが、

塗装表面を整えて今回も新車よりも綺麗な新車に仕上げていきたいと思います。

では作業開始~~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいりましょう!

↓は現状です。

油分の付着も少ないようです。 少ないだけで付いてはおります(^▽^;)

その油分の付いているウインドウを・・・

綺麗にリセットします。 納車直後の新車でもガラス表面に油分等が付いている事が

ほとんどですので新車でも下地処理が必須になります。

ガラス表面を綺麗にしましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをします。

その後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤になります!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

黒っぽいポツポツと確認できるのが鉄粉です。新車でもこれ位は付いているものです(^^;

リアは・・・

とっても少ないです!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと綺麗になりました!

リアは・・・

元々少なかったのであまり違いがわかりませんね(^▽^;)

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によって、その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしていきます。

今回は洗車キズが気になりましたので、気になる部位は少し強めの磨きを入れております。

その後に普段は書いていませんがポリッシング後に脱脂をしてからコーティングへと進みます。

当店では新車でもここまでがコーティング剤を塗る為の下準備になります!

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

そして今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗になっています!

ルーフも・・・

メタリック(マイカ)が輝いています(^_^)/

ボディサイドも・・・

洗車キズ系の線キズもだいぶ除去出来ました!

よかった よかった(*^_^*)

リアも・・・

曇りも無くなってスッキリと綺麗な映り込みになりました。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しをしています。

そしてグレイッシュブルー×ブラックマイカのトヨタ ヤリスクロス、新車コーティングの完成です!

いゃ~青いなぁ(^▽^;) 何度撮り直しても青く撮れてしまいます(汗)  すみませんm(__)m

実車の方はこんなに青くは無いのですが艶々に仕上がっています!

所々に付いていました洗車キズも深い部分は残っておりますが

普段は気が付かない程度になっております!

その洗車キズですけど、その名の通り洗車時に付いてしまうキズです。

スポンジで擦ったりクロスで拭き上げたりと知らず知らずのうちに

細かなスクラッチをつけてしまっています。

どんなに気をつけていても残念ながら洗車をすれば多かれ少なかれ付いてしまいます。

ただ洗車キズが付くのを低減するポイントは幾つかございます。

その一つは“いつまでも同じスポンジを使わない”事です。

簡単に言いますとスポンジやクロス類は定期的に交換しましょう! っという事です。

パっと見に綺麗でも使っていれば細かな砂埃や異物等がスポンジの中に入ってしまいます。

そのスポンジでボディを擦ればキズが入ってしまいますのでスポンジやクロス類は

定期的に交換いたしましょう(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

ランドクルーザープラドのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ランドクルーザープラドのボディコーティングです。

ソリッドブラックの納車間もない新車のランドクルーザープラドです!

カッコイイですね~(^.^)

今までに当店にも何台かプラドはご入庫されていますけど、黒が圧倒的に多いと言うか、

黒しかご入庫したことがないような気も致しますが(^^;実車を見れば納得のカッコ良さです!

そんなかっこいいソリッドブラックの新車ランドクルーザープラドの現状確認を

早速行なって参りましょう!

まずはボンネットからです

納車間もないとは言え当店ご入庫まで少し時間が空きましたので、その間の雨等でやや汚れ気味でした。

ただ塗装自体は曇りも無いように見えます。

ルーフも・・・

少し汚れております。汚れていますけど洗車キズでしょうか??

円状の線キズが確認できます。 おそらく納車前仕上げ時に付いてしまったのではないでしょうか??

ボディサイドも・・・

やや??汚れ気味です。

ただそれも当店ご入庫までに汚れてしまっても洗車しなくていいですよ!と

オーナー様お伝えしておりましたので(^.^)  問題ございません。

汚れ自体は問題ないのですが、よくよく観察しますと・・・

リアドアに何か擦れたような痕跡がございました。

コレです↓

これが実は意外と長~くて、よくよく見ますとフロントドアまで続いておりました(;´∀`)  オーノー!

リアも・・・

よく見ると細かな線キズが確認できます。

これもおそらく納車前の洗車時ではないでしょうか??

ホイールは・・・

こちらもちょろっと汚れ気味でした。

 

汚れていて少しわかりにくいかも知れませんが、よくよく観察していくと線キズ等の

スクラッチが数か所ほど確認できました。 デリケートなソリッドブラックですので

どうしてもスクラッチが付きやすいんです。

新車なのにキズ??と思うかも知れませんが新車でもキズが入っているのが実情です。

新車は直接お客様に届くのではなく、工場からディーラーに行くまで移送時や保管時、

そしてディーラーオプション取り付け時や納車仕上げ時などキズやシミが付いてしまう

要素は沢山あります。

そのあたりも綺麗に整えて新車よりも綺麗な新車に仕上げますのが当店の新車コーティングです!

では新車以上の新車を目指して作業開始~~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいりましょう!

↓は現状です。

油分の付着も少ないようですね!

しかし少ないとは言え油分が付いていますので・・・

綺麗にリセットします。 例え納車直後の新車でもガラス表面に納車仕上げ用の撥水剤や

油分等が付いている事がほとんどですので、新車でも下地処理が必須です。

ガラス表面が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをします。

その後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

 

続いてはボディです。

まずは洗車をします。その後にボディに付いている鉄粉等の付着物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが黒いボディですので・・・

相変わらず写真では確認困難です(^▽^;)

リアも・・・

もちろん確認困難です(汗)

実際の所は多くはありませんがポツポツと付いている感じでした。新車でも付いているものなんです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

綺麗になっていますけど確認困難です(^▽^;)

リアも・・・

スッキリと綺麗になっておりますが・・・写真だとわかりません(涙)

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によって、その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の発売に伴い長年に渡り低撥水タイプのスタンダードコーティング剤として

ご愛顧いただいておりましたPCX-S7は廃番となりました。

今後は低撥水タイプのスタンダードコーティング剤はPCX-S9とPCX-V110の2種類になります。

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

サッパリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

洗車キズと思われる円状の線キズは深い部分は残りましたが、だいぶ目立たなくなっております。

ボディサイドも・・・

ソリッドブラックらしい綺麗な映り込み具合です(^_^)/

それとリアドアの擦れたようなスクラッチも・・・

無事に除去出来ました!

リアは・・・

こちらの線キズは意外と深く入っていたようで完全除去とはなりませんが、

ライトを当てて探さないとわからないレベルです。

最後にホイールです。

黒光りしています(笑)

そしてソリッドブラックのトヨタ ランドクルーザープラド、新車コーティングが完成いたしました!

艶々です! 納車時より光っていると思います(笑)

スクラッチもスッキリとしてソリッドブラックらしい凝縮感ある迫力ボディに

仕上がっております!

元々新車ですのでお綺麗ではあるんですけど更にそこに、ひと手間ふた手間かけてから

コーティングをしますと新車以上の艶感そしてクリヤー感ある新車に仕上がります!

オーナー様も『すげ~ピカピカ!やっぱり違いますね!!』と施工前後の違いを

実感されているご様子でした!

ありがとうございました。

 

今回のプラドはご入庫時、少し汚れ気味ではございましたが塗装面の曇りも僅かで

お綺麗でした。ただやはり洗車キズ等は確認できました。

実は新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車が多いのが実情です。

また鉄粉の付着が多い車も御座います。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ひとえにボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

洗車してコーティング剤塗っておしまい!もコーティングですし、磨きを入れて下地を整えてから

コーティングするのもまたコーティングです。 同じコーティングでも仕上がり具合は全然違います!

ですので新車コーティングも”専門店“のカービューティープロ・カラーズへお任せください!

お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

トヨタ ラッシュの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ラッシュのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのチタニウムグレーメタリックのトヨタ ラッシュは2019年の5月に

ボディコーティングを施工させていただきましたお車になります。

コーティング施工から約2年半ほど経過しメンテナンスのご依頼を頂きました。

昨年の春に1度メンテナンスにお越しくださっておりますので1年半ぶり通算2度目の

メンテナンスになります!

このチタニウムグレーメタリックですがグレーではあるのですが青味の強いグレーと言いましょうか??

光の加減によって青が強く見えるんです。そのせいか?写真に撮ると撮った私がビックリするくらい

青く映ったりしてしまいます(^^; 私が使っているカメラ自体が青が強く出ると言いますか?

青に“引っ張られる”傾向ですので尚更かも知れません。

ウダウダと何を言ってるかと言いますと、これから出てくるラッシュの写真がグレーだったり、

やけに青いグレーだったりとバラバラなんです。と言い訳をしたかったからなんです(^▽^;)

前回のメンテナンス時にも同じような事を言っていたような、いないような・・・??

そんな気もしますがとにかく言い訳が済みましたのでメンテナンスの様子を早速見ていきましょう!(汗)

 

まずはボンネットからです↓

基本的に洗車はほぼしていないと今回も正直なご申告を頂いております(笑)

その為でしょうか?ポジティブに言いますと洗車キズ系のスクラッチは意外と少ないです(*”▽”)

アフターです↓

シミもございますが屋外屋根なし駐車で2年半と考えますと、それ程悪い状態ではないと

思います。

ルーフ・・・

ボンネットに比べると明らかに痛みが進んでいるようです。

何故でしょうか??

アフターです。

ボンネットよりスクラッチもシミも残ってしまいました。

ただクスミがだいぶ取れてスッキリしました!

リアは・・・

リアウインドウ下の隙間に汚れが溜まっております。

↑は砂埃ですけど、お車の保管場所等によっては“苔”が生えている車も

珍しい事ではございません。 意外と多いんです(^^;

アフターです

サッパリと綺麗になりました。

汚れ自体は少量なんですけど、この隙間に汚れが付いているのと付いていないのとでは、

お車の全体の印象が大きく変わって来ますので不思議です。

 

ボディサイドも・・・

洗車していない感が伝わってきますが、ポジティブに言いますと(笑)洗車していないで、この程度の

汚れでしたら寧ろ綺麗な方ではないでしょうか??

アフターです↓

ボディサイドはシミやスクラッチも少なく痛みの進行は緩やかでしたが撥水は

落ち気味でした。メンテナンスでは最終的にメンテナンス剤で仕上げて撥水力を補います。

 

それと鉄粉の付着状況の報告です。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが・・・

少ないんです! 予想外です(笑)

1年半ぶりの鉄粉量とは思えない程少なかったです。

リアも・・・

おぉ~! こちらも少なかったです(*”▽”)

素晴らしい~!!

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしております。

リアも・・・

より綺麗になっています。

ホイールも・・・

やや汚れ気味でした。

アフターです↓

綺麗になりました。 足元が明るくなりましたね!

それと今回はフロントウインドウの再コーティングのご依頼も頂いております。

↓は現状です。

ウインドウコーティングも施工から2年半経ちますので撥水力も

だいぶ落ちてしまいました。

その古くなったコーティング被膜を除去してガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして、

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングの出来上がりです!

そしてチタニウムグレーメタリックのトヨタ ラッシュ、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました。

艶も復活してツヤピカボディに仕上がりました!

各部のアフターで見て頂きましたように近くで見てしまえば細かなシミやスクラッチは

多くなってはきましたが艶感などはコーティングから2年半経つとは思えない程お綺麗です(^_^)/

オーナー様も『おぉ!また綺麗になっちゃったな~!』と、とてもお喜びになられておりました。

ありがとうございました。

 

今回のラッシュはコーティング施工から2年半近くが経ち撥水力もだいぶ落ちてしまっていました。

撥水の耐久性はお車の使用方法や保管状況によって大きく異なってきます。

撥水が弱まるタイミングもお車それぞれで一概には言えませんが屋外屋根なし駐車ですと

半年~1年位でしょうか。 屋根有りやガレージ保管されているお車ですと2~3年経過しても綺麗に

撥水している場合もございます。撥水が無くなるとコーティング被膜も無くなった(コーティングが落ちた)と

思われる方が多いのですが実は違います。撥水が落ちる要因の一つはコーティング被膜に汚れが

蓄積してしまう場合です。この汚れはシャンプーで洗車しても落ちない頑固な汚れです。

その汚れを特殊なケミカル剤を使って落とすと撥水力が回復することも多いんです。

(コーティング被膜が傷んでる場合は特殊なケミカルで洗っても撥水は回復しません。

今回のラッシュはケミカルではあまり回復しませんでした。)

撥水力を維持するにはどうしても撥水剤やメンテナンスが必要になってきます。

ですので艶維持・撥水力維持の為にも定期的なメンテナンスがお薦めです!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。