日産ノート クロスオーバーのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産ノート クロスオーバーです!

オーロラフレアブルーパールの新車ノート クロスオーバーです!

ノート クロスオーバーは日産車の特装車を開発・製作する日産の関連会社である

オーテックジャパンが作る“AUTECH”ブランドカスタムカーです!

今では日産の各モデルにカタログモデルとしてブランド展開されております。

ノート クロスオーバーはノーマルに対し車高の25mmアップや専用のアルミホイール&大径タイヤ、

ルーフレールやホイールアーチガーニッシュ等を装着したコンパクトSUVとして人気のあるモデルです!

室内もAUTECH専用の仕立てでお洒落になっております(*^_^*)

そんなお洒落なノートクロスオーバーの現状を確認していきますと・・・

少し汚れもございますが、それとは別に塗装面が軽く曇っているようです。

ルーフは・・・

こちらの方が曇りがわかりやすいかも??

ライトがモヤけています。

それとは別ですがルーフには・・・

鳥糞の跡でしょうか?? シミが付いておりました(;’∀’)

ボディサイドは・・・

こちらも若干塗装面がモヤっとしております。

リアも・・・

もう少し透明感が欲しいです(^^;

 

ホイールは・・・

少し汚れておりました。

それと今回はフロントウインドウのコーティングのご依頼を頂いておりますので

フロントウインドウの確認&作業をご紹介していきましょう!

↓は現状です。

納車仕上げ時の撥水シャンプー又は何かしらの撥水剤が掛かっていたようで

綺麗に撥水しておりました!

しかし納車仕上げ時の撥水は簡易的な物ですので直ぐに落ちてしまいます(^^;

その簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをして完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

色的にわかりにくいのですが少ないです(^_^)/

全然付いていない訳ではないのですが、とっても少なかったです。

リアも・・・

少なかったです!

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

よりサッパリとしました。

リアも・・・

ほぼ違いがわかりませんが(汗)鉄粉処理が済んでおります!

 

鉄粉処理が終わりましたらボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回は・・・

ヘッドライトコーティングや・・・

樹脂コーティングも行っております!

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも取れてスッキリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

綺麗になっております!

それとルーフに付いていたシミですが・・・

少し塗装を侵食しておりましたが磨きで綺麗に除去出来ております!

綺麗に処理出来ましたので↑の写真を撮るにも場所がどこだかわからなかったので、

↑の写真は“この辺りだった”場所を撮影しています(笑)

ボディサイドも・・・

塗装面のモヤっが無くなって綺麗になっております。

リアも・・・

透明感が向上しています(^_^)/

ホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

艶々です!

ホイールコーティングは新車時、またはホイール新品時がおすすめです。

そしてオーロラフレアブルーパールのノート クロスオーバー、新車コーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

正直、元々がお綺麗な新車なのですが各部の写真で見て頂きましたように、

近くで塗装面を観察しますと色々と見えてきます。

その色々と気になる塗装面を磨いて塗装の肌を整えますと更にクリヤー感も

向上してスッキリとシャープに景色が映り込む艶々ボディに仕上がります。

やっぱり新車も磨きが大切なんです。(しみじみ)

ですので新車のコーティングも下地を整える専門店がおススメです!

新車も経年車もカーコーティング専門店の『カービューティープロ カラーズ』へ

是非どうぞ(^_^)/~

 

何度かお話しておりますが鳥糞は塗装面に甚大なダメージを与えます。

鳥糞は放置しておくと塗装の陥没や今回のお車の様にひび割れを引き起こす事がございます。

そうなると残念ながら再塗装するしか補修法は無くなります。

ですので鳥糞に気が付きましたら速やかに除去致しましょう!

除去方法ですが鳥糞の中に小石などが混ざっている事もありますので乾いたティッシュなどでは

拭かないでください。キズになります(-“-)

ティッシュを軽く濡らして擦らずに取り除いてください。

特に鳥糞がカッチカチに乾燥している場合は濡らしたティッシュ(水多めで)を鳥糞の上に

数分間置き、柔らかくなってから取るようにしてください。

この時も擦るように拭くのではなく、上につまみ挙げるように取り除いてくださいね。

拭くとキズになりますから(^^;)

同じく虫の糞や虫のこびり付きも塗装に良くないので同じ要領で早めに取り除いてあげましょう!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ジープ レネゲードのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはジープ レネゲードのボディコーティングです。

R2年式グラナイトクリスタルのジープ レネゲードです!

レネゲードは当店初入庫でございます(^_^)/~

ジープブランドとしては初の小型SUVとして登場しましたレネゲードですが

ジープらしくセブンスロットグリルを採用されながらも可愛いスタイルで発売と共に

アッと言う間に人気車種となりました!

ジープと聞くとどうしてもアウトドアのイメージが強いのですがレネゲードは

街中でも取り扱いやすいサイズと快適性を備えたモデルです!

人気が出るのも納得です(*^_^*)

そんな人気者のレネゲードでございますが、こちらのお車は初期登録から

2年程経過のお車になりますのでボンネットを見ていくと・・・

洗車キズ系のスクラッチが気になります。

シミは少ないのですが塗装面が少しクスんでいるようです。

ルーフも・・・

クスミやスクラッチもございますが登録から2年と考えますと状態は悪くない方ではないかと思います。

ボディサイドも・・・

スッキリとしていませんでした。

色的に目立ちませんがスクラッチもそれなりに付いています(^^;

リアも・・・

スクラッチが多かったです。

ホイールは・・・

だいぶ汚れ気味でした(汗)

 

今回オーナー様が初期登録から2年経過のレネゲードをご購入されたとの事で

当店にお越しくださいました。

色的な事もあってパッと見た感じではスクラッチもクスミも目立たなくて十分に

お綺麗なのですが室内でライトを当てて見てしまうと色々と見えてきてしまいます(^^;)

その色々な不具合箇所をポリッシングで修正してスッキリとクリヤーなレネゲードに

仕上げていきたいと思います!

その前に今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう!

↓は現状です。

油分の付着もすくないですね!

例え油分付着が少なくても・・・

下地作りはしっかりと行います!

今回は全面のご依頼ですので全面処理していきます。

作業していて気が付いたのですが・・・

ビックフット??イエティ?? どちらかわかりませんが見つけました(*‘∀‘)

フロントウインドウには・・・

初代ジープも描かれていました。

これはステッカーじゃなくてウインドウのセラミックのドット部がこうなっているんです!

遊び心があっていいですね。 見つけた時は嬉しいものです(笑)

話がそれましたが下地が整いましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です。

 

続いてボディの作業をご紹介してまいります。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

結構多いです(汗)

中古車等の屋外展示されているお車は鉄粉が多く付く傾向です。

と言いますのも中古車屋さんは大きな道路沿い等の車通りの多い場所に

展示にされる事が多いので、走行している車から出る鉄粉(ブレーキダスト)で

鉄粉が多く付いてしまう傾向です。

リアも・・・

反応が少し“流れ”ていますけど、やはり多めでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗になりました!

 

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

スクラッチもクスミもスッキリとしました!

ルーフも・・・

クリヤーで気持ちいいです(*^_^*)

ボディサイドも・・・

クスミが無くなってライトがスッキリと映り込むようになっております。

スクラッチが多かったリアも・・・

綺麗になりました(^_-)-☆

最後にホイールです。

艶々です!

そしてグラナイトクリスタルのジープ レネゲード、ボディコーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

レネゲードはカクカクとした四角いデザインに見えますがパネル毎に見ると

意外なほど曲面を多用したデザインなんですけど、艶が増した事でその曲面が

より強調されて魅力度がアップしたと思います!

オーナー様も『うわぁ~凄いですね。 凄いピカピカですね!!』と、とてもお喜びになられておりました。

ありがとうございました。

新しい相棒となりましたジープ レネゲードで楽しいカーライフをお楽しみください(^_^)/

 

ジープ レネゲード、いいですよね~!

私も初めて見た時から気になる存在でした(笑)

ジープと言うと、どうしても本格的なオフローダーのイメージなのですがレネゲードはコンパクトで

使いやすそうです。

最近のアウトドアブームもあってか最近ジープが人気急上昇で、少し前にジープの大型ピックアップトラックの

グラディエーターが日本でも発売されたそうですが初回分の200台がアッと言う間に完売してしまったそうです。

全長が5600mmもあるのに・・・凄いです(笑)

今後も定期的に導入される予定だそうですので欲しい方は早めのご予約を!(笑)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

アイスシルバーメタリックのスバルXVです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスバルXVのボディコーティングです。

H25年式アイスシルバーメタリックのスバルXVです!

初期登録から約9年程経過のお車になります。

こちらは最近ご購入されたそうです。

アイスシルバーメタリックと言う名の通り、少し青味のあるシルバーです!

色的な事もあって9年経過のお車には見えませんが、はたして!!

では早速ではございますが初期登録から9年が経過しましたスバルXVの現状確認より始めて参りましょう。

まずはボンネットからです↓

クスミは意外と少ないのですが洗車キズ系のスクラッチが確認できます。

ただシルバーという事もあって、それ程目立ちません(^^;

ルーフは・・・

ちょっと汚れ気味ですのでわかりにくいのですがクレーター状に塗装を侵食してしまっているような

深いシミは少ないです。

ただボンネットと同様に洗車キズ系の浅めのスクラッチはやや多めでした。

ボディサイドは・・・

曇っているように見えますが、ここは元々↑のような少しモヤッとした塗装肌の様です。

リアは・・・

ここはクスミが進んでいるようでライトの映り込みがモヤっとしています。

ホイールも・・・

少し汚れ気味でした。

 

初期登録から9年程経過しているのですが、おそらく展示前の商品化の時に軽~く磨かれている感じで

全体的にクスミは少なくかったです。

ただパネル毎に磨きの度合いが違うようで今一つ塗装に統一感がございませんでした。

今回は各パネルが同じような状態になるように仕上げていきたいと思います!

では作業開始!!

 

今回はウインドウのシミが気になるとの事でウインドウのシミ除去&コーティングをしていきます。

↓は現状です。

ウロコがなかなかイイ具合なんです(^^;

比較的ウロコが少ないウインドウもあるのですが酷い所は↑のような状態でした。

ウロコは付いてしまうとなかなか落とせないんです(^^;

ここまで付いてしまうと市販のケミカルで落とすのは、なかなか困難です。

当店のウインドウコーティングの料金には基本的な下地処理代も含まれておりますが

ウロコの程度によって別途ウロコ除去の追加料金がかかる場合がございます。

今回は基本的な下地処理の範囲内で処理しております。

ウインドウの下地が整いましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして完成です。

今回は基本的な下地処理の範囲内での下地処理ですので所々薄っすらとシミの輪郭が

残っている部位もございますが、だいぶスッキリと綺麗になりました!

また今回のXVはアイサイトver.2という事でフロントウインドウはクリーニングのみで

コーティングはしておりません。

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

反応が“流れ気味”ですが結構多いです(汗)

中古車等の屋外展示されているお車は鉄粉が多く付く傾向です。

と言いますのも中古車屋さんは大きな道路沿い等の車通りの多い場所に

展示にされる事が多いので、走行している車から出る鉄粉(ブレーキダスト)で

多く付いてしまう傾向です。

リアも・・・

反応が少し“流れ”ていますけど、やはり多めでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗になりました!

 

その後に今度はボディにマスキングをしていきます。

磨きの準備が整いました。

今回は塗装の研磨量の少ない軽い磨きのベーシックプランでのご依頼になります。

ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”や

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また”塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

洗車キズ系の浅いスクラッチが無くなってスッキリとしました!

ルーフも・・・

深いシミやキズは残っていますが洗車キズが無くなってサッパリとクリヤーになりました。

ボディサイドも・・・

スッキリとクリヤーになりました。

リアも・・・

クスミが無くなってライトの映り込みがスッキリとシャープになっています!

最後にホイールです。

よ~く洗ってから艶出しで仕上げております。

そしてアイスシルバーメタリックのスバルXV、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

スッキリとクリヤーなXVに仕上がりました(^_^)/

細かな洗車キズが無くなりスッキリと透明感が増し艶も向上しております!

中古車は前オーナー様のお手入れ状況がわからない場合が多く、

またお車の展示期間が長ければ長いほど痛みも進んでしまう傾向ですので

お使いになられる前に一度お車をリフレッシュするとボディもサッパリ!気持ちもスッキリとして

新しい愛車に気持ち良~くお乗りいただけると思います(^_-)-☆

皆様も是非どうぞ~!

 

話は変わって先日スバルから9月15日に新型のSUVを発表するとリリースされました。

詳細ははまだ明らかにされていませんが、どうやら新型のXVの様です。

国内ではXVと名乗っていますが国外ではクロストレックと言う名で発売されている人気車でもあります。

その国内のXVも新型から車名を変更してクロストレックに統一するようです。

はたして、どのようなスタイル&性能で登場するのか、XV好きの私は今から楽しみでしょうがないです(笑)

早く9月15日が来ないかなぁ~~(#^.^#)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

アルトターボRSのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ アルトターボRSのボディコーティングです。

H27年式ピュアホワイトパールのスズキ アルトターボRSです!

14年ぶりに復活したアルトのターボモデルですが・・・それももう7年前の事だそうです。

このHA35型のアルトが登場してもう7年も経つんですね(^▽^;)

オーナー様に伺ってビックリです(笑)

私、初代アルトワークスを少しの期間ですが所有していたこともあって、

ターボRSが出た時はアルトワークスの再来と思いワクワクしていたのを今でも覚えていますが

それがもう7年も前の事だったなんて・・・時間が経つのが早すぎて怖いです(;´∀`)

オーナー様もターボRSが出てすぐにご購入されたそうですので、7年経過して今回は愛車の

リフレッシュのご依頼を頂いております。

7年経過しましたターボRSの現状を確認していきたいのですがご入庫時は雨の影響もあり・・・

濡れています(^^;

濡れているとシミやスクラッチが雨水で埋まってしまい確認が出来ません。

とは言えそれでも塗装面がクスんでいるのが何となくはわかります(笑)

↓は洗車や鉄粉除去等が終わった後の状態です。

シミやクスミで塗装表面がガサガサです(^^;

ルーフも・・・

ガサガサと傷んでおります。

またよ~く見るとスクラッチも沢山付いています(^^;

ボディサイドも・・・

ガサガサです。 今回は白いお車ですのでそれ程目立ちませんが、これが黒い車ですと

結構痛みが目立つと思います(;´∀`)

リアも・・・

リアもクスミがありますが他のパネルと比べると比較的お綺麗でございました!

ホイールは・・・

こちらは洗車前です。

汚れも少なくお綺麗でした!

 

パールホワイトのお車なのでパッと見た感じでは痛みはあまり感じませんでしたが

洗車してからよくよく観察してみますと、やはり7年分の痛みが確認できました。

この先も気持ちよく愛車にお乗りいただく為にもビシッとボディをリフレッシュしていきたいのですが

その前に今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

まずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう!

↓は現状です。

撥水力が弱~い感じですけど撥水していました(^.^)

以前の撥水コーティングが残っているような感じです。

今回は全面施工のご依頼ですので全ガラス面を磨いてガラス表面を整えます。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成しました!

 

続いてボディの作業をご紹介してまいります。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

結構多いです(汗)

とは言えご購入から7年ですので↑くらいは普通鉄粉量です。

リアも・・・

やはり多めでした(^▽^;)

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

だいぶスッキリと綺麗になりました。

リアも・・・

綺麗になりました!

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回はヘッドライトクリーニングのご依頼も頂いております。

ご購入から7年経過していますので白濁が進んでいますが・・・

もの凄く傷んでいる訳ではございません!

程度としては軽い方だと思いますが、それでも白濁しているとお車が古く感じてしまいます(^^;

アフターです↓

軽めの白濁でしたので今回は軽い磨きで曇りを除去してからヘッドライトコーティングで

仕上げております。

反対側も・・・

白濁しておりますが、こちらの方が軽い症状でした。

アフターです↓

クリヤー気持ちいいですね!

ヘッドライトクリーニングは痛みの進行具合で施工料金が変わって来ます。

もちろん軽めの症状の方が施工料金も安いので白濁や黄ばみが気になりましたら

早めのリフレッシュがおすすめです。

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

ガサガサでした塗装表面がクリヤーで艶々になりました(^_^)/

ルーフも・・・

クリヤーで気持ちいいですね!

ボディサイドも・・・

クスミが無くなりライトがしっかりと映り込むようになっております。

リアも・・・

ライトの輪郭がクッキリとシャープに映り込むようになりました(^_-)-☆

ホイールも・・・

艶々です!

そしてピュアホワイトパールのスズキ アルトターボRS、ボディコーティングが完成いたしました。

クリヤーで艶々に仕上がりました!

塗装面のクリヤー感、そして艶感は新車にも負けていないと思います!

傷んだ塗装面を磨いてリフレッシュいたしますと艶と透明感が違ってきます。

その綺麗に整った塗装面にコーティング剤を塗ると艶が更にアップして

新車にも負けない輝きを取り戻します(^_^)/

オーナー様も『凄~い。ピカピカですね!いゃ~綺麗ですね~~』と、とてもお喜び頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

リフレッシュが済みましたアルト ターボRSで気持ち良いドライブを(^o^)丿

どうしても車は使用しているうちにシミが付いたりキズが付いたりと、

少しづつ痛みが進んできます。その痛みが積み重なって愛車から艶と透明感を奪っていきます(^^;

でも磨けばご覧のように艶も透明感も復活いたします!

特に愛車を長~く乗られる派の方は定期的にコーティング再施工がおすすめです。

何時までも綺麗な愛車にお乗りいただけます事間違いなしです(^_^)/~

逆に長~くお乗りいただく為にも定期的に愛車をリフレッシュしてると

愛着もより湧いて手放したくなくなります(笑)

愛車の綺麗維持、そして愛着アップの為にも定期的なリフレッシュを是非どうぞ~!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

ホンダ シビックのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ シビックのボディコーティングです。

プレミアムクリスタルレッドメタリックのホンダ シビックです!

シビックは現行モデル・従来モデル含めて当店初入庫でございます(^_^)/

納車間もない新車でございます!

昨年モデルチェンジを果たしましたシビックですが初代から数えて現行型は11代目のモデルになります。

そのシビックの初代モデルが発売されたのが1972年の7月!

そうです、今年はシビックの生誕50周年なんだそうです\(◎o◎)/!  Happy 50th anniversary!

しかも7月。こちらのオーナー様のシビックも7月納車!! いゃ~何だか運命感じずにはいられませんね~(笑)

これはもうオーナー様に50年間シビックに乗ってもらうしかないですね!

運命だと思って頑張ってもらいたいです(笑)  もちろん私の勝手な希望ですけど( ̄▽ ̄)

50年間綺麗にお乗りいただく為にも、まずはコーティングです(笑)

では早速ですが新車シビックの現状確認より始めて参りましょう。

↓はボンネットです。

いゃ~曇っていますね~(^^;

若干汚れていますので汚れで曇っているように見えるかも知れませんが、

塗装の曇りなんです。

↓は洗車や鉄粉除去等の作業が済んだ後の写真です。

やはり曇っています(^^;

ルーフも・・・

洗車後の写真です。

やはりボンネットと同じように、なかなかの曇り具合でございました。

ボディサイドは・・・

こちらは洗車前です。

ホンダの新車コーティング時は毎回のようにお話していますが、

ホンダ車の塗装は曇っている場合が非常に多いんです。

他のメーカーの新車も曇っているには曇っていますがホンダ車の曇りっぷりは

トップクラスなんです(汗)

リアも・・・

もう少しスッキリとクリヤーにしたいところです。

ホイールは・・・

 

あれっ??

写真が・・・ない。

どうやら写真を撮り忘れたようです(;一_一)  すみません。

 

それと今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、続けてウインドウコーティングの

現状&作業も見ていきましょう。

↓は現状です。

油分の付着があるようで水を弾いておりました。

当初はフロントとリアのみのご依頼でしたがサイドウインドウも油分による汚れ?のような物が

気になるとの事で全面施工のご依頼に変更されました。

新車時はボディ同様ウインドウも最良の状態ではない事がほとんどです。

新車=最高の状態ではなくガラスにも油分等の付着物が付いている事が多いんです。

よく納車直後に綺麗だと思って下地を整えないでボディコーティングやウインドウコーティングを

御自分で施工される方も多いのですが、新車でも下地作りは非常に大切ですのでご注意下さい。

話がそれましたがガラス表面を綺麗にしてからウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをします。

最後に撥水チェックをしましたらウインドウコーティングが完成です。

 

続いてボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

色的にわかりにくいのもございますが反応も少なくて鉄粉の付着は少なかったです。

リアも・・・

反応が“流れて”しまっていますが、反応自体も少なめでした。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

元々少ないのもありますが・・・

写真だと処理前後の違いがわかりませんね(^^;

違いが伝わりませんが鉄粉処理はバッチリと済んでおります!

 

その後にボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的にやや曇り気味の塗装肌でしたので新車にしては少し強めの磨きで

曇りを除去してクリヤーな肌に仕上げていきました。

 

磨きが終了しましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤は・・・

コロコロの水玉撥水が気持ちいいPCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それと今回は・・・

フロントグリル等の樹脂コーティングや・・・

ヘッドライトコーティングも施工しております!

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも取れてスッキリとクリヤーになりました!

ルーフも・・・

サッパリと綺麗になりましたね~(^_^)/

ボディサイドも・・

曇りが無くなり透明度を増しております!

リアも・・・

スッキリしました。

最後にホイールです。

アフターは取り忘れていませんでした(笑)

ビフォーの写真が無いので比較できませんが(汗)タイヤもホイールも綺麗に洗ってから

艶出しをして仕上げております。

そしてプレミアムクリスタルレッドメタリックのホンダ シビック、新車コーティングが完成いたしました。

綺麗に仕上がりました!

正直、新車ですので↑の引きの写真ですと違いがわからないかも知れません(汗)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにボヤボヤとした曇りが無くなり、

キリッとシャープに景色が映り込むクリヤーな艶々ボディに仕上がっています。

しかしそれでも実車の方ではボディに映り込む景色がよりクリヤーでボディ全体の光沢も向上しております!

この新車以上の光沢感とクリヤーな塗装肌に仕上げるには、やはり新車でも磨いてから

コーティングをしないと出来ません。

オーナー様も『いゃ~やっぱりちがいますね~!』と、その違いを感じて頂けたご様子でございました。

ありがとうございました。

50年間大切にお乗りください(*^^*)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

トヨタ ライズHVのボディコーティングです。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ライズハイブリッドのボディコーティングです。

シャイニングホワイトパールのトヨタ ライズハイブリッドです!

こちらは納車間もない新車でございます。

ライズのハイブリッドは昨年11月の一部改良時に追加設定されたモデルになります。

元々人気モデルでしたがハイブリッド追加で益々人気上昇の様です(^_^)/

人気が出れば出る程、現在の納車遅延も長くなってしまうようで、こちらのオーナー様も

納車まで長~い時間が掛かってしまったようです(;´∀`)

現在、人気の車種は半年~1年待ちが普通の様で、それ以上待ちの場合も珍しい事でもない様です(涙)

早く回復してもらいたいですけど、まだ暫くは納車遅延が続きそうですね(T_T)

話がそれましたが納車間もない新車のライズHVの現状確認から始めて参りましょう!

↓はボンネットです。

若干曇りを感じますがクリヤーでお綺麗でした。

ルーフも・・・

言われなければ気が付かない程度ですが若干曇りがございます。

ボディサイドも・・・

↑の写真単体で見れば十分お綺麗ですが・・・やはり少しだけ曇りがありライトの映り込みが

今一つスッキリとしていません。

リアも・・・

今回はここが一番曇っていました(^^;

とは言え↑程度の曇り具合です。

ホイールも・・・

少し汚れていました。

汚れ自体は大したことないのですが、どうしても黒いホイールは汚れが目立ってしまいます。

 

新車ですので基本的にとてもお綺麗です!

しかし、よくよく観察しますと僅かな曇りが有るのも事実です。

言われなければ気が付かないレベルの僅かな曇りですが、その僅かな曇りを取り除けば

更に透明感が向上してクリヤーで艶々なボディに仕上がります。

そんなクリヤーで艶々なボディをご紹介するその前に、ウインドウコーティングのご依頼も

頂いておりますので、まずはウインドウコーティングの作業からご紹介して参りましょう!

↓は現状です。

納車仕上げ時の撥水シャンプー又は何かしらの撥水剤が掛かっていたようで

撥水しておりました!

しかし納車仕上げ時の撥水は簡易的な物ですので直ぐに落ちてしまいます(^^;

簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤です!

そして最後に撥水チェックをして完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

納車から間もない新車なのですが鉄粉が多かったです(^^;

どのタイミングで沢山付いたのかはわかりませんが、納車時点では既に鉄粉が

付いていたと思われます(汗)

実は新車でもよくある話です(;´∀`)

リアは・・・

ボンネットに比べますとだいぶ少ないです。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

ボンネットの鉄粉もスッキリと綺麗になりました!

リアも・・・

綺麗に除去出来ております。

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

全体的に軽めの曇りでしたので磨きを入れて曇りを除去し塗装表面を

クリヤーに仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティングです。

当店は新車でもここまでがコーティングを塗る為の下準備になります!

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

曇りも無くなりスッキリとしました!

ルーフも・・・

クリヤーになっております。

ボディサイドも・・・

こちらも曇りが無くなりライトがスッキリとクリヤーに映り込むようになりました(^_^)/

リアも・・・

透明度が増しました!

ホイールも・・・

ピカピカです。

そしてシャイニングホワイトパールのトヨタ ライズハイブリッドのボディコーティングが完成いたしました。

綺麗に仕上がりました!

正直、新車ですので↑の引きの写真ですと違いがわからないかも知れません(^▽^;)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたようにモヤッとした曇りが無くなり、

キリッとシャープに景色が映り込むクリヤーで艶々ボディに仕上がっています!

新車を艶々ボディに仕上げるには下地作りが重要になってくるんです。

下地を整えない(曇りやシミ・スクラッチを処理しない)でコーティング剤を塗ってしまえば

もちろん曇ったままなんです(汗)

でも正直そのままコーティングをしてしまう業者さんやディーラーさんが多いのが実情です。

もちろん中にはしっかり磨いている所もございます!

特にディーラーさんやGS系でコーティングを考えている方は事前に磨きをしているのか

確認した方が良いかと思います。

同じコーティングでも下地を整えないのもコーティングですし、整えるのもコーティングです。

しかし同じコーティングでも仕上がりが違ってきますのでご注意下さい!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ブラックのトヨタ クラウンです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ クラウンのボディコーティングです。

H28年式ソリッドブラックのトヨタ クラウンです!

オーナー様はこの型のクラウンを探されていたようですが、程度の良い個体に出会え、

ご購入に至ったそうです。

販売店のお話では中古車として展示前に一度磨きを入れているとの事だったそうですが

シミが気になるとの事で当店にご相談にお越しくださいました。

確かに現状を確認していきますと・・・

シミもクスミもなかなかのものです(^▽^;)

磨きと言いましても、磨きの程度も様々です。

塗装表面の汚れを落とす程度の軽い磨きも“磨き”ですし、

深いシミやキズを可能な限り除去するのも“磨き”です。

ルーフも・・・

シミやクスミが進んでいます。

展示仕上げで磨いてからご購入まで展示期間が長ければ展示中に傷んだ事も考えられます。

トランクも・・・

傷んでおります(^^;

ボディサイドは・・・

シミは少なかったです。

ホイールは・・・

汚れも少なくお綺麗でした。

全体的にご覧いただいた様に痛みが進んでおりました。

よくよく観察しますとマスキングの痕跡もバッチリとあるので磨いているとは思います。

しかし痕跡がバッチリとある事自体も少しアレなのですが・・・(^▽^;)

その辺りのマスキングの痕跡もしっかりと磨いて除去していきたいと思います!

その前に今回はウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますのでウインドウコーティングより

ご紹介していきます。

↓は現状です。

何かしらの撥水剤が掛かっていたようです。

ワイパーの払拭範囲外は比較的“水玉”を維持しているようですが、

払拭範囲内は撥水力が落ちているようです。

その撥水剤を一度落としてガラス表面を綺麗にリセットいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして・・・

撥水チェックをしましたらウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

毎度の事ですがボディが黒いと反応が見えません(^^;

リアも・・・

写真だと鉄粉が付いているんだか付いていないんだか全然わかりません。

実際のところは私が想像していたよりは少なかったです。

その想像がどれくらいだったのかをお伝えするのが、これまた難しいのですが濡らしたボディを

優しく手で撫でると所々にポツポツとした感触が伝わってくるぐらいです(笑)  全然伝わらね~~(^▽^;)

とにかく想像していたよりは少なかったです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、もちろん・・・

写真で見ると違いがわかりませんが・・・

鉄粉処理が終わっております!

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の詳しい事はこちらをご覧ください。 →  PCX-S9

 

それと今回は・・・

軽くヘッドライトをクリーニングしてからヘッドライトコーティングをしております。

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

シミもクスミもスッキリとしてクリヤーになりました(^_^)/

ルーフも・・・

サッパリと綺麗になりました!

トランクも・・・

綺麗になりました。

ボディサイドも・・・

ライトが綺麗に映り込むようになっております。

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

そしてソリッドブラックのトヨタ クラウンのボディコーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

塗装表面に付いているスクラッチやシミそしてクスミ等がボディの艶や透明感を低下させます。

またスクラッチが多いと黒ではなくグレーっぽく見えてきてしまうんです。

それらの不具合を丹念に磨き可能な限り取り除いていくことで新車にも負けない艶と透明感を取り戻します!

同じ“磨き”でも軽く磨くのと丹念に磨くのとでは仕上がりは全然違います。

もちろん丹念に磨いても全ての痛みをリセット出来る訳ではないのですが

艶と光沢感が違ってきます。

中古車は前オーナー様のお手入れ状況がわからない場合が多く、

またお車の展示期間が長ければ長いほど痛みも進んでしまう傾向ですので

お使いになられる前に一度お車をリフレッシュするとボディもサッパリ!気持ちもスッキリとして

新しい愛車に気持ち良~くお乗りいただけると思います(^_-)-☆

新たな相棒となりましたクラウンで楽しいカーライフをお楽しみください!!

 

ダーク系カラーのお車、特にソリッドブラックは維持・管理がとても難しいデリケートなカラーです。

塗装自体の痛みも早くホワイトやシルバーなどのライトカラーのお車に比べますと数倍の速さで

痛みが進んでしまう傾向です。

また洗車時にも傷が付きやすく目立ちやすいので注意が必要です。

洗車する時はまず初めに水で(できれば高圧)でよ~く砂や埃などを落として、その後たっぷりの

シャンプーの泡を使って優し~く力を入れないで洗ってください。 水を拭き取るときも優し~くです。

ポイントはタップリの水とタップリの泡、そして愛情タップリの優しさです(^.^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

トヨタ GR86のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ GR86のボディコーティングです。

スパークレッドのトヨタGR86です!

GR86は当店初入庫になります(^_^)/

いゃ~新型もカッコイイですね!!

写真で見ると先代の86とそれ程大きく変わった印象ではないのですが

実車で見ると結構違います。先代のイメージはあるのですが面のうねりがより強くなり

スポーツカーらしくグラマラスでボリューム感が出ました!

そんな綺麗でグラマラスなスパークレッドの新車GR86の現状ですが・・・

ご入庫時は少し汚れていましたけど塗装面自体は曇りもあまりないようで

とてもお綺麗な塗装肌でした。

ルーフも・・・

ちょろっと汚れていますけど塗装自体はお綺麗なんです。

リアも・・・

汚れていますけど曇りは少なくクリヤーです。

ボディサイドは・・・

こちらもスッキリとした塗装でした。

ホイールは・・・

若干汚れ気味でございました。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂いておりますので後ほどコーティングをしていきます!

それと合わせてウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますのでボディのご紹介の前に

ウインドウコーティングより見ていきましょう!

↓は現状です。

納車後にオーナー様が撥水剤を塗られたとの事で水を弾いていましたが

若干撥水力が弱っているようです。

その撥水剤を・・・

除去をして表面をリセットいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングします。

最後に撥水チェックをしてウインドウコーティングは完成です!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

全然ついていないわけではないのですが、とっても少なかったです(^_^)/

リアも・・・

よく見ると反応が見えますが少ないですね!

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしていきます。

綺麗です!

リアも・・・

あまり見た目が変わりませんが(^^;)鉄粉除去が済んでおります。

 

その後に今度はボディにマスキングを行い・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は曇りも軽くお綺麗な塗装肌でしたので軽めのポリッシングで

塗装表面を整えていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティングです。

当店は新車でもここまでがコーティングを塗る為の下準備になります!

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

コロコロの水玉撥水が気持ちいいPCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

スッキリと綺麗です!

ルーフも・・・

クリヤーで綺麗です(^_^)/

トランクも・・・

スッキリと艶々です。

ボディサイドも・・・

綺麗にライトが映り込んでおります!

そしてホイールは・・・

ホイール専用コーティング剤、PCW-880でホイールコーティング!

マッドブラックのホイールはコーティングをしますと若干艶が出でしまいますが、

それほど大きく印象が異なってしまう事もないかと思います。

マットブラックのホイールはブレーキダストが付きやすく、

目立ちやすいんです。そして掃除をしてもダストが取れにくいんです(^_^;)

ホイールコーティングはダストのこびり付きや焼き付きを抑制する効果が

ございます。 全くこびり付かない訳ではございませんがコーティングしているのと、

していないのとではお手入れのしやすさが違ってきますのでダストの多いお車には

おススメのメニューになります!

 

そしてスパークレッドのトヨタGR86、新車コーティングが完成いたしました。

艶々なスパークレッドに仕上がりました!

元々とってもお綺麗な塗装でしたが、それでも磨いてからコーティングをいたしますと

艶と光沢そして透明感が向上して艶々のボディに仕上がります(^_-)-☆

 

今回のスパークレッドはソリッドの赤なのですが普通のソリッドではなく

ベースの赤コートの上に高輝度の赤コート、そしてクリアコートの3コートのソリッドカラーです!

発色が良く目の覚めるような綺麗な赤です(*”▽”)

カラー名称は兄弟車のBRZと基本的に同じなのですが、このスパークレッドだけは別の名称になっています。

GR86ですとスパークレッドですがBRZになるとイグニッションレッドと言う名のカラー名になります。

同じカラー(カラーコードも同じ)なのに、このカラーだけ名前を変えたところにトヨタのこだわりを感じます!

もう一つ、ブライトブルーもGR86専用のカラーですね!

こちらも綺麗なブルーで私好みです(笑)

車の色選びは難しく、そして楽しいものです。

とっても悩ましいんだけど楽しい時間なんですよね~。

私も時々何色にしようかと、ご相談されることがあるのですが、やっぱり最終的には一番欲しい色を

選んで下さいと申し上げております! やっぱりそれが一番だと思います。

皆様もお車ご購入時は色選びで悩んで、そして楽しんでください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

ルノー トゥインゴのご入庫です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはルノー トゥインゴのボディコーティングです。

 

こちらのルノー トゥインゴは納車間もない新車でございます!

ジョンマンゴーと言う名のカラー名称の綺麗なボディカラーです(^_^)/

名前の通り“フレッシュなマンゴーを想起させるイエロー”なのだそうです。

何かに似ている色だなぁ~っと思いましたが、カラー名を調べて納得しました(笑)

そう聞いてしまうと、もうマンゴーにしか見えません(*^_^*)

そんな美味しそうなジョンマンゴーのトゥインゴの現状を見ていきますと・・・

塗装面の曇りも僅かでお綺麗でございました。

今までルノーは数台作業しておりますが、今まで作業した中で一番クリヤーで

綺麗な塗装肌でございました。

ルーフは・・・

少し汚れていますけど曇りも少なくお綺麗です。

またルーフはキャンバストップですので・・・

ルーフの8割ほどは布製になります。

そのキャンバストップも汚れも少なくお綺麗でございます。

ボディサイドは・・・

ボンネットに比べると若干曇りがあるようです。

リアは・・・

今回一番の曇りポイントでした(^^;

映り込んでいるライトがスッキリとしていません。

ホイールは・・・

こちらは少し汚れておりました。

先ほども少しお話しましたが私的にルノーの塗装は曇り気味の印象なのですが

今回のお車は曇りも少なくクリヤーで綺麗な塗装でございました。

とは言え若干曇りもありますので、その曇りを除去してよりクリヤーで綺麗な塗装肌に

仕上げていきたいと思います!

その前に今回はボディコーティングに加えてウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ボディのご紹介の前にウインドウコーティングの現状確認&作業を見ていきましょう!

↓は現状です。

納車仕上げ時の撥水シャンプー又は何かしらの撥水剤が掛かっていたようですが、

それも、ほぼほぼ落ちている様です(汗)

納車仕上げ時の撥水は簡易的な物ですので直ぐに落ちてしまいます(^^;

簡易的な撥水剤を落としてガラス表面を一度リセットします。

今回は全面ですので全面リセット!!

その後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをしていきます。

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です!

 

続いてはボディの作業を見ていきましょう。

まずは洗車をします。その後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

今回はクリーナーではなくトラップネンドを使って処理していきます。

↓は使用前のネンドです。

そして↓がボンネットを処理した後のネンドです。

綺麗です!

ボディ全体も鉄粉等の異物も少なかったです(^_^)/

 

異物除去が済みましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的にごく軽い曇りでしたので軽い磨きで曇りも除去して塗装表面をクリヤーに

仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です。

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

元々お綺麗でしたが更にクリヤーでスベスベになっております。

ルーフも・・・

スッキリとクリヤーです(^_^)/

キャンバストップは・・・

専用のクリーナーで洗浄しております。

ボディサイドも・・・

スベスベです(*^_^*)

リアの曇りも・・・

サッパリとしてライトが綺麗に映り込むようになっております!

最後にホイールです。

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

そしてジョンマンゴーのルノー トゥインゴ、新車コーティングが完成いたしました。

美味しそうに仕上がりました(*”▽”)

元々とてもお綺麗な新車でございましたが更に艶も光沢も向上して

艶々ボディになりました!

お引き取りに来られたオーナー様も『わぁ!ピカピカだぁ!!』と、

その違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

今回のお車は比較的曇りも少なくクリヤーな塗装でしたが、

新車の塗装面はかなりの高確率で曇っています(T_T)

塗装面が曇っていますとボディへの景色等の映り込みがモヤけてしまい

綺麗に映り込みません。またお車全体の印象もスッキリとしません。

その曇りを取りますと透明感が増し不思議とお車全体の印象もスッキリとクリヤーで、

キリッとした佇まいになります(^_-)-☆  不思議です(笑)

皆様の新車は大丈夫ですか?? 新車なのになんかスッキリとしないなぁ、と感じましたら

それはもしかして塗装面が曇っているのかもしれません。

でも大丈夫です。磨けばスッキリとクリヤーになります。

新車のコーティングも新車磨きを行っている当店にお任せください。

お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

新型ノアのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ノアのボディコーティングです。

ホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ 新型ノアHVです!

納車間もない新車でございます(*’▽’)

ノアは「標準モデル」と「エアロモデル」の2種類が用意されています。

標準モデルは「堂々・モダン」がテーマで、エアロモデルは「王道・アグレッシブ」をテーマに

デザインされているそうです。

今回ご入庫されているのは「王道・アグレッシブ」のエアロですね!

そんなアグレッシブな新車のノアですがご入庫時、雨の影響も有り・・・

濡れております。

それを差し引いて見てみても若干塗装面が曇っているようです。

汚れじゃない?? と思うかも知れませんが曇っているんです。

↓は洗車後(磨き前に)撮影したものです。

やはり若干雲っていてライトがモヤッとしております。

ルーフも・・・

少しモヤけている感じです。

この曇りは製造時に出来るもので残念ながら多くの新車は曇っています。

ただ今回のノアは比較的曇りの度合いは軽くクリヤーな方だと思います。

ボディサイドも・・・

こちらもほんの少し曇っているかな~~ 程度です。

言われなければ気が付かないかもです。

ただセンターピラーには・・・

油かな??

何かが付いていて汚れていました(^^;

リアは・・・

基本的にはお綺麗なのですが、もうちょっと透明感が出るはず!(笑)

今回、ここが一番曇っていました。 と言いましても↑程度です(^^;

ホイールは・・・

こちらも軽~く汚れていました。

 

新車ですので基本的にとてもお綺麗です! しかし僅かな曇りが有るのも事実です。

この曇りを取り除けば透明感が更に向上してクリヤーで艶々なボディに仕上がります。

そんな艶々ボディを目指して作業を進めていくのですが、その前に今回はウインドウコーティングの

ご依頼も頂いておりますのでウインドウコーティングの作業も見ていきましょう。

↓は現状です。

汚れはありますが油分の付着はあまりありませんでした。

新車でも中には油膜に覆われている車もあるんです(^^; 不思議です。

油分の付着は無くてもしっかりと下地を整えます。 (油以外の汚れや付着物もありますので)

その後にウインドウコーティング剤PGS-33でコーティングをして・・・

最後に撥水チェックをしましたらウインドウコーティングが完成です!

 

続いてボディの方の作業を見ていきましょう。

洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します。

意外と多かったです(^▽^;)

リアも・・・

反応が“流れ”ていますが、こちらもやや多めでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリと除去出来ました。

リアも・・・

綺麗になっております。

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

全体的に軽めの曇りでしたので磨きを入れてしっかりと曇りを除去し

塗装表面をクリヤーに仕上げていきました。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティングです。

今回使用しましたコーティング剤は・・・

水玉撥水が気持ちいいPCX-S8です!

こちらは美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

よりクリヤーで艶々になっております!

ルーフも・・・

元々お綺麗ではありましたが磨くとより透明感が増しライトの映り込みも

スッキリと綺麗になります!

ボディサイドも・・・

ライトの輪郭がクッキリとシャープになりました。

もちろんセンターピラーの謎の汚れも・・・

綺麗になっております。

リアは・・・

今回一番ビフォー&アフターの違いがわかりやすいと思います!

見比べて下さいね(^_^)/

最後にホイールです。

ピカピカです!

そしてホワイトパールクリスタルシャインのトヨタ 新型ノアHV、新車コーティングが完成いたしました。

艶々に仕上がりました~(^_^)/

と、言いましても正直、新車のパールホワイトですので写真だと、

あまり違いがわからないかもしれません(汗)

しかし各部の仕上がりの写真で見て頂いたように曇りが無くなり透明感が向上しました。

それによりお車全体がよりキリッとシャープに、そして綺麗に景色が映り込むようになっております!

今回は塗装面の曇りは僅かでしたが、その僅かな曇りもあるのと無いのとでは、

お車の印象は変わってくるものです。

お引き取りに来られたオーナー様も『おぉ!ピカピカだなぁ!!』と、

その違いを感じて頂けたご様子でした。

ありがとうございました。

 

先ほどもお話いたしましたが新車によく見られる特有の曇りですが、(白ボケとも言います)

この曇りを除去すると塗装本来の色と艶が出てクリヤーで艶やかなボディに変わります。

ですので新車でも磨きは必要だと当店は考えております。

もちろん1台1台曇り具合は違いますので磨き方も変わってきます。

ですので新車のコーティングはカーコーティング専門店がおすすめなんです!

新車も経年車もカーコーティング専門店の『カービューティープロ カラーズ』に

是非お任せ下さい。 皆様のご来店をお待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。