新車のトヨタ・ハリアーハイブリットのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはトヨタ・ハリアーハイブリッドのボディコーティングです!

こちらは納車まだ間もない新車のお車です!ご覧のように当店にご入庫された日は雨でしたので濡れてます(^^;)

オーナー様のお話しによりますと納車時より線キズが多く入っていてドアには保護シートの糊跡まで付いている

との事です。

早速状態を確認していきたいんですが・・・このままでは雨で濡れているのでよくわかりません(;”∀”)

と言うことで洗車してからの確認がこちらです!どうぞ~。

ボンネットです↑  すでに軽~くシミが付いてます。

ルーフは・・・一瞬キズかと思いましたが、これは保護シートの糊でした。よかった~。

そしてこちらがオーナー様がお話になってましたドアについてる保護シートの糊跡です。

ここに保護シート張ってありました!と主張しているようです(笑)

こちらはリアドアです↑縦方向に線キズが入ってます(;’∀’)プレスラインから下2~30センチ位の幅なんで

これも保護シートの跡でしょうか?剥がす時に付いたキズなのかな??

リアフェンダーも同じくです(・.・;)

↑こちらは反対側のリアドアです。これは磨いた跡だと思います。

納車前に磨かれている事自体は実はよくあることなんですが問題はその磨きのレベルが・・・(^▽^;)

キッチリと仕上げられていない事も多いです。

以上のようにオーナー様が言われていたようにキズが多いです(汗)せっかくの新車なのに、これではちょっと

淋しいです。 ディーラーさんも、もう少し気を付けて気を使って納車仕上げをしてもらいたいですね(*´з`)

まぁここで私がブチブチ言っててもしょうが無いので早速新車以上に仕上げていきましょう!!

 

まずは洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色反応します。

しますが、いつもこちらのブログをご覧いただいている方には既にお見通しだと思いますが(笑)黒い車に紫色は

よくわかりません(^^;)

ボンネットも・・・

フェンダーも・・・

もちろんリア回りも見えませ~ん! 写真ではわかりにくいですが鉄粉は少なかったです。 そして・・・

要所をマスキングして磨いていきます。今回は新車ですのであまり多く研磨はしたくないんですが、例のキズが

あるので様子を見ながらなるべく軽い研磨で仕上げていきました。

 

では各部の仕上がり具合を見ていきましょう。尚、写真はコーティング後の状態です。

まずはボンネットからです。

シミもなくなって綺麗になりました。

“あの”自己主張の強すぎた糊跡も綺麗サッパリとなくなりました(笑) ルーフについていたキズのような糊跡も

問題なく落ちました。 ← 写真なくてすいません。

ドアの縦方向のキズもサッパリと!

リアフェンダーだって綺麗です!

もちろん反対側のドアにあって磨きキズもサヨナラしておきました!    サヨナラ~・サヨナラ~(^^)/~

タイヤとホイールもバッチリと艶出しますよ~。

それと今回使用いたしましたコーティング剤ですが、今回はPCX-S7でコーティングしました!

PCX-S7は「極上の光沢」「優れた防汚性能」「優れた耐擦り傷性」が特徴の低撥水タイプになります!

PCX-S7の詳しい事はこちらからどうぞ! → PCX-S7

そしてトヨタ・ハリアーハイブリッドのボディーコーティング完成いたしました。

やっぱり新車はこうでなくちゃ!と言うより新車以上の仕上がりではないでしょうか(*^^)v

ソリッドのブラックはこの凝縮感と言いましょうか?威圧感と言いましょうか?これはやっぱりソリッドブラック

ならではのカッコよさですね!  オーナー様は初めは違うボディーカラーにしようと思っていたそうですが、

回りからの“ハリアーはやっぱり黒だよな~!”の声に背中を押され?たようで最終的にはソリッドブラックを

お選びになられたそうです。 確かに私もハリヤーの色と言えばブラックを想像します(笑)

ハリアーはスタイリングもいいですし、インテリアのデザインもこれまたカッコイイですよね。

大人気なのが納得のハリアーハイブリッドでした!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です