C230ステーションワゴンのボディコーティングです!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはメルセデスベンツC230ステーションワゴンのボディコーティングでございます!

こちらのC230は前回のブログでご紹介致しましたBMW120i同様、1年ほど前に当店でボディコーティングを

施工させて頂きましたお車です! 前回のBMW120iと同じオーナーさんのお車でございます。

いつもありがとうございます。 今回こちらのC230もボディーコーティングの再施工のご依頼です。

前回ご入庫された時はかなりの汚れた状態でございましたが(笑)・・・はたして今回は如何に!!

ちなみに前回の様子はこちらです。 → 前回の様子。

では現状確認していきましょう! どうぞ~。

まずはボンネットからです。

少し線キズが目立ちます。

ルーフは綺麗ですね! ただ・・・

何故かエンブレムや・・・

モール類などの隙間は前回ほどではないものの・・・(^_^;)

リアゲートを開けた所にも汚れが溜まってました。

ホイールはブレーキダストに汚れがかなり酷いですね。 ダストコーティング状態です(^▽^;)

でもメルセデスでは標準的な汚れです(笑)

 

ご覧いただきましたようにボディ表面はシミは少なく艶もあり基本お綺麗なんですが、エンブレムやモールの

隙間などの汚れは前回程ではないんんですけど結構汚れが溜まってました(^▽^;)

 

では作業を開始して行きましょう。今回もウインドウコーティングのご依頼を頂いておりますので、

そちらからご紹介していきますしょう。

まずは現状確認です↓

まだ撥水はあります。しかし撥水力は弱まってきている様で少しダラ~とした撥水ですね。

弱まっているコーティングを除去して一旦リセットします。

そしてウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングを行い撥水チェックをしたら・・・

ウインドウコーティングは完成いたしました。

続いてはボディです。

こちらはいつもの様に洗車後に鉄粉の付着確認を行っていきます。専用のクリーナーをシュシュッと吹き掛けますと

鉄粉が紫色に反応致します。

前回までの黒い車シリーズと違い鉄粉の反応がわかりやすいですね(笑)

リアも少し多めに付いてました。

鉄粉除去後に再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしたところです↓

いい感じですね!

リアの鉄粉も綺麗になりました。

そしてマスキングをして磨き準備が整いました。ここまでが磨きを入れるための準備です(^^)/

そして磨いてまいります。こちらのお車は毎年コーティングに出していたそうです。前回は当店で施工させて

頂きましたがその前までは他店で施工しておりましたので、どの位の量を研磨してきたかわかりません。

ですのでクリアー層がだいぶ薄くなっている恐れもあります。と言うことで磨き過ぎは危険かと思い今回も

キズやシミも少ないのでキズの除去などは深追いせずに磨き過ぎないよう磨いていきました。

そして今回使用致しましたコーティング剤はPCX-S8です! PCX-S7が続いてましたので久々の登場です(^o^)丿

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です。

PCX-S8の詳細はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

軽い線キズは取れてますが深いキズやシミなどはよ~く見ると残ってます。 でも普段はわからないと思います。

ルーフも綺麗です。

そしてエンブレムも・・・

モールの溝も・・・

リアゲートも綺麗になってます。 今回も細かな所の洗浄(ディテールウォッシュ)楽しめました(笑)

ホイールもシルバーに色替え?出来ました~(´▽`)

そしてメルセデスベンツC230ステーションワゴンのボディコーテイングの完成いたしました!

いい艶に仕上りました! お車の印象が明るく華やかになったと思います。

ホワイトやシルバーなどのライトカラー系のお車はブラックなどのダーク系の色に比べると、どうしても艶が

感じられ難いんですが、磨きを入れてあげるとご覧の様に艶々に仕上がります!

特にこちらのシルバーは光沢感の高いとても綺麗なシルバーですので尚更です(^.^)/

塗装の厚みはお車よって違いがございますが、おおよそ約100~150μ程と言われております。最近の車は

もっと薄く80~100μ程の車も少なくない様です。私たちコーティング屋や磨くクリヤー層はそのうちの

20~60μ程でしょうか。 非常に薄い層なんです。この薄い層に付いているキズやシミを研磨して除去すると

当然クリヤーは薄くなってきます。 確かにキズやシミのない塗装肌は気持ち良く綺麗なものです。

だからと言って毎回キズを除去するために研磨量を増やせばアッ!言う間にクリヤーが無くなってしまいます。

ですのでカービューティープロ・カラーズでは無理にキズを消すために深追いはしません!!

今回のオーナー様の様に毎年コーティングしたいと事前に仰って頂けるとそれに沿った磨きが出来ますので

非常に助かります(笑)

深いキズは残ります。深いシミも残ります!でも艶のあるボディには仕上がります(^_^)/

限りあるクリヤー層は大切に!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です