ホンダ・N-ONEご入庫!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはホンダのN-ONEです。

 

雨の中でのご入庫でしたのでだいぶ・・・

DSC06358

DSC06359

ウインドウも油膜が気になります。

DSC06364

 

洗車後に改めてボディをチェツクして細部を見て行きましょう!

 

DSC06370

こちらはドア上部のキズですね。やや長めです。

DSC06373

こちらは助手席側のリアドアのキズです。こちらもやや長めのキズが2本綺麗に?

並んで入っております。

DSC06375

運転席のドアです。もうなんか凄いデス!

DSC06388

こちらはリアバンパーです。擦ったような感じですね。

DSC06380

こちらはルーフです。こちらもやはりグルグルとしたキズが目立ちますね。

全体的にキズが入っていますのでボディがやや白くボヤけて見えてしまっていて

シャキリ感がダウンしてしまっています。せっかくのブラックがもったいない!

 

ではシャッキリボディにリフレッシュ開始です。

 

洗車やディテールウォッシュ・鉄粉除去後にいよいよ磨きを入れていきますが

その前に・・・

DSC06399

キッチリとマスキングを行います。これをやらないとコンパウンドの粉が隙間に

入ってしまい粉だらけ・・・なんて事に! 更に水に濡れるとこれがまた固まって

しまいよりこびり付いてしまうんですよ。

それ以外にも樹脂パーツなどにコンパウンドが付着しないようなど、実は大変重要な

任務を背負っている影の功労者なんです。 やるなマスキングテープ!

ちなみに今回はウインドウコーティングも行いますので、油膜取り作業時にも・・・

 

DSC06369

この様な感じで活躍してくれてます。 働き物だぜェ!マスキングテープ!

 

こうして下地を整え、マスキングを行った後にいよいよ磨きを入れていきます。

磨きが終わるとコンパウンドの油分を除去する為に脱脂洗浄を行い、いよいよ

コーティング剤を塗布致します。ちなみに当店はガラスコーティング剤の塗布は

手塗りでやってますよ!  そして外に出して確認です。

DSC06435

映り込みもキレイですね~。

では細部の仕上がりを見て行きましょう!

DSC06450

ドア上部のキズですがこちらはほぼ落とせたかと。

DSC06455

助手席側リアドアのキズですが、こちらもキレイに落ちました

DSC06462

運転席ドアも綺麗にサッパリとスッキリしました!

DSC06529

リアバンパーのキズはよく見ると多少残っていますが、ライトを当てないと分からない

レベルだと思います。

DSC06467

ルーフのグルグルとしたキズもシミもdだいぶスッキリとしました。

 

そして完成いたしました。 おっとウインドウ忘れてました!

DSC06410

ウインドウもバッチリですね!

今度こそ完成です。

DSC06508

いかがでしょうか?黒いですね~。施工前と比べていただくと分かると思いますが

白くボヤっとしていたボディラインが深みのある色とツヤでボディ全体がシャキッ

としたのがわかって頂けるのではないでしょうか?

迫力もアップした感じがしませんか?

 

ちなみに今回使用いたしましたコーティング剤はこちらです。

DSC06531

PCX-S7です。こちらは低撥水タイプになりますので、今回の黒いお車などの濃色車に

おススメのコーティング剤です。

引取りに来られたオーナー様も自分の車じゃないみたいと、喜んでいられました。

ありがとうございます!

 

DSC06419

DSC06549

DSC06552

DSC06524

DSC06521

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

今月はお得なキャンペーンを開催してます。詳しくはこちら!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です