ルノー カングーのボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのはルノー カングーのボディコーティングです!

H28年式のルノー カングーです!

ちょうど3年程前、新車時にボディコーティングを施工させていただいたお車になります。

それから3年が過ぎ、気が付いたら色が褪せていた(^_^;)と言う事で当店にご相談に来られました。

ジョン アグリュムと言う元々淡いイエローなんですが淡いを通り越して白っぽくなっていました(;^ω^)

↑の写真ですとわかりませんがボンネットとルーフが特に酷かったです。ご相談に来られた時は

屋外で確認いたしました。その時はそれ程酷い印象ではなかったんですけど店内で見たら・・・

あっ、あれっ!? って感じでした(^^;

では3年経過致しましたルノー カングーの現状を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。の、その前に・・・

このジョン アグリュムと言う淡いイエローなんですけど、これがまた写真だと上手く写らないんです(汗)

私の使っているカメラの性能かも知れませんが、こちらのイエロー以外も淡いカラー全般、綺麗に

映らないんです(ーー;)  と言う事を考慮して今回はご覧くださいm(__)m  すいません。

写真ですと現状が伝わらないんですけど、汚れと色の退色がだいぶ進んでいました(^_^;)

ルーフも・・・

↑の写真だとやけに白っぽいですけど、実際はここまで色褪せはしていません。

ただ汚れ、そしてクスミも相まってライトの映り込みもボヤボヤでした。

それに比べますとボディサイドなどは・・・

色褪せは酷くありません。  しかし汚れや退色の進行がパネル毎と言うか部分的に違っているようで

全体的に色の統一感が感じられませんでした。

リアも・・・

汚れとクスミでライトの映り込みもモヤけています。

ホイールも・・・

汚れていました。

 

写真だと少し色味まで上手く伝わりませんがボンネットやルーフの水平面の痛みは進んでいます。

元々赤や黄色は紫外線の影響を受けやすく色褪せしやすいカラーです。そしてこちらのジョン アグリュム

クリヤー塗装がないソリッドカラーです。それもあって尚更、色褪せやすく粉を拭いたように塗装が傷みます。

オーナー様も元に戻りますか?とご心配されていましたが、まだまだ大丈夫ですよ!

元に戻します!(笑)

と言う事で作業開始~!

 

その前にウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介していきましょう!

↓は現状です。

何か撥水剤が塗られているようですね。

しかし惜しげも無く・・・

落とします(笑)

磨いてガラス表面をリセットしてからウインドウ専用コーティング剤でコーティングします。

最後に撥水チェックをして・・・

ウインドウコーティングは完成です(^_^)/

 

続いてはボディです。

まずは鉄粉を除去していきます。

いつもの様に専用のクリーナーで・・・と言いたいところですが黄色いカラーはクリーナーは使いません。

全ての黄色がつかえないわけでは無く、また黄色以外でもクリーナーを使えない色もございます。

今回は念の為クリーナーは使いません。

当ブログではオーナー様に鉄粉の付着報告を含めて、鉄粉がわかりやすいようにクリーナーを使って

ご報告しています。

鉄粉自体はクリーナーを使わなくても処理できますのでご安心ください。

で、ネンドの出番です!

ネンド以外も使ってますが鉄粉の付着量がわかりやすいようにネンドの写真です(笑)

↑はネンド使用前です。

↓はネンド使用後です

ネンドの淵の方が何となく茶色ぽくなっていると思いますが、これが鉄粉です。

3年経過と考えますと少ないですね!

鉄粉処理が終わりましたらマスキングをしていきます。

マスキングした感がありませんね(笑)

そして磨いていきます。

今回はベーシックプランでの磨きになります。ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを

軽い磨きで除去するライトポリッシングのプランです。 オーナー様はこちらのカングーを長くお乗りになりたい

との事なので過度の磨きで塗装を薄くするよりはキズやシミは残ってもいいので塗装の膜厚優先で

軽い磨きのプランにいたしました。

とは言えボンネットやルーフ想像以上でしたので(^_^;)ここは色が戻る所まで磨きました(笑)

クリヤーの無い塗装ですので磨くと・・・

バフも作業着も真っ黄黄(笑)

そして今回使用致しましたコーティングはこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を形成し、

外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

汚れやクスミ、劣化した塗装も除去してクリヤーになりました!

ルーフも・・・

同じくクリヤーになって色味が戻りました(^o^)丿

ボディサイドも・・・

キリッとライトが映り込むようになりましたね!

モヤけていたリアも・・・

ライトがキリッとシャープに映り込んでいます!

ホイール・・・

綺麗になりましたよ~(^_^)/

そしてジョン アグリュムのルノー カングー、ボディコーティング完成いたしました!

艶々ボディに仕上がりました!

ちょっと写真だと施工前後の違いが伝わりにくいかも知れませんが白っぽさが無くなり

黄色が濃くなっています。また全体的に色褪せや汚れで色味が所々違っていたのですが

色味の違和感が消えて統一感ある仕上がりになりました。

オーナー様も色が戻って『綺麗になった!満足です!!』とお喜びになられているご様子でした!

ありがとうございます。

 

初めにも書きましたが赤や黄色は退色しやすいカラーです。 昔は本当に酷くて皆様も見た事

有ると思いますが赤い色がピンクや朱色に退色していました。その時代の塗装に比べると最近の

塗装は進化して赤や黄色も昔ほど色褪せはしなくなりました。

しかし赤や黄色に限らず油断は禁物です!皆様もお気を付けください(^_^)/

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です