スバル・レガシィtSご入庫いたしました!

 

カービューティプロ・カラーズの寺尾です。

 

本日はスバル・レガシィのご紹介です。

DSCN0910

パッと見は普通のレガシィTWですが・・・こちらはSTIのコンプリートカーの2010年型のtSです!

600台限定のうちの1台ですね!

DSCN0908

見てのとおりtSがエンブレムがさり気なく、この車がただ者ではない事を主張していますが、

見てのとおりただ事ではないほど汚れています(・_・;)

オーナー様もこんなに汚れていても綺麗になりますかぁ~とご心配のようでしたが、これくらいでしたら

全然大丈夫ですよ~。もっと凄いのはすんごいですから~。お任せください!!

汚れていればいるほど、楽しいものですよ!?(笑)

 

今回はボディコーティング以外も色々とご依頼をいただきました。ありがとうございます。

作業もいっぱい、写真もいっぱいですので前編と後編の2回に分けてご紹介していきたいと思います。

前編の今回はヘッドライトクリーニングやウインドウコーティングをご紹介致します!ちなみに

実際の作業順とご紹介の順番は同じではありませんのでご了承ください! いつもの事ですが(^_^;)

 

ではヘッドライトを見ていきましょう。

DSCN0913

DSCN0918

DSCN0916

DSCN0914

もの凄く黄ばんでいる訳ではないのですが痛みが進んでおります。

反対側は・・・

DSCN0919

DSCN0926

DSCN0924

DSCN0923

こちら側も同じような状態です。どちらもヘッドライト正面より上面が痛みが進んでます。

そして作業後です。

DSCN1016

DSCN1200

DSCN1203

DSCN1211

反対側も・・・

DSCN1022

DSCN1025

DSCN1204

DSCN1205

今回のヘッドライトですが、表面の曇りは取れたのですが、内側の曇りや汚れが多くて、よ~く見ると

ポツポツとした汚れや曇りが見えます。

内側の汚れ取りは出来ませんのでしょうがないんですけど・・・(涙)

オーナ―様が以前ヘッドライトの殻割りをしてライトをいじったそうなんです。その時に内側が

汚れているな~と思ったそうですが、なぜかそのままクリーニングしないで戻してしまったそうです(笑)

殻割った状態でお持ちいただければ綺麗にクリーニングいたしますよ~(^_^)/

完成後のヘッドライトをオーナー様に見て頂きましが、おぉ~!綺麗だぁ!こんな綺麗になるんだ!!

と、とても喜んでいただけました!  ありがとうございます。

 

続きましてはウインドウコーティングです。 まずは確認です!

DSCN0935

フロントは撥水剤を塗っているようですね。でも撥水力が落ちてきている感じです。

DSCN0939

リアも撥水剤を塗っていたんだろうなぁ~感が出てます。でもここまで落ていると視界不良ですね。

サイドウインドウも同じような感じで視界不良状態でございました。

まずはウインドウをクリーニング。その後にネンド掛けして頑固な汚れを落とします。その後に・・・

DSCN0943

マスキングを行い油膜や古い撥水剤を綺麗に落とします。綺麗になったガラス表面は水弾きの無い

親水状態になります。でもこのままですとすぐに油膜が付着してしまいます。

そこでガラス専用のコーティング剤PGS-33でコーティング!!

IMGP6615

コーティングをする事で油膜の付着も防いでくれます。

DSCN1119

ガラスは知らず知らずのうちに汚れやキズが蓄積してガラス表面ががくすんできます。ガラスを綺麗に

すると表面の汚れが落ち視界が明るくなるんです。特に汚れが酷かったお車ほどより実感して頂けるの

ではないでしょうか?

ウインドウコーティングは梅雨時期だけではなく、これからの霜や雪の季節にもお薦めのアイテムです!

 

今回のご紹介はここまでです。 後編はボディコーティングとラッピングなどをご紹介致します。

ちなみに塗装コンディションは・・・

DSCN0895

ガッサガサ&水アカたっぷりです(^▽^;)   いゃ~楽しくなりそうだ~

次回ボディコーテイング編をお楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です