アバルト500ご入庫致しました!

 

カービューティープロ・カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介致しますのは、あのサソリのマークでおなじみのアバルト500のご紹介です!

DSCN2591

暖か味のあるホワイトですね。ボディカラーの名前も洒落てまして、その名もビアンコガーラ!

名前までカッコいいです(^^)v

こちらのアバルトは納車間もないピカピカの新車です。新車なんですけど雨に降られてしまったので

やや汚れておりました。と言うのも花粉ですね。もう結構花粉が飛んでますよね~。

花粉被ったところに雨が降るともう大変です。こちらのお車はホワイトですので写真だと目立ちません

が、私の車なんて酷いもんです。少し前に洗車したばかりなのに・・・

DSCN2831

残念な事になってます(T_T)/   あまり知られていませんが花粉は塗装にかなり酷いダメージを

与えます。花粉が付いてる時間が長ければ長いほど危険ですので、なるべく早め早めに洗車するように

して下さいね!

話しがそれましたがアバルト500の状態を確認していきましょう!

DSCN2600

今回はホイールコーティングのご依頼も頂きました。ホイールは新しいうちにコーティングすることを

お薦め致します!

DSCN2604

ちょっとわかり難くてすいません。 花粉汚れ付いてます。

DSCN2633

ルーフですけど、保護シートの糊残りがかなり多かったです。↑のお写真はごく一部でルーフのかなりの

部分に付いてました。

DSCN2609

一瞬キズかと思いましたが、これも糊跡の様です。糊跡に汚れが付いてこの様になった感じです。

DSCN2629

これもキズかと思いましたけど糊跡に汚れが付いているようです。多少粘着感が残ってました(汗)

全体的に保護シートの糊残りが多く、ディーラーさ~んもう少し落としましょうよ~。と言う感じで

ございました。

では作業を進めていきましょう!

まずはいつものように洗車した後に鉄粉確認していきます。専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が

紫色に反応致します。

DSCN2615

ボディが白いとわかりやすくていいですね~(笑) フロント周りはボチボチ付いてます。

DSCN2612

リア周りの方が少し多めです。

DSCN2619

鉄粉取り後です。

DSCN2617

いい感じですね。

その後にマスキングしていきます!

DSCN2641

マスキングしました! カワイイっす!!

その後に磨いてまいります。新車ですので軽めの磨きで不純物を取り除き塗装表面を整えてあげます。

綺麗になった塗装面には今回こちらの・・・

DSCN2786

PCX-S8も使いコーティング致しました!  PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い

水玉撥水が特徴です!!  PCX-S8の詳しい事はこちらからどうぞ!

DSCN2791

気持ちの良い水玉撥水です!(^^)!

では各部を見てみましょう。

DSCN2658

DSCN2662

ホイールももちろんコーティング済みです。

DSCN2680

ボンネットも綺麗になりました~。

DSCN2670

保護シートの糊残りもスッキリです!

そしてアバルト500の完成です。

DSCN2721

アバルト500は可愛いのにカッコイイ!カッコイイのに可愛いですよね!? ノーマルのFIAT500も

そうですけどこの車はまさに老若男女、どなたが乗ってもお似合いになると思いませんか?それどころか

服装もスーツ姿からジャージ姿で乗ってもサマになるんですよね~。そんな車は他には・・・

ちょっとない気がします。    あっ!MINIもそうですね(^.^)

でもどっちの車でも、きっと私が乗ってたら「似合わね~よ」って言われるんだろうなぁ~(^_^;)

 

ところで皆様はFIAT500又はアバルト500の500をなんて読みます?

根っからの日本人の私はついそのまま「ごひゃく」って言ってしまうんですけど・・・

やっぱりチンクエチェントって言った方がカッコいいですよね!

これからはツウっぽくチンクエチェントって言うように頑張ります。 舌を噛みそうですが(T_T)/

 

DSCN2733

DSCN2705

DSCN2821

DSCN2711

DSCN2762

DSCN2755

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です