マツダCX-8のメンテナンスです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはマツダCX-8のボディコーティングメンテナンスです。

こちらのスノーフレイクホワイトパールマイカのマツダCX-8はボディコーティング施工から

ちょうど1年が経過して今回メンテナンスのご依頼をいただきました。

毎回毎回言い訳のように言ってますが(^▽^;)当店にメンテナンスでお越しくださるお車は

本当に綺麗にされているお車が多いんです! 皆さまとてもお手入れがよくホントにお綺麗でブログ的に

ビフォー&アフターが伝わらないんで毎度言い訳のようなブログになってしまいます(^^;

そして今回のCX-8も・・・お綺麗です(*”▽”)

という事でまたまた言い訳じみたブログになってしまいそうな予感がプンプン致しますが

頑張ってまいりましょう!

まずはボンネットからです。

少しクスミを感じますが屋外屋根なし駐車でこの状態は全然悪くないです。

と言うより全然お綺麗です!

アフターです↓

クスミもなくなってスッキリとクリヤーになりました!

それと少し前のブログでもお話いたしましたが、このクスミって言うのはシャンプーでは

落ちない汚れなんです。わかりやすく言うと汚れの膜と思ってください。

これはシャンプー洗車では落ちない頑固な汚れで特殊ケミカル等で落とします。

その頑固な汚れ(汚れの膜)が撥水力を落とします。

↓はシャンプー後に撮影した状態です。

撥水が乱れています。

そして↓はシャンプー後に特殊なケミカルで洗った後です。

コーティング表面の汚れを落とすだけでも、これ位撥水力が戻ります。

最終的にメンテナンス剤で仕上げますので↑より撥水力はもっと上がります!

もちろん撥水被膜が完全に傷んでいたら特殊なケミカルで洗っても撥水が戻ることはありません。

でもご安心ください。撥水がなくなった=コーティング被膜が無くなった訳ではございません。

コーティングの被膜はまだ残っています(^_^)/  撥水維持のためにも定期的なメンテナンスが大切です。

話が逸れましたがルーフも・・・

よくよく見れば確かにシミやスクラッチは確認できます。

アフターです↓

メンテナンスでは塗装を侵食しているような深いシミは取れませんがコーティング表面に

付いているようなシミはだいぶ落とすことができます。

また軽いクスミも落ちますのでメンテナンス後はスッキリ感が違います(^_^)/

リアは・・・

これまたとてもお綺麗です。それと保護シート(エッジガード)の除去のご依頼ですので・・・

保護シートの粘着が残らないように綺麗に取り除きました。

給油口の所も・・・

綺麗になりました(^^)

ボディサイドは・・・

こちらも軽い汚れは付いていました。

アフターです↓

ボディサイドもいい状態です!

それと鉄粉の付着状況の報告です。

黒っぽく点々と確認できるのが専用のクリーナーに反応している鉄粉です

1年でこれ位でしたら少ない方かと思います。

車は基本屋外で使うものですのでイヤでも自然に鉄粉が増えてきます(^^; 勝手に増える事があっても勝手に

減っていく事はないのでやはり定期的に処置したほうがいいと思います。 鉄粉も撥水の妨げにもなりますし。

リアも・・・

まぁこれ位は普通です(^^;

鉄粉を処置しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

メンテナンス時の鉄粉処理はあまり無理ができないんですけど、でも鉄粉処理をするのと

しないのとでは大違いです!

リアも・・・

だいぶサッパリとしましたね!

最後はホイール。

ビフォーです↑ 十分お綺麗ですね(^^)

アフターです↓

元がお綺麗ですのであまり違いがわかりませんね(^▽^;)

そしてマツダCX-8のボディコーティングメンテナンスが完成いたしました!

クスミが取れてスッキリと仕上がりました!

艶も上がっております(^_^)/

オーナー様のお手入れも良く、とても大事に乗られていますので、いい状態をキープしておりました!

このままお手入れされていけば長く綺麗な状態でお乗りいただけると思いますので頑張って下さい!

そしてたまにお手伝いさせてください(笑) またのお越しお待ちしております(^_^)/~

 

それと今年も1月10~12日に幕張メッセで行われました「東京オートサロン2020」の展示車施工に

行ってまいりました!  今年もダイハツ工業様の展示車を担当させていただきました。

その時の様子をちょっとだけと言いたいのですが・・・大人の事情で施工中の写真はUPできません(^_^;)

今の時代コンプライアンスが大切ですので!

という事でダイハツ工業様のお写真を拝借しましてご紹介です(笑)

今回担当いたしましたのは・・・

雑誌「ピークス」とコラボした遊べるオーバーランダー【ハイゼット トラック PEAKS Ver.】

ボディ側面でボルダリングができます!? 室内の写真がないんですけどボルダリング用品で

満たされていてアウトドア感満載です、室内もかなりカッコよかったです!

結構欲しいです(笑)

次は・・・

初音ミクとコラボのカフェスタンド仕様のマルシェトラック【ハイゼット トラック 初音ミク マルシェVer.】

カワイイです(#^.^#)  昨年はピンクのマルシェトラックでしたが今年は水色でした。

会期中は実際にこのマルシェトラックでダイハツグッズの物販もしていたようです。

続いては・・・

精悍なブラックフェイスで圧倒的な存在感を放つ至高のカスタム【タント カスタム Premium Ver.】

人気のタントカスタムのカスタマイズVer.です。近未来的なフロントフェイスで迫力も満点です。

ブルーのライティングが綺麗です! 結構現実的なカスタマイズですので市販も可能な気もします。

ダイハツ様お願いします!

そして私的に一番インパクトがあった・・・

音楽と共に街を彩るサイバートラック【ハイゼット トラック DJ Ver.】です!

荷台部分がDJブースになるようです!

写真も凄いですが実際に見てもらうとラメがキラキラで凄いです(*”▽”)

ホントにキラッキラでのギランギランです。それと室内にもマイクが装着されていました(笑)走るカラオケBOXです。

そしてダイハツのブースでは近藤真彦さんの『ギンギラギンにさり気なく』が大音量で流れていました。

その時は、なんでマッチやねん!?と思っていたんですが後々考えるとこのハイゼット トラック DJ Ver.の

ギランギランと、マッチのギンギラギンにさり気なく』を掛けていたのでしょうか??

今更そんな気がしてきました(笑)

残念ながら幕張で行われた「東京オートサロン2020」は既に終了してしまいました。でもまだ見るチャンスは

ございます!2月14より開催される『大阪オートメッセ2020』にも展示されるそうですので

まだ見ていない方は大阪オートメッセ2020で是非ご覧ください!

ギンギラギンですよ!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です