テスラ モデル3のボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはテスラ モデル3のボディコーティングです。

こちらのパールホワイトのテスラ モデル3は納車から間もない新車になります!

テスラ モデル3は当店初入庫です(^_^)/  と言いますかテスラ車自体が初入庫です(笑)

もちろん初入庫ですので私にはモデル3の動かし方がわかりません(^_^;)

ご存じの方も多いかと思いますがテスラ車は今までのクルマの概念を変える車です。

今までの車とは勝手が全然違います(汗)なのでご入庫時にオーナー様に動かし方を

レクチャーしていただきました。  ありがとうございますm(__)m

教わってしまえば、もの凄く特殊な訳ではないのですが、何も知らずに鍵だけ預かったら

おそらく車の中に入る事すら出来ない気がします。 いゃ間違いなく入れません(笑)

そんな未来カーのテスラ モデル3の現状確認から始めて参りましょう!

まずはボンネットからです↓

僅かに塗装の曇りを感じなくはないのですがお綺麗な塗装でした!

ルーフは・・・

全面ガラスルーフでした!  ↑の写真の部分はルーフと言うよりリアガラスになります。

リアのガラスがルーフの半分ぐらいまであるんです(*’▽’)   メッチャ大きいです!

トランクも・・・

お綺麗です。 余談ですが私、モデル3は5ドアクーペかと思っていたんですけど

独立したトランクを備えた4ドアセダンだったんですね。 知りませんでした(汗)

何から何まで、そして見れば見るほど新鮮です(*”▽”)

ボディサイドも・・・

若干の曇りを感じますけど、お綺麗です。

ホイールは・・・

マッドブラック調の色ですが汚れも少なくお綺麗です。

 

ご覧頂きましたように全体的に塗装の曇りも少なくお綺麗でございました。

オーナー様もお話されていましたが以前のモデル3はアメリカ生産でしたが

少し前に中国生産に変更されました。 それによって車両価格が下がっただけではなく、

品質も向上したそうです(*’▽’)

モデル3は当店初入庫ですので私はアメリカ生産のモデル3は見たこと無いのですが

噂では塗装の品質が悪くて納車時にキズが多く付いている事もザラだったようです。

現在は中国製に切り替わったので塗装のトラブルもかなり減少しているそうです。

今回ご入庫されました個体もお綺麗でした(^_^)/

とは言え若干の曇りも感じますのでスッキリとクリヤーに仕上げていきたいと思います。

では作業開始!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので

ウインドウコーティングからご紹介していきます。

↓は現状です。

油分の付着もあまりないようで変な水弾きをしていません。

しかしだからと言ってそのままコーティングを掛ける事は致しません。

ガラス表面も綺麗に整えます!  ルーフもね(^.^)

そしてよ~く乾燥させた後にウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをして

最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応します↓

紫色の反応が少し“流れて”しまっていてわかりにくいかも知れませんが、

新車にしては結構多めです(^▽^;)

リアも・・・

多めでした。

輸入車は工場からお客様に届くまでにどうしても時間が掛かりますので

鉄粉はやや多めの傾向です。

その鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

サッパリしました。

リアも・・・

綺麗になりました。

 

鉄粉の除去が出来ましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。 今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は曇りも僅かですので軽めの磨きで仕上げております。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

「EXE evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を

見直すことで汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。

「EXE evo1」は気持ちのいい水玉撥水のコーティング剤になります。

従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

それでは各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

僅かにあった曇りが無くなってスッキリしました!

ルーフも・・・

撥水処理しましたので水玉コロコロです!

トランクも・・・

よりスッキリとしました。

ボディサイドは・・・

曇りが無くなってライトの輪郭もクッキリとシャープに映り込むようになりました。

ホイールもコーティングのご依頼ですので・・・

PCW-880でコーティング!

マッドブラックのホイールはコーティングをしますと若干艶が出でしまいますが、

それほど大きく印象が異なってしまう事もないかと思います。

オーナー様にもご確認していただきましたが全然気にならないとの事でした。

そしてパールホワイトのテスラ モデル3、新車コーティングが完成いたしました!

いかがでございましょうか。

透明感と艶がアップして納車直後よりも更に綺麗な新車に仕上がったと思います(^_-)-☆

今回“軽め”の曇り具合でしたが、その軽めの曇りでも除去しますとボディ全体が

透明感を増しスッキリと艶々ボディに仕上がります!

愛車とご対面いたしましたオーナー様も“うわぁ~!全然違いますね!”と

その仕上がりの違いをご実感されているご様子でした。

ありがとうございました。

 

今回使用いたしましたコーティング剤「EXE evo1」は施工前後の違いが分かりにくい

新車のパールホワイトでも艶感・光沢感の向上を実感していただけるコーティング剤だと

思います。また今までに“EXE evo1″を施工いたしましたお車の経過を観察していますが、

どのお車も塗装を浸食してしまうようなクレーター状の深いシミが出来にくい傾向です。

もちろん全くシミが付かない訳ではないのですが、従来のコーティング剤に比べますと

少ないと思います。シミ(ウォータースポット)が気になる方は

EXE evo1”是非お試しください(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です