アウディS8のメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはアウディS8のボディコーティングメンテナンスです。

H20年式ファントムブラックパールエフェクトのアウディS8です!

こちらは2020年の6月にボディコーティングを施工いたしましたお車になります

コーティング施工から1年半が経ち、今回はメンテナンスにお越しくださいました。

ブラックで屋外駐車、そしてコーティング施工から1年半との事ですのでシミが

多く付いている予感がいたしますが(^^; はたして!?

ではメンテナンスの様子を今回もビフォー&アフターでご紹介してまいりましょう!

まずはボンネットからです↓

やはりシミが多く付いていました(^^;

それと洗車キズと思われるスクラッチも多めでした。

アフターです↓

今回はスタンダードメンテナンスですのでスクラッチとシミがだいぶ残ってしまいました。

ただクスミもだいぶ取れて塗装表面がスッキリとして黒さが増したと思います!

ルーフも・・・

スクラッチが多いですね~(^▽^;)

スクラッチは色的にどうしても付きやすく目立ちやすいです。

アフターです↓

ルーフも塗装の表面はスッキリとしたのですがスクラッチが・・・(^^;

次回のメンテナンスはメンテナンスplus、またはボンネットやルーフの水平面は

磨き直しをおすすめいたします。

トランクは・・・

こちらもボンネットやルーフ同様でした(^^;

アフターです↓

シミやスクラッチはございますが塗装面がサッパリとしましたね!

実際に見て頂けると写真で見るよりもビフォーとアフターの違いを

感じて頂けます。

ボディサイドは・・・

雨筋が付いていました。

雨筋って不思議で、白い車の場合は雨筋が黒っぽく見えるのに、

黒い車だと雨筋が白っぽく見えるんですよね~。 何故なんでしょう??不思議です(笑)

そしてアフターです↓

雨筋も無くなり綺麗になりました。

ボディサイドは水平面ほど痛みの進行は無くお綺麗でした!!

 

それともちろん今回も鉄粉の除去をしています。

とは言え、黒いボディカラーですので・・・

何が何だかわかりません。

専用のクリーナーを吹き掛けると鉄粉が紫色に反応するんですけど、

写真ですと全然わかりません(^▽^;)

リアも・・・

全然わかりません(汗)

実際のところはコーティング施工から1年半という事もあって結構付いていました。

 

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

綺麗になっていても写真だと全然わかりません(汗)

リアも・・・

もちろんわかりませんが、鉄粉処理が済んでおります!

そして最後にホイールです。

汚れてはいますけどブレーキダストで汚れやすい輸入車と考えますと

お綺麗な方ではないでしょうか??

アフターです↓

でも洗うと全然違います(笑)

そしてファントムブラックパールエフェクトのアウディS8、ボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

最初の写真と“写真の色味”が変わっていますので(すみません)単純に見比べられませんが、

艶が復活して深みのあるファントムブラックパールエフェクトに復活いたしました!

ボンネットやルーフの水平面は近くで見ますとシミやスクラッチが残っていますけど

クスミも取れ、スッキリとした透明感を感じる艶々ボディに復活しました。

やっぱり黒いお車は引き締まってカッコイイですね!全然10年以上前のお車には見えません!!

まだまだこれからも5.2リッターV10エンジン、現役バリバリで楽しんでください(^_^)/

 

今回、正直思っていた以上にスクラッチとシミが多く付いてしまった印象でした。

当店のメンテナンスは基本的に磨きをいたしません。数種類のケミカルを使い汚れやシミを

落としていきます。ですので深いシミやスクラッチは残ってしまいます。

シミ等は残ってしまいますがクスミや軽めのシリカスケール(シミ)が取れますので

塗装面がスッキリと綺麗になります。 これだけでもお車の印象は全然違います(^_^)/

ただそのシミやスクラッチが気になるようでしたらメンテナンスplus、または気になるパネルのみ

磨き直す事も出来ます。メンテナンス方法はお車の状態によって色々とカスタマイズも出来ますので

気になるようでしたらお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です