BMW320dツーリングのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはBMW3ツーリングのボディコーティングです。

こちらのBMW3ツーリングはご購入から6年経過いたしましたお車になります。

若干汚れてはいますけど艶も感じられて綺麗ですね! 私も店内で見るまではそう思っておりました(;”∀”)

いゃ店内で見ましてもお綺麗なんですけど・・・スクラッチが思いのほか多くて・・・(汗)

ではご購入から6年経過いたしましたBMW3ツーリングの現状を確認して参りましょう!

まずはボンネットからです。

ボディが白い事もあって写真ですとあまりスクラッチの多さが伝わりませんが

結構凄いんです(^^;

ルーフも・・・

あまりわかりませんがスクラッチが多いんです(^^;

ボディサイドも・・・

グルングルンにスクラッチ付いています。

わかりにくくてすいませんm(__)m よ~く目を凝らしてみてください。

グルングルンのスクラッチが見えて・・・きました??

見えないと思いますので(汗)他の場所で見てみますと・・・

こんな感じでグリングリンにスクラッチが付いているんです。

ボンネットやルーフも同じような感じです。

いゃ~黒いとわかりやすいです(笑)

リアも・・・

結構凄いんですけど白いボディカラーは目立ちません!

いゃ~白いとわかりにくくていいですね(笑)

それと今回はメタルのウインドウモールの・・・

白濁除去のご依頼を頂いております。

輸入車の定番でもございますメタルモールの腐食です。シミというより錆と言った方が

わかりやすいかと思います。 錆ですので落とすのも大変なんです(^▽^;)

 

全体的にスクラッチが多く痛み気味です。ただオーナー様はマメにお手入れされているようで

6年経っているようには感じません。 メタルモールの腐食も6年でこれくらいでしたら

お綺麗な方ではないかと思います。

ただやはり照明を当てて見てみますとスクラッチが結構凄いんです(^^;

このスクラッチはもしや??と思いオーナー様にお聞きしましたら・・・ピンポ~ン!

大正解!!  GSの洗車機を使用しているとの事でした(^^;

やはり洗車機の使用は注意が必要です(汗)使えば使うほど洗車キズが入ってしまいます。

それも意外と深めのキズが入ってしまいます。  お気を付けください。

付いてしまったものはしょうがないので磨いてリフレッシュしていきたいと思います!

作業開始!!

 

まずはウインドウコーティンからご紹介してまいりましょう。

↓は現状です。

以前に何か撥水剤を使われていたのでしょうか??

なんとなく弱~く撥水しているようにも感じますが油膜かな??

とにかく綺麗にしていきます(笑)

ガラス表面が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

これまた結構多めでした(^^;

リアも・・・

やや多めです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

鉄粉もスッキリと綺麗になりました!

リアも・・・

サッパリとしました。

鉄粉除去が済みましたら今度はボディにマスキングをしていきます。

マスキングが終わり磨きの準備が出来ました(^_^)/

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランでのご依頼となります。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたしますプランになります。

 

磨きが終わりましたら、いよいよコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

キズキズでしたボンネットもスッキリと綺麗になりました。

ルーフも・・・

綺麗になりました(^_^)/

ボディサイドも・・・

ライトがしっかりとそしてクッキリと映り込むようになっています!

グリングリンにスクラッチの確認が容易でしたセンタ-ピラーだって・・・

綺麗になっています(^.^)

リアも・・・

綺麗になっています!

そしてメタルモールの腐食も・・・

綺麗になっております。

メタルの輝き復活です!

そしてBMW3ツーリングボディコーティングが完成いたしました!

綺麗に仕上がりましたよ~(^_^)/  透明感が違います!

スクラッチやシミそしてクスミが進んだ塗装面は艶も引け、透明感も無くなってきます。

その傷んだ塗装面を磨いて平滑に整え、そして仕上げにコーティングする事で

新車にも負けない程の艶と光沢、そして透明感に仕上がります!

6年経過しているお車には見えないと思います。

それとメタルのモールが輝きを取り戻したことで見た目の印象が全然違います。

ボディが綺麗でもモールが白く白濁していると車が古く感じてしまうんです(^^;

輸入車の定番中の定番トラブルでもあるメタルモール(アルミモール)の白濁(白サビ)

この白サビは時間が経過すればするほど酷くなっていきます(^^;

中には真っ白になってしまっているお車もございます。

これのサビ落としやった事がある方はわかると思いますが、ま~ぁ落ちないんです(笑)

今回オーナー様もご自分で試されたそうですが全然落ちないと言われていました。

と言うかやった事のある方は皆様全然落ちないと言われます(^_^;)

酷くなればなるほど除去するのが大変ですので、とにかく早め早めに処理をした方がいいと思います。

メタルモールでお悩みでしたら『カービューティープロ カラーズ』にお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です