オフブルー /ホワイトルーフのスペーシアです!。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはスズキ スペーシアのボディコーティングです。

オフブルーメタリック /ホワイトルーフのツートンカラーのスズキ スペーシアです!

こちらのスペーシアは初期登録から約3ヶ月ほどの新古車になります。

スペーシアはノーマルとカスタムが先に発売され、その1年後は“ギア”を追加し現在は3つの

タイプのスペーシアが揃っております。

この3つの中でも現在は最後発の“ギア”が一番売れているそうです!

現在のアウトドアブームを上手く捉えたようですね(笑)

ギアだけではなくスペーシアシリーズ全体の販売も好調なようで最近の販売状況は

N-BOXに次ぐ売れ行きの様です!

少しお話がそれてしまいましたが、そんな人気物スペーシア君の現状を確認して参りましょう!

まずはボンネットからです。

少し曇ってますね(;”∀”)

ボディが汚少し汚れているのもありますが、それとは別に塗装表面自体が曇っているんです。

おそらく新車時からある曇り(白ボケ)だと思います。

それとボンネットの先端の方には・・・

ここだけシミのような跡がありました。

油が垂れたような感じもしますが・・・よくわかりません(^▽^;)

ちなみにこれは洗車でも落ちませんでした。

ルーフは・・・

こちらも曇り気味ですね(^^;

ボディサイドも・・・

シミやスクラッチ等は少なくお綺麗なんですがモヤけているのでライトがスカッ!とは

映り込んでません。

リアも・・・

結構モヤモヤですね(^^;

ホイールは・・・

酷くはありませんが、まぁまぁ汚れております(笑)

 

ご覧いただきましたようにボディ全体が曇り気味でスッキリとしません。

その曇りもあって透明感もあまり感じられません。

またこのオフブルーメタリックは元々メタリック感が抑えられたカラーではあるんですが・・・

近くで見てもメタリック感が少し損なわれている感じです(^^;

スッキリとした透明感あるオフブルーメタリックの輝きを目指して早速作業を始めてまいりましょう!!

作業開始!!

 

ボディの前にまずはウインドウコーティングからご紹介していきましょう。

↓は現状です。

若干油膜で水を弾いているっぽい感じもしますね(^^;

全面同じような感じでしたが・・・

全面施工ですので全てのガラスをリセットいたします。

その後にウインドウ専用コーティング剤・・・

PGS-33でコーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

気持ちいいウインドウコーティングの完成ですヽ(^o^)丿

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

所々に反応は見られますが少ないですね!

リアも・・・

少なかったです(*”▽”)

新古車や展示車は鉄粉が多く付いている事が多いのですが、今回のスペーシアは全体的に

少なかったです。

鉄粉少ないので軽めの除去方法で鉄粉を処理し再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗ですね!

リアも・・・

スッキリとしました。

その後に今度はボディにマスキングを行い・・・

磨いていきます。

今回は初期登録から3ヶ月、塗装面のダメージも少ないので軽い磨きのベーシックプランでの

磨きになります!ベーシックプランはごく浅い線キズや水垢・雨ジミなどを軽い磨きで除去する

ライトポリッシングのプランです。

こちらのベーシックプランはお車の状態にもよりますが”塗装の傷や痛みがひどくないお車”

“新車ご購入から1ヶ月以上6ヶ月以内のお車”また塗装の研磨量を抑えたい方”等に

おすすめのプランになります。お車の状態によっては1つ上のプランをお薦めさせて頂く

場合もございます。

そして今回使用いたしましたコーティング剤は・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

当店でも人気のコーティング剤でございます。

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。 「EXE-evo1」は気持ちのいい水玉撥水の

コーティング剤になります。 従来の水玉撥水のコーティング剤よりもシミが付きにくいのが

特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

曇りも無くなってクリヤーでスベスベに仕上がりました(^_-)-☆

もちろん何だかよくわからないシミのような痕跡も・・・

問題なく除去できております!

ルーフも・・・

サッパリとしました。

ボディサイドは・・・

おぉ! 綺麗だぁ! 透明感が違います!!

やっぱりこれくらい綺麗にスカッ!と映り込んでほしいものです(笑)

リアも・・・

曇りが無くなってスッキリとクリヤーですね(^_^)/

最後にホイールも・・・

艶出しで仕上げましたら・・・

オフブルーメタリック /ホワイトルーフのスズキ スペーシア、ボディコーティングが

完成いたしました!!

曇りも取れてスッキリとクリヤーな艶々ボディに仕上がりましたヽ(^o^)丿

このクリヤーな感じはやはりボディを磨かないと出ないんです!

今回のスペーシアは初期登録からそれほど時間が経っていなかった事もあってか、新車時からと

思われる曇りはありましたが(^^; シミや痛みも少なく状態は悪くありませんでした。

でも今回見て頂いたように実はパッと見は綺麗に見えても結構曇っているんです。

この曇りは新古車だから曇っていたわけではなく新車時からある曇りなんです。

しかし車の販売店でおこなうコーティングは新車や新古車など綺麗な感じの車は磨かないで洗車して

コーティング剤を塗るだけのお店が多いのもまた事実です。(磨いている販売店もございます!)

という事は磨かないでコーティング剤を塗るだけですと、もちろん曇ったままですので

コーティング後も曇ったままのスッキリしない仕上がりです(;´∀`)

また曇りだけではなくシミやスクラッチも残ったままです。

新古車や屋外展示車両など、あまり使用されていないお車でも車は屋外に置いておくだけで

シミが付いたり紫外線による塗装面の劣化などが進んでいきます。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ですので経年車はもちろん、新車や新古車等のコーティングも専門店のカービューティープロ カラーズへ

是非どうぞ~(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です