トヨタ アルファードのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ アルファードのボディコーティングです。

H26年式ゴールドパールクリスタルシャインのトヨタ アルファードです!

↑の写真で見ますと“ホワイト”に見えると思いますが実際に見ると、ややベージュっぽい

色合いのホワイトです。

今、主流になっている“スカッと白いパールホワイト”ではなく暖色系の

温かみあるパールホワイトになります。

この温かみのある色合いがゴールドパールなのだと思います。

アルファードにとてもお似合いのカラーですね!  高級感のあるいい色です(*^_^*)

では新車でご購入されてから7年程経ちましたトヨタ アルファードの現状確認から

ご紹介して参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

店内で確認しますと想像以上にシミが酷かった~~~(;´∀`)

ホワイト系のカラーですので目立たないと言えば目立たないのですが

シミが多いと艶も引けてクリヤー感も無くなります。

ルーフも・・・

シミが多く塗装がガサガサです。

シミが多いと言いますとこちらの・・・

サンルーフはもっと酷いんです(汗)  オ~ノ~!!

こりゃ~大変そうだ(^▽^;)

ボディサイドも・・・

色的に目立ちませんけど、よ~く見るとシミだらけでガサついています。

リアは・・・

シミもありますがクスミが酷くライトがボヤけて映り込んでいます。

ホイールは・・・

マメにお手入れされている事もあって汚れは少なかったです。

 

新車でご購入時にコーティングを行って3~4年前に一度コーティングを

再施工されているとの事です。 定期的に施工されている&マメに洗車を

されているとの事でぱっと見た目には綺麗です。

しかし屋外で確認した時はそこまで気にならなかったのですが

店内で確認しますと・・・あ あれ?? シミが凄いぞ~~(;”∀”)

そのシミの原因ですけど・・・それはまた後ほど(^^;

ではシミシミになってしまいましたゴールドパールクリスタルシャインの

トヨタ アルファードをリフレッシュしていきたいと思います。 作業開始~~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングから

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

先ほどのサンルーフの写真でも見て頂きましたがウインドウ全面、ウロコ(シミ)が酷いです(^^;

水は綺麗に弾いていましたので撥水剤を塗られているようですが、ウロコがね~(汗)

その中でもサンルーフのウロコが一番酷かったです。

今回はウロコが酷いので何時もとは違う工程を経て・・・

最終的におなじみの姿になります(笑)

ウロコの除去方法も幾つかありますのでウロコの状態によって作業方法を変えております。

また当店のウインドウコーティングの料金には基本的な下地処理代も含まれておりますが

ウロコの程度によって追加料金がかかる場合がございます。

詳しくはお問い合わせください。

ウロコ除去後です↑  だいぶサッパリとしました(^.^)

もちろん最終的にウインドウコーティング剤で仕上げておりますので・・・

水弾きもバッチグ~です!  ← 古っ(;”∀”)

 

続いてはボディです。

まずは洗車です。その後にボディに付いている鉄粉の除去を行います。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします。

前回のコーティングから3~4年ほど経っているそうですが、3~4年で↑位の鉄粉量でしたら

特別多くはないと思います。  まぁまぁって言ったところです(笑)

リアも・・・

反応が“流れ”てしまっているのでわかりにくいんですけど、ボンネット同様に

まぁまぁの付着量でした(^^;

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

綺麗になりました!

リアも・・・

スッキリとしましたね!

 

その後に今度はボディにマスキングをして・・・

磨いていきます。

今回はミディアムポリッシングのエクストラプランをご提案させていただきました。

エクストラプランは経年車や中古車などに多く見られる小キズやシミなどを除去する

やや強めの磨きのプランです。深めの傷やシミは取れませんが、やや強めの磨きで水垢・

水シミ・小傷など除去する事で塗装表面がスッキリとしてボディの艶や光沢が上がり

お車全体の質感がUPいたします当店の人気プランになります。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

気持ちのいい水玉撥水と深い艶感が特徴の・・・

カービューティープロ最上級コーティング剤“EXE evo1″です!

 

「EXE-evo1」は結合力が強い2種類のガラス質成分を2度に分けて丹念に施工することで、

その美しい艶感・膜厚感は長期間にわたって持続。さらに分子構造レベルの成分配合を見直すことで、

汚れの付着を大幅に低減したコーティング剤です。 「EXE-evo1」は気持ちのいい水玉撥水の

コーティング剤になります。 従来の水玉撥水のコーティング剤に比べますとシミが付きにくいのが

特徴でもあります(^_^)/

詳しくはこちらをご覧ください。 → 「EXE-evo1」

 

では各部の仕上がりを見ていきましょう。

まずはボンネットからです。

シミもスッキリとしてスベスベになりました。

透明感も出ましたね(^_^)/

シミでガサガサだったルーフも・・・

綺麗になりました。

それと英語が話せない私でさえオ~ノ~!!と叫んだと噂のサンルーフのウロコも・・・

思わずビュ~ティフルと言ったとか言わないとか(笑)

とにかく綺麗になりました(^_-)-☆

ウインドウのウロコ(シミ)除去は塗装面のシミを除去するよりも、ある意味厄介なんです。

酷くなると落とせなくなる場合もありますので早め早めの対処がおすすめです。

 

ボディサイドは・・・

塗装面が綺麗になってライトも綺麗に映り込むようになりました。

リアも・・・

クスミが取れてライトの輪郭もハッキリと見えるようになっています。

最後にホイールです。

今回はホイールコーティングのご依頼も頂きましたので、よ~く洗った後に

ホイール専用コーティング剤でコーティングを掛けております!

そしてゴールドパールクリスタルシャインのトヨタ アルファード、ボディコーティングが

完成いたしました!

艶々に仕上がりました!

シミシミでガサついていた塗装肌でしたが、そのシミを磨きで除去し塗装面を

平滑化しますと透明感ある艶々のボディに仕上がります。

また今回使用いたしましたEXE evo1がいい艶を出すんです(^_^)/

オーナー様もスッキリと艶々に仕上がりました愛車アルファードを眺めながら

『よかった、よかった!』とお喜びになられているご様子でした。

ありがとうございました。

 

今回のアルファードに付いていましたシミの原因ですけど推測にはなりますが

ケミカル類の使い過ぎによるシミだと思います。

もう少し具体的に言いますと撥水剤によるものです。

今人気の濡れたボディにスプレーして拭き上げるタイプの物ですね。

オーナー様に確認しましたところ、やはり頻繫に使用されているとの事でしたので

間違いないと思います。 この手のシミは頻繫に撥水剤を使われているお車に

よく見られる症状ですので使い過ぎにはお気を付けください(^_^)/

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です