ランドクルーザープラドのボディコーティングです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはトヨタ ランドクルーザープラドのボディコーティングです。

ソリッドブラックの納車間もない新車のランドクルーザープラドです!

カッコイイですね~(^.^)

今までに当店にも何台かプラドはご入庫されていますけど、黒が圧倒的に多いと言うか、

黒しかご入庫したことがないような気も致しますが(^^;実車を見れば納得のカッコ良さです!

そんなかっこいいソリッドブラックの新車ランドクルーザープラドの現状確認を

早速行なって参りましょう!

まずはボンネットからです

納車間もないとは言え当店ご入庫まで少し時間が空きましたので、その間の雨等でやや汚れ気味でした。

ただ塗装自体は曇りも無いように見えます。

ルーフも・・・

少し汚れております。汚れていますけど洗車キズでしょうか??

円状の線キズが確認できます。 おそらく納車前仕上げ時に付いてしまったのではないでしょうか??

ボディサイドも・・・

やや??汚れ気味です。

ただそれも当店ご入庫までに汚れてしまっても洗車しなくていいですよ!と

オーナー様お伝えしておりましたので(^.^)  問題ございません。

汚れ自体は問題ないのですが、よくよく観察しますと・・・

リアドアに何か擦れたような痕跡がございました。

コレです↓

これが実は意外と長~くて、よくよく見ますとフロントドアまで続いておりました(;´∀`)  オーノー!

リアも・・・

よく見ると細かな線キズが確認できます。

これもおそらく納車前の洗車時ではないでしょうか??

ホイールは・・・

こちらもちょろっと汚れ気味でした。

 

汚れていて少しわかりにくいかも知れませんが、よくよく観察していくと線キズ等の

スクラッチが数か所ほど確認できました。 デリケートなソリッドブラックですので

どうしてもスクラッチが付きやすいんです。

新車なのにキズ??と思うかも知れませんが新車でもキズが入っているのが実情です。

新車は直接お客様に届くのではなく、工場からディーラーに行くまで移送時や保管時、

そしてディーラーオプション取り付け時や納車仕上げ時などキズやシミが付いてしまう

要素は沢山あります。

そのあたりも綺麗に整えて新車よりも綺麗な新車に仕上げますのが当店の新車コーティングです!

では新車以上の新車を目指して作業開始~~!!

 

まずはウインドウコーティングからご紹介してまいりましょう!

↓は現状です。

油分の付着も少ないようですね!

しかし少ないとは言え油分が付いていますので・・・

綺麗にリセットします。 例え納車直後の新車でもガラス表面に納車仕上げ用の撥水剤や

油分等が付いている事がほとんどですので、新車でも下地処理が必須です。

ガラス表面が綺麗になりましたらウインドウ専用コーティング剤PGS-33でコーティングをします。

その後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成いたしました。

 

続いてはボディです。

まずは洗車をします。その後にボディに付いている鉄粉等の付着物を除去していきます。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたしますが黒いボディですので・・・

相変わらず写真では確認困難です(^▽^;)

リアも・・・

もちろん確認困難です(汗)

実際の所は多くはありませんがポツポツと付いている感じでした。新車でも付いているものなんです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが・・・

綺麗になっていますけど確認困難です(^▽^;)

リアも・・・

スッキリと綺麗になっておりますが・・・写真だとわかりません(涙)

 

鉄粉処理が終わりましたら今度はボディにマスキングをしていきます。

そして磨いていきます。

今回は新車ですので新車プランでの磨きです。新車プランは基本的に軽い磨きですが、

磨く車(塗装面の状態)によって、その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドの

マッチングを変えてポリッシングしています。

 

磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回オーナー様がお選びになられましたコーティング剤はこちらの・・・

カービューティープロの最新のコーティング剤PCX-S9です!!

PCX-S9は『優れた撥水性被膜による汚れの固着低減』『特殊シランによる上質な光沢と保護効果』

『柔軟性にも優れた高密度な被膜による塗装保護』の低撥水タイプのコーティング剤になります!

PCX-S9の発売に伴い長年に渡り低撥水タイプのスタンダードコーティング剤として

ご愛顧いただいておりましたPCX-S7は廃番となりました。

今後は低撥水タイプのスタンダードコーティング剤はPCX-S9とPCX-V110の2種類になります。

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

サッパリと綺麗になりました!

ルーフも・・・

洗車キズと思われる円状の線キズは深い部分は残りましたが、だいぶ目立たなくなっております。

ボディサイドも・・・

ソリッドブラックらしい綺麗な映り込み具合です(^_^)/

それとリアドアの擦れたようなスクラッチも・・・

無事に除去出来ました!

リアは・・・

こちらの線キズは意外と深く入っていたようで完全除去とはなりませんが、

ライトを当てて探さないとわからないレベルです。

最後にホイールです。

黒光りしています(笑)

そしてソリッドブラックのトヨタ ランドクルーザープラド、新車コーティングが完成いたしました!

艶々です! 納車時より光っていると思います(笑)

スクラッチもスッキリとしてソリッドブラックらしい凝縮感ある迫力ボディに

仕上がっております!

元々新車ですのでお綺麗ではあるんですけど更にそこに、ひと手間ふた手間かけてから

コーティングをしますと新車以上の艶感そしてクリヤー感ある新車に仕上がります!

オーナー様も『すげ~ピカピカ!やっぱり違いますね!!』と施工前後の違いを

実感されているご様子でした!

ありがとうございました。

 

今回のプラドはご入庫時、少し汚れ気味ではございましたが塗装面の曇りも僅かで

お綺麗でした。ただやはり洗車キズ等は確認できました。

実は新車でも新車特有の曇りが酷いお車やシミやキズが入っているお車が多いのが実情です。

また鉄粉の付着が多い車も御座います。

当店はそれらの不具合箇所を磨きなどで処置して下地を整えてからコーティングをしています。

ひとえにボディコーティングと言いましても残念ながら内容はそれぞれです(汗)

洗車してコーティング剤塗っておしまい!もコーティングですし、磨きを入れて下地を整えてから

コーティングするのもまたコーティングです。 同じコーティングでも仕上がり具合は全然違います!

ですので新車コーティングも”専門店“のカービューティープロ・カラーズへお任せください!

お待ちしております(^_^)/

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です