ホンダ シャトルにボディコーティングです!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ シャトルのボディコーティングです。

H29年式ミッドナイトブルービームメタリックのホンダ シャトルです!

初期登録から3年と少々のお車になります。今年の夏ごろにご購入されたそうですが

キズが凄いと当店にご相談にお越しくださいました。

拝見したところ・・・確かに凄いんです(^▽^;)

ボディ全体に洗車キズと思われるスクラッチがすんごいんです(汗)そのスクラッチの

影響もあって艶も引けていますし色の深みも感じない状態でした。

では初期登録から3年少々経過いたしましたホンダ シャトルの現状をご紹介してまいりましょう!

すんごいですよ(^▽^;)

まずはボンネットです↓

すんごいでしょう!?

ご入庫時、お車が汚れていましたので↑の写真は洗車後に撮ったものです。

ルーフも・・・

なかなかエグイですね~(^▽^;)

ライトを当てるとギランギランのグリングリンです。

ボディサイドは・・・

ボンネットやルーフに比べますと比較的軽めではありますが・・・それでも結構キズキズです。

メタリックの塗装なんですけどメタリック感があまり感じられずほぼ“紺色”です(;´∀`)

リアは・・・

キズも気になりますがクスミも気になります。  キズとクスミでライトの映り込みも

ボヤボヤです。

ホイールは・・・

黒いホイールはブレーキダストの汚れがどうしても目立ちます。

 

ご覧頂きましたように洗車キズと思われるスクラッチが盛大に付いています(^▽^;)

ご購入時からこの状態だったそうですので前オーナー様のお手入れ方法がいけなかったのか?

はたまた車の販売店での日頃のお手入れに問題があったのかは今となっては判断できません。

もしかしたら両方かも知れません。

オーナー様がご購入後に一度、ガソリンスタンド系のコーティングを施工したんだそうですが・・・

磨き無しのコーティング剤を塗るだけのコーティングだったようで何となく艶が出たかなぁ~??

という感じだったそうです(^^;  確かにこの状態のままコーティングしてもキズが

無くなる訳ではないので仕上がりは・・・です。カービューティープロスクールの校長先生も

言ってました“真のカーコーティングはプロの磨きの技から” と(笑)

車を綺麗にするには磨きが肝心なんです! 磨いた後にコーティングなんです!!

では校長先生が見ても納得してもらえるような仕上がりを目指して頑張って磨いていきましょう(笑)

作業開始~~!!

 

まずは洗車後にボディに付いている鉄粉を処理していきます。専用のクリーナーを吹き掛けます

と鉄粉が紫色に反応いたします。

少し見ずらいのですが(すいません)よく見るとポツポツと見えます。しかし意外と少なめでした。

リアも・・・

わかりませんね(^^; 付いているには付いているんですけど特別多い訳ではありませんでした。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

処理前の写真が見にくいので比較になりませんがサッパリとしました。

リアも・・・

綺麗になってます!  ホント~なんです(汗)

鉄粉の除去が終わりましたら今度はボディにマスキングをして・・・

磨きの準備が整いました。

今回の磨きですが状態がなかなかのものですので(^▽^;)プレシャスプランでのご依頼になります。

プレシャスプランは強い磨きで可能な限り深めの線キズやシミを除去するハードポリッシングの

コースです。 (深い傷、深いシミ等は残る場合もございます。)また、ドアの内側のヒンジ部の

汚れ落としや、エンブレム類などの普段お手入れしにくい細かな場所の汚れ落としも行いますので、

ワンランク上の仕上がりを体感して頂ける事と思います。

また基本的にハードポリッシングのプランですが塗装の状態によっては必要以上に塗装を

削らないよう、むやみにハードに磨く事は致しません。

 

そして磨きが終わりましたら今度はコーティング剤の出番です。

今回使用致しましたコーティング剤は・・・

カービューティープロのベストセラーコーティング剤PCX-V110です!

こちらは塗装の深い艶を引き出すとともに、耐薬品性(塩害、融雪剤)・防汚性に優れた滑水被膜を

形成し、外的要因から塗装面を保護する低撥水タイプのコーティング剤になります!

 

では各部の仕上がり具合を確認していきましょう!

まずはボンネットからです。

何という事でしょう! キズだらけでしたボンネットもスッキリ綺麗になりました(^_^)/

もちろん全てのキズやシミが除去できる訳ではありません。深いキズは残っていますけど

施工前と比べますと別物と言っていいレベルではないでしょうか!

ギランギランのグリングリンだったルーフも・・・

サッパリとしましたね~(^_-)-☆

気持ちいいです!

ボディサイドも・・・

綺麗になりました。メタリックの粒子感も感じて頂けると思います。

リアは・・・

クスミもスクラッチも取れてスッキリと綺麗にライトが映り込むようになりました。

最後にホイールも・・・

艶々に仕上げましたら・・・

ミッドナイトブルービームメタリックのホンダ シャトル、ボディコーティングが完成いたしました!

校長先生も納得していただける仕上がりだと思います(笑)

全体的にスクラッチが酷く艶も引け、色の深みも感じられない状態でしたがキッチリと

磨き上げられたボディは新車にも負けない色と艶そして色の深みに仕上がりました。

ご入庫前と比べますと結構“色が変わった”と思います(^_^)/

オーナー様も『凄いなぁ~! よかったよかった!!』と、とてもお喜びになられているご様子でした。

ありがとうございます。

 

私が度々コーティングは下地が重要と言っていると思いますが、今回のシャトルを見て頂いて

その意味が伝わったかと思います。 いくらどんなにいいコーティング剤を使っても下地が

スクラッチだらけだったりシミだらけだったり、また曇ったり傷んだりしている塗装面に

コーティング剤を塗っただけでは綺麗には仕上がりません! 塗装面はそのままです(;´∀`)

下地を整えてからコーティングしないと、何となく艶は出るけど、ただそれだけです(^_^;)

ですので下地が重要なんです!

一言でコーティングと言いましても洗車してコーティング剤を塗るだけの作業もコーティングですし、

幾つもの工程を経て下地を整え、そしてコーティング剤を塗るのもコーティングです。

同じコーティングでも、もちろん仕上がりは全然違います!

ですのでカーコーティングはカーコーティング専門店にお任せください!

“真のカーコーティングはプロの磨きの技から”とカービューティープロのスクールの校長先生も

言ってましたから(笑)

 

 

今年のブログはこれで以上となります。

今年も沢山のお客様にお越し頂きまして誠にありがとうございました。

また、いつもブログをご覧いただいております皆様も一年間お付き合い頂きまして

ありがとうございました。

 

そして毎年恒例、ブログ遅延報告です!

毎年この時期の時点でだいたい1ヶ月遅れがお約束となっています。

昨年は頑張ってなんとか約2週間遅れでしたが今年は・・・

なんと9日遅れでございます!  これは奇跡と言ってもいいのではないでしょうか(笑)

一時期1週間遅れまで挽回した時もあったのですが最終的に9日遅れで今年は〆となりました!

これ位のペースでいきたいところですが・・・来年は如何に!!

来年もブログの方も頑張っていきたいと思いますので引き続き

お付き合いいただければ幸いです。(*^▽^*)

年明けの営業は1月4日10時より通常営業となります。

今年も1年間本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

それでは皆様少しだけ早いですが、良いお年を!!

 

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です