レクサスIS Fスポーツのコーティングメンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはレクサスIS Fスポーツのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”は昨年の7月に

ボディコーティングを施工いたしましたお車になります。

施工から5ヶ月、早めのタイミングでメンテナンスにお越しくださいました。

コーティング施工から5ヶ月の早めのメンテナンスですが、これには訳がございまして・・・

それは後ほど明らかになりますが(笑)まずはボンネットのビフォーとアフターより

ご紹介を始めてまりましょう!

↓は現状です。

ご入庫時の雨で濡れております。

という事で施工から5ヶ月、屋外屋根なし駐車のリアルな水弾き状況が確認できます。

塗装の表面が少し汚れているので水玉がやや潰れ気味ではございますが水玉撥水を

維持しております。

アフターです↓

洗車だけでも塗装の表面が綺麗になって撥水力が上がるのですが、今回はメンテナンスですので

通常の洗車では落ちない頑固な汚れの被膜を除去しております。

ですので撥水力はコーティング直後と変わらない程まで回復しています!

しか~し!!!  その水を弾いている所の写真を撮っていないというね(^▽^;)  すみません。

写真を撮っている時に気が付けばいいんですけど、これが大抵ブログ書いてる時に気が付くんですよ(汗)

そんなブチブチと言い訳していないで次に行きましょう!

次はルーフです↓

こちらも濡れていますけど状態は良さそうです。

アフターです↓

やっぱり良かったです(^_^)/

シミやスクラッチもとっても少なく、とても良好な状態を維持されておりました!!

トランクも・・・

まだまだ綺麗に水も弾いています。

目立つ汚れもありませんでした。

アフターです↓

ホントにお綺麗なんです!

素晴らしいです(^_^)/

ボディサイドも・・・

雨天走行による汚れはございますが気になる傷み、汚れはございません。

アフターです↓

白過ぎてよくわかりませんね(^▽^;)

とにかく良い状態をキープされているという事です(笑)

 

ここまでは何も問題なくお車の状態が申し分ないのに何故早めのメンテナンス??と思うかも知れませんが、

実はこちらのISは鉄粉が多いんです。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応しますが・・・

こんな感じです(;”∀”)

リアも・・・

こんな感じなんです(汗)

ボンネットよりリアの方が多い感じです。

コーティングから5ヶ月で↑くらいの量と言いたい所なんですが、実は昨年の9月に別件でご入庫された時に

一度鉄粉を処理しているんです。 という事は3ヶ月ほどでこんなに鉄粉が付いてしまったという事です。

原因は既に判明していまして、新車施工時のブログでも書いていますが駐車場が線路のすぐ近くなんだそうです。

その為に鉄粉が多く舞っているようで鉄粉が付いてしまうようです。

鉄粉が多く付いていると撥水の妨げにもなりますし、とくに白い車だとプツプツと見えてしまい、

美観を損ないます。 また洗車時のスポンジやクロスの滑りが悪く引っ掛かります。

↓は以前作業しました別のお車です。

鉄粉からサビが出て目立ちます。

更に放置しますと錆のシミが広がってしまう事もございます。

なかには500年玉ほどの大きさまで成長してしまう事もあるようです。 コワいですね~(;´∀`)

ですので鉄粉の処理は大切なんです!!

↓はアフターです↓

だいぶ除去出来ました。

リアも・・・

サッパリとしました!!

鉄粉が付いてしまうのはある意味しょうがない事です。

ただ放置してしまうと大変な事になってしまいますので鉄粉が多く付くお車の

鉄粉処理は早めがいいと思います。

 

ホイールも・・・

お綺麗でした! 雨の中来られたとは思えない程です。

きっとこれも新車時にホイールコーティングをした効果ではないでしょうか??

たぶんそうです(笑)

アフターです↓

更に艶々です。

 

それと今回はウインドウコーティングの再施工のご依頼も頂いております。

施工からまだ5ヶ月ですので、まだ早いかな??とも思いましたが・・・

確認してみますとフロントはやや撥水力が落ち気味でした。

リアは・・・

こちらの方が撥水力が落ちております。

ガラスもボディと同じで“黒い”方が痛みが早い傾向です。

弱ったコーティング被膜を一度除去して再度ウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングの完成です。

リアも・・・

コロコロの水玉撥水に仕上がりました。

ウインドウコーティングの耐久性はお車の保管状況やワイパーの使用頻度などによって

大きく変わってきます。目安は半年~1年位ですがフロントウインドウはワイパーの

ゴムを撥水ワイパーに交換して頂くとコーティングの寿命が延びますので

ウインドウコーティングしましたお車には撥水ワイパーの交換をお薦めいたします!

 

そしてホワイトノーヴァガラスフレークのレクサスIS300“F SPORT”のボディコーティングメンテナンスが

完成いたしました!

いい艶に仕上がりました!

元々お綺麗なお車でございましたが艶感を感じにくいホワイトなどのライトカラーも

キッチリとメンテナンスしますとしっかりと艶を感じる仕上がりになります!

また例のボンネットルーフ等に黒くポツポツと見えていた鉄粉も無くなり

美観の向上も無事果たしております(^_^)/

オーナー様もとてもお喜び頂けたご様子でした! ありがとうございました。

 

話は変わりますが先日、幕張メッセで行われましたTOKYO AUTO SALON 2022の

展示車施工に行ってまいりました!

昨年はコロナの為にオンライン開催のみでしたので施工は2年ぶりになります!

今年もオミクロンが増え開催できるのか心配でしたが感染拡大防止対策を行い開催されました。

私達業者さんも施工日の1週間前より健康チェックや行動記録をつけ、当日は入場時に

検査等も行いのやっと入場できるほどの厳戒態勢でした。

その施工車両ですが毎年どんどんと“大人の事情”が厳しくなり写真の掲載はもちろん、何処のメーカーの

何の車種を担当したかもシークレット!!

ですので厳戒体制の中やっとの事で無事に入場できましたが今回は残念ながらご紹介は無しです(T_T)

唯一撮った写真が・・・

 

私の検査結果です(笑)   もちろん陰性です(^_-)-☆  良かった~~

という事で今年のTOKYO AUTO SALON のご報告は私は陰性だったという事のみの

ご報告となりました( ̄▽ ̄)    なんだか残念!!

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。