日産ルークスの定期メンテナンスです。

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのは日産ルークスのボディコーティングメンテナンスです。

こちらのホワイトパールの日産ルークスは2020年の10月にボディコーティングを

施工いたしましたお車になります。

コーティング施工から間もなく2年を迎えますお車になります。

定期的にメンテナンスにお越しくださっていましたので今回は通算3度目の

メンテナンスとなります!

ではコーティング施工から間もなく2年を迎えます新型ルークスのメンテナンスの様子を

今回もビフォー&アフターでご紹介して参りましょう!

 

まずはボンネットからです↓

最近あまり洗車をしていなかったとの事で少し汚れております。

↑の写真だと綺麗に見えますが(^^;全体的に水アカ汚れで黒っぽく汚れております。

アフターです↓

メンテナンスでは処理し切れなかった細かなシミも少し増えてきたようですが

艶もまだまだあって良い状態をキープされております!

ルーフも・・・

水アカ汚れで全体的に斑模様に汚れております(^^;)

アフターです↓

水アカもスッキリとしました!

汚れてはいましたけどコーティングが効いていますので水アカのこびり付きも無く

洗車程度でも十分に落とせました。

今回はメンテナンスですので汚れ落としだけではなく撥水力の復元も行っております!

ボディサイドも・・・

雨天走行による通常の汚れ程度で、その他は特に気になるような痛みはございませんでした。

アフターです↓

サッパリと綺麗になりました。

それとオーナー様から『ここの汚れもブログで紹介されちゃうんだろうなぁ~』と

前振りを頂きました(笑)・・・

ミラー下の隙間の汚れです。

ここの汚れも固着していた訳ではないので・・・

簡単に除去出来ました。

ミラー下やパネルの隙間等の汚れは放置時間が長ければ長いほど固着してしまいます。

普段から落とすようにするようにしていれば簡単に処理できますが、

固着してしまうと簡単には落とせなくなってきますのでお気をつけ下さい。

リアも・・・

少しわかりにくいのですが黒い雨筋が何本も付いておりました。

アフターです↓

綺麗になりました。

 

それと鉄粉の付着状況ですが、前回のメンテナンス時にもお話ししましたが

こちらのルークスの駐車場が線路から比較的近い所なのだそうで鉄粉が多めなんです。

専用のクリーナーを吹き掛けますと鉄粉が紫色に・・・

いっぱい反応します(^^;

線路から“比較的近く”でも↑くらい鉄粉が付いてしまいます。

鉄粉は意外なほど遠くまで舞いますので油断大敵です。

線路脇の駐車場の場合は鉄粉量がハンパね~っス(;´∀`)

リアは・・・

水平面に比べるとだいぶ少ないです。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックします↓

スッキリとしました~ヽ(^o^)丿

リアも・・・

綺麗に処理が出来ております。

 

それと先ほど撥水力の復元と書きましたがコーティング施工から間もなく2年経ちますので

撥水力が落ちております。

↓はご入庫時の水弾きの状況です。

ボンネットとルーフの水平面は完全に撥水力が落ちてしまったようです。

そして↓は・・・

特殊なケミカル剤で塗装表面(コーティング被膜)の汚れを処理した後の水弾きの状況です。

塗装表面(コーティング被膜)頑固な汚れはシャンプー洗車では落ちません。

その頑固な汚れをケミカル剤で落とすだけでも、ここまで撥水が回復しましたが

コーティングから2年ですのでコーティング被膜自体の痛み等で撥水力は落ちております。

メンテナンスでは最終的にメンテナンス剤で仕上げますので・・・

ここまで撥水力が回復します!

撥水力は時間が経てばどうしても落ちてしまいます。撥水力維持にはメンテナンスや

撥水剤の使用が必要になってきます。

話がそれましたが最後にホイールです。

こちらも軽めの汚れでした。

アフターです↓

タイヤもホイールも艶出しで仕上げております。

そしてホワイトパールの日産ルークス、ボディコーティングメンテナンスが完成いたしました。

艶々に仕上がりました!

全体的にシミやスクラッチが少なくコーティング施工から間もなく2年と考えますと

とても良好な状態を維持されていると思います。

ただやはり撥水力がだいぶ落ちてしまっておりました。

コーティングの撥水が弱まるタイミングは車の使用状況や保管状況、

そしてお手入れ状況などによって様々です。

また撥水が落ちる要因も色々とあります。汚れの蓄積だったり紫外線の影響だったり、

また普段のお手入れの仕方によっては逆に撥水を低下させてしまう場合もございます。

2年経ってもピンピンに撥水しているお車もあれば半年程でだいぶ弱っているお車もございます。

撥水を維持させるには定期的にメンテナンスをするか撥水剤を定期的に使用する必要があります。

そこで簡単に使える撥水剤がこちらの・・・

R-611 ウォーターヴェールです!

こちらは洗車後の濡れたままの状態でシュシュッとスプレーして塗り込むだけ!

それだけで低撥水状態をスピーディーに復元します。 いゃ~便利ですね~(*´▽`*)

もちろんコーティング被膜にストレスを与えることなく、水が固まりで流れ落ちる低撥水状態を

よみがえらせます。洗車後の濡れたままの状態で塗布をして拭き上げるだけでOK。

美しいツヤ感と低撥水効果をお楽しみください。

また水玉撥水用のR-511もご用意しております。

どちらも¥1,980(税込)になります。

コーティング施工車はもちろん、コーティング未施工車にもご利用いただけますので

是非一度お試しください!

以上宣伝でした( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。