フレンチブルーパールのS660です!

 

カービューティープロ カラーズの寺尾です。

 

本日ご紹介いたしますのはホンダ S660のボディコーティングです。

フレンチブルーパールのホンダS660です!

こちらは納車間もない新車になります(^_^)/

いゃ~綺麗なブルーですね! 正直S660ではあまりお見掛けしないカラーな気がします。

と言うか私は初めて見たような気がします。 更に正直に言ってしまえばこの色が設定されている事すら

知りませんでした(^^; 少し気になったので調べて見ましたら2018年の仕様変更時に

プレミアムビーチブルー・パールと入れ替えになったカラーでした。

プレミアムビーチブルー・パール(水色)もS660に似合っていましたが、それよりもフレンチブルーパールは

大人な感じでこれまたS660に良く似合っているボディカラーですね!! とってもカッコイイです(*”▽”)

話が大幅にそれてしまいましたが(汗)新車S660の現状確認より始めて参りましょう!

まずはボンネットからです。

ボンネットは少し曇り気味です。曇りは少ないのですが小傷が少し多いんです。

↓もボンネットなんですが所々に・・・

何かで擦った跡でしょうか?? それとも塗装の加修跡なのでしょうか??

やや深めのスクラッチが数ヶ所ほど確認できました。

ルーフは・・・

幌ですのでもちろん今回は磨きません(笑)

リアのエンジンフードは・・・

メチャメチャ曇っておりました(^▽^;)

ライトの映り込みが白くボヤけてしまっています。

ボンネットは曇りも少なかったんですけど、不思議です(謎)

ボディサイドも・・・

なかなかの曇りっぷりでした(汗)  モヤモヤです。

曇りが軽いのはボンネットだけの様でした(^^;

ホイールは軽めの汚れでした。     おっ!キャリパーが赤いぞぉ(*’▽’)

 

今までに何台かのS660を施工させてもらってますが、どのS660も塗装面の曇りが

凄い気がします(^^;

ですので今回も覚悟はしていましたが、やはりと言いますか何と言いますか(笑)なかなかの曇りっぷりで

ございました。 正直、S660だけではなくホンダの軽自動車は同じ傾向ですので驚きはないのですが

逆に稀にクリヤーなホンダの軽自動車に出くわした時の方が驚きます(笑)

曇りが酷いと全体的に白みがかって見えてしまいますので本来の色艶ではございません。

という事はオーナー様はまだ本当のフレンチブルーパールをお目にしていないという事になります。

これはイカン!それじゃイカン!!

早速綺麗に磨いてフレンチブルーパール本来の色艶に仕上げて参りましょう。

では作業開始~!!

 

今回はウインドウコーティングのご依頼も頂いておりますので、まずはウインドウコーティングより

ご紹介してまいります。

↓は現状です。

何か塗られているのでしょうか??それとも納車前仕上げの時の撥水シャンプーでしょうか??

とにかく何かしらの撥水剤が掛かっているようですので・・・

磨いて撥水を除去します。リセットできたガラス面にウインドウ専用コーティング剤PGS-33で

コーティングをして最後に撥水チェックをしましたら・・・

ウインドウコーティングが完成です。

PGS-33は撥水だけでなく防汚性・耐油膜性に優れたウインドウコーティング剤になります!

 

続いてはボディです。

洗車後にボディに付いている鉄粉等の異物を除去していきます。

専用のクリーナーをシュシュっと吹き掛けますと鉄粉が紫色に反応いたします↓

おぉ!!鉄粉少ないです~(*’▽’)

リアも・・・

とっても少なかったです。

とっても少なかったので今回は軽めの処理方法で鉄粉を処理していきました。

鉄粉を処理しましたら再度クリーナーを吹き掛けて再チェックしますが、

元々の反応が少しでしたので・・・

ほぼ違いがわかりません(笑)

リアも・・・

綺麗です。 元々(笑)

 

その後に今度はボディにマスキングを行い・・・

そして磨いていきます。今回は新車ですので新車プランでの磨きです。

新車プランは基本的に軽い磨きですが、磨く車(塗装面の状態)によって

その都度ポリッシャーやバフそしてコンパウンドのマッチングを変えて磨いています。

今回は全体的に曇りがアレでしたので(^^;やや強めの磨きで塗装面を整えていきました。

 

ポリッシングが終わりましたら今度はコーティングの出番です。

当店は新車でもここまでしてからコーティングをします!

今回使用いたしましたコーティング剤はこちらの・・・

PCX-S8です!

PCX-S8は美しい艶感・優れた耐擦り傷性・気持ちの良い水玉撥水が特徴のコーティング剤です!

PCX-S8の詳しい事はこちらをご覧ください。 → PCX-S8

 

それでは各部の仕上がり具合を見ていきましょう!

まずはボンネットからです。

スッキリとしました!

ボンネットの深いスクラッチも・・・

深い部位は完全除去は出来ませんでしたが普段は全然気にならないと思います。

探しても見つけるのは困難です(笑)

ルーフは幌ですので・・・

今回は洗浄のみです。

それでもサッパリとしましたね!

そして曇りがアレでしたリアのエンジンフードは・・・

なんという事でしょう!  曇りも無くなりスッキリとクリヤーになりました。

ライトの映り込みもクッキリしましたね(^_-)-☆

ボディサイドも・・・

モヤモヤも無くなってサッパリとしました。

最後にホイールです。

艶々です(*^_^*)

そしてフレンチブルーパールのホンダS660、新車コーティングが完成いたしました!

モヤモヤとした白い曇りが無くなった事で透明感あるフレンチブルーパールに仕上がりました!

写真だと伝わらないかもしれませんが施工前に比べると白さが無くなり青が濃くなったと思います。

これがフレンチブルーパール本来の色なんです(^_^)/

オーナー様も『テロテロですね~。色も濃くなった気がします。』と、その違いを感じて頂けた

ご様子でした。 ありがとうございました。

奥様と一緒に末永くS660をお楽しみくださいヽ(^o^)丿

 

車の塗装は納車時が一番綺麗な状態と思われますが実はそうでもないことが多いんです。

今回のS660の様に新車でもスクラッチ、そして塗装が曇っている車が非常に多いのが実情です。

ですので新車でもしっかりとした下地作りが必要です。

塗装本来の色・発色を出し新車を新車以上の状態に仕上げるのがカービューティープロ カラーズの

新車コーティングです!

皆様も愛車の本当の色・艶を見てあげてください! きっと惚れ直す事間違いないでしょう(^_-)-☆

お待ちしております!!

 

 

 

 

この度は当店をご利用いただき誠にありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です